人気ブログランキング |

<   2011年 12月 ( 39 )   > この月の画像一覧

 

放射能と人体(6)病理組織から見る内部被曝 院長の独り言

放射能と人体(6)病理組織から見る内部被曝 2011年12月04日
http://onodekita.sblo.jp/article/51371730.html


チェルノブイリの病理標本が紹介してありました。私も、最低点ではありますが、組織、病理ともに勉強(医師ならば全員が勉強している)していますので、異常に気がつきます。古ぼけた知識でも、驚くくらいの異常です。

Peace Philosophy Centreから
チェルノブイリ事故による放射性物質で汚染されたベラルーシの諸地域における非ガン性疾患 Y・バンダシェフスキー(バンダジェフスキー)教授
Non-cancer illnesses and conditions in areas of Belarus contaminated by radioactivity from the Chernobyl Accident: Prof. Yuri Bandashevsky(Yury Bandazhevsky
http://peacephilosophy.blogspot.com/2011/09/non-cancer-illnesses-and-conditions-in.html

https://docs.google.com/viewer?a=v&pid=explorer&chrome=true&srcid=0Bz1fZmrqFppsZWE3NDhkZTMtNmRjNS00NjVkLWIwZmMtODQ0YWVhN2YyMDlh&hl=en_US

から

(心臓)
c0139575_1595438.jpg

図2.16- 43歳のドブルシュの住民の心筋の組織像(突然死のケース)
心臓内の放射性セシウム蓄積-45.4Bq/kg びまん性心筋細胞溶解、筋線維間浮腫、筋線維断裂が見られる。HE染色。倍率125倍。

c0139575_202156.jpg

正常な心筋細胞

c0139575_204736.jpg

入門組織学(南江堂 p.60)


(腎臓)
c0139575_205944.jpg

図2.17 900Bq/kgの放射性セシウムが検出されたアルビノラットの腎臓の組織像。空洞の形成をともなう壊死および糸球体の破壊、および尿細管上皮の壊死と硝子化変性、HE染色。倍率125倍。

c0139575_211476.jpg

正常な腎臓


(肝臓)
c0139575_284213.jpg

図2.18 40歳のゴメリ住民の肝臓の組織像(突然死)
肝臓への放射性セシウム蓄積-142.4Bq/kg 
脂肪・蛋白変性、肝細胞壊死。HE染色。倍率125倍。

c0139575_22121.jpg

正常肝臓

c0139575_223715.jpg

(入門組織学 p.141)

(引用注:より大きな画像は元ページにあります)

どうでしょうか、正常組織と比較することで、その異常さが際立ちませんか?あの苦しめられた病理、組織のスケッチも無駄ではなかったと、今になって気がつきました。正常の組織図、スケッチをあわせて紹介しています。写真よりも、スケッチの方がわかりやすいと思います。

このような組織標本は、ヒロシマナガサキでさんざん集めているはずです。なぜ、内部被曝に目をつぶることができるのか・・・わたしには理解できません。


c0139575_2335845.jpg



■関連ブログ

放射能と人体(5)環境放射能は内部被曝の指標 [2011/11/20 21:06]
http://onodekita.sblo.jp/article/50710685.html

放射能と人体(4)内部被曝と外部被曝 [2011/11/17 22:24]
http://onodekita.sblo.jp/article/50584178.html

放射能と人体(3)核の本質-内部被曝 [2011/11/14 23:21]
http://onodekita.sblo.jp/article/50386296.html

放射能と人体(2)・・核分裂生成物 [2011/11/08 21:44]
http://onodekita.sblo.jp/article/50059530.html

放射能と人体(1)・・放射能とは。 [2011/11/06 09:14]
http://onodekita.sblo.jp/article/49935159.html



参照

被爆 500ベクレルの食品で国民が突然死する国 タンポポ日記 +バンダジェフスキー博士の警告
http://satehate.exblog.jp/17105227/

チェルノブイリ・百万人の犠牲者
http://satehate.exblog.jp/17031618/

人工放射性核種も自然放射性核種も、生物や人体に対する影響は同じである」との間違った前提
http://satehate.exblog.jp/17141507/

セシウム137汚染食品による内部被曝の影響 オリーブ
http://satehate.exblog.jp/17161044/

子供はなにも言わないから・・・業者が怖い腰抜け役人 武田邦彦
http://satehate.exblog.jp/17027153/

福島の子供たちに心臓病増加の危機! セシウムが影響! バズビー9/11
http://satehate.exblog.jp/16886496/

内部被曝の脅威:死の穀倉地帯 他
http://satehate.exblog.jp/16686219/

農家も予測不能な稲わらCs汚染が続出 農畜産にかかわる原発事故対策の根本的見直しを 農業情報研究所 + 内臓に蓄積するセシウム
http://satehate.exblog.jp/16609518/

ゴメリ医科大学の学長であるBadazhevsky教授が昨年(1999年)7月いわれなく逮捕されたが、国際的救援運動のおかげもあって暮れに釈放された
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/etc/RFERL/Banda-j.htm

親愛なる皆様:
 
国際キャンペーン「Bandazhevskyを自由に」と国際アムネスティの迅速な行動によって、(1999年)12月27日午後4時、Bandazhevsky教授は釈放されました。身柄引き取りに出向いたNesterenko教授によると、彼は20kgもやせ10歳以上歳をとったように見えた、とのことです。しかし、彼はしっかりしており、6カ月間の拘留中に屈服しなかったことを喜んでおりました。刑務所では、手と足に錠がかけられていたそうです。

彼は、いまだ何らかの行為で検察から告発されているわけではありませんが、彼の家はゴメリにあるのに、ミンスクから離れることを禁じられています。彼の裁判は5~6カ月は始まらないでしょうし、わけの分からない拘束理由も消えるかも知れませんが、誰にもわかりません。また、ゴメリ大学へ入学するため彼にワイロを送ったことを学生が認めた、というウワサも流されています。彼の健康状態は悪く、体力を回復する必要があります。ここに、彼からの手紙を2つ紹介します。彼は、急速に回復し元気を取り戻しつつあります。

彼を釈放させるため助けて頂いた皆様、チェルノブイリ被災に関する重要な証人の命を支えて頂いた皆様に感謝いたします。

Michel Fernex教授 PSR/IPPNW スイス

Solange Fernex WILPF フランス

手紙は元ページ

上記のような研究を行っていたら、刑務所送りにされたわけですよ。何を意味しているでしょうか?


人間と環境への低レベル放射能の脅威 ペトカウ効果 1
http://satehate.exblog.jp/16691716/

人間と環境への低レベル放射能の脅威 2 + (食事的)防御法のいくつか
http://satehate.exblog.jp/16691730/


原発マフィア、誕生の物語 鬼塚英昭
http://satehate.exblog.jp/16383166/

ルーズヴェルトが20世紀をダメにした E・M・ジョセフソン
http://satehate.exblog.jp/16985397/

白洲次郎のプリンシプルとは? by 鬼塚英昭 原爆ホロコーストへの道
http://satehate.exblog.jp/9332877/

日本の原発マフィアたち 鬼塚英昭
http://satehate.exblog.jp/16387395/

原子力ルネッサンス 鬼塚英昭
http://satehate.exblog.jp/16387889/

八百長、FEMA
http://satehate.exblog.jp/16469732/

国家の犯罪‐原発マフィアが日本を狂乱化した 鬼塚英昭
http://satehate.exblog.jp/16479540/

イエローケーキの甘い香り 日本が悲劇を繰り返さないために 鬼塚英昭
http://satehate.exblog.jp/16479735/


邪悪な場所-ジョージア・ガイドストーン By Vigilant + 薔薇の棘?
http://satehate.exblog.jp/12455756/

【内部被ばく問題】セシウムの毒性について
http://blogs.yahoo.co.jp/ailyn100/173815.html

合同出版から11月中旬 刊行
【放射性セシウムが人体に与える医学的生物学的影響 - チェルノブイリ原発事故 被曝の病理データ】 - Yu.I.バンダジェフスキー:元ゴメリ医科大学学長[著]/久保田 護:チェルノブイリの子供を救おう会代表[訳]
c0139575_20493573.jpg


食物中のセシウム摂取による内部被曝の研究がほとんどない中、バンダジェフスキー博士は、大学病院で死亡した患者を解剖し、心臓、腎臓、肝臓などに蓄積したセシウム137の量と臓器の細胞組織の変化との環境を調べ、体内のセシウム137による被曝は低線量でも危険との結論に達しました。

以下に要点をまとめます。

【体全体への影響】
* セシウム137の体内における慢性被曝により、細胞の発育と活力プロセスがゆがめられ、体内器官(心臓、肝臓、腎臓)の不調の原因になる。
* 大抵いくつかの器官が同時に放射線の毒作用を受け、代謝機能不全を引き起こす。
* セシウムの濃度に応じて、活力機構の破壊、たんぱく質の破壊が導かれ、組織発育が阻害される。
* セシウムの影響による体の病理変化は、合併症状を示し、長寿命体内放射能症候群(SLIR)といわれる。SLIRは、セシウムが体内に入ったときに現れ、その程度は入った量と時間とに相関する。
* SLIRは、血管、内分泌、免疫、生殖、消化、排尿、胆汁の系における組織的機能変化で明らかになっている。
* SLIRを引き起こすセシウムの量は、年齢、性別、系の機能の状態に依存するが、体内放射能レベルが50Bq/kg以上の子供は機関や系にかなりの病理変化を持っていた。心筋における代謝不調は20Bq/kgで記録された。
* 汚染地帯、非汚染地帯の双方で、わずかな量の体内セシウムであっても、心臓、肝臓、腎臓をはじめとする生命維持に必要な器官への毒性効果が見られる。

【心臓への影響】
* 生命維持に必要な多くの系で乱れが生じるが、その最初は心臓血管系である。心筋のように、細胞増殖が無視できるかまったくない器官や組織は、代謝プロセスや膜細胞組織に大きな影響が生じるため、最大の損傷を受ける
* ミンスクの子供は20Bq/kg以上のセシウム137濃度を持ち、85%が心電図に病理変化を記録している。
* ミンスクの子供で、まれに体内放射能が認められない場合もあるが、その25%に心電図変化がある。このように濃度が低くても、心筋に重大な代謝変化を起こすのに十分である。

【血管系への影響】
* 血管系が侵され、高血圧が幼児期からも見られることがある。
* セシウムは血管壁の抗血栓活性を減退させる。
* 血管系の病理学的変化は、脳、心臓、腎臓、その他の機関の細胞の破壊を導く。
* 体内のセシウム濃度の高い子供の間で、白血球の数の減少が見られた。最初に減ったのがバチルス核好中球と単球であり、同時にリンパ球の数が増大した。
* 動物実験では、絶対的赤血球数と相対的核好中白血球の数の減少が起きた。
* 40キュリー/km2以上の地域から汚染の少ない地域に移住した子供の骨髄球の生理状態が回復したことは注目に値する。

【腎臓への影響】
* セシウムは腎臓機能を破壊し、他の器官への毒作用や動脈高血圧をもたらす。ゴメリにおける突然死の89%が腎臓破壊を伴っている。
* 腎臓もセシウムの影響を強く受けるが、放射線による腎臓の症状は特徴がある。また病気の進行が早く、悪性の動脈高血圧がしばしば急速に進む。2-3年すると、腎臓の損傷は慢性腎機能不全、脳と心臓との合併症、ハイパーニトロゲンミアを進展させる。

【肝臓への影響】
* 肝臓においては、胎児肝臓病や肝硬変のような厳しい病理学的プロセスが導かれる。
* 免疫系の損傷により、汚染地ではウィルス性肝炎が増大し、肝臓の機能不全と肝臓ガンの原因となっている。

【甲状腺への影響】
* セシウムは、甲状腺異常にヨウ素との相乗関係を持って寄与し、自己免疫甲状腺炎や甲状腺ガンの原因となる。

【母体と胎児への影響】
* セシウムは女性の生殖系の内分泌系機能の乱れをもたらし、不妊の重要因子となりえる。また、妊婦と胎児両方でホルモンの不調の原因となる。
* 月経サイクルの不調、子宮筋腫、性器の炎症も見られる。
* 母乳を通じ、母体は汚染が低くなるが、子供にセシウム汚染は移行する。多くの系がこの時期に作られるので、子供の体に悪影響を与える。
* 1998年のゴメリ州での死亡率は14%に達したが、出生率は9%(発育不全と先天的障害者含む)だった。妊娠初期における胎児の死亡率がかなり高かった。
* セシウムは胎児の肝臓病を引き起こし、その場合胎児は肝臓に限らず、前進の代謝の乱れが生じる。

【免疫系への影響】
* 免疫不全により、結核が増加している。
* 免疫系の障害が、体内放射能に起因することは、中性白血球の食作用能力の減退で証明されている。

【神経系への影響】
* 神経系は体内放射能に真っ先に反応する。脳の各部位、特に大脳半球に影響を及ぼし、さまざまな発育不良に反映される。
* 生命維持に不可欠なアミンや神経に作用するアミノ酸の内部被曝による変動は外部被曝と比べ、顕著である。
* セシウム137の体内量と自律神経系の機能障害は相関する。
* 動物実験で発情期のメスに神経反応の組織障害が起こる。
* ウクライナの学者は、大脳の差半球で辺縁系小胞体組織の異常があると述べている。

【消化器系】
* セシウムが体内に長期間は言っている子供に、慢性胃腸病を引き起こす。

【視覚器官】
* ベトカとスベチロビッチ(15―40キュリー/km2)に住んでいる子供では、子供の視覚器官の変化はそれぞれ93.4%と94.6%だった。
* 白内障発生率とセシウム137の量に明白な正比例関係が見られた。

【相乗作用】
* セシウムの影響は、ニコチン、アルコール、ハイポダイナミアと相乗して憎悪される。

【男女差】
* セシウムは男性により多く取り込まれやすく、女性より男性により強い影響が出ており、より多くのガン、心臓血管不調、寿命の低下が見られる。

【疫学調査】
* 1976年と1995年のベラルーシの比較。悪性の腎臓腫瘍が男4倍以上、女2.8倍以上。悪性膀胱腫瘍が男2倍以上、女1.9倍以上。悪性甲状線腫瘍が男3.4倍以上 女5.6倍以上。悪性結腸腫瘍は男女とも2.1倍以上。
* ゴメリ州では腎臓ガンは男5倍、女3.76倍。甲状線ガンは男5倍、女10倍となった。

【セシウム排出製剤】
* セシウムの排出に、カリエイ土を加えたペクチン製剤のペクトパルは最も将来性がある製剤のひとつだが、セシウムが人体に入るのを防ぐほうが、それを排出したり乱れた代謝を正常にするより容易なことを心に留めるべきである。


■ストロンチウムの毒性について

ストロンチウム90が福島原発から80kmはなれたところで検出されたというニュースをNHKで4月の中ごろ聞きました。その後報道されないので、ずっと気になっていました。ストロンチウム90は、その昔、レイチェル・カーソンが化学物質とともに「邪悪な相棒」と称した物質で、核実験が行われていたときは、その有害性のために世界各国で研究が行われていた、大変危険な物質です。

以下にストロンチウム90の特徴を記します。

(グロイブ著『人間と環境への低レベル放射能の脅威』と2006年スターングラス博士インタビューhttp://www.e22.com/atom/page08.htmより要約抜粋)


*ストロンチウムはミルクや穀物の外殻に蓄積されやすい。(両方とも基本となる食物なので始末が悪い。ちなみに1963年、ドイツでは黒パンの流通を禁止することを考慮)

*カルシウムに似た親骨性の物質であり、ベータ線を放出する。ベータ線はアルファ線より飛距離があり、骨髄により効率的に到達してしまう。ストロンチウム90は、骨髄で作られる白血球の正常な機能を阻害するため、ガンや免疫低下、免疫低下に起因する感染症、肺炎などを引き起こす。

*1968年、オスロー大学のストッケらは、ストロンチウム90を与えた動物実験で、わずか0.01ミリグレイ(ミリシーベルト)であっても、高度な骨髄細胞への障害を観察した。また、0.1-1ミリシーベルトのストロンチウム90でも動物実験で、骨髄の減衰が見られた。

*あまり知られていないが、カルシウムは神経の伝達にもかかせない物質であるため、ストロンチウムは脳にも入り込み、神経にダメージを与えるため、脳の発達に支障をきたすようになる。

*ストロンチウム、トリチウム、ヨウ素などは吸引または摂取されて体のある機関に濃縮されると、体が非活性化できるよりずっと多くの活性酸素を発生させてしまう。

*低体重児の出生率と人体中のストロンチウム90の濃度は大きな相関関係がある。また、妊娠の何年も前から蓄積されたストロンチウム90により、流産の危険性が高まる。

*ストロンチウムの娘核種のイットリウムは脳下垂体に蓄積するが、出産前の2-3週間にこれが起こると、肺胞に必要な脂質の生成が不十分になり、胎児の肺機能の成長を阻害し、出産後に見かけはなんら異常のない赤ん坊が呼吸器系疾患で死亡するケースがある。

*ストロンチウムの娘核種であるイットリウムは、すい臓にも集中し、糖尿病やすい臓がんの原因になる。



http://www.bllackz.com/2011/12/blog-post_05.html

汚染された場所・食品はずっと記録し続けているが、もうあまりにも多すぎるので10月から追いかけるのをやめた。

多すぎて意味がない。「福島界隈はすべて汚染されている」でいい。いや、「日本は流通と隠蔽が発達しているので、これからすべてが流通に乗って全国汚染される」でいい。

試しにここ最近の「汚染ニュース」をざっと拾ってみれば、言いたいことも分かってくれると思う。


11月29日 高松市内のホウレンソウから微量のセシウム検出
11月30日 宇都宮等6市のシイタケで最大6940ベクレル検出
11月30日 高崎等の原乳から微量のセシウム検出
11月30日 群馬県内の農作物12品から微量のセシウム検出
11月30日 シイタケ原木から指標超すベクレル検出
12月1日 いわき市での河口で4040ベクレルのセシウム検出
12月1日 第1原発取水口付近の海底泥から87万ベクレル検出
12月1日 伊豆市の乾燥シイタケ572ベクレル検出617箱廃棄
12月2日 福島農家5戸が収穫したコメから最大760ベクレル
12月2日 茨城県の川底で5500ベクレル検出
12月3日 10万ベクレル以下は埋め立て可能と政府方針
12月3日 栃木県の鹿肉から最大1185ベクレル検出
12月4日 汚染水の処理装置から45トンの汚染水漏れ

たかが数日で、この有様だ。

福島第一原発1号機が爆発したのは3月12日午後3時36分である。それから3号機、2号機、4号機と相次いで爆発が起きた。

その数日後、3月19日には早くも福島の牛乳からセシウムが検出された。牛乳だけではない。ほうれんそうも、水道水も19日には放射能が検出されている。

しかし、3月19日から始まったのではない。それは3月12日から、すでに福島を、そして東日本を汚染してしまったのだ。

それでもまだ東京電力は、そして行政は福島は安全だと言い続けている。そんなに安全なら提案したい。

(1)東京電力は本社を福島県に移すこと。
(2)報道機関も本社を福島県に移すこと。
(3)政治家も政治機能も国会議事堂も福島県に移すこと。
(4)原発推進派は、みんな福島県に引っ越すこと。


別に議論する必要はない。土地は安いし、緑は多いし、食べ物もたくさんあるのだから、困ることは何もないはずだ。

さっさとそうすべきだし、そうすれば国民も喜ぶ。


福島県の行政は人口が激減して困っているようだ。それならば、ぜひ(1)〜(4)を誘致してみて欲しい。みんな賛成する。


福島県 における土壌の放射線モニタリング (プルトニウム) 調査結果(速報 )
http://www.pref.fukushima.jp/j/dojou111129.pdf

by oninomae | 2011-12-05 01:05 | 放射能・ラジオハザード  

妖怪人間 タンポポ日記

妖怪人間 2011年12月04日
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/10517471.html

最近、ドラマの「妖怪人間べム」が評判になっているようだ。私も子供の頃見ていたので、懐かしいなとも思っているが、世の中の実情を知ってしまった今では、素直に喜べないこともある。

c0139575_23472219.jpg

べム・ベラ・ベロの三人が意味するもの、それは「父と子と精霊」という、聖書特有のあのフレーズである。

また、べム・ベラ・ベロという名のいずれもが、ユダヤ・フェニキアの神バール(魔神ベル)を意味しているということを誰もが知らない。

c0139575_0212.jpg

c0139575_022993.jpg


私は、妖怪人間べムが西洋のアニメであると思っていたのだが、日本の企画で韓国で作られたということは知らなかった。

韓国製の英雄たちが日本を席捲している。


それは、ヨーロッパやアメリカ大陸において、ユダヤ人が悪魔として罵られながらも、実権を握っていった物語とオーバーラップする。

今の日本では韓国人のアイドルや帰化人たちが世相を作り出している。 日本人はいまだに夢の中に浸かり、われわれに襲いかかる危機に気づいていない。 

c0139575_0131749.jpg


このままではユダヤ人に指導された朝鮮民族の支配下に置かれてしまうだろう。

だが、それは朝鮮民族にとっても幸せなことではない、そのミカエリは必ず求められる。それが聖書の教えなのだから。


―父と子と精霊の御名において―

c0139575_0382423.jpg


我々はそうした「死と再生の魔術」を、この世から消し去れなければならない。

それが出来なければ、人類は絶滅するしかないのだから。

悪魔は、人類を絶滅させるために、この世に「聖書」を送り込んだのである。

c0139575_0101521.jpg

エゼキエル書 / 5章 2節

その三分の一は包囲の期間が終わったときに都の中で火で燃やし、ほかの三分の一は都の周りで剣で打ち、残り三分の一は風に乗せて散らしなさい。わたしは剣を抜いてその後を追う。

エゼキエル書 / 5章 12節

お前の中で三分の一は疫病で死んだり、飢えで息絶えたりし、三分の一は都の周りで剣にかけられて倒れ、残る三分の一は、わたしがあらゆる方向に散らし、剣を抜いてその後を追う。

c0139575_051410.jpg

c0139575_05281.jpg


キリストがこの世にもたらす光とは、殺し合いの中で勝ち上がった者だけに与えられる光である。



c0139575_053884.jpg









c0139575_0185737.jpg

違うキリストもいるとは思いますがね




多くの日本人は知らない by 吉田繁治
http://satehate.exblog.jp/10941327/

<陸に流れ着いた生存者はわずか69人でした。真夜中に灯台までの断崖をよじ登った。灯台守からの知らせを受けた大島村(現串本町)の村民は、救助に当たりました。海が荒れ、何日も漁に出ることができず、食べるのに事欠いていた村民は、乏しい衣類、卵、さつまいも、そして非常用の蓄えであるニワトリも出して炊き出しをし、遭難したトルコ人を助けました。>





ただいま現在にも、大島村はある

このメディアは取扱いに注意を要すると@tokaiama 中津川
http://twitter.com/#!/tokaiama

木下黄太@KinositaKouta 日本
http://twitter.com/#!/KinositaKouta

院長の独り言
http://onodekita.sblo.jp/

SAVE CHILD
http://savechild.net/

私設原子力情報室
http://nucleus.asablo.jp/blog/

中鬼と大鬼のふたりごと
http://onihutari.blog60.fc2.com/

戦争はなぜ起きるのか たんぽぽ日記 戦争のない世界へ
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/

その他多数

人はカネのためにのみ生きるにあらず

by oninomae | 2011-12-04 23:37 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

殺虫性GMトウモロコシ 害虫の抵抗性発達で効力喪失? 農業情報研究所 + ノウイング・ウラニウム

殺虫性GMトウモロコシ 害虫の抵抗性発達で効力喪失の恐れ 米環境保護庁がモンサントに警告
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/gmo/news/11120301.htm


アメリカ環境保護庁(EPA)が11月30日、トウモロコシや大豆の主産地をなす中西部の少なくとも4つの州―アイオワ、イリノイ、ミネソタ、ネブラスカ―で、モンサント社の殺虫性遺伝子組み換え(GM)トウモロコシが効力を失いつつある恐れがあるというメモランダムを公表した。

メモは、これら4つの州における作物損害の記録と昆虫学者の報告(参照:米国トウモロコシ主産地で殺虫性GMトウモロコシの根が重大な食害 Bt毒抵抗性の根虫が増殖)からして、このGM植物に組み込まれた土壌細菌(Bt)が作り出す殺虫成分(Cry3Bb1蛋白)に対する標的害虫(ルートワーム、根切り虫)の抵抗性発達が疑われるとし、抵抗性が疑われるケースのモンサントによるモニタリングは不適切であると指摘する。

2009 Resistance Monitoring Review for Cry3Bb1
http://www.regulations.gov/#!documentDetail;D=EPA-HQ-OPP-2011-0922-0003

これに対し、モンサント社は、EPAのレビュは深刻に受け止めるが、Cry3Bb1蛋白に対するルートワームの抵抗性の科学的確認は実証されていない、会社はすでに、二つのタイプのBtによってルートワームを殺す同社の新製品・SmartStaxの利用や大豆等との輪作など、農家に対する”最善管理方法”の推奨で対策を講じているとする声明を出した。

Monsanto Addresses EPA Memorandum on Corn Rootworm Protein (Cry3bb1), Reinforces Commitment to Proactive Product Stewardship(Monsanto,2011.12.1)
http://www.monsanto.com/newsviews/Pages/monsanto-addresses-epa-memorandum-on-corn-rootworm-protein-cry3bb1.aspx

c0139575_13132644.jpg


しかし、EPAのメモは、害虫がBtトウモロコシへの抵抗性をすでに発達させている畑でのSmartStaxの利用は、これに対する抵抗性の発達を速める恐れがあると指摘している。SmartStaxについては、抵抗性発達を遅らせるために設定しなけばならない”避難地”(Bt作物栽培地の害虫が”避難”する隣接通常作物栽培地)の割合が従来の20%から5%になるために、抵抗性発達を遅らせる措置の有効性も減じるだろうと言う。

EPAは、モンサントはBt毒への抵抗性が疑われる畑の修復プランを実行すべきだ、これには、通常の殺虫剤の使用によってシーズン末期にルートワームの成虫を殺すことや、それに続くシーズンにおける抵抗性発達を遅らせるための代替害虫管理方法の利用が含まれるという。



おまけ

Monsanto, Sumitomo Chemical and Valent Announce Long-Term Crop Protection Collaboration Oct 19, 2010 10:00am
http://monsanto.mediaroom.com/index.php?s=43&item=890

農作物保護(雑草防除)分野におけるモンサント社との長期的協力関係について 住友化学株式会社 2010年10月20日
http://www.sumitomo-chem.co.jp/newsreleases/docs/20101020_3.pdf#search='Monsanto sumitomo'


++
結局、他人が食べる食物を汚染するだけだった。お偉方は有機農産物を食べているそうだが、モンサント社員たちは、何を食べているのだろう?

c0139575_19353987.jpg




http://quasimoto.exblog.jp/17006586/

首相「捨て石になる」 消費増税やTPP交渉参加

「自分の代で、しっかりと捨て石になってけりをつける。不退転の覚悟でやる」。野田佳彦首相

c0139575_15131327.jpg

は3日、都内で開いたベンチャー企業の経営者らとの会合で、膨らむ社会保障費の財源に充てる消費増税や環太平洋経済連携協定(TPP)交渉参加に向けた決意を改めて強調した。出席者が明らかにしたもので、米軍普天間基地の移設問題を念頭に安全保障政策についても首相が「しっかりとした心構えでやりたい」と表明したと述べた。会合は勉強会として首相の高校時代の同窓生らが創設し、首相もメンバーと説明した。



政治家とは一般大衆の分別に目潰しを喰わせるために雇われた殺し屋である

インフレによって膨大な量の金が一般大衆の手にわたり、かれらの貪欲さのバランスを維持し、かれらの中に虚構の自己満足を作り出す・・しばし、狼は戸口の外で待っている。万一の場合、収支のバランスをとるために、戦争という手段に訴えなければならない。極言すれば、戦争は債権者を破滅させる手段に過ぎず、政治家とはとるべき責任をとらなかった行為を正当化し、一般大衆の分別に目潰しを喰わせるために公然と雇われた殺し屋である。<時間の流れと自己破壊振動>



奴隷化と計画的大量殺害なしには社会のオートメーション化は不可能である

社会コントロールと人間生活の破壊、言い換えれば、奴隷化と計画的大量殺害という広大な目標を含めることなしには、一国ないしは世界的規模の社会工学化あるいは社会のオートメーション化、すなわち、社会オートメーション・システム(沈黙の兵器)を論ずることは不可能である。 <機密保持>







広河隆一氏が警告「日本中がくまなく汚染される」 “福島の海産物が産地偽装して流通”との情報も明かす 2011年12月02日 10:20 BLOGOS編集部
http://blogos.com/article/25936/?axis=b:123

c0139575_18232186.jpg

都内で記者会見をする広河隆一氏 写真一覧

12月1日、フォトジャーナリスト・広河隆一氏が都内で記者会見を行なった。主催したのは自由報道協会。1986年に原発事故を起こしたチェルノブイリを何度も訪問して、取材を続けてきた経験を元に、今回の福島第一原発の事故による被曝問題について語った。

チェルノブイリで被曝した犠牲者の墓や、後遺症に悩む子供たちの姿が次々とスライドで映し出され、会場の記者達は息を飲む場面もあった。広河氏はチェルノブイリ周辺と同様に、日本でも「放射性物質に汚染された食品が産地偽装をする形で流通している」と驚くべき警告をした。詳しい記者団とのやり取りは以下の通り。【写真・文:安藤健二(BLOGOS編集部)】


「福島の海産物が名古屋まで運ばれている」

c0139575_18234036.jpg

チェルノブイリ原発事故のスライドを解説する広河氏

―311の震災が起きるまでは、安全神話の元で放射性物質は集中管理されてきましたが、(原発事故で)一旦ばらまかれた放射性物質をどう管理するのかという政府の方針が定まっていません。ガレキの処理と称して放射性物質を引き取らせるようなこともあるやと伺っています。チェルノブイリでは放射性廃棄物をどのように処理していたのか、お聞かせください。

広河氏:大体、汚染された立ち入り禁止区域の中に、埋めるという処理をするわけです。建物にしてもそのまま残しておくと、火災になった場合に濃縮された放射能が拡散する事態になるのを恐れる。それと、中の物を盗み出して、汚染地であることを隠して売るなんて人間も多くいるそれを避けるためです。そのために、立ち入り禁止区域を設けて、柵の中には「許可証がないと入れない」という風になっております。

ただ、ベラルーシとウクライナはああいう風に当初から「危険地域だ」と指定されることに反対する勢力もありまして、それは危険地域と設定してしまうと、逃げる先の住居から仕事場から用意しないといけなくて経済的にも大変ということで、「何とかして安全地域に変えたい」という気持ちがあったようです。それは除染によっては変わらない。

だから、「安全安心」とするための閾値をどんどん上げてしまっている。汚染がひどくて立ち入りが禁止されていたところを、どんどん開放していく傾向があります。それは、ベラルーシとウクライナの両国で原発を建設しようという動きが絡んでいるということですね。

廃棄物の処理に関しては、食べ物はミルクなんかのある程度のセシウムがあると、廃棄されます。しかし、大体の汚染された物は、別の大きな町に持ち出されて、汚染されてない物と混ぜ合わせて、(放射線の)平均のベクレル値を下げて販売されるというやり方が、長い間、行われてきました。そうでもしないと、食べる物がなくなってしまうという状態がありました

日本でも今は、産地を偽装して売るということになってます。福島の海産物が夜に名古屋まで運ばれていって、名古屋の市場で安い値段で卸されて業者が買い付けして、関西圏に出回っているということが実際に行われているようです。それは噂としてではなく、実際にやってる人の親戚から聞いた話です。これからは食べ物によって、福島だけでなく日本中がくまなく汚染される事態になりつつあります。数年後には福島県の女性の母乳の放射能の値と、九州の女性の値も変わらなくなってくるんじゃないかと思います。

―福島の海産物が名古屋まで運ばれているとのことですが、これを広河さんが信頼できる情報と判断された理由は何でしょうか?

広河氏:僕もその後、調べている途中ですので、それ以上のことは分らないんです。ただ、一回限りのことではなくて、仕事としてやってると。アルバイトで働いてる人の親戚から聞いた話ですそういう話は、海産物に限らず、他の作物でもおそらくまかり通っているはずです。どこでいつ起きたかという事実関係を発表するまでには、本人に会って調べたいと思っています。ただし、これは単なる噂ではなく、働いている人の親族の方の話から聞いた話ですから、信頼性が確かだということです。

―価格があまりにも安いということもあるんでしょうか?

広河氏:「非常に安い」ということを聞きつけて、(被災地の産品だと)分っている人達が買い付けにくるようですね。




c0139575_21325940.jpg

c0139575_21312371.jpg

c0139575_2146463.jpg

テレビ朝日
c0139575_2139191.jpg

c0139575_2143109.jpg


c0139575_21571552.jpg

c0139575_21572756.jpg

c0139575_21574728.jpg


c0139575_22304662.jpg

c0139575_2233596.jpg

c0139575_22343329.jpg

c0139575_22345790.jpg

c0139575_22352965.jpg


c0139575_22411226.jpg

c0139575_22355337.jpg

c0139575_22361753.jpg

c0139575_23253722.jpg

c0139575_22364731.jpg



c0139575_2238578.jpg


c0139575_23171082.jpg

c0139575_2315508.jpg

c0139575_23191652.jpg




c0139575_22534985.gif


東京で中性子線を検出―千葉ではウラン235を検出―大部分のガイガー計測器で検出は無理(エネニュース)
http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/871.html
投稿者 馬鹿まるだし 日時 2011 年 12 月 05 日 00:06:11: XrXUVCoFJUfoI

Neutron ray measured in Tokyo ― Uranium-235 found in Chiba ― Can’t be detected by most geiger counters (PHOTO & VIDEO)

http://enenews.com/breaking-neutron-ray-measured-in-tokyo-uranium-235-found-in-chiba-cant-be-detected-by-most-geiger-counters-photo-video

※註:以下の訳文は「紙の爆弾」12月号掲載の佐藤雅彦氏の記事「平成の亡国テロリズム 東京電力『大逆事件』 放射能汚染で天皇ファミリーが危ない」から一部転載


東京で中性子線を検出、千葉ではウラン235を検出、いずれも大部分のガイガー計測器で検出は無理
(10月19日、エネニュース編集部)

10月19日東京発――東京の虎ノ門で昨日、中性子線が検出されたと『フクシマ日誌』ブログ(http://fukushima-diary.com)の望月氏が報告している。問題の中性子線はウラン235から放出されたものだ。10月11日には千葉県柏市でも松葉第一公園のベンチのそばでウラン235が検出されていた。この柏市の測定では、地上1.2メートルと1.5センチメートルで測ってみると、セシウムの場合は地上1.2メートルでは測定値が半減したのに、ウランの場合は地上1.5センチよりも1.2メートルのほうが大きな測定値を示した。すなわち――

●地上1.2メートル
・環境放射線量 0.372μSv/h
・低濃縮ウラン燃料 180カウント
・セシウム134 221カウント
・セシウム137 208カウント

●地上1.5センチメートル
・環境放射線量 0.628μSv/h
・低濃縮ウラン燃料 156カウント
・セシウム134 467カウント
・セシウム137 412カウント

望月氏はこの情報に、次のようなコメントを添えている――

「大部分のガイガー計測器は中性子線を測ることができません。だから私は“線量計を頼っていると目くらましに遭うぞ”と警告するのです」。
「すでに鼻血や脱力感(ぶらぶら病)や免疫異常などの症例が数多く報告されています。なのにそれらは『風評被害』であると決めつけられてきました。この程度の『空中線量』ではそうした症状が起きるはずはない、と信じられてきたからです」。
「けれどもこの中性子線の測定結果が出たことで、すべてが明らかになったのです。ウラン235は東京じゅうに拡散しています。プルトニウムを用いたMOX燃料がその出所だったわけです」 


と望月氏は結論づけている。

望月氏の報告には、中性子線がガンマ線よりもはるかに有害だという事実が、両者を比較するかたちで記されている。詳細は同記事を参照のこと(http://fukushima-diary.com/2011/10/breaking-news-neutron-ray-measured-in-tokyo/

10月16日に、福島のメルトダウン事故現場から100キロメートル離れた栃木県内で中性子線が検出されたときの記録動画も紹介されている。

●動画「那須野が原公園で中性子線を検出」(※註:現在は削除されているが、同タイトルでネット検索されたい)
httpv://www.youtube.com/watch?v=-2pRbJfM2KQ

東京で中性子線を測定していたときの様子も、以下に写真を紹介しておく。

●NHK ニュースウオッチ9「虎ノ門で中性子線を検出」(※註:トップの画像を参照)

Breaking News: Neutron ray measured in Tokyo Posted by Mochizuki on October 19th, 2011
http://fukushima-diary.com/2011/10/breaking-news-neutron-ray-measured-in-tokyo/?utm_source=feedburner&utm_medium=feed&utm_campaign=Feed%3A+FukushimaDiary+%28Fukushima+Diary%29

Neutron ray was measured in Tokyo.

This is the screen shot of the moment when they measured it in a car, around Toranomon, where is near Tokyo tower.(10/18/2011)

c0139575_0282952.jpg

Before 311, average neutron ray was 4 nSv/h.

After 311, it’s 464 nSv/h (116 times higher than before 311).

Neutron ray is emitted from Uranium 235.

In one of the worst hot spots in Chiba, Kashiwa shi, citizens detected Uranium 235.

It was right beside a bench in Matsuba daiichi kinrin park.

10/11/2011 9:40 AM ~ 10:30 AM

1.2 m high from the ground

東京都虎ノ門をはじめ関東各地で検出されているという中性子線について
http://boony.at.webry.info/201110/article_11.html

c0139575_040074.jpg


東京 虎ノ門で中性子線検出!
http://nueq.exblog.jp/16490247/

0.9286cps(1秒間当りの放射線カウント数)と云うことは、一回の核分裂で2個の中性子が生まれるとすると、半減期7億年のウラン235が、2秒に1回核分裂をするだけの量、周辺に転がってることを意味します。 つまり、平均7億年に一回しか核分裂しないウラン235が2秒に一回核分裂する程の量。 と云うことです。



以下は参考です
c0139575_113853.jpg

やっぱりこんなものが俟っているんですか?

by oninomae | 2011-12-04 15:44 | バイオハザード・ワクチン  

放射能エイズ

別エントリーに分割した後半です

ミンスク・シンポジウムでの報告より  本稿は「原子力資料情報室通信」No.248(1995年1月)に掲載された。 

チェルノブイリ事故後の母乳中放射能と鉛の濃度  A.K.ウスチノビッチ他 ベラルーシ母子健康管理研究所、放射線生物学研究所
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/JHT/JHT9501.html

チェルノブイリ事故後、放射能汚染地域の新生児やゼロ才児において、免疫系や内分泌系疾患の増加など、健康状態の悪化が報告されている。現在、汚染地域での放射線被曝は主として内部被曝である。乳児の内部被曝は、乳児の基本的な栄養源である母乳を通じての放射能の取り込みによる。

母乳中のセシウム137とストロンチウム90、および鉛の濃度を測定した。これまでに、母乳中のセシウム 137を測定した報告はいくつかあるが、ストロンチウム90についてはほとんどない。また鉛については、チェルノブイリ事故処理のため大量の鉛が原子炉に投げ入れられ、それが蒸発して環境汚染を引き起こした可能性があるが、汚染地域での母乳中の鉛濃度に関する報告はない。

測定の対象は、汚染地域として、ゴメリ州のコルマ地区とチェチェルスク地区、モギリョフ州のクラスノポーレ地区とスラブゴラド地区合わせて96人、対照地域として、ゴメリ州オクチャブリスキー地区の「クリーン」な地域から23名である。汚染地域については、セシウム137の地表汚染密度により3つのグループに分けた。各グループの人数と測定結果を表に示す。

セシウム137濃度

すべての母乳サンプルからセシウム137が検出された。汚染地域3グループのセシウム137濃度を比べると、地表汚染の大きいほどセシウム137濃度も大きくなっている。意外だったのは、「クリーン」地区での濃度が最も大きくなっていることである。これには2つの理由が考えられる。まず、地表汚染が低くとも、土壌から農産物へのセシウムの移行率が大きい地域があること、また、地表汚染の小さい地域では、ときとして食料の汚染に対する関心が低いことである。最も大きなセシウム137濃度は、汚染地域での59.6ベクレル/リットルで、この値は、乳幼児食品に対する許容限度37ベクレル/リットルを越えている。

ストロンチウム90濃度

ストロンチウム90もすべての母乳サンプルから検出された。対照地域では、乳幼児食品に対する許容限度(1.85ベクレル/リットル)を越えたものはなかったが、汚染地域では、第1グループの42.8%、第2グループの12.1%、第3グループの20.4%が許容限度を越えていた。最大値は8.3ベクレル/リットルであった。汚染地域のうち第3グループでの平均濃度が大きいのは、汚染が低いほど、人々の放射能への注意が薄くなっているためかも知れない。

乳幼児の骨格が急速に成長していることを考えると、骨に蓄積されるストロンチウム90による母乳の汚染は極めて危険である新生児の骨格中のストロンチウム90濃度は、妊娠中母親の食事中濃度の2.3倍という報告がある。そして授乳期間中、乳児の体内蓄積量は、生後3ヶ月、6ヶ月、12ヶ月で、それぞれ 41.5倍、65.4倍、111.2倍に増加する。カルシウムの摂取が不足気味の乳児の場合は、この増加はもっと大きいであろう。

鉛濃度

鉛もすべての母乳サンプルにおいて検出された。汚染地域での母乳中鉛濃度は、対照地域より大きい。WHOやIAEAの基準(2-5μg/リットル)に比べると、対照地域の濃度でもはるかに大きい。鉛による母乳の高濃度汚染は、環境の全般的な悪化を反映している。鉛汚染の第一は、ガソリン排気中の燃焼生成物であろう。放射能汚染地域での母乳中鉛濃度が対照地域より大きいことは、チェルノブイリ事故処理に用いた鉛のためかも知れない。

以上のように、ベラルーシ共和国では、放射能汚染地域のみならず、「クリーン」地域においても、セシウム137、ストロンチウム90、鉛による母乳汚染が認められる。これらの物質は、母乳を通じ乳児の体内に取り込まれ、健康への悪影響をもたらすであろう。現実的な課題として、母乳中の放射能や重金属の濃度を監視しコントロールするサービス体制が必要とされている。また、母乳が乳児の基本的な(生後数ヶ月においては唯一の)栄養源であることを考えると、放射能や化学物質による汚染に対し、特別の基準を設定する必要がある。   

                     (要約 今中哲二)

以下データ略



THE CONSEQUENCES OF CHERNOBYL
http://www.nirs.org/mononline/consequ.htm

Chernobyl AIDS--a weakness and general suppression of the immune system

Chernobyl: The Ongoing Story of the World's Deadliest Nuclear Disaster by Glenn Alan Cheney
http://home.comcast.net/~glenncheney/Chernobyl.htm

c0139575_2111587.jpg


++
放射能エイズ


こんな状態で、白血病や感染症が増えなかったら、その方が不思議である。少なくとも玄海原発周辺以上にはなっていくであろう。 まあ、今までのところは、玄海原発周辺の放射性物質値も値はよくはわかりませんがネ。あなたはどちらが高いと思いますか?


c0139575_21293861.jpg

何度でも言いますが、彼らの標的はこれ

c0139575_0481941.jpg

c0139575_0483787.jpg

c0139575_115540.jpg

原発の避難者の皆さん、子供もつれて自分の家に帰りましょう」という人は、きっと彼らの「ともだち」なのでしょう

「私は、これらの町に住みたい。 120から、多くても250マイクロシーベルト毎時ぐらいの このあたりの放射能の値には、私は動じない。これぐらいは、毎日、ずっと喰らっても、もう、何ともない。」 とも (引用者:唖然)




おまけ

http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011120390070435.html

港北区のマンションの住民らが8月、屋上の泥から1キログラムあたり195を検出。これを受け、文科省と市は近くの噴水の底にたまった泥を測定した。文科省は、東京・霞が関など都内3カ所で検出されたストロンチウムも「原発事故と関連は薄い」との見方を示している。 (引用注:赤坂でも横田でもストロンチウム89が検出されていたそうですが?横浜では無いんですか?)

すでにチェルノブイリ・ハートはフクシマ・ハートとなり始めている現実の報告 2011-12-03 14:15:44
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/455d107931a1b346d7d8e755ddc05da4

僕たちの医療ネットワークに在籍する医師は「チェルノブイリ事故から3年間、ソ連当局はWHO人口動態調査をやめてしまいデータを隠蔽してしまったそうですが、日本でもそれと同じ動きが出ています。」と書いています。 こうしたことが、恒常的におこなわれると国が機能せずに、隠蔽構造に走りはじめているということです。統計をとらない理屈が他にありません。

こういう隠蔽が恒常化はじめるのは、それは、現実に次のような事例が起こり始めているからです。 チェルノブイリ・ハートならぬフクシマ・ハートという事態。心臓に穴が開いている状態で生まれてきているお子さんの報告が届きました。郡山での話ですフクシマハートネットワークというグループも立ち上げるそうです。そのブログの紹介文と僕に届いたメールです。

http://ameblo.jp/orionorio3/entry-11094876444.html

以下略


++
「隠蔽すれば」「なにもない」、「隠蔽すれば」「安心」




「シナリオ」を、先刻ご承知ですか?

誰も思っていなかったって?



これも記録

被曝関係なしと報告 枝野経産相 吉田前所長の病状 2011.12.2 11:20 [放射能漏れ]
http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/111202/dst11120211240003-n1.htm

c0139575_1423076.jpg

枝野幸男経済産業相は2日の閣議後の記者会見で、病気療養のため退任した東京電力福島第1原発の吉田昌郎前所長の病状について、東電から「専門家の判断として、放射線被曝(ひばく)との因果関係は考えにくい」との報告を1日に受けたことを明らかにした。

c0139575_1424466.jpg

判断したのは放射線医学総合研究所(千葉市)の専門家という。吉田氏は11月中旬に検査で病気が見つかり、12月1日付で所長を退任した。東電はプライバシーを理由に吉田氏の病名や被曝線量を公表していない。


「フクシマから逃がさない」 Sat.2011.12.03
http://prepper.blog.fc2.com/blog-entry-98.html

佐藤雄平が、今月末をもって全国の都道府県に福島からの自主避難者を受け入れる制度の打ち切りを要請


c0139575_1435156.jpg


なるほど! 福島県の政策が理解できなかったワケ
http://takedanet.com/2011/12/post_5930.html

・・・福島県は「福島の子孫(子供と女性の卵子)を被曝させたいと願っている」ということになる。なるほど! これで福島市が「1年1ミリを1年20ミリ(レントゲン400回)に変えてくれ」と国に要請したり、被災地の自治体としては考えられないことがあったのだが、そうだったのか。

・・・このような政策を採る福島県に対抗するにはかなりの力のある運動が必要だろう。それを押さえ込むために被曝の法律をすべて隠し、特別の思想をもった医師や専門家を呼んだワケも判ってきた。可哀想に・・・


c0139575_1445022.jpg

これは、アサハラ・ジャーナルか?



c0139575_1482323.jpg



いやはや、またこれも載せておこう

ホセア書 / 4章 14節

・・・・・・悟りのない民は滅びる。

by oninomae | 2011-12-03 20:27 | 放射能・ラジオハザード  

「NNSA(アメリカ国家核安全保障局)による大気中のダスト分析データ」を読む(改訂版)

訂正後容量オーヴァーのため別エントリーとしました。都内のストロンチウム濃度はあまり高くなかったそうで、まずは一息でした。

ストロンチウムを甘く見てはいけない ― 私設原子力情報室 2011/12/03 14:56
http://nucleus.asablo.jp/blog/2011/12/03/6231717 (追記:エントリーがなくなってしまったようです → 計算間違いのため一旦消去と言うことでした↓)

NNSAのデータについて ― 2011/12/04 13:48
http://nucleus.asablo.jp/blog/2011/12/04/6232553

一度公開した、「NNSA(National Nuclear Security Administration:アメリカ国家核安全保障局)による大気中のダスト分析のデータ」ですが、一部の検出場所におけるストロンチウムの単位に間違いがありました。ただ今、再検証中です。

混乱を招き、お詫び申し上げます。by nucleus (ということで以下が訂正版です)


「NNSA(アメリカ国家核安全保障局)による大気中のダスト分析データ」を読む(改訂版) ― 2011/12/05 00:27
http://nucleus.asablo.jp/blog/2011/12/05/6233260

先に公開した<「NNSA(National Nuclear Security Administration:アメリカ国家核安全保障局)による大気中のダスト分析のデータ」を読む(ストロンチウムを甘く見てはいけない)>に関して、一部の検出地点におけるストロンチウムの数値に間違いがありました。混乱を招いたことをお詫び申し上げます。改訂版を書き上げましたので、ここに公開いたします。

福島第1から漏出した放射性物質の種類は、数百種類とも1000種類以上とも言われています。主な31核種に関しては、原子力・安全保安院から試算値が発表されています。

放射性物質放出量データ』【原子力・安全保安院】

3.11から9か月が経とうとしています。
内部被ばくが大きな問題としてクローズアップされる中、事故直後に、原発至近に暮らす人々はもとより、私たち東北・関東に暮らす人間は、いったいどの程度の放射性物質を呼吸によって体内に取り込んだ可能性があるのか… 福島第1から出た放射性物質の核種別の量は、上記の通り、一応、明らかにされているのですが、その行き先は、放射性セシウム以外は、まともに追跡されていないのが現状です。

それを知るためには、事故直後に大気中にあった放射性物質の濃度が鍵になります。対応が後手後手に回ったため、日本政府は、それを調べていないのか、あるいは隠しているのかは分かりませんが、いまだに詳細なデータは発表されていません。

一方、アメリカの政府機関が、福島県内や茨城県、東京都内などで、詳細なサンプリング調査を実施し、データを公開していたことが判明しました。NNSA(National Nuclear Security Administration:アメリカ国家核安全保障局)による大気中のダストを分析したデータです。

c0139575_20143755.jpg


7000件ものサンプリングデータがあり、アメリカ政府および米軍が、福島第1から飛来する放射性物質に対して、きわめて神経質になっていたことが伺えます。

NNSAによる大気中ダスト分析:元データ

上記のページから7000件分のCSVファイルが、一気にダウンロードできます。 ヨウ素・セシウム・ストロンチウム・テルル・ネプツニウムなどが検出されています。 GPSのデータが付いているので、計測場所も正確に分かります。東京港区のアメリカ大使館や各地の米軍基地をはじめ、担当者の自宅と思われる場所や、高速道路のサービスエリアやドライブインレストランの駐車場と思える場所もあります。米軍が、これだけ自由に日本国内を動き回っていたのか、と気味悪く感じる部分もありますが、データが全面公開されているので、今回はそのことに噛みつくのはやめましょう。

以下は、特に目立つデータを抽出した一覧です。

「NNSA(アメリカ国家核安全保障局)による大気中のダスト分析データ」より

では、項目や核種に分けて、解説を試みます。


●検出結果の単位について

NNSAのデータは、基本的に、マイクロキュリー/ミリリットルという単位で記されているので、これを<1マイクロキュリー/ミリリットル=3.7×(10の10乗)ベクレル/立方メートル>という換算式で、ベクレル/立方メートルに換算しました。元データのごく一部(7000件の内の12件)だけが、単位が違っていて、単なるマイクロキュリーになっていました(これが誤報の元でした)。これもサンプルの体積で割った上で換算し、ベクレル/立方メートルにしてあります。


●当面の基準値

検出された数値が高いのか、低いのかを見極めるためには、どうしても基準値が必要になります。法令により定められているのは、「排気中濃度限度」です。

排気中濃度限度』【原子力防災基礎用語集】

ゴチャゴチャと書いてありますが、要は、その環境下で3か月暮らした場合の被ばく量を一年に換算した時に、外部被ばく・内部被ばくを合わせた実効被ばく線量が年間1ミリシーベルトに達するかどうかで決められている限界値です。過去の放射能漏れ事故などにおいても、基準値として採用されてきています。

柏崎刈羽原子力発電所の資料
注:上記資料では、「排気中濃度限界」を「告知濃度」と記しています。

では、NNSAのデータを読み進めましょう。


●ヨウ素131

まず、甲状腺がんを引き起こすヨウ素131。濃度限界は、5ベクレル/立方メートルです。データを見ると、福島県内では、2250ベクレル/立方メートルという極めて高い数値が記録されています。なんと濃度限界の450倍。茨城県にまで、かなり高い値が及んでいます。

元データを丹念に見ていくと、千葉市稲毛海岸で32ベクレル/立方メートル、米軍立川基地で16ベクレル/立方メートル、東京港区のアメリカ大使館でも7.3ベクレル/立方メートルという値が出ています。相当広い範囲で、5ベクレル/立方メートルという濃度限界を超えたのです。

福島では、子供たちの甲状腺検査が始まっています。異常が出ないことを祈るばかりです。
一方で、配布できたヨウ素剤を、なぜ生かすことができなかったのか… その責任は追及されなければなりません。


●セシウム137

いずれの検出値も、濃度限界の30ベクレル/立方メートルには及びません。比較的速やかに地面に落ちたと考えるべきなのかも知れません。

ただ、半減期が30年と長いので、今後の除染作業等で、セシウム137が、ふたたび大気中に舞い上がることのないよう、十分に配慮する必要があります。

また、セシウム137による土壌汚染は深刻で、その対策が急がれていることは言うまでもありません。


●ストロンチウム90

ストロンチウムに関しては、計算し直したところ、いずれも濃度限界以下の値ではありました。本当に遠くまでは飛んできていないのか、それとも、速やかに地面に落ちてしまったのか… 現在、何カ所かで、土壌中のストロンチウム90の値について、議論になっています。まずは、その結果を待つしかないのかと思っています。

しかし、いずれにしても、ストロンチウムは一旦体内に入ってしまうと大変に危険です。大気中から地面に落ち、水に溶けて、植物に吸収される。それを人間が食べるという食物連鎖がひとつ。牧草に吸収されて、それを乳牛が食べ、牛乳に濃縮され、それを人間が飲むという連鎖もあります。

体内にあるストロンチウムを検出するのは至難の業です。ベータ線しか出さないので、ホールボディーカウンターには反応が出ません。体内実効半減期は18年と長いため、尿にもごくわずかしか出てこないので、尿検査でも、なかなか見つからないでしょう。

c0139575_20265388.jpg

結局、白血病で死んだ後に、骨を調べてみて、やっとストロンチウム90が原因だったと分かる。そういう恐ろしい物質なのです。


●テルル

テルル129m(半減期:33.6日)は、ベータ崩壊して半減期1600万年の放射性ヨウ素129に変わる放射性物質です。体内に取り込んだ場合、テルル129mそのものによるベータ線内部被ばくと、娘核種のヨウ素129によるベータ線内部被ばくの両方を心配する必要があります。

テルル132(半減期:3日)も同様で、娘核種はヨウ素132(半減期:2.3時間)。いずれも警戒の要有りです。

データを見ると、テルル239129mで最大237.54Bq/立方メートル、テルル132で831.76Bq/立方メートルという値が出ています。いずれも、濃度限界は20Bq/立方メートルですから、10倍から40倍という、大変に高い危険な数値と言えるでしょう。

2種類のテルルとも、自然界には存在しない放射性元素です。環境中に、その存在が認められれば、核燃料が損傷したという証です。1号炉の核燃料の85%以上が溶け落ちたことが明らかになった今となっては、呆れるしかないのですが、日本政府は、事故直後にテルル132を検出しながら、6月3日までその事実を隠してきたという事実が有ります

本ブログ「テルル132と情報の隠蔽」参照

NNSAのデータでは、3月21日には、テルルの漏出が確認されています。そのデータは、日本政府にも伝えられたはずです。本当に隠すことを第一義にしているとしか思えません。


●プルトニウム239などの超ウラン元素

NNSAの7000件のデータの中で、超ウラン元素が特定されているのは、ネプツニウム239(半減期:2.4日)だけです。5月8日に福島県岩瀬郡鏡石町岡ノ内で、553.10Bq/立方メートルが検出されています。ネプツニウム239は、下のような崩壊過程の中で、生まれ、そして消える放射性物質です。

c0139575_21222578.jpg

ネプツニウム239の半減期は2.4日、プルトニウム239の半減期は2万4千年。ということは、ネプツニウム239からプルトニウム239に変わることによって、単位時間あたりの崩壊数(ベクレル数)は1/365万に減ります。そのまま拡散することなく崩壊したとすると、変わった先のプルトニウム239の濃度は、0.00015Bq/立方メートルになります。プルトニウム239の濃度限界=0.008Bq/立方メートルは下回ります(この計算では、すでに存在していたプルトニウム239は算入されませんが)。

ただ、心配なのは、アルファ線総計値を見ると、福島県内では4Bq/立方メートル以上、都内でも1Bq/立方メートル以上が検出されています。アルファ線を出すのは、おもに、プルトニウム、アメリシウム、キュリウムなど、ウランよりも重い元素=超ウラン元素です。

データは、間違いなく福島第1由来の様々な超ウラン元素が、遠くまで飛散したことを意味しています。今となっては、空中を飛んでいることはないと思われますので、土壌のサンプリングなどで、その行方を徹底的に追いかけ、核種を特定し、対策を取る必要があります。


●おわりに

残念ながら、NNSAのデータは、5月9日の分までしか公表されていません。測定をやめたとは考えにくいので、何らかの理由があって、公表を止めているのでしょう。まずは、全データの公開をアメリカ政府に求めるべきだと考えます。

そして、日本政府や自治体も、もっともっと丹念にモニタリングを行うべきです。

ストロンチウムも、まだまだ調べられていません。プルトニウムをはじめとする超ウラン元素に関しても、まったくお座なりな調査しか行われていないと感じるのは、私だけではないでしょう。福島第1から出たものは、必ずどこかにたどり着いています。その行き先を確かめ、ひとつひとつ対策を取っていかないと、多くの人の健康が、いや、命までもが危うくなります。

追記:

今回、NNSAのデータを扱ってみて、CSVファイルの中に、GPSデータまで組み込まれているのには、正直感心しました。日本はPDFが基本なので、 データを二次使用しようとしても、大変に手間がかかります。政府も東電も、二次使用を前提としたデータの公開の仕方に切り変えるべきです。データは納税者のものであり、電力消費者のものであり、今回の事故で被害を受けたすべての人のものであり、この列島で、いやこの星で暮らすすべての人のものです。

by nucleus


米国エネルギー省(DOE)と国家核安全保障局(NNSA)が行った、 事故当初の モニタリングデータをマッピングしました
http://www.zenkokucyousa.com/


カルシウムと化学的性質が同じストロンチウムも、これら組織に沈着、濃縮される
http://satehate.exblog.jp/17141507/


日本政府が公表していない、驚愕な事実が見つかりました。
http://mak55.exblog.jp/15044926/


http://www.asyura2.com/11/genpatu18/msg/354.html#c1

01. 2011年11月11日 14:21:11: E9aRVRx2dQ
米国エネルギー省が5月8日に東北自動車道鏡石パーキングエリア内で行った大気中サンプリングで、ネプツニウム2391.49485144816092E-08,uCi/mL検出されていた。
場所 北緯37.256249 東経140.335676
http://maps.google.co.jp/maps?q=37.256249,+140.335676&hl=ja
>206619,9661,SCF-00619C,Air Filter,No,37.256249,140.335676,40.0234801604005,253.613438170733,WSW,5/8/2011 1:30:00 PM,DOE,Description: Charcoal;,Charcoal,37.82,cubic feet,1.06554705711956E-08,1.35436737846882E-10,Gamma Spectroscopy,,Np-239,1.49485144816092E-08,uCi/mL
http://energy.gov/sites/prod/files/FieldSampleAirResults_0.csv
http://pissinontheroses.blogspot.com/2011/11/us-department-of-energy-detected.html

c0139575_2322535.jpg

c0139575_2323688.jpg

やっぱり、これもあるじゃないの

プルトニウムはどこへ?
http://satehate.exblog.jp/16085379/

by oninomae | 2011-12-03 20:26 | 放射能・ラジオハザード  

ドイツ放射線防護協会によるフクシマ事故に関する報道発表 Dr. セバスティアン・プフルークバイル

ドイツ放射線防護協会によるフクシマ事故に関する報道発表 Eisbergの日記 2011-11-30
http://d.hatena.ne.jp/eisberg/20111130/1322642242


先日のベルリンの講演会会場には主催団体および参加団体のパンフレットやチラシなどが置いてあった。その中にはドイツ放射線防護協会の会長によるフクシマ事故に関しての新しい報道発表もあったので貰って来た。 重要な内容と思われるので翻訳して日本へ紹介したいと考えたが、この両日は他の用事がいろいろあって私には余裕がなく、在独の親しい友人(翻訳業に従事)に相談したところ、快く翻訳を引き受けてくれた。ありがたく訳文を受け取り、ここに転載させて頂く。



放射線防護協会

Dr. セバスティアン・プフルークバイル[Sebastian Pflugbeil] 

c0139575_21484928.jpg


2011年11月27日 ベルリンにて


報道発表

放射線防護協会:

放射線防護の原則は福島の原子炉災害の後も軽んじられてはならない。


放射線防護協会は問う:

住民は、核エネルギー利用の結果として出る死者や病人を何人容認するつもりだろうか?


放射線防護においては、特定の措置を取らないで済ませたいが為に、あらゆる種類の汚染された食品やゴミを汚染されていないものと混ぜて「安全である」として通用させることを禁止する国際的な合意があります

日本の官庁は現時点において、食品の範囲、また地震と津波の被災地から出た瓦礫の範囲で、この希釈禁止に抵触しています。

ドイツ放射線防護協会は、この「希釈政策」を停止するよう、緊急に勧告するものであります。

さもなければ、日本の全国民が、忍び足で迫ってくる汚染という形で、第二のフクシマに晒されることになるでしょう。

空間的に明確な境界を定め、きちんと作られ監視された廃棄物置き場を作らないと、防護は難しくなります。「混ぜて薄めた」食品についてもそれは同じことが言えます。現在のまま汚染された物や食品を取り扱っていくと、国民の健康に害を及ぼすことになるでしょう。


焼却や灰の海岸の埋め立てなどへの利用により、汚染物は日本の全県へ流通され始めていますが、放射線防護の観点からすれば、これは惨禍であります。

そうすることにより、ごみ焼却施設の煙突から、あるいは海に廃棄された汚染灰から、材料に含まれている放射性核種は順当に環境へと運び出されてしまいます。放射線防護協会は、この点に関する計画を中止することを、早急に勧告します。


チェルノブイリ以降、ドイツでは数々の調査によって、胎児や幼児が放射線に対し、これまで考えられていた以上に大変感受性が強い、という事が示されています。

c0139575_11344191.jpg

c0139575_1135335.jpg


チェルノブイリ以降のヨーロッパでは、乳児死亡率、先天的奇形、女児の死産の領域で大変重要な変化が起こっていますつまり、低~中程度の線量で何十万人もの幼児が影響を受けているのです。ドイツの原子力発電所周辺に住む幼児たちの癌・白血病の検査も、ほんの少しの線量増加でさえ、子供たちの健康にダメージを与えることを強く示しています。 放射線防護協会は、少なくとも汚染地の妊婦や子供の居る家庭を、これまでの場合よりももっと遠くへ移住できるよう支援することを、早急に勧告します。協会としては、子供たちに20ミリシーベルト(年間)までの線量を認めることを、悲劇的で間違った決定だと見ています。


日本で現在通用している食物中の放射線核種の閾値は、商業や農業の損失を保護するものですが、しかし国民の放射線被害については保護してくれないのです

この閾値は、著しい数の死に至る癌疾患、あるいは死には至らない癌疾患が増え、その他にも多種多様な健康被害が起こるのを日本政府が受理していることを示している、と放射線防護協会は声を大にして指摘したい。 いかなる政府もこのようなやり方で、国民の健康を踏みにじってはならないのです。


放射線防護協会は、核エネルギー使用の利点と引き換えに、社会がどれほどの数の死者や病人を許容するつもりがあるのかと言うことについて、全国民の間で公の議論が不可欠と考えています。この論議は、日本だけに必要なものではありません。それ以外の原子力ロビーと政治の世界でも、その議論はこれまで阻止されてきたのです。


放射線防護協会は、日本の市民の皆さんに懇望します。できる限りの専門知識を早急に身につけてください。皆さん、どうか食品の閾値を大幅に下げるよう、そして食品検査を徹底させるように要求してください。既に日本の多くの都市に組織されている独立した検査機関を支援してください。


放射線防護協会は、日本の科学者たちに懇望します。どうか日本の市民の側に立ってください。そして、放射線とは何か、それがどんなダメージ引き起こすかを、市民の皆さんに説明してください。


放射線防護協会

会長

Dr. セバスティアン・プフルークバイル

ドイツ放射線防護協会の報道発表オリジナル原稿
http://d.hatena.ne.jp/eisberg/20111201/1322719204





++
c0139575_1325072.jpg

誰かさんたちは、こういうことやってるんだと思いますがね。日本には、助言をわざと理解しようとしない人もいるようですネ。 また、わざと理解させないように頑張る人たちもいるようです。

c0139575_11354055.jpg

c0139575_11375531.jpg

c0139575_11363297.jpg




おまけ

福島の特産品 NYで売り込み 12月2日14時10分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111202/k10014361341000.html

c0139575_13444843.jpg

東日本大震災からまもなく9か月となるのを前に、福島県の特産品をニューヨークでPRして、復興への意気込みを示そうという取り組みが始まりました。

この取り組みは、福島県の商工会議所青年部と在ニューヨークの日系企業などが協力して立ち上げたもので、今後、ニューヨークで福島をPRするさまざまなイベントを行う予定です。

取り組みのスタートを記念して、1日、ニューヨークの日本総領事公邸で開かれたレセプションでは、震災発生直後の被害状況を捉えた写真が展示され、福島の漆器やこけしなどの特産品も並べられました。日米から参加したおよそ200人は、まず震災の犠牲者のために黙とうをささげたあと、廣木重之総領事が「被災地の復興のために、ニューヨークからも声援を送ってあげてほしい」とあいさつしました。

原発事故以来、福島産の食材はアメリカへの輸出の規制対象となっていますが、会場では特別に、福島産のソバなどがふるまわれ、アメリカ人の女性は「健康的だし、おいしい。福島の人たちに頑張ってほしいと言いたい」と話していました。

また、福島県側の代表者、瀬野勝治さんは「福島から世界に元気を発信し、日本を元気にするという気持ちで取り組みたい」と意気込みを示していました。

by oninomae | 2011-12-02 21:42 | 放射能・ラジオハザード  

セシウム137汚染食品による内部被曝の影響 オリーブ

【セシウム137汚染食品による内部被曝の影響】
http://www.olivenews.net/news_30/newsdisp.php?n=119250

28日の【低線量被曝のリスク管理に関するWG会合】は25日より更に酷い内容になった。

「子供は親や先生と一緒に生活するので大人と、年間線量を分けることは意味がないと思うが」
「週末、福島に行き住民の話を聞いた。みんな除染して住むというガッツがあった、そこがチェルノブイリと大きく違う。飯舘でも聞いた。」などとICRPの委員が云う。(T_T) 
しかし飯舘村は、会議が紛糾しているし、福島の住民だって、子供と妊婦だけでも避難の権利をと交渉している。

だが、本紙はずっと内部被曝についてリスクがあると云っている。

例えば下の図1は、その「ICRP PUB.111 原子力事故又は放射線緊急事態後における長期汚染地域に居住する人々の防護に対する委員会勧告の適用」の中にある「被曝の性質」に出てくる汚染食品摂取に係る体内蓄積量である。

図1=摂取量・摂取状況の違いによるセシウム137の体内蓄積量
c0139575_18482721.jpg



図1は、1日1回1000ベクレルのセシウム汚染食品を摂取した場合と、1日1ベクレル又は10ベクレルの汚染食品を長期に摂取した場合の体内蓄積量を示している。1回1000ベクレルのセシウム汚染食品を摂取しても1年後には100ベクレル以下に減少するのに対し、10ベクレル/日を長期期摂取し続けると1400ベクレルが体内に蓄積され、かつ、以降は体内代謝との関係で平衡してしまう。1ベクレルの場合は、最大200ベクレルで平衡する。


図2は、ベラルーシに於いてゴメリ医科大学のバンダジェフスキー教授が調査したゴメリで亡くなった大人と子供の体内器官毎のセシウム蓄積量である。 大人に対し、子供は平均2倍以上蓄積されていることが分かる。

福島では、東北大学加齢医学研究所の福本学教授らのグループが警戒区域内の牛の内部被曝を調査し、セシウムが血液濃度に対し、臓器に20~30倍高く蓄積されていることを確認すると共に、胎児は更に平均1.3倍が蓄積されていたことを確認している

だがバンダジェフスキー教授の解剖結果では、臓器(成人)の各蓄積量を加算してもせいぜい2000ベクレル前後である。つまりその体内蓄積量に至る食品摂取量は、毎日10ベクレルを食べれば1年で体内平衡状態である1400ベクレルに達することになる。

図2=ゴメリで亡くなった大人と子供の体内器官毎のセシウム蓄積量
c0139575_18484825.jpg



現在の厚生労働省による500ベクレル/Kgが如何に異様かが分かる。これからすると毎日10ベクレルを摂取し、ときおり100ベクレルとか200ベクレルの食品を摂取すれば、更に色んな臓器にセシウムが蓄積し、放射線を細胞に放射し続けることになる。

内部被曝では、セシウムから出るガンマ線のほかベータ線も電離作用に加わり、しかも特定部位に蓄積したセシウムは、周辺の狭い細胞群に対し電離作用を起し、かつ、間接的な化学作用を引き起こす。臓器に沈着した場合、面密度が高くなるから、少量でも部位に集まると、影響が大きい。上手く代謝で出てくれればいいが、特定部位に蓄積されると、ずっとそこで細胞に放射線を浴びせ続けることになる

人間の体は、水で出来ているから、ベータ線もガンマ線も人体が遮蔽物として機能するので測定も分かり難い。

このように10ベクレル/毎日の摂取でさえ、高い蓄積量となり、その多くが臓器に蓄積することから、決して安全とは云えないのである。

基本的に、がんや疾患はある部位で起きる。(がんは1個の細胞から起きる。)

より毒性放射性物質の化学作用が高まれば(濃度が高まれば)、ミトコンドリア細胞膜などが広く損傷されるし、同時に、電離作用によるDNA損傷も合わせて引き起こすことになる。口から入り、ずっと体のある場所にあって、放射線を周囲に出し続ける内部被曝は、やはり健康に良い影響を与えることはないと結論したい。
 
オリーブ拝 ( 2011/11/29 18:30 )


c0139575_12552671.jpg



関連

内部被曝──原爆・劣化ウラン兵器と人類への宿題(要旨)  矢ヶ崎克馬(琉球大学理学部教授)
http://www.geocities.jp/hokkaihankakuishi/yagasaki.html

c0139575_193292.jpg



平成23年3月に発生した福島第一原子力発電所事故後の放射線量率マップたち
http://www.radioisotope.jp/map/

c0139575_20543112.jpg

c0139575_20544120.jpg

c0139575_20545451.jpg

c0139575_2055257.jpg

c0139575_2055178.jpg

c0139575_20553096.jpg

c0139575_20554737.jpg

c0139575_20555648.jpg

c0139575_20561746.jpg

元ページにもっと大きな地図があるものもあります。

by oninomae | 2011-12-02 21:29 | 放射能・ラジオハザード  

「人類終了のおしらせ」 だそうです

世界人口の半分を殺す鳥インフル変異種誕生  \(^o^)/ 鳥インフルエンザ感染爆發の一般大衆向け洗腦工作が始まつたよ
http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/412.html
投稿者 不動明 日時 2011 年 12 月 02 日 01:29:41

c0139575_5415375.jpg

人類終了のおしらせ...世界人口の半分を殺す鳥インフル変異種誕生 2011.11.30 19:00 [11] [0]
http://www.gizmodo.jp/2011/11/engineered-avian-flu-could-kill-half-the-worlds-humans.html

c0139575_3371034.jpg


ああ、人類はやはりH5N1変異種のパンデミックで終わるのか...

映画でもSF小説でもない、現実のはなし。オランダの科学者が世界数十億人を骸の山に変える致死力を備えたスーパーウイルスをこしらえてしまいました。まあ、深呼吸、深呼吸...あ、深呼吸はまずいか...このウイルス、鳥インフルのくせに空気感染するんです。

生成したのはロッテルダムのエラスムス医療センターのウィルス学者ロン・フォウチャー(Ron Fouchier)教授。

c0139575_3593232.jpg

アメリカ国立衛生研究所(NIH)から「H5N1鳥インフルエンザウイルスの伝染力が強くなってパンデミックを起こし得るかどうか、いっちょ調べてくれないか」と頼まれ、かしこまりました、とやってみたのです(警告フラッグ!)。

試しにフェレット(イタチの一種)の群れにウイルスを撒き散らしてみたところ、ウイルスが再生(繁殖)を繰り返すにつれ、なんだか前より速く広まるではないですか(警告フラッグ!!)。「フェレットのなんだから人間が心配することないよな」って一瞬思っちゃいますけど、過去の研究でフェレット間で感染するインフルエンザ株は人間の間でも感染することがわかっているのですね(警告フラッグ!!!!)。

で、伝染力が強まる方向で10世代感染を繰り返したら、ななななんと世界全人類の半分を殺す超まずい空気感染ウイルス株ができてしまった、というわけ(警告フラッグ!!!!)。


研究では、最初にウイルスに三つの変異を起こさせ、フェレットに容易に感染する変異株を作成した。(フェレットは人と類似の様式でウイルス感染を起こす)。しかしながら出来たウイルスはフェレット間で感染を起こさないため、ウイルスをフェレットに、より適合させるため感染を繰り返させた。
そして10回の感染の後に(感染フェレット->健常フェレット:の繰り返し)、フェレット間で容易に感染する変異ウイルスが誕生した。変異ウイルスは別のケージ内のフェレットに感染して、全てを死亡させた。―New Scientist日本語訳pdf)より



実験を率いたFouchier教授自身も「これはおそらくみなさんが作れる中で最も危険なウイルスのひとつですね」と認めており、今年9月にマルタで開かれたインフルエンザ会議で実験の成果を発表しました。

c0139575_45121.jpg

c0139575_451647.jpg

c0139575_481226.jpg
 

フォウチャー教授は米科学誌「Science」にも成果を発表し、バイオテロ(生物兵器テロ)対策担当責任者がワーストケース・シナリオに備えられるようにしたいと考えているのですが...同僚の間からは、オイオイまかり間違って悪者の手に落ちたら大変なことになる、発表はやめろ、と止められており、そもそも最初っからこんな研究やるべきじゃなかったんじゃ...という疑問の声まで出ているのです。

H5N1型鳥インフルは普通は鳥に感染するのですが、約10年前から人間の中からも感染例が出始め、アジアを皮切りに世界中に広まりました。ヒトが感染するのは稀で、これまでに感染したのは延べ約600名。ですが、感染した人の約半数は死んでしまうという、恐ろしい致死力を備えています。

鳥インフルエンザが今以上に広まらないのは何故かというと、空気感染しないから。

変異前のバージョンでは何かウイルスに汚染されたものに触れない限り発病はしません。ところがところがFouchier教授が生成した変異種は空中浮遊するので、ウイルスのそばにいて、それを吸い込むだけでもう病気に罹ってしまうのです。「その感染力は人間の季節性インフルエンザ並みだが、致死力はもっとある」(フォウチャー教授)。そんなヤバいものの作り方を科学誌に掲載しようというのだから、そりゃ反対しますよね!

研究仲間のバイオテロ専門家の間からも、この論文を掲載すれば読んだ人が誰でもフォウチャー教授の実験成果を再現できるようになってしまうので良策とは思えない、という意見が出ていますよ。編集部から論文掲載の是非判断を委ねられた米国バイオセキュリティー科学顧問委員会(National Science Advisory Board for Biosecurity、NSABB)のポール・ケイム(Paul Keim)会長(炭疽専門の微生物遺伝学者)はScience Insiderにこう話しています。:

c0139575_4162845.jpg



これほど恐ろしい病原体は私も他に知らない。 これに比べたら炭疽なんて怖くもなんともないよ。


しかし、フォウチャー教授や類似の研究実績のある科学者(例えばウィスコンシン大と東大の共同研究を率いる東大・河岡義裕教授も同じようなウイルスの報告論文をScience誌に寄稿している)は掲載することで科学界がH5N1パンデミックに備える助けになる、という立場です。掲載しないと、いざ広まった時に研究者もどう対処していいか全く分からなくなってしまうではないか、というんですね。

c0139575_4184031.jpg

c0139575_4304928.jpg


鶏と卵ですが、さあ、どっちを取るのか? NSABBの判断に注目しながら、オランダのRanj社とエラスムス医療センターが共同開発したシリアスゲームThe Great Flu」(無料)でシミュレーションでもしますかね...。

c0139575_4133092.jpg

c0139575_4372746.jpg


[Science Insider via Geekosystem and RT]関連: オランダ研究者による変異型H5N1インフルエンザウイルス作成に関する報道集 - 鳥及び新型インフルエンザ海外直近情報集(別掲)

KRISTEN PHILIPKOSKI(原文/satomi)



関連

強毒性インフルエンザ
http://satehate.exblog.jp/6918901/

ケムトレイル:無駄飯食いの選別除去 忍び寄る強毒性ウイルス入りワクチン
http://satehate.exblog.jp/11621466/

生物兵器戦争の一方法としてのワクチン接種の歴史 by David Rothscum 2
http://satehate.exblog.jp/13640207/

世界的に有名な微生物学者サー・マクファーレン・バーネット、オーストラリアの最も偉大な医学研究科学者として崇拝されるノーベル賞受賞者は、ひそかに、その政府にインドネシアと他の東南アジアの「人口過剰な」国々に対して使用するための生物兵器の開発を促していた。

c0139575_3581059.jpg


c0139575_358266.jpg


c0139575_4282584.jpg


Mad Scientists Create H5N1 GM BioTerrorism Virus by MARTIN ENSERINK
http://www.conspiracyplanet.com/channel.cfm?channelid=8&contentid=9330

米 新タイプの豚インフル感染確認 11月26日4時0分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20111126/t10014216791000.html

c0139575_5233990.jpg


アメリカ・アイオワ州で、新しいタイプの豚インフルエンザウイルスに3人の子どもが感染していたことが分かり、いずれも豚と接触した形跡がないことから、アメリカの保健当局は限定的ながら、ヒトからヒトに感染した疑いが強いとして、医療機関にウイルスの監視を強化するよう呼びかけています。

c0139575_5491655.jpg


アメリカのCDC=疾病対策センターによりますと、今月に入ってインフルエンザの症状を訴えたアイオワ州の3人の子どもから、相次いで豚インフルエンザウイルスが検出されました。ウイルスは、おととし、新型インフルエンザとして、世界的に流行したH1N1型の一部の遺伝子を含み、7月以降、アメリカ各地で見つかっている新しいタイプだということです。CDCによりますと、3人は同じ集会に参加していたうえ、いずれも豚と接触した形跡がないことからウイルスは限定的ながら、ヒトからヒトに感染した疑いが強いということです。3人ともすでに回復し、今のところ感染の拡大はみられないということですが、新しいタイプの豚インフルエンザウイルスへの感染が確認されたのはこれで4つの州の合わせて10人となりCDCは、医療機関にウイルスの監視を強化するよう呼びかけています。

c0139575_5341748.jpg


インフルエンザに詳しい東北大学の押谷仁教授は「今回の豚インフルエンザのケースでは、範囲が限定的とはいえ、状況からヒトからヒトへの感染があったことはほぼ間違いなく、このウイルスの特徴を詳しく調べてどの程度ヒトの間で感染しやすくなっているのかを見極める必要がある。今後さらにヒトに感染しやすくなる変異を起こすことも考えられるので、国内でもウイルスの監視を強めるべきだ」と指摘しています。


c0139575_5541747.jpg







バクスターインターナショナルは生物兵器を解き放ったのか? パート2
http://satehate.exblog.jp/13027523/

死者の肺は真黒 ウクライナで謎のインフルエンザが流行、既に315人死亡 09/11/19 06:20
http://www.epochtimes.jp/jp/2009/11/html/d31787.html

http://karapaia.livedoor.biz/archives/51537355.html


c0139575_10563472.jpg




追記


オランダで鳥インフル「新種開発」 恐怖のシナリオ「生物テロ」「ヒトで大流行」 2011/12/ 1 19:13
http://www.j-cast.com/2011/12/01115010.html

オランダの研究者が、遺伝子操作によりこれまでより強力な鳥インフルエンザウイルスを生成した。従来はヒトへの感染力が高くないが、「新種」は空気感染も引き起こすという。

実験とはいえ、「生物テロ」にも悪用されかねない危険なウイルスだ。この研究者には、「なぜわざわざ危ないウイルスを生みだしたのか」と非難が集まっている。

フェレット同士での実験10回繰り返す

c0139575_13332124.jpg

「H5N1」ウイルスの顕微鏡画像。これが大流行したら一大事だ(WIKIMEDIA COMMONSより)

厚生労働省によると、ヒトが鳥インフルエンザに感染するのは、ウイルスに侵された鳥やその死骸、内臓、排せつ物などに「濃厚接触」する場合に限られるという。ヒトからヒトへの感染に至っては、極めてまれだ。海外で事例はあるが、それも感染した患者の介護のため長時間にわたって接触していた人にうつった、というケースだけだとしている。

一方で厚労省は、ウイルスが「遺伝子の変異によってヒトからヒトへと効率よく感染する能力を獲得した場合…急速かつ大規模な流行を引き起こす恐れがある」と警戒する。

その変異種の存在が、2011年9月11~14日に欧州・マルタで開かれた「インフルエンザ学会」で明らかにされた。学会報告書によると、発表者はオランダのエラスムス医療センターに勤務するロン・フォーチア博士で、インフルエンザウイルスの「H5N1」の研究に携わっている。

研究チームとの実験で、最初にウイルスの遺伝子を操作した5つの変異種をつくり出し、フェレットに感染させた。数日後、感染したフェレットの鼻を拭いて別のフェレットにウイルスを移す。この作業を10回繰り返したという。するとウイルスの感染能力が強化され、フェレットにウイルスを直接付着させなくても、最終的には4匹中3匹のフェレットが空気感染するまでになった。フォーチア博士は学会で「ばかばかしい実験」と呼んだが、とんでもないウイルスが誕生した格好だ。

現状ではヒトへの感染力が低い鳥インフルエンザだが、罹患すれば重い症状を引き起こし、致死性も高い。厚労省がまとめたこれまでの世界におけるH5N1ウイルスによる発症例を見ると、インドネシアでは発症者182人のうち150人が死亡、ベトナムでは119人中59人が亡くなっているほどだ。

「研究報告書を焼き捨ててしまえ」

実験で生まれた新種のウイルスがヒトに感染する、またはヒト同士で流行するという点は証明されていないようだ。だがフェレットという動物は、一般的な「季節性インフルエンザ」の感染を調べる実験で用いられることが多い。フォーチア博士は米科学メディアに、「フェレット間でうつるインフルエンザは、ヒトにも同じことが起きうる」と話している。万一、この恐ろしいウイルスが実験室から漏れ出せば、空気中に漂っているだけでも感染することから、あっという間に大流行することも考えられる。

フォーチア博士が変異ウイルスをつくりだしたことに、非難の声も上がっている。ツイッターを見ると博士に向けて、

「愚か者。悪人の手に渡る前に彼の研究報告書を焼き捨ててしまえ」
「何をバカなことやっているんだ」
「お前のことを殴ってやりたい」

と辛らつな投稿が並ぶ。米メディア「NPR」(電子版)は、生物兵器によるテロを研究するバイオセキュリティーの専門家が「致死性のウイルスを、感染しやすい性質に変えてしまうというのは、科学者にとって好ましくない考え方だ」と、暗にフォーチア博士を批判したコメントを引用した。

これに対して、米ミネソタ大学感染症研究センターのマイケル・オステルホルム所長は、フォーチア博士の実験を「大変重要だ」と評価する。H5N1ウイルスが大流行する可能性を軽視する専門家にむけて再考を促すきっかけとなる効果があるというのだ。

by oninomae | 2011-12-02 06:00 | バイオハザード・ワクチン  

日本人をみて納得させられたこと、フクシマはジェノサイドであったと by Howard Francis

http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-11094222552.html より本文転載(若干変更あり)

2011-12-01 07:18:41
日本人をみて納得させられたこと、フクシマはジェノサイドであったと November 28, 2011 by Howard Francis (henrymakow.com)

c0139575_18402284.jpg

(日本人の生徒は自分で自分の教室を掃除する)

日本人学校で教えているハワード・フランシス氏は、民族同士の結束力があることに驚きます。彼は、福島が彼らを破壊するためにNOW(新世界秩序)によって計画されたと推測します。


私は、現在、中国にある日本人学校で英語講師をしています。

この経験は、日本人が非常に強くて独立した文化を持っていると私に教えてくれました。 これは、おそらく彼らの鎖国政策の歴史によるものでしょう。

到着したばかりのとき、日本人の洗練さに中国人と比較するとショックを受けました。 私が校舎内を歩いていると、スタッフやどの子供たちも私に微笑んで、おじぎして、『こんにちは、デイビッドさん』と言います。

授業は、教えやすかったです。 子供たちはたいへん積極的で、なにより秀でたがりました。  トラブルを引き起こす子供たちは、他の子供から仲間はずれになりました!

すぐれたことの一つに、クラスが制御できなくなると、叫ぶよりはむしろ、日本人の先生は厳粛な調子でさとします、『そのふるまいは礼儀正しくありません、この学校とお父さんお母さんを侮辱することになりますよ』、と。 子供たちは恥じてしょげかえるのです。

学生には、彼らに割り当てられたいろいろな雑用があります。 学校の休み時間と昼休み中に、トイレを含め学校を掃除しなければなりません。 掃除機がありませんので、子供たちは、粘着テープを使ってカーペットをきれいにします!

これは厳しく聞こえるかもしれませんが、子供たちは活気に満ちて雑用を遂行します。  子供たちは、自分たちの環境を尊重して楽しんでいます。 (対照的に、私が教えた金持ちの中国の子供たちは野蛮でした)

学校は健康で精力的であるための支援をおしみません。  ありとあらゆるポスターは、より良い食生活方針を生徒に提示します。  ある日の授業の後、全生徒とスタッフが階下に降りていって、運動靴をはいて、校庭に向かったのを見て私は驚きました! 彼らは、マラソンに備えてトレーニングしていたのです。

ティーンエイジャーの性関係は、健康的です。 私の10代のクラスでは、少年と少女は非常に慎み深くて、内気です。 『フリートーク』の時間を割り当てると、彼らはすばやく男女に分かれました。


NEGATIVES;否定面

日本人と働くにあたり最大の否定的なことは、彼らが部外者を仲間外れにすることです。 1週間、11クラスを担当しているにもかかわらず、私をいつも『ゲスト』呼ばわりします。 私は日本人スタッフとは別のオフィスで働き、コンピュータを含めどの学校器材の使用は許されません。

彼らの見えない1000万もの規則の1つを破ったので、私はあらゆる場面で仲たがいを起こしました。 事件のひとつは、学校の保健婦からマグカップを借りたことで責められました。 彼らは、日本的でない考えを理解するのに本当に苦労しています

日本文化というものは、込み入った行儀作法を遵守することで、本質的に閉鎖的で保守的にしています。

結束力が強く機能的で自立しています。 このことは、日本人の移動率(移民 )の非常に低いことで例示されます。


OBSTACLE TO THE NEW WORLD ORDER? : NWO(新世界秩序)の障害?

日本人は、New World Orderによって計画される異種族で細分化された世界市民の仲間になるのを喜ばないでしょう

これは、福島の核危機がこれらの人々を絶滅させるようになっているイルミナティ攻撃であったのではないか? あるいは、少なくとも致命的に意気消沈させるためではないか? という疑問を私に抱かせました。

マービン・トケイヤー師の本『Fugu Plan』では、第二次世界大戦において日本人のエリートがイルミナティの計画に関与していなかったことを明らかにする機密解除文書を明らかにしました。

c0139575_19363073.jpg

たぶん今もそうでしょう。(引用注:この推定は特に現在については疑問である)

日本の天皇がデービッド・ロックフェラーとの会談を催すということは知られていることですが、象徴的です。 天皇は現在病院にいて、福島を訪ねた後に放射能汚染で苦しんでいるとのうわさです

フクシマ事故が日本人をじわじわ殺す攻撃として、2つの問題に直面しているとみなしています。 第1に、放射線は日本を麻痺させます。フクシマで漏れている放射線がチェルノブイリより33倍悪いと報告されています!

このことは、ますます国を不毛にし、経済にひどい打撃を与えて、人々の意志を消耗させます。 モンゴルは、たった今、放射線懸念のために新しい日本車の輸入を締め出しました。


訳者参考;11/24 モンゴル、日本車輸入禁止
http://blog.livedoor.jp/ryoma307/archives/5412175.html

第2に、国土を除染、復興するための予算は、日本政府を破産させます。 飛散したものを除染するのに、10兆ドル(約800兆円)がかかると、東京大学の教授は、見積もりました。 日本を破産させるには十分すぎるほどの予算です。

c0139575_1944566.jpg


翻訳者注:児玉龍彦教授、南相馬での記者会見とインタビュー【除染費用800兆円!】
http://doujibar.ganriki.net/fukushima/kodama_interview.html#josenhiyou

災害は来たるべき数十年間で日本を弱体化させ、EUスタイルのアジア太平洋ブロックの下位になることを促成されるだろう。

c0139575_19453996.jpg

Australian PM Kevin Rudd has proposed the creation of a new Asia-Pacific bloc, similar to the European Union.

テレビで噴煙を上げているフクシマ原子力発電所の場面を見ていると、我々は先例のないスケールで民族浄化を目撃しているのではないだろうか?


c0139575_1941396.jpg



【翻訳:タドン】

------

Alan Spickard Adds:

I agree. The nuclear "accident" in Japan seems to be genocidal in design posing to weaken the DNA structure of its people to premature pathogens and degenerative diseases resulting in shorter life spans in creating a radical population reduction there. This genocidal action may have been in the works for sometime, even as far back as the Second World War, as the "fire-bombing" in Japan on civilian targets was unconscionable.

To wit, General Bonner Fellers, an adviser to Gen. MacArthur, wrote that the U.S. bombing of Japan was among "the most ruthless and barbaric killings of non-combatants in all history" (The Real War by Benjamin Schwarz, p. 102).

Japan's Emperor was not quite the narcissist thought to be despite the unnecessary request for "unconditional surrender" by the U.S. Government, as he surrendered sooner than what the U.S. may have anticipated...

Were it not for the Emperor's amazing courage, millions more Japanese would have been killed (World War II, by Richard Marbury, p.272) as.... another 48 atomic bombs were scheduled for production--- seven per month--- by the head of the Manhattan Project, General Leslie R. Groves... and Groves had been ordered by the U.S. Government to drop them all on Japan! (Day One by Peter Wyden, p.15-17).

c0139575_19232896.jpg


What is interesting is that this Fukushima event in Japan was predicted by the Illuminati Card Game by Steven Jackson. This game was introduced in the early 1980's to underline its prescience. Many informed folks believe that HAARP, or "high altitude auroral research project" capabilities, can easily create customized earthquakes nearly anywhere in the world, which precipitated this disaster.

I would not be surprised that Japan may the first nation to meet the protocols of the Georgia Guidestones in which 90% of its population will be eliminated in the future thanks to HAARP related technology (As an aside, the United States is also scheduled for a 90% reduction... which may precede the Japanese prototype... as its means of doing so in the U.S. is a different model).

c0139575_19311563.jpg


Indeed, in 1966, Professor Gordon MacDonald published a book, Unless Peace Comes, in which he wrote about "military environmental control techniques," or HAARP. Unbelievably, MacDonald went on to describe "earthquake engineering and ocean wave control."

This was 45 years ago. So this parallel technology has been around for some time completely unknown to the public for the most part... as much of the very advanced parallel technology is!

You can read more about MacDonald and HAARP from my website:

http://www.spickardssigns.com/february2010brief.htm and here:

http://www.spickardssigns.com/april2010brief.htm

It is a good idea to have a strong faith in God as a refuge in these days as the Apostle Paul described this Era as "dangerous." They are proving to be just that.



元記事

Japanese Convince Me Fukushima Is Genocide November 28, 2011
by Howard Francis (henrymakow.com)
http://www.henrymakow.com/japan_1.html


訳者コメントは元ページ


http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-1056.html

45万Bq/kgということは2925万Bq/m2ということになります。
チェルノブイリ強制移住が55万Bq/m2です。
どんだけ超えているのでしょう。


白血病が急増がデマとかなんとか。
そんなことを言うレベルをはるかに超えている。



「がれきSTOP」 受け入れ反対 苫小牧で訴え(12/01 13:57)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/335206.html


苫小牧市内でがれき受け入れ反対を訴える吉田美穂さん(左端)と佐藤則江さん(左から2人目)


【苫小牧】東日本大震災で発生したがれきについて、苫小牧市が安全確保を前提に受け入れへの協力を表明したことを受け、宮城県から道内に自主避難してきた女性2人が1日、苫小牧市役所前で受け入れ反対を市民に訴えた。

8月に仙台市から札幌市へ避難した吉田美穂さん(34)と、7月に宮城県大崎市から千歳市に避難した佐藤則江さん(34)。いずれも東京電力福島第1原発の事故による避難区域ではないが、子供の放射線被ばくを懸念し、道内に移住した。

2人は「がれきSTOP」と書かれたプラカードを掲げ、手製のチラシを配るなどして市民に呼び掛けた。賛同する苫小牧近郊の母親ら20人も訴えに加わった。吉田さんは「子供を持つ親はどうしても不安。もう一度きちんと考えてほしい」、佐藤さんは「一度受け入れたら取り返しがつかない。北海道を守ってもらいたい」などと語った。


被災地復興の美名で、ガレキ被曝を「痛み分けさせよ」というおぞましい善意のファシズム 2011-12-02 01:17:51
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/c8775a294ade188a04a8212ed917fcad

放射性物質は、宮城にも岩手にも大量に飛散しています。8000Bq/kgまでというありえないくらい高い汚染程度のものまで、運んで焼却すれば、ほとんど放射性物質に汚染されていない地域は確実に汚染されます。確実に汚染のないものを識別することはきわめて困難です。この基準のものまでは、必然的に運ばれてきます。いいですか、今回由来の放射性物質がほとんどないところで、焼却すれば、確実に汚染が広がります。


原発設計の上原春男、東電の発表内容に不快感 「何を言っているのか分からない」 2011年11月18日19時16分 提供:ニコニコニュース
http://news.livedoor.com/article/detail/6041353/

c0139575_23294.jpg


上原氏は、東日本大震災の発生直後、福島第1原発のすべての電源が失われた事実を知り、自身が考案した原子炉への外付け冷却装置を早急に設置するよう官邸側へ強く訴えかけたという。しかし、当時の菅直人内閣により冷却装置の配備は見送られ、結果として、原子炉3基のメルトダウン(炉心溶融)が発生してしまったと経緯を説明した。

c0139575_2322476.jpg





日本の天気予報
http://www.meteocentrale.ch/ja/weather/weather-extra/weather-in-japan.html



映畫「Knowing」12月4日(日曜日)日曜洋画劇場にて地上波初放送
http://www.asyura2.com/11/bd60/msg/411.html
投稿者 不動明 日時 2011 年 12 月 02 日 00:48:29

http://www.youtube.com/watch?v=uxPQhm_Aq-E&feature=player_embedded

http://www.youtube.com/watch?v=uHw8URgDvxM&feature=player_embedded


日曜洋画劇場「“ノウイング”〜KNOWING〜」
http://www.television.co.jp/programlist/detail.php?id=2000079081-458-1700-1323000000-1323007800&ref=search

12月4日 (日)  21:00-23:10  テレビ朝日

出演: ニコラス・ケイジ(ジョン・ケストラー) チャンドラー・カンタベリー(ケイレブ・ケストラー) ローズ・バーン(ダイアナ・ウェイランド) ララ・ロビンソン(ルシンダ・エンブリー) ベン・メンデルソーン(フィル・ベックマン) ナディア・タウンゼンド(グレース・ケストラー) D・G・マロニー アラン・ホップグッド(レバランド・ケストラー) エイドリアン・ピカリング(アリソン・ケストラー) タマラ・ドネラン(ルシンダの母)

声優: 大塚明夫 岡寛恵 松元恵 津村まこと 藤原啓治 弓場沙織

脚本: ジュリエット・スノードン スタイルズ・ホワイト

原作: ライン・ダグラス・ピアソン

音楽: マルコ・ベルトラミ

(2009年アメリカ)アレックス・プロヤス監督 ニコラス・ケイジ ローズ・バーン チャンドラー・カンタベリー ララ・ロビンソンほか[声]大塚明夫 岡寛恵 松元恵 津村まことほか▽今夜上陸数字が導く地球最大のパニック!!息子への愛地上波初!

解説:
「アイ,ロボット」(’04年)のプロヤス監督によるSFパニック。宇宙物理学者ジョン(ニコラス・ケイジ)は、小学生の息子ケイレブ(チャンドラー・カンタベリー)が持ち帰った、謎の数列が書かれたメモに興味を抱く。数列を解析したジョンは、過去に起きた大惨事にまつわる数字と一致していることに気付く。さらに未来に起こる惨事も記されていると知った彼は、それを回避するため奔走する。

More Information:
「アイ,ロボット」('04)を手掛けたプロヤス監督によるSFパニック。謎の数列が書かれたメモを入手したことで地球の危機を知った宇宙物理学者が、惨事を回避するため奔走する。危機的状況下で、ケイジ扮する主人公とその息子が絆を深めていく姿が感動的。旅客機墜落など、VFXを駆使した圧巻のディザスター・シーンにも注目だ。 宇宙物理学者ジョン(ケイジ)は、小学生の息子ケイレブ(カンタベリー)が持ち帰った、謎の数列が書かれたメモに興味を抱く。数列を解析したジョンは、今までに起きた大惨事にまつわる数字と一致していることに気付く。さらに未来に起こる惨事も記されていると知った彼は、それを未然に防ぐべく、メモから導き出した場所へ向かう。



気仙沼カツオ水揚げ、今年も日本一 (2011年11月30日 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/gourmet/news/business/20111130-OYT8T00379.htm

c0139575_20313222.jpg


6月下旬に生鮮カツオの水揚げを再開した宮城県気仙沼市の気仙沼漁港で、15年連続の水揚げ量日本一が確定したことが29日、漁業情報サービスセンター(東京・中央区)の調べでわかった。

同日朝、今年最後の水揚げが行われ、前年同期より約6割減となったものの、総計1万4513トンに達した。同市の漁業関係者は「復興に向けて大きな励みになる」と喜んでいる。

生鮮カツオの水揚げ量は10月末まで、勝浦漁港(千葉県)が上回っていたが、11月に入ってもカツオが三陸沖を回遊していたため、気仙沼港は1日100トン超の水揚げ量を保ち、最終的に逆転した。

気仙沼漁協の熊谷浩幸・魚市場部長(49)は「今年も日本一になったのは皆さんのおかげ。来年はもっとカツオを受け入れられるよう、漁港の復旧に努めたい」と顔をほころばせていた。

同港は震災で、魚市場や加工、冷凍、製氷、燃油タンクなど水揚げに欠かせない施設が軒並み被災した。一時は「水揚げまで3年はかかる」と危ぶまれたが、関係者は気仙沼市の経済の源となるカツオの受け入れを復興の第一歩として復旧を急ぎ、6月28日に水揚げを再開した。

c0139575_20163933.jpg

c0139575_20383329.jpg




追記…日本人をみて納得させられたこと、フクシマはジェノサイドであったと 2011-12-06 23:16:00
http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-11099642043.html

by oninomae | 2011-12-01 19:52 | ホロコースト