M・サンガーはクラレンス・J・ギャンブル博士を、南部の米国産児制限連合地域ディレクターに選んだ

強制不妊化に今使われている不妊化ワクチンに結びついているもう一つ別の組織はユニセフである。
http://satehate.exblog.jp/12987663/ より続く

c0139575_2143757.jpg


クラレンス・ギャンブル[Clarence Gamble]は、この会社の創設者の一人の子孫であった。

女性運動の著者アンジェラ・フランクス[Angela Franks]は、この男について下記のように述べている

彼は書いた: 「今までのところ、2,000以下[原文のまま]の正気でないか精神的に欠陥のあるノースカロライナ人たちが、既存の法律の下で不妊化されてきた--それはその州が推定した精神的不適応者の41人ごとに1人より少ないものたちを表す数字である。これは、全ての不妊化されてきた一人の男性あるいは女性ごとに、州の血流へ将来の世代を汚染し劣化させるために欠陥遺伝子を注ぎ続けることができる他の40人がいるということを意味する。」 (Clarence J. Gamble, "Better Human Beings Tomorrow, " Better Health, October 1947, 14, 15)

Eugenics-Watch.orgは、以下のごとく述べている

クラレンス・J・ギャンブルは、プロクター&ギャンブルの製品(石鹸を含む)によって築かれたその財産の一部を、世界の多くの地域における貧しい人々の避妊プロジェクトへの融資するために使った

彼は、プエルトリコでの避妊を合法化する1937年の立法を敢行することを助けた;その法律は、避妊素材が訓練された優生学者たちによって配布されるべきことを規定した。 彼はアパラチアと日本の田舎での産児制限配布を支持した。

c0139575_20113730.jpg


マーガレット・サンガーの産児制限連合の一人の指導者であった彼は、産児制限を促進するため黒人の聖職者や医師を使って、彼らが一つの「黒人計画[Negro Project]」を設定することを提案した。

c0139575_20423763.jpg


彼は、パスファインダー基金[Pathfinder Fund]を、世界の人口抑制を促進するために設立した。

c0139575_18355587.jpg


そして、BlackGenocide.org、いわゆる「黒人計画」についてのウェブサイトは言及している

1939年以前には、サンガーの「黒人社会への福祉は、おおむね彼女のハーレムクリニックと黒人の教会での説教に限られていた。」

「アフリカ系アメリカ人たちの再生産手法」に対する彼女のヴィジョンは、臨床研究相談所(臨床研究局)[Clinical Research Bureau]と米国産児制限連盟[ABCL]の1939年1月の米国産児制限連合[BCFA:Birth Control Federation of America]への合併後拡大した。

彼女は石鹸製造会社プロクター&ギャンブルのクラレンス・J・ギャンブル博士を、南部のBCFA地域ディレクターに選んだ。

ギャンブルは、1939年11月に「黒人計画への提案」と題された一つの覚書を記した。その中で彼は、「黒人指導者たちは、産児制限を一つの絶滅計画としてみなすかもしれない」と認識していた。 彼は黒人指導者たちを彼らが担当責任者であるとみえるだろうような地位につけることを提案した。


ケビン・ベゴスは書いている

ギャンブルは、優生学的不妊化は良いアイデアだと確信していたが、第二次世界大戦後、彼が望んでいた積極的(攻撃的)な種類の計画を進んで考慮する州(国)はほとんどなかった。

ギャンブルは、人間改良連盟に対して、時間、公的資金、そして鋭い広報活動の感覚で貢献した

彼はまた、1年間の間、オレンジ郡での不妊化のほとんどに対して支払いをした。そして彼は、研究者モヤ・ウッドサイド[Moya Woodside]によって書かれた『ノースカロライナ州での不妊化[Sterilization in North Carolina]』という本に結実した研究の費用を支払った。

c0139575_1958845.jpg


(...)

彼は自身を産児制限(避妊)の進歩的な信奉者と考えていたが、ギャンブルは特に嫌な端面を有していたと、シェーンは述べた。

彼は、「まぬけ」の不妊化を絶賛する「詩」を書いた。その1つの中で、若い女性と男性が不妊化に導かれる、そしてギャンブルは、「ノースカロライナのまぬけたちはその後ずっと幸せに暮らした」と結論をくだす。

(...)

ノースカロライナ州の一部の人々がギャンブルにゾッとさせられた兆候がある。

彼は、ノースカロライナの精神衛生学会が不妊化キャンペーンを促進するため彼の詩を使用することを提案した;その指導者たちが、しっかりと辞退したとき、ギャンブルは困惑した。

「あなたがたの、2つのまぬけ家族の物語に対する芳しくない批評は私には興味深かった。」と、ギャンブルは1947年1月の手紙の中で書いた。

「もそあなたがたがこの背後にある理由を聞かせてくれるなら参考になるでしょう。」

しかし、少なくとも当初は、ウィンストン-セーレムのエリートは、ギャンブルをその集会に受け入れ、そして上品なマナーはどんな粗野な極端さも滑らかにするのを助けただろう。

ギャンブル博士は非公式に語った。A・M・ジョーダン[AM Jordan]博士の指揮の下で働いていた精神科医たちによって、ジェームズ・G・ヘインズ[James G. Hanes]による資金提供により作られたウィンストン-セーレム学校の生徒たちの調査を振り返りながら。

ジョーダン博士の発見は人の注意を引き、非常に興味深いものである。

ギャンブル博士によって、付随的なコメントありの富を進呈され、それらは熱心な関心と引き続く活発な議論によって受け入れられた。 休会の時には、ミス・ウルコップが出席者たちにお茶をふるまった。

-人間改善連盟議事録、1948年


元記事は

Is Procter and Gamble funding a mass sterilization campaign? Friday, March 6, 2009
http://davidrothscum.blogspot.com/2009/03/is-procter-and-gamble-funding-mass.html






c0139575_21433994.jpg










c0139575_20231436.jpg

c0139575_20244215.jpg


c0139575_20202136.jpg



ウクライナの状況 2009年11月18日
http://icke.seesaa.net/article/133289850.html

★たぶん、確実な情報

(1)★10/29日、10/31日に、西ウクライナの人々数百人が軽飛行機が何かを空中散布しているのを目撃した。

(2)★10/29日の夜から、非常に多くの人が体調を悪くし始めた。


(3)★ウクライナ政府は、病気の急な発生に対して空中散布を行ったことを否定、もしくは、ウクライナの上空で空中散布をすることも認めてはいないことを発表した。

(4)★10/30日、ウクライナ当局は学校を3週間休校として、公共の集会を禁止した。

(5)医師たちは、病気は肺ペスト、もしくは、出血熱の一種、出血性インフルエンザ、出血性肺炎だと推測している。その病気が何であれ、豚インフルのようには見えない。

(6)★WHOが数日間をかけて遺伝子のシーケンスを調べたが、データは公開していない。

(7)★WHOはウクライナの隔離を求めていないし、病気がはやっている地域からの出入りを制限してもいない。これは、メキシコで最初に豚インフルがはやったときと同じで、この態度がウイルスを初期に閉じ込めることを阻害し、結果として世界中に広がることとなった。

(8)★症状は、肺の内部の温度がしばしば53度くらいになる。検視によると、肺には血がいっぱいで、黒色となっていて、肺細胞は破壊されている。初期症状を呈した患者は、48時間以内に発病する。時には、その日に発病することもある。

(9)★病気は一日20万人のペースで増えていたが、現時点では10万人となっている。300万人ひどい症状で、6万人以上が入院していて、重態もしくは非常に悪い状態だ。病気は高い伝染性があり、少量で発病する。公式的な死亡の報告は300人であるが、(?)3000人と報道しているメディアもある。

(10)(?)1918年のスペイン風邪と良く似た「cytokine storming」が起こっていると疑っている。

(11)病気はポーランドに広がり、ベラルーシ、ハンガリーなど中央ヨーロッパにも広がっている。

(12)(?)南アフリカのウエブサイトが11月8日に出した記事では、疑わしい航空機が2機、1機はムンバイに強制着陸されられ、もう一機はナイジェリアの戦闘機に強制着陸させられ乗組員が逮捕されたというニュースがあった。 中国人民軍が、インドとナイジェリア情報部にコンタクトをとり、ウクライナで活動していた航空機の存在を尋ねた。中国の高官の中にはH1N1による大量虐殺の計画を信じている人もある。これらの航空機にはケムトレイルをばら撒くための装備が付けられていたという。

元記事

A Tale of Two Stories: The European BioWar outbreak and the censoring of it by the mainstream news media   Dr. Rebecca Carley Infowars November 16, 2009
http://www.infowars.com/a-tale-of-two-stories-the-european-biowar-outbreak-and-the-censoring-of-it-by-the-mainstream-news-media/



Plague or Plan? Ukraine's mystery disease 'burns out lungs'
http://www.youtube.com/watch?v=OXcPr3QzChs&feature=player_embedded
[PR]

by oninomae | 2009-11-19 20:29 | バイオハザード・医療  

<< 2012 全国ロードショー 臥竜山 島根女子大生殺人事件 >>