人気ブログランキング | 話題のタグを見る

分割して征服-ロスチャイルドのジプシー戦略  ハンガリーの前兆?  by Henry Makow Ph.D.  


分割して征服-ロスチャイルドのジプシー戦略  ハンガリーの前兆?  by Henry Makow Ph.D.  September 3, 2009

分割して征服-ロスチャイルドのジプシー戦略  ハンガリーの前兆?  by Henry Makow Ph.D.  _c0139575_1834645.jpg


フリーメーソンと他の帝国主義のエージェントたちは別として、ロスチャイルド一族は彼らの仲間のユダヤ人たちを、彼らの世界政府の暴政を実現するために用いている。

そしてハンガリー[Hungary]でそうなったように、反ユダヤ主義が結果した時には、彼らの戦略は、「反ユダヤ主義者たち」と戦う敵を製造することである。換言すれば、分割と征服。

ハンガリーでは、ロスチャイルドのエージェントたちが、総勢一〇〇万から二〇〇万人のジプシーの少数派を、ハンガリー人に対して焚き付けている。 (訳注:これも日本での出来事を思い出させます)

分割して征服-ロスチャイルドのジプシー戦略  ハンガリーの前兆?  by Henry Makow Ph.D.  _c0139575_20155362.jpg


これこそが、愛国的なアメリカ人、カナダ人、そしてヨーロッパ人たちが気付いておくべき戦略である。 (訳注:「ヨーロッパ人」というのもなんだか変なんですけどね) 将来的には、不法移民たちがジプシーの役割を果たすかもしれない。

ハンガリーと世界中のロスチャイルドにコントロールされたメディアは、ジプシーたち(あるいは「ロマ」)に対する「暴力の波」を見出しにしている。

分割して征服-ロスチャイルドのジプシー戦略  ハンガリーの前兆?  by Henry Makow Ph.D.  _c0139575_2191088.jpg

過去一年間に、九回の攻撃で六名が殺害されている。これらについて、強く関与を否定している民族主義者「ジョビック[Jobbik]党が非難されてきた。

彼らは、ある外国ベースの秘密警察組織が、ハンガリー人たちに対してジプシーたちを差し向けようとして、暴力を使用していると主張している。 (訳注:つまり、偽装右翼のたぐい)

ハンガリー人たちは、ハンガリー人に対するジプシーの暴力を指摘する。

一人の教師は、彼の二人の子供たちの前で、あるジプシーのグループに死ぬまで殴られた。彼は彼の車から引きずり出され、頭を二二回蹴られた;ある八〇歳の女性は暴行され、切断され、そして彼女の体は下水管に投げ込まれた;ある一四歳の少女は暴行を受け殺害された;彼女の友人は強盗にあった;ある教師はクラスで殴られた。 (訳注:そして、「人種差別」はいけない、人権を擁護しないといけないという。犯罪を犯罪と言ってるだけですがね)

そのハンガリー人たちは言う。そのジプシーたちは、ロスチャイルドに所有された欧州連合によって間接的に支援された強力な犯罪ギャング団(暴力団)を組織してきたと。警察と裁判所は、公式には存在しさえしないこれらのギャング団を訴追することは許されていない。 彼らは、売春と薬市場をコントロールしているだけでなく、常に貧しいハンガリー人たちでさえ強盗殺人の対象にしている (訳注:どこの話ですかって?)

警察は、EUからの指令を受けている政治家たちによって手を縛られている。 (訳注:暴政です)

民族主義者たちは、ロスチャイルドたちグローバリストたちが、ジプシーたちにその地域の絶え間のない危険の中にいると確信させるために、最近ジプシーの子供たちを殺害していると信じている。 (訳注:さもありなん!)

皮肉なことに、この種類の組織的な偽装攻撃(ポグロム)が、そもそもいかにしてイルミナティ銀行家たちがユダヤ人たちを働かせたかの答えである。


隠されたアジェンダ

民族主義者たちは、グローバリストたちがもう一つの動機を持っていると信じている:北大西洋条約機構軍にジプシーを採用することである。 ヨーロッパには合計で一五〇〇万人のジプシーがいる。

彼らをその大軍隊に参加させるためには、彼らが国際的政治組織(EU、国連、北大西洋条約機構)と様々なロックフェラーそしてソロスの類の世界主義者の市民組織を彼らの友人としてみなければならない。

いかなるハンガリー人の愛国的な書き物、演説、ブログ、あるいは組織も、その世界主義者たちによって、ジプシーたちの間に恐れと憎悪を引き起こすために利用される。

ハンガリーの刑務所人口の九〇%がジプシーであるが、彼らはすぐに釈放されるので気にしはしない。 刑務所は彼らにとって男らしさの証明書である、と、ハンガリー人たちは言う。

ハンガリーは、ほぼすべてのもの(政治、経済、メディア、娯楽、数百の宗教宗派、そしてあらゆる種類の民間財団)が、ロスチャイルド世界主義者の掌中に、そして残されたものはイスラエル・シオニストの掌中にある国である。


破産

ハンガリーは破産しており、そしてまだ働いている唯一のものは課税である。 そのハンガリーの田舎の状況は、南アフリカに似ている:治安なし、仕事なし、無一文の地方自治体、まだ仕事を持っているものたちの超低賃金、スイス並の消費者物価、そして世界で最も現実離れして高い税制の一つ。他方、国家のサービス(安全、健康、教育、等)はゼロに近い。  (訳注:マネーを隠されるとこうなるアメリカも日本も近づいている。みんなでお金を創り出せば避けられるが)

一部の民族主義者たちは、内戦が今後数カ月以内に起こり得ると言う。

ハンガリーは、ほんの一千万人の人々の国であるけれども、一四の市が「NATOの兵站的基地」として選ばれてきている。 これらの基地は、ソ連の基地がしたように地政学的地位を占める代わりにその国の国内の行政上の制限に従う。 それらは、NATOがハンガリーで唯一頼れる集団である数百万人の若くて職のないハンガリーのジプシーたちを含む新しいNATOの兵士たちを訓練するのに使われるだろう。

すべての中央ヨーロッパのジプシーを持ってして、NATOは、少なくとも一〇〇万人の大砲の餌を頼りにすることができ、そして二〇一二から二〇一三年には、ロシア攻撃の準備ができるかもしれない。


結論

より身近では、我々は、この分割と征服の戦略が、フェミニズム(男性に対して女性を分割する);多様性(同性愛促進、公民権推進活動[マイノリティー優遇措置]);そして多文化主義(移住、大量移民、不法入国者)で作動しているのを見る。

もし世界政府への抵抗が成長するならば、分割を燃え上がらせ、真の敵から注意を逸らすために、これらの少数者たちに対する暴力的攻撃を招くことになる。同じことが、地球規模で当てはまる。


私は、イルミナティ銀行家たちがロシア、中国、そしてイランをコントロールしていると信じている。 彼らはタリバン、そしてテロとの戦争を組織化し融資する。

あなたは善玉と悪玉をを必要としている。何も解らない者たちの注意を逸らし、分割し、迫害し、そしてコントロールするためにである

-- -
Related-
World Hoax- Hitler Played Chess With Lenin in 1909 - Winner Played Baron Rothschild
http://www.telegraph.co.uk/culture/culturenews/6130672/Pictured-Hitler-playing-chess-with-Lenin.html

分割して征服-ロスチャイルドのジプシー戦略  ハンガリーの前兆?  by Henry Makow Ph.D.  _c0139575_183524.jpg

An extraordinary etching of a young Adolf Hilter playing chess against Vladimir Lenin has come to light. The art work is by Hilter's Jewish art teacher Emma Lowenstramm who witnessed the game Photo: BNPS

Hungarian Political Site in English
http://www.politics.hu/

元記事は

Divide and Conquer - The Rothschilds' Gypsy Strategy  Hungarian Harbinger?  by Henry Makow Ph.D.  September 3, 2009
http://www.henrymakow.com/hungary-_rothschild_strategy_o.html


分割して征服-ロスチャイルドのジプシー戦略  ハンガリーの前兆?  by Henry Makow Ph.D.  _c0139575_18532378.jpg


分割して征服-ロスチャイルドのジプシー戦略  ハンガリーの前兆?  by Henry Makow Ph.D.  _c0139575_18533760.jpg


分割して征服-ロスチャイルドのジプシー戦略  ハンガリーの前兆?  by Henry Makow Ph.D.  _c0139575_18552569.jpg


分割して征服-ロスチャイルドのジプシー戦略  ハンガリーの前兆?  by Henry Makow Ph.D.  _c0139575_1859938.gif


分割して征服-ロスチャイルドのジプシー戦略  ハンガリーの前兆?  by Henry Makow Ph.D.  _c0139575_19284668.jpg


分割して征服-ロスチャイルドのジプシー戦略  ハンガリーの前兆?  by Henry Makow Ph.D.  _c0139575_19292040.jpg


分割して征服-ロスチャイルドのジプシー戦略  ハンガリーの前兆?  by Henry Makow Ph.D.  _c0139575_19391587.jpg



銀行の世界支配を打ち破れ  ROCKWAY EXPRESS  ◆9月6日
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/218/

分割して征服-ロスチャイルドのジプシー戦略  ハンガリーの前兆?  by Henry Makow Ph.D.  _c0139575_222820100.jpg


ソーシャル・クレジットの構想を示したクリフォード・ヒュー・ダグラス[Clifford Hugh Douglas]

中央銀行が民間の所有である欧米その他の国々で、人々にはその事実がまだまだ広く理解されるところとなっていない。しかし今や、その中央銀行の搾取制度からの解放の動きが少しずつ動き出している。欧米の多くの国は民間の銀行が中央銀行の株主となっていて、政府が株式を所有していないため、中央銀行が政府からの独立的な民間所有物となっており、また通貨発行に際しては、その通貨を政府が必要とする時には、国債を発行し通貨を受け取る。その際利息が発生し、それは中央銀行の利益となり、株主である銀行の利益となる。

なんで政府が所有していないのかと言われても、それが歴史的な結果としてそうなってしまっている。イギリス銀行を設立した際、その主導勢力であったロスチャイルド財閥(引用注:ここはちょっとおかしいですね。設立時には「ロスチャイルド家」はありません。後にロスチャイルド家の支配下に移ったわけです)の意向であった。アメリカの連邦準備制度も同様で、殆ど詐欺的方法で中央銀行が民間の銀行家らの手の内に握られてしまった。
 
この通貨創造の権限を取り戻す動きが以下の記事にある、たとえばソーシャル・クレジットと言われる擬似通貨の発行である。カナダでこのソーシャル・クレジットという考え方を明らかにしたのが、クリフォード・ヒュー・ダグラスという人物だ。カナダにはこのソーシャル・クレジット党というものも存在している。
 
この件では、すでにこのブログでもEllen Brown女史の論説を紹介しているように、政府が通貨を発行すれば解決する道があるのだ。これは日本も同じことである。政府発行通貨で政府の債務問題は解消するのだが、それを実行できない圧力が外からあるようだ。しかしその圧力もやがて消えてなくなる時がやってくるだろう。


分割して征服-ロスチャイルドのジプシー戦略  ハンガリーの前兆?  by Henry Makow Ph.D.  _c0139575_20472747.jpg


●銀行の世界支配を打ち破れ 【9月4日 By Mark Anderson】

カナダ議会が70周年を迎えたこの9月4日から7日まで通貨改革に関する討議が行われている。参加国は、ポーランド、アルゼンチン、マダガスカル、コートディボワールで、民間の中央銀行が各国に及ぼす破滅的な締め付けはなんとしてでも打ち破る必要がある、ということが語られている。“Can(できる)”という言葉が主要な合言葉になっている。

広範囲に存続しているこの悪制度に対し、アメリカ、カナダそれに各国からの参加者らは、“ソーシャル・クレジット[Social Credit]”と呼ばれるものが人々をその締め付けから解放する切り札だという点で合意した。それは、何十年もの間、中央銀行から通貨を購入することを政府に強いるように破滅的な設計がされている状態を続けないで、債務とならないような社会的創造物としての通貨の誕生を意味するからだ。

分割して征服-ロスチャイルドのジプシー戦略  ハンガリーの前兆?  by Henry Makow Ph.D.  _c0139575_20391595.gif

 
現在の苦境は、経済活動の活力の源泉が、表にはあらわれない銀行業者の手の内に存在していて、彼らに通貨と信用創造のあらゆる利益が流れ入るようになっていることで、結果的に天然資源の豊富な国でさえ慢性的な貧困状態に陥るようになってしまうところにある。もしもその他の主要な政治的問題や、陰謀、スキャンダルなどが 世界支配のタコの触手だとすれば、中央銀行制度は頭であり脳髄にあたる。
 
ソーシャル・クレジットあるいはナショナル・クレジット(その他の名称が与えられている場合もある)は、通貨とクレジットの創造に関して国民の代表としての政府を主権者にするため、ボトムアップの草の根の運動が国の政策になるまで引っ張るだろう。中央銀行はもはや、国債を引き受けて通貨を国に売る(それで国民は巨額の負債を抱えることになる)“がまの油売り”であり続けることはない。
 
ソーシャル・クレジットの計画の一部分である社会的配当は国民に個人的な生活保護ではない収入をもたらし、これは仕事での収入に追加される。また労働市場は債務から解放され多くの仕事を供給できるようになる、とこの運動の推進者らは語る。
 
またコンペンセイティッド・ディスカウントと呼ばれるものは、物価の安定とビジネスでの収入の両方を保証するものだ。

とりわけ、重要な点の詳細な説明をするために、この記者はこの議会の重要な参加者の前スイス銀行員のフランソワ・ドゥ・シーベンタール氏に焦点をあてるだろう。この人物は正体のはっきりしないビルダーバーググループに参加するよう要請されたのを蹴って、中央銀行での昇進を目指さないで、本当の改革運動を支援する方を選んだ。 「我々は自分やその他の人々を解放することができる」とゲスト・スピーカーであるロドリゴ・ベラスケス氏は金曜日の準備会でのスピーチで語った。ベラスケス氏はコロンビアに住んでいるが、多くの国で人々に影響を与えている購買力の慢性的欠乏状態に言及しながら、いい収入の仕事が無い場合、人々は仕事をするより略奪に走るようになってしまう、と語った


元記事はこれですね

Money Rulers Can be Defeated, Says Canadian Reform Group By Mark Anderson, AMERICAN FREE PRESS national writer
http://republicbroadcasting.org/?p=4288


関連

Mark Anderson Interviews Yves Jaques on 25 November 2008  Christopher Jon Bjerknes
http://jewishracism.blogspot.com/2008/11/mark-anderson-interviews-yves-jaques-on.html

Early sign-ups for ‘social credit’ confab urged  By Mark Anderson, American Free Press corresponding editor
http://republicbroadcasting.org/?p=2735

クリフォード・ヒュー・ダグラス
http://www.grsj.org/colum/colum/dagras.html

by oninomae | 2009-09-06 18:15 | 政治詐欺・政治紛争  

<< 衆院「小選挙区比例代表並立制」... 世界大戦は画策されているか? ... >>