人気ブログランキング |

<   2008年 06月 ( 28 )   > この月の画像一覧

 

愛国的女性イーデス・キャヴェルが射殺されたほんとうの理由 by ユースタス・マリンズ 

●愛国的女性イーデス・キャヴェルが射殺されたほんとうの理由

彼らの成功は、1915年3月13日付けのノルディッシュ・アルゲマイネ・ツァイトゥンク紙に、大最の食糧が列車でベルギーからいま到着した、と掲載された。シュモーラー社の1916年の『法律、行政、政治経済年鑑」によると、10億ポンドの肉、15億ポンドのジャガイモ、15億ポンドのパン、そして1億2100万ポンドのバターが、その年にベルギーからドイツヘ船で輸送された。

ベルギーで数年間小さな病院を経営していた愛国的な英国女性イーデス・キャヴェル[1865-1915、辞書には、第一次大戦でドイツ軍がベルギーを占領したさい英国・フランス・ベルギーの将兵を脱走させたかどでドイツ軍に処刑された、とある]は1915年4月15日にロンドンのナーシング・ミラー誌に手紙を出し、「ベルギー救済」の食糧はドイツ軍を養うためにドイツヘ船で運ばれていると非難した

c0139575_0424158.jpg


ドイツは、キャヴェル女史を重要な存在とは考えずに、まったく注意を払わなかった。しかしロンドンの英国諜報部は、キャヴェル女史の発見に肝を冷やし、ドイツが彼女をスパイとして逮捕するよう要求した。

英国諜報部の(引用注:米国での)長官でクーン・ローブ商会のパートナーでもあるサー・ウィリアム・ワイズマンは、戦争の継続が危うくなることをおそれ、キャヴェル女史を処刑しなければならないと秘密裡にドイツに伝えた。

c0139575_22311981.jpg

c0139575_22351343.jpg

c0139575_223202.jpg


ドイツはしぶしぶ彼女を逮捕し、戦時捕虜の逃亡を幇助したという罪を彼女に着せた。この種の犯罪に対する通常の刑罰は3ヵ月の禁固刑であったが、ドイツはサー・ウィリアム・ワイズマンの要求に屈し、イーデス・キャヴル女史を射殺した。こうしてドイツは、第一次世界大戦の重要な受難者の一人を生みだしたのである。

c0139575_0513715.jpg


イーデス・キャヴェルがいなくなり、「ベルギー救済」作戦は継続され、1916年に入った。しかしドイツの密使は、食料の不足だけでなく財政問題からも、ドイツが軍事作戦を継続できると彼らは信じていないという情報をもってロンドンの高官たちにふたたび接触してきた。

すると、さらに多くの「緊急救済物資」が送られ、ドイツは1918年11月まで戦争を継続したのである。


ユースタス・マリンズ 「民間が所有する中央銀行」 第7章 ヒトラー・コネクション p197-198より


c0139575_027583.jpg

左から2人目がサー・ウィリアム・ワイズマン(1955):Sir William Wiseman, head of British intelligence in Washington in World War I
ついでに記せば、右端は、ジャマイカ「総督」Sir John Huggins (1891 - 1971).


参考

Bankers Extended WWI By Three Years By Henry Makow PhD
http://www.rense.com/general72/cav.htm


c0139575_052087.jpg


c0139575_0594646.jpg


c0139575_10593.jpg



追記 2008.6.19

昔遊んだゲームを・・・久しぶりに  デーヴィッド・アイク
http://www.davidicke.jp/blog/nl0120/#extended


キーワードは、またしても「恐怖」である。人々が恐怖を感じると、恐怖や窮状から守ってくれると信じる人々にパワーを明け渡してしまう。19世紀後半にフリーメイソンの指導者でありクークラックスクランのメンバーであったアルバート・パイクは、もう一人の当時のイルミナティの中心人物であるジュセッペ・マッチーニ宛に手紙を送ったとされているが、その中には三つの世界戦争が予測されていた。その内の二つはすでに発生している。疑惑の手紙の全文はこちら…

手紙に記載された二つの戦争は既に起きているが、第三次世界戦争について彼が書いたとされているのは次の内容である。

「第三次世界戦争は、政治的ユダヤ主義(シオニスト)とイスラム世界の指導者の間に、イルミナティの代理人によって惹き起こされる紛争を巧みに利用することで煽動されねばならない。イスラム(イスラム教徒のアラブ社会)と政治的ユダヤ主義(イスラエル)が互いに破壊しあうように戦争は導かれねばならない。

一方、その他の諸国は、この紛争によって分裂し、物質的、道義的、精神的、そして経済的に完全に枯渇するところまで戦闘を余儀なくされる。我々は、虚無主義者と無神論者を解き放ち、恐るべき社会変動をもたらすであろう。その恐怖の中に、諸民族は、野蛮と血なまぐさい騒乱の根源である絶対的な無神論の何たるかを、はっきりと目の当たりにすることになる。

(虚無主義者=ニヒリストの定義:すべての存在を否定する、懐疑論の究極の形。すべての価値は根拠がないという考え方)

そして世界の各地で、市民は、少数派革命分子に対抗して自らを守らざるをえない状況に追い込まれ、文明の破壊者たちを根絶する。そのときからキリスト教の神性は羅針盤と方向性を失い、キリスト教によって幻惑されていた大衆は、その崇拝心をどこに向ければよいのかわからず、理想を切望し、真の光を迎えるであろう。純粋なるルシファーの教えが、ついに全世界の人々の目の前にもたらされる」

彼らは、大規模な無秩序、「恐るべき社会変動」を創り出した後で、大混乱と激変の中から秩序を、「彼らの秩序」を提供しようとしている。問題捏造→反応待ち→解決策提示である。

深刻化する今日の経済混乱はこの計画の一部であり、その「解決策」の一つに、より中央集権化した権力があり(世界的問題の解決には世界政府が必要だ)、仕舞いにはすべての通貨を廃止し完全に電子化された一つの世界通貨を導入しようということになる。

我々は今、いろいろな意味で台風の目に突入しつつある。急速に目覚めつつある人々の意識が、抵抗しがたい勢力をものともせず、動かしようのないもの(または、動かしようのないように思えるが、実はそうでないもの)を克服しようとする時を迎えようとしている。

c0139575_2322850.jpg

by oninomae | 2008-06-18 22:28 | イルミナティ  

岩手・宮城地震発生前、岩手地盤の建設株にまたインサイダー! by いんきょ

以下、転載します。

2008.06.16 Monday  [裏・闇を照らす目]
人工地震のもう一つの証拠!岩手・宮城地震発生前、岩手地盤の建設株にまたインサイダー!
http://310inkyo.jugem.jp/?eid=737


昨年の新潟中越沖地震の直前、長野県を地盤にする北野建設株に尋常でない動きが見られたことを見つけ、姉妹ブログ「株の裏」でも書いたけど、今回の岩手・宮城地震についても、そのあたりを地盤にしてる建設株をいくつかチェックしてみると・・・

やはりありました!
岩手県を地盤にする東日本ハウス株が、地震発生直前の金曜日に膨大な出来高(一日平均数千~1万株前後だったのが一気に百万株ほどの大商い)を伴って、木曜日終わり値119円から金曜日には一時、高値169円を付ける5割高という値上がりです!(引け値は138円)

そして地震発生後最初の取引となる週明けの今日、例によって特別買い気配で値を切り上げて売り抜けてる模様です。

c0139575_23105719.jpg


この株価チャートから見ると今回の場合は、一ヶ月ほど前からその準備に入ってるようで、
5月半ばまで百円前後の株価で一日出来高が平均わずか数千株だったので、大きく仕込むためには或る程度動かさないといけないのは仕手株の常套手段です。
5月半ばから地震発生前まで約1ヶ月かけて、それなりの株数を仕込んだということでしょう。
このチャートを見ればそれが一目でわかります。(ただし、それなりに仕手株チャートに詳しい人でないとわかりませんw)

6月12日にこのブログに書いていた記事、「HAARPチャートにこれまで見たことのない異常出現!」と併せ考えると、今回の地震もどうやら故意に引き起こした人工地震にほぼ間違いなさそうです!

c0139575_71455.jpg



証取委よ、この間の売買手口を国民に公表せよ!!

 
他関連記事:岩手・宮城で震度6強の地震! 福島原発で放射能漏れも~このところのHAARP異常によるものか?


17時半追記:
コメで、この銘柄は木曜日引け後、業績修正が出ていたという指摘を受けました。
早速調べてみたけど、この程度の修正なら本来、株価に与える影響はほとんどないと思います。
一番注目すべき点は、修正理由のところで、とくに業績好調になるというのではなく、本来来期に予定していた収益を今期分に計上したことによるものということです。

どっちかいうと、カモフラージュ目的にその発表に合わせたという可能性が高そうです・・・


18時追記:
記事書いた直後、とりあえず「株の裏」の方からTBPに送信してた分が全て消されてしまってます。
さらに、夕方4時頃から普段使ってるアクセス解析チェックも止められてしまってます。
また何かゴソゴソやってるなぁ・・・

これまでの経験からこういう時に備えて、アクセス解析ソフトを二つ付けており、もう一つの方で見てみるとその夕方以降、proxyからのアクセスがやたらいっぱい入ってる!
(*-゛-)ウーン・・ 怪しい・・・


6/17追記:
昨日、追記にあんなこと書いたもんだから、アクセス解析ソフト二つあるってのがバレちゃったのか、
今日は、その二つとも止められてしまいましたw


c0139575_23142381.gif

              2008.6.17  3ヶ月チャート

c0139575_23485824.gif


c0139575_23491829.gif


参考

新潟大地震を事前に知り、何十億円も金儲けしている謎の存在についての検証<恐怖の館>
http://www.asyura2.com/07/senkyo39/msg/207.html


c0139575_23161880.jpg


これも考え合わせると、いかにも怪しい。

もし手口を公開できないとすれば、一体なぜだろう?

地震によるマインドコントロール&ホロコースト
http://satehate.exblog.jp/7692912


ニガヨモギ
http://satehate.exblog.jp/7004095


東シナ海ガス田の共同開発問題
http://satehate.exblog.jp/8197501


デーヴィッド・アイク来日 日本人は「覚醒」するのかな? 
http://satehate.exblog.jp/8210304


イルミナティは、日本に対するELF波による人工地震を仕掛けるべく準備中であると。

大地震:もう一度おさらい  追加:常温核融合公開実験成功!
http://satehate.exblog.jp/8924202



追記 2008.6.25

ミャンマー、四川省の「大災害」は米軍の「黒い白鳥作戦」?(1)
http://gabrico-ovalnext.cocolog-nifty.com/blog/2008/05/post_f321.html


ミャンマー、四川省の「大災害」は米軍の「黒い白鳥作戦」?(2)
http://gabrico-ovalnext.cocolog-nifty.com/blog/2008/06/post_45a0.html

by oninomae | 2008-06-17 23:12 | 人工地震詐欺・地震  

フーヴァーとその後援者 by ユースタス・マリンズ

もう一度フーヴァーおさらいですが。

フーヴァーとその後援者 by ユースタス・マリンズ 

●「人道主義」的なフーヴァー大統領の秘められた過去

ハーバート・フーヴァーは、裁判事件として公けになった一連のスキャンダルにフランクとともに関係した。とくに、中国からすべての外国人実業家を排除することを目的として、義和団の乱[1900年、北清事変ともいう]を誘発したといわれている名高い中国の開平石炭会社スキャンダルに関係した。ある判決のために、フーヴァーはロンドン証券取引所での取引を禁止されており、彼の仕事仲間のスタンリー・ロウは10年間刑務所に送られた。このような背景をもつフーヴァーが、人道主義的な仕事を行なうための経歴をもつ理想的な選良と見なされたのである。

c0139575_20205525.jpg


合衆国では名前は知られていないけれども、エミール・フランクがハーバート・フーヴァーの資産形成の陰の案内役であった。

c0139575_20213077.jpg


ハミルは、フランクを、コンゴ土民に対する多くの残虐行為の指令者であったとその正体を明かしている(156ぺージ)。

「すべての薬包が尽きたので、彼らは人の手を借りなければならなかった」

フランクの驚くべき記録は、事実無根であると証明された主張、つまりのちにドイツ兵がベルギーで女性や子どもの手首を切り落としたと告発される原因になったといってもさしつかえない。

c0139575_20234153.jpg


ハミルは、フランクについて次のようにも述べている。

「1901年に、アメリカ人をだまして中国の漢ロ-広東鉄道の利権から除外し、同時に開平石炭会社の『獲得』にフーヴァーがより一層の援助を必要とする場合に備えて『待機』していた。これが、世界大戦中にフーヴァーが購入し船積みしたベルギーへの『救済物資』の配分に全責任を負っていた人物の人道主義である。フランクはフーヴァーとともに中国機械鉱山会社(開平鉱山)の役員であり、フーヴァーはそこから20万人の中国人奴隷労働者をコンゴに送り、フランクの銅鉱山ではたらかせたのである

ハミルは311ぺージで次のように述べている。

「フランクは、ドイツ総督フォン・デル・ゴルツ将軍の1914年10月16日付けの許可証にもとづいて、ベルギー救済委員会の事務所を、ワンマンショーのように彼の銀行ソシエテ・ジェネラルのなかに開設した」

1930年の2月26日に下院でルイス・マクファデン議員によって引用された1930年2月18日付けのニューヨーク・ヘラルド・トリビューン紙の記事は、次のように述べている。

「国際決済銀行のベルギーの2人の理事の一人は、ヤング委員会とドーズ計画委員会の両方のメンバーであるソシエテ・ジエネラルのエミール・フランクになるであろう。国際決済銀行の理事会にとって、前の大蔵大臣で、コンゴと中国のベテランであるエミール・フランク以上に特色のある人材はいないだろう。・・・彼はベルギーでもっとも財力のある人物として、またヨーロッパでもっとも資産のある12人のうちの1人として評価されている」


●フーヴァーの選挙資金を賄ったウォーバーグ兄弟の狙い

目立つ存在にもかかわらず、ニューヨーク・タイムズ紙の索引(インデックス)は、死までの20年間にフランクをほんの数回取り上げただけである。1931年10月3日付けのニューヨーク・タイムズ紙は、ブリュッセルのパープル(Le Peuple)紙から、フランクが合衆国を訪問することになろうと次のように引用している。

「フーヴァー大統領の友人なので、フランク氏はまちがいなく大統領を訪問することでしょう」

1931年10月30日付けのニューヨーク・タイムズ紙は、この訪問を次の見出しを掲げて報じている。

「フーヴァー-フランク会談は非公式」

「フランク氏は大統領の個人的な客として火曜日の夜を過ごし、完全に非公式に一般的な世界の金融問題について話し合った、という話である。フランク氏は、戦時中ベルギーの後方支援におけるフーヴァー大統領の提携者であった。訪問には公式的な意味はまったくなかった。フランク氏は一民間人であり、いかなる公式的な使命も帯びていない」

ロンドンで大きな訴訟問題となっていたフーヴァー-フランク共同事業については、なにも言及されなかった。フランクの訪問は、おそらくドイツの戦時債務に対するフーヴァー・モラトリアム[1931年に米国大統領フーヴァーの提案した戦債・賠償の支払いの一年間停止]に関連があったのだろう。

このことに金融界は肝をつぶした。1931年12月15日にマクファテン委貝長は、1931年10月24日付けのフィラテルフィアのパブリック・レジャー紙の「ドイツ人がフーヴァーの秘密を暴露」という至急報を下院に通知した。

「早くも1930年12月に、1年間の債務免除期間にかんして、アメリカ大統領はドイツ政府と密接な交渉に入った」

マクファテンはさらに次のようにつづけた。

フーヴァー声明の背後には、ドイツの銀行家たちのドイツとウォール街の両方の事務所での数ヵ月間にわたるあわただしくひそかな準備が存在した。ドイツは、スポンジのようにアメリカの資金を待ち望んでいた。この計画はフーヴァー氏が大統領になるまえから開始されていたので、彼自身が大統領に選出されなければならなかった。

もし、クーン・ローブ商会、J&W・セリグマン、ポール・ウォーバーグ、J・ヘンリー・シュローダーといったウォール街のドイツ系国際銀行家たちとその取りまき連中がこの作業の完成を待っているのでなかったら、ハーバート・フーヴァーは決して合衆国の大統領に選出されることはなかったであろう。

フーヴァー氏の大統領選出は、クーン・ローブ商会という大銀行の重役であるウォーバーグ兄弟の影響によるものであり、彼らがフーヴァーの選挙費用を賄ったのである。この協力関係と引き換えに、フーヴァー氏はドイツの債務繰り延べ(モラトリアム)を強要することを約束した。


フーヴァーは、フーヴァー・モラトリアムを操作することによって、ドイツに対する1億2500万ドルのクリューゲルのローンを免除しようとした。クリューゲルの詐欺の性質は、友人のフーヴァー氏をホワイトハウスに訪問した1月に、ここでは知られるようになった」

フーヴァーはフランクだけでなく、20世紀のもっとも有名な詐欺師アイヴァー・クリューゲル[1880-1932、スウェーデンの事業家・金融業者・詐欺師。「マッチ王」として知られ、マッチ生産の独占権と引き換えに政府に対する莫大な貸付を行ない、1928年までには世界のマッチ生産の約半分を独占するに至った。大恐慌で没落し自殺したが、死後文書偽造・金融操作などの事実が明るみに出た]をもホワイトハウスでもてなしたのである。


●棚上げにされた下院の大統領弾劾決議案

1935年11月13日にフランクが亡くなったとき、ニューヨーク・タイムズ紙は彼を記念して次のように書いた。

「コンゴの銅の帝王・・・ベルガ[ベルギーの通貨単位]の独裁権を昨年獲得したフランク氏は、危機の期間も、金本位制に依拠してその価値を維持した。彼は、1891年に探検隊を組織してコンゴヘ行き、レオポルド王の領土を獲得した。ヨーロッパでもっとも豊かな12人の男の1人と評価される大富豪として、彼は莫大な埋蔵量の銅を確保した。彼は、1926年に閣外大臣、1911年には大蔵大臣であった。政府の業務に対して、いかなる報酬も決して受け取らないのが彼の誇りであった。上海総領事のあいだ彼は貴重な利権、とくに開平石炭鉱山と天津鉄道の鉄道利権を獲得した。彼はソシエテ・ジェネラル・ド・ベルギー、ロイド・ロイアル・ベルゲの会長およびベルギー国立銀行の運営役員であった」

ニューヨーク・タイムズ紙は、フランクとフーヴァーとのビジネス・パートナーシップに言及しなかった。フランク同様、フーヴァーもまた「政府の業務」に対する報酬を断り、商務長官および合衆国大統領としての報酬を政府に返上した。

1932年12月13日にマクファデン委員長は、契約違反、合衆国の財源の不法浪費および連邦準備制度理事会へのユージーン・マイアーの任命を含む、何ぺージにもわたる重罪および軽罪のかどで、フーヴァー大統領に対する弾劾決議案を提出した。決議案は棚上げにされ、下院ではなんの行動も起こされなかった。

ドイツの戦時債務のフーヴァー・モラトリアムを批判して、マクファデンはフーヴァーの「ドイツ人」支援者たちに言及している。

「ロンドン・コネクション」の主役はすべてドイツ出身であり、そのほとんどがフランクフルト出身であったが、合衆国大統領の候補者フーヴァーのスポンサーとなったとき、彼らはロンドンから指示して、フーヴァーの経歴のほとんどは彼自身で切り開いたことにした。

また、フーヴァーは決して「親ドイツ」ではなかったので、フーヴァー・モラトリアムはドイツを「援助する」つもりはなかった。ドイツの戦争債務の繰り延べは、ドイツが再軍備の資金を得るために必要であった。

1931年に真実に前向きの外交官たちは第二次世界大戦を期待しており、「侵略者」なしの戦争はあり得なかったのである。 


フーヴァーはまた、ロスチャイルド家の秘密代理人として、世界中のいろいろな場所で多くの鉱山開発を行ない、ロスチャイルドの主要企業の一つであるスペインとボリビアのリオ・ティント鉱山の管理者として報酬を与えられていた。

フランクとフーヴァーは、第一次世界大戦中のドイツに食糧を供給するという一見不可能にみえる職務に身を投じた。



ユースタス・マリンズ 「民間が所有する中央銀行」 第7章 ヒトラー・コネクション p190-197より


参照

慈善事業を隠れ蓑にするペテン財団の全犯歴より フーヴァー 1 by ユースタス・マリンズ
http://satehate.exblog.jp/8298933


フーヴァー 2 by ユースタス・マリンズ
http://satehate.exblog.jp/8347914


「財団」とは世界権力の犯罪シンジケートである by ユースタス・マリンズ
http://satehate.exblog.jp/8405499

by oninomae | 2008-06-17 20:34 | イルミナティ  

第一次大戦で重要な役割を果たしたJ・ヘンリー・シュローダー銀行 by ユースタス・マリンズ

しばらく、ユースタス・マリンズの語るシュローダー銀行のお話です。

●第一次大戦で重要な役割を果たしたJ・ヘンリー・シュローダー銀行

『キャピタル・シティー』 [前出]には、J・ヘンリー・シュローダー銀行は、ロンドンの独占的な手形引受会社委員会を構成する17のマーチャント・バンクのなかで2番目の資本金をもつ会社としてリストアップされている[シュローダーはドイツ語読みではシュレーダーであるが、本書ではシュローダーに統一する]。

合衆国ではほとんど知られていないことであるが、この会社はわが国の歴史において大きな役割を果たしたのである。このリストの他の銀行と同様、この銀行もまた最初はイングランド銀行の認可を受けなければならなかった。

ウォーバーグ一族と同じく、フォン・シュローダー家はドイツのハンブルクで銀行業を開始した。

1900年という世紀の変わり目に、ブルーノ・フォン・シュローダー男爵はロンドン支店を開設した。

1902年、彼はただちにフランク・シリル・ティアクスFrank Cyril Tiarks) の参加を決定した。
c0139575_234303.gif

ティアクスはハンブルクのエマ・フランチェスカと結婚し、1912年から1945年までイングランド銀行の理事をつとめた。

第一次世界大戦中、J・ヘンリー・シュローダー銀行は陰で重要な役割を果たした。第一次世界大戦がどのような経緯から開始されたかという点について十分な説明ができる歴史家はいない。フェルディナンド大公[Archduke Franz Ferdinand of Austria, 1863-1914.6.28]はガヴリロ・プリンチップによってサラエボで暗殺された。

c0139575_1319013.jpg

オーストリアはセルビアの謝罪を要求し、セルビアは謝罪文を送り届けた。それにもかかわらず、オーストリアは宣戦布告し、しだいに他のヨーロッパの国々がその争いに参加した。

ひとたび戦争がはじまってしまうと、それを継続することが難しいことに気づいた。ドイツにおける最大の問題は食糧と石炭の不足であり、戦争を継続することは困難であった。

ジョン・ハミルの『フーヴァー氏の奇妙な経歴』(ウィリアム・ファロー社、ニューヨーク、1931年)という本(ハミルのこの本はフーヴァー大統領[第31代、1929-33]の再選キャンペーン前夜に出版されたので、本は政府機関によって組織的に集められ、破棄された)では、この問題がどのように解決されたか説明されている。

1915年3月4日付けのノルディッシュ・アルゲマイネ・ツァイトゥンク紙から彼は次のように引用している。

「しかしながら正義は、この問題を解決するためには、ベルギーにおいてドイツ当局によって担われた顕著な役割を公表すべきであると要求している。彼らがイニシアティブを取り、食糧補給の問題が解決されたのはひとえに米国救済委員会との継続的関係によるものであった

そしてハミルは、「ベルギー救済委員会が組織されたのは、ドイツ人に食料を確保するためであった」と指摘している。ベルギー救済委員会は、ベルギーの大銀行ソシエテ・ジェネラルの重役であるエミール・フランクと、ロンドンの鉱業の推進者であるハーバート・フーヴァーという名のアメリカ人によって組織された。

c0139575_23534988.jpg

c0139575_2354865.jpg


ユースタス・マリンズ 「民間が所有する中央銀行」 第7章 ヒトラー・コネクション p188-189より

(注:上記訳本ではヒットラーと表記されていますが、ここでは今までとそろえて、ヒトラーとしています)


参照

慈善事業を隠れ蓑にするペテン財団の全犯歴より フーヴァー 1 by ユースタス・マリンズ
http://satehate.exblog.jp/8298933/


Secrets of the Federal Reserve by Eustace Mullins CHAPTER SEVEN The Hitler Connection
http://political-resources.com/fedres/chap7.htm


CHART OF WHO OWNS THE FEDERAL RESERVE BANKING SYSTEM
http://www.rumormillnews.com/WHO_OWNS_FED.htm


SECRETS OF THE FEDERAL RESERVE
http://www.light1998.com/Rothschilds-Book/Secrets_of_the_Federal_Reserve.htm


c0139575_082782.jpg

by oninomae | 2008-06-16 23:32 | イルミナティ  

コンラート・アデナウアー/ジンサー-マクロイ・リンク by Clifford Shack

コンラート・アデナウアー/ジンサー-マクロイ・リンク by Clifford Shack

29.第二次世界大戦の終了後、ドイツは僅差で新しい首相を選出した。彼の名前はコンラート・アデナウアーであった。

c0139575_1313928.jpg


十分不思議なことにアデナウアーの右腕の男は、元ナチスであった。

しかし、さらに興味深くさえあることは、前ドイツ・ケルン市長のこの老人は、ドイツの国内政治において事実上無名の人物であった。

c0139575_1315743.jpg


c0139575_1323278.jpg


それで、この男はいかにしてこのような立場を得るべく選出されたのか?(彼はわずか800語の語彙しか有さないとして知られていた事実はいうに及ばず! )

c0139575_1351689.jpg


私は本当に知らない。(本当にわからないです。)

私が知っているすべては...彼の妻ガッシーの旧姓はジンサーだったということである。

彼女は、また、ジョン・J・マクロイの妻の親戚であった。

マクロイとの関係は、マクロイ自身がドイツの高等弁務官になることになった事実を考えるとき、さらに興味深くなる。


c0139575_1421969.jpg

c0139575_203664.jpg


ヨーロッパのユダヤ人殺害に対するイスラエル国家への賠償が迅速かつひっそりとした式典のなかで取り決められたのはアデナウアーの在任期間中であった。

それ以来ずっと、ドイツは賠償を続けている。


ここにある奇妙な皮肉がある。

ロスチャイルドウォーバーグ(ワールブルク)がイスラエルを建国した。

彼らはヒトラーを独裁者としてインストールした。

c0139575_1403537.jpg

c0139575_1405634.jpg

ヒトラーは、パレスチナに植民するようドイツのユダヤ人を送るために、ウォーバーグと共に働いた。

ヒトラーは、望ましくない非ドイツユダヤ人を滅ぼす。

そしてその後、ドイツは、賠償の形でイスラエルに資金供給をする。

何というスキームだ!


そのアデナウアー・コネクションから出てくるもうひとつ別の興味深い繋がりがある。

アデナウアーは、ドイツ・ケルンの前市長だった。

その都市から出たという特徴を持つもう一人別のドイツの主役がいた。

私はクルト・フォン・シュレーダー(英:シュローダー)のことを言っている。

クルト・フォン・シュレーダーは、(もちろんマクロイがそうだったように)ロックフェラーとの結びつきがあった同一人物で、ヒトラーを直接権力へと後援していたといわれるその男である。  [オールドボーイズ、p.54 ]
 

元記事は
29.http://www.geocities.com/cliff_shack/mary/mary29.html


参考

WALL STREET AND THE RISE OF HITLER By Antony C. Sutton
CHAPTER NINE Wall Street and the Nazi Inner Circle
http://reformed-theology.org/html/books/wall_street/chapter_09.htm


戦争を仕掛けることで内閣、産業を制圧し、その後の復興作業を伴う国債乱発騒ぎ、その裏側を探る
http://www.asyura2.com/0601/war80/msg/833.html



c0139575_1415451.jpg


c0139575_205122.jpg


c0139575_212293.jpg


c0139575_2454679.jpg



追記2008.6.15

ブレジンスキー/オバマの「ポスト・モダンクーデター」によって出現する筈の「ポストモダンファシズム」はいかなる意味を有するか。  太田龍

更新 平成20年06月15日21時42分  平成二十年(二〇〇八年)六月十五日(日) (第二千四百五十三回)

○W・G・タープレイ曰く。

○オバマ現象を理解するためには、「ファシズム」を理解しなければならない、と。

○タープレイは、

  International Fascism: Theories, Causes and the New Consensus
  by Mosse, Royer Griffin
  1998. Arnold, London

○この本を主として引用する。

○ファシズムは、次の如く定義される。

  (1)ファシズムの最初は、第一次世界大戦後、ムッソリーニに率いられたイタリーのファシズム運動である。

  (2)ファシズムは、支配階級が逃げ場のない、絶望的な危機に追ひ詰められた時にのみ、登場する。

  (3)そのような情勢下で、金融銀行寡頭権力国家体制は、左翼的外被を着けた、草の根からの急進的大衆運動を動員する。

  (4)そのために、彼らは、カリスマ的指導者を見付けなければならない。

  (5)そして、このカリスマ的指導者は、若くなければならない。

  (6)この若きカリスマ的指導者は、大衆を魅了する雄弁家でなければならない。
 
  (7)このカリスマ的指導者は、疎外に対する戦争 War on alienation を宣戦布告する。
 
  (8)疎外と、疎外を生み出す、すべてのものに対する挑戦とその克服を。

  (9)彼は、団結と希望。一体性の回復を約束する。

 (10)ファシズムは、疎外され分断された大衆を強大な大衆運動に結集する。

 (11)議会と党派政治システムは、破産を宣告され、従って、消滅させられる。

 (12)ファシストのカリスマ化された指導者は、大衆に犠牲と献身を要求する。

 (13)ファシスト運動に必要な莫大な活動資金は、秘密のうちに、国際金融寡頭権力によって、供給される。    

○と言った具合である。

○タープレイのこの説明は、もちろん、正しい。

○我々は今こそ、アントニー・サットンの三部作、

○「ウォール街とヒットラーの抬頭」

○「ウォール街とF・D・ルーズベルト」

○「ウォール街とボルシェビキ革命」

○この三冊(いずれも未邦訳)を十分に消化しなければならないだろう。(引用注:Clifford Shackさんの話も読んで下さいね

○日本を含め、全世界にファシズム運動についての文献は、おびただしく出版されて居る。

○しかし、ムッソリーニ、ヒットラーの背後にひそむウォール街、シティ・オブ・ロンドンの姿を隠蔽するが故にこれらはすべて、ゴミ。又は、イルミナティ陣営のデマ宣伝であるに過ぎない。

○イタリーファシズムの活動範囲は、みじめに、限定されて居た。

○ドイツファシズムの目標は、ロシア・スラブのドレイ化とヨーロッパ統一。(引用注:「[一般ロシア人に続き]一般ドイツ人の奴隷化と、イスラエル及び専制統一ヨーロッパの作出。つまり、一般ヨーロッパ人の奴隷化」というのが正しいと思う。 [特殊」ヴェネチア系[ドイツ人」がボスか?)

○ヒトッラーは、決して米英世界帝国そのものに挑戦したことはない。

○しかし、オバマを傀儡として利用するブレジンスキー、三極委員会のファシスト化された米国(そして英国)の目標は、

ロシア・中国の全的破壊を通じての、世界人間牧場の完成、以下ではあり得ない、のである。

 (了)

【注】

◎ブレジンスキー(その背後の三百人委員会)のアジェンダの中にはロシアを解体、壊滅、占領する過程でイスラエルを犠牲にする戦略が、含まれるであろう

◎つまり、イスラエルをロシアの核ミサイル攻撃によってホロコーストしてしまうオプションが予定されるのである。


++
「第一次世界大戦は、ツァーリズムのロシアを破壊し、広大な地をイルミナティのエージェントの直接の管理下に置くために仕組まれることになる。そして、ロシアはイルミナティの目的を世界に促進させるための“お化け役”として利用されるだろう。」

「第二次世界大戦は、『ドイツの国家主義者』と『政治的シオニスト』(パレスチナ地方にユダヤ人国家を建設しようとする人々)の間の圧倒的な意見の相違の操作の上に実現されることになる。その結果、ロシアの影響領域の拡張と、パレスチナに『イスラエル国家』の建設がなされるべきである。」

「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」
「キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる……」


アルバート・パイク、(後援ロスチャイルド一族)

黒幕として、バヴァリア・イルミナティ(サバティアン・フランキスト)が存在するのは明白である。

by oninomae | 2008-06-15 01:43 | イルミナティ  

ダレスと彼のナチ・リンクへ戻る by Clifford Shack

28.ダレスと彼のナチ・リンクへ戻る:

「オールドボーイズ」 、第3章、注6 を引用する:

c0139575_264761.jpg


パリでは、 [ベルサイユ]条約交渉のあいだ、ダレスはリチャード・マートン[1888–1960]との提携を再開した。マートンのメタルゲゼルシャフト企業合同はI・G・ファルベンの重要な構成要素となったであろう。ダレスのその同盟とファルベンカルテルの構成企業との親密な関係は、彼の残りの人生を通して続いただろう。」

c0139575_213494.jpg


同じ本の、第3章、注8に読める:

「1924年と1931年の間、サリバン&クロムウェルは、おおむねフォスター・ダレスの監督下にあり(彼の弟のアレンを彼の目と耳として利用して)、1.15億ドルをヨーロッパに融資していた。

c0139575_25012100.jpg

c0139575_2521883.jpg


その最大の1つの構成要素はドイツ向けであった。
フォスターは、クルップのような武器製造者への融資を監視していたリーランド・ハリソンのような国務省の管理者による努力を無視した。クルップは、ベルサイユ条約の要件への違反を理由に、まだ監視されていたが。

c0139575_2253074.jpg


その部署が言い張った時には、フォスターは、ロバート・E・オールズのような債務を委任されたドーズ案の公式な監督官をサリバン&クロムウェルに採用することによって、『時間を無駄にすることなくその部署を中和した』。

ダレス自身は、これらの危険な債券はなにも購入しなかった。」

あけすけに考えてみれば...しかし、ロバート・E・オールズは、オールズモバイルで高名なオールズ家と関連づけられるように聞こえる。

それは私たちをミシガン州の自動車産業に結びつけるだろう。その自動車産業はわれわれをクライスラーに結びつける。

クライスラー社の社長、ウォルター・P・クライスラーは、私がかつて読んだある本のなかで言及されていた。その本には、ハンス・ジンサーの一人の甥の子供のころの思い出が含まれていた。

ペギーとエレン・ジンサーの従兄弟にあたる。

ニューヨークのロングアイランドに住んでいたこのジンサーは彼の隣人について述べている。

隣人の一人がウォルター・P・クライスラーで、彼は彼のドイツでの相方クルップが第二次世界大戦中彼の工場で戦車を製造することを好んだ。

私は脱線からジンサー家の話題に戻るのだが、これらのページで言及するのに適したもう一つのジンサーリンクがある。


元記事は
28.http://www.geocities.com/cliff_shack/mary/mary28.html

c0139575_2574683.jpg


c0139575_351029.gif


c0139575_3445731.jpg


c0139575_2534755.jpg


c0139575_3352090.jpg


c0139575_25503.jpg

by oninomae | 2008-06-14 02:00 | イルミナティ  

フリッツ・ティッセン/ヒトラー/リチャード・ヘルムズ/ダン・クエール/ブッシュ/ハリマン  Clifford Shack

フリッツ・ティッセン/ヒトラー/リチャード・ヘルムズ/ダン・クエール/ブッシュ/ハリマン by Clifford Shack

27.ヴルフ・シュワルツヴァラーの「知られざるヒトラー」によれば、フリッツ・ティッセンは、父親の鉄鋼産業ベースの帝国を継承したが、他のどんな個人よりも多くの金をヒトラーにこっそり渡した。

そして私たちが、アドルフ・ヒトラーとの個人的会合を主題としている一方で...一つの排他的なヒトラーの個人的な単独インタビューが、J・F・ケネディの暗殺時CIAの「黒い操作」部門の長であるだろう男に認められていた。

リチャード・ヘルムズ[1913-2002]は1936年独占インタビューを認められた。
c0139575_0165683.jpg


ヘルムズは、その時点では、外国新聞の特派員として働いていた。戦争前、彼は、元副大統領ダン・クエールの一族によって偶然にも所有されているインディアナポリス・タイムスの記者として勤めていた。

そこにはあなたにとって興味深いコネクションがある。

ブッシュ・シニアとヘルムズは、両者ともCIAの長官で、両者ともクエールに関係している。
c0139575_0353471.jpg


c0139575_0365232.jpg


c0139575_0332752.jpg


両者ともJFケネディの暗殺への関係者として疑われている。

c0139575_0303512.jpg


薄気味悪い。

このことを詰め込んで塞ぐことはできないよね、みなさん。

ジョージ・ブッシュは、同盟結社によって、この疑惑の陰謀シナリオの一要素となる。

彼の父親、プレスコット・ブッシュは、コネチカット州の元知事で、投資銀行ブラウン・ブラザーズ・ハリマンで働いていた。

ブッシュの父親は、 ヒトラーへの資金調達で疑われている

c0139575_2159501.jpg

c0139575_039238.jpg

c0139575_0425156.jpg


その上、ハリマン家に関して、アヴェレル・ハリマンは、やはり、ホロコーストの背後の「秘密」の中へと思い描かれる人物である。

c0139575_0444324.jpg


彼の嫁、パメラ・チャーチル・ハリマンは、元アーカンソー州知事の息子と疑われているビル・クリントンのメンターであったことを記しておくのは興味深い。

c0139575_0451314.jpg

c0139575_045344.jpg


元記事は
27.http://www.geocities.com/cliff_shack/mary/mary27.html

c0139575_1143278.jpg




参考

秋葉原惨事  リチャード・コシミズ
http://richardkoshimizu.at.webry.info/200806/article_7.html


泥棒男爵が生み出す殺傷事件と相場高騰  桜井ジャーナル
http://plaza.rakuten.co.jp/31sakura/diary/200806110000/


もうひとつの格差 天木直人
http://www.amakiblog.com/archives/2008/06/12/


c0139575_2242253.jpg

by oninomae | 2008-06-13 00:12 | イルミナティ  

ヒャルマー・シャハトとアレン・ダレス by Clifford Shack

ヒャルマー・シャハトとアレン・ダレス by Clifford Shack

c0139575_132623.jpg


26.アンソニー・サットンの本「ウォール街とヒトラーの台頭」(訳注:オンラインで読めます)によると、「...ニューヨークのシャハト一族は、モルガン金融組織であるエクイタブル・トラストのために働いた...彼の生涯を通してヒャルマーはこれらのウォール街コネクションを保持した。」

(もしあなたが、モルガンの始まりを辿れば、あなたは「ロスチャイルド」の名前を見つけるでしょう。)

そして、我々がヒャルマー・シャハトに焦点を当てる限り、シャハトはもう一人ののウォーレン委員会のメンバーへと結びつけることができる。

c0139575_0445557.jpg

c0139575_046938.jpg


以下は、セイモア・ハーシュの書籍「オールド・ボーイズ」第3章の脚注#15からの引用である:

c0139575_134515.jpg


「ナンシー・リセイガーとフランク・リプシウスは、フォスター・ダレスと彼自身で2万5000ドル投資していたモネ&ジョージ・ムルナンの私的投資銀行との横断的提携関係の非常に興味深い詳細を引きずり出している。

c0139575_0524788.jpg


その会社は、保守的なブルエニングの政府に対する-2億8500万ドルの大口融資を手配していた。

ヒトラーが動いた際には、ダレスとムルナンはブルエニングがドイツからの脱出するのを助けた。 他方、長期では、ダレスは、ヒャルマー・シャハトと、ブルエニングの利払いがヒトラーがドイツの他の外債を否認したずっと後まで切り抜けて続くことを確かにするように連合(共犯)していた。

c0139575_18172.jpg


ブレア&カンパニーのジャン・モネ、彼は「ヨーロッパ連合のゴッドファーザー」と呼ばれるが、
c0139575_1144824.jpg

40年にわたってジョン・J・マクロイの親密な個人的友人であった。


c0139575_0521916.jpg


リセイガーとリプシウスによると、アレン・W・ダレスは「彼に『小大臣』の異名をもたらした役割つまり、世界中についての彼の兄目と耳」として機能した。

アレン・ダレスがフリッツ・ティッセンによりヒトラーに個人的に紹介されたのはこれらの期間中であった。

c0139575_0585830.jpg

c0139575_0593261.jpg

c0139575_059494.jpg


26.http://www.geocities.com/cliff_shack/mary/mary26.html

by oninomae | 2008-06-11 01:03 | イルミナティ  

もう一つのジンサーリンク;ヒューゴ・ジンサー by Clifford Shack

もう一つのジンサーリンク;ヒューゴ・ジンサー by Clifford Shack

25.私がアメリカン・サイアナミッドリンクを探索していたその時、私はもう一つのジンサーリンクを発見した。

私は、ヤッド・ヴァシェムにあるイスラエル国家ホロコースト記念当局により発行されたある出版物の中で、収容所の犠牲者が火葬場で焼かれたあと、彼らの遺骨はリン酸として使用されたと読んだことがある。

c0139575_2245949.jpg


リン酸は肥料中の成分であるとわかって、私は、これらの骨由来のリン酸を処理することに係わる企業に注意を向けた。

[私は当初アメリカン・サイアナミッドをそのプロセスとリンクしようと努めていた。サイアナミッド社はまず第一に、肥料会社だったので。 シアナミド(CaCN2)は、土壌に窒素を加えることを可能にする一つの製品だった。]

私は「欧州のユダヤ人の破壊」の著者ラウル・ヒルベルク教授に連絡をとった。彼は、私を結局ノースウェスタン大学のピーター・ヘイズ教授へと導いた。

ヘイズに達することができないにもかかわらず、私は彼の本「産業界とイデオロギー」を買った。
c0139575_228931.jpg

この本は、ドイツの巨大コングロマリットI.G.ファルベンについてのものだった。

ファルベンは、ナチスドイツの最も強力な工業力だった。

もう一人の別のジンサー-ヒューゴ・ジンサーを知ったのはその本のなかでだった。

ヒューゴ・ジンサーは、恐ろしく影響力を持つドイツ・ドレスナー銀行フォルシュタンド、あるいは管理取締役のメンバーであった。

彼は、また、ドイツの会社ケミッシェ・ファブリック・フォン・ハイデンの監督委員でもあった。

ヒューゴ・ジンサーは、I.G.ファルベンと、ドイツが戦争時の拡大期間中ヨーロッパを席巻するにつれてドイツの支配下に入った他の企業との間を取り持つことに係わっていた。

ヒューゴ・ジンサー、銀行家、は帝国の国務大臣ルドルフ・ブリンクマンによって代理人に任命されていた。ジンサーは第三帝国の立場に立って企業についての議論を指揮した。
--
訳者付加参考
33. American Ship and Commerce Corporation telegram to Rudolph
Brinckmann at M.M. Warburg, June 12, 1936.

Rudolph Brinckmann to Averell Harriman at 59 Wall St., June 20, 1936,
with enclosed note transmitting Helferrich's letter.

Reply to Dr. Rudolph Brinkmann c/o M.M. Warburg and Co, July 6,
1936, WAH papers. The file copy of this letter carries no signature, but
is presumably from Averell Harriman.
--

ブリンクマンは、ヒャルマー・シャハトの子分であった。シャハト自身は、ヘルマン・ゲーリングマックス・ウォーバーグへのコネクションを持っている最上層のナチのインサイダーとして有名であった。

c0139575_22303398.jpg


c0139575_22375113.jpg


c0139575_22391078.jpg


リチャード・ブライトマンの「大虐殺の設計者-ヒムラーと最終的解決策」という本のなかで、記されているが:
c0139575_22402830.jpg


「私は、ヒムラーについての、あるいはユダヤ人に対するナチの政策についてのいくつかの内部情報が、ヘルマン・ゲーリングに近い男たちから、ゲシュタポのユダヤ人部門担当官から、ヒャルマー・シャハトから、著名なドイツの産業家たちから、そしてドイツ軍諜報部の高官たちから来ていることに気が付いた。」  

ヒャルマー・シャハトがウォールストリートと繋がっていたことを注記したいのはここでである。

元記事は
25.http://www.geocities.com/cliff_shack/mary/mary25.html

c0139575_2253816.jpg


c0139575_22535774.jpg


c0139575_22543272.jpg

by oninomae | 2008-06-09 22:54 | イルミナティ  

国際赤十字の「公衆衛生」  by Clifford Shack

国際赤十字の「公衆衛生」  by Clifford Shack

24.すでに触れたようにジンサーが国際赤十字の公衆衛生長であったことを論ずるついでに、以下の関連した詳細に言及することは適切だろう。

強制収容所で実施されることになる絶滅プログラムのためにガスを使用することに言及した記録上の最初の人物は、ナチス親衛隊SSの医長だった。

彼の名前はエルンスト・グラヴィッツ博士。


グラヴィッツ博士は、ワルシャワゲットーでの、そこのユダヤ人を取り扱う手段としての疫病の意図的開始の可能性について相談を受けた伝染病学(疫学)の分野に十分精通していた。  

グラヴィッツが実際にジンサーを知っていたかどうか、私は現時点では知らない。

しかしながら、私はグラヴィッツ博士が国際赤十字のドイツ支部長であったことは知っている。


私はまた、ウィリアム・パールが彼の本「ホロコーストの陰謀」の中の一章を国際赤十字に捧げていることも知っている。

ここで以下を注記しておくことは興味深い。

「最終的解決」計画の最初の実施の一つは、移動式殺人ユニットの使用であった。それは、トラックを使うものであった。そのトラックは、その排気ガスがトラックの人を積んだコンテナーにパイプで導き戻されるようなやり方で設計されていた。

これらのトラックは、赤十字の標章で飾られていた。

c0139575_711862.jpg


[注:その有名なロシア共産主義者の友人、石油の男アーマンド・ハマーは、彼の自伝中で、ロシアで、ひとりの確かなウイルス学者と持ったある会議のことを記している。そのウイルス学者の名は、誰あろう我らがハンス・ジンサーに他ならなかった。ハマーはおそらくジンサーの下で研究を予定していた。]

ジンサー一族に戻る。


元記事は
24.http://www.geocities.com/cliff_shack/mary/mary24.html

c0139575_716255.jpg

by oninomae | 2008-06-08 07:18 | イルミナティ