人気ブログランキング | 話題のタグを見る

プルトニウムの恐怖 2 福島第一原発3号機爆発

ファイル破損のため再投稿
プルトニウムの恐怖 2 福島第一原発3号機爆発_c0139575_2318263.jpg



首都圏のガイガーカウンターモニター
http://quasimoto.exblog.jp/14431353/

http://park18.wakwak.com/~weather/geiger_index.html




東京電力さんヨ、「自分で撒いた種は自分で刈り取れ!」: 人のせいにするなヨ!
http://quasimoto.exblog.jp/14427515/

「東京のジレンマ」:見捨てるべきか?、助けるべきか? それが問題だ!
http://quasimoto.exblog.jp/14427902/

政府は、国家対策チームを作り、全権を委ね、「クリティカル・パス」を構築せよ!
http://quasimoto.exblog.jp/14428112/

「チェルノブイリの教訓」を生かせ!!:地方の県知事は避難民居住区を準備をせよ!
http://quasimoto.exblog.jp/14429575/

原発関連地図リンク集
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-720.html

Meltdown alert at Japan reactor
http://www.bbc.co.uk/news/world-asia-pacific-12733393

プルトニウムの恐怖 2 福島第一原発3号機爆発_c0139575_2393219.jpg


Radioactive Releases in Japan Could Last Months, Experts Say
http://www.nytimes.com/2011/03/14/world/asia/japan-fukushima-nuclear-reactor.html?_r=1


耐震・中越沖地震関連の国・県・協会の審議状況(H22.12末)
http://www.gengikyo.jp/Zentai/Jishin/Shingi_Jokyo/Shingi_Jokyo_201012e.pdf

こんな時だからこそプロパガンダには気をつけよう
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-1005.html

・・・「地震予知は出来ない」と喝破した良心の学者がいる。元、国立極地研究所の所長であった島村英紀さんだ。学者としての良心を貫いた結果、「原発は安全」の根拠を崩してしまった島村先生は、でっち上げの詐欺で突然逮捕され、地位と名誉と信用をもぎ取られた。「地震予知学」というのは、このような後ろ暗い、オドロオドロシイモノなのだと言うことを、よくよく頭に入れて、一連の報道を見る必要がある。

最後に 対米隷属派は、こんなときにまでプロパガンダを忘れていない ということ。

本当の緊急時、一刻も早く状況の把握と救助が必要なときに、菅はオバマと電話会談をし、何の足しにもならないオバマの談話をテレビは何度も繰り返した。

プルトニウムの恐怖 2 福島第一原発3号機爆発_c0139575_22651.jpg

高い金を払っているのだから、米軍が救助を手伝うのは当然としても、やったことは福島原発への冷却水の運搬。オイオイ、無いのは水じゃなくて、ポンプを動かす電力だろう。水だけ運んでどうするんだ。とは誰も突っ込まず、ありがたやありがたや、クリントンの談話を報道する。

世界中からも援助の申し出が集まっている中で、わざわざ米軍を主役に押し上げることを、こんな非常事態でも忘れないのが、この連中のすごいところだ。

・・・悪いやつは とことん悪い。この非常事態を、格好のプロパガンダとして利用しようとさえ考えている。繰り返すが、作業員も兵士も誰も彼も、現場は命を張っている。被災者の命と、救助にあたる彼らの命を利用して、立派なビルの中でプロパガンダに精を出す連中がいるということを、知っておくべきだ


US Dirty Bombs: Radioactive Shells Spiked with Plutonium  by John LaForge
http://www.commondreams.org/views02/0709-07.htm


福島第一3号機、燃料損傷の可能性 (2011年3月14日20時30分 読売新聞)

プルトニウムの恐怖 2 福島第一原発3号機爆発_c0139575_23143480.jpg


被曝の検査を受ける自衛隊員ら(福島県二本松市で)=冨田大介撮影 

経済産業省原子力安全・保安院は14日午前11時すぎ、東京電力福島第一原子力発電所3号機で水素爆発が起きたと発表した。

爆発音とともに大量の煙が立ち上り、建屋の上部が吹き飛んだ。

東電社員、海水注入を手伝っていた陸上自衛隊員ら計11人がけがをし、うち6人が被曝(ひばく)し、1人は入院した。


隣接する同原発2号機も同日午後7時45分、原子炉の水位が低下し、燃料棒(長さ約4メートル)が完全に露出して冷却できない状態となり、燃料棒が溶けだす炉心溶融の懸念が高まっている。

3号機は、爆発後、原子炉と格納容器は機能しているが、1号機同様に、炉心溶融の初期段階である燃料損傷が広がっている可能性は高い。保安院は、半径20キロ圏内にとどまっていた約600人に緊急措置として屋内待機を指示した。同日午後、圏外への避難が始まった。被曝者の有無は不明。

保安院によると、3号機は、原子炉内の燃料棒の露出が続き、建屋上部に充満した水素ガスの爆発の危険性が高まっていた。東電は、海水を注入して、爆発回避に努めたが、同日午前1時過ぎ、施設内の貯留槽の海水が枯渇したため一時中断。これによって水位が低下し、露出した炉心に触れた水蒸気から大量に水素が発生し、爆発につながったと見られる。

爆発後も炉内へ海水を注入しているが、燃料棒は依然2・2メートル(同日午後5時現在)露出している。燃料棒の損傷が進んでいると見られるが、ウラン燃料の損傷を示す「セシウム137」などの放射性物質は観測されていない

爆発後の発電所正門付近の放射線量は午後1時55分の時点で、1時間あたり約15マイクロ・シーベルトと急激な上昇は見られない。

一方、2号機は、これまで安定していた炉内の圧力が急激に上昇し、冷却水を循環させるポンプの機能が低下、水位が減少した。同日午後7時過ぎには、燃料棒が冷却水からすべて露出した。この状態が長時間続くと、大量の燃料が高温で溶融し、漏れ出す恐れもある。東電では格納容器内の放射性物質が混じる蒸気の大気への放出と、海水注入を準備。建屋上部に水素がたまって、爆発するのを防ぐため、事前に建屋の壁に穴を開けるなどの予防策を検討していた。

午後9:37

3000 Sv/h 超える!!  (3130 Sv/h)

プルトニウムの恐怖 2 福島第一原発3号機爆発_c0139575_3295177.jpg

プルトニウムの恐怖 2 福島第一原発3号機爆発_c0139575_312885.jpg

プルトニウムの恐怖 2 福島第一原発3号機爆発_c0139575_2193458.jpg


永田町に原発を
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/10037745.html

チェルノブイリの悲劇が日本で起きてしまうのか、瀬戸際にある。理由は、海水を汲み上げるポンプ車の燃料切れ、これほどの国家的危機にあって、そんなことがあってよいものか。 (引用注;4時間で燃料切れになることはわかっていた)

福島第一原発 2011-3-14 22:08
http://www.nikaidou.com/archives/11544

福島第一原発は、元々、アメリカのGE社の原発をそのまま持ち込んだもので、50年以上も経過している。 法律により、5年ごとに設備を新しくしているが、システムそのものが古いため、バックアップ機能が地震により故障し、水の注入に手間取っているものと考えられる。 水の注入は、原子炉圧力容器に直接出来ずに、格納容器と圧力容器の間に行い、原子炉圧力容器の外部から冷却しようとしていると思われる。 よって、冷却が上手くいかない場合、不測の事態が想定される。 現に、第一号機の燃料棒は全て露出されているとの報道。

時事・東電によると、 2011-3-14 22:52
http://www.nikaidou.com/archives/11545

2011/03/14 22:50 東電によると、福島第1原発から南に約10キロ離れた同第2原発北側で、通常値の約260倍の1時間当たり9.4マイクロシーベルトの放射線量を観測した。 同第1原発2号機の影響とみられる


3.15 0:07

14日、23時頃、2号基再び炉心露出 燃料棒すべて露出!! 

1;08 依然水位が計測出来ない!!

排気弁が溶けた!?


プルトニウムの恐怖 2 福島第一原発3号機爆発_c0139575_224740.jpg

プルトニウムの恐怖 2 福島第一原発3号機爆発_c0139575_233499.jpg


「温暖化」対策は原子力
http://satehate.exblog.jp/13892272

プルトニウムの恐怖 2 福島第一原発3号機爆発_c0139575_2101884.jpg

プルトニウムの恐怖 2 福島第一原発3号機爆発_c0139575_2121453.jpg

プルトニウムの恐怖 2 福島第一原発3号機爆発_c0139575_2124510.jpg

プルトニウムの恐怖 2 福島第一原発3号機爆発_c0139575_213255.jpg

プルトニウムの恐怖 2 福島第一原発3号機爆発_c0139575_213157.jpg

プルトニウムの恐怖 2 福島第一原発3号機爆発_c0139575_2134984.jpg


プルトニウムの恐怖 2 福島第一原発3号機爆発_c0139575_2145482.jpg

プルトニウムの恐怖 2 福島第一原発3号機爆発_c0139575_215107.jpg

プルトニウムの恐怖 2 福島第一原発3号機爆発_c0139575_2152477.jpg



この震災をテコに、日本は復活する
http://alternativereport1.seesaa.net/article/190614003.html

(引用注:プルトニウム爆発を防ぐことができればであるが)

プルトニウムの恐怖 2 福島第一原発3号機爆発_c0139575_057216.gif

(前略) 技術者さえ生きていれば、そして「根性が屈服してさえいなければ」、全ての工場がカイメツしても、何度、工場が破壊されても、再度、工場を立ち上げ、経済は復活すると言う事である。


日本は莫大な金額のアメリカ国債を持っている。それを担保に欧米銀行から融資を受け、崩壊した街・企業を再構築することが可能である。

アメリカ国債を、「質草」として欧米に渡し、最終的に、借金は返済せず、踏み倒し、「質草」を質流れにすれば良い。放置しておいても紙クズになる、アメリカ国債は、こうして「有効に使う」事が出来る。紙クズになる国債を、欧米諸国に「お返しし」、それで日本は復興すれば良い。

戦後65年間、蓄積してきた富を、今、使えば良い。アメリカ政府に、「ダマサレテ」買わされた、アメリカ国債である。今回は、日本側が、ダマセば良い。

その戦略性が、「根性が屈服していない」と言う事である。

震災で莫大な建設工事の「需要」が、発生した。震災の災いは、「不要なダム・橋を作り需要を創出し景気回復するのではなく、必要な街並み・住宅の再建によって景気回復する」福となる。災いは、福に転じる。

この震災をテコに、日本を復活させる経済戦略を即刻、練り上げる事が急務となる。

ブルドッグは、敵と見なした相手に噛み付くと、自分が殺され首と胴体が切断され、首だけになっても、「噛み付き続ける」。このブルドッグの闘い方=ブル・ファイトの精神を、日本人は取り戻さなければならない。

戦場における戦闘中、隣で、ホフク前進する親友が頭部に銃弾を受け即死した場合、嘆いて泣いていたのでは自分も敵の銃弾を頭に受けるだけである。嘆いている最中に自分までが敵弾に倒れる事を親友は望んではいない。嘆きを激怒に転換し、敵陣に突入し敵をカイメツさせる。前へ前へ進み、勝利を奪い取って来る。その勝利が、死んで行った者達への最高の献花である。仲間の死を、ムダ死ににさせない手段は、ブル・ファイトの継続である。

日本カイメツの結果である、建設需要を「有効」に使う事で、日本経済は復活する。

ロシア象徴派の詩人、アンドレ・ベールイの言葉の通り、

「全てが燃え尽き、灰になった後、その灰の中から、不死鳥が飛び立つ」。


お台場写真日記について by ふぐり玉蔵
http://satehate.exblog.jp/14486919

アメリカと日本の没落・共倒れを餌にして、世界統一政府に向かう by ふぐり玉蔵 +
http://satehate.exblog.jp/12383502

白衣たちが惑星を運営するとき by David Rothscum
http://satehate.exblog.jp/15912246/

なぜ、その子どもはわずか30年の寿命を持つのか?

プルトニウムの恐怖 2 福島第一原発3号機爆発_c0139575_215508.jpg

プルトニウムの恐怖 2 福島第一原発3号機爆発_c0139575_2255029.jpg

プルトニウムの恐怖 2 福島第一原発3号機爆発_c0139575_3551252.jpg


++
こんな事が起こらなければ方向転換出来ないのが情けないが、

肝腎なことは、技術の方向を「間違」わないことだ。

by oninomae | 2011-03-15 03:21 | 放射能・ラジオハザード  

<< 3号機付近で400ミリシーベルト/時 プルトニウムの恐怖 2 福島第... >>