<   2013年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

 

イスラエルによるシリア・レバノン空爆

イスラエル、シリアからレバノンに武器運ぶ車列空爆=外交筋 2013年 01月 31日 09:15 JST
http://jp.reuters.com/article/topNews/idJPTYE90U00520130131

[ベイルート/アンマン 31日 ロイター] イスラエル軍の戦闘機が30日、シリアとレバノンの国境付近を空爆したことが、複数の外交筋の話で分かった。レバノンのイスラム教シーア派組織ヒズボラ向けの武器を運んでいた車列を狙ったとみられる。

一方、シリア国営テレビは、イスラエルが首都ダマスカスとレバノンとの国境の間に位置するシリア軍の研究施設を空爆したと非難。ただ、反体制派は施設を攻撃したのは自分たちの兵士だとして、国営テレビの報道に異議を唱えている。

西側の外交筋は、「標的は武器を積んだトラックで、シリアからレバノンに向かっていた」と指摘。対空ミサイルや長距離ロケットが積まれていた可能性があるという。また、複数の情報筋が、化学兵器が運搬されていた可能性はないと述べた。

シリア国営テレビは、施設への攻撃で2人が死亡したと報道。この施設については、「防衛能力の向上を目的とした」化学施設だとしているが、3カ国の外交筋はロイターに対し、イスラエルが警戒している化学兵器がこの施設にあるとみられると語った。





イスラエル軍機:ダマスカス近郊の科学研究センター爆撃 【1月30日 Russia Today】
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/880/
http://rt.com/news/israeli-warplanes-bomb-damascus-114/

イスラエルの戦闘機が30日朝、ダマスカス近郊の軍の科学研究センターを標的にした、とシリア軍が発表した。この声明は、イスラエル軍がレバノンに向かっていたシリアの兵器を載せたコンボイ(護送車列)に攻撃を加えたというレポートの後に出てきたものだ。

シリア軍の総司令部は声明を発表し、ダマスカス近郊のジャムラヤにある軍の科学研究センターを標的とした空爆がイスラエル空軍によって行われた、と述べた。

「イスラエルの戦闘機は本日未明シリア領空を侵犯し、シリア防衛力の向上を目指している科学研究センターに対する直接攻撃を行った」とSANA(シリア・アラブ国営通信)が軍声明として発表した。

この攻撃でセンターは損傷し2人の従業員が死亡、5人が負傷した、と声明は指摘している。イスラエルの軍用機はレーダーの下をかいくぐって飛行し、「アルシェイク山の北側から侵入した」という。声明はこの攻撃を、シリアに対する「露骨な侵略行為」であり、シリアでのテロリストらの活動を支援していることでイスラエルを非難した。

この前に、イスラエル機が30日朝、レバノンの領空を繰り返し侵犯しながら、レバノンとの国境近くのシリア領内の標的に対する攻撃をしたというメディアのニュースがあった。アメリカ政府高官はイスラエル軍用機がシリアからレバノンに向かうコンボイを狙った攻撃があったというニュースを確認した、とAP通信が報じた。

シリア軍はしかしながらこれを否定した。国境でのコンボイに対するイスラエルの攻撃は無かった、という。

しかしながら、攻撃が行われた際にこのコンボイが軍の施設付近にいたということは「ありうる」と、外交筋がロイター通信に語った

この空爆がダマスカス近郊の軍の施設を狙ったものかどうか、確認は取れていないが、専門家らはシリアの防空システムに対する反乱勢力による何ヶ月にも渡る攻撃の後に空爆があったということはつじつまが合うと考えている。

「反乱勢力ないしは彼ら自身が好む言い方をすれば革命家らは、ダマスカス近郊の防空基地をこの7ヶ月間ずっと攻撃してきたのだから、この空爆は理にかなっているものだ」と、シリア・トリビューン・ニュースサイトの編集長であるあり・モハマド博士はRTに語った。

「彼らはS-200の基地、SM-2の4ヶ所そしてSM-3の基地への攻撃をやってのけた。今度はイスラエルの空爆だ。これらは同じ目的を持っている。イスラエルはシリアの不安定化に大きな期待をしている。そしてそれはシリア内の武装反乱勢力によって支援されてきた」と博士は語った。


■化学兵器は口実
 
イスラエルは精密兵器の積荷に対する空爆を何日も計画してきたと、繰り返し報告されてきた。それには化学兵器とレバノンのヒズボラ向けのロシア製の対空ミサイルが含まれている、と言われていた。

「この話はつまり、シリアとヒズボラに対しイスラエルの神経に障るような兵器を輸送するようなことはするな、というイスラエルの警告ということだ」と、この地域の治安筋がロイターに語った。

今のところ、イスラエルの高官の誰も、あるいはその他の関係者らも今度の空爆の正確な場所と標的について指摘している者はいない。しかしながら、匿名の外交筋はロイターに対して、化学兵器はジャマラヤ研究センターに格納されていると考えられていると語った。ただしコンボイがこれら兵器を輸送していたとは考えられない、という。

イスラエルの高官は繰り返し、アサドが化学兵器の備蓄に対する管理能力を失うことをイスラエルは恐れていると語った。しかし、アリ・モハマド博士は、化学兵器の危険性というのは、シリアの軍事研究センターを破壊する口実だと考えている。そうすることでシリア政府がこの地域の同盟者らに対し、武器の製造や供給をすることが出来なくなるようにさせるためである。

「軍事研究センターは地対地長距離ミサイルを中心に兵器の開発を進める部署である」と博士は語った。「そして、イスラエルの望みは、この研究を頓挫させることである。勿論イスラエルは、これが化学兵器に繋がっている、と非難するつもりであろう。しかし、勿論そうではない。研究センターに化学兵器など備蓄されてはいないのだから」と博士は語った。

「シリアの軍事関係の研究プロジェクトの責任を持つシリア高官がダマスカスで反乱勢力によって暗殺されたことを思い出してみよう」と彼は説明した。「また、シリアの長距離ミサイルプロジェクトに関わったダウド・ラジハ大佐がやはりダマスカスで暗殺されたことを思い出してみよう。これは、シリアの科学的軍事研究プロジェクトを頓挫させようということであり、レバノンとパレスチナのレジスタンス活動をイスラエルが圧倒できるようにさせるということである」と博士は説明した。

[PR]

by oninomae | 2013-01-31 19:54 | 戦争詐欺・紛争  

社会不安の増大を見越してファシズム化を促進 櫻井ジャーナル

日米の巨大な多国籍企業や金融機関、あるいは富裕層へ富を集中させる不公正な仕組みを強化しようとしているのが安倍政権で、社会不安の増大を見越してファシズム化を促進 櫻井ジャーナル 2013.01.24
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201301240000/

 安倍晋三政権は不公正な政治経済システムを強化しようとしている。日米の巨大な多国籍企業、金融機関、こうした組織を動かしている一部の金持ち層へ富をさらに集中させようということだ。日本の経済、社会を建て直そうとしているとは思えない。むしろ破壊しようとしている。消費税率の引き上げは勿論、金融緩和も目的は一緒で、そこにある。政治、経済、環境などの政策を決定する権利をアメリカの巨大資本に贈呈するTPP、核兵器と結びついた原発の再稼働にも前向きだ。

社会的に優位な立場の人間に富が集中するのは資本主義に限った話ではないが、それを「善」だとするのは資本主義くらいであり、その「教義」を極限まで推し進めようとするのが新自由主義だ。

c0139575_124014.jpg


歴史的に見ると、宗教にしろ、哲学にしろ、思想にしろ、自己中心的な考え方を否定するのが普通。例えば、中国の墨子は「非攻」と「兼愛」を主張した。侵略せず、互いに相手を思いやれということ。カトリックも仏教もイスラムも貧困層を助けることは神/仏の意志に合致すると考えている。コミュニズムにも、共同体の構成員は互いに助け合うべきだという理念がある。

マックス・ウェーバーによると、ヨーロッパの中世では「世俗の乞食さえも折々は、有産者に慈善という善行の機会をあたえるところから、『身分』として認められ、評価されることがあった」(大塚久雄訳『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神』岩波書店、1989年)という。これはカトリックの考え方だろう。

こうした考え方を否定するのがジャン・カルバンらが唱える「予定説」。

c0139575_165651.jpg

アメリカの基礎を築いたとされるピルグリム・ファーザーズはピューリタンの一派で、カルバン派の流れに属している。

予定説によると、「神は人類のうち永遠の生命に予定された人びと」を選んだのだが、「これはすべて神の自由な恩恵と愛によるものであって、決して信仰あるいは善き行為」などのためではない(ウェストミンスター信仰告白)というのだ。つまり、人間にとって善行は無意味だということであり、自分が「選ばれた人間」だと信じる人びとは何をしても許されるということになる。

またウェーバーは、プロテスタンティズムの「禁欲」が「心理的効果として財の獲得を伝統主義的倫理の障害から解き放」ち、「利潤の追求を合法化したばかりでなく、それをまさしく神の意志に添うものと考えて、そうした伝統主義の桎梏を破砕してしまった」と分析している。こうして「禁欲」が「強欲」へと姿を変えていった。

実は、こうした「予定説」はカルバンが登場する遙か以前から存在している。例えば、紀元前に活躍した墨子もこうした考え方を批判(執有命者不仁)、「命(さだめ)」があるという考え(予定説)を政治に反映させるならば「天下の義(是非の道理)」を否定することになり、「上不聴治、下不従事(為政者は政務を執らず、庶民は仕事をしない)」ということになると批判している。(『墨子』、巻之九、非命上)

新自由主義は社会的に優位な人びとが築き上げた不公正な仕組みを肯定する。社会的な優位さを最大限、カネ儲けへ結びつけるための政策が「規制緩和」であり、社会の共有財産を奪う政策が「私有化」だ。さらに儲けるために行うのが外国への押し込み強盗。いわゆる「戦争」だ。

かつて、蓄積された富は生産活動に投入するしかなかった。19世紀のアメリカでは、不公正な手段で先住民や国民の財産を手に入れ、巨万の富を築く人たち、いわゆる「泥棒男爵」が登場するが、こうした人々は新たなビジネスを生み出している。

しかし、今は生産活動に投資する必要はない。1970年代、ロンドンを中心にオフショア市場(タックス・ヘイブン)の巨大なネットワークが築かれ、資産を隠し、課税を回避することが容易になって事態は一変したのだ。

ソ連消滅後、ボリス・エリツィン時代のロシアでは不公正な取り引きで巨万の富を築いた人びとがいる。いわゆる「オリガルヒ(寡占支配者)」だ。その代表的な人物がボリス・ベレゾフスキー。ウラジミール・プーチンが大統領になってからロンドンへ亡命している。このオルガルヒは溜め込んだ資産を生産活動には回さずに地下へ沈め、投機市場で運用している。その資金ルートになっているのがロンドンを中心とするオフショア市場のネットワーク。

エリツィン時代のロシアにおける略奪は露骨だったが、ほかの国々も基本的には同じ。日本も例外ではない。「金融緩和」で通貨の供給量を増やしても、その行き先は金融の世界、つまり投機市場。喜ぶのは金融市場の住人、つまり多国籍企業、巨大金融機関、ファンド、そうした組織から利益を得ている富裕層だけだ。

世界的に経済と金融の問題は深刻になっている。金融の肥大化を止めない限り経済は立ち直らない。金融機関やファンドに情報の開示を義務づけ、規制を強化し、違法行為は厳しく罰する必要がある。ロンドンを中心とするオフショア市場のネットワークにメスを入れなければならない。そうしなければ、金融が肥大化する一方で経済は衰退し、結局は現在の政治経済システムが崩壊する。

しかし、アメリカやイギリスでは庶民の不満をファシズム化で抑え込もうとしている。監視システムを強化し、逮捕、拘束に対する規制をなくす方向に向かっている。アメリカの「愛国者法」もそうした中で作られた

c0139575_052963.jpg


実は、1970年代にオフショア市場が整備されて金融が急速に肥大化する中、経済の破綻と社会不安の増大は見通されていた。そこでロナルド・レーガンは1982年、緊急時に憲法の機能を停止させる「COG」プロジェクトをスタートさせている。

c0139575_1552277.jpg

このプロジェクトは2001年9月11日の出来事でスウィッチが入り、動き始めた。「愛国者法」はそのひとつの結果。

c0139575_0564516.jpg

日本も同じ方向、ファシズムに向かって動いている。





Pro Terrorism 投稿者:Legacy of Ashesの管理人 投稿日:2013年 1月27日(日)10時23分56秒
http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1439from=bbsticker



<消費者庁審議官>飛び降り自殺か 自宅から遺書、妻も 毎日新聞 1月27日(日)20時22分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130127-00000028-mai-soci

27日午前3時ごろ、東京都豊島区高田2のマンション敷地内で、男女2人が血を流して倒れているのを住民が発見し110番した。警視庁目白署によると、2人はこのマンションに住む消費者庁審議官の神宮司史彦(じんぐうじ・ふみひこ)さん(52)と妻(53)で、搬送先の病院でいずれも死亡が確認された。部屋から妻が書いたとみられる遺書が見つかった。家庭内のトラブルが記されており、同署は2人が飛び降り自殺を図ったとみている。

同署によると、神宮司さんは廊下に面した共有スペースから、妻は自宅の部屋の窓から飛び降りたとみられる。2人は約12メートル離れて倒れていた。

神宮司さんは公正取引委員会に82年に採用されたキャリア官僚。官房総務課長などを経て、11月から消費者庁に出向していた。審議官は長官、次長につぐポスト。【黒田阿紗子、和田浩幸】




新宿で縄文人11人分の骨を発掘 マンション予定地、保存良好
http://www.47news.jp/CN/201301/CN2013013001002079.html

c0139575_412560.jpg

縄文時代のものとみられる人骨を発掘する作業員=東京都新宿区(同区役所提供)


東京都新宿区は0日、住宅街のマンション建設予定地から約4千年前の縄文時代のものとみられる11人分の人骨が見つかったと発表した。人分は保存状態がよく、区は縄文人の暮らしぶりが分かる貴重な資料としている。当時の人の顔立ちを調べるため顔を復元することも検討している。

区によると、現場は新宿区市谷の住宅街。昨年11月、マンション建設のため民間業者が発掘調査し、人の脚の骨を発見。その後、約00平方メートルの地中から縄文式土器とともに次々と人骨が見つかった。埋葬されていたとみられる。近くに竪穴住居の跡もあった。

2013/01/31 00:32 【共同通信】 (3+2=5、 3x2=6、 5+6=11)
[PR]

by oninomae | 2013-01-28 20:01  

全面的な国売飛ばしと対決 TPP 製造業も医療も農業も潰す 長周新聞 他

全面的な国売飛ばしと対決 TPP 製造業も医療も農業も潰す 長周新聞 2013年1月9日付
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/tppzenmentekinakuniuritobasitotaiketu.html

TPP(環太平洋経済連携協定)への交渉参加をめぐって、アメリカのいいなりになって日本の富をまるごと差し出す道を暴走しようとする安倍政府・財界と、日本民族の将来のためにTPPに反対する広範な国民世論とが大激突する情勢になっている。

安倍政府は発足早早に訪米しアメリカに忠誠を誓うため、今月28日の通常国会前の日米首脳会談を打診してきたが、TPPなどで具体的進展が望めないとしてオバマ政府にはねつけられた。

昨年の総選挙で自民党は、政権公約に「聖域なき関税撤廃を前提にするかぎり、TPP交渉参加に反対」を掲げて国民を欺いたが、オバマ政府に一喝されるとすぐに「交渉には参加しながら守るべきものは守る」(自民党政調会長・高市)と本性をあらわし、財界も「TPP参加が遅きに失する。訪米を早く実現し、参加を表明せよ」(経団連会長・米倉)と尻をたたいている。

一方、マスメディアは報道しないが、農協や医師会が全国的なTPP反対の運動を起こし、各分野の知識人が各地を講演して回り、八日には官邸前での「TPP断固阻止」のデモ行進がおこなわれるなど、国民の大運動になっている。戦後の対米従属の鎖を断ち切ることをめざし、「安保」破棄の大運動に合流する様相になっている。
 

米国の対中国包囲戦略の一環

2期目のオバマ政府は、TPPによる中国封じ込めのブロック経済政策を強めている。現在、TPPの原加盟国・交渉参加国は11カ国(中国や韓国は参加の意志を表明せず)で、これに日本が加われば、市場規模は日米両国でその81%を占める。アメリカから見ればTPPの55%が日本市場となる。TPPは、工業製品や農産物、サービスなどすべての関税を全面撤廃する(日本側の関税自主権の放棄)とともに、医療や保険、労働、金融、不動産、政府調達、知的財産権などの規制緩和による非関税障壁の撤廃である。つまり、小泉・竹中の新自由主義改革を全面的に徹底させ、日本の富を食いつぶすのが狙いである。

c0139575_23275644.jpg


そこにはアメリカの深刻な危機がある。オバマ政府は減税打ち切りと歳出削減が重なる「財政の崖」を回避したといっているが、削減を2カ月延期するなど先送りしたにすぎず、同じ時期には政府の借金残高が法定上限に達し、2年前と同じ債務不履行の危機に直面する。5年前、アメリカの住宅バブルが崩壊してリーマン・ショックとなり、その後財政を投入して金融機関救済に動いたが、一方で職がなくフードスタンプで暮らしている人は4000万人ともいわれ、経済格差はますます拡大している。アメリカ資本主義が歴史的な瓦解に向かって進んでいることは明らかである。


食料自給率13%の危機 国土も崩壊へ

TPPに反対する運動が全国に広がるなかで、それが農業だけの問題にとどまらず、生活の全分野で民族的な利益を根こそぎ売り飛ばすものであり、日本社会の土台を根底から崩すものであることが広く暴露されてきた。

国内の農業生産を維持し食料自給を確保することは、独立国として最低限の条件である。ところが日本の場合、戦後アメリカによって農産物自由化が一貫して押し付けられ、現状の39%という食料自給率自体が先進国では最低レベルである。TPPに参加すれば、それは13%という壊滅状態になる。食料という国民の生殺与奪の権を外国に握られるとともに、農林業の衰退は山や田畑の荒廃につながり、水害を防止し豊かな水を提供する機能も失われ、国土崩壊の危機となる。

すでに米国政府は、TPP交渉参加の前提条件として、米国産牛肉の輸入規制緩和を日本に迫り、昨年11月、野田政府が受け入れることを表明した。2003年、アメリカで狂牛病が発生したさい、日本は米国産牛肉の輸入を停止したが、米国政府の圧力で05年、「月齢20カ月以下」に限って米国産牛肉の輸入を再開した。だがそれが、米国の出荷牛の1割にすぎなかったため、米国政府は出荷牛の9割をカバーする「月齢30カ月以下」に緩和せよと迫り、それを今回のませたのである。アメリカはTPPで、狂牛病感染の疑いが濃厚な牛肉を大量に日本市場に持ち込むとともに、日本の畜産農家がうち立ててきた「全頭検査」も「輸出拡大に不都合」といってやり玉に上げようとしている。


投資は外資の規制徹廃 産業空洞化にも拍車

TPPは製造業の海外移転・産業の空洞化をいっそう進め、日本を失業社会にする労働問題でもあることに、研究者たちは注意を喚起している。

TPPは、農産物貿易の自由化だけを目的にしているのではなく、自由貿易圏内の労働者の国境をこえた移動の自由化を目的にしている。それはアジアの低賃金労働者が大量に日本にやってくることであり、そのために経団連など財界は「日本の移民国家化」を奨励している。その結果、植民地なみの労働条件が強要されることになり、日本の農村も都市も失業者だらけになる。

米国政府はTPPの「投資」分野で、外資系企業に対する規制を撤廃させ、外資を国内企業と同等に扱わなくてはならないという「内国民待遇」を求めている。米国の投資家やファンドの投資戦略は、日本のどんな企業を買収し、いかに転売して短期で最大のキャピタルゲイン(売却益)を稼ぐかであるが、すでに日米投資イニシアチブなどでは、米国の投資家による日本企業の買収をやりやすくするためとして、「確定拠出型年金の早期導入」「有料職業紹介事業の規制撤廃」「労働者派遣事業の自由化」「労働基準法における労働者の権利や福利の後退」を求めてきており、TPPはその延長線にある。

c0139575_2364667.jpg


米国式の自由診療拡大 医療分野

TPPは医療の分野でも、すべての国民が医療を受けられることをめざす国民皆保険制度を崩壊させ、金のある者だけを対象にするアメリカ式の自由診療拡大となる。

米国政府は80年代から、日本に混合診療の全面解禁、株式会社の医療参入、薬価引き上げを求めてきた。現在日本では、医師の手術料も処方薬の価格も、厚労省が診療報酬として全国一律に定め、病院や製薬会社が自由に決めることはできない。ところが混合診療が認められると、公的保険が適用される保険診療とともに、保険外で、病院や製薬会社が価格を自由に決められる自由診療ができることになる。

アメリカでは医学の進歩である高度な手術も新薬も、すべてその特許を握る独占大企業のもうけの道具である。TPPでこれを日本にも広げようとしており、米国企業が特許を持つ手術は日本では制限されるようになり、米製薬会社が医薬品価格の決定権を持つようになる。現在、新薬の特許が消滅した後の後発医薬品(ジェネリック医薬品)は、新たな臨床試験が不要とされ安価で提供できるので、それによってHIV治療薬の価格は最初の1%にまで下がって世界各地のエイズ患者の命を救ったといわれるが、アメリカはTPPで特許を含む知的財産権の保護強化を要求しており、今後は安価での入手が困難になると懸念されている。

混合診療の全面解禁によって自由価格の医療市場ができれば、外資が一斉に参入し、公的医療保険の給付範囲の縮小となる。だが外資を含む株式会社の経営は、コスト優先で乱診乱療が広がり患者の安全が脅かされ、不採算な診療科・部門・地域からの撤退や医療経営自体からの撤退がおこり、患者の選別や囲い込みが起こることが危惧(ぐ)されている。アメリカでは現在、約4000万人が無保険であり、年間四万人以上が医療を受けられずに死亡しているが、日本の公的な医療を崩壊させアメリカと同じ医療後進国となることに、日本の医療関係者は強く警鐘を鳴らしている。


郵貯資金の略奪も狙う 郵便局も潰す方向

アメリカはTPPで、「金融」と「投資」を重視している。それは、日本の1491兆円にのぼる個人金融資産、そのなかでもゆうちょ・かんぽ資金267兆円という国民資産をヘッジファンドなどが略奪することが狙いである。

アメリカは小泉内閣に郵政民営化を実行させて以降も、ゆうちょ銀行、かんぽ生命保険会社に対して「日本政府が100%出資という暗黙の政府保証があり、民間と公平な競争条件が確保されていない」と攻撃してきた。

TPPに参加すれば、郵政の完全民営化(株式売却)を要求してくるのは明らかである。51%の株式を取得すれば、267兆円の金が自由に使えることになる。現在、ゆうちょ資金の74%、かんぽ資金の約70%を日本の国債で運用しているが、この資金を米国債などに変更することも可能になる。

現在全国で2万4500局ある郵便局のうち、特定局が1万8900、簡易局が4000あまりで、その46%が銀行や農協・漁協のない過疎地の町や村にある。完全民営化になれば、こうしたもうからない地域から撤退していくことは必至であり、地域の住民にとってさらに困難が増すことになる。

ある研究者は、米通商代表部が農協、漁協、全労済、県民共済など協同組合組織が運営する保険部門に、民間保険会社と同じ規制基準の適用を求めていると指摘する。協同組合の保険は、身元がわかっている特定多数による保険であり、不特定多数による民間の保険よりもはるかにリスクが低く設定でき、したがって掛け金(保険料)は安く、共済金(保険金)は高くできる。これを参入の障害と見たアメリカの保険業界が、規制を撤廃させ、総資産46兆円のJA共済市場などを開放せよと迫っているのである。

c0139575_23283331.jpg

c0139575_23383645.jpg


国益放棄し外資を優先 ISD条項

さらにTPPのなかでは、「投資家対国家間の紛争解決」条項(ISD条項)が、その国の国家主権をも剥奪する「治外法権」の侵略条項として問題視されている。

ISD条項では、その国の法律や制度で不利益をこうむったとみなした外資が、その国を相手取って訴訟を起こせる権利を認めている。この条項によって、環境保護や有害物質の規制、食品や医薬品などの安全規制、消費者保護のための規制など、国民の生命や財産を守るための政府の規制でさえ、「投資家の利益を損なった」という理由で外資に訴えられ、巨額の損害賠償を命じられることになる。しかも訴訟を受けつける先が、米国人が総裁を独占し続けている世界銀行傘下の国際投資紛争解決センターである。紛争案件のうち、ほとんどが米国企業による相手国政府への訴えであり、米国政府が訴えられたわずかな例のうち米国政府が負けた事例はゼロである。

一例として、メキシコ政府は、メキシコで有毒廃棄物処理施設の建設をおこなおうとする米国のメタルクラッド社に対して、住民の健康被害をもたらすとして廃棄物処理の許可を取り消した。これに対して同社は提訴し、メキシコ政府が損害賠償として同社に1670万㌦(約13億円)を支払った。

アルゼンチンで民営の労働災害保険を運営する米国保険会社コンチネンタルカジュアルティ社は、アルゼンチン政府が財政危機への対応としてとった財産の国外移転の制限、通貨切り下げ、国債の債務返済繰り延べの政策で経済的不利益をこうむったとして提訴。裁判ではアルゼンチン政府に、損害賠償金280万㌦(約2億2000万円)の支払いが命じられた。

その他米国のセンチュリオン健康会社が、カナダ政府を相手取り、「独占的な国民皆保険制度によって米国の民間企業に損害を与えているのは、政府独占を制限するNAFTA違反」として、1億6000万㌦(約128億円)の損害賠償を求めて提訴した。



日本の独立が根本問題 富根こそぎ奪う米国

以上のように、TPPはアメリカによる日本の富の完全な食いつぶしであり、日本社会を根底から破滅に導くものである。そして、オバマ政府のTPPによる中国封じ込めのブロック化は、アジア重視の「新軍事戦略」と一体のものである。アメリカは戦後、日本を一時的に肥え太らせたうえで富を根こそぎ奪いとり、果ては対中国の原水爆戦争の盾にして日本全土を廃虚にするたくらみを進めている。

そのことは、日本で失業をなくし工業や農漁業を振興しアジア諸国との貿易を発展させるうえでも、医療や福祉を充実させ安心した生活を送るうえでも、なにより将来にわたって戦争を阻止し平和を実現するうえでも、アメリカへの隷属の鎖を断ち切って日本の独立を勝ちとることが根本的な問題としてあることを教えている。さまざまな分野でたたかわれているTPP反対の行動を一つに合流させて大きな力にするとともに、全国民的な規模で民族的な固い団結によって「日米安保条約」破棄の大運動を巻き起こすことでありそれによってのみ勝利することができる。今、その機運はかつてなく高まっている。




No.1022 TPP、不平等条約の再来 Posted on 2013年1月11日
http://kamogawakosuke.info/2013/01/11/no-1022-%EF%BD%94%EF%BD%90%EF%BD%90%E3%80%81%E4%B8%8D%E5%B9%B3%E7%AD%89%E6%9D%A1%E7%B4%84%E3%81%AE%E5%86%8D%E6%9D%A5/

国民皆保険制度のないアメリカでは、約4700万人、国民の6人に1人は健康保険に入っていない。未加入ゆえに経済的理由から医療を受けられず、亡くなる率も年々増加しているという。

そんなアメリカで最大規模の医療サービス団体であるカイザー・パーマネンテは、加入者に医療サービスを提供する一環として、健康のために遺伝子組み換え食品をなるべく避けるようにとニュースレターで助言したという。

遺伝子組み換え食品の表示はアメリカでは義務付けられていない。そのため、特に遺伝子組み換えの多い、とうもろこし、大豆、菜種油、綿油、砂糖大根は避けるように、また加工食品は約8割が、ファストフードではほとんどが遺伝子組み換え食材を使用しているため、それらも避けるようにと警告したのである。

遺伝子組み換え食品の危険性は独立系の研究機関の動物実験などですでに立証されている。医療サービスを提供するカイザーがその危険性を加入者へ警告し、また対策として遺伝子組み換え不使用の認証済み有機食品の購入を推奨することはきわめて当然のことである。安全性の調査やこうした勧告は、本来ならば政府機関によって行われるべきことだろう。しかしバイオ企業から多数の仲間がオバマ政権内に送り込まれているため、政府の規制を当てにすることはできない。

昨年11月、カリフォルニアでは遺伝子組み換え食品の表示を義務付ける発議案の州民投票が行われ、53%対47%で「義務付けない」こととなった。遺伝子組み換え種子を作るバイオ企業が資金を提供し、“食料品が値上がりする”といったテレビコマーシャルを流したことも一因だと言われている。これはアメリカのことで日本には関係がないことのように思われるかもしれないが、日本がTPPに参加すればまったく同じ状況になることは目に見えている。

実際、すでに日本にも遺伝子組み換え作物は大量に輸入されている。最近、家庭菜園でニワトリを飼い始めたが、家畜の飼料は表示義務対象外であり、ほとんどが遺伝子組み換え作物を使用していると知り驚いた。しかし、日本がカロリーベースで6割輸入に頼っていることを考えれば当然であり、これが現実なのだ。

TPPを推進するのは、アメリカの政府と密接な関係を持つ多国籍企業をはじめ、これまで政府が持っていた力を自分たちの手にするための枠組みをつくりたい企業連盟である。特に、ISD条項(国家対投資家の紛争処理条項)により企業が相手国に不平等な扱いを受けた時、企業は相手国を訴えることができる。つい先ごろも、韓国政府の規制で損害を受けたとして、アメリカの不動産専門ヘッジファンドの運用会社「ローンスター」が韓国政府を国際投資紛争解決センターに提訴している。

遺伝子組み換え食品の席巻、対政府訴訟など、TPP参加によって日本でも同じことが起こり得る。そして日本社会を形作っているあらゆることがアメリカの圧力によって破壊されていくだろう。TPPはアメリカとの不平等条約の再来なのだ。


c0139575_2343326.jpg



関連

恨日プロトコール + 日本の恩人?
http://satehate.exblog.jp/18384632/




アルジェリア軍が攻撃開始&「地球が静止する日」  2013/1/18(金) 午前 2:06
http://blogs.yahoo.co.jp/ontibt_des

c0139575_2331525.jpg

c0139575_2402439.jpg




c0139575_2291164.jpg






安倍総統が発足させた「経済財政諮問会議」は小泉新自由主義政策の牙城となるのか!?  2013年1月17日 (木)
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/2013/01/post-034f.html


・・・安倍晋三首相は、中国の侵略に対しては敢然と対抗して行くと鼻息が荒いが、米系国際金融資本の日本侵略に対しては本当に防衛する気があるのだろうか。そこが最も肝心なところである。何度も言うが、安部首相が竹中平蔵氏と飯島勲氏を起用した意味を深く考えざるを得ない。彼らは極悪な破壊神たちの中心にいたからである。安倍晋三氏は日本防衛の意味を対中国だけで捉えているのだろうか。真の敵であるグローバリストたち、グローバリズムの侵襲に対してはどう考えているのだろうか。防衛の意味を対中国だけに矮小化しているとすれば、彼が小泉・竹中路線をより破壊的に展開する悪夢がよぎる。


テロリストはCIAとアルジェリアの秘密情報局から出てきた Tue.2013.01.22
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1798.html
[PR]

by oninomae | 2013-01-18 22:42 | 政治詐欺・政治紛争  

マインドコントロール理論とマスメディアで使用される技術 By Vigilant 2

マインドコントロール理論とマスメディアで使用される技術 By Vigilant April 28th, 2010 その2


人間の思考の標準化

c0139575_2302644.jpg

過去数十年のメディア企業の吸収合併は、メディア複合企業の小さな寡頭政を生み出した。 我々が追随するテレビ番組、我々が聴く音楽、我々が観る映画、そして、我々が読む新聞はすべて、5つの企業によって制作されている。それらの複合企業の所有者たちは、世界のエリートとの緊密な関係を持っており、そして、多くの点で、彼らはエリートである。

大衆に到達する可能性を持っているすべての可能な販路を所有していることにより、これらの複合企業は、「人間の思考の標準化」を生み出して、人々の心の中に、単一で凝集性のある世界観を作り出す力を有する。

周縁のものと見なされている動きやスタイルでさえ、実際には、主流の考え方の拡張である。マスメディアは、彼ら自身の反逆者たち-確かにそんな風に見えるが、しかしなお体制の一部であり、そして、そのどんなことにも疑問を投げかけはしない-を生み出す。

考え方・意見の主流の方向に適合しないアーティスト、作品、そしてアイデアは、複合企業によって、容赦なく拒否され、忘れ去られる。そして複合企業はそれらを、次々に、社会自身から事実上消失させる。

しかしながら、有効で社会によって受け入れられることが望ましいと判断されたアイデアは、それらを自明の規範とする目的で、巧みに大衆に販売される。

1928年、エドワード・バーネイズは既に、考えを標準化する映画の巨大な可能性を見ていた:

「アメリカ映画は、今日の世界において、プロパガンダの最も卓越した無意識的運搬装置である。それは、アイデアや意見の卓越した販売業者である。映画は、国民のアイデアや習慣を標準化できる。映画は、市場の需要を満たすために作製されるがゆえに、それらは、新しいアイデアや意見を刺激するよりむしろ、広範な人気のある傾向を反映し、強調し、そして誇張しさえする。映画は、流行しているアイデアと事実のみを利用する。新聞がニュースを提供するように努めるように、それはエンターテイメントを提供するように努める。」- Edward Bernays, Propaganda

c0139575_0393339.jpg

c0139575_174032.jpg

(訳者蛇足:この犯罪を追求しないのは、みなお仲間であろう。不正株取引の場合と同様に)


これらの事実は、1930年代に、テオドール・アドルノやハーバート・マルクーゼなどのフランクフルト学派の思想家たちによって、人間の自由への脅威であると警告を与えられた。

彼らは文化産業の3つの主要な問題を確認した。

その産業は以下のことができる:

1.合理的な意思決定をする能力がある解放された個人の発達を妨げて、人間を大衆の状態に陥れる;  

2.自治と自己認識への道理にかなった意欲を、大勢順応主義の安全な怠惰と受動性によって置き換える; そして、

3.人間が、催眠状態の自己満足の中で自分自身を失うことにより、その中で彼らが生きている不条理で残酷な世界を脱出することを実際に求めるというアイデアを認証する。

現実逃避の概念は、オンライン・ビデオゲーム、3D映画、そしてホーム・シアターの出現とともに、今日、より該当しさえする。大衆は、最新式のエンターテイメントを常に求めて、世界最大のメディア企業によってのみ制作できる高級かつ高価な製品に頼るだろう。

これらの生産品は、娯楽的なプロパガンダに他ならない、慎重に計算されたメッセージと象徴を含んでいる。公衆は、それに曝されるために、その苦労して稼いだお金を費やす程度まで、そのプロパガンダを愛するように訓練されてきた。プロパガンダ(政治的、文化的、商業的、いずれの意味でも使用される)は、もはや、独裁政治で見出される強制的あるいは高圧的な通信の形式ではない:それはエンターテイメントと楽しみの同義語となっている。

「プロパガンダに関しては、普遍的リテラシーと自由報道の初期の提唱者たちは、たった二つの可能性のみを予想した:プロパガンダは真実かもしれない、あるいはそれは偽りかもしれない。彼らは、とりわけ我々の西洋資本主義民主主義の中で、実際に起こってきたことを予見しなかった-一般的に、真実にも偽りにも関心がなく、非現実的、多かれ少なかれ完全に無意味なことに関心がある巨大マスコミ産業の発展。一言で言えば、彼らは 気晴らしのための、人間のほとんど無限の食欲を考慮に入れることに失敗した。」- Aldous Huxley, Preface to A Brave New World

c0139575_1353923.jpg


メディアの単独の1作品は、しばしば人間の精神に永続的な効果を持っていない。マスメディアは、しかし、その遍在する性質によって、日常的に我々が進化する生活環境を作り出している。それは、規準を定義し、好ましくない人やものを排除する。

馬車馬が、ちょうど目の前にあるものだけを見ることができるように、目隠しをされるのと同じように、大衆は、彼らが行くと想定されている場所だけを見ることができる。

「マスメディアの出現である。社会的規模でのプロパガンダ技法の使用を可能にしたのは。継続的、永続的、そして完全な環境を作り出すための新聞、ラジオ、そしてテレビの組織化は、まさにそれが常なる環境を作り出しているがゆえに、プロパガンダの影響を事実上気づかれないようにさせている。マスメディアは、個人と技術的社会との間の不可欠な繋がりを提供している。」- Jacques Ellul


マスメディアが成功裏に社会に影響を及ぼす理由の一つは、そのことに適用されてきた認知科学と人間の性質についての広範な量の調査研究に帰せられる。


操作技術

「広報(パブリシティー)は、ある対象(主題)についての公衆の認識を管理する意図的な試みである。広報対象は、人々(例えば、政治家や舞台芸術家)、商品とサービス、すべての種類の組織、そしてアートあるいは娯楽作品を含んでいる。」

大衆に製品とアイデアを販売するという動因は、人間の行動と人間の精神についての前例のない量の研究へと導いた。認知科学、心理学、社会学、記号論、言語学、そして他の関連分野は、豊富な資金を提供された研究を介して広範に調査されたし、現在もなお調査されている。

「どのような社会学者のグループも、利用できる社会データを収集し処理する広告チームを近似することはできない。広告チームは、反応の調査と実験に毎年費やす数十億ドルを有しており、そして、彼らの生産物は、全社会の共有された経験と感情についての材料の壮大な蓄積である。」- Marshal McLuhan, The Extensions of Man

c0139575_02787.jpg


これらの研究の結果は、広告、映画、音楽ビデオやその他のメディアに、それらを可能な限り影響力の大きいものとするために適用される。マーケティングの技術は、高度に計算されたもので科学的である。なぜなら、それが個人的・集団的意識の両者に到達する必要があるためである。 高予算の文化的な製品では、ビデオは決して「ただのビデオ」でははなく、イメージ、象徴、そして意味が、望ましい効果を生成するために、戦略的に配置されている。

「プロパガンダがその技法を洗練するのは、社会心理学と分析心理学の知識と同様に、人間の知識、その傾向、その欲望、そのニーズ、その精神的なメカニズム、その機械的行為についての知識によってである。」
- Propagandes, Jacques Ellul (free translation)

c0139575_0253874.jpg


今日のプロパガンダは、合理的または論理的な議論をほとんど決して使用しない。 それは、感情的そして非合理的な応答を生み出す目的で、人間の最も原初のニーズや本能に直接入り込む。もし我々が常に合理的に考えるならば、我々はおそらく我々が所有しているものの50%を購入しないだろう。

赤ん坊と子供たちは、女性をターゲットにした広告の中に、特定の理由で常に見出される:研究は示してきた、子供たちのイメージが女性たちに、養育し、世話し、そして保護する本能的な必要性を誘発し、最終的には、その広告に対する同情的な傾向へと導くということを。

c0139575_23991.jpg

赤ちゃんのかわいらしさを使用している奇妙な古いセブンアップの広告


セックスはマスメディアの中に偏在している。それが、視聴者の注目を引きそして保つがゆえに。それは、繁殖再生という我々の動物的ニーズに直接結びつき、そして、誘発されたとき、この本能は、我々の脳内のいかなる他の合理的な思考にも即座に影を落とすことができる。


サブリミナル知覚

上記のメッセージが、視聴者が何が起こっているか気づくことさえなしに、視聴者の潜在意識に直接到達することができるとすればどうなるだろう? それがサブリミナル知覚の目標である。

サブリミナル広告という言いまわしは、米国の市場調査員、ジェームズ・ヴィカリー[James Vicary]によって、1957年に新しく作り出された。彼は、観客が気づかないような短時間、そのようなメッセージを閃かせることによって、映画観客を「コカコーラを飲み」「ポップコーンを食べる」ようにさせることができると言った。

「サブリミナル知覚は、通信技術員によって作り出された一つの意図的な過程である。それによって、あなたは、意識的に指示に気づくことなしに、情報と指示を受け取り反応する」- Steve Jacobson, Mind Control in the United States
sell

この手法は、しばしばマーケティングで使用され、そして我々はみな、性が納得させることを知っている。

c0139575_23133052.jpg

c0139575_23135891.jpg


いくつかの情報源は、サブリミナル広告は効果がない、あるいは都市伝説だと主張しているが、マスコミにおけるこの技法の文書化された使用は、制作者がその力を信じていることを証明している。 最近の研究はまた、特にそのメッセージが否定的な時、その効果を証明している。

「ウェルカム・トラストによって資金提供された、ロンドン大学ユニバーシティ・カレッジのチームは、それ(サブリミナル知覚)が、否定的な考えを植え付けることをとりわけ得意とすることを発見した。「人々が感情的な情報を無意識的に処理することができるかどうかについて多くの推測がありました。例えば、絵(写真)、顔、そして言葉ですが」、研究を指導したNilli Lavie教授は言った。「私たちは、人々がサブリミナル・メッセージの感情的な値を感知できることを示しました。また、人々が否定的な言葉にさらにいっそう同調させられることを決定的に立証しました。」 - Source


政治的治伝達における、サブリミナル・メッセージの有名な例は、2000年の、アル・ゴアに対してのジョージ・ブッシュの広告である。

http://www.youtube.com/v/L6pgoqZpfUU&hl=en_US&fs=1&

ゴアの名前が言及された直後に、単語「bureaucrats」の末尾、「rats」が、スクリーン上にほんの一瞬の間点滅する。

c0139575_23164269.jpg

この策略の発見は非常に物議を醸し、たとえ米国ではサブリミナル・メッセージに対する法律がなくとも、その広告は放送を打ち切られた。

The Vigilant Citizen上の多くの記事中に見られるように、サブリミナル及び半サブリミナル・メッセージは、映画や音楽ビデオ中で、視聴者にメッセージやアイデアを伝えるために、しばしば使用されている。


脱感作

過去において、人々に変更が強要されたとき、彼らは通りに出て、抗議し、暴動さえ起こしただろう。この衝突・戦闘の主な理由は、その変更が明確に支配者たちによって発表され、そして人々に理解されたという事実によるものである。それは突然で、そしてその影響は明確に分析・評価できた。

今日では、エリートがそのアジェンダの一部を公衆に受け入れられるようにする必要があるとき、それは脱感作を通じて行われる。

公共の最善の利益に反する可能性がある、そのアジェンダは、ゆっくりと、徐々に、そして繰り返し、世界に対して、映画(筋書きの内に含むことにより)、音楽ビデオ(それをクールでセクシーにする)、あるいはニュース(今日の問題に対する一つの解決策として提示する)を介して、導入される。

ある特定のアジェンダに大衆を数年間曝した後、エリートは公然と世界にそのコンセプトを提案する。そして、精神的なプログラミングのせいで、それは一般的な無関心で迎えられ、そして受動的に受け入れられる。この手法は、心理療法に由来する。


「心理療法の技法は、心理的障害を治すための手段として広く実践され、そして受け入れられているが、また、人々を制御する方法でもある。それらは、態度や行動に影響を与えるために、計画的(系統的、意図的)に使用することができる。計画的脱感作は、心配を解消するために使われる一つの方法であり、その結果、患者(公衆)は、特定の恐怖、例えば、暴力の恐怖に、もはや悩まされない。・・・人々は、もし彼らがそれらに十分に曝された場合、恐ろしい状況に適応する。」- Steven Jacobson, Mind Control in the United States

c0139575_10325533.jpg


予言的プログラミングは、しばしばSFのジャンルに見出される。それは、エリートによって望まれていて、そして最終的に人間の心の中の必然性となる、未来の特定のイメージを提示する

10年前に、公衆はアラブ世界との戦いに脱感作(鈍感に)されていた。今日では、人々は、徐々にトランスヒューマニズムのマインドコントロール、そしてイルミナティ・エリートの?存在、に曝されている。

c0139575_1017943.jpg

c0139575_104624.jpg


影から浮上し、それらの概念は今や、大衆文化のいたるところにある。これはアリス・ベイリーが、「階級制度の外在化」として記述したものである:隠された支配者たちは徐々に自分自身を現している。

c0139575_1053276.jpg

c0139575_1071374.jpg


大衆文化の中のオカルト象徴主義

c0139575_23183474.jpg

メトロポリス - エリートによるエリートのための映画?


上に提示した情報に反して、オカルト象徴主義についての文書は見つけるのがかなり難しい。これは別に驚くべきことではない、「オカルト」という述語は、文字通り「隠された」を意味するからである。

それはまた、それがただ、その知識に値すると見なされるものにのみ伝えられ、「知っているものたちに保留されている」ことを意味する。それは、学校では教えられず、メディアで議論されることもない。それは、このようにして、一般の人々により、取るに足りない、あるいはバカげたトンデモとさえ見なされる。

オカルトの知識は、しかしながら、オカルト界では、バカげたトンデモとは見なされてはいない。それは時代を超越しておりかつ神聖であると見なされている。

古代エジプトを起源とする秘密結社を通して、東方神秘主義者、テンプル騎士団、現代のフリーメーソンへと教えられてきた、ヘルメス的、オカルト的知識の長い伝統がある。この知識の性質と深さが、幾世紀を通して、ほとんどおそらく修正・変更されたとしてさえ、神秘学派は、高度に象徴主義的、儀式的、形而上学的な、それらの主たる特長を保った。

古代文明の複雑な部分であったそれらの特性は、実用的な物質主義に置き換えられ、現代社会から完全に退避させられてきた。この理由のために、実用主義の通常人と儀式的エスタブリッシュメントとの間に、重要なギャップが横たわっている。

「もしこの内部教義が常に、彼らのためにより単純な規範が考案された大衆から隠されていたなら、近代文明のすべての(哲学的、倫理的、宗教的、科学的な)局面の解説者たちは、彼らの信念がその上に築かれている理論と教義の真の意味について無知である可能性が非常に高いのではなかろうか?人類が、より古い国々から受け継いできたアートと科学は、それらの公正な外観の下に、最も啓示された知性のみがその重要性を把握できるような大いなる神秘を隠している。これは間違いなく真実である。」- Manly P. Hall, Secret Teachings of All Ages

c0139575_0571332.jpg


大衆のために考案されたその「より単純な規範」は、組織宗教だったものだ。それは今やマスメディアの神殿となりつつあり、そしてそれは日常的に極端な唯物論、精神的空虚さ、そして自己中心的、個人主義的な存在を説教している。

c0139575_937195.jpg


これは正確に、すべての偉大な思想の哲学的学派によって教えられているように、真に自由な個人となるために必要な属性の反対物である。より容易に欺き操作するために、人々の頭を悪くさせているのだろうか?

c0139575_1372589.jpg

c0139575_1383510.jpg


「これらの盲目の奴隷たちは語られる、彼らは「自由」であり、「高学歴」であると。彼らが、いかなる中世の農民をも、恐慌に陥った恐怖の中でそれらから叫んで逃げるようにさせるだろう兆しの後ろで行進しながらでさえ。現代人が幼児の素朴な信頼とともに抱締める象徴は、古の伝統的農民を理解するに、『あなたの死と奴隷化の道はこちら』と読める広告看板と同じくらいに悪い。」- Michael A. Hoffman II, Secret Societies and Psychological Warfare

c0139575_9433090.jpg



おわりに

この記事は、マスメディア、メディア権力構造、そして大衆を操作するために使われる技法の分野における主要な思想家について検討した。私は、The Vigilant Citizen上で論じたトピックスにおける「なぜ」の理解にこの情報が不可欠だと考えている。

多くの記事中で述べた「一般大衆」対「支配階級」の二分法は、「陰謀論」(また言うが、私はその述語は嫌いである)ではなく、20世紀の最も影響力のある人々の幾人かの作品中に明確に記載されてきた現実である

リップマン、バーネイス、そしてラスウェルはみな、公衆は、民主主義の固有の目標である、自分たち自身の運命を決定するということに適していないと宣言した。その代わりに、彼らはクリプトクラシー、隠された政府、「困惑した群れ」に責任を有する支配階級を呼び求めた。

c0139575_10135487.jpg


彼らのアイデアが、社会に適用され続けるにつれ、無知な人々は、支配者たちが対処せねばならない障害ではないことがますます明らかとなっている:それは、全くのリーダーシップを保証するために、望ましく、そして確かで、必要ななにものかである。

無知な人々は、その権利を知らず、問題のより大きな理解を探し求めず、そして権威を疑わない。彼らは単にトレンドに従う。大衆文化は、継続的に頭脳麻痺性娯楽を提供し、また白痴化され堕落した有名人にスポットライトを当てることによって、無知に迎合しそれを助長する。

多くの人が私に尋ねる:「これを停止する方法はあるか?」はい、あります。彼らのゴミ屑を買うのを止め、本を読もう。

「もしある国民が無知で自由であるならば、決して何もなかったし、決して何もないだろう。」 - トーマス・ジェファーソン
 (訳注:うーん、皮肉が効いている?)


元記事は

Mind Control Theories and Techniques used by Mass Media By Vigilant April 28th, 2010
http://vigilantcitizen.com/?p=3571


++
我々は、「未来」がなくなるという、脱感作芝居の上演を目撃させられてきた。人権剥奪全体主義の暴政まで、あと一歩のように思われる。

しかし、不細工な衆院選もあり、多くの日本人も目覚め始めたかもしれない。御輿だけで、戦争ができるのか? 彼らは、また、生け贄を用意してくるだろう。あらかじめわかっていることだ。また、騙されるのか?

人類は、試されている。メディアの神殿にもかかわらず、お互い助け合って共に生きていけるのかどうかを。




関連

映画「メトロポリス」のオカルト象徴主義とポップカルチャーにおけるその重要性 By Vigilant 1

映画「メトロポリス」のオカルト象徴主義とポップカルチャーにおけるその重要性 By Vigilant 2

2012年オリンピックの開会式と閉会式におけるオカルト象徴主義 By VC 1

2012年オリンピックの開会式と閉会式におけるオカルト象徴主義 By VC 2

不正選挙 U・ェ・Uノ ちわわのひとりごと

c0139575_2393942.jpg

c0139575_23371020.jpg


「海猿」尖閣に死す オオカミに喰われる赤ずきん「日本」 密儀に隠された人間の運命 たんぽぽ
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/11051018.html

c0139575_2143547.jpg

(これには要注意。海「猿」↑  5.6=11 も)

「殲10」スクランブル! 「尖閣冬の陣」始まる 関東連合とAKB

メディアという名前は、古代の人間を騙す魔女から採られたということを忘れてはならない。 メディアの願いは戦争である。

c0139575_22551794.jpg

c0139575_22555068.jpg



おまけ

c0139575_11515499.jpg

世の中、こんな「56」分子もある。社会でも成り立つだろう。
[PR]

by oninomae | 2013-01-15 20:12 | イルミナティ  

マインドコントロール理論とマスメディアで使用される技術 By Vigilant 1

マインドコントロール理論とマスメディアで使用される技術 By Vigilant April 28th, 2010 その1

マスメディアは、支配階級によって大衆を操作するために使用される最も強力なツールである。それは、意見や態度を形作り、何が正常で許容可能かを定義する。

この記事は、社会におけるその真の役割を理解する目的で、その主要な思想家たちの理論、その権力構造、そしてそれが使う技法を介したマスメディアの働きについて考察する。

c0139575_21332695.jpg

Image source deesillustration.com

このサイトの記事のほとんどは、大衆文化の対象中に見出されるオカルト象徴主義について論じている。これらの記事から、それらの象徴の目的とそれらをそこに配置した者たちの動機に関する多くの正当な疑問が起こってくるのだが、他の多くの概念と事実について言及することなしに、これらの疑問に満足な答えを提供することは私には不可能である。そこで私は、マスコミ分野の主要な学者たちを紹介するのと同じく、このサイトで提示された分析の理論的そして方法論的背景を提供するためにこの記事を書くことにした。

一部の人は私の記事を読んで、私が「レディ・ガガは我々の心を制御したがっている」と言っていると思う。それは真相ではない。彼女は、単にマスメディアという大規模なシステムのほんの一部である。


マスメディアを通じてのプログラミング

マスメディアは、可能な最大観客に到達するように設計されたメディアの型である。 それらはテレビ、映画、ラジオ、新聞、雑誌、書籍、レコード、ビデオゲーム、そしてインターネットを含んでいる。

多くの研究が、人々に影響を及ぼす最良の技法を発見することを目的として、人々に対するマスメディアの効果を測定するために、20世紀に行われている。 それらの研究から、マーケティング、広報、そして政治に使用される通信科学が出現した。

マスコミは大規模な民主主義の機能を保証するために必要なツールであり;それはまた、独裁のために必要なツールでもある。それはすべて、その使用法に依存している。

『素晴らしい新世界』の1958年の序文中で、オルダス・ハクスリーは、社会のかなり気味の悪い肖像画を描いた。彼は、それが、人々を様々な方法を用いて操作する「非人格的な力」、支配エリートによって制御されると考えている。

「それに対して我々がほとんど制御できない非人格的な力が、素晴らしい新世界の悪夢の方向へと我々すべてを押しやっているように思われる;そしてこの非人格的な押しやりは、ある少数者たちの利益のために、大衆の考えと感情を操作するための新しい技法の数々を発達させてきた商業的・政治的組織の代表たちによって故意に加速されている。」- Aldous Huxley, Preface to A Brave New World

c0139575_21515695.jpg

c0139575_21524010.jpg


彼の暗い見通しは、単純な仮説でも偏執性妄想でもない。それは、文書化された事実であり、マスメディアについての世界で最も重要な研究中に存在している。

ここではその幾人かをあげてみよう: エリート思想家たちを


ウォルター・リップマン

c0139575_2153302.jpg

ウォルター・リップマン-アメリカの知識人、作家、そして2度のピューリッツァー賞受賞者-は、アメリカにおけるマスメディアの使用に関する最初の作品の一つをもたらした。『世論』(1922年)の中で、リップマンは大衆を、統治階級によって導かれる必要のある「大きな獣」、そして「困惑した群れ」に比した。

彼は、支配エリートを、「その利益・関心が地域を超える特殊な階級」として述べた。この階級は、熟達者、専門家、官僚たちで構成されている。

リップマンによると、専門家、しばしば「エリートたち」と呼ばれる熟達者たちは、民主主義の主要な欠陥、「全権を有する市民」なる不可能な理想、を回避する知識機械たる運命にある。踏みにじり、吠える「当惑した群れ」は、「活動の面白がっている見物人」、つまり非参加者たるべきその機能を有している。参加は、通常の市民ではない「責任ある人間」の義務である。

マスメディアとプロパガンダは、したがって、エリートによって物理的な抑圧なしに国民を支配するために使用されるべきツールである。

リップマンにより提示された、一つの重要な概念は、「同意の製造」である。それは、手短に言えば、エリートのアジェンダを受け入れる世論の操作である。

一般公衆が、重要な問題について判断し決定する資格がないというのは、リップマンの意見である。(訳注:たとえば原発やTPP問題について、どうだろうか?本当に資格がないか?)

したがって、エリートにとって、「自分自身の良いことのために」決定し、そしてそれらの決定を大衆に販売することが重要である。

同意の製造は、大いなる洗練ができることについて、私が思うに、誰も拒否しない。世論が発生するプロセスは、これらのページに登場してきたよりは、確かにやはり複雑である。そして、操作の機会は、その過程が十分平易であると理解する誰にとっても開かれている。コミュニケーションの近代的な手段と組み合わせた心理的研究の結果として、民主主義の実践は、角を曲がった。 経済権力のいかなるシフト以上にも飛躍的に意義深い革命が起こっている。

プロパガンダの衝撃の下、必ずしもその言葉単独での、邪悪な意味においてではなく、我々の思考の古い定数(普遍のもの)は、変数となってきた。例えば、民主主義の原型の教義;人間に関する事柄のやりくりに必要な知識は、人間の心から自発的に浮上してくる、を信じることは、もはや可能ではない。

我々がその理論で行動するところでは、我々は自身を、自己欺瞞と我々が証明できない説得の形に曝すことになる。もし我々が及ばない世界を取り扱う場合には、我々は、直感、良心、あるいは何気ない意見の偶然に頼ることはできないことは、証明されてきた。」
-Walter Lippmann, Public Opinion (訳注:で、毒を食べたり、吸ったりすることについては、どうだろうか?判断はできないのだろうか?判断できないとすれば、それはなぜだろうか?)


c0139575_158164.jpg


リップマンが、世界で最も影響力のある外交シンクタンクである外交問題評議会(CFR)の創設者の一人であることに注意することは興味深いかもしれない。この事実は、あなたに、メディアの使用に関するエリートの心の状態についての小さなヒントを与えるに違いない。

「米国における政治的・経済的権力は、ほとんどの多国籍企業、主要な通信メディア、最も影響力のある財団、主要な私立大学、そしてほとんどの公益企業をコントロールする「支配エリート」の手の中に集中している。1921年に設立され、外交問題評議会は、大企業と連邦政府との間の主要リンクである。それは「政治家の学校」と呼ばれ、C・ライト・ミルズがパワー・エリート(舞台裏の傷つくことのない位置から出来事を形作っている、利益と見解の類似する人間集団)と呼んできたものの一つの機関であることに近づいている。国連の創作は、評議会の一つのプロジェクトであった。国際通貨基金や世界銀行と同様に。」- Steve Jacobson, Mind Control in the United States


幾人かの現在のCFRのメンバーは、デイヴィッド・ロックフェラー、ディック・チェイニー、バラク・オバマ、 ヒラリー・クリントン、メガ教会牧師リック・ウォレン、そしてCBS、ナイキ、コカコーラ、そしてVisaのような主要な企業のCEOを含んでいる。


カール・ユング

c0139575_21541492.jpg

カール・ユングは分析心理学(また、ユング心理学で知られている)の創始者である。それは、夢、芸術、神話、宗教、象徴、そして哲学を探求することによって、魂(精神)を理解することを強調する。

そのスイスのセラピストは、元型(アーキタイプ)、コンプレックス、ペルソナ、内向的/外向的、そしてシンクロニシティーなどのような、今日使われている多くの心理学的概念の原点である。

彼は自分の家族のオカルト的背景によって非常に影響を受けた。彼の祖父カール・グスタフは、熱心なフリーメーソン(彼はグランドマスターだった)で、ユング自身、彼の先祖の一部が薔薇十字団員であったことを発見した。これは、東洋と西洋の哲学、錬金術、占星術、そして象徴主義についての彼の大きな関心を説明するかもしれない。

彼の最も重要な(そして真価を認めてもらえない)概念の一つは、集合的無意識であった。

「私の主張は、従って、以下の通りである:徹底的に個人的な性質のものであり、そして我々がそれを唯一の経験的精神と信じる我々の即時的意識に加えて(もし我々が個人的無意識を一つの付録として追加してさえも)、すべての個人において同等の、集合的、普遍的、そして非個人的性質の第二の精神的システムが存在する。この集合的無意識は、個人的に発達するのではなく、遺伝的継承によるものである。 それは、先在的な型、アーキタイプからなる。それらは、ただ二次的に意識的になることができ、そしてそれらは特定の精神的内容に対して明確な型を与える。」- Carl Jung, The Concept of the Collective Unconscious


集合的無意識は、異なった文明中の類似の象徴と神話的人物像(図式)の存在を介して明らかになる。元型的象徴は、我々の集合的潜在意識に埋め込まれているように思われ、そして、それらに曝されたとき、我々は自然の誘引力と魅惑を行動で示す。オカルトの象徴は、たとえ多くの個々人が、その象徴の密教的な意味を決して知っていなくてさえも、人々に大きな影響を与えることができる。

エドワード・D・バーネイスなどのようなマスメディアの思想家は、この概念の中に、公衆の個人的そして集合的(集団的)無意識を操作するうってつけの方法を発見した。

c0139575_21551730.jpg

カール・ユングを主役にした、1955年のタイム誌の表紙。 ちょっぴりアヴァターのように見えませんか?


エドワード・バーネイズ

c0139575_21564288.jpg

エドワード・バーネイズは、「広告の父」と見なされており、潜在意識を使って公衆を操作するために、彼の叔父ジークムント・フロイトによって発見された概念を使用した。

彼は、一般的な人々について、不合理で「群れの本能」に従うものとみなし、ウォルター・リップマンの見解を共有した。彼の意見では、大衆は、民主主義の生存を保証するために、目に見えない政府によって操作される必要がある。

「大衆の組織化された習慣と意見の、意識的なそして知的な操作は、民主的社会の中では重要な要素である。社会のこの見えないメカニズムを操作するものたちは、我々の国の真の支配権力である一つの見えざる政府を構成する。

我々は統治され、我々の心は成形され、我々の好みは形作られ、我々のアイデアは提案される。大部分は、我々が決して聞いたことのない人間たちによって。これは、それによって我々の民主主義社会が組織される方法の、論理的結末である。もし彼らが円滑に機能する社会として共に生きるつもりならば、莫大な数の人間たちは、このやり方で協同する必要がある。

我々の見えざる統治者たちは、多くの場合、その内部の閣僚中の彼らの会員仲間の身元に気づいていない(訳注:ここは嘘でしょう)。」
- Edward Bernays, Propaganda

c0139575_215839.jpg


バーネイズの先駆的な販売運動が、アメリカ社会の機能を深く変更した。彼は基本的に、アメリカ人が生存のために買う代わりに喜びのために買うという文化を作り出すことによって、「消費者主義」を作り出した。この理由で、彼は、20世紀の最も影響力を及ぼしたアメリカ人のトップ100の中にあると、『ライフ』誌によって見なされた。


ハロルド・ラスウェル

c0139575_21571413.jpg

1939-1940年の間、シカゴ大学は、通信に関する一連の秘密セミナーのホストであった。これらのシンクタンクはロックフェラー財団によって資金提供され、そして、通信と社会学的な研究の分野で最も著名な研究者を含んでいた。

これらの学者の一人が、プロパガンダの分析に特化した有数のアメリカの政治科学者、通信理論家、ハロルド・ラスウェル[Harold Lasswell]であった。

彼はまた、人々によって支配される政府、民主主義は、専門化したエリートが世論をプロパガンダを介して形作り(方向付け)成形することなしには、それ自身を維持することができないという意見であった。

彼の社会科学百科事典の中で、ラスウェルは、エリートが、服従を強要する必須の力を欠いている場合、社会の管理者は、「主としてプロパガンダを介した、コントロールの完全に新しい技法」に頼らねばならないことを説明した。

彼は型にはまった正当化を追加した:我々は認識しなければならない。「大衆・・・(の)無知と愚かさ。そして、彼ら自身の利益の最良の判定者である人間についての民主主義の教条主義に屈服しないこと」を。

ラスウェルは、プロパガンダの異なった型の有効性を理解するために、内容分析の分野を、広範囲に研究した。彼のエッセイ、『通信の内容』の中で、ラスウェルは説明した。メッセージ(例えば、映画、演説、本、他)の意味を理解するためには、人は、そのメッセージ中に現れる特定の象徴の頻度、その象徴が観客の意見を説得しようと努める方向、そしてその象徴が用いられる強度、を考慮に入れなければならない。

ラスウェルは、以下に基づいた、彼のメディア分析モデルで有名であった:

誰が、何を(言っているか)、誰に(対して)、どんな通信路(を介して)、どのような影響(を持って)



このモデルによって、ラスウェルは、メディアの製品を適切に分析するためには、人は誰がその製品を製造したのか(その製作を注文した人々)、それが誰を目的としていたか(標的となる聴衆)、そしてこの製品の聴衆に対する望まれた効果は何であったか(知らせること、確信させること、売ること、その他)を、考察しなければならないことを示唆した。

例として、リアーナ[Rihanna]のビデオを使用すると、分析は以下のようになるだろう:誰が制作したか:ヴィヴェンディ・ユニバーサル; 何を:ポップアーティスト、リアーナ; 誰に:9から25歳の間の消費者; どんな通信路:音楽ビデオ; そして、どのような影響:そのアーティスト、彼女のの歌、彼女のイメージそして彼女のメッセージを売ること。

The Vigilant Citizenでのビデオや映画の分析は、公衆に対して伝えられたメッセージの「背後に誰がいるのか」に大きな重点をおいている。 「イルミナティ」という術語は、ひそかに大衆を支配しているこの小さなエリートグループを記述するためにしばしば使用される。 その用語はかなり戯画的で陰謀的に聞こえるが、それはエリートの秘密結社とオカルト知識への親和性を適切に説明する。

しかしながら、私は個人的に、何がマスメディアで起こっているかを記述するのに、「陰謀論」という術語を使用することは嫌悪する。もしその業界のエリート主義の性質に関するすべての事実が容易に公衆に入手可能ならば、それはまだ、「陰謀論」と見なされ得るだろうか?

以前は、大衆文化の中には、様々な観点、アイデア、意見があったものだ。メディア企業の統合が、しかしながら、文化産業の標準化を生み出した。なぜすべての最近の音楽が同じに聞こえ、すべての最近の映画が同じに見えるのか、不思議に思ったことがありますか?  以下が答えの一部である:


メディア所有権

c0139575_21581711.gif

上のグラフに示したように、、米国の報道発信源の大半を所有している企業の数は、20年足らずの間に、50から5になった。 ここに、世界中に展開しているトップ企業と彼らが所有している資産がある。

c0139575_2159415.jpg

AOLタイムワーナー社によってコントロールされている財産リストは、292の別の企業と子会社を並べた10枚の印刷ページに及ぶ。これらのうち、22社が、さまざまな程度にメディア業務に従事する他の主要企業との合弁事業である。これらのパートナーは、スリーコム、eBay、ヒューレ-パッカード、シティグループ、チケットマスター、アメリカンエクスプレス、ホームストア、ソニー、ビバ、ベルテルスマン、ポリグラム、そしてアマゾンを含んでいる。 タイムワーナーのよりおなじみの完全に所有されている財産の一部は、ブックオブザマンスクラブ;リトル、ブラウン出版社;HBO、とその7つのチャネル;CNN;、7つの専門的・外国言語チャネル;ロードランナー;ワーナーブラザーズスタジオ;ウエイトウォッチャーズ;ポピュラーサイエンス;そして、52の異なるレコードレーベルを含んでいる。」- Ben Bagdikan, The New Media Monopoly

c0139575_28561.jpg


AOL Time Warner owns:

64 magazines, including Time, Life, People, MAD Magazine and DC Comics
Warner Bros, New Line and Fine Line Features in cinema
More than 40 music labels including Warner Bros, Atlantic and Elektra
Many television networks such as WB Networks, HBO, Cinemax, TNT, Cartoon Network and CNN
Madonna, Sean Paul, The White Stripes

c0139575_2223229.jpg

Viacom owns:

CBS, MTV, MTV2, UPN, VH1, Showtime, Nickelodeon, Comedy Central, TNN, CMT and BET
Paramount Pictures, Nickelodeon Movies, MTV Films
Blockbuster Videos
1800 screens in theaters through Famous Players

c0139575_2233055.jpg

“Disney ownership of a hockey team called The Mighty Ducks of Anaheim does not begin to describe the vastness of the kingdom. Hollywood is still its symbolic heart, with eight movie production studios and distributors: Walt Disney Pictures, Touchstone Pictures, Miramax, Buena Vista Home Video, Buena Vista Home Entertainment, Buena Vista International, Hollywood Pictures, and Caravan Pictures.

The Walt Disney Company controls eight book house imprints under Walt Disney Company Book Publishing and ABC Publishing Group; seventeen magazines; the ABC Television Network, with ten owned and operated stations of its own including in the five top markets; thirty radio stations, including all the major markets; eleven cable channels, including Disney, ESPN (jointly), A&E, and the History Channel; thirteen international broadcast channels stretching from Australia to Brazil; seven production and sports units around the world; and seventeen Internet sites, including the ABC group, ESPN.sportszone, NFL.com, NBAZ.com, and NASCAR.com. Its five music groups include the Buena Vista, Lyric Street, and Walt Disney labels, and live theater productions growing out of the movies The Lion King, Beauty and the Beast, and King David.”

- Ibid

The Walt Disney Company owns:

ABC, Disney Channel, ESPN, A&E, History Channel
Walt Disney Pictures, Touchstone Pictures, Hollywood Pictures, Miramax Film Corp., Dimension and Buena Vista International
Miley Cyrus/ Hannah Montana, Selena Gomez, Jonas Brothers

c0139575_2245063.jpg

Vivendi Universal owns:

27% of US music sales, labels include: Interscope, Geffen, A&M, Island, Def Jam, MCA, Mercury, Motown and Universal
Universal Studios, Studio Canal, Polygram Films, Canal +
Numerous internet and cell phone companies
Lady Gaga, The Black Eyed Peas, Lil Wayne, Rihanna, Mariah Carey, Jay-Z

c0139575_2252611.png

Sony owns:

Columbia Pictures, Screen Gems, Sony Pictures Classics
15% of US Music sales, labels include Columbia, Epic, Sony, Arista, Jive and RCA Records
Beyonce, Shakira, Michael Jackson, Alicia Keys, Christina Aguilera

http://satehate.exblog.jp/17977702/
c0139575_23243741.jpg

c0139575_14675.jpg

c0139575_145176.jpg


限られた数の文化産業のアクターは、一般大衆へと彼らが前進する限られた量の視点やアイデアを意味している。それはまた、1つのメッセージが、同意を生み出すために、すべての型のメディアを容易に飽和できることも意味する(つまり、「イラクに、大量破壊兵器がある」)。



c0139575_8273428.jpg


続く


元記事は

Mind Control Theories and Techniques used by Mass Media By Vigilant April 28th, 2010
http://vigilantcitizen.com/?p=3571



c0139575_22501223.jpg






おまけ

c0139575_23191424.jpg

c0139575_23194988.jpg

(ニコラス・ケージのお墓↑だそうです)


c0139575_011376.jpg

誰が、何を(言っているか)、誰に(対して)、どんな通信路(を介して)、どのような影響(を持って)



Abe Aids Bernanke as Japan Seen Buying Foreign Debt By Wes Goodman & Daniel Kruger - 2013-01-14T13:11:12Z
http://www.bloomberg.com/news/2013-01-13/abe-aids-bernanke-as-japan-seen-buying-558-billion-foreign-debt.html

・・・Abe’s Liberal Democratic Party pledged to consider a fund to buy foreign securities that may amount to 50 trillion yen ($558 billion) according to Nomura Securities Co. and Kazumasa Iwata, a former Bank of Japan deputy governor. J
[PR]

by oninomae | 2013-01-14 20:25 | イルミナティ  

11311 地震か? + バーコードリーダー?

http://www.jma.go.jp/jp/quake/20130113121923453-131217.html

平成25年01月13日12時19分 気象庁発表
13日12時17分頃地震による強い揺れを感じました。(113.11?)

現在、震度3以上が観測されている地域は次のとおりです。

震度4 岩手県沿岸南部
震度3 岩手県内陸北部 岩手県内陸南部 宮城県北部



ところで、以下は、116?

http://www.jma.go.jp/jp/quake/20130110215001453-102148.html

平成25年01月10日21時50分 気象庁発表
10日21時48分頃地震による強い揺れを感じました。
現在、震度3以上が観測されている地域は次のとおりです。

震度4福島県浜通り
震度3宮城県南部宮城県中部 福島県中通り




日本の未来が決まる3日間<戦争か平和か> 小野寺光一 2013/01/13 
http://archive.mag2.com/0000154606/index.html

・・・


http://www.youtube.com/watch?v=6BQVdS3gq4c

電子投票の危険性 アジア共同体、世界政府

千葉4区とどめの衝撃グラフ

http://saisai25.blog.fc2.com/blog-entry-6.html

2012年衆議院選挙 公職選挙法第204条に基づく異議申し立て:
http://www.tm256.biz/project-EFB/

現在、支持者も含めると、数百人規模で署名が集まっている。原告団だけでも3桁(100名以上)にはなりそうです。今回の選挙では非常に多くの方々が選挙結果が不自然でおかしいと感じている。不正によって選挙の公正さがゆがめられたという疑惑に対する物凄い怒りのエネルギーがある。

ここまできたら行政訴訟につよい弁護士をたてたらどうか?行政訴訟につよい筆頭は宇都宮弁護士である。実際に裁判がどうなるかは、弁護士次第である面が強い。宇都宮氏に弁護士を頼んだらどうか?

宇都宮氏のように
サラ金に悩む弱者救済を行政を巻き込んで
実現化した人物は、今までいない。

弁護士冥利(べんごしみょうり)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4486037138.html

実際、裁判というものは、弁護士の腕次第である。

たとえば原告団で一人3千円だけだしてもらったとしても
100人を超えれば30万円になる。

3千円くらいだったら、飲み会に一回でるだけで3千円はかかるから
普通に出せる人が多い。

これだけでも充分、やってくれるのではないか?

とにかく表にはあまりでていないが、この裁判を阻止しようとして
あちらがわは亡国の人物が どうも ものすごく動いているらしい。

裁判官だって小沢えん罪裁判のように、なるべく頭の固い、ろくでもない人物を官邸が動いて指名される可能性が高い。

ひとりでできる行政監視マニュアル →必須。
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/guest/cgi-bin/wshosea.cgi?KEYWORD=%88%EA%90%6C%82%C5%82%C5%82%AB%82%E9%8D%73%90%AD


金曜日の日刊ゲンダイに不正選挙疑惑の記事が載っていた。おそらくマスコミで初めてである。

ただ、今回の疑惑は「票読み取り分類機」にあるわけではない。

選挙管理委員会の人にきいたところ
票読み取り分類機で票を分類したあとに100票ずつ同じ候補者別、同じ政党別にまとめられる。

「この中身があっているかどうかは、その100票をパラパラとめくってみて
選管と立会人などでチェックしています。」

そしてそれを確認したあとに、「大丈夫だ」ということで帯封にハンコを押す。
それを100票ずつの束を5つそろえて500票の束にする。

ここまでは、実際に人がチェックしている。

このことをさして
記事の中では
「だから不正の余地はありません」といわれている。


問題は、今回はじめてわかった部分にある。

それは、票読み取り分類機とは関係ない。

そのあとに500票ずつまとめた束に
バーコードをつけてバーコードリーダーで読み取る
際の集計ソフトに「白昼の死角」があるのだ。

1)500票ずつまとめられた票の上に
バーコードシールを貼る。

バーコードシールとは、よくコンビニでものを買うとピッとあてて
「いくらです」とやるあのバーコードシールである。

バーコードシール
http://www.label-sanko.jp/products/wp-content/uploads/2011/10/CIMG0908.jpg
バーコードリーダー
http://www.amazon.co.jp/s/ref=nb_sb_noss_1?__mk_ja_JP=%83J%83%5E%83J%83i&url=search-alias%3Daps&field-keywords=%83o%81%5B%83R%81%5B%83h%83%8A%81%5B%83_%81%5B

2)そしてこのバーコードシールをバーコードリーダーが読み込んで、それを集計ソフトが認識するわけだがここに「白昼の死角」が存在している。

この集計ソフトで算出される得票数と実際の500票ごとの各候補者別、各政党別の数とが一致しているかどうかはだれもチェックしていないのである。

この部分だけは「誰もチェックしていない」というのは、選管に確認した。


以下は「仮説」である。

午後8時に開票する最初から誤作動を起こすとすぐに「おかしい」となるだろうからか だいたい、途中から誤作動を起こしているらしく見える。それは時間帯別の開票速報と得票率のグラフからわかることである。

途中であれば、あまりに票が多いから、誤作動を起こしているなんてのは誰も気づかない

たとえば、8時から開票するとして、誤作動プログラムが「9時から稼動するようにして、11時におわる」ようにしておくと仮定する。

このときにたとえば、「未来」と読み取ったら、誤作動プログラムは「○○党」と認識するようにしてしまえば、可能である。もしくはプログラム上、3回に2回の割合で
1回目「未来」と読み取ったら、「未来」
2回目「未来」と読み取ったら「○○党」
3回目 「未来」と読み取ったら「○○党」
といったようにすることも理論上可能である。

そしてその疑義を提出する際に必要なのは、各市町村が速報として出している数値を分析することなのである。これを全国規模でグラフ化しないといけない。

都知事選 開票速報
http://jp.ask.com/ans?qsrc=1&o=2616&l=sem&q=%E9%83%BD%E7%9F%A5%E4%BA%8B%E9%81%B8%E3%80%80%E9%96%8B%E7%A5%A8%E9%80%9F%E5%A0%B1


行政側は、「本来確認すべきことをやっていなかった」という「不作為の罪」 が存在しているのである。

これは総務省側に聞いても、東京都選管に聞いても、「そこは確かに確認していませんが」と言っている。

裁判の際には、求めるものとしては、すべてを手作業で票の数えなおしをするまでやらなくても、500票にまとめたあとだけ問題にすればいいということだ。

その500票ごとの実際の各候補者別、各政党別の票数と、集計ソフトで報告されている各候補者別、各政党別の票数が、一致しているかどうかの確認だけもとめればよいということだ。

それなら、仮に全国でやったとしても
行政側としては票の数えなおしをしたとしても
お金もかからない。
500票ごとにはもうまとめられているわけだから。

それに最高裁の国民投票では集計が大規模に違っていたではないか。

行政には「じゃあ、実際の票と、集計された票と違いはない」と、確認もせずに証明できるんですか?
これを見過ごしていて、もし、ちがっていたら、とんでもない責任問題になりますよ
といって、さまざまな「疑義のあるグラフ」を見せればよい。

たとえば、同じような仕組みで
セブンイレブンの本社というところは
各セブンイレブンの店舗からのバーコードリーダーでの
売り上げの数値をインターネットを使い、集計ソフトをつかって集計している。

ジャスコのイオングループもそうである。
大規模のショッピングセンターというものは
各店舗の売り上げをバーコードリーダーであがってきたものを
中央で集計しているのである。

そしてそれにおかしな点があればきちんと確認をするべく、実際に店舗に出向いて在庫調査をしているのである。つまり民間では、バーコートリーダーで読み取った数値を妄信せずにきちんとやっているのだ。

やっていないのは総務省と選管だけである。

たとえていえば
セ○ンイレブンの店舗で
突然320店舗で
「ぱ○くんちょ」が売り上げ第一位を
とる。どうしてこんなに「ぱ○くんちょ」が売れているんだ。
「ぱ○くんちょ」の支持者だけで憲法改正ができるぐらいすごい。


ところが
か○ぱえびせんが、ぱ○くんちょの売り上げが上がるにつれて
同規模で下がっている。

そして
メニューにはない
大阪発のこってりんこ 
http://www.youtube.com/watch?v=INF73pg-I9Y&feature=player_detailpage
が人気投票で各店舗で上位だったら、おかしい。


だから調べたほうがいいということだ。

(大阪発の政党で関東の小選挙区には候補者をだしていないのに、比例区票で妙に票をとっている政党がある)


たとえば都知事選で武蔵野市の開票速報を見るとおかしなことがわかる。
http://www.city.musashino.lg.jp/senkyo/tochijisenkyo/kaihyou.html

結論から先にいうと
「0時00分までの宇都宮氏と猪瀬の得票率」と
「0時00分から1時00分までの宇都宮氏と猪瀬の得票率」に
不自然な点がみられる。


0時00分までの宇都宮氏の得票数はたったの2千票、猪瀬は、4万票である。
猪瀬が79%の得票率。宇都宮氏は約4%

ところが0時00分から1時00分までの得票数を見ると
宇都宮氏の得票数は1万4500票であり猪瀬は7千票である。
宇都宮氏は55.5%の得票率
猪瀬は31.1%の得票率である。

われわれの選挙の感覚でいえば、宇都宮氏と猪瀬はほぼ互角で
一部宇都宮氏が逆転していたのではないかと思っている。

これは仮説だが、バーコードリーダーから票を集計するソフトで
8時から開票が始まるのであれば、9時ー11時頃までは
宇都宮氏の票を認識すると猪瀬氏の票にカウントされるような
「誤作動プログラムがまぎれこんでいた。もしくはネットでハッキングされていた」ことがあったのではないか?

<検討過程>
得票数で0時00分現在
宇都宮けんじ  2000票
猪瀬直樹   40000票  全体総合計 50500票

ここでは、猪瀬の得票率がなんと4万票/5万500票だから79.20%
が猪瀬の得票となっている。

一方、宇都宮氏は2千票/5万500票だから得票率が
96(3.6)%である。

ところが1時00分現在の数値を見てみると、
12時から1時までの得票率だが
宇都宮けんじ氏14500票(1時00分時点)ー2000票(12時までの時点)
=12500票(12時から1時00分までに開票された中での宇都宮氏の得票数)
猪瀬直樹 47000票(1時00分時点)ー40000票(12時00分時点)
=7000票(12時から1時までに開票された中での猪瀬の得票数)

つまり12時から1時までの開票においては、
宇都宮氏得票数1万2千500票/2万2千500票=55.55%
猪瀬直樹得票数7千票/2万2千500票=31.11%

になっているのである。
この場合は、0時00分までの宇都宮氏の得票数が異常に少ないから、その時間帯になにかがあったと考えるべきだ。
行政訴訟というのは、いろいろな要因を考えないといけない。

あとたったの2日しか期限がない。休み明けの1月15日に必着である。

参考となるものは
有斐閣(ゆうひかく) 判例六法 平成25年版
http://www.yuhikaku.co.jp/six_laws/detail/9784641003330

有斐閣(ゆうひかく) 判例六法Professional 平成25年版
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4641004137.html
http://www.yuhikaku.co.jp/six_laws/detail/9784641004122

伊藤真の判例シリーズ行政法 (第2版)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4335304102.html

行政法 (第3版)
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4335302800.html

伊藤塾試験対策問題集:論文〈7〉行政法
http://bookweb.kinokuniya.co.jp/htm/4335303599.html


実際に米国でブッシュ大統領VSケリーの大統領選挙のときに、電子投票機からは「ケリーに投票したくてもできない」で、「ブッシュに投票する選択枝」 しか電子投票機がうけつけないということが大規模におきた。
そのパロデイー動画

Electronic Voting(電子投票)ブッシュVSケリー
http://www.youtube.com/watch?v=T8yE3_Vw144
16956

以下、動画で
字幕を出したい場合は
動画の下欄にある四角をクリックして
字幕(英語)を選択するとそのあとに
「字幕を翻訳」がでてくる。
それをクリックするとアイルランド語
がでてくるからそれを下にスクロールすると
日本語がでてくる。OKを押せば日本語字幕がでてくる。

1分間で電子投票機がハッキングされてしまう証明
Another Example of the 1 Minute E Voting Machine Hack
http://www.youtube.com/watch?v=5hCyVsUir8k
87,693

電子投票機のROMを60秒以内に取り替える業者の神業的速さ
changing the ROMs of a Nedap e-voting computer in 60 seconds
http://www.youtube.com/watch?v=EowKalRT3lc
93,111

アメリカを盗むということ<決められた投票1>1
STEALING AMERICA: Vote by Vote Part 1 of 10
http://www.youtube.com/watch?v=s36g51Q-tLU
7,182

アメリカを盗むということ<決められた投票2>
STEALING AMERICA: Vote by Vote Part 2 of 10
http://www.youtube.com/watch?NR=1&v=I99wlO6DtB0&feature=endscreen 2182

アメリカを盗むということ<決められた投票3>
STEALING AMERICA: Vote by Vote Part 3 of 10
http://www.youtube.com/watch?v=XhfsxsMhv8w

STEALING AMERICA: Vote by Vote Part 4 of 10
http://www.youtube.com/watch?v=TNDzXBEKhgg
1428

STEALING AMERICA: Vote by Vote Part 5 of 10
http://www.youtube.com/watch?v=4JjGOYCWmDY
1386

STEALING AMERICA: Vote by Vote Part 6 of 10
http://www.youtube.com/watch?v=AMsiOR-1yOI
1,264

STEALING AMERICA: Vote by Vote Part 7 of 10
http://www.youtube.com/watch?v=1kT7H0VgBcI
1,188

STEALING AMERICA: Vote by Vote Part 8 of 10
http://www.youtube.com/watch?v=mwnI3rlhzDw
1,107
※この動画は9が見当たらない。
STEALING AMERICA: Vote by Vote Part 810of 10

http://www.youtube.com/watch?feature=endscreen&v=mJe-UbxMX8M&NR=1

参考
http://www.youtube.com/playlist?list=PL2176053404743AEA

ロッ○フェラー
http://www.youtube.com/watch?v=owaCmHWwCd8





「第46回総選挙(2012/12/16実施)における不正疑惑に関する異議申し立て」原告団の組成を開始  2013/1/12(土) 午後 0:06
http://blogs.yahoo.co.jp/macrobioticstudio/10364674.html




参考

株式会社ムサシを国会招致、証人喚問をせよ!! 2013-01-07
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2013/01/post_eb86.html

「株式会社ムサシ」と民主代表選をつなぐ点と線(1) (2) 2013-01-09
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2013/01/post_3e2c.html

「株式会社ムサシ」と民主代表選をつなぐ点と線(3) 2013-01-11
http://hyouhei03.blogzine.jp/tumuzikaze/2013/01/post_7baf.html

++
民主代表選からではなく、もっと前からいかさまですが・・


民主主義は、「既に、廃止されている」 オルタ + U・ェ・Uノ 
http://satehate.exblog.jp/14946869/

カバリスティック 9.11
http://satehate.exblog.jp/9680666/
[PR]

by oninomae | 2013-01-13 12:26 | 人工地震詐欺・地震  

邪悪な場所:IRS本部、メリーランド by Vigilant

邪悪な場所:IRS本部、メリーランド by Vigilant Nov 28th, 2012

メリーランド州ニューキャロルトンにあるIRSの本部は、一つの政府の建物で、公的資金を用いて建築されているにもかかわらず、エリートの秘密結社に言及するアートを含んでいる。さらに重要なことに、そのアート作品は米国憲法と一般的なアメリカの人々に関する奇妙なメッセージを伝えている。我々はメリーランド州のIRS本部の前で見いだされるアート作品の象徴的な意味を調べるだろう。

c0139575_0455759.jpg


IRSは、恐らくアメリカで最も嫌われている機関である-主として、その主な役割が、人々が彼らの苦労して稼いだ現金を引き渡すように強制することだからである。

お馴染みの徴税人のこの現代版は、確かにアメリカの労働者たちからお金を集めて、それを政府に与え、それは、順番に、海外にドローンを送ったり、あるいは、これらの同じ労働者をよりよく監視するための情報上部構造を構築するために、このお金を使用する。気に入らないじゃないかな?

IRSはもともと戦時中に「一時的な措置」(カナダ歳入庁もまた、「一時的」であると仮定されているのは滑稽)として作り出されたが、現在それについて一時的なものはなにもない。

実際、その巨大なIRSの複合施設は、1997年に、メリーランド州ニューキャロルトンに建てられ、今日なお成長しており、この機関が実際ここにあることを示している。このモダンな建物は、人が考え得る最新鋭の快適な設備のすべてを有しているが、しかし、最も注目されるものは、その建物の前にある奇妙なパブリックアートである。

多くの政府機関の建物の場合と同様に、展示されたアートは、ほとんどの人にとって全く何の意味もないが、秘密結社の象徴に精通している人々にとって、その意味は多種多様で意味深い。

実際、IRSの建物の前にある象徴の起源や意味を完全に理解することは、誰が真にアメリカの(そして世界中の)権力の座にあるのか、彼らが何を信じているのか、そして彼らが我々、大衆について実際どう考えているのか、を理解することを意味している。

IRSは大して芸術的な機関であるとは知られていないし、同じくメリーランド州の本部に大して多くのアートが存在しているわけでもない。しかしながら、展示されているそのいくつかの作品は、オカルトエリートについて知る必要があるすべてのものを伝えることをやってのけている。


一般的なレイアウト

IRS本部の入口は、白い手を乗せた、最高品質の大理石で作られた黒と白の2​​本の柱によって守られている。 その2本の柱の間に、「我々人民」と書かれている金属製の冠石を有する暗いピラミッドが存在している。このすべては何を表しているのか?一つの「公式」説明は次のとおりである:

「最も印象的な要素は、各々の柱の上にある巨大な白い大理石の手である。各々の手は、空を指さしており、一つは人差し指を伸ばし;他はほんの少し指をカップ状にしている開いた手となっている。その1997年の作品は、「国民の声」を意味するラテン語「Vox Populi」と呼ばれている。人差し指を伸ばした手は、彼または彼女の意見を述べる話者の熟考、議論、身振りを表している。開いた手のひらの手は、誓いの表明あるいは約束をする行為を表している」- The Washington Post, “The Big Hands of the Law”


それはすべてが順調で良いわけだが、しかし、「Vox Populi」はIRSと何の関係があるのだろうか?市民たちは、IRSについて何か評価したり投票したりできるのか?なぜその柱は黒と白なのか?なぜそこには冠石を有するピラミッドがあるのか?

ほとんどのオカルトのシンボルの場合と同様に、そこには、大衆に与えられる基本的な(そして不満足な)解釈と、そして知っているものたちに対する「真の」意味が存在する。

知っているものたちにとって、その作品は、アメリカにおける権力の真の源、フリーメーソン団の最高位階への黙礼である-ワシントン記念碑が表しているものと五十歩百歩の。

c0139575_0515214.jpg

IRSの前にあるそのアートは、二つの柱の間にある冠石を有するピラミッドを主役にしている。黒と白の縞は、2重性の錬金術的概念に言及している。

c0139575_0522650.jpg

イスラエルにある、このメーソンの記念碑は、全く同じ要素を帯びている:2本の柱の間の冠石を有するピラミッド。二重性を表す地上のストライプ。

この(さほど)公的(でない)アートの各々の要素を考察してみよう。


双子柱

双子柱の象徴主義は、古来のものでそして非常に意味深い。、それは、秘密結社の教えの基礎、ヘルメス主義の中核に言及しているからである。要するに、その柱は、二重性と反対物の統合(正反合)を表している。

「右の法の書板はさらに光の白い柱-ヤキンを意味している;左の書板、ボアズは、暗黒の闇の柱。これらは、ソロモン王の神殿のポーチの上に据え付けられた真鍮で鋳造された2つの柱の名前であった。それらは、高さ18キュビトで​​、鎖細工の花輪、網細工、そしてザクロで美しく装飾されていた。各々の柱の頂上には、一つの大きなボウル-現在、勘違いでボールあるいはグローブと呼ばれている-が置かれていた。そのボウルの一つは、おそらく火、そして他は水を含んでいた。右側の列柱(ヤキン)の上にある天球儀(もともと火のボウル)は、神聖な人間を象徴し;左側の列柱(ボアズ)の上にある地球儀(水を入れたボウル)、現世の人間を意味した。これらの2本の列柱はまた、それぞれ、神聖なエネルギーの能動的そして受動的発現、太陽と月、硫黄と塩、善と悪、光と闇、を暗示している。それらの間に、神の家に通じるドアがある。従って、聖所の門に立って、それらは、エホバが両性具有でかつ擬人化された神であることを思い出させるものである。2本の平行な列柱として、それらは黄道帯の星座、蟹座と山羊座を示している。それは、かつては、肉体的な生活の両極端-誕生と死を表わすためにめに儀式の部屋の内に配置されていた。それらは、従って、夏至と冬至を意味し、現在フリーメイソンたちに、「二つのセントジョンズ」という比較的近代的な名称で知られている。

ユダヤ人たちのの神秘的なセフィロトの樹の中では、これらの2本の列柱は慈悲と厳格を象徴している。ソロモン王の神殿の門の前に立ち、これらの列柱は、エジプトの聖所の前のオベリスクと同じ象徴的意味を有していた。カバラ的に解釈されたとき、その2本の列柱の名前は、「力強く、私の家が確立されなければならない」ことを意味する。「精神的、霊的なイルミネーションの光輝の中で、大祭司は平衡-すべての両極端から等距離のところにある仮説的ポイント-の完璧な美徳の無言の目撃者として、その列柱の間に立っていた。こうして彼は、己の複合的な構成の真っ只中にいる人間の神聖な性質、一対の存在下での、神秘的なピタゴラス学派のモナド、を擬人化していた。一方の側に、知性の素晴らしい柱がそびえ、他方に、肉体の厚かましい柱。これら2つの中程に、見せかけの賢者が立っていたが、しかし彼は、まず最初に、これらの列柱を一緒にすることによって作られる交差に苦しむことなくしては、この高い生活状態に到達することはできない。初期のユダヤ人たちは、時折、エホバの脚として、2本の柱、ヤキンとボアズの代理人となった。そうして、それによって、近代の哲学者にとって、知恵と愛が、それらの最も高貴な意味において、世俗と超俗の両方で、創造の全体秩序をサポートしていることを示している。」 
- Manly P. Hall, The Secret Teachings of All Ages

c0139575_053965.jpg

メーソンの柱がメーソンの神殿の入り口を守るのと同じ方法で、2本の柱は、IRSの建物の入り口を守っている。

c0139575_053461.jpg

メーソンの神殿の入り口を守っているヤキンとボアズと名付けられた2本の列柱を描いたメーソンのアート。


すべての柱が必ずしもメーソンのものというわけではないが、IRSの建物の前のそれらは、秘密結社との繋がりに関して疑う余地はない他の特徴を含んでいる。

c0139575_0552016.jpg

IRSの柱は正確に13の黒と白の縞文様と、非常に大きな意義を有するハンドサインを特色としている。


建物の残りの部分とはっきりと対照的に、その柱は、メーソンのモザイク舗道上に視覚的に表される概念、二重性を想起させるパターン、黒と白に帯状化されている。

c0139575_05704.jpg

おそらく、メーソンのロッジの中で最も重要な特徴、黒と白の市松模様は、二重性の概念の視覚的表現であるように意図されている。このパターンのバリエーションが実際存在する。

物事をメーソンのものであると(内情を知っているものたちに)さらに明示的にするために、各ピラーはちょうど13、メーソンの言い伝えで最も重要である番号(アメリカのドル札上の数字13の遍在を研究してください)のストライプで構成されている。メーソンのアートにおけるオカルト数への常なる留意を考慮すれば、この事実単独でまさに正体を明らかにしている。

各々の柱の上には、白い大理石の手がある。メーソンの正式な服装には白い手袋が必要であることを知るのは興味深い。

c0139575_2238271.jpg

c0139575_22385875.jpg


その手の一つは、空に向かって上を指している。

公式の意味が、それが公共の議論や談話の行為に言及することを主張する一方で、このハンドサインは、そのアート作品の密教的背景中に置かれ、はるか古代的、神秘的な意味を持つ。「神の手」、 「保全のサイン」、あるいは「神秘の手」と名付けられ、上を指す手のサインは、密教的な意味を帯びている多くのアート作品中に見出すことができる。

それは、常に「神からの知識」を持っていると見られる人物と関連付けられているように思われる。

c0139575_0582179.jpg

ヘルメスの古典的な描写は、いつも彼が天に向かって指し示すように描いている。 「神の使者」として知られ、ヘルメスはメーソンの伝承の中心的人物である。彼は、神的秘術的科学の教師である、したがって、人類が神格に向けて上昇することを助ける、と見なされている(錬金術[ヘルメス主義]という言葉はヘルメスから派生)。

c0139575_103270.jpg

「プラトン、これらの神聖教団の一つへの入会者は、厳しく批判された。なぜなら、彼の著作の中で、彼が奥義の秘密の哲学的原理の多くを公的に明かしたがゆえに、」– Manly P. Hall. ラファエロによるプラトンのこの古典的な描写において、彼は上方を指さしている-おそらく、彼は神秘学派の秘密の教えの一部を世界を「手ほどきした」がゆえに。

c0139575_122288.jpg

1stdibs.comで販売されているこのメーソンの商品は、IRSの建物の前で見られるのと同じハンドサインを特色としている。

c0139575_1203886.jpg


密教の教えの文脈中では、神に向かって指さしている人間は、奥義の究極の目標:神性を達成するための普通の人間の状態からの上昇、を象徴することができる。

もう一つの柱上の手は空に向かって指しているのではなく、かなり開かれている。どこかへ向かって指さすことは、その方向に移行することを意味する一方で、開いた手のひらは、伝統的に「停止」または「休止」に関連付けられている。

メーソンの象徴主義では、双子の柱は、しばしば対照的なシンボル(太陽と月あるいは地球-地上と天国を表す)を頂上に乗せている。その列柱の上の白い手は、同じ反対の概念、神性(神の方への指さし)とこの世の物質性(停止サイン)を表し得るだろうか?

これらのメーソンの列柱上には、合衆国憲法と権利章典に関する様々な引用がエッチングされている。それらのいくつかは、今日の文脈では、バーバラ·ジョーダンによるもののように、非常に奇妙である:

c0139575_145227.jpg

「権利章典は、自然や神によって定められていなかった。それは非常に人間的で、非常に壊れやすい。」 うーん、それは・・・落ち着かない(不安である)。


この建物が建築されたすぐ後に、露骨に権利章典(特に合衆国憲法修正第1条と第4条)に違反している法律の束が成立させられたという事実を考慮すると、人は、この引用がある種の警告ではなかったかと問うことができる。

我々が、プライバシー、言論の自由を侵害し、そして弾圧を奨励している新しい警察国家風の法律を目撃しているように、エリートが、権利章典を、容易に侵害できる、何か「非常に人間的で、非常に壊れやすい」ものとして見ていると、我々は間違いなく結論づけることができる。

上記の引用が、権利章典を当然のものと考えないように思い出させるものと解釈可能な一方で、その場所の文脈では、それがいかに容易に改竄され・・・そして消失さえし得るかについて、不安なメッセージを伝えている。私は言い過ぎだと思いますか?この次の作品をチェックしてください。


ピラミッド

c0139575_153334.jpg

その2本の列柱の間に、オカルトエリートを表す最も有名なシンボルが存在する:光沢のある冠石を有するピラミッドである。ピラミッドの上には、よく知られているように、「我々人民」で始まる米国憲法が書かれている。この彫刻をよく見ると、いくつかの疑問が頭に浮かぶ。

まず第一に、なぜ米国憲法が、その最高位階が「エリート人間たち」に制限されているオカルト秘密結社に関連付けられている一つの象徴にエッチングされているのか?ここに矛盾はないのか?

第二に、そのピラミッドの炭色の基部が、大衆を表し(まさにその上に「我々人民」と記されている)、白く光沢のある照明付きの冠石が、「イルミネートされた」エリートを表していることはいささか明白である。

c0139575_22114987.jpg

これは・・・エリート主義ではないのか?ピラミッドと米国憲法の上に立っているその冠石は、エリートが法の上にあることを意味するか?

最後に、なぜそのピラミッド上に権利章典がないのか?

それは、権利章典が「非常に人間的で、非常に壊れやすい」ゆえか?

それはNWOのエリートによって時代遅れと見なされているか?

Vigilant Citizen上で記述した多くの邪悪な場所の場合と同様に、このほとんど目立たないアート作品は、際限なく暗い意味合いを含んでいる。



おわりに

邪悪な場所のこの版においては、我々は、比較的少い、がそれにもかかわらず、大量の象徴的表現を伝えている品目について考察した。

ただ単に装飾的であるどころか、メリーランド州のIRSの建物の前のアートは、象徴的な物体で、アメリカ(と世界)政府の背後にある真の権力の源、その精神的・政治的哲学、その大衆の認識、その他について表現している。

しかし、その象徴主義は間違いなくメーソン的である一方、あなたの地元の正面玄関のフリーメーソンは、オカルトエリートとは何の関係もない。権力者たちは、我々がイルミナティと呼ぶのを好む、教団の最高の、隠された段階の一部である。

IRSは、米国内のすべての一人一人のアメリカ労働者からマネーを集めることを尻込みしたりはしないが、その本部の前にあるオカルトシンボルは、一人一人のアメリカの労働者のためのものではない、間違いなく。

それは非常に少数の「選ばれた」ものたちによって理解されることを意図している-本当の権力が非常に少数の「選ばれた」ものたちによって所有されているのと同じように。

建前上は公的な建物に、秘密主義のエリート集団に関連付けられた象徴が、なぜ展示されているのか?これは矛盾ではないのか?

ある者は、これらの象徴の背後にある真の奥義的意味は、本質的に悪というわけではないと言うかもしれないが、真に動揺させる部分は、「冠石中に」いるものたちが、ピラミッドの底辺にあるものたちは、これらのことを理解するように意図されていないことを、明白に告げていることである。

彼らは、エリートに資金を供給するために、気を散らされ、制御されるよう意図されている、大きすぎる損害を与えることなしに・・・そんなところである。そして、IRSは、その方程式の一部である。

指差す手の 「公式」の意味とは反対に、いかなる市民も、これらの機関の政策、あるいは彼らがその建物の前に展示しているものについてさえ、発言権を持っていない。

「我々人民」に何が起こることになるかを指示するのは、むしろ冠石中のものたちである・・・それが権利章典を消滅させることを意味することになろうとも。

公式IRSのモットーにもあるように:奉仕+執行=コンプライアンス(遵守、服従)である。要するに、多分上を指す指は、中指であるべきであろう。


c0139575_1142666.jpg

c0139575_8303042.jpg



元記事は

Sinister Sites: IRS Headquarters, Maryland  by Vigilant Nov 28th, 2012
http://vigilantcitizen.com/sinistersites/sinister-sites-irs-headquarters-maryland/



関連

権利章典 (アメリカ) wiki

権利の章典 wiki

人権擁護法」否定のふりして、日本人の人権否定か?
http://satehate.exblog.jp/18962366/

「憲法改正草案」を発表
http://www.jimin.jp/activity/colum/116667.html

不正選挙 U・ェ・Uノ ちわわのひとりごと 2012.12.18 Tuesday
http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=128#sequel

福島県民「橋下徹、お前が真っ先に原発作業員として福島へ行け」
http://satehate.exblog.jp/18985093/

ナチスの全権委任法
http://skmtsocial.tumblr.com/post/37628588064

自由民主党は「民主と自由」の看板を下ろせ! 安倍晋三が民主主義を破壊する! たんぽぽ
http://satehate.exblog.jp/18989094/

c0139575_1213736.jpg

みなさん、アジェンダが、お好きなんですカネ

「権利章典は、自然や神によって定められていなかった。それは非常に人間的で、非常に壊れやすい。」


Vigilant Citzen 関連記事目次
http://satehate.exblog.jp/18028395/

読んでも観えなきゃ・・・

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130106-00000002-kiba-horse

6日、中山競馬場で行われた6R・メイクデビュー中山(3歳新馬・芝2000m)

c0139575_355983.jpg

好スタートから先手を取ったイルミナティがそのまま逃げ切り勝ち


(例の、「終わり」は。貼らないでおきます)




おまけ

竹中平蔵氏起用「総理の意向」 産業競争力会議で菅官房長官 2013.1.8 14:35
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/130108/plc13010814360009-n1.htm


改憲軸に戦争企む安倍内閣
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/kaikenjikunisensoutakuramuabenaikaku.html


野田・千葉4区とどめの衝撃グラフ
http://saisai25.blog.fc2.com/blog-entry-6.html


2012年衆院選挙テロの関係者リストを掲載 水曜日, 1月 09, 2013  
http://2chrood.blogspot.jp/2013_01_01_archive.html#430997425744658018


ヒトラー独裁の完成  投稿者:Legacy of Ashesの管理人 投稿日:2013年 1月11日(金)14時11分2秒
http://6707.teacup.com/gamenotatsujinn/bbs/1389from=bbsticker

こういうことが起きるのは参議院選挙の後です。美しい言葉には裏があるとの関連です。・・・


アベノミクスに群がる外資 長周新聞 2013年1月7日付
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/abenomikusunimuragarugaisi.html

・・・最終的には第2次大戦後に「リセット」したのと同じように、戦争という非常時のどさくさに紛れて過酷なインフレによって国民の金融資産、銀行に預けている預金等を無価値にさせたり、預金封鎖や通貨切り下げ(デノミ)といった国による国民資産の巻き上げ(国家債務の帳消し)すらやりかねない情勢を物語っている。・・・

c0139575_22245728.jpg

(ロスチャイルド時計は、同じように回っているんです)


TPP参加意向表明-裏切りの自民党の病的な無知 Fri.2013.01.11
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-1785.html
[PR]

by oninomae | 2013-01-08 19:57 | イルミナティ