人気ブログランキング |

年齢を問わず、白血病の発症例が増えているようだ

震災後、福岡に母子で避難していた4歳の子が急性白血病 Posted 1月 27th 2014
http://bran7.net/archives/44440

われわれ家族にとっては、最もあってほしくないことが起こりました。 命より大切なわが子(4歳)が、先週、急性白血病と診断されました。 すぐに入院し、現在、治療を受けています、 今は、家族が全力で子供の治療に専念したいと思いますので、よろしくお願いします。
— リーダー(マッチョな反原発) (@leaderleader1) 2014, 1月 26

事故直後3月15日に一時避難し、その年の7月から福岡に母子避難、飲食も気をつけ、尿からもセシウムが検出されず、安心しておりましたが、やはり難しかったようです。 風邪の治りが悪い、元気がない程度でまさか白血病とは・ しばらくは、子供の治療のため福岡に滞在し、治療に専念します。
— リーダー(マッチョな反原発) (@leaderleader1) 2014, 1月 26

急性小児白血病の症状は、本当にわかりません。 うちが思いつくのは、 ・風邪が治りにくい。 ・少し元気がない。 後半に、貧血で顔色が悪い。 程度です。 お子さんでこのような症状がある場合は、このようなご時世なので、念のため血液検査をしたほうがいいかもしれません。
— リーダー(マッチョな反原発) (@leaderleader1) 2014, 1月 26

柏市に隣接している鎌ヶ谷の方のお子さんが急性白血病を先週発症した。はやく良くなることを願う。事故後、比較的速く福岡に母子で避難していたのに。まだ4歳のお子さんだ。食事も最大限気を遣う方。パパさんにはお会いしたことがある。今朝、ツイッターで知り驚いたし哀しい。完治されることを祈る。
— ma-igo まいご (@ma_igo) 2014, 1月 27

今年で43歳となるオーシャンブリッジというベンチャー企業の創設者も白血病で闘病中と報告している。

退院しました(その2)僕の病気について~白血病 / 悪性リンパ腫 : オーシャンブリッジ高山のブログ
2013年12月19日
http://www.oceanbridge.jp/taka/archives/2013/12/2_4.html

今回の僕の病気は、医学的に正確に書くと、「急性リンパ性白血病 / B細胞性リンパ芽球性リンパ腫」となります。白血病でもあり、悪性リンパ腫でもあります。この二つの病気のがん細胞は、病理学的には同じ細胞であり、WHOの分類でも同じ病気とされています。あえて区別をするなら、骨髄中のがん細胞の割合が25%以上の場合は白血病とされ、25%以下の場合は悪性リンパ腫とされています。悪性リンパ腫の場合、がん細胞は主にリンパ節や骨、皮下組織に多く存在します。僕はこちらに該当します。
僕のがん細胞は、お尻の仙骨(背骨の一番下の骨)の左側から発生しその周囲に広がって腫瘍を形成していました。仙骨から左足に出ている神経を圧迫し、激痛を引き起こしていました。なお、脳腫瘍とは関係ありませんでした(つまり転移等ではない)。
最初に、国立がん研究センター中央病院でこの病気だと診断された時、僕が医師に最初に聞いた質問は、「5年生存率はどのくらいでしょうか?」というものでした。答えは「標準治療が確立されており、40%程度です」というものでした。


今白血病流行っているから気をつけろ! チェルノブイリ五年めのパニックは日本では今年なのかもしれない 2014年01月27日
http://inventsolitude.sblo.jp/article/85772643.html

年齢を問わず、白血病の発症例が増えている。

1月最後の週末にかけてストロンチウム関係の記事を3本書いたが、私の気持ちとしては、緊急警戒情報のつもりだ。

心筋梗塞、心不全、脳梗塞、脳内出血、動脈解離は続いているが、最近、特に目立つのが、白血病の増加、がんの急激な進行だ。

茨城県南部から白血病で千葉県の病院に入院している子どもが多いとの話を聞いたのはだいぶ前だし、最近では、神奈川県下の病院の小児病棟が子どもの白血病患者で満床との情報もある。

幼い子供から、小学生、中学生、高校生の発症例が次々に出ている。郡山市の高校生の発症例もあったし、新潟県の野球好きな高校生石澤夏音さんが2014/1/19逝去されている。石澤夏音さんは、2013/11/5にツイートを始め、白血病で闘病中だと告白している。

「私は野球が大好きです。もっと野球が見たいです。キャッチボールもしたいです。甲子園球場にも神宮球場にも東京ドームにも行きたいです。 どうかみなさんRTで私を応援してください。」

2014/1/20には、妹さんが石澤夏音さんに代わって夏音さんの日記を掲載。

「人間、いつ、どうなるかなんて分かりません。1日1日をくいのないように生きてください。一生懸命生きてください。ずっと空から頑張る皆さんを応援しています」
https://twitter.com/loooove_8989

白血病は、風邪を引いたような症状が始まりだという。大人では、食べ物に頓着しなかった人の発症例が多いように見える。東京江東区で「江戸前の食事」をしていた方が発症との事例情報がある。

とりわけ気になるのは、福島県などから沖縄県に避難した方の中に複数の急死事例が出ているし、関東から熊本県に避難した方、福島から千葉県内へ避難した方にも急死事例があると伝えられている。白血病を発症した子どもさんもおられる。避難したからもう安心では決してない。

このような状況に危機感を抱いている方はほかにもおられる。

※ mina ‏@applecandyred 氏の2014/1/21のツイート
食べものは、1Bqで頭痛なる。空気でもなるがよ。心臓も脳も被曝の影響うけやすい。10Bqで虹の橋を渡るひともいれば、それ以下で、じぶんのベクレルバケツが溢れ出すひともいる。 チェルノブイリ五年めのパニックは、日本でいう今年なのかもしれない。まだ1月なのに、有名人だけでもしにすぎ。

「東京の汚染レベルでは、普通の生活で白血病の診断が出るくらいは、これから普通になるでしょう」との医師の見解も見られる。


白血病は、遺伝子変異を起こした造血細胞(白血病細胞)が骨髄で自律的に増殖して正常な造血を阻害する血液疾患。外部被曝でも発症するし、内部被曝ではストロンチウムが最大の原因物質だとの見解がある。

被曝回避には、避難がベスト。できるだけ早く機会を得て避難することが必要だが、それまでの間は出来る限りの防御をして発症を逃れよう。

白血病は不治の病ではないが、確定診断から2ヶ月余で亡くなる方もおられ、とても怖い病気だ。

※ うにゃん ‏@takeccommaa 氏の2014/1/27のツイート
今朝の白血病のツイを読んでから、うちの娘達がなったらどうしよう…と悶々とした1日だった。放射線治療病棟に4ヵ月入院した時のことを思い出した。小児の近くのトイレで、1人で泣いているお母さんをよく見たっけな…。


おやじが次々死んでいく怖すぎる現実
http://inventsolitude.sblo.jp/article/53148788.html

被曝による突然死や重篤な疾病の前兆は必ずある
http://inventsolitude.sblo.jp/article/82642816.html

人から聞く、気になる身体現象
http://inventsolitude.sblo.jp/article/81861096.html

先月、福島県郡山市、中学2年生の女子が急性白血病で亡くなった。訃報を知った子供達はマスクをつけ始めた 2013-05-26 23:31:38
http://blog.goo.ne.jp/jpnx05/e/9b4e44b3edd0bfa04dd1e91ba83bc9fa

【フクシマ・タイムズ】 2014年1月19日 元双葉町長インタビュー、他
http://amanojuku.com/?p=2854


++
これを思い出します

c0139575_582765.jpg

日本の人口1億3000万人は多すぎるから、7000万くらいに減らすという計画なのです


c0139575_531774.jpg

c0139575_5313642.jpg


邪悪な場所-欧州議会 By Vigilant + おくりびと
http://satehate.exblog.jp/17295587/

c0139575_5451159.jpg

c0139575_5454924.jpg

c0139575_5472329.jpg


関連

チェルノブイリ小児病棟〜5年目の報告 1~3
http://satehate.exblog.jp/17135711/

チェルノブイリ小児病棟〜5年目の報告 4&5 + 奇っ怪な「科学」者
http://satehate.exblog.jp/17135718/

バンダジェフスキー博士の警告:人体に入った放射性セシウムの医学的生物学的影響 (再掲)
http://satehate.exblog.jp/17684979/

二重被爆 その意味
http://satehate.exblog.jp/16324908/

白衣たちが惑星を運営するとき by David Rothscum
http://satehate.exblog.jp/15912246/

c0139575_619583.jpg


なぜ、その子どもはわずか30年の寿命を持つのか? 彼は本当にそんな不運だったのか、あるいはすべての白衣が作り出した、この美しい新しい楽園を阻害するだろう汚染他の恐怖が、彼の寿命を減らすのか? いくつかの新しいチェルノブイリ災害が、2010年と白衣のヴァルハラが誕生するまでの間に起こるだろうか?それとも、それはまさに、ヴィンセントの母親の卵子を破損する、携帯電話タワーからの電磁波放射か?

ほか



http://my.shadowcity.jp/2014/01/post-1603.html

c0139575_123489.jpg

マスゾエの選挙活動は、機密保護法の対象みたいで、撮影禁止だそうで、自民党にとっては「不都合な真実」らしいですw 都知事選の真実という記事で書いたように、ハゲの演説に人が集まらなくて困っているらしい。で、コレは秋葉原です。一枚の写真は何よりも雄弁に真実を物語る。

c0139575_130376.jpg

c0139575_1415562.jpg


c0139575_1483924.jpg

c0139575_1531644.jpg

c0139575_20529.jpg



ロスチャイルドが世界政府の“ビッグブラザー”になる
http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/browse1304-16.html

細川護煕元首相も、首相になる前にビルダーバーグの会議に招かれたという情報があります。細川政権における「小選挙区制の導入」「米の自由化」政策の実現や、自民党から民主党への「政権交代」のように政治的に重要なポイントにおいては、世界支配層がそのコントロール下にある人物を首相に“指名”することがわかります。・・・


期日前投票が10倍という怪しさ(不正選挙の疑い)と、脱原発というコイズム戦略とヘッジファンド戦略の類似 2014/01/31
http://archive.mag2.com/0000154606/20140131080257000.html


要厳重監視!!TPPの前哨戦「国家戦略特区」は「国家解体特区」 2014年1月30日 (木)
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2014/01/post-b262.html


宇都宮けんじ氏「国家戦略特区はTPPの前段階であり格差が拡大する政策だ」と発言 2014-01-31 23:31:58
http://ameblo.jp/misininiminisi/entry-11762077788.html


c0139575_2381653.jpg

c0139575_2383386.jpg


今ごろ国家戦略特区のパブリックコメントを募集なのか 2014年2月 3日 (月)
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2014/02/post-c6a1.html

c0139575_0362342.jpg


「国家戦略特区」で東京は奴隷王国になる Tue.2014.02.04
http://kaleido11.blog.fc2.com/blog-entry-2613.html

恨日プロトコール + 日本の恩人?
http://satehate.exblog.jp/18384632/


++
日本人削減にはいろいろ方法があるということで





ウルフ・オブ・ウォールストリート
c0139575_1424927.jpg

ディカプリオを一躍スターに押し上げたのは、1997年公開の『タイタニック』である。

c0139575_14104985.jpg


・・・ このバイオリンは、当時「沈まない船」と呼ばれたタイタニック号に楽団のリーダーとして乗船していたウォレス・ハートレー(Wallace Hartley)さんのもので、当時34歳だった婚約者からのメッセージがバイオリンに刻まれている。1912年4月15日、タイタニック号が北大西洋上で流氷に衝突した際、救命ボートに群がる乗客たちを落ち着かせるため
ハートレーさんをはじめとする8人の楽団は「主よ、御許に近づかん(Nearer, My God, To Thee)」を演奏し、そのまま演奏を続けながら死ぬことを選んだ。

c0139575_1417457.jpg

c0139575_14174930.jpg


・・・

c0139575_14272868.jpg


・・・このバイオリンは、沈没事故に関する品々を集めた博物館「タイタニック・ベルファスト(Titanic Belfast)」にて18日から来月(10月)13日まで展示された後、英南西部ウィルトシャー(Wiltshire)州で来月(10月)19日、オークションにかけられる予定となっている。





米軍は航空機を使い、市民の生活地域に日常的にウィルス兵器を散布している=ケムトレイル
http://alternativereport1.seesaa.net/article/386888556.html

 2002年4月8日、ペンシルヴァニア州ステートカレッジ上空で、米空軍戦闘機が白濁した気体を11回も散布している事が確認された。

住民から吐き気、目まい等の苦情が寄せられ、下院議員のデニス・クシニッチと同州議会、気象学者ケン・リーブス、環境保護局が調査に乗り出した。


 かつて冷戦中、ニューヨーク州の上空で米空軍戦闘機が、「猛毒の」マスタード・ガス等の生物化学兵器を散布し、ニューヨーク市民に人体実験を行った「前科」が、アメリカ空軍にはあった。

軍隊が、「自分の国の市民に対し」、そしてニューヨークと言う大都市で、毒ガスを空中散布していた。

これが、軍隊と言うものの「正体」である。

米国環境保護局等の調査の結果、「無許可で」空軍によって散布された気体の中身は、ステアリン酸塩で空気中の水分を吸着し、旱魃や土地の砂漠化を推進する製剤だった。

人体には乾燥性火傷、激しい頭痛、関節疾患、排尿障害等の疾患を生み出す事が分かった。

全米各地で空軍による同様の実験が行われており、他にバリウム、アルミニウム製剤が散布され、一般市民に対する「毒ガス・ウィルス兵器」の強制的人体実験が行われている。

米軍には「戦力としての天候支配、2025年までの天候支配計画」というプログラムがあり、「人為的に旱魃等を作り出し」、農産物価格の「軍による操作」、また人種差別思想に基づく「有色人種の居住地域での、餓死者、大量生産」を行う、と言う、軍事プログラムが存在する。

2001年、アメリカ上院議会は、この「殺人計画」に、45億ドルの予算を計上している。



by oninomae | 2014-02-01 04:47 | 放射能・ラジオハザード  

<< 戦争詐欺ビジネスと踊る「インデ... カナダの研究でモンサントのBt... >>