人気ブログランキング |

好都合な爆弾策謀 by Finian Cunningham


これはもうお馴染みの話ですが、一応拡散協力します。

好都合な爆弾策謀 by Finian Cunningham "Gulf Daily News" 2010年1月06日 2010年1月10日 (日)
http://eigokiji.justblog.jp/blog/2010/01/post-088c.html

c0139575_1359044.jpg


ナイジェリア人の若者が、デトロイトへの着陸準備中の飛行機で、すんでのところで爆弾に点火する事態を許してしまった治安対策の失敗に関する、ワシントンでの責任のなすり合いは、一体どのようにして、またなぜこの出来事が起きたのかを巡る疑惑をひき起こしている。

オバマ大統領と副官達は、治安対策における"壊滅的"失敗だとして、ペンタゴンとCIAを激しく非難している。しかも、これが実に多くを語っているのだが、 その後、腹を立てたCIA担当者が、爆破犯とされる人物に関する情報を、早くも11月の時点で、ホワイト・ハウスと密接に協力している国土安全保障省に伝えていたことを明らかにした。

ワシントンでの大騒ぎは、アメリカ支配層内部の勢力が、到底信じがたい爆弾策謀に、信ぴょう性のうわべをもたらすためのスケープゴートを探していたことを示唆している。この策謀は、イエメン[Republic of Yemen]のアルカイダとつながった、過激派ナイジェリア人が、クリスマスの日に、およそ300人の乗客を殺害する狙いで、アメリカのグローバルな治安・監視をくぐり抜けることに成功した、と我々に信じさせようとするものだ。

今や、イラク、アフガニスタンやパキスタンへの、(引用注:大衆には)無駄で破壊的なワシントンによる介入や、ワシントン政府によるプライバシーや公民権侵害に一層批判的になっている、大多数のアメリカ国民の意志に反し、"対テロ戦争"を強化せよという声が上がっている。 

特にイエメンへの軍事介入によって、アメリカ政府による新戦線拡大を可能にすべく、アメリカ国民の恐怖と怒りを徐々に強めることが意図されている。

アメリカ政府、あるいは政府内部の闇の勢力は、地政学的戦略を推進するために、自国民の命を犠牲にする、そのように悪質な作戦を実行することがあり得るだろうか?

歴史的な証拠はそれを認めている。 「治安上の失敗」とされるものが"正しい戦争"の口実として、アメリカ(あるいは他の政府)によって利用されるのは試験済みの常とう手段だ。

アメリカによる、戦争開始の典型的口実の中には 1898年、キューバ沖での戦艦メイン号[USS Maine, ACR-1]の"不可解な"沈没もあるが、これはアメリカ国民を激高させ、米西戦争をひき起こした。

c0139575_13431559.jpg

戦勝により、アメリカは帝国という地位に出世し、スペインに代わり、南米における覇権を得た。

1941年の日本による真珠湾攻撃もこのパターンだ。2,000人以上のアメリカ兵士の死が、またもやアメリカ世論を激高させ、アメリカの第二次世界大戦参戦を促した。

c0139575_13454116.jpg

ところが、日本による"秘密"攻撃が差し迫っていることを、ワシントンは十分承知していたのに、それまで参戦に冷淡だったアメリカ国民の間に参戦気分を盛り上げるべく、起こるにまかせたことを、機密扱いを解除された文書が示している。

c0139575_13494215.jpg

c0139575_13475152.jpg

アメリカは、この戦争の後、西欧の経済・軍事大国として登場する。


1964年のトンキン湾事件[Gulf of Tonkin Incident]も、もう一つの典型的な戦争の口実だ。

c0139575_13583495.jpg

北ベトナム海軍との戦闘とされるものが、現在はワシントンの機密扱いを解除された文書によって、実際には起こらなかったことが明らかにされているのだが、リンドン・ジョンソン大統領が、ベトナム戦争[Vietnam War]をエスカレートすることを可能にした。

c0139575_14141985.jpg


このごまかしのリストには、9/11テロ攻撃も追加可能「かも知れない」(「」は引用者)。この場合には、アルカイダ容疑者だと分かっていた人物達が、アメリカへの入国を許され、パイロットとして訓練を受け、ジャンボ・ジェット機を、ニューヨークのツイン・タワーとペンタゴンに突入させる計画を実行した。どうして、このように大胆な策謀が起こり得たのかに関するアメリカの公式調査は、広く "ごまかし"として批判されており、無数の疑問が、当局や治安機関からの回答がないままになっている。

c0139575_1435614.jpg

c0139575_1445428.jpg

だが、結果として生じた、アメリカにとっての戦略的利点については議論の余地はない。世界の中でも、将来のエネルギー供給にとってきわめて重要な地域で、アメリカや、世界の世論では、決して受け入れられなかったであろう、国際法のもとでは決して認められないはずであったであろう介入を、戦争をしかけることだ。

つまり、終わりも、信頼に足る目的も、見えぬまま、アメリカ人の若者や無辜の村人たちを殺害し続けている、何兆ドルも費用がかかる戦争に、アメリカ国民がいよいよ、うんざりしているのに、地域戦争をイエメンにまで拡げたいとワシントンが望んでいるまさにその時、実に好都合に、イエメンとつながりがある"クリスマス爆弾策謀"が起きたのだ。これはアメリカの戦争目的に対する贈り物だ。

c0139575_14143516.jpg

c0139575_14145027.jpg


記事原文

A convenient bomb plot By FINIAN CUNNINGHAM , Posted on » Wednesday, January 06, 2010
http://www.gulf-daily-news.com/NewsDetails.aspx?storyid=267937


「洗練された着こなしの男」がテロリストをパスポート無しで搭乗させた ROCKWAY EXPRESS  12月28日
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/329/

http://www.newworldorderreport.com/Articles/tabid/266/ID/744/Confirmed-Sharp-dressemd-man-aided-Northwest-flight-Christmas-Bomber-Umar-Mutallab-onto-plane-without-passport-Who-was-involved-why-dont-we-know-about-this-other-suspect.aspx
【12月27日 New World Order Report】

他の誰がかかわったのか、またこのもう一人の容疑者についてなぜ知らされないのか?
 
ノースウェスト航空253便に搭乗したミシガン州の男は、ムタラブ容疑者はパスポート無しで航空機に搭乗しようとしていた、と話している。

ミシガン州ニューポート市のカート・ハスケル氏は、 搭乗券の写真を示して同機に妻と共に搭乗していたとMLive.com に独占的に証言した。 ハスケル氏は、彼と彼の妻とはアムステルダムの搭乗口近くに座っていたという。その時、ムタラブが正体不明の男と共に現れたという。 カートと妻のロリはテイラーにあるハスケル法律事務所の弁護士である。彼らの専門分野は破産、家族法、遺産計画だ。

ムタラブが質素な服装だったのに反し、彼と一緒にいた男は高価なスーツに身を包んでいた、とハスケル氏は述べた。この男はムタラブがパスポート無しで搭乗できないかと尋ねていたという。「この男は、『スーダンの友人でパスポート無しでの搭乗はいつもやってきていた』と言ったのだ」と語った。

ムタラブはナイジェリア人だ。ハスケル氏はこの男はスーダンの難民であるとすることで、パスポート無しで搭乗できるようにしようとしていた、と考えている。 チケット取り扱い担当員はムタラブと彼の同伴者を彼女のマネージャーに合わせるためホールを案内していったという。それっきりムタラブを見ることは無かったと、言う。・・・以下略

航空機が着陸してからハスケル氏は、もう一人の男がその身柄を確保されているのを見た、という。しかしデトロイトのFBIのスポークスマンは、ムタラブのみが身柄拘束されたと説明している。


ボデースキャナ狂騒 狭依彦 2010年01月07日
http://icke.seesaa.net/article/137686292.html

元EU司法コミッショナー:爆弾犯を見つけるために旅行者の体内をスキャンする必要がある。

c0139575_1422812.jpg


空港に全身セキュリティスキャナの導入が大声で提唱されているが、元EU司法コミッショナーが乗客が爆弾を隠していないことを確認するため体内をスキャンする必要があると提案したことで、大騒ぎも頂点を迎えた。

元EU司法コミッショナーはFranco Frattini[1957-]でヨーロッパのRadio 24でのインタービューに答えたもの。

c0139575_14484868.jpg


爆弾犯が爆発物を飲み込んで体内に入れ人間爆弾になったばあい、金属探知機では探知されないので、全身スキャナーで体内まで調べる必要があるということだ。

元記事

Former EU Justice Commissioner: We need to Scan Inside Travelers’ Bodies For Bombs  Steve Watson Prisonplanet.com Tuesday, Jan 5, 2010
http://www.prisonplanet.com/former-eu-justice-commissioner-we-need-to-scan-inside-travelers-bodies-for-bombs.html

++
癌が増えそう。

参考

Freemasons: The silent destroyers - deist religious cult based on the Knights Templar
http://www.bilderberg.org/masons.htm

From Richard Owen in Rome

ROCCO BUTTIGLIONE, the Catholic politician and papal adviser whose views on homosexuality and marriage cost him his job as an EU Commissioner last month, yesterday caused further controversy by claiming that his successor was a Freemason.

Signor Buttiglione congratulated Franco Frattini, the Foreign Minister, on his nomination as EU Justice Commissioner, the job for which Signor Buttiglione had been nominated by Silvio Berlusconi, the Prime Minister.

But he went on: “I hope his hearings go well and that nobody asks him if he is a Freemason. If they do they will only be repeating the same injustice that was done to me.”

DETROIT AIR ATTACK – ZIONIST LIES & FUTURE PLANS  By Brother Nathanael Kapner
http://www.realzionistnews.com/?p=474

c0139575_19474520.jpg


これも参照

独立史家デビッド・リビングストンがカバリストの陰謀を明かす By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/10528931/

大衆に国家を頼らせるために、無辜の民間人、女性、子供を攻撃せよ 「西欧諜報機関の秘密作戦」
http://satehate.exblog.jp/7779783



追記

全身スキャナーの機能 2010年01月12日
http://icke.seesaa.net/article/138120327.html

TSA[:アメリカ国土安全保障省の運輸保安省Transportation Security Administration]のウソがばれた:全身スキャナーは画像を保存し伝送している。秘密文書が暴露。

TSAは米国民に全身スキャナーについてウソを言っている。TSAはこれらの「デジタル・ストリップ・サーチ」マシンは写した画像を保存や伝送する機能はないと言っていた。そうだから、国民がデジタル的にストリップ・サーチされても問題ないと説明されていた。

しかし、電子的プライバシー情報センターの秘密文書によって明らかになったところでは、これらの機械は正確にはそのような機能を持っているという。TSAの非公開文書では、TSAが購入した全身スキャナーには、飛行機の乗客をスキャンしたデータを保存し伝送する機能両方が不可欠であるとしている。


元記事

TSA lies exposed: Full-body scanner machines do save and transmit images, secret documents reveal Monday, January 11, 2010 by Mike Adams
http://www.naturalnews.com/027914_TSA_full-body_scanners.html


空港の全身ストリップ・ショーでDNAが損傷するかも By Mike Adams 2010年1月11日
http://tamekiyo.com/documents/healthranger/scanner.html

空港で全身撮影に使用されるミリ波スキャナーが、生態的にどのような影響を及ぼすかについて調査したところ、我々(NaturalNews)は、機器から放射されるエネルギーが人間のDNAを損傷する可能性があるという結論に達した。

ミリ波装置は、現在世界中の空港で実施されている「デジタル・ストリップショー検査」に使用されている主な技術の二つの内の一つに相当する。

米国運輸保安局(TSA)は、飛行機の乗客の裸体映像を撮影するために二つの技術を利用している。後方撹乱X線技術(backscatter x-ray technology)と、ミリ波技術である。

と、電子プライバシー情報センター(Electronic Privacy Information Center)は伝えている。

by oninomae | 2010-01-11 14:32 | 政治詐欺・政治紛争  

<< ついに欧州議会が、WHO、ワク... 強制中絶、癌ウイルスの拡散、大... >>