「ほっ」と。キャンペーン

<   2012年 04月 ( 34 )   > この月の画像一覧

 

絶望のカーニバル いらねえ

別エントリーにしました

地震情報 太平洋岸の海底隆起が始まっている
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-1233.html

c0139575_17524953.jpg




c0139575_1754399.jpg


これは何度でも強調せざるを得ない

安政大地震&平成大地震(原発付)
http://satehate.exblog.jp/16454633/


関経連・森会長「原子力が基幹エネルギー」 再稼働主張
http://www.asahi.com/business/update/0421/OSK201204200198.html

c0139575_204446.jpg


c0139575_19562373.jpg


Gia Corm Fillippo Dia (Devil's Carnival) Lyrics TM Network
http://www.lyricsvip.com/TM-Network/Gia-Corm-Fillippo-Dia-(Devil's-Carnival)-Lyrics.html

※Gia corm fillippo dia
Gia marle fillippo dia
Gia corm fillippo dia
Gia marle fillippo dia※

愚かなる生き物たちを
闇に囲まれた 廃墟に導きたまえ


夢はうず高く 塵のように積もり
愛は色あせて 瓦礫に朽ち果て

終わることない destruction 邪悪なるエナジー
無慈悲な夜の desperation 絶望のカーニバル


(※くり返し)

この世界落ちてしまえば
信じることなど もう二度とできはしない

恋を歌うもの 月に呪われて
風を愛するもの 嵐にさらわれ
支配するのは destruction 憎しみがエナジー
汚れた夜の desperation 美しきカーニバル


(△くり返し)

Welcome to our carnival, destruction
We're the ones to rule the world
Sing and dance and pray for us, desperation
You can never see the end



++
怪鳥の声が聞こえる気がする・・・


c0139575_20261311.jpg









c0139575_814777.jpg

肥田舜太郞

だから日本の狭いこんなところへね、53も造ったバカ。って言われるんですよ、外国から。





ホセア書 / 4章 14節

・・・・・・悟りのない民は滅びる。




http://cybervisionz.jugem.jp/?eid=248

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=amit7ksynR0
日本が産油国になる日




http://www.youtube.com/watch?v=TJ3WITS0mT0&feature=player_embedded
未来を拓く藻類エネルギー 11/05/21




http://www.youtube.com/watch?v=xt3jVJjmRf8&feature=player_embedded
藻から石油が!日本が産油国に・・・筑波大 渡邉信 夢の扉 ~AutumnSnake



c0139575_802475.jpg


オーランチオキトリウム
http://satehate.exblog.jp/15666147/

風レンズ風車 複合発電ファーム
http://satehate.exblog.jp/17866250/


一息ついて、思い出したらいいんじゃないだろうか?
[PR]

by oninomae | 2012-04-30 20:28 | 災害詐欺・災害・テロ  

被爆と健康:決定版!!・・・広島・長崎の被爆論文がでました 武田邦彦 + 地震

ちょっと遅れました

被爆と健康:決定版!!・・・広島・長崎の被爆論文がでました
http://takedanet.com/2012/04/post_25e2.html

日本人が「大規模」に被爆し、その健康に関するデータが「長期間」にわたって得られるのは、不幸なことですが広島・長崎のものです。そして、その総合論文が今年(2012年)、放射線影響研究所からでました。被爆と健康に関する研究ではもっとも権威のある機関でもあります。

c0139575_1622342.jpg


福島原発で多くの人が被爆している最中ですから、本来ならこの論文は毎日のようにテレビ、新聞で報道され、解説されているはずですが、論文内容が「政府に都合が悪い」ということで、ほとんど報道されていません。

なぜ、この論文が政府に都合が悪いかというと、

1) 「これ以下なら安全」という「閾値(しきいち)」がないことを明確に示していること、

2) 低線量被爆でも「被曝量と病気の発生」には比例関係が認められること(直線近似が成立すること)

3) 福島の小学生が被爆した、20ミリシーベルトで子供がガンになる可能性は100人に2人程度と高率になること、


が明らかになったからです。現時点で専門家でこの論文の結論と異なることをいうことはできないでしょう。科学者や医師は事実に忠実ですから。

もともと、日本の法律で「被曝限度は1年1ミリ」と決まっていたり、チェルノブイリの時に1年5ミリ以上の地域が強制退去地域になっているのは、断片的ですが、この論文と同じ知見がかなり多かったことによります。もちろん「1年100ミリ以下はデータがない」などは完全なウソです。子供の健康のことですから、これまで間違っていた専門家はすぐにでもこの論文を読んで、訂正と謝罪をしてください。

・・・・・・・・・

論文内容は少し専門的になりますが、ご紹介します。

学術雑誌名:Radiation Research(英文)

論文題目:「原爆被爆者の死亡率に関する研究、第14 報、1950-2003、がんおよび非がん疾患の概要」

概要:   1950 年から2003 年まで約10万人の健康状態を調査し、死因についての被爆の影響を明らかにした。がんによる死亡(総固形がん)の過剰相対リスクは被曝放射線量に対して「全線量域で直線の線量反応関係」を示し、「閾値は認められず」、リスクが有意となる最低線量域は0-200ミリシーベルトであった。

具体的には、30 歳で1シーベルト被曝して70 歳になった時のがんの死亡は、被曝していない場合に比べて42%増加し、また、被爆の時の年齢が10 歳若くなると29%増加した。従って、20歳で被爆すると83%の増加になり、ほぼ2倍になる。がん以外の疾患では、循環器疾患、呼吸器疾患、消化器疾患でのリスクが増加した。

解説:   個人が被爆した量と死因別の放射線リスクを総合的に解析した初めての報告である。対象は、被爆者で個人線量が推定される86,611 人、調査期間中に50,620 人(58%)が死亡し、そのうち総固形がん死亡は10,929 人であった。低線量率で若干の緩和がみられるが、直線関係を否定するものではない。

この論文で言う「過剰相対リスク」とは、相対リスク(被曝していない場合に比べて、被曝している場合のリスクが何倍になっているかを表す)から1 を差し引いた数値で、被曝による相対的なリスクの増加分を表している。

(注)放射線影響研究所は、広島・長崎の原爆被爆者を 60 年以上にわたり調査してきた。その研究成果は、国連原子放射線影響科学委員会(UNSCEAR)の放射線リスク評価や国際放射線防護委員会(ICRP)の放射線防護基準に関する勧告の主要な科学的根拠とされている。

Radiation Research 誌は、米国放射線影響学会の公式月刊学術誌であり、物理学、化学、生物学、および医学の領域における放射線影響および関連する課題の原著および総説を掲載している。

・・・・・・・・・

政府機関、自治体、御用学者、ご用専門家、テレビ、新聞はあまりあてになりませんが、国民の健康を守り、子供を守るという見地から、大学、医師会などに所属する良心的な方は、積極的にこの論文の結果(おそらくもっとも総合的で、現時点で正確なデータと考えられます)を尊重し、政府に対して被曝の防止(福島の除染、拡散防止、汚染食材や瓦礫の搬出防止など)をするように力を発揮してください。

またテレビ、新聞もうっかり政府の誘導に乗った1年でしたが、本来の報道の目的である、「やや政府に批判的で、事実を伝え、視聴者や読者を危険から守る」ということに戻り、この論文を多くの人が知るようにしてください。

その時、論文を書いた研究者ではなく(研究者は社会に対して倫理的責任を負わない)、科学者、啓蒙家が解説をするのが適切です。


(平成24年4月28日)

(注)本記事の内容の一部は読者からの情報によっています。

「tdyno.68-(8:23).mp3」をダウンロード

武田邦彦



http://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22171960

Radiat Res. 2012 Mar;177(3):229-43. Epub 2011 Dec 15.

Studies of the mortality of atomic bomb survivors, Report 14, 1950-2003: an overview of cancer and noncancer diseases.

Ozasa K, Shimizu Y, Suyama A, Kasagi F, Soda M, Grant EJ, Sakata R, Sugiyama H, Kodama K.

Department of Epidemiology, Radiation Effects Research Foundation, 5-2 Hijiyama-koen, Minami-ku, Hiroshima 732-0815, Japan. ozasa@rerf.or.jp


Abstract

This is the 14th report in a series of periodic general reports on mortality in the Life Span Study (LSS) cohort of atomic bomb survivors followed by the Radiation Effects Research Foundation to investigate the late health effects of the radiation from the atomic bombs. During the period 1950-2003, 58% of the 86,611 LSS cohort members with DS02 dose estimates have died. The 6 years of additional follow-up since the previous report provide substantially more information at longer periods after radiation exposure (17% more cancer deaths), especially among those under age 10 at exposure (58% more deaths). Poisson regression methods were used to investigate the magnitude of the radiation-associated risks, the shape of the dose response, and effect modification by gender, age at exposure, and attained age. The risk of all causes of death was positively associated with radiation dose. Importantly, for solid cancers the additive radiation risk (i.e., excess cancer cases per 10(4) person-years per Gy) continues to increase throughout life with a linear dose-response relationship. The sex-averaged excess relative risk per Gy was 0.42 [95% confidence interval (CI): 0.32, 0.53] for all solid cancer at age 70 years after exposure at age 30 based on a linear model. The risk increased by about 29% per decade decrease in age at exposure (95% CI: 17%, 41%). The estimated lowest dose range with a significant ERR for all solid cancer was 0 to 0.20 Gy, and a formal dose-threshold analysis indicated no threshold; i.e., zero dose was the best estimate of the threshold. The risk of cancer mortality increased significantly for most major sites, including stomach, lung, liver, colon, breast, gallbladder, esophagus, bladder and ovary, whereas rectum, pancreas, uterus, prostate and kidney parenchyma did not have significantly increased risks. An increased risk of non-neoplastic diseases including the circulatory, respiratory and digestive systems was observed, but whether these are causal relationships requires further investigation. There was no evidence of a radiation effect for infectious or external causes of death.


PMID: 22171960 [PubMed - indexed for MEDLINE]


放影研・最新論文 補足
http://straub12.blog.so-net.ne.jp/2012-04-29

放影研報告書 RR 4-11
原爆被爆者の死亡率に関する研究

第 14 報 1950–2003 年:がんおよびがん以外の疾患の概要§
Studies of the Mortality of Atomic Bomb Survivors,
Report 14, 1950–2003: An Overview of Cancer and
Noncancer Diseases

小笹晃太郎 清水由紀子 陶山昭彦 笠置文善 早田みどり Eric J Grant
坂田 律 杉山裕美 児玉和紀

要 約

本報は、放射線影響研究所が原爆放射線の健康後影響を明らかにするために行ってきた、原爆被爆者の集団である寿命調査集団(LSS コホート)での死亡状況に関して定期的に行ってきた総合的報告の第14 報である。LSS コホート構成者でDS02 での線量推定が行われている86,611人のうち58%が、1950–2003 年の期間に死亡した。追跡期間を前報から6 年間延長したことにより、放射線被曝後の長期間の死亡状況に関する実質的に多くの情報が得られ(がん死亡の17%増加)、特に被爆時年齢10 歳未満の群で増加した(58%増加)。放射線関連リスク、線量反応関係の形、および性、被爆時年齢、到達年齢による効果修飾作用の大きさを明らかにするために、ポアソン回帰を用いた。全死亡のリスクは、放射線量と関連して有意に増加した。重要な点は、固形がんに関する付加的な放射線リスク(すなわち、10(4)人年/Gy 当たりの過剰がん症例数)は、線形の線量反応関係を示し、生涯を通して増加を続けていることである。全固形がんについて、線形モデルに基づく男女平均の1 Gy 当たりの過剰相対危険度は、30 歳で被爆した人が70 歳になった時点で0.42(95%信頼区間[CI]:0.32, 0.53)であった。そのリスクは、被爆時年齢が10 歳若くなると約29%増加した(95% CI:17%, 41%)。全固形がんについて過剰相対危険度が有意となる最小推定線量範囲は0–0.2 Gy であり、定型的な線量閾値解析では閾値は認められなかった。すなわち、ゼロ線量が最良の閾値推定値であった。主要部位のがん死亡リスクは、胃、肺、肝臓、結腸、乳房、胆嚢、食道、膀胱、および卵巣で有意に増加した一方、直腸、膵臓、子宮、前立腺、および腎実質では有意な増加は認められなかった。非腫瘍性疾患では、循環器、呼吸器、および消化器系疾患でリスクの増加が示されたが、因果関係については今後の研究が必要である。感染症および外因死には放射線の影響を示す根拠は見られなかった。


§本報告書はRadiat Res 2012 (March); 177(3):229–43 に掲載されたものであり、その正文は同掲載論文のテキスト(英文)である。この日本語要約は、日本の読者の便宜のために放影研が作成したが、本報告書を引用し、またはその他の方法で使用するときは、同掲載論文のテキスト(英文)によるべきである



14報(全文、英語):http://www.rerf.or.jp/library/rr_e/rr1104.pdf


追記 2012.5.26 以下 和訳版

原爆被爆者の死亡率に関する研究第 14 報 1950–2003 年:がんおよびがん以外の疾患の概要
http://besobernow-yuima.blogspot.jp/2012/05/abcc-1950-radiation-research-14-1950.html
[PR]

by oninomae | 2012-04-30 18:21 | 放射能・ラジオハザード  

ZDF『大いなるこけおどし・・・原発政策の間違い』

youtube版への接続が長時間切れているようですが、以下のdailymotion版は動きます。また、youtube版も文字リンクからなら繋がるかも。なんにしても再生回数の少なさには驚きます。 なにか妨害されているのだろうか?

完結版ZDFフィルム『原発政策の間違い』(日本語字幕付)
http://www.dailymotion.com/video/xqfucg_zdf-yyyyyyyyy-yyyyyyyy_news


1/6 http://www.youtube.com/watch?v=HNvD9Qc6Hg8&feature=player_embedded#!
第一章 何故いま原発運転期間延長なのか



2/6 http://www.youtube.com/watch?v=BY-BIE4N5q0&feature=player_embedded
第二章 最終処分場ゴアレーベンの嘘



3/6 http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=pBEDAK1M6ps
第三章 原発の安全性は担保できない



4/6 http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=XXeG4bGJNk4
第四章 防備不可能な原発テロ



5/6 http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=hAMnFwC8Txo
第五章 原発が再生可能エネルギー転換への架け橋という嘘



6/6 http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=v2inT0IlLC8
最終章 原発政策の間違い




解説はこちら

ドイツの脱原発を実現したZDFフィルム『原発政策の間違い』(日本語字幕付)
http://www.asyura2.com/12/genpatu23/msg/343.html
投稿者 msehi 日時 2012 年 4 月 29 日 05:43:30: MaTW.8vfzXWdQ

投稿者関口博之
http://d.hatena.ne.jp/msehi/

ZDF『大いなるこけおどし・・・原発政策の間違い』

第一章 何故いま原発運転期間延長なのか

(要旨)電力料金は巨大電力企業の市場支配によって決まっており、原発運転期間延長で料金が下がるのは神話であり、4大巨大企業には延長で20兆円をはるかに超える莫大な利益が転がり込む。そこではZDFがスクープした「影の計画」のように巨大電力企業の政治支配がある。

第二章 最終処分場ゴアレーベンの嘘

(要旨)28年間の原発運転期間延長では莫大な放射線廃棄物が生じることから、最終処分場確保が必要不可欠である。そのため環境大臣は延長法案を決議する前に、ゴアレーベンの調査を指示する。このゴアレーベンは80年代初めから調査がなされているが、最初から如何に嘘の塊であったかを、原発信奉者で地質学者のボスであるゲルト・レェティヒ教授の証言を引き出すことで完璧に暴露し、ドイツ国民全てを震撼させた。 それを引き出したZDFの圧巻する制作方法には、只々脱帽するのみである。

第三章 原発の安全性は担保できない

(要旨)政府首脳は国民の批判の高まりを受けて、ドイツ原発の安全性を高らかに国民に訴えかける。しかしZDFは以前原発管理者でもあった技術者の証言を通して、原発技術の誤差をゼロに近づけることが出来ても、リスクを制御することが出来ないことを明らかにする。しかもこの技術者は、チェルノブイリ原発事故の次の大きな事故が起きるのは時間の問題だと断言する。また2007年に危うく炉心溶融の大事故を起こしそうになったバッテンフォール(スエーデン企業)のクルメール原発を検証することで、安全性の担保が如何に信用出来ないかを明らかにしている。さらに原子炉安全局の前の局長ウォルフガング・レネベルクの証言を通して、老朽化した原子炉の事故数の増加を立証し、原発運転期間延長には安全性に大きな問題があることを引き出している。

第四章 防備不可能な原発テロ

(要旨)専門家の証言を通して、イスラエル砲撃で使用された2キロ離れた地点から5メートルの鉄筋コンクリートを貫通させる持ち運び容易なロケット砲攻撃に対して、ドイツの原発が無防備であることを立証する。そして法務局の憲法裁判官ヨアヒム・ヴィラントは、原発テロに無防備な中で原発運転期間延長をするならば、国家が国民を防御する義務に違反すると断言する。

第五章 原発が再生可能エネルギー転換への架け橋という嘘

(要旨)政府はさらなる国民批判の高まりを受けて、原発が未来のエネルギー転換の架け橋として必要であることを必死に訴える。しかしZDFはこの架け橋という言葉の嘘を、首相顧問オラーフ教授の風力発電機製造企業の工場見学や再生可能エネルギーに取り組むエネルギー公社の取材を通して、原発運転期間延長によって再生可能エネルギーの伸展を妨げている実態を明らかにすることで見事に暴いている。

最終章 原発政策の間違い

(要旨)憲法裁判官は、妊娠か妊娠していないかのように原発も推進か脱原発かであり、第三の途はないとし、原発運転期間延長は憲法違反であると強調した。そして最後に再び首相顧問のオラーフ教授を登場させ、「原発運転期間延長のシグナルを与えるならば、再生可能エネルギーへのエネルギー転換を望まないシグナルを与えることである」という主張で、政府の原発政策の間違いを正した。

(解説)

2009年9月の連邦選挙でメルケル首相の率いる政府与党は、実質的な2000年の脱原発協定からの下車とも言うべき28年間の原発運転期間延長を公約して勝利した。しかしこの選挙では2008年の世界金融危機後の対応が争点となり、原発政策の転換が争点にならなかったことから、十分な国民議論を求める声が高まっていった。

政府は国民議論を無視して、翌年9月に原発運転期間延長法案を強行しようとした。

これに対して公共放送ZDFはこのフィルムを法案決定の一ヶ月前の2010年夏に放映し、政府原発政策公約は間違っていると訴えた。

そこでは政府顧問のオラーフ教授を筆頭に政府専門家、民間専門家、学者などを登場させあらゆる視点から、原発運転期間延長政策の間違いを論理的に指摘していた。

原発運転期間法案は9月に12年間に短縮して強行されたが、このフィルム放映でドイツの脱原発を求める世論が急速に高まり、既に11月の世論調査では2011年の州選挙での与党敗北を予想していた。

事実2011年初めの州選挙では政府与党は全敗し、たとえ福島原発事故がなくともドイツの脱原発は必至であった。


完結版ZDFフィルム『原発政策の間違い』(日本語字幕付)
http://www.dailymotion.com/video/xqfucg_zdf-yyyyyyyyy-yyyyyyyy_news


c0139575_1029495.jpg
 

ドイツのエネルギー転換は成功するのか
http://blogos.com/article/36659/


これももう一度

http://www.youtube.com/watch?v=CEFt9p7-Dxo&feature=player_embedded




c0139575_10323622.jpg





<脱原発>64自治体「首長会議」が「原発ゼロ」決議 毎日新聞 4月28日(土)20時51分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120428-00000079-mai-soci

c0139575_10442119.jpg

「さようなら原発」「ストップ再稼働」と書かれた紙を掲げて記念撮影する市町村長ら=東京都品川区で4月28日、日下部聡撮影


全国の64市区町村長が「脱原発をめざす首長会議」を結成、28日に東京都品川区の城南信用金庫本店で設立総会が開かれた。1月に横浜市で民間団体が開催した「脱原発世界会議」に参加した三上元・静岡県湖西市長ら首長有志の呼びかけで実現した。

64人のほか6人の元職も参加を表明し、総会には21人が出席。今夏に決まる国のエネルギー基本計画に「原発ゼロ」を盛り込むよう求めることなどを決議した。会場は脱原発を訴える同信金の吉原毅理事長が提供した。

今後は、原発ゼロへの行程を明確にする▽政府や国会議員に政策提案する--ことなどを目指して勉強会を開き、欧州の視察などもする予定。世話人には三上氏、桜井勝延・福島県南相馬市長、村上達也・茨城県東海村長の3人が選出された。

福島県の現職首長として唯一参加した桜井氏は記者会見で「被災者は心が折れかかっている。全国の首長と連携して再建に向け頑張りたい」と話した。

東海第2原発を村内に抱え、JCO臨界事故も経験した村上氏は「国への絶対的な不信感がある」と話した。「人口が多くて避難計画も立てられず、地震の多いこの国で、本当に安全を守れるのか。自治体から声を上げて政策を転換する時だ

神奈川県小田原市の加藤憲一市長は、福島第1原発から300キロも離れた市内の茶葉から放射性セシウムが検出されて打撃を受けたことを挙げ「ただ反対するのではなく、自然エネルギーによる分散型の電力供給の仕組みを対案として示したい」と話した。

「私の町は南相馬市と似た条件にある。津波と原発のダブルでやられる」と危機感をあらわにしたのは静岡県吉田町の田村典彦町長。中部電力浜岡原発の20キロ圏にあり、平地が多い。大地震では大津波も予想されている。

関西電力の原発建設計画を06年に中止させた京都府京丹後市の中山泰市長も参加。「自然環境と調和した街づくりに、緊張を要する施設はふさわしくないと考えた」と語った。【日下部聡】

◇「脱原発をめざす首長会議」に首長が参加した市区町村(28日現在)

<北海道>札幌市<秋田県>仙北市、大潟村<岩手県>宮古市<山形県>三川町<福島県>南相馬市<茨城県>北茨城市、小美玉市、かすみがうら市、城里町、東海村<栃木県>栃木市、市貝町<群馬県>川場村<埼玉県>蕨市、越生町、長瀞町<千葉県>富里市、野田市、酒々井町、一宮町、長生村<東京都>世田谷区、武蔵野市、狛江市<神奈川県>小田原市、真鶴町<長野県>木曽町、下条村、中川村、原村、阿智村<岐阜県>瑞穂市<静岡県>下田市、湖西市、吉田町<愛知県>名古屋市<三重県>伊勢市<滋賀県>愛荘町<京都府>京丹後市<兵庫県>篠山市、養父市、宝塚市、福崎町<奈良県>生駒市<鳥取県>北栄町<島根県>知夫村<徳島県>石井町、上勝町<愛媛県>西予市<高知県>土佐町、四万十町<福岡県>香春町、福智町<佐賀県>小城市<長崎県>西海市<熊本県>水俣市、山江村<大分県>竹田市<宮崎県>椎葉村<鹿児島県>志布志市、日置市、伊仙町、徳之島町



おまけ

安倍、橋下、松井会談「エネルギー問題で意見交換」橋下維新 産経新聞 4月25日(水)19時53分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120425-00000620-san-pol

・・・松井知事は「われわれは原発のすべてを否定しているわけではない。現状で、すぐに原発を動かすのはよくないという考え」と改めて説明。・・・


http://2chrood.blogspot.jp/2012_04_01_archive.html#8081395922214646877

上杉機関の諜報部では、震災前の二年前から日本の原発は地震で爆発仕組みだと徹底追及してきた。そしてその元凶が維新の会に資金を提供している勝共連合。 即ち、通産省陸軍局であり、統一教会であり、東電である。

c0139575_18395976.jpg

c0139575_1840131.jpg

勝共連合は日韓の暴力団が設立したダミーの愛国団体であり、右翼の総帥機関である。


c0139575_18403695.jpg

ここの団体を指揮しているのが、日本の空手団体と松浦こと、維新の会本部長である暴力団最高責任者の朝堂院らである。横田幕府の3人衆の一人がこの松浦である。右翼やカルトや外資とも提携している。

上杉機関では、何度も震災前から日本の原発はプレートに置かれており、爆発すると指摘してきた。だが、マスコミと2ちゃんねるの小僧集団は徹底妨害し、愛国を盾にして情報を捏造し、原発爆発を完成させている。いわば情報テロで自国の破滅を狙った連中なのである。我々の指摘通り、対処していれば、爆発は免れただろう。しかし、今後も爆発することは確実であり、有余はもうないのである。

c0139575_1841697.jpg

[PR]

by oninomae | 2012-04-29 07:18 | 放射能・ラジオハザード  

「復讐だ、お前たちは仲間をたくさん殺した」 日本がGANTZされる日・・・  たんぽぽ日記

「復讐だ、お前たちは仲間をたくさん殺した」 日本がGANTZされる日  石原慎太郎と橋下徹の呪い たんぽぽ日記 2012年04月27日
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/cat_301111-1.html

今日のテレビ映画は「GANTZ」 死んだ人間や生きている人間が殺しあう世界。

c0139575_16585683.jpg

こんな映画を送り出す日本芸能界に、私は怒りを覚える。


GANTZの中でなぜか何度も繰り返されるセリフ

「復讐だ、お前たちは仲間をたくさん殺した!」

という言葉の真意を、この日本でいったい何人の人が正しく理解できていることだろう。

その言葉は日本人が日本人を恨んで投げかけた言葉ではない-ということを私は言っておこう。

日本人は恨まれている、朝鮮民族や中国人、そして部落の人々に。

「復讐だ、お前たちは仲間をたくさん殺した」

この言葉の意味をその時理解できるはずだ。


部落出身の大阪市長の橋下徹と組んで日本の支配を狙っている石原慎太郎は、尖閣初頭購入を、「間違ってると思う日本人がいたら、お目にかかりたい」と言っている。

その弟である石原裕次郎は「嵐を呼ぶ男」に主演した。嵐とはギリシャ神話において戦争を意味している。


その兄である石原慎太郎は、「狂った果実」という小説を書いているが、狂った果実が何を意味するのか、私のブログを読んでいただいている方々にはもうお分かりだろう。

c0139575_1422991.jpg


日本は橋下徹と石原慎太郎がかけた呪いにより、滅ぼされる。

c0139575_1431120.jpg


尖閣諸島という「狂った果実」によって


GANTZに登場する黒い玉、

c0139575_17584966.jpg


日本は赤い玉を象徴とした日の丸を国旗としている。


赤い玉が黒い玉に変わることを「ニグロド(引用注:ニグレド[Nigredo])」と言う、ニグロドは黒死化と呼ばれ、ユダヤの錬金術やカバラの世界で、人口が増殖し、堕落した国家が受ける試練とされている。(引用注:ニグレドは、計画でもある)

c0139575_18105958.jpg


戦争で赤い血を流し、国家が泥にまみれたように黒死化して滅亡し、坂本竜馬やマスコミがさかんに言っている「日本の洗濯」を行い、日本列島から日本人が洗い流され、ブリーチされ、まっサラになったとき、朝鮮民族や中国人の積年の呪いが成就する。

c0139575_1816465.jpg


そして今度は日本人が二ノ宮のように「GANTZ」の黒い玉の中に納まる番なのだ。

c0139575_182133.jpg

c0139575_18223749.jpg


加藤登紀子の歌「美しき5月のパリ」を思い出した。

オル ジュリ モア ドゥ メア パリ
オル ジュリ モア ドゥ メア パリ
赤い血を流し 泥にまみれながら 
この5月のパリに 人は生きている



この芸能人のご主人も、菅直人や枝野幸男らと同じく、いま流行の共産革命家だった。


5月1日、今年も魔女メイと魔神バールの祝日が近づいている。そして、その5月11日には風の谷ナウシカがテレビで上映され、

c0139575_18345179.jpg

5月22日には東京スカイツリーが開業する「美しき5月の東京」

c0139575_19514419.jpg

c0139575_19522267.jpg

c0139575_19524320.jpg


メイとバールの祝月に、カバラの特別数「11」と「22」日にカバラからプレゼントが贈られる。

c0139575_1393171.jpg


「風の谷の浪江町」 ナウシカに出てくるように、「火の七日間」によって放射能に汚染され、菌類によって浄化されてゆく町ー

c0139575_4153169.jpg


オウムの怒りは、大地の怒りじゃ!」 

c0139575_1836090.jpg


その怒りの意味を、私たち日本人のほとんどが理解できないままに生きているー

世界の呪いはこうして受け継がれ、聖書の神の目的、黙示録のアジェンダが現実となる。

c0139575_1837207.jpg


歴史は繰り返される、この呪いの法則によって、

この法則、つまりカバラの魔術はユダヤ人が書いた聖書によって受け継がれてゆく。

c0139575_2022415.jpg


我々がテレビや芸能界の目的に気づかない限りー


そういう私も、あの本を書いたときでさえまだわかっていなかった。私はナウシカが一番好きなアニメであったのだからー

c0139575_19162233.jpg


戦争ではなく、こんなことが起こるとは私も予測していなかった。戦争によって原発が爆破される可能性はあるとは思ってはいたのだが。

c0139575_18383741.jpg


みんな、本当に疑うことをなぜ止めてしまったのか?

c0139575_427588.jpg


橋下や、そのブレーンたちが「原発」を口実に政権を盗りに来る!

原発の爆発を予告し、またその時を待っていた人々がいるということに、気づくべき時だ

c0139575_1641369.jpg

c0139575_1938337.jpg

c0139575_19353286.jpg

c0139575_19185762.jpg

c0139575_1929507.jpg

c0139575_19304528.jpg

c0139575_1930316.jpg

c0139575_19312899.jpg

c0139575_19312195.jpg


その人々は、あの地震の時、福島原発に普通ではない情熱を示していた、

この日のため、準備はなされていたー



不自然なほどのこだわり、そこには犯罪の香りがする。

私は、人よりこうした出来事に気づく能力を少しだけ多く持っている。


c0139575_1854216.jpg

c0139575_20124565.jpg





http://blogs.yahoo.co.jp/mituboshi1000/28788625.html

元NSAのジム・ストーン氏の話でも、彼の友人が、日本人は、なかなかNWOに溶け込まないので滅ぼしたいと関係者が言っていたといっている。






泊原発:3号機、5月5日深夜に停止…北海道電力 毎日新聞 2012年04月25日 20時36分(最終更新 04月25日 20時45分)
http://mainichi.jp/select/news/20120426k0000m040085000c.html

c0139575_3282597.jpg

北海道電力泊発電所3号機=北海道泊村で2010年7月、本社機から小出洋平撮影

c0139575_4213365.jpg


北海道電力は25日、全国で唯一稼働している泊原発3号機(泊村、出力91.2万キロワット)を5月5日午後11時ごろに停止させ、定期検査(定検)に入ると発表した。政府が進める関西電力大飯原発3、4号機(福井県おおい町)の早期再稼働は困難な情勢で、国内50基の原発は全て停止することになる

25日、安全協定に基づき道と原発の周辺4町村に報告した。北電によると、5月5日午後5時ごろから3号機の出力を低下させる。同11時ごろに発電が完全に止まり、約3時間後の6日午前2時ごろ、原子炉が停止。冷温停止は7日午後になる見通し。

前回は東日本大震災直前の昨年3月7日、定検の最終段階の「調整運転」として再稼働させ、発電を開始。4月6日に定検終了にあたる「営業運転」への移行を予定していたが東京電力福島第1原発事故で、安全性確認や地元同意の取り付けに時間がかかり、8月17日にずれ込んだ。

定検は原則13カ月以内に1回の実施が義務づけられている。北電は当初4月下旬を予定していたが、ぎりぎりの5月5日まで引き延ばした。北電は「他の発電所が停止した場合のリスク回避や化石燃料の消費抑制のため」と説明している。

c0139575_3522613.jpg

c0139575_3525365.jpg

c0139575_405382.jpg

c0139575_4243475.jpg


http://www.youtube.com/watch?v=CEFt9p7-Dxo&feature=player_embedded


福井地震

福井地震(ふくいじしん)は、1948年(昭和23年)6月28日16時13分29秒に発生し福井県を中心に北陸から北近畿を襲った地震である。福井大地震ともいう。

震源は福井県坂井郡丸岡町(現坂井市丸岡町)付近。戦後復興間もない福井市を直撃した都市直下型地震。規模はM7.1。
[PR]

by oninomae | 2012-04-28 15:29 | 政治詐欺・政治紛争  

危ないのは原爆だけ 群馬県の教育現場

http://twilog.org/giovannni78

2012年04月26日(木)2 tweets

RT @negibooooo: @niwayamayuki 子どもに詳しく聞きました。5年生で通常授業を切り上げ1人1人に冊子を配り、先生が読み上げたそうです。そこには、原発事故があったという事、放射能は殺菌やレントゲン等身近な所で有効利用されている事、危険な利用方法として原爆があげられていたそうです。続きます

posted at 03:07:43


RT @negibooooo: @niwayamayuki おはようございます。昨日、子どもから聞いたのですが、小学校で「放射能は危険じゃない・むしろ健康に良い・危ないのは原爆だけ」と教わってきたそうです。親は出来るだけ被曝させないように気をつけさせているのに。。。これが群馬県の教育現場の実態なんですね。 

posted at 03:06:08


2012年04月25日(水)

RT @tailsoup: 日本の「ただちに人体に影響はない」と言い続けた方たちも起訴して欲しい → 【フランス情報】▼「チェルノブイリ事故後の野菜・果物への放射能汚染を過少評価した仏政府責任者、起訴」 http://t.co/Pv442nhw @chateaux1000さんから

posted at 18:14:05



これは昨年の記事ですが

【フランス情報】▼「チェルノブイリ事故後の野菜・果物への放射能汚染を過少評価した仏政府責任者、起訴」 2011-07-18 14:39:43
http://blog.goo.ne.jp/yampr7/e/01a00bc705b9b68d7ae7be169e924922

日本の大手マスコミが報道する海外情報の90%は米国発の英語情報です。日本は「英語帝国主義」と言っても良いほどに英語と米国発情報が氾濫していて独占状態です。「英語帝国主義」の日本に風穴を開けるべく、フランスとフランス語の【フランス情報】の配信を始めます。

どうぞ情報拡散をお願いいたします。

チェルノブイリ原発事故が起こった1986年4月26日当時筆者はパリに住んでいて1000km以遠から飛来した放射性物質を浴びました。

当時フランスをはじめとするヨーロッパ各国は多かれ少なかれ放射性物質に汚染されましたので、日本への食品輸出は厳しく制限されました。

食品ごとに日本の厚生省が定めたセシュームの許容数量以下の「放射能検査証明書」がないと日本への輸出は許可になりませんでした。

チェルノブイリ原発事故の際、フランス放射線防護中央局(SCPRI)局長をつとめていたエリート官僚が「(放射性物質)による汚染は無く健康への影響は無い」と「深刻な嘘をつき国民の健康を害した」容疑で2002年に起訴され今年の9月に判決が言い渡されるとのことです。

3月11日の福島原発事故発生の際、枝野官房長官や原子力保安院の西山前審議官や東電幹部達は口をそろえて「直ちに健康への影響はない」と繰り返し述べていましたので、数年後に甲状腺がんが発症した段階で彼らもまた「深刻な嘘をつき国民の健康を害した」容疑で起訴されなければなりません。

c0139575_7283015.jpg

c0139575_7484083.jpg


フランスの検察が起訴したのに日本の検察が彼らを見逃すのであれば、「社会正義」を貫徹する日本の司法への信頼はすでに大半は失われていますが完全に失われると思います。

▼「チェルノブイリ事故後の野菜・果物への放射能汚染を過少評価した仏政府責任者、起訴」 2011年4月 3日  フィガロ紙(4月1日)

ブログ「フランスねこのNews Watching」より転載
http://franceneko.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/41-cc0e.html

フランスねこのNews Watching

チェルノブイリ原発事故が起きた1986年4月26日当時、フランス放射線防護中央局(SCPRI)局長をつとめていたピエール・ペルラン[Pierre Pellerin]教授(88歳)は、

c0139575_6553126.jpg

チェルノブイリ事故が起きた直後の4月30日から5月5日にかけ、

「フランス国内では『死の灰』(放射性物質)による汚染は無く、健康への影響は無い」と発言「深刻な嘘をつき」国民の健康を害したかどで、2002年より起訴されている。

ぺルラン教授の件は3月31日にパリ法廷で協議され、9月7日に最終決定がなされる予定。

3月31日、傍聴席に座った「フランス甲状腺がん患者協会」のシャンタル・ガルニエール代表は次のように述べた。

「私たちは怒り心頭だ。政府の嘘はもう終わりにしてほしい。今日フクシマで何が起きているか、本当に分かっているのか?」

「私たちはぺルラン教授が嘘をついたことに怒っている。チェルノブイリ惨事の後に国民が野菜や果物を食べないようにすべきだったのに。」

c0139575_74185.jpg

c0139575_7213598.jpg


3700名の甲状腺がん患者が参加する同協会のガルニエール代表(61歳)は、1987年に甲状腺がんの診断を受け、今日に至る。

注:SCPRIを管轄するのはフランス保健省。

(Anne Jouan & Marie-Amélie Lombard-Latune, Le Figaro, 2011.04.01)

(転載終わり)

(終わり)

c0139575_7374443.jpg

仏ニュース=原発事故を「過小評価」した男に出された再裁判結果 By onaironaironair
http://onaironaironair.wordpress.com/tag/pierre-pellerin/

ぐっすり眠っているそうです

http://shigeko-hirakawa.com/blog/archives/tag/%E3%83%94%E3%82%A8%E3%83%BC%E3%83%AB%EF%BD%A5%E3%83%9A%E3%83%AB%E3%83%A9%E3%83%B3
[PR]

by oninomae | 2012-04-27 06:37 | 放射能・ラジオハザード  

汝の敵を知れ―『300人委員会』メンバーリスト

汝の敵を知れ―『300人委員会』メンバーリスト 2012-04-24 06:00:12
http://ameblo.jp/ootadoragonsato/

ヘンリー・メイコウのニューズレターから

Know Your Enemy - "Committee of 300" Membership List
http://www.henrymakow.com/committee_of_300.html

汝の敵を知れ-『300人委員会』メンバーリスト April 20, 2012 by John Coleman

c0139575_2425748.jpg

ロスチャイルドと彼らの雑用係

Here is the "Committee of 300" membership list for 2010
http://www.illuminatimembers.com/illuminati%20members%20list.html

編集者注: このグループの構成、この委員会が演ずる役割、個々のメンバーについての読者の投稿を歓迎します。

300人委員会は、英国東インド会社300人評議会から進化したものだ。 東インド会社は、1600年に英国王室に公認された。それは中国のアヘン麻薬取引で莫大な財産を儲けて、その時代で最も大きな会社になった。 今日、多くの強力な同盟を駆使した「全体主義超世界政府(Totalitarian Global Government)」の下で、世界を支配する300人委員会は、「新世界秩序(New World Order)」を創造する犯罪目的の推進力となっている。

「they(彼ら)」という言葉を使用するなら「the enemy(敵)」という表記の必要はない。私たちは、「彼ら(they)」は敵であることを知っている。 「上流階級」による300人委員会は、米国連邦準備制度理事会銀行の所有者、保険会社、大手企業、金融基金、通信ネットワーク、仕組まれた支配階級に組織されていて、これらは敵である。 秘密結社が欺瞞のそばにある。

各々は、立派な目的を吹聴し、あとに続く低層者をウソで騙すような頂点の中枢に近い側近グループを有する階層である。 このように、共謀して彼らを網の目のように区分して騙している。 300人委員会の側近グループはガーター騎士団(Order of the Garter)である。 それは、エリザベス女王ウィンザーII世を長に率いられる。 興味深いことは、反ドイツ感情のため、第一次世界大戦中に、彼らの名前をゲルマン民族のザクセン=コーブルク=ゴータ家からウィンザー家に変えた点である。

敵は300人委員会であるとはっきり明示できる。 表の組織、例えば、王立国際問題研究所(Royal Institute for International Affairs:チャタム・ハウス)、ローマ・クラブ、NATO、国連(U.N.)、黒い貴族(Black Nobility)、タヴィストック研究所(Tavistock)、外交問題評議会(CFR)等すべての外郭団体、シンクタンクと研究機関はスタンフォード研究所とタヴィストック人間関係研究所に管理されている。 最後は、ついでではなく、軍隊の設立である。

300人委員会は立ち入ることのできない支配階級で成立する究極の秘密結社である。 それは連合王国の女王(エリザベスⅡ世)、オランダ女王、デンマーク女王とヨーロッパの王族が絡んでいる。 これらの貴族は、世界的な支配を得る秘密結社のヴェネチアの黒い貴族の女指導者ビクトリア女王の死で決定した。 その貴族会員のために非貴族であるが最も強力なリーダーと一緒に世界規模の会社企業で「事業を始める」ことが必要であった。 そして、「平民(the commoners)」と称するのを好んだイングランド女王の力で最終的に扉は開けられた。 彼らの違法な銀行カルテルを通して、連邦準備制度理事会の貯えを所有する。 それは米国憲法を犯し企業の利益のための私兵という、問題の根本である。

いかがわしい提携の退廃的なアメリカ家族(完全に腐敗して、アヘンで稼いだ汚い金をあり余るほど持っている)は、今日私たちが自由東部英国国教会(Eastern Liberal Establishment: 引用注:東部自由主義支配階層)として知っているものになった。 その会員は、ブリティッシュ・クラウンの慎重なガイダンスと指揮下にある。 その後、外交政策幹部役員、王立国際問題研究所(RIIA)は、イングランド(アスターズからセントジェームズ・スクエアの向こう側)にあって、現在、チャタム・ハウスとして知られている。 300人委員会(究極の秘密結社)と密接にかみ合い、秘密の上層部を通し政府を並列にして上から下までアメリカ合衆国を運営している。 その秘密の全権を有する政府は、現在、以前にもましてアメリカ合衆国を管理している。 


続きはこちら(英文)
http://www.pseudoreality.org/committeeof300.html

c0139575_2431622.jpg



編集者注; この論は、ジョン、コールマン著「300人委員会Conspirator's Hierarchy- The Committee of 300.」からの引用であると仮定している。以下において、彼は大衆の大量処分の時期について間違っている。 (引用注:たぶん、人数も。 この文は改訳)

Ten Top Aims: トップ10の照準(目標)

訳者注:日本語訳は新版300人委員会〔上〕ジョン・コールマン博士著、太田龍監訳、成甲書房、2008、109~113頁から抜粋。

(1)三〇〇人委員会指揮のもと、教会と通貨制度を統一し、ワン・ワールド政府=新世界秩序を確立する。 一九二〇年代と三〇年代にワン・ワールド政府が「教会」を設立し始めたこととを知る人は少ない。 人類には拠り所となる信仰が必要だと気づき、自分たちの信条を広め、世界を自分たちにとって望ましい方向へ誘導するための媒体となる「教会」組織を樹立したのだ

(2)国民国家のアイデンティティと誇りを完全に粉砕する。 愛国の誇りほど三〇〇人委員会にとって不要なものはない。 ワン・ワールド政府は、すべての人の個性を消し去ったうえで、「大衆」と化した人類の上になりたつのだから、これは最重要課題である。

(3)宗教、とりわけキリスト教の破壊を計画し、実行する。 唯一自分たちがでっち上げた宗教だけを認める。

(4)マインド・コントロールやブレジンスキーが提唱する「テクネトロニック」によって、人間を管理、コントロールする手段を確立する。 これによって、人間そっくりのロボット(遺伝子操作で作られたクローン)やジェルジンスキーの赤色テロさえ見劣りするほどの恐るべき人間管理システムが到来するだろう。

(5)脱工業化ゼロ成長政策にもとづき、すべての工業化と核エネルギーによる電力供給を廃止する。 コンピューターとサービス産業は免除される。 淘汰されなかったアメリカ産業は、メキシコや東アジアなど、奴隷労働力が豊富な国に輸出する。 これは一九九三年、NAFTAが発効されたことで現実のものとなった(その後GATTおよびWTOを通じてさらに強化された)。 工業の破壊によるアメリカでの失業率は、アヘンやコカイン中毒になり、「グローバル二〇〇〇」の名のもとに、余剰人口」として消されるだろう

(6)麻薬とポルノの合法化

(7)カンボジアのポルポト政権が実行した実験を応用し大都市の人口を激減させる。 ポル・ポト派の大量殺戮計画が、ローマクラブの調査機関の一つによってアメリカで作成され、国務省官僚のトーマス・エンダーズによって監督されたことは注目に値する。 また三〇〇人委員会が現在、カンボジアのポル・ポト派の殺戮者を復権させようとしていることにも注目すべきだ。

(8)科学の発達は、三〇〇人委員会が必要と見なすものを除いて一切抑制する。 とくにターゲットとされるのは核エネルギーの平和利用だ。 なかでも忌み嫌われるのは核融合実験であり、三〇〇人委員会とその片棒を担ぐメディアによって攻撃されている。 核融合技術の開発は天然資源の限界説を打ち砕くからだ。 核融合は正しく利用すれば、無限かつ未開発の資源を、普通の物質からでも生み出すことができる。 実は核融合の応用は無限にあり、人類に与える利益は計り知れないのだが、残念ながらまだ人々の理解は得られていない。 なかには、新たな石油資源を創造することもできるとする科学者もいる。

(9)先進国に局地的な戦争を起こし、第三世界の国々に飢饉と病気を広めることによって二〇五〇年までに彼らが呼ぶところの三〇億のムダ飯食い」を殺す。 三〇〇人委員会はサイラス・ヴァンスにどの程度の大量殺戮が最適か、報告書を書くように委任した。報告は前述の「グローバル二〇〇〇レポート」として提出され、カーター元大統領や当時の国務長官エドマンド・マスキーらがアメリカ政府に代わって賛同した。 「グローバル二〇〇〇レポート」によれば、アメリカの人口は二〇五〇年までに一億人に激減する

(10)国民の道徳心を低下させる。ヴァンスの報告は、ローマクラブが導入した脱工業化ゼロ成長政策によって仕事が減るにつれ、希望をなくした労働者がアルコールやドラッグに頼ることを想定している。 若者もロックやドラッグ、やがてはポルノに刺激されて体制に反抗し、最終的には家族という共同体を根底から揺るがし、破壊する。 この目的達成のため、三〇〇人委員会はタヴィストック研究所に、行動計画案を用意するよう指示した。 タヴィストックとSRCはウィリス・ハーモン教授の指揮下でその研究を指せた。 これはのちに「水瓶座の陰謀(アクエリアン・コンスピラシー)」として知られるようになる。


c0139575_385147.jpg

c0139575_3145280.jpg

c0139575_315469.jpg



(『新版300人委員会』、109~113頁)

c0139575_2435446.jpg

訳者注:但し、ここにあげられたトップ10のうち、6番目は説明部分が省略され、10番目は書籍では11番目にあたる。

The Membership List (Type in Name at Wikipedia)

訳者注:リストは省略

ソース元参照
http://www.henrymakow.com/committee_of_300.html

引用者:我々を殺めようとしているわけであるから、検討する価値は極めて高い。


【翻訳:タドン】


関連

c0139575_21461638.jpg


フリーメーソン 二十一カ条の最終目標 (絵本はこちらで)
http://satehate.exblog.jp/16176349/

21ヵ条をもう一度 (これは簡略版とテクスト版)
http://satehate.exblog.jp/16707590/
[PR]

by oninomae | 2012-04-25 21:40 | イルミナティ  

アメリカで6年来初めてのBSE 非常に稀な非定型BSEというが徹底的検証が必要 農業情報研究所

アメリカで6年来初めてのBSE 非常に稀な非定型BSEというが徹底的検証が必要
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/news/12042501.htm

http://video.msnbc.msn.com/nightly-news/47165694/#47165694

c0139575_19374316.jpg


アメリカ・カリフォルニアの乳牛の狂牛病(BSE)感染が確認された。この乳牛は4月18日、レンダリング前の死亡牛が保管されるBaker Commodities Inc. の施設(カリフォルニア・ハンフォード)に持ち込まれ、ルーチンの検査でBSEが発見された。

アメリカでのBSE発見は6年ぶりのこと、BSEのことなどほとんど忘れかけていたアメリカ人には大変なショックだろう。農務省(USDA)がBSE発見を発表した24日、肥育牛のシカゴ先物相場はストップ安となった。ただし、USDAのジョン・クリフィード獣医主任によると、このBSEは、感染飼料を食べることで感染する典型的BSEとは異なる「非常に稀な」非定型BSEであって、発見がOIE(国際獣疫事務局)が認めた「管理されたリスク」国としてのアメリカのBSEステータスに影響を与えるものではないと言う。

Statement by USDA Chief Veterinary Officer John Clifford Regarding a Detection of Bovine Spongiform Encephalopathy (BSE) in the United States,USDA,12.4.24
http://www.usda.gov/wps/portal/usda/usdahome?contentid=2012/04/0132.xml&navid=NEWS_RELEASE&navtype=RT&parentnav=LATEST_RELEASES&edeployment_action=retrievecontent


とはいえ、非定型BSE自体、なお謎に包まれた病気である。その発生のメカニズムも、ひとへの伝達についても解っていないことが多い。「古典的BSEやその人間版である変異型クロイツフェルト・ヤコブ病(vCJD)よりも感染性と病原性が強い上に、MM2型と呼ばれる人の稀なCJDに非常に似た症候や脳損傷のパターンを持つことを示唆する」研究さえある。イギリスの伝達性海綿状脳症委員会(SEAC)は、このBSEは自然発生したものらしいと言いながら、他の可能性も排除はできない、経口伝達は確認できていないが、その可能性も排除はできないと言っている。

だが、米国がやめてしまったような(米国 狂牛病サーベイランス計画縮小へ 米国の狂牛病は「歴史」の闇に, 06.7.21 http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/news/06072101.htm)アクティブ検査でこのようなBSEの発見は可能、人間の感染の発見はもっと難しいが、このような場合にも、現在の飼料規制や特定危険部位の除去等の対策で動物と人間は護ることが出来だろうとも言う。逆に言えば、古典的BSEが減り、撲滅されたとしても、なお飼料規制や特定危険部位除去やサーベイランスの徹底など、厳重な警戒が必要ということである

非定型BSE 強病原性で人間の弧発型CJDの稀な型に似る 既に人間に感染している恐れ, 08.9.13]
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/news/08091301.htm
  
伝達性確認の非定型BSE 従来の対策で動物も人間も護れると英専門委員会,07.8.27
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/bse/news/07082701.htm


アメリカ産牛肉の輸入規制緩和のリスクを評価中の食品安全委員会、今回は発見されたケースの仔細な検証に加え、非定型BSEのリスクやアメリカのBSE対策の改めての徹底的検討を迫られよう。それなしに輸入規制緩和を認めるようなことがあれば、日本国民は決して納得しないだろう。

なお、2011年にOIEに報告された世界のBSEのケースは、イギリス7例、スペイン6例、ポルトガル5例、フランスとアイルランドが各3例、スイス2例、カナダ・オランダ・ポーランドが各1例の計29例だった。うち、オランダの1例とスイスの2例の計3例が非定型とされている。2012年(今年)はポーランド、スイス、イギリスの各1例が報告されているが、ポーランドとスイスのケースが非定型とされている。今後、非定型BSEへの注意を強める必要がある。

Number of reported cases of bovine spongiform encephalopathy (BSE) in farmed cattle worldwide*(excluding the United Kingdom) 
http://www.oie.int/en/animal-health-in-the-world/bse-specific-data/number-of-reported-cases-worldwide-excluding-the-united-kingdom/

Number of reported cases of bovine spongiform encephalopathy (BSE) in farmed cattle worldwide*(excluding the United Kingdom) 
http://www.oie.int/en/animal-health-in-the-world/bse-specific-data/number-of-reported-cases-worldwide-excluding-the-united-kingdom/


関連報道

Case of Mad Cow Disease Is Found in U.S.,The New York Times,12.4.25
http://www.nytimes.com/2012/04/25/health/case-of-mad-cow-disease-is-found-in-us.html?partner=rss&emc=rss

Mad cow disease discovered in California animal, but food supply declared safe,The Washington Post,12.4.25
http://feeds.washingtonpost.com/click.phdo?i=7249f598106b861c9a97a63b74155717

New case of mad cow disease in California,AP,12.4.25
http://hosted.ap.org/dynamic/stories/U/US_MAD_COW?SITE=AP&SECTION=HOME&TEMPLATE=DEFAULT


関連追加

TPP: Mad cow disease strikes US again. Gov’t claims no threat to humans
http://seetell.jp/en/26772

Mad cow disease found in California
http://www.france24.com/en/20120425-mad-cow-disease-found-california

Mad cow disease found in California
http://au.news.yahoo.com/thewest/business/a/-/world/13517507/mad-cow-disease-found-in-california/

Mad cow disease discovered in California
http://www.japantoday.com/category/world/view/mad-cow-disease-found-in-california


c0139575_19433937.jpg



米で6年ぶりBSE牛=月齢「30カ月以上」-輸入制限緩和に影響も
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201204/2012042500055&rel=y&g=int


輸入牛肉と直接関連ない=検疫中断も検討か-韓国
http://www.jiji.com/jc/zc?k=201204/2012042500450&rel=j&g=int


スポンジ脳症攻撃との闘い
http://satehate.exblog.jp/7020480/





Hiroshi N‏@hiroshi0414

畑が奇形タンポポだらけ。茎が太く花が密集して咲き、ぐちゃぐちゃに。埼玉です。@tokaiama @hanayuu @kikko_no_blog http://twitter.com/hiroshi0414/status/194987232107569152/photo/1

c0139575_2023019.jpg



奇形動植物のまとめ
http://onodekita.sblo.jp/article/47213885.html
[PR]

by oninomae | 2012-04-25 19:49 | 食品添加物・有害食品  

橋下徹の「ほたるの墓」  21世紀のオルフェウス 戦争は橋下が奏でる竪琴の調べにのせて たんぽぽ日記

橋下徹の「ほたるの墓」  21世紀のオルフェウス 戦争は橋下が奏でる竪琴の調べにのせて たんぽぽ日記 2012年04月24日
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/cat_301111-1.html (地震警報は文末に)

最近のテレビアニメはただの魔法物語ではなく、西洋神秘主義そのものを描き出している。

こんなものを子供たちに見せるとは本当に許せないが、アニメにしてしまうことで、現実から離れた世界と思わせつつ、子供たちを暴力かつ空想に染めてゆく。


「緋色の欠片」というアニメが流れている。モナド、セフィロト、ロゴスと言った神秘主義用語が使われている。(引用注:「そして私がモナド。セフィロトの化身。ロゴスの全て。アリアローゼンブルグ。」)

c0139575_2205693.jpg

c0139575_22162677.jpg

(額に666)

c0139575_0134363.jpg

c0139575_0135247.jpg


「ファイブレイン 神のパズル」にはオルフェウス・オーダーという組織が出てくる。オーダーが結社を意味することは私の本に書いてある。

c0139575_234914.jpg

c0139575_23104085.jpg

c0139575_23104547.jpg

c0139575_23111131.jpg

c0139575_23113151.jpg

(かなり執念深い)
c0139575_2352269.jpg

c0139575_2354367.jpg


ブッシュが親子が口にした「ザ・ニュー・ワールド・オーダー」は新世界秩序と言われているが、それは新時代、つまり平和な戦後世界が終わり、新たな戦争、暴力と貧困の時代の到来を意味するであろう。(そして、その戦争を推進する新しい結社の誕生を)

c0139575_23115934.jpg


ファイブレインに出てくるオルフェウス[Orpheus]、ギリシャ神話に登場する「名高い竪琴の奏者」

c0139575_22334370.jpg


彼が竪琴を弾き出せば誰もが酔いしれ、思うが侭に従ってしまう。

c0139575_2234724.jpg


誰もが、彼の竪琴の音色が聴こえると仕事や家庭を投げ出し、彼に付き従い、戦へと向かってゆく。

オルフェウスの竪琴[The Lyre of Orpheus]とは、言葉の魔術のことである。近代で言えばヒトラーのように国民を熱狂させ、誘導する「言葉」である。

c0139575_2242883.jpg

c0139575_22422668.jpg


たとえば、金正恩や金正日の言葉は北朝鮮だけではなく、この日本においてでさえ大々的に採り上げられている。このように独裁者の言葉は国民を熱狂させる。

c0139575_22473513.jpg

c0139575_22474972.jpg


日本で国民を熱狂させたのは小泉純一郎だったが、小泉は大衆のために良いことは何もしなかった。

c0139575_2252324.jpg

c0139575_22541719.jpg


竹中のような一部の特権階級が生まれただけだったー

c0139575_232174.jpg


「巧言令色少なし仁」

小泉や橋下の口から出る言葉がまさにこれにあたる。

為政者は巧みな言葉、口先だけで大衆を騙し、奪い、そして最後には戦争で殺してしまう。

橋下が奏でる竪琴の音色がテレビ局から流れると、国民は、「やっぱり橋下徹しかいないな・・・うん」と、その音色に酔わされてしまう。

c0139575_2323193.jpg


だがー巧言令色少なし仁ーである。

この諺を忘れてはいけない。これは、橋下徹やオルフェウスのような族に騙され、塗炭の苦しみを味わった人々の体験から生まれた諺である。

c0139575_23274030.jpg


だが人間は忘れ易い、戦後67年の平和な時代が、日本人にあの苦しみを忘れさせてしまった。

c0139575_23323433.jpg

c0139575_2332559.jpg


父親が、兄が、弟が、そして母や妹までが死んでしまった戦争。あの「ほたるの墓」の現実が、この現代の日本を舞台に再演されようとしている。

c0139575_23472411.jpg

c0139575_23472568.jpg

c0139575_23475757.jpg


橋下徹と石原慎太郎によってー

戦争は軍隊が始めるものではなく、政治家が始めるものなのだ。

竪琴、つまり言葉=ロゴスは、その戦争に国民を引きずり込むための麻薬、猫で言えばマタタビなのである。

-巧言令色少なし仁-


c0139575_01426.jpg



日中、何気なく携帯からネットでAE指数に繋いだところ、データが出て来ず、いやな感じがしていたが、やはり数値が高くなっている。北朝鮮のボルテージと時を同じくして上昇しているのが不気味だ。NOAAの宇宙天気アラートはまたしても更新されていない。前回はインドネシアだったが、今回はどうなのか。いつもと違い、黒のグラフがやたらと目立っている気がするがー


ブラジルの物理学者、HAARPで地震が起る仕組みを論文にしてました!
http://ameblo.jp/yagyuhyogonosuke/entry-11231140644.html


HAARPに地震波か?:研究用45 300nT〜450nTの地震電磁波到来!
http://quasimoto.exblog.jp/17845671/



みんなの党による憲法改正大綱がトンでもない ~橋下維新の会と共に目指すは「大日本帝国」復権~
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/f077ed20661c2782cdb11e2c02b2024e

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120422-00000061-san-pol

みんなの党の憲法改正大綱の原案が21日、明らかになった。

・改正手続きから国民投票を外し、「国会議員の5分の3以上の賛成」で憲法改正ができるように要件を大幅に緩和した。

・首相は、国民の直接投票の結果に基づき、天皇が任命する。首相の権限を拡大し、内閣に対する指揮監督権や条約の締結権を持たせた。

・国会は「立法議院」の一院制とした。


c0139575_113886.jpg

c0139575_0513652.jpg

c0139575_14374.jpg




4月25日(水)TPP交渉参加を阻止する1万人キャンドル集会@日比谷屋音
http://ccplus.exblog.jp/17849271/

環境省の作ったガレキ安全神話のほころび
http://onodekita.sblo.jp/article/55483245.html
[PR]

by oninomae | 2012-04-24 21:48 | 政治詐欺・政治紛争  

風レンズ風車 複合発電ファーム

たまにはこんなことも思い出して

http://www.riam.kyushu-u.ac.jp/windeng/aboutus_detail04.html





c0139575_2172620.jpg

c0139575_2174691.jpg


博多湾洋上浮体 複合発電ファーム実証実験特集ページ
http://www.riam.kyushu-u.ac.jp/windeng/Hakatawan.html



c0139575_20502485.jpg

c0139575_20503488.jpg





風レンズ風車洋上へ
http://kyoritsu-windnet.co.jp/torikumi1.html

将来はもっと巨大化して島にして、この島から風力、潮流、波力、太陽光とたくさんの自然エネルギーを採れるようにする予定です。 (ちなみにこの風レンズ風車を巨大化すれば30機で原発1機分です)









以下は未来イメージです
c0139575_20505659.jpg

c0139575_2051941.jpg




c0139575_23405968.jpg

c0139575_23411966.jpg

[PR]

by oninomae | 2012-04-23 20:33 | エネルギー  

戦争と宗教 「強さとは 生きるために殺すこと」なり 橋下徹はなぜ戦争を目指すのか・・ たんぽぽ日記

戦争と宗教 「強さとは 生きるために殺すこと」なり 橋下徹はなぜ戦争を目指すのか 「アークが産んだ、正義は悪魔」 たんぽぽ日記 2012年04月22日
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/10724966.html


エレウシス密儀のイニシェーションとオルフェウス教の秘儀は後代の作者たちによって称揚されて、グノーシス思想の神話化とギリシャ・オリエントの重層信仰(シンクレティズム)を反映しているのである。

しかし、エレウシス密儀とオルフェウス教のこのような概念こそが、中世の錬金術やイタリアのルネッサンス、18世紀の「オカルト信仰」の伝統、さらにロマン主義に影響を与えたものであり、またリルケからT・S・エリオットや、ピエール・エマヌエルにいたる近代ヨーロッパの詩人たちに霊感を与えたのが、アレクサンドリアの学者、神秘家、神学者たちのエレウシス密儀であり、オルフェウス教なのである。
-中略-

この強さと豊かさという言葉は、そのもっとも強烈な、劇的な意味で理解されなければならない。なぜなら、人間は「時の始めに」なされた決定、すなわち、生きるために殺すという決定の最終的所産であるからである。
-中略-

食用植物は、神の身体から生じたのであるから神聖である。食事をすることによって、人間はつまり神を食べているのである。食用植物は動物のように、世界の内に「与えられている」のではない。それは原初の劇的事件の結果であり、この場合は、殺害の生み出した物である。


ミルチア・エリアーデ「世界宗教史1」ちくま学芸文庫より引用
c0139575_23534675.jpg

c0139575_095068.jpg


エレウーシスの密儀では、密儀参入者は「麦の穂」を手渡された、なぜ麦の穂であったのか。

c0139575_033354.jpg

c0139575_0335990.jpg


世界各地の神話では、食物は死んだ神の体から生じたとされている。

たとえば、ギリシャ神話を見てみると、ゼウスという最高神の下に、ヘラを始めとする女神が描かれている。ゼウスはこの世の初めから世界を支配していたのではなく、クレタ島に生まれた後、戦い(戦争)を経てギリシャと世界の最高神となってゆく。

ゼウスに従った女神たちの多くは、その土地でゼウスなどより、はるかに前から信仰されてきた女神たちであった。しかし、ゼウスとの戦争に負けた古ギリシャ民族は、殺され、大地の堆肥となる。ここに「豊穣の女神の儀式」の原型を見ることができる。

つまり、密儀が示す「豊かさ=穀物」とは、他国を侵略して得る果実、収穫を意味している。


日本もまた、第二次世界大戦前は東洋のゼウスとなったが、敗北して一転、女神とされた。

ヘラら女神たちはゼウスに従わない場合、厳しい罰を受けている。日本も同じだ。アメリカという現代のゼウスに従わなければ、厳しい罰を受けることだろう。ゼウスの背後にはクロノスが控えているが・・

ビーナス、つまりアフロディーテの神話、またはデメーテル・コレーの神話を見ればよく分るように、日本にように去勢された女神は、時々さらわれ、冥界へと連れ去られる。

c0139575_0425648.jpg


それは、他国によって侵略され、征服されるということを意味している。

c0139575_054193.jpg


こうした神話=思想が、世界を動かしているエリートたち、つまりグノーシス主義者たちによって、深く信仰され、秘匿され、たとえばフリーメイソンという組織として姿を現している。

ユダヤ人支配層らがなぜ格別に豊かなのかは、躊躇せず、他民族を殺し、奪うことができるからである。

豊かさとは、富の収奪であって、大規模に収奪するためには、徹底的に殺すしかない。

なぜブッシュが強引にアフガニスタンやイラクを戦争で破壊したのか、これらの国民は生活すらままならず、アメリカら欧米資本に豊かな資源を奪われているというのに、なんら抵抗もできないでいる。

こうして去勢された女神が生贄となり、ユダヤ人を始めとする欧米資本家たちが、世界中の一般庶民の富を99%集めても届かないという、「富の集積」を実行し、王侯貴族以上の暮らしを送っているのだ。


神話はその事実を説明するものでるあが、庶民は神話の意味を理解していない。(そういう私も、若い頃は何も知らなかった)

時々引用しているが、聖書においてもカインがアベルを殺した後、農民から王へとなってゆく。


このように豊かさとは、原初に起きた殺人を再現し、つまり戦争によって大々的に他人を殺すことによって得られるものであり、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教、そしてギリシャ神話など、世界の大衆を支配している大宗教が、こうした「死と再生の秘儀」を奥義として受け継いでいる。

そのために、世界から戦争がなくなることがないのである。

人間の精神=心を支配して、宗教は戦争を引き起こす。それは、この世界で起きている戦争が証明している。

いかにこれらの宗教が「戦争反対」と言ったところで、その奥義の中身がこれであるから、それは口先だけの言葉となる。

よって、宗教が戦争を止揚することはなかった。逆に宗教によって戦争が引き起こされてきたのだ。

それが、世界の不思議として、大衆が戦争の原因を正しく理解できない壁となって聳えている。

私はその壁を小さな槌でコツコツと叩いている。ダムに生じる、蟻の穴を目指して。

強さとは生きるために殺すことである。

その現実を世界でもっとも良く理解しているのがユダヤ人なのである。なぜなら、聖書によって、「殺せ、奪え」と幼い頃から叩き込まれるからである

「鉄は熱いうちに叩け」幼児の頃に、ユダヤ人は「強さとは何か」を叩き込まれる。まさにプラトンが言う哲学教育である。(いま、日本で橋下徹が教育界を支配しようとしているのもそのためだ)

そして世界から奪うのである。この世界を支配するために。タイタンの血が、聖書がタルムードが、カバラがユダヤ人をそうさせるのだ。

であるのに、世界最大の悲劇の民と思わされているところに、「世界の大悲劇」がある。

彼らこそ世界各地で民を滅亡させてきたというのに、アメリカ大陸とその島々がもっとも良い例ではないか。

その楽園に住んでいたネイティブ・アメリカンはほとんど殺され、ユダヤ人が新しい支配者、ギリシャ神話で言うゼウスとして君臨しているというのに。

誰かが豊かになるため、また破綻寸前の国家を再生させるために、日本にも戦争が求められている。


そのために橋下徹や石原慎太郎が国政を奪いに来る。それを助けるのは、日本のテレビ局と新聞である。戦争は起こるべくして起こる。

橋下独裁政権が誕生したら電子投票が導入されるだろう。そして橋下徹がどのような悪政を行っても、ヒトラーにように誰も抵抗することができなくなる。

橋下に抵抗し、彼に独裁権を与えないためには今戦うしかない。

だが、私の小さな声など、マスコミが軽く吹き飛ばしてしまうだろう。マスコミは戦争を作るための道具である。

それは第二次世界大戦前も、第一次世界大戦前も、日露戦争前も、日清戦争前も、そしてアフガン戦争においても、イラク戦争においても、さらにこれから起こるであろう日朝戦争や日中戦争または日韓戦争、新たな日露戦争においても変わりはない。

マスコミは必ずこれらの国々との敵対関係を煽り、右翼的な指導者を国民に選択させ、国民を戦争へと向かわせるであろう。

それが戦争というシステムを科学(アーク)にまで引き上げた、ユダヤ人による、世界を変える術なのである。

-アークが産んだ、正義は「悪魔」-

その最近の代表例として先日も少し書いたが、ジョージ・ブッシュはアメリカ大統領になる前のテキサス州時代に、「私はアメリカを変える!」という本を出版した。

c0139575_23462367.jpg


そのジョージ・ブッシュが始めた戦争が今でも継続され、21世紀は「戦争の世紀」となって始まった。

黄金のミレニアムと言われていたが、その真実は戦争のことであった

あの金正日でさえ、「クリントンの時代は良かった」と嘆いたくらいである。

そしてわが橋下大阪市長はまるでブッシュのように「私は日本を変える!」と言っている。橋下徹は日本の諸悪の根源が「すべて憲法9条のせいだと思っています」とも言っている。

ブッシュがアメリカを変えると言って戦争を追い求めたように、橋下徹も日本を変えると言って戦争を追い求めるだろう。

平和憲法9条を廃止してー

橋下が奏でる「軍艦マーチ」が近づいている。

そして戦争が終わり、生き残った日本のマスコミ関係者がいつの日か言うであろう。「あのとき、橋下徹に期待したが、まさか戦争を起こすとは思わなかった。私たちは間違っていた、橋下の巧みな言葉に大衆が騙されたように、我々も騙されてしまった。ヒトラーの危険性に誰もが気づかなかったように、橋下徹の危険性に気づかなかったのだ」と。

私がここまで橋下の真実を書いているのに、マスコミは知らなかったと言うでしょう。そして「あの時は間違っていた」で済まされ、ふたたび国民を騙す作業に取り掛かるでしょう。

子供たちが喜ぶアニメを作り、大人たちにはスポーツ番組やドラマで現実逃避させ、テレビ漬けにしておいて、
ふたたび人口が増えたら、ヒトラーやブッシュ、橋下徹のような政治家を宣伝して送り出すでしょう。

c0139575_122486.jpg

c0139575_123502.jpg


悠香の「お茶石鹸」をメーカーとともに大宣伝してがっぽりと儲けながら、なんの謝罪もせず、「私たちには何も悪くありません。悪いのは悠香です」と、涼しい顔をしているテレビ局。

やれ悠香が悪い、いや厚生省と消費者庁にも責任があるなどとマスコミは言っているが、確かに役所にも責任があるが、それ以上に悠香の悪事の片棒を担いだのは、お前たちテレビ局じゃないのか。

こうしてマスコミは悪に「善の皮」を被せて世に送り出す。

それは山口組と力道山、そして日本テレビのタッグが組まれたテレビ局の原初の時から、なんら変わっていない。

テレビ局は悪をヒーロー(英雄)とするために生まれたのだ。

その代表がブッシュの戦争であり、橋下徹の戦争となるであろう。

それでも大衆はテレビ局の言うことを間に受け、戦争へと突き進む。


※今日は週一回の休みで数多くの記事を書いたので非常に疲れました。でも、書いておいて良かったです。いつも書けるとは限らないし、いつ書けなくなるとも限らないからです。

私は何度も同じテーマを取り上げていますが、それは人間が(私を含めて)忘れやすいことを知っているからであり、また、私のテーマは、この世界から戦争をなくすことだからです。

きっと私が弱い人間であるからでしょう。彼らと違って。

今後も宗教という視点から「戦争の真実」を追いかけて行きたいと思います、時間の許す限り。いつかこの世界から戦争がなくなる日がやってくることを信じて。

人類が滅亡しなければ戦争がなくなることはないなんて、愚か過ぎるではありませんか。

強い人間が戦争を求めなくなる時代の到来を私は夢見ています。

真に正しい指導者が選ばれる時代の到来をー
[PR]

by oninomae | 2012-04-22 23:18 | 政治詐欺・政治紛争