人気ブログランキング |

民主党が裏で自民党と手を握り公務員売却法に合意した背景 by 小野寺光一

(前略)

民主党が裏で自民党と手を握り公務員売却法に合意した背景

c0139575_14301399.jpg


ひさしぶりにあきれた。

民主党である。

私はこう思った。

やはり民主党は、危険な存在なのかもしれない。

それでは、何が危険なのか?というと、

「政策の『浅はかさ』」にある。

というわけで、民主党を批判したい。

民主党の存在とは何か?

c0139575_14315646.jpg

これは、ある意味、「米国ユダヤ政府のグローバルな日本占領計画を補完する勢力なのかもしれない」ということだ。(引用注:特に「指導部」がそうであることは、わかりきっている)

とにかく、「民主党というのは、裏で自民党とつながっている」

のである。

私は、民主党を応援する一方、この民主党のある意味危険性も感じてきたので、これについて取り上げたい。(引用注:もちろん比較的まともな議員もいるし、さてはても応援しているが、隠れ蓑にされているわけだ)

ここに「実は何か隠されている」のである。

c0139575_143401.jpg

おそらく、ここに切り込まない限り、この民主党という政党は、

永久に野党なのである。

民主党の戦略の特徴は

日本における東京大学卒業の人たちが国家経営にかかわる制度(つまり、「官僚」という制度)を攻撃している点にある。

結局、

以下のユダヤ外資の戦略を補完している。


c0139575_14352693.jpg

米国は「日本の陰謀」官民一体で狙う世界制覇
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0184122373
http://www.junkudo.co.jp/detail2.jsp?ID=0186386208
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4334960022.html

マービン J.ウルフ 著 竹村 健一 訳 光文社
という本の中で

世界最強の経済国家の日本を分析して
その中心にいるのは、「東京大学卒の頭脳」が国家経営にかかわる制度
つまり官僚制度にあると結論づけている。

彼らは官僚制度を破壊しようという計画をこの中で述べている。

実はこの戦略が後に民主党が言い出す戦略とそっくりである。


日本弱体化のために、この「官僚=悪」という一大キャンペーンがなされた。

c0139575_14383123.jpg


<東大卒が日本のために働かないようにするキャンペーン>
東京大学の学生を誘導するための優遇再就職制度(いわゆる天下り)も悪というキャンペーンが猪瀬を中心になされた。

今年東大卒の人たちで優秀な人物は官僚ではなく外資に就職しているという。つまり「日本の敵側になった」ということだ。

<ユダヤ外資は銀行をほしかったので最初に大蔵省を攻撃して解体へ>

まず最初にやられたのは、大蔵省だった。

このときにノーパンしゃぶしゃぶ問題という半ばどうでもよい問題で

日本の金融機関を守ってきた大蔵省を攻撃して、一般大衆には「ノーパンしゃぶしゃぶでけしからん」という俗悪な見世物を提供してもっとも優秀な官僚を追放。

官僚は、これまで日本の金融機関を絶対に倒産させないとしてがんばっていた。
このころ、「金融機関を守る=護送船団方式が悪だ」という一大キャンペーンがなされる。

<ノーパンしゃぶしゃぶ攻撃で一千兆円の金融機関を占領に成功>

そのあと、1千兆円になる日本の金融機関をものにしていった。
c0139575_14425438.jpg

etc.

今回も、民主党売国派が自民党と

裏で手を結び、

この制度を攻撃している。

c0139575_1444442.jpg

キャリア制度廃止

これは東大卒の人たちを官僚にはせずに、外資に誘導する効果をもつ。

利益しか考えない政治へ行政を従属させてさらに悪質にする

そして、

内閣が、官僚の人事を決めるというが、
政治家は単に利益のために動いていることばかりで
私の見たところ「国家」のことを一番考えてきたのは
実際には「官僚」の人たちである。


この小泉構造改革という国家規模の詐欺に一番最初に気づいたのは官僚の人たちだった。

これほど、政治家が能力低下し、信頼できない時代には

官僚は人事権で独立させるべきである。



売国に反対する官僚は人事権で処罰できる制度が強化>

小泉政権では、日本の民衆を守る役割を果たそうとした官僚はことごとく、人事権によってやられている。

佐藤優氏も道路公団総裁の藤井氏もそうである。

<日本をあきらめさせる>

今回の公務員改革という人材売却制度は

日本の国益を守ってきた東京大学卒の人たちを
何とかして罰して「日本をあきらめさせる」
キャンペーンの一環である。


<権限委譲は倒産させるため>

つまり公務員という日本を守る人たちを追放してそのあと、地方自治体に権限委譲という形で
あらゆる権限を委譲。

この本当のねらいは、各地方自治体を「倒産」させること。

倒産させれば安くのっとれる。


c0139575_144671.jpg

そして米州制の導入。

日本という国家を分割統治する。


日本という国家は消滅して

天皇制は消滅。皇居は売り出しになりユダヤ外資が買い取る。

それがねらいでやっているのである。

おそらく小沢一郎氏はゴルバチョフの役割を期待されている。
つまり善意で改革をするのだが、途中で追放されるのである。

そしてエリツインが出現して
ユダヤ財閥がすべての国家資産を官僚から分捕る。


最終的にはプーチンが台頭して
「偉大なイイジ○」の全体主義が台頭して戦争に突入する。
 


c0139575_14482692.jpg

c0139575_14491152.jpg

c0139575_1449589.jpg


行政改革推進法案は廃案にすべき 国際評論家小野寺光一の政治経済jの真実
http://asyura2.com/0601/senkyo22/msg/384.html



まぶちすみおの「不易塾」日記     □■
□■2008年(平成20年)5月28日 第1290号■□

水面下での修正協議の間、言えなかったこと、書けなかったことたくさんあった。

川田アナ自殺と自殺者倍増計画
http://archive.mag2.com/0000154606/20080527010242000.html

消費者庁とニューウェイズ社報道にみられるガン産業の影とガン患者倍増計画
http://www.asyura2.com/08/senkyo50/msg/420.html

<首相官邸および官僚に意見しよう>

こちらの首相官邸から
入れる意見要望のところから
入れてください。

各府省への政策に関する意見・要望
http://www.kantei.go.jp/jp/iken.html
https://www.e-gov.go.jp/policy/servlet/Propose

以下は元ページ参照


追記 2008.5.30

コールマン曰く、「2008年、300人委員会は日本破壊計画の最終段階を迎えている」と。これはその通りであろう。真実の日本民族、本当の日本人愛国者は今、なにをなすべきなのか。  太田龍

更新 平成20年05月30日00時18分 平成二十年(二〇〇八年)五月二十九日(木) (第二千四百三十六回)

○ 「この二〇〇八年、三〇〇人委員会は日本破壊計画の最終段階を迎えている。だが、残念ながら、日本にはプーチン大統領のような英明で勇気のある指導者は存在しない。」(成甲書房より、七月はじめ刊行予定、ジョン・コールマン博士著、太田龍監訳「新版300人委員会」上巻『日本版への序文』より)

○コールマン博士のここでの日本に対する警告は、その通り。

○コールマン博士は、一九九〇年代から、同博士の著作の日本語版への序文の中で、継続的に同種の警告を日本民族に対して、発信し続けて来た。

○ユースタス・マリンズも

 「衝撃のユダヤ5000年の秘密」(日本文芸社、絶版)
 「世界権力構造の秘密」(成甲書房、上下巻)
 「民間が所有する中央銀行」(面影橋出版、在庫切れ)

 この三冊の日本語版への序文の中で、ほぼ、同趣旨の警告をして居る。

○「二〇〇八年、300人委員会の日本破壊計画の最終段階」とある。

○まさしく、この通り。

○ここで、コールマン博士が、「三〇〇人委員会の日本破壊計画の最終段階」と名付けているところのものは、

○筆者が、十年以上前から「ユダヤイルミナティの対日侵略戦争の第五波」

○として居るものと、ほぼ全く同一であるだろう。

○この第五波は、ユダヤイルミナティによる日本の本丸の占領として位置付けることが出来る。

○「日本の本丸の占領」とは何か?

○この「第五波」は、一九九八年から開始されたと、筆者は見ている。(引用注:さてはては、1994年の松本サリン事件を一つの区切りと位置づけている。金融操作主体から、暴力的実力行使による心理操作を開始したと

○しかし、そもそも、日本の「本丸」とは何か。そこには、誰が居るのか。

○イルミナティ世界権力が日本に埋め込んだ有力なエージェントと、推定され得る、苫米地英人(とまべちひでと)  (引用注:サリン事件の本質隠蔽に関わった可能性がある。さてはてが、引っかかるものを感じるのはここです。オウム心理操作実験に実験者として参加していたのではないのか?と..

○このひとの近著「洗脳支配」の二百三十頁を開く。「このままいけば、日本のIMF管理は五年以内に実現するでしょう……」とある。

c0139575_14514747.jpg

○既に、十年も前に、きわめてあやしげな、日本崩壊(日本壊滅)のシナリオを描いた著作(上下二巻)が出版されているがこれも、IMFが日本占領軍として出現するところで終わっていた。

○一九九〇年代半ば、中国の李鵬首相(当時)が、オーストラリア訪問中、

○二十年以内に、日本と言う国家は消滅しているであろう、と発言したと言う。

○一九九〇年代半ばから、二十年以内とは、

○概ね、二〇一五年頃。又は、二〇一〇年代の半ば頃。

c0139575_14523654.jpg

○イルミナティのエージェントのように見える、苫米地英人氏の前出著作に五年以内の日本のIMF管理とは、二〇一三年である。

○これは、コールマン博士が、三〇〇人委員会の日本破壊計画の最終段階、と言う展望と、ほぼ、符合するであろう。

c0139575_14535655.jpg

○今や、日本の本丸に、敵(イルミナティ、三百人委員会)の軍隊が充満して居る、のである。

○この苦い、現実………
 普通人は、とても直視することの出来ない悲惨で残酷な現実を直視し得るためには並外れた勇気、そして、知力と胆力、そして非常に高い次元の霊的能力が要求されるであろう。

○そのような精神力は、どのようにして、養うことが出来るのか。

c0139575_14543543.jpg

○それが問題である。

 (了)

【案内】

◎近刊予告。
 七月はじめ成甲書房より刊行予定

  ジョン・コールマン博士著、太田龍監訳
  「新版300人委員会」

  上下二巻 約七百二十頁
  定価 各千八百円プラス税 上下セット合計三千六百円プラス税
  成甲書房刊

  日本義塾出版部でも予約受付中。

参考
『洗脳支配』 苫米地英人:著 いまテレビは、明らかに馬鹿な日本人をつくるプロジェクトが始まっています。
http://blog.goo.ne.jp/2005tora/e/a945a87773c443f052226fb5b2cdc834


『洗脳支配』は一読の価値はありますが、こうして情報開示して、からかっている可能性もあるのです。

by oninomae | 2008-05-29 21:52 | 政治詐欺・政治紛争  

<< Who's afrai... 大統領? >>