人気ブログランキング |

西側は、なぜイランをつくって、現在それを破壊したいのか by Saman Mohammad

http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-11307133258.html
2012-07-20 11:18:50  より転載(一部改訳)

Why the West Created Iran & Wants to Destroy it Now
http://www.henrymakow.com/why_the_west_created_iran_want.html

西側は、なぜイランをつくって、現在、破壊したいのか by Saman Mohammad  (Illuminati Terrorism.com) (Edited by henrymakow.com)  July 18, 2012

c0139575_6153594.jpg

1979年、イルミナティがアヤトラ・ホメイニ(Ayatollah Khomeini)を権力の地位につける前、彼は25年間、西側のエージェントだった

c0139575_9363578.jpg


そして、ムスリム同胞団(Muslim Brotherhood部分訳はここ)に所属していた。 「イラン革命」は、チュニジア、リビア、エジプトの「アラブの春」革命と同じものだ。 そして現在、シリアである。

イランはイルミナティに操られ、戦争の言い訳として使われる。


常識によると、ワシントンとテヘランは、1979年のイスラム革命以来、お互いを憎んでいる。 しかし、表面下をのぞくなら、この主張の裏付けとなる証拠がごくわずしかないとわかる。

民主主義的に選ばれたイラン首相モハンマド・モサデク博士(Mohammad Mossadegh:1882~1967)を追放するために1953年に力を結集して以来、イランのイスラム原理主義律法学者とアメリカ/英国の金権政治の統治者は互いにひそかに同盟していた。その時、CIAとMI6は、イランの権力の座に国王(Shah)をつけた。 しかし、彼らはイラン原理主義者社会の主要人物と緊密な関係を維持していた。

一世代におよぶ国王の統治、イランの国民は不当な独裁にうんざりし、イスラム律法学者がイランで独裁的な力を行使する順番がきた。 それは、イスラム的なものは言うまでもなく、イランの革命のあらゆる徴候の前の1970年代中頃CIAとMI6は国王を追放した。

最初、イランの人々は、イスラム神権政治としてイスラム教を説くホメイニ師の根源的(過激急進的)解釈(radical interpretation)を受け入れなかった。 何百万人ものイラン人は抵抗したが、今後の社会へのメッセージとして数千人が裁判なしで処刑された。イランに対するホメイニの不当な支配を合体させたイベントは、イランアメリカ大使館人質事件である。 ホメイニ陣営とブッシュ陣営の内で諜報部員たちによって抜け目なく引き起こされたと、マンスールは言う。

訳者注:マンスールは以下の人物か?
Fara Man­soor
http://faratimes.wordpress.com/about/


人質事件は象徴的で、非常に強力だった。 それはイランの人々を急進的にさせて、ホメイニ師を不滅にさせ、カーター大統領を弱腰に見えさせ、レーガン大統領を強く見えさせ、米国民がイランを憎ませるようにした。

アメリカとイランのギャング全体ともに、彼らがつくった危機から利益を得た。 そして、それは過ぎ去ったことで跡形もない。 アメリカとイランの専制君主は、彼らの利己的な政治目的のためにイランの宗教的な過激派によって目隠しをされるアメリカ人人質のイメージを使い続けた。しかし、アメリカとイランの民衆は、二国間における不自然な分離のため、苦しんでいた ...

c0139575_6371327.jpg

( Hostage to Khomeini[ホメイニへ差し出した人質]、ロバート・ドレファス[Robert Dreyfuss]著は、西側が現在のイラン政府を設置した方法を詳述している。)

c0139575_638034.jpg



ホメイニは世界的なファシスト政府の展望を共有しているイルミナティのエージェントであり、英国/米国の諜報部員だった。

[Hostage to Khomeiniから、「それは、1963年に歴代イラン国王に対して活動を開始したフリーメーソン、大地主と聖職者間の同盟でした。そのリーダーは、ホメイニ師でしたがシンボルのみの機能でしかなかった .... 「ホメイニは学生時代より英国のエージェントから毎月の支払いを受けとって、彼の主人と恒常的に接触していた」と、The Voice of Iranは、報告する。 p.88]


彼らが世界の人々にグローバル・ファシスト政府を売りこむことができる唯一の方法は、第三次世界大戦の儀式を創造することによってである ...


このように、互いを憎む状態からほど遠く、アメリカとイランの全体的統治者は、それらの力学を維持しながらも、政治的に、心理的に、互いに依存している。 経済困難と激しい政治的激変の時期のあいだ、両国の不当な統治者は、彼らの不当に得た権力を維持しながらも、みづから欠陥をとがめる統治者の脚本で最も一般的戦術を展開した。 恐怖でもって。


II. Why Create Enemies? Why Wage War? Why Destroy Nations? なぜ敵を創作するのか? なぜ戦争を行うのか? なぜ国家を破壊するのか?

2010年4月のイランについての講義で、アメリカのジャーナリスト、ローラ・セカー(Laura Secor)は、次のように言った:

「アメリカ合衆国との非関係性が、イスラム共和国の価値観にとって本当に中心的な事柄であるその程度を過小評価できるとは思いません。」 (引用注:若干改訳)

c0139575_6442786.jpg

Views from Iran with Laura Secor (英文ビデオ)
http://www.youtube.com/watch?v=ckGMvt2hxkw


国際的秩序のためイランの脅威と誇大宣伝するワシントン側も、イスラエルにおける異常な戦争の渇望やアメリカのカバル(秘密結社)が支配する経済的、政治的な利益に奉公する。 彼らの戦争の基本原則と国家の安全な独裁を維持するために、アメリカの専制君主は、敵を必要とする。  そして、イランのイスラム専制君主は、イランにおける無情な支配を合法化するための敵として偉大なサタンとシオニストの蛇を必要とする。

敵を嫌っているふりをしながら、イランの不当な統治者はイランの豊富な天然資源を略奪し、アメリカの不当な統治者も同じことをする。  終りのない戦争状態なしでは成り立たない、急速な力の衰え。 私たちは非常に野蛮で、不道徳で、人々を鎮圧するための偽装と恐怖を使って反民主主義体制と取引している。 戦争と混沌は、アメリカ、イングランド、イスラエル、イランの全体主義の怪物にとって母乳のようだ。  これらは、地獄と暗闇の産物である。  ブッシュ、チェイニー、ブレア、オバマ、ホメイニとネタニヤフは、すべて死刑に値する。

「イルミナティ・マインド・コントロールとアイアンマウンテン報告(Illuminati Mind Control & the Report from Iron Mountain)」という論文に、ディーン・ヘンダーソン(Dean Henderson)は、なぜ戦争が必要で良い事なのか、という理由について、1960年代初期の米政府当局高官による暴露的な記載を発表した。


Illuminati Mind Control & the Report from Iron Mountain  April 2, 2012 — Dean Henderson
http://deanhenderson.wordpress.com/2012/04/02/illuminati-mind-control-the-report-from-iron-mountain/

http://theintelhub.com/2012/04/03/illuminati-mind-control-the-report-from-iron-mountain/


「1961年のケネディ政府官僚は、マクジョージ・バンディ[McGeorge Bundy]、
c0139575_655438.jpg

ロバート・マクナマラ[Robert McNamara]、
c0139575_703415.jpg

ディーン・ラスク[Dean Rusk]
c0139575_762469.jpg

(いずれも外交問題評議会[CFR]とビルダーバーグ・メンバー)は、「平和の問題」を調査した研究会を率いた。


グループはアイアンマウンテン(Iron Mountain)、ニューヨークのハドソンの近郊の巨大な地下核シェルター会社で会合した。 そこには、CFRシンクタンクのハドソン研究所[The Hudson Institute]があった。 地下の防空壕は、エクソン・モービル、ロイヤル・ダッチ/シェルとJPモーガン・チェースのために核攻撃を受けた場合の予備オフィスが設置されている。 [7]  グループの議事録の複写、アイアンマウンテン報告書として知られているレポートは、その参加者から漏らされ、Dial Press社によって1967年に発表された。

そのレポートの著者は、戦争を必要で望ましい状態と考えており、こう述べている、『戦争それ自体は基本的な社会システムであり、その中で、社会的組織の他の二次的な様式が、対立あるいは共謀する。(戦争は)主たる組織化力・・・現代社会の必須の経済安定剤』。 その集団は、『曖昧なリーダーシップ』を通して、『支配的管理階級』が『望ましい戦争を合理化する』ための能力を失い、『軍事機関の実際の廃止』に至るかもしれないことを心配した。 (改訳)

レポートは、さらに続けて言う、「・・・戦争システムが消失することを、責任を持って認めることは出来ない、・・・我々が、次に行うつもりであることを正確に知るまでは・・・戦争の可能性は、それなしにはいかなる政府も長く政権に留まることが出来ない外的必要性の感覚を提供する・・・ 人々に君臨する近代国家の基本的な支配権は、その戦争遂行権限にある。 戦争は、必要な階級の除去に対する最後の卓越した予防手段として役だってきた。
 (改訳)

c0139575_8485511.jpg

c0139575_8491649.jpg


地球の担当官の狂人が愛情をもって包含するよりはむしろ、世界平和を対処すべき問題として見ていることは、非常に暴露的である。 これらは、普通でも個々の行動規範でもない。  戦争は彼らの生活様式であるが、これらの凶悪な寄生虫は殺害と死ぬことに実は参加していない。  彼らは、政権を掌握するために戦争を必要として、何兆ドルも儲けて、人々を羊のように従順させるために法律を決定する。

「戦争は、地獄だ」と、ウィリアム・シャーマン将軍(William Sherman :1820 – 1891)は言った。
c0139575_8373619.jpg

現代の戦争は、ビッグビジネス以上のものだ。  人間の精神と魂へのダメージは、組織的であった。 それは西側で、そして、イランで自由と民主主義を破壊した ・・・


第三次世界大戦は、私たちの世界を支配する狂った怪物の人工の創作である。 アメリカ、イスラエルとイランの組織化された破壊は、窃盗し続ける恥知らずな戦争不当利得者、世界的な武器製造業者、大手石油企業と国際的銀行ギャングたちのための新しい機会を引き起こす。 彼らは、人道に反する犯罪で絞首刑に値する腐敗した、冷酷な、精神異常の盗賊だ。

--

Why The West Created The Islamic Republic of Iran, And Why It Wants To Destroy It Now  April 4, 2012
http://disquietreservations.blogspot.co.uk/2012/04/why-west-created-islamic-republic-of.html

c0139575_826599.jpg



What Is the Muslim Brotherhood, and Will It Take Over Egypt?  The basics on the group that has Glenn Beck going batshit. —By Robert Dreyfuss  Fri Feb. 11, 2011 4:00 AM PST
http://www.motherjones.com/politics/2011/02/what-is-the-muslim-brotherhood

c0139575_8275388.jpg

1953年、イスラム団代表とアイゼンハワー大統領  大統領執務室にて

As Predicted, CIA-Sponsored Muslim Brotherhood Becomes Enemy!
http://socioecohistory.wordpress.com/2012/02/18/as-predicted-cia-sponsored-muslim-brotherhood-becomes-enemy/

Muslim Brotherhood created by British Intelligence
http://www.topix.com/forum/world/singapore/TO7CKPL7NRF1QKSEV


【翻訳:タドン】




CIA, Mossad, Salafi terrorists behind Syria Mayhem Submitted by David Livingstone on Wed, 02/08/2012 - 17:25
http://www.terrorism-illuminati.com/content/cia-mossad-salafi-terrorists-behind-syria-mayhem




おまけ

c0139575_92143.jpg

by oninomae | 2012-07-22 08:51 | 戦争詐欺・紛争  

<< ロンドン2012:オリンピック... 彼らは混乱がほしい >>