人気ブログランキング | 話題のタグを見る

究極の大陰謀 「映画」の向こう側 by デーヴィド・アイク

デーヴィド・アイク 究極の大陰謀(原著2002.10、日本語版2003.12出版) 下巻 第15章 「映画」の向こう側 p338-341 より抜粋紹介。

究極の大陰謀 「映画」の向こう側  by  デーヴィド・アイク_c0139575_6514788.jpg


ブッシュ政権の背後の勢力、たとえばCFR外交問題評議会)や、ブレジンスキー元大統領補佐官がデーヴィッド・ロックフェラーのために作った日米欧三極委員会ビルダーバーグ・グループなどは世界独裁のための準備を重ね、今では5年以内にこれを達成すべく実行に移ろうとしている。 --元ドイツ国防省職員、元NATO顧問、ヨハネス・ケップル博士

●《9.11》は世界規模のファシスト軍事国家に向かう着実な一歩

9月11日の出来事とその結果、そしてその隠蔽工作は、孤立した偶発的な悪夢ではない。たいていのものは、時がたち、記憶が薄れるにつれて日常から忘れられていくが、これは違う。アメリカ国内で無くなった3000人の人々、「テロとの戦い」で亡くなり、手足を失った数千人もの人々は、世界規模のファシスト国家建設という冷酷に計算された計画の一部なのだ。

そのファシスト国家にとっては、人間などマイクロチップを埋められた駒にすぎず、精神医学の助けが必要な連中が作るちっぽけな秘密結社のために使い棄てられていく。

この計画は、私たちの「時間」の範疇で言えば、少なくとも何千年も前から進められてきたものである。

この計画がこのまま進めばどんなことになるのか説明しよう。《9.11》の恐怖が「それ」ではない。「それ」は世界規模のファシスト国家であり、《9.11》は一歩にすぎないのだ。

私はこの情報について1990年代の初めから調査、発信をおこない、いま目の前に姿を現そうとしているその社会について警告を発してきた。数千人もが同じことをしてきたし、先見の明ある研究者は何十年も前からアジェンダについて暴露している。

だが人々はほとんどがそれを無視するか、そうでなければ笑い飛ばした。

しかし初めはゆっくりと、そして今や急激な速さで、実に多種多様な背景を持った世界中の人々が、いま起こりつつあることを明らかにしようと目覚め、結集しつつある。

究極の大陰謀 「映画」の向こう側  by  デーヴィド・アイク_c0139575_21404975.gif


私のウエブサイトだけでも1週間に100万回ものアクセスがあり、毎週その記録を更新し続けている。その理由は、この陰謀を調査し、膨大な証拠の数々を暴露しようという人々が増えているだけではなく、長年練られてきたアジェンダを秘密裡の操作によって導入するときが来たからでもある。アジェンダがその殻を破り、その姿を現すときが来たのだ。

マイクロチップを埋め込まれた社会を予言するのとマイクロチップが実際に導入されるのとでは全然違う。いま私たちは、何年か前に私の著書や他の研究者たちが予言していた変化が日々現実のものとなるときを迎えている。それが進むにつれ、アジェンダを「内側」から見ていた人々が、自分たちの経験からその計画を確認するということが増えてきている。

その一人がヨハネス・ケップル博士だ。博士はドイツ国防省の元職員であり、1970年代の終わりにはNATOに勤務し、ビルダーバーガーであるマンフレート・ヴェルナー元NATO事務総長の顧問を務めた。

それ以外にも、たとえばズビグニュー・ブレジンスキー(デーヴィッド・ロックフェラーとともに日米欧三極委員会を設立。ジミー・カーター大統領の国家安全保障担当補佐官)のような政治の要職にあるイルミナティのメンバーにも会っている。

ケップルは、イルミナティ機関であるビルダーバーグ・グループの会合や三極委員会の別の部署で発表もおこなってきた。そしてついに、それまで目にしてきたことから、陰謀が単なる理論ではないことに気がついたのである。

連中は本当に世界を支配しようと考えており、ブレジンスキーはまさにその中心にいたのだ。

ケップルはいっている。

私は1983年から1984年にかけて、これらの人々が各国政府の乗っ取りを組織していると警告した。民主主義を滅ぼそうという計画が明らかに存在する。その指導者はその人の人間性によってではなく、エリートたちの運営する経済システムへの忠誠度によって選ばれ、その権力を維持することだけを考えている。今や世の中には偽の民主主義しか存在していないのである。

ブッシュとブレアはまさにこれのよい例だ。ケップルは、自分が「犯罪者の社会」とつきあっていたことに気がついたといった。陰謀について警告する彼の手記は、ついには『ニューズウィーク』のような有名誌に妨害され、30年にわたる政界でのキャリアも粉々になってしまった。

覚醒した頭脳を持った他の人々と同様ケップルも、《9.11》や「テロとの戦い」の本当の意味を見抜くことができた。

これは「テロとの戦い」にとどまらない。世界中すべての市民に対する戦争なのだ。

究極の大陰謀 「映画」の向こう側  by  デーヴィド・アイク_c0139575_6485031.gif


「現代のエリート」は人々が手も足も出ないような圧倒的な恐怖を作り出している。しかし、忘れてはならない。「これは今後5年以内に世界独裁を成し遂げるための一つの動きだ。おそらく次のチャンスはもうない」。

究極の大陰謀 「映画」の向こう側  by  デーヴィド・アイク_c0139575_7565264.jpg


--
同p377-378より

世界がこのような状態になっているのは、政治や軍やマスメディアの背後にいる勢力がそう望み、私たちがそれを許しているからだ。

イルミナティの軍事国家がこの星での支配を広げる一方で、主流メディアはゲーム番組を流し、スポーツや有名人のゴシップに熱狂し、世界についての公式見解を宣伝するプロパガンダ部門にすぎない「ニュース」を伝えることで、大衆の気をそらしている

--
・・・・・その計画は、真に迫った事件を段階的に次々と起こし、2012年に向かって、年ごとにとてつもない恐怖を生みだすというものだ。これには第三次世界大戦の勃発も含まれている。そのためにはイスラム教徒を刺激して西欧に『聖戦』を挑ませるか、中国を利用して世界的な紛争を起こさせるか---その両方かもしれない」(デーヴィド・アイク『大いなる秘密』より)

究極の大陰謀 「映画」の向こう側  by  デーヴィド・アイク_c0139575_9172739.jpg

究極の大陰謀 「映画」の向こう側  by  デーヴィド・アイク_c0139575_9174673.jpg


参考

続報:「米国を包囲する傭兵300万人の意味するもの」 オルタ
http://alternativereport1.seesaa.net/article/49423811.html


静かに進むクーデター オルタ
http://alternativereport1.seesaa.net/article/49426120.html


現在、米軍の過半を傭兵が占めている事の意味するものはそれである。
 国家の軍隊の過半を国家に所属しない「別の何者か」が占有し始める。これは静かに進行しつつあるクーデターである。

FEMA連邦危機管理庁、CIAの人間ロボット化計画 オルタ
http://alternativereport1.seesaa.net/article/49427707.html


政府が認める強制収容所の存在 オルタ
http://alternativereport1.seesaa.net/article/49428858.html


動き出した、有色人種大量虐殺計画 オルタ
http://alternativereport1.seesaa.net/article/69853396.html


 既報のように、米国ロックフェラーは大規模な地球人口の削減計画を立て、エイズ、サーズ等の生物兵器を世界各地にバラマキ、人口削減を実行して来た。

 最終的にロックフェラーは、地球人口を10億人程度にする計画であり、人間8人の内7人、つまり大部分の人間を殺害する計画である。生き残る資格は大部分が白人に与えられ、黒人、日本人等の黄色人種は、まず全滅させられる。 (くわばら、くわばら)

 この大量虐殺の最終段階として、軍隊による一般市民の強制収容所への監禁、ガス室を使った毒ガスによる市民の大量虐殺が計画されている。

 ロックフェラーは、既に、私設の傭兵部隊を持ち、各地で断首台と、毒ガス室を付属させた強制収容所を建設し終えている。

 この強制収容所の所在地と軍内部の虐殺計画書は、既に拙稿で明らかにした通りである。

 この計画を「設計」した、ロックフェラー直属のズビグニュー・ブレジンスキーが、次期大統領候補のバラク・オバマ民主党上院議員の外交問題顧問に就任した。

 オバマが大統領になれば、この有色人種の大量虐殺計画は、ブレジンスキーの指示で、密かに、強力に推進されるであろう。

続報、守屋・元事務次官逮捕の深相 オルタ
http://alternativereport1.seesaa.net/article/70689077.html


 現在、世界各国の軍隊内部で、傭兵を増員させ、傭兵企業に軍隊の「指揮権を移行」させ、国家から軍隊の指揮権を「事実上奪う」動きが急激に加速している真の理由は、この世界規模でのクーデター計画にある。議会制民主主義も、報道・表現の自由も、「これで死ぬ」。

 このクーデター計画の設計者で、ロックフェラーをボスとするズビクニュー・ブレジンスキー(民主党大統領候補バラク・オバマの外交問題顧問)による、「日本の軍隊を編成変えする必要がある」との「指示」により、日本でも自衛隊の要職と指揮官(の顧問)等を、民間傭兵企業からの「外人部隊」に「置き換える」という、「強い要請」が来ている。

 守屋等の防衛族からは、部下の自衛隊職員のクビを切る事になるこの計画に対し、単純な「雇用維持、現状維持」の観点から、猛烈な抵抗が行われて来た。その守屋の結末が、CIA=東京地検による逮捕である。

 自衛隊の要職(の顧問)を、ロシア軍出身の傭兵に「置き換える」理由は、クーデター時に無感情に日本人を大量虐殺するには、指揮官と殺害現場担当者の多数は、「日本人に対して愛着が無く、スムーズに日本人虐殺が出来る」外人部隊でなくては「ならない」。外人傭兵部隊を使う理由は、ここにある。

 既報のように、これらロシア人傭兵部隊は、ロシアン・マフィア=マーク・リッチの部下達であるが、ロシアン・マフィアは、現在、日本の警察機構の「動脈」を完全に支配下に置いている。

米国次期政権の世界戦略  オルタ
http://alternativereport1.seesaa.net/article/82443432.html


Behold,A WHITE HORSE その6 ゲームの達人 2008/2/3
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/1130.html


前の記事で転載禁止と書いたが考えを変えた。この連載をありとあらゆる方法で伝えてください。もうあまり時間が残されていない。

達人さんが、核兵器によるアメリカ炎上「テロ」が近いと伝えています。

(シスコさんが、「キリスト教徒」的立場からするとアイクを警戒という気持ちもわかるが、まあここでは気にしないでおこう。)


果たして、ばればれ状態で実行するだろうか?実行するとすれば、有無を言わせぬ弾圧になるだろう。

"SMOKING GUN" PROOF THAT ILLUMINATI PLAN TO ATTACK ON 9/11 AND BEYOND WAS WELL KNOWN AS FAR BACK AS 1995!
http://www.galactichub.net/hub/prophesy.htm


究極の大陰謀 「映画」の向こう側  by  デーヴィド・アイク_c0139575_12145651.gif

White Magic occultist, David Icke has pulled the most pertinent cards of this game out of the 100 cards the game contains; Icke selected these cards because they significantly tell the story of the Illuminati to produce the wars, the panics, the epidemics needed to produce Antichrist.

デーヴィド・アイクさんは、お見通しでした。
イルミナティ[サバティアン・フランキスト]を軽視しているとなかなか気づかない。 → 嘲笑われたままである。)

究極の大陰謀 「映画」の向こう側  by  デーヴィド・アイク_c0139575_1253427.jpg

究極の大陰謀 「映画」の向こう側  by  デーヴィド・アイク_c0139575_1261397.jpg

究極の大陰謀 「映画」の向こう側  by  デーヴィド・アイク_c0139575_1264573.jpg

究極の大陰謀 「映画」の向こう側  by  デーヴィド・アイク_c0139575_127372.jpg

究極の大陰謀 「映画」の向こう側  by  デーヴィド・アイク_c0139575_1293553.jpg

究極の大陰謀 「映画」の向こう側  by  デーヴィド・アイク_c0139575_12101092.jpg

究極の大陰謀 「映画」の向こう側  by  デーヴィド・アイク_c0139575_12104363.jpg

究極の大陰謀 「映画」の向こう側  by  デーヴィド・アイク_c0139575_12111815.jpg

究極の大陰謀 「映画」の向こう側  by  デーヴィド・アイク_c0139575_1212267.jpg


究極の大陰謀 「映画」の向こう側  by  デーヴィド・アイク_c0139575_12153780.jpg


The Rothschild-Israel Occult Connection
http://www.realjewnews.com/?p=129


究極の大陰謀 「映画」の向こう側  by  デーヴィド・アイク_c0139575_20594873.jpg

究極の大陰謀 「映画」の向こう側  by  デーヴィド・アイク_c0139575_2113668.jpg

究極の大陰謀 「映画」の向こう側  by  デーヴィド・アイク_c0139575_212371.jpg

by oninomae | 2008-03-02 06:42 | NWO・番号付動物農場・警察国家  

<< 米農務長官 ダウナーカウ完全禁... 簡便にして破壊的なPRS(問題... >>