人気ブログランキング |

カテゴリ:イルミナティとシオニズム( 25 )

 

「反セム主義」保護恐喝を暴露する映画 by Henry Makow Ph.D.

以下の転載です(ちょっとだけ変更)

http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-11006915433.html

ヘンリー・メイコウのニューズレターから
Film Exposes "Anti-Semitism" Racket by Henry Makow Ph.D.  September 1, 2011
http://www.henrymakow.com/zionists_create_anti-semitism.html

c0139575_612514.jpg


映画は「反ユダヤ主義(Anti-Semitism)」騒動を暴く (「反セム主義」保護恐喝を暴露する映画) by Henry Makow Ph.D.  September 1, 2011

シオンの囚人[Prisoners of Zion]

After giving the filmmaker considerable access, ADL Director Abe Foxman suppressed this movie because it revealed there is precious little anti-Semitism, certainly not enough to justify the ADL's 29 US offices, annual $70,000,000 fund raising, not to mention Foxman's $527,000 salary.

先例のない申し込みをした映画制作者に許可をだした後で、それが真実を明らかにすることに気づいたADLディレクター・エイブ・フォックスマンは、この映画の抑制にかかった。 ちょっとだけ反ユダヤ主義を描いたこれは、フォックスマンの527,000ドルの給料 は言うまでもなく、年間7000万ドルの予算で運営されるADL(名誉毀損防止同盟)の29か所の米国事務所を確かに正当化するに至らないものだった。


ヨアヴ・シャミール(Yo'av Shamir)による2009年制作の反ユダヤ主義(anti-Semitism)を描いているドキュメンタリー映画“Defamation (名誉棄損)”は、ユダヤ人がパレスチナ人のみならず他のどこでも同じくらい重症なシオニズムの囚人であることを、証明した。

私は、若いイスラエル人が精神的な檻の中で強いられているのを見て痛々しかった。 ホロコーストの極悪さを見学したと同時に全世界を敵にまわすような怒りで心を強ばらせたとき、ユダヤ人が理由もなく一般的に嫌われていると教えられている。 ポーランド旅行において、彼らは、ナチスに取りつかれているような振る舞いをしている。

同じユダヤ人として、私は彼らのように洗脳された。 そして、我々の非ユダヤ人である隣人から「不合理な憎悪」が再発した場合、イスラエルは欠くことのできない「保険証書」であると教えられた。 ほとんどのユダヤ人がこの物語を疑わないなんて驚きものである

私は、ホロコーストがイスラエル国をつくるためにユダヤ人を操って起こされたのだと、これらの子供たちに話したかった。 1930年代、ドイツ全土にいたユダヤ人の半分は、結婚していた。  彼らのニューワールドオーダー計画の要である、ユダヤ人のイスラエルへの移送のために、ロスチャイルドはヒトラーに融資した。 
c0139575_21443436.jpg

シオン主義者は、ナチスと協力して仕事をした。 (これも参照

c0139575_21421592.jpg


彼らが意識的に、または、無意識的に、世界専制政府樹立のためのロスチャイルド計画の一部であり、現にそうなっているため、ユダヤ人は「嫌悪」されている。 ホロコーストと「反ユダヤ主義(anti Semtism)」は、ちょうど彼らに道徳的に大手を振ってこの計画を実行する理由を与えたのだ。

ユダヤ人が本当の立場を理解したいならば、組織されたユダヤ人が天使の側に立っておらず、おそらくありえないと、彼らは実感しなければならない。 それは、カバリスト銀行家の悪質なアジェンダに奉仕する。 フリーメーソン団のおかげで、西側の非ユダヤ人組織 ― 政治面、経済面、文化面 ― のほとんどすべても、破壊された。


「反ユダヤ主義["Anti Semitism"]」

c0139575_427588.jpg


先例のない申し込みをした映画制作者に許可をだした後で、それが真実を明らかにすることに気づいたADLディレクター・エイブ・フォックスマンは、この映画の抑制にかかった。 ちょっとだけ反ユダヤ主義を描いたこれは、フォックスマンの527,000ドルの給料 は言うまでもなく、年間7000万ドルの予算で運営されるADL(名誉毀損防止同盟)の29か所の米国事務所を確かに正当化するに至らないものだった。

大部分の非ユダヤ人は、組織されたユダヤ人と巷にいるお人よしなユダヤ人を区別できる。 したがって、映画の中で、ADLは反ユダヤ主義の実証を提示するのに一苦労していた。 一部の黒人の子供たちがスクールバスに石を投げつけたとか、警官が蔑称を耳にしたとか、安息日に休みをもらえなかったとかの類のみだ。

ADLは、人種差別主義であるNew World Orderとイスラエルに対するいかなる反対をも暴くことを目的とした心理操作の凶悪犯である たとえば、9-11がモサド-CIAの偽旗作戦(にせはたさくせん、False flag)であったという多くの証拠がある。  ADLの機能は、この種の調査線を押しつぶすことだ

リンドン・ラルーシュの機関誌(Executive Intelligence Review )によると、ADLはロビー活動とロスチャイルド家の知性(諜報)部門にあたる。

エイブ・フォックスマンが指示すれば、反ユダヤ主義は、事情を承知しているユダヤ人による行動で引き起こされる。  

フォックスマンが代表団を率いてキエフに行って、ぞっとするような場面 を映し出した。 彼がビクトル・ユーシェンコ大統領の特別補佐官に講義している。

フォックスマンは、1930年代におきた1000万人以上のウクライナ人農民の餓死事件といっしょに「ホロコースト」を比較することを望まない。 ユダヤ人ホロコーストは全く特殊であって2つを同等に見ることはできない。

あなたのジェノサイドと我々のジェノサイドを同じものとして、2つを結びつけないように注意してください」と言った。

特別補佐官は、「わかりました」、と簡単に言って、彼の憤りを押し殺した。

The 'Holocaust' Versus The Holodomor 4-16-9
http://www.rense.com/general85/holodo.htm

c0139575_5191649.jpg


これが彼にとってどれくらい腹立たしかったにちがいないか考えてみてください。 ホロドモール(Holodomor;文字通り『飢えによる殺害』)は、2人のユダヤ人共産主義者、ヨシフ・スターリンとラーザリ・カガノーヴィチによって扇動された

c0139575_511294.jpg


ナチスがシオニストの代わりに第二次世界大戦に勝ったことを想像してください。

今日エルサレムを訪問している富豪のナチス代表団が、「ホロコースト」のごとくナチの手によってヨーロッパのユダヤ人が虐殺されたこに言及するのを止めるようユダヤ人に要求しているところを想像してください。

ナチスは次のように言うだろう、「あなたのジェノサイドと本当のジェノサイドと比較するのを止めてください。 本当のジェノサイドはハンブルグとドレスデンの焼夷弾爆撃で250,000人の罪のない民間ドイツ人が大虐殺されたことです。」


きっと、我々のありふれた人間性(客観的、正直)で見たり、他の人間の視点でもって、反ユダヤ主義の原因を見ることは、多くのユダヤ人側にはできないのだ。 非ユダヤ人はまだ人間になっていないという、タルムードに沿った視点が原点だからだ。

なぜ、ホロコースト使用権は、ユダヤ人組織にとってそれほど重要とされるのか?  私が言っているように、「罪の意識」を盾にとって「シオニスト」が世界を隷属させることに利用するためだとADL代表団のメンバーは映画の中で認めている、我々は「その罪の意識につけこむのだ」。


終わりに[FINAL COMMENTS]

単純で多くのADL当局の本当の役割がどのようなものか、映画は説明する。 英雄のように描写されると思っているこのイスラエルの映画制作者に、彼らの活動を公開した。

フォックスマンは、ADLに特別な力があることをためらいがちに否定した。 「ユダヤ人の力を認識することは、反ユダヤ主義の徴候の1つです」と、彼は言う。 [外国のADL当局]は我々がワシントンで世界を変えることができると本当に信じている。 我々は、彼らの誤解を解きたくありません!」

c0139575_4342355.jpg


私が本物のユダヤ人の英雄と考えるノーマン・フィンケルスタイン[Norman Gary Finkelstein]教授が映画にて生き生きと描写されている。反ユダヤ主義に対するADLの強迫観念は、「病理学的ナルシシズム」であると、彼は言う。 「ユダヤ人は、米国で最も豊かな最も成功した人種集団です。」

c0139575_527102.jpg


フィンケルスタイン(ユダヤ人の圧力で大学の職を首になった)はフォックスマンを凶悪犯と呼んで、彼をヒトラーと比較する。 そして、「少なくともヒトラーは、お金のためにそんなことをしませんでした」と言う。

今日、真実を明らかにするすべての文芸的作品と同様に、この映画はシオニスト達から抑制された。

ウィキペディアによると、「映画がトライベカ映画祭(Tribeca Film Festival)で上映されたあと、ADL(名誉毀損防止同盟)が映画を非難して、『問題(反ユダヤ主義の)を過小評価し..さらに、ホロコーストの価値を下げた。 シャミルのひねくれた、個人的で、政治的な展望で、深刻で重要な問題をドキュメントする機会を逃された』、という声明を出した。」

これらの考えは徹底的に冷静に議論する価値があるが、シャミールがこの映画の中でそれを提示していないと、ニューヨークタイムズ評論家ニール・ガンスリンガー(Neil Genzlinger)は述べる、「 ..これは、いつもと変わらないありきたりの署名入り寄稿記事のようだ。」

ドキュメンタリーの制作費は、およそ140万ドルかかった。 そして、劇場での総収益は17,000ドル。

これらのことはユダヤ人だけでなく、私たち全員がシオン主義者統制(別の要因は反ユダヤ主義)の文化によって囚われた囚人であることを例証している

歴史を通して、反ユダヤ主義はイルミナティ(すなわちシオニスト)によって組織され、同時にユダヤ人を操る方法として存在した。  現在、同じ戦術(偽旗テロリズム)で、誰でも操り利用されている。

ポーランドの強制収容所見学のティーンエイジャー・ツアーのガイドの1人は、この「死の産業」を恒久化する予定があると言った。

「我々は決して普通の人間*にならない」と、彼は言った。 (*元訳では、ノーマル・ピープル(同じように考え行動する人))

c0139575_22242149.jpg

c0139575_22232886.jpg


私たちがシオンの囚人である限り、その声明は私たちみんなに当てはまるだろう。


c0139575_526549.jpg

c0139575_7452245.jpg


関連 - Our Illuminati Reality Bubble
http://www.henrymakow.com/illuminati_jewish_solipsism.html


参考;

Hitler was a Godsend for Israel August 18, 2009 by Henry Makow Ph.D.
http://www.henrymakow.com/hitler_was_a_godsend_for_israe.html和訳

Zionists Led Jews to Destruction in WW2 June 15, 2011 By Henry Makow Ph.D
http://www.henrymakow.com/091202.html

The Real Cause of "Anti Semitism" October 25, 2003
http://www.henrymakow.com/000258.html

B'nai B'rith-ADL Doesn't Represent Jews October 28, 2005 By Henry Makow, Ph.D.
http://www.henrymakow.com/001211.html

The Zionist Protection Racket April 16, 2005 by Henry Makow Ph.D.
http://www.savethemales.ca/000889.html  (和訳

映画「反ユダヤ主義の現状とは(DEFAMATION)」 2010-11-21 16:52:54
http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-10713800606.html

http://larouchejapan.com/japanese/drupal-6.14/


【翻訳;タドン


さらに関連

共産主義-イルミナティ・ユダヤ人の窃盗と殺人のための策略 By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12103516

ソ連-イルミナティの実験は社会的大惨事だった by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/11607001

シオニストの狐たちがアメリカの鶏小屋を見張っている:保護恐喝 By Henry Makow PhD
http://satehate.exblog.jp/14663871/

最悪の反ユダヤ主義者はシオニストである By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/14905832/

シオニズム:ユダヤ人に対する陰謀 by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12068047

ヒトラーはイスラエルのための神の使いだった  by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/14105092/

「テロとの戦い」のシオニスト・ルーツ  By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/13901562/

シオニズム:ユダヤ人のための強制自殺 by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/13968789/

シオニストたちが善悪を決定する by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/13756962

ウィキペディアはシオニスト扇動者たちの提灯を持つ by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/15420777/

ユダヤ人は再び銀行家が彼らをスケープゴートにする前に行動した方がよい。 by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/9828822

再びシオニストはユダヤ人をホロコーストに追いやるのか by Henry Makow, Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/14515504/

在日コリアンの来歴 (要点版)
http://satehate.exblog.jp/16807977/

SWCと「創価学会」の連携
http://satehate.exblog.jp/16803963/

池田語録
http://satehate.exblog.jp/16751840/


c0139575_21465838.jpg

by oninomae | 2011-09-04 01:15 | イルミナティとシオニズム  

パリのシリア反政府勢力の集会はシオニスト集会

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/587/

パリのシリア反政府勢力の集会はシオニスト集会 【7月6日 Champress】
http://www.champress.net/index.php?q=en/Article/view/95189
 
レバノンのアサフィール紙は6日、「シリア運動を支援する」と題されたパリで5日に行われた集会で、ムスリム同胞団とアンタリア委員会メンバーとしてシリア人の反政府運動家[Syrian opposition members]の装いで、在フランスのイスラエルの友人らが参加した、と報じた。

c0139575_2573533.jpg


この集会は「ゲームの規則(La Regle du Jeu)」誌によって組織されたものだ。

このメディアはベルナー・オンリ・レビ[Bernard-Henri Levy]というイスラエル擁護主義者が主幹で、

c0139575_312247.jpg

その他に在フランスのイスラエルの友人と表現されたフランス人がこの集会を支援した。

アサフィール紙は、サン・ジェルマン映画館[Cinema St. Germain]の警備員らは、「ここにはシリア人は一人もいない;いるのはシオニストだけだ」と叫んだためトゥラヤと名乗る若い女性を捕まえて、集会所の映画館から引きずり出したと報じている。

c0139575_3543662.jpg

 
200名ばかりの参加者の中から、別のシリア人青年が立ち上がり、やはりシリア人の反政府メンバーはパリの集会に来ていない、と述べたと、この新聞は報じている。
 
この新聞は、これらのシリア人に動揺しない名うてのシオニズムの持ち主である人物たちの名前の中に、元イスラエル議員のアレックス・ゴールドファーブ[Alex Goldfarb]の名前があることを報じている。

c0139575_3422587.jpg

彼がシリア人の反政府運動家として行動し、「シリアの民主化」協会の名前でもって演説することに、この集会の参加者らは何らの異議も示さなかった。

参加者らの中には、この他にベルナー・クシュネール[Bernard Kouchner]がいた。イラク戦争の擁護者でもっとも過激で、ガザの殺戮についてはもっとも静かだった人物だ。

c0139575_3354913.jpg


また反アラブ哲学者で強硬な右翼のアンドレ・グラックスマン[Andre Glucksmann]がいた。

c0139575_3361218.jpg


この新聞は、この集会の参加者らが占領されているゴラン高原[Syrian Golan Heights]について彼らが何らの心配の配慮も示さず、反対に彼らはこのゴラン高原をイスラエルに併合し、新しい入植地を作ることに熱心だったのは奇妙であったと報じた。

c0139575_3371364.jpg

c0139575_347391.jpg

c0139575_348129.jpg

c0139575_3521078.jpg



訳者のコメント

フランスのパリでシリアの反政府運動家らの集会として、イスラエルのシオニストが集会を持って、シリアのゴラン高原をイスラエルに併合せよ、という声を上げていた、という。

ユダヤ人は、アメリカにいれば、アメリカ人として振る舞い、イギリスにいればイギリス人としてふるまうのだが、彼らの内容は結局ユダヤ人である。これは国籍とはそういうものだから仕方ないが、このパリでの集会は、シリア人の名をかたっているだけで、中身はユダヤ人なのだから、あからさまな詐欺的行為である。

こういうことをユダヤ人は平気で行う。戦前の日本に来ていた「アメリカ人のキリスト教宣教師」などが、実は「ユダヤ人のユダヤ教偽キリスト教宣教師」だったようにだ。彼らは白人のアメリカ人を装い、キリスト教徒を装っているが、中身はユダヤ人のユダヤ教徒だった。

こういう集会を表面的にしか見ることのできないどっかの国の特派員などは、ついにパリにシリア人の反政府組織が集会を持った、などと短絡的に報道したりするのであろう。

世の中にはこのような詐欺、偽り、騙しがいくらでも存在し、真実が葬られ、テレビしか見ない者たちなどが赤子のように騙されていく。だからいつでもこの世は、真実からほど遠いところを右往左往してきたのだ。

こういうことの裏側では、それなりの資金が動いているはずである。しかしユダヤ人たちは資金には事欠かない。だから、いくらでもこのような国際的な詐欺行為をやれるのである。そうして偽りの情報が世界に拡散していく。

c0139575_4141318.jpg

c0139575_4143079.jpg

c0139575_4144564.jpg

c0139575_419576.jpg


++
イルミナティ偽ユダヤ人が偽旗作戦ばかりなのは、あたりまえでしょうか。世界中の多数の「ゴイム」に対してずっと戦争を続けているわけですから。もう飽き飽きですが、彼らは同じ事を続けていて、第三次世界大戦、ゴイム大量殺戮・奴隷化、自分たちの世界政府樹立作戦をやめる気はないようです。人類がどこまで愚かかが問われている?

by oninomae | 2011-07-10 02:51 | イルミナティとシオニズム  

イスラエル人は移住準備、パレスチナ人は帰還準備? Franklin Lamb + ブリティッシュ・イスラエル運動

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/566/
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/567/より本文転載

●イスラエル人は移住準備、パレスチナ人は帰還準備? 【6月4日 Franklin Lamb】
http://almanar.com.lb/english/adetails.php?fromval=1&cid=41&eid=18096&frid=41 

c0139575_2243362.jpg

Fatima’s Gate-- at the Lebanon-Palestine border

 
「もしも我々の父祖がヨーロッパから逃げ出す為にイスラエルのパスポートがあればと夢見たとしたら、今やヨーロッパへ逃げ帰るための第2のパスポートを夢見ている者たちが一杯いる」とギデオン・レビ[Gideon Levy]は語る。

今日では、70%のイスラエル人が外国大使館に接触し、パスポートと市民権について問合せをしたり申請をしている、と見られている。1990年以来イスラエルに来たロシア人が約20万人、ロシア系の22%がロシアに帰ってしまった。イスラエルにやって来るユダヤ人は、「やってきた元の場所へ帰還できる可能性を確約することを望んでいる」。イスラエル人は必要となるかもしれない場合を想定して家族のルーツを根拠としてヨーロッパのパスポートを求めている。



人類史の流れを見てきた歴史家や文化人類学者は恐らく、パレスチナ人に加えて我々のために場所を特定できるだろう。最近入国した植民者の群集が出国の権利を行使しようとしている反面、千年のルーツを持ちながら民族浄化の犠牲者である、それより更に多くの人々が帰還する権利を行使しようと準備している。

パレスチナにおける19世紀のシオニストの植民事業の本質的なアイロニーの一つは、このますます消耗するプロジェクトは、迫害され「帰還」するヨーロッパ系ユダヤ人のための中東の安息所として20世紀には宣伝されたものだった、と言う事実だしかし21世紀の今日では、パレスチナの不法占拠者の多くの者たちにとっては、帰還する中東のユダヤ人が羨望する安息所として見られているのは、ヨーロッパなのだ

c0139575_2251787.jpg

Palestinians prepare to RETURN


ユダヤ人のジャーナリストであるギデオン・レビの言っている、「もしも我々の父祖がヨーロッパから逃げ出す為にイスラエルのパスポートを夢見たのならば、今やヨーロッパへ逃げ出す為に第2のパスポートを夢見る者たちが一杯いる」である。

c0139575_2247246.jpg


イスラエルでのいくつかの研究とAIPACが主導した研究、それにもうひとつ別の在ドイツユダヤ人国民ファンドの研究は、イスラエルに住んでいるユダヤ人の半分ほどは、現在の政治・社会的トレンドが変わらなければ、数年後にはパレスチナを去るだろうということを示している。

エルサレムに本部のあるメナヘム・ベギン・ヘリテージ・センターの2008年の調査では、イスラエル人の59%が市民権獲得の申請やパスポート取得を目指して外国大使館と接触ないしは接触を考えていることを発見した。今日では、その率は70%になると見られている。

パレスチナを去ることを考えているイスラエル人のこの数は、バールイラン大学[Bar-Ilan University]の研究者らによれば、急速に増加しているという。彼らは最近エレッツ・アシュレト[Eretz Acheret]という、文化間対話を促進することを主張しているイスラエルのNGOで発表された研究を行った者たちだ。

このバールイランの研究で分かったことは、10万人以上のイスラエル人が既にドイツのパスポートを取得している、ということだ。そしてこの数は毎年7000件増加しつつあるという。ドイツ人高官らによれば、2000年以来7万人分のパスポートが与えられたという。

ドイツに加えて、百万人以上のイスラエル人がイスラエルで生活することが困難になる場合に備えてその他の外国のパスポートを所有している。イスラエル人にとって魅力的で移住を考えている外国、そこは恐らくは彼らを歓迎してくれそうな国は、アメリカである。現在では50万人以上のイスラエル人がアメリカのパスポートを取得し、25万人近い人々が申請中である。

c0139575_2252162.jpg


ワシントンで行われたイスラエルのネタニヤフ首相外交団とアメリカのイスラエル機関との会合で、もしも必要な際には、アメリカ政府はアメリカのパスポートを要望するどんなユダヤ系イスラエル人にも迅速に発行するという確約がAIPAC職員らから出された。


◆アラブ系イスラエル人は申請の必要なし 
 
やって来るユダヤ系イスラエル人が、「彼らの新しい国に容易に移動でき定着するための補助金が配分される」ようアメリカ議会が資金調達することを承認することを確約させる責任をイスラエルの質問者を代表しAIPAC(アメリカ・イスラエル公共問題委員会)が行うようになった。

ディアスポラの地へ向かうための「保険的なパスポート」」を獲得することを考えているかもしれないユダヤ系イスラエル人とは別に、同じような割合の世界中のユダヤ人は移住することを考えていない。米・イスラエル関係専門のバールイラン大学の教授のジョナサン・リンホールド[Jonathan Rynhold]によれば、イスラエルないしはアメリカが爆撃を開始しない限り、ユダヤ人はアシュケロンにいるよりもテヘランにいる方がより安全である、という。

上記の調査を行った、ないしはそれに関する知識を持つ人々とのインタビューで、イスラエル人が外国のパスポートを求める理由を説明するいくつかの要素が明らかになった。そのいくつかは超民族的イスラエル文化を考えれば驚く内容である。

c0139575_22575468.jpg


エレツ・アシュレトの研究員が「地平線に沸きあがる群雲」と説明したように、ある種の保険政策と考えられている第2のパスポートを得ようとすることに共通する事は、個人的にも民族的にも不安であり心配である。


その他の要素

●2世代ないしは3世代とイスラエルに住んでも、以前いたとしてもほんのわずかしかいなかった場所に自分達のルーツがあると充分には証明できていない、という事実。このためにイスラエルは子孫が自分達の本国へ帰還するという、かなりの数の「再移住」を行った。

●西岸に入植した60万人以上になる人々の中の宗教的狂信者が内戦を始めるかもしれないという恐れ。とりわけ1967年前のイスラエルに戻り超ファシスト国家になるという恐れ。

●イスラエル社会内の求心的圧力、とりわけシオニズムを極端に嫌うロシアからの移住者によるものが強い。1989年にベルリンの壁が崩壊して以来、旧ソ連邦から100万人ほどのユダヤ人がイスラエルに来たことで、イスラエルの人口が25%増加し世界最大のロシア系ユダヤ人集中地帯を形成した。しかし今日では、ロシア系ユダヤ人はイスラエルから他国へ移住する最大のグループを構成するようになっている。また彼らは、シオニズム、人種差別、雇用に関する約束および「イスラエルでの快適な生活」が反故にされたことに反発し、ロシアに大量に帰還している。

c0139575_22585084.jpg

Putin with Rabbi Berel Larzar


1990年からイスラエルに来たロシア系ユダヤ人の22%、約20万人がロシアに帰った。2000年からロシアの首席ラビであるラビ・ベレル・ラルザール[Rabbi Berel Larzar]によれば、「どれほどの人々が帰還しているか、全く驚くべきことだ。ユダヤ人が去った時そこにはなんら共同体は残っておらず、ユダヤ的生活もなかった。人々はユダヤ人であることは彼らの家族にとっては歴史上の過ちである、と感じた。今や、彼らはロシアに共同体の一部として住むことができるし、イスラエルは必要ないと分かっている」という。

●イスラエル指導部に対しなんらの信頼も尊敬ももてないこと。殆どの指導者の者たちは腐敗していると考えられている。

●シオニズムがユダヤ教をハイジャックしたという罪悪感と心配があるのと、伝統的なユダヤ的価値観が腐敗しつつあるという感覚がある。

c0139575_5103235.jpg


●ヨーロッパやその他から来たユダヤ人である自分達の家族が、明らかに元から住んでいて他の場所からきたわけではないパレスチナの人々の土地や家を奪って住むことが出来るのは何故なのか、という、教育が行き届き家族の歴史に目覚めた子供達の疑問に対して、一貫性のある回答を与える事が困難になりつつあること。

c0139575_23329100.jpg


●「住む土地のない人々のための住む人のいない土地」という前世紀のシオニストの宣言を完全に覆す、説得力のある挑戦的な最近のパレスチナ人の話に対する、インターネットと継続するパレスチナ人の抵抗運動によってかなり煽られた評価。

●イランの爆弾から数え切れない「テロリスト」、新たなホロコースト、あるいは家庭をがけっぷちに追いやることで、このような環境下では子供達を養育したくないと結論つけることになる実存的な脅威まで、政府の政策を人々が支持するように図られた政治指導者たちの恐怖扇動。


一市民として話しているのであり、外国のイスラエル民主党のメンバーとしてではないと説明しながら、ニューヨーク生まれのヒレル・シェンカー[Hillel Schenker]は、イスラエルに来たユダヤ人は、「やってきた場所に帰れる選択肢を持つ事ができることの保証を求めている」と言う。また、「現代生活に存在する不安材料と隣国のどの国とも平和に生きることをしていないイスラエルが、多くのイスラエル人をしてヨーロッパのパスポートを求めさせている」と述べた。 

c0139575_235770.jpg

 
スイスに本部のある海外アメリカン・アカデミーの元アメリカン・ジューイッシュ・フェローのジェネ・シュルマン[Gene Schulman]は、更に大胆に、全てのユダヤ人は「どんなにアメリカが支援を継続したとしても、イスラエルの運命を死ぬほど恐れている」と語った。

c0139575_235494.jpg


多くのイスラエル社会の研究者は、ユダヤ人がパレスチナを去る主要な最近の動因は、過去3ヶ月間に起きたアラブ世界の覚醒運動でイスラエルの地域に於ける支持者のキーとなる者たちが倒されたことである、と見ている。


6月5日南レバノンでブルーラインまで行われる「ナスカ」行進の準備を進めている、シャチラ・キャンプから来たパレスチナ人学生であるラヤルによれば:「パレスチナの占領者のシオニストがカイロのタヒール広場から南レバノンのマルン・アルラスまで見たものは、多くのイスラエル人を納得させたことで、すなわち、まだ誕生したばかりのアラブとパレスチナ人の抵抗運動はやがて巨大で大規模な平和的うねりに成長していき、武器や人種差別政策でパレスチナに於けるシオニストの未来を保証することはできなくなる、ということだ」


元記事は

Israelis Prepare to Emigrate, Palestinians to Return  Franklin Lamb
http://almanar.com.lb/english/adetails.php?fromval=1&cid=41&eid=18096&frid=41

c0139575_525184.jpg


++
代理人によって実行されようとしている大戦乱が近づき、いよいよ、カバリストの罠に嵌ってきたことが認識されてきたのでしょう。

関連

「英国は、十分すぎる時間をかけてイラン、イラクをめぐる危機を助長しているが、本物の危機は、ネタニエフ(イスラエル首相)が、ロンドンと、米国所在のブリティッシュ・イスラエル派カルト(邪宗邪教)からの国際的支持を得て、イスラエルの核兵器をもって脅迫し、イスラエルの近隣の国々、おそらくは、イラク、そしてとくにイランにまで拡大される軍事行動に乗り出すことである、とラルーシュは強調した」(『EIR緊急警告』 一九九七年一一月十三日、 四頁) -太田龍 『血塗られた英国王室』 p96、 といった具合に、基本的な筋書きは昔から決まっているんですよね。

c0139575_413562.jpg

c0139575_437144.jpg

c0139575_4373671.jpg

c0139575_4263947.jpg

c0139575_4265548.jpg

c0139575_4271388.jpg



c0139575_23251980.jpg

c0139575_23253721.jpg

c0139575_23255432.jpg

c0139575_23265567.jpg

c0139575_23271076.jpg

http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-855.html

c0139575_23581827.jpg

c0139575_23583870.jpg


http://satehate.exblog.jp/16415469/
http://daidaikonn.blog27.fc2.com/blog-entry-487.html

ノストラダムスの大予言1999年7月から数えて 11年11ヶ月11日目が2011年6月11日。

偶然にもこの日に「もんじゅ」の噂の大作業が予定されている

c0139575_004216.jpg


c0139575_442613.jpg

What You Need to Know About the British Israel World Federation Movement

In the late 1930s, the British Israel World Federation Movement's Destiny Magazine published articles identifying September 2001 as the target date for beginning their planned global theocratic state -- a"Kingdom of Heaven on Earth."





c0139575_7354381.jpg

c0139575_7355917.jpg

c0139575_7375386.jpg

c0139575_7391852.jpg

c0139575_740766.jpg

by oninomae | 2011-06-10 22:35 | イルミナティとシオニズム  

ガザとシオニスト・ユダヤ人たちの「心理学」  By Brother Nathanael Kapner

ガザとシオニスト・ユダヤ人たちの「心理学」  By Brother Nathanael Kapner April 29, 2009


Jewish Agenda Articles, IsraHell Articles

c0139575_20473642.jpg


Source: The Riddle Of The Jew's Success @ Noontide Press Here
http://www.noontidepress.com/product_info.php?cPath=23&products_id=86

For More Information On This Topic  Check Out The Website Of The Institute for Historical Review Here
http://www.ihr.org/

For The Best 'Gaza-Attack' Coverage CLICK: Rense.com Here
http://rense.com/


多くの人々が、私に書いてきている、イスラエルのガザ地区での民間人への攻撃へのユダヤ人の応答に関する大変な驚愕を表明して。 「どのようにしてほとんどのユダヤ人たちは、ガザの子どもたちに対するイスラエルによって遂行された残虐行為の観点から、無関心でいられるのか?と多くの人々が様々な電子メールを通して私に問うている。

c0139575_20501649.jpg


中流の上の階級の会堂でユダヤ人として育てられ、そして今はロシア正教会への改宗者として、私は「ユダヤ人の心理」を理解する上で独自の位置にいる。この理解は、ただかつての「インサイダー」であったことからだけではなく、イエス・キリストの教えの献身的な信者であるという道徳的な視点からも来る。

もちろん、私は昔の同教信者によって「自己嫌悪ユダヤ人」と呼ばれるリスクがある。そして、言うまでもなく、私は「過激な反セム主義者」と、ユダヤ人の法廷で浴びせかけられるだろう。

最初の非難に答えれば、私はもはやユダヤ人ではなく、キリスト教徒である。そしてキリストの信者は、自分自身ではなく神を愛するよう命じられている。「自己嫌悪」のユダヤ人であることの反対は、「自己愛」のユダヤ人であることだ。 私が21歳でイエス・キリストの教えを受け入れた時、私はこの思考様式を遠ざけた (私は今58である。)

第2の非難については、 誰ももはや「反セム主義者」告発に黙従しはしない。刑事免責を持ってユダヤ人たちが犯罪的方法で行動することを許す権能は、終わったのである

かくして、私はシオニスト・ユダヤ人たちの「心理学」の暴露を開始する。その多くは、私の情報源として上で挙げた1927年の古典、『ユダヤ人の成功の謎』からの抜粋・引用である。

c0139575_20511684.jpg


芸術と文学から、学問と政治経済まで、政治とメディアから、ほとんどの官能と犯罪の秘密の領域まで、その中にユダヤ人の精神が明確に辿れず、人生の出来事に特有の歪みを与えなかった分野は、ほとんどない。

このユダヤ人精神のすべての動機や活動は、「ゴイム」に対する優位を得ることに向けられている。さらに同時に、ユダヤ人たちは、倫理と道徳に関して、自分たちが非常に高貴な存在であると想像している。 

誰も道徳的価値観について、ユダヤ人たちほど大げさに話しはしない。

しかし、ユダヤ人たちが「道徳的価値観」を信奉することで追い求めているものは、彼らが何か賞賛に値し無私の努力に従事しているという口実の下に、彼ら自身の優位を求めることである。

「我々は存在する自分たちの権利を保護している!」と、ユダヤ人たちは、ガザの民間人への自分たちの攻撃を弁護するために主張する。

「我々は、テロの惨劇を一掃する必要がある!」と、ユダヤ人たちは、パレスチナの子供たちの虐殺を正当化して、自分たちの英雄的な使命として宣言する。


しかし現実には、異邦人の善悪の感覚に訴えるときは、それは、ユダヤ人たちが狙っている「優位」を得ることである。そして、その「優位」は、パレスチナ人が所有している土地の隅々までを掌握することである

c0139575_2053499.jpg


もし人がユダヤ人の道徳性を一句で総括することを望むなら。それは以下のようになるだろう:

「優位をもたらすものはすべて道徳的である。」

ユダヤ人の死後の世界と遠ざけるべき地獄との否定のために、 ユダヤ人たちは単に、人生の価値に、優位と利益のそれ以外により高い基準を適用することができない。

これが、なぜシオニスト・ユダヤ人たちが、イスラエル軍兵士たちがガザの子どもたちの柔らかい体を切断するのを、良心の呵責なしに観察することができるかの理由である。

シオニスト・ユダヤ人の知覚・認識は、もうひとつ別のやり方で言うことができる:

「道徳は、他の人々を打ち負かし、そして同時に、賞賛に値する決着の印象を作り出す-事実上-実は他人に対する犯罪であるものを一つの美徳行為として描く技法である。」

c0139575_2054465.jpg


これは、思考のねじ曲がった方法である。

しかし、シオニスト・ユダヤ人たちは、率直には考えない。

シオニスト・ユダヤ人は「防衛的な」姿勢から始め-そして、よろめきとおじぎによる「ぶち壊し屋」と呼ばれるボクサーのように-シオニスト・ユダヤ人は、自分の反対者を疲れ果てさせ、滅ぼし、そして最後に手足を切断することを狙っている。

ほとんどの場合、単に不断の平和な生活を過ごしたいと願っている異邦人たちは、あっさりとこの征服の方法によって圧倒される。

我々は現在、イスラエルが「存在する権利」のユダヤ人の主張による絶え間のない闘争、ガザでの大虐殺に関しては目撃をしている


c0139575_2137991.jpg


カオス、紛争、そして人々と国々の間の継続的な憎しみはすべて、彼らの犯罪的な行為の遵守の状態へと、異邦人世界を「消耗させる」シオニスト・ユダヤ人の方法である。

しかし、いつまで国々が、一つの少数派が彼らの犯罪的条件を自分たちに命令することを許すだろうか?

私は、それは長くはないと考える、私の友よ。

というのも、こう書かれている、「剣によって生きるものは剣によって死なねばならない」。ここに聖人たちの忍耐と信仰がある・・・



For More See: Neurotic Jews - Priests For A New World Order Click Here
http://www.realjewnews.com/?p=166

And: Freud’s Jewish Subversion Of Christian Culture Click Here
http://www.realjewnews.com/?p=53

And: How The Jews Think - Pts I, II, III Click Here
http://www.realjewnews.com/?p=23

And: How The Jews Talk - Pt 1 Click Here
http://www.realjewnews.com/?p=90

And: Jewry’s Crushing Silence On Gaza Click Here
http://www.realjewnews.com/?p=357

And: Obama To Lead Fourth Reich Click Here
http://www.realjewnews.com/?p=309


元記事は

Gaza & The ‘Psychology’ Of Zionist Jews  By Brother Nathanael Kapner 
http://www.realjewnews.com/?p=363


c0139575_20542743.jpg



++
この人は、本来の意味でのキリスト教徒だと思う。

by oninomae | 2011-01-23 20:41 | イルミナティとシオニズム  

最悪の反ユダヤ主義者はシオニストである By Henry Makow Ph.D.


最悪の反ユダヤ主義者はシオニストである By Henry Makow Ph.D. November 27, 2007

「ああ、わが民よ、あなたたちを案内する者たちは、あなたたちを邪道に導き迷わせる。」 (イザヤ3:12 )


最悪の反ユダヤ主義者はシオニストたちである。彼らは反ユダヤ主義を作り出し、それを利用して、ユダヤ人たちをカモにし、イルミナティ銀行家たちの世界政府独裁への計画を進めることを強要する。

過去に、私は、シオニズムはユダヤ人に対する一つの保護恐喝商売で陰謀であると主張してきた。

今日は、私は、彼らが普通のユダヤ人の文化的/精神的な表現を抑制しており、ユダヤの人々を彼らの倒錯した動機に仕えるようハイジャックしてきたと提案するつもりである。

シオニストたちが米国政府を乗っ取る前に、彼らはアメリカのユダヤ人社会を乗っ取り、それを彼らの道具としてきた。

c0139575_19415061.gif


ヘンリー・ハーウィッツ(フルビッツ)[[Henry Hurwitz]のメノラー・ジャーナルとメノラー協会は、アメリカのユダヤ人社会による、「ユダヤ人の母国」に仕え支持する手段であるよりむしろそれ自身を一つの目的として文化的・精神的に自分たち自身を見ようとする一つの試みであった。

シオニストたちは、この自由で民主的なグループを抑圧した。彼らがすべてのアメリカ人たちから彼らの政治的、文化的な自由を奪っているのと全く同じやり方で。


メノラ協会

ヘンリー・ハーウィッツは、最初のメノラ協会をハーバード大学で1906年に、また、その雑誌メノラ・ジャーナルを1915年に 創始した。

そのメノラ運動は、「米国におけるユダヤ文化と理想の研究と進歩」を意味していた。

第一次世界大戦の終わりでまでには、その運動は、大学連合メノラ協会、夏の学校、教育研究会、そして講師委員会含むところまで拡大していた。 基本的に、その運動は、ユダヤの歴史、精神、そして文化の非独断的、非政治的な研究を育てた。

それはさまざまな見解に対して開かれていたし、当初は中央銀行家たちからの支援を受けた。

しかし、ハーウィッツがユダヤ教はシオニズムとは、何の関係もないし、ユダヤ人たちは米国で完全に本国にいると感じるべきであると主張したとき、その銀行家たちは、メノラ運動のユダヤ人社会への資金を凍結した。

1958年に、ハーウィッツは一人の友人に書いた。 「我々は、一つならず、あちこちの富裕な組織からの、我々の継承の遠慮がちな提案を受けてきた。我々の財政問題は、それで、解決されるでしょう 。そして、我々の自由--つまり、我々の真の人生--は消滅。」 (メニューイン、我々の時代のユダヤ教の退廃[The Decadence of Judaism in Our Time]、1965、p.366)

c0139575_195613100.jpg


メノラ・ジャーナルの1959年秋冬号で、ハーウィッツは「偏狭な行為(強い敵対感情)」、つまりシオニスト銀行家による組織化されたユダヤ人のコントロールの影響について述べている。

「この偏狭な行為は、半世紀以上に渡ってユダヤ教への何らかのサービスをたぶん提供してきた、一つの昔設立された独立組織とその雑誌を襲撃するだけではない。この偏狭な行為は、米国におけるユダヤ人共同体の生活の空気を毒するものである。それは抑圧しようと努める・・・基本的なアメリカの自由な言論と自由な出版の原則を。それは、ユダヤ人の公的な免税慈善基金をコントロールし、そしてかくして、お気に入りの組織を富まし、他方で膝を屈しない他の組織を兵糧責めにする権力をもつ者たちの正直な分析を罰する・・・こうして、彼らは実のところここにおいて、イスラエルの人々自身の最善の利害を理性的・長期的に考察することを妨害する。」

「さらに、よく知られているように、表向きは自発的な慈善寄付の非常に大きな部分は、事業家や専門家たちから、懲罰的な経済的・社会的制裁の脅威をもって引き出されている。これは、テロリズムの類のものである、まさにそういうものとして述べねばならない。そのようなテロリズムは、大きなユダヤ基金調達における一つの最も有効な技法となってきた。」 ( メニューイン、 p. 367 )

残念ながら、メノラ運動はその創始者とともに1961年に死んだ。

その作業の一部は、その活力に満ちた創設者のラビ・エルマー・バーガー[Rabbi Elmer Berger, 1908-1996]の下で、米国ユダヤ教評議会に引き継がれた。 1965年、モシェ・メニューイン[Moshe Menuhin]は、米国のユダヤ人の生活を、以下の表現で特徴付けた:

「今日のアメリカでは、ユダヤ人の文化、さらにはユダヤの宗教でさえ、「ユダヤ」の民族国家主義に変質してきた。そして、ユダヤ人の慈善活動家たち、ユダヤ人学校、ユダヤ人専用サービスは、(少数のまれな例外を除いて)すべて堕落させられてきた・・・「ユダヤ人の故国」構築に奉仕するように・・・ ( 468 ) ( この一つの指標:モシェ・メニューインは、彼の本を自費出版せねばならなかった。 )


帰結

私の推測では、アメリカのユダヤ人はほぼ半々に分断されている:半分は、ユダヤ的なものすべてのものから疎遠であり;半分は、組織化されたユダヤ人、つまり中央銀行カルテルのコントロール下にある。

このカルテルは、ロスチャイルドの名と同義で、過去300年のすべての主要な戦争と不況、共産主義、ファシズム、ホロコースト、 9.11、そして偽のテロとの戦いの背後にいる。

この世界の中で、何事もマネーなしには生じないし、そして彼らは政府の信用をコントロールしている。

彼らは、この世界独占を保護するために、我々を奴隷化する必要がある。彼らの目標は、我々の人間性の基盤:民族性、宗教(神)、人種、そして家族を破壊することによって、人類を一つの奴隷人種に作り替えることである。

この敵は、我々の政治的、金融的、そして文化的生活の中心に座っている。

それは、ユダヤ人たちを取り込んできたように、同じやり方ですべてのグループを取り込んできた。 しかしながら、組織的ユダヤ人が、我々の自由への攻撃を先導している。

メーソンのブナイ・ブリスが、1959年の「憎悪演説」の立法・法案の背後にいる。それは自分たちの政治的反対者たちを、あたかも彼らが「反ユダヤ主義者」で「テロリスト」であるかのように扱うだろう。

その銀行家たちこそが、本物のテロリストである。

c0139575_20183257.jpg


彼らが、諜報機関を使って、9.11を組織した。そして彼らが「アル・カイーダ」の背後にいる。彼らは、イスラエルとイランとの間での大災害を使って開始されるもう一つの世界戦争を計画しているかもしれない。


彼らはまた、本物の反ユダヤ主義者である。

c0139575_20222963.jpg


彼らは、ユダヤ人たちを以前自分たちのアジェンダの犠牲ににしてきた(共産主義、ナチズム、シオニズム)し、そして再びそうするであろう。

すべてのユダヤ人たちは、新世界秩序のゆえに非難されるだろう。半分は無関心で、残りの半分は自発的なカモたちであってさえも。

私この記事を書いている間に、私は一人の読者から電子メールを受け取った。彼は言った。彼はまさに一人のユダヤ人の友人を酷い目にあわせてきたと。

「一体これが、私がこれらの嫌な奴たちに対して無力であると感じることに決して疲れたのではないことを意味するのかどうか、そしてもし私が彼らに彼ら自身の糞を幾らかでも食わせることができる・・・結構・・・のかどうか、私にはわからない。私はまた彼に語った。ユダヤ人たちは愚かではないし、もし我々が30年前にイスラエルにマネーを与えることをやめていれば、そこには平和があったかもしれない。まあ、それはなされて、ちょっとばかり「なんと!ちくしょう!」とはまんざら悪くないこって・・私は内実はまさに偏屈者。そうだと思う。」

反ユダヤ主義がその銀行家たちの巨大な狂気に満ちたアジェンダによって引き起こされており、そしてそれが普通のユダヤ人たちを巻き込み非難するために使われていることを、ユダヤ人たちが認識するときである。

その銀行家たちは、本物のユダヤ人たちとユダヤ教を憎んでいる。

彼らは、決してイスラエルを、まさに「ユダヤ人の母国」のようには作り出さなかっただろう。それは彼らの私的な領地、軍隊と核の貯蔵庫、世界政府と世界戦争のための彼らのアジェンダの一部である


ユダヤ人たちは、単にゲームの駒である。 通常のユダヤ人たちにとって、銀行家たちを守ること(そのことが誰もの最悪の疑いを確認することになる ) をやめるときである。 我々がヘンリー・ハーウィッツの例を挙げ、そして、我々の生活の戦いの中で、我々の同胞のアメリカ人たちと肩を寄せ合うときである。


-------------------------------------------------- ---------
From http://jewishracism.blogspot.com/2007/11/adolf-eichmann-was-crypto-jewish.html

アイヒマンは、シオニストのルドルフ・カストナー博士との彼の取引のもう一つ別の話を語っている。それは最終的に、無数のハンガリーの同化ユダヤ人の死と、イスラエルのために最適のシオニストユダヤ人たち、つまりカストナーの友人だったユダヤ人たちの生存をを帰結したものである。

アイヒマンは述べている。とりわけ、

「実際のところ、SSにおける我々の態度と、自分たちの最後の戦闘であるだろうものをを戦っていた、これらの恐ろしく理想主義的なシオニストの指導者たちの見解との間には、非常に強い類似性があった。私が、カストナーに言ったように:『我々もまた理想主義者であり、我々はまた、我々が権力の座につく前に、我々の血を犠牲にせねばならなかった。』  
 カストナーは、彼の政治的目標を達成するために、何千あるいは何十万という彼の同胞の血を犠牲にしただろうと、私は思っている。彼は年よりのユダヤ人たち、あるいはハンガリー社会に同化してきていたものたちには関心がなかった。しかし彼は、生物学的に価値がある、つまり、再生産と重労働が可能な人材を救うべく努めることにおいて信じられないほど粘り強かった。 『他の者たちはあなたにさし上げます。』と彼は言ったものだ。 『しかし、ここのこのグループは私に下さい。』
 そして、カストナーが、追放収容所を平和に保つのを助けることによって、大きな奉仕を我々に与えたゆえに、私は彼のグループを脱出させたものだ。結局のところ、私は千人かそこらのユダヤ人たちの小グループには関心がなかった。」-- A・アイヒマン、『アイヒマンが自身ののっぴきならない物語を語る[Eichmann Tells His Own Damning Story]』、Life Magazine, Volume 49, Number 22, (28 November 1960), pp. 25, 101-112; 及び 『アイヒマンの告白 第二部[Eichmann's Own Story: Part II]』、 Life Magazine, (5 December 1960), pp. 19-25

c0139575_2085860.jpg

c0139575_20101369.jpg



ハンナ・アレント[Hannah Arendt]は彼女の本『エルサレムのアイヒマン:悪のありきたりの言葉についての報告[Eichmann in Jerusalem: A Report on the Banality of Evil]』の中で書いた。

c0139575_20134070.jpg


アイヒマンにとってずっと重要だったのは、パレスチナからの密使であった。その密使は、ゲシュタポとSSに、ドイツのシオニストあるいはパレスチナのユダヤ政府機関いずれからの注文も無しに、自ら進んで接近しただろう。彼らは、英国が支配するパレスチナへ向けたユダヤ人たちの非合法な移民への支援を仰ぐためにやって来た。そして、ゲシュタポとSS両者とも協力的であった。彼らはアイヒマンとウィーンで交渉し、そして彼らは彼が「礼儀正しく」、「怒鳴る性格ではなく」、そして彼が将来の移民たちのための職業訓練キャンプを設置するために、農場と施設を彼らに提供しさえしたと報告した。  ( 「ある時、彼は、若いユダヤ人たちに一つの訓練農場を提供するために、ある修道院から修道女たちを追い払った」、そしてもう一つ別の時、「一つの特別列車[を利用できるようにし]、そしてナチの役人たちが」移民たちの一グループに「随伴した」。 表向きはユーゴスラビアのシオニスト訓練農場に向けて、彼らが安全に国境を越えるのを見届けるために。 )


c0139575_201534100.jpg


元記事は

The Worst Anti-Semites Are Zionists By Henry Makow Ph.D. November 27, 2007
http://www.henrymakow.com/the_biggest_antisemites_of_the.html


広島 ネブラスカ、長崎 フロリダ By Henry Makow, Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12080043/

「我々の全戦後プログラムは、原爆で世界を恐怖させることに依存している。」 と、国務長官、エドワード・ステッティニアス・ジュニア、 JPモルガンのパートナーの息子は発言した。

「我々は、日本での百万人の[死体]勘定を期待している。しかし、もし彼らが降伏すると、我々は何も得ることがないだろう。」
 

c0139575_1363290.jpg

c0139575_1365490.jpg



「冷戦」: 五兆ドルのイルミナティの無用な仕事 by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12090152/

c0139575_1355718.jpg


米高官 広島訪問謝罪でない
http://www.youtube.com/watch?v=UZKjSLxKM3I&feature=player_embedded

c0139575_0154170.jpg

2009年10月4日(個人的な名誉のために載せておく)



c0139575_23473627.jpg

c0139575_23475529.jpg


米タリバンを資金援助 Wikileaksでアメリカがタリバンを資金援助していることを確認
http://icke.seesaa.net/article/158468942.html

c0139575_1354066.jpg


タリバンは昔より強くなっていて、彼らの成功の重要なファクターはパキスタン諜報部(ISI)から受け取っている援助である。軍のスパイエージェンシーが1990年代にタリバンを育て、それからずっとタリバンと繋がりを保ってきた。

そして、誰がパキスタンとISIに数十億ドルにもなる多額の資金を出しているか?数十億ドルが「行方不明になっているか?」

たった2週間前にヒラリー・クリントンはまだ数百万ドル増やすことを発表した。オバマ政権当局者は米パの関係はこの暴露記事によって損なわれることはないだろうと語っている

もちろんそうだろう。

異教徒(ゴイム)はアフガニスタンで自分自身を破壊し続けなければならないからだ。



この元記事は

Wikileaks Confirm US Funds Taliban  by Henry Makow Ph.D.  August 2, 2010
http://www.henrymakow.com/the_taliban_the_enemy_you_are.html


アメリカの戦犯連中、WikiLeaksとマニング上等兵を脅迫
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2010/08/wikileaks-619d.html





c0139575_1391083.jpg

by oninomae | 2010-08-06 19:32 | イルミナティとシオニズム  

シオニストの狐たちがアメリカの鶏小屋を見張っている:保護恐喝 By Henry Makow PhD


シオニストの狐たちがアメリカの鶏小屋を見張っている:保護恐喝 By Henry Makow PhD 4-17-5

c0139575_21545252.jpg


「保護恐喝(所場代)」とは一つの悪徳商法である。そこでは、ある攻撃者が攻撃をけしかけ、ある幽霊を非難し、そしてその後、カネや権力と引き換えにその犠牲者をこの幽霊から保護することを申し出る。

「テロとの戦争」は保護恐喝である。その攻撃者は、ロンドンに拠点を置くクラウンとして知られる世界金融エリートである。 彼らの道具は、シオニストの事業、具体的にはモサドとその米国の同盟者たちである。

http://www.savethemales.ca/000447.html (和訳は:「ユダヤ人の」陰謀は英帝国主義であるhttp://satehate.exblog.jp/11972776

その犠牲者は、米合衆国と西側一般の人々である。

その目標は、西洋文明の転覆と、「新世界秩序」と呼ばれる世界警察国家の樹立である。

Still Don't Believe In The New World Order?
http://www.inlibertyandfreedom.com/nwo.htm

「シオニズムは、ある遠大な計画の一つの出来事にすぎない」と、指導的なアメリカのシオニストで、クーン・ローブの銀行家たちの顧問、ルイス・マーシャルは1917年に語った。

「それは単に、その上に強力な武器を掛けられる一つの便利な掛け釘である。」

国土安全保障省の長はイスラエルの二重国籍者でシオニストのマイケル・チャートフ[Michael Chertoff]である(訳注: 2005.2.15-2009.1.21)。

彼は、5名のモサド工作員たちが、目撃者たちが彼らが世界貿易センターの破壊を自分たちで祝福しているのを見た後、逮捕されたとき、 ニュージャージー州検事だった。彼らの小荷物車は、爆発物の検査で陽性であった。

クリス・ボーリン[Chris Bollyn]の記事参照

下にスクロール。
http://www.savethemales.ca

9月11日以前に航空会社株を売った投機筋はイスラエル人たちとして識別されてきた、明らかに。

ISRAELIS were 9-11 short sale stock buyers, betting on WTC terror strikes, story killed... author: Mossad watch
http://portland.indymedia.org/en/2005/04/315296.shtml


「反ユダヤ主義」-独自の保護恐喝

ユダヤ人のエリートは、ユダヤ人一般を、操作されるべき駒とみなしている。

「反ユダヤ主義は、我々にとって我々の下層の同胞の管理のために不可欠である」と、それは「偶然にも」正確に新世界秩序の青写真のように読める一つの「偽造物」シオン長老のプロトコール(9-2)の著者は言う。

"Protocols of Zion" is the NWO Blueprint
http://www.savethemales.ca/000205.html

ユダヤ人たちは、イスラエルを一つの「母国」として、つまり、中東を植民地化し世界政府の一つの中心を作り出しながら、設営するために恐怖させられねばならなかった。 世界金融はナチスに融資した。 シオニストたちは積極的に彼らと協同した。

私の「心理的パラダイムとしてのホロコースト」を参照(未訳)
http://www.savethemales.ca/270103.html

また 、 私の「シオニズム:ユダヤ人たちに対する陰謀(和訳)http://satehate.exblog.jp/12068047」を参照
http://www.savethemales.ca/000482.html

シオニストの裏切りは、ユダヤ人たちが自分たちの死へと受動的に去った理由である、とラビ・モシェ・ショーンフェルトは、彼の著書『ホロコースト犠牲者たちは非難する』の中で言っている。

非シオニストのユダヤ人たちは、シオニストの指導者にとって生きるよりも死ぬに値した。後者は、ショーンフェルトが言うには、彼らの「生け贄」から道徳と金融資本を刈り取った。

私の「シオニズム:ユダヤ人のための強制自殺(和訳)http://satehate.exblog.jp/13968789/」を参照。
http://www.savethemales.ca/091202.html

ユダヤ人のエリートは、この方法でユダヤ人たちを操作する長い歴史を有している。

たとえば、1950年、イラクでの反ユダヤ主義とテロリズムの一つの波が、21歳のナーイム・ギラディ[Naeim Giladi]をシオニストの地下組織に参加させた。 ギラディは投獄され拷問を受け、そしてイラク当局により死刑が言い渡された。 彼は脱出し、そしてイスラエルに逃亡したが、反ユダヤ主義と爆破テロが、イスラエルに行くようにイラクのユダヤ人たちを欺くように、彼の仲間のシオニストたちによって企まれ行われてきたことを発見しただけであった

一つの古代からの共同社会は、その富を奪われ、そしてパレスチナ人労働者を置き換えるイスラエルの二級市民の地位へと零落させられた。

私の「シオニストはイラクのユダヤ人たちを裏切った(未訳)」を参照
http://www.savethemales.ca/030203.html


「反ユダヤ主義」が「反米主義」になる

9.11のような大虐殺は、アメリカ人たちが彼らの市民権を放棄し、中東に侵略するよう駆り立てるように設計された。

メディアでは、アメリカ人たちがイスラム教狂信者たちの犠牲者であると、彼らを説得するための鳴り物入りで宣伝がある。

この宣伝運動は、ネオコン(別名シオニスト)たちによって実行される。その他の点では期待はずれの一冊の新刊本『新エルサレム:アメリカでにおけるシオニスト権力』の中で、マイケル・コリンズ・パイパーは書いている:

「イラク戦争の構築の中で、シオニストの宣伝家たちとメディアは、ますますアメリカ人たちに、『全世界が我々に敵対している』・・・そして、イスラエル人たちが我々の唯一の確固たる信頼できる同盟者である・・・というメッセージをしつこく売り込み始めている。まさに・・・イラク戦争・・・と、より広範なシオニストのアジェンダ・・・を支持することを拒否するものは誰であれ「非」とする目的のため、反アメリカ主義が猛威を振ってきたという主題が、アメリカ人たちに吹き込まれた。」 (157)

お馴染み? これは彼らがユダヤ人たちに使用する戦術である

私の「如何にユダヤ人たちは洗脳され操作されるか(未訳)」を参照
http://www.savethemales.ca/000312.html

パイパーは、シオニズムはアメリカニズムと等価になりつつあると言う。

ナタン・シャランスキー[Nathan Sharansky]のようなシオニスト工作員は、力を使ってシオニストのアジェンダを推進するよう米国を捧げたブッシュの2番目の就任演説の誇張されたそしてもっともらしい説明を巧妙に作った。

c0139575_21423523.jpg


歴史は、これがどこに導かれ得るかに関して、一つの酔いも覚めるような警告を提供する。

彼のエッセイの『シオニズムの本質[The nature of Zionism]』の中で、ロシアの著作者ウラジミール・ステピン[Vladimir Stepin]は書いている。

「ロシアでの内戦時に、シオニストはまたもう一つ別の仕事を実行した。 赤軍-トロツキーが国の革命軍事評議会の会長だった-のいくつかの部隊を使って、彼らはセヴェルスク[Seversk]でユダヤ人大虐殺(ポグロム)を組織した。

この結果は、1918年7月27日の『ポグロムに関わったものについての法律』だった。

この法律に従って、ロシアで10年間、ある醜悪なシオニストのテロが猛威を振るった:反ユダヤ主義で非難された人物は、いかなる議論も許されることなしに、ポグロムに関わったと宣言され、そして銃殺のため壁に向かって配置された。

反シオニストだけではなく、ロシアの知識階級の最高の代表たちが、反ユダヤ主義で告発される可能性があり、そしてそれでまた、人は、誰であれがそれを告発するように感じ得た。

人々はロシアで誰が権力を行使しているかを目撃し、そしてそれへの自分たちの不満を表明した。

1918から1922年の間、ソ連の安全保障組織、チェーカーのメンバーの90%がシオニストであった。

『ポグロムに関わったものについての法律』の他にも、シオニストたちは、ロシアに居住している民族グループに対しても虐殺を実践し、そして彼らは反革命活動、妨害、そしてその他で、人々を告発することによってそうした。問題のその人々が実際にそのような活動を行っってきたかどうかに関わりなく。それは、単に銃殺のため彼らを壁に向かわせるための標準的技法であった
The nature of Zionism By Vladimir Stepin
http://www.radioislam.org/zionism/


結論

私の勘では、世界の金融エリートは、フリーメーソンの秘密結社や諜報機関を使用して、テロの90%に対して責任がある。 その目的は、真の宗教、国民国家、民主主義、民族、そして家族の破壊を含む新世界秩序の目標を進展させるように人々を操作することである。

彼らは保護恐喝を実行している。 彼らはこの「テロ」から我々を保護するために権限が与えられる。

彼らのアジェンダを遂行するシオニストあるいはアメリカ人たちは、もし何かが間違えば、あるいは./正しければ/と私が言うべきように、結局全責任を負わされる羽目になる可能性がある

彼らは、すべての人類の魂の中で経験されるような宇宙の中の最大の力:神あるいは真実に挑戦していることを思い出せ。彼らが悪事を行った9.11について、彼らは今や最も脆弱である。
Bush and Kerry Represent the Real Terrorists
http://www.savethemales.ca/000629.html

c0139575_2253610.jpg

c0139575_2265670.jpg

c0139575_2272473.jpg


もし我々が真実を要求するものとして立ち上がれば、彼らの反道徳的な犯罪活動は解体を始めるだろう。


元記事は

Zionist Fox Guards American Henhouse  Protection Racket By Henry Makow PhD 4-17-5
http://www.rense.com/general64/short.htm


c0139575_2238422.jpg

by oninomae | 2010-06-26 21:52 | イルミナティとシオニズム  

自由船団のレイチェル・コリーMV号は単船、ガザを目指す by Michel Chossudovsky


引き続きROCKWAY EXPRESSさんの訳です。最近当方は結構疲れておりますが、関心のある記事を他の人が訳してくれるので、半分休憩中です。
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/388/ より


自由船団のレイチェル・コリーMV号は単船、ガザを目指す by Michel Chossudovsky 6月1日

5月31日に起きたイスラエルの公海上での犯罪的襲撃後、レイチェル・コリーMV号[the Rachel Corrie MV]はイスラエルの脅しにも係わらず、ガザ海岸に向かってその航海を続けている。

c0139575_02267.jpg


途方もない勇気ある行為で、レイチェル・コリーMV号はイスラエルのガザ封鎖を突破しようと決意している。

レイチェル・コリー号に乗船しているマレーシアとアイルランドの活動家に代わって、本日午後、以下のメッセージをクリストファー・チャン[Christopher Chang]、ラム・カーディガス[Ram Kardigasu]から受け取った。


レイチェル・コリー号:本船は現在、ガザにただ一隻で向かっている自由船団の船である。
 
乗船しているマレーシアとアイルランドの平和・人道活動家は、2010年5月31日(月)、地中海の公海上でなされたイスラエルの不法行為により殺害され傷害を受けた方々に対する深い哀悼の意と喪失感を共有している。

我々の友人の名において、我々は封鎖され苦悩するガザの人々に向けた人道的積荷と我々の支援と共に、かつてないほどに更に決意を固くしてガザに向かっている。

我々はイスラエルがその暴力行為に対する国際的な非難を受け入れ、レイチェル・コリー号に対し、どんなやり方であっても妨害することなしに、通過させるよう期待する。

我々は国際社会、国連に対し、我々のガザに向かう航海を邪魔しないようイスラエルに要請することを訴える。

レイチェル・コリー号船上のマレーシア人とアイルランド人の共同声明
 
レイチェル・コリー号船上の人道的活動家に代わって、PGPO地上チーム(ラム・カーディガスとクリストファー・チャン)により送信する

c0139575_232676.jpg
 
レイチェル・コリーMV号上のマティアス・チャン[Matthias Chang]、デニス・ハリディ[Denis Halliday]


最近の事件で、ネタニヤフ政府は危機に瀕している
 
「ネタニヤフ内閣のベテラン大臣は、ガザの船団を包囲し支配下に置く決定は7主要閣僚フォーラムの2回の会議後になされたが、この種の軍事行動の場合にはその認可の権威を持つインナーキャビネットの審議なしになされたことについて厳しく批判している」(ハアレツ紙

何を意味しているかというと、公海上で襲撃を実行するという実際の決定は内閣の許可なしになされた、ということだ。

疑問が残る:もしもイスラエル内閣がこの作戦を裁可していないとすれば、誰がこの襲撃を命令しその後に起きた事柄が生じたのか、ということだ。
 
イスラエル情報機関とイスラエル国防軍のこの襲撃における計画作りの役割は何だったのか?
 
オバマ大統領のホワイトハウスの首席補佐官であるラーム・エマニュエル[Rahm Emmanuel]の役割は何であったのか? 彼はネタニヤフとシモン・ペレス[Shimon Peres]の両方にそれぞれ5月26日、27日に会っている。

ラーム・エマニュエルはイスラエル軍と情報機関の将官に会ったのか?
 
オバマ政権はグリーン・ライト(承認の合図)を与えたのか?

c0139575_23444385.jpg


襲撃をされないで、イスラエルの犯罪的海上封鎖を突破してレイチェル・コリーMV号が安全にガザ沿岸に到達するためには、このニュースが出ることが重要だ。
 
これをすることで、我々は遣り通すことができるだろう。我々の思いと心情は航海し続けるレイチェル・コリーMV号上の人々と共にある。

イスラエルはレイチェル・コリーMV号に対する政策を一切修正していないということは明確にしておかねばならない。ガザに向かう船はレイチェル・コリーMV号のほかに2隻ある。イスラエルは「より一層厳しく対処する」と言っている。
 
「船舶が海上封鎖を突破しガザに行くことを阻止するために、イスラエルは更に攻撃的な武力を使用するだろう、と海軍の司令官がエルサレム・ポスト紙に6月1日語った」

「我々は船に乗船したが、戦争のように攻撃された」と高官は語った。「これはどういうことかというと、我々は将来、戦争に向かうつもりの準備をしていかねばならない、ということだ」 (www.ynetnews.com)

 
レイチェル・コリーMV号は元マレーシア首相のマハティール・モハマド博士[Dr. Mahathir Mohamad]の指揮にあるペルダナ・グローバル・ピース機関[the Perdana Global Peace Organization]によって一部分支援されている。

c0139575_23585670.jpg



(グローバル・リサーチ局長であるマイケル・チョスドフスキー氏はペルダナ・グローバル・ピース機関のメンバーであり、クアラランプール戦争犯罪委員会の委員である)

Related Article: Michel Chossudovsky, "Operation Justified Vengeance": Israeli Strike on Freedom Flotilla to Gaza is Part of a Broader Military Agenda, May 31, 2010
http://globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=19447


元記事は

The Lone Ship of the Freedom Flotilla: The Rachel Corrie MV Continues to Sail Towards Gaza in Defiance of Israeli Threats by Michel Chossudovsky Global Research, June 1, 2010
http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=19481


関連


The Perdana Global Peace Organisation Is Participating and Supporting This FreeGaza Freedom Flotilla Mission
http://futurefastforward.com/

My Name is Rachel Corrie
http://en.wikipedia.org/wiki/My_Name_Is_Rachel_Corrie

パレスチナ支援船団殺戮事件:皆が海に Yvonne Ridley 2010年6月1日
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/post-5649.html


デボラとバラク
http://satehate.exblog.jp/11044129



追加リンク

イスラエル、再びガザ支援船を拿捕 (AFP)
http://www.asyura2.com/10/warb4/msg/769.html
投稿者 ダイナモ 日時 2010 年 6 月 06 日 11:38:02

c0139575_23113318.jpg


レイチェル・コリー号の活動家と乗員を国外追放へ、テルアビブ、パリ等で抗議デモ(スペイン紙)
http://www.asyura2.com/10/warb4/msg/774.html
投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2010 年 6 月 06 日 16:23:32

by oninomae | 2010-06-04 23:45 | イルミナティとシオニズム  

ユダヤ人がエルサレムで反シオニスト大会


http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/371/ を転載

ユダヤ人がエルサレムで反シオニスト大会 【4月19日 PRESS TV】
http://www.presstv.com/detail.aspx?id=123766&ionid=351020202

c0139575_0545561.jpg

反シオニストを叫ぶ正統派ユダヤ人


多くの正統派ユダヤ人がエルサレムで、ネタニヤフ政権の政策とパレスチナ人に対する虐待に反対するためデモンストレーションを行った。
 
ネトゥレイ・カルタ[Neturei Karta](市民防衛団)のメンバーは18日、アル・クァッズ(エルサレム)の安息広場に集まった。デモを行う人々は反シオニストのスローガンを叫び、「ユダヤ人はシオニストではない」と書かれたプラカードを持ち歩いた。

彼らはまたイスラエルの旗を焼き払ったため、保安部隊がデモ隊を潰しに掛かり、一人を逮捕した。
 
この事件は、イスラエルが60年以上前に占領したパレスチナ人の領土の作り話のことでお祝いをしている間に起きた。

今年1月、ネトゥレイ・カルタのあるグループはガザに入りパレスチナ人を支援するために安息日をそこで過ごした。
 
ネトゥレイ・カルタの代表団は2006年12月イランのテヘランで開催された、ホロコースト修正会議に出席している。彼らはそこで「シオニスト政権(イスラエル国)の犯罪に対抗する勇気ある姿勢」のために、イランのアハマディネジャド大統領に感謝の意を示した。
 
彼らはまた、占領中のパレスチナでのシオニストの犯罪を糾弾し、イスラエル政権はシオニストの事業体を作り出すためにホロコーストをその口実に利用したと指摘した。*


--

訳者のコメントも転載

正統派ユダヤ人の中には、シオニストに反対し、現在のシオニスト政権であるネタニヤフ政権に反対するネトゥレイ・カルタのような過激な者たちがいる。彼らはイスラエルの建国を認めない。彼らの国はメシアが到来してはじめて建国されるものだ、と信じているのだ。超正統派とも言われている。
 
しかしネトゥレイ・カルタほど過激でなくても、シオニストのやり方に反対する者たちは多い。

c0139575_1294390.jpg

c0139575_1345411.jpg

c0139575_1301477.jpg


時代が煮詰まるにつれ、イスラエル国内でも今まで主流であったシオニストたちに対抗するグループがその勢いを強めていくことだろう。それはイスラエルの存続のためにも、必要な動きであり、武断的で容赦ないパレスチナ人に対する姿勢をシオニストが継続すれば、イスラエルの存続自体が危ぶまれるのであるから、反シオニストのような動きは却ってイスラエル自体のために良いことなのだ。
 
そして反シオニストが主流派となれば、そこからイスラエルの未来の展望が開かれていくであろう。


++
*殺された側の人たちからすればもはや常識! 「嘘の護衛」が、世界中でどんどん崩れていくことを期待したい。

by oninomae | 2010-04-21 00:59 | イルミナティとシオニズム  

シオニズム:ユダヤ人のための強制自殺 by Henry Makow Ph.D.

シオニズム:ユダヤ人のための強制自殺 by Henry Makow Ph.D. December 9, 2002

c0139575_3555865.jpg


1940年11月25日、ナチのヨーロッパからのユダヤ人難民を運んでいた一隻のボート「パトラ[Patra]」が爆発し、そしてパレスチナの沖で沈没し252人が死亡した。

シオニスト「ハガナ[Haganah]」は、彼らを上陸させることにたいする英国の拒否に抗議するため、その乗客が自殺したと主張した。

数年後、それは認めた。乗客たちをモーリシャスに行かせるよりはむしろ、船を爆破したと。

「時として、多くを救うために、少数を犠牲にする必要がある。」モシェ・シャレット[Moshe Sharett]、元イスラエル首相は、1958年の追悼式で言った。

c0139575_3585051.jpg


実際、ホロコーストの期間中、シオニストの政策は、ユダヤ人の生命はもしそれがイスラエルの創建の大義を促進するものでなければ何の価値もないというものであった。

「イスラエルでの一匹のヤギは、全離散者よりも価値がある」 と、イツハク・グリーンバウム[Yitzhak Greenbaum]、ユダヤ機関「救済委員会」の長は述べた。

c0139575_402957.jpg


ラビ・モシェ・ショーンフェルト[Rabbi Moshe Shonfeld]は、直接的そして間接的に欧州のユダヤ人のナチによる虐殺に協力していたシオニストたちを非難している。

その告発は、彼の本『ホロコースト犠牲者たちの告発[Holocaust Victims Accuse]』(1977) に掲載されている。それは、オンラインで読むことができる。

c0139575_405440.jpg


ラビ・ショーンフェルトは、そのシオニストたちを「戦争犯罪者」と呼んでいる。彼らは、ユダヤの人々の指導権を横領し、彼らの死滅後、道徳的資源を手に入れたと。

ショーンフェルトは述べている:

「ユダヤ人の血がユダヤ人の国家の車輪のために必要とされる塗布油であるというシオニストのやり口は、過去のものではない。それは、まさに今日動作可能なものであり続けている。」

このテーマについての他のユダヤ人たちによる本は、以下が挙げられる:エドウィン・ブラック[Edwin Black]、『譲渡契約[The Transfer Agreement]』;ベン・ヘクト[Ben Hecht]、『不誠実[Perfidy]』、MJ・ヌレンバーガー[MJ Nurenberger]、『おびえたものと最低のもの[The Scared and the Damned]』;ジョエル・ブランド[Joel Brand]、『悪魔と魂[Satan and the Soul]』;チャイム・ラザー[Chaim Lazar]、『破壊と反乱[Destruction and Rebellion]』;そしてラビ・マイケル・ドブ・ベア・バイスマンデル[Rabbi Michael Dov Ber Weismandel]、『深淵より[From the Depth]』。

その意味合いは、私は後に探求するだろうが、シオニズムは、頂点では、ユダヤ人の運動ではないということである。

老練なイスラエルの政治家エリーザー・リヴネ[Eliezar Livneh]の言葉で言えば、 「シオニストの遺産は、そもそもその中に何か欠陥があった。」

c0139575_435359.jpg



ラビ・ショーンフェルトの本のショッキング「ハイライト」:

欧州のユダヤ人たちが死の危険にさらされていた一方で、米国のシオニスト指導者たちは意図的に、ヒトラーを挑発し激怒させた。

彼らは1933年にナチの商品の世界的なボイコットを開始した。

ディーター・フォン・ヴィスリツェニー[Dieter von Wissliczeny]、アドルフ・アイヒマン[Adolph Eichmann]の副官は、ラビ・ヴァイスマンドル[Rabbi Weissmandl]に語った。1941年に、米国のシオニストのラビ・スティーブン・ワイズ[Rabbi Stephen Wise]が全ユダヤ人の名の下に「ドイツに宣戦布告した」とき、ヒトラーが激怒したと。

ヒトラーは床に倒れ込み、絨毯に噛み付いて吼えた:「ならばすぐに彼らを滅ぼしてやる。すぐに彼らを滅ぼしてやるぞ。」

1942年1月、彼は「ヴァンゼー会議[Wannsee Conference]」を招集したが、そこで「最終的解決」が具体化した。

ラビ・ショーンフェルトは言っている。ナチたちは「ユーデンラッツ(ユダヤ人報告者たち)」を運営し、そしてユダヤ人警察あるいは「カポス」にするべくシオニストの活動家たちを選んだ。

ナチたちはこれらの「長老たち」の中に、彼らが望んでいるもの、つまり自分たちのマネーと権力への欲望のゆえに大衆を破滅へと導く忠実で従順なしもべを発見した。

シオニストたちは、多くの場合、しばしば「ナチたちよりもより残酷」であった知識人たちであった。そして、列車の最終目的地を秘密に保った。

世俗的シオニストたちとは対照的に、ショーンフェルトは言っている、正統派のラビたちは協力することを拒否し、そして最後まで彼らの窮地に立った群衆の面倒をみた。

ラビ・ショーンフェルトは、シオニストたちが抵抗、身請け、そして救援を組織する試みを妨害した 多数の例を列挙している。

彼らは、戦争前にユダヤ人たちを武装しようとするウラジーミル・ジャボチンスキー[Vladimir Jabotinsky]による努力を台無しにした。

彼らはアメリカの正統派ユダヤ人たちによる、ゲットー(ここで、子供の死亡率は60%だった)に食糧小包を送るための計画を、それがボイコットに違反すると言って、停止させた。

彼らは、英国議会の難民たちをモーリシャスに送るという発議を、そうではなく彼らはパレスチナに行くことを要求して、阻止した。 彼らは、米議会での同様の取り組みを阻止した。

それと同時に、彼らは若いシオニストたちを救助した。

ハイム・ワイツマン[Chaim Weizmann]、シオニストの最高責任者にして後のイスラエル初代大統領は言った:

c0139575_45832.jpg


「いかなる国もその祖国のための戦いでの死人を有する。ヒトラーの下での被害者は、我々の死人である。」 彼は言った。彼らは 「残酷な世界における、道徳的・経済的塵であった。 」

c0139575_46027.jpg


ラビ・ヴァイスマンデル[Rabbi Weissmandel]はスロバキアにいたが、アウシュビッツの地図を提供し、そしてトラックや火葬場を爆撃するよう連合軍に圧力をかけてくれとユダヤ人指導者たちに懇願した。その指導者たちは連合軍に圧力はかけなかった。なぜなら、秘密の政策は非シオニストのユダヤ人たちを絶滅させることだったからである。

ナチたちは理解するようになった。死の列車と収容所は攻撃から安全だろうと。そして実際、産業をそこに集積させた。 (ウィリアム・パール[William Perl]の『ホロコーストの陰謀[The Holocaust Conspiracy]』も参照。)

c0139575_471246.jpg


上記のどれもナチたちの責任を免除することを意図してはいない。

しかしながら、ホロコーストは避けられた、あるいは少なくとも軽減できた。もしシオニストの指導者が立派に振る舞ったとすればだ。


「シオニズム」とは何か?

アクトン卿は言った。「真実は、権力ある人々がもはやそれを抑制することを望まなければ現れてくる。」

9.11以来、ますますより多くの人々が、「陰謀的」あるいは「抑圧された」歴史観に目を向けつつある。

1891年、セシル・ローズ「円卓会議」と呼ばれる一つの秘密結社を創設した。それはイングランド銀行の株主たちとその同盟者の世界覇権へと専念するものであった。 ロスチャイルド一族を含むこれらの取り澄ました貴族たちは、世界資源並びに通貨創造に対する自分たちの独占を保護するためには世界をコントロールする必要があると実感した。

c0139575_484248.jpg


同じ人々が米国連邦準備制度およびその他の主要中央銀行をコントロールしている。

彼らはまた、フリーメーソンへの参加によって連合した。それは、その頂点では、キリスト教の破壊ルシファー崇拝、そしてエルサレムでの異教寺院の再建に専念している。

彼らはほとんどの人類を「無駄飯食い」とみなし、そして人口を削減し、劣った人たちを淘汰するための優生学の先駆者となった。 非シオニストのユダヤ人たちの最終的な撃滅は、この英国の運動に根ざしている


1897年、最初のシオニスト会議がバーゼルで開催された。 1904年には、シオニズムの創始者テオドール・ヘルツル[Theodore Herzl]が、不審な状況の下で死亡した。 その運動は、円卓会議によって引き継がれたその目的は、それと共産主義を、世界覇権へ向けた彼らの計画を進めるために使うことであった。

1917年11月の同じ週に、ボルシェビキ革命が起こり、そしてバルフォア宣言がユダヤ人たちにパレスチナを約束した。

円卓会議グループは、人類を堕落退化させ、やる気を喪失させ、そして壊滅的な打撃を与えるために3つの世界戦争計画を計画した。第三次世界大戦は、現在始まっているがイスラム教徒に対してシオニストを戦わせた

シオニズムの目的は、中東を植民地化することを助け、イスラムを打倒し、そして油田をコントロールすることである。 この故に、イスラエルは白紙の小切手を受け取り続けている。 (一人のアナリストは、米国の納税者は1.7兆ドルを費やしてきたと見積もっている。)

イスラエルの建国がユダヤの人々の福利よりも優先されたのはこのためである。 イスラエルは、ユダヤの人々とはほとんど関係がない。

シオニズム、共産主義、フェミニズム、ナチズム、これらはすべて同じ悪魔的秘密結社の創作物である。 これらの「主義」はすべて、新封建世界独裁という最終目標への手段である。

FBI長官、J・エドガー・フーバーは、以下のように言ってこのことに言及している:「個々人は、あまりに醜悪で彼にはそれが存在すると信じることができないある陰謀に直面することによって不利な立場に立たされている。」

無意識の奴隷監視人として、イスラエル人たちは「強制的な自殺」の犠牲者であり続けるだろう。

アメリカ人たちもまた、この役割に適合させられつつある。9.11は一例である。


c0139575_4102588.jpg


アラブのテロもまた、この秘密結社に支援されている。 オサマ・ビン・ラディンは1996-1998の間に、英国に260回以上の電話をした 

c0139575_4122970.jpg

c0139575_4125534.jpg


その目的は、世界的警察国家を作り出すために、イスラム諸国と西側諸国両者を摩滅させるための口実としての「文明間の戦争」を作り出すことである。

私が「強制的な自殺」と呼んできたものは、悪魔主義的「殺処分」である。

シオニストや他の指導者たちによる「血の犠牲」への絶え間ない言及は、人間の犠牲の慣習を引き合いにだしている。 どうやら人々が屠殺されるときエネルギーが解放されるらしい。

最近、米国務副長官のリチャード・アーミテージ[Richard Armitage]は述べた。

c0139575_4145686.jpg

ヒズボラは、米国の「血の債務」を負っていると。

c0139575_4153861.jpg

c0139575_4154427.jpg



我々の支配者たちは、ルシファーへの供物として戦争を設計する。彼らは、虐殺や傷害を爽快であると感じる。犠牲にされるのが誰か他人である限り。


これはどこでユダヤ人たちを離れるか?

数千年の間、ユダヤ人たちは自分たちの生き残りを「律法(トーラー)」への献身に負っていた。前世紀、彼らはこの持ち運びのできる精神的故郷を放棄して、彼らの信仰を有形のものであるイスラエルに置いた

残念なことに、彼らは騙されてきた。 イスラエル人たちは、世界植民地における無意識の奴隷監視人になっている。 メディア、教育、政府そして金融で著名なアメリカのユダヤ人たちはまた、無意識の道具である。 彼らは、実際の犯罪者たち、世界の主要中央銀行の株主たちのために咎めを受けることになるだろう。

人類は、その指導者たちによって裏切られてきた。

ユダヤ人指導者について、イスラエルのジャーナリスト、バリー・チャーミッシュ[Barry Chamish]は述べている: 「最富裕者たちは、自分たち自身を最高ポストに任命する。かくして、最も貪欲で最も破廉恥な(あくどい)ものたちが、事を取り仕切る(芝居を上演する)。 [彼らは] ・・・自分たちの魂と自国民たちのそれを売るだろう。権力と称賛のために。」 See Barry Chamish ”Just as Scared, Just as Doomed." (バリー・チャーミッシュ・リンク。 また、こちらにもあります)

常にシオニズムを理解してきたラビ・ショーンフェルド[Rabbi Shonfeld]のような少数であるが数十万人の正統派ユダヤ人たちがいる。彼らは常にイスラエル国家を拒否し、律法に忠実であってきた。

彼らは本物のユダヤ人の復活のための中核を成すことができるだろう。 彼らのウェブサイトは www.jewsagainstzionism.comwww.jewsnotzionists.org、そしてwww.netureikarta.org である。

結論としては、ある悪魔的カルトが世界を支配している。 (訳注:戦争、ワクチンや食べ物、放射能、嘘の氾濫等をみれば、確かにそうだと思う)

これらの人々は、神を憎み、人間を憎み、そしてそれを破壊することを欲している。 彼らは、目的が手段を正当化すると信じており、そして冷酷残忍である。

彼らはユダヤ人たち、そして他の誰でもを大砲の餌として使っている。私たちは「マトリックスの子供たち」で、騙され、注意散漫にされ、発育不全にされ、そして犠牲にされる。

c0139575_4165581.jpg


神によって与えられたビジョンがなければ、我々は屠殺に導かれる羊である。

c0139575_4181692.jpg



元記事は

Zionism: Compulsory Suicide for Jews by Henry Makow Ph.D. December 9, 2002
http://www.savethemales.ca/091202.html



++
ロンドンの首席ラビは、第二次世界大戦の前、(よくあることだが)表向き飛び降り自殺と処理される高所からの落下死の少し前に、「シオニスト国家イスラエルを考え出したのはユダヤ人に対する罠である」と公言した。・・・R・D・ウィリング 『マネー/金融システムの闇の超起源』 p174

c0139575_4193235.jpg

by oninomae | 2010-03-17 22:03 | イルミナティとシオニズム  

シオニストたちが善悪を決定する by Henry Makow Ph.D.


あまり時期遅れにならないよう今日はこれにしておきます。

シオニストたちが善悪を決定する by Henry Makow Ph.D.  February 7, 2010

c0139575_18525767.jpg


アラン・ダーショウイッツ[Alan Dershowitz]は最近、リチャード・ゴールドストーン[Richard Goldstone]を「悪人」とよんだ。彼の国連の報告書で、イスラエルの2008年12月のガザ戦争を非難したことに対して。

c0139575_1935335.jpg


もし神が絶対的な真実と正義と同義であれば、ダーショウイッツはシオニズムが神に対する戦争であると暴露したことになる。シオニストたちは彼らの頭の上で善悪を逆転させ、そして「善」をなんであれ彼らを利するものとして定義する。 (訳注:もちろん、通常「善」は立場によって変わるとはいえ、あのガザ進攻を「善」とするなら、「ナチ」による虐殺も「善」とせねばなるまい。もっとも後者も彼らが関与していたわけで何の不思議もないが)

これが、新世界秩序の人々である;「善」とは「ユダヤ人たちにとって善いこと」である。

イスラエル軍ラジオ1月31日の放送で、アラン・ダーショウイッツはゴールドストーンを「裏切り者」と呼んだ

彼は「イスラエルを中傷するために彼のユダヤ人性を利用している・・・彼は邪悪な男であり、彼自身をユダヤの人々に反対するよう使った、絶対的な裏切り者である。」

c0139575_19155540.jpg


c0139575_1945358.jpg

ゴールドストーンは、イスラエルとハマス両者を戦争犯罪で非難したが、しかしイスラエルを民間人に「集団的懲罰」を加えていると署名した。

c0139575_2115361.jpg

「鉛投げ(銃砲撃)作戦」(Dec 24 2008- Jan 21, 2009) において、 イスラエルは1400パレスチナ人殺した。そのうち80% が民間人でその大半は女性と子供たちであった。 さらに5000名以上が負傷した。22000の家屋と280の学校が破壊された。約200の工場と700の事業が損害を受けた。 8つの病院と26の診療所が破壊された。

c0139575_198742.jpg

c0139575_19485623.jpg

c0139575_1982889.jpg

c0139575_1955956.jpg


これは2008年全体で4名のイスラエル人がハマスからの「ロケット」によって死亡した事に対する報復としてなされた。(さらに他の4名が、その紛争の間ロケット弾によって死亡した。)

2008年1月と2月だけでも、63名のイスラエル人たちが交通事故で死亡した。 それは、年率で378名である。

c0139575_18523227.jpg

(リチャード・ゴールドストーン)

378名の死亡者が運転に対する価格であるのと同様に、2008年のロケットによる4名の死亡は、国全体を盗んで、そして100万人を超える難民たちを野外の刑務所に監禁している事に対する安い価格である。

しかし、少数のユダヤ人たちがイスラエルの残虐行為に疑問を呈すると、彼らは「裏切り者・・・邪悪[な奴]」なのである。


もしダーショウイッツのようなシオニストたちが、形而上学的になることを望むならば、確かに彼らは悪を代表しており、そして世界の平和への最大の脅威である。

c0139575_19172841.jpg



主観

オーストリアのユダヤ人哲学者のオットー・ワイニンガー[Otto Weininger]は、彼の著書『性と性格[Sex and Character]』(1903年)の中で、ユダヤ人たちを、一部の道徳的な客観性あるいは知的誠実さにおいて無能である女性に比した。 彼らは、善悪、真実と虚偽が彼ら、彼らの指図あるいは利益・関心と独立していることを理解できるように思われない。

自ら選んだ人々の自ら選んだ指導者たちとして、シオニストたちは世界と現実それ自体を再編成する任務を有している。その多くがユダヤ人あるいは部分ユダヤ人であるイルミナティ銀行家たちは、神を演じそして現実を逆転させるというこの傾向に入り込んでいる。 

神の簒奪者たちとして、組織的ユダヤは悪をなしていることあるいは反ユダヤ主義はその結果であることを認めることができない。 何故だろうか? 彼らは神である。 彼らはすぐにそれが間違っていると全世界を納得させるだろう


c0139575_1941243.jpg


私は1973年2月21日、イスラエルがリビアの旅客機を打ち落とし105人の旅客を殺害したときイスラエルに住んでいた。その飛行機は誤ってシナイ山に迷いこんだ。私は、自己憐憫の嘆きと当たり障りのない言い訳にゾッとした。 「我々はあなたの青い目をのぞき込み、そしてそれをもう一度行う。」と、一人の解説者は書いた。 私は留まらなかった。


「弱者」

最近の一つの記事で、ロバート・フィスクは、イスラエルは常に消滅の淵にいる弱者を演じる必要があると批評している。

「1982年のイスラエルのレバノン侵略とに15,000名のレバノン人とパレスチナ人の死を忘れよ。同じ年の、彼らの部隊が見ていたようなイスラエルの民兵同盟によるサブラとシャチラの虐殺を忘れよ。 106名のレバノン人がイスラエルの砲火によって殺され、彼らの半数以上が子供であった1996年のカーナ虐殺を消し去れ。そして、2006年のレバノン戦争での1500名を削除せよ。もしあなたがここヘルツリアのイスラエル右翼の安全保障エリートを信じるならば、[イスラエルは]今や、さらに危険でさえあり、ほとんど前例のない攻撃の下にある。」

200以上の核爆弾を持つにもかかわらず、イスラエルはより侵略の終わりなき戦争を遂行するために、このヒステリーをより好む。 普通のイスラエル人たちは、戦う以外選択肢がないと感じる。 (See, my " The Zionist Protection Racket." ) (私の 「シオニストのショバ代商売」を参照)

ユダヤ人たちは守勢をとる。なぜなら彼らは理由もなく憎まれていると考えるゆえに。彼らは悪いと認めることは自分たちの絶滅を正当化するだろうと考える。

それは真実ではない。

多くのユダヤ人たちは、イルミナティユダヤ人銀行家たちのアジェンダのエージェントでありスケープゴートである。

誰も彼らを根絶しようと望んではいない。しかし、反ユダヤ主義は、新世界秩序がより明白となりより厄介になるにつれて増大するであろう。 (訳注:イルミナティユダヤ人銀行家たち他のエリートが根絶を望んでいるのは「無駄飯食い」ですかね?)

c0139575_21143828.jpg



結論

一人のユダヤ人として、私はシオニストたちがユダヤ人の利害を定義するのには飽き飽きだ;彼らの執拗な真実の歪曲には飽き飽きである。 私は、米国議会やメディアがシオニストの政策を牽引しているのにはうんざりだ;いかにシオニストたちがユダヤ人たちを従わせるために反ユダヤ主義を製造しているかにはうんざりである。  

新世界秩序は、イルミナティ銀行家のアジェンダの観点から現実(善悪)を再定義している。

ユダヤ人たち(ネオコン、自由主義者、共産主義者社会主義者、フェミニスト)は、彼らの世界政府アジェンダを前進させ、そしてすべての集団的同一性、すなわち、人種、宗教、国家そして家族(ジェンダー)を破壊するよう洗脳されてきた。


普通のユダヤ人たちは責めを負うだろう。 もし彼らが自己満足に留まっていれば、彼らは自分たち自身の他は誰も非難するものがなくなるだろう



c0139575_22133081.jpg


しかし、私は真実を認識しそれをきっぱり言う勇気を有するリチャード・ゴールドストーンのような公正なユダヤ人たちをありがたく思う。

---- ----
Makow-- On the July-August 2006 Lebanon War

"Gaza in Plain Language"  ( YouTube)

More Gaza Background (YouTube)


元記事は

Zionists Determine Good and Evil by Henry Makow Ph.D.  February 7, 2010
http://www.henrymakow.com/zionists_define_good_and_evil.html


参照

GERMANY 1940 ISRAEL 2009 -- ゲームの駒たち
http://satehate.exblog.jp/10698986/


反ゴールドストーン報告書 2010年02月10日
http://icke.seesaa.net/article/140781355.html

アメリカが国連のゴールドストーン報告書を葬ると宣言

イスラエルの消息筋は土曜日に、アメリカはイスラエルのガザ戦争についてのリチャード・ゴールドストーン判事の報告書を葬るとイスラエルの指導者に明言した。また、イスラエル政府は独立調査委員会を作ってゴールドストーン報告書に対応することを明言した。

国連ではこの報告書について話し合いを近々持つ予定であるが、その日時についてはまだ決められていない。

しかし、イスラエルの消息筋によると、イスラエルは「これ以上の協力」はしない、そしてアメリカがこの報告書が安保理に届くことを認めないだろうという。

先週、イスラエルはイスラエルとアメリカの当局者の間でゴールドストーン報告書に対処してそれを葬り去るための方法を決めるための会談が数回行われたと、イスラエルは認めた。

元記事

U.S Vows To Bury Goldstone Report At UN by Saed Bannoura
http://globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=17478


銀行ギャングたちは、如何にしてアメリカに第二次世界大戦参戦を強いたか  By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/13590054/

ルーズヴェルトを排除する銀行家の計画は一つの策略だった By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12858537

世界大戦は画策されているか?   By Henry Makow Ph.D.  + 8.30の画策?
http://satehate.exblog.jp/12262967

マルティン・ボルマンはロスチャイルドのエージェントだった-のっぴきならない証拠 by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12247023/

共産主義-イルミナティ・ユダヤ人の窃盗と殺人のための策略 By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12103516

ナチとソ連は一体のものとして行動した  by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12129750

ロンドンは世界のテロリストの本部である  By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/13469887/

まやかしの 「イスラム・テロ」  どうじまるHP
http://doujibar.ganriki.net/falseterrorism/falseterrorism_menu.html

9.11/謀略をもって、闘争を遂行すべし
http://satehate.exblog.jp/9909348


++
キチガイシオニストの笛で「クリスチャン」シオニストが、イスラムと戦って滅びることになっているそうです。











c0139575_2272671.jpg

by oninomae | 2010-02-17 19:37 | イルミナティとシオニズム