人気ブログランキング |

そんなこと あるかい?だ。 すばらしき弁証法=マッチポンプ

「アル・カーイダ、米本土への攻撃を画策」米が報告書
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20071010i204.htm


 【ワシントン=宮崎健雄】米ホワイトハウスは9日、大規模テロ攻撃や自然災害の対策を包括的に盛り込んだ報告書「本土防衛のための安全保障戦略」を公表した。

そんなこと あるかい?だ。 すばらしき弁証法=マッチポンプ_c0139575_7424392.gif


 報告書は、国際テロ組織アル・カーイダが勢力を再び強め、米本土への攻撃を画策する「最も深刻で危険な脅威だ」と断じ、警戒が必要と訴えた。

 53ページの報告書は、米同時テロの翌年の2002年に出された同名の報告書の改訂版で、アル・カーイダは、パキスタン国境の部族支配地域で勢力を蓄えながら、生物、化学、核などの大量破壊兵器獲得に取り組んでいると指摘。米国内に仲間を送り込んで活動を強化しようとしているほか、イラクのアル・カーイダ系組織などと連携して米本土への攻撃を画策していると危機感を示した。

 また、レバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラも、米国がヒズボラやその支援国であるイランに対して圧力を強めれば、米本土への攻撃を企てる可能性があると予測している。

(2007年10月10日11時10分 読売新聞)

そんなこと あるかい?だ。 すばらしき弁証法=マッチポンプ_c0139575_5351836.jpg


そんなこと あるかい?だ。 すばらしき弁証法=マッチポンプ_c0139575_531943.jpg


そんなこと あるかい?だ。 すばらしき弁証法=マッチポンプ_c0139575_5314386.jpg


そんなこと あるかい?だ。 すばらしき弁証法=マッチポンプ_c0139575_5365436.jpg


そんなこと あるかい?だ。 すばらしき弁証法=マッチポンプ_c0139575_5383019.jpg

こんなことならあるんですがね。

ラッセルが余すところなく明らかにしたように、人種や民族・国家への誇りは、ワン・ワールド政府の下での新世界秩序の道とは真っ向から対立する。

だからラッセルは、民族主義・国家主義は数十億の人間ともども地球上から一掃されなければならない、と言ったのだ。


「現在、世界の人口は1日に5万8000人ずつ増加している。戦争も、これまでのところ何ら大きな効果をあげることができず、人口増加は両大戦を経てもなお続いている。しだがって、戦争はこの観点から見れば期待外れだった。だが、細菌戦争ならば効果があるかもしれない。(14世紀にヨーロッパの人口を激減させた)黒死病(ペスト)の様なものを各世代に一度ずつ、世界中に蔓延させる事が出来れば、生き残った者は自由に子供を作れるし、世界が人間であふれることもない。その時点での不快感はあるが、それが何ほどのことだろう

新しい黒死病を造り出すという課題は、アウレリオ・ペッチェイ指揮下のローマクラブに与えられた。ラッセルの弟子に当たるペッチェイは、その著書のなかで 「私は究極の敵と出会った。その敵とは人類だ」 と述べている。

そんなこと あるかい?だ。 すばらしき弁証法=マッチポンプ_c0139575_1615421.jpg


ペッチェイによれば、あまりにも多くの「ムダ飯食い(ユースレス・イーターズ)」が居て、世界にゴミをまき散らし、天然資源を必要以上に消費し、川や土や海を汚しているのだという。解決策は?「ムダ飯食い」の数を少なくとも半分の約25億人まで減らすこと。 それも2005年までに、だ。(引用注:未達。遅れているがエイズ等の時限爆弾はすでに有効に働いている。)

この目的のためにペッチェイは、有名な「ニューサイエンス」の科学者や、マーガレット・ミードといった人類学者を集めたチームを編成し、2005年までに世界人口の半数抹殺を実現するための、青写真の作成を命じた。それは、実際に西暦2000年までに数億人を抹殺するというものだった。

こうして出来たのが「グローバル2000」大量殺戮計画で、伝染病などを使って高い死亡率を達成し、不必要な人間を殺してしまおうというものだ。この計画には、工業と大規模農業の破壊も盛り込まれている。失業や飢餓を生みだして、病気や死に拍車をかけようというわけだ。

そんなこと あるかい?だ。 すばらしき弁証法=マッチポンプ_c0139575_1951085.jpg

                   こりゃなーんだ?

参考

300人委員会凶事の予兆 ジョン コールマン、John Coleman、 太田 龍 (単行本(ソフトカバー) - 2000/7)

The Truth - Dr John Coleman/Committee of 300 - 1of10
http://jp.youtube.com/watch?v=fRth9k5U4V0


そんなこと あるかい?だ。 すばらしき弁証法=マッチポンプ_c0139575_731761.jpg


World In Review
http://coleman300.com/books.htm


そんなこと あるかい?だ。 すばらしき弁証法=マッチポンプ_c0139575_854616.jpg


そんなこと あるかい?だ。 すばらしき弁証法=マッチポンプ_c0139575_236371.jpg


そんなこと あるかい?だ。 すばらしき弁証法=マッチポンプ_c0139575_2392945.jpg


三百人委員会/秘密結社ローマクラブ=ユダヤフリーメイソン
http://www.asyura2.com/2002/ishihara1/msg/337.html


ジョン・コールマン氏の「第三次世界大戦」を読む
http://www.ne.jp/asahi/petros/izumi/arano/arano050511.htm


そんなこと あるかい?だ。 すばらしき弁証法=マッチポンプ_c0139575_7195798.gif


れんだいこの共謀罪見解
http://www.marino.ne.jp/~rendaico/kyobozaico/rendaicokenkai.htm


共謀罪は、ネオ・シオニストの世界支配計画に添った諸国人民の抵抗権圧殺法ではないかと理解している。

太田龍・氏は、「時事寸評」で共謀罪について次のように言及している。これを引用しコメントしておく。
 太田氏は、2006.5.10日付け第1672回、「共謀罪、それは、日本民族=日本国の殺害と全日本人をNWO=世界人間牧場に狩り立てて行くための布石の一つであることに気付け」で、共謀罪の背景について、「日本が、今『NWO=新世界権力=世界国家=世界人間牧場』の法制へと、巻き込まれつつあること、そのことを認識しなければならない」と述べている。この観点は、J・レッデン著「How Citizens are Turned into the Eyes and Ears of the State 」(2000年初版)(田中宇・訳「監視と密告のアメリカ」(成甲書房、2004.4月)が鋭く指摘しており、この見地に立つことにより「共謀罪なるものの本質が良く見えて来る」と云う。


「NWOのアジェンダ(計画)」は、既に百年以上も前から論ぜられているとして、その主たるものの一部として以下の書物を紹介している。
1 H・G・ウエルズ 「公然たる陰謀」(未邦訳)
2 H・G・ウエルズ 「来たるべき世界」(邦訳『世界はこうなる』)
3 オルダス・ハックスレイ 「すばらしき新世界」(邦訳あり)
4 オルダス・ハックスレイ 「すばらしき新世界再論」(邦訳『文明の危機』)
5 ジョージ・オーウェル 「一九八四年」(邦訳あり)
6 ブレジンスキー 「テクネトロニック時代」(邦訳あり)
7 アイン・ランド 「肩をすくめるアトラス」(邦訳あり)

H. G. WELLS THE NEW WORLD ORDER
http://www.prisonplanet.com/hg_wells_the_new_world_order.html


人間操作の時代
http://www.asahi-net.or.jp/~IR4N-KHR/booke/vpackard.html



++
軍事力増大と警察力強化・・この二つを欠いては、前述の計画を完成させることは全くできない。われわれの到達目標は、われわれを除いては、世界のすべての国家には、プロレタリアート群集とわれわれの利益に奉仕する少数の百万長者と、警察官と兵隊たちだけがいればよろしい。 (プロトコール7より)

われわれが人民に叩き込まなければならないのは次のことである。憲法発布のその瞬間、世界の人民は革命が成し遂げた厳然たる事実に呆然とし、まだ恐怖心と半信半疑の気持に捕われている時から、われわれがすこぶる強力、難攻不落、かつ、十二分過ぎるくらい力に溢れていて、いかなる場合であっても、かれらに一顧も与えず、かれらの意見や意志には一瞥も加えず、いかなるささやかな反抗の表明も示威も、時と所を問わず、一つ残らず粉砕する用意があり可能であり、われわれは取るべきものはすべて取り、いかなる事情にせよ、われわれはかれらと権力を分け合うことはありえない……そうすれば、かれらは恐怖に身震いして何事にも目を閉じ、事の成行きを最後まで見守るほかはないであろう。 ゴイムは羊の群であり、われわれは狼である。狼が羊の群に入ったらどういうことが起こるか、御存知であろう。(プロトコール11より)

今日の新聞の役割とは何か? それはわれわれの目的には有利な激情を爆発させ燃え上らせることに役立つ。さもなければ、諸党派の利己的な目的に役立つ。新聞は多くは浅薄、不当、虚偽であり、大多数の人々は新聞が本来何の役に立つのか考えようともしない。 (プロトコール12より)

だが、もうみんなしらけちゃってるんじゃないの?いまどき。

そんなこと あるかい?だ。 すばらしき弁証法=マッチポンプ_c0139575_493391.jpg


そんなこと あるかい?だ。 すばらしき弁証法=マッチポンプ_c0139575_10353831.jpg

                セカンド・チャンスはあるかいだ?

そんなこと あるかい?だ。 すばらしき弁証法=マッチポンプ_c0139575_7481645.jpg


そんなこと あるかい?だ。 すばらしき弁証法=マッチポンプ_c0139575_72602.jpg

                   そんなことあるかいだ?

そんなこと あるかい?だ。 すばらしき弁証法=マッチポンプ_c0139575_152321100.jpg

                      あるかいだ?

ブッシュ一族が南米パラグアイで広大な土地を取得、戦犯訴追からの逃避目的か?
http://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/93ed7a3f084f2216b7189029641baa42


そんなこと あるかい?だ。 すばらしき弁証法=マッチポンプ_c0139575_18263612.jpg


そんなこと あるかい?だ。 すばらしき弁証法=マッチポンプ_c0139575_1281295.jpg

by oninomae | 2007-10-13 05:32 | 戦争詐欺・紛争  

<< 麻疹メモ 沈黙の春再びか? Bt毒素Cr... >>