八王子でアメリシウム検出 Am-241 74 Bq/kg

遅くてすいませんが、これもメモ

Americium-241 found in soil west of Tokyo at 74 becquerels/kg — “Much more dangerous” than Plutonium-241 September 14th, 2011 at 03:54 PM
http://enenews.com/alert-americium-241-found-soil-west-tokyo-74-becquerelskg-dangerous-plutonium-241

Tokyo Hotspot soil analysis, September 14, 2011:

Sample Location: Hachioji, Tokyo, Japan (250 km from meltdowns)
Sample Date: July 29, 2011
Test Date: August 31, 2011
Soil Sample Size (unit): 50 grams
Americium-241 @ 3.7 becquerels per unit (unit = 50 grams)

This measurement must be multiplied by 20 in order to be quantified in kilograms, making the Am-241 content in this soil sample 74 Bq/kg.

c0139575_16473.jpg

Americium-241

h/t Bobby1

Ultimate impact of damage to Japan nuclear reactors still unknown, Washington Post, March 13, 2011:

[...] Plutonium-241 presents a more insidious threat. It is not very toxic, but as it slowly decays, it produces the much more dangerous isotope americium-241.

[Timothy Mousseau of the University of South Carolina, who has spent the past decade studying the ecological consequences of the 1986 Chernobyl disaster,] said concentrations of americium are still increasing in Ukraine and Belarus, where unspent plutonium fuel from Chernobyl dispersed. “It looks like (americium-241) will peak in about 2050 in these areas,” he said.


これがおすすめ

八王子でのアメリシウム241検出を検証することは311人工地震の証明に繋がる
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-1725.html

東京八王子周辺のアメリシウム241の詳細な調査を実施することは、東日本大震災の真実に迫るきっかけになる可能性がある。

福島原発から放出された250km離れた東京八王子で74Bq/kgのアメリシウム241が検出。

福島原発3号機の爆発は、1号機に比べてはるかに大きい。
そして、私たちがベクトルと呼んでいる爆発のエネルギーの方向は1号機と違い、すごい勢いで真上に伸びています。
3号機の上向きのベクトルは、1号機のベクトルには無いものです。
アメリシウム241は重い放射線物質、したがって真上に上がったのがアメリシウム241だとすれば、当然福島原発周辺は高濃度のアメリシウム241に汚染されるはず。

ところが
福島原発周辺では、ほとんどアメリシウム241に汚染されていない。
●アメリシウム241が0・033ベクレル
1号機の西北西約500メートル地点の土からは、1キロ・グラムあたりアメリシウム241が0・033ベクレル(3月28日に採取。)

●アメリシウム241が検出(3キロ地点)0.028ベクレル検出。
福島原発周辺4カ所で土壌検査の結果、4カ所の内で1カ所のみでアメリシウム241が検出(3キロ地点)0.028ベクレル検出。
しかも0.028ベクレルは過去の外国の大気圏内核実験に由来していると思われる表土におけるレベル(0.040~0.25Bq/kg)
(4月29日~5月1日に福島原発から10キロ圏内の大熊町、双葉町の4カ所で土壌を採取。そのうち、第一原発から西南西約2キロと約3キロの夫沢地区の2カ所で、1キロあたり各0.032ベクレル、0.0093ベクレルが検出された。アメリシウムは3キロ地点で0.028ベクレル検出された。ほかの2カ所からは出なかった。)

チェルノブイリ原子力発電所事故でもアメリシウム241が検出された。
発電所事故現場から250km離れると放射能は百分の一になっている。

福島原発から250km離れた東京八王子で74Bq/kgの検出するということは、福島原発には7400Bq/kgのアメリシウム241が存在することになる。
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/Chernobyl/JHT/JHT9507.html

c0139575_1135693.jpg


従って
東京八王子のアメリシウム241の量(74Bq/kg)は福島原発由来のものでないと推定される。

東京八王子のアメリシウム241の量(74Bq/kg)から、大気圏内核実験(0.040~0.25Bq/kg)に由来しているものでもないと推定される。

何らかの原因でアメリシウム241が存在している。

asago_tuyu_izuresakさん
福島第一原発のグランドの2000倍ということは、八王子に隠し原子炉があったに違い無い。

又は、どこかで、水爆を使用すれば、アメリシウム241が発生する。

水爆実験
1954年3月1日、ビキニ環礁で行われた水爆実験(キャッスル作戦)では、広島型原子爆弾約1000個分の爆発力(15Mt)の水素爆弾(コード名ブラボー)が炸裂し、海底に直径約2キロメートル、深さ73メートルのクレーターが形成された。
このとき、日本のマグロ漁船・第五福竜丸を初め約1000隻以上の漁船が死の灰を浴びて被曝した[3]。また、ビキニ環礁から約240km離れたロンゲラップ環礁にも死の灰が降り積もり、島民64人が被曝して避難することになった。
http://www10.plala.or.jp/antiatom/jp/NDPM

c0139575_1154587.jpg



続きは元ページ


++
このところ、日本人が、おとなしく殺されてもしょうがないような悪者かどうか?について疑問を呈することに集中していて、こちらがややおろそかになっております。


c0139575_036204.jpg



放射性物質、当日に長野へ 3月15日福島第1原発2号機損傷 2011年9月16日掲載
http://www.shinmai.co.jp/eastjapan_quake/2011/09/15-3.php

東京電力福島第1原発事故で、3月15日に2号機で原子炉格納容器圧力抑制プールが損傷して大量に放出された放射性物質が、その日のうちに長野市の上空に到達し、遅くとも1週間程度で土壌に移行したことが、信大教育学部(長野市)の村松久和教授(核・放射化学)の研究室による観測、分析で分かった。原発事故後の放射性物質の動きがあらためて確認された。

c0139575_1305410.jpg


村松教授は福島原発1号機で水素爆発があった3月12日から、長野市西長野の同学部敷地内で大気浮遊微粒子(エアロゾール)の観測を開始した。14日にも水素爆発があったが、同日まで放射性物質は不検出で、2号機の原子炉格納容器圧力抑制プール損傷があった15日に初めて放射性ヨウ素を1立方メートル当たり16ミリベクレル検出した。15日に降った雨も調べたところ、放射性ヨウ素を1リットル当たり2865ベクレル、放射性セシウムを同259ベクレル検出。その後も大気中と雨から検出が続いた。

さらに23日に同学部のグラウンドの土壌を検査した結果、放射性ヨウ素を1キロ当たり477ベクレル、放射性セシウムを同646ベクレル検出。28日には半減期が8日と短い放射性ヨウ素は同392ベクレルに減ったものの、放射性セシウムは同916ベクレルに濃度が上昇した。

一方、福島第1原発周辺の放射線量の公表されているデータを調べたところ、1、3号機爆発時の放射性物質の放出量はそれほど多くなかった。が、2号機の原子炉格納容器圧力抑制プールの損傷時には外部に大量の放射性物質が放出されており、その日のうちに長野市に到達したと結論づけた

原発事故から1カ月ほどで大気中の放射性物質は大幅に減り、2カ月半近く過ぎると、雨水に含まれる放射性セシウムも1リットル当たり1ベクレルを下回るようになったという。最近は検出されない日もあり、検出されても微量という。

村松教授は「今後は原発事故の影響がどのくらい残っているか、土壌検査を継続的に行っていく必要がある」としている。

研究成果は、20日から22日まで長野市若里市民文化ホールで開く日本放射化学会年会・放射化学討論会で公表する。21日午前10時から一般向けの特別シンポジウム(無料)も開催。福島原発事故の経緯と現状、放射性物質の飲食物への影響、内部被ばくについて専門家の講演がある。


インド(シッキム州)でM6.9地震
http://matome.naver.jp/odai/2131637108519680401

c0139575_1142663.jpg

[PR]

by oninomae | 2011-09-18 23:05 | 放射能・ラジオハザード  

<< ニューヨーク金融街にデモ隊 9... 日本の行った戦争とは結局何であ... >>