<   2014年 01月 ( 13 )   > この月の画像一覧

 

カナダの研究でモンサントのBt毒素がヒトの胚細胞を殺すことが発見された by Christina Sarich 

Monsanto’s Bt-Toxins Found to Kill Human Embryo Cells by Christina Sarich January 24th, 2014 Updated 01/24/2014 at 1:15 am
http://naturalsociety.com/monsantos-bt-toxins-found-kill-human-embryo-cells/

Many individuals have heard it a million times, but for the uninformed, or those just looking to fuel their 2014 fire to finally defeat Monsanto and their cronies, you’ll be interested to know that Monsanto’s Bt-toxin is far from ‘safe’ as the chemical company claimed it would be when filing their papers with the FDA.

New research from Canada show that BT toxins are showing up in pregnant women, and low and behold – they are killing human embryo cells. 2014 is the year of the horse, but we’re not through beating this one to death.

c0139575_122373.jpg


It’s called reproductive toxicology, and just like their suicide seeds, these Bt toxins are starting to kill our own unborn children. This is no exaggeration. Hopefully reading further will compel you to take action. It is time to put Monsanto to rest, bankrupt them, and let the world know their ‘secrets’ near and far.

Bt toxins are prominent in genetically altered crops such as corn, soy, wheat, and others, called Cry1Ab – and they can be lethal. Not only do these cry-toxins target the kidney cells of developing human fetuses, but when Cry1Ab and Cry1Ac are combined with RoundUp, they can delay apoptosis of human cancer cells. What’s worse, glyphosate, the main ingredient in RoundUp, also causes necrosis – i.e. the death of human tissue, and this happens even when the substance is found in much smaller amounts than what is currently being used on our agricultural crops. The stuff is still carcinogenic in the parts per trillion range.


In its rush to remain the ‘agricultural leader’ of the world, the US government erected defunct regulatory bodies that have no means to truly examine the ramifications of biotechnology on our food. The National Institute of Health (NIH) is a joke and the FDA gave Monsanto an indefinite hall pass to cause mayhem on the food supply.

More people need to file lawsuits against this company until they are without one red cent to continue poisoning the planet and killing our unborn babies. The Organic Seed Grower’s Association sued Monsanto in 2011, and Idaho wheat growers are suing Monsanto for cross-contamination, but what about parental groups? Mother’s Against Drunk Driving was formed when a mom lost her baby to a drunk driver. Perhaps the mothers who face reproductive failure due to Monsanto’s hand can sue them collectively.

The FDA’s internal memos about their concerns surrounding GMO seed crops recently surfaced in one lawsuit, though the public was never meant to see them. GMO foods are not the foods we have always eaten. This is an outright lie.

c0139575_1464642.jpg


Any lawyers out there willing to go against the monopoly? I’d sign a class action suit today. Would you? In the meantime, utilize these 5 tips for avoiding GMOs while you write your local senator, state representatives, congressman, and president.

c0139575_123251.jpg



とりあえず



結局、Bt毒素や「ラウンドアップ」(グリフォサートが主成分で界面活性剤入り)は、ヒトの胚(胎芽)も胎児も攻撃していた!







一応これもリンク

弱酸性溶液に浸すだけで「万能細胞」作成に成功 1月29日 22時48分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140129/t10014873571000.html

万能細胞:世界で初の作製 簡単、がん化せず 理研など 毎日新聞 2014年01月29日 20時59分(最終更新 01月30日 18時13分)
http://mainichi.jp/select/news/20140130k0000m040087000c.html

c0139575_0113877.jpg




皮膚細胞が乳酸菌を取り込むと 多能性細胞になる 熊本大学大学院生命科学研究部 准教授 太田 訓正
jstshingi.jp/abst/p/13/1326/6univ05.pdf



[PR]

by oninomae | 2014-01-30 01:01 | バイオハザード・GMO食品  

『Now You See Me』はイルミナティ娯楽産業についての映画か? By VC

『Now You See Me』はイルミナティ娯楽産業についての映画か? By Vigilant C. Sep 26th, 2013

『Now You See Me』は、信じられないほどの手品を行う大物奇術師・・・とある種の銀行強盗についてのものである。しかしほとんどは、『Now You See Me』は、これらの芸人たちを制御する「目玉」という名前の怪しげな組織についてのものである。大抵の視聴者がこの映画の無意味なアクションに目眩がする一方で、重要なメッセージが伝えられている:オカルトエリートが芸能界を制御している・・・あなたはそれを見ますか?

c0139575_1302628.jpg


警告:この先に大きなネタバレ!

ほとんどの批評家が『Now You See Me』について同じ苦情を持っていた:話は全く意味がなく、完全に非論理的である。私は心から彼らに同意する。映画全体の間に起こるほとんどすべては本当らしくない。その映画の恍惚とさせる包括的な「マスタープラン」でさえも、実際、あまりにも多くの変数-その結果うまくいかず、それが実際には、最悪な計画となリ得る-に依存している。

大抵の観客たちが『Now You See Me』中のアクションの意味を理解しようと努めるだろう一方で、その映画は単に観客たちに「あなたがより綿密に調べれば調べるほど、あなたはより少なく見る」と繰り返し続けている。それはまた、常に繰り返している。奇術師は、本当の魔法が他の場所で起きている間、観衆の気を逸らすために常に何かを行うと。これは、映画自体に適用されるか?もちろんされる。

警察の追跡、銀行強盗の計画、爆発は、本当の基盤となる物語が展開する一方で、観客の目を占領状態に保つためにそこにある:それは、娯楽産業、それを支配する力、そしてそれによって使用されるものについてである。それはまた、その観客、名人奇術師に騙されている大衆についてでもある。その映画の最初の一くだりはそれをすべて言っている:

「近くに来なさい。もっと近くに。より多くあなたが見ると思えば思うほど、あなたを騙すことがより容易になる。見えているものが故に?あなたは探している、しかし、あなたが本当に行っていることは選別、解釈、意味の探索である。私の仕事?あなたが私に与える贈り物のほとんどをいただき、あなたに対してそれを使用すること。」

魔法のトランプ手品が行われている間に述べられるこれらのひとくだりは、、マスメディアや娯楽産業の真の役割を総括している。映画の残りの部分は、適切に描写する。誰がその産業を支配しているか、そしてそれが使用している方法さえも。

奇術師たちは、そのアジェンダを推進するために芸能人たちを使用し、そしてその象徴表現を大衆文化の一部にする「目玉」(これは、このサイトの読者にとって鐘を鳴らすかもしれない)という名の秘密結社によって採用されている。一歩退いて、このことを自覚しよう:映画は奇術師である。では、『Now You See Me』の主題を調べてみよう。


導入部

まず最初に、我々は四名の奇術師が、別々に彼ら自身の小さなことを行っているのを見る。彼らは皆、自分たちの手品を行って生計を立てしようとしている。彼らはしかしながら、大物の有名人であることからはほど遠い。彼らは、タロットカードの形で招待状を残すフードを被った人物によって観察され、追跡調査されている。

c0139575_1315035.jpg

招待カードの裏面に全てを見通す目のシンボルがある。この特定のショットでは、そのカードが奇術師の一人の写真の上に保持され、そしてその目の一つを隠している-それは、彼がまさにオカルトエリートの娯楽産業の一部となろうとしていることをほのめかしている。一つの眼が全てを見通す目に置き換えられているという事実はまた、彼は全体の多量の視覚・・・と自由を失おうとしていることを意味している。


その四人の奇術師たちは、彼らが自分たちの奇術の特定の分野に優れ、そして主として彼らが時として本当にオカルトの魔法を使っているように見えるがゆえに選ばれた。

c0139575_1322211.jpg

左から右に:ヘンリー・リーブスは現実逃避主義者(高位巫女のタロットカード): J・ダニエル・アトラスは、奇術師(恋人カード);メリット・マッキニーは読心術師(隠者カード);ジャック・ワイルダーは、手先の技術の優れた手品師(死のカード)。

c0139575_1335416.jpg

ジャック・ワイルダー、一団の最年少は、ある理由で死亡カードを受けた:それは、彼の今後の儀式的生け贄を予示している。



その奇術師たちは、その中に変わった仕掛けを持つ奇妙なアパートに招待されている。そこに置かれた謎を把握した後(入会過程)、彼らは自分たちのためにレイアウトされたエリートの計画を理解する。そして、ちょうど魔法のように、彼らは大物の芸能人になる。


彼らの支配者の操り人形

目玉に参加した後、その奇術師たちはどんちゃん騒ぎの群衆に囲まれながらラスベガスにいる。その間、我々には、基本的に「これがショービジネスだぜ、ベイビ-!」と叫んでいる騒々しい音楽が聞こえている。ソロの芸人で独立の芸を行っていたその四名の奇術師たちは、今や、四騎手たちになるために一つのグループに参加している。この名前は、聖書の黙示録から取られたが、その四騎手は世の終末(大災害)とそれと共に来る苦難の先触れである。

黙示録の四騎手は、しばしば、疫病、戦争、飢饉、そして死と関連しているといわれる。これは奇術団としては、かなり気味の悪い名前であるが、彼らがオカルトエリートのために働いていることを我々が知るとき、それは納得がいく。ただ入会者によって解読される定めのオカルト的意味を隠していると信じられているが故に、黙示録は秘密結社において非常に重要である。多くの彼らの象徴表現はそこから派生し、そしてこれは例外ではない。

娯楽産業での「本物の」出演者たちと大して違わず、四騎手たちは、目玉から来る命令に従うしかない。彼らについてのすべては、彼らを制御する秘密結社に関係している。

c0139575_1355532.jpg

騎手たちが演じる舞台は巨大な眼である。これはその舞台の縮尺模型である。

c0139575_136710.jpg

四騎手たちのロゴはかなり謎である。

c0139575_1355382.jpg

一つの場面で、しかしながら、我々は「眼」と言っている奇妙な装飾をみる。それは、騎手たちのロゴの3Dバージョン二つの組み合わせで構成されるようにみえる。要するに、そのロゴはありふれた風景の中に眼の象徴を隠すもう一つ別の隠された方法である。

c0139575_137759.jpg

そのグループが、その最も壮大な手品を完了したとき、タイムズスクエアに目玉のシンボルが点滅する。ほとんどの人々は目玉が神話であると考えている一方で、その象徴表現はいたるところにある・・・ちょうど実生活の中でのように。



四騎手についてのすべてには、したがって、目玉の標章が刻印されている。

映画の背後にある人々が秘密結社を表現する架空のシンボルを作成しなかったことに注意することは興味深い。彼らは今日のオカルトエリートの最も重要なシンボル―様々な強力な秘密結社の最も重要なシンボル―を使用した。我々がしばしばこのサイト上で見るように、このシンボルはまたすでに、すべてのマスメディアで使用されている。それはなぜ? この映画が、四騎手たち-オカルトエリートの象徴主義のための乗り物-の役割を果たしているから?


目玉-ハリウッドを運営する、実際の秘密結社に基づいているのか?

映画が進むにつれて、我々はいくつかの情報、目玉とその歴史を発見する。それについてのすべてはハリウッドにおける強力な実際の秘密結社:OTO、自称「魔術教団」に酷似している

映画の中で、目玉は以下のとおりである

「真の魔法の持ち主にして、それを実践する人々の保護者。入団のための候補者たちは、盲従して一連の指令に従う必要がある。」

これは明白に述べている、目玉のシンボルが古代エジプトのシンボルであるホルスの眼に由来すると。

c0139575_1383957.jpg

目玉についての文書は、そのオカルトの起源を示している。

c0139575_1392456.jpg

これは、四騎手たちを調査している研究者のメモ帳のページである。ホルスの眼はフリーメーソン、 OTO、そしてイルミナティの最も重要なシンボルの一つである。この映画の中でのこのシンボルの使用は任意ではなかった。



目玉の特性はOTOに酷似している。

OTOはアレイスター・クロウリーのセレマ-エジプトのピラミッドの中にいた間に彼に「伝えられた」哲学-に基づいている。目玉のように、 OTOは、「本物」の魔術とその科学に近い応用に第一の焦点を当てている。クロウリーは、舞台奇術[stage magic]とそれを区別するために魔術[magick]の最後の文字「k」を追加した。そのため、目玉のように、 OTOはそれ自身を「本当の魔法の持ち主」であると考えている。

ホルスの眼のシンボルは、 OTOにとって非常に重要である。なぜなら、OTOは、ホルスの永劫[Aeon]-セレマによって統治される時代-をもたらすことがすべてであるためである。このホルスのイオンにおいて、マスメディアが文字通りホルスの眼の象徴で溢れていることを見るのは驚きであろうか?

c0139575_13124251.jpg

この映画中で、目玉を研究するために使用される本の一冊は、「ホルスの守護者」と呼ばれている。

c0139575_13131811.jpg

その表紙のレイアウトは、実際のOTOの本の表紙に酷似している。長方形の境界線、そして黄金色の埋め込まれた大文字のタイトル。



ちょうど目玉のように、OTOはハリウッドに大きな影響を与えている。その綱領の一つは、大衆にセレマとホルスの永劫をもたらすことである。そうするために、マスメディア以上によいいかなる道具があるだろう?



業界内部

我々は四騎手が名声へと上昇するのを目撃しながら、我々はまた、いかに娯楽産業が機能しているかを見る。例えば、様々な人々に対するマインドコントロールの使用についていくつかの仄めかしがある。

c0139575_1313529.jpg

手品のために、この建前上「ランダムに選ばれた聴衆メンバー」は、 実際にはマインドコントロール奴隷である。


タデウス(騎手たちと目玉を暴こうとした男)が、いかにしてこの男が舞台に行き着いたかについて説明している。

「彼は選ばれた。ラスベガスにたどり着くように彼の心をプログラムされた。そして彼らは、彼がそうするまでそれを強化し続けた。彼らは彼を訓練した。彼らは彼を研究した。偶然には何も残されていなかった。彼は、自分が彼らのターゲットだとはわからなかった。そして、彼らは単に、ラスベガスで彼を活性化した。」

c0139575_1315546.jpg

このFBI捜査官(一般人によって演じられている)は、彼が単語「bullshit」を聞いた後、空気のバイオリンを演奏開始する。我々は後に、彼が奇術師によってプログラムされ、そして単語「bullshit」が、彼が空気バイオリンを演奏する引き金となることを知る。これは、法の強制がまたエリートによってプログラムできることを我々に知らせる一つの方法である。


そのイルミナティ産業のもう一つの重要な側面は、変容をもたらすための儀式的生け贄の使用である。奇術師ジャック·ワイルダーは、映画の冒頭で死のタロットカードを与えられた。彼は儀式的生け贄に選ばれた故に。

c0139575_13155913.jpg

ジャック、四騎手の一人は、自動車事故(の一種)で死ぬ。それはライブTVで放送されているイベントである。


そのイベントは、ショックを起こし、エリートに後援された奇術師たちに向けての共感をもたらす。我々は後に、その自動車事故が設定されたものであり、ジャックがまだ生きていることを発見する-しかし、公衆はそれを知らない。そのイベントは、オカルトエリートによって大規模で演じられる儀式的生け贄の一例である。それは一つの陽動作戦であった。

この映画はまた、エリートの好意から落ちた人々に何が起こるかを示している。タデウス、元魔術師は、現在、奇術師を「暴く」 DVDを作成することでキャリアを作っている。彼がエリートに後援された騎手たちに逆らう場合には、物事は彼にとってめでたく終了しない。

c0139575_13161872.jpg

タデウスは、目玉に無実の罪を着せられ、刑務所に投げ込まれる。


警察官(目玉の一部であることが判明している)に、なぜこのことが彼に何が起こっているかを尋ねたとき、以下に返答がある。

「伝説は、目玉はどこにでもいるということです。真に偉大な奇術師たちを凡庸なものたち区別するために待機しています。多分それはあなただった。心の奥底で、あなたは目玉の一部となる以外は何も望んでいませんが、あなたは招待されなかった。」


騙される?

映画が進むにつれて、四騎手のメンバーたちは実際に何が起こっているか見当がつかないことが明白になる。実生活での業界芸能人と同様に、彼らは自分たちに与えられた任務を充足しようと努める単なる操り人形である。彼らは、しかしながら、確かに一つのことを知っている:彼らは目玉の一部になりたいと必死に望んでいる。

彼らが自分たちの全体ミッションを完了した時点で、騎手たちはセントラルパークで落ち合う。

c0139575_13185695.jpg

奇術師たちは、映画全体を通して彼らを逮捕しようとしていたディラン・ロードス、 FBI捜査官に出迎えられる・・・「コホッ」・・・この脚本のねじれはほとんどあるいは何も意味をなさない一方で、それは、目玉がマスメディアと法執行機関を所有しているという意味を伝えている。


ローズは「目玉にようこそ」と、奇術師たちに告げ、そして彼らを旋回を開始する回転木馬に連れていく。奇術師たちは小さい馬に乗って旋回し始める。これは、我々がこう考えるように導く:奇術師たちは、その全時間の間に文字通り乗馬をしていたと誤認されたのか?目玉も存在さえしているか?

騎手たちが関与していたスキームの大きさから判断すると、非常に強力な団体(存在)が彼らの背後にあったことは間違いない。しかしながら、実生活の中でのように、部外者たちは「インナーサークル」の一部になることはない。騎手たちは彼らから要求されたすべてのことを行ったが、彼らは決してエリートの一部になることはないだろう。この事実は、映画の最後に半分隠された場面で補強されている。

名声が発行された数分後、私は確信するが、多くの人が見逃してる一場面がある。それはオカルトエリートによって使用された芸能人の究極の運命を示している。

c0139575_1319386.jpg

騎手たちは、古いラスベガスの看板が投げ捨てられている砂漠の中の場所に行くように告げられている。このネオンサインの墓場は、彼ら自身のキャリアをまさに表している。


彼らはそして、彼らの新しいマジックショーのための機材を取りに行く。

c0139575_1320426.jpg

その奇術師たちは、目玉の記号が刻印された箱が封印されていることを理解する。騎手たちはもはや目玉に関係した特権にアクセスする権限を持っていない。


彼らの魔法のタロットカードがおそらく彼らの木箱のロックを解除することができるかもしれないと考えて、奇術師たちは彼らのポケットを見る。彼らのタロットカードはなくなっている。目玉はもはやこれらの役者たちを必要とせず、そのパスが取り消された。彼らは使用され、そして今、彼らは砂漠の中に破棄されたネオンサインの中に投げ捨てられた。

ジェイ・Zのような芸人たちはイルミナティの一部か?と多くが私に尋ねる質問に答えてみれば、ここに、あなたの答えがある。


全体像

この映画全体を通して、研究者らは、「なぜ、彼らはこのトラブルのすべてを通り抜けるのか?」と自問する。なぜ奇術師たちと、ひいては目玉は、これらの複雑なスキームを構築するのか?それは意味がない。そして、多くの観客にとって、この映画は意味がない。そのアクションのほとんどは、したり顔の奇術師たちを捕らえようと、彼らの銃を向け、走り回るばかな警察官たちに基づいている。しかしながら、そのアクションシーンや大音量の音楽の背後、そこに一つのメッセージがある。映画自体が繰り返し観客に伝えている: 「あなたがより周到に調べれば調べるほど、あなたはより少なくしか見ない。」あなたがより周到に理解しようとし、スクリーン上で進行するアクションの意味を理解しようとすればするほど、あなたは「全体像」をより少なくしか見ない。

『Now You See Me』は、疑いなく銀行強盗についてのものではない。それは、娯楽産業の「マジック」についてのものである。クロウリーは魔術を「意志に合わせて、変化が起こるようにする科学と技芸」と定義した。娯楽産業の目標は、変化を引き起こすことであるしかし、その変化には時間がかかる・・・数年、数十年、そして数世代。その映画は非常に比喩的な問題におけるそのプロセスを説明している。

目玉を研究しているインターポールのエージェントは、ライオネル・シュライクという名の奇術師の最も有名なトリックを説明している。

「彼が14歳の時、彼はセントラルパークで一本の木に穴傷を見た。そこには、回転木馬で働いていた男が、おきまりの小さなトリックのように見える一枚のカードに署名していた。18年後の、その男の退職時に、シュライクが実行する、男にカードに署名させ、そして直ちに!カードがその木の中にある。それは18年間その木にあった。

そのトリックはよく調べることではなかった。それは、あなたが過去に向けて20年間を見るほど遠く調べることであった。」


c0139575_1321596.jpg

騎手たちが自分たちの任務をすべて完了した後、彼らは、シュライクの木で会うように求められていた。なぜならそれが目玉が一体何のことであるかを表すためである。ちょうど木のトリック内部のカードのように、エリートの変革「魔術」は長期的全体像についてのものである。


ある時点で、タデウスは言う:

「これは世界的な規模で演じられる手品です。そして、あなたはアブラカダブラ、気晴らしです。」

観客たちが、爆発やカーチェイスで催眠術をかけられている一方で、彼らは本当の魔法を見逃している: エリートはその必要に用に合わせ、マスメディアを通じて、社会を変換している。

c0139575_13235738.jpg

我々がこの映画中で見る「魔法」のほとんどはCGIである。娯楽産業は、幻想の真の名人である。


この映画は、イルミナティからの公衆に対する呼び出しで終了する。彼らが本物の魔術師に騙されているものたちであることを知らせながら。

「近くに来なさい。もっと近くへ。今や、君は我々の秘密を知っているがゆえに。我々は、どこにでも存在し得る。君を見ている。我々は、我々の次のトリックで我々の助けとなる誰かを探している。 3つ数えたら、君の目を開いて、そして君が見たことを教えてくれたまえ。一つ、二つ・・・」

黒へと消えていく・・・


おわりに

『Now You See Me,』については、「現実的な」ことはまったく何もない一方で、それは娯楽業界で実際に何が起こるかを適切に説明している。この映画の中の奇術師たちは、エリートによってそのアジェンダを進めるために採用された様々な芸人と役者たちを表している。目玉は、ハリウッドで影響力を発揮している実際の秘密結社に基づいている。これらの事実が、ある者には一点の曇りもなく明白であるだろう一方で、ほとんどの視聴者たちはおそらく、いったい何があるのかと理解しようと努めながら、これらのメッセージを見逃している。

実際、全体を通して、この映画は聴衆にとって一種の笑いである。ある時点で、騎手たちの一員は言っている:「奇術師が部屋の中で最も知的な人物でなければならない」。その映画はあまりにもハリウッドで、それはほとんどそのパロディである。それはほとんど、観客に語っている:「娯楽を得ようとあなたが消費しているばかなものを見てください」。しかし、そのすべての背後に、目玉から直球でくる強力なメッセージが存在する。あなたはそれを見るか・・・あるいは見ないか。


元記事は

“Now You See Me”: A Movie About the Illuminati Entertainment Industry?  By Vigilant C. Sep 26th, 2013
http://vigilantcitizen.com/moviesandtv/now-see-illuminati-entertainment-industry/



タイタニック検証1
http://blogs.yahoo.co.jp/ontibt_des/63688102.html

・・・まず誕生日先にありきで、見込みのありそうな人材を育成していくという流れを組んでるんじゃないのかな。いわゆるAKB商法。人を集めて篩(ふる)いにかけるやり方。

・まず人を集める。
・数字の並びのいいのをピックアップする。
・売れそう(言うこと聞きそう)なのを更に絞る。
・最終的に残った者を裏社会と一般社会の橋渡しをするエージェントとして育てる。
・時には生け贄にする。

こんな感じ。

いずれにしても、奴らにとってはただの遊び(数字遊び)。
映画、芸能界、タレント、俳優というのは、世界をカネで支配している連中にとっての“遊び場”、“玩具”という意識で見たほうがいい。


[PR]

by oninomae | 2014-01-28 20:32 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

ロマン・ポランスキーの『ローズマリーの赤ちゃん』とハリウッドの暗黒面 by VC 抜粋

ロマン・ポランスキーの『ローズマリーの赤ちゃん』とハリウッドの暗黒面 by VC Feb 26th, 2011 より 抜粋

1968の映画『ローズマリーの赤ちゃん』はロマン・ポランスキーの最もぞっとする、そして高く評価された作品の一つである。その映画は、儀式的な目的のための、上流社会のオカルト集会による若い女性の操作を説明している。その映画の不安の本質は、血や流血にではなく、エリートの秘密結社の存在の可能性について観客に熟考することを強いるその現実的な前提に依存している。さらなる不安は、儀式的殺害やMKウルトラを含めて、その映画を取り巻く不気味な現実生活上の事件である。我々は、「ローズマリーの赤ちゃん」及びそのリリースに続く小説より奇なる事件の象徴的な意味を調べるだろう。

c0139575_17523226.jpg


Vigilant Citizen上の記事は通常、新しいリリースに関するものであるが、過去を調べることはしばしば、現在をより良く理解するために必要である。今日のイルミナティの大衆文化の状態は、どこからともなく生まれた自発的な傾向ではない。むしろ、それは長年にわたる娯楽産業に対するオカルトの影響そして特定のメッセージや象徴への大衆の漸進的な条件付けの結果である。大衆文化は常に、若者の心を方向づけ鋳型成形するために、エリートのアジェンダによって染められてきたが、MK-ウルトラのカモと暗い秘密結社がその融合体の可視部分となったのは、60年代と70年代の間であった。60年代の反戦や反体制運動を鎮圧する必要性は、エリートをして文化に潜入し破壊することを余儀なくさせた。理想主義的な心に衝撃を与える一連の不安定化事件が発生し、英雄たちが敵となった。 60年代の「平和と愛」は70年代のチャールズ・マンソンとLSDになった。

ロマン・ポランスキーの『ローズマリーの赤ちゃん』と、反キリストを身ごもらせ誕生させるエリート魔女集会による若い女性の操作についてのその物語は、この時代の考え方を捕獲し、そして60年代後半に起こった不可逆的な変化の象徴となった。しかしながら、この時代を真に規定したのは、その映画を取り巻く現実の生活上の事件である:『ローズマリーの赤ちゃん』のリリース後一年以内に、ロマン・ポランスキーの妊娠した妻が、チャールズ・マンソン・ファミリーのメンバーたちによって殺害された。この恐ろしい事件は、60年代の「良い振動」に残忍な終わりを持ち来たらせ、アメリカの歴史の中での重要な瞬間として多くの歴史家たちによって捉えられている。我々は、『ローズマリーの赤ちゃん』の象徴的な意味を調べ、オカルト秘密結社、マインドコントロール、そして儀式殺人を伴う、それを囲む奇妙な事件を分析するだろう。

c0139575_18133663.jpg


・・・途中は省略します。以下「結論」。これで十分わかります。


おわりに

『ローズマリーの赤ちゃん』は、「悪魔」の時代を超越した元型的な恐怖について演じる、よくできた映画に過ぎないと見ることもできる。 しかしながら、人が、その映画のアメリカの歴史における正確なタイミング、そしてそのリリースに続いた驚くべき一連の事件を調べるならば、その映画はアメリカの生活の中での重要な文化的シフトを象徴する極めて重要な作品となる。

ローズマリーが、国際的なウィッチの集会の働きを発見したのと同じように、アメリカ社会は、娯楽産業と国内政治の暗い側面を「発見」する。マインドコントロール奴隷たちが公の場に解き放たれ、衝撃的な巨大儀式(メガリチュアル)が発生し、そして大衆文化は、堕落の祭典となる

この時代は、大衆文化における今日のイルミナティ・アジェンダへの道の草分けとなった。国民の無関心という沈黙の同意を得て、今日の文化産業は今でも、「新しいイオン」へ向けて若者の心を成形しながら、せっせと働いている。シャロン・テイトとジョン・レノンを殺害するために使用されたのと同じマインドコントロールは現在、ミュージックビデオにスパイスを効かす楽しい方法となっている。過去の論争は今もこだましている。我々は、今日の最新のイルミナティ・スター、Nicki Minaj が、ローマン・ゾランスキー・・・と呼ばれる改造登場人物と「チャネリング」しているのを見て驚くべきであろうか?

そうは言っても、起こったことのすべてについて、「サタン」のせいにすることは過度の単純化だろう。実際、人形使いたちは、恐怖し混乱した人々が、実際の男女を彼らの行動の説明責任から解放しながら、すべてのものをヒト以外のスケープゴートのせいだと非難するのを見ることを好むだろうレヴィの悪魔教会でさえ、世界の舞台上の本物の俳優に比べれば、ハリウッドスタイルの演劇喜劇である。社会の上層部で展開している秘密陰謀団は、ここでの真の人形使いであり、そして彼らはメディアの注目を避ける。

古代の密教の教えを彼らのニーズに合わせて歪曲し堕落させることによって、支配者たちは彼ら自身に彼らの行動を正当化する緩い道徳律を与えている。彼らは、権力と貪欲に奉仕する毒性副産物を作り出すために 自然の法則に触発された「真の科学」を奪ってきた

大衆は、「世俗的」で真実に値しないとみなされ、自分が人形を見ていると悟りさえしない、病んだ人形劇の当惑させられた観客である。

このため、カーテンを持ち上げ、その場面の背後で何が起こっているかを確認することが重要である。一旦、我々が、糸を引いている病んだ操り人形使いを本当に理解するなら、我々は、うまくいけば、自分たちの催眠状態から素早く抜け出し、そしてそのショーから退席するだろう。



元記事は
Roman Polanski’s “Rosemary’s Baby” and the Dark Side of Hollywood by VC Feb 26th, 2011
http://vigilantcitizen.com/moviesandtv/roman-polanskis-rosemarys-baby-and-the-dark-side-of-hollywood/



関連

サンディー・フックの事件もヤラセ! 米国憲法修正第二条を亡きものにするための茶番も"クライシス・アクターズ"の活躍で
http://insidejobjp.blogspot.com/2013/01/blog-post.html

・・・とにかくこう見てくると、サンディー・フック、オーロラからコロンバインなどの銃乱射事件のみならず、当然のごとく9/11のような「テロ事件」と呼ばれるものや、「○○の病気で我が子を失った●●さん」などといったニュース映像(その疾病を「防ぐ」と言われる毒ワクチンを売るための)などでもクライシス・アクターズが大活躍をしてきただろうと、容易に察せられます。
#「デンバー」にあるというのがまた、最高ね。

そうしたビデオ・リンクが載せてあるということは、モロ
「養成所で鍛えた演技力を発揮する生徒たちをビデオで観ましょう」
ということなんだろうと思うし。

メディアもグルだから「お話」を作って視聴者に売り、人々を誤誘導して彼等の同情や共感を煽ったうえで賛同を得、売国奴・イルミナティの用意した解決策を出して実行するという作戦がいとも簡単に遂行されるわけです。


よっしゃ安部ちゃんその勢いで侵略戦争開始だ! 野次馬 (2014年1月24日 01:54)
http://my.shadowcity.jp/2014/01/post-1411.html

かつてもそうだったんだが、欧米が日本に期待するのは、中国とやり合って日中双方ともに国力を消耗し、漁夫の利で中国市場を横取りしようという戦略だ。かつては毛沢東が「鎖国」する事でユダ金の侵略を防いだんだが、今の中国に毛沢東はいない。それにしても、なんといっても13億という市場は大きい。自民党はバカなので、せっかく今まで築いてきた中国市場を、ユダ金に無償譲渡まっ最中ですw 政権交代以来、アメリカは対中輸出急増中で、日本は急激に減らしている。ネトウヨはバカなので、中国相手に威勢の良い啖呵を切ってりゃ拍手喝采、例の怪しい中国軍少将を笑えないねw まぁ、そんなネトウヨもいずれはユダ金の銭儲けの戦争のために徴兵されて、満州の野で餓死・戦病死でクタバルんだろうけどw 南無~w


トモダチ(第二次日支闘争計画担当班)
http://satehate.exblog.jp/16938021/

東シナ海ガス田の共同開発問題
http://satehate.exblog.jp/8197501/

米国ケリー国務長官の、日本 VS 中国の戦争計画 オルタ
http://satehate.exblog.jp/19037137/

プロパガンダを刷り込み、戦争へと向かわせることこそ、マスコミが作られた真の理由です タンポポ
http://satehate.exblog.jp/17606103/

研究用プルトニウム300キロ 米、日本に返還要求と、2015年在韓米軍撤退 トモダチ作戦
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2014/01/27/7205720


[PR]

by oninomae | 2014-01-24 20:04 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

ノロウイルスワクチン

呪ウイルステロ

浜松のノロウィルステロですが、本命情報が出てきました ― 2014/01/23 14:08
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2014/01/23/7202074

米国感染症学会におけるノロウイルスワクチンの臨床第1/2相試験の結果発表について 武田薬品工業株式会社 2013年10月07日
http://www.takeda.co.jp/news/2013/20131007_6020.html

武田薬品

次期Chief Executive Officer(CEO)候補として、グラクソ・スミスクラインの子会社社長だったクリストフ・ウェバー氏を招聘、2014年(平成26年)6月の株主総会および取締役会で承認されることを前提として、代表取締役社長 COO に就任し、長谷川閑史現社長が代表取締役会長 CEO に就任する予定と発表した(2013年(平成25年)11月30日)。

113 じゃないか。

c0139575_22181146.jpg

c0139575_22173869.jpg

c0139575_22185577.jpg

c0139575_22193081.jpg


いつまでも日本人がバカだと思っているんだね



(何とか編集ページに行けるように復旧しました)

広島の集団食中毒 給食調理施設を検査 1月26日 12時10分
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20140126/t10014775841000.html


[PR]

by oninomae | 2014-01-23 22:28 | バイオハザード・ワクチン  

アレイスター・クロウリー:彼の物語、彼のエリート繋がりと遺産 by VC 2

アレイスター・クロウリー:彼の物語、彼のエリート繋がりと遺産 by VC その2(最終)

秘密エージェント666

クロウリーのふざけた態度は、プレスによって取り上げられ、彼はすぐに黒魔術師、悪魔主義者、そして薬物中毒者として悪名高くなり、「世界一憎たらしい男」と呼ばれるだろう。

しかし、機密解除された文書は、このことが英国諜報部にエージェントとして彼を雇うことを思いとどまらせはしなかったことを明らかにした。(英国のクラウンが名高いオカルト主義者たちのサービスを採用したことはこれが初めてではなかった;このような関係の一つの有名な例は、ジョン·ディーと女王エリザベス1世の間のリンクに見出すことができる。)

クロウリーのスパイとしてのキャリアを主題にした最も重要な作品は、リチャード・B・スペンスの『エージェント666』である。

イギリス、アメリカ、フランスとイタリアの保存記録から収集された文書を使って、 『秘密エージェント666』は、センセーショナルに明かした。ルシタニア号の沈没、スペインの政府転覆の陰謀計画、アイルランドやインドの民族主義者の共謀の阻止、そして、ルドルフ·ヘスの1941年の飛行におけるクロウリーの主要な役割を。

c0139575_5363086.jpg

スペンスの『秘密エージェント666』の表紙


彼の研究中に、スペンスは、クロウリー自身のスパイであったという主張を支持する米軍の旧軍情報部からの文書を発見した。

「アレイスター・クロウリーは、英国政府の被雇用者だった・・・この国で、ニューヨーク市の英国総領事が完全な認識を持っている公務についている。」 13


スペンスによると:

「クロウリーは、熟達したアマチュア心理学者で、人々に影響を与え、そしておそらく彼の秘密の仕事において催眠暗示を利用する不思議な能力を持っていた。そのほかに、彼は薬をうまく利用した。ニューヨークで、彼はメスカリン(ペヨーテ)の効果に関する非常に詳細な研究を行った。 彼は夕食のために様々な友人を招待し、彼らにカレーを準備をし、そしてその食事にメスカリンを一服盛るだろう。それから彼は観察し、彼らの行動についてメモを取っていた。メスカリンは、後に行動修正とマインドコントロールの実験のために諜報機関によって使用された。」 14


第二次世界大戦中、クロウリーは、『祖国』と呼ばれるドイツ寄りの雑誌の編集者となった。その中で彼が扇情的な反英の記事を発表した。後に彼はこれらの書き物は、彼らが最終的に英国の大義を助けたほどバカげていてかつ奇妙であったと主張した。

クロウリーはまた、同盟国を助けるために多くのアイデアを提案した。そのほとんどが拒否された。その一つは、最初に却下されながら、後に実施された。これは、その戦争に対する悲惨な結果を予測し戦争とナチ指導部を悪魔的として描いたオカルトのパンフレットを、ドイツの田舎で落下させることを含んでいた。

通信、宣伝、そして世論の管理における彼の専門知識は、彼のセレマを今日の大衆文化における主要な力にするために使用されるだろう。



重要な信奉者たち

カリフォルニアのOTOの責任者として、クロウリーはアメリカの社会に大きな衝撃を与えた多くの個人の個人指導を行った。 その一人は、ジャック·パーソンズ[Jack Parsons, 1914-52] である。

c0139575_67222.jpg

ジャック·パーソンズ


ジャック・パーソンズは、カリフォルニア工科大学のアメリカのロケット推進の研究者であった。彼はジェット推進研究所(JPL)とエアロジェット社の主要な創設者の一人だった。彼のロケット研究は、米国における最古のものの一部で、そして彼の固体燃料の開発と航空機のJATOユニットの発明の先駆的な仕事は、人類の宇宙時代の開始にとって非常に重要であった。著名なエンジニアセオドア・フォン・カルマン、パーソンズの友人にして恩人は、パーソンズと彼の仲間の仕事は宇宙旅行の時代に到来を助けたと断言した。実際、月の裏側のパーソンズ·クレーターは彼にちなんで命名されている。

c0139575_675378.jpg


「彼(ジャック·パーソンズ)は『ロケット科学に最も貢献した一個人』として、そしてまた『米国政府から封印された命令の下に旅行した』個人として記載されている。」 15


密室の中で、パーソンズはオカルトに深く没頭し、そして彼はそこでかなり極端な性魔術の儀式に参加したOTOの著名なメンバーになった:

「パーソンズの多くのセックスパートナーの中に、彼自身の母(彼らの近親相姦的出会いは撮影された)がいた。母と息子両者は獣姦に従事し、そして両者とも公共の場で正常に機能し、そして他のものよりも権威の立場を達成することができる精神障害者種同士であったように思われる。」 16


1942年に、パーソンズは、アレイスター・クロウリーによってアガペOTOロッジの責任者として任命された。クロウリーのように、パーソンズはババロンあるいは売春婦と 「魔術的子」を作り出すというアイデアに取り憑かれた。

「パーソンの作戦の目的は十分に強調されてこなかった。 彼は彼女の遺伝のではなくむしろ彼女の環境の産物であるあろう魔術的子供を作り出そうとした。クロウリー自身、ちょうどこれらの用語でムーンチャイルドについて説明している。ババロン仕事自体、来るべきもの:セレマ的メシアへの準備であった。」 17

c0139575_691967.jpg

パーソンズ、アガペロッジの会員仲間と。


パーソンの職業的生活とオカルト生活との間には明確な分離はなかった。実際、彼はそれぞれのロケットテストの前に、パンに対するクロウリーの賛美の詩を暗唱することが知られていた。

Thrill with the lissome lust of the light,
O man! My man!
Come careering out of the night
Of Pan! Io Pan!
Io Pan! Io Pan! Come over the sea
From Sicily and from Arcady!
Roaming as Bacchus, with fauns and pards
And nymphs and satyrs for thy guards,
On a milk-white ass, come over the sea
To me, to me,
Come with Apollo in bridal dress
(Shepherdess and pythoness)
Come with Artemis, silken shod,
And wash thy white thigh, beautifal God,
In the moon of the woods, on the marble mount,
The dimpled dawn of the amber fount!
Dip the purple of passionate prayer
In the crimson shrine, the scarlet snare,
The soul that startles in eyes of blue
To watch thy wantonness weeping through
The tangled grove, the gnarled bole
Of the living tree that is spirit and soul
And body and brain – come over the sea,
(Io Pan! Io Pan!)
Devil or God, to me, to me,
My man! My man!
Come with trumpets sounding shrill
Over the hill!
Come with drums low muttering
From the spring!
Come with flute and come with pipe!
Am I not ripe?
I, who wait and writhe and wrestle
With air that hath no boughs to nestle
My body, weary of empty clasp,
Strong as a lion and sharp as an asp -
Come, O come!
I am numb
With the lonely lust of devildom.
Thrust the sword through the galling fetter,
All-devourer, all begetter;
Give me the sign of the Open Eye,
And the token erect of thorny thigh,
And the word of madness and mystery,
O Pan! Io Pan!
Io Pan! Io Pan Pan! Pan Pan! Pan,
I am a man:
Do as thou wilt, as a great god can,
O Pan! Io Pan!
Io Pan! Io Pan Pan! I am awake
In the grip of the snake.
The eagle slashes with beak and claw;
The Gods withdraw;
The great beasts come, Io Pan! I am borne
To death on the horn
Of the Unicorn.
I am Pan! Io Pan! Io Pan Pan! Pan!
I am thy mate, I am thy man,
Goat of thy flock, I am gold, I am god,
Flesh to thy bone, flower to thy rod.
With hoofs of steel I race on the rocks
Through solstice stubborn to equinox.
I rave; and I rape and I rip and I rend
Everlasting, world without end,
Mannikin, maiden, maenad, man,
In the might of Pan.
Io Pan! Io Pan Pan! Pan! Io Pan!

- Aleister Crowley’s “Hymn to Pan”

c0139575_610350.jpg

パン


パーソンは後に、非常に有力になるだろう個人:L・ロン・ハバード[L. Ron Hubbard, 1911-86]、サイエントロジーの教会を確立するだろう男と関わり合いを持った。

c0139575_6104337.jpg

L・.ロン・ハバード[L. Ron Hubbard]


パーソンズは、アメリカ海軍のキャプテンだったハバードを大いに気に入り、OTOの秘密に彼をイニシエートした。

「クロウリーへの1946年の公式声明で、パーソンズは書いた:「約3ヶ月前、私は(米海軍)大尉L・ロン・ハバードに会いました・・・ロンは魔術には正式な訓練を有していませんが、彼はその分野での十二分な経験と理解を有しています・・・彼は私が今まで会った中で最もセレマ的な人間で、私たちの原則と完全に一致しています。彼はまた、新しいイオンを確立することに興味を持っています・・・我々は、我々のビジネスベンチャーを制御するための有限会社として機能するだろうパートナーシップの資源をプールしています。」 18

c0139575_6113579.jpg

ハバードとクロウリーの間の関係についての1969年の記事の一部。


サイエントロジーのハバードの教会は、今日、その階層中にトム·クルーズ、
c0139575_6245437.jpg

ウィル·スミス、
c0139575_6305688.jpg

ジョン·トラボルタ、
c0139575_6413111.jpg

リサ·マリー·プレスリー
c0139575_6484466.jpg

のような知名度の高い有名人を含む800万人以上のメンバーを誇り、非常に影響力があって十分な資金のある宗派である

c0139575_7354113.jpg

http://www.complex.com/pop-culture/2013/06/movies-influenced-by-scientology/knowing

大衆文化

クロウリーは、ヘロイン中毒と戦いながら、ほぼ無一文で死んだが、彼の遺産はそれにもかかわらず巨大にほかならない。今日の大衆文化に対するクロウリーの影響力は、多くのレベルで顕著である。それが彼のペルソナへの直接参照を介してであろうと、またはセレマに霊感を得た作品を介してであろうと。

大衆文化に対するクロウリーの影響の最も明白な例は、ビートルズやジミー・ペイジのような、彼のペルソナと哲学に魅了されたロックスターたちによって行われた参照である。

c0139575_6121269.jpg

ビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』のアルバム表紙上のクロウリー

c0139575_61371.jpg

c0139575_6135547.jpg

クロウリーの最も有名な言い習わし:「汝の意志することをなせ」を有するシャツを着ているJay-Z


クロウリーはまた、イアン·フレミングの『カジノ·ロワイヤル』中のジェームズ·ボンドの大悪役ル・チフレや、『ローズマリーの赤ちゃん』のサタニスト・ウィッチ、エイドリアン・マルカートを含めて、多数の映画の登場人物たちに影響を与えた。

今日では、クロウリーと彼のセレマへの参照は、そのシリーズの登場人物の一人が彼にちなんでアリスターと命名されたアニメ『遊戯王』のような奇妙な場所で見つけることができる。この登場人物は、彼の額上に、クロウリーの一筆書き六芒星の複写である「オリカルコスの印」を帯びている。

c0139575_6142622.jpg

彼の額に一筆書き六芒星を帯びたアリスター。


これらの直接の参照を越えて、明敏なアナリストは、数え切れないほどのマスメディア製品の中に、クロウリーのセレマ的哲学と彼の新しいイオンのビジョンの影響を検出できる。

実際、OTOの著名なメンバーたちは、脚本内にセレマ的教義を埋め込んでいるハリウッド映画の制作に濃密に関与していた(そして今でも)。

空想科学小説(サイエンス·フィクション)は、預言的プログラミングに視聴者を曝すための気に入られているジャンルである。


「OTOは、大衆市場の物語、特に人気の書籍や雑誌に掲載されるサブリミナルなオカルトテーマを有する空想科学小説を執筆開始する。

これらの最も影響力のあるものの中に、ロバート·ハインラインの『見知らぬ土地の異邦人』、AH・ホワイトの『遺体安置所へのロケット』、そして前述のアーサー・C・クラークの『センチネル(太陽系オデッセイ)』及び『幼年期の終り』があった。(・・・)

空想科学小説の新たに急成長するジャンルによって、OTOは予測的プログラミングを通じて、アメリカのビジョンを形成することができた。予測的プログラミングは、ある「不可避の未来」を予報し、それによって私たちの都市の建築様式から私たちの自動車や概念の設計に至るまでなんでも、そして何が未来において「進歩と解放」を構成するかの概念に影響を与えるものである。(・・・)

アメリカを変革するOTOの能力は、メディアと医学を彼らのイメージと見せかけに成形し、そして大衆のための新しい「セレマ的」宗教を作り出す科学と空想科学小説によるこの恥知らずの偽りの連鎖に存していた」 19



おわりに

今日では、クロウリーは、誤解された神秘的な天才、あるいは堕落したペテン師、霊的な悟りの時代の預言者、あるいは反キリストの悪魔的先駆者、人類の性的解放のための仲介者、あるいは薬物中毒の男色家のいずれかであると見なされている。

彼の霊的(スピリチュアル)なビジョンは本当だったのか、あるいは彼の多数の信者を信用させて騙したのか? 今日この質問に答えることは実質的に重要ではない。

青年時代には、クロウリーは有名人になりそして歴史の流れを変えることを望み、そして彼自身の方法で、彼は両方の目標を達成した。彼の独特の性格が彼をちょっとしたカルトのアイコンにしただけでなく、彼の哲学と密教的な作品は今日、主流の文化、価値観、そして霊性に影響を与える主要な力である。

年が過ぎ去るにつれて関連性(妥当性)を失うほとんどの歴史上の人物たちとは異なり、21世紀において、クロウリーの影響は着実に増加している。ただし、これは運や自然の進化の結果だけではない。クロウリーと彼のOTOは、科学、法律、文化における影響力のある人物たちと同様、イギリスとアメリカ政府の高位メンバーと関係を維持した。

イルミニストの価値観によって優位に立つ世界エリートは、クロウリーのセレマと完全に一致している。これらの繋がりが、大衆文化における彼の作品の普及と受け入れを促進した。クロウリーは、ただ伝統的な宗教の社会的放棄とホルスのイオンの信奉を予測しただけではなく、彼はこれらの変化が起こるようにした動力装置の一部であった。

c0139575_7134096.jpg


新しいイオンの彼のビジョンはまた、「見識ある」エリートによって支配される世俗的な世界秩序のためのイルミナティの古い計画と一致している。 表現は異なるかもしれないが、ヘルメス的な哲学的背景は同じである。


c0139575_7341622.jpg


まあ言ってみれば、クロウリーと支配者層は、臣民の上で "目と目"を合わせ・・・そして、この目はホルスの目である。 (蛇足:言ってみれば、カルト・マフィアの支配ですか)

c0139575_32106.jpg

c0139575_6485638.jpg

c0139575_714291.jpg

c0139575_6532033.jpg




参考文献

12 Jason Newcomb, Sexual Sorcery
13 Richard A. Spence quoting a U.S. military document, Secret Agent 666
14 Op. Cit. Spence
15 Michael A. Hoffman II, Secret Societies and Psychological Warfare
16 Ibid.
17 Richard Metger, John Whiteside Parsons: Anti-Christ Superstar
18 Ibid.
19 Ibid.


元記事は

Aleister Crowley: His Story, His Elite Ties and His Legacy
http://vigilantcitizen.com/hidden-knowledge/aleister-crowley-his-story-his-elite-ties-and-his-legacy/

関連

マインドコントロール理論とマスメディアで使用される技術 By Vigilant 1
http://satehate.exblog.jp/19126340/

マインドコントロール理論とマスメディアで使用される技術 By Vigilant 2
http://satehate.exblog.jp/19126378/

マルティン・ボルマンはロスチャイルドのエージェントだった-のっぴきならない証拠 by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12247023/

グレース・パワーズのまくし立て + ハリウッドと911
http://satehate.exblog.jp/18168585/

日本沈没作戦進行中 「娯楽」と311
http://satehate.exblog.jp/18226916/

c0139575_2131332.jpg

c0139575_2135722.jpg


c0139575_2365247.jpg

c0139575_2151228.jpg

12.21=33=311 だね

c0139575_2211642.jpg

c0139575_6315470.jpg



[PR]

by oninomae | 2014-01-20 19:40 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

アレイスター・クロウリー:彼の物語、彼のエリート繋がりと遺産 by VC 1

アレイスター・クロウリー:彼の物語、彼のエリート繋がりと遺産 by VC その1

「偉大な獣666」と呼ばれて大いに喜び、そして「歴史上の最も邪悪な男」とのあだ名を出版社によって付けられた男は、演劇のオカルト主義者以上のものであった:アレイスター・クロウリー[Aleister Crowley, 1875-1947]は、20世紀と21世紀の最も影響力のある運動の一つの中心にいる。彼はまた、英国諜報機関MI-5と協力・連動さえして、世界で最も強力な人物たちの一部との関係を持っていた。この記事では、オカルト主義者アレイスター・クロウリーの生涯と作品について説明し、そして、セレマの伝播を促進する世界のエリートと彼の関係を調べる。

c0139575_3433858.jpg


彼は20世紀の最も影響力のあるオカルト主義者であると考えられ、そしてBBCによって第73回「すべての時代の最も偉大な英国人」として認識されているが、ほとんどの人々は、アレイスター・クロウリーのことをかつて聞いたことがない。英国のオカルト主義者、神秘主義者、そして儀式の魔術師は、いくつかのサークル(オカルト主義者、芸能人、有名人など)内では信じられないほど一般的であるが、平均的な人には全く知られていない。

そして、なぜ彼が知られるべきか? 彼は何を達成したのか?

簡単に言えば、彼は20世紀の間に西洋文明を一掃だろう根本的な哲学的変化を予示した。セレマの哲学を設立し、 新しいイオンの到来を宣言することによって、クロウリーは、21世紀の主要な哲学的指針を策定したばかりではなく、彼はそれを促進するイルミニストの動力装置の一部であった。

クロウリーの性的儀式、黒魔術(彼は娯楽の種類からそれを区別するため「magic」の末尾に文字 「k」を導入)における薬物の消費と生かじり故に、彼の一生の間、クロウリーは論評記事によって中傷されまた大量に批判された。

しかしながら、機密解除文書は、その後、「偉大な獣666」は二重生活を送ったことを明らかにした:クロウリーは明らかに英国政府との関係を維持し、そして英国の諜報機関及びアメリカ政府の高位メンバーと協力連携していた。

OTO-彼が普及させた秘密結社-は、その階層内に、その時代の最も影響力のある人々の一部を保持していた。彼らは順繰りに、その主な哲学:セレマの発展を促進するために彼らの権力を使用した。
(蛇足:東京の有り様も見えるようではないカネ。「宝塚」もだが)


彼の青年期

c0139575_3443131.jpg

若いクロウリー


クロウリーは、富裕で宗教的な家庭に生まれた。彼の両親は、排他的同一教会員、プリマス同胞と呼ばれるキリスト教宗派の保守派の一部であった。彼の父親、彼の宗派の巡回説教師は、特に敬虔であり、そして毎日朝食後妻と息子に詩篇からの章を読んだと言われていた。 1

クロウリーは、彼の父親との良好な関係を維持した一方で、彼を「獣」―彼が後に自分の生涯のあだ名として採用した名―として説明する彼の母親を嫌悪した。

11歳の時、父親を肺がんで失った後、クロウリーは家族の財産を継承し、ケンブリッジのトリニティカレッジで英文学を学びに行った。クロウリーが自分のキリスト教の背景を放棄し、そして反逆さえ始めたのは、これらの学年の間である。

彼は真剣に聖書に疑問を呈し、近所の女の子や売春婦との性的活動に参加し、そしてオカルティズムに強い興味を発達させた。

彼の自己肯定に向けてのもう一つ別の象徴的テップは、エドワード·アレクサ​​ンダーからアレイスターへの彼の名前の変更であった。

彼の名前の変更の背後にある理由を説明する彼の自叙伝からの抜粋は次のとおりである:

「長年にわたり、私はアリックと呼​​ばれることをひどく嫌っていた。一部はその単語の不快な音と視覚ゆえに、一部にはそれは母が私をそう呼んでいた名前だったゆえに。エドワードは私に合っていないように思われ、そして呼称のテッドまたはネッドはもっと不適切でさえあった。アレキサンダーは長すぎた、そしてサンディーは亜麻色の髪とそばかすを示唆した。私はいくつかの本や他で読んでいた。有名になるために最も好ましい名前は、ジェレミー·テイラー[Jeremy Taylor]のように: 6歩格の末尾に、強強格に続く強弱弱格から成るものであったことが。アレイスター・クロウリーは、これらの条件を満たしたし、アレイスターはアレキサンダーのゲール語形である。これを採用することは、私のロマンチックな理想を満足させるだろう。凶悪なスペル、アレイスター[ALEISTER]は、よく知られているべき従兄弟グレゴールによって、正しい形式であると示唆された。いずれにせよ、ALAISDAIRは非常に悪い強弱弱格になる。これらの理由から、私は私の現在のペンネームを自分に課した-私は、自分が有名になるプロセスを促進していることを確かだと感じると言うことはできない。私は疑いなくそうするべきだった。いかなる名前を私が選ぼうとも。」 2


おそらく彼の若者時代のクロウリーの最も重要な経験は、彼の同性愛の関係だった。それは、彼の後の伝記作家ローレンス・スーチンによれば、「内在的な神との出会い」に彼を導いた。これは彼に、オカルト主義、秘密結社、そして何より具体的に彼が後に性魔術と呼ぶものに対する大きな関心を引き起こした。


秘密結社

c0139575_3471273.jpg

魔術師王位の象徴を着るクロウリー


彼の20代後半、クロウリーは、多くの密教グループに参加した。そこでは、彼は賞賛され高位に昇るか、あるいは軽蔑され追放されるかどちらかであった。

アーサー・E・ウェイト[Arthur E. Waite, 1857-1942]の『The Book of Black Magic and of Pacts』に触発され、クロウリーは、「偉大なる白色同胞団」として知られる黄金の夜明けヘルメティック教団に1898年に入会した。 この秘密結社は、その会員内に、エリートと社会の非常に影響力のあるメンバーたちを保持していた。そこで彼は儀礼的魔法と儀式的な薬の使用に案内された。

1899年に、彼はOld George Pickingilの魔女(13人)集会の一員なったと報告されている。しかしながら、彼は、彼の無責任な態度と彼の同性愛性向(それはその時代には、魔女に取ってさえ衝撃的だった)の結果として長くは歓迎されなかった。彼の集会の女性祭司は、後に彼のことを「心の汚い、悪意を持った、そして悪質な小さな怪物!」として説明した。3

クロウリーはまた、いくつかのロッジに参加し、いくつかのメーソンの位階を取得し、高位のフリーメーソンとなった。彼の自叙伝で、クロウリーはメキシコのスコティッシュ·ライトで第33(最後の)位階を達成したことを記述した:

「ドン・ジーザス・メディナ、無敵艦隊の名声の偉大な公爵の子孫にしてスコットランド儀礼フリーメーソンの最高首長の一人。私のカバラ的知識は、現在の基準では既に深遠であったので、彼は、私が彼の授与する力で最高のイニシエーションに値すると考えた;私の限られた滞在の観点から特別な力が得られ、そして私は急速に押し通されて、私がその国を去る前に、第33、そして最後の位階に認められた。」 4


著名な作家でフリーメーソンであるジョン・ヤーカーの助けを借りて、クロウリーは3°を含む他のフリーメーソンの位階を取得した。フランスでは、アングロサクソンロッジNo. 343によって、変則的な不規則な「Cerneau」スコティッシュ・ライト儀礼の33°及びメンフィス/ ミスライム儀礼Misraimの儀礼の90°/ 95°を取得。 5

その認識が一般的にメーソンの正当性のための標準と考えられている英国連合グランドロッジによると、しかしながら、これらのメーソン団体はいずれも正会員ではなく、そして彼は決して公式のフリーメーソンとは見なされていなかった。


「法の書」、セレマとホルスのイオン

1904年、クロウリーと彼の新しい妻ローズは彼らの新婚旅行のためにエジプトを訪れた。 彼が彼の最も有名な本、彼の人生の礎となるだろうLiber Legis、『法の書』を書いたのは、この旅行中であった。

彼自身の説明によると、クロウリーの妻がカイロの博物館に彼を連れて行った。そこで、彼女が彼にAnkh-ef-en-Khonsuの石碑(それは後に啓示の石碑として崇敬されるだろう)として知られている七世紀BCE遺体安置所の石碑を彼に示した。

クロウリーは、その展示の番号:666、ヨハネの黙示録で獣の数に愕然とした。

c0139575_3504017.jpg

啓示の石碑、展示番号666。


彼らのエジプト滞在中で後に、クロウリーとローズは、一つの魔法儀式に参加した。その間に、Aiwasssという名の存在から一つのメッセージを受け取ったと彼は主張した。この交信の結果として、クロウリーは法の書-人類の未来に革命をもたらすだろうと彼が信じた神秘的なテクスト-の最初の3つの章を書いた。

「それは、その中でクロウリーが、新しい宗教、ホルスの時代の司祭王子となる新しいイオンの到来を宣言した。 彼は人類と太陽霊的な力の間の関係を定式化する運命にあった。その間に、ホルス神がこの地球上の意識の進化に対して、次の2000年間、中心的な位置を占めるだろう。(...) クロウリーが彼自身の守護天使であると理解したAiwazからのメッセージは、彼を確信させた。彼の人生の使命は、オシリスの時代とその瀕死の付属物、キリスト教の信仰にとどめの一撃を与え、そして廃墟の上に、セレマ-ギリシア語で「意志」の法に基づく新しい宗教を構築することであると。」 6

c0139575_3514648.jpg

法の書の表紙


「騙されたのだ!ニュイの現れ。天国のトモダチの除幕式。
すべての男と女は星である。すべての総体は無限であり、違いはあらず。
私を助けて!おー、テーベの戦士殿、人間の子供たちの前、私の除幕式には!」

- 法の書の冒頭の短詩


「彼の熟達者たちにより、法の書は、宇宙的範囲のオカルト公式を含むものとして記述された。『公然と表明された何ものか、これまでかつて単一のテクストに織り込まれたカバラ的暗号文の最も複雑な織物のベールに包まれた何ものか』。クロウリーは言った、それはただ『自動書記』の作品であったのではなく、超人的な力と知識、何らかの地球外の超越的起源の知性、『彼に対しその後明示するだろう本当の隠されたマスターの一人』からの明確なメッセージであった」 7  (訳注:「神憑り病」の一種でしょうか)

c0139575_844228.jpg

クロウリーによるAiwassの描写

クロウリーの弟子ケネス·グラント[Kenneth Grant, 1924-2011]によると、象徴主義の言語を理解するための能力を有する人は誰でも、「イオンの精神の要約の精度に圧倒されるだろう」。 8

言い換えれば、聖書が過去2千年間、西洋文明を支配したのと同じ方法では、セレマは、次の2000年の精神を​​説明するだろう。

「ホルスのイオンでは、宗教への二元的なアプローチは、自分自身の外部にある神の現在の概念の廃止によって超越されるだろう。その二つは統合されるだろう。 人間は、もはや異教におけるように、外部要因として、あるいはキリスト教におけるように、意識の内部状態として、神を崇拝しないだろうが、しかし、神と彼の同一性を自覚するだろう。」(訳注:この前者のような、「キリスト教徒」はとても多いと思いますが、後者なら仏教的で違和感はない。また、前者も自然が神なら神道的で違和感はない) ホルスの新しいイオンは、男性と女性の極性の統合に基づいて、『物質は二元的ではなく精神と一体であるという古いグノーシス主義の考えの理解の中で』、テンプル騎士団とイルミナティの両性具有的バフォメットによって象徴された、物質の神格化で最高潮に達する、精液と恍惚の魔法的使用を伴うだろう。」 9   (訳注:「バフォメット主義」は一神教の中でのアンチテーゼとしての病気だと思う。それこそ、さっさと統合したら?)

法の書は、3つの主要な哲学的ア​​イデアを中心に展開するセレマの基礎となった。

1 – あなたの意志すること(したいこと)をなせ、これが法の全てとならねばならない。
2 - 愛は法なり、意志の下の愛が。
3 - すべての男、すべての女は星である。

c0139575_3562061.png

一筆書き六芒星、セレマの主な象徴


「Do What Thou Wilt」は「あなたの意志することをなせ」を意味する、したがって、即座の満足と喜びのための利己的な探求を記述していることが広く信じられている。 しかしながら、哲学の入会者たちはこの公準の記述に同意しない。彼らはそれが形而上学的レベルで解釈されることを意図していると信じるからである。セレマは「意志」に対するギリシャ語である。この哲学の主目的は、倫理的あるいは道徳的障壁にかかわらず、「より高い呼びかけ」あるいは人生の目的として記述されている、人の真の意志の実現である。

「正しい行いの基準」はない。倫理はたわごとである。各々の星は、それ自身の軌道上を行く必要がある。「道徳原理」と地獄に堕ちる、そのような事はない。 10


クロウリーは、彼の新しく設立したたA. ' にこれらの教えを組み込んだ。

A.’ (Argenteum Astrumまたは銀星)、すでにない黄金の夜明け団の後継者であることを意図した魔法教団。

彼の教団に関心を生み出すために、クロウリーはまた、科学的イルミニズム(アダムワイスハウプトのイルミナティ教団から借りた用語)誌『The Equinox』を出版した。彼はそこで密教的儀式や技法を公表した。

彼の晩年の『Book of Lies』と題する作品は、Ordo Templi Orienti (OTO)のリーダー、テオドール・ロイス[Theodor Reuss, 1879–1958]の注目を浴びた。ロイスはすぐに、クロウリーを入会させ、OTOのグランドマスターとした。このような認証に与えられた理由は:彼の性的魔術の知識。


OTOと性魔術

c0139575_42243.jpg

OTOの 「偉大なバフォメット」として知られているクロウリー


OTOの魔法的イニシエーションのシステムは、最も内側の領域において、性魔術の教えのセットを有している。人はこの教団の頭字語がかなり男根的であることを観察さえするかもしれない。セックス魔術は、性行為あるいはそれが呼び覚ますエネルギー、情熱や覚醒の使用である。それはその先端として、非性的な世界における意志あるいは魔法的欲望に焦点をあてる。それは「生命力」そして「クンダリーニ」と同一視されている。

東アジアのタントラ学派に触発された性的技法の儀式的な使用を通じて、入会者は、より霊性の高い領域に到達するために性的エネルギーの巨大な潜在力を使用することができる。

「その教団は、古代エジプトおよびヘルメス的伝統だけでなく、自然のすべての秘密、フリーメイソン団のすべての象徴表現、そして宗教のすべてのシステムへの鍵であるテンプル騎士団の偉大な秘密、性の魔法を再発見してきた。」 11


「西暦2000年までに、すべてのイルミネーションという結果をもたらすだろうオカルトの力」を発動するために、クロウリーは、彼の使命は、「性的抑圧から世界を治療する」ことであると確信するようになった。彼の目標を達成するために、彼は性的行動のあらゆる細部を研究し、そしてすべての性的な衝動を合理的意識の領域に連れて行くことを決意した。この目的のため、彼はハシシ、コカイン、そしてアヘンを含めて、意識の変容状態を実験した。

クロウリーは最終的に、彼はそれを最も強力な処方であると考えたため、教団の最高位階の一つとしてOTOに同性愛者のセックスの魔術の実践を(抗議なしに)導入するだろう。 12

クロウリーが、元祖テンプラーたちがソドミーや女性との乱交パーティーを実践していたことに対する非難が事実に基づいていたが、彼らの中傷者によって理解されなかったと感じたことは明らかである。

クロウリーはまた彼と一緒に一連の「売春婦」保持した:これらのうち最もよく知られているのがLeah Hirsig、いわゆる 「トートの猿」であった。彼らは一緒に、飲み会、麻薬、性的魔法に耽るだろう。クロウリーは「魔術的子」(ロマン·ポランスキーのローズマリーの赤ちゃんを参照)を作るために、これらの女性の何名かと複数回の試行を行ったと信じられている。伝えられるところでは、どれもうまくいかなかった。1929年に出版した『ムーンチャイルド』と呼ばれる本の中で、彼は代わりに彼の試みをフィクション化した。

c0139575_444389.jpg

アレイスター・クロウリーによる『ムーンチャイルド』のカバー


セレマでは、売春婦がバビロン、グレートマザー、黙示録の憎むべきものの母と同一視されている。クロウリーと彼の信奉者たちはしばしば、真似事をし、この概念を使って実験するだろう。

続く

参考文献

1 Lawrence Sutin, “Do What Thou Wilt: A Life of Aleister Crowley
2 Aleister Crowley, The Confessions of Aleister Crowley: An Autohagiography
3 Rosemary Ellen Guiley, The Encyclopedia of Witches and Witchcraft
4 Op. Cit. Crowley
5 Op. Cit Sutin
6 Peter Tompkins, The Magic of Obelisks
7 Ibid.
8 Op Cit. Thompson
9 Ibid.
10 Aleister Crowley, The Old and New Commentaries to Liber AL
11 Theodor Reuss, Oriflamme


元記事は

Aleister Crowley: His Story, His Elite Ties and His Legacy
http://vigilantcitizen.com/hidden-knowledge/aleister-crowley-his-story-his-elite-ties-and-his-legacy/


関連

Roman Polanski’s “Rosemary’s Baby” and the Dark Side of Hollywood by VC Feb 26th, 2011
http://vigilantcitizen.com/moviesandtv/roman-polanskis-rosemarys-baby-and-the-dark-side-of-hollywood/

ダイアナ王女の死と記念碑:オカルト的意味 By Vigilant
http://satehate.exblog.jp/15178665/




[PR]

by oninomae | 2014-01-19 19:35 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

イルミナティ教団:その起源、その方法、そして世界の出来事に対するその影響  by VC 3

アメリカでの伝播

アメリカの建国の父のほとんどは、フリーメーソン、薔薇十字会員、あるいはその他であれ、秘密結社の一部であった。彼らのうちの何人かは、ヨーロッパを旅し、よくイルミナティの教義に精通していた。

ババリア・イルミナティが公然と活躍していた時、1776年から1785年に、ベンジャミン・フランクリン[Benjamin Franklin, 1706-90]は、フランスへの米国の大使としてパリにいた。彼の滞在の間に、彼はフランス大東社に付属したLes Neufs Soeursロッジのグランドマスターになった。このメーソン組織は、ババリア・イルミナティのフランス本部になってきたと言われた。それは、アメリカ革命のためのフランスの支援を組織することに特に影響力があったし、また後には、フランス革命に向けたプロセスの一部であった。

1799年、ドイツ首相G.W. スナイダー[G.W. Snyder]が、「すべての政府と宗教を打倒する」イルミナティの計画をジョージ·ワシントン[George Washington, 1732-99]に警告した時、ワシントンは彼が「イルミナティの極悪で危険な計画と教義の多く」を聞いたことがあると答えた。彼はしかし、以下のように述べて、彼の手紙を結論づけた:「私はそれにもかかわらず信じています、この国のロッジのいずれもイルミナティ結社のものとみなされる原則で汚染されていないことを。」

一ヶ月後に書いたスナイダーへのもう一通の別の手紙中で、ワシントンは、その話題について続けた:

「それを疑うことは私の意図ではありませんでした、イルミナティの教義とジャコバン主義の原則は、米国では普及してきませんでした。逆に、私よりもこの事実に真に満足しているものは誰もいないでしょう。私が伝えようと意図した考えは、この国におけるフリーメーソンのロッジが、結社として、前者の極悪非道な教義、あるいは後者の悪質な原則(もしそれらが分離を受け入れる余地があるならば)を伝播するために努力してきたとは考えていなかったことです。それらの個人たちはそれを行ってきたかもしれないこと、あるいは創設者、あるいは創立するために使用される手段、合州国における民主主義社会は、これらの目的を持っていたかもしれず;そして、実際に視野内の彼らの政府からの人々の分離を有していたことは、疑問視されるにはあまりにも明白です。」

c0139575_603212.jpg

イルミナティに関してジョージ・ワシントンが書いたオリジナルの手紙の一部


この手紙から判断すると、ジョージ・ワシントンは明らかにイルミナティの教義をよく知っていた、そして、もし彼が、合州国のメーソン機関がその教義を伝播していることを信じていなかったとしても、彼は個人たちがその努力を引き受けているかもしれないことを認めている。 ババリア・イルミナティに倣って。


今日では、用語イルミナティは、単一の世界通貨の発行、単一の世界宗教を伴う単一世界政府の創出に向けて取り組んでいる、強力な個人の小集団を大まかに記述するために使用されている。 このグループが、原初のババリア・イルミナティから直接由来するかどうか、あるいはそれがイルミナティという用語を使っているかさえ、判断することは難しいが、その教義と手段は、それを完璧に継続している。上述したように、オカルトエリートを記述するために使用される名前は変化し得る。そして、究極的には、名前は関係ない;認識される必要があることは、何世紀にもわたって存在してきた底流である

マンリー・P・ホールによれば、ババリア・イルミナティは、彼が「普遍同胞団」、過去のほとんどのヘルメス主義秘密結社の「源」にある不可視の教団、と呼ぶものの一部であった。それは、世界的規模の錬金術過程を通して人類を案内しながら、人類の変革に向けて何世紀にもわたって取り組んできた。錬金術の偉大な仕事が卑金属を金に変換することを探求するのと同じやり方で、それは世界の同様な変態に向けて努力すると主張している。

ホールによると、普遍同胞団は時としてそれ自体が姿を現したが、ただし異なる名前と象徴の装いの下にであった。これはテンプル騎士団、フリーメーソン、薔薇十字会、そしてイルミナティが、遙かにより深くそしてより強力な潜在勢力の一時的顕現であることを意味するだろう。しかしながら、人間は、元来貪欲と権力への強い欲望に対して弱いものであるので、 これらの運動はしばしば腐敗し、そしてより多くの権力と物質的利益のために大衆に対して共謀することに終わる。

「確かに、イルミニズムの表面の下、その言葉の最も秘儀的な意味において、密教的なものの底流があった。この点では、その教団はテンプル騎士団の足跡を正確に辿っていた。テンプル騎士団員たちは、十字軍の後にヨーロッパに戻った。彼らとともに、一部はレバノンの晶洞から、また一部はアラムート山の老魔術師ハサン・イブン・アル・サバーの弟子たちから収集してきた東洋のオカルト伝承知識の特選断片の数々を持ち来たりながら。

もしイルミニズムの表面の下に流れる深く不可思議な流れがあったとしても、ヴァイスハウプトがカスタリアの春ではなかったことは確かである。おそらく、イルミナティのユリと薔薇十字会のバラは、自然の奇跡による、同じ茎からの流れであった。古い象徴表現はこれを示唆するだろうし、古代の象徴(目印)を無視することは必ずしも賢明ではない。既知の事実の明白でかつ自然な要件を満たしている唯一の説明がある。イルミナティは、遠い昔の系統を引いてきた、そして、インゴルシュタットの人間主義者たちの間で、短時間自身を明らかにした密教的伝統の一部であった。『空中の植物』の花の一つがそこにあったが、しかしその根は遠くより良き地面の中にあった。」 19



ホールは、イルミナティが、ヴァイスハウプトの教団の出現のずっと前に存在していたし、そしてそれは今日も存在している、と結論付けている。イルミナティがその最大の勝利を実現したのは、敗北と破壊の装いの下であった

「ヴァイスハウプトは、より高い原因の忠実な僕として登場した。彼の背後で、秘密学派の複雑な機構が動いた。いつものように、彼らは自分たちの全重量をいかなる腐りやすい機関にも信用して預けることはなかった。ババリア・イルミナティの物理的な歴史は、ほんの12年の期間にわたるものだった。したがって、この運動がヨーロッパの政治生活で引き起こした深い波紋を理解することは困難である。我々は、このババリアの集団が大規模な複合設計のほんの一断片であったとの認識を余儀なくされている。

そのイルミニスト教団の高位階の会員たちを発見するためのすべての努力は成功していない。それ故に、これらのより高い位階はヴァイスハウプトおよびフォン・クニッゲの心の中を除いて存在していなかったと仮定することが慣例となってきた。完全に未知のままでいることを決意した人間たちの強力な一団が、ヴァイスハウプトの背後で動き、そしてそれ自身の活動のための覆いとして彼を前面に押し出したことも同様に可能ではないか?

イルミニズムの理想は、それらが古代の異教の秘儀中に見出されるように、ヴァイスハウプトが生まれたときには古いもので、そしてこれらの念願の信念が彼のババリアの実験で消滅したとは考えにくい。1785年に未完成だった仕事は、1950年に未完成のままに留まっている。密教的教団は、それらを存在に至らせるその目的が成就されるまで、消滅しないだろう。組織は滅びるかもしれないが、大いなる学校は、破壊できない。」  20


c0139575_613441.jpg

米国の国璽は、ギザの未完成の大ピラミッド、密教教団の未完成作品:新世界秩序の象徴を主役にしている。その国璽はフランクリン·デラノ·ルーズベルト、第32階位フリーメーソンにしてピュトンの騎士によってアメリカドル札上に採択された。マンリー・P・ホール

c0139575_18351191.jpg

c0139575_18211221.jpg


今日のイルミナティ

もしイルミニストのアジェンダが今も生きているなら、それはどのような形をとるのか?密教的、精神的な観点から、OTO(Ordo Templi Orientis)のようないくつかの近代的な秘密結社は、イルミニズムの相続人であると主張してきた。

他の研究者たちは、イルミナティを形成するフリーメーソン団の33「可視」位階以上の隠された位階が存在すると述べた。それらは、定義により、秘密であるので、これらの位階についての詳細を得ることは極めて困難である。

現代のイルミニズムの政治的側面は、大いにもっと可視であり、そしてその計画は明白である。ますます一つの限定的な、そして集中した集団が、重要な意思決定や方針の作成を委託されている。選挙で選ばれた担当官たちの上で行動している国際委員会や組織が今日、グローバルレベルで適用される社会的、経済的なポリシーを作り出している。

この現象は世界の歴史の中でかなり新しい。、王国や国民国家よりもむしろ、世界のエリートからなる非選出の影の政府が、徐々に世界権力の中心になってきているからである。

「もう一つ別の政治的な面には、外交問題評議会あるいは世界経済フォーラムの参加者たちのようなイデオロギー集団がある。ここでは我々は、政治、ビジネス、金融、教育、そしてメディアの首脳陣たちを見いだす。彼らはグローバルソリューションの価値の信念を共有し;高い権威と影響力の地位にあり;そして、その集団の中枢との関与の異なるレベルを代表している。ほとんどのメンバーたちは単純に、他のよく知られた著名人たちと交際する機会を歓迎し、そして、会員資格あるいは出席者権限を提供されて光栄に思う。しかし、そのような集団の最高レベルでのイデオロギーは、専門家や立案者の階級によって管理運営され、中央的に組織化された社会的、政治制度の運営を委託される予定の世界政府を支持している。メンバーたちは、特定の多国籍な政治的、経済的政策への考慮すべき声を付け加えるように説得されるかもしれないが、彼らは、その中枢の長期的な野望に支持的では(あるいは気づいてさえ)ないかもしれない。これらの集団がかなり頻繁に秘密裏に彼らの会議を開催する一方で、彼らのメンバーシップのリストは、一つの公的記録事項である。偽装されているのは、中心アジェンダである。」 21


主たるエリート集団と協議会は、以下のとおりである:国際危機グループ、外交問題評議会、世界経済フォーラム、ブルッキングス研究所チャタム·ハウス三極委員会、そしてビルダーバーググループ

ボヘミアン・クラブは、奇妙な式典や儀式で強調される世界エリートの集会を開催することで知られている。そのクラブの記章は、ババリア・イルミナティのミネルヴァルの標章に見られるものと類似したフクロウである。


c0139575_6153088.jpg

ボヘミアン·クラブの記章


もし人が、これらの排他的クラブの会員や参加者たちを慎重に調べるならば、人はそれらがその時代の最も権力ある政治家、経営者、そして知識人たちを、有名な名前を持つあまり知られていない個人と、連合させていることに気付くだろう。彼らは、銀行システム、石油産業、そしてマスメディアのような現代経済の死活的な側面を乗っ取ることによって権力に上昇した強力な王朝の子孫たちである。彼らは、1913年の連邦準備金制度の創設などのゲームを変更する事件に関係してきた。この法律は、米国の銀行システムを、少数のエリート団体の掌中に手に置いて、完全に変更した。

この証明は、1982年の裁判所の決定である。それはこう述べた。「準備銀行は、FTCA [連邦不法行為請求権法]のための連邦の手段ではなく、独立した私的に所有された、そして局所的に制御された企業である。」

彼の著書『イルミナティの血流』で、賛否両論の作者フリッツ・スプリングマイヤーは、今日のイルミナティは、元祖のババリア・イルミナティに近いかあるいは遠い関係を持っていた13の強力な家族の子孫たちから形成されていると主張している。

スプリングマイヤーによれば、 13血流は以下のとおりである:アスター家、バンディ家 、コリンズ家、デュポン家、フリーマン家、ケネディ家、李家、オナシス家、レイノルズ家、ロックフェラー家、ロスチャイルド家、ラッセル家、ヴァン・ダイン家 。 22 (訳注:この並べ方の場合、ウォーバーグ家、オッペンハイマー家、ゴールドスミス家、シッフ家、カーン家等はみな「ロスチャイルド家」に含めて考えねばならないでしょう。シンクレア家、タクシス家やブロンフマン家もかな?また、オナシス家は一代限り認定でしょう)

彼らが所有する物質的及び政治的資源のおかげで、これらの家族の一部が、今日の世界で大きな力を持っていることは疑いない。彼らは我々が今日イルミナティと呼ぶものの中核を形成しているように見える。しかしながら、彼らは新世界秩序を作り出すために共謀しているか?以下は、いくつかの疑問に答えるかもしれない、デイヴィッド・ロックフェラーの回想録からの引用である:

「一世紀以上の間、政治的なスペクトルのいずれの極にせよイデオロギー的な過激派たちは、我々がアメリカの政治・経済的制度に行使したと彼らの主張する過度の影響力についてロックフェラー家を攻撃するために、私のカストロとの接触のような広く報道されている出来事に飛びついてきた。 一 部では、我々がアメリカ合衆国の最善の利益に反して作業している秘密結社の一部であると信じていさえする。私の一族と私が「国際主義者」で、一つのより統 合された地球規模の政治的・経済的構造-もしあなたが望むならワン・ワールド、を建設するために世界中の他の者たちと共謀していると性格付けながら。 もしそれが罪であるなら、私は有罪であるし、私はそれを誇りに思うでしょう。」 23


おわりに

イルミナティの物語は、抑圧されるかあるいは露呈するか、すっぱ抜かれるかあるいは暴露されるか、嘲笑されるかあるいは誇張されるか、幾度となく。すべては、著者の論点、そして彼らが「擁護者」であるかあるいは「批判者」であるかどうかに依存している。

常に秘密であることを意図されてきた一団についての完全な真実を得ることは、かなりの挑戦であり、そして人は、作り事から事実を区別するために、多くの判断力と識別力を働かせる必要がある。

イルミナティに関係するすべての質問に答えることはできないので、この記事は、単純にその教団のより正確な像を描いて、それに関連する重要な事実を提示しようとした。

今日の政治的雰囲気は、ヴァイスハウプトとアメリカの建国の父の時代とは全く異なるが、まだ多くの類似点が残っている。ババリアのイルミニストたちは、その称するところによれば、バチカンの政治的、宗教的弾圧を非難しながら、新種の抑圧が具体化しつつある。

民主主義が単一世界政府に合流し、プライバシーや自由が「セキュリティ」とハイテク監視に置き換えられ、学校は批判的思考を厳重に取り締まり、マスメディアが大衆の頭を悪くさせ偽情報を流し、秘密作戦が人類に対して犯罪を実行し、そしてすべての主要な抗議が激しく成長している警察国家によって抑圧されているので、一つの同様に抑圧的なシステムが現在任命されつつあるという結論を引き出すことは容易である。


イルミナティは本当にバチカンの弾圧から西洋世界を「解放」したか、あるいはそれは単純に、その足跡を続けたのか?

「少数派、現在の支配階級は、学校や出版社、通常、教会も同様に、その親指の下に有している。これが、支配層が大衆の感情を組織化しまた惑わし、そして、それを彼らの道具にすることを可能にする」 - アルバート・アインシュタイン




参考文献

19 Hall, op. cit.
20 Ibid.
21 Wasserman, op. cit.
22 Fritz Springmeier, The Bloodlines of the Illuminati
c0139575_827595.jpg

23 David Rockefeller, Memoirs
c0139575_8285491.jpg


元記事は
The Order of the Illuminati: Its Origins, Its Methods and Its Influence on the World Events by VC Dec 12th, 2012
http://vigilantcitizen.com/hidden-knowledge/the-order-of-the-illuminati/



関連

マイヤー・ロスチャイルドの世界革命行動計画 by ユースタス・マリンズ
http://satehate.exblog.jp/8473976/

邪悪な場所 - イスラエル最高裁判所  By Vigilant
http://satehate.exblog.jp/17426306/

かれらはいかに世界を支配しているか By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/8078264/

プロトコールで、その著者は、私はその著者はサバティアンのライオネル・ロスチャイルド[Lionel Nathan de Rothschild (1808.11.22–1879.6.3) ]であったと疑っているが、彼らの目標を以下のように記している:

「衝突紛争、憎悪、 不和抗争 、飢餓、疾病の接種、欠乏困窮によって、すべての者たちを疲労困憊させること。非ユダヤ人達が、われわれの金と権力にすがる以外、ほかに逃げ出す道を見いだせなくなるまで。」 ( プロトコール10 )

[そして] 「 ...我々が、障害なしに、世界のすべての政府権力を吸収して、1つの超政府を形成することを可能にする。」 (プロトコール5 )

「その時、いったい誰が疑うであろうか?これらの人々はみな、何世紀にも渡って何びとも推測すらしなかった政治的計画に従って、我々によって踊らされていたことを。」 (プロトコール13)

・・・イルミナティ銀行家達が、貴族や教会から権力を奪取し、「自由民主主義」の見せかけを通して社会を管理支配するために、過去300年の自由主義、社会主義(革命的)運動を後援したように思われる。

c0139575_1594337.jpg

c0139575_2124279.jpg

c0139575_2114679.jpg


・・・世界は、悪魔主義カルト教団の奴隷状態にある。

c0139575_19103540.jpg


正しいパラダイムは、人類 対 このカルト教団、その代理人、お先棒担ぎである。

デンヴァーの壁画で識別された反キリスト
http://satehate.exblog.jp/16297474/

バンクオブアメリカの予報: 3つの壁画
http://satehate.exblog.jp/16278866/

邪悪な場所-ジョージア・ガイドストーン By Vigilant + 薔薇の棘?
http://satehate.exblog.jp/12455756/

Final Warning: A History of the New World Order Illuminism and the master plan for world domination -- by: David Allen Rivera, 1994
http://modernhistoryproject.org/mhp?Article=FinalWarning&C=1.3

「ハンガー・ゲーム」:新世界秩序の垣間見?  By VC
http://satehate.exblog.jp/18308247/


タイム検証
http://blogs.yahoo.co.jp/ontibt_des/folder/1533965.html

c0139575_21341080.jpg

c0139575_21345233.jpg
 


117日本同時多発火災、フランス原発火災、サーベラスがKKK売却で日本撤退へ ― 2014/01/17 20:58
http://velvetmorning.asablo.jp/blog/2014/01/17/7195641


[PR]

by oninomae | 2014-01-16 20:18 | イルミナティ  

イルミナティ教団:その起源、その方法、そして世界の出来事に対するその影響  by VC 2

初心者

ババリア・イルミナティの入門レベルのメンバーは、魅力的な語彙(知恵と改善への探求)とオカルト知識を使用してその教団に引き付けられ、案内された。彼らは、しかしながら、一つの高度に監視され制御された位階制(階層)、イエズス会のシステムに似ているものに案内されたのだった。教団の政治的目的への言及はなかった。

「いちど入会すると、それぞれの初心者の教育は、自分の生徒から彼の上級者たちの残りの身元を十分に隠しておく彼の登録者の手の中にある運命だった。その初心者の心に印象づけられたものを読むことを許されていたように、教団のそのような規則は、彼の修練期間に探求される特定の目的が、彼の人格を改善し完全にし、人間性と社会性の彼の原則を拡大し、そして、悪人の計画を阻止し、抑圧された美徳を支援し、また長所のある人間が世界に中で適した場所を見つけることを助ける、称賛に値する目的への彼の関心を誘う運命にあったほどである。 

教団の事柄を尊重する不可侵の機密を維持することの必要性を彼に印象づけながら、彼の利己的な見解と利益を従属させ、そして彼の上級者への敬意があり完全な服従を認める更なる義務が次に要求された。

初心者の責務の重要な部分は、彼が所有している本の題名、彼の個人的な敵の名前そして彼らの恨みの出来事、彼自身の性格の長所と短所、彼の両親の支配的な情熱、彼らの両親と親友の名前、その他のような遠隔事項を対象とした、彼の家族と彼の個人的な経歴に関する完全な情報を含む、(教団の保存記録のための)詳細な報告の作成に存していた。その新入会員が受け取った給付と、教団に彼が提供したサービスを対象とした毎月の報告もまた要求された。

教団の築造のために、初心者は採用の仕事を分担しなければならない。彼の個人的な高位階への昇進はこのような努力の成功を条件としていた。彼は、彼が入会させたものに対して、順番に、上級者となった;そして、かくして、初心者は、仮に二年間の後に、次のより高い位階へと昇進する道が開かれた。」 9



初心者は、彼の上司に対し昇格に値すると証明されると、彼はミネルヴァルの位階にイニシエートされた。


ミネルヴァル[Minerval]

c0139575_528289.jpg

ババリア・イルミナティのミネルヴァルシール。これらのペンダントは、ミネルヴァル入会者たちの首の周りに着用されたが、ミネルヴァのフクロウを特色にしていた。また、知恵のフクロウとして知られ、この象徴は今日まだ強力な場所で見出される:ホワイトハウスの周辺に、ドル札に隠されて、あるいはボヘミアンクラブの記章に。


ミネルヴァルという術語は、ローマで詩、医学、知恵、商業、織り、工芸、魔術、音楽の女神だったミネルヴァに由来している。彼女はしばしば、彼女の神聖な生き物、フクロウ、と共に描かれている。フクロウは、彼女の知恵との絆を象徴している。秘儀の一つの古代シンボルであるミネルヴァは、米国議会図書館やカリフォルニアの国璽のような場所で目立つように呼び物となっている。

イルミナティの第二位階は、教化の一つであった。入会者たちは、教団の精神的な原則に基づいて講義されたが、ヴァイスハウプトと管理者たちの彼に近いサークルの真の目的に関する情報をほとんど持っていなかった。

「初心者がミネルヴァル位階に移行する入会式典は、教団が、その至高の目的として、富者と権力者の征服、あるいは国家と教会の政府の打倒を有していたといういかなる長引く疑念の候補者の心も捨てさせることが期待されていた。それはまた、その候補に誓約させた。人類にとって有用なものであること;永遠の沈黙、不可侵の忠実、そしてすべての上級者たちと教団の規則への尊敬を持っての絶対的な服従を維持すること;そして、すべての個人的な利益を、結社のそれに対して犠牲にすることを」 10


ミネルヴァルは上級者(イルミネートされたミネルヴァル)たちの一部に会い、そして彼らとの議論に従事することを許可された。この特権だけが、新しい入会者にとって動機の大きな源であった。


イルミネートされたミネルヴァル

ミネルヴァルの中から選抜され、イルミネートされたミネルヴァルは、「現実世界」で行動を取るため自分を準備するために、達成するための特定の任務を与えられた。

彼らの仕事のほとんどは、人類の研究とそれを方向付けるための方法の完成に本質があった。各々のイルミネートされたミネルヴァルは、精査され、分析され、特定の方向に向けて指導されたミネルヴァルの小グループを委託された。教団の低位階のメンバーたちは、それゆえ、一般的に大衆に適用される可能性がある技術のための試験対象となった。

「イルミネートされたミネルヴァル位階へと、彼らの上級者の判断において、昇進に値するものであったミネルヴァルは認められた。手の込んだ入会式典は、候補者の心に、彼が教団の中で彼の道を上へ向けて働くとき、彼の人生の進歩的純化が期待されており、そして、人に指示する技術の習得は、彼がその新しい位階に留まるかぎりは、彼の特別な追求である運命であるという概念を根付かせた。

後者を達成するために、すなわち、熟達の心理学者にして人間の良心の指導者となるために、彼の個人的な指示と世話の下に置かれたミネルヴァルの小さなグループの行動、目的、欲望、欠点、および美徳を、絶えず観察研究せねばならない。この困難な任務での案内として、複雑な多くの指示が、彼に提供された。ミネルヴァルの会合での継続的な存在に加えて、この等級のメンバーたちは、月に一回、自分たちで集まった。自分たちの弟子たちに関する報告を聞き、自分たちの指示の仕事で最高の結果を​​達成する方法を議論し、そして、困難で困惑する事例についてお互いの助言を求めるために。これらの会合で、ミネルヴァルのアセンブリの記録が再検討され、修正され、そしてその後、教団の上官に伝達された。」 11



この基本的な構造から、イルミナティはその拡大を開始した。すべてが、一つの重要な目標:フリーメーソン(へ)の浸透を達成するために、ヴァイスハウプトのために準備万端となっていた。


フリーメーソンの浸潤

1777年、イルミナティの創設の翌年に、ワイスハウプトはミュンヘンのTheodore of Good Counselメーソン・ロッジに参加した。彼はロッジ内に自分の見解を成功裏に伝播したばかりでなく、彼はまた、そのロッジが「ほとんどすぐにそのイルミニスト教団に事実上吸収される」  12 ことを成し遂げることができた。

c0139575_21125948.jpg


アドルフ・フランツ・フリードリッヒ・クニッゲ男爵[Baron Adolf Franz Friederich Knigge, 1752-96]という名の著名な人物がヴァイスハウプトの教団にイニシエートされたとき、1780年に、イルミナティとフリーメイソン団との間の明確な提携が可能となった。そのドイツの外交官のメーソンコネクションと組織力は、その教団よって速やかに使われるようになった。クニッゲはイルミナティのための2つの重要な任務を達成するところまで行くだろう:彼は、新たなより高位の位階を作り出して、教団の階層を改訂し、そして、そのシステムの中へのメーソン・ロッジの完全な統合を可能にした。

「クニッゲの教団への到来の結果として、二つの重大な結末が、速やかに続いた。念願の高位階は何とか実現されたし、イルミナティとフリーメーソン団の提携が成立した。」 13

c0139575_5393183.jpg

クニッゲ、影響力のある北ドイツの外交官にしてオカルト主義者は1780年にイルミナティに参加した。彼はここで隠された手の象徴を誇示して表現されている。(Vigilant Citizen上の、『世界を形作った隠された手』を参照))


教団に対するクニッゲの影響は深遠かつ迅速だった。彼が考案した新しいシステムは、フリーメーソンや他の強力な人物たちを引きつけた。それは、その運動に大きな勢いを与えた。クニッゲによって考案されたシステムは、以下の通りである:

c0139575_541451.jpg


クニッゲは教団のオリジナルの位階をそのままに保ったが、しかしそれらの上に新しい位階を追加した。イルミナティの第二のレベルは、フリーメーソン団の位階を組み込んだ。それゆえその同胞団を単により広いイルミニスト上部構造の一部にしていることになる。

「初心者位階(準備の意味でのみのシステムの一部)はクニッゲによって変更されないままに残され、全ての新入会員の手の中に印刷された通信の追加のために取っておかれた。イルミナティの教団が、堕落していない一つの型であり、そのようなものだけが技芸を古代の素晴らしさまで回復できる、全ての他の現代フリーメイソン団の上に立つものであると助言するために。(・・・)

第二のクラスの3つの象徴的な位階は、大きなメーソン仲間の様々な支部の会員たちが、そこを通って新しい教団のより高い位階に行くことができる一つの大通りを供給する、ひとえにその目的で考案されてきた。」 14



ご教団の最高位階は選ばれた少数に制限され、強力な個人と影響力のある人物たちが顔を連ねていた。プリンスの位階はその階層内に、国の監察官、管区長、知事、司祭長たちを保持した。ピラミッドの頂点には、教団の最高頭部を構成する(アエロパガイツとしても知られている)メイガスがあった。彼らの身元は安全に守られ、そして現在でも確認することが困難である。

クニッゲの戦略は、印象的な結果を与え、そしてイルミナティが非常に強力な運動になることを可能にした。

「メーソンのロッジとの提携によりイルミニズムを拡散する新たな方法は、速やかにその価値を証明した。主として、フリーメーソン団のロッジの中の、幹部職やその他の影響力のある人物の中に新入会員を探す精密な戦略のおかげで、一人もう一人と、後者から立て続けに、新しいシステムに渡っていった。新しい県が設立され、新しい地方が組織され、そして地方管区長は、新入会員たちの安定的かつ大量の流れを報告するようになった。(・・・) 学生、商人、医師、薬剤師、弁護士、裁判官、ジムナジウムや大学の教授、教師、公務員、牧師、司祭-みなすべてが寛大に新入会員の中で説明された。識別名は、すぐに新しいシステムのロッジの名簿上に現れた。

ブランズウィックのフェルディナンド公、ゴータ公エルンスト、ザクセン=ヴァイマル公カール・アウグスト、ザクセン=ゴータ王子アウグスト、ヘッセ王子カール、ダルベルグ男爵、哲学者ヘルダー、詩人ゲーテ、教育者ペスタロッチが、登録された番号の中にあった。 1784年の終わりまでに、その指導者たちは、2000から3000の間の総加入者数を誇った。そして強固な基盤上の教団の体制は完全に保証されているように見えた。」 15



ヴァイスハウプトは、しかしながら、彼の教団の成功を長くは享受していない。政府や宗教的なものに対するイルミナティの陰謀への疑惑は、欧州全域で発生した。その勢力に対して確かな脅威を見て、ババリア政府は、法の適正なる許可なしに存在していたすべての共同体、協会・結社、そして同胞団を非合法化する勅令を発した。

さらに、ヴァイスハウプトと彼の教団の上層部との間の内部の意見の相違は、紛争や不和に繋がった。そのすべての真っ只中で、一部のメンバーたちは、当局に直接行って、教団に反対して証言した。それはババリア政府が見逃しはしなかった一つの機会であった。

「その友人の口から、教団に対してその敵がなした非難が具体化する運命にあった。その指導者たちの承認により、イルミナティのシステムは宗教と国家の打倒に専念する組織、毒殺者と偽造者の束、胸が悪くなるようなモラルや邪悪な趣味の人間の協会の外観を有していた。」 16


1788年までに、攻撃的な法律や刑事告発を使用を通して、ババリア・イルミナティは、見たところ政府によって消散させられ、破壊された。一部のものが、ここにイルミナティの物語の結末を見る一方で、人は、イルミニズムの触手は、ババリアの境界を越えてヨーロッパ全体のメーソンのロッジに到達するための道を広げる時間があったことを忘れてはならない。換言すれば、イルミナティは決して破壊されなかった、それは単に地下に行った。一年後に、一つの重要な事件が、イルミニズムがかつてより活動していて強力であったことを証明する:フランス革命である。


フランス革命

1789年のフランス君主制の暴力的打倒は、その時代の伝統的な機関に対するジャコバン主義とイルミニズムの勝利を多数のものに対して象徴している。人権宣言の採択は、フランス政府の中核にメーソンとイルミニストの価値を公式に記録した。その国の新しいモットー「自由、平等、友愛(兄弟愛)」は、何世紀にもわたってフランスのロッジで使用された有名なフリーメーソンの格言であると言われた。

c0139575_5432150.jpg

人権宣言の公式文書は、秘密結社を参照するいくつかのオカルト象徴を含んでいる。まず、燃える星シリウスの光に囲まれた一つの三角形内のすべてを見通す目の象徴が、他のすべての上に見出される(この象徴はまた、米国の国璽に見出される)。タイトルの下に、ウロボロス(自分の尾を食べる蛇)、錬金術、グノーシス主義、そしてメーソン団の中核の教えであるヘルメス主義と関連した密教的象徴」。ウロボロスの真下に、赤いフリギア帽、世界中に渡るイルミニストの革命を表す象徴。その宣言全体がメーソンの柱によって守られている。


イルミニズムに対する反発

たとえババリア・イルミナティが死んだと言われていたとしても、それが推進していたアイデアは依然として現実のものとなった。フリーメーソンと薔薇十字会員はまだ繁栄し、イルミナティは、それらを介して生きているように見えた。

新しい階級の人々が権力の舵を取るにつれて、ヨーロッパは深い騒乱を経験していた。大衆に彼らが目撃している変更の背後にある秘密の力を明らかにする批評家たちが現れ始めた。

レオポルド・ホフマン[Leopold Hoffman, 1748-1806]、一人のフリーメイソンは、イルミナティが彼の同胞を堕落させたと確信し、Wiener Zeitschriftと題した彼の雑誌で、一連の記事を発表した。彼はイルミナティの低等級は解散させられてきたが、最高位階は依然として活動的であると主張した。彼はまた、フリーメーソン団が「イルミニズムによって征服され」、その目的に奉仕するように転換されたと付け加えた。彼はまた、フランス革命は何年にも渡るイルミニストの宣伝の結果であったと述べた。

1797年に、ジョン・ロビンソン[John Robinson, 1739–1805]、スコットランドの医師、数学者、そしてと発明者(彼はサイレンを発明した)は、『フリーメーソン、イルミナティ、そして学識協会の秘密会合内で継続される、欧州のすべての宗教や政府に対する陰謀の証拠』と題する本を出版した。

この敬虔なフリーメーソンは幻滅した。彼の同胞団が、イルミナティによって浸透されてきていたことに気づいたときに。、彼の本の抜粋を以下に示す:

「私はメイソンロッジの隠れ場が、大きな危険に著者を曝すことなしに公共の場で広めることができなかっただろう宗教と政治における感情を排出し、増殖させるために、すべての国で採用されてきたことを発見した。私は見出した、この処罰免責は徐々に、勝手気ままな原則の人々が、より大胆になるように、そしてすべての我々の道徳性-宇宙の道徳的政府への我々の信頼のすべて-存在の将来の状態における我々の希望のすべて-そして、我々の現在の生活への満足と安堵のすべての-道徳性概念を破壊する教義を教えるように奨励してきていたことを。私は、哲学の松明によって世界を啓発する、そしてヨーロッパの国々を暗闇と奴隷状態の中に保っている民生的、宗教的な迷信の雲を払拭するというもっともらしい口実の下で、50年の過程を通してなされてきたこれらの試みを追跡することができた。

私はこれらの教義が徐々に拡散して、フリーメイソン団のすべての異なるシステムとの混合するのを観察してきた;ついには、すべての宗教制度を根絶し、欧州のすべての既存の政府を転覆するという明確な目的のために、一つの協会が形成されてきた。

私は見てきた。それがほとんど抵抗できないようになるまで、この協会が熱心かつ体系的に奮闘しているのを:そして私は、フランス革命の中の最も活動的な指導者たちが、この協会の会員たちだったし、そしてその原則に基づいて、正式に要求し得られたその指示と支援によって、彼らの最初の運動を行ったことを:

そして最後に、私は見てきた。この協会がまだ存在しているし、まだ秘密に作業していること、そして、我々自身の間でのいくつかの状況が、その使者が彼らの憎むべき教義を伝播するために努力していることを示しているばかりでなく、その協会が1784年以来、ミュンヘンの母親ロッジに対応する英国のロッジを持っていることを・・・

私がそれについて話してきた協会は、イルミナティ教団であり、それは、アダム・ヴァイスハウプト博士、インゴルシュタット大学における教会法の教授によって1775[原文のまま]年に設立され、そして1786年にババリア選帝侯によって廃止されたが、しかし、ドイツの至る所で、別の名前の下、別の形で、直後に復活した。それは再び摘発され、そして一見壊れていた;しかし、それはこの時までに深く根付いていた。それが発覚することなくまだ存続し、そして欧州のすべての国々に広がっているほどに。」 17



アウグスティン・バリュエル[Augustin Barruel, 1741-1820]、フランスのイエズス会の司祭も1797年、フランス革命をババリア・イルミナティに結び付ける本を出版した。『ジャコバン派の歴史を巡る覚え書[Mémoires pour servir à l’histoire du Jacobisime]』の中で、彼はスローガン「自由と平等」を、早期のテンプル騎士まで遡り、主張した。その教団の高位において、自由と平等は「王と王位に対する戦争」だけでなく「キリストと彼の祭壇に対する戦争」によっても説明されるものであることを。彼はまた、フリーメーソン団のイルミニストによる乗っ取りに関する詳細を提供した。

「バリュエルは、メーソン団の低い位階のものがヴァイスハウプトに騙されたばかりではなく、ヴァイスハウプト自身のイルミナティに、それだけがその秘密の目的を知っていた教団全体の指導者たちの世間と没交渉のサークル、エオパガスとして知られているもう一つ別の最高機密レベルの指令を提供していたと非難した。バリュエルにとって、ラ・ロシュフーコー、ラファイエット、そしてオルレアン公爵などの革命的指導者たちは、イルミナティの代理人となり、またイルミナティ主導の反乱の火付け役となった工作員ダントンのようなより極端な過激派のカモとなっていた。バリュエルはさらに、フランスのメーソン体制全体が、そのロッジが虐殺を計画する秘密委員会に変わるという、ヴァイスハウプトの革命的なアイデアに転換させられていたと非難した。」 18


続く

参考文献

9 Stauffer, op. cit.
10 Ibid.
11 Ibid.
12 Hall, op. cit.
13 Ibid.
14 Ibid.
15 Ibid.
16 Ibid.
17 John Robinson, Proofs of a Conspiracy
c0139575_821756.jpg

18 Tompkins, op. cit.

元記事は
The Order of the Illuminati: Its Origins, Its Methods and Its Influence on the World Events by VC Dec 12th, 2012
http://vigilantcitizen.com/hidden-knowledge/the-order-of-the-illuminati/



[PR]

by oninomae | 2014-01-15 20:27 | イルミナティ  

イルミナティ教団:その起源、その方法、そして世界の出来事に対するその影響  by VC 1

イルミナティ教団:その起源、その方法、そして世界の出来事に対するその影響  by VC Dec 12th, 2012 その1

イルミナティ教団はしばしば、人類の歴史に対する秘密結社の影響についての議論の中心にある。イルミナティは神話であるのか、それともそれは本当に密かに世界を支配しているのか?その質問をする人々の数が増加するにつれて、その教団に関する事実は誤解や偽情報で希釈され、その主題に対する客観的な調査を行うことを難しくしている。この記事では、その主題に対する最も重要な文書の一部を検討することにより、そのイルミナティの教団に対していくつかの事実を解明することを試みる。

c0139575_4492871.jpg


「イルミナティ」という言葉は、密かに世界を運営しているエリート集団を記述するために、かなり自由に投げ散らかされる。ほとんどのものたちは、その用語の意味の一般的な考えを持っているが、それに関連する概念やアイデアについて混乱している。イルミナティはフリーメーソン団と同じものか?彼らの目標は何か?彼らの信念は何か?なぜ彼らは秘密裏に行動するのか?彼らはオカルトを実践しているか?

客観的に対象を研究しようとすることは、骨の折れる作業になリ得る。なぜなら、ほとんどの情報源は、何であれイルミナティに関することは否定(そして愚弄さえ)する軽蔑的な偽情報の断片に終わるか、あるいは、領域の他の末端では、噂や誤認に基づく、大事なことをよく知らない恐怖屋を信奉するに終わるからである。どちらの場合も、研究者は同じ結果:真実の歪曲版に終わる。

秘密結社は、定義において秘密であることになっており、そして、歴史はしばしば、権力者によって書き換えられていることを考慮するなら、イルミナティについて公正な真実を得ることは、一つの難問である。

この記事は、イルミナティについて知られるすべてのものを「明らかにする」あるいは「暴露公開する」と主張するものではない;、それはむしろ、広くその対象を研究してきた著者たちを引用して、その教団のより正確な像を描くことを試みるものである。

彼らが、最終的には、イルミナティの批判者であろうが、あるいは擁護者であろうが、これらの著者たちは、彼らの考えを信頼できる事実の上に基礎づけている。

イルミナティについて最も興味深いの文書のいくつかは、秘密結社の入会者たちによって書かれた。彼らはその運動を前進駆動させる哲学的、精神的な底流を理解していた故に。

これらの作品を使用して、我々はイルミナティの起源、その方法、そして世界史に対するその影響を調べるだろう。


秘密結社の種類

いくつかの集団が、過去に自身を「イルミナティ」と呼んだけれども、それらのうち最も影響力があり記憶すべきは、ババリア・イルミナティ[Bavarian Illuminati]であった。1776年5月1日に設立された、アダム·ヴァイスハウプト[Adam Weishaupt, 1748-1830]によって作り出されたその組織は、「精神的」秘密結社と「政治的」秘密結社の間の境界線を不鮮明にした。

正確な政治的目標を達成するために共謀する一方で、フリーメーソン団と薔薇十字会のオカルト科学を混合することにより、そのイルミナティは世界舞台で主体となった。その時代のほとんどの秘密結社が金持ちと彼らのオカルティズムへの魅惑に迎合している一方で、ババリア・イルミナティは積極的に、深く世界を変えることを追求した。

秘密結社は、歴史の流れを通して存在してきた。それぞれ、社会において、異なる目的、異なる役割を持ちながら。エジプトの密教学派がエジプトの機関の一部であった一方で、他の団体は、その破壊と陰謀の目的の故に秘密だった。 二名の有名な政治家によって書かれた以下の2つの引用は、秘密結社についてのこれらの反対意見について述べている:

「密教的友愛団(同業者仲間)は、初期の時代に、秘密の自慢をした。そのうち賢者の石はほんの最小のものだった;彼らは自分たち自身をカルデア人、占星術師、裸行者、そしてプラトン主義者が教えたことのすべての継承者であるとみなした;そして彼らは、その生活の美徳、教義の純粋さ、そして、すべての知恵の基盤として、感覚の従属および宗教的信仰の強さを主張したことにおいて、すべての魔法のより暗い息子たちとは異なっていた?」-エドワード・ブルーワー・リットン卿、 1884 1


「今日の政府は、単に他の政府、皇帝、王、そして大臣たちばかりではなく、至る処に彼らの無節操な代理人たちを有しており、最後の瞬間にすべての政府の計画を転覆させることができる秘密結社と対処しなければならない。」-英首相ベンジャミン·ディズレーリ、1876



これらの引用文は秘密結社の影響の異なる領域を記述している。最初のものは、精神的な側面に言及しており、他方、第二のものは、政治的な側面を述べている。すべての秘密結社が精神的領域に住むわけではなく、そしてそれらのすべてが政治的策謀に関与しているわけでもない。ババリア・イルミナティは、両方の領域で活動していた。

「精神的兄弟団は、知恵と人類を無限の領域に向かって案内することを誓っており、政治的兄弟団は、暗闇の中で巧みに操作するアジェンダを覆い隠す権力追求者たち[で構成されている]。 (・・・) すべての秘密結社は、特定の基本的なテーマを共有している。会員資格は、その主題に持続的な関心を持っているものたちに限定されている。それ故に、精神的な集団は、ある特定の教師あるいは実践の型のより多くの知識を求める人々を魅了する。学生は、予めその主題を認識しており、そして更なる教授のためにその集団に近づくだろう。より稀には、一個人は、その目的への認められた親和性の故に、その集団によって『選ばれ』るかもしれない。

政治的秘密結社では、会員資格は、その集団が主張する目標とイデオロギー的親和性を共有しているものたちに限定される。政治的スペクトルの最も極端なところでは、その使命は革命となるだろう。このような結社は自らを守るためにどんなことでもするだろう。(・・・)

イルミナティは、精神的秘密結社と政治的秘密結社との間の隔たりに橋渡しをするものとして、多くの人に認識されている。1787年のフランス革命に影響を与えたとして、しばしば賞賛され(あるいは非難され)るように、イルミナティは、人間の平等、合理主義の信奉、そして社会的道徳的価値を制御するための合法的機関としての王と教会の否定にかかっている社会的、政治的な解放の教義を教えた。

イルミナティのその観点が、その時代非常に進歩的に響いたかもしれない一方で、彼らが奨励していると考えられたヨーロッパの革命は、その道徳的羅針盤の異常な欠落が恐るべきものであった残忍な大量殺人に堕落した。」 2



一部のものが、アダム・ヴァイスハウプトがイルミナティの唯一の首謀者であり、そして彼の組織は12年以内に栄光に上昇しそして死んだと信じている一方で、ほとんどのオカルト主義に入会した研究者たちは、ババリア・イルミナティは中世のテンプル騎士に遡ることができる古代同胞団の最高の登場だったと信じている。

マンリー・P・ホール、第33位階フリーメーソンにして多産の著者は、彼のパンフレット『友愛のメイソン教団』の中で、社会変革に向けて何世紀にもわたって静かに取り組んできた、ある「見えざる帝国」について述べている。

それは定期的に歴史の至る処に見えるようになった。別の名前を帯びている異なる組織を通じて。彼によると、これらの集団は、将来の世代を形成するために、教育システムを変換さえしながら、社会に大きなしかし静かな影響を与えている。

「密教学派の本質的なプログラムの直系は、その仕事にすでに良条件の集団に委託された。ギルド、労働組合、そして同様の保護的で慈悲深い社会が、新たな学習の導入によって内部強化されてきていた。その計画の進歩は、哲学的誇張の境界の拡大を必要とした。「方法」に従った教育の深く広範なプログラムに支えられた一つの世界的友愛が必要とされた。このような友愛はすぐにはすべての人々を含めることができなかったが、しかし、人種的または宗教的信条または彼らが住んでいる国々に関わらず、特定の種類の人々の活動を団結できた。これらは、「方向性」の人々で、明日の息子たちであった。彼らのシンボルは、東の山を越えて上昇する太陽だった。(・・・) その友愛教団は、世界の教育を後援すべきであることは避けられない。(・・・) そのプログラムは、既存の制度の体系的な拡張、そして彼らの影響力圏の拡大を含んでいた。

ゆっくりと、普遍的改革の教団は世間の注目から消え、そしてその場所で世界同胞教団が登場した。移行が明白になることを防ぐために、可能なすべてのことが行われた。歴史でさえ、活動の特定のひと続きのものを認識できなくするために偽造された。重要視のシフトが唐突な印象を与えたことは決してなく、そしてその運動は社会的意識の夜明けとして登場した。秘密の活動への最も明白な手がかりは、その起源に関する行き渡った沈黙と、17世紀と18世紀の友愛教団の記録の欠落部分を提出することの不可能性であってきた。(・・・) 友愛教団は、親プロジェクトにか細くほとんど見えない糸によって取り付けられた。以前の密教学派と同様、これらの友愛団はそれ自体が密教団体の実際の化身ではなく、むしろその神聖計画の特定の目的を進めるための道具であった。」 3



ここでは、ホールは、ババリア・イルミナティが活動的であった時代、17世紀と18世紀の間の秘密結社の働きに関する「沈黙」と情報の欠如に言及している。秘密結社が行動をとり、革命を引き起こし、君主と教皇の力を転覆し、銀行システムを掌中に収めたのは、この期間中である。

ババリア・イルミナティは、ホールによって記述された見えざる帝国の一部であったか?それは今日でもまだ活動的か?最初に、アダム・ヴァイスハウプトと彼の悪名高い秘密結社を考察してみよう。


イエズス会に訓練された、アダム・ヴァイスハウプト

c0139575_4505719.jpg

アダム・ヴァイスハウプトは1748年2月6日にババリアのインゴルシュタットで生まれた。彼の父親は彼が7歳の時に死亡し、彼の名付け親、イクシュタット男爵[Baron Ickstatt, 1702-76]が、当時の最も強力な集団:イエズス会士たちに彼の初期の教育を委託した。その破壊的な方法と陰謀的傾向で知られ、イエズス会は、ババリア州の政治と教育システムに対して牙城を持っていた。

「イエズス会の代表がババリアで達することができた権力の程度は、絶対以外なにものでもなかった。その教団のメンバーは、選挙人たちの聴罪司祭や指導医師だった;それゆえ彼らは、政府の政策に対して直接影響を与えた。宗教の検閲は、いくつかの小教区でさえ、その権威と権力を認識せざるを得ないほどに、彼らの熱心の手に落ちていた。

すべてのプロテスタントの影響を駆除し、そしてカトリック体制を完全なものにするために、彼らは公教育の道具を所有してきていた。、ババリアの大学の大部分が設立されたのは、イエズス会によってだった。そして彼らによってそれらはコントロールされた。彼らによってまた、国の中等教育も実施された。」 4



イエズス会の内部機能は、それが見たところでは反対して働いていたオカルト兄弟団と非常に類似していた。それは、位階、入会儀礼、手の込んだ儀式、そして密教的象徴で機能し、その破壊的な傾向のため、いくつかの国では何度も抑圧されてきていた。

1773年、ヴァイスハウプトの名付け親は、彼の名付け子を教会法の大学教授として据えるために、インゴルシュタット大学で彼の偉大な影響力を行使した。その時代、その機関は重いイエズス会的支配下にあり、そしてその特定の地位は、伝統的に影響力のあるイエズス会士により保持された。

ヴァイスハウプトの啓蒙哲学の時代への増大する信奉は、彼をイエズス会と対立させ、そして、すべての種類の政治的なドラマが続いて起こった。この事実にもかかわらず、ヴァイスハウプトは、権力を得るために、イエズス会の組織とその破壊的な方法の中から多くのことを学んだ。ヴァイスハウプトの考えに秘密結社のアイデアが入り込み始めたのは、この期間である。

「才気溢れ、そして権力へ接近の陰謀的方法の訓練をしっかり受け、若きヴァイスハウプトは、ローマのイエズス会的支配から世界を解放する決意を持って、一つの陰謀団体を組織することを決定した。」 5


一部の著者たちが(1773年に教皇勅書によって抑圧された)イエズス会が彼らの支配を永続させるためにヴァイスハウプトを使用したと考えているが、他の著者たちは、彼は彼らのババリアに対する強力な支配力を転覆しようとしたと述べている。

より幅広い規模で、彼は、世界的なしかし秘密の「入会者たち」の委員会によってそれらを置き換えるために、世界中のすべての政府や宗教団体を打倒することから世界は利益を得るだろうと確信していた。彼の目的を達成するために、彼はイエズス会に対してイエズス会の方法を使用するだろう。

ヴァイスハウプトが彼の研究を追求するにつれ、彼はまたオカルト秘儀やヘルメス主義に精通するようになった。彼は、この秘儀的知識の魅力的な力を認識し、そしてメーソンのロッジが彼の意見を伝播するのに理想的な場であるだろうと理解した。したがって彼はフリーメーソンになろうとしたが、しかしすぐにそのアイデアに幻滅した。

「彼の想像力は、エレウシスの秘儀の魅力的な力とピタゴラスの秘密教団によって発揮された影響力に対する彼の熟考から熱を帯び始め、彼が自分の見解の伝播のために切望した機会をその時代のメーソン機関内に求めるということが最初、ヴァイスハウプトの考えにあった。この本来の意図から、しかし、彼はすぐに方向転換させられた。一部には、メーソンのロッジへの入会を許可されるに十分な資金を駆使することにおいて彼が経験した困難の故に、また部分的には彼の手に入るようなメーソンの本についての彼の研究が、フリーメーソンの「密議」はそれらを価値あるものとするにはあまりにも幼稚で、かつ一般公衆に非常に容易にアクセス可能であったことを納得させたからである。」 6


ヴァイスハウプトはすぐに気づいた。彼の目的を達成するためには、彼の意見を受け入れ、彼がそれらを伝播することを助ける強力な個人で構成された彼自身の秘密の集団を作り出すことが彼にとって必要であろうと。

「彼は、それ故、独立した系統を始めることが必要だと考えた。彼は、隔離と秘儀の壁の背後に、世界の注視から隠蔽された「知恵の学校」よりなる原型秘密組織を形作るだろう。その内部では、司祭たちの愚かさと尊大が教育の公共講座から禁止した種の真実が、影響を受けやすい若者に完璧な自由を持って教えられるかもしれない。」 7


ヴァイスハウプトの組織の目標は、単純だが記念碑的であった:イルミナティ入会者の一団によって置き換えるために、すべての政治的、宗教的な機関を打倒すること。彼によると「完全かつ迅速な普遍的幸福は、階層、階級、そして富の廃棄によって達成されるだろう。王子たちや、国々は、地球から暴力なしに消え去るだろう;人類は一つの家族となるだろう;、世界は合理的な人間たちの住み処になるだろう。」1776年5月1日、イルミナティ教団が設立された。


ババリア・イルミナティ

ヴァイスハウプトのイルミナティは、ほんの5名の会員とともに慎ましく始まったが、しかし数年後に、そして強力な繋がりを持って、その教団は世界中での一つの主要な政治勢力となった。影響力のある決定者、富裕な工業家、強力な貴族、そしてと謎めいたオカルト主義者たちが、その教団に加わり、そしてその共謀目的に参加した。一部の歴史家は、教団の成功への迅速な上昇は、ヴァイスハウプトと、その時代の最も強力なオカルト主義者、カリオストロ[Alessandro Cagliostro, Giuseppe Balsamo, 1743-95]という名の謎の人物との間の秘密会合のおかげであると主張している。

「インゴルシュタットでは、カリオストロは、1776年にイルミナティの宗派を設立したアダム・ヴァイスハウプト、その大学での哲学と教会法の教授、に会っていたと考えられている。彼ら自身をテンプル騎士団の相続人であると呼び、世界的な宗教改革のプログラムの促進のために、カリオストロによって達成されたような天空的介入を使用することへの彼らの関心を宣言した。しかし、それは『教皇の三冠を塵に帰し、カペー王家の最後の処分をすることによって、テンプル騎士団のグランドマスター、モレーの死に復讐することを誓い』、カリオストロのものより急進的なものであった。

カリオストロは感謝し、そして、ルイ16世の断頭、その時点で決してありそうもないとしてほとんど想定されない出来事の予言的詳細について説明した。」 8



ババリア・イルミナティはもともと三つの主要な等級で構成されていた:初心者、ミネルヴァル、そしてイルミネートされたミネルヴァルである。各々の等級は、ピラミッドの頂点に完全な制御と優位性を確保しながら、特定の目的を達成するために設計された。以下で、各等級を簡単に見ていこう。

続く

参考文献

1 Sir Edward Bulwer Lytton, Zanoni
c0139575_8133776.jpg

2 James Wasserman, The Mystery Traditions
c0139575_815871.jpg

3 Manly P. Hall, Masonic Orders of Fraternity
c0139575_8144699.jpg

4 Vernon L. Stauffer, The European Illuminati
c0139575_8151224.jpg

5 Peter Tomkins, The Magic of Obelisks
c0139575_8155791.jpg

6 Stauffer, Op. Cit.
7 Ibid.
8 Tompkins, op. cit.


元記事は
The Order of the Illuminati: Its Origins, Its Methods and Its Influence on the World Events by VC Dec 12th, 2012
http://vigilantcitizen.com/hidden-knowledge/the-order-of-the-illuminati/



[PR]

by oninomae | 2014-01-14 20:20 | イルミナティ  

アルゼンチン裁判所 モンサントの工場建設を差し止め 農業情報研究所 + 郡山市の高校生が白血病!!

アルゼンチン裁判所 モンサントの工場建設を差し止め 農薬の健康影響を恐れる環境活動家が訴え 農業情報研究所 2014年1月12日
http://www.juno.dti.ne.jp/tkitaba/gmo/news/14011201.html

 アルゼンチチンの労働控訴裁判所がコルドバ州でのモンサント社の工場建設は違憲として建設工事を差し止めた。地域の環境保全を理由に同社の遺伝子組み換え種子工場に反対する環境活動家の訴えを受けたものだ。活動家はこの113日間、工事を阻止してきた。

 アルゼンチンでは昨年10月、モンサントが販売する農薬が先天異常や発癌率の上昇などの健康問題と関連していることを示す新たな報告が出ている。.アルゼンチンには遺伝子組み換え作物が溢れている。報告は、これに関連した農薬が居住地近くで使用されることが多く、水が汚染され、健康問題を引き起こしていると言う。

 この判決で、工場建設は地域への将来の影響を確認する環境アセスメントが完了するまで中断される。モンサント社は法的要件はすべて満たしており、建設許可も降りているから建設する正当な権利がある、環境アセスメントも既に実施、州環境当局が審査している最中と反論しているということだ。 

 Construction of Monsanto plant in north Argentina halted on environmental grounds, Merco Press,14.1.10


関連

モンサントのラウンドアップと出生異常 by F・ウィリアム・イングドール
http://satehate.exblog.jp/15225234/

モンサント、TPPと、世界の食料支配 Ellen Brown
http://satehate.exblog.jp/21017976/

他国の食料自給潰し略奪 アメリカ多国籍企業 日本にTPP参加迫る黒幕 長周新聞 +
http://satehate.exblog.jp/21035913/

アメリカの未承認遺伝子組み換え米実験が世界の米供給を汚染 Ethan A. Huff 
http://satehate.exblog.jp/20463672/

「モンサント保護法」 そうした米国のルールを日本に持ち込むのもTPP 櫻井ジャーナル 
http://satehate.exblog.jp/19750696/

汚染されたアメリカ Paul Craig Roberts
http://satehate.exblog.jp/19590255/

腐敗という悪性腫瘍、破壊の種子: モンサントGMOのごまかし F・ウィリアム・イングドール
http://satehate.exblog.jp/20279689/

米国のGMO農業の過ちを教訓にせよ F・ウィリアム・イングドール
http://satehate.exblog.jp/14978042/

エージェント・オレンジから農薬や遺伝子組み換え作物まで。モンサントを信じてはいけない理由 Josh Sager
http://satehate.exblog.jp/20291197/

ハイチの農民たちへの475トンの遺伝子組み換え種子というモンサント社の致命的な贈り物
http://satehate.exblog.jp/14373588/

食品安全「近代化」法
http://satehate.exblog.jp/15550325/

不妊、幼児死亡率に関連づけられたGM大豆 By Jeffrey Smith 1
http://satehate.exblog.jp/15785590/

不妊、幼児死亡率に関連づけられたGM大豆 By Jeffrey Smith 2
http://satehate.exblog.jp/15785594/

GMOで死ね死ね団:仏ルモンド紙「モンサントの遺伝子組み換え食品に毒性の疑い」 
http://satehate.exblog.jp/18478975/

どのように遺伝的に操作された食品が我々の種の生存を脅かすか by David Rothscum
http://satehate.exblog.jp/14381968/

遺伝子組み換えが動植物、環境、人間に与える7つの毒性
http://blog.rederio.jp/archives/1629#comments

ニューエイジ・アセンション:スピリチュアルな「ともだち」
http://satehate.exblog.jp/12903383/

c0139575_4275826.jpg



マラチオンはなぜ混入したか アクリフーズへの罠 たんぽぽ日記 2014年01月12日
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/11416142.html

マルハニチロホールディングスの子会社アクリフーズの冷凍食品から農薬マラチオンが検出された問題が日本を騒がせている。

今もテレビでは工場で働く従業員たちが口を揃えて、「(工場内には)異物など持ち込めない」と言っていた。

だが、本当にそうだろうか?

私は以前、こうした工場に人材を派遣する仕事に就いていたため知っているのだが、多くの工場にはこうした派遣会社の管理者や営業マンなどが自由に出入りできる。

アクリフーズの従業員たちは工場の制服にポケットがないし、従業員同士の目もあるので、異物を持ち込んで混入させることは不可能だという。

しかし、私が工場内に入るときも、工場の責任者が付いてくるわけでもないし、身体検査はまったくなかった。

スーツの上に衛生服を羽織り、帽子を被るだけで、いつでも異物が持ち込める状況にあった。

しかも、テレビCMなどで超有名なインスタント食品を作っている一部上場企業の工場でさえ出入り自由であった!

このように、工場内にマラチオンを持ち込むことは実は十分に可能である。

さて、ではなぜ工場内に農薬がばら撒かれたのか?という謎についてだが、確約はできないが、もし、アクリフーズやマルハニチロホールディングスを手に入れたいと願っている者がいれば、その動機は明らかであろう。

これも今朝のニュースで知ったのだが、近く西武グループが株式を再上場することが決定したそうだ。

西武ライオンズの売却を強硬に要求して、経営陣と烈しく対立していたハゲ鷹ファンドのサーベラスグループも、4月の消費税増税で株価が低迷する前に上場したいという意向で同意したそうだ。


西武が株式問題で上場廃止になったあと、なぜかハゲ鷹がやってきて、二束三文の株式を買い集めて35%もの大株主となり、大々的なリストラを進め、株価が再び大上昇するところで売り抜けて大儲けするという、典型的な欧米資本の謀略的企業買収劇である。

(マルハニチロを手に入れれば、そこに放射能を帯びた食品や、TPPによってアメリカから大量に日本に輸出される予定の毒入り食品「遺伝子組み換え作物」や「ダウナー症候群」に侵されたアメリカ牛肉の原料化が大々的に進められるであろう)


さらにサーベラスが球団の買収を求めたことも、かつては日本をリゾート気分のバブルに浸らせるため、西武グループが球団を買収できるよう環境を整えたのだが、今やDeNAのようなゲーム企業、IT企業へと国民の目をシフトさせるため、買収を強要したのだ。

なぜ、読売新聞がジャイアンツをいくら金を出しても所有し続けるのか?それは国民に対する企業イメージを良くするためでもあり、政治的思惑(新聞によって国民を戦争へと誘導する目的のため)によるものなのだ。そのため、政治ではなく娯楽に国民の目を惹きつけておくという目的もある。

こうして考えれば、なぜアクリフーズの冷凍食品に農薬が入ったのか?という疑惑は、今後のアクリフーズやマルハニチロホールディングスという会社の行く末を注視することで見えてくるはずだ。

某宗教団体の人間が、「企業や官庁における内部告発を行っているのは、すべて我々〇〇〇会員なんだ!」と以前に自慢げに話していたのだが、

かりに西武の株式問題がこうした〇〇〇会員がマスコミや検察に流したものだとすれば、それは不正問題を糺すという目的ではなく、日本の企業を外資に売り渡すという目的が隠されているのである。

現に、西武グループにもこの〇〇〇会の会員が大勢いたのであり、その会員たちが幹部社員に収まっていたという事実がある。

また、横浜地検から逃げた杉本裕太の逃亡に関する報道が劇場型だという批判があるが、そんなことよりも、杉本がなぜ逃げることができたのか?という方に大問題が隠されている。

杉本は地検を逃げ出した後、たまたま通りかかった知人のスクターに乗って逃げたと、どのテレビ局も口を揃えて報道している。また、これら逃亡に関わった人々は逃亡幇助罪に問えないとも。

ふつう逃げたところに偶然に知人が車で通りかかるという偶然はありえない。それは杉本か、杉本を逃がした人物がスクーターの人物と連絡をとって待機させていたのである。

それができた人物は杉本、立ち会っていた検察官、弁護士、警察官などのいずれかである。


法曹界に某〇〇会の会員が多いことはよく知られている。
同じ宗教団体の会員同士が助け合い、犯罪者を逃がしたり、無罪にしていたとするならば、杉本の逃亡を手伝っていた者共を、「罪に問えない」というアイデアもその法律に詳しい人間どもが計画し、指示を出していたと考えるべきであろう。

日本はこの団体に確実に侵略されており、その最終目的は戦争での復讐にある。

c0139575_7555172.jpg

そして日本国は西武グループではないが買収され、売り飛ばされてしまうであろう。




郡山市の高校生が白血病!!
http://blog.livedoor.jp/home_make-toaru/archives/7498600.html

c0139575_7312270.jpg



ちなみに、日本の裁判所は

緊急キャンペーン『ストーカーゼロ』開始! 2014年01月08日(水)
http://ameblo.jp/ikumi-621/entry-11745909082.html

私の自宅に侵入した執行官の件の調査も進んでいます。

裁判所からは「お願いだから、この件は無かった事にしてくれないか。」と連絡が入ったりと…、言葉にも出ないこの現状。

大阪高裁不正選挙裁判判決ご報告 2013/12/10 08:4
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201312/article_51.html


[PR]

by oninomae | 2014-01-13 01:58 | バイオハザード・GMO食品