人気ブログランキング | 話題のタグを見る

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami

http://www.savethemales.ca/001870.html

Illuminati Rebel Issues Dire Warning, Battle Cry By Henry Makow Ph.D. January 5, 2007

At the New Year, Leo Zagami, 36, has an urgent message.

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_244811.jpg

The Illuminati plan to "Nazify" the West by the year 2012 and persecute all believers in God, using the pretext of war, terror and economic collapse.

The scion of an ancient Illuminati family, Zagami had a religious conversion (to Islam) last June and rebelled. He'd had enough of the horrifying Satanic, black magic rituals, mind control and torture that was going on inside the lodges, behind closed doors.

On Saturday he posted on his web site Illuminati Confessions names of high ranking Masons who are ready to do battle with the Satanists. He has organized his own security detail and even posted a personal phone number to address serious questions.

"These are the end times; it's no joke," Zagami says in an January 3 interview on his website.

"The cosmic alignment on the 21st of December 2012 gives you 6 years to prepare... So its about time you all wake up and fight for your right to stay free under one God before they take complete control and start persecuting the true believers in the one God. …Get your swords and get ready to fight to defend your faith or perish…This is a war against Satan so please wake up in the western countries or you might wake up in a nightmare one morning in December 2012."

"From 2010 you will start feeling the big changes in the air more and more but in 2012 you will have the clear evidence of the end of this civilization in front of your eyes….the total NAZIFICATION of the western countries by 2010 before the economic situation starts to badly crack for everyone. Then social tension will hit a peak never seen before and internal conflicts could eventually become in 2012: CIVIL WAR!"

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_5321290.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_534245.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_23245541.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_5153949.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_633617.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_545792.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_5471337.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_5535055.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_5543360.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_5554555.jpg

“Are you ready to die for God and your believe in a positive change for the world or are you all a bunch of cowards in the hands of the devil, just talking and talking with no sense of reality?”

As an ex-member of the Comitato Esecutivo Massonico - Masonic Executive Committee (MEC) of Monte Carlo, Zagami was, until recently, a true insider, a 33rd degree Freemason, and a high-member of the infamous Freemasonic P2 (Propaganda 2) Lodge. He was the "prince", prepared to take over from the older Illuminati "king", Licio Gelli.

The reason I have overlooked Zagami until now is that he suggests Illuminati power resides in the Vatican with the Jesuits. I maintain that the world central banking cartel, headed by the Rothschilds, calls the shots. They use Freemasons, Zionists, Jesuits, Vatican, Socialists, Liberals, Communists, Feminist and Gay activists, Neo Cons, all intelligence agencies, media, foundations etc. to exercise control.

But it would be stupid to continue to overlook Zagami's invaluable testimony over an academic disagreement. I don't think Zagami lets the Zionists off the hook. He merely focuses on what he knows first-hand.

The Illuminati is like the mob. Does it matter if the Chicago, London or New York families are in charge? They are overlapping circles dedicated to the same perverse end.

Greg Szymanski again deserves our thanks for featuring Zagami on his web site since October. Jeff Rense also deserves credit for posting Greg's stories. The material below is partially a summary from Greg's interviews.


THE ILLUMINATI PUPPET SHOW

Zagami describes the world as "a global puppet show in the hands of the usual families of idiots, who usually never change their ways century after century."

"They all work together, including Hugo Chavez who really is helping Bush's agenda by his theatrical performances," said Zagami. Chavez is controlled by the Vatican and working with the New World Order as are all other leaders of the world's major government's and religions.

"This is how they operate with the top layers working together for one purpose in what they think is the perfect cover-up. Wahabi or Wahibi [the Saudis] were created by the Zionists and their English friends who think they are the lost tribe of Israel. The same happened with Arafat and the so-called Muslim Brotherhood created by the English intelligence."

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_1475644.jpg

Of course, the Muslim Brotherhood also might be behind Iranian leaders and the leaders of the Iraqi Insurgency. It's all theatre put on for the yokels.

In an email to me Sunday, Leo called the Iraq-Iran-Israel conflict a "foreign intelligence show" and Ahmaninejad a "well known Satanist with no real connection to Islam."

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_1495635.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_22294194.jpg

He said Putin's conflict with the Rothschilds is also a "charade." He is also Illuminati controlled.

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_149313.jpg

Zagami challenges his former colleagues in Freemasonry to "go public with your pagan satanic worship and your black magic you bunch of cowards, that's what I say to them. The European aristocracy has always been ruled by sorcery and black magic …have always used black magic and evil forces … for domination over their own citizens. They learned these satanic ways from their Masters in Rome who got them in turn from the Greeks, the Egyptians, the Sumerian...its a never ending tale of constant manipulation…of mankind."

He says G.W. Bush is the son of "the most powerful man in the illuminati and he was built by his father and the CIA to become the ultimate Antichrist Vatican Zionist puppet and it doesn't really matter if he is in the White House or not because the Bush will always rule in the present situation any future actor that goes in the White House now.

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_3401726.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_344121.jpg

Remember Anton LaVey founder of the Church of Satan and Mind War controller of the CIA was a close friend of George H. Bush, and they planned together the satanic future of his son George W.Bush and the coming of the age of Satan after 9/11 a long time ago when LaVey was still alive."

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_3343232.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_5311485.jpg

He says 666 is everywhere these days: "the Hebrew equivalent of our "w" is the letter "vav" or "waw". The numerical value of vav is 6. So the English "www" transliterated into Hebrew is "vav vav vav", which numerically is 666. And you can't definitely have a business these days without a web site WWW, then we have the video surveillance and last but not least the micro chipping coming up. The micro chipping will be the ultimate Mark of the Beast and will put us fully in the hands of Satan and his evil controllers ready for Armageddon against the Messiah. So we need to rebel before that to help the coming back of the real Messiah."

"All religions are corrupt by the illuminati these days including most of Islam, the Jews, the Evangelical, Protestant and the Born-Again side of Christianity, all ruled secretly by Freemasonry, the intelligence services, the Knights of Malta and last but not least the usual Jesuits so genuine [religious] dialogue is almost impossible."

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_663823.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_671959.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_67539.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_6272199.jpg


CONCLUSION

Leo Zagami sees himself as "the last idealist in the Illuminati." It is a hopeful sign that courageous and decent men like him should appear at this time. It would be a far greater sin to spurn a genuine hero than to be taken in by an imposter. At the same time, the Illuminati has always feigned divisions: FDR, Hitler all championed the "people."

"YOU ARE LIVING IN A ILLUMINATI PRISON BUILT BY THE JESUITS AND FINANCED BY THE ZIONIST," Leo emailed me. I agree about the "Illuminati prison part." For the rest, I will continue to ask Leo questions and do my own reading and thinking.
The elite is building an abattoir before our eyes: the New World Order. The events of 9-11 are proof of their intent to use it. We have a choice: To go like sheep to the slaughter, or to take Zagami's advice, and prepare.


13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_194239.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_19422525.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_19432100.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_19432447.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_19435735.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_19443689.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_1945311.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_19455497.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_19453875.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_19462095.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_1947534.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_19474957.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_19482333.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_19484316.jpg


Host: Greg Szymanski Interviews Past Illuminati
Aristocrat, Leo Zagami - 33rd Degree Mason also Affiliated with
P2 Lodge of Monte Carlo
http://mp3.rbnlive.com/Greg07.html
http://mp3.rbnlive.com/Greg/0701/20070109_Tue_Greg.ram

Tue., January 9, 2007: This groundbreaking interview exposes the real devious and diabolical activities of the Illuminati, using Freemasonry, Opus Dei, the Jesuits, the Vatican and other secret societies to do its dirty work. Leo Zagami, a Sicilian aristocrat who was a 33rd degree Mason and affiliated with the P2 Lodge of Monte Carlo, broke ties with the Illuminati in June and now is going public with inside information never before told. You will be shocked when you here Zagami name high level names and places, connecting Satanism to members of the U.S. government, the Vatican and Jesuits. Zagami also told listeners how the Jesuits are the "mind" behind the New World Order and how the puppets of the American government are selling out their country, giving complete loyalty to Rome. Don't miss this interview.

Listen to an interview with Leo Zagami on Red Ice
http://www.redicecreations.com/radio/2006/12dec/RICR-061217.html

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_1015868.gif

           Order of the New Templars 1907

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_1021290.gif

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_3164687.gif

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_1143845.gif

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_3374822.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_3381551.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_538461.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_21344442.jpg

                   VICARIUS FILII DEI


13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_23202474.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_23162725.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_23164727.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_23173781.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_23222829.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_23294344.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_23295972.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_23302767.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_23322024.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_23361775.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_23323570.jpg

参考

魔術とイルミナティ
http://web.archive.org/web/20030406005703/sv1.pavc.ne.jp/~ryu/rekishi/wi2.html


コンシストリィ(長老議会)
http://elbaal.hp.infoseek.co.jp/consistry.htm


ベラスコの告白
http://inri.client.jp/hexagon/floorA6F_hc/a6fhc107.html


興味深いことに、大戦終了後に設立されたNATO(北大西洋条約機講)の初代事務総長は、なんと敗戦国ドイツの西部方面司令官ロンメル将軍の参謀長ハンス・シュパイデルである。ナチスの原爆の管理担当者が、戦争終了直後に、それまでの敵軍つまり連合軍側の形を変えた総合責任者になれたのは何故だろう。シュパイデルは連合軍にどんな貢献をしたのだろうか。

シュパイデルはナチス製原爆をどうやってアイゼンハワーに渡したのだろうか。ベラスコの「ノート」にはなかった別情報によれば、ナチス製原爆はイスラエル独立運動家(シオニスト指導者)が仲介して英国へ持ち出した可能性があるという。そしてこのイスラエル独立運動家を支援したのが、英国特殊部隊(SOE)だったという。
---
実は、ナチ(NAZI)という語は、ヘブライ語でユダヤ人らの言葉であり、ドイツ語ではないのだ。民族主義の気運をドイツ国内に作り出したのはユダヤ人らであった。現在私と共同執筆中のロマノネス・コンデ伯爵夫人(本名ラテボーロ妃)は、イギリス側とコンタクトのあったアメリカのスパイだったが、彼女は2つの情報機関に属していた。その1つはドイツの国防軍情報部に。他の1つは日本の憲兵隊にであった。で、実際に私は東京宛に反ヒトラー、反ナチズムの動きを知らせておいた。」
---
一般に、「ナチ(NAZI)」という呼称は、当時の政敵、後には連合軍が使った蔑称であると説明されている。
しかし、別の裏情報によると、「ナチ(NAZI)」の本当の意味は、
「国際シオニスト連盟 (National Association of Zionist International)」だという。

「Zionist(シオニスト)」とは、イスラエル回帰を求めるユダヤ人の原理主義者の集まりである。

911 WAS AN INSIDE JOB! デモ=ファシズムとの闘い
http://satehate.exblog.jp/6966590/


アルバート・パイクの世界操作計画
http://satehate.exblog.jp/6982937/


新世界のためのアジェンダ?
http://satehate.exblog.jp/6991054/


Former High Level Illuminati Responds To Critics
http://www.rense.com/general74/form.htm


Ex-Illuminati Leo Zagami on Jesuits, Zionists & Masons
http://www.youtube.com/watch?v=a9gitez0wiM


Leo Zagami
http://video.google.com/videoplay?docid=2613809334974855798


Interview with ex-freemason and illuminati: Leo Zagami
http://infowars.wordpress.com/2007/09/27/interview-with-ex-freemason-and-illuminati-leo-zagami/


Illuminati News
http://illuminati-news.com/index.htm


The Illuminati and the English Qaballa of Aleister Crowley
from Leo Zagami, Oct 16, 2007
http://illuminati-news.com/2007/1022.html


Origins of the Swastika Flag (Third Reich, Germany)
http://www.crwflags.com/fotw/flags/de%7Dns_or.html


日本語で読める重要資料は以下↓

超巨大カルト、バチカン研究:(1)第2バチカン公会議「カトリックの米国憲法化」

超巨大カルト、バチカン研究:(2)第2バチカン公会議「カトリックのユダヤ化」

超巨大カルト、バチカン研究:(3)ユダヤ人教皇ヨハネ・パウロ2世?

超巨大カルト、バチカン研究:(4)「ユダヤ教カトリック支部」?

超巨大カルト、バチカン研究:(5)「米国・バチカン同盟」の軌跡とオプス・デイ

超巨大カルト、バチカン研究:(6)「世界統一神権国家」への道のり(A)シヨン運動について

超巨大カルト、バチカン研究:(7)「世界統一神権国家」への道のり(B)シヨンからオプス・デイへ

超巨大カルト、バチカン研究:(8)「世界統一神権国家」への道のり(C)シヨンから第2公会議へ

超巨大カルト、バチカン研究:(9)「世界統一神権国家」への道のり(D)ユダヤ主導による宗教の統一

超巨大カルト、バチカン研究:(10)オプス・デイの正体とネオコン

米国指導部にとって、カトリック、プロテスタント、ユダヤ教はすでに「一つ」ではないのか?

1958年のバチカン・クーデター:簒奪された「グレゴリオ17世」の教皇位

ユダヤに侵食されたカソリック、バチカン
http://www.geocities.co.jp/Outdoors-River/7540/vat.html


13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_22413795.gif

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_22362677.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_522209.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_55946100.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_601158.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 2 Leo Zagami_c0139575_6202151.jpg

2001+11=2012

9/11 WAS A HOAX

”Human Race Get Off Your Knees”

# by oninomae | 2007-11-03 04:04 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

13人魔術評議会と人形芝居 1 John Todd

http://www.henrymakow.com/witches_rule_illuminati_said_j.html

Highest Illuminati Defector:"Rothschilds Rule with Druid Witches"
By Henry Makow Ph.D.
October 30, 2007

By Henry Makow Ph.D.

Halloween is an appropriate time to learn that a "Grand Druid Council" of 13 "Witches" control the Illuminati, and meets eight times annually on the "Witches' Sabbaths" (incl. Halloween) when millions of occult practitioners engage in orgies, which sometimes involve human sacrifice.

My source is the highest Illuminati defector in history, a Witch High Priest, a member of the Council of Thirteen, and part of the Collins Illuminati bloodline that brought Witchcraft to the US in the 17th Century.

He casts the Illuminati as a vast, highly organized and powerful occult conspiracy that holds mankind in a satanic vice.

The Illuminati are "thousands of conspiracies operating in parallel," he says. For example, the vows and initiation rites of witchcraft closely mirror Freemasonry.

13人魔術評議会と人形芝居 1 John Todd_c0139575_481026.jpg


His name is John Todd (also Cristopher Kollyns). In 1972, when Todd was "saved," and exposed the Illuminati, he ruled a 13-state US region consisting of 5000 covens, i.e. totalling 65,000 priests and priestesses. That's just the ministers, not the congregation.

13人魔術評議会と人形芝居 1 John Todd_c0139575_1531625.jpg


Amazingly I stumbled upon Todd just last week. This champion of humanity would be unknown today but for a website maintained by "James", an American living in Japan, and another belonging to the redoubtable Wes Penre.

Skeptics say that if the Illuminati were real, there would be defectors. There are plenty of defectors; clinics that deal with satanic ritual abuse are full of them.

But the vocal ones get put away. In 1987 Todd was framed "for rape" and sentenced to 30 years. According to Fritz Springmeier, when Todd was freed in 1994, he was "picked up by a helicopter" and murdered. ("Bloodlines of the Illuminati" p.93)

But James' website has a record of Todd being released from prison in South Carolina in April 2004 and then being re-incarcerated in the "Behavioral Disorder Treatment Unit" of the South Carolina Dept. of Mental Health. Calls to the Director Chad Lominick were not returned. (Could someone find out if Todd is there and still alive? We owe him that at the very least.)

Todd has provided many shocking revelations, which Fritz Springmeier confirms could only come from a man who was in fact a member of the Council of Thirteen. Fritz Springmeier says the 13 Illuminati families consist of "generational Satanists."


ILLUMINATI USE JEWS

Speaking in about 1978, Todd said the Illuminati use the Jews as a front.

"The Illuminati knows the people are going to find out about them ...the best thing they can do is call your attention towards something else & say that's that. So they have reflected the attention on Zionism ...The only problem is that most of the people in the Illuminati aren't Jews. Their founders were Jews by birth, but not by religion. But most of its leaders, except for the Rothschilds, are Gaelic: Scotch or French Gaelic. It's got nothing to do with Jews. My family & most of the people serving on the Grand Druid, their family trees go back to the pagan temples in Rome & Greece & England, to the original priesthood. Some go back as far as Egypt & Babylon. It's got nothing to do with the Jews."

[David Livingstone writes: "Elizabeth Hirschmann and Donald Yates in their study, "When Scotland was Jewish", documents the Jewish origin of many of Scotland's leading families, beginning with the Sinclairs and Stuarts, but also the families of Forbes, Bruce, Campbell, Gordon, Caldwell, Fraser, Leslie, Christie, Kennedy, and Cowan (Cohen).]

13人魔術評議会と人形芝居 1 John Todd_c0139575_1210553.jpg


Todd makes clear the Rothschilds, a family of Sabbatean Jewish Cabalists, top the Illuminati hierarchy:

13人魔術評議会と人形芝居 1 John Todd_c0139575_1225022.jpg


13人魔術評議会と人形芝居 1 John Todd_c0139575_1292378.jpg


"The Rothschilds lead the Illuminati and in every country they have a family with the head of that family being the head of the Illuminati. In the United States, we have the Rockefellers. David Rockefeller is both the head of the Council of Foreign Relations and the Trilateral [Commission] which is the name of the Illuminati within the United States."

"On the top of each pyramid you will see a capstone with an eye in it. The capstone is the Rothschild Family or Tribunal that rules the Illuminati; they were the creators of it. The eye is Lucifer, their god and their voice. The first 3 top blocks are on every pyramid. The top block is what I was initiated into, the council of 13 called the Grand Druid Council. They only take orders from the Rothschilds and nobody else. They're their private priesthood. The Council of 33 is directly under them, that is the 33 highest Masons in the World. The Council of 500, some of the richest people and conglomerates in the World—[including the Bilderbergs and the families like the Duponts and Kennedys.]

"The Golden Dawn is the organisation of witchcraft, the 4th block up there, and it's the Rothschild's private coven. They choose every member personally." He says C.S. Lewis and J.R.R. Tolkein were both members of Golden Dawn.

13人魔術評議会と人形芝居 1 John Todd_c0139575_1465585.jpg


Grand Druid Isaac Bonewitz and the ACLU started an organization to sue Christians who defame the Occult.

13人魔術評議会と人形芝居 1 John Todd_c0139575_13501046.gif


He includes Scientology and The National Council of Churches in the Illuminati structure.

13人魔術評議会と人形芝居 1 John Todd_c0139575_2354510.jpg


TODD'S DEFECTION

Todd traces his defection to a meeting that took place around Labour Day 1972. They had received eight letters by diplomatic pouch from London.

"Dr. [Raymond] Buckland cut the seal on it and took out six letters that were sealed with this Illuminati crest. The first four were just business, money that we were to pay here and there and so on. Actually, the Grand Druid Council is nothing but glorified bankers, they write millions of dollars worth of checks to people in political and religious fields every month. But the last two letters led me to want to get out.

"Now even though I was a part of setting up a world government, I always kind of snickered that [this] was ever going to happen, that we were serious, that it was kind of a little game we were playing. As long as the Rothschilds had all of the money to spend on our plans, we went ahead and spent the money. So I never took it seriously until we opened the last two letters.

"Now in the first letter that we opened of those last two, was a chart, and in that chart it listed an eight-year plan for world take-over ending in the December month of 1980. ...Next, the last letter we opened contained--now I'll have to quote it and then I'll have to explain, it, since witches say English but they say words that may not mean anything to you--it said:

"We have found a man whom we believe to be the son of Lucifer. We believe that through his works and our backing he can become ruler of this world, stop all wars, and bring peace, finally, to this war-stricken World." Now that literally meant that we had found a person so fantastically-powered that he could convince people he was their only salvation. Now that literally meant in Christian terms, he was demon-possessed like nobody had ever seen!"

Todd said the take-over plan involved economic breakdown where even Illuminati companies went broke. They have the means to survive such a catastrophe. He says Phillip de Rothschild gave the plan to his mistress Ayn Rand for her novel "Atlas Shrugged." (Interestingly, a movie of this novel starring Angelina Jolie is in the works.)

13人魔術評議会と人形芝居 1 John Todd_c0139575_23352253.gif


Todd says that in the face of economic breakdown, the Illuminati have trained a military force (including prison inmates) to take over the US. This echoes Svali, another Illuminati defector, who has disappeared.

He says that, as in the Bolshevik Revolution, millions will be killed in a "helter skelter" rule of terror. Todd says the only thing deterring this plan is widespread gun ownership among the US population.

In the 1980's, he spoke of a plan to reduce the world to rubble in World War Three, to spare only Jerusalem, and rule from there.

13人魔術評議会と人形芝居 1 John Todd_c0139575_542819.jpg


FINAL POINTS

As suggested above, Todd says the Illuminati spend a lot of money bribing people, especially Christian evangelists and preachers.

"Much that you see in churches that you just think is liberalism is pay-offism. ...It's kind of hard for a minister ...to turn down half-a-million dollars if it's laid down as a bribe, and they can get even higher. In fact, one church I know of got eight million dollars in two years, and another one got ten million dollars in one year! So, they can receive some money."

Todd says rock and roll music is designed to cast a demonic spell on the listener. I know this sounds farfetched but I urge you to listen to Todd's presentation "Witchcraft of Rock and Roll" in the multimedia section here. He says the Illuminati started Jesus Rock to control the message. The group, "KISS" stands for "Kings in Satanic Service."

CONCLUSION

Anyone reading Todd's lectures can see he was raised in Satanism as he claimed, and had a profound understanding. Fritz Springmeier, who is also imprisoned, said Todd knew things that had taken him (Springmeier) years to grasp.

Todd's message seems too bizarre to be believed. But in the context of the phony 9-11 attacks, the phony war on terror, the suspension of Constitutional protections, the erection of a police state, the failure of Congress and the media,the dumbing down and homosexualization of society, the sexualization of children, the explicit Satanism, depravity and pornography in the "entertainment" industry, Todd makes a lot of sense.

13人魔術評議会と人形芝居 1 John Todd_c0139575_3334229.jpg


Humanity is the victim of a monstrous conspiracy of unspeakable proportions. Our leaders, whom we pay to defend us from this sort of thing, are either dupes or traitors.

Mankind has the intelligence and the means to evolve as intended, but we are being dragged back into an abyss by Evil incarnate.

What can we do? You tell me.
They need to deceive the masses. Help spread the truth while we still can.

13人魔術評議会と人形芝居 1 John Todd_c0139575_14381355.jpg


参考

魔術とイルミナティ
http://web.archive.org/web/20030406005703/sv1.pavc.ne.jp/~ryu/rekishi/wi2.html


魔術とイルミナテイ (ここにもあります)
http://www.geocities.co.jp/Technopolis-Mars/5614/il.html


国民総背番号制度
http://www7a.biglobe.ne.jp/~sagamihara/y/sebangou1.htm


住基ネットと裁判長の死
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-260.html


住基ネットに違憲判決を下した大阪高裁判事が死亡
http://to-a-bright-future.cocolog-nifty.com/blog/2006/12/post_51be.html


読売新聞記者の怪死について
http://benjaminfulford.typepad.com/benjaminfulford/2007/04/post_2.html


読売新聞記者の怪死について②
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=149145


国家が税金を取るのは犯罪行為
http://alternativereport1.seesaa.net/article/63487494.html


The Rothschild Bloodline
http://www.silentmajority.co.uk/newpoliticalsystem/whohowwhy.htm


The United States is Still a British Colony
http://illuminati-news.com/2007/1025.html


Fritz Springmeier Interview on Illuminati and Mind Control Slavery
by Wayne Morris, CKLN FM 88.1, Jan 4, 1998
http://illuminati-news.com/2007/1021.html


The illuminati
http://www.bibliotecapleyades.net/esp_sociopol_illuminati.htm


The Influence of Egypt on the Modern Western Mystery Tradition:
The Hermetic Brotherhood of Luxor
http://www.jwmt.org/v1n1/influence.html


The Aliens of the Golden Dawn
http://www.greylodge.org/occultreview/glor_001/aliensgoldendawn.htm


The Hermetic Order of the Golden Dawn
http://www.golden-dawn.com/temple/index.jsp


http://www.golden-dawn.org/

The Hermetic Order of the Golden Dawn
http://www.yeatsvision.com/GD.html


悪魔の秘密組織 小石泉
http://www.geocities.com/truth77truth/himitu.html


イルミナティ(神聖会)
http://elbaal.hp.infoseek.co.jp/iluminaty.htm


サルコジはモサドのスパイか?
http://www.asyura.com/07/war97/msg/470.html


13人のグランド・ドルイド・カウンセル
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/740.html


追記 2007.11.6

Sarkozy accused of working for Israeli intelligence
http://www.truthnews.us/?p=664


悪事を見逃す事が裁判官の仕事
http://alternativereport1.seesaa.net/


 既にロックフェラーは、世界中の銀行口座、クレジットカードの番号を米国ユタ州のキリスト教原理主義教会のスーパーコンピューターを使用し、監視している。日本の住民基本台帳制度は、このロックフェラーによる世界監視体制、世界中の人間の私生活の調査・監視活動の一環として運営されている。

13人魔術評議会と人形芝居 1 John Todd_c0139575_2221220.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 1 John Todd_c0139575_2222972.jpg

13人魔術評議会と人形芝居 1 John Todd_c0139575_2402013.gif



追記: 和訳はこちらです

# by oninomae | 2007-11-02 01:58 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

自己弱体化 るっく マハティール!!

転送、転載、引用、訳出、大歓迎! ということなので遅ればせながら転載

「ユダヤ人は代理人を使って世界を支配」批判でシオニストの攻撃を呼んだマハティール演説
『亜空間通信』679号(2003/10/30)

(中略)

 マレー半島を占領したこともある日本が敗戦した時には20歳だった勘定になる78歳の超著名なイスラム・アジアの長老政治家が、10月末に引退すると表明し、自国が主催地のイスラム諸国の首脳会議の冒頭に、演説したのである。これまでのマハティールの政治的位置、最近の発言などを知る者ならば、当然、目下の重大局面に際しての蘊蓄を傾けた演説になると思うはずである。当然、日本人も、全文を読むべきである。

 私は、この演説の英語の全文を読み、一世一代の声涙ともに下る大演説と評価し、世界中に転送した。アメリカへはもとより、マレーシアとは一衣帯水の関係のオーストラリアの友人にも送ったが、その直後に、以下の電網宝庫情報が出現した。

自己弱体化 るっく マハティール!!_c0139575_21315472.jpg


http://www.melbourne.indymedia.org/news/2003/10/56392.php
メルボルン独立メディアセンター
マハティール演説 2003年10月20日(月)AM8:50(投稿時刻)
攻撃を呼んだマハティール演説の全文

 英語の原文全文は↓
Prime Minister's Office  Putrajaya
http://www.bernama.com/oicsummit/speechr.php?id=35&cat=BI

(中略)

以下は、わが(木村愛二)抄訳(ただし主要部分は全訳)

Image of the Day
TIME CHECK...

自己弱体化 るっく マハティール!!_c0139575_21321798.jpg

                写真:演説の前に時計を見る首相


1.~6.(この部分は極めて概略の解説)アラーへの感謝に始まるマレーシア政府と国民の代理としての礼儀正しく格調の高い主催地代表挨拶。

7.(全訳)全世界は今、われわれに注目している。世界の人口の6分の1を占める13億人のイスラム教徒は、たとえ彼等が、イスラム教とイスラム教徒の名誉の回復の進路を定めるための、そして、少なくとも、彼等の兄弟や姉妹が現在被っている抑圧と屈辱から解放するための、われわれの決意と能力に対して懐疑的ではあっても、確実に、この会議に参集したわれわれに希望を託している。

8.(全訳)私はあえてここでは、屈辱と圧迫の具体例を数え上げず、われわれを誹謗中傷する者や圧迫者への非難を繰り返さない。われわれが何度非難しても、彼等は一向に態度を変えようとはしないのであるから、非難は不毛な行為に終わるだけなのである。われわれが、もしも、自分たちとイスラム教、われわれの信仰の尊厳を回復したいのであれば、決断しなければならないのは、われわれ自身であり、行動しなければならないのは、われわれ自身なのである。

9.(抄訳)イスラム諸国の政府は、すべてについてではなくとも、たとえば最も重要な議題の1つであるパレスチナ問題について、結束を固め、共通の基盤を確認することができる。われわれは皆、イスラム教徒である。しかし、これまでには、足並みを揃えようと試みたことがなかった。

10. (抄訳)政権が分裂しているだけでなく、イスラムの宗派も何度も分裂を繰り返している。1400年間にわたって、数千もの分派が生じ、時には殺し合ってきた。

11. (この冒頭の部分は抄訳)われわれは、それぞれが自分たちのみが正しいと主張する分派に分裂する状況を許してきた。(以下の部分は全訳)われわれは、われわれを誹謗中傷する者や圧迫者たちが、われわれのそれぞれが本物のイスラム教徒であるか否かを、まるで気に掛けていないことに、注目を払ってこなかった。彼等にとっては、われわれはすべて、信仰に従い、テロの推進を教えていると彼等が宣伝する預言者に従う許し難い、神に誓って滅ぼさねばならぬ敵であった。彼等は、われわれを攻撃し、殺し、われわれの土地を侵略し、われわれの政権が、たとえスンニ派であろうと、シーア派であろうと、アラワイト派であろうと、ドゥルーズ派であろうと、何であろうと、構わずに破壊する。それなのに、われわれは、互いに攻撃し合い、互いを弱め合うことで、彼等を助けたり、煽動したりし、時には彼等の命令に応じたり、代理人としてイスラム教徒の仲間を攻撃したりする。われわれは、暴力で、自分たちの国の政権を破壊したりして、自分たちの国を弱めたり、貧しくしたりする。

12. (抄訳)われわれは、イスラム教の教えをまったく無視している。

13. (抄訳)しかし、われわれが無視してきたのは、以上のことだけではない。知識を得ることに関して言えば、初期のイスラム教徒は、ギリシャその他のイスラム以前の学者の業績を学び、それに自分たちの研究の成果を加えてきた。

14. (抄訳)初期のイスラム教徒は、偉大な数学者、科学者、医学者、天文学者などを生み出した。イスラムの世界は貿易の中心で、豊かで、自分たちの暮らしを守ることができた。その時期、中世のヨーロッパは迷信に閉ざされ、後退していた。ヨーロッパ人は、学問的な遺産を受け継ぐために、イスラムの学者の足下に、ひざまづかなければならなかった。

15. (抄訳)その時期には、優れた指導者が沢山いたし、十字軍の侵略からイスラム世界を守り抜いたサラデーィンのような戦士もいた。

16. (抄訳)しかし、イスラムの偉大な文明の建設過程の途中で、信仰だけに関する教条的な解釈が横行し、科学や医学の研究が疎かにされた。

17. (抄訳)イスラムは知的に退歩し始めた。知的退廃とともに、イスラム文明は、よろめき、しおれ始めた。オスマン・トルコ帝国の戦士たちの出現がなければ、グラナダ陥落によって、イスラム文明は、消滅したかもしれない。

18. (全訳)オスマン・トルコ帝国の初期の成功は、知的な復興を伴わなかった。むしろ逆に、細いズボンや尖った帽子がイスラム的であるとか、印刷機の導入やモスクの照明の電化の是非などの枝葉末節の議論へと、ますます矮小化し、狭い狂信が蔓延した。イスラム教徒は、産業革命から完全に取り残された。このような退歩は継続し、その果てには、イギリスとフランスによるトルコの支配に対する反乱の唆しに始まり、オスマン・トルコ帝国と最後のイスラム諸国家の権力の崩壊へと進み、ヨーロッパの植民地の支配に置き換えられ、独立の約束は果たされなかった。それらの植民地が独立できたのは、第2次世界大戦後でしかなかった。

19. (抄訳)国民国家の形式とは裏腹に、われわれはまた、ヨーロッパ流の民主主義を受け入れた。この政治制度がまたしても、イスラム教を奉じたり、拒否したりする政党と集団の抗争によって、われわれを分裂させた。彼等は暴力に走り、イスラム諸国を不安定にし、弱めた。

20. (概略の抄訳)このような数世紀にわたる経過を経て、イスラム文明は衰退し、一時は、ヨーロッパ人の植民地または支配下でない国が、まったくなくなった。独立の獲得の結果も、イスラム教徒の強化を助けなかった。諸国は弱く、悪政がはびこり、動乱が絶えなかった。ヨーロッパ人は、イスラム諸国で好き勝手な真似ができた。彼等が抱えるユダヤ教徒の問題を解決するために、イスラム教徒の土地を使って、イスラエル国家を創設するに至ったのも、あえて驚くには足らない状況である。分裂したイスラム教徒は、バルフォア(バルフォア「宣言」(パレスチナに「ユダヤ人の郷里」を約束したロスチャイルドへの手紙の出し主のイギリスの外務大臣)やシオニストの違法行為を、阻止するための何らの効果的な反撃も、できなかった。

21.(極めて概略の解説)現状に関する認識は様々である。来世に希望をつないだり、すべてアラーの思し召しと諦めたりしている。

22. (全訳)しかし、すべてがアラーの思し召しで、われわれには何もできず、してはならないというのは、本当だろうか?アラーは、詩編11、スラー・アル・ラアドで共同体が自らの運命を変革するために努力を試みるまでは、彼自身は共同体の運命を変えることはしない、と語った。

23.(全訳)初期のイスラム教徒は、現在のわれわれと同様に抑圧されていた。しかし、イスラムの教えに従って、彼等が真剣で決意に満ちた自助の努力をした後、アラーは、彼等が敵を打ち負かし、偉大で力に溢れるイスラム文明を築くように援助した。しかし、われわれは今、いかなる特別な努力によって、彼がわれわれに与えてくれた遺産に応えているのだろうか。

24.(全訳)われわれは今、13億人の巨大な勢力となっている。世界最大の石油資源を持っている。われわれは巨大な富を持っている。われわれは、イスラム教を受け入れた当時のジャヒリア(イスラーム教以前の無知の時代の異教徒のアラブ人)と同様の無知の状態ではない。われわれは世界の経済や金融の動向を熟知している。世界の180の国家の内の57を統御している。われわれの投票は、国際的な組織を作ることも壊すこともできる。それなのになお、われわれは、予言者を指導者として受け入れた少数のジャヒリアの改宗者たちよりも、もっと頼りなく無力に見える。なぜか?その理由は、アラーの思し召しか、われわれが、われわれの宗教を間違えて解釈しているからか、われわれの宗教の正しい教えを守り損ねているからか、または、悪いことをしているからか?

25.(抄訳)われわれは、われわれの信仰に基づいて、イスラム共同体を防衛する用意を求められている。不運なことに、われわれは、防衛を強調せずに、予言者の時代の武器を強調した。それらの武器と騎馬とでは、最早、われわれを守ることはできない。われわれは、防衛のために、銃砲とロケット弾、爆弾と戦闘機、爆撃機、戦車、戦艦を必要とする。しかし、われわれは、科学と数学、その他の学芸を衰退させてしまったので、それらの防衛のための武器を生産することができない。われわれは、それらを、われわれへの誹謗中傷者や敵から買わなければならない。このような事態は、コーランの教えの表面的な解釈の結果である。

26.(抄訳)われわれは、ヒジュラ(始祖ムハンマッドらのメディナへの移住)の最初の世紀への回帰を望むこともできる。しかし、それは不可能である。われわれへの誹謗中傷者や敵は、その結果としての退行を好機として利用し、われわれへの支配を強めるであろう。イスラム教は、7世紀だけのためのものではない。あらゆる時代に通用しなければならない。イスラム教自体は正しくとも、解釈を誤ってはならない。時代の根本的な変化に対応しなくてはならない。

27.(全訳)現在、われわれ、すべてのイスラム共同体は、軽蔑され、不名誉な扱いを受けている。われわれの宗教は誹謗中傷されている。われわれの聖なる場所は冒涜されている。われわれの国々は占領されている。われわれの国民は飢え、殺されている

28.(全訳)どの国も真に独立した状態ではいない。われわれは、どう振る舞うか、いかに自国を統治するか、何を考えるべきかに至るまで、抑圧者の圧力の要求の下にある

29.(全訳)現在、彼等が、われわれの国々を襲い、われわれの民を殺し、村や町を破壊しようと欲しても、われわれには効果的な対抗手段がないこれらのすべては、イスラム教が引き起こしたことなのか?それとも、われわれがイスラム教の義務を果たし損ねたからなのか?

30.(全訳)われわれの唯一の反応は、ますます怒りを増すことでしかない。怒る民は適切な思考ができなくなる。その結果、多くのわれらの民が非理性的な反応を示すようになった。彼等は、絶望的な不満と怒りの爆発を求めて、攻撃を行い、仲間のイスラム教徒をも含む誰彼となく殺す。彼等の政府は彼等を止める術を持たない。敵は報復し、政府に対してさらなる圧力を加える。政府は屈服する以外の選択肢を持たず、敵の命令を受け入れ、言いなりになって、独立の行動権を放棄する。

31.(抄訳)民はさらに怒り、自らの政権にも怒りを向け、あらゆる和平への試みは破壊される。しかし、攻撃は何も解決しない。イスラム教徒はさらに抑圧される。

32. (抄訳)イスラム諸国には失望感が広がっている。イスラム教徒は永遠にヨーロッパ人とユダヤ人(教徒)に抑圧され支配される。ある者は、これらをアラーの思し召しと信ずる。

33-38. (概略のみ)13億人が少数のユダヤ教徒に抑圧されている。予言者の初期の23年の苦難の教訓に基づいて、戦略を練り直せ。彼は報復の攻撃をしたか?怒りにまかせて、若者が自爆攻撃し、報復の大量虐殺を招く以外の道はないのか?考え直す時期ではないか?

39.(全訳)われわれは実際には非常に強力なのである。13億人の民は簡単には一掃できない。ヨーロッパ人は1千2百万人のユダヤ人(ユダヤ教徒)の内の6百万人を殺した(そのまま転載)。しかし現在、ユダヤ人は代理人を使って世界を支配している。彼等は、他の者が自分たちのために戦って死ぬようにしている。

自己弱体化 るっく マハティール!!_c0139575_2191830.jpg

自己弱体化 るっく マハティール!!_c0139575_2242648.jpg


40.(抄訳)われわれには、そういうことはできないかもしれない。われわれは、13億人のイスラム教徒を統一することはできないかもしれない。われわれには、すべてのイスラム政権に、協調した行動をさせることはできないかもしれない。しかし、もしも、われわれが、3分の1のイスラム共同体、3分の1のイスラム国家しか、まとめることができないとしても、それだけでも、われわれは、かなりのことができる。予言者がメディナに移住した時には、彼に従う者は、そんなに多くは無かったことを思い起こせ。しかし彼は、人々を統一させ、結果としてイスラム教を守るに十分な強さとなった。

41.(抄訳)必要な団結の他に、われわれには数も資源もある。現在の世界の中で、われわれは、軍事的な弱さを補うに足りるだけの政治的、経済的、金融的な力を発揮できる。

42.(全訳)同様に周知のごとく、すべての非イスラム国家が、われわれに敵対的なのではない。非常に友好的な国も多い。多くの国はむしろ、われわれの敵を、自分たちの敵として見ている。ユダヤ教徒の中にさえも、イスラエルが行っていることを承認しない者が多い。

自己弱体化 るっく マハティール!!_c0139575_2027100.jpg


43.-49.(概略の解説のみ)われわれは、誰にも敵対してはならない。辛抱強く力を蓄えなくてはならない。イスラムとアラブの歴史を振り返れ。パレスチナ問題のような共通の課題で協力しよう。コーランは、敵が和平を求めてきた時には、積極的に応じなければならないと説いている。和平の提案が欺瞞に満ちていても、交渉ができる。予言者は、それを行い、最後には勝利した。

50.(抄訳)私は、これら私のすべての考えが、一般受けしないであろうことを承知している。怒る人々は、さらなる若者の犠牲を求める。しかし、それでは勝利は絶対に不可能である。パレスチナでは、何らの成果は挙がらず、事態が悪化する一方ではないか。

51. (全訳)敵は、この提案を歓迎し、その推進者は敵のために働いていると結論するだろう。しかし、考えよ。われわれが相手にしているのは、2千年間のポグロムを、反撃によってではなく考えることによって生き延びてきたと思っている民なのである。彼等は、社会主義、共産主義、人権、民主主義を発明し、推進して来たのだから、彼等を迫害するのは悪と見えるのであって、それによって彼等は、他の民と等しい権利を享受してきたのである。

52.(全訳)最近、彼等は、見せ掛けの成功に驕って、傲慢になっている。傲慢な民は、憤激する民と同様に、間違いを犯し、考えなくなる。

自己弱体化 るっく マハティール!!_c0139575_013697.jpg

自己弱体化 るっく マハティール!!_c0139575_0132343.jpg


53.(全訳)彼等はすでに、間違いを犯し始めている。これからもさらに間違いを犯し続ける。彼等は、われわれから見て、隙間だらけになる。われわれは、この機会を捉えなくければならない。

54-59. (概略の解説のみ)演説の終わりの締めの挨拶。会議が新しい積極的な方針を定めることが出来るようにアラーに祈る。

 以上。

http://www.jca.apc.org/~altmedka/2003aku/aku679.htmlより

敵対を煽るのではなく真実を見極めるのだ>という姿勢を大いに評価したい。

自己弱体化 るっく マハティール!!_c0139575_21361332.jpg


自己弱体化 るっく マハティール!!_c0139575_2153748.jpg


自己弱体化 るっく マハティール!!_c0139575_21531862.jpg

日本は、いつまでアメリカの言いなりになり続けるのか。なぜ欧米の価値観に振り回され、古きよき心と習慣を捨ててしまうのか。一体、いつまで謝罪外交を続けるのか。そして、若者は何を目指せばいいのか―。日本人には、先人の勤勉な血が流れている。自信を取り戻し、アジアのため世界のためにリーダーシップを発揮してほしい。マレーシアの哲人宰相が辞任を機に贈る、叱咤激励のメッセージ。

自己弱体化 るっく マハティール!!_c0139575_2153334.jpg

22年にわたってマレーシアの首相をつとめたマハティール・ビン・モハマドの日本人へのメッセージである。アジアでもすぐれてカリスマ的なこの政治指導者は、戦後一貫して日本の経済復興ぶりを凝視してきた。有名な「マハティールのルックイースト政策」は、戦争に勝った欧米諸国にではなく、敗戦国の日本にこそ学ぶべきものがあるという強い確信の表れだったのである。しかし、自ら「日本は大好き」というマハティールも、最近の日本には失望している。だから、声を大にして言うのだ。
「日本人よ、成功の原点に戻れ」「きれいで、清潔で、明朗で、勤勉で規律ある社会」が、マハティールの抱いてきた日本像だった。そして、戦禍の跡から世界第2位の経済大国を立ち上げたのは、驚くべき適応力、さまざまな分野における専門性の吸収力、それを支えてきた高い勤勉性と規律だった、とする。「日本株式会社」「系列」「終身雇用制」は、そうした伝統社会に育まれてきた日本独特のビジネススタイルだったのに、日本は「グローバリゼーション」という聞こえのいい世界基準を導入して、戦後復興を成し遂げた日本独特の経済システムを、自らの手で破壊してしまった。

「振り返ってみれば、80年代までの日本の成功神話は、まず、アメリカの要請による円高政策によって方向転換し、90年代の『グローバリゼーション』 によって、再び破壊されることになる。 『グローバリゼーション』 の信奉者は、官民一体型や、系列といった日本のビジネススタイルを否定し、一夜にしてそれを破壊した」。イスラム教にせよキリスト教にせよ、そして民主主義にせよ、他者の価値観を否定する画一的で絶対的な価値体系はありえないというのが、マハティールの持論である。「多元的的で異なった文化や価値観を受け入れるシステム」を「アジア的」、価値観の多元性を認めないグローバリズムを「西欧的」と、この人は呼ぶ。「日本は非西欧的多元性が成功した証し」であり、だからこそ「日本のリーダーシップを、アジアは仰いでいる」。マハティールは日本人の自信回復にこそ期待を寄せるのである。(伊藤延司)


米国の大国主義に異議を唱え、経済危機も独自の手法で脱したマレーシア前首相であり、アジアの意志の代弁者と言われる著者が、方向性を失った日本人に自信を与え危機脱出の方法を喝破する!
著者は言う。「日本も独自の民主主義、独自の文化、独自の進み方があってよいのである。自分の国になにが必要か、なにがこの国にとってベストなシステムなのかということを常に見極め、それを選択することが重要である。実は、日本にとって最大の危機は、外国の脅威でもなんでもない。日本人が、日本に自信をなくし、外国のシステムによって日本を救おうとしていることこそが最大の危機である」と。
また、著者は、イラク戦争や北朝鮮問題にも触れ、真実を見極める視点が重要であると説く。
本書では、マハティール前首相が今までの本では内容が曲解され表現されたり、間違って翻訳されていたが、自分のありのままの意見が表現された集大成の本であると断言する。

++
ニッポン人にイスラム教徒と戦う理由などない!!
本来友好国である!!
とりわけマレーシアは友好国であるし、イランも友好国なのである。もともとアラブは友好国であった。日本にも少なからずやってきたであろう本来のユダヤ人はアラブ人と近い親戚である。
また、古代日本にはペルシャからも人がやってきて大いに文化を伝えた。
ペルシャからみて、東をニッパル=ネパール=ニッポンというのである!!


罠に嵌るべからず。要は、フランキスト「ユダヤ」がキリスト教徒とイスラム教徒の対立を煽り、金儲けをしつつ、両者の覆滅を狙っているのである。

参考

マハティール・ウオッチ
http://park5.wakwak.com/~asia/mahathir/index.html


神本利男とマレーのハリマオ―マレーシアに独立の種をまいた日本人 土生 良樹 (単行本(ソフトカバー) - 1996/11)

自己弱体化 るっく マハティール!!_c0139575_22583816.jpg


日本人よありがとう―マレーシアはこうして独立した (世界と日本シリーズ) 土生 良樹 (単行本 - 1989/11)

マレーシアが提起する新たな大戦史観

マレーシア独立の歴史

2007はマレーシア独立50周年

こうみてくると、マハティール元大統領の心がよくわかるではないか!
なにも歴史がわからない「爬虫類化」日本人が多すぎるのではないか?
フランキストのテロに協力することになる郵政民営化は凍結が当然だ!!

# by oninomae | 2007-10-29 22:00 | 政治詐欺・政治紛争  

自己弱体化 5 「壊される日本」3

わたしの民は知識がないために滅ぼされる  ホセア書4-6

マインドコントロールによる無惨な結果 (現在の日本)
http://www5f.biglobe.ne.jp/~shishoukaku/090301gwi/gwi093drug.html#101


壊される日本 バブル崩壊の怪

(1)伏線1(日本)・・・長期間にわたる異常な通貨供給量の増加 (昭和50年から15年間)

 これ程の長期間にわたって通貨供給量を連続的に増加させることは、世界史上稀にみる異常なことである。この政策は経済学者ミルトン・フリードマンの理論を実行したものと言われているが、欧米で実際にこの理論を実行した国はない。 

①1974年(昭和49年)12月: 日銀総裁が佐々木直から森永貞一郎に交替するとともに、通貨供給量を増加させる方向に基本的政策の転換がなされた。

②1975年(昭和50年)7月: 日銀調査局の名前で『日本におけるマネーサプライの重要性』という論文が公表された。これは日銀の一大政策転換の表明であった。

③1975年(昭和50年)から1989年(平成元年)にわたり、通貨供給量が一貫して増加された。この結果、1985年(昭和60年)より、『名目GNPに対する通貨供給量』を示す指数であるマーシャルKは1.0を超えることになった。これは経済が実態経済を離れ、バブルが創出されることを意味する。当時の金融緩和政策の責任者は大蔵次官から日銀総裁になった澄田智である。彼は後に、フランスの巨大銀行『ラザール・フレール』の特別顧問となった。この巨大銀行は『かの勢力』の牙城の一つである。

(2)伏線2(米国)・・・レーガンの金融自由化とその帰結  (1981年~1986年)

 日本のバブル崩壊の直前に、米国で同様のことが起こっている。これは、日本のバブル崩壊のモデルであった。自由競争の名のもとに競争を激化させ、弱小金融機関を自己崩壊させ、富の集中が図られた。順を追って記述してみよう。

   ①金融自由化への政策変更(1981年)
   ②バブル発生、異常な建設・不動産ブーム
   ③石油価格暴落による逆石油ショク
   ④急激な景気後退・不況
   ⑤大量の失業者・不良資産急増
   ⑥弱小金融資産の危機、米国産業の弱体化

(3)バブル崩壊の実行(日本)  ②④⑤が最重要ポイント 

①1983年(昭和58年)11月: レーガン大統領訪日。中曽根康弘首相に金融自由化を迫る。当時の大蔵大臣は竹下登。

②1983年11月: 為替取引における実需原則の撤廃を1984年4月に実施すると発表。

 国際的で巨大なマネーゲーム流動という狼が、日本に解き放されたのである。市場が実体経済と遊離した仮需に脅かされ、支配されることになった。 『かの勢力』が世界の仮需と実需(実体)経済の双方を牛耳っていることを考えると、この政策転換の重要性が分かる。 

③1984年4月: 円建て外債発行ルールを緩和。この政策により、企業は実需に要する資金を金融機関を介さずに資本市場から調達できることになった。これにより金融機関の融資は一層実需から遊離していく。

④1984年6月: 円転換規制を撤廃。これにより、巨大なマネーゲーム流動の国内経済への影響が強化された。

⑤1986年: 外国証券、外国銀行が国内市場に参入。日本資本という羊に狼たちが襲いかかったのである。

⑥1987年2月のNTT株上場、1988年4月のマル優廃止、1986年~1989年の超低金利。これらはいずれも、個人と企業をバブル株へと誘った。 

⑦1988年7月: BIS規制(金融機関に対する自己資本比率八%以上という規制)が発表され、米欧諸国は直ちに金融引き締めに転じた。一方日本はかなり対応が遅れ(1989年5月~1990年)、バブルの無意味な邁進を招いた。日本のこの対応遅れは異常といえる。

⑧1989年5月: 金融引き締めへと政策を転換し、公定歩合を引き上げ。バブル崩壊に向けて準備がなされた。しかし、それまでがあまりの超低金利であったため、加熱した市場は無反応であった。 

⑨1989年12月: 営業特金廃止の大蔵省通達。異常に膨らんでいたバブルはピークから一挙に崩壊へと向かった。

⑩1990年10月: インパクトローン(特に使途が制限されていない外貨貸付)を規制。不動産融資の本格的規制が開始され、バブル崩壊にとどめが刺された。

 日本経済の歩む道筋には作為的な細工がなされ、計画通りにバブルへと邁進し、一挙に崖下へと転落させられていった。このような異常な政策を押し進めていった中曽根、竹下、澄田といった人物は一体何者なのか。中曽根首相が行った臨調とは一体何なのか。

 本来であれば、崩壊後詳細に検討がなされ、謙虚に反省されるべきであろう。日本のバブル崩壊に関しては、多くの企業経営者が舵取りを誤り、悲劇的な結果を招いた。

 にも拘わらず、今日バブル崩壊の実態を本当に理解している人はどれ程いるのだろうか。この実態を把握しない限り、企業経営者たちは霞の中を今後もやみくもにさすらうことになる。その道筋には宣伝マンたちが掲げる華々しいプラカードが立てられている。

自己弱体化 5 「壊される日本」3_c0139575_15465075.jpg


 今日、米国の株価は異常な高騰を続けている。世界中のマスコミは米国経済の実体が本格的に立ち直ってきたとはやし立て、一方で日本の弱体ぶりを強調する。米国の株高に一応警戒する振りは見せても、その株高が実体を反映していないことには口を結んでいる。

 本当の歴史の分析と反省がなされていない日本は欧米に責められるままに唯おどおどし、大蔵省解体論に拍手し、中曽根首相の臨調の再現をしようとしている。

 これら全ては、日本に対して周到に準備されたマインド・コントロールの結果である。
自己弱体化 5 「壊される日本」3_c0139575_551479.jpg

自己弱体化 5 「壊される日本」3_c0139575_56531.jpg

自己弱体化 5 「壊される日本」3_c0139575_221247.jpg

自己弱体化 5 「壊される日本」3_c0139575_51444100.jpg

自己弱体化 5 「壊される日本」3_c0139575_5135049.jpg


参考・おまけ

ラザード・アセット・マネージメント
http://www.lazardnet.com/lam/jp/index.shtml


米国が自由市場経済の根幹である自己責任大原則を破壊
http://blog.goo.ne.jp/sdfa2000/e/5d64fbc4925ae621037dc7283a458be3


テレビではFRBによるドル紙幣無料配布を報道せず
http://blog.goo.ne.jp/sdfa2000/e/bce37448320777646472a9b2fa2eb876


景気の悪化と壊れる日本人
http://www.collectors-japan.com/nevada/main/m_071015_2.html


日本は掠奪国家アメリカを棄てよ ビル・トッテン (なわふみひと)
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/hitokuchi031.html


自己弱体化 5 「壊される日本」3_c0139575_663858.jpg

第1章 それでも服従し続ける日本
第2章 アメリカンドリームという幻想
第3章 血塗られたアメリカの歴史
第4章 日本人よ、世界を見よ!
第5章 地球を破壊し続ける「宗主国」
第6章 輝く日本の未来のために

時は1492年、大航海時代のただ中。スペインから派遣されたコロンブスの生まれは、イタリアのジェノバといわれる。

  「彼らは立派な召し使いになるだろう。手勢50人もあれば、彼らを一人残らず服従させられるし、望むことを何でもやらせることができるだろう」。これが、コロンブスが先住民に対して抱いていた見解である。客を手厚くもてなす主人としてではなく、自分たちの思い通りのことをやらせるための召し使いとして見ていたのだ。

  コロンブスの日記には、やたらと「黄金」の2文字が登場する。最初の2週間の日記には、75回も出てくる。黄金に目がくらみ、小躍りするコロンブスの姿が目に浮かぶようだ。
  ジン氏が記すように、コロンブスの話で強調されるのは彼の「厚い信仰心」だ。コロンブスはそれゆえ、先住民に「改宗」を迫ったのだろう。一行の主な滞在地であるエスパニューラ島には、至る所に十字架が立てられたそうだ。しかし、それと並べて絞首台も立てられ、1500年には340台を数えているというから、コロンブスの信仰心とは一体何であったのか。

  コロンブスー行の所業には目を覆うばかりである。先住民が持っているわずかばかりの黄金を見ただけで、大量にあるはずだと思い込み、期限を設けて、黄金を差し出すよう命じた。そしてそのノルマを達成できなければ、ほかの先住民への見せしめのため、腕を叩き切ったという。

  山に逃げた者は猟犬に追われ、たとえ逃げ切れたとしても、その先に待っていたのは餓死か病死。いずれにしても死だった。絶望にうちひしがれた人々は、毒を飲み干した。
  コロンブスらが来たことによって、地上の楽園だったエスパ二ューラ島は急速に人口が減っていった。もちろん、この「減る」という意味は、ほとんど「死ぬ」と同義である。もっと正しい表現を使えば、「殺された」ということだ。
  ある学者の推定では、当初30万人いた先住民のうち約10万人が、1494年から96年までの2年間で死亡したという。1508年にはさらに6万人に減り、1548年には生存者は500人いたかどうかも疑わしい。これを「ジェノサイド(集団殺戮)」と呼ばずして、何と呼べばいいのだろうか。 

  スペインの国王や融資家たちを驚かせるほどの黄金は、ついに見つからなかった。そこでコロンブスは何を考えたか。彼はもう一つの略奪品として、奴隷をスペインヘと送り込み始めたのである。

  ラス・カサスは自身の著書で、インディアンについて次のように記している。
  「無限の宇宙の中で、彼らは最も明朗で、邪悪さや不誠実なところがまったくない。しかし、この羊の檻の中にスペイン人が突然侵入し、貪欲な獣として振る舞い始めた。彼らは、キリスト教徒には黄金を手にするという絶対的な使命があるとして、殺戮や破壊行為を正当化した」
  そしてラス・カサスは、最も凄惨な現場を目の当たりにする。それは、兵士がふざけてインディアンを刺し殺し、赤ん坊の頭を岩に投げつけるという信じがたい光景だった。
  「隣人を自分のように愛しなさい」「人にしてもらいたいと思うことは何でも、あなたが人にしなさい」。キリスト教の始祖であるイエスはそう説いたが、1500年の後、彼の信者たちは隣人を刺し殺し、隣人の赤ん坊を平気で岩に投げつけた。

  もともと「所有」という概念がなく、自分の物も他人の物も区別していなかった先住民が、スベイン人のものを手にした場合には、打ち首か火あぶりにされたという。さらに強制労働に駆り出された先住民の大半は、病気か死に追いやられた。過重労働と飢えで母親の乳が出ないために、大勢の子供が死んだ。ラス・カサスは、3カ月で7000人の子供たちが死亡した、と推定している。
  加えて、先住民には免疫のなかった腸チフス、発疹チフス、ジフテリア、天然痘などの病気がヨーロッパから運ばれ、これらを理由に大勢の人が亡くなった。

  コロンブスが上陸した時にはおよそ800万人だった西インド諸島の人口は、約20年後の1514年には、約2万8000人しか残っていなかったという。要するに、99パーセント以上の先住民が殺し尽くされた計算になる。  心優しき先住民にとって、コロンブスは偉人どころか疫病神であり、死に神であり、悪魔だったはずだ。恐らくは「この世の終わり」に思えただろう。事実、彼らのほとんどは人生に終止符を打たれてしまった。

  この悪魔の所業については、まだまだ書くことができる。しかし、書いている私もそうだが、読んでくれているあなたも、いい加減、気分が悪くなってきたのではないだろうか。
  コロンブスによって持ち込まれた「悪魔の精神」は、新大陸アメリカヘと引き継がれ、悪しき伝統としてかの国に根づいてしまっているように思えてならない。

--
「感謝祭」の真実とハリウッド式洗脳術

  アメリカには、クリスマス前の11月の第4木曜日に「感謝祭」と呼ばれる祝日がある。この日、家族や親しい友人と過ごすために帰省ラッシュが繰り広げられ、どこか日本の正月を彷彿とさせるムードが全土に漂う。
  この感謝祭には、先住民が関係している。1620年11月、メイフラワー号に乗った清教徒(ピューリタン)たちが、イギリスからアメリカ大陸(マサチューセッツ州プリムス)に渡ってきた。
  そこで彼らを待ち受けていたのは厳しい冬だった。そんな彼らに食料を分け与え、カボチャやサツマイモの育て方を教えたのは、アメリカの先住民たちだった。
  自然と調和しながら生きてきた先住民は、当初自分たちの土地へ突然やってきた人々に敵意を持っただろうが、新しい土地で食べるものにも事欠いていた白人たちの困窮をさすがに見かねて、手を差し伸べたのだ。
  イギリス人たちは、先住民から農作物の種を分け与えてもらい、作り方を教わった。そして、初めて採れた作物を料理して、友人たちとともに神の恵みに感謝した。これが、感謝祭の始まりである。

  最初の感謝祭には、先住民たちも招待された。想像の域を出ないが、この時は先住民とイギリス人は互いに打ち解け、心を許して語り合ったのだろうか。それとも、イギリス人は後に行なうことになる悪行を頭に描きつつ、表面だけ取り繕っていたのだろうか。
  いずれにせよ、この後、先住民は白人に殺戮され、自分たちの土地を奪われることになる。人のよい先住民は、共に過ごした感謝祭の夜、そしてその後の自分たちの運命を想像することすらできなかっただろう。

  私がアメリカで受けた学校教育では、アメリカ先住民の文化について、ほとんど教えられなかった。彼らの歴史や文化、彼らに対して白人がしてきたことを知ったのは、実はごく最近のことである。
  新しくやってきた白人たちに、殺戮され、土地を奪われ、居留地に閉じ込められた先住民たちは、アメリカ政府の「同化政策」に服従することを強制された。同化政策とは、彼らから文化を奪うことであり、子供たちは家族から引き離され、国が作った寄宿学校で、西洋の文化やキリスト数的価値観を押し付けられた。
  もちろん、英語以外の民族固有の言葉は、その使用が禁じられた。アメリカがイギリスから独立した1776年、独立宣言は「すべての人間は平等につくられている」と謳ったが、その中に先住民は含まれていなかった。

  学校教育に加えて、ユダヤ系の人々が集まり作り上げたハリウッド映画が「正義の白人と野蛮なインディアン」という図式を喧伝した。西部劇のほとんどは、勧善懲悪のストーリーで、善は白人、悪はインディアンだった。

  感謝祭が行なわれる日、今のアメリカ人でまったくどれだけの人が、先住民から受けた恩を思い起こすだろうか。そしてどれだけの人が、その先住民を殺戮した事実を知っているだろうか。 


  ハリウッド映画で描かれるアメリカは、今日まで明るく誇らしく希望に満ちている。しかし真実のアメリカは、過去も現在も、ドス黒く邪悪な悪魔が棲み着いている。

自己弱体化 5 「壊される日本」3_c0139575_642265.gif


自己弱体化 5 「壊される日本」3_c0139575_7405191.jpg


夏風の日記
http://plaza.rakuten.co.jp/triumpht120/


新聞もテレビも真実を伝えない時代に生きるために リチャード・コシミズ
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/sinbunterebiiranaiyo.htm#


世界の闇を語る父と子の会話集
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/futukaiindex.htm


自己弱体化 5 「壊される日本」3_c0139575_433261.jpg


自己弱体化 5 「壊される日本」3_c0139575_16252738.jpg


自己弱体化 5 「壊される日本」3_c0139575_436249.jpg


自己弱体化 5 「壊される日本」3_c0139575_4444324.jpg


自己弱体化 5 「壊される日本」3_c0139575_4473127.jpg


自己弱体化 5 「壊される日本」3_c0139575_7313217.jpg

自己弱体化 5 「壊される日本」3_c0139575_531076.jpg

自己弱体化 5 「壊される日本」3_c0139575_16225918.jpg


追記 2007.11.3

ユーロ通貨の闇
http://alternativereport1.seesaa.net/article/64231794.html


自己弱体化 5 「壊される日本」3_c0139575_21514375.jpg

                     Peter Sutherland

# by oninomae | 2007-10-28 04:04 | 政治詐欺・政治紛争  

自己弱体化 4 「壊される日本」2

壊される日本 「心」の文明の危機 馬野周二・著  プレジデント社  (1993)
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/umanoshuji.html

より続き

 占領政策の内実

  こうして日本はイギリス、アメリカ、そしてそれらの意のままに動かされた中国によって自在に操られ、ついに支那事変から日米戦争へと追い込まれる。これは米英を動かしてきた中心勢力の隠微なる働きによることは明白であるが、一方、長年にわたり国内に培われていたマルキシズム、共産思想、社会主義分子によっても大きく動かされてきたのである。
  戦後の日本は6年間の占領によって根本的に変えられてしまった。米国外交政策を指導するフリーメーソンにしてみれば、天皇制を廃し、自由民主主義の美名のもとに少数の資本家を中核とし、大多数の国民を従順なる羊の群れとして搾取するという構想を考えていたことであろう。
  皇室はその力を削がれ、大部分の皇族は一般人となり、華族制度は解消され、財産税の無差別な適用によって上は皇室から財閥、市井の金持ちにいたるまで、すべて一様に()巨大な収奪を被ったのである。

  これは、要するに伝統的支配階級を滅ぼす政策であり、日本の歴史的伝統、精神的中核を骨抜きにする作業であった。「これによって」今日、まったく骨のない、歴史を忘れたわけのわからぬ日本人が無数に出てきたのである。

  日本の敗戦後の状況は、フリーメーソン、イルミナティが表面に現れないようにして日本を改変し、彼らの思う方向に誘導してきた結果である。これは半ば成功し、半ば失敗したと言うことができるであろう。
  彼らは結局天皇制を廃止することができなかったし、天皇に対する崇敬を根絶することもできなかった。

自己弱体化 4 「壊される日本」2_c0139575_6435368.jpg

                       
                    (追記? )

  しかも、彼らが手を加えて大いにその衰滅を図った日本神道は、今日でも各地の神社が盛大である。少なくとも彼らが完全な成功を収めたとは言いがたいようだ。彼らからしてみれば、日本は頑強に彼らの誘導する方向に抵抗したということができよう。

自己弱体化 4 「壊される日本」2_c0139575_6493817.jpg


 日本経済のフリーメーソン化

  明治から大正、大正から昭和、昭和から平成と、それぞれ大きな時代の変わり目であった。現在は平成5年であるが、この5年間に日本のフリーメーソン化は急激に進んでいる。
  日本の企業は大挙アメリカに出て行った。そして日本の金融機関はたいへん巨額の金を海外とくにアメリカに持ち出した。そしていわゆるバブル経済がピークに達し、その破裂が起こったのもこの時期である。
  1929年のニューヨーク株式大暴落は決して自然的経済現象ではなく、周到に根回しされ、引き起こされた人為的経済現象であるというのが、私の考えである。これと同じく、一昨年初めからの株式大暴落は、1つの劇つまり人為的なものであって、まさしく半世紀前にニューヨークの市場を操ったのと同一の手によるものであると思っている。
  当時ニューヨーク市場を動かしたのは、もとより米国人であったが、それよりはさらに大きいヨーロッパの勢力、おそらくはロスチャイルドやワーバーグの関係者がいたのである。つまり、当時のアメリカ金融界はなおヨーロッパのコントロール下にあった。それと同じように、敗戦以来の日本の経済、政治、あるいは社会は、ほとんど完全にアメリカの手によって操られているといって差し支えない。

 恐るべき時代の開幕

  さて、現在の日本の企業・金融関係者に世界支配中枢の手が伸びていることは確実である。しかもその魔の手はすでに官僚や学者や宗教関係者にまで伸びて、深く入り込んでいる。もとよりマスコミ関係、評論家には戦前から深く食い込んでいると言ってよい。
  私がもっとも危惧しているのは、次代の日本を背負うべき児童や青少年を規制する教育関係者に、すでにこの影が入り込んでいるのではないかということだ。一般に考えられているよりもはるかに広範に、彼らの力が入っていることを恐れざるを得ない。
  もちろん、彼らの力はすでに政界に深く入っている。共産党、社会党(現社民党)はまさしくイルミナティの代弁者である。そして自民党もまた、中曽根首相以来、その中枢部はこの一派によって独占されてきたように思われる。つまり、彼らと同調する以外に主要な政治家としてのキャリアを持つことができなくなっているのではないか。
  今や日本が陥りつつある状況は、決して誇張ではなく恐るべきものである。本当に恐怖すべき状況にわれわれは突入しつつあるのだ。

 「見えざる植民地」日本

  われわれは第二次大戦によって植民地はすべて解放されたと思い込んでいる。アメリカ大統領ルーズベルトは、世界植民地の解放を第二次大戦を戦う有力なスローガンとしていた。しかしながら、これは他のルーズベルトの言明と同じくまったくのまやかしであった。西洋はその国家社会の本質として植民地主義を血肉としてきているのであって、それを一時の戦争によって捨て去ることなどとうていあり得ないのである。

自己弱体化 4 「壊される日本」2_c0139575_5292954.jpg


自己弱体化 4 「壊される日本」2_c0139575_13211915.jpg

                   1912のアフリカ

  ところが、このことを日本人はまったく理解していない。外面の行動・宣伝に惑わされて、事の本質を理解していないものが多いのである。

---
「野生動物保護」の名目で「密猟者」を合法銃殺し続ける「ストロングホールド作戦」

保護区野生動物公園を拠点にアフリカで英国が操る「大量殺戮作戦」

国際赤十字社(赤い十字はテンプル騎士団やフェニキア人のシンボル)のメンバーがこれまでに、スリランカのタミール人ゲリラやメキシコのサバタ主義ゲリラに武器を供給して、捕らえられている。

キリスト教」伝道師 ビリー・グラハム
グラハムと一緒に「祈り」を捧げてからブッシュがゴーサインを出し、湾岸戦争で数えきれないほどの男女や子供を殺したのは有名な話ではないか。
ビリー・グラハムの一族は、最初に米国に来たときにはフランクという家名で、「サバチュアニズム」という悪魔教一派の指導者ジェイコブ・フランクの親戚だった(サバチュアニズムは、のちに指導者にちなんでフランキズムと呼ばれた。


デーヴィッド・アイク 「大いなる秘密」より
---

  なるほど法制的に見れば、世界の植民地はすべて解放されてしまった。本国が直接に統治する植民地は消滅した。しかしながら、植民地主義の妖怪は決して消えていない。植民そのものの様態が変わってしまっているのである。
  第二次大戦に際して、なぜ西洋の首魁ルーズベルトが植民地解放を呼号したかをよく考えてみなければならない。ルーズベルトの政治は、人から吹き込まれた科白(せりふ)を、巧みな演技でもっともらしく並べ立てていただけなのだが、その科白の作者たちは、はるかに遠く世の中の動きを見、将来を慮っていたのである。
  どういうことかというと、直接統治という方式はすでに時代遅れとなって、非常に高コストなものになるという事態が進行していたからである。この世界史の方向をいち早く見抜き、それに対する方策をルーズベルトに授け、そして当時の世界最大の力を持つアメリカ国家を使って世界をその方向に誘導した彼らの先見と力量は、敵ながら天晴れなものであると言わなければならない。つまり直接統治によって覚醒した民衆の反乱が起こり、それを鎮圧しなければならないといった事態の発生によって、とうてい従来の直接植民地統治は不可能になると早々と察したわけであろう。
  さてそうすると、世界植民地主義の本源とも言うべきこの世界支配中枢が、いったい何を考えて従来の軍事的、政治的植民地経営を放棄したのだろうか。それは、世界はもう軍事力だけでは動かない歴史相に入ったことを理解し、特に核兵器ができた以上、実際にこれを使用する戦争が起こることはないという認識のもとに、その植民地体制の中心を軍事・政治から商業・金融に移したものと考えられるのである。すなわち、彼らが収奪をもくろむ国家・国民を商業・金融の世界的ネットワークの中に包含し、そこからまったく目に見えない間接的な方法をもって産業的・金融的に寄生し、自ら労せずして金銭・物質等を調達しようという考えである。

自己弱体化 4 「壊される日本」2_c0139575_10465654.jpg


  「日本」は世界植民地体制の覆滅を目指して第二次大戦を戦った。これはそれなりに立派なものであったが、残念ながらアメリカの武力に敗れ、よくよく見ると、今日では完全なアメリカの植民地に堕してしまった。しかもそのことに気づく日本人が誰一人としていないのである。

自己弱体化 4 「壊される日本」2_c0139575_11562344.jpg


自己弱体化 4 「壊される日本」2_c0139575_1272199.jpg


 再び狙われるアジアの国々

  周知のように、東洋は久しくイギリス、オランダ、フランスの植民地であった。第二次世界大戦の日本の奮戦によって、それぞれ独立国家となり今日に至っている。かつて日本の支配下にあった台湾および韓国、北朝鮮も独立している。そして、半植民地と言われた中国は今日堂々たる中華人民共和国として大国の位置についている。しかし、これらの国々の将来が新しい植民地主義から安泰であるかと言えば、これには大いに疑問符をつけるべき理由がある。
  日本自体がすでにその実態はアメリカの植民地である。このような状況がいずれこれらの戦後独立した諸国に及ぶであろうことは明らかである。
  一国ないし多国を植民地化しようとする場合、彼らの使う常套手段は、その内部に2つないし3つの勢力を分立させ、それぞれにエージェント(諜報員)を送り込み、これらを互いに抗争させて、その国家ないし社会を弱体化させ、その間隙に乗じて侵入するというものであった。この方法は、植民地方式が大変化した今日でも、まったく同じ構図のもとに応用されているものと考えてよい。複数の勢力を抗争させて相手を倒させ、自らの目的を達するという方法は、常に彼らがとってきた方法である。
  東アジアを彼らの自由にするために行なったのが日中間の離隔、そして最終的には日中戦争を起こすことであった。蒋介石政権と日本政府は幾度も和平を交渉したにもかかわらず、どこからか邪魔が入って成功しなかった。当時のすべての事態を洗ってみると、ここに隠微な陰の手が回っていたことがわかる。この日中間の抗争の中でもっとも陰謀の働いたのは西安事件と、近衛首相の「蒋介石相手にせず」の声明の2つであった。それには、かたや周恩来、かたや尾崎秀実の両共産主義者による力が大きかった。共産主義なるものが世界支配構造の1つの駒であることからすれば、すべてが割れてこようというものである。
  これは1930年代の事件であったが、1990年代には何が行なわれるであろうか。一般に報道はされていないが、デイビッド・ロックフェラーが幾度も中国を訪問しているし、すでに上海には戦前のアヘン戦争以来奥深く食い込んだサッスーン財閥も復活したと伝えられている。かたや日本にもデイビッド・ロックフェラーはしばしば来日しているが、最近の報道によるとフランス・ロスチャイルド家からも人が来ていると言われている。
  日本人は、戦後の洗脳(もちろん世界支配勢力による)によって、戦前のことをすべて忘却させられ、それを一方的に日本の悪逆によるものと教え込まれて、逆に世界中枢に通ずる筋、その最大の傀儡アメリカ政府に対するまったく無邪気な信頼が抜きがたく育ってしまっている。戦後の愚昧狡猾なる政治家たちはアメリカに追随し、彼らの言うとおりに事をなし、さらには言われない前から彼らの意向を察して事をなすといった、哀れむべき状態に陥ってしまっている。

自己弱体化 4 「壊される日本」2_c0139575_1355597.jpg


 「金融」による新たな植民地化

  西洋文明は根元的に他民族、他地域に寄生する習癖を持つものであり、大戦による日本の努力によって全世界的に解放された旧植民地体制に代わって、新植民地体制が現れてくるのは理の当然なのである。では、いったいこの新植民地体制とはどんな様態のものなのか。
  それは金銭的、情報的支配である。
  第三世界の資源は、今日完全に西洋新植民勢力によって押さえられている。そして世界的な西洋化、アメリカ化を見ると、文化的植民地化の歴々たるものがある。すでに日本の伝統的文化は「国際化」によって危機に瀕している。スクリーン、スポーツ、セックスのいわゆる3S政策は、今日全世界を覆ったが、これは西洋植民地化の一面に過ぎない。
  今ここで(1993)私が明らかにしておきたいのは、誰も気づいていない「金融寄生」植民地化である。実は日本がその最大の被害者なのである。日本の貿易黒字は、国民の精良な日本精神から由来したものである。その貴重な日本人の生来の美質と勤勉によって得た金銭は、完全に西洋勢力によっただまし取られている。 

つまり日本は、「誰も気づかないうちに」西洋植民地化に成り下がっていたのだ。

 終わりに

  ころは日本の幕末だった。今はむしろ世界終末の気配が濃い。いつの時代にも覚者は稀少である。だが幕末には数多くの志士が自らの想いに命をかけた。平成のとろけた若者はいったい何を思っているだろうか。
  今われわれに必要なのは、真実を曇りなく見抜くことである。いつの時代にもそれは時の権力によって隠されるのが常であるが、現在は衆愚政治の広範化、金銭経済の肥大、情報技術の革命によって、事実の隠蔽、虚構の造作は驚くほど盛大に進行している。

  今の世界権力とはいったい何なのか。いかなる目的を抱いているのか。――それを考える自由は誰にでも与えられている。だがそれに気づく者はほとんどいないのが実情である。世にこれ以上危険なことがあるものではない。

  人間にはそれぞれ持って生まれた性能と背負った宿命がある。世の危険を予感し察知する能力は、少数の人たちにしか与えられてはいない。それを弁知し分析する知能を併せ持つ人に至っては、ますます少ない。さらにその危険の根因に思いをめぐらし、その正体を突きとめる人に至っては稀というべきだろう。

  読者の身辺目先の話にたとえれば、先ごろのバブル(経済)の顛末を見通した人は稀だ。ところが問題はそこに留まらない。覚者の警告は大衆によって無視される。逆に世相の短気のベクトルを増幅して益もない言説を流し虚名を求める者たちは数多い。これらの者の吹く笛の音に迷わされ、どれだけの人が大金を失ったか。いつの世にも変わらない大衆の悲哀である。さらなる厄介は、稀少なる世の覚者を大衆は嫌がる。目先の欲得に水を注すからだ。

  金を失うくらいならば大したことではない。個人であれ国家であれ、元通り心を入れ替えて働けば済むことだ。しかし、もしバブルがこれらから金を抜き取る計略であっただけではなく、日本の人と社会を壊滅させる計画の一環であったならば、実に恐るべきことだろう。読者の深考を促したいところである。
  これからのわが国の政治、社会は腐敗の度を深めてゆき、長期暗夜の時代に入るおそれが大きい。かくて、どこにその根因があるかわからないままに、表面的な対症療法で時を過ごし、病巣はますます体内深く入り、ついに斃死するに至る。
  殷鑑(いんかん=失敗の先例)はアメリカにある。これは200年前につくられた人工国家である。「人工」であるからには設計図があるし、工事を指揮した者がいるはずだ。それは誰だろうか。この国と社会はこの30年間にツルベ落としに落下した。この現象も「人工」であるはずだ。200年にして壊れるように設計してあっただろうからだ。
  今にして思うのだが、日本もまた130年前、幕末維新の時、不完全ではあっても同じ手によって「設計」されていたのではなかったか。それを完成するのが「平成維新」ではないのだろうか。その手に悪魔の刻印が捺されていたとしても、それに気づく人は寥々(りょうりょう=非常に少ないこと)たるものだろう。

自己弱体化 4 「壊される日本」2_c0139575_23362468.gif


  もとより建国や維新はその時代の要求に応じたものであり、それなりの必然性があった。それを否定することはできない。革命、戦争、恐慌もまた同じ。人心と体制は変化を拒む性質がある。しかし世は進む。変化は必然である。だが悪魔がその「間」に入ることにわれわれは注意しすぎることはない。

自己弱体化 4 「壊される日本」2_c0139575_1281044.jpg


参考

お札で折る折り紙
http://www8.ocn.ne.jp/~arumasa/origami/main.html

# by oninomae | 2007-10-28 04:02 | 政治詐欺・政治紛争