人気ブログランキング |

橋下徹 朝鮮の血流 日本がディアスポラされる日 たんぽぽ日記

橋下徹 ヤクザの血脈 ヤクザと政治家 橋下徹と山口組 たんぽぽ日記 2012年10月20日
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/10955567.html

日本の経済は20年以上も低迷したままだが、関西ではヤクザが公共事業で大儲けしてきた。関空などの大型事業が発注されると、山口組系の土木会社が動き出し莫大な金を稼いできた。

若頭の高山が15億円もの保釈金を払えたのも、ひとえに国民の税金が山口組に流れるシステムのお蔭である。高山などの朝鮮民族に支配された日本の暴力団に、日本国は支配されようとしている。

この公共事業がヤクザの資金源になるという発想は、アメリカのユダヤ人ギャングがこっそり日本のヤクザに教えたものだ。

橋下徹の叔父である橋下博�負(ひろとし)も土木・設備工事会社を経営しており、橋下徹が知事になってからは着実に売り上げを伸ばしているという。

その見返りに橋下徹は叔父の博�負から政治資金を受け取っているようだが、博�負は山口組系土井組組員である。 (このインターネットで変換できない「とし=キョク」という文字を名に持つ純粋な日本人が、
はたしているのだろうか・・・・)

橋下が大阪にカジノを作ろうとしているのも、すべてこれら、橋下のバックボーンへの利益供与を考えてのこと。博打は世界的にヤクザの資金源なのだから。

橋下徹は叔父を通して山口組に公共事業発注という利益供与を図り、その金からキックバックを受け取っている。

橋下徹の背後に、山口組がいる。橋下を売り出した伸介のバックボーンが山口組であったように、彼らはひとつである・・・



橋下徹 朝鮮の血流 日本がディアスポラされる日 2012年10月21日
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/10955723.html

次期総理大臣の呼び声が高い、橋下徹と山口組の関係については書いた。

身内が山口組で、その組員から政治資金を受け取っている。 しかもその叔父は在日系である。

朝鮮民族ー山口組ー叔父ー橋下徹の連係プレーによって、私たち日本民族は存亡の危機に立たされている。

やはり朝鮮利権の民主党政権ができたことによって、日本はどれ程破壊を受けたことか。その破壊の総仕上げとして、橋下徹が国会に送り込まれる。

しかも、国民投票による国家元首を目指している。その時日本国は天皇制とともに幕を閉じるだろう。そして、無残に破壊されたこの列島を、朝鮮民族と中国人が支配することになる。

橋下徹と日本維新の会は、日本国に引導を渡しに来る死神である。

悪魔は正義の仮面を被ってやってくる。民主党やジョージ・ブッシュのように。

僅かに生き残った日本民族の流浪の旅が始まる。何も知らないまま、何が起きたのかも理解できず。ただ、自らの不明を恥じることだろう。 「あの時、なぜ尖閣諸島ぐらいで中国と戦争を始めたのか・・・」「竹島ぐらい韓国に譲ればよかった・・・」「なぜ政府は従軍慰安婦に保証しなかったの?」「なぜ日本は中国や北朝鮮、韓国に戦後賠償をしなかったんだ?」


これらの答えはひとつである。

次の戦争のために、わざとこれらの問題を解決せず、国民を戦争に引きずり込む。それが、現代の世界政治の本質であり、哲学や宗教とも呼ばれている。

聖書でいつの時代も求められてきた、人間の間引き術、悪魔の黙示録である。

マスコミはその宣伝機関として世界に張り巡らされた。人間を愚かにし、容易に戦争に引きずり込むために。

橋下徹は聖書で予言されたメシアであり、日本人を大勢殺し、この世界を人類増加の滅亡から救い出す救世主として選ばれたのだ。

日本を愛する純粋な日本国民にはできない、悪魔の黙示録が、橋下徹によって開始されるだろう。

「憲法9条が日本を駄目にした(再び戦争を開始する!)」

「徴兵制を復活させる(若者にはみな戦場で死んでもらう)」

「生活保護は廃止する(金のない奴は死ね)」

「年金制度はねずみ溝だ(年寄りは年金打ち切りで殺す)」

「すべては自己責任(私がいくら日本を破壊しても、マスコミの宣伝で選んだのはお前たち、世界の真実を知らない愚かな日本人なのだからな)」



これらは橋下徹が政策として打ち出しているもので、すべて日本国民を地獄に突き落とす計画の一端なのだが、マスコミはこうした明らかな破壊政策をほとんど非難していない。

いや、非難するどころか、橋下維新の会の政策を絶賛している!
 (すべては国民を殺す為のマスコミによる洗脳プロパガンダ)

今回、朝日が佐野真一と「ハシシタ 奴の本性」をせっかく開始したのに、ご存じのとおり、橋下とそのバックボーンの妨害によって敗北した。 これによってハシシタ(もともとはハシモトではなく、ハシシタを名乗っていた)徹を非難することはますます難しくなったことは言うまでもない。

だが私は、ハシシタら政治家によって戦争で殺されるくらいなら、この世界からいつの日か闇の政治が消えてなくなる日を信じ、この日本の、そして世界の政治の真実、テレビが垂れ流す表層政治ではなく、本質である深層海流を描き出し、皆さんにお伝えし続けるだろう。

いつの日か人類がヘルメスの戦争魔術から解放されることを願いつつ。

誰もがこの世界の実相を知る日がやってくれば、人間はメイソンの言う悪の理性ではなく、善の理性に目覚めて立ち上がることだろう。

そして世界から聖書や哲学を一掃し、戦争によって人類を間引きするという神の計画、と暗黒政治が姿を消す日がやって来るであろう。

これが、悪魔ではない、人間の真の霊から私に手渡されたメッセージである。

聖なるものの現れとは、悪魔との契約=ユダヤ教ではない。聖なる霊は姿を現さないし、私たちの近くにもいない。でも、距離がどれほど離れていても、人間の心にある霊と繋がっている。それは善なる存在なのだ。

c0139575_2231859.jpg


だが、悪魔信奉者たちは、脳にある人間の最も残酷な本能を覚醒させる作業にいそしんでいる。

それが聖書のヘビであり、毎日テレビが賛美している龍である。

c0139575_2157070.jpg


人間の脳には、まだ法がなかった古代以前に脳の根幹であった、これら脳幹に、殺し合い、奪い合うという本能を潜めているからだ。

これが神秘主義者や哲学者が言う(現代政治家)目覚め、いわゆる覚醒である。

橋下の父ら暴力団員が使用する覚せい剤が作られたのも、人間が狂暴になり、殺しあうためである。

この古代以前の無法時代をこの世に作り出そうとして活動しているのがユダヤ教である。ユダヤ教の教えである聖書では、人間が殺し合い、神が人間を憎んで殺す記述に溢れかえっている。

ノアの大洪水で人類を滅ぼす計画を立てたのも、この聖書の神、つまり悪魔である。

人間は宗教によって善悪にたどり着くのではなく、自身の判断によって善悪を決めることができなければならない。

テレビ局の判断で物事を決めるのではなく、自身の判断で善悪を決めることができるようにならなければならない。そのためには、世界の政治の根底を成している、この悪魔の深層海流の事実を把握せねばならないのである。

c0139575_22201725.jpg


その時、世界のすべての紛争の真因が手に取るように見えてくる。すべての紛争はバラバラに起こっているように見えるが、実はひとつである。

政治、橋下徹、芸能界、テレビ局、山口組、これらの者がバラバラに見えるが実はひとつの目的に向かっているのと同じである。

世界を破壊し、人間を一人でも多く間引きする。

c0139575_2291540.jpg

c0139575_23364574.jpg


橋下徹と日本維新の会の政策が、私の主張を裏づけている。

悪魔が日本人を殺しにやって来る日は近い。



c0139575_21573499.jpg



橋下内閣有力候補リストに仰天!!日本マイノリティ支配の裏が見えてくる!
http://www.asyura2.com/12/senkyo135/msg/262.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2012 年 9 月 02 日 17:27:05


東日本の再建のために大切な復興予算まで中韓に毟り取られた 2012年10月19日金曜日
http://www.bllackz.com/2012/10/blog-post_19.html

あなたの支払った税金は、中国・韓国の団体に回って、「遊び代」に使われていたのである。


「大魔神、人権法案、在日特権に怒る!」:日本人に成り済ましやりたい放題の民主党!
http://quasimoto.exblog.jp/19076655/

尼崎の「殺人御殿」:日本人「ヤプー」化計画か?
http://quasimoto.exblog.jp/19082059/

橋下徹の暴力団性 - 佐野眞一による人格批判の急所
http://critic5.exblog.jp/19311313/

出自で焦点となっているのは、部落ではなくて暴力団の要素だ。

・・・そのことはまた、グレーゾーン金利擁護の動き(竹中平蔵・安倍晋三)とも関係しているように推測される。要するに、日本の政治全体が暴力団に乗っ取られようとしているのではないか。暴力団的なものに覆われようとしているのではないか。橋下徹の政治現象を見て危機感を抱くのは、何よりそういう問題である。弱者を痛めつけて収奪する新自由主義の手口は、まさしく暴力団のそれであり、橋下徹や竹中平蔵や麻生太郞の毒々しい思想性は、極論すれば、反社会的な暴力団的論理の政策への反映であり、暴力団的手法の合法化と正当化であると言える。この点、小泉純一郎の家系と血脈の問題について、すなわち暴力団性と新自由主義の内面的連関について、2009年の政権交代期にもっと掘り下げて検証し、意味を確認して一般言説化する必要がわれわれにはあったのだろう。

・・・暴力団(ヤクザ)的なものが政治権力を専横し壟断しつつある倒錯現象に気づかせることだ。

++
橋下も取り立て屋だった。ナチも取り立て屋だった。

by oninomae | 2012-10-21 22:23 | 政治詐欺・政治紛争  

<< ハシシタ 奴の本性 救世主か衆... Help!! 緊急提言1 国と... >>