人気ブログランキング |

恐怖の『人権委員会設置法案』 神州の泉

危険!!10月29日、臨時国会召集で人権救済機関『人権委員会設置法案』が提出される 2012年10月25日 (木)
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2012/10/post-dda7.html

衆院は今日午前、衆院議院運営委員会の理事会を開いたが、藤村修官房長官は臨時国会の29日召集を伝えた。

読者さんのコメントで知らせていただいたが、24日の時事ドットコムで、民主党の滝実(まこと)法相が、田中慶秋前法相の跡を受けて、皇居での認証式を経て正式に就任したことのニュースがあったが、このニュースの中に決して看過できない驚くべきことが書かれてある。

滝実新法相は、就任に当たってのスピーチの中で、野田佳彦首相から、法務省の外局に人権救済機関「人権委員会」を設置する法案について、臨時国会提出を目指すよう指示を受けたことを明らかにしたという。

神州の泉は、週刊朝日と橋下徹氏の騒動は、人権委員会設置法案(人権救済機関設置法案)が成立しやすい環境造りを狙って、政府筋が仕組んだ猿芝居だと考えているが、はたして現実はその通りの動きになっているではないか。 29日に予定される臨時国会の召集は、間違いなく人権救済機関『人権委員会設置法案』の成立が最大のメインになっている

最近の事例を見ても分かるが、「違法ダウンロード刑罰化法案」、ACTAなどが、人の目をはばかり、どさくさに紛れて決められていることを見れば、今回の人権委員会設置法案も、民主的な手続きを経ないで、無理やり可決される公算が強い。何度も指摘しているが、野田政権の表の政策課題は、消費税増税、原発再稼働、TPP参加、オスプレイ容認などであるが、神州の泉が強く警告する「裏の課題」は複数の言論弾圧法案の実現である。

政府は9月19日に人権侵害救済機関「人権委員会」を法務省の外局に設置する閣議決定をしているが、そのまま今秋の臨時国会へ提出する算段になっていた。ここで注意を喚起したいことは、この9月19日の閣議決定は、この法案に反対する松原仁国家公安委員長の外遊中をわざわざ狙っていることと、その9日前の10日には、やはり反対派である松下忠洋・郵政民営化・金融担当大臣が不審な死を遂げている事実がある。

つまり二名の反対閣僚をパージした格好で閣議決定がなされているのだ。野田民主党が、いかにこの法案の成立に異常な固執を示しているかがよく見える。松下忠洋元大臣はこの法案成立のために謀殺された可能性が高い。野田佳彦氏は今月29日に臨時国会を召集し、この言論弾圧法案を出す魂胆だ。この超危険な法案の成立を推し進める勢力は、小泉政権時代から何度も出されている「人権擁護法案」を、姑息にも故意に名称を変えて国民の注意を逸らしている。

反対派の二人の閣僚が居ない間に、どさくさに紛れてこっそりとやっていることと、名称を姑息に変えて、いかにも新しい法案であるかのごとく、国民を煙に巻くという装いをみても、これがいかに危険な法案であるか良く分かる。

はっきり言うが、この人権侵害救済機関「人権委員会」の設置は、言論弾圧法として何度も忌避され続けている、あの悪名高い「人権擁護法案」なのだ。 野田佳彦政権の特徴は、シロアリ退治の件を持ち出すまでもなく、嘘を言ったり、肝心なことを隠しながら国民を安心させ、そのすきに米官業トライアングルに都合の良い政策を強引に推し進めるという、実にあくどいやり方を踏襲する。


この法案が通ったら、なし崩しに人権侵害の拡大解釈が行われる。三条委員会という独立した特殊機関が、政府批判を行うあらゆる人物に対して、人権侵害の裁量的な断罪を下し、片っ端から検挙に動くだろう。特高警察やゲシュタポの再来である。

恐怖の『人権委員会設置法案』 神州の泉_c0139575_1202593.jpg


言論が封鎖されてからでは遅い。この法案を絶対に認めてはならない。
 




あと3日後、29日(月)に、恐怖の『人権委員会設置法案』が出される 2012年10月26日 (金)
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2012/10/post-2685.html

恐怖の『人権委員会設置法案』 神州の泉_c0139575_091976.jpg

         (画像はパロディディスト、マッド・アマノ氏の作品)

副題:石原新党結成表明は二つの重要な事柄を隠蔽

石原慎太郎氏は25日、都知事辞任と新党結成の表明を宣言し、大々的にマスコミを動員させて永田町と国民の耳目を独占した。来たるべき総選挙をにらみ、著名な政治家のこういう動きはタイミング的に重要な意味を持つことが多い。石原慎太郎氏は「太陽の季節」を書いた作家でもあり、映画界のトップスターだった石原裕次郎の兄であること、長年東京都知事をやってきたことなどから、非常に注目を浴びやすい属性がある

恐怖の『人権委員会設置法案』 神州の泉_c0139575_0311986.jpg


この人物が新党結成を表明すれば、当然、しばらくはその話題がマスコミを占める。神州の泉はこの発表のタイミングに、二つの重要な事柄が煙幕で覆われていることを指摘したい。一つは25日、小沢一郎氏が、新党「国民の生活が第一」の結党記念パーティーを都内のホテルで開いたが、これをニュースとして潰している。小沢氏はこの席で、「3年前に民主党は消費税増税を約束していません。現政権は、国民との約束を放棄し、消費大増税に向かって走っている。国民への背信行為となる。そのようなことは認められない。国民との約束を守るために新党を作った。消費増税を凍結しなければならない」と、"国民の生活を第一"に考えて行動するという結党精神を表明した。

石原慎太郎氏の結党表明は、小沢新党の結党記念パーティのニュースを隠したが、これは石原氏が小沢一郎氏を嫌悪しているからというレベルにはない。明らかに国際金融マフィアの意志が絡んでいる

恐怖の『人権委員会設置法案』 神州の泉_c0139575_92338.jpg


実はもう一つ最大級の重要なニュースを隠している。それは神州の泉が前回エントリーで指摘した、あと3日後に差し迫る、29日の臨時国会召集で「人権委員会設置法案」の提出が予定されているという、非常に重要な事実である。このことは滝元法相が再び法務大臣に任命されたことに当たり、当人がぼそっと語ったものである。

「人権委員会」の設置という、既存の捜査体制から独立した思想警察が、強力な捜査権限を持ち、「米官業政電」コングロマリットに都合の悪い言論を行う有識者や一般人を、片っ端から「人権侵害」の罪で「パクる」ことが可能になる。 これまで有識者だけを狙い撃ちした「国策捜査」を、裾野の広い一般人にも拡張することになる。これは小泉政権時代から何度も上程され、危険視されて廃案となっている、あの忌まわしい「人権擁護法案」の焼き直しであるが、ゾンビのように何度も出てきている。政府は9月19日にどさくさに紛れてこの法案を閣議決定し、あとは本会議に提出するだけという状況になっている。

あと三日後に迫る29日の臨時国会招集で、政府は表向きは赤字国債発行に必要な特例公債法案について成立を目指していて、自民党の安倍晋三総裁はこの審議に応じる意向を述べている。しかし、神州の泉が重大な懸念を表明するのは、この表の審議懸案の陰で、「人権委員会設置法案」の提出が目論まれていることにある。

29日の臨時国会召集で、野田政権がアメリカの対日戦略部隊に強制されている言論弾圧法案の一つ、人権救済機関「人権委員会設置法案」の成立を最大の目標にしていることは明らかだ。このために国際金融マフィアの走狗と化している石原慎太郎氏が、あと数日に迫るこのタイミングを見計らって、この言論弾圧法案の存在を目くらまししていると見るのは決して荒唐無稽ではない。

今回予定される「人権委員会設置法案」は「人権侵害救済法案」「人権擁護法案」「人権救済機関設置法案」などと、カメレオンのように名称を姑息に変えてはいるが、小泉政権時代に死神のように出てきた『人権擁護法案』の焼き直しである。これは在日朝鮮人や被差別部落民の差別カテゴリーをはるかに超えていて、ゲシュタポのような独立組織に人権侵害の定義を裁量的に任せてしまうというものである。 「可罰的違法性理論」の逆転的な応用である。これほど野蛮で有効な言論統制の手段もないだろう。これが成立すれば、国民は政治に対しては、もちろんのこと、憲法で保障されるあらゆる言論の自由が消えることになる。

恐怖の『人権委員会設置法案』 神州の泉_c0139575_1213512.jpg


非常に恐ろしい法案であるから、絶対に阻止する必要がある。政治家にこの危惧を伝え、ネットで拡散して欲しい。あと三日しかない。




「人権」詐欺法案・・・震災のかげで
http://satehate.exblog.jp/16670269/

計11隻だそうです + 人権法案閣議決定へ
http://satehate.exblog.jp/18469219/

人権で死ね死ね団 311&711 犯人は「人権」がお好き
http://satehate.exblog.jp/18482791/

711 711党って何だろう?
http://satehate.exblog.jp/18211486/

民主主義は、「既に、廃止されている」 オルタ + U・ェ・Uノ 
http://satehate.exblog.jp/14946869/

創価統一オウム朝鮮人宗教の保険金殺人
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/hokesatu.htm

公明党議員(=創価学会)を追うとオウムの闇も見えてくる? 1
http://satehate.exblog.jp/16795099/

公明党議員(=創価学会)を追うとオウムの闇も見えてくる? 2
http://satehate.exblog.jp/16795126/

在日朝鮮人による凶悪犯罪の実体
http://koreanscrime.zymichost.com/

いったい誰に投票すればいいの①(朝鮮勢力が政界に浸蝕) Fri.2012.10.26
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1640.html


鉄道テロは、いろんな日付を用意しているようですよ。10月29日千代田線代々木上原駅20:35とかね?  2012/10/26(金) 午後 10:45
http://blogs.yahoo.co.jp/macrobioticstudio/9946810.html

電車本体を狙ったテロが失敗続きなので、駅近で辻斬りに路線変更。2013年1月29日三鷹駅注意  2012/10/26(金) 午後 11:46
http://blogs.yahoo.co.jp/macrobioticstudio/9947194.html

++
とにかく、いろいろな陽動作戦を続けてくる可能性が高い




YouTubeは、消されまくっているので、以下を転載

故中川昭一氏の貴重な演説 「平成の治安維持法=人権侵害救済法の制定は断固阻止すべき」 Posted by 優兎 on Oct 04.2011
http://johokosa.blog98.fc2.com/blog-entry-330.html

要旨の書き起し

一番守るべき人権を侵害したのであれば、重大な犯罪であるにもかかわらず、なぜか刑事というものをすり抜けて法律を作ろうとしているところが、不可解であり、胡散臭さを感じざるを得ないところだ。

法務省の人権擁護局に、本当に重大な侵害であるならば、なぜ警察や刑事といった分野を入れないのか問いただしたが、答えはしどろもどろ。

あえて刑事局や警察を入れさせたくないという何らかの意図があるに違いないと確信する。

多くの国民から激励やお叱りのメールを受け取るが、この法案に関しては、反対だというメールを毎日数十通受け取るが、賛成してくれという意見はただの一件もない。

この法律ができれば、中川昭一はじめ多くの国会議員は3日や1週間で政治生命を終わらせてやる」と言っている人がいるようなので、それと併せ考えると、どうせいなくなるから今のうち好きにやらせておけと、あえて反対意見を出さないのではないかと疑いさえする。

それほど不気味に、不可解に、この法案の審議が私たちに見えない所で今もなお進められている可能性がある。

日本の歴史上恥ずべきことの一つとして、国家に逆らう者は特高警察が取り締まった「治安維持法」があった。

人権の名のもとに好き勝手に人権委員に特高警察のような権限を与える、まさに「平成の治安維持法」が成立せんとすることを断固阻止することが、国民や子供たちに対する我々の責任だということをお誓い申し上げます。



恐怖の『人権委員会設置法案』 神州の泉_c0139575_17531215.jpg



これももう一度

自己弱体化 1
http://satehate.exblog.jp/7247653/

ADLの表は「人権擁護」である。それゆえにアメリ力の人権委員会などのすべての背後にADLが存在していると言ってもよいだろう。

しかしその裏で、ADLはそのルートに麻薬を乗せ、さらには組織犯罪の網をアメリ力中に張っていったことをこの本は証言している。

ADLの力がますます大きくなっていく中、アメリ力人の誰かが「麻薬をコントロールしているのはADLのユダヤ人である」「彼らの組織犯罪綱がアメリ力をコントロールしている」などと言おうものならADLはその言葉をとらえて「反ユダヤ」の焔印を仮借なく押し続けた。いったんその印を押されると職業を失い、社会的制裁を受けるほどのカを持つ。


++
ユダ鮮、ユダ鮮、= 偽ユダ鮮犯罪シンジケートによる言論弾圧

911、311、言論弾圧


恐怖の『人権委員会設置法案』 神州の泉_c0139575_57685.jpg



「維新」が公約案 首相公選、キャリア官僚40歳定年
http://www.tokyo-np.co.jp/article/politics/news/CK2012102702000126.html

橋下徹大阪市長が率いる「日本維新の会」は、衆院選へ向けた公約素案をまとめた。首相公選制の導入やキャリア官僚の四十歳定年制などを盛り込み、外交安全保障では、二〇四五年を目標に在日米軍駐留を全廃するとした。

素案は、維新の会が「党の綱領」と位置づけた「維新八策」に沿って具体化した内容。エネルギー政策では、「既存の原子炉の発電を三〇年代までに廃止」と掲げる一方、「世界最高水準の原発」で国際的貢献をするとしている。

首相公選制については、首相の任期を衆院議員と同じ四年とした。参院廃止も視野に入れた抜本改革と衆院議員の半減も盛り込んだ。集団的自衛権の行使容認や環太平洋連携協定(TPP)参加も明確にした。

行財政改革では、国家公務員1種試験に合格したキャリア官僚の四十歳定年制を導入。課長級以上はすべて政治任用とし、定年になったキャリア官僚は政治任用か民間企業に再就職する。

医療費の自己負担割合は二十歳以上は高齢者を含め一律三割負担とした。ただこれについては国会議員団から早くも異論が出ている。

維新の会は今後政調会で議論し、十一月中にも衆院選公約をまとめたい考え。

ただ、橋下氏は二十六日、素案について「まだたたき台中のたたき台だ。表現の仕方も表への出し方も稚拙だ」と疑問視。「四五年の在日米軍駐留全廃」について「今だって日米同盟がある。表現は慎重に考えなきゃいけない」と修正を示唆した。

++
今までの報道と合わせ読むと、歯止めになる参院は廃止し、衆院議員半減も併せて少数政党を排除し、キャリア官僚の課長級以上はすべて朝鮮化・売国化し、独裁を進め、日本人を引き摺り回し、公共事業は外資に安値で売り飛ばし、放射能とGMOを喰わせ、戦争をさせ、財産は没収して、「いじめ倒す」 としか読めないな。 

もちろん、このような国家破壊の裏にいるのは、国際金融マフィアだが

恐怖の『人権委員会設置法案』 神州の泉_c0139575_513922.jpg




第二次世界大戦後、約70年間続いてきた隣人愛が終わる時
http://alternativereport1.seesaa.net/article/299164075.html

1997年、韓国経済が破綻し、IMFの管理下に入った際、日本は韓国への資金融資等の支援策を全面的に行った。

2012年、韓国の政治家達は日本への憎悪を「アラワにし」、竹島への上陸を繰り返している。

韓流スターに熱狂し、韓国ドラマを好んで見てきた多くの日本人はボウ然とし、「開いた口が、ふさがらない」。・・・

by oninomae | 2012-10-27 07:03 | 政治詐欺・政治紛争  

<< 今期・臨時国会最大の課題は“人... 三田渡碑から推測する17世紀朝... >>