人気ブログランキング |

「温暖化」対策は原子力


地球温暖化対策:原発さらに20基必要 30年以降出力維持なら--エネ庁試算
http://mainichi.jp/select/science/news/20100306dde035040022000c.html

c0139575_1532193.jpg


原子力発電所の現在の新設計画(14基)がすべて実現しても、2030年以降の20年間にさらに20基の新設が必要という試算を資源エネルギー庁がまとめた。既存原発の寿命による廃炉の目減り分を埋め合わせるためで、現在よりハイペースな「年平均1基の新設」を実現しなければならない困難な状況が浮かび上がった。【山田大輔】

c0139575_1532308.jpg

c0139575_17383393.jpg

5日に開かれた総合資源エネルギー調査会原子力部会で報告された。

c0139575_17255085.jpg

c0139575_1633899.jpg

同庁によると、現在国内で稼働中の原発は54基、総出力は約4900万キロワット。国は温室効果ガス削減対策の一つとして原発を位置付けており、20年までに温室効果ガス25%減(1990年比)という方針の実現には8基の新設が必須となる。30年までにはさらに6基の新設を計画している。

c0139575_15332725.jpg


これらが完成した場合の総出力は約6800万キロワット。この出力を維持するには、既存原発の寿命を現在の40年から60年に延長しても30~50年の20年間に150万キロワットの大型原発20基が必要だと分かった

c0139575_15335014.jpg


既存原発には増設の余地は乏しく、新たな立地選定が課題となる。一方、寿命を40年のままとすると30年時点で3000万キロワット、寿命50年でも1500万キロワット分が不足する計算になるという

c0139575_15325765.jpg

c0139575_17504045.jpg

c0139575_1756357.gif

試算は、人口減少や家庭の電化、電気自動車の普及など今後の電力需要の見通しや、再生可能エネルギーの拡大などは考慮していない。

c0139575_17153624.jpg

c0139575_17173610.jpg

c0139575_1727376.jpg

一方、中部電力浜岡原発1、2号機(計138万キロワット)のように寿命前にコスト判断で廃炉が決まるケースもあり得るなど、流動的な面もある。

c0139575_1535621.jpg

c0139575_1537891.jpg

c0139575_15313961.jpg

c0139575_15593571.jpg


++
最初からわかっているシナリオですが一応メモ


c0139575_15435950.jpg

c0139575_15465055.jpg


c0139575_15415547.jpg

c0139575_15312627.jpg

c0139575_15345061.jpg

c0139575_1553429.jpg


c0139575_15403361.jpg

c0139575_15405622.jpg

c0139575_15411517.jpg

9.11観賞会? by 菊川征司 + ゴイムの末路
http://satehate.exblog.jp/9822815/

c0139575_1555050.jpg





c0139575_17331390.jpg

c0139575_168033.jpg

劣化ウラン弾 被曝深刻
http://www.chugoku-np.co.jp/abom/uran/



c0139575_1842558.jpg

by oninomae | 2010-03-07 15:47 | 放射能・ラジオハザード  

<< 「テロとの戦い」のシオニスト・... 残忍なモサドと9月11日事件 ... >>