人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ホームセンター販売腐葉土から高濃度セシウム 稲わらだけではない・・ 農業情報研究所

ホームセンター販売腐葉土から高濃度セシウム 稲わらだけではない、すべてが汚染されている 2011年7月26日
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/earth/nuclear/tepco-nuclear-disaster/11072601.htm


恐れていたことが現実に起きた。つい先日、農水省が放射性セシウム濃度が一定濃度以下の汚泥肥料の使用を認めた、こんなことをしていると土壌汚染が一層進み、「全国に拡散し、全国の田畑どころか各家庭のホームガーデンにまで汚染が広がってしまう」と警告、政府は「汚泥肥料の流通実態を調査、放射性物質検査体制を整え、放射性セシウムを多少なりとも含む汚泥肥料の流通を止める措置を早急に講じるべきである」と要請したばかりである(農業情報研究所:農水省の大罪 農地除染は放置 放射性物質を含む汚泥肥料の流通容認,、2011年7月9日)。

それから2週間後、秋田県放射能対策チームにより、県内のホームセンター・コメリ(本社・新潟市)で販売されている栃木県産の腐葉土から高い濃度の放射性セシウムが検出された。

ホームセンター販売腐葉土から高濃度セシウム 稲わらだけではない・・ 農業情報研究所_c0139575_20395826.jpg

ホームセンター販売腐葉土から高濃度セシウム 稲わらだけではない・・ 農業情報研究所_c0139575_2040836.jpg


25日朝、県民から「コメリ湯沢店で販売されている腐葉土を放射線量測定器で計測したら、高い値が出た」との情報が寄せられた。同チームが情報に基づいて湯沢店と秋田市の卸町店で調査した結果、腐葉土袋から1センチの位置で0・20〜1・74マイクロシーベルト、1メートルの位置で0・06〜0・48マイクロシーベルトの放射線量を検出した。 卸町店の腐葉土に含まれるセシウム濃度を測ったところ、下水道汚泥を肥料原料に再利用する場合の国の基準値(1キログラム当たり200ベクレル)を上回る1万1千ベクレルが含まれていることが判明したという。

栃木産腐葉土から高濃度セシウム さきがけ (2011/07/26 11:43 更新)

ホームセンター販売腐葉土から高濃度セシウム 稲わらだけではない・・ 農業情報研究所_c0139575_20433883.jpg

県は25日、県内のホームセンター・コメリ(本社・新潟市)で販売されている栃木県産の腐葉土から高い濃度の放射性セシウムが検出されたと発表した。腐葉土が入った袋の表面の空間放射線量は、秋田市の通常レベル(毎時0・022〜0・086マイクロシーベルト)の約20倍に当たる最大1・74マイクロシーベルト。腐葉土の放射能基準値はないものの、県は同日、コメリに販売自粛を要請した。

県放射能対策チームによると、同日朝に県民から「コメリ湯沢店で販売されている腐葉土を放射線量測定器で計測したら、高い値が出た」との情報が寄せられた。

同チームが情報に基づいて湯沢店と秋田市の卸町店で調査した結果、腐葉土袋から1センチの位置で0・20〜1・74マイクロシーベルト、1メートルの位置で0・06〜0・48マイクロシーベルトの放射線量を検出。店舗入り口付近は0・04マイクロシーベルトで、通常レベルの範囲内だった。

卸町店の腐葉土に含まれるセシウム濃度を測ったところ、下水道汚泥を肥料原料に再利用する場合の国の基準値(1キログラム当たり200ベクレル)を上回る1万1千ベクレルが含まれていることが判明した。

ホームセンター販売腐葉土から高濃度セシウム 稲わらだけではない・・ 農業情報研究所_c0139575_20484414.jpg

ホームセンター販売腐葉土から高濃度セシウム 稲わらだけではない・・ 農業情報研究所_c0139575_20532956.jpg


ホームセンターで売られている腐葉土は、多くは流行りの家庭菜園やガーディニングで使われるだろう。特に東日本では、とりわけ子どもの被ばくをできるかぎり減らそうと、自治体や市民が身近な生活環境の除染に懸命に取り組んでいる。その鼻先で、高濃度汚染腐葉土(肥料、土壌改良資材)がばらまかれる。国はそれでも動かないのだろうか。

大量の放射性物質を吐き出す重大事故が起きてしまった以上、国が最優先で取り組まねばならないのは、山、川、湖、山林、原野、田畑等々いたるところに飛散し、降下した放射性物質を徹底的に監視、そのさらなる拡散を防ぎ、除染に取り組み、人々の被ばくを最小限に抑えることである。そのための万全の手立てを講じねばならない。

ところが、国のやっていることといえば、この程度の汚染なら外で遊びたいだけ遊んでも、たらふく食べても心配することはないと不安の鎮静を最優先、環境や食品の放射能モニタリングは杜撰そのもの、都合の悪いデータは隠匿さえする。稲わら-牛肉汚染は、まさにその結果にほかならない。稲わらについては落ち度があった、今後はこういう手抜かりがないようにしますと言う舌の根も乾かぬうちに、汚染腐葉土の全国拡散ですか?金も機器も足りないからと牛の全頭検査はしぶる。汚染汚泥肥料の拡散は公然と認める。この政府は、重大事故に対処するための基本的な心構えさえ持っていない。

「圧制的で秘密主義的な政治システムは安全性の文化を欠き、危機においては無責任に行動するというのがチェルノブイリの最も重要な教訓だ」 (元ロイター通信員、トニー・バーバー、Financial Times,2011.4.19)



コメリ販売の腐葉土から放射性物質 県内で販売したか確認中 新潟日報2011年7月26日
http://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/25374.html

秋田県は25日、ホームセンター「コメリ」(本社・新潟市)が秋田県内の店舗で販売していた栃木県産の腐葉土から放射性セシウムを検出したと発表した。腐葉土に放射性物質の濃度基準はないが、秋田県は購入者に使用を控え、人の出入りの少ない場所に保管するよう求めている。

同社は、本県の店舗でも同様の腐葉土を販売したかどうか確認中としている。


岩手産腐葉土からもセシウム=1万4800ベクレル-鳥取県
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201107/2011072800021&rel=y&g=pol

鳥取県は27日、鳥取市のホームセンター「カインズホームFC鳥取店」で販売されていた岩手県産の腐葉土から、1キロ当たり1万4800ベクレルの放射性セシウムを検出したと発表した。鳥取県くらしの安心推進課は、健康への影響について「腐葉土には国の暫定規制値が定められていないため、コメントできない」としている。

鳥取県によると、問題の腐葉土は原産国として岩手のほかに、タイ、ベトナム、バングラデシュと表示。6月から7月にかけて14リットル入りで329袋が販売され、5月以前の販売数については調査中という。1メートル離れた場所での空間放射線量は、毎時0.07マイクロシーベルトだった。同県は購入者に対して、使用を控えるよう呼び掛けている。(2011/07/28-01:12)


関連

http://ameblo.jp/picon/theme10-10035878992.html

セシウム牛 流通マップ
ホームセンター販売腐葉土から高濃度セシウム 稲わらだけではない・・ 農業情報研究所_c0139575_20595260.jpg



水道水 放射性物質拡散汚染マップ【3/22データ】
ホームセンター販売腐葉土から高濃度セシウム 稲わらだけではない・・ 農業情報研究所_c0139575_211892.jpg


参考 文部科学省 環境放射能水準調査結果(上水(蛇口))(3月22日採取)
http://www.mext.go.jp/component/a_menu/other/detail/__icsFiles/afieldfile/2011/03/23/1303954_0322_1.pdf

※これは、日本の暫定基準ではなくWHO(世界保健機構)の飲料水のガイドラインに基づいて独自に作成したものです。



明日に向けて(204)南相馬からSOS プルトニウム・・・!? 2011年07月25日 22時30分00秒 | 明日に向けて7月21~31日
http://blog.goo.ne.jp/tomorrow_2011/e/ecfc5630f05acaf7804b66497782dcc2

守田です。(20110725 22:30)

福島原発事故における高濃度の放射能汚染が心配される南相馬市から、 原発から出たとされている、31種類の放射線核種をきちんと調べ、公表してほしいという要求が出されました。訴えているのは無所属の市会議員、大山こういちさんです。

ユーチューブで訴えを公開しています。URLは以下の通りです。
http://www.youtube.com/watch?v=a4AoaGuLoMk

大島さんはここで6月6日に原子力安全保安院が、IAEAに提出した報告書の中で、31種類もの放射性核種が大気中に放出されたとされていること、そのデータが、経産省のHPに掲載されていることを指摘しています。しかるこれがマスコミでまったく報道されていないことに対し「一体どうなっているのか」と疑義を提出するとともに、即刻これらを調べること、またこれを多くの人々の声で実現させるころを提案しています。そのためこの情報の拡散も求めています。

ちなみにこの保安院が発表した31種の放射線核種大量放出情報は、以下から閲覧できます。分量の大きな報告書ですが、13枚目の表5だけでもご覧ください。驚くべき放出量です。
http://www.meti.go.jp/earthquake/nuclear/pdf/20110606-1nisa.pdf

僕のこの点を気に書けながら、このところ何を切り口にこの点を論ずればいいのか戸惑っていました。セシウム牛が関心を集めていますが、しかし出ているのはセシウムだけではありません。しかし現状では、あたかも放射性物質と言えば、セシウムだけをさすかのようにすらなっている。そうではなく保安院の発表でも他に30種もが、大気中に飛びだしながら、計測されてこなかったのです。

その意味でこの南相馬からのSOSは、私達全体の危機をも包含するものです。南相馬を助けるためだけでなく、私達自身を相互に助け合っていくために、これらの核種の調査を進める要望を強める必要があります。そのためにもぜひ、この大山さんの訴えに耳を傾け、共感された方は拡散にもご協力ください。

なおお時間のない方のために、全発言をノートテークしましたので、それも貼り付けておきます。 また大山さんの発言は、英訳バージョンもあり、海外でも反響を呼んでいます。発言が紹介されているTIMESの記事も紹介しておきます。ここからは英字字幕付きバージョンを見ることができるので、英語ネイティブのご友人などにもご紹介ください。
http://ecocentric.blogs.time.com/2011/07/21/is-this-mike-on-another-youtube-sos-from-fukushima/

以下、大山さんの発言の書き起しを貼り付けます。

*******************************

南相馬からSOS プルトニウム・・・!?

ホームセンター販売腐葉土から高濃度セシウム 稲わらだけではない・・ 農業情報研究所_c0139575_4174036.jpg


みなさん。こんにちは。南相馬市市会議員無所属の大山こういちです。現在、継続中の原子力災害最先端地の南相馬市で、今、何が起こっているのか。南相馬市市民の皆さん。福島県のみなさん。日本の国民のみなさん。そして世界市民に情報を発信したいと思います。

南相馬市桜井市長は7月8日、避難市民に対して、戻ってきてという帰還要請をしました。それを受け、私のところに避難市民の方々から、多くの不安が寄せられています。その中には放射線量の高いところに仮設住宅や民間借り上げアパートがあるとか、校庭の表土もはぎとらずに仮設校舎を作ったとか、井戸水や自家消費の野菜も調べてもらえないとか、避難して留守にしている住宅の放射線量の測定も、今後の除染も、全部自己責任とか、不安でいっぱいだということが分かりました。

残念ながら避難市民のみなさんのご指摘通りで、なぜこんな段階で市長が帰って来いと言えるのか。また政府が突然、緊急時避難準備区域の解除を言うのか、寝耳に水で、みなさんが不安に思うのも当然のことと思います。そこで議員の政務調査・広報の一環として、私も市長に習い、このユーチューブで南相馬の現状を伝えるべく、情報を発信することにしました。

避難市民が一番不安に思っていることを、これからお話します。6月6日公表の、原子力安全保安院がIAEAに提出した報告書によりますと31種類の放射性核種を大気に放出したことになっております。その中には猛毒のプルトニウムやストロンチウムを大量に放出したことが一覧表を見れば明らかです。

空中に出したものの量と種類が分かっていて、どこに落ちたか、調べられていません。市長や国会議員に直談判しましたが、未だ検査したともしなかったとも、回答が出てきていません。南相馬市は冬のフェーン現象で、全村民避難の飯舘村を越して、空っ風が土ぼこりを巻き上げ、噴きおろす、いわゆる国見おろしという強い風が、市内に土ぼこりをまき散らし、全域を覆います。おそらく今、除染をしても膨大な量の放射性物質が水源地でもある阿武隈山脈に温存され、国見おろしや雨が、これらの移動、流下をさせ、そういう地形や位置に、南相馬はなっています。

31種類の放射性核種の大量放出についての報告書は、経済産業省のホームページで、誰でも見られるようになっています。しかしマスコミでは一度も取り上げられておりません。一体、どうなっているのでしょうか。土壌調査をやらずに、区域解除や復興を語る事は、経済優先、人命軽視です。国の宝、子どもの将来に対して、まずは事実を明らかにして、首相、県知事、市長の三人の首長が、文字通り首をかけて、責任を持って、安全宣言を出して、全ての責任を国が負うと約束してからでなければ親としては安心できません。

現地、南相馬市では、時間の経過で、危険が無くなったかのごとく錯覚し、無防備な日常生活に戻り、マスクもせず、土ぼこりを吸引してしまっているような光景も目立ってきております。早急な31種の調査と公表をみなさんで要求しなければ、埒が明かないのではないでしょうか。まずは事実を知り、それを踏まえて対策を立てていかねばなりません。後で取り返しがつかなくなってからではもう遅いのです。今、拙速な対応を場当たりに的にしたのでは、子どもたちに申し訳が立たないと思います。

ぜひみなさん。安心・安全のために、この情報を広げてください。よろしくお願いいたします。

by oninomae | 2011-07-27 20:30 | 放射能・ラジオハザード  

<< 福島第一原発の事故と政府の「無... アメリカ帝国は外に拡張するにつ... >>