人気ブログランキング | 話題のタグを見る

パウェル国連演説から十年、ベテラン連中、更なる流血の準備完了 Norman Solomon

http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2013/02/post-e29e.html 2013年2月 9日 (土)

パウェル国連演説から十年、ベテラン連中、更なる流血の準備完了 Norman Solomon 2013年2月6日

2003年2月5日、国務長官コリン・パウェルが国連安全保障理事会で話した際、アメリカ合州国の無数のジャーナリスト連中は、サダム・フセインのイラクが大量破壊兵器を所有しているという主張の仕方の素晴らしさを褒めそやした。

パウェル国連演説から十年、ベテラン連中、更なる流血の準備完了 Norman Solomon_c0139575_20514471.jpg

この演説が後に悪名高いものとなったという事実とて、戦争を始める過程で、真実がどれほど簡単に、どうでもよいことにされてしまうかということを覆い隠すことはできない。

大虐殺をもたらした破廉恥なごまかしの歴史的証しであるパウェル演説から10年後、当時の熱狂的大絶賛の凄さを忘れてしまったのかも知れない。当時、偉大なアメリカ新聞とされるものも含め、アメリカ主流マスコミ世界は、へつらいの称賛で満ちあふれていた。

ニューヨーク・タイムズは、パウェルが“善と悪との戦いという黙示録的なものの援用を省き、フセイン政権に対する、慎重な事実に基づく反論を作り上げることに焦点を絞ったがゆえに、一層説得力があった”と社説で論じた。ワシントン・ポストは、更に戦争に夢中で、論説に“反論の余地なし”と見出しを付け、パウェルの国連プレゼン後は“イラクが大量破壊兵器を所有していることを疑うなど到底想像できない”と主張した。

ところが、パウェルの国連演説に基本的欠陥はたっぷりあった。盗聴した電話会話の偏った翻訳は、悪意あるものの描写となった。ぼけた監視写真の解釈は、最悪をでっち上げるよう誇張された。都合の良いものだけを選んだ諜報情報の要約は、イラクはもはやWMDを所有していないという証拠を迂回していた。ウランを探し求めるイラクに関する大々的に宣伝された文書は偽物だった。

アメリカの特権を巡る前提も、ほとんど問題にされないままだった。パウェルの警告に対し、アメリカが率いるイラク侵略を承認し損ねれば、国連安全保障理事会が“見当違いになってしまう危険性”があり、アメリカ・マスコミの追従は、ワシントンの願望に屈することでのみ、国際連合は“妥当”な存在になれる、という考え方を奉じていた。仕立てられた諜報情報と地政学的傲慢さの組み合わせが、国内の熱狂的評価を実現させ、やがて起きることのお膳立てをした。

侵略はパウェルの国際連合での名演技から6週間後に始まった。
間もなくイラク大量破壊兵器捜査は本格化した。何も見つからなかった。2004年1月、パウェルの国連演説から11カ月後、カーネギー国際平和基金が、ブッシュ政権幹部が“イラクのWMDと弾道ミサイル計画の脅威を組織的に偽って伝えたと結論する報告書を公表した。”

風の中でねじれていたのは、その中で“控えめな見積もり”をしたパウェルの対国連安全保障理事会演説だ。イラクには“100から 500トンの化学兵器用薬物の備蓄がある。”国務大臣はこう宣言した。“サダム・フセインが生物兵器と、素早く更に大量製造する能力を有していることは疑いようがない。”

演説から19カ月後、2004年9月中旬、パウェルは、簡潔な公的発言をした。“いかなる備蓄も見つけられる可能性はないだろうとと思う”と言ったのだ。しかし、どのような極めて慎重な譲歩も、イラクで続く流血の惨事を和らげることはできない。

十年前、政治的演出技法で繰り返し使われるものの中で、コリン・パウェルは主役を演じた。脚本は様々だが、似たようなドラマが様々な規模で演じられている。透ける様なカーテンの背後で戦争の意思決定に関与している高官連中は民主主義を軽んじている。戦争の知恵に影響を与える決定的重要情報は、大衆にとって、不明瞭か見えないままだ。

マスコミと連邦議会の有力者や、さほど有力でない連中の間では、戦争に対する大統領の勢いに従うというのが、未だに基本的な立場だ。公的な率直さや政策への内省は不足したままなのだ。

新国務長官ジョン・ケリーは、パウェルが国連安全保障理事会に行くほぼ四カ月前、前任者ヒラリー・クリントン同様、上院でイラク戦争決議に賛成していた。決定的に重要な準備段階の月々、ケリー上院議員は侵略への熱烈な支持を見せようと苦心していた。2002年10月始め、若い士官候補生の聴衆が画面に一杯の、シタデル士官学校からの生放送で、MSNBC番組“ハードボール(真剣勝負の意)”に一時間出演してケリーは言った。“私は前進する覚悟がある。サダム・フセインが危険であることを国民は理解していると思う。”

パウェル国連演説から十年、ベテラン連中、更なる流血の準備完了 Norman Solomon_c0139575_20564286.jpg


以来ケリーは、イラクが実際には大量破壊兵器を持っていないと知っていたとしても、戦争決議に賛成しただろうと公的に語っている。しかし上院でケリーは、なぜサダム・フセインが“大半の国々は試みようとさえしないのに、核兵器を開発しようとしているのか”知りたいと大げさな前口上を言って、戦争賛成票を投じた。上院議員は“諜報情報によれば、イラクには化学兵器と生物兵器がある”と強調した。

パウェルが、このテーマを国際連合で高らかに語ってから数カ月後、後のアメリカ国連大使スーザン・ライスによる発言を含め、推薦の言葉がどっと溢れた。“イラクがこうした兵器を所有しており、それを隠していることを彼は証明したと思うし、情報に通じた多くの人々がこれを疑うだろうとは思わない。”

一方、ワシントン・ポストの“反論の余地なし”という見出しの論説を載せた版でも、見開きページの投書欄は、それぞれ満場一致で賛成していた。

ポストのコラムニストを長らくつとめているリチャード・コーヘンは、パウェルの疑う余地のない信憑性を以下の言葉で証言した。“彼が国際連合に提示した証拠は、あるものは間接的に、あるものは実に骨まで凍り付くような詳細で、イラクが大量破壊兵器について説明していないのみならず、依然それを保持しているのが疑いようもないことを、をあらゆる人々に証明した。ちがう結論を出すのは、馬鹿者かフランス人だけだろう。”

ほんのわずか離れた所で、もう一人の立派な評論家も弁舌を振るっている。パウェルは“昨日、イラクの秘密兵器とテロ計画についての得力のある詳細な精査を世界に提示する”ことに成功した、とポスト紙の外交政策専門家ジム・ホーグランドは書いていた。彼はこう結論づけている。“ブッシュ政権は、証拠を挙げて主張の正しさを説明することができていないと言い続ける為には、コリン・パウェルは、彼が行った最も深刻な発言で、嘘をついていた、あるいはでっちあげられた証拠に騙されていた、と信じなければならない。私は信じない。読者も信じるべきではない。”


現代に早送りしてみよう。リチャード・コーヘンとジム・ホーグランドは、イランについて一体どういう記事を書いているだろう?

2012年2月6日、イラクが大量破壊兵器を所有していることを疑うのは“馬鹿者だけ”だと宣言してからぴったり9年後、コーヘンのコラムはきっぱり書いている。

パウェル国連演説から十年、ベテラン連中、更なる流血の準備完了 Norman Solomon_c0139575_21115056.jpg

“究極的解決策はイランの体制転覆だ。”  カ月前、コーヘンは“オバマ大統領の、核兵器は許さないという、越えてはならない一線を越える前に、まだイランには引き下がる時間がある。この戦争はまだ機が熟していない。”と述べてコラムを締めくくっていた。まだだ。

ホーグランドは、コリン・パウェルの“イラク秘密兵器についての説得力ある詳細な精査”を信じるべきだと読者達に説いた十年後、イランに対する彼の我慢も限界であることを明らかにしている。

パウェル国連演説から十年、ベテラン連中、更なる流血の準備完了 Norman Solomon_c0139575_21183272.jpg

ホーグランドは5週間前に書いている。“最近までは、イランと平和的な解決に至るための時間はあるというオバマ大統領の主張に、さほど違和感が無かった”ホーグランドのコラムは、対イラン軍事攻撃は“世界にとって破滅的な政治的・経済的結果を招く恐れがある”ので、そういうものが必要になる前に、そのような攻撃の必要性を回避するよう外交努力を試みるべきだとまで言っている。

戦争を巡る、主要な論説と政策決定の様相も、熱望から不承不承までと様々だ。戦争の為のプロパガンダ下準備も、戦争そのもの同様に様々だ。それでも、そういうプロパガンダは、どのスタイルも皆欺瞞に依存しており、あらゆる戦争は言語に絶する恐怖だ。

次から次の戦争へと、不気味な便乗を続けて来たアメリカのマスコミ支配層は、次の戦争でも役に立てる。現在のアメリカ国連大使もそうだ。新しい国務大臣もそうだ。連中は血まみれのベテランだ。連中はこりごりなどしていない。


記事原文

Ten Years After Powell’s U.N. Speech, Old Hands Are Ready for More Blood By Norman Solomon
http://www.normansolomon.com/norman_solomon/2013/02/ten-years-after-powells-un-speech-old-hands-are-ready-for-more-blood.html

---------

イラク侵略から10年。過去の過ちを反省し、現在の問題を指摘する記事を書く人がいる。一方この国では出鱈目を言うと人気者となり、長期政権を維持し、国を破壊できて、反省など決して要求されず、人気者のまま。

大量破壊兵器が見つからないからといって、どうして大量破壊兵器がないといえよう。

今イラクのどこが非戦闘地域で、どこが戦闘地域か、そんなの私に聞かれたって分かるわけがないじゃないですか!


新刊の孫崎享著『これから世界はどうなるか-米国衰退と日本』ちくま新書、36-42ページ、この話題を扱っている。

パウェル国連演説から十年、ベテラン連中、更なる流血の準備完了 Norman Solomon_c0139575_20383658.jpg

福島原発事故時の東大話法教授達と同様、当時も二人の東大教授が、アメリカ支持のとんでも発言。42ページの孫崎氏の文章。

しかし日本は変わった国です。間違ったことを唱えていた人々がますます大学や学界、言論界で幅をきかせていくことになります。

日本社会で求められるのは、学者であれ、官僚であれ、真実を追求することではありません。大勢に乗る術です。権力に迎合する術です。


そう。この属国では、お役所も、おざなり報告でお茶をにごして済む。デタラメ学者も首相も何の批判もうけず、ますます隆盛。孫崎氏の新刊、原発、増税、ミサイル防衛、米軍駐留や、TPPについての詭弁にも触れている。

自民、公明、異神、たまたまテレビで見た国会討論、質問する方も応える方も出鱈目。共産党笠井議員によるアホノミクス追求問答以前の質疑、聞いているだけで腹がたつものがほとんど。全く理由無く、TPP加盟を言いたてる、やつらの党やら異神。一体どこの国の代表だろう?

今朝の新聞、引退される宗主国高官様による、根拠・理由説明皆無のTPP加盟強要。

福島原発の現状、
放射能拡散や、
オスプレイ問題は報道管制する一方、
PM2.5と
照準用レーダー照射の話題ばかり。

この属国の害毒自体、もはや北朝鮮そのものを越える。

きわめつけは、
経産相、TPP協議へ渡米…首相訪問前に見極め、という大法螺。
属国民をたぶらかす為の、単なるセレモニー渡米。
「国益を確保できて『聖域なき関税撤廃』ではない、ということにするための。

自民党、これまで国民が感動するような、宗主国との協議結果を出したことがあるだろうか?一度もないだろう。
彼等がすること、ことごとく、宗主国支配層に役立ち、自分たちがおこぼれを頂ける制度を強化するものにすぎなかった。(と、『原発洗脳』を読んで改めて思う。)

パウェル国連演説から十年、ベテラン連中、更なる流血の準備完了 Norman Solomon_c0139575_2042648.jpg


TPP、名著『拒否できない日本』で暴かれた「年次改革要望書」の集大成にすぎまい。

パウェル国連演説から十年、ベテラン連中、更なる流血の準備完了 Norman Solomon_c0139575_20454314.jpg

毎年考えださなくとも、思いついたことを、いつでも押しつけ、脅迫できる、ビンの中に永久属国として日本を閉じ込めるのに究極的効果がある魔法の呪文。安保条約を補完する、宗主国支配層にとって、夢の日本改造条約。

敗戦から六十余年、属国のベテラン連中とマスコミ、更なる苛斂誅求と流血の準備完了。 連中はこりごりなどしていない。




関連

一応、映画「ロサンゼルス決戦」を観ておいた
http://blogs.yahoo.co.jp/ontibt_des/63960062.html


パウェル国連演説から十年、ベテラン連中、更なる流血の準備完了 Norman Solomon_c0139575_3512772.jpg

パウェル国連演説から十年、ベテラン連中、更なる流血の準備完了 Norman Solomon_c0139575_321103.jpg



集団的自衛権と称し、安倍政権は自衛隊を米軍に提供しそうだが、その米軍はイラクなどで露骨な先制攻撃を実施、「偽旗作戦」でも事実上の先制攻撃を実行してきた 櫻井ジャーナル 2013.02.09
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201302090000/

 安倍晋三首相の私的諮問機関だという「安全保障の法的基盤の再構築に関する懇談会」が2月8日に首相官邸で会合を開いた。座長を務める柳井俊二元駐米大使は「集団的自衛権行使を容認する基本認識を再確認した」と記者に述べたという。自衛隊をアメリカ軍に手駒として提供する方向へ安倍政権は大きな一歩を踏み出したと言えるだろう

 この懇談会は第1次安倍政権時代の2007年4月に設置されている。「解釈改憲」について討議し、安倍首相が体調不良を理由に辞任した後、08年6月に報告書を福田康夫内閣に出したのだが、「店ざらし」になっていたという。自民党から見ても、それだけ問題が多かったということ。その報告書を懇談会は安倍首相に再提出したわけだ。

 報告書では、(1)公海における米艦の防護、(2)アメリカに向かうかもしれない弾道ミサイルの迎撃、(3)国際的な平和活動における武器使用及び、(4)同じ国連PKO等に参加している他国の活動に対する「後方支援」について議論され、(1)と(2)については「集団的自衛権」の行使は可能だと判断、(3)は武力行使にあたらず、(4)は一律に禁止するべきでないとしている。

 再び懇談会を始めるのは情勢が変化したからだと安倍首相は説明した。つまり「北朝鮮やイランにおける核拡散の動き」、「地球的規模のパワーシフト」、「我が国周辺の東シナ海や南シナ海の情勢変化」などに対応し、「テロ組織」など国家以外からの脅威への対応に関する憲法上の問題点も新たに協議することを決めたと伝えられている。自衛隊にどのような役割を押しつけるつもりだろうか?

 福田内閣に提出したという報告書だが、演習にしろ、軍事作戦にしろ、公海上で自衛隊がアメリカ軍の艦船と一緒にいるという前提がまず問題。「アメリカに向かうかもしれない」ミサイルとはいい加減な話だが、弾道ミサイルを迎撃することなど現実的でない。

 日本が「国際的な平和活動」や「国連PKO等」に参加するという前提だが、これにはNATOや「有志連合」は含まれている可能性がある。ユーゴスラビア、アフガニスタン、イラク、リビア、シリア・・・すべてアメリカ軍は先制攻撃しているわけで、相手が反撃してきたらどうするのか。日本も先制攻撃に加担することになりかねない。

 アメリカの好戦派が行ってきたことを振り返ると、実際は自分たちが先制攻撃しているのだが、相手が先に攻撃してきたように演出をすることが珍しくない。例えば、キューバに軍事侵攻するため、1960年代の前半に「ノースウッズ作戦」が計画されている。(関係文書が拙著『テロ帝国アメリカは21世紀に耐えられない』に掲載されている)統合参謀本部の議長だったライマン・レムニッツァーなどが中心メンバー。

 この作戦では、まず、プロパガンダから始まり、キューバ軍を装った親米キューバ人をグアンタナモの米軍基地に侵入させ、破壊活動を実行しようとしていたとして拘束、基地のゲートでも暴動を起こす。基地の内部で弾薬を爆発させ、航空機に放火、基地の外から迫撃砲を撃ち込み、海などから近づくチームを逮捕、基地を襲撃する武装集団を逮捕、湾に浮かぶ船に火を放ち、湾の入り口で船を沈め・・・。

 また、やはりキューバ軍を装い、グアンタナモ湾でアメリカの船を爆破、キューバの領海で無人の船を爆破、マイアミなどフロリダの都市やワシントンで「テロ活動」を展開し、プラスチック爆弾を仕掛けてキューバのエージェントを逮捕、事前に用意しておいた「キューバの介在を実証する書類」を公表する・・・

 カストロ派を装った戦闘員をカリブ諸国に侵入させ、キューバからの偽メッセージをドミニカの地下組織へ送り、ミグ・タイプの航空機を使って挑発、ハイジャックを試みる・・・

 そして、旅客機のクローン機を作り、そのクローン機にアメリカ側が仕込んだ乗客を乗せてマイアミを飛び立ち、途中で無人飛行の旅客機と入れ替え、キューバ近くでミグ機に攻撃されていると通信した後に自爆・・・・

 こんな作戦が練られていたことがわかっているが、これは当時の大統領、ジョン・F・ケネディに阻止されてしまった。中心人物のひとり、レムニッツァーは1962年に議長の再任が拒否され、西ヨーロッパへ追放されている。アレン・ダレスCIA長官が解任されたのはその前。ケネディが暗殺されたのは1963年だ。

 アメリカがベトナムへ本格的な軍事介入をする口実に使われたトンキン湾事件もアメリカが仕掛けていた。事件が起こったのは1964年8月。リンドン・ジョンソン大統領はアメリカの駆逐艦が北ベトナムの魚雷艇に砲撃されたと宣伝、翌年の2月には「報復」と称して本格的な北爆を始めている。

 実は、1964年1月には統合参謀本部直属のSOGという秘密部隊が編成され、2月には北ベトナムに対する破壊工作をスタートさせている。

パウェル国連演説から十年、ベテラン連中、更なる流血の準備完了 Norman Solomon_c0139575_2451191.jpg

この年の7月にSOGの隊員2名は南ベトナム兵を率いてハイフォンの近くにあったレーダー施設を襲撃して失敗している。

 北ベトナムはこの襲撃に対する報復として、8月に情報収集活動をしていたアメリカ海軍のマドックスを攻撃したと言われている。マドックスを攻撃した北ベトナムの艦船は米軍機などの攻撃で撃沈された。このマドックス攻撃を北ベトナム軍による先制攻撃だと宣伝、アメリカ議会は「トンキン湾決議」を可決している。

 1993年3月に実行されたユーゴスラビアへの空爆も偽情報を流して実現した先制攻撃。(詳しくは拙著『テロ帝国アメリカは21世紀に耐えられない』を)アフガニスタンへの先制攻撃は「9/11」が口実に使われたが、この事件には疑問点が多く、アフガニスタン側の協力姿勢を隠していた。

 イラクに対する先制攻撃は1990年代の初頭、ネオコンが描いた作戦に従って実行されたもので、サダム・フセイン政権はアル・カイダを「非人道的方法」で弾圧、その情報をアメリカへ伝えていた。リビアやシリアに対する直接的、あるいは間接的な軍事介入もネオコンの計画に従っている。NATOや湾岸諸国がアル・カイダを手駒として使っていたことも明確になっている。

 アメリカが「偽旗作戦」を使って戦争を始めることは珍しくない。イスラム武装勢力のような傭兵を使って他国を攻め、混乱したところで軍事介入したならば、反撃、つまりアメリカ軍が攻撃されることもありえる。こうした戦争に自衛隊を加担させるのだろうか?




++
明日は、2.11 ・・・



一応、映画「世界侵略:ニューヨーク決戦」を観ておいた
http://blogs.yahoo.co.jp/ontibt_des/64225688.html

パウェル国連演説から十年、ベテラン連中、更なる流血の準備完了 Norman Solomon_c0139575_4331383.jpg


パウェル国連演説から十年、ベテラン連中、更なる流血の準備完了 Norman Solomon_c0139575_4365115.jpg




新世界秩序とフェビアン協会 その3 投稿者:Legacy of Ashesの管理人 投稿日:2013年 2月 9日(土)01時17分17秒
http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1473


http://maash.jp/archives/18891

パウェル国連演説から十年、ベテラン連中、更なる流血の準備完了 Norman Solomon_c0139575_23253634.jpg

by oninomae | 2013-02-10 21:58 | 戦争詐欺・紛争  

<< 都内の風疹患者 去年の32倍 ... イスラエルによるシリア・レバノン空爆 >>