人気ブログランキング |

<   2010年 10月 ( 20 )   > この月の画像一覧

 

モルモン教の地下シェルター

http://icke.seesaa.net/article/165518330.html

モルモン教の地下シェルター 2010年10月12日
(モルモン・イルミナティの地下都市?)

c0139575_19535429.jpg
 
上の写真の「軍隊級」の地下壕は2000人と最大60ヶ月分の食糧を収容する能力があり、地下発電システムを備えている。 空気・水の浄化装置を備え、核、化学兵器、生物兵器から護ることができる。 費用はトータルで1600億ドルである。

http://www.bomb-shelter.net/trogonia%208.html

http://www.moneyteachers.org/Obama+Feds+Look+Into+Mormon+Construction+Project.html 

モルモン教は3000億ドルの予算で、この施設を2台導入しようとしているようだ。モルモン教のプレジデントGordon B Hinckleyによると、テンプル・スクエアの環境を護るために、巨大な建設工事を伴うプロジェクトが進行中であるという。

c0139575_2165757.jpg

c0139575_21182070.gif

c0139575_2153779.jpg

c0139575_21111764.jpg

9/11 and the Gadianton Robbers
http://www.believeallthings.com/1297/911-gadianton-robbers/

Following the events of 9/11, Gordon B. Hinckley made reference to the Gadianton robbers in his October 2001 general conference talk.1 Here is an excerpt of his comments:

Now we are at war. Great forces have been mobilized and will continue to be. Political alliances are being forged. We do not know how long this conflict will last. We do not know what it will cost in lives and treasure. We do not know the manner in which it will be carried out. It could impact the work of the Church in various ways. ・・・

LDS (Mormon) President Gordon B. Hinckley After 9/11 - Pt. 1

LDS (Mormon) President Gordon B. Hinckley After 9/11 - Pt. 2 

9-11 and the Mormon-Mossad-CIA Connection
http://wwwthesixthestate.blogspot.com/2009/04/9-11-and-mormon-mossad-cia-connection.html


http://irs.gov/ 

http://www.ldschurchnews.com/articles/57379/Rising-on-schedule.html# 

http://www.lightplanet.com/mormons/daily/business/Church_EOM.htm 


これだけの資金を信者の寄付や正規の宗教ビジネスだけで集めるのは不可能だ。そこでモルモン・イルミナティ一族の個人資金援助があるはずだ。

Eccles家 (Federal Reserve, Planned Parenthood, Eugenics and Gay Rights) 関連

c0139575_20485025.jpg

c0139575_20495195.jpg

Marriotts家 (Gambling, Pornography and Alcohol)

c0139575_20422785.jpg

Mitt Romney家 (Olympics Cover-up, Hedge Funds, Neocon)

c0139575_2014812.jpg

c0139575_202224.jpg

c0139575_2041068.jpg

c0139575_20628.jpg

c0139575_20122243.jpg

c0139575_201632100.jpg

Romney Attends Funeral Of Leader Of The Mormon Church

などなどだ。

元記事

Mormon Illuminati Underground City?
http://www.moneyteachers.org/Mormon+Illuminati+Underground+City.html 

Shelter Price Military Model: $160,530,800 U.S. DollarsThe above "military grade" underground bunker can hold 2,000 people, up to 60 months worth of food, and has its underground power system. It also has its own air/water purification system and guaranteed to protect against nuclear, chemical and biological agents. The total cost is 160 million dollars (Source).

The Mormon Illuminati funded "City Creek Center" project, with a budget that could be as high as $8-10 billion, has very little investment going above ground (source). Probably staying pretty close its $300 million dollar initial budget. Which means that one of two things is going on:

1. Its a money laundering operation with a construction project as its front. In which case, some vigilant citizen could make millions of dollars by reporting it to the Internal Revenue Service (They pay a 10% finders fee on any uncollected income taxes).

2. The Mormon Illuminati have partnered with the Mormon Church to build an underground city for the coming apocalypse.

I believe that the underground city makes more sense, considering how the project is being financed. According to President Gordon B Hinckley:

"We are now working on a major undertaking in Salt Lake City. It is imperative that we preserve the environment around Temple Square. This makes necessary a very large construction project. Tithing funds will not be used for this construction. The income from Church businesses, rents on the property, and other such sources make this possible." (Source)

Yet, in another statement he proclaimed that income from Church owned businesses would not sustain the Church for a very long time. (Source) This makes it highly unlikely that Church Investments are still behind this now multi-billion dollar development.

Which indicates that the multi-billion dollar project is now being funded by mostly private donations. This money would come from Mormon Illuminati familes like the Eccles (Federal Reserve, Planned Parenthood, Eugenics and Gay Rights), the Marriotts (Gambling, Pornography and Alcohol), Mitt Romney (Olympics Cover-up, Hedge Funds, Neocon) and others.

The Illuminati are bringing about their "age of Lucifer" through destroying the current world order and building a new one on its ashes. Their program includes massive depopulation through:

1. World War III: A conflict between Islam, China and Russia vs. the United States, Canada and Western Europe.

2. Biological warfare.

3. Chemical Warfare

4. Nuclear Warfare

5. Economic collapse & Race Riots


Considering the amount of havoc they plan on unleashing on the earth's surface, an underground city in downtown Salt Lake makes a whole lot of sense. Before the cataclysm, they and their allies in the Mormon Church are raptured and disappear to their "retreat". Meanwhile, MWMs (Mormons Without Money) are learning for themselves the truth about God's existence as they prepare to meet their Maker.


関連

イルミナティはNWOを進めるために米国を作り出した  By Henry Makow, Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/14301764/

Did the Rothschild's Buy the Mormon Church?
http://www.moneyteachers.org/Rothschild+That+Bought+Mormon+Church.html

c0139575_215719100.jpg

My Dad with one of the wealthiest men, Swiss Billionaire Robert Vincent de Oliverri is the name of a Rothschild convert to the LDS Faith who paid off the Lien (Chase Manhattan Bank/David Rockefeller - Deseret Ranch purchase/debt in Florida) on Temple Square back in 1967 ...(Steve Davis)

Startling new claims are coming out about the Rothschild relationship with the Church of Jesus Christ of Latter-Day Saints. According to one Steve Davis, whose father was the highest ranking Mason in Utah, and an employee of the Rothschilds, the Church was suckered into buying $500 million dollars of worthless "swamp land" by two of its Counselors in the early 1960s. Davis claims that the Church lien that resulted gave the Rockefeller family control over all Church assets, including Temple Square through Chase Manhattan Bank.

Apparently, Swiss Billionaire Robert Vincent de Oliverri, the second richest Rothschild in the world at the time, joined the LDS faith after two missionaries knocked on his door. The Illuminati will often join Churches and other organizations to move them into their globalist agenda. In what appears to be a "hand-off" from the Rockefellers to the Rothschilds, Oliverri flew into Salt Lake City and wrote a $500 million dollar check to pay off the Rockefeller lien.

The above photo purports to show Steve Davis's father, Clyde Davis, picking up Oliverri at the Salt Lake Airport. According to Steve, Clyde was placed in charge of acquiring major contributions for the LDS Church.

The implications of all this are staggering and could answer the questions of how Illuminati Globalists, like Joseph Cannon,
c0139575_04597.jpg

Chris Cannon,
c0139575_2353198.jpg

Mitt Romney,
c0139575_092443.jpg

Orrin Hatch,
c0139575_23511664.jpg

Harry Reid,
c0139575_23481569.jpg

the Marriotts,
c0139575_0154568.jpg

and a slew of others have risen to prominence within the Mormon Church.


We will explore this connection in greater detail in future articles.

Mormon Church Shakes Hands with the Devil?
http://www.moneyteachers.org/Mormon+Secret%20Combinations.html

c0139575_21565630.jpg

George Bush Shares Masonic Handshake of "Full Fellowship" with LDS Church President, Thomas Monson

The Religious Affiliation of President Jimmy Carter
http://www.adherents.com/people/pc/Jimmy_Carter.html 

Carter said Mormons are already Christian and he criticized the SBC for trying to proselyte Mormons.

Zbigniew Brzezinski to speak at BYU today 1/12/2010
http://www.dailypaul.com/node/121280

Mormons In America The Past And Present Of One Of The U.S.'s Largest Religions
http://www.cbsnews.com/stories/2005/12/18/sunday/main1134728.shtml 

Most of us probably know very little about The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints -- the Mormon church -- other than the world famous Mormon Tabernacle Choir. Well, today, you may have a Mormon family living right down the block.

The Democratic leader in the Senate, Harry Reid of Nevada, is Mormon as is Mitt Romney, the governor of Massachusetts and a possible presidential candidate. The Marriott family, who owns the hotel chain is also Mormon.

There are now almost six million members in the United States and an additional six million overseas. Temples can be found from Los Angeles to Boston to Washington, DC, reports Sunday Morning host Charles Osgood.

There is even a Mormon temple right here in midtown Manhattan across the street from Broadway and Lincoln Center. The Church is growing so fast in membership in this country, it now ranks behind Roman Catholics, Southern Baptists and United Methodists.

Susan and Matt Royall live in northern Virginia with her two daughters from a previous marriage. She is expecting a third child. Matt was raised Catholic, but the Royalls were looking for a new spiritual home.

"I grew up Episcopalian," Susan says. "I didn't know anything about Mormons. I really didn't.

"And when the missionaries walked through that door, it was like, 'Ah.' It was just like a breath of -- it was like the breath of life just came into me," Susan intimates.

The experience left an indelible imprint on Susan's life. She recalls of her first encounter with the Mormon missionaries, "I was like, 'O my gosh, it's like my skin is on fire.' That was the feeling I wanted from the other churches but never had."

Her husband, Matt, adds, "It was a feeling we had. It was so powerful."

Matt and Susan were baptized into the Church in April 2004.

"My religion now is the center of my life," Susan says.

The Royalls say what attracted them were the stories in the Book of Mormon, which the Church considers a companion to the Bible. Each summer the book comes to life in a pageant in upstate New York near where the Church was founded.

Roger Sorenson directed the pageant for seven years. Osgood observes Sorenson as he retells a Mormon story of a prophet in Jerusalem.

"The Lord appeared to me and told me to take my family into the wilderness," Sorenson says. He talks of the prophet building a boat and traveling to America and then enduring a civil war. Finally, Sorenson says, a "savior" from Jerusalem comes to America

"We see him come to this country after his resurrection. And teach his people. He organized his church here just like in the old country," Sorenson says.

In time, the story goes, a general named Mormon buried a record of these events written on golden plates. They remained hidden until an angel appeared to 14-year old Joseph Smith and directed him to the plates.

The young Smith lived on a farm near Palmyra, N.Y. Spiritually curious, it is said he rejected the teachings of other churches -- even at the tender age of 14. In 1820, Smith said God and his son, Jesus, appeared to him in the woods near his home. They told him all existing churches were an abomination. He had been chosen to reestablish the one true Christian church.

Richard Lyman Bushman, a Mormon, has written extensively on Smith as a professor of history at Columbia University in New York. If you think the Mormon story is far-fetched, he says, think about the roots of other religions.

"Certain kinds of religion have a broad appeal everywhere. And Mormonism brings this promise that God is speaking to his people," Bushman explains.

The professor adds, "All the great religions, or many of them, are founded on a revealed miracle. The resurrection, the parting of the Red Sea, the vision -- Mohammed's visit, vision of Gabriel. So, Joseph Smith from that point of view fits into a pattern that reaches a long way back."

Smith attracted a following -- and enemies. Local churches bristled at being labeled "an abomination" so Smith led his followers west. In 1843, Smith further enraged non-Mormons when he said God revealed to him that men should be allowed to marry more than one woman, as did "Abraham" and "other" prophets.

"It went against conventional Victorian morality, so it confirmed this view of Joseph Smith as a dangerous person," Bushman says.

As the Church's numbers grew, it took political control of towns and whole counties and also raised an army. Non-Mormons felt threatened and there was violence. The Mormons were forced out of New York, Ohio, Missouri and Illinois. Smith was killed by a mob in Carthage, Ill. when he was only 38. Then most of his followers fled to desolate Utah.

Of course, the story doesn't end there.

"There are two landmarks, I would say, in Mormon history that makes it central to the mainstream," says Richard Ostling, chief religion writer for the Associated Press.

"The first," Ostling says, "is the 1890 decision , under pressure from the federal government and the United States Supreme Court, to get rid of polygamy."

The second was in 1978 when the Church ended its refusal to allow blacks into full membership.

"Getting rid of those, I think, has really liberated the Church and has helped in its expansion," Ostling says.

Ostling, author of the book "Mormon American," says the Church's emphasis on strong families has also propelled it's success. "I think there's a quest for stability and family roots," Ostling says.

This explains the success of Orthodox Judaism and Evangelical Protestants and many other groups. But, Mormons are certainly at the top of the list.

Mormons call their congregations "wards" not churches. That is where the Royalls and others worship and study scripture. On any given Sunday, the Royalls' ward is overflowing with families.

But, because Mormons also believe their religion extends back to ancient Israel, they also have temples.

Jan Shipps, considered the foremost non-Mormon scholar on the Church, explains that the temple is not like a church. "People don't -- there's not an organized community worshipping together," Shipps says.

Only Mormons with permission from their leaders are allowed into temple. That is where sealing ceremonies are held -- marrying couples for eternity. Baptisms are also held in temples. Not just for the living, but also for ancestors who died without baptism. "This is a very important part of Mormon understanding of connecting people now with people in the past," Scripps says.

From the earliest age, Mormons are taught in verse and song that they have a duty to spread the faith.

Bushman says at all times, there are 50,000 missionaries scattered around the globe. "It's expected of young men. And young women are invited," Bushman says.

To Shipps, The Church of Jesus Christ of Latter-day Saints, is not just another Christian denomination. "Mormonism is a fully-realized tradition," Scripps says. "It has, it has it's scriptures. It has its rituals. It has its doctrine. It has its social patterns."

Ostling says while the Church has its roots in America, it's more than that. "I think you could make the case that Mormonism, right now, is a new world religion," Ostling claims.

But to Matt and Susan Royall and millions of others, it is simply their spiritual home. "It has made my relationship with my children better. It has made my relationship with my husband better," Susan says. "It has brought nothing but goodness into my life."

by oninomae | 2010-10-14 19:53 | イルミナティ  

ソンミ虐殺 戦慄の朝 2


ソンミ虐殺 戦慄の朝 その2

女性たちはどうだったか。米兵は、彼女たちを残酷に殺害する前に、その身体に野獣のような行為を行なった。14歳になるパム・チ・ムイ〔Pham Thi Mui〕は、その母親の死体のすぐ脇で、米兵によってつぎつぎと輪姦された。彼女の母親は、その直前に、小さな赤ん坊とともに射殺されていたのだ。強姦が終わると、米兵たちは彼女を小屋の中に放り込んで、火をつけた。ムイが家から這い出そうとするたびに、米兵は彼女を押し戻し、ついにムイは焼死し、炎は彼女の母親もその赤子も灰にした。12歳の少女、ド・チ・ギェット〔Do Thi Nguyet〕は、腹部を切り裂かれた。60歳の老女、トルオン・チ・ダウ〔Truong Thi Dau〕さんは、二人の米兵に強姦されたあと、殺された。

1970年1月19日号の『ライフ』誌に掲載されたハーバールのカラー写真の1枚には、女たちや子どもたちが固まって立っている光景が写っている。

c0139575_224195.jpg

その説明はこう書いている。「ハーバールとロバーツは女や子どもたちの一団に近づいていく米兵を見つめていた。その一団の中ほどに、黒いベトナム服を着た13歳の少女がいた。一人の米兵が、彼女をつかみ、他の兵士の助けも借りて、彼女を裸にしようとした。「こいつがどんな身体つきか、見ようじゃないか」と一人が言った。もう一人が「ベトコンだよ、やっちゃえ、やっちゃえ」と言い、さらにその少女に向かって「お前はベトコン用のパン助だな」と言った。  

「もう我慢できねぇ」と3人目が言った。  死体や炎を上げる家々の脇で、彼らがその少女を裸にしようとしている時、母親が彼女を助けようとして、兵士につかみかかり、爪を立てた。(……) 一人の兵隊がその母親を足蹴にし、もう一人が殴りつけた。

ハーバールはその女たちの写真を撮ろうとして飛び出した。写真は、13歳の少女が母親の後ろに隠れ、上着のボタンをかけようとしている様子を写している。(……)

やがて一人の兵隊が言った。「さて、こいつらをどうしようか」

「ばらすのさ」別の兵隊が答えた。

M-60の発射音が聞こえた――とロバーツは言っている――そして、私たちがそこへ戻ったとき、彼女たちも、子どもたちも、全部死体になっていた。」


トアン・イェン小集落にある小さな寺に住んでいた一人の仏教僧、チック・タム・トリ〔Thick Tam Tri〕(ド・ゴ〔Do Ngo〕)は無残な殺されかたをした。第Ⅰ小隊の無線係だったスレッジは言う。「僧侶の服を着た一人の男がカリー中尉のいるところに連れてこられた。彼は『ベトコンじゃない』とでも言いたげな身振りをして見せた。カリーは彼にいくつかの質問をしたが、僧侶はただ首を振って、何度も『ノー・ベトコン』と繰り返すだけだった。やがてカリーは拳銃の台尻でその坊主の口元を殴りつけた。坊主は仰向けにひっくり返ったが、なおも自分は嘘を言っていないと言いたげに両手を振っていた。カリー中尉は、拳銃の先端を坊主の顔にまっすぐに向け、引き金を引いた。頭の半分が吹き飛んだんだ。」

米兵たちの残酷さが極度に達したのは、彼らが大勢の村民を取り囲み、何十、何百という民衆をことごとく虐殺したときだった。この出来事が起こったのは、グェン・ニュー〔Nguyen Nhieu〕さんの家の隣にあった監視塔の脇の人気のない草原と、トアン・イェン小集落のはずれにあった溝〔現在ある「ソンミ記念館」の東端にあたる)のところだった。カリーの部隊にいた兵士、ポール・ミードロが、CBSテレビのインタビューに対して答えたことが、髪の毛も逆立つようなその出来事の一端を明かしている。

質問:取り囲まれていたのは何人ぐらいだったんですか?

ミードロ:40人か50人くらいだったな。

質問:どんな人たちです?

ミードロ:男、女、子ども、それに赤ん坊だった。俺たちは、奴らを坐らせていたが、そこにカリーがやってきて、言った。「奴らをどうすればいいのか、わかってるな?」それで俺は「はい、わかってます」と答えた。当然だが、俺は、中尉が、奴らを見張ってろ、と言いたかったんだと思ってた。中尉はそこから離れたが、10分か15分してまた戻ってきて、「何だ、まだ片付けてないのか」「奴らに死んでもらいたいんだよ」と言った。カリーは、10フィートか15フィートほど(4~5メートル)後ろに下がると、彼らに銃を発射し、私にも射撃を始めろと命じた。私は、彼らに向けて4回ほど掃射を浴びせた。

質問:何人ぐらい殺したと思いますか?

ミードロ:自動小銃で撃ったんだ。10人か15人は殺したかもしれないな。 

質問:男、女、子どもだったんですね?

ミードロ:男、女、子ども、そして赤ん坊だった。それから、また7~8人ほどを駆り集めた。俺たちは彼らを小屋の中に投げ込んで手榴弾を放り込もうと思ってた。それで、その7~8人を運河のほうへ押していった。そこには70人か75人ぐらいの連中がいた。みんなそこに集められたんだ。カリー中尉が……連中のところへ歩いていって、奴らを溝の中に突き落とし、それから撃ち始めた。

質問:それも、男、女、子どもたちですか?

ミードロ:男、女、子どもたちだ。350人ぐらいがそんな皆殺しにあうのを、俺はこの目で見たぜ。

質問:今、あなたはそれをどんな風に思ってますか?

ミードロ:良心に深く突き刺さってるな。これまでずっと、俺から離れなかった。だが、あの日、神様は俺に罰をくれたんだよ。俺は爆薬の引き金をうっかり引いちまった。それで片っ方の脚が全部吹っ飛んじゃったんだよ。


ミードロだけでなく、カリー付きの無線通信士スレッジも、村の外れまでカリー中尉に同行したと語っている。そこで、スレッジはミッチェル軍曹に会った。カリーがミッチェルになんと言ったのかは聞こえなかった。やがて二人は銃の台尻で彼らを殴りつけて溝の中に落とし、ついで銃を発射した。そのとき、だれかが、「あそこに、子どもが」と叫んだ。スレッジには、男の子か女の子は判らなかったが、一人のこどもが村のほうに走ってゆくのが見えた。小さな子だった。中尉が走ってその子を捕まえ、溝の中に投げ込んでからその子を撃った。

別のもう一人の兵士も、同じく、はっきりと語っている。彼は溝の中を覗き込んだ。血の中に、男や女や子どもが、まるで一つの塊のように死体の山になっているのが見えたと言う。カリーは、溝の中で、まだ死なずに立っていたり、膝まづいていたりしている者たちを撃った。ついで彼は、駆り集めてこられたばかりの村民たちを続けて撃った。兵隊のグループが、村民を少人数に分けては溝の中に突き落とし、戻って行った。カリーは1時間半もの間、そこに立って、彼らを撃ち続けた。短時間のうちに、その溝は死体と血が詰まってどろどろとなった。

しかし、それでも、運良く生きのびられたものが何人かいて、あとで、その恐怖の模様を語ることになった。その語るところも、他の証言と同じように正確なものであった。それは、トルオン・チャウ〔Truong Chau〕さん(75歳)、ド・チ・トゥイェット〔Do Thi Tuyet〕さん(16歳)、ド・バ〔Do Ba〕さん(14歳)、トルオン・リエム〔Truong Liem〕さん(20歳)の4人で、死体の山の中に埋もれていたために、監視塔から撃つ米兵の銃弾による死を逃れえたのだった。彼らは、この溝の中での大虐殺と同様な虐殺を、次のように語っている。米兵は村民を駆り集め、有刺鉄線のそばに取り囲み、中にいた女性を強姦したあと、15フィート(4~5メートル)ほど下がると、軽マシンガンを人びとめがけて発射した。死体の山が次々と出来た。

チャーリー中隊の中のカリーの小隊とは別のいくつかの小隊は、逃げ出した村民を包囲し、銃撃したあと、村の中に突入し、残っていた者たちを探し出した。ミッチェル・テリーという第Ⅲ小隊の兵士は、こう言っている。「ベイリーと俺は飯を済ませようとしたが、俺たちのすぐそばにはベトナム人の死体が山になっており、その中にはまだ苦痛のうなり声を上げてるのもいた。俺たちの前にカリーの小隊が通っていったのだ。ベトナム人は全部が撃たれていたが、まだ死んでいないものもかなりいた。連中が何か手当てを受けるなんてことはありえなかった。だからビリーと俺は立ち上がって、連中のいるところまで行った。俺たちが撃って、殺してやろうと考えたんだ。」

c0139575_2251243.gif

〔写真: 一人も生かしておかぬように、 撮影:ハーバール〕


後に、カリーは、公判廷で、自分の犯罪を隠そうと必死に努めたが、犯罪の事実は極めて明瞭だった。では、チャーリー中隊の責任者はどうだったのだろう? メディナは、虐殺を命令したことなど決してないし、考えたことすらなかった、と言った。もちろん、いくつもの証拠が、彼の言っていることを覆していた。

c0139575_2254666.gif


1968年3月16日、二人のベトナム人通訳、ドゥオン・ミン〔Duong Minh〕軍曹と、グエン・ディン・プー〔Nguyen Dinh Phu〕軍曹が、この作戦に随行していた。プーはこう語っている。1968年3月15日、機動部隊の司令部は、兵士たちに酔っ払うほどのビールを振舞った。そして明日は皆殺し作戦があるんだ、と言われた。

プー軍曹は半信半疑だった。酔っ払うにつれて、そんなことは本当じゃあるまい、と考えたが、しかし、それは本当だったのだ。プー軍曹はメディナとチャーリー中隊の本部にぴったりと同行した。10年後、彼はこう語っている。「銃撃がはじまると、C中隊の本部は、湾曲部の左側面に近い村に移動した。そのとき、生垣の隣に頭を砕かれて死んでいる赤ん坊が見えた。私はM-79でやられたんだな、と思った。十字路のところまでくると、恐ろしい光景が目に入ってきた。道路上に、乱雑に積み重ねられた死体の山、男、女、子ども、そして赤ん坊さえその中にいた。」 

当時26歳だったドゥオン・ミン軍曹は、やはり10年後に、こう言っている。「恐ろしい死の光景を見てしまったので、私はすぐにメディナに会いに行き、なるべく穏やかな言い方で彼の残虐な行為への抗議を伝えた。村民が撃たれており、家畜や家が燃やされています、と。メディナはこう答えたんです。『みんな敵さ』 私はすぐに聞き返しました。『いいですか、兵隊は武器や防御器具を持たぬ民間人を殺してはならないんですよ』 メディナは、奴らは俺の部下を相手に戦ってるんだ、と繰り返したんです。それで私は、もしそうなら、あなたの部隊の兵隊が、敵の武器を捕獲するか、あるいは負傷するかしてるはずです。でもそうじゃない。だとしたら、殺されてるのは敵じゃないと言うことになります、と言った。 「結局、メディナは困ってしまって、俺はそうするように命令されてるんだ、とはっきり言いました。聞きもしないのに、です。」 メディナはいらいらした顔つきをし、ドゥオン・ミンに向こうへ行け、と命じた。

c0139575_2302659.jpg


兵隊の何人かも、メディナが虐殺の現場を目撃しており、彼自身もこの残忍な行為に関与していたと確言している。メディナの無線通信員、ジョン・ポールは、水田で5人が撃たれたが、うち死んでいなかった一人の女性がメディナの銃によってとどめを刺されたと言っている。また、リチャード・ペンドルトン一等兵はこう言っている。殺戮は終わろうとしていた。何人かの兵隊は、生き残った村民をめがけて銃を撃っていた。小さな男の子が、15人ほど山積みにされた死体の中で、誰かを探しているようだった。その子は、メディナの弾で殺された、と。

その日、ソンミへの飛行を担当していたヘリコプターのパイロット、ヒュー・トンプソン下級准尉は、こう語っている。彼は一人の負傷者を見かけた。それで、その場所を明示して、歩兵部隊に救援を要請した。そこへ一人の大尉がやってきて、その負傷者に銃を発射して殺した。後に、トンプソンは、その大尉がメディナだったと確認した。メディナの下にいた兵士の一人、ジョン・キンチは、虐殺の翌日、兵隊たちは海岸へ出かけ、そこで4人の容疑者を逮捕したと語っている。うち一人は少年だった。4人全員がひどい拷問を受けた。その際、メディナ大尉は、少年の口にぼろきれを押し込むよう命じ、一本の竹に縛り付けた。ついで、大尉は自分の写真を撮らせたが、それは、片方の手で椰子の実を口のところまで持ち上げ、もう片方の手は、ナイフをその少年の咽に当てている姿だった、と。

メディナの中隊が引き揚げたとき、ソンミは火と死の中に沈んでいた。村全体が、火炎と煙におおわれ、血が溝や水田、村の小道に溢れていた。村のいたるところ、燃え尽きた家の土台の上や、崩された退避壕の脇などに、死体が乱雑に横たわっていた。トゥー・クン〔Tu Cung〕集落だけで、その日の朝、米兵によって407人もが殺されたのだった。その大部分は女、老人、子どもだった。全部で24家族が皆殺しになった。特に、トゥアン・イェン〔Thuan Yen〕のはずれにあった溝では、米兵は170人を次々と殺戮したのだった。

トゥアン・イェン小集落のはずれの溝の脇に建てられたソンミの記念館には、この大虐殺の犠牲者のリストが記録された壁があり、こう書かれている。

 ――虐殺された民間人の総数:504人。うち182人が女性(そのうち17人が妊婦)、173人が子ども(そのうち生後5ヶ月以内のものが56人)、60歳以上の老人が60人、あと89人が中年の村人である。

 ――破壊された資産:247戸の家が焼却され、数千の水牛、牛、家禽類が殺戮された。〔注〕

しかし、以上は、大虐殺の正確の数字ではなかった。他に多くのものが無数の肉体的、精神的傷を受け、それはほとんど快復不可能だった。そのときの大虐殺の影響は、それまでここで平和で静かな暮らしを送ってきていた人々の上に、その後も深く刻み付けられ、苦しめたのである。

c0139575_1424615.jpg

c0139575_143349.jpg


(第2章 終り)
 

〔訳者注〕このソンミ記念館に記されている504人の犠牲者の氏名と年齢を、以下に掲げます。(氏名の中に Thi が含まれているのは、女性)

c0139575_226222.jpg


ここでは略:元記事へ



c0139575_035249.jpg

The inscription JN8:12 on the Army's new gunsights* is a reference to John, chapter 8, verse 12, which says: 'When Jesus spoke again to the people, he said, "I am the light of the world. Whoever follows me will never walk in darkness, but will have the light of life"  (*こちらは陰謀?)

12:ヨハネによる福音書 / 8章 12節

イエスは再び言われた。「わたしは世の光である。わたしに従う者は暗闇の中を歩かず、命の光を持つ。」

Bible inscriptions: One of the military sights in use with the code of 2COR4:6, which refers to the New Testament's Second Corinthians, chapter 4, verse 6, which says: 'For God, who said, "Let light shine out of darkness," made his light shine in our hearts to give us the light of the knowledge of the glory of God in the face of Christ'

コリントの信徒への手紙二 / 4章 6節

「闇から光が輝き出よ」と命じられた神は、わたしたちの心の内に輝いて、イエス・キリストの御顔に輝く神の栄光を悟る光を与えてくださいました。

A spokesman for Trijicon said the inscriptions had always been on the sights and began under founder Glyn Bindon, who was a devout Christian. (こちらは「敬虔なクリスチャン」?創業者時代からあるそうな。)

++
「キリスト教」にキリストはいるんですかね?

c0139575_2342555.jpg


c0139575_0123426.jpg



++
無理矢理作り出した対立の下、儲けながら人口削減。その前線の実態はこんなもの。

c0139575_2101372.jpg



関連

アメリカによるホロコースト:イラクの人口削減 by David Rothscum 3
http://satehate.exblog.jp/14033526

殺精子トウモロコシでいっぱいの温室
http://satehate.exblog.jp/14460762

by oninomae | 2010-10-13 22:06 | ホロコースト  

ソンミ虐殺 戦慄の朝 1


http://www.jca.apc.org/~yyoffice/Son%20My/A%20look%20back%20upon%20Son%20My.htm#目  次 より

http://www.jca.apc.org/~yyoffice/Son%20My/Part2.htm#2. 戦慄の朝 の転載 (Only Yesterday)


戦慄の朝 Horrible Morning

1968年3月16日の早朝、ソンミの村人は、いつもと同じように早く床を離れ、一日の作業を控えての食事の支度を終えた。多くの家では家族が食卓を囲んでいた。ある者はすでに市場に出かけたり、くわを担いで畠へと向かった。春の朝である。小鳥がさえずり、何羽かの鶏が、遅めのときの声を作ったりしていた。村の緑の木々を、朝の露の小さな水滴が飾り、それがここの風景を、一幅の夢幻的な絵のように見せ、素朴と安穏の美をつくりだしていた。

そのつかの間の平穏が突如破られた。5時30分、クァンガイ地域ソン・ティン〔Son Tinh〕地区のビン・リエン〔Binh Lien〕(ビン・ソン〔Binh Son District〕)、ラム山〔Ram Mount〕から発射されるさまざまな種類の砲弾が、ソンミ村の4つの集落に炸裂した。耳をつんざくような爆発の音とともに大地の表面が激しく震え、樹木が裂かれ、鶏、あひるがけたたましく鳴き、村人たちの叫び声が聞こえた。

30分間続いた砲撃が終わるとすぐに、2機のヘリコプターが飛来して旋回を繰り返しながら、ロケット弾と重機関銃の弾丸を、トゥ・クン、コ・ルイの二つの集落の民間人居留地に撃ち込んだ。ついで、9機のヘリコプターからなる一団がチュー・ライ〔Chu Lai〕(クァンガイ北部にある米軍基地)から飛来し、トゥ・クン〔Tu Cung〕集落の西部水田に着陸、別に11機の部隊が、コ・ルイ集落のゴ〔Go〕小集落の近くにある荒地に着陸した。

c0139575_21585762.jpg

〔写真は、トアン・イェン〔Thuan Yen〕の西部に着地する米軍  ハーバール撮影] (ベトナムで発行されたパンフでは、この写真が左右逆になっているので、元に戻して掲げた――吉川注)


純朴な村民たちは、退避壕に身を隠したり、小屋の中で朝食をとり続けたり、あるいは畠にとどまったりしていたが、みな、それをこれまでにもあったような、普通の掃討作戦だと思い、誰一人として、これから自分たちや仲間の村民たちの上に訪れようとしていた運命を予感したものはいなかった。

コ・ルイ集落では、ヘリから降りたブラボー中隊のある小隊が、ミ・ホイ〔My Hoi〕小集落の中に突入した。米兵はいくつかのグループに分かれると、ことごとくの家と退避壕の中を捜索した。いちばん最初に、まずレ〔Le〕さんの家が捜索された。その家の退避壕には15人の村民が避難していた。米兵がその上に来たとき、8人の村民が外へ出たが、出るそばから射殺され、死体が折り重なった。米兵は壕の中に爆薬を放り込み、残りの全員を殺したが、死体は粉々に粉砕された。

別のグループがその隣家、トリン〔Trinh〕さんの家に突進した。トリンさんの8歳になる子どもは、壕から走り出たところを射殺された。口には、まだ朝食のご飯がいっぱい詰まったままだった。米兵たちは、その子を殺したあと、壕の中に爆薬を投入し続け、トリンさんとその子ども3人、ホアさんと彼女の二人の子どもの計7人を殺した。遺体はどれ一つとして満足な呈をなしていなかった。数日前に出産したばかりの女性、ヴォ・チ・マイ〔Vo Thi Mai〕さんは、体が弱っていて壕に入れずにいたが、米兵たちによって裸にされ、死ぬまで強姦された。生後幾日にもならぬ赤ん坊は、その傍らで悲惨な泣き声をあげた。残りの二人の子どもは、壕から外へ呼び出され、射殺された。出産間近かの妊婦、ニョン〔Ngon〕さんも、やはり強姦されたが、そのあと米兵たちは彼女の腹に銃剣を突き刺し、両足で踏んで胎児を突き出させた。遺された3人の子どもたちは、恐怖でその光景に目を開けることも出来ず泣き叫んでいたが、米兵は彼らも射殺した。ヴォ・チ・プー〔Vo Thi Phu〕さんは、赤ん坊に乳を飲ませていたところを射殺された。その児は泣きながらも母親の胸にすがって乳をゆすった。米兵たちは、「ベトコンだ、ベトコンだ」と言いながら、二人の上に藁を放り投げて火を放ち、親子を小屋ともども焼き払った。母親も子どもも完全に焼かれ、手足は縮んでしまったが、赤ん坊の頭骸骨はそれでも母親の遺体の上に乗ったままだった。

同じように、ゴー・チ・ムイ〔Ngo Thi Mui〕とゴー・チ・モット〔Ngo Thi Mot〕の二人の姉妹は、4人の米兵によって壕から引き出され、つぎつぎと輪姦された。そのあと、二人は壕の中に突き落とされ、爆薬が投げ込まれた。こうして二人は、ムイさんの4人の子どもたちとともに殺戮された。ヴォ・マイ〔Vo Mai〕さんの一家では4人が殺された。ヴォ・トアン〔Vo Toan〕さんの退避壕には、6人がいたが、うち、4人が米兵の投げ込んだ爆薬で殺された。グェン・チ・チ〔Nguyen Thi Thi〕さんの退避壕は突き崩され、二人の老人と6人の小さな子どもが殺された。生き残ったのは10歳の子ども一人だけだったが、その子も重傷の状態だった。この小集落に暮らしていた16家族のなかで、7人の老人、12人の婦人、15歳以下の17人のこどもが、ライフルやサブ・マシンガン、爆薬、手榴弾などによって殺されたのだった。

c0139575_21591661.jpg

[写真:虐殺は直ちに始まった。撮影=ハーバール] 

この小集落の家々は完全に焼き尽くされ、樹木は打ち倒され、家具は破壊され、水牛、牛、鶏、あひるは殺された。ごく僅かな間に、全村は死の地域と化した。大部分が老人、女性、子どもの97人が虐殺されたのである。

トゥ・クン〔Tu Cung〕集落では、アーネスト・メディナ[Ernest Medina]大尉に率いられたチャーリー中隊が地上に降りたつや、直ちにトゥアン・イェン〔Thuan Yen〕小集落を包囲した。第Ⅱ小隊と第Ⅲ小隊は、一緒になってすべての道を封鎖、水田の中を突進して、途中出会った人びとを銃撃した。ウィリアム・カリー[William Calley]中尉の率いる第Ⅰ小隊は、まっすぐに村に突入し、なんら武器を持たぬ村民に銃を発射した。

c0139575_217549.jpg

米軍側の損傷と言えば、ハーバート・カーターという黒人兵一人だけで、彼は、こうした野蛮な行為に耐えることが出来ず、虐殺に加わらないで済むようにと、自らの足に向けて銃を発射したのだった。カーターが後に語ったところによると、トゥ・クン集落での殺戮は、ヘリコプターが着地し、米兵たちが村の端にある畠に降り立ったときから直ちに始まったという。 「田んぼの真ん中で、一人の老人が親しげな顔を見せながら手を振っているのが見えました。が、直後に米兵によって射殺されたんです……。」 「村へ向かうまで、一人のベトコンにも会わず、燃える家から飛び出してくる多くの農民たちが米兵によって撃ち倒されるのが見えました。連中の中には、冗談を飛ばし、『あいつは、俺の得点にさせろ』などと叫んでました。」

c0139575_2159328.jpg

〔写真は、自分で負傷したハーバート・カーター〕

スティーブン・ブルック[Stephen Brook]の指揮する第Ⅱ小隊の一部も同じようなものだった。この小隊の一員だったシンプソンはこう語っている。 「一人の女と一人の子どもがこっちから小屋のほうへと飛び出して行った。ブルックス中尉が撃てと命令した。それで私は撃った。女と小さな子どもです。その子は2歳くらいだったかな。」 シンプソンは、そのあと10人を殺したと認めている。 ヘリコプターが着地する以前、すでに水田にいた農民や水牛に乗った少年などが殺された。主として、ビン・ドン〔Binh Dong〕とビン・タイ〔Binh Tai〕小村落の民間人である。しかし、もっとも戦慄すべき虐殺が起こった場所は、トアン・イェン〔Thuan Yen〕小集落であった

ピンクビルへのチャーリー中隊の作戦には、軍曹で米陸軍写真班員のロナルド・ハーバール[Ronald L. Haeberle]が加わっていた。彼は、あと11日だけ軍務に服すれば、復員となり故郷に帰れるはずだった。彼が重要な証人の一人であったことは疑いない。彼はこの虐殺を明るみに出すという貢献をした。彼のその行為はアメリカと全世界の世論に強烈な衝撃を与えたのである。作戦に参加したとき、彼は3台のカメラを携えていた。その2台には白黒、もう一つにはカラーのフィルムが入っていた。

虐殺のあと、バーバールは40葉の白黒写真を陸軍に手渡した。だが、残り18枚を手元に残しておいたのだ。事件から18ヵ月後、アメリカ国内でこの虐殺事件が調査されることになった時、バーバールはカラー写真を公開し、それは米国政府を恐怖で震撼させたのだった。この18枚の写真には、撮影者の完全に筋の通った詳細な説明文がつけられていたのだ。ハーバールは、その文章をアメリカの雑誌『ライフ』に発表した。

c0139575_21595370.jpg


それによると、彼は、1968年3月16日の日の出前、午前6時にチャーリー中隊に加わったが、この作戦について、彼には誰も何も説明しなかったという。ヘリから降りたとき、彼にははじけるような銃撃の音が聞こえた。横目で脇を見ると、いくつもの死体がころがっていた。だが、彼は振り返ることをしなかった。何人かのベトナム民間人、確か15人ほどで、大部分は女と子どもだったが、100ヤード(約90メートル)ほど向こうを歩いていた。突然、米兵たちが、M-16とM-79マシンガンを彼らに向けて発射した。この光景を目撃したハーバールは、自分の目を信じることが出来なかった。

c0139575_2202073.jpg


ハーバールは別の場所に来たとき、こう語っている。「右手の離れたところに一人の女の姿があり、頭が茂みの上に見えていた。自分以外の米兵たちは、みな、彼女に向けて発砲を始めた。その女をめがけ、何度も何度も発砲を繰り返した。ひたすら撃ち続けた。骨がばらばらになって空中に飛ぶのが見えたんだ。」

カリーの指揮する第Ⅰ小隊は、トアン・イェン小集落に突入した最初の部隊で、組織的、計画的な虐殺を行なった。米兵はいくつかのグループに分かれ、八方に散って捜索し、ある者は発砲しながら民間人を逮捕し、ある者は小屋を焼き払い、退避壕を破壊するために爆薬を投げ込み、またあるものは水牛や牛を殺戮したり樹木を切り倒したりした。コ・ルイ集落のミ・ホイ小集落でと同じように、米兵たちの全滅作戦は、ここで絶頂に達した。ハーバールの写真はこうした光景をまざまざと記録している。

c0139575_2203340.jpg

〔写真:すべてを燃やし尽くす 撮影:ハーバール〕

c0139575_1303466.jpg



米兵たちが年老いたグェン・チ・ドック〔Nguyen Thi Doc〕さんの小屋に突入したとき、彼女の一家は、米といくらかの甘藷の並んだ朝の食卓を囲んで集まっていた。米兵は突入するといきなり食卓をめがけて乱射した。彼女の夫、長男夫婦、娘、そして孫を含む9人がそこで殺された。孫の頭が転がったが、その口にはしっかりとサツマイモの一かけがくわえられていた。ドックお婆さんは傷を負って動けずに横たわっていた。3人の孫だけが、まだ食卓についていなかったので、かろうじて死をまぬかれた。

そのドックお婆さんの隣家は、ダン〔Dang〕さんの6人家族で、やはり食卓を囲んで坐っていた。突入した米兵たちは彼ら全員に向けて銃を発射し、そのあと家を完全に焼き払った。リ〔Ly〕さん一家の7人は、退避壕の中へと追いやられ、そのあと爆発物で殺された。リエン〔Lien〕さん一家の5人、マイ〔May〕さん一家の6人、そしてグェン〔Nguyen〕さん一家の4人は、誰一人助からなかった。

c0139575_2205383.jpg

〔写真 撮影:ハーバール〕

 
トゥルオン・ト〔Truong Tho〕さんは72歳だった。米兵たちは、彼の顎鬚をつかんで庭に引きずり出し、ひどく殴りつけた。そのあと、米兵はトゥルオンさんの顎鬚をあごまで一緒に切り落とし、井戸へ突き落とした後、爆薬を投げ込んだ。ムック・ライ〔Muc Lai〕老人も、米兵たちは顎鬚をつかみ、面白がってそれに火をつけた。ハーバールの撮った写真の一つに、うずくまり、怒りの眼差しを向けている老人の写真がある。ハーバールは、「この男は歳をとっており、体が震えていてほとんど歩けなかった。彼は何かを大声で叫びたがっているような様子だった。私がそこを去ろうとしたとき、後ろで2発の銃声が聞こえた。」

米兵は、子どもだからといって、虐殺をためらうことはなかった。もう一人、米陸軍報道部のジャーナリストがこの作戦に加わっていた。ジェイ・ロバーツである。彼はこう語っている。「実にちっちゃな子どもだった。シャツ1枚以外は何も身に着けていなかった。その子はいくつもの死体の上を這うようにやってきて、その一人の手をつかんだ。おそらく母親だったのだろう。私の後ろにいた米兵の一人が、その子から30メートルほど離れたところで片膝をつけた姿勢をとった。そして1発でその子を殺したんだ。」世論に深い衝撃を与えた1枚の写真がある。水田のそばの路上、正面に横たわった二人の子どもの写真である。ハーバールはそれについて「この二人の子どもが撃たれたとき、年上の子どもは、小さいほうの子を庇うかのようにその上に倒れこんだ。だが、すぐ、米兵たちが二人にとどめをさした。」と語っている。 

c0139575_2211034.jpg

〔右の写真 この二人の子どもが撃たれたとき……(部分)。撮影 ハーバール〕


続く


参照

My Lai Massacre
http://en.wikipedia.org/wiki/My_Lai_Massacre 



++
若者、あるいは何も知らないよという人に読んで欲しい話です。簡単に忘れられるようなことではないです。少なくとも私には。

by oninomae | 2010-10-13 21:51 | ホロコースト  

この国の終わり?


c0139575_19525464.jpg


以下

http://tamekiyo.com/documents/original/20101010.html の転載


今年(2010年)もワクチンがやってきた 掲載2010年10月10日

本日のデーヴィッド・アイクのニュースレターがインフルエンザ・ワクチンの話題だったので、要点のみご紹介する。

今年(2010年)もワクチンがやってきた

昨年の豚インフルエンザ・「パンデミック」は失敗だった。ウィルスの「発見」からワクチンの大量生産まで半年かかったため、WHOや英米政府機関の懸命な努力にもかかわらず、その間に世界中の人々が気付いてしまった。

そこで、今年は、季節性のインフルエンザ・ワクチンに、あまり注目を浴びないように豚インフルエンザ・ワクチンを配合して、人々の身体に送り届けようという慎重な作戦を採用している。

最大の標的は妊婦である。妊婦に接種することで、新生児の自然本来の免疫機能が働かないようにできるからだ。イギリスでは史上初めて妊婦に季節性インフルエンザ(と豚インフルエンザとのカクテル)ワクチンを接種するキャンペーンが実施されている。

アメリカではCDCが、最新のワクチンを接種していない者には医療保険を適用しないと言っており、ワクチンの強制化が進んでいる。

去年と同様、我々の力で阻止しよう! (要約終わり)


ワクチンは地球浄化に貢献する

インフルエンザ・ワクチンについては、去年の情報で十分かと思うので、よく知らない人は過去記事を見ていただきたい。憶測を含む陰謀深読み系の記事から、客観的な公表データ・医療データのみに基づいた記事まで各種取り揃えてある。

お勧め記事は、 「新型(豚)インフルエンザは、アメリカ史上最大級の隠蔽工作」 (ラッセル・ブレイロック博士)である。

私も昨年は、大人げなくワクチンに反対するような主張を行ってしまったが、地球上から有害な人間(これほどわかりやすい詐欺を見破れない愚かな人間とそれに盲従するだけの人間)を一日も早く撲滅するという意味では、これは間違った行動だったと認めざるをえない心境である。国連機関、政府機関、製薬会社の崇高な目的を理解できていなかった。今年からは、彼らの「地球浄化活動」を温かい目で見守っていきたいと考えている。もし希望があれば、製薬会社に当サイトの広告スペースを販売してもよいと思っているぐらい協力的だ。

c0139575_22473141.jpg


もちろん、これを読んでいる皆様には絶対にワクチンの接種はしてほしくないし、また、皆様も、自身の愛する人、好きな人には、そのように注意してあげてほしいと思う。

どうでもよい人は放っておこう。人間というものは、考えを押し付けて変わるようなものではない。人間が考えを改めるのは、その本人の機が熟したときのみである。だから、きっかけを与えることはあるかもしれないが、他人の考えを変えることができるとは期待しない方が良い。目の前にある植物の種に今すぐ花を咲かせろと、いくらしつこく言っても無駄である。 

c0139575_22241182.jpg

無駄な論争に無駄なエネルギーを使わない方が良いと思う。 「副作用」(主作用というべきだろうが)で何人死のうが、信じる者は信じ続けるし、まして把握が困難な長期的な害については、立証しようがないのである。

c0139575_045342.jpg


なお、毎年の季節性インフルエンザ・ワクチンが無意味なことは、医療の世界では(知見豊かな層に限るが)公言してはいけない常識だったことも書き添えておく。昔からだ。知ってはいるけど、業界の利益になるから(怖いから、村八分にされるから)言わないだけなのだ。本当に知らない医者や薬剤師は哀れにも単なるバカである。製薬会社のセールスにおだて上げられて良い気分になっているだけで、勉強不足なのだから仕方ない。嘘だと思うなら、頭の良さそうな医者か薬剤師に聞いてみればよいだろう。こっそり教えてって。


++
確かに、ワクチンが打てなかったらただではすまさんぞと、医者を脅す人(`O´)もいますわな(藁)

おまけに、ワクチンを盲信する、医者や薬剤師(゚_゚i)もいますわな(嗤)

おせっかいな助言をしたところで、機嫌悪くにらむだけ(`ヘ´)の人もいる

(`ε´)こんなのには、飽きました。はい。

詐欺・不正、愚昧・狼藉。あー、いやだいやだ。とかくこの世は住みにくい。


c0139575_1174746.jpg

c0139575_119752.jpg


c0139575_129239.jpg

by oninomae | 2010-10-11 20:02 | 政治詐欺・政治紛争  

ピノキオの密教的解釈 By Vigilant その2


ピノキオの密教的解釈 By Vigilant December 28th, 2009  その2


映画の分析

コッローディの本とディズニー映画の間には、多くの相違点がある。物語の筋は簡略化されており、ピノキオは、元の本のような頑固で恩知らずのはみ出しではなく、無垢で、楽天的な性格となった。 しかしながら、基本的な要素のすべては依然として、その映画の脚本の中にも存在し、その裏に潜んだメッセージはそのまま残っている。(私はその映画全体をここhttp://www.youtube.com/watch?v=OZjf0vdc2Voで観ることができると聞いたが、私にはわからない)。


創造

c0139575_2122176.jpg

映画は、木片を操り人形に変えている、イタリアの木彫師ジェペットとともに始まる。彼はその木偶人形を人間のような姿を与えるが、それは生命のない木偶人形に留まっている。

ジェペットは、いろいろな意味で、プラトンと知解(グノーシス)派のDemiurge(デミウルゴス) である。「Demiurge 」という語は、ギリシア語から文字通り「作り手、熟練工あるいは職人」と訳される。哲学的用語では、Demiurge は、物理的世界の「より劣った小さい神」、物質的生活の落とし穴を甘受させられる不完全な存在を作り出す実在者である。

c0139575_23544523.jpg

c0139575_2355650.jpg

ジェペットの家は、彼の工芸品の掛け時計で溢れている。それは、あなたがご存じかもしれないように、物理的面の大いなる制限の一つである時間を測定するために使用される。


「pleromaの中から、Demiurgus、不死なる死すべきものが個別化された。彼に対して、我々は自身の物理的(身体的)存在と、それとの関連において我々が経験しなければならない苦悩の責任がある。」- Manly P. Hall, Secret Teachings of All Ages


ジェペットは、一つの見栄えのよい操り人形を作り出したが、しかし彼は、「本物の少年」、あるいは秘教の述語ではイルミネートされた人間になるために必要な神聖な火花をピノキオに与えるためには「より大きな神」の助けを必要としていることを認識する。

それで、彼は何を行うか? 彼は、「星に願う」。 彼は、何らかのその神聖な精髄によってピニキオを奮い立たせるために大きな神(メーソンの大棟梁)に願う。

c0139575_21231777.jpg

この星は、フリーメーソン団の燃えさかる星、シリウスであり得るか?

c0139575_2329362.jpg

その「蒼い妖精」、その偉大な神の代理人は、次に、ピノキオに宇宙的精神、グノーシス派の「知性[Nous]」の火花を与えるために地球に降下する。


「知性(宇宙的精神)の降下(相続)を通して約束された人類の救済は、グノーシス派のキリスト教徒によって肯定された。宇宙的精神とは、Demiurgusよりも優れたある偉大な霊的存在であって、人間の体の中に入って、Demiurgusによる製造物に意識の不滅を授与する。」- 同上。  (訳注:「知性」派が、本当にこんな戯言に生きているのでしょうか?特に後半。まあ、宇宙的感覚というのはありますけどね)

c0139575_21244475.jpg

その妖精はピノキオに生命と自由意志の贈り物を授与する。 彼が生きているが、彼はまだ「本物の少年」ではない。 神秘学派は、真の生命はただイルミネーションの後に開始すると教える。

これ以前のすべては、緩慢な崩壊以外の何ものでもない。ピノキオが「僕は本物の少年?」と質問するとき、その妖精は答える。 

「いいえ、ピノキオ。ジェペットの願いを現実に叶えることは、完全にあなたの責任であるでしょう。 あなた自身の勇気、誠実、利他を証明しなさい。そうすれば、いつの日かあなたは本物の 少年になるでしょう。」

自立と自己改善のこの主題は、グノーシス主義/メーソン主義の教えに強く触発されている:霊的な救いは、自己鍛錬、自己認識、そして強い意志の力を通して値することになるべき何かである。

メイソンたちは、粗野かつ完全な切石(アシュラー)の寓意で、この過程を象徴する。

「思弁的フリーメイソンでは、粗野な切石は、啓発を発見する前の、イニシエーションを受けていない初心フリーメーソンの寓意である。完全な切石は、メーソンの教育を通して、強健な生命を達成するために働き、そして啓発を得るために熱心に奮闘するフリーメーソンの寓意である。フェロークラフトの位階では、我々は粗野と完全な切石の使用を目撃する。学ばれるべき教訓は、教育と知識の獲得により、人間はその霊的・道徳的存在の状態を改善するということである。人間のように、それぞれの粗野な切石は、一つの不完全な石として始まる。教育、教化、そして同胞愛とともに、人間は美徳の正方形によって試され、そして我々の創造者によって我々に与えられたその境界のコンパスによって囲まれた存在へと形作られる。」- Masonic Lodge of Education, Source http://www.masonic-lodge-of-education.com/rough-and-perfect-ashlar.html


メーソンたちがイルミネーションの過程を粗野な石から滑らかな石への変換で表すのと同様に、ピノキオは木の粗野な作品として彼の旅を開始し、そして最終的に本物の少年になるために彼の縁を滑らかにしようと努めるだろう

しかしながら、何ものも彼に与えられない。 彼にとってイルミネーションに値するためには、内的な錬金術的過程が起こる必要がある。 彼は人生を歩み、その誘惑と闘い、そして(ジミニー・クリケットによって具現化された)自分の良心を使って、彼は正しい道を見いださねばならない。 最初のステップは学校(知識を象徴)に行くことである。その後、人生の誘惑が急速にピノキオの小道を横切る。


名声と富の誘惑

学校へ向かう途中で、ピノキオは嫌な奴フォックス(あまり信頼できない名前)とギデオン猫に止められた。彼らは、「成功への容易な道」:ショービジネスに彼を誘惑する。

c0139575_2153181.jpg

自分の良心の警告にもかかわらず、その操り人形は、怪しげな人物たちに従い、喧嘩好きの人形劇興行主ストロンボリに売られる。

c0139575_2340739.jpg

c0139575_23391687.jpg

彼の公演中に、ピノキオは、「簡単な道」の良い面:名声、富、そして魅力的な女性操り人形にさえ精通する。

c0139575_21263273.jpg

ピノキオは、しかし、すぐにこの見かけ上の成功の大きな代償を学ぶ: 彼は父親(作成者)に会いに戻ることができない、彼が生み出したマネーはただ単に彼の「操作人」ストロンボリを富ませるためにのみ使われる。

c0139575_23585064.jpg

そして彼は彼が大人になったとき如何なる運命が彼を待っているかを理解する。


c0139575_21271359.jpg

ショービジネスの多少残酷な描写ではなかろうか? 彼は基本的には、一操り人形・・・以上のものではない。 「簡単な道」の本質を理解した後に、ピノキオは、自分がその中にいるその悲しい状態を体得する。彼は動物のように檻に入れられ、そして一人の残酷な操り人形師のなすがままである。 彼は魂を売るように騙された。

c0139575_2128492.jpg

ピノキオは、再び自分の良心(ジミニー・クリケット)を取り戻し、脱出しようと試みる。 世界の良き誠実性のすべては、しかしながら、彼を救うことができない、クリケットはその錠前を開けることができない。

ある神の介入に他ならぬものが、彼を救うために必要であるが、しかしそれは彼が妖精(神の使徒)に、そして最も重要なことには、自分自身に誠実である以前ではない

c0139575_21284087.jpg



現世の快楽の誘惑

正しい道に戻ると、ピノキオは再び嫌な奴フォックスに止められる。フォックスは彼を、学校(知識)も法律(道徳)もないある場所、「喜びの島(遊園地)」へ行くよう誘惑する。

子供たちは、意のままに食べ、飲み、煙をくゆらせ、そして破壊する。すべては、御者の監視の目の下に。

c0139575_21294438.jpg

喜びの島は、無知、即時の満足、そして人間の最低の衝動の満足によって特徴付けられる「俗生活」の比喩である

c0139575_0134442.jpg

c0139575_010126.jpg

御者は、それが奴隷を作り出す一つの完璧な方法であると知っていて、この行動を奨励する。 この易しく書き直された生活様式に十分耽った少年たちはロバに変身し、そしてその後、鉱山で働くように御者によって使役される。 もう1つのかなり残酷な描写、今回は無知な大衆。

c0139575_21302892.jpg

c0139575_23275983.jpg


ピノキオ自身が、ロバになることを開始する。

c0139575_0165361.jpg

秘教の用語では、彼は、彼の霊的な自己よりも、この頑固な動物で象徴される彼の物質的な自己に近い。物語のこの部分は、フリーメーソン団のような神秘学派において研究されてきた古典作品であるアプレイウス[Lucius Apuleius]の変容あるいは黄金のロバ[The Metamorphoses or Golden Ass]への文字どおりの参照である。

c0139575_21312222.jpg

変容は、魔法の驚異に魅了され、自分の愚かさゆえに、自分自身をロバに変えるルシウスの冒険を記述している。 これは、彼が最終的にイシスに救われ、彼女の神秘教団に加わることになる長くてつらい旅に繋がる。 その変容の物語は、その物語の筋書き、霊的寓意、そしてそのオカルト入会のテーマにおいて、ピノキオと多くの類似点を有している。


ピノキオは、自分の良心を取り戻すやいなや、世俗的な生活の刑務所を逃れ、喜びの島を脱出した。


イニシエーション

ピノキオは彼の父親と一緒に暮らすために家に帰るが、その家は空っぽである。 彼は、ジェペットが巨大な鯨に飲み込まれてしまったことを知る。

その操り人形は、次に自分自身水の中に飛び込み、そして彼の作り手を見つけるためにそのクジラに飲み込まれる。 これは彼の最終的なイニシエーションである。そこでは、彼は霊的光を得るために、無知な生活(巨大なクジラの胎内で象徴される)の闇黒から脱出しなければならない。

c0139575_2134593.jpg

再度、カルロ・コッローディは、霊的イニシエーションの古典的物語:ヨナ書によって大きく触発された。 キリスト教、イスラム教、そしてユダヤ教において見いだされるが、 ヨナとクジラはまた神秘学派でも読まれる。

「ヨナはまたヨナ書の中での中心的登場人物である。 『彼らの大きな邪悪が私の前に近づいて来るゆえ』それに対して予言するために、神によって、ニネヴェの街に行くことを命じられたが、ヨナはその代わりに、ヤッファへ行きそしてタルシシュに航海することによって、「主の面前」から逃亡しようと模索する。巨大な嵐が発生し、乗組員たちは、これは普通の嵐ではないことを認識し、くじを引いて、ヨナに責任があると学んだ。 ヨナはこれを認め、そして述べる。もし彼が船外に投げ出されれば、嵐は止むだろうと。 船員たちは船を海岸に寄せようと努めるが、失敗し、彼を船外に投げ出し海を鎮めることを強いられていると感じる。ヨナは、神によって特別に用意された大きな魚に飲み込まれることによって奇跡的に救われる。彼は、そこで三日三晩を過ごす。第2章で、その大きな魚の中にいる間に、ヨナは、その苦悩の中で神に祈り、感謝と彼が誓ったことを行うことを表明した。神は魚に命じてヨナを吐き出させた。」 - Source  http://en.wikipedia.org/wiki/Jonah


c0139575_21345459.jpg

ヨナ、彼の霊的イニシエーション後


マンリー・P ・ホールはここで、ヨナとクジラのオカルト的意味について説明している。

「悪の象徴として使用されたとき、その魚は地球(人間のより低い性質)と墓所(神秘の墓)を表していた。 従って、ヨナは『大いなる魚』の腹の中に三日間いた。キリストがその墓所に三日間いたように。いくつかの初期の教会の神父たちは、ヨナを飲み込んだその『クジラ』は父なる神の象徴であり、その神は、哀れな予言者が船外に投げ出されたとき、安全の地に到着するまで、彼自身の本質の中にヨナを受け入れたと信じていた。ヨナの物語は、実際には、神秘へのイニシエーションの一つの伝説であり、そしてその「大いなる魚」は、人が海(人生)の中に船の横へと投げ出される(生まれる)ときに彼を飲み込む無知の闇黒を表している。」- Manly P. Hall, The Secret Teachings of All Ages

c0139575_21354174.jpg

神の言葉と伴にクジラから出てくるヨナ


ピノキオは、イニシエーションの苦難を経て、無知の闇から出てきた。 彼は、イエス・キリストのように、墓所から現れる。 彼は今や、「本物の少年」、彼のより高い自己を受け入れるために、物質的な生命の足かせを破った 一人のイルミネートされた人間である。

ジミニー・クリケットは、妖精から、ピノキオの良心を粗製の金属から金へと変換する錬金術的過程の成功を表す純金のバッジを受け取る。

その「偉大な仕事」は達成されて来た。 何かすることが残っているのか? もちろん、気違いじみたアコーディオンパーティー!

c0139575_21361553.jpg



おわりに

入会者の目を通して見れば、ピノキオの物語は、一連の無秩序な冒険ではなく、一つの深く象徴的な霊的寓話となる。 一見意味のないその映画の詳細は、突如として、秘教的真実あるいは少なくとも残酷に正直な社会的な論評を浮き彫りにする

変容やヨナとクジラのような形而上学的古典に触発され、その物語の作者カルロ・コッローディは、メーソンの人生の最も重要な側面であるイニシエーションについての近代的物語を書いた。

ウォルト・ディズニーのフリーメイソン団への忠誠は常に議論されているが、そのスタジオで制作された史上第2番目のアニメーション映画としてのこの物語の選択は、多くを物語っている。

c0139575_4161938.jpg

c0139575_4171667.jpg


その映画に加えられた多くの象徴的な詳細は、コッローディの本の裏に潜んだオカルト的意味の大きな理解を明白に示している。

ピノキオの数多くの再公開とその世界的成功を考えれば、全世界が彼のイルミネーションへの道を目撃して来たが、しかしそれを十分に理解したものは非常に少ないと、人は言い得よう。

かなり邪悪な意味を明らかにしているこのサイト上の他の記事と比較してみたとき、ピノキオの物語はオカルトの教えのより高潔な面の一例である。自己改善を通じて、より高い水準の霊性を達成するために懸命に努力することは、ほとんどの宗教で見いだされる普遍的な主題である

ピノキオはそれでもやはり依然として典型的なメーソンのままであり、そしてマスメディアをコントロールしているものたちの哲学的背景を明らかにする 


c0139575_4183168.jpg

c0139575_4191215.jpg

c0139575_4275071.jpg

c0139575_429389.jpg


c0139575_2294960.jpg

c0139575_2273861.jpg

c0139575_2284472.jpg

c0139575_422344.jpg

c0139575_22194870.jpg



c0139575_425511.jpg

c0139575_0234146.jpg

c0139575_0334052.jpg

c0139575_0243234.jpg

c0139575_025280.jpg

c0139575_0342942.jpg


c0139575_0253793.jpg

c0139575_026949.jpg



元記事は

The Esoteric Interpretation of Pinocchio By Vigilant December 28th, 2009
http://vigilantcitizen.com/?p=3016

おまけ

c0139575_21422152.jpg

c0139575_21442138.jpg

c0139575_2145517.jpg

c0139575_21452277.jpg



追加参照

イルミナティ 語られないディズニー
http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-10608585758.html

トラウマベースのマインドコントロールされた多くの犠牲者は、彼らの心に、ディズニーによって秘かにプログラムされた幻想を持ち続けるので、その幻想、夢を決して放さないのだ。・・・

ディズニーとはイメージを創造するというイルミナティ能力の典型だった。彼等はウォルト・ディズニー、ディズニー映画、およびディズニーのアミューズメントパークなどの偉大なイメージを作り上げた。これらのものは時には過大評価されてきた。そして他の部分、不吉な側はとても巧妙に隠されてきた。・・・

語られないディズニー(2)
http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-10614139178.html

彼等の目標は、世界中からのどのような人々からも、なんら疑惑も抱かせず、また彼らの犯罪活動の多くを完全に覆い隠す事が出来る場所を持つことだった。 証人によると、イルミナティによる犯罪活動のベースとしてディズニーランドを使用する事は、イルミナティのプログラマーに大笑いをさせていた。・・・

長年、ディズニーランドはイルミナティの世界的な活動のための中心だった。 今、ディズニーは新たにパリから20マイル東にあるユーロディズニーランドや東京ディズニーランドなど、世界中に作られている。・・・

神秘宗教とヨーロッパの貴族を支配してきた、寡頭政治のリーダーシップであったローマ帝国(少なくとも、または以前)の時代から、彼等はパンとサーカスについて知っていた。 「パンとサーカス」とは大衆に食料と娯楽を与えていれば、大衆は簡単にコントロール出来るという考えだ。 ウォルトディズニーはイルミナティの支配を保つために大衆に娯楽を供給するという重要な役割を与えられた。

語られないディズニー(3)
http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-10619222906.html

ユダヤ人文化促進協会とADLの後ろ盾で、ウォルトは名声に向けて出帆し始めた。・・・

ユダヤの映画会社はキリスト教原理主義者として宣伝されていたウォルトを(ほとんど教会に足を踏み入れなかったフリーメーソンの”キリスト教徒”にもかかわらず)彼等の最高の希望として前面に押し出した。(Walt Disney Hollywood’s Prince of Darkness, p. 50.)

語られないディズニー(4)
http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-10630039549.html

ウォルトは国家社会主義(ナチ)の社会主義者だったのだろうか? ・・・

ウォルトは「規則」とは彼以外の人々が従わなければならないものであると感じた。・・・

成功しようとする彼の強い決意は、何らかの負債と共にウォルトををゆするのに暴力団によって利用された。・・・

ウォルトは農場と自然の魅力をとても愛していた、そして、彼は王権と壮観、フリーメーソンが提供するような厳しい社会の階層制度を愛していた。

語られないディズニー(5)
http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-10637052402.html

ロイの家族は後、イルミナティの中心人物たちに関係していた、ナパバレーNapa Valley, CA, に移った。Napa Valleyは「王の谷」と愛称で呼ばれていた。・・・

ピノキオは1930年代の終わり頃、制作費に260万ドルもかかり、興行収入をその当時取り戻す事は大変困難な金額だった。・・・1930年から1950年の間、ディズニー兄弟によって作られた本当の収入はディズニー製品、地下ハードコアポルノの生産、マインドコントロールプログラミング、およびマネーロンダリングにディズニーを使用した様々なグループからのリベートから来た。・・・

ロイディズニーの娘ドロシーディズニーPuderと夫のエピスコパル教会、監督制教会員、グレンGlen Puder牧師はラザフォードの東で1677Sage Canyon通り、ナパバレーで資産を購入した。(これはVoL1で言及されたロスチャイルドのオプス ワン テンプルOpus One Templeの近くにある。) ・・・ロバートモンダヴィ(カリフォルニアワインの父といわれる)とロスチャイルドはジョイントベンチャーでナパバレーにピラミッドを建て、サタンの教会のリーダーであり、創設者であるユダヤ人、アントンラヴィーはここをベースとした。・・・

語られないディズニー(6)
http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-10657675895.html

by oninomae | 2010-10-06 21:03 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

ピノキオの密教的解釈 By Vigilant その1


私は、日本のピノッキオたちにこの物語を贈りたい。


ピノキオの密教的解釈 By Vigilant December 28th, 2009  その1


1940年にリリースされたピノキオは、世界中で子供にも大人にもいまだ好評であるディズニーの古典である。しかしながら、この木製の人形の物語は、めったに論じられないが、秘教的教えに基づいたある大いなる霊的寓話を隠し持っている。 我々は、このアニメ化された冒険とその裏に潜んだ意味の起源について見るだろう。

c0139575_217554.jpg


私は、子供の時、録画状態の悪いVHSテープで、私の弟と一緒にFugee-O'sを食べながら、はじめてピノキオを見た。私は、その覚えやすい曲とジミニー・クリケットを楽しんだ。私は、しかし、御者に恐れをなして、水中の部分はまったく好きになれなかった。 それが、最近に至るまで、私がこのディズニーの古典について覚えていたほとんどである。

ある眠気を誘う日曜の夜、私は偶然テレビでその「デジタル処理された」映画に出くわし、そして「昔のよしみで」それを観た。

楽しい懐かしい旅になるだろうと思っていたものは、衝撃的な啓示となった:ピノキオは私が今まで見てきた最も深い映画の一つであった。

それは霊性と近代社会についての一つの巨大な寓話であり得るか?

私はオカルトの秘密へのイニシエーションのヒントを検知したのか? 私は直ちにピノキオの起源の研究を開始し、そして私の理論のすべてはふんだんに確認された。


言うまでもなく、この映画はいまや、今日の大衆文化の主用品(主食)である。

この映画を観ていない人々はどれほど多くいるだろうか? 他方で、どれほど多くの人々が、ピノキオの真の裏に潜んだ意味に気がついているだろうか?

一人のよい少年になろうと努めているその操り人形の物語の背後には、オカルト主義の神秘学派にその起源を有するある深い霊的な物語がある。

入会者の目を通すと、「嘘をつかない」ことについての教訓に満ちている、「良くある」ことについてのその子供たちの物語は、一人の人間の知恵と霊的啓発への探求となる

ピノキオの容赦なく正直な社会的論評は、我々の近代世界の残酷なビジョンを描いており、そしておそらく、その罠を逃れる一つの方法を処方している。


その著者の背景や文学作品の引用を通して、人は、ピノキオの隠されたグノーシス主義的な意味を理解することができる。


ピノキオの起源

c0139575_218486.jpg

カルロ・ロレンツィーニ[Carlo Lorenzini]別名カルロ・コッローディ[Carlo Collodi]


ピノッキオ[Pinocchio]は、もともとカルロ・ロレンツィーニ(彼のペンネーム、カルロ・コッローディで知られる)によって、1881年と1883年との間にイタリアで書かれた。ロレンツィーニは、彼の執筆活動を新聞(Il Lampione and Il Fanfulla )で開始した。そこで彼は、自分の政治的見解を表明するためにしばしば風刺を用いた。

1875年、彼は児童文学の世界に入り、彼の政治的信念を伝達するために、この表現手段を使用した。

例えば、ジアネッティオ[Giannettino ]のシリーズは、しばしばイタリアの統一に言及した。

「ロレンツィーニは、寓話を通して彼自身の確信を表現する一つの手段として、親しみやすい無頼の役柄を使うアイデアに魅了されるようになった。1880年、彼はStoria di un burattino(「操り人形の物語」)、またピノキオの冒険[Le Avventure di Pinocchio]とも呼ばれた物語を書き始めた。それは、毎週、Il Giornale dei Bambini(最初の子供のためのイタリアの新聞)で発表された。-Source http://en.wikipedia.org/wiki/Carlo_Collodi


ピノキオの冒険、彼の探求の中で一人の本当の少年になる頑固な操り人形の冒険を記述するおとぎ話は、1883年に出版された(もしあなたが望むなら、原本はここhttp://www.gutenberg.org/etext/500で読める)。

c0139575_21105163.jpg


ロレンツィーニの作品は、単に政治的であるだけではなかった。 彼の文章、特にピノキオの冒険は、現代の読者たちによってしばしば見過ごされている多大な形而上学的な側面を包含していた。

ロレンツィーニの作品の深さを完全に理解するために必要な1つの重要な事実は、彼が一人の活動的なフリーメイソンであったことである。 Pinocchio, mio Fratello(ピノキオ、わが兄弟)と呼ばれる随筆の中で、イタリアのフリーメーソン、ジョヴァンニ・マレヴォルティ[Giovanni Malevolti]は、ロレンツィーニのメーソン的背景について記述している:

「カルロ・コッローディのフリーメーソン団への入会は、いかなる公式の記録にも見いだすことが出来なくてさえ、あまねく認識され、そしてしばしば言及された。 フリーメーソン団の公式歴史家として一般的に明確にされた非メイソンのアルド・モラ[Aldo Mola]は、大いなる確信をもって、メイソン仲間へのその著者の入会を表明してきた。コッローディの人生での出来事は、この主張をさらに確認するように思われる:「Il Lampione」(かがり火)と呼ばれる新聞の1848年の創設、それは、ロレンツィーニによって述べられたように、「闇黒をよたよたしているすべてのものたちをイルミネートした」;彼はまた彼自身を、「マッツチーニ(有名なイタリアのフリーメーソンで革命家)の情熱的な弟子」とみなしていた。 (訳注:結局、このころの知識人たちはこうなってもしょうがなかったわけでしょうね)


コッローディはまた、全英グランドロッジによって出版された、有名なフリーメーソンたちを一覧しているこの文書http://www.grandlodgeofallengland.org/index2.php?option=com_content&do_pdf=1&id=44の中にも見いだすことが出来る。


マレヴォルティは続けている:

「ピノキオの冒険」を読むには二通りのやり方がある。 最初のものは、私が「俗」と呼ぶだろうものである。そこでは、その読者は、最もあり得るのは子供で、木製の操り人形の不運な災難について学ぶ。二番目のものは、メーソンの観点からの読書である。そこでは、出来事の単純で直線的な談話を置き換えることなしに、重要な象徴主義が完結する。- Giovanni Malevolti, Pinocchio, mio Fratello (free translation)


ロレンツィーニは秘教の教科書:「知っている」者たちに取っておかれるある隠された意味を有しており、大衆によって楽しまれることが出来るある単純な体験談物語の長い伝統に従って、ピノキオを書いた。


続く


元記事は

The Esoteric Interpretation of Pinocchio By Vigilant December 28th, 2009
http://vigilantcitizen.com/?p=3016



c0139575_2257208.jpg


c0139575_22574865.jpg

by oninomae | 2010-10-06 20:59 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

完全支配 第1巻 ジオポリティックス(石油・戦争)編 他


まだ読んでなくても推薦する推薦(笑)

以下は http://tamekiyo.com/documents/W_Engdahl/fsd.html#vol1 からの引用

c0139575_1912263.jpg

c0139575_19125479.jpg


戦争は何故起きるのか?という素朴な疑問は、誰しも一度は抱いたことがあるでしょうが、いつしか疑問を感じない「大人」になってしまうように思います。この第1巻は、まさにその疑問に答えてくれる本です。原始時代や領土の奪い合いをしていた専制政治の時代はともかく、ほとんどの国が民主主義という看板を掲げている今日においても尚、戦争が続くのは何故か? その答は、他の人間を犠牲にしてでも、自分たちの利益を確保したいと考えている人々が存在することにあります。つまり戦争も恐慌も、人為的に故意に発生していることが、この本では歴史的事実に基づいて解説してあります。

この第1巻を読むと、近現代の世界史の流れが英米支配層を軸にすっきりと理解でき、米国の破綻が予測される今日の世界で起きていることを分析する視点も得られると思います。イングドール氏自身が、ドイツの若い世代に読んでもらいたいとの思いを込めて書いていますが、第二次大戦でドイツと似た運命を辿った日本の若い世代にも是非とも読んでほしい内容です。

第1巻に記載されている内容のアウトラインとなる年表です。

c0139575_1915973.gif

c0139575_19152588.gif


表題からは石油資源をめぐる戦争という意味に思えるでしょうが、過去1世紀の戦争の歴史を、単なる石油争奪戦ではなく、より大局的な「地政学」(バランス・オブ・パワー)の観点から記述した本です。

c0139575_21571294.jpg


「漁夫の利」という故事成語がありますが、それをイギリスの戦略用語で言うと、「バランス・オブ・パワー」とか「地政学(ジオポリティックス)」になります。英米支配層は、「自由主義」とか「民主主義」という飾り文句は使いますが、政治思想的に何が正しいか

c0139575_21582957.jpg

とか、道義的に何が正しいかとかということには究極的には関心がなく
自らが支配パワーを握りたい(失いたくない)だけの「現実主義」です。 

c0139575_2211126.jpg

そのためには、武器の売上もさることながら、単純に世界中の人々が互いに戦い合い、疲弊し、相対的に弱体化することを願っているわけです。

c0139575_220348.jpg

c0139575_2159171.jpg

この理屈抜きの現実主義に対抗するには、何が正しいかという議論は無力です。どんな理由であれ、人々が感情的に対立し、戦争になったのでは、まさに術中にはまったことになります。とにかく争わないこと、戦争に協力しないことが大事です。

c0139575_2235379.jpg

そんなことが理解できる本だと思っております。この本に記述された歴史認識が普及することで、日本が二度と英米支配層の策略に乗せられ、戦争に巻き込まれないことを願います。中国ではベストセラーになっていますが、日中でこの歴史を共有することが今まさに重要なタイミングではないかと思います。

c0139575_2231051.jpg



F.William Engdahl 記事一覧
http://tamekiyo.com/documents/W_Engdahl/index.html

ハリマン覚書~日支闘争計画~ メモ
http://satehate.exblog.jp/9459945

イラン・イラク戦争 - Wikipedia


c0139575_2265396.jpg

c0139575_2243424.jpg


++

以下を合わせ読むと歴史がとてもよくわかります。

c0139575_19163919.jpg

c0139575_19165984.jpg

c0139575_19194194.jpg

c0139575_19171996.jpg

c0139575_19184533.jpg

c0139575_19301546.jpg



石油とホロコースト by Clifford Shack 1
http://satehate.exblog.jp/7937774/

石油とホロコースト by Clifford Shack 2
http://satehate.exblog.jp/7938143/

石油とホロコースト by Clifford Shack 3
http://satehate.exblog.jp/7939107/

石油とホロコースト by Clifford Shack 4
http://satehate.exblog.jp/7946332/

ヒトラーの、ロスチャイルド家との秘密の関係を理解する by Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/7969830/

ヒトラーの秘密の起源発掘 By Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/8626446/

ヒトラーはロスチャイルドだったか? By Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/15029904/

スターリンは、ロスチャイルドだったか?  By Clifford Shack 1
http://satehate.exblog.jp/14212190/

スターリンは、ロスチャイルドだったか?  By Clifford Shack 2
http://satehate.exblog.jp/14226211/

スターリンは、ロスチャイルドだったか?  By Clifford Shack 3
http://satehate.exblog.jp/14239224/

スターリンは、ロスチャイルドだったか?  By Clifford Shack 4
http://satehate.exblog.jp/14253946/

ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」・・・ By Clifford Shack 1
http://satehate.exblog.jp/14134488/

ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」・・・ By Clifford Shack 2
http://satehate.exblog.jp/14147022/

ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」・・・ By Clifford Shack 3
http://satehate.exblog.jp/14163384/

ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」・・・ By Clifford Shack 4
http://satehate.exblog.jp/14177068/

ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」・・・ By Clifford Shack 5
http://satehate.exblog.jp/14194167/


人類の生化学的な操作ほか by David Rothscum
http://satehate.exblog.jp/13848408/

強制中絶、癌ウイルスの拡散、大量殺人者たちへの資金提供:ロックフェラー年代記 by David Rothscum 1
http://satehate.exblog.jp/13442892/

強制中絶、癌ウイルスの拡散、大量殺人者たちへの資金提供:ロックフェラー年代記 by David Rothscum 2
http://satehate.exblog.jp/13447786/

強制中絶、癌ウイルスの拡散、大量殺人者たちへの資金提供:ロックフェラー年代記 by David Rothscum 3
http://satehate.exblog.jp/13455443/

どのように遺伝的に操作された食品が我々の種の生存を脅かすか by David Rothscum
http://satehate.exblog.jp/14381968/

c0139575_19253572.jpg


殺精子トウモロコシでいっぱいの温室
http://satehate.exblog.jp/14460762

50年のうちにすべて終わる by David Rothscum 2
http://satehate.exblog.jp/14922843/


c0139575_19551664.jpg

c0139575_19553129.jpg

c0139575_20244349.jpg

c0139575_2025022.jpg



c0139575_20203385.jpg

by oninomae | 2010-10-04 19:23 | ホロコースト  

モンサントのラウンドアップと出生異常 by F・ウィリアム・イングドール


http://tamekiyo.com/documents/W_Engdahl/roundup.html の転載です

モンサントのラウンドアップと出生異常 by F・ウィリアム・イングドール 2010年10月1日 (為清さんの掲載2010年10月2日)
Study Shows Monsanto ROUNDUP Link to Birth Defects By F. William Engdahl
(http://engdahl.oilgeopolitics.net/)

c0139575_3465938.jpg


世界で最も普及している化学除草剤、モンサントのラウンドアップについては、動物のみならず人間に対しても毒性があり危険なことが理解されつつあるが、このことが最近の主要な科学調査でも確認された。

ブエノスアイレス大学医学部・分子胎生学研究所長でアルゼンチンの科学技術研究協議会に所属するアンドレス・カラスコ(Andres Carrasco)教授が率いる国際科学者チームが実施した最新の科学調査では、モンサントなどアグリビジネス業界が組織的にラウンドアップの安全性を偽ってきたことを示す驚くべき実証結果が発表されている。

c0139575_350853.jpg


農業で使用されているよりもはるかに濃度の低いラインドアップで出生異常との関連が示された。 この健康に及ぼす意味は重大である。今日、市場に出回っている主なGMO作物はすべて除草剤ラウンドアップに「耐えられる」ように遺伝子操作されている。

いわゆる「広域除草剤」としてモンサントがグリホサートの特許を取ったのは、遺伝子組み換え作物が商業化されるずっと前の1970年代だった。通常の利用法としては、噴霧(スプレー)して葉から吸収させたり、林業の除草剤として使用される。もともとラウンドアップという商品名でモンサントが特許を取得し、販売していた。ラウンドアップには、モンサント社が「企業秘密」として公表を拒否している非公開の化学物質が添加されている。2005年時点で、米国の大豆畑の87%に遺伝子組み換え・グリホサート耐性の品種の大豆が栽培されており、ラウンドアップが噴霧されている。

c0139575_3502841.jpg


モンサントのRR(ラウンドアップ・レディー)GMO大豆などGMO作物の種子は、もっぱら特別にラウンドアップ除草剤に「耐えられる」ように遺伝子操作されている(畑の他の植物はラウンドアップで全滅する)ため、RRの種子を利用している農家は、ラウンドアップ除草剤も買わなければならない。種子と農薬を抱き合わせ販売する仕組みになっている。

c0139575_2562217.jpg


この好都合な仕組みから生じている問題として、ラウンドアップ耐性の「スーパー雑草」が新たに生物学的災害となって出現していること(米国のGMO農業の過ちを教訓にせよを参照)もあるが、今回は農業用としては最も毒性の高い物質の一つであるグリホサートに出生異常との関連があることが示されたのである。 それにもかかわらず米国政府の環境保護庁(EPA)は、従来通り、ラウンドアップは「比較的毒性が低く、発癌性や催奇性の作用が無い」としている。 

悪評の通り、米国では、1992年の「実質的に同じ」ドクトリンに基づき、政府が安全規制を決める際には、モンサントなどアグリビジネス業界の試験データに頼っている。 「実質的に同じ」ドクトリンとは、GMO種子が通常の種子と「実質的に同じ」であり、第三者による健康面や安全面の検証は必要ないとみなすことだ。除草剤については若干扱いが異なるが、今日までラウンドアップに寛大な規制がなされてきた背景には、米国政府の政策にアグリビジネスが大きな影響を及ぼしている事実がある


警戒すべき結果

この度、アンドレス・カラスコ(Andres Carrasco)教授が率い、イギリス、ブラジル、アメリカ、アルゼンチンの研究者が参加する新しい国際的科学者チームは、農業の散布で使用されているよりもはるかに低く、EUで現在認められいる商品残留レベルよりもずっと低い濃度のグリホサート(ラウンドアップの主要な有効成分)でカエルや鶏の胚に奇形が発生することを証明した。[1]

カラスコのチームは、モンサントの遺伝子組み換えRR(ラウンドアップ・レディ)大豆が大規模単一栽培され、日常的に飛行機による農薬散布がなされているアルゼンチンの農村地帯で高い割合で出生異常が発生していたため、この胚に与えるグリホサートの作用を調査することになった。

RR大豆は、ラウンドアップ除草剤に耐えられるように組み換えられているため、作物の成長中にたっぷりとラウンドアップを散布して雑草を殺すことができる。

カラスコは、欧州議会(ブリュッセル)の第6回ノーGMO地帯ヨーロッパ会議(European Conference of GMO Free Regions)の記者会見で研究チームの調査結果を発表した。 「研究室での実験結果は、妊娠中にグリホサートにさらされたヒトに生じた奇形と一致している」と彼は述べた。

アルゼンチンでRR大豆の栽培が始まり、ラウンドアップが広範囲に空中散布されるようになってから2年後の2002年より、人間の奇形が多数報告されるようになっていた。

c0139575_2524778.jpg


カラスコの研究チームが使用した実験動物は、人間に類似した発達メカニズムを持つ。研究者たちは、「畑でラウンドアップにさらされた人間が出産した子供の臨床所見について懸念を呼ぶ」結果になったと結論付けている。「グリホサートの毒性はあまりに過小評価されている。場合によっては猛毒になる」とカラスコは述べている。

c0139575_3535388.jpg


欧州で遺伝子組み換えRR大豆が商業化されたのを受け、1997年にEUでは、大豆に容認されるグリホサートの最大残留レベル(MRL)を、0.1mg/kgから20mg/kgへと200倍に引き上げた。 カラスコは、2.03mg/kgのグリホサートを注入した胚で奇形が生じたことを確認している。通常、大豆には、最高17mg/kgのグリホサートが残留している。 

2010年8月、Chaco州のLa Leonesaの町〔アルゼンチン〕で、カラスコの研究結果の講演を聴くために集まった人々を組織的な暴徒が攻撃した。この攻撃には地元の農業関係の人物がいたという目撃証言がある。アルゼンチンのサンタフェ・サンホルヘの主婦Viviana Peraltaは、ラウンドアップを散布する飛行機が家の付近を飛んだ後に、赤ちゃんと一緒に入院になった。Peraltaなど住民が訴訟を起こした結果、地方の裁判所の判断により、住居の近くでラウンドアップなど農業用の化学物質の散布することは禁止になっている。

c0139575_3532138.jpg


(翻訳:為清勝彦 Japanese translation by Katsuhiko Tamekiyo)

関連情報

原文 Study Shows Monsanto ROUNDUP Link to Birth Defects (global research.ca)
http://globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=21251

脚注

1 Paganelli, A., Gnazzo, V., Acosta, H., López, S.L., Carrasco, A.E. 2010. Glyphosate-based herbicides produce terato-genic effects on vertebrates by impairing retinoic acid signaling. Chem. Res. Toxicol., August 9. http://pubs.acs.org/doi/abs/10.1021/tx1001749

参照

米国のGMO農業の過ちを教訓にせよ F・ウィリアム・イングドール
http://satehate.exblog.jp/14978042

ハイチの農民たちへの475トンの遺伝子組み換え種子というモンサント社の致命的な贈り物
http://satehate.exblog.jp/14373588

ビル・ゲイツ「ワクチンは人口削減が目的」と語る F・ウィリアム・イングドール 2
http://satehate.exblog.jp/14275029

北極の「最後の審判の日・種子貯蔵庫」 By F. William Engdahl 3
http://satehate.exblog.jp/13743045

以下は、ここでの主役の参照論文

ラウンドアップの成分には、胎児の分化成長中に、形態分化誘導物質であるレチノイン酸の作用を妨害することによる奇形化作用があると結論 (絵でだいたいわかります)

Glyphosate-Based Herbicides Produce Teratogenic Effects on Vertebrates by Impairing Retinoic Acid Signaling (PDF

Alejandra Paganelli, Victoria Gnazzo, Helena Acosta, Silvia L. Lpez and Andrs E. Carrasco* , Laboratorio de Embriologa Molecular, CONICET-UBA, Facultad de Medicina, Universidad de Buenos Aires, Paraguay 2155, 3° piso (1121), Ciudad Autnoma de Buenos Aires, Argentina, Chem. Res. Toxicol., Article ASAP, DOI: 10.1021/tx1001749, Publication Date (Web): August 9, 2010, Copyright © 2010 American Chemical Society, * Corresponding author. Phone: +5411 5950 9500 ext. 2216. Fax: +5411 5950 9626. E-mail: acarrasco@fmed.uba.ar.

Abstract

c0139575_2372137.gif


The broad spectrum herbicide glyphosate is widely used in agriculture worldwide. There has been ongoing controversy regarding the possible adverse effects of glyphosate on the environment and on human health.

Reports of neural defects and craniofacial malformations from regions where glyphosate-based herbicides (GBH) are used led us to undertake an embryological approach to explore the effects of low doses of glyphosate in development.

Xenopus laevis embryos were incubated with 1/5000 dilutions of a commercial GBH. The treated embryos were highly abnormal with marked alterations in cephalic and neural crest development and shortening of the anterior−posterior (A-P) axis. Alterations on neural crest markers were later correlated with deformities in the cranial cartilages at tadpole stages. Embryos injected with pure glyphosate showed very similar phenotypes.

Moreover, GBH produced similar effects in chicken embryos, showing a gradual loss of rhombomere domains, reduction of the optic vesicles, and microcephaly.

This suggests that glyphosate itself was responsible for the phenotypes observed, rather than a surfactant or other component of the commercial formulation.

A reporter gene assay revealed that GBH treatment increased endogenous retinoic acid (RA) activity in Xenopus embryos and cotreatment with a RA antagonist rescued the teratogenic effects of the GBH.

Therefore, we conclude that the phenotypes produced by GBH are mainly a consequence of the increase of endogenous retinoid activity. This is consistent with the decrease of Sonic hedgehog (Shh) signaling from the embryonic dorsal midline, with the inhibition of otx2 expression and with the disruption of cephalic neural crest development.

The direct effect of glyphosate on early mechanisms of morphogenesis in vertebrate embryos opens concerns about the clinical findings from human offspring in populations exposed to GBH in agricultural fields.


付録

もし新人類が生まれたら、それは悪魔のようなものになるだろうナ!?
http://quasimoto.exblog.jp/13352289/

よんでもらえるかどうかわかりませんが、井口先生の記事にはコメント欄がないので、ここに書いておきます。

遺伝子異常による奇形もありますので、話の大筋とは関係ないかもしれませんが、

「奇形とは、遺伝子異常から来るものである」というところは、正確にはまちがいです。この記事でもそれが示唆されています(この他に遺伝子変異原が入っていないかどうかは別問題です)が、遺伝子自体に異常が生じていなくても、遺伝子発現の異常で奇形は起こります。サリドマイド事件もその良い例です。サリドマイドは遺伝子の制御領域に親和性が高くその結果、発現中に取り憑いて邪魔をし誤動作させ、奇形に導くことが判っています。正確には分かりませんが、遺伝子欠陥異常による奇形は全体の5%以下くらいで、他は遺伝子発現攪乱ではないかという推定があったと思います。


奇形の人の遺伝子が必ず傷ついていて子供も奇形になるとは限らないことを言っておきたいのでここに記しておきます。





農薬、除草剤、ラウンドアップ、グリフォサート、形態形成阻害、奇形、レチノイン酸

by oninomae | 2010-10-03 02:23 | バイオハザード・GMO食品  

オズの魔法使いのオカルトルーツ By Vigilant その2


オズの魔法使いのオカルトルーツ By Vigilant October 8th, 2009  その2


オズの魔法使いのオカルト的意味

c0139575_14562.jpg

イルミネーションへの道


もしあなたがオズの魔法使いの読んだこともあるいは観たこともないか、あるいはあなたの記憶を新たにする必要があるならば、以下がその映画の簡潔な要約である:

その映画は、12歳の農家の娘ドロシー・ゲイル(ジュディ・ガーランド)について行く。ドロシーは彼女のおばエムとおじヘンリーとともにカンザスの農場に住んでいるが、より良い場所「虹の彼方のどこか」を夢見ている。竜巻中にその枠が緩んでいた一枚の窓に打たれ意識不明になった後、ドロシーは彼女と、彼女の犬トト、そしてその農家がオズの魔法の土地に運ばれた夢を見る。

そこでは、北の善い魔女、グリンダ(ビリー・バーク)が、ドロシーがエメラルドシティーへの黄色のレンガ道に従って進み、彼女をカンザスに戻すことが出来るオズの魔法使いに会うようにと助言する。

彼女の旅の途中、彼女はかかし(レイ・ボルジャー)、ブリキ男(ジャック・ヘイリー)、そして臆病ライオン(バート・ラー)ち出会う。彼らは、彼ら自身に欠けているもの(それぞれ、脳、心、そして勇気)を入手することを希望しながら、彼女に加わる。

このすべては、また、西の邪悪な魔女(マーガレット・ハミルトン)と彼女の妹のルビーのスリッパを、それらをグリンダから受け取ったドロシーから奪おうとする彼女の攻撃を避けようと試みる間になされる。


c0139575_153414.jpg


上記の、オズの魔法使いの物語全体は、イルミネーションへの魂の小径-黄色いレンガの道の寓話物語である。 仏教(神智学の教えの一つの重要な部分)においては、同じ概念が「黄金の道」として言及される。

c0139575_1535730.jpg



物語は、カンザスに住むドロシー・ゲイルから始まる。それは、物質世界、我々の一人一人が自分たちの霊的な旅を開始する物理的な面を象徴している。

ドロシーは、エーテル領域に到達しそしてイルミネーションへの小径に従うために、「虹の彼方へ行く」気持ちにかられている。彼女は、より高い真実を求める衝動を示すことで、基本的に「ネージアを通過した」。

ドロシーは次に、カルマのサイクル、誤りと学んだ教訓のサイクルを表している上向きの巨大なサイクロンによってオズへと連れて行かれる。

それはまた、生まれ変わり、つまりそれが神性になるよう適合するまでの物理的誕生と魂の死の輪廻への神智学的信念を表している。 オズの黄色いレンガの道は、一つの外面的に拡張する螺旋として始まることに注意することはまた興味深い。

オカルトの象徴主義では、この螺旋は、魂が物質から霊的世界へと上昇しながら自己を進化させることを表す。(蛇足:これが、アセンション。自分たちで手本を示したらどうなんでしょうか?まったく)

c0139575_155288.jpg

霊的な道の螺旋的開始

一つのオカルトの象徴としての螺旋の説明が以下である:

「螺旋(スパイラル):一つの軸の周りで、連続的にそれに近づきながらあるいはそれから後退しながら回転運動するある点(一般的には面)の軌跡(道);また、ある回転運動を直線上のものと複合することによって生み出されるへリックスに対しても用いられる。螺旋形は、繰り返しはなしに同じ点に向う回転運動をもたらす進化の進路の一つの適切な図解である。蛇、及び数字の8は、8個一組と無限大を意味していて、螺旋上の循環的な運動を表している。 空間内でのフォハットの進行は螺旋であり、そして霊は螺旋の進行中、物質へと下降する。一つの円から一つのへリックスが誘導されるその過程の反復は渦を生成する。 宇宙の進化の複雑な螺旋は、一つの偉大なる宇宙時代の誕生を開始したその点への回帰運動をもたらす。」 -The Encyclopedic Theosophical Glossary


彼女の旅を実施する前に、ドロシーは神秘学派の「シルヴァー・コード(母子の絆、へその緒)」を表す「銀の靴」を与えられる(黄色いレンガの道に対してルビー色がより映えると考えた監督による最終変更のゆえに、ドロシーは映画の中ではルビーのスリッパを履いていた)。

オカルト学派では、シルヴァー・コードは我々物質と霊的な自己との間の繋がりであるとみなされる。

「神智学では、人の物理的な体と人の霊体(アストラル体)は、霊的探求からの帰還を語る聖書の中のある通過によって触発された神秘的リンク「シルヴァー・コード」を通して繋がっている。あるいはかつてシルヴァー・コードは解き放たれたと伝道の書は言う、『それから、塵はもとのように地球に帰還し、霊はそれを与えた神に帰還するだろう。』フランク・ボーム自身の文章では、アストラル旅行中、シルヴァー・コードは、それを履いたものに特別の力を授ける銀の靴に霊感を与えるだろう。」-エヴァン・I・シュワルツ[Evan I. Schwartz]、Finding OZ: How L.Frank Baum Discovered the Great American Story


黄色いレンガの道に沿っての彼女の旅の間に、ドロシーは、それぞれ脳、心臓、勇気を探している、かかし、ブリキのきこり、そして臆病なライオンと出会う。

c0139575_1513977.jpg


これらの奇妙な登場人物たちは、イルミネーションへの彼らの探求を完了するために入会者たちによって必要とされる資質を具体化している。

ボームは、おそらくミス・ブラヴァツキーの以下の言葉に触発された:

「不屈の勇気が征服出来ないという危険性はない、非の打ち所のない純粋性が通過出来ないという苦難はない、強い知力が克服出来ないという困難はない」-HP・ブラヴァツキー

多くの障害を克服した後、その一行は最終的に、魔法使いに会うためにエメラルド・シティに達する。


魔法使い

c0139575_1114273.jpg


技巧と特殊効果に取り囲まれて、魔法使いは、残酷、無礼、そして浅はかであるとして受け入れられている。

その魔法使いは、実際には、キリスト教徒とユダヤ人たちの個人的な神の代役で、大衆を霊的な闇黒:エホバあるいはヤハウェの中に留めておくために従来の宗教によって使用される抑圧的な人物である。

その魔法使いが、自分の魔法使いを崇拝するよう人々を怖がらせるペテン師、山師であることが、後に発見される。

彼は確かに、登場人物たちが彼らの探求を完了することを助けることができなかった。

もしあなたが神秘主義学派の文献を読むなら、キリスト教に対するこの観点が常に表現されている。

c0139575_1124633.jpg

ああなんてこと、あなたは違ったのね、魔法使いさん


すべてが述べられ、なされた後に、ドロシー、かかし、ブリキ男、そしてライオンの探求をを完成させるために必要とされた脳、心、そして勇気は、彼ら各自の内部に発見された。

神秘学派は、常に彼らの学徒に、人は救いを得るために自分自身に頼らねばならないと教えた。物語全体を通して、ドロシーの犬トトは、彼女の「内なる声」;彼女の直感を表している。

神智学協会のウェブサイトから取ってきたトトの説明はこうである:

「トトは私たちの内部の、直感的、本能的で、もっとも動物的な部分を表している。 映画を全体を通して、ドロシーはトトあるいは彼女の内部の直感的自己と会話を持つ。 ここでの教訓は、内部のトトに耳を傾けることである。 この映画の中で、トトがは決して間違わなかった。 彼がかかしに吼えるとき、ドロシーは彼を無視しようと努める:『トト、バカなことしてないで。かかしは、しゃべらないわ』しかし、オズの国ではかかしは話す。 トトはまた、カーテンの後ろの小男に吼える。その魔法使いが一つの詐欺であると気づいたのは彼であった。

ゲイル農場で、そして城で再び、魔女はトトをバスケットに入れようとする。 影なるものは、直感を遮断し封じ込めようと努めるだろう。 両方の場合で、トトはバスケットから飛び出し脱出する。我々の直感的な声は無視され得るが、しかし封じ込められない。

最後の場面で、トトは一匹の猫を追い、ドロシーが彼を追いかけて、そしてそれ故に、彼女が気球に乗り損ねるようにする。 これが、ドロシーの究極の変換、彼女の内部の力の発見へと導くものである。気球に乗ることは、一人の痩せこけた脚の魔女が神性への旅を約束する、伝統的な宗教を表している。トトは正しくも、ドロシーを気球の外へでるよう余儀なくさせた。さもなくば、彼女は彼女の魔法(不思議な力)を発見しなかった。 これは、我々の直感、第六感、一見どこから湧いてきたのかわからないこれらの着想への瞬間的な賭けに耳を傾けるようにとの我々への一つの呼びかけである。」


c0139575_2544785.jpg

c0139575_2553733.jpg


上述のように、偽の魔法使いは、彼女の最終目的地であるカンザスに戻るために、彼の気球へとドロシーを招待する。彼女はしかし、トト(彼女の直観)に従って、組織的宗教の空約束を表す気球を出る。

これは彼女の究極の啓示につながり、北の善き魔女(彼女の神聖な道案内)の助けを借りて、彼女は最終的に理解する:「彼女がずっと望んでいたものはすべて、「自分の裏庭の中」で発見出来ると。

イルミネーションを得るために、ドロシーは、東と西の邪悪な魔女たち(邪悪な水平の枢軸:物質世界を形成している)に打ち勝たねばならなかった。

彼女は、賢明にも、北と南の良い魔女(縦の枢軸:霊的な次元)の助言に耳を傾けた。

c0139575_2572411.jpg

c0139575_1264325.jpg

北の善き魔女は、ドロシーの「神聖な火花」を表している。


物語の最後に、ドロシーはカンザスで目覚める:彼女は無事に自分の物理的(身体的)および精神的(霊的)な生命を結合させた。

彼女は今、再び自分自身快適な存在であり、そして、彼女の家族が彼女の探求の詳細を実際には信じない(無知な俗衆)にもかかわらず、彼女は最終的に「家のような場所はないわ」と言うことが出来る。 (訳注:なかなかうまいこと出来ていて、それなりの内容を含んでいるとは思います。 しかし、この後が・・・)



モナークマインドコントロールで使用されるオズの魔法使い

MK ウルトラ計画とマインドコントロールに関連したほとんどすべての文書が、オズの魔法使いの重要性について言及している。 伝えられるところでは、心的外傷に基づいたマインドコントロールプログラムのための一つの主題的基礎を提供するために、1940年代にその物語が米諜報団体のメンバーたちによって選ばれた

その映画は、犠牲者たちのプログラミングを強化するための一つの手段として使うために編集され、そして別の意味が与えられた。 (訳注:いやなことをしますね)

フリッツ・スプリングマイヤーの『Total Mind Control Slave 』からとったいくつかの例を示すと:

c0139575_1335961.jpg


・ドロシーと彼女の犬の間の密接な関係は、動物たち(なじんだもの)を利用する悪魔的カルトの間での一つの非常に微妙な結合である。モナーク奴隷の子は、あるペットと結びつくことが許可される。

・その子供はとにかく一匹のペットと結びつくことを望むだろう。なぜなら人々はこの時点でそれに対して怖がらせているからである。 次に、その子供に心的外傷を与えるためにそのペットが殺される。(訳注:まったく吐き気のする話です)

・モナークスレーブは「黄色のレンガ道に従う」ことを教えられる。どのような恐ろしいことが前方に待ち受けていようと、モナークスレーブは彼らのマスターによって彼らの前にしつらえられた黄色のレンガ道に従わねばならない。

・7色の虹は、大きな霊的な催眠装置としてのオカルト的意義を長い間有してきた。ドロシーは、「虹の彼方の」一つの場所である、苦しみのない一つの場所を探している。苦痛を逃れるために、虹の彼方へ行くように変更する。(これは、不思議の国のアリスで「鏡を通り抜ける」としても知られる)


「虹の彼方へ」はおそらく、かつて書かれそしてしばしば映画の中で暴力的なあるいは心的外傷を与える出来事の間に演奏される(映画Face-Offを見よ)最も分裂性の歌である。生み出される奇妙な効果は、そこではその暴力がもはや現実だとは思われず、正確に、いかにマインドコントロールの犠牲者たちに解離が働くかということである。 (訳注:これが西洋の「文明」であった)

我々はまた、ドロシーがケシ畑で眠りに落ちる場面がマインドコントロールの犠牲者たちをリラックスさせ操作するためのヘロインの使用への言及であることを推測するかもしれない。また、彼女の眠りからドロシーを呼び起こす空から落ちてくる雪を考えよう。これはコカインへの言及であり得るだろうか?

c0139575_115419.jpg

これはヘロインを表すのか?


(訳注:いたずらに物質的な欲望を求めていくのは確かによろしくはないが、かつかつに奴隷的に生きている人間たちも、こうなると、実際は邪悪な現状に「霊的に」満足し、よりよいものを求めようとすることを放棄してしまうかもしれない。麻薬があれば、幸せだったりして)

c0139575_3101777.jpg

(よい宇宙人は来てくれないのかな?救世主は来てくれないのかな?なんちゃって状態で・・・)



おわりに

霊的真実を伝える寓意物語は、人類の始まりから存在してきた。 これらの単純だが非常に深遠な物語は、すべての文明に見いだされてきた:ケルト、インド、ペルシャ、アステカ、ギリシャ、エジプト、そしてその他。

意識していようがいまいが、フランク・ボームは、ホメロスのオデッセイと同様な調子で、大衆を楽しませ、そしてまた「覚醒者」に理解可能な神秘的なメッセージを含んでいる一つの古典的な寓話を作り出した。

オズの魔法使いの大いなる成功は、アメリカの(そして西洋世界の)真の精神的な教義を確認した。

ほとんどのアメリカ人が保守的なキリスト教徒であった1890年代に書かれ、ボームの物語は人々による伝統的宗教の進歩的な放棄と霊性の一つの新しい形の信奉を先取りした。

今日のニューエイジ運動は、多くの熟達者たちを得つつあり、そして、それらの大半が完全なごまかしであってさえも、彼らは皆、神智学によって触発されたと主張している。

他の運動が勢いを得続けている一方で、過去数十年におけるキリスト教の目を見張らせる衰退に、そのような物語が貢献して来ることが出来ただろうか?


c0139575_1154642.jpg



元記事は

The Occult Roots of The Wizard of Oz By Vigilant October 8th, 2009
http://vigilantcitizen.com/?p=2282


c0139575_214189.jpg

c0139575_1165591.jpg

虹の彼方に?



++
「霊的次元上昇」というのは、大金持ちが自分たちでやって欲しいですな。Oh my Gawd!  「詐欺の魔法使い」って、あなたたちのことでもあるでしょうが。


参照

「偉大なる白きブラザーフッドのマスターたち」のご託宣 by デーヴィッド・アイク
http://satehate.exblog.jp/8701195

ニューエイジ・偉大なる白きブラザーフッド?
http://satehate.exblog.jp/8696916

薔薇十字と「来るべき種族」?
http://satehate.exblog.jp/12737698

麻薬とマインドコントロールの歴史 3
http://satehate.exblog.jp/13324384

フリーメイソンの計画 by 林陽 2 キリストへの憎悪と結社の起源 + 世界専制
http://satehate.exblog.jp/11885802

フリーメーソンの操心術(Michael A. Hoffman)&デービット・ロックフェラーかく語りき(Victor Thorn) メモ
http://satehate.exblog.jp/7518750/

アメリカのマインドコントロール・テクノロジー進化の道筋
http://satehate.exblog.jp/7676047/

「プロジェクト・ブルービーム」 by デーヴィッド・アイク
http://satehate.exblog.jp/9257910

表向きの慈善事業の多くの形態の間には隠されたアジェンダがある
http://satehate.exblog.jp/13053931

2012 全国ロードショー
http://satehate.exblog.jp/13019178

ニューエイジ・アセンション:スピリチュアルな「ともだち」
http://satehate.exblog.jp/12903383

免疫学的不妊化の基礎2  ホルモン-毒素複合体編
http://satehate.exblog.jp/12925696

ビル・ゲイツ:羊の皮を被った悪魔主義者か?  By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/8532436/

私は、私の世代を狙いとする「ニューエイジ」を完全に打ち倒す。

それは、共産主義とまったく同様に、われわれの理想主義に訴えかけるが、しかし、狡猾な隠されたアジェンダをもっている。  


信用危機:先進国のオカルト植民地化? by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/10549540

悪魔主義銀行家の陰謀 by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/11701619

イルミナティ離脱者が広範な陰謀の詳細を語る by Henry Makow Ph.D. 
http://satehate.exblog.jp/10518866/

最高位のイルミナティ離脱者:「ロスチャイルド一族がドルイド妖術で支配している」 By Henry Makow
http://satehate.exblog.jp/12794988/

魔術とイルミナティ
http://satehate.exblog.jp/7393770/


関連

「オズの魔法使い」に隠された陰謀
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-219.html

by oninomae | 2010-10-02 00:37 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

オズの魔法使いのオカルトルーツ By Vigilant その1

オズの魔法使いのオカルトルーツ By Vigilant October 8th, 2009  その1


その印象的な物語と多彩な登場人物たちによって、オズの魔法使いは忽ちアメリカの古典となった。

この本の発売から100年以上の後に、子供たちは今でも、あらゆる場所で、オズの不思議の世界に魅了されている。

少数の者は、しかしながら、オズの魔法使いが、その欺瞞的単純さの下に、神智学によって霊感を受けた深い異教的真実を秘めていることを認識している。ここでは、我々はオズの魔法使いのオカルト的意味とその著者の背景を考察するだろう。

c0139575_0412039.jpg


オズの魔法使いは、一つの無邪気な子供のおとぎ話として広く理解されているが、ドロシーの探求に対してある象徴的な意味を帰属させないということはほとんど不可能である。

すべての偉大な物語におけるように、オズの魔法使いの登場人物たちと象徴は、第二層の解釈を与えることが出来る。それは、その読者の認識力に依存して変化するだろう。何年にも渡って現れた多くの分析が、その物語を一つの「無神論者のマニフェスト」として記述している一方で、他の者たちは、それを大衆主義の促進として見た。

しかしながら、その物語の真の意味が把握出来るのは、その著者の哲学的背景と信念の理解を通してである

オズの魔法使いの著者、ライマン・フランク・ボーム[L. Frank Baum, 1856-1919]は、オカルト研究と宗教の比較研究に基礎を置く組織である神智学協会のメンバーであった。

ボームは神智学の深い理解を有しており、意識していようがいまいが、彼がオズの魔法使いを書いたとき神知学者の教えの一つの寓意物語を作り出した。


神智学とは何か?

c0139575_0415155.jpg


神智学協会は、一つのオカルト組織で、主としてヘレナ・P・ブラヴァツキー[Helena P. Blavatsky]の教えに基づいていた。それは、一つの普遍的教義を形作るために、すべての宗教の共通の起源を抽出することを追求する。

「しかし、たぶん明白に述べることが望ましい。いかほど断片的で不完全であるとしても、これらの本に含まれている教えが、ヒンズー教、ゾロアスター教、カルデア教、エジプト宗教、仏教、イスラム教、ユダヤ教、キリスト教いずれにも排他的に属するのではないことを。 秘密の教義は、これらのすべての精髄である。それらの起源において、それから生じたその様々な宗教的枠組みは、今、その中からあらゆる神秘と教義が成長し、発展し、そして具体化されてきたそれらの原初の要素へと合流させられる。」 - HP・ブラヴァツキー、『秘密の教義』

c0139575_20201039.jpg



(その創始者たち)ブラヴァツキー、ジャッジ、そしてオルコットらによって設立されたときの、元々の神智学協会の3つの公言された目的は以下のごとくである:

「第1-人種、信条、性別、カースト、または肌の色にかかわらず、人類の普遍的同胞の中核を形作ること。 第2-比較宗教学、哲学、そして科学の研究を奨励すること。 第3-自然の解明されざる法則と人間の潜在力を調査すること。」 -『神智論者』、巻75、第6 号  (訳注:これ自体は、おかしなことではない)

c0139575_0433188.jpg

HP・ブラヴァツキー


神智学の主要教義は、ブラヴァツキーの作品、『ベールを脱いだイシス[Isis Unveiled]』と『秘密の教義[The Secret Doctrine]』の中で徹底的に記述されている。

c0139575_20474342.jpg


神智学の教えの中核には、多くの他のオカルト学派の中に見いだされるものと同じ教義がある:適切な規律と訓練によって、精神的イルミネイションと事実上の神性の状態へと導き得る、すべての人物の内部にある「神聖な発火」の存在への信念。 (訳注:これはある。脳内ホルモンで「発火」する)

神智学に見いだされるもう1つの重要な原則は、生まれ変わりである。 人間の魂は、宇宙の中のすべての他の事物のように、7つの発展段階を経ると信じられている。(訳注:この辺からキチガイじみてくる。 個人の人生中の「生まれ変わり」ならあると思うが)

「神智学的文書は、人間の文明が、宇宙のすべての他の部分のように、7つの段階を通って循環的に発展すると提案する。ブラヴァツキーは、全人類は、そして実際すべての生まれ変わっている人間のモナドは、一連の7つの「根源人種」を通して進化すると仮定した。かくして、最初の時代に、人間たちは純粋な精神であった;第2の時代に、彼らは今は失われたハイパーボリア大陸に住む性のない存在であった;第3の時代、その巨大なレムリアたちは、彼らに人間の意識と性的再生産を授けた精神的衝撃(刺激)によって満たされた。現代の人間たちは最終的に、アトランティス大陸で発展した。アトランティスはその循環のどん底だったので、現在の第5の時代は、人類の精神的才能を再覚醒させる時代である。ここでの精神的という用語は、進化のより初期には知られて来なかったような意識の浸透性の認識を実際に意味する。我々の種のより感受性の高い個体によって感知されるのではあるが。」


その究極の目標はもちろん、そこから我々が出現した神性の状態に帰還することである。 (わずかな変更を伴った)同じ教義が、薔薇十字団、フリーメイソン団、そして神秘を教える他の教団のような他の学派の中にも見いだし得る。 (訳注:で、神だから、60億人殺してもいいということになるわけですかな)

c0139575_583884.jpg





ライマン・フランク・ボーム、著名な神智論者

c0139575_0445943.jpg


ウィザードのオズの魔法使いを書く以前(あるいは、子供向け物語の著者になることを熟考さえしながら)、ボームは多くの仕事を持っていた-そのうちの一つはAberdeen Saturday Pioneerの編集者であった。

1890年、ボームは彼の読者たちに、仏陀、モハメッド、孔子、そしてキリストについての彼の見解を含めた、神智学を紹介する一連の記事を書いた。その時、彼は神智学協会のメンバーではなかったが、彼はすでにその哲学の深い理解を示した。 (訳注:訳者は、ボーム自身はどちらと言われれば、宗教的争いをなくしていきたいと思っていた善人ではなかったかと思う)

彼の「編集者の黙想」からの抜粋を示すと:

「オカルト主義の中に彼らの基本的基盤を見いだす今日のアメリカで非常に多数ある様々な宗派の中で、神智論者は、知性と数の点両者において現時点で傑出したものである。 神智学は宗教ではない。 その信奉者たちは単に「真実の探求者」である。 神智学者たちは、実際に、世界に不満を抱いており、すべての教義に意義を唱える。彼らは、インドの賢者たちに起源を負っており、そして、有名な神秘的な東洋でだけではなく、イングランド、フランス、ドイツ、そしてロシアでも、多数である。彼らは必ずしも一つの個人的な神ではなく-一つの神の存在を認める。 彼らにとって、神は自然であり、そして自然が神である・・・しかしこれにも関わらず、我々の教育が我々に信じるように教えてきたようにもしキリスト教が真実なら、神智学においては、それに対して脅威はありえない。」- L・フランク・ボーム、Aberdeen Saturday Pioneer, January 25th 1890

もう一つ別の彼の「編集者の黙想」の中で、ボームは、彼が10年後、オズの魔法使いを持って何かを達成した、作り話の中での神秘的な象徴の使用について議論している:

「現代の小説家において、彼らの作品の中に何らかの神秘主義あるいはオカルト主義の地下水脈を導入することに向けてのある強い傾向がある。この性格の本は、ヨーロッパでもアメリカでも、人々によって熱心に買われ、読まれている。それは、神秘を解明する:いかに架空であっても、自然と我々の日常存在の中で事実上説明出来ないもののなんらかの説明を探るという、我々の性質における生来の熱望を示している。その理由は、我々が教育において進歩するにつれて、我々の知識に対する願望は増大しており、そして我々は、そこから崇高で雄大そして一体全体理解出来ないすべてを発する神秘的な水源について無知に留まることにより不満足なのである。」

この記事の末尾で、ボームは文学におけるさらなるオカルト主義に対して徹底的に弁護するに至っている:

「我々の時代のオカルト主義に対する欲求は、満足させられることを求め、そして、人々の平凡により、単なる興味本位に終わるだろう一方で、それは、多くにおいてより高度で、より崇高な、そしてより幅広い思考に導くだろうし、そしてこれらのより勇敢で能力のある識者たちが未来の時代に如何なる神秘を解き明かすかもしれないことを誰が分かるだろうか?」- L・フランク・ボーム、Aberdeen Saturday Pioneer, February 22nd 1890


これらの記事を書いた2年後、ライマン・フランク・ボームと彼の妻モード・ゲージはシカゴで神智学協会に参加した。

カリフォルニア州パサデナの神智学協会の公文書は、彼らのメンバーシップの開始を、1892年9月4日と記録していた。

1890年に、オズの魔法使いが出版された。

ボームがどのようにその物語のための彼の霊感を得たのかについて質問されたとき、彼はこう答えた:

「それは純粋な霊感でした・・・それはまさに思いがけなく私の心に浮かんだ。私は考える。時として偉大な著者は伝えるべきあるメッセージをもっていて、そして彼はその楽器をすぐに使わなければならないと。私はたまたまその媒体でした。そして、私は、同感と理解、喜び、平和、そして幸福へのドアを開ける魔法の鍵が私に与えられたと信じています。」- L・フランク・ボーム、cited by Hearn 73

オズの魔法使いは、神智学協会内で大いに評価されている。

1986年、アメリカ神智論者誌は、ボームを完全にその組織の哲学を代表している「注目に値する神智論者」として認めた。

「読者たちは、彼のおとぎ話を、その神智学的内容について見てきていないけれども、ボームが、神智学に接触するようになった後に、子供の本の有名な作家になったことは意義深い。神智学的アイデアは彼の作品に浸透し、それに霊感を提供した。実際、オズの魔法使いは、最初から最後まで神智学的アイデアで漲った神智学的寓話とみなすことができる。 その物語は、一つの霊感としてボームに思い浮かび、そして彼はある種の畏敬の念を持って、外部からのあるいはおそらく彼自身の奥深くからの一つの贈り物として、 それを受け入れた。」-American Theosophist no 74, 1986

それでは、「神聖な霊感」としてボームに訪れたこの子供向け物語の秘教的な意味は何であろうか?


続く


元記事は

The Occult Roots of The Wizard of Oz By Vigilant October 8th, 2009
http://vigilantcitizen.com/?p=2282



c0139575_5161478.jpg

by oninomae | 2010-10-02 00:36 | 魔術=詐欺とイルミナティ