人気ブログランキング |

米国の支配層が危険視しているのは一般市民、特に平和を望む人びと・・ 櫻井ジャーナル

米国の支配層が危険視しているのは一般市民、特に平和を望む人びとであり、アル・カイダとは協力関係にあることを直視する必要がある(その1)
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201112140000/

米国ノースダコタ州で6月23日にあった出来事。牛の行方不明事件を調べていた保安官をライフルで追い払おうとした市民を逮捕するため、空軍の無人機、プレデターBが投入されたのである。プレデターの利用はこれだけでなく、地元警察は監視のため、6月から二十数回飛ばしていた。23日の出来事は一例にすぎないのだ。

米国の支配層が危険視しているのは一般市民、特に平和を望む人びと・・ 櫻井ジャーナル_c0139575_1955834.jpg


第2次世界大戦後、アメリカの支配層は国民を監視しなければならないという強迫観念に取り憑かれたようで、FBIやCIAは市民を監視するプロジェクトを推進している。1950年代にFBIが始めたCOINTELPRO

米国の支配層が危険視しているのは一般市民、特に平和を望む人びと・・ 櫻井ジャーナル_c0139575_2021456.jpg

米国の支配層が危険視しているのは一般市民、特に平和を望む人びと・・ 櫻井ジャーナル_c0139575_20153270.jpg

1967年にCIAが始めたMHケイアス[MH/CHAOS]は悪名高い。

米国の支配層が危険視しているのは一般市民、特に平和を望む人びと・・ 櫻井ジャーナル_c0139575_2093254.jpg

いずれもターゲットは反戦/平和を訴える個人や団体だった。

2001年9月11日以降、国民監視のシステムは急速に強化され、国防総省のDARPA(国防高等研究計画局)も個人の学歴、銀行口座の内容、ATMの利用記録、投薬記録、運転免許証のデータ、航空券の購入記録、住宅ローンの支払い内容、電子メールに関する記録、インターネットでアクセスしたサイトに関する記録、クレジット・カードのデータなどあらゆるデータの収集と分析するプロジェクトを開始、プロジェクトが発覚すると、目眩ましのために次々と新しい名称のプロジェクトに切り替えている。

米国の支配層が危険視しているのは一般市民、特に平和を望む人びと・・ 櫻井ジャーナル_c0139575_2015128.jpg


国防総省が行っていた(いる)CIFAというデータ収集活動では、TALON[Threat and Local Observation Notice]というデータベースに情報を記録、このデータを分析することで「将来の脅威」を予測しようとしていた(いる)。

米国の支配層が危険視しているのは一般市民、特に平和を望む人びと・・ 櫻井ジャーナル_c0139575_2027867.jpg


こうした環境の中、「監視ビジネス」も急成長している。街中での監視カメラ、空港での監視システムは目につくが、ある会社はスーパー・コンピュータを使って膨大な量の情報を分析、「潜在的テロリスト」を見つけ出そうとしている。つまり、どのような傾向の本や読み、音楽を聞き、絵画を見るのか、どのようなドラマを好むのか、あるいは交友関係はどうなっているのかなどを調べ、分析して国民ひとりひとりの思想、性格、趣味などを推測、体制に批判的な傾向のある人物を捜し出そうというわけだ。

その一方、アメリカの支配層は軍事独裁者を支援、アル・カイダを含む武装集団を作り出し、こうした武装集団を敵視する体制を破壊してきた。ベトナム戦争では黄金の三角地帯でヘロインを生産、アフガン戦争ではパキスタンやアフガニスタンの山岳地帯でやはりヘロインを生産、中央アメリカでの反革命工作ではコカインというように、麻薬取引にも手を出している。(詳しくは拙著『テロ帝国アメリカは21世紀に耐えられない』を)

米国の支配層が危険視しているのは一般市民、特に平和を望む人びと・・ 櫻井ジャーナル_c0139575_2031146.jpg


ヘロインの密輸を仲介することで資金を調達していたのがコソボの反セルビア軍。欧米から支援を受けていた勢力だ。旧ユーゴスラビアの内戦では、アル・カイダも反セルビアの立場で戦闘に参加したと言われている。考えてみれば、アル・カイダはソ連と戦わせるためにアメリカの軍や情報機関が作り出した武装集団に含まれていた。

米国の支配層が危険視しているのは一般市民、特に平和を望む人びと・・ 櫻井ジャーナル_c0139575_20334997.jpg


米国の支配層が危険視しているのは一般市民、特に平和を望む人びとであり、アル・カイダとは協力関係にあることを直視する必要がある(その2)
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201112140001/

現在、アフガニスタンでアメリカ/NATO軍が戦っている相手、タリバンはアメリカがパキスタンの助言に基づいて組織した集団。そのタリバンと戦わせるために新たな武装集団をアメリカは組織したのだが、殺人、レイプ、不正な拘束、誘拐、土地の略奪、違法な襲撃などの行為を繰り返していると批判されている。

タリバンを創設する際に協力を受けたパキスタンとアメリカは現在、関係が悪化してパキスタン領から物資を補給することが難しい状況になっているため、拷問など人権侵害で悪名高いウズベキスタン政権と手を組んで補給路を確保していると指摘されている。

米国の支配層が危険視しているのは一般市民、特に平和を望む人びと・・ 櫻井ジャーナル_c0139575_20484685.jpg


アメリカのサダム・フセイン政権がアフガニスタンのタリバン政権を攻撃する理由としたのは、アル・カイダとの関係だ。この話自体、信憑性に欠けるのだが、アル・カイダと敵対関係にある体制もアメリカ軍は破壊していく。

アフガニスタンに続き、アメリカが先制攻撃を仕掛けたのはイラク。この国を支配していたサダム・フセインはアル・カイダを徹底的に弾圧、アメリカ政府にもこの武装集団に関する情報を提供していたことが知られている。また、リビアのアンマル・アル・カダフィ体制もアル・カイダを危険な存在だと認識、敵視していた。

フセイン体制が崩壊してからイラクの内部にアル・カイダ系の武装集団が侵入、リビアでは英仏米が軍事侵攻の際にアル・カイダ系のLIFG(リビア・イスラム戦闘団)と手を組んでいる。アル・カイダとの関係をLIFGも認めている

米国の支配層が危険視しているのは一般市民、特に平和を望む人びと・・ 櫻井ジャーナル_c0139575_20495249.jpg

日本では「左翼」を自称している人たちもリビアの反カダフィ派とアル・カイダとの関係から目をそらしているのは興味深い。

カダフィ体制が倒れた後、象徴的な出来事がリビアの都市、ベンガジで見られた。裁判所の建物にアル・カイダの旗が掲げられたのである。


リビアの体制転覆はフランスが発端を作り、イギリスが主導し、アル・カイダの手を借りて実現、アメリカも全面的に協力したということだ。

米国の支配層が危険視しているのは一般市民、特に平和を望む人びと・・ 櫻井ジャーナル_c0139575_20562358.jpg


アル・カイダの象徴的な存在だったオサマ・ビン・ラディンをバラク・オバマ米政権は5月2日、パキスタン側の了解を得ずに暗殺したことになっている。アメリカ海軍の特殊部隊SEALチーム6が2機のヘリコプターを使って襲撃、その際にビン・ラディンたちは丸腰で、銃撃戦らしい銃撃戦はなかったという。

アメリカが主張するストーリーを信じると、本人だけでなく警備の人間も襲撃に気づかず、くつろいでいたことになる。この地域はパキスタン軍の幹部が多く住み、士官学校も近くにある。警備は厳重だったはずだが、警戒網に引っ掛からなかったのは不思議だ。

2001年7月にビン・ラディンは腎臓病の治療をするため、アラブ首長国連邦ドバイの病院で入院、その際にCIAの人間と会ったとフランスのル・フィガロ紙は報道している。それだけの重病人が過酷な山岳地帯でゲリラ戦を続けているという話にリアリティを感じない人は少なくなかった。

5月2日まで生存していたとしても、すでにアル・カイダの内部で発言権はなくなっていた可能性が高い。オサマ・ビン・ラディンの死はアル・カイダにとって大きな意味はないということである。

1982年7月、イタリアの「黒幕」、リチオ・ジェッリ[Licio Gelli]の娘が持っていたスーツケースの底に隠されていた文書がローマの空港で発見された。

米国の支配層が危険視しているのは一般市民、特に平和を望む人びと・・ 櫻井ジャーナル_c0139575_21175414.jpg

そのうちのひとつ、1970年3月18日付けの文書「安定作戦、情報-----特別分野」には、「友好国政府が共産主義者の脅威に対する警戒心をゆるめている場合」の対処法が書かれていた。友好国の政府や国民を目覚めさせるために特殊作戦を実行しなければならず、より過激な共産主義グループの内部に特別行動グループを編成し、反乱を望む声を広めるように務めろというのだ。

つまり、国民の間に寛容な雰囲気が広がり、平和を望む人が増えてきたなら、何らかの行動を起こし、人々に『恐怖』を思い出させるべきだとしているのである。この文書を作成した責任者はウィリアム・ウエストモーランド[William Westmoreland, 1914-2005]将軍だとされている。

米国の支配層が危険視しているのは一般市民、特に平和を望む人びと・・ 櫻井ジャーナル_c0139575_2117189.jpg



米国の支配層が危険視しているのは一般市民、特に平和を望む人びと・・ 櫻井ジャーナル_c0139575_20272894.jpg





おまけ

米国の支配層が危険視しているのは一般市民、特に平和を望む人びと・・ 櫻井ジャーナル_c0139575_3191125.jpg

米国の支配層が危険視しているのは一般市民、特に平和を望む人びと・・ 櫻井ジャーナル_c0139575_3153235.jpg

米国の支配層が危険視しているのは一般市民、特に平和を望む人びと・・ 櫻井ジャーナル_c0139575_34332.jpg

米国の支配層が危険視しているのは一般市民、特に平和を望む人びと・・ 櫻井ジャーナル_c0139575_38689.jpg

米国の支配層が危険視しているのは一般市民、特に平和を望む人びと・・ 櫻井ジャーナル_c0139575_3202092.jpg

by oninomae | 2011-12-15 21:19 | 政治詐欺・政治紛争  

<< 汚染地域の子ども病気になりやす... 福島第一原発事故から9カ月 住... >>