巨大企業の4つの段階 by David Rothscum 1


巨大企業の4つの段階 by David Rothscum Tuesday, October 27, 2009  その1

動物と同様に、企業はその発展において異なった段階を通過する。

今日存在するすべての大企業は、その寿命の中で、4つの可能な段階の一つにあるものとして分類することができる。

これらの段階の間の違いは、その企業がその市場を拡大するために使う方法中にある。

最初の段階は、その企業が生まれた段階である。 その企業は、人々の中に生じてきたある新たな必要を満たす

一つの例は、石油精製業界で支配的企業となったときのスタンダード石油企業であり得るだろう。

もちろん、最終的にはその需要は満たされる。 人々は彼らが必要とする以上の石油は決して買わないだろう。ちょうど人々が、彼らが空腹である量の食料を買うだけだろうように。

ある企業がこの地点に到達したとき、それはその企業がもはや拡大できないことを意味するだろう。

これは、その経営にとって一つの問題を意味する。


ある大企業の経営は、一つの責任を負っている:その企業の株式あたりの利益を上げ、そしてその株主たちがその株式からより多くの利益を得ることである。 これがその経営にとって一つの問題を提供する。

人々の需要が満たされ、従って、人々がさらなる製品の購入を望まないとき、どのようにその経営者は自分たちの企業の利益を増加させるか?

この問題に対する解決は単純である:

人々が必要のないものを必要としていると、彼らが信じるよう騙す。

ある企業がこの手法を使い始めたとき、それはその寿命の2番目のフェーズに入る

その企業が一つの新しいフェーズに入るにつれて使い始めたその新しい技術は、その古い技術を置き換えるものではないことに留意する必要がある。ある企業が、人々に彼らが必要としていないものを必要としていると信じるよう騙し始めたとき、それは同時に、人々が実際に必要とする製品を彼らに売り続けるだろう。 その企業にとって、こうすることを止める理由はない。

結局、その企業が人々が必要としていないものを買うように彼らを騙す唯一の理由は、このことがその企業にその市場を拡大することを可能にするからである。

英BBCは一つのドキュメンタリー『自我の世紀[The Century of the Self]』を放送してきた。 

c0139575_19245682.jpg

それは、どのように企業が、20世紀中、この手法を適用し始めたかを説明している。

それは、操作のための企業による心理学の使用に焦点を当てる。

それはまた、1930年代リーマンブラザーズのために働いていたウォール街の銀行家であるポール・メイザー[Paul Mazer]の言葉を引用する:

「我々はアメリカを必要から欲望の文化へと転換せねばならない。人々は欲し、新しいものを望むように訓練されねばならない。古いものが完全に消費される以前でさえも。[・・・] 人間の欲望が彼の必要を曇らせねばならない。」

どのようにして、企業は人々が必要ない製品を購入するように彼らを納得させるか?

新しいものを欲するように人々を訓練することに尽力した一人の人物が、エドワード・バーネイズ[Edward Bernays]であった。 ジークムント・フロイト[Sigmund Freud]の甥、エドワード・バーネイズは、操作の名人、そして従って彼の時代の主要な企業すべてにとって待望の顧問であった。

彼は、人々が自身では決して気付かずに彼の望むことを行うように操作するために集団心理を使うことができるだろうと信じていた。

彼の本『プロパガンダ[Propaganda]』で、彼は書いた

c0139575_19534250.jpg


もし我々が、集団心理の仕組みと動機を理解するならば、大衆を我々の意志に従って彼らがそれに気付くことなしに制御し組織化することが可能ではないだろうか?プロパガンダの最近の実践は、それが可能であることを証明してきた。少なくともある地点まで、ある限界の範囲内で。」

バーネイズによると、その集団があなたが望むことを行うようにするその方法は、ある確かな地位にあるその指導者に確信させることによる:

もし、あなたがその指導者たちに、彼らの意識的協力あるなしいずれにしても、影響を与えることができるならば、あなたは自動的に彼らが支配するその集団に影響を与えるしかし、集団心理学の影響に服従させるために、人間たちが実際に一緒に公開会合あるいは街頭暴動に集められる必要はない。人間は生まれつき集団を好むので、彼はある群れの一員であることを自身で感じている。彼が自分の部屋の中でカーテンを閉めて一人でいるときでさえ。彼の心は、その集団の影響によって型打ちされてきたそのパターンを保持している。

これが、バーネイズが彼のキャンペーンの大半で使用する方法である。

例えば1929年に、エドワード・バーネイズは紙巻きたばこ企業の市場ベースを拡大する方法を見つけるために、あるタバコ企業に雇われた。 当時は、ほとんど男性たちがタバコを吸っていて、たばこを吸う女性は一般的に嫌な顔をされた。

バーネイズは、これを好機にするため一つの計画を提案した。 彼は、ニューヨークの五番街でタバコを吸うための若い上品な女性のグループを雇った。 バーネイズは、この出来事を記録するために新聞記者がそこにいて、翌日国中の新聞がその歴史的な「自由行進の松明」について報道することを確実にした (訳注:リンク切れにつき、Torches of Freedom でも)

新聞は、これは、男性たちがするのと同様にタバコを吸うことを望む若い反抗的なフェミニストのグループであると信じた。

しかし現実には、バーネイズが、彼の秘書にヴォーグからの最も魅力的なものたちを選ばせることによって、若い女性を採用し、そしてそれが「フェミニストたち」自身からのものであるように読み取れるプレスリリースで新聞社に連絡した。

c0139575_1941528.jpg


その後、全国の女性たちがタバコを吸い始めるのに長くはかからなかった。

c0139575_1955020.jpg


バーネイズは、彼らが、薬物中毒と彼らの寿命の低下以外の何ものももたらさない一つのトレンドに従うように、無数の若い女性を納得させることに成功した

c0139575_19413684.jpg


途中参照

Philip Morris toxicological experiments with fresh sidestream smoke: more toxic than mainstream smoke.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/16319363?dopt=Abstract

Glutathione transferase pi plays a critical role in the development of lung carcinogenesis following exposure to tobacco-related carcinogens and urethane.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/17909032

Risk analysis of environmental chemicals on lung carcinogenesis.
http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/20593918

タバコ特異的産物,特に4‐(メチルニトロソアミノ)‐1‐(3‐ピリジル)‐1‐ブタノン(NNK)の発癌性
http://jglobal.jst.go.jp/public/20090422/200902228756232005

喫煙と肺ガンに関する疫学データ例
http://ganjoho.ncc.go.jp/data/public/statistics/backnumber/odjrh3000000h32y-att/data14.pdf

喫煙とがん
http://ganjoho.jp/public/pre_scr/cause/smoking.html

発癌性
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%99%BA%E7%99%8C%E6%80%A7 

http://monographs.iarc.fr/ENG/Classification/ClassificationsGroupOrder.pdf

c0139575_2332060.jpg





我々が決して思いをはせることのない我々の行動の多くは、数十年前のバーネイズのような人物たちによって形作られた。

例えば、ベーコンとエッグの朝食を発明したのはバーネイズだった。 1920年代以前には、人々はランチやディナーでベーコンを食べていた。 しかしながら、ベーコンを販売しているある企業がバーネイズと接触し、彼がもっとベーコンを販売する方法を考え出すことを望んだ。そしてかくして、バーネイズは、 今後は理想的な朝食はベーコンとエッグから構成されるだろうというアイデアを思いついた

c0139575_35431.jpg

c0139575_35263.jpg


c0139575_19304054.gif




元記事は

The 4 stages of megacorporations by David Rothscum Tuesday, October 27, 2009
http://davidrothscum.blogspot.com/2009/10/4-stages-of-megacorporations.html 和訳1回目です。

c0139575_2063455.jpg


関連

女優の仁科さん、子宮頸がんワクチン助成で小沢氏に陳情
http://satehate.exblog.jp/14143371

三原じゅん子 子宮頸がん予防ワクチンシンポジウム
http://ameblo.jp/juncomihara/entry-10515687089.html

キーワードは「子宮頸がんワクチン」:仁科亜季子、三原じゅん子・・・まだ日本にいかがわしいワクチンを売りつける気か?
http://www.asyura2.com/10/senkyo84/msg/209.html
投稿者 会員番号4153番 日時 2010 年 4 月 11 日 00:28:29

フッ素イオンによる攻撃も続いている
http://satehate.exblog.jp/7030134/

世界権力構造の秘密 Eustace Mullins 3 タヴィストック研究所:人間操作主義
http://satehate.exblog.jp/7616703

銀行ギャングたちは、如何にしてアメリカに第二次世界大戦参戦を強いたか  By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/13590054

世界統一政府への「問題」作り:(地球環境への脅威と)地球外生物による侵略の脅威 by D・アイク
http://satehate.exblog.jp/9295497

世界に一極権力樹立のために勧告されたのは2点、すなわち地球環境への脅威と地球外生物による侵略の脅威だった

c0139575_19203394.jpg

c0139575_19205022.jpg


プロジェクト・パニック/宇宙からの外的脅威のロ実・全世界非常事態権力 by デーヴィッド・アイク
http://satehate.exblog.jp/9318218

①世界的な金融破綻が起こり、ワン・ワールド電予通貨が導入される。

②紛争とテロ活動があふれる。

③その他あらゆる事件が人類を恐怖させ、気力を奪い、なんの疑問も抱かない奴隷状態へと向かわせる。


c0139575_19512818.jpg











c0139575_21563123.jpg





急報:ボートが油井に衝突し、メキシコ湾で新たな流出が始まった 2010.07.28 Wednesday
http://blog.chemblog.oops.jp/?eid=993442 (引用注:若干訂正)

Boat Crashes Into Oil Well, Creating New Spill in Gulf of Mexico
http://www.foxnews.com/us/2010/07/27/boat-crashes-oil-creating-new-spill-gulf-mexico/ Published July 27, 2010 FoxNews.com

c0139575_22474556.jpg

c0139575_22524162.gif

c0139575_22363653.jpg


最優先急報:ルイジアナ州ジェファーソン地区(Jefferson Parish, La)の国土安全保障省監査官がフォックス・ニュースに話した所によると、火曜日の早朝ボートが油井に衝突したため、メキシコ湾で新たな原油の漏出が発生したという。

c0139575_2239978.jpg

タグボート、或いは他の作業用ボートがルイジアナ州、Bayou St. Dennis近くの油井に衝突し、バルブ構造物を剪断した結果、圧力のかかった天然ガスと軽質油が放出されていると国土安全保障省(DHS)職員のディーノ・ボナーノ(Deano Bonano)がフォックス・ニュースに話した。

現在、浄化作業員達は当該地を急速に離れており、海上の現場は連邦官に引き継がれている。Vessels of Opportunityプログラムに参加している船舶のみならず、沿岸警備隊、ジェファーソン地区警察、そして消防局員達が現地に派遣されている。

ボナーノによると、油井を所有者を連邦当局は把握していないが、荒れた油井を取り扱う作業員も間もなく現地に到着するという。

原油は切断された4インチのパイプから大気中に20フィート(約6m)の高さまで噴出していると、漏出現場上空を通過した作業員はフォックス・ニュースに話している。その作業員によると当該地域では疎開措置が取られ、一般の船舶は「かなりの量の原油」が漏出している現場海域に進入しないよう指示されているという。
[PR]

by oninomae | 2010-07-27 19:31 | バイオハザード・医療  

<< 巨大企業の4つの段階 by ... 年金制度「改革」 >>