シオニズム:ユダヤ人のための強制自殺 by Henry Makow Ph.D.

シオニズム:ユダヤ人のための強制自殺 by Henry Makow Ph.D. December 9, 2002

c0139575_3555865.jpg


1940年11月25日、ナチのヨーロッパからのユダヤ人難民を運んでいた一隻のボート「パトラ[Patra]」が爆発し、そしてパレスチナの沖で沈没し252人が死亡した。

シオニスト「ハガナ[Haganah]」は、彼らを上陸させることにたいする英国の拒否に抗議するため、その乗客が自殺したと主張した。

数年後、それは認めた。乗客たちをモーリシャスに行かせるよりはむしろ、船を爆破したと。

「時として、多くを救うために、少数を犠牲にする必要がある。」モシェ・シャレット[Moshe Sharett]、元イスラエル首相は、1958年の追悼式で言った。

c0139575_3585051.jpg


実際、ホロコーストの期間中、シオニストの政策は、ユダヤ人の生命はもしそれがイスラエルの創建の大義を促進するものでなければ何の価値もないというものであった。

「イスラエルでの一匹のヤギは、全離散者よりも価値がある」 と、イツハク・グリーンバウム[Yitzhak Greenbaum]、ユダヤ機関「救済委員会」の長は述べた。

c0139575_402957.jpg


ラビ・モシェ・ショーンフェルト[Rabbi Moshe Shonfeld]は、直接的そして間接的に欧州のユダヤ人のナチによる虐殺に協力していたシオニストたちを非難している。

その告発は、彼の本『ホロコースト犠牲者たちの告発[Holocaust Victims Accuse]』(1977) に掲載されている。それは、オンラインで読むことができる。

c0139575_405440.jpg


ラビ・ショーンフェルトは、そのシオニストたちを「戦争犯罪者」と呼んでいる。彼らは、ユダヤの人々の指導権を横領し、彼らの死滅後、道徳的資源を手に入れたと。

ショーンフェルトは述べている:

「ユダヤ人の血がユダヤ人の国家の車輪のために必要とされる塗布油であるというシオニストのやり口は、過去のものではない。それは、まさに今日動作可能なものであり続けている。」

このテーマについての他のユダヤ人たちによる本は、以下が挙げられる:エドウィン・ブラック[Edwin Black]、『譲渡契約[The Transfer Agreement]』;ベン・ヘクト[Ben Hecht]、『不誠実[Perfidy]』、MJ・ヌレンバーガー[MJ Nurenberger]、『おびえたものと最低のもの[The Scared and the Damned]』;ジョエル・ブランド[Joel Brand]、『悪魔と魂[Satan and the Soul]』;チャイム・ラザー[Chaim Lazar]、『破壊と反乱[Destruction and Rebellion]』;そしてラビ・マイケル・ドブ・ベア・バイスマンデル[Rabbi Michael Dov Ber Weismandel]、『深淵より[From the Depth]』。

その意味合いは、私は後に探求するだろうが、シオニズムは、頂点では、ユダヤ人の運動ではないということである。

老練なイスラエルの政治家エリーザー・リヴネ[Eliezar Livneh]の言葉で言えば、 「シオニストの遺産は、そもそもその中に何か欠陥があった。」

c0139575_435359.jpg



ラビ・ショーンフェルトの本のショッキング「ハイライト」:

欧州のユダヤ人たちが死の危険にさらされていた一方で、米国のシオニスト指導者たちは意図的に、ヒトラーを挑発し激怒させた。

彼らは1933年にナチの商品の世界的なボイコットを開始した。

ディーター・フォン・ヴィスリツェニー[Dieter von Wissliczeny]、アドルフ・アイヒマン[Adolph Eichmann]の副官は、ラビ・ヴァイスマンドル[Rabbi Weissmandl]に語った。1941年に、米国のシオニストのラビ・スティーブン・ワイズ[Rabbi Stephen Wise]が全ユダヤ人の名の下に「ドイツに宣戦布告した」とき、ヒトラーが激怒したと。

ヒトラーは床に倒れ込み、絨毯に噛み付いて吼えた:「ならばすぐに彼らを滅ぼしてやる。すぐに彼らを滅ぼしてやるぞ。」

1942年1月、彼は「ヴァンゼー会議[Wannsee Conference]」を招集したが、そこで「最終的解決」が具体化した。

ラビ・ショーンフェルトは言っている。ナチたちは「ユーデンラッツ(ユダヤ人報告者たち)」を運営し、そしてユダヤ人警察あるいは「カポス」にするべくシオニストの活動家たちを選んだ。

ナチたちはこれらの「長老たち」の中に、彼らが望んでいるもの、つまり自分たちのマネーと権力への欲望のゆえに大衆を破滅へと導く忠実で従順なしもべを発見した。

シオニストたちは、多くの場合、しばしば「ナチたちよりもより残酷」であった知識人たちであった。そして、列車の最終目的地を秘密に保った。

世俗的シオニストたちとは対照的に、ショーンフェルトは言っている、正統派のラビたちは協力することを拒否し、そして最後まで彼らの窮地に立った群衆の面倒をみた。

ラビ・ショーンフェルトは、シオニストたちが抵抗、身請け、そして救援を組織する試みを妨害した 多数の例を列挙している。

彼らは、戦争前にユダヤ人たちを武装しようとするウラジーミル・ジャボチンスキー[Vladimir Jabotinsky]による努力を台無しにした。

彼らはアメリカの正統派ユダヤ人たちによる、ゲットー(ここで、子供の死亡率は60%だった)に食糧小包を送るための計画を、それがボイコットに違反すると言って、停止させた。

彼らは、英国議会の難民たちをモーリシャスに送るという発議を、そうではなく彼らはパレスチナに行くことを要求して、阻止した。 彼らは、米議会での同様の取り組みを阻止した。

それと同時に、彼らは若いシオニストたちを救助した。

ハイム・ワイツマン[Chaim Weizmann]、シオニストの最高責任者にして後のイスラエル初代大統領は言った:

c0139575_45832.jpg


「いかなる国もその祖国のための戦いでの死人を有する。ヒトラーの下での被害者は、我々の死人である。」 彼は言った。彼らは 「残酷な世界における、道徳的・経済的塵であった。 」

c0139575_46027.jpg


ラビ・ヴァイスマンデル[Rabbi Weissmandel]はスロバキアにいたが、アウシュビッツの地図を提供し、そしてトラックや火葬場を爆撃するよう連合軍に圧力をかけてくれとユダヤ人指導者たちに懇願した。その指導者たちは連合軍に圧力はかけなかった。なぜなら、秘密の政策は非シオニストのユダヤ人たちを絶滅させることだったからである。

ナチたちは理解するようになった。死の列車と収容所は攻撃から安全だろうと。そして実際、産業をそこに集積させた。 (ウィリアム・パール[William Perl]の『ホロコーストの陰謀[The Holocaust Conspiracy]』も参照。)

c0139575_471246.jpg


上記のどれもナチたちの責任を免除することを意図してはいない。

しかしながら、ホロコーストは避けられた、あるいは少なくとも軽減できた。もしシオニストの指導者が立派に振る舞ったとすればだ。


「シオニズム」とは何か?

アクトン卿は言った。「真実は、権力ある人々がもはやそれを抑制することを望まなければ現れてくる。」

9.11以来、ますますより多くの人々が、「陰謀的」あるいは「抑圧された」歴史観に目を向けつつある。

1891年、セシル・ローズ「円卓会議」と呼ばれる一つの秘密結社を創設した。それはイングランド銀行の株主たちとその同盟者の世界覇権へと専念するものであった。 ロスチャイルド一族を含むこれらの取り澄ました貴族たちは、世界資源並びに通貨創造に対する自分たちの独占を保護するためには世界をコントロールする必要があると実感した。

c0139575_484248.jpg


同じ人々が米国連邦準備制度およびその他の主要中央銀行をコントロールしている。

彼らはまた、フリーメーソンへの参加によって連合した。それは、その頂点では、キリスト教の破壊ルシファー崇拝、そしてエルサレムでの異教寺院の再建に専念している。

彼らはほとんどの人類を「無駄飯食い」とみなし、そして人口を削減し、劣った人たちを淘汰するための優生学の先駆者となった。 非シオニストのユダヤ人たちの最終的な撃滅は、この英国の運動に根ざしている


1897年、最初のシオニスト会議がバーゼルで開催された。 1904年には、シオニズムの創始者テオドール・ヘルツル[Theodore Herzl]が、不審な状況の下で死亡した。 その運動は、円卓会議によって引き継がれたその目的は、それと共産主義を、世界覇権へ向けた彼らの計画を進めるために使うことであった。

1917年11月の同じ週に、ボルシェビキ革命が起こり、そしてバルフォア宣言がユダヤ人たちにパレスチナを約束した。

円卓会議グループは、人類を堕落退化させ、やる気を喪失させ、そして壊滅的な打撃を与えるために3つの世界戦争計画を計画した。第三次世界大戦は、現在始まっているがイスラム教徒に対してシオニストを戦わせた

シオニズムの目的は、中東を植民地化することを助け、イスラムを打倒し、そして油田をコントロールすることである。 この故に、イスラエルは白紙の小切手を受け取り続けている。 (一人のアナリストは、米国の納税者は1.7兆ドルを費やしてきたと見積もっている。)

イスラエルの建国がユダヤの人々の福利よりも優先されたのはこのためである。 イスラエルは、ユダヤの人々とはほとんど関係がない。

シオニズム、共産主義、フェミニズム、ナチズム、これらはすべて同じ悪魔的秘密結社の創作物である。 これらの「主義」はすべて、新封建世界独裁という最終目標への手段である。

FBI長官、J・エドガー・フーバーは、以下のように言ってこのことに言及している:「個々人は、あまりに醜悪で彼にはそれが存在すると信じることができないある陰謀に直面することによって不利な立場に立たされている。」

無意識の奴隷監視人として、イスラエル人たちは「強制的な自殺」の犠牲者であり続けるだろう。

アメリカ人たちもまた、この役割に適合させられつつある。9.11は一例である。


c0139575_4102588.jpg


アラブのテロもまた、この秘密結社に支援されている。 オサマ・ビン・ラディンは1996-1998の間に、英国に260回以上の電話をした 

c0139575_4122970.jpg

c0139575_4125534.jpg


その目的は、世界的警察国家を作り出すために、イスラム諸国と西側諸国両者を摩滅させるための口実としての「文明間の戦争」を作り出すことである。

私が「強制的な自殺」と呼んできたものは、悪魔主義的「殺処分」である。

シオニストや他の指導者たちによる「血の犠牲」への絶え間ない言及は、人間の犠牲の慣習を引き合いにだしている。 どうやら人々が屠殺されるときエネルギーが解放されるらしい。

最近、米国務副長官のリチャード・アーミテージ[Richard Armitage]は述べた。

c0139575_4145686.jpg

ヒズボラは、米国の「血の債務」を負っていると。

c0139575_4153861.jpg

c0139575_4154427.jpg



我々の支配者たちは、ルシファーへの供物として戦争を設計する。彼らは、虐殺や傷害を爽快であると感じる。犠牲にされるのが誰か他人である限り。


これはどこでユダヤ人たちを離れるか?

数千年の間、ユダヤ人たちは自分たちの生き残りを「律法(トーラー)」への献身に負っていた。前世紀、彼らはこの持ち運びのできる精神的故郷を放棄して、彼らの信仰を有形のものであるイスラエルに置いた

残念なことに、彼らは騙されてきた。 イスラエル人たちは、世界植民地における無意識の奴隷監視人になっている。 メディア、教育、政府そして金融で著名なアメリカのユダヤ人たちはまた、無意識の道具である。 彼らは、実際の犯罪者たち、世界の主要中央銀行の株主たちのために咎めを受けることになるだろう。

人類は、その指導者たちによって裏切られてきた。

ユダヤ人指導者について、イスラエルのジャーナリスト、バリー・チャーミッシュ[Barry Chamish]は述べている: 「最富裕者たちは、自分たち自身を最高ポストに任命する。かくして、最も貪欲で最も破廉恥な(あくどい)ものたちが、事を取り仕切る(芝居を上演する)。 [彼らは] ・・・自分たちの魂と自国民たちのそれを売るだろう。権力と称賛のために。」 See Barry Chamish ”Just as Scared, Just as Doomed." (バリー・チャーミッシュ・リンク。 また、こちらにもあります)

常にシオニズムを理解してきたラビ・ショーンフェルド[Rabbi Shonfeld]のような少数であるが数十万人の正統派ユダヤ人たちがいる。彼らは常にイスラエル国家を拒否し、律法に忠実であってきた。

彼らは本物のユダヤ人の復活のための中核を成すことができるだろう。 彼らのウェブサイトは www.jewsagainstzionism.comwww.jewsnotzionists.org、そしてwww.netureikarta.org である。

結論としては、ある悪魔的カルトが世界を支配している。 (訳注:戦争、ワクチンや食べ物、放射能、嘘の氾濫等をみれば、確かにそうだと思う)

これらの人々は、神を憎み、人間を憎み、そしてそれを破壊することを欲している。 彼らは、目的が手段を正当化すると信じており、そして冷酷残忍である。

彼らはユダヤ人たち、そして他の誰でもを大砲の餌として使っている。私たちは「マトリックスの子供たち」で、騙され、注意散漫にされ、発育不全にされ、そして犠牲にされる。

c0139575_4165581.jpg


神によって与えられたビジョンがなければ、我々は屠殺に導かれる羊である。

c0139575_4181692.jpg



元記事は

Zionism: Compulsory Suicide for Jews by Henry Makow Ph.D. December 9, 2002
http://www.savethemales.ca/091202.html



++
ロンドンの首席ラビは、第二次世界大戦の前、(よくあることだが)表向き飛び降り自殺と処理される高所からの落下死の少し前に、「シオニスト国家イスラエルを考え出したのはユダヤ人に対する罠である」と公言した。・・・R・D・ウィリング 『マネー/金融システムの闇の超起源』 p174

c0139575_4193235.jpg

[PR]

by oninomae | 2010-03-17 22:03 | イルミナティとシオニズム  

<< 誰が本当のテロリストか? by... インド洋英領へ爆弾輸送 最終... >>