人気ブログランキング | 話題のタグを見る

放射性セシウム濃厚汚染表土は汚染現場で焼却処理すべきである 森敏 +

提案17:放射性セシウム濃厚汚染表土は汚染現場で焼却処理すべきである 2011-09-03 08:05
http://moribin.blog114.fc2.com/blog-entry-1232.html

WINEPブログでは何度も提案しているのだが、放射性セシウムによる濃厚汚染土壌は、汚染現場でロータリーキルンで800℃以上で焼却しよう。捕集効率の良いフィルターでセシウムを完全にトラップして、飛灰として全放射能を濃縮するのである。これだとフィルターにかかる汚染物である飛灰として廃棄すべき放射能の重量が、元の土壌の総重量の0.1%以下に濃縮されるはずである。

民家の庭の剥離表土、雨樋や排水溝のヘドロ、何よりも広大な水田土壌の剥離表土に適用できる。濃厚汚染水田の場合は現場にロータリーキルンを出動させて、次々と除染すべきである。田んぼの周辺も同じく濃厚汚染されているのだから、運転室の作業員の健康を保全する放射線防護車体を製作すれば、リモートコントロールで、ロータリーキルンを動かせるだろう。

このやり方で、水田の場合はセシウムが99%以上沈着している表土5センチぐらいの剥離土壌を、高温処理後、直ちに現場に戻せるだろう。
 
土を焼くのだから、有機物含量がゼロ、微生物がゼロ、鉄がFe2O3の植物が利用できない不溶態の土壌になる。 しかし、これを水田の下層土とまぜて湛水し、適当な化学肥料を施用すれば、1年で微生物相は戻ってくるだろう。 数年繰り返し耕作すれば、鋤床の硬盤も形成されて立派な水田生態系が復活すると思う。そういう不良土壌の改良こそ肥料屋さんの出番である。(引用注:それこそ、微生物も培養できるものを培養して撒いたらよい)

くりかえすが、誰もが危惧するように、焼却培土にすると、土壌の物理性や化学性や生物性をむちゃくちゃにしてしまうので、肥沃度が低下して、生産力が落ちるのは目に見えている。これに対して、<土をいつくしむ> 有機農業論者や、農本主義者からは、猛烈な反発が予想される。かれらにはこのようなドラステイックなやりかたはとても納得できないだろう。


しかし、濃厚に放射能汚染された水田土壌を本当に再生させようとするならば、それぐらいのドラステイックなやり方をしなければだめだと思う。現在あちこちの研究者から報告されているたらたらした複雑な化学分析のような手続きを使った除染の手法を求めても、拡散した放射能を徹底的に濃縮できないと思う。

土壌を焼くことこそ、あらゆる放射性セシウム汚染土壌の除染の共通解であると思う。もちろん現場の技術としては、まだ確立していないが、可能性は大だと思う。ぜひゼネコンにやってもらいたい。

すでにこういう方法を開発しはじめている企業もあると間接的に聞いている。
  

問題は以下の2点に絞られる。   

1. 本当に農作業の健康のためと消費者の健康のために高濃度汚染地区で農業者が田んぼから100%近く放射能を除染したいかどうかである。国がそのことを真剣に支援するかどうかである。数年間は収量がガタ落ちするだろう。その代り農民は農作業による被曝を考えずにすむ。これには一過性の膨大なお金がかかる。しかし消費者にとっては安全かつ安心であろう。    

2. それとも半永久的にいつまでも本格除染をせずに土壌汚染度が5000Bq/kg以下であるが、空間線量が0.1μSv/hの土壌に放射性セシウムを残存させるが、積極的にセシュウム吸収抑制技術を行使しながら米つくりを行うかどかである。 移行係数から考えて基準値以下のお米が生産されるだろう。それで消費者に食べることを認容してもらえればよいのだが。これはあまりお金がかからない。消費者にとっては安全ではあるが安心ではないかも知れないが。消費者が理解してお米を買ってくれれば、農家にとっては安心であろう。農作業する農家の健康にとって安全かどうかはわからないが。しかし、低濃度汚染地区では最も現実的な技法だと思う。

         
(森敏)
  
付記:読者は、小生がいつも同じことを繰り返し主張していると思うかもしれませんが、時々刻々の諸般の研究成果に触発されて、少しずつ提案内容を改訂しているつもりです。





綺麗な国土を取り戻すための3つの具体的な考え方 武田邦彦
http://takedanet.com/2011/08/post_da1f.html

福島を中心とした土地がすっかり汚れてしまいました。今、お米を作るときにも「大丈夫だろうか?」と心配しながら収穫をしている状態です。こんなことは長く続ける訳にはいかないでしょう。だから、きれいにしなければなりませんが、この福島の地を中心として日本人が安心して暮らすことができる手順には3つ考えられます。

1) 被曝方式(政府がとっている政策)

2) 避難方式(かつてソ連がとった政策)

3) 除染方式(私の提唱している方法)

それぞれについての具体的な方法について考えてみたいと思います。

・・・・・・

まず、現在の民主党政府が採っている方式は「被曝方式」で、その基本的な考え方は、「これまで放射線の被曝は怖いと言ってきたし、法律でも1年1ミリシーベルトを限度としていたが、それは間違いで、本当は1年50ミリシーベルト(外部、内部を加えて)ぐらいだから、暫定基準値を実際の被曝に合わせて高くすればそのまま汚染された土地に住むことができる。政府も東電も何もしなくてもよい。」というものです。

別の呼び方をすれば、「イチカバチ方式」、もしくは名前の響きは悪いのですが、「人体実験方式」と言ってもよいでしょう。つまり、どのぐらい被曝するとどうなるか医学的にはハッキリしていないので、日本人に被曝させてその様子を見るという考え方です。10年ほど経つと福島を中心としてどのぐらいのガン患者さんがでるか、それを固唾をのんで見守り、福島医大に放射線被曝の先生を招聘して、治療に当たらせる方針です。後の述べたいと思いますが、「障害者がでることがわかっているのに、お金を優先して何もしない」ということはすでに社会的に許されないことになっていますが、日本はまだ野蛮国なのでしょう。

このような方式を定着させるために、政府は「1年1ミリシーベルトの法律の規制値は間違いだ」と主張する多くの「専門家や医師」を全面に出して、大規模なキャンペーンをやっています。法律違反を勧めているのですから、もしガン患者が出たら、それを勧めた専門家や医師はどのような責任をとらされるのか、法律的にも検討が必要でしょう。

私はとても違和感があります。医学的に正しいということはなかなか難しいのですが、1992年の環境サミットで国際的な合意に達した「予防原則」以来、政府も専門家もそろって「学問的に不確かな場合は安全サイドを採る」と言い続けてきたのに、急に変わったのです。特に環境省がなにも言わないのは、何のために環境省を国民が設置したのかということすら疑わしくなります。

政府の機構は「行け行けドンドン」という役所だけではなく、原子力安全委員会や環境省などのように「ちょっと待て」という役所もあるのですが、それが「行け行けドンドン」と一緒になって本来の役割を果たしていないのです。原子力の安全性についても福島原発事故という新しい事実を受けて、原子力委員会(推進)と原子力安全委員会(規制)とが激しく議論し、新しい考え方を決めなければならないのですが、そのような動きも全く見られません。

また、環境省は環境中の放射線が法律の枠を超えているのですから、環境を守るという側面から強く被曝量を1年1ミリに押さえるように提言するために存在する役所と考えられます。

政府がとっている「被曝方式」が万が一にでも間違っていて、従来からの被曝と病気の関係が認められたら、政府の「被曝方式」は傷害罪になるのではないかとも思います。というのは、学問的にも「一人一人の疾病」が見られる限度は1年1ミリより多くても、集団の場合、障害が見られるというのが従来の知見だからです。

ちょっと聞くと誰もが「おかしい」と思いますが、どうも「50歳過ぎのおじさん」と話をしていると、この被曝方式の本音は「除染にお金がかかるから、子供に被曝して貰う方がよい。自分の子供でないのだから、関係ない」ということのようです。政府もこのような国民の「声なき声」をくみ取って被曝方式を採用していると考えられます。 (引用注:命じられた、人口削減アジェンダにも合致している)

・・・・・・・・・

(参考)

外部被曝  1年20ミリまで暫定的にOKとすると、

内部被曝  呼吸によるものが1年20ミリ

食材被曝  5ミリから20ミリ

となりますから、合計45ミリから60ミリ程度の被曝になる可能性を含んでいます。また、2)および3)の方法については次の機会に書きたいと思います。

(平成23年8月30日)


天動説の時代に生きる日本政府と追従するマスコミ
http://takedanet.com/2011/09/post_cfee.html

9月2日の朝のNHKニュースを見ていたら、福島原発付近の土壌の汚染測定結果を報道していた。ビックリしたのは「80キロ離れたところでも高い放射線が検出され、原発のすぐ来たの相馬の方は低い。」と驚いたような口調で言い、フリップには「バラツキ」と書いてあり、バラツキが大きいと説明していた。

日本政府は「天動説(科学的事実に基づかない主観的なとらえ方)」の時代に生きていて、NHKはそれに無批判に追従しているようだった。日本の報道は編集(番組編成責任)と経営(お金の問題)が切り離されていないので、どうしても報道倫理観が低下すると報道が経営に左右されることになる。これもその一つだろう。

もともと、原発からの放射性の灰は風にたなびいて移動するのであって、「原発から何キロ」などというのは「事実に反する」のだが、最初に「20キロ圏は待避」とか「放射線は距離の二乗に反比例」などと科学的に間違ったことを言ったので、そのまま間違いを認めようとしない。日本政府とNHKは中世の亡霊のようだ。

こんな間違いを繰り返していると、さらに被曝者がでる。現代の日本は中世ではない!!地球温暖化でも「温暖化すると南極の氷が融ける」などこれも天動説だった。(音声あり。また、放射線の灰は火山灰と同じように動くので、その一例として鹿児島の新燃岳の噴煙の動きを写真で示した。)

放射性セシウム濃厚汚染表土は汚染現場で焼却処理すべきである 森敏 +_c0139575_311304.jpg


「takeda_20110902no.119-(5:29).mp3」をダウンロード

(平成23年9月2日)



2011年08月29日
放射能を必要以上に怖がることは「エセ科学」=カルト宗教-新聞論説から ちょっとわかりにくい題名ですが、江川記事批判でおすすめです
http://onodekita.sblo.jp/article/47604135.html

放射能を心配する人たちが、いくら理を尽くして説明しても、「彼らは、カルト宗教に心を支配された人たち」だ。我々は、それに騙されないようにしなければならないと、いま日本で進行している放射能汚染の被害からも目を背けるように仕向けています。


放射性セシウム濃厚汚染表土は汚染現場で焼却処理すべきである 森敏 +_c0139575_21263837.jpg

放射性セシウム濃厚汚染表土は汚染現場で焼却処理すべきである 森敏 +_c0139575_2126210.jpg

http://unkar.org/r/ms/1312184059/038

38 :オウムサリン事件の北朝鮮主犯説を必死に隠す人権屋 → 江川紹子:2011/08/02(火) 19:33:51.12 ID:o/xU8X9t0
坂本弁護士一家拉致殺害事件、江川紹子よあなたはその時何処に居た 2

オウム事件の整理整頓
→ http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/kok_website/fireworks4/main_pages_sub/OUMUNOSEIRISEITON_PAGE1_1.HTM

一部抜粋 → 坂本弁護士一家拉致殺害事件
坂本事件の真犯人は暴力団員。 背後に創価と統一、そして外国勢力がいる。

オウム被害者の会が結成され、オウム攻撃を開始。 会の実体は、創価・統一がオウムに送り込んだ偽信者の家族。 創価・統一の指示で働いた。 オウムの反社会性を印象付け、社会の関心が創価/統一に向かわないようにするための謀略。

会の結成に一役買っているのが江川紹子。 統一信者との情報があり統一の意向で、オウムを陥れる策略の先頭にたったということ。 実直な坂本弁護士は、被害者をつくろった創価・統一信者の言葉を信じオウム追及を始めた。 江川らにより会の活動に引っ張り込まれた。

弁護士一家拉致の夜女性二人組が坂本宅を訪れているとの、当時の報道がある。 江川紹子が坂本宅の鍵を開けさせたとの古い情報がある。 安心させて、拉致の段取りをしたのではないか? ← 抜粋終わり

この、江川紹子が坂本宅の鍵を開けさせたとの古い情報が " 否定されずに " 流れているが、江川紹子氏に明確なアリバイがあれば、その時点で一笑に付されるような記事なのに、今も続いているのは、その時の所在を言えないからではないのか。


放射性セシウム濃厚汚染表土は汚染現場で焼却処理すべきである 森敏 +_c0139575_21302672.jpg

放射性セシウム濃厚汚染表土は汚染現場で焼却処理すべきである 森敏 +_c0139575_21331090.jpg


http://logsoku.com/thread/toki.2ch.net/ms/1312184059/

1 : 可愛い奥様: 2011/08/01(月) 16:34:19.07 ID:FBGlx71k0 [3回発言] 江川紹子氏、“韓流推し”騒動に物申したふかわりょうに「中身がない」
ttp://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110801-00000011-rbb-ent

Twitter上でテレビ局の“韓流推し”を非難し、事務所を退社する事態にまで発展した俳優・高岡蒼甫の騒動について、お笑い芸人のふかわりょうが ラジオ番組でコメント。その発言に対し、ジャーナリストの江川紹子氏が Twitterで「中身がない」などとツイートしている。

ふかわは、自身がパーソナリティを務めているラジオ番組「ROCKETMAN SHOW」の7月31日放送回で高岡の騒動に触れ、「本当のことはわからない」などと前置きしたうえで、「公共の電波を用いて一企業の私腹を肥やすようなことはいけない」 などとコメント。さらに、「テレビの画面を通して世界を見ていたら、自分が痛い目にあう時代になってきている」などと自分の考えを語った。

そんなふかわに対し、江川氏が「自分の経験を語って批判するのはいいけど、確認もせずに非難するのはいかがか。しかも『公共の電波』を使って」とツイート。読者からの「ふかわりょうさんの発言全て聞いた上で発言されてますか?」といった質問に対しては 「がまんして半分聞いた」「中身のないのに半分も、聞いた」などと答えた。

さらに、「『本当か判らないけど』という前置きをそのまま読み取るのはいかがかと」 というコメントには、「『公共の電波』で流すことを云々するなら、本人も公共の 電波では少なくとも本人が本当と考えることを言うべきかと」と返し、「ふかわと いう人は知りません。だから好きでも嫌いでもにゃい。けど、他者を批判するには、それなりに根拠がなければいけません。それが何も示されないのでは、仕方ありません」 などとツイートしている。


8 : 可愛い奥様: 2011/08/01(月) 16:54:17.58 ID:0WsQvzGz0 [2回発言]
江川紹子

・日本共産党支持者
・辻元清美を称賛
・「鳩山由紀夫さんの意気込みや覚悟が伝わってくる」
・「"友愛"って言葉は今世の中に一番足りない事を言おうとしてて、安倍の"美しい国"より良い」
・「在日の人たちが、なぜ通名を使うことになったのか、まったく理解してない人が結構いるのに驚く。あなたたちのためですよ。」
・拉致問題解決については消極的。特に小泉が北朝鮮から5人を連れ戻した際に
 5人を一旦北へ帰すのも仕方ない、と北朝鮮と同じ意見を述べた
・北朝鮮批判をしない事はサンデー毎日のコラム『千思万考』、江川紹子ジャーナルでも同様
・「地球温暖化に疑問を投げ掛ける専門家はいない」
※オウム事件で坂本弁護士を巻き込む→その後坂本弁護士一家は惨殺される

by oninomae | 2011-09-04 00:44 | 放射能・ラジオハザード  

<< 「反セム主義」保護恐喝を暴露す... 在日コリアンの来歴 (要点版) >>