人気ブログランキング |

Help!! 緊急提言1 国と専門家の大転換を求める 武田邦彦

Help!! 緊急提言1 国と専門家の大転換を求める
http://takedanet.com/2012/10/help_d1fe.html


この緊急提言を行うきっかけは福島の子どもたちの甲状腺異常です。次の事実を踏まえて提言をします。でも、この提言の内容は2010年までは日本の常識であり、むしろマスコミ、知識人などが主張していた事でもあります。また、Helpと冒頭につけたのは、被曝が進んでいる子どもたちの声を代わりに言いました子どもたちは教育委員会、自治体、農家と違って声が小さく、被害だけを受けています。

1)通常の小児の甲状腺異常(結節など)は100人に1人程度。多くても3人。

2)福島の子どもたちの100人に約40人に異常が発見され、特に小学生の女児は55人に及んだ。

3)甲状腺異常がガンになるのは大人で100人に数人だが、子どもは20人から30人(小児科専門医からの情報による)。

4)放射線の被曝による損害は5年(大人、子どものデータは不足しているが3年ぐらい)の余裕がある。

5)従って、被曝による影響は「重大あるいは取り返しのつかない損害」が発生する可能性がある。



これを踏まえて、 まず第一に、日本が国際的に約束している「予防原則」に立脚すること、

予防原則:  原則15:環境を防御するため各国はその能力に応じて予防的方策を広く講じなければならない。重大あるいは取り返しのつかない損害の恐れがあるところでは、十分な科学的確実性がないことを、環境悪化を防ぐ費用対効果の高い対策を引き伸ばす理由にしてはならない。」(RIO DE JANEIRO DECLARATION 1992)

この予防原則は日本も参加した国際宣言であり、環境を大切にすると言ってきた日本がこれを破ることはできない。すでに事実の一部が福島で明らかになっている。

また、チェルノブイリの事故の前後で、ベラルーシとウクライナの人口が急減している。人口減少の主たる原因が死亡率の増加と出生率の低下であることが明らかで、チェルノブイリの事故との因果関係について「科学的確実性」をもっていないが、福島、関東、東北の人口が急減する可能性が高い。

これだけの証拠があって、「科学的確実性」を求めて対策を遅らすことは不適切である

政治、専門家は一日でも早く、予防原則に戻り、国民に対する誠意を取り戻さなければならない。それができなければ政府、自治体の責任ある立場の人は退陣し、かつ起こったことのすべてに私財を投じて弁済しなければならない。


「tdyno.282-(7:54).mp3」をダウンロード


(平成24年10月18日) 武田邦彦

Help!! 緊急提言2 子どもたちに被曝から守る法令を適応せよ
http://takedanet.com/2012/10/help_9a30.html

Help!! 緊急提言3 子どもを汚染地帯に行かせてはいけない
http://takedanet.com/2012/10/help_1e7a.html

・・・

2011年の原発爆発以来、次のようなことがありました。

1)事故直後から、教育委員会、校長先生に「子どもたちの汚染を減らすように全力を挙げて欲しい」と何回も呼び掛けましたが、当時、1日に50万件を超えるアクセスがあったにも関わらず、普通の先生以外は反応無し、

2)1年5ミリシーベルト(セシウムだけ)の給食が始まったとき、これが1年17ミリ以上になるので受け入れないように呼び掛けたが、反応無し、

3)給食責任者から「汚染された食材を拒否する親がいて困る」という相談があり、「汚染された食材を拒否する方が、食品提供者と考えが合うはずだ」と答えるようなことまであった、

4)一関などが汚染されたので、子どもが被曝したり、汚染された食材を食べないように注意を喚起したら、市長や議会から抗議を受け、メディアからも「なんで一関の名前を出すのだ」と一斉に攻撃を受けた(一関ではその後、汚染牛、汚染食材、高線量率を出した)、

5)1年20ミリという福島の被曝量は、1年に胸のレントゲン400回に相当すると警告したが、教育関係者は「お上が言うのだから」と自らの判断を避けた、

6中国地方の中学校と記憶しているが、修学旅行に日光に行くということで心配した親から連絡があり、「大人でも行かないのだから」と校長先生にメールを差し上げたら、「昨年も行ったから」という回答があった、

7)東京の学校が日光に次々と行くので、何回か控えるようにお願いしたが、生徒の全体の被曝量を計算せずに、日光に行ったときだけを計算していた、

8)親が心配しているので、行事の参加をいやがる子どもを「そんな人間は日本人ではない」という先生が多かった、

9)先日、汚染地帯に行くのをいやがった子どもに対して、次のようなことをした先生がおられることをメールにあった(かなりの数があった)
「子供は学校で校長先生や他の先生に囲まれて参加しないと残念な気持ちになる とか日光でも生活をしている人がいるのにその人たちの心を考えた事があるか など 泣くまで延々と説き伏せる行為に及びましたこのような状態の中で学校が子どもたちを汚染地帯に連れて行くのが跡を絶ちません。」

・・・これが被爆した国日本、そして文明国でしょうか・・・

大人の理由は、

1)子どもたちを被曝させても声が小さい、

2)親の内、心配している親は少ないので、親同士のイジメで解決できる、

3)子どもたちがどのぐらいの被曝をしているかは計算しない。これまで被曝していないとすると、汚染地帯に連れて行っても問題は無い、

4)日本人を被曝から守る法律はないと主張する、

5)国は子どもたちを被曝させても問題は無いと言っている、

6)これまでのつきあい、リベートなどがある、

7)汚染地帯の人の生活が大切で、子どもの健康を犠牲にしても良い。

特に原発事故の後、日光などの汚染観光地へ子どもを連れて行くことが多いのですが、大人の観光客は激減しているところに、「大丈夫だ」と言い、保護者同士で監視をさせて強引に行事を実施しています。

校長先生!! あなたの人生は教育だったのです。是非、教育者の本来の姿を取り戻し、子どもたちを汚染地帯に連れて行かないようにしてください。将来に対して先生は法令を超える責任を持てますか?


(平成24年10月21日) 武田邦彦





言うまでも無いが、残念ながら、連中の実体はこれである

Finding consensus: The 1992 UN Earth Summit and Agenda 21
http://www.un.org/wcm/content/site/chronicle/home/archive/webarticles2012/originofuncommitmenttosustainabledevelopment2

c0139575_2335392.jpg

c0139575_2335586.jpg


c0139575_236587.jpg

c0139575_23133258.jpg

c0139575_2310585.jpg

c0139575_23201274.jpg

c0139575_23203497.jpg


今さらであるが、連中にとっては、「環境を」であって、「人の健康と命を」ではない

環境の名の下に、「いらない」人間たちを葬り去ろうとしているだけである

我々攻撃されている側としては、これを脱却しなければならない











新潟 野生キノコから放射性セシウム 10月19日 5時47分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121019/k10015855461000.html

放射性セシウムが検出されたのは、今月15日に湯沢町三国で採れた「シロヌメリイグチ」という野生のキノコです。キノコからは、国の基準の1キログラム当たり100ベクレルを超える450ベクレルの放射性セシウムが検出されました。

c0139575_22142127.jpg






Hitler Atomic Bomb Part 1 of 3
http://www.youtube.com/watch?feature=player_detailpage&v=5rCEOfQFyIo


Carl Vorman さんが 2009/07/07 にアップロード

NAZI atomic bomb. Not myth. Video show real facts.





福島産のカツオのファストフィッシュ 11月下旬に商品化予定 イオン 2012-10-19 21:20:09
http://ameblo.jp/misininiminisi/entry-11383666080.html

イオンは19日、あらかじめ骨を除いて調理しやすくした「ファストフィッシュ」で、東北地方の震災復興支援を狙った宮城県産の養殖サケの商品など16品目を新たに販売すると発表した。新商品をてこに、ファストフィッシュの販売量を現在の約3倍に引き上げる構え。福島県で水揚げされるカツオも11月下旬に商品化する予定だ。


千葉県君津市のゆずからセシウム合計70Bq/kg 検出 2012-10-20 23:05:31
http://ameblo.jp/misininiminisi/entry-11384626959.html

長野県産のきのこから2100 Bq/kg 検出 2012-10-20 23:39:02
http://ameblo.jp/misininiminisi/entry-11384659490.html

福島県双葉町の工業団地前の苔から57万Bq/kgのプルトニウムが検出 2012-10-21 08:43:35
http://ameblo.jp/misininiminisi/entry-11384822683.html

シイタケで新たな味覚 焼酎など3商品 いわき菌床椎茸組合 2012/09/27 09:20
http://www.minpo.jp/news/detail/201209273884


メディアの共謀――朝日新聞は毒入り子宮頸癌ワクチン推進派~出生直後のビタミンK注射も打たないで!!
http://insidejobjp.blogspot.jp/2012/10/k.html#more

毒入り子宮頸癌ワクチンのみならず、各種ワクチン、予防接種は受けないで!~「常識」はいずこ?
http://insidejobjp.blogspot.jp/2012/10/blog-post_21.html#more


女川のサンマ、大盤振る舞い 日比谷公園、6万匹無料に 2012年10月21日5時46分 (=
http://www.asahi.com/national/update/1020/TKY201210200578.html?ref=yahoo

女川町の震災がれき万トンを東京都が引き受けたことに感謝を込め、万匹にした。


福島で内部被ばく検査 那須塩原市民、初日に33人  (10月21日 朝刊)
http://www.shimotsuke.co.jp/news/tochigi/top/news/20121021/904228


「人が住んでいるところにもかかわらず、 福島は線量が高い。 想像以上に高い」アレクセイ・ネステレンコ所長記者会見 10/20(内容書き出し)
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2460.html

「二分する被ばくへの対処方とエートスと決別の理由」上杉隆氏10/20 アレクセイ・ネステレンコ所長記者会見 (質疑応答後半・内容書き出し)
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-2462.html


東京の「放射能」は一万倍のデマ 2012年10月21日
http://onodekita.sblo.jp/article/59419087.html

6ミリの「腺腫様甲状腺腫」と診断→切除手術後に乳頭癌(甲状腺のがん)と判明、青山勤務40代女性 2012-10-22 00:48:27
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/993b2d83c8aa6cf6e8b1be9323706d3b?fm=rss

by oninomae | 2012-10-20 19:54 | 放射能・ラジオハザード  

<< 橋下徹 朝鮮の血流 日本がディ... ハシシタ徹 悪魔の血脈 たんぽぽ日記 >>