人気ブログランキング |

「ユダヤ」の世界征服の糸口となったコロンブスのアメリカ「発見」 太田龍

http://www.h2.dion.ne.jp/~apo.2012/hitokuchi032.html より (表題の「」は引用者)

ユダヤ問題入門   太田龍   泰流社   2007年(復刻版)
「ユダヤ」の世界征服の糸口となったコロンブスのアメリカ「発見」 太田龍_c0139575_23393272.jpg


ユダヤの世界征服の糸口となったコロンブスのアメリカ「発見」

1492年10月、コロンブスの艦隊がアメリカ大陸(実は、カリブ海諸島のひとつ)を発見して、ここに「大航海時代」が開幕した――などと、ふつうの歴史の教科書には記述してあるわけですが、この言い方は真実を著しく歪曲しています。

その当時、ユダヤはスペインを本拠地としていたのですが、スペイン政府はユダヤ人にたいして「キリスト教に改宗すればスペインに住み続けることを許すが、改宗しないユダヤ人は国外に追放する」と決定したのです。

そこで彼らは、民族の本拠地をオランダ(アントワープ、アムステルダム)に移すと同時に、一か八かの大バクチを打つことにしたのです。

「ユダヤ」の世界征服の糸口となったコロンブスのアメリカ「発見」 太田龍_c0139575_23515839.jpg


それが、スペイン国王とキリスト教の仮面をつけたコロンブス大艦隊の派遣です。当時のスペインは、王室も、政府も、ユダヤの財力によって操作されていたのです。

スペインの国旗はかかげていても、事実上、ユダヤの資本でこのコロンブス艦隊が編成されていた上、コロンブス自身に、ユダヤの血が入っています。有力な乗組員の中にも、ユダヤ人が加わっていたのです。

コロンブス艦隊が発見した島は「エスパニョーラ島」と命名されましたが、

「ユダヤ」の世界征服の糸口となったコロンブスのアメリカ「発見」 太田龍_c0139575_02378.jpg

「ユダヤ」の世界征服の糸口となったコロンブスのアメリカ「発見」 太田龍_c0139575_1263969.jpg

続々とこの島と、そして新大陸(中南米)にやって来たユダヤ人たちは、その後の僅か50年のうちに、原住民(インディオ)社会に襲いかかり、筆舌につくし難い暴虐なやり方で、金銀を略奪しました。

この金銀の一部はスペイン王室に献金されたでしょうが、その大部分はユダヤの民族財産となり、ユダヤ2千年の野望、世界征服作戦開始のための軍資金に化けたものと推定されます。

それゆえ、15世紀末から16世紀半ばにかけての半世紀の真相は、非ユダヤ(ゴイム)にとっては、実に戦慄すべき地獄図の始まりであり、同時に、ユダヤにとっては、ユダヤ地上天国の展望が見えて来た時代でもありました。

彼らのこの「大航海」の目標が、マルコポーロの旅行記(13世紀末)に描かれていた「黄金に充ち満ちた夢の国ジパング(すなわち、我々の国、日本)」であったことは、歴史の皮肉としか言いようがありません。


この50年の間に、ユダヤという化け物は、さなぎから成虫に羽化したのです。 そして、彼らは、キリスト教会とポルトガル、スペインの仮装をして、日本列島にも魔の手を伸ばすに至ったのです。

「ユダヤ」の世界征服の糸口となったコロンブスのアメリカ「発見」 太田龍_c0139575_0133536.jpg

「ユダヤ」の世界征服の糸口となったコロンブスのアメリカ「発見」 太田龍_c0139575_0141355.jpg

ユーラシア大陸の最西端からぐるっとひとまわりして、地球をくまなく覆うユダヤの毒のネットワークが完成したのです。

「ユダヤ」の世界征服の糸口となったコロンブスのアメリカ「発見」 太田龍_c0139575_0155284.jpg


ユダヤは、エスパニョーラ島の原住民3百万人を、50年で皆殺しにした!

この島の原住民は、もとをたどれば、何万年か前アラスカ経由で新大陸を南下したモンゴル族、すなわち、我々日本民族と同族の人々です。

スペイン国籍のユダヤ人は、この島の人々の保有する黄金を奪取する目標を立て、キリスト教の伝導を目くらましに使って原住民を油断させてから、悪魔の本性をさらけ出しました

彼らは、馬にまたがり、剣や槍や銃を持って、原住民の村落を襲い、老若男女長幼の別なく手当り次第に惨殺した。身重の女の腹を裂き、誰が一太刀で体を真っ二つに斬れるか、誰が一撃のもとに首を落とせるかの腕だめしを競った。また母親から乳飲み子を奪い、その子の足をつかんで岩に頭をたたきつけたり、幼児を川へ突き落としておいて、「さあ、泳いでみな」と冷笑したりした。

ユダヤ、スペイン侵略者たちは、ようやく足が地につくぐらいの高さの絞首台を13作り、キリストと12人の使徒をたたえるのだと言って、13人をこの台に吊し、その下に薪をおいて火を付け、生きたままの原住民を火あぶりにして殺した。また、原住民の手足を鎖でしばり、その体に乾燥した麦藁を巻き付け、それに火をつけてころがし、その焼け死ぬ様を見て拍手を送るというふざけ方をした。

インディオの家族を殺す手口は入念だった。地中へ打ち込んだ4本の棒の上に、細長い丸太棒で作った板を取り付け、その下で火を焚いた。耐えかねて悲鳴をあげるのを面白がってじわじわと死んでいくのを楽しそうに眺めていた。

怒った原住民が、稀にユダヤ、スペイン侵略者を殺害したが、インディオが1人のキリスト教徒(実はユダヤ)を殺したら、その仕返しに百人のインディオを殺すという掟をつくった。この島のある王国の有力者300人を集めたスペイン総督(ユダヤ)は、出入り口をふさいで閉じ込め、火を放って焼き殺した。


――といった記録が残っています。


こうして、エスパニョーラ島300万人は200人を残して全滅し、この200人も間もなく死滅した、というのです。

我々日本人にはとても信じられない話ですが、旧約聖書とタルムードでユダヤの本音を知って見れば、いかにもユダヤのやりそうなことと納得できるではありませんか。


● ミニ解説 ●

本書は、ユダヤ問題の全体像を実にわかりやすく解説してくれています。今日の世界を動かしてきた勢力が、何を目的に、どのようなことを行なってきたのかを、本書でぜひ知っていただきたいと思います

世界の先進国の中で、このような内容の書籍が所定の出版ルートで出版できるのは日本だけになっているのではないでしょうか。いや、日本でも、既に「反ユダヤ」的な内容の出版物を引き受ける出版社はなくなっています。そういう意味では、復刻版として出版された本書は非常に貴重なものです。

残念ながら、やはり一般の書店での取り扱いはない模様で、注文は太田龍さんの主宰する「日本義塾出版部」に直接申し込んでいただくしかありません。(引用注;通販にものっているようです) 真実を知る人が増えていくことはもっとも力になることです。ぜひご購読をお勧めします。 
                                    (なわ・ふみひと)


++
これは、サバティアン・フランキスト出現より前の話です(結局おかね・暴力・謀略で操るその祖型のテンプル騎士団がらみかと思いますが)。暴力的襲撃・流血の世界史は長い。スペイン国内などとリンクさせてみれば、「ユダヤ人」だけの問題でも無い凶暴の連鎖が感じられる。怖い話ですね。



関連

自己弱体化 5 「壊される日本」3
http://satehate.exblog.jp/7273666/

ブラジルの先住民虐殺 + 60億人の処分への道
http://satehate.exblog.jp/15206910/

日本人よ、「覚醒」せよ by 小野寺光一 & 「我が窮状」 by 沢田 研二 + 911リンク
http://satehate.exblog.jp/10059926/

インディアンたち
http://satehate.exblog.jp/15477269/

死者の暦
http://satehate.exblog.jp/15379157/


「ユダヤ」の世界征服の糸口となったコロンブスのアメリカ「発見」 太田龍_c0139575_0224162.jpg


「日本を今一度洗濯いたし申し候」 なぜ破壊されるのか タンポポ日記
http://satehate.exblog.jp/16756078/

「日本を今一度洗濯いたし申し候」 なぜ破壊されるのか2 タンポポ日記
http://satehate.exblog.jp/16756107/

ニガヨモギ 2 アジアにせまるFEMAの戒厳令体制?
http://satehate.exblog.jp/7797035/

「ユダヤ」の世界征服の糸口となったコロンブスのアメリカ「発見」 太田龍_c0139575_031320.jpg


「ユダヤ」の世界征服の糸口となったコロンブスのアメリカ「発見」 太田龍_c0139575_1591562.jpg



セシウム飛散、250キロ以遠にも 群馬の汚染地図公表
http://www.asahi.com/national/update/0927/TKY201109270600.html

「ユダヤ」の世界征服の糸口となったコロンブスのアメリカ「発見」 太田龍_c0139575_2183320.jpg

セシウム134、137の蓄積量


文部科学省は27日、航空機を使って測定した放射性セシウムの蓄積量について、群馬県の汚染マップを公表した。東京電力福島第一原発事故によって飛散した汚染の帯が、250キロを超えて広がっていることが分かった。

8月23日~9月8日、県の防災ヘリコプターで測定した。汚染度の高い地域の帯は、原発から北西60キロ付近まで延びた後、南西に方向を変えて栃木県を越え、群馬県まで続いていた。文科省によると、放射性物質を含んだ雲が山地に沿って風に運ばれ、樹木や雨によって地上に沈着したと推測できるという。

放射性物質の量が半分になる半減期が30年のセシウム137で最も蓄積が多かったのは県北部。原発から約180キロ離れたみどり市や桐生市などの山間部の一部で、1平方メートルあたり10万~30万ベクレルにのぼった。250キロ離れた長野県境の一部でも3万ベクレルを超えた。チェルノブイリ原発事故では3万7千ベクレル以上が「汚染地域」とされた。



文部科学省及び群馬県による航空機モニタリングの測定結果について
http://radioactivity.mext.go.jp/ja/1910/2011/09/1910_092714.pdf

速報!鶴見区の東台小学校で0.96マイクロシーベルト!
http://furuyayasuhiko.blog15.fc2.com/blog-entry-650.html

セシウム汚染の帯、首都圏に 千葉・埼玉の汚染地図公表
http://www.asahi.com/national/update/0929/TKY201109290441.html

「ユダヤ」の世界征服の糸口となったコロンブスのアメリカ「発見」 太田龍_c0139575_1195389.jpg

文部科学省は29日、航空機を使って測定した放射性セシウムの蓄積量について、千葉県と埼玉県の汚染マップを公表した。東京電力福島第一原発事故によって飛散した汚染の帯が、薄まりながら首都圏まで広がっていることが示された。

両県とも9月8~12日、ヘリコプターで測った。放射性物質の量が半分になる半減期が30年のセシウム137の蓄積量をみると、千葉県で高かったのは柏や松戸、我孫子、流山市などの県北部。1平方メートルあたり3万~6万ベクレルにのぼった。 他は木更津市の一部を除きほぼ1万ベクレル以下だった。チェルノブイリ原発事故では3万7千ベクレル以上が「汚染地域」とされた。ただし強制避難の基準は55万ベクレル以上。

文科省によると、千葉県では、原発から放出された放射性物質を含んだ雲がいったん太平洋に流れ、再び茨城県の霞ケ浦付近を通り、埼玉県境まで広がったと推測できるという。

埼玉県では、原発から250キロ離れた秩父市の山間部の一部で3万~6万ベクレルにのぼった。放射性物質を含んだ雲が原発から南西方向に流れ、群馬を過ぎて、埼玉県に回り込み、地上に沈着したようだ。

両県とも蓄積量の多い地点では放射線量が毎時0.2~0.5マイクロシーベルトで、このほかの多くは0.1マイクロシーベルト以下だった。学校において、校庭の除染を行う目安は1マイクロシーベルト以上とされている。

文科省は東日本全域で航空機による測定をしている。測定を終えた県の汚染マップを順次、ウェブサイトで公表している。(佐藤久恵)



おまけ

2012年のソーラースーパーストームに関してNASAが警告を発している:10億人が死亡する可能性
http://blog.chemblog.oops.jp/?eid=993557

「ユダヤ」の世界征服の糸口となったコロンブスのアメリカ「発見」 太田龍_c0139575_341976.jpg

by oninomae | 2011-09-28 23:35 | 歴史・歴史詐欺捏造  

<< 「迫害」という言葉で惑わす切支丹布教 柏などの東葛地域。女性2人が心臓死 >>