人気ブログランキング | 話題のタグを見る

128=11

128=11_c0139575_19345324.jpg

旧 海軍の暗号方式  真珠湾前に解読 米軍史料発見で新説 2011年12月8日 07時03分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011120890070334.html

128=11_c0139575_18491181.jpg

「真珠湾攻撃前に旧日本海軍の暗号を解読した」と明記した米軍史料の写し=佐伯友章撮影


太平洋戦争が開戦した1941(昭和16)年12月8日のハワイ・真珠湾攻撃の前に、米側が、旧日本海軍が作戦指示に使った暗号をほぼ解読していたとする報告書が、米軍の史料から初めて見つかった。42年6月のミッドウェー海戦前に解読され、米軍の大勝につながったというのが定説だった。米側が開戦前に、旧海軍の動きをかなり把握していた可能性もでてきた。

報告書は「日本から奪った文書が暗号解読にどう役立ったか」との題で四七年三月、米海軍通信機密保全課内で作成された。戦史研究家の原勝洋氏(69)が三年前に米国立公文書館で見つけ、本紙に初めて公開した。

百七ページ、全七章にわたり、太平洋戦争で旧海軍から傍受、収集した各種暗号の解読に至る経過を検証している。第一章の冒頭二ページで、開戦前の解読成功に触れていた。

開戦当時、旧海軍が作戦指示に使った暗号は、まず暗号書で例えば「連合艦隊司令長官旗艦」なら「00867」と、言葉を五桁の数字に変換。その数字を「乱数表」を使って、別の数字に置き換える二段階方式だった。

報告書や原氏によれば、暗号解読の作業を一九三九(昭和十四)年夏から開始。二〇年代初頭、軍や警察のチームがニューヨーク日本総領事館に忍び込み、撮影した古い海軍暗号の法則をヒントに進められた。 暗号書と乱数表は、旧海軍が随時、更新していたが、報告書には暗号方式を「真珠湾攻撃の前に解読できていた」と明記している。

ただ当時は米軍も対ドイツの情報収集に忙しい時期だった。報告書では、真珠湾攻撃について「十分な人員さえあれば、奇襲にはならなかっただろう」との注釈を付けている。

このため乱数表の解読で、第一段階となる言葉を数字に直した状態まではつかんでいても、数字に当てはまる旧海軍の専門用語を完全に割り出していなかった可能性もある。ただ原氏は「開戦前に解読していたと明記した史料はこれが初めて。どこまで旧海軍の指示が明らかにできていたかは、検証する必要がある」と話している。

米側は開戦前、日本の外務省が使用する外交暗号の解読に成功したが、より複雑な旧海軍の暗号解読は遅れたという見解が一般的だった。専門家の中には「米国は開戦前の解読で真珠湾攻撃を察知していたが、ルーズベルト大統領の謀略で日本を戦争に誘い込んだ」との主張もあるが、決定的な証拠がなく、論争が続いている。 (東京新聞)

128=11_c0139575_1855533.jpg


128=11_c0139575_1925427.jpg

ふーーーん





11
http://satehate.exblog.jp/15742011/

ルーズヴェルト by 鬼塚英昭
http://satehate.exblog.jp/9434363/

ルーズヴェルトを排除する銀行家の計画は一つの策略だった By Henry Makow Ph.D. 
http://satehate.exblog.jp/12858537/

銀行ギャングたちは、如何にしてアメリカに第二次世界大戦参戦を強いたか  By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/13590054/

誰が何のために原爆をつくったのか by 鬼塚英昭
http://satehate.exblog.jp/10383405/

伏魔殿のような国際決済銀行 by チャールズ・ハイアム 2
http://satehate.exblog.jp/10215364/

第二次世界大戦の「醜い秘密」 By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/15659915/

ルーズヴェルトが20世紀をダメにした E・M・ジョセフソン
http://satehate.exblog.jp/16985397/

白洲次郎のプリンシプルとは? by 鬼塚英昭 原爆ホロコーストへの道
http://satehate.exblog.jp/9332877/

ヒトラーの耳元の英国エージェント by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/15540471/

ボルマンはイルミナティのためにヒトラーを動かした By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12301981/

マルティン・ボルマンはロスチャイルドのエージェントだった-のっぴきならない証拠 by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12247023/

128=11_c0139575_19192291.jpg

クレイトンはまた、イルミナティの誤魔化しのもう一つの例であるパール・ハーバーも秘密にされたと確認している。 一九四一年一一月二八日、オランダの潜水艦、K - 17は、真珠湾に向かう途中の日本の艦隊を傍受し、英国海軍本部に警告した。

真珠湾が奇襲されたとの幻想を維持するために、その潜水艦と乗組員は破壊された。

クレイトンは「その船の全乗組員を死滅させた。シアン化合物の二つの小さな筒を彼らの酸素供給系に挿入し、そしてウイスキーに見せかけた高爆発物の箱を・・・その戦争は私を悪魔そして大量殺人者に変えた・・・」
  (p.81)


真珠湾攻撃時ハワイは、アメリカではなかった
http://kokuzou.blog135.fc2.com/blog-entry-2048.html

http://digicoll.library.wisc.edu/cgi-bin/FRUS/FRUS-idx?type=turn&id=FRUS.FRUS193141v02&entity=FRUS.FRUS193141v02.p0199&q1=Grew%20711.94

128=11_c0139575_202673.jpg

米国ウィスコンシン大学の国務省外交文書図書館で戦前の駐日大使グルーの国務省あての公電が公開されている。
この中に日本の真珠湾攻撃の十ケ月前の1941年1月27日に日本軍の真珠湾攻撃計画を国務省のハル長官に報告したものがある。
その内容は、「米大使館員が入手した情報によると日米関係が難しくなった場合、日本軍が総力をあげて真珠湾を攻撃する計画があるという。
↓↓↓↓
ある大使館員が私の...同僚から告げられたところによると、彼は日本の人物を含む各方面から日本とUSとの間に"問題"が起きた場合には、日本軍は真珠湾への総力を挙げた大規模奇襲攻撃を計画していたことを聞かされたという。荒唐無稽な計画に聞こえるが、複数の情報源からもたらされたものであるので、同僚はこれを報告するよう勧告された。


「ルーズベルトは狂気の男」、フーバー元大統領が痛烈批判

128=11_c0139575_2222650.jpg


ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」・・・ By Clifford Shack 5
http://satehate.exblog.jp/14194167/

かれらはいかに世界を支配しているか By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/8078264/

128=11_c0139575_18561050.jpg





伊方原発、運転停止求め提訴 福島の避難者も原告に 2011年12月8日 17時52分
http://www.tokyo-np.co.jp/s/article/2011120801001524.html

128=11_c0139575_1903791.jpg

四国電力伊方原発の運転差し止めを求め、提訴のため松山地裁に向かう原告団=8日午後


四国電力伊方原発(愛媛県伊方町)は大地震による事故の危険があるとして、地元愛媛や福島など全国16都県の住民300人が8日、四電に運転差し止めを求める訴訟を松山地裁に起こした。東京電力福島第1原発の事故で福島県から愛媛県に避難した1人や大分県の小学生2人も原告に加わった。

伊方原発は、現在1、3号機が定期検査中で停止、2号機も来年1月に定検に入る見通し。四電は3号機の早期再稼働を目指している。

原告側は訴状で「伊方原発周辺は地滑りが起きやすく、北6キロ付近に日本最大級の断層系・中央構造線があり超巨大地震の危険性がある」と主張。 (共同)

128=11_c0139575_19514856.jpg


伊方原発運転差し止め求め住民ら提訴 愛媛のニュース 2011年12月08日(木)
http://www.ehime-np.co.jp/news/local/20111208/news20111208190.html

世界最大級の活断層・中央構造線が約6キロ沖にある四国電力伊方原発(伊方町)は、大地震で大量の放射性物質が放出され、地域住民の生命や健康が害される恐れがあるとして、愛媛を中心とした16都県の住民ら300人は8日、四国電力(高松市)に同原発の1~3号機全ての原子炉運転差し止めを求め松山地裁に提訴した。弁護団は147人。

訴状によると、中央構造線は、高知大・岡村真教授(地震地質学)の調査で、2000年周期で大地震を起こし、最後の大地震から既に2000年以上経過したと指摘されており、南海、東海、東南海の3連動地震とともに巨大地震が発生する恐れがある。震源が近いため、核分裂反応を止める制御棒を挿入できず、チェルノブイリ事故のように原発が暴走する危険があると主張している。

提訴後、弁護団と原告団は松山市内で会見。弁護団長の薦田伸夫弁護士は「福島第1原発事故で国の指針は失効した。稼働する原発は車で言えば無免許運転。日本列島は地震の活動期に入っており、原発を絶対に止めねばならない」と訴えた。


安政大地震&平成大地震(原発付)
http://satehate.exblog.jp/16454633/

原発と闘う小さな島の30年史 山口県・祝島
http://satehate.exblog.jp/16501172/


小出裕章が説明、中央構造線の上に断つ伊方原発ーー12月8日新たに伊方原発の運転差止めを求める訴え。12/8(2)
http://blog.livedoor.jp/amenohimoharenohimo/archives/65779584.html

福島第一原発の強烈な光、どこが光ったのだろうか?:多分「共用プール」か?
http://quasimoto.exblog.jp/17028723/

128=11_c0139575_20195096.jpg



「国立大学法人群馬大学と独立行政法人日本原子力研究開発機構との連携協力に関する協定」の締結について
http://www.jaea.go.jp/02/press2009/p10030501/index.html

国立大学法人群馬大学(学長 高田邦昭)と独立行政法人日本原子力研究開発機構(理事長 岡﨑俊雄)は、平成22年3月5日付けで連携協力に関する協定を締結しましたのでお知らせします。

(添付資料)
国立大学法人群馬大学と独立行政法人日本原子力研究開発機構との連携協力に係る協定概要

128=11_c0139575_2101754.jpg

(3月5日:群馬大学 高田学長(右)、原子力機構 岡﨑理事長(左))


「まぼろしの早川由起夫会見」:大学当局からクレームか!?
http://quasimoto.exblog.jp/17034798/





128=11_c0139575_22113785.jpg



日本人の生血を呑み始めたガーゴイル 2011/12/08
http://amagaeru.blogzine.jp/blog/2011/12/post_ec38.html

128=11_c0139575_791998.jpg


11月15日の日本経済新聞によれば、東京電力は15日、政府の原子力損害賠償支援機構から5587億円の資金交付を受けたと発表した。福島第1原子力発電所事故の賠償金支払いに充てる。政府は東電と機構が作成した緊急特別事業計画を認定し、当面の賠償支援として総額約8900億円の資金援助を決定していた。東電は年内の賠償金支払いに必要な見込み額や過去の支払い実績を基に、今回の交付に必要な額を算定した。11月11日までに支払われた賠償金は仮払い分で1350億円、本賠償分で210億円の合計1560億円。

また今日の日本経済新聞によれば、政府は2012年度当初予算で、東京電力の損害賠償を支援する原子力損害賠償支援機構への政府保証枠を現在の2兆円から5兆円まで拡大する方針だ。機構が銀行から資金を借りるときに政府が保証などをする。

東電は今後、福島第1原子力発電所の廃炉費用などが膨らむ見通し。保証枠の拡大で東電の資金需要に柔軟に対応できるようにするのがねらい。政府保証枠は今年度第2次補正予算で2兆円を確保していた。機構は東電に出資や融資できるが、原資は民間銀行などから調達するその借り入れを政府が保証すれば、機構も東電の資金需要に応じやすくなる。

東電は廃炉費用や原発停止による燃料費が拡大する。保証枠とは別に、政府は機構に対して5兆円の交付国債の発行枠を持つ。

機構は国債を現金化して東電に交付するが、この資金は原発事故の被害者への賠償にしか使えない。このため保証枠の拡大が必要となった。

さらに本日の京都新聞夕刊によると、東京電力と原子力損害賠償支援機構が、福島第1原発事故に伴う巨額の廃炉費用などに対応するため、公的資金による資本注入と取引金融機関の追加融資により、2013年3月期から4年間で総額3兆円を調達する財務基盤強化策を実施する検討に入ったことが8日、分かった。実現すれば政府が設立した機構が株式の大部分を保有することになり、東電は実質国有化される。東電の経営破綻を回避し、事故の確実な賠償や電力の安定供給を確保する狙い。財務強化策は、主に廃炉費用に備えるため政府出資で1兆5千億円、社債償還や設備投資に充てるため新規融資で1兆5千億円を調達する案になっている。(後略)

さて、日本経済新聞の最初の記事にあるように、当ブログが黒い機構と呼ぶ原子力損害賠償支援機構は、既に5千億円以上の出資を東電に対して行っている。ところが機構は、日本の全電力会社を統括する組織であって国ではない。国から自由に借金は出来るものの、返済の原資は国民が支払う電気料金である。

機構が有する5兆円の交付国債発行枠は、原発事故被害者への賠償目的の支出に制限されているが、それとは別に政府保証枠を現在の2兆円から5兆円に増額するという。

京都新聞は東京電力と機構が廃炉費用などに総額3兆円を調達すると言うが、大部分機構の政府保証枠を使うことになろう。すると名目は増税ではないものの、我々の財布からさらに3兆円近い金が出て行くことになる。

しかし国民の生活に直結した恐るべき大問題であるのに、何と決定においてスムーズなことだろう。これでは機構はまるで打出の小槌ではないか?誰のと言えば、上の写真で示したガーゴイルのである。ガーゴイルとは悪魔であり、西洋文明そのものだ。

そのうち日本中で原発事故が頻発して、枠を拡大する前例が出来た政府保証枠は、今後青天井に拡大していくに違いない。しかも機構を牛耳るイルミーはその3兆円を使って、己の人脈を東電に注入することが出来るのだ。 <1594>

by oninomae | 2011-12-08 19:51 | 戦争詐欺・紛争  

<< 放射線測定器「文科省は数値改ざ... 降下した放射性物質の月別推移 ... >>