人気ブログランキング |

在日韓国人の地方参政権 政府提案でと小沢氏


在日韓国人の地方参政権 政府提案でと小沢氏 【政治ニュース】 V 2009/12/14(月) 19:34
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2009&d=1214&f=politics_1214_009.shtml

小沢一郎民主党幹事長は在日韓国人への地方参政権付与の扱いについて、14日、「(法案は)政府が提案するのが望ましい」と政府の判断で閣議決定し、政府提出の法案として国会にかけることが望ましいとの考えを示した。

この日の記者会見で、法案について、記者団から「党議拘束はかけないのか」と質問された小沢幹事長は「わたしどもの政府の提案ということですから、普通は賛成するでしょう。政府はわが党の政府なのですから」と「政府提案が望ましい」とすることの意味を覗かせた。

また、在日米軍の普天間飛行場移設問題については「論ずる立場ではない」とした。(編集担当:福角忠夫)


c0139575_21563747.jpg


小沢幹事長、在日外国人の参政権に言及 韓国の大学で特別講義 2009.12.12 13:49
http://sankei.jp.msn.com/politics/situation/091212/stt0912121349004-n1.htm

c0139575_2152025.jpg

12日午前、ソウル市内の大学で講演する民主党の小沢幹事長(共同) 

【ソウル=水沼啓子】韓国を訪問している民主党の小沢一郎幹事長は12日午前、ソウル市内の国民大学で特別講義を行い、永住外国人への地方参政権付与法案について「日本政府の姿勢を示す意味でも、政府提案として参政権を認める法律を出すべきだと思っている。鳩山内閣は同じように考えていると思う。来年の通常会でそれが現実になるのではないか。日本側が積極的に取り組まなければならない問題だ」と語った。

c0139575_220780.gif


小沢と小泉の比較:両者の対立を装うがその正体は小泉と変わらぬ小沢の正体ーユダヤ・ペット第1号で創価学会の犬 投稿者 真相ハンター 日時 2006 年 4 月 10 日 18:49:12
http://www.asyura2.com/0601/senkyo20/msg/1053.html

しかし、小沢は、1990年のイラクのクウェート侵攻に際して、米国に90億ドルを拠出したり、昔からユダヤの犬で米国大使館のCIA参事官のジェームズ・フォスターが小沢担当であったことから分かるように、ご主人様の命令を伝達・実行しただけの、犬であった。・・・・小沢は、心臓病を患っており、その治療にはロンドンとワシントンのベセスダ海軍病院で定期的な診療を受けている。後者は、ケネディの遺体を処理したことで有名な、ユダヤ管理下の病院であり、言うことを聞かない小沢の心臓のペースメーカーはここで細工されれば、すぐに昇天する仕組みになっている。途中で、逃げ出せなくなるCIAのスタッフが、手術されて心臓に埋め込まれる機器と同じであろう。こうして、マインド・コントロールされたロボット人間、人間牧場の家畜達が生まれて来る訳である。


私は小沢一郎を山本五十六にたとえました by なわふみひと
http://satehate.exblog.jp/9838953

これから小沢政権下で、無辜の国民の死屍累々という形を見通すことができます。それでも、かつての戦争のとき、一般の国民の多くは新聞が伝える真珠湾攻撃の戦果を報ずるニュースに欣喜雀躍したといわれています。

今回もその時と同じように、小沢一郎の率いる民主党の圧勝劇に、多くの人が喝采を浴びせることでしょう。テレビや大新聞からしか情報を得ていない人は、自らの足下が崩れ去っていく危機には気がつかず、打ち上げられた花火を見上げて小躍りすることになるのです。

c0139575_2283026.jpg

c0139575_215592.jpg


c0139575_2284491.jpg

c0139575_229395.jpg



ネット弾圧 小野寺光一 2009/12/13
http://archive.mag2.com/0000154606/20091213005737000.html

非常に偏った著作権の法制化であり、一方的に拡大解釈しうるため、実際にはネットの言論弾圧に使用されるものであると思う。内容がひどく歪曲化されており、これでは、まったく知らずにサイトを見てしまった人たちを罰しかねず、まるで治安維持法案のようである。

法の趣旨を取り違えた言論弾圧として使用されると思われます。

ネット弾圧法案 小野寺光一 2009/12/14 
http://archive.mag2.com/0000154606/index.html

c0139575_22175758.jpg


まさに、精神的・肉体的死屍累々が近づいている。「国民の家畜化が第一」






特別参照

女性兵士の警鐘 (ワクチン)
http://www.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&v=xGU_c4Wmhyw


世界憲法と世界連邦にひそむグローバリストの野望 by ジム・キース
http://satehate.exblog.jp/11856012/

世界憲法は、世界連邦がいつでも、どこでも、どんなものをも、どのようにしてでも管理することを提起している、といえば十分であろう。 そこには、輸送、移民、交易、産業、労働力の供給、通信、銀行業務、人口増加、保険、天然資源、教育、通貨など、現在彼らが思い巡らしていることすべてが含まれる。


「新世界秩序」の定義 by ジム・キース
http://satehate.exblog.jp/11821955/

"世界の通貨と産業を統制するための超国家的権力。

石油の生産と消費を管理する国際機構。

ドルに代わる国際通貨。

自由主義諸国、共産主義諸国が等しく利用できる基金作りをする世界開発基金。

新世界秩序の命令を行使する国際警察力"



ロックフェラー財団/破傷風ワクチン/不妊化/国連・WHO・UNICEF/P&G etc.
http://satehate.exblog.jp/13089163

鳩山由紀夫 憲法試案
http://www.hatoyama.gr.jp/tentative_plan/index.html

http://www.hatoyama.gr.jp/tentative_plan/shian1.doc

「主権の委譲」の条項は、前文の国家目標が達成され、アジア経済共同体が実現した暁には、通貨の発行権その他の国家主権の一部を国際機構に委譲しようというものだ。第二項は、国連(あるいはアジア太平洋地域の集団安全保障機構)が、集団的安全保障活動の一環として、国際警察軍的な行動を行う場合、日本の軍事組織の指揮権を国際機構に積極的に委ねようという意思表示だ。いずれもEU諸国ではすでに根付いている。

悪魔主義銀行家の陰謀 by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/11701619

彼らは「世界政府」を必要としている。いかなる国もそれ自身のマネーを創造することなく、あるいはその銀行家たちが無から生み出した債務の不履行をすることなきを確実にするためである。

民主党が約束する国民総背番号制の導入
http://satehate.exblog.jp/12013723/

「その銀行家たちが無から生み出した債務の履行」を徹底させるために。

世界政府への道 by ゲイリー・アレン 4 日本人の総背番号化と思想管理
http://satehate.exblog.jp/11032489

共産中国の基盤強化に日本を駆り立て、将来の大合併に到る道を日本が絶対に踏みはずさないよう監視しているのである。

目下、金融と情報を彼らの支配下に置くため急ピッチで作業を進めており、クレジット・力ードや電話力ードの国際化を進める中で日本人の総背番号化と思想管理を実現しようとしている。

c0139575_1524444.jpg


c0139575_440471.jpg


c0139575_4592236.jpg


酒鬼薔薇聖斗 健在
http://www2.odn.ne.jp/~cac05270/cyousen.htm
c0139575_4594541.jpg


c0139575_543723.jpg



魔術とイルミナティ
http://satehate.exblog.jp/7393770/

世界に罪と云ふものが殆ど無くなれば、我々は罪を作り出さなくてはならない。もし我々が、春の花を觀賞する事が邪惡であると人に教へ込ませ、彼が我々の云ふ事を信じ、それを實行するなら―――我々は彼を喜ばせる事は何でも出來るだらう彼は自分を守りはしないだらう。さうする價値があるとも思はないだらう。だから我々に立ち向かつて來る事もあるまい。 だが、自己の限界まで生きやうとする者からは、我々は身を守らねばならない。心の清い持ち主からも身を守らねばならない。そいつは我々を滅ぼす者だからだ。



c0139575_5183334.jpg



これも参照

民主党のもとで進む日本解体
http://tak0719.hp.infoseek.co.jp/qanda3/nihonkaitai.htm

by oninomae | 2009-12-14 22:05 | 政治詐欺・政治紛争  

<< WHOのミスター・インフルエン... 人類の生化学的な操作 by D... >>