人気ブログランキング |

「生きる価値の無い市民・サラリーマンを殺害処分する」、経済政策 オルタ

アメリカがイランとの戦争準備を進める、本当の理由 2012年06月10日
http://alternativereport1.seesaa.net/article/274405343.html

1、 「地球で全ての人間が豊かに生活出来るのは人口50億人が限界だ。現在の人口は多すぎる。」 デイビッド・ロックフェラー (引用注:50億人ならまだよかったですな)

「生きる価値の無い市民・サラリーマンを殺害処分する」、経済政策 オルタ_c0139575_2443816.jpg


2、「2020年には人口は100億人になる。誰もそんな世界に住みたくはない。出生率を下げるか、死亡率を上げるか。戦争により極めて速やかに効率的に死亡率を上げる事が出来る。また飢餓や病気を意図的に拡大させる事も人口調節に有効である。」 ベトナム戦争を指揮したアメリカ国防総省のトップ=ロバート・マクナマラ

「生きる価値の無い市民・サラリーマンを殺害処分する」、経済政策 オルタ_c0139575_2454091.jpg


このマクナマラは「意図的に病気を拡大させる化学兵器・枯葉剤」をベトナム戦争で実戦使用した

3、「人口が手に負えなくなったら、エルサルバドル、イラン、レバノンの類いで良い。かなり大規模な戦争で、男を皆戦場に引きずりだし、子供を産む女を皆殺し、処分してしまう事だ」 米国・国務省高官トマス・エンダース[Thomas O. Enders]

「生きる価値の無い市民・サラリーマンを殺害処分する」、経済政策 オルタ_c0139575_2525822.jpg


4、「2010年までに地球人口の10%以上を殺害、処分してしまう必要がある。」  ハーバード大学エコノミック・リサーチ・プロジェクト報告(この研究資金はロックフェラー財団が拠出している)

5、「黒人、アラブ人、中国人、日本人等、有色人種は人種的に劣っているので、世界規模の核戦争で絶滅させる必要がある。」イスラエルの大手新聞エルサレム・ポスト社説。


3、4、5を重ね合わせると「大規模な戦争で人間を処分」する事が政策目標として掲げられ、「劣っている有色人種」がターゲットにされている事が見える。ベトナム戦争、2度に渡るイラク戦争、アフガニスタン戦争は全て有色人種の居住地域で展開されている。

この新聞「エルサレム・ポスト」の経営者リチャード・パール[Richard Norman Perle]が前ブッシュ政権のイラク戦争開始を決定したアメリカ国防政策会議・議長である。

「生きる価値の無い市民・サラリーマンを殺害処分する」、経済政策 オルタ_c0139575_365026.jpg

パールは世界最大級の核ミサイル製造・販売会社レイセオン社[Raytheon Company]の敏腕営業マンでもある。

「生きる価値の無い市民・サラリーマンを殺害処分する」、経済政策 オルタ_c0139575_3105630.jpg


2012年、アメリカ政府は、核ミサイル開発問題で対立し、「有色人種の国」イランとの戦争準備を進めている。アメリカから「軍事技術・軍事費の援助を受けた」イスラエルは、イランとの戦争を準備し、イランに核ミサイルを撃ち込む事も辞さないと公言し、イランはイスラエルへの核ミサイル発射を「念頭に置き」、準備を進めている。

「生きる価値の無い市民・サラリーマンを殺害処分する」、経済政策 オルタ_c0139575_3141058.jpg


1~5のシナリオの絵図の通りに、国際情勢は動いている。


「生きる価値の無い市民・サラリーマンを殺害処分する」、経済政策 オルタ_c0139575_3143723.jpg


「生きる価値の無い市民・サラリーマンを殺害処分する」、経済政策 2012年06月12日
http://alternativereport1.seesaa.net/article/274750468.html

直近に迫っている地球の氷河期入りに備え、世界経済を支配する大手銀行経営者達を中心とした一部のエリート層によって貴重な食料・燃料を独占確保し「温存しておく」戦略が採用され始めている。

「地球温暖化」の大合唱は、そうした戦略の下、氷河期入りによって市民・サラリーマン達がパニックを引き起こす事を回避する「情報操作」戦略であった。そして温暖化防止のためと「称し」省エネを世界規模で実行させ、エリート達のための貴重なエネルギー源を「温存・確保」する事が、その目的であった。

こうした「資源・食料の確保、温存」政策として、イラク戦争・アフガニスタン戦争等の形で戦争を継続して引き起こし、また、ウィルス・化学兵器を密かに散布する事によって地球人口を「大規模に削減する」戦略が取られている事を、前回記事、「アメリカがイランとの戦争準備を進める、本当の理由」で記載した。

「生きる価値の無い市民・サラリーマンを殺害処分する」、経済政策 オルタ_c0139575_328780.jpg


「生きている価値の無い無能な市民・サラリーマン達は、金融恐慌による大量失業=自殺勧告、戦争、鳥インフルエンザ等の生物兵器の散布によって殺処分する」という政策である

こうした「殺処分」の宣伝機関となっているイスラエルの大手新聞エルサレム・ポストが社説において「黒人、アラブ人、中国人、日本人等、有色人種は人種的に劣っているので、世界規模の核戦争で絶滅させる必要がある」と主張している事も前回記載した。

この新聞社の経営陣には、銀行リーマン・ブラザース[Lehman Brothers]が座っていた。今次の金融恐慌を引き起こした銀行リーマン・ブラザースである。戦争によって無用な人口を削減すると主張する者達が、金融恐慌を引き起こしている様が見える。

そして、核戦争よりも「より安価に」、過剰な人口を殺処分できるのは生物兵器である。

「生きる価値の無い市民・サラリーマンを殺害処分する」、経済政策 オルタ_c0139575_3194945.jpg


黒人、アラブ人、日本人=有色人種だけに発症するように皮膚細胞の色素に反応し潜伏期間から覚醒する形に遺伝子組替えされたペスト菌、コレラ菌=生物兵器は既に出来上がっている。

こうした生物兵器の研究に米国で最初に着手したのは前回指摘したロックフェラーの運営する研究所であった。このロックフェラー一族はバプテスト派キリスト教[Baptist]の「敬虔な」信者である。

ユタ州のバプテスト派教会では1998年から、繰り返し、多数の生物兵器研究者達が世界中から集まり研究報告会や資産家達への「説明会」が開かれている。

「生きる価値の無い市民・サラリーマンを殺害処分する」、経済政策 オルタ_c0139575_4104559.jpg


宗教団体が、生物兵器の研究会とは、極めて奇妙な「動き」である。


「生きる価値の無い市民・サラリーマンを殺害処分する」、経済政策 オルタ_c0139575_482085.jpg




関連

人口削減狂想曲
http://satehate.exblog.jp/15444899/

邪悪な場所-ジョージア・ガイドストーン By Vigilant + 薔薇の棘?
http://satehate.exblog.jp/12455756/

人類を五億人以下に保て
自然との恒久的な調和のために


イオンのお葬式=死ィオン?
http://satehate.exblog.jp/16342422/

人類の生化学的な操作ほか by David Rothscum 目次
http://satehate.exblog.jp/13848408/

自閉症、優生学と人間内での分裂 by David Rothscum 4
http://satehate.exblog.jp/13437206/

WHOはあなたを殺そうとしている? (WHO)-世界保健機関の事実と噂
http://satehate.exblog.jp/12470091/

ヒトの免疫学的不妊化 2009年のワクチン接種オデッセイ By A. True Ott, PhD
http://satehate.exblog.jp/12593371/

「インフルエンザ」ワクチンの大陰謀:免疫学的不妊化の基礎
http://satehate.exblog.jp/12615253/

免疫学的不妊化の基礎2  ホルモン-毒素複合体編
http://satehate.exblog.jp/12925696/

ニューエイジ・アセンション:スピリチュアルな「ともだち」
http://satehate.exblog.jp/12903383/

在日韓国人+キリスト教会=反日左翼の拠点 新宿区西早稲田2-3-18
http://koramu2.blog59.fc2.com/blog-entry-859.html

「生きる価値の無い市民・サラリーマンを殺害処分する」、経済政策 オルタ_c0139575_23414674.jpg

「生きる価値の無い市民・サラリーマンを殺害処分する」、経済政策 オルタ_c0139575_22524181.jpg


どのように遺伝的に操作された食品が我々の種の生存を脅かすか by David Rothscum
http://satehate.exblog.jp/14381968/

不妊、幼児死亡率に関連づけられたGM大豆 By Jeffrey Smith 1
http://satehate.exblog.jp/15785590/

不妊、幼児死亡率に関連づけられたGM大豆 By Jeffrey Smith 2
http://satehate.exblog.jp/15785594/


ほか多数


本ブログは、メインテーマとして新たなホロコーストをを日本人に警告するために開始された。が、残念ながら大多数の人々についてはあまり役に立たなかったかもしれない。いずれにしても意図的なことだが、放射性物質は多くの人々の体内に浸透させられ続け、ワクチン接種は淡々と続き、「ゼロ」や「環境ホルモン」は体内に注ぎ込まれ続けている。今後、放射脳エイズ+病原体で、一体どうなることであろうか。すでに2012年である。しかし、まだ諦めないでおこう。

「生きる価値の無い市民・サラリーマンを殺害処分する」、経済政策 オルタ_c0139575_19274333.jpg

by oninomae | 2012-06-13 20:01 | ホロコースト  

<< 「ご神木」への攻撃 今度は119だそうな >>