<   2011年 04月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 

迫害され続けた京都大学の原発研究者(熊取6人組)たち危険性を訴えたら、監視・尾行された

迫害され続けた京都大学の原発研究者(熊取6人組)たち危険性を訴えたら、監視・尾行された 2011年04月30日(土) 週刊現代
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/2462

「原発の開発には胡散臭いところがあった。モノは必ず壊れる。でも東電など電力会社は、絶対に壊れないと本気で思っているように見えた。チェルノブイリ事故があったとき、日本では『ソ連の安全に対する意識が遅れていたのが原因だ』なんて言われたけど、日本のほうがよほどひどかったね」

落ち着いた口調で語るのは京都大学原子炉実験所の今中哲二助教(60歳)だ。

c0139575_2314379.jpg


原発を推進してきた学者たちが「想定外」という言葉を繰り返すのとは対照的に、今日の福島第一原発のような大事故がいつか起きると警告を発し続けてきた学者グループがいる。

彼らはこれまで「異端の研究者」と見られ、テレビや新聞でもほとんど紹介されることがなかった。それどころか、学会では長く冷や飯を喰わされ、研究費や昇進でも明らかな差別を受けてきた。

遅きに失した感は否めないが、今回の事故で、そんな彼らにようやく注目が集まりつつある。原発関係者たちは、推進、批判の立場を超え、彼らのことを「熊取6人組」と呼んだ。

「熊取」とは、京都大学原子炉実験所の所在地である大阪府泉南郡熊取町に由来する。つまり、「6人組」はいずれも京都大学の原発研究者として一緒に働いた仲間である。

いまも同実験所に在籍しているのは冒頭の今中氏と、小出裕章氏(61歳)。二人とも肩書は助教。'01年から'03年に相次いで定年退職したのは、海老澤徹氏(72歳、助教授)、小林圭二氏(71歳、講師)、川野真治氏(69歳、助教授)。そして、1994年にがんで亡くなった瀬尾健氏(享年53、助手=現在の助教)。本誌は今回、存命中の5人すべてのメンバーから話を聞いた。

「すでに引退した身だから」と控えめな口調ながらも、川野氏はこう断じた。

「我々は今回のように一つの事象で原発全部がやられてしまうような事故があり得ると指摘していたけど、推進派の人々は何重にも防護しているから安全だと耳を貸さなかった。今はともかく起きている事態に対処するしかないけれど、いずれ責任ははっきりさせるべきでしょうね。これまでは事故があってもうやむやにしてきたわけですから」

原発の危険性を無視し、今回のような事態を招いた原発推進派の人々はいま、どんな思いで彼らの言葉を聞くのだろうか。

この「熊取6人組」を詳しく紹介する前に、なぜ、彼らが関係者の間で「異端の研究者」と見られ、ニックネームまで付けられる存在になったかを説明する。


研究費もつかない
 
原発研究者の世界は「原発ムラ」などと呼ばれ、基本的に原発推進者ばかりである。電力会社は研究者たちに共同研究や寄付講座といった名目で、資金援助する。その見返りに研究者たちは電力会社の意を汲んで原発の安全性を吹聴する。

原発を所管する経済産業省と文部科学省は、電力会社に許認可を与える代わりに、電力会社や数多ある原発・電力関連の財団法人などに天下りを送り込む。さらに、研究者たちは国の原子力関連委員を務め、官僚たちとともに原子力政策を推進していく。

簡単に言えば、原発ムラとは、潤沢な電力マネーを回し合うことでつながっている産・官・学の運命共同体なのである。テレビに出て、どう見ても安全とは思えない福島第一原発の状況を前に、しきりに「安全です」「人体に影響はありません」などと語る学者から、原子力委員会、原子力安全委員会、経産省外局の原子力安全・保安院、東京電力も、それぞれ立場は異なるものの同根だ。

経産省OBが語る。

「京大の原子炉実験所も、基本的には原発推進派の人物が多い。現在の原子力安全委員会でも、会見で話す機会が多い代谷誠治氏は、京大原子炉実験所の所長でした。ただ、京大は『熊取6人組』のように、反原発の立場から原発を研究する人も受け入れている。原発ムラの中心にいる東大には反原発の現役研究者は皆無です」

この経産省OBが言うように、原発ムラの頂点に立つのが東京大学大学院工学系研究科のOBたち。たとえば、原子力委員会委員長の近藤駿介氏、原子力安全委員会委員長の班目春樹氏は、いずれも同研究科OB。NHKの解説でおなじみの関村直人氏、さらに実質的に日本の原子力政策を決めている資源エネルギー庁原子力部会部会長の田中知氏は、同研究科のOBにして、現在は同研究科教授といった具合だ。

こうした原発ムラにあって、真正面から異を唱え、原発の危険性を叫び続けてきたのが「熊取6人組」なのである。反原発の立場で研究を続けていくことは楽なことではない。彼らのうち誰一人、教授になっていないという事実が、学内での微妙な立場を物語っている。現在、実験所には約80人の研究者がいるが、瀬尾氏が亡くなり、3人が定年を迎えたことで、反原発の立場なのは小出氏と今中氏の二人だけだ。小出氏が苦笑しながら言った。

「同僚から異端視されることはないけど、京大も国・文科省の傘下にある。その国が原発推進というのだから、傘下の研究所で国に楯突くのは好ましくないという事情はあるでしょうな。嫌がらせを受けたと感じたことはないけど。 私もかつては研究費をもらおうと文科省に申請したことがあるけど、審査がまったく通らない。なぜ通らないかは何とも言えませんが(笑)。ああいう研究費って、力を持った教授のお手盛りで決めるからね

他のメンバーに「反原発」で不自由を感じたことはないかと尋ねたところ、次のようなエピソードが並んだ。

・メディア関係者の取材に同行し、原発関連企業を訪れたが、自分だけ門前払いを喰った。

・科学技術庁(当時)に実験装置設置の認可を得るべく折衝したが、反原発訴訟に関係していることがわかった途端に申請を受け付けてもらえなくなった。

・上司が会合で他大学の教授から「あの6人組はなんとかならんか」と言われた。


そして、出世について聞くと、「今の立場のほうが快適」「昇進できないのは覚悟していた」「気楽にやれるのが一番」などという答えが返ってきた。彼らの口調は淡々としていて、苦労を笑い飛ばすような雰囲気があった。ただ、実際には「ムラの掟」に逆らって生きていくには、相当の覚悟がいるに違いない。


ずっと助手のまま
 
立命館大学特命教授の安斎育郎氏は、原発ムラのエリートコースである東大大学院工学系研究科の博士課程を修了した後、反原発の立場で東大医学部に残ったが、助手のまま17年間を過ごした経歴を持つ。安斎氏の証言。

「原発推進派と批判派の溝は深いと思います。原発に批判的な発言をする反体制派だと見なされると、学内でも様々なアカデミックハラスメントを受けた。講演に行けば、電力会社の人間が尾行につく。同じ電車に乗ってくるし、だいたいいつも同じ人間だからわかるんです。講演内容を録音して、私の主任教授などに届ける係の人までいましたから。そうなると研究室でも安斎とは口を利くなということになる。京大の小出さんや今中さんたちのグループも同じような経験をしているはずです。  僕は電力会社から留学を勧められたこともありました。『3年間アメリカに行ってくれ。全部おカネは出すから』って。それほど目障りだったんでしょう。さすがに命の危険を感じることはなかったけれど、反原発で生きていくというのは、そういうことなんです」

「6人組」のメンバーと取材や反原発イベントを通じて交流のあるジャーナリストもこう語る。

「イベント会場に行くと、なかに明らかに雰囲気の違う黒服の人がいたりすることは頻繁にあります。小出さんや今中さんたちはもう慣れっこなのか、現在進行形だから話せないのかはわかりませんが」
 
原発ムラからの圧力は彼らのような研究者たちだけでなく、メディアにも加えられるという。たとえば、'08年10月、大阪の毎日放送が「6人組」を追ったドキュメンタリー番組を放送した。その後の騒動について、民放労連の関係者が言う。

「番組放送後、関西電力からは『反対派の意見ばかり取り上げるのは公正ではない』という申し入れがあり、局側は『番組の最後で推進派の教授と討論する場面を入れている』と反論したそうですが、関電は納得しなかったのでしょう。その後、しばらくCMを出さなかったと聞いています」

この後、毎日放送では、関西電力の社員を講師として、原発の安全性についての「勉強会」も開かれたという。関西電力サイドは、この件について「放送された番組の内容を受けてCMの出広量を減らした事実はない。講師派遣についても、先方の要請で行うことはあるが、こちらがねじ込んだりしたという事実はない」と否定する。

c0139575_073644.jpg


いずれにせよ、今回の事故が発生するまで原発ムラの産・官・学連合は利権を分け合い、好き放題やって「熊取6人組」など反対派の研究者を虐げてきた。 (引用注:他分野でも同じですが。ワクチン、GMO、アスパルテーム等を見れば解るでしょ)


何言ってるの? 関村教授
 
しかし、いまや原発ムラはバラバラだ。彼らがムラを守るために主張してきた「安全神話」は、誰の目から見ても、完全に崩壊した。

c0139575_012157.jpg

c0139575_0275560.jpg

「6人組」の一人、海老澤氏はNHKの解説で一躍有名人となった「あの人」の発言にこう苦言を呈した。

「あまりテレビは見ないんですが、3月12日に枝野(幸男)官房長官が記者会見で『1号機の水位が下がった』と言い、重大な事態だという認識を示した。ところが、その後のNHKで東大の関村教授が出てきて、『原子炉は停止した。冷却されているので安全は確保できる』というようなことをおっしゃった。唖然としましたよ。

炉の冷却ができなくなってから100分くらい経つと水位が低下しはじめ、その後20分位で燃料棒を覆う被覆管が溶けて燃料が顔を出す。やがて炉心溶融に向かうというのはスリーマイルの事故報告書を見るとはっきりと書いてある。研究者なら当然知っているはずなんです。関村さんの話を聞いて、『この段階で何を言っているのか』と思いました。隣のNHKの記者もさすがに怪訝な表情をしているように見えましたね」

本誌は関村教授にもインタビューを申し込んだが、多忙を理由に断られてしまった。

c0139575_0274085.jpg


前原子力委員会委員長代理で、別項で紹介した緊急建言の16人の起草者の一人である田中俊一氏が語る。

「いまの状況で『安全だ』という学者は曲学阿世の人ですよ。NHKにしても『安全だ』と繰り返すから、取材に来たときに『そんなに安全だと言うなら、あなた方は(高い放射線量が検出された)福島県の飯舘村に引っ越せますか』と聞いたんですよ。『できません』と答えていた」
 
田中氏のように原発を推進してきた研究者たちでさえ、いまの原発ムラの状況には違和感を覚えているのだろう。世間も原発ムラの人々の発言の胡散臭さに気付き始めている。

対照的に、これまで「6人組」の言い分をほとんど取り上げてこなかった朝日新聞も、原発事故以降、小出氏や今中氏の分析を掲載するようになった。それでも、彼らが原発の危険性を訴え続けていく姿勢は変わらない。

「照明はほとんど使わないんですよ。夜でもね。エアコンももちろんなし。パソコンの画面が明るいから、仕事には支障がない」

そう語る小出氏には仕事をしながらの話でもよければ、ということで京大原子炉実験所研究室で話を聞いた。午前10時なのに薄暗い。

c0139575_051487.jpg


「東北電力が女川に原発を作るというのを聞いて、本当に原発が安全なら、なんで電気を一番使う仙台の近くに建てないのかと思ってね。それでいろいろ調べたら、原発はもともと危険を内包していて、都会では引き受けられないから、わざわざ過疎地に作るんだという結論に達したわけ。そうなったら、選択は一つ。反対するしかないと」

福島県飯舘村の放射線量調査から戻ったばかりの今中氏にも、実験所の研究室で向かい合った。

「僕は明確に反原発というわけでもない。東京の人が東京湾に原発を作ろうというなら、反対はしないでしょう。

それから、6人組という呼び方は嫌いなんです。同じ原子力安全研究グループでいまも活動していますが、思想信条だって違う。ただ、一緒に研究している仲間だと認識してます」


悲しき御用学者たち

c0139575_0215880.jpg
 

もちろん、彼らはそれぞれに専門を持ち、独自に活動を進めている。それでも、原発ムラに安住し、いまだに根拠なく安全だと繰り返す人々に辛辣なのは変わらない。

「みんなおかしくなっているんじゃないか。ただちに健康に影響がありませんというけれど、それは煙草を100本吸ってもただちに影響がないというのと一緒ですよ。基本的に放射線の影響には急性障害と晩発性障害(被曝後、何十年と経ってから影響が出てくる障害)がある。だから、100ミリシーベルトの放射線を浴びても、すぐに死なないというのは正しい。ただ、晩発性障害をどう考えるのか。それをまったく抜きにして専門家が解説している」(今中氏)

最近の学者には、国の研究機関から大学に天下ってきた人も少なくない。そういう人は、国の代弁しかしない。原子力というのは巨額のカネがかかる分野で、国の関与がなければ成立しません。だから、この世界でメシを食おうと思ったら、御用学者になるのは必然とも言えます。一般の方は、学者だからそれぞれの考えで発言していると思うかもしれませんが、原子力分野はそうではないんです。

それと原子力安全委員会は何をしているのか。委員長の班目さんはすっかり後ろに引っ込んでしまった。彼には無理だったということでしょう」(小林氏)

「推進派は頭を丸めろということですよ。これまで主張してきたことをどう思っているのか、表明してほしい。何人か謝罪した人もいるみたいだけど、原子力委員会の近藤駿介委員長みたいに、謝罪もせず逃れようとする人もいる。みっともないね。原子力安全委員会にしたって、こんなときこそ仕事をしなきゃならんのに、何してるのか全然見えてこない」(小出氏)

最後に、今後の福島第一原発についての見通しを小出氏に聞いた。小出氏は、

「うまくいっても、安全と言える状態になるまでは最短で年単位。数ヵ月では無理でしょう」

と答えた。

---小出先生のところに「原発をどうすればいいか」という相談はないんですか?

「ありませんねえ。私が答えるにしても、原発をやめなさいとしか言えないし、意味がない。原発を生き延びさせるための提言なんてないんです」

c0139575_0224917.jpg


照明が消された薄暗い研究室で、小出氏はきっぱりとそう言い切った。

c0139575_23481748.jpg


小出裕章 (京大助教) 非公式まとめ
http://hiroakikoide.wordpress.com/

悲惨を極める原子力発電所事故―終焉に向かう原子力(第11 回)講演

http://www.youtube.com/watch?v=MWsdd1QJQZg&feature=player_embedded

http://www.youtube.com/watch?v=78Gc0QWqAVo&feature=player_embedded


米国でプルトニウム・ウランが検出される:過去20年間で最大値!プルトニウム239やウラン238が大幅上昇  2011/04/29(金) 04:36
http://onihutari.blog60.fc2.com/blog-entry-44.html

原発がダメな理由 2 生命の秩序に敵対する 2011.04.20
http://www.minusionwater.com/dame2.htm

3号炉の爆発は核燃料か? 2011.04.28
http://www.minusionwater.com/3unitexplosion.htm

プルトニウムは空を飛ぶ (当たり前ですが) 2011.04.30
http://www.minusionwater.com/plutonium.htm

内部被ばく臓器 等価線量の積算線量 (3月12日6:00から4月24日0:00までのSPEEDIによる試算値)
http://www.nsc.go.jp/mext_speedi/0312-0424_in.pdf
[PR]

by oninomae | 2011-04-30 23:09 | 放射能・ラジオハザード  

予定通りですか?

美浜の村誌「大津波で村全滅」 原発立地の若狭湾内 (2011年4月29日午前7時40分)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/society/27831.html


c0139575_18445668.jpg

大津波で村が滅んだという記述が西田村誌にある「くるみ浦」のあったとみられる常神半島東側の海岸=3月30日、美浜町(本社ヘリから撮影)


福井県美浜町の常神半島東側に過去、大津波が押し寄せ、村が全滅したとの記述が「三方郡西田村誌」(1955年発行)にある。東日本大震災では高さ14メートル超の大津波が福島第1原発を直撃して深刻な事態になっており、この村があったとみられる場所から約14キロ離れた位置にある関西電力美浜原発をはじめ若狭湾に立地する原発にとっても津波対策は大きな課題。(引用注:津波対策をしただけではダメですがね) 記述の信頼度は不明だが、一帯は入り組んだ海岸のため津波が局所的に高くなる恐れもあり、県原子力安全専門委員会は日本海側で過去に起こった津波のデータを、古文書や文献の調査を含めて蓄積する重要性を指摘している。

c0139575_18512334.gif


険しい断崖が連なる常神半島の東側には現在集落はないが、過去には「くるみ浦(久留見村)」と呼ばれる村があったとされる。25年前に美浜町内の民家で発見された、三方五湖やその周辺の集落を描いた江戸時代初期の絵図にも所在が記されている。

西田村誌では「クルビ村」の項に「小川の裏の山を越した日本海岸を血の裏といい、そこには以前クルビという村があったが、ある晩村人が出漁中に大津波が押し寄せて、神社と寺と民家1軒だけを残して全滅した」と書かれている。「小川」は常神半島西側の若狭町小川を指す。村が滅んだ時期は他の古文書の記載などから、中世とも江戸時代とも推測されるが具体的には不明で、本当に大津波が原因なのかも分かっていない。

県地域防災計画では、1983年の日本海中部地震の際、高浜町和田で記録した1・9メートルの津波が県内最高値とし、高潮を加味して2・5メートルの津波を想定している。一方、県内の3電力事業者は各原発に影響する津波を2~5・2メートルの範囲で設定。東日本大震災で起きたほどの大津波は現段階では想定していない。

c0139575_1943176.jpg

c0139575_18535743.jpg


ただ、古本宗充名古屋大大学院教授(地震学)は「一般的に津波は湾内に入ると拡散して弱まるが、若狭湾ではリアス式に近い地形によって局所的に津波が高くなる」と指摘する。

県原子力安全専門委員会臨時委員の竹村恵二京都大大学院教授(地質学)は、日本海側で巨大地震が発生する頻度は太平洋側より低いとしながらも、古文書や言い伝えを精査するとともに、陸域の堆積物を調査して過去に大津波がなかったか調べる必要があるとしている。

同村誌の記述は、関西電力のホームページの「越前若狭探訪」コーナーでも紹介されている。


c0139575_18553659.jpg


++
準備、準備ですか?



c0139575_18595767.jpg



c0139575_190337.jpg

c0139575_1944796.jpg


c0139575_20252233.jpg



外部電源喪失 地震が原因 吉井議員追及に保安院認める 2011年4月30日(土)「しんぶん赤旗」
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik11/2011-04-30/2011043004_04_0.html

日本共産党の吉井英勝議員は27日の衆院経済産業委員会で、地震による受電鉄塔の倒壊で福島第1原発の外部電源が失われ、炉心溶融が引き起こされたと追及しました。経済産業省原子力安全・保安院の寺坂信昭院長は、倒壊した受電鉄塔が「津波の及ばない地域にあった」ことを認めました。

東京電力の清水正孝社長は「事故原因は未曽有の大津波だ」(13日の記者会見)とのべています。吉井氏は、東電が示した資料から、夜の森線の受電鉄塔1基が倒壊して全電源喪失・炉心溶融に至ったことを暴露。「この鉄塔は津波の及んでいない場所にある。この鉄塔が倒壊しなければ、電源を融通しあい全電源喪失に至らなかったはずだ」と指摘しました。

これに対し原子力安全・保安院の寺坂院長は、倒壊した受電鉄塔が「津波の及ばない地域にあった」ことを認め、全電源喪失の原因が津波にないことを明らかにしました。海江田万里経産相は「外部電力の重要性は改めて指摘するまでもない」と表明しました。 (引用注:電源があっても、ウイルスによる遮断や、配管破断があるとダメですが)

c0139575_22343559.jpg

なんにせよ、震度6弱、いや5強で壊れたのは壊れた。 (震度4以下のところでは、[ほとんど]壊れなかったようだ)


関連

チェルノブイリの原発事故も地震が原因だった!?&もんじゅも大変!やっぱり全部閉鎖させないと
http://insidejobjp.blogspot.com/2011/04/blog-post_30.html

福島原発に目を取られていたら、福井県のもんじゅも大変なことになっていたことを知りました。やはり全国の原発と核施設を大至急廃棄処分にすべき!の思いを新たにしています。

福島より怖い福井「もんじゅ」の現状 2011年4月1日 掲載 (引用注:だいぶ前から有名ですが)
http://gendai.net/articles/view/syakai/129766

福島原発に世界が注目する中、国民の目の届かない場所で、実は同じような危険な兆候が続いている。福井県敦賀市の高速増殖炉「もんじゅ」だ。発電しながら新たなプルトニウム燃料を生み出すとして、自民党政権が2兆円もつぎ込んだ“夢の原子炉”が、昨年8月の重大事故以降、ニッチもサッチも行かない状態なのだ。

「燃料棒交換のための『炉内中継装置』(長さ12メートル、重さ3.3トン)が原子炉内に落下、破損して抜けなくなったのです。 落ちたタイミングも最悪で、発電実験に必要な新しい燃料棒を入れ終え、引き抜く途中。もんじゅが使うMOX燃料棒には、大量のプルトニウムが含まれています。 そのため、装置回収は一瞬のミスも許されない困難を極める作業となっているのです」(原子炉設計技師)

c0139575_2022593.jpg

 
昨年5月に、1995年のナトリウム漏れ事故以来14年半ぶりに運転を再開。たった3カ月後にこのザマだ。しかも、落下の理由は、引き抜き装置を造った東芝の設計ミス。その東芝が復旧作業を随意契約で請け負ったのだから、めちゃくちゃである。回収作業も大きな危険が伴う。

結局、『中継装置』が引っかかったまま、原子炉に通す配管ごと抜き出すことが決まりました。この配管は抜くことを想定しておらず、予測不能な乱暴な手段なのです。 しかも、高速増殖炉の強烈な熱源を冷やすには水や炭酸ガスでは無理で、原子炉内には液化ナトリウムがたまっています。ナトリウムは水や空気に少しでも触れると、猛烈な勢いで発火します。原子炉に空気が入らないようアルゴンガスを常に充満させながら、少しずつ引き抜かざるを得ないのです」(前出の設計技師)
 
こんな“綱渡り”を任された日本原子力研究開発機構の燃料環境課長が今年2月には自殺。それでも機構は「技術的には可能」の一点張りで、今年度中の試験運転再開を目指すというから、狂気の沙汰だ。いざ、ナトリウムが発火し、MOX燃料棒に燃え移れば、その恐怖と破壊力は福島第1原発の比ではない。 

米・英・独・ロ・仏と世界中が断念する中、高速増殖炉に固執しているのは日本だけ。大マスコミは警告してこなかったが、この国の原子力行政は何から何まで狂っているのだ


2兆円かけた「危険な超・粗大ごみ」の行方 高速増殖炉 プレジデント 2011年5.16号 相馬留美=文
http://president.jp.reuters.com/article/2011/04/25/24D55214-6CA6-11E0-A398-37F03E99CD51.php

総額2兆円以上をつぎ込んだ「夢の原子炉」は「危険な超・粗大ごみ」と化す可能性も出てきた。

日本の原子力施設の中で、今までに脚光を浴びたものの一つに高速増殖炉「もんじゅ」がある。

c0139575_19585363.jpg

トラブル続きの高速増殖炉「もんじゅ」(福井県敦賀市)。


高速増殖炉とは、単純化していえば、消費した以上の燃料(プルトニウム)を生み出すことができる原子炉のこと。かつては「夢の原子炉」と期待されていた。最近では、昨年中国が臨界実験に成功したが、運転中の実証炉は現在では皆無である。

高速増殖炉は福島第1原発のような「軽水炉」ではない。後者が冷却材に軽水(普通の純水)を利用するのに対し、前者は液体ナトリウムなどの溶融金属を利用する。

弱点は、この液体ナトリウムの制御が難しいことだ。1995年12月、もんじゅはナトリウム漏洩火災事故が発生して運転を休止。その後2011年春の発電を目指し、10年5月に運転を再開したものの、同8月には炉内中継装置が原子炉容器内に落下するという事故を起こした。 落下した中継装置とは、燃料棒を交換するために必要なもので、中継装置がなければ発電できないだけでなく、運転を休止することもできない。 引き揚げ作業はこれまですべて失敗。今後は数十億の保全費と別に、装置回収に使う器具等の製造に伴い、さらに約17億円かかるという。総額2兆円以上をつぎ込んだ「夢の原子炉」は「危険な超・粗大ごみ」と化す可能性も出てきた

震災により制御不能に陥った原発のほかに、国内にはもっと危険な施設が存在する。原発だけでなく、こうした他の原子力関連施設の再点検も不可欠である。

c0139575_2215466.jpg



そして、こちら。・・・ (略)




ニガヨモギ(チェルノブイリ/阪神淡路大震災/地震と原発事故)
http://satehate.exblog.jp/7004095/


4月29日 小出裕章氏&広瀬隆氏 講演
http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/04/29/meiji-apr29/

悲惨を極める原子力発電所事故―終焉に向かう原子力(第11 回)講演


被曝限度量の安易な引き上げが将来に禍根を残すことになることは、チェルノブイリ原発事故の被害を考えても明らか
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201104290000/

福島第1原発の事故で放射性物質を大量に外部へ放出している。それ以降、日本政府は被曝線量の基準、被曝限度量を引き上げてきた。それだけ多くのリスクを背負い込めというわけで、多くの人から批判されるのは当然だ。

しかし、その一方で「大したことはない」とする宣伝も盛んに流されている。100ミリシーベルトを浴びても1000人の内、5人から10人程度がガンになるだけであり、それ以下の線量で健康に被害が出ることは証明されていないから心配するなということのようである。

ガンで死ぬ人は全体の約3割であり、それに比べると大したことはないとする人もいるようだが、その言い方を使うならば、人間は必ず死ぬ(科学的に証明されているわけではなく、経験則にすぎないが)わけで、戦争などの殺戮も大したことはないということになるだろう。

かつて、薬害エイズが問題になったことがある。エイズ・ウィルスに汚染された血液凝固因子製剤を政府や製薬会社が警告を無視して流通させたため、血友病患者の間にエイズが広まった事件なのだが、当時、厚生省(現在の厚生労働省)の官僚たちは薬害以外のエイズが広まることを想定、その中に薬害を隠してしまおうとしていた疑いがある。当時、厚生省を担当していた記者によると、官僚たちはエイズが予想外に広がらないと焦っていたという。

ところで、今年の4月はチェルノブイリ原発事故から25年目にあたる。事故が起こった後、IAEA(国際原子力機関)は放射性物質の被曝による被害は存在せず、将来にも原発事故の被害者であることがわかる人はでないと報告したようである。

勿論、この結論は間違っていた。作業員は別にしても、事故から5年ほどで小児甲状腺ガンが急増、10年ほどすると妊婦へも影響が出始めたと話す学者もいる。広島や長崎に落とされた原爆の影響などから推測して、ガンが発症してくるのは20年から30年後からだとも言われている。つまり、チェルノブイリ原発の影響が明らかになるのはこれからだと考えるべきだろう。

実は、原爆の影響も長い間、秘密にされてきた。この事実は広く知られていたのだが、その内幕に迫ったのが昨年8月にNHKが放送した「封印された原爆報告書」。日本政府がSCAP/GHQに提出した181冊の「原爆報告書」をテーマにしていた。

c0139575_21355890.jpg

c0139575_21361270.jpg


ところが、この原本がどこにあるのかが明確になっていない。SCAPに対して「原爆報告書」を提出したという事実を政府は「承知していない」としているこの報告書が存在することを認めると、戦後、日本政府(官僚機構)が主張してきた被曝による被害に関する話が崩れ去るだけでなく、より深刻な被害があることを知っていながら隠してきたことも認めることになるからだろうか。

この原爆被害の調査には公表できない秘密がある可能性が高い。戦後、日本が生んだ代表的な「インテリ」で、戦争に反対する活動を最後まで続けていた加藤周一も原爆が投下されて間もない広島へ「原子爆弾影響合同調査団」の一員として入っているのだが、そのときのことを生前、親しい人にも話さなかったようである。彼にも口にできないような「何か」があったのかもしれない

青酸カリなどは生体実験で正確な致死量がわかっているようだが、通常、放射性物質に限らず、人体の影響を知ることは難しい。例えば「環境ホルモン(内分泌攪乱物質)」の場合、一般に知られるようになったのは1997年から。この年にシーア・コルボーンらが『奪われし未来』という本を出し、警鐘を鳴らしたのである。

しかし、化学業界では、遅くとも1976年には問題になっていた。当時、ある大学で化学を専攻していた大学院生に聞いた話では、測定限界ギリギリ、おそらく測定できないほど微量でも生殖器に致命的なダメージを与える化学物質が次々に見つかっているということだった。こうした事実は研究者自身が経験的に知ったようだ。

被曝限度量の安易な引き上げは、間違いなく将来に禍根を残すことになる。現在の「科学的な知見に基づく適切な判断」も「将来の知見」で否定される可能性は小さくない。「ヒトの浅知恵」を認識することが人間の知性である。

++
実験しているんですよ。昔と同様。


封印された原爆報告書
http://www.nhk.or.jp/special/onair/100806.html

アメリカ国立公文書館のGHQ機密資料の中に、181冊、1万ページに及ぶ原爆被害の調査報告書が眠っている。子供たちが学校のどこで、どのように亡くなったのか詳しく調べたもの。200人を超す被爆者を解剖し、放射線による影響を分析したもの…。いずれも原爆被害の実態を生々しく伝える内容だ。報告書をまとめたのは、総勢1300人に上る日本の調査団。国を代表する医師や科学者らが参加した。調査は、終戦直後から2年にわたって行われたが、その結果はすべて、原爆の“効果”を知りたがっていたアメリカへと渡されていたのだ。 

なぜ貴重な資料が、被爆者のために活かされることなく、長年、封印されていたのか? 被爆から65年、NHKでは初めて181冊の報告書すべてを入手。調査にあたった関係者などへの取材から、その背後にある日米の知られざる思惑が浮かび上がってきた。

番組では報告書に埋もれていた原爆被害の実相に迫るとともに、戦後、日本がどのように被爆の現実と向き合ってきたのか検証する。

c0139575_21352540.jpg

c0139575_21353781.jpg

c0139575_21362358.jpg


++
原発「事故」仄めかしリリースではないのか? 「冥土の土産に聞かせてやろう」って。

c0139575_2212844.jpg

c0139575_2215466.jpg


TPP不参加を打ち出せば、巨大津波が日本を襲う?! (引用注:TPPだけの問題ではないと思いますが)
http://hatajinan.blog61.fc2.com/blog-entry-208.html


原子力のベクテル社
http://oujyujyu.blog114.fc2.com/blog-entry-547.html#comment136

明石海峡大橋のボーリング工事を行なっていたのは「ベクテル社」
阪神・淡路大震災の震源地は明石海峡大橋の真下。
「ベクテル社」は原子力企業。
震源地で過去に大きな地震は全くなかった。
ベクテル社はイラクの復興大規模事業を受注。
震災後にベクテル社は神戸医療産業都市構想に選定された。

2004-10-14 ピースチョイス情報(29)ベクテル社プロフィール
http://d.hatena.ne.jp/peacechoice/20041014

●日本での営業:

ベクテル社の日本支社「オーバーシーズ・ベクテル・インコーポレーテッド(株)」

代表者: ロナルド・デイ・タッカー

住所: 東京都千代田区丸の内3-2-3-310

電話: 03-3214-4481

FAX: 03-3214-2596

●日本での主な建設参加事業:

青森県六ヶ所村の再処理工場建設、東京湾横断道路の建設、関西新空港の建設、羽田航空ビルの建設、など高額で重大なプロジェクトにおけるベクテル社参入が顕著である。
[PR]

by oninomae | 2011-04-30 17:28 | 放射能・ラジオハザード  

呆れてものが言えない

中電次期社長「原発は推進」
http://www.chugoku-np.co.jp/News/Tn201104290146.html

中国電力の新社長に6月下旬、就任する苅田知英副社長は28日、広島市中区の本社で会見し、島根(松江市)、上関(山口県上関町)の両原子力発電所計画について、安全対策や地元への説明を強化した上で推進する方針を示した。
 
福島第1原発の事故を受け、苅田副社長は「まずは原子力の安全対策の徹底で皆さんの不安を少しでも取り除く努力をすることが大切」と強調した。その上で、原発の位置付けについて「エネルギーセキュリティーの面から重要な意味を持つ電源ということは変わらない」との認識を示し、「現実的な議論が大事だと思っている」と述べた。

島根、上関の両原発計画については、「地元の皆さんをはじめ、関係する方々への理解活動をまず進めていくことが大事」と説明し、「リスクを分散する意味でもバランスの取れた電源構成の実現が悲願」と話した。

c0139575_18341123.jpg

【写真説明】原発推進の方針を会見で語る苅田副社長(広島市中区の中電本社)

苅田 知英
【職歴】 昭和 47年4月 中国電力株式会社入社
平成 5年2月 同社 営業部課長(需給)
平成 7年2月 同社 営業部課長(営業計画)
平成 9年2月 同社 営業部次長
平成 9年6月 同社 岡山支店 倉敷営業所長
平成 11年6月 同社 企画室部長
平成 13年10月 同社 経営企画室部長
平成 14年6月 同社 理事 経営企画室部長
平成 16年6月 同社 理事 経営企画部門部長
(経営企画室)

中電時期社長「原発は必要」
http://news.rcc.jp/?i=MTQ3Nzc=&  
来月、創立60周年を迎える中国電力が5年、ぶりのトップ交代です。 6月の役員改選で、苅田知英副社長が社長に昇格することが内定しました。

苅田副社長は、今後のエネルギー政策について原子力発電の必要性を訴えました。 新社長に内定したのは苅田知英副社長、62歳です。

c0139575_204282.jpg

「安全安心という面から、設備基盤をやっていくこと。事業としての収益基盤を強化していくこと」(苅田知英副社長 会見)

苅田副社長は、企画室部長などを経て2005年に取締役に就任。 去年6月に副社長となり原子力プロジェクト長も務めています。 バランスの取れたエネルギー政策には原発の必要だとしています。 「原子力の位置づけについては、エネルギーセキュリティーの面から、重要な役割を持つ電源だと」(苅田知英副社長 会見)

苅田副社長は、6月の株主総会で承認され正式に社長に就任すれば、5年ぶりにトップが交代することになります。

また、中国電力は、今年3月期の連結決算を発表しました。 売上高は1兆942億円でしたが、島根原発の運転停止などによる原料費の増加により、経常利益が238億円と去年に比べ341億円の減益で、2年ぶりの増収減益となりました。 純利益は17億円で、去年に比べ292億円と大幅減となりました。(4/28 18:51) (引用注:「営業・利益・説明」・・・東電清水正孝社長と同じだわ)

http://blog.goo.ne.jp/sdfa2000 は、現在表示できません。

c0139575_1835884.gif


ヒロシマの恥、ニッポンの恥、キチガイに原発

c0139575_1842418.jpg



c0139575_18431178.jpg


STOP!上関原発!
http://stop-kaminoseki.net/

c0139575_19183597.gif

c0139575_19193382.jpg

大規模ホロコーストには最適の位置だ

中国・四国・近畿・九州壊滅だな、どうみても

c0139575_19263640.jpg


c0139575_19194850.jpg

c0139575_1920541.jpg

c0139575_19222641.jpg


c0139575_325142.gif

c0139575_332948.jpg



関連

祝島との漁業交渉最後的に決裂 上関原発の断念迫られる 嘘がばれた県と中電  長周新聞
http://satehate.exblog.jp/14055067

早くしないと、間に合わない
http://satehate.exblog.jp/16214185/

福島原発崩壊事故には、「ドリームチーム」が必要:原発はあぶねえぞ!地震に弱いんだってヨ!
http://quasimoto.exblog.jp/14688098/

岩上氏の菊池洋一氏へのインタビューは必見である。菊池洋一氏の口から非常に多くの原子炉システム内の微妙な調節を行うための専門用語が飛び出してくる。このどれ一つも保安員や東電の職員たちの口から出て来たものはなかったのである。このことからも保安院の西山英彦審議官も東電社長の清水正孝もまったく現場が理解できないに違いない。

問題なのは、原子炉を直に設計し、現場監督として、その製造過程からすべて指揮し、監督して来たその本人が、地震のない国アメリカで設計された、GEの原子炉構造は地震国の日本には適さないと言っていることである。特に、格納容器と圧力調整プールを繋ぐ「スカート」と呼ぶ部分の構造は実に華奢で、地震による垂直の突き上げ振動や横揺れ振動を受けたらすぐに破損するというのであるさらに、格納容器の内部の冷却用配管や緊急時の調整用の配管などは、上から吊るす形で溶接設置されているため、振動に弱く、すぐに破断すると言っているのである

これまで、日本のGE製の原子炉は、電源があれば何とかなる。だから、電源を異なる予備電源を備えれば何も問題ないと考えられて来た。東電も日本政府も官僚も東大エリートもみなそういって来た。しかしながら、設計し作製した本人が地震には非常にもろい構造であると主張しているというわけである。


「全原発、段階的に閉鎖を」 石橋神戸大名誉教授、国会内で講演(04/27 08:02、04/27 08:51 更新)
http://www.hokkaido-np.co.jp/news/topic/288811.html
 
地震による原発事故の危険性に早くから警鐘を鳴らしてきた神戸大の石橋克彦名誉教授(66)=地震学=が26日、国会内で講演した。石橋氏は「日本列島は東日本大震災によって、あちこちで大地震が起こりやすくなっている。原発にとって地球上で最も危険な場所だ」と述べ、泊原発(後志管内泊村)を含め国内すべての原発を段階的に閉鎖するべきだと訴えた。

石橋氏は東海地震の可能性を1976年の日本地震学会で最初に指摘した学者で、97年、東海地震の想定震源域の真上にある浜岡原発(静岡県)の廃炉を主張。その後も原発の耐震性が旧来の地震学で評価されていることなどを問題視し、各地で「原発震災」が起こる恐れを指摘していた。<北海道新聞4月27日朝刊掲載


浜岡3号機 今のままでは動かせぬ 2011年4月29日
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2011042902000059.html 

定期点検中の浜岡原発3号機(静岡県御前崎市)を七月までに再開させる-。中部電力が、こんな見通しを打ち出した。

c0139575_21192335.jpg

キチガイに原発


震災と原発への対応が技術的にも不安視される中、あまりに時期尚早だ。

浜岡原発は「世界で最も危険な原発」とも呼ばれている。3号機に関しては、立地条件と技術面で三つの理由が挙げられる。

・東海地震の想定震源域の真っただ中にある。

・高さ八・三メートルを想定した津波対策の効果が疑問視されている。

・原子炉のタイプが今では旧型に属する。

海辺、低地の立地条件も福島第一原発によく似ており、東日本大震災後、住民の不安は高まる一方だ。本社と静岡大の共同世論調査でも、静岡県民の九割が震災後、地震への不安を強めているとの結果が出た。地震への不安は、原発への不安でもあるはずだ。

c0139575_1045369.gif


心配は県民だけにはとどまらない。浜岡から東京までは百八十キロ。福島第一と東京との二百三十キロよりさらに近い。

c0139575_21261654.gif


もし、大地震で重大な破損が起きて大量に放射性物質が漏れ出た場合、半日で首都圏に達するとのシミュレーション結果もある。名古屋市までは百三十キロしかない。

福島第一原発の状況は、一進一退が続いている。国民全体がかたずをのんで見守りながら、不安と闘っていると言っていい。

経済産業省原子力安全・保安院は、すべての原発の安全対策見直しを求めている。浜岡では、即時停止を求める仮処分の申し立ても準備されている。そんな不安と不信の真っただ中、現在止まっている3号機の再開時期を示すのは、少なくとも拙速のそしりを免れない。二〇〇三年に炉心を覆う隔壁にひび割れが見つかるなど、3号機で起きた重大事故を思い出す人も多いに違いない。

真夏の電力需要を心配するのは当然だ。現状でも安全は確保されていて、緊急対策は安心のためだと中電側は言う。しかし、その安心が万全にはほど遠い。原発を動かすものとして、投資家よりも首都圏なども含めた住民の今の不安を解消するのが先である。

技術的な課題解決の道筋を全国民に説明し、今後電力をどうするか、省エネや自然エネルギーをどうするかをよく話し合う。今はその時期ではあるまいか。安心は、まだ見えてこない。このままでは、3号機を動かすべきではないはずだ。

++
中部・関東人もさっさと死にたくはないですわな。



「温暖化」対策は原子力
http://satehate.exblog.jp/13892272


人口削減狂想曲
http://satehate.exblog.jp/15444899

鳩山由紀夫首相は14日、首相官邸で開かれた温室効果ガスの25%削減に向けたイベントであいさつし、 「地球から見れば、人間がいなくなるのが一番優しい自然に戻るんだという思いも分かる」 と述べ、独特の世界観を披露した。


中国電力の原発計画を問う 2011年05月01日(日)
http://ameblo.jp/nijinokayaker/entry-10877939156.html


[PR]

by oninomae | 2011-04-29 18:36 | 放射能・ラジオハザード  

「ユダヤ教」とカバラについて by 小石泉

これも転載しておきたくなりました。

http://www.geocities.co.jp/technopolis-Mars/5614/ju11.html

ルネッサンスはユダヤ思想の産物

中世の崩壊を招いたルネッサンスはギリシャ・ローマのヒューマニズムの回復と言われていた。しかし、我々はもう一度このルネッサンスをユダヤ思想との係わりにおいて再評価すぺきであると思う。

四世紀末ロ-マ帝国は東西に分裂し、間もなく西ローマ帝国は東から来たフン族の影響によって移動してきた西ゴート族に圧迫されて移動し始めたゲルマン民族によって、大混乱に陥り、それを静めるために雇ったゲルマンの傭兵隊長オドアケルによってAD四七六年滅ぽされてしまった。その後、ゲルマン民族による群推雄割拠の時代を迦えるが、その中心として君臨したのがローマのカトリック教会であった。ローマ・カトリックがあの様な権力を振るう事が出来たのは強力な帝国が無かったからである。

一方、東ローマ帝国はフン族にもゲルマンにも影響されなかった。 ここにはギリシャの思想、とりわけ古代宗教、魔術、幾何学などの思想体系が熟成されていた(この思想体系全体を『古代秘儀の知識』Esoteric Knowledgeと呼んでいる)。

後世ビザンチン時代と呼ばれるようになった文化の発達したこの東ローマ帝国もやがて一四五三年、イスラムによって滅ぽされてしまう。この時、古くエジプトのアレキサンドリヤの図書館に起源を持つ蔵書(これは世界史上最大の図書館の一つであったがAD三八九年カトリック司教テオフィロスによって破壊された。その時持ち出されたものであろう)はイタリヤに移送された。もちろん同時に多くの『古代の秘儀』の知識を持つ学者や知識人も移動した

さらにスペインではフェルナンド[Fernando II]とイサベラ[Isabel I de Castilla]が結婚してスペインを完全なキリスト教国にしようと夢想したことによって、一四九三年(引用注:一四九二)ユダヤ人の追放命令が出た。ユダヤ人たちは主にオランダとイタリヤに逃げた。

この二つの民族移動と思想の流入がイタリヤにおいてルネッサンスの大きなファクターとなったのである。もともとビザンチンもスペインもその繁栄にユダヤ人の果たしていた役割は大きかった。実際、ユダヤ人は味方にしておくとその国は繁栄し、敵に回すとその国は衰える。これは聖書で予言されている神の祝福の原則である。これはユダヤ人が謀るというよりまさに必然的になって行くのである。

しかし、今日、世界支配を目指している一部ユダヤ人を同じレベルにして考えるべきではない。私は普通のユダヤ人と陰謀のユダヤ人をまったく別の言葉で呼ぶべきであると思う。 後者をコンスビラシー・ジュウとかウルトラ・ジュウとか。不思議なことにこれらのユダヤ人は中世暗黒時代の迫害や虐殺の嵐の中でも、宮廷ユダヤ人として自分の同砲の苦難もどこ吹く風、豪奢を極めた生活をしていたし、第二次世界大戦とナチス迫害のヨーロッパで、だれも手を触れる事のない豪邸に住んでいたのである。かと言って両者がまったく無関係であるとも言えないのだが・・・。

オランダ(引用注:イタリア)に逃げたユダヤ人によってフィレンツ・ルネッサンスが開かれた。ここから書く事をよく覚えてほしい。オランダとイタリヤの『古代の秘儀』の知識が「ロレーヌとガイスの家」に流れて行った。ロレーヌ地方の枢機卿チャールス・ガイス(又はギース)はマリー・ガイスの兄弟で、このマリー・ガイスがスコットランドのチャールス五世と結婚して生まれたのがメアリー女王[Mary Stuart, 1542-87]である。

c0139575_081084.jpg


表面的には熱心なカトリック教徒を装いながら、「ガイスとロレーヌの家」は『古代秘儀の知識』をスコットランドに拡げて行った。これを強力に助けたのがサー・ウイリアム・シンクレア[Sir William Sinclair]とスコットランドのフランス大使でありグラスゴーの大司教であったジェームス・バートン[James Burton]である。

『古代秘儀の知識』はアイルランドの前にイングランドに広まった。 ウエールズの著名な人物サー・ジョン・ディー[John Dee, 1527-1609] が『古代秘儀』を学ぶセンターを創設した。

c0139575_23455037.jpg


ジョン・ディーはメアリの後を継いだエリザベス女王一世の宮廷占星術師であり、有能な魔術師、医者、哲学者、錬金術師、カパリスト、数学者、科学者であり外交の密使であった。

c0139575_2346332.jpg


この典型的なルネッサンス人こそ、現代の「思索的なフリーメーソン」の土台である。彼は大陸の著名な大学で幾何学を教えた。サー・ジョン・ディーはプラトーの「宇宙の偉大な建築家」と言うアイデァを認識し、神聖な幾何学がこの「宇宙の偉大な建築家」の意思を知るための方法であると語った。ヘンリー・ビリングレーのユークリッドの著書の翻訳の序文に、ディーはプラトーを『神のようなプラトー』と呼んでいる。

*この「宇宙の偉大な建築家」と言う言葉はフリーメーソンやエホパの証人のラッセルが好んで用いる彼等の神の事でそれはソロモンの神殿の建築家ヒラムの事であり、それはまたルシファーの事であり、それはサタンの事であると言う事を前の本に書いた。

*ここに言う魔術とは日本で言う手品の進歩したものではなく、悪魔礼拝を伴うオカルト宗教である。また、幾何学、錬金術もほとんど同じである。

サー・ジョン・ディーはまた、エノキアン・マジックと呼ばれる魔術の創設者と信じられている。このエノキアン・マジックはフリーメーソンの最重要結社であるゴールデン・ドーンという結社と深く結び付いている。その名の由来は旧約聖書の創世記に出てくるエノクという人物から来ている。 AD一世紀のユダヤ人の歴史家ヨセフスはユダヤ人の一部がエノクを太陽神として信じていると書いている。エノクとはヘプル語で、高く上げられた者、又は教育された者という意味である(簡単に教師とも言う)。

創世記5:23~24には、「エノクの年は合わせて三六五歳であった。エノクは神とともに歩み、神が取られたのでいなくなった」と書かれているので、そこから三六五を太陽歴と合わせ、エノクだけが死なないで天に行ったと言うところから神にするのであろうか。実は旧約聖書には偽書とか外典とか呼ばれるものがあって、その中にエノク書と言うのがある。これが極めてオカルトチックなもので恐らくそこにこれらの発想の源泉があるのであろう。それは聖書とは何の関係もない空想物語である(この事については後述する)。

サージョン・ディーは、自分はイスラエルのダン部族の末裔だと信じていた(早い話が今日的な意味でユダヤ人)。さらにブルータスとも関係しトロイ人でもあった。その上さらにアーサー王の伝説とも堅く結ばれていると信じていた。こうなってくると勝手にやってくれと言いたくなるのだが、この男がエリザベスー世の後見人であり、エリザベスー世はアーサー王の末裔であり、ダン部族が建てたトロイ人の子孫で世界を支配する使命を帯びていると信じていたのだからただごとではない。  (引用注:ロンドンは「ニュー・トロイ」だった)

ディーはこのような信仰を女王に吹き込み、導いていたのだとフランシス・イエーツ[Frances Amelia Yates, 1899-1981]は彼の著書『アストラエア[Astraea : The Imperial Theme in the Sixteenth Century]』に書いている。

ディーは宇宙的な宗教のヴィジョンを持っていた。 そしてその影響下に当時のヨーロッパのクリスチャン(と呼んでいいとはおもえないが)の多くがカパリストとなりユダヤ教に改宗した。 (引用注:で、なんだか訳のわからない「ユダヤ人」が増えた)

またエールの伯爵(ロパート・ダッドリー[Robert Dudley, 1st Earl of Leicester, 1532-88])と

c0139575_114723.jpg

その隠し子フランシス・ベーコン[Francis Bacon]に深い影響を与えた。

c0139575_2359622.jpg


ピューリタンと言われ詩人であったエドモンド・スペンサー[Edmund Spenser]も彼の下に教えられたカバリストでありネオ・プラトニストである。

c0139575_003435.jpg


一六〇三年、ロレーヌのガイス家の子孫がイングランドの王ジェームスとなった。またディーの高弟ロバート・フラッドとフランンシス・ベーコンが薔薇十字団のチャンネルを通じて『古代秘儀の知識』を広めた。そしてジョーン・パレンタイン・アンドレアが薔薇十字団を守るためにロッジを創設する。このロッジがフリーメーソンに引き継がれて行く。

ここまで来ると読者は、ユダヤ教がまったく変質していることが明僚になった事であろう。 旧約聖書の片言隻句を取り上げて、主にプラトー、アリストテレスらのギリシャ哲学、古代エジプト、バビロニアの宗教、占星術、魔術などをミックスした極めてオカルト的な宗教に、それだけは馬鹿に強烈な選民意識を合わせたものがカバラ、変質したユダヤ教なのである。  (引用注:人が変わっても、こういった「伝統」というものは連綿と続いていると思います)



c0139575_0242115.jpg


c0139575_0243829.jpg



関連

イルミナティはNWOを進めるために米国を作り出した  By Henry Makow, Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/14301764/

c0139575_045329.gif

c0139575_0451754.jpg


c0139575_048976.jpg


黒い貴族 デーヴィッド・アイク「最大の秘密」よりの抜粋
http://satehate.exblog.jp/8022382/

チャーチル-ハリマン一族は血族である。

・・・ハリマン一族として、パメラがブラザーフッドの「民主主義」陣営を代表し、他方では、ハリマンの側近でビジネスパートナーであるブッシュ一族が「共和主義」陣営を代表する。

両者ともに、他のすべての国々と同様合衆国が 1党国家であることを確実にするため、同じご主人様に仕えている。


アジア秘儀に由来するシオ二ズム
http://satehate.exblog.jp/12515875

ゴードン卿はロンドン塔から解放された後、カバラ主義ユダヤ教に改宗し、名もイスラエル・べン・アフラハム[Yisrael bar Avraham Gordon]という名に改めてオランダに再びその姿を現わした。

c0139575_22562449.jpg

別の人間になりかわったゴードン卿は、ルイ十六世末期のフランスで活動し、フランス人の魔術師やフリーメーソンの手先であったメスマー[Franz Anton Mesmer, 1733-1815]とともにマリー・アントワネットの中心的オカルト・アドバイザーとなった。

アメリ力に渡ったフリーメーソン&ブナイ・ブリスの創設 + 通貨を取り戻せ!
http://satehate.exblog.jp/12525216

アメリ力解体の目論みと秘密結社
http://satehate.exblog.jp/12535374

連邦解体の陰謀 + 人類解体の陰謀
http://satehate.exblog.jp/12549288


「911」にこだわる菅直人政権とマスゴミ:メディアの真実 2010-07-24 15:45
http://quasimoto.exblog.jp/12994814

いずれにせよ、先週の「龍馬伝」で、若い野心家グラバーが同じイギリス人に「もうすぐイギリスに征服されることも知らずに、日本人とは馬鹿な国民だ」と話す場面があったが、今の日本人も似たようなものでしょうナ。


かつて、そして現在まで常に、2つの一般的類型のユダヤ人達がいた
http://satehate.exblog.jp/8011960/


これ参照

c0139575_2225381.jpg

イスタンブールのとあるFreemasonry(秘密結社)で見つかった1582年印刷のDouai Rheim 新訳聖書の原本。恐らく13世紀の異端尋問を受けた隠れマラーノたちがキリスト教への復讐を誓ってゾハールを参考に何らかの手が加えられたと個人的には考えている。




8.8 in JAPAN JUST NOW! march 11 1239am CST- YELLOWSTONE ALERT!
http://www.youtube.com/watch?v=0EzNRm-_ejA&feature=player_embedded



風知草:「原発への警鐘」再び=山田孝男
http://mainichi.jp/select/seiji/fuchisou/

先週、浜岡原発を止めてもらいたいと書いたが、止まる気配はない。あらためて警鐘を鳴らさなければならない。そう考えていた折、30年来、原発への警鐘を打ち鳴らし続けてきた経済評論家、内橋克人(かつと)(78)の話を聞く機会を得た。

神戸新聞の経済記者からフリーに転じて44年。モノづくりの現場を歩いた豊富な取材経験に基づき、経済技術大国・日本の過信と、現代資本主義の人間疎外を鋭く問う評論活動に定評がある。NHKテレビ「クローズアップ現代」で登場回数最多の常連解説者と言ったほうが通りがいいだろうか。

この人は米スリーマイル島原発事故(79年)後の84年、週刊現代の連載ルポをベースに講談社から「日本エネルギー戦争の現場」を出版した。どのくらい読まれたか記録がないが、旧ソ連のチェルノブイリ原発事故(86年)直後に「原発への警鐘」と改題して文庫化。これは5万3000部売れた。

やがて地球温暖化防止と原発ルネサンスの20年が訪れ、労作は忘れられる。が、3・11を経て先週、一部復刻版「日本の原発、どこで間違えたのか」(朝日新聞出版)が出た。福島第1原発ルポに始まり、このままでは亡国に至ると結ぶ原著には予言書の趣がある。
 
内橋はこう言っている。原発安全神話には根拠がない。原発推進の是非が国会やメディアを通じ、文字通り国民的議論に付されたためしがない。あくなき利益追求という経済構造に支配されているのが実態だ。その危うさを問うべき学者も、メディアも、利益構造の中に埋没している。その現実が、地震と津波であらわになったというのが内橋の確信である。

原発は維持拡大か、縮小廃止か。世論は割れている。毎日新聞の調査(18日朝刊)では「原発依存は、やむを得ない」が40%。「原発は減らすべきだ」が41%で「全廃すべきだ」は13%だった。「原発は今後どうしたらよいか」と聞いた朝日新聞の調査(同)では、「増やす」5%、「現状程度」51%、「減らす」30%、「やめる」11%という分布になった。 (引用注:「世論調査」はもともと

日本は二つの領域に分断された。引き続き原発依存型の経済成長と繁栄を求める人々の日本と、今度という今度はそこから脱却しなければならないと考える人々の日本に。

この亀裂を埋め、まとめるのは政府の役割のはずだが、国策の根幹に斬り込む議論を寡聞にして知らない。福島の制御と三陸の復興に忙殺されているのは分かるが、首都圏や東海地方に第2撃の巨大地震が来ないと言えるか。来てもマグニチュード7程度という中央防災会議の想定内と言えるか。

内橋は、「原発への警鐘」の終盤で、第二次大戦の敗因を分析した戦争史家の文章から以下を引用している。

「有利な情報に耳を傾け、不利な情報は無視する(日本政府固有の)悪癖に由来するが、日本的な意思決定方式の欠陥を暴露したものであろう。会して議せず、議して決せず……。意思決定が遅く、一度決定すると容易に変更できない。変化の激しい戦争には最悪の方式で、常に手遅れを繰り返し、ついに命取りになった……」
 
日本には現在、54基の原発があり、総電力供給量の3割を賄っている。2030年までに14基増やし、原発依存率を5割にあげるという政府のエネルギー基本計画は妥当か。大胆な議論に期待する。(敬称略)(毎週月曜日掲載)

++
原子炉は黒魔術です



c0139575_383189.jpg

c0139575_2455665.jpg

c0139575_375147.jpg

c0139575_721610.jpg

c0139575_342548.jpg

[PR]

by oninomae | 2011-04-28 00:01 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

日本政府の怪

http://satehate.exblog.jp/16224055/ ここで、何度も何度も「なぜ・・・」が出てくるので、以下を載せておきたくなりました。

日光屋敷の怪

昭和の初めのことである。春の穏やかな日の朝、ある友人が、二人づれの外人とボートで横浜港の水際から沖に向かって漕ぎ出していくのを遠目に見ている青年がいた。翌日、一人の若い男の死体を乗せたボートが沖に漂っていたことが報道された。

警察当局が、その男の死因を捜査したかどうかは不明であるが、何らかの有力な筋からの証言があったとかで、この男の死は自殺として処理されたのである。

死体で見つかったこの男は、第三国の諜報網に属していた貿易商社の社員であった。その商社は、第三国人であった先代の社主の死後、先代の現地妻と組織、財産とを受け継いだ日本人が経営しているものであった。

自殺と断定されたこの男の死について、彼が外人二人とともにボートを漕いでいくのを遠目に眺めていた青年は、この死を暗殺と断じ、日本を狙う第三国の陰謀と対決する決意をして、その対日諜報ルートを辿っていった。すると、謀略本拠と見られるものが、フリーメイソンの集会所であることを知った。それが横浜の根岸不動坂にあった通称「日光屋敷」である。日光屋敷とはサンシャイン屋敷のことだ。サンシャインという名称はユダヤのものに多い名である。三越デパートのライオン像に類似のものが、その外部に取り付けられてあった。日光屋敷は後年フリーメイソンロッジと明示して移築されているが、昔はフリーメイソンロッジとは言わず、「ユダヤの寺」と呼ばれていた。メイソンロッジをユダヤの寺といっていたということは、とりもなおさず世人がフリーメイソン結社がユダヤのものであることを肌で感じていたということであろう。

日本人はフリーメーソンリーには入らないことになっていたが、ユダヤの寺に出入りする政・財界人の数は相当多かった。例えば大隈重信内閣時の総選挙に当選した小山東助などもそうである。小山には第三国から政治その他の目的の資金が流れてきていた。英国資本の精糖会社に現物の砂糖で届く仕組みになっており、日本のための政治ではなく、第三国のための政治に動くようになっていたのである

第三国からの工作資金はいろいろなルートで入っていた。キリスト教信者の婦女たちの団体「矯風会」の手で右翼や左翼に撒かれた資金は、張学良の手を経て米国共産党から送られてきた対日赤化の工作費であった。同系のルートで中国から送られ、東京・芝浦の岸壁に荷揚げされて放置されていた古竹が、いつの間にか運び去られるという仕掛けであったが、それは代議士の葉梨新五郎に送られてくるものであった。

米国が将来の対日戦準備のため、日本の満州における重工業である鞍山の製鉄事業を、米国から屑鉄を送るからよいではないかと、平生釟三郎によって挫折させたことがある。その屑鉄の一部を、岩手財界の水沢ルートを通じて鶴見祐輔代議士に流し、鶴見はそれを親米工作の資金として選挙のたびごとにばら撒いていた。日比谷・内幸町の幸ビル三階にあった「太平洋協会」の運営費でもあったのである。太平洋協会は、ロックフェラーの命令で「太平洋問題調査会」の事務を取り扱ってもいた。

平生釟三郎を手先に使った鞍山製鉄計画阻止の工作は、日本の主食増産阻止を狙った減反政策と同じ目的でなされたもので、対日戦争準備からでた米国の対日謀略の一つであった。この減反政策の計画者は、終戦直前に大審院の特別公判に附されていた和田博雄であった。和田は終戦後、米国の手助けをした論功行賞で閣僚の椅子を与えられた。

「ユダヤ」の寺フリーメーソン・ロッジは、英国の世界支配戦略の橋頭堡として建てられたものであるから、建物の外形は独立したロッジそのものでもよいし、学校やアパートでもよかった。三越デパートや銀座の教文館、巣鴨の聖学院と聖公会の教会などは、いずれもフリーメーソンの集会場所と名指しされていた。

c0139575_0271055.jpg


ことに聖公会などは、儀礼に着用する服飾までフリーメーソンのもののそっくりさんとみてもよい。それもそのはず、イギリス外務省情報部の予算の多くは、英国国教会すなわち聖公会から回される仕組みになっていた。キリスト教会の賽銭からスパイの活動資金が出されているのだという。それは英国の女王が聖公会のボスになっているからだといわれている。女王陛下のスパイと呼ばれるのは、イギリスの秘密諜報部員のこととなっていた。英国では聖公会会員の人間しか、エシュタブリッシュメントにはなれないという階級制度があるそうである。

アメリカのエシュタブリッシュメントを生み出しているハーバード大学も、イングランド・チャーチが主流だそうで、女王のお庭番的な英国外務省秘密情報部員、そのエリートは世襲制といわれ、かならず下級貴族といい、医師・弁護士・大学教授の正業をもっていたとのことである。

これら世界支配の英国諜報網とユダヤの金権情報網とが合流したユダヤ・フリーメーソンは、日本の政・財・経・軍の機密の大略を入手していた。それはフリーメーソン網と、その外郭諜報機関であるロータリー・クラブからの報告によるものであった。そしてそれらの情報の分析基地の一つは、上海に本拠を置くユダヤ・サッスーン財閥であった。日銀内部の資料が正確に報告されていることを知った日本人の口から「日本銀行の中にはユダヤ特別室がある」とまで噂されていたほどである。

c0139575_0152267.jpg


これら日本の政治が第三国の意のままに動き、日本の当路の者たちが外国の手先となってしまっている現状を黙視できず、心ある人々が、日本人自らの手によって、日本のためのまつりごとを行うために政権を握らねばならぬとして行動を起こしたのが錦旗革命事件なのである。

c0139575_2319296.jpg

++
「占領前」(というか半占領時)にこんな状態だったとすれば、占領後はどんなものでしょうか?


関連

ユダヤは日本に何をしたか 渡部悌治
http://ameblo.jp/ootadoragonsato/day-20110107.html

c0139575_0155520.jpg

c0139575_0161097.jpg

c0139575_2321345.jpg


イギリス型議院内閣制 2009年6月 2日 18:45 :      
http://www.n-kan.jp/2009/06/post-1917.php

鳩山代表の指示で今月6日から11日まで「イギリス型議院内閣制」の調査に出かけることになった。この問題に詳しい古川元久代議士と民主党のスタッフの鈴木賢一君が同行してくれる。イギリスでは下院で多数を占めた党が政権党として自分たちのリーダーを総理にし、内閣を作る。政権党がそのまま内閣になるといってもよい。日本のように大臣だけ与党から出し、すべてを官僚がお膳立てする「官僚内閣制」とは大きく異なる。自民党の中にもイギリス型の内閣が望ましいと思っている政治家は結構いるはず。


菅代表代行、英国視察 古川衆院議員とロンドンで会見 2009/06/10
http://www.dpj.or.jp/news/?num=16222

c0139575_23404342.jpg

c0139575_23385822.jpg
 

菅直人代表代行は10日、政官関係や内閣のあり方などを調査するため訪問している英国ロンドン市内において、同行した古川元久衆議院議員とともに今回の調査について記者会見を行った。

調査目的について菅代表代行は「民主党が政権を担った場合、官僚主導から政治主導の内閣にどのように変えていくのかを調査すること」にあったと述べた。6日から10日までの滞在期間中、現職閣僚、元副首相ら政治家、議会、役所、学者などと幅広く意見交換ができ、「かなりいろいろなことが明らかになった」と調査を振り返った。

最も印象に残ったこととして、官僚の政治的中立性が厳格に守られていること、それを原理原則とする政官の行動を指摘するとともに、その官僚の政治的中立性が日本の政官の行動との根本的な違いにつながっていると分析した。

また、英国では総選挙の1年半前から野党「影の内閣」閣僚が担当する省庁の事務次官と正式に協議することが認められ、政権交代後でも即座に政策が実行に移されるよう準備していると説明。その協議内容について官僚は、政治的中立性を保持するため、上司である自省の大臣にさえ機密にすることが制度化されていると紹介。日本においても政権準備に向け、民主党と各省事務次官との協議について政府への申し入れを検討していく考えを示した。

英国滞在中の主な会談者は次の通り。ジョン・プレスコット副首相、ニック・ブラウン下院院内幹事長(閣僚)、フランシス・モード影の内閣府担当大臣、ジェレミー・ハント影の文化・メディア・スポーツ大臣、マイク・ゲイプス下院外交委員長、ジョン・マクフォール下院財務委員長、日英21世紀委員会委員、元首相官邸広報室次長、元首相官邸政策アドバーザーなど。



首相の後任者は菅直人氏か?-英国のアナリスト 2010年06月04日(金) 09:04
http://news.searchina.ne.jp/disp_iphone.cgi?y=2010&d=0604&f=politics_0604_002.shtml

鳩山由紀夫首相は2日、民主党の両院議員総会で辞任を表明したことに対し、世界のアナリストたちは、菅直人財務相が次の首相になるかもしれないと推測している。中国網日本語版(チャイナネット)が伝えた。

英ロイター通信は2日、鳩山首相はずっと「歓迎されない」首相であり、7月11日に行われる参議院選挙での勝算を高めるため、民主党内で鳩山首相を辞任させる声が強まっていたと報じた。アナリストたちは、菅直人財務相が次の首相になる可能性が高いと推測する。(編集担当:米原裕子)


菅首相:ブレア元英首相が激励電話
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20100828k0000m010129000c.html 

c0139575_014550.jpg


菅直人首相は27日夜、英国のブレア元首相と電話協議した。 ブレア氏は「首相の経験から変革は困難だと実感したが、絶対に変革は必要だ」と指摘した上で、 「今後いつでも助言する用意がある」と激励。 民主党代表選で小沢一郎前幹事長と対決する首相にとって心強い電話協議となった。

協議はブレア氏側からの申し出で行われた。 首相は、ブレア氏が市場原理主義や産業国有化ではない「第三の道」を唱えたことに触れ、 「自分も『第三の道』を唱え、国内経済で『雇用(創出)』『雇用』と主張している」と応じた。

c0139575_011377.jpg


首相は野党時代から2大政党による政権交代のモデルに英国を挙げており、98年には英首相として来日したブレア氏と面会している。【田中成之】


菅総理とキャメロン英国首相との電話会談 平成23年3月24日
http://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/s_kan/uk_1103.html

c0139575_2353385.jpg


本24日(木曜日),午後4時10分から約15分間,菅直人総理大臣は,先方の発意により,キャメロン英国首相(The Rt. Hon. David Cameron, Prime Minister of the United Kingdom)との間で,電話会談を行ったところ,概要は以下のとおりです。

1.キャメロン首相から,英国国民を代表して,心からのお見舞いの気持ちと,今回の一連の出来事に対して日本人が示している強靱で立派な対応に心から敬意を表したい,貴国が必要とする支援があれば何でも遠慮無く言って頂きたい, 先日(3月22日(火曜日)午前(現地時間)),在ロンドンの日本大使館を訪問し記帳させて頂いた旨述べました。

2.これに対して,菅総理より,お見舞いの言葉,大使館を訪問しての記帳,救援隊派遣等の英国からの支援に対して,日本国民を代表して謝意を述べた上で,被災者支援及び福島第一原子力発電所の状況につき説明しました。

3.これに対してキャメロン首相から,最新状況に関する説明を多とする,これから自分はブリュッセルで開催される欧州理事会に出席するが,その場で日本に対する連帯を欧州各国の首脳に訴える,国難に敢然と立ち向かう菅総理の指導力と姿勢に対して敬意を表する旨述べました。

c0139575_23541414.jpg


4.最後に,双方から,5月下旬にフランスで開催されるG8サミットでの再会を楽しみにしている旨述べて,電話会談を終えました。



人口削減狂想曲
http://satehate.exblog.jp/15444899

#11) エジンバラ公フィリップ王子[Prince Phillip, the Duke of Edinburgh]

c0139575_2051919.jpg

「もし私が生まれ変われるのなら、人口母集団レベルを低下させる殺人ウィルスとして地球に戻りたい」。

ヘッセン大公国

・・・第2代大公ルートヴィヒ2世の四男アレクサンダーとその妻ユリア・ハウケの子供たちはヘッセン家から分かれ、両親の隠遁地バッテンベルクにちなみバッテンベルク家となった。バッテンベルク家はヨーロッパ各国の王家と結婚により結ばれている。連合王国(イギリス)へ移ったルイスは家名をバッテンバーグ家、そして、マウントバッテン家と改め、娘アリスの長男はエリザベス2世の王配フィリップである。連合王国(イギリス)では1960年に女王とフィリップの間の子孫はマウントバッテン=ウィンザー家(Mountbatten-Windsor)とする勅令が出ている。

勝者が歴史の本を書く:無視された英帝国によるホロコースト by David Rothscum
http://satehate.exblog.jp/15354976

その秘密結社の目的は、この惑星の残りの多くを英国が植民地化するために準備することであった。

彼(セシル・ローズ)は書いた:

「一つの秘密結社の確立、推進、そして発展にとって、その真の狙い・目的は、世界中での英国の支配の拡張のためにあるだろうそれは、連合王国からの移民のシステムとすべての土地の英臣民による植民地化を完成させるものであるそれらの土地では、生活の手段は、エネルギー、労働、そして企業によって達成できる。そしてそれは、とりわけ、アフリカ大陸全土、聖地、ユーフラテス川の渓谷、キプロス・カンディア諸島、南米全体、以前は大英帝国によって所有されていなかった太平洋諸島、マレー群島、中国、日本の海岸線(沿岸)の英植民者たちによる占領英帝国の統合された一部としての米合衆国の根本的な回復帝国の支離滅裂なメンバーたちを結合溶接することに気を配るだろう帝国議会での植民地代表のシステム*1の創立そして最終的に、戦争を不可能にし、そして人類*2の最善の利益を促進するような偉大な一つの権力の樹立によって達成できる。

フリーメーソン団:人類の死への願望  by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12055304

ワクチンによる虐殺は、もはや単なる理論ではない by David Rothscum 2
http://satehate.exblog.jp/16014573

c0139575_024941.jpg

c0139575_022931.gif


「ユダヤ人の」陰謀は英帝国主義である by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/11972776

c0139575_0163442.jpg


ユダヤ資本の帝国主義 by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12030247

ロスチャイルドは「赤い交響曲」を指揮する。by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/10800240

共産主義とNWO :ウォール・ストリートのユートピア詐欺 By Henry Makow Ph.D. http://satehate.exblog.jp/10630063

新世界秩序(NWO) :カバリストユダヤ人の暴政への前線  By Henry Makow Ph.D.http://satehate.exblog.jp/11572851

c0139575_023195.jpg

広島はなぜ破壊されたか by Eustace C. Mullins その1
http://satehate.exblog.jp/15556259/

c0139575_136347.jpg


311M9の巨大地震の音:やはりアレか?
http://quasimoto.exblog.jp/14672938/



c0139575_4501728.jpg


c0139575_1421656.jpg

c0139575_137476.jpg

c0139575_1533253.jpg

c0139575_2315065.jpg

c0139575_2263348.jpg

c0139575_2283965.jpg


c0139575_2224518.jpg


c0139575_2173450.jpg

c0139575_2161842.jpg

c0139575_3552951.jpg


c0139575_0273125.jpg



こどもは特に放射能に敏感であるのに、そういう基準を押し付けるやり方がなぜ許されるのか分からない・・・


ですから今こそ皆さんの「気」が重要なのです。それを発信するということ。

毎日次の言葉を気合を入れて一日の終わりに念じてください。口に出す必要はありません。

 「Black Magic Go to Hell,We shall overcome」と。「黒魔術野朗地獄へ落ちろ。我々は負けない。」これで充分です。皆さんは真の光なのですから。

 闇は真の光に対抗するために、光を偽装して戦力を集めようとする。しかし、見極める目を養えば、真の光と、光を偽装する闇とを区別することは可能である。



c0139575_2582833.jpg

c0139575_2585783.jpg

[PR]

by oninomae | 2011-04-26 23:09 | 政治詐欺・政治紛争  

東京湾で『不発弾処理』?

一応メモ


え、東京湾で『不発弾処理』ですって?なんの?東京人工地震用の核爆弾ですか? 作成日時 :2011/04/25 13:14
http://richardkoshimizu.at.webry.info/201104/article_147.html

え、東京湾で『不発弾処理』ですって?なんの?東京大人工地震用の核爆弾ですか?不発弾処理の名目で、海底核爆発の痕跡の隠蔽ですか?あ、いやいや、冗談です。

東京湾海上交通センターより

■不発弾爆破処理に伴う交通制限情報(11.04.22)

平成23年4月26日(火)8時00分から15時15分までの間、第二海堡南東海域において不発弾の爆破処理を実施します。
これに伴い交通制限を実施します。

平成23年4月26日(火)10時30分から爆破処理終了後、安全が確認されるまで(15時15分予定)の間  
予備日、平成23年4月27日(水)、28日(木)同時刻
区域: 不発弾処理位置(北緯35度18分24.1秒 東経139度45分5.6秒)を中心とする半径300メートル以内の海域
制限事項: 交通制限区域内の航行及び停泊禁止
備考: 交通制限区域周囲には警戒船5隻のほか、巡視船艇が配備されます。 

千葉県により爆破処理位置を中心とする半径3000メートル内の潜水、遊泳の自粛要請がなされます。

京浜港横浜区第3区のYL3錨地内に存在する捨錨鎖の揚収作業が実施されます。
作業日時平成23年4月26日(火)~28日(木)(日出~日没)
(予備日平成23年4月29日(金)~5月31日(火)(同時刻))
概略位置  横浜シーバースから約169度 2,444メートル
北緯35度25分54.10秒 東経139度43分58.95秒
作業船クレーン台船(1隻)、曳船(1隻)、平台船(1隻)、揚錨船(1隻)、警戒船(1隻)
標  識  概略位置付近に簡易標識灯(黄色、4秒1閃光)が、作業前に設置されます。

■情報提供業務の一時休止情報[予告](11.04.20)
4月28日02:30~03:30の間、回線切替工事に伴い、石廊埼AIS(船舶自動識別装置)局からの情報提供業務を一時休止します。
人口時針
2011/04/25 11:00



関連

緊急・安全情報 更新: 4月 25日 11時 25分  東京湾海上交通センター
http://www6.kaiho.mlit.go.jp/tokyowan/kinkyu/text.htm

c0139575_2092487.jpg



2. 工事情報・交通制限
http://www.toukaibou.or.jp/front/bin/ptlist.phtml?Category=2859



日本人の知らないニッポン

http://www.thinker-japan.com/thinkwar.html


c0139575_20205363.jpg



c0139575_2034251.jpg


c0139575_20344235.jpg


c0139575_20345863.jpg




http://quasimoto.exblog.jp/14666234/#14666234_1

・・・地震や噴火の際に地下から青白い強烈な発光現象が起きるのはどこか不自然である。なぜなら、今のところ、青白い発光を伴う爆弾と言えば、水爆しかないからである。



これによると、どうやらその青白い光の正体はX線らしい。水爆が最初に爆発すると強烈なX線が発せられ、それが空気中の酸素に当たり酸素が青白く発光する。




++
この場合は、「ショートによるアーク放電」と言うのは、無理ですよね。まあ、自然の地下水爆というのもあるのかもしれませんが。


http://www.qsr.mlit.go.jp/osumi/sivsc/home/03kazanto/03-3-101.html

http://www.qsr.mlit.go.jp/osumi/sivsc/home/03kazanto/03img/3-102photo/03-3-102.html

c0139575_21422232.jpg



「ダモクレスの剣 その4」
  
・・・疲れるのはこっちの方だ。事前に地震関連株で儲けた奴は祝杯を上げていたんだよ。株屋に強制捜査に入れば誰が人工地震やったかすぐ分かるだろうに。どこの誰もしないんだよ。

『イギリスとドイツは壷の中の二つの豆のようにマインドコントロールを分け合った。彼らの兄弟団は(アドルフ・シュタイナー[Rudolf Steiner]<ドイツ>とウイン・ウエスコット[William Wynn Westcott]<英国>を軸とする)黄金の夜明け結社(Order of Golden Dawn)と黄金の曙ヘルメス教団[Hermetic Order of the Golden Dawn]を通してこれらの二つの団を結合させた。この秘密結社は多くのナチス党員とイギリス貴族社会を構成した。この秘密結社こそが黒魔術(サタン)なのである。それも神の名を借りた高等魔術なのです。100%の人が引っかかるというもの。これでバフォメットの意味が分かったでしょ。



投稿者:tatsujin
2011/4/25 20:40
>管理人さんは、サタニズムだとか闇の勢力だとか書かれてますが、これらは実際にいると思ってるのでしょうか?

お前は莫迦か!!
投稿者:tatsujin
2011/4/25 20:38


・・・

(管理人注:)完全にやる気なくなったよ。お前のせいで。





おまけ

http://iodp.tamu.edu/scienceops/maps/iodp_odp_dsdp.gif

c0139575_1115026.gif

c0139575_114516.gif

c0139575_112150.jpg

こちらも、こんなに「活躍」していました。 神戸のは載せていないのがせこい。

c0139575_1113492.jpg

(コメントいただいた、六角堂と666レンズを載せてみました)


追加の電源装置、冷却機能に懸念 9社の原発ともんじゅ 2011/04/26 00:20 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201104/CN2011042501000984.html

東京電力福島第1原発事故を受け、外部電源と非常用発電機の全ての電源が断たれた場合に備え配備した電源車や発電機について、電力9社などでは、原発で原子炉を安定した停止状態にすることはできないことが25日、電力会社などへの取材で分かった。

容量が小さく、原子炉を冷却する装置を一部しか動かせないのが理由。地震後の福島第1原発と同様に、非常用発電機が使えない場合には代替電源がないという状況は事実上、改善されていない。経済産業省原子力安全・保安院は、電源車配備などを緊急安全対策の一つに位置付けているが、こうした状態での運転継続は議論を呼びそうだ。

原発を所有する電力10社と、高速増殖炉もんじゅ(福井県)を持つ日本原子力研究開発機構によると、事故後に電源車や可搬式発電機を原発に配備した。だがこうした電源で動かせるのは計器類や小規模の注水装置だけで「非常用発電機のバックアップとは言えない」(電力関係者)という

東京電力だけは、柏崎刈羽原発(新潟県)に配備した4500キロワット1台、500キロワット4台の電源車などで運転中の4基の冷却が可能だとしている。

日本原子力発電によると、敦賀原発2号機(116万キロワット、福井県)の安全な冷却には約3500キロワットが必要だが、配備したのは220キロワットと800キロワットの電源車1台ずつ。1825キロワットの電源車3台を手配したが、配備は「来年3月ごろまでに」としている。敦賀1号機では220キロワットを1台配備、800キロワットと1825キロワット1台ずつを手配した。

中部電力は東海地震の震源域にある浜岡原発(静岡県)で、廃炉手続き中の2基を含む5基に追加対策。現在ある非常用発電機に加え、津波の影響を受けないように海抜約14~30メートルの原子炉建屋屋上などに新たにディーゼル発電機計9台を設置したが、容量が小さいため、さらに敷地内の高台にガスタービン発電機3台を配備する。

北海道電力は、泊原発に3200キロワットの電源車1台を配備したが、1~3号機共用で3基の原子炉を安定的な停止状態にするには容量が十分でないため、2年以内をめどに1台追加するという。

ガスタービン発電機の設置などで十分な大容量電源が確保できるのは「2012年度初め」(九州電力)、「2年程度」(北陸電力)と比較的時間がかかる施設と、秋―年内という東北電力東通原発(青森県)、日本原電東海第2原発(茨城県)、関西電力、中国電力、「速やかに」(四国電力、原子力機構)などに分かれている。

++
何にせよ、ウイルスでやられ、地震で配管破断するので、どうにもなりません。
[PR]

by oninomae | 2011-04-25 20:10 | 放射能・ラジオハザード  

21世紀のアジェンダ by たんぽぽ日記 +

21世紀のアジェンダ 2011年04月23日
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/10105315.html

前略

ここのところ、何回かブログの書き始めの記事に触れてきたが、つくづく私の予測はあたってしまったのだなと、落ち込んでいる状態である。

それは、「黄金の林檎」「サライ」そして「オデュッセイア」についてである。

オデユッセイアは、古代ギリシャの吟遊詩人ホメロスによって語り継がれた大叙事詩とされている。一般的には、日本人も名前をよく知っているアキレウスが登場する、トロイ戦争の「イーリアス」のほうが有名だと思うが、西洋エリートにとって真の英雄は、アキレウスではなく、オデッセウス[Odysseus]の方なのだ。 (He is most famous for the ten eventful years he took to return home after the ten-year Trojan War and his famous Trojan Horse trick. 原子炉はトロイの木馬なんですよね)

c0139575_5201170.jpg


アキレウスは戦争能力では明らかにオデッセウスより強い、だが、智略に長け、唯一生き残り、莫大は戦利品を手に入れたオデッセウスこそ、西洋エリートのお手本とされている。

はるか3千年以上も昔、古代ギリシャの半神話が、現在も政治や経済を支配する人びとの心を捉えて離さない。

私たち一般人とは違う、人間を食物にして生きる人びとの思想をかいま見ることができる。

私は、「オデユッセイア」はホメロスの作品ではないと考えている。なぜなら、明らかに「イーリアス」とは作風が違うからだ。

トロイアでの戦闘を描いたイーリアスは、まさに「戦記」と呼ぶに相応しく、堂々としていて、ホメロスの精神の宿りを感じさせる。

対して、「オデユッセウス」であるが、こちらの方は、世界の最古の本格的な空想小説であると思われる。

実際、オデッセウスの実在は信用できるが、オデユッセイアに登場してくる、一つ目巨人キュプロクスに仲間が食われてしまう様子や、キルケによって部下が豚に変えられてしまったりと、(千と千尋の神隠しで使われた)どれもこれも作り話に満ちている。

それもそのはずで、この作り話は、オデユッセウスが仲間を殺して戦利品を独り占めするために、でっち上げたつくり話なのである。

それを西洋人は、「偉大なる知恵」として現代まで語り継いできたわけだ。

コロンブスが西インド諸島までやってきて、「我々は天から来た」といったのも、こうした西洋の人を騙すという、連綿と続く哲学思想の裏打ちがあるからだ。

最近では、ブッシュ政権がこの「オデユッセイア」のテクニックを使い、世界中の人びとを騙して戦争を開始した。

彼らによれば、「騙されるほうが悪く、上手く騙す事ができる者は、神にも等しい存在」なのである。

現にオデユッセイアでも、オデユッセウスひとりだけは、最高神であるゼウスに並ぶ智恵者として賞賛されている。

日本人は世界一のお人よし、私はそうした日本人が好きだが、弱肉強食の世界で生き残ってゆくためには、西洋思想の根本である、「オデユッセイア」の本質を知らなければ、いつまでも騙され、そしてしまいには滅ぼされてしまうであろう。

皆さんも、「オデユッセイア」は一読したほうが良い、岩波文庫版であれば、値段も非常に安い。上下巻で2千円もしない。それに、堅い文章のイーリアスよりはるかに読みやすいので、(作品として褒めているわけではない)女性でも読めると思う。ナウシカも登場することだし。 (引用注:まあ、そういうことですよ)

c0139575_529915.jpg


作品として楽しんで読めばよいのだが、読み終わった後に、なぜオデッセウスが真の英雄として語り継がれてきたのか、そしてもし、イーリアスも読む機会に恵まれれば、なぜ、あの有名なアキレウスがオデユッセスのように、賢い英雄とされなかったのかが理解できるようになるだろう。

その時は、あなたも西洋思想の深層海流として脈々と流れ続けている、「世界の真理」をしることだろう。

始めの一歩を踏み出さなければ、いつまでも本質を知らずに、ただ非難するだけで終わってしまう。

彼らの支配を打ち破る第一歩は、彼らが何を考え、何をやろうとしているかを読むことから始まる。

そして知ることによって、私たちの行動も決まる


数千年もかけて、慎重かつ大胆に築き上げられた支配体制であるから、私たち一代で突き崩すことはできないかも知れない。

だが、私はことわざや言い伝えというものが、実現可能であることを信じている。「蟻の穴からダムも崩れる」のである

実際、世界のすべての権力を握る彼らには、油断もあるのである。

それこそ、彼らが聖書の神からきつく戒められているものでもあるのだが、私は彼らの驕りから、この「油断によって彼らの支配体制が破断するだろう」という、未来に起こる現実を予言する。

それは必ず起こる、彼らが最も恐れている出来事でもある。

その時、彼らはすべてを失うであろう。それは古代でも起こった、神殿の崩壊が証明している。

そのために私は彼らの行いを伝え続ける。彼らが何をやっているかをよく知っている、世界の政治家や経営者、マスコミや学者たちが真実を伝えないからである。

今回の原発事故で、やっと日の目を見た京都大学の熊取6人衆のように、真実を伝えるものは迫害され、平気で嘘をつく学者が金をもらって出世してゆく。またテレビ局もそうした偽りのスポットライトをあてられた教授たちを使って、「放射能は安全説」を振りまいている。

それらはすべて嘘である。


たとえ東大の教授であっても、まだ私のいっている事の方が、はるかに正しいのだ。

私は原発や放射能が危険であると、地震が起こる遥か前からいい続けてきた。

それに対し、彼らは原発が安全であるといい続け、事故が起こると、今度は放射能が安全だと言い出した。それも、これも、彼らが東電などから巨額の資金を受け取り、政府の意向に沿った主張を続けてきたからである。

熊取6人衆のように、言ってはいけない事を口に出す人々は、定年退職するまで教授はおろか、助手のまま使われるだけなのだ。


プルサーマル公開討論会日付:平成17年12月25日

原子力安全研究グループ
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/index.html

第110回原子力安全問題ゼミ2011年3月18日(金) 京都大学原子炉実験所 小出裕章
http://www.rri.kyoto-u.ac.jp/NSRG/seminar/No110/20110318koide.pdf

【大切な人に伝えてください】小出裕章さん『隠される原子力』

c0139575_63731100.jpg



++
この人の歴史観はとても優れていると思います。


おまけ

c0139575_5272413.jpg

c0139575_5273636.jpg

c0139575_5275014.jpg

c0139575_528523.jpg


c0139575_5305551.jpg

c0139575_5312432.jpg

c0139575_6132328.jpg

まだわからないですって? まさかね。 わたしゃ、疲れてきましたヨ。

http://www.asyura2.com/11/genpatu9/msg/797.html

--実はこの最終原稿を書いている最中の2010年6月17日に、東京電力の福島第一原発二号機で、電源喪失事故が起こり、あわやメルトダウンに突入かという重大事故が発生したのだ。日本のマスコミは、20年前であれば、すべての新聞とテレビが大々的に報じたであろうが、この時は南アフリカのワールドカップ一色で、報道陣として国民を守る責務を放棄して、この深刻な事故についてほとんど無報道だった。ショックを受けた東京電力がくわしい経過を隠し、それを追求すべきメディアもないとは、実におそろしい時代になった。 そもそもは、外部から発電所に送る電気系統が四つとも切れてしまったことが原因であった。勿論、発電機も原子炉も緊急停止したが、原子炉内部の沸騰が激しく続いて、内部の水がみるみる減ってゆき。ぎりぎりで炉心融解を免れたのだ。おそろしいことに、この発端となった完全電源喪失の原因さえ特定できないのである。 この四日前の6月13日に福島県沖を震源とするかなり強い地震が原発一帯を襲っていたが、それが遠因なのか?いずれにしろ、事故当日には地震が起こっていないのに、このような重大事故が起こったのだから、大地震がくればどうなるか。--

(広瀬隆『原子炉時限爆弾』(2010年・ダイヤモンド社)69~70ページ)

++
もうこの時コンピュータ・ウイルスが働いていたんでしょうかネ。 そして、大地震で配管が破断・・・  津波で追い打ち、うやむや化・・・  3号機の爆破音は3回で・・・  みんなには原因はTSUNAMIといって、他の「爆弾」は、停止しない。

とにかく、冷却の不具合を伝えた、ノウイングの「MOX NEWS」のおかげで、何重にも冷却系を狙ったことがよくわかった。
c0139575_5442112.jpg

c0139575_642647.gif

c0139575_5484654.jpg




「革命綱領」あるでしょ。 その14.「必要とあれば我々の工作員(Agentur)を処刑して、我々が秩序回復の救い主として登場する。」代理人なんてそのうち抹殺される運命なのです。哀れな人たちです。本当に。





生産者主人公の国作りに活路 被災地の現状と立直しの課題語る 住民と対立する「復興計画」 2011年4月20日付
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/seisansyasyujinkounokunitukurinikaturo.html

<論壇>国民に復興財源出させる火事場泥棒の米国と財界  2011年4月22日付
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/rondankokuminnihultukouzaigendasaserukajibadorobounobeikokutozaikai.html

東日本大震災の復興財源として消費税増税を財界や政府、御用学者側が唱えている。東電が支払うべき膨大な賠償金も、「東電が国有化などなったら株や社債を持ち融資をしている銀行が大変」「市場が腹を立てて金融不安になる」などといって、結局は電気料金と政府負担、すなわち税金、国民負担に転嫁しようとしている。なるほど国民の高コストによって東電の原発は低コストであり、原発は断固推進せよというのである。 

メディアに出てくるタレントは「ひとつになろう」と連日叫び、あっちからもこっちからも義援金の袋が回ってくる。そして税金負担や電気料金負担を断るのは、東北の人たちに対して薄情な国賊であるかのような空気が締め付けてくる。
 
忘れていけないことは日本は世界一の債権国であり金がないのではないことである。数百兆円にのぼるアメリカの国債や証券化商品を返してもらえば簡単に資金はできる。日本経済がつぶれるかという大災害に際して「アメリカに対する思いやり」などといっている場合でないのは世界の常識である。だから大震災直後に円高になった。それはアメリカなどへの証券投資を引きあげるとヘッジファンドなどが見なしたからである。しかしすぐに円安になった。「借金を返せとはいわない」という日本の金融機関や政府の卑屈な姿勢を知って安心したからである。
 
また金をもてあましているのは、農漁業を犠牲にし、派遣労働などで労働者を酷使したり、海外移転で大もうけしてきた大企業である。もっとももうけている大銀行は税金を払っておらず、日本の大企業は二百数十兆円の内部留保をため込んでいる。さらに大企業の経営者が1億円から10億円の年収を得ているように、富裕層はとてつもなくもうけている。かれら持てるものから税金をとればよいのだ。 「日本は一つ」というが、かれらはまったく「一つ」のなかに入っていない。 

オバマ政府やアメリカの財界は「日本の復興のために協力を惜しまない」などといっている。協力を惜しまないのなら借金を返せばよいのだ。それは絶対にさせないし、復興需要はよこせという火事場泥棒の論理なのだ。アメリカに押しつけられた原発(GE製)が爆発してひどい目にあっているのに、アメリカの原子力専門家や米軍が助けてくれたといって「永久に忘れない」と菅直人がいう。そして、「トモダチ作戦」を敗戦後の「ギブミー・チョコレート」と同じように有り難がり、米軍への「思いやり予算」は五年継続を決めグアム移転費用の上乗せにも応じようとする。
 
財源は増税といいながら、財界とその代理人どもが被災民の頭越しで、「再興ではなく新しい創造だ」などといって「復興構想」に色めき立っている。被災地では都市づくり構想が第一といって、勝手に家を建ててはならないという規制をかけている。これが現地で歴史を持って根付いている人人の側から、かれらが担う農漁業をはじめとする生産労働を基本にして復興するものではなく、それを排除して財界にとって都合がいいように、東北のいっそうの食いつぶしをやろうとしていることは明らかである。
 
新自由主義なる金融資本のもうけ一本槍改革で、農漁業は破壊され、製造業も困難になり、働く人人はさんざんな目にあった。それが大震災からの復興を困難にしている。それを大転換させるのか、アメリカや財界の火事場泥棒をまかり通らせるのか、日本の進路をめぐる大きな対立点となっている。


GIROフォーラムについての報告
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/10106971.html

c0139575_232308.jpg

c0139575_2324117.jpg

c0139575_2325121.jpg

c0139575_233613.jpg


こんな連中ですよ。

c0139575_20464427.jpg


放射能の大気放出続く…1日154兆ベクレル (2011年4月23日21時15分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110423-OYT1T00667.htm

内閣府原子力安全委員会は23日、東京電力福島第一原子力発電所から大気中に放出された放射性物質の量が、放出量が落ち着いた今月5日の時点でも、1日あたり154テラ・ベクレル(1テラは1兆)に達していたことを明らかにした。

5日に福島第一原発から大気に放出された放射性物質の推定値は、ヨウ素131が毎時0・69テラ・ベクレル、セシウム137が同0・14テラ・ベクレル。国際的な事故評価尺度(INES)で使われるヨウ素換算値で、ヨウ素とセシウムの合計量を計算し直すと、放出量は同6・4テラ・ベクレル(24時間で154テラ・ベクレル)となることがわかった。同委員会はこれまで、5日ごろの放出量について、セシウムとヨウ素の量を単純に合計し、「毎時約1テラ・ベクレル以下」と低く見積もっていた。

c0139575_2337208.jpg

ストロンチウム90なら係数20、プルトニウム239だと係数10000。
[PR]

by oninomae | 2011-04-24 06:24 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

ノウイング:日本原子力発電株式会社

これは、認識を広めなくては!!

http://www.asyura2.com/10/bd59/msg/479.html
c0139575_2191225.jpg

c0139575_212487.jpg

4.11 が、福島で終わったことを考えると、2011.5.9、真夜中説も念頭に置いておかねばならないと思う。(蛇足:2011.5.9 = 18 = 666)

http://www.asyura2.com/10/bd59/msg/511.html
c0139575_214160.jpg

The Japan Atomic Power Company.
http://en.wikipedia.org/wiki/Japan_Atomic_Power_Company

日本原子力発電株式会社
http://www.japc.co.jp/#

c0139575_1542337.jpg


The Japan Atomic Power Company (日本原子力発電, Nihon Genshiryoku Hatuden?, JAPC) is a company initially formed to jump start the commercial use of nuclear power in Japan, and currently operates two different sites. According to the official web site, JAPC is "the only power company in Japan solely engaged in nuclear energy".[1]

JAPC owns both units at the Tōkai Nuclear Power Plant and the Tsuruga Nuclear Power Plant with plans to expand at Tsuruga.

The company is jointly owned by Japan's major electric utilities: The Tokyo Electric Power Company (28.23%), Kansai Electric Power (18.54%), Chubu Electric Power (15.12%), Hokuriku Electric Power Company (13.05%), Tohoku Electric Power (6.12%), and Electric Power Development Company (J-Power) (5.37%).

AccidentsOn 11 March 2011 several nuclear reactors in Japan were badly damaged by the 2011 Tōhoku earthquake and tsunami. The Tōkai Nuclear Power Plant lost external electric power, experienced the failure of one of its two cooling pumps, and two of its three emergency power generators. External electric power could only be restored two days after the earthquake.[2][3]

[edit] References^

1. "Corporate Overview". Japan Atomic Power Company. http://www.japc.co.jp/english/company/index.html. Retrieved 2008-01-08.

2. ^ "Cooling system pump stops at Tokai No.2 plant-Kyodo; Energy & Oil; Reuters". af.reuters.com. 2011. http://af.reuters.com/article/energyOilNews/idAFTKG00708120110313. Retrieved 13 March 2011.

3. ^ "Tokai No.2 nuke plant cooling process working - operator | Reuters". uk.reuters.com. 2011. http://uk.reuters.com/article/2011/03/13/uk-japan-quake-tokai-idUKTRE72C2RL20110313. Retrieved 13 March 2011. "Japan Atomic Power said Monday that the cooling process was working at its Tokai No.2 nuclear power plant's reactor although two of the three diesel power generators used for cooling were out of order."


++
こんなことばかりやっています・・・

c0139575_1494133.jpg

c0139575_1574972.jpg

現在、日本原子力発電株式会社は、東海原子力発電所と敦賀発電所を保有しているそうです。やはり、太平洋側、日本海側、両側から仕掛けてくるという意味でしょうか?

追記:参考コメント

Aflac 青いダックの森のへ

4月11日と4月25日に頁が開きます。

3月末から販売停止していたJTの販売再開が4月11日、4月25日、5月9日の予定です。

コカコーラのHPで4月5~8日、キャンペーン パークGが4月11日付けで中止になりました。


http://www.asyura2.com/10/bd59/msg/480.html
c0139575_231217.jpg



http://www.asyura2.com/10/bd59/msg/486.html
c0139575_265630.jpg

c0139575_27990.jpg

c0139575_27232.jpg

c0139575_274667.jpg

c0139575_28270.jpg



c0139575_213174.jpg


c0139575_2133422.jpg



東京攻撃には、執念を持っているようだ。日本人・アジア人を減らしながら、世界経済を破滅させるために・・・


c0139575_2301293.jpg

c0139575_2302950.jpg



首都圏、地震起きやすい状態…東大地震研が解析 (2011年4月23日01時38分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20110422-OYT1T00974.htm?from=main2

c0139575_2402681.jpg

東日本大震災で起きた地殻変動の影響で、首都圏の地盤に力が加わり、地震が起きやすい状態になっているとの解析結果を、東京大地震研究所のグループが22日、発表した。

解析結果は、大震災後に発生した地震の分布ともほぼ一致している。同研究所では、国の地震調査委員会が今後30年間に70%の確率で起きると予測しているマグニチュード7級の南関東の地震が誘発される可能性があるとして、注意を呼びかけている。

同研究所の石辺岳男・特任研究員らは、首都圏で過去24年間に起きた約3万の地震で破壊された領域が、大震災でどのような影響を受けたかを解析。地震が起きやすくなる力が働く領域は約1万7000で、起きにくくなる領域の約7000よりも多いことが分かった。震源が30キロよりも浅い地震は静岡県東部から神奈川県西部で、30キロよりも深い地震は茨城県南西部、東京湾北部で起きやすくなっていることが判明した。

++
また、「配置された科学者」が、言っているのでしょうか?


http://137.229.36.30/cgi-bin/magnetometer/gak-mag.cgi
c0139575_311556.jpg




日本の原発事故用レスキューロボットを全破棄したのは、小泉政権だった
http://voicevoice.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-c9a4.html

専門家の意見を無視し、世界最大級原発耐震テスト設備は小泉政権下で売却、スクラップにされていた
http://voicevoice.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-e098.html


c0139575_8515285.jpg




追加

c0139575_0352846.jpg

「原子力推進派」っていう人たちは、これを解っていないと思う。それとも・・・?

c0139575_047838.jpg




関連

いよいよ「最後の審判の日」か?:東日本大震災で大変身したアメリカ人
http://quasimoto.exblog.jp/14655316/




[PR]

by oninomae | 2011-04-23 01:49 | 放射能・ラジオハザード  

福島県内の子供たちが、本当の危機です

http://cosmic-alethia.at.webry.info/201104/article_36.html

★2.子どもが危ない、広瀬隆さんよりのメールを転載します

みなさん、急いで動いて下さい。福島県内の子供たちが、本当の危機です。

下記の、福島市の中手聖一さんから今届いたメールを読んでください。殺人者である国、原子力安全委員会をたたきつぶさないと、大変なことになります。ただの運動をしている時ではありません。まわりに呼びかけてください。現在の福島県内は、日毎に放射線量が増えているそうです。広瀬隆(4月20日)」

以下、中手聖一さんのメールです(4月19日付け)

広瀬さん 大変な発表がありました。

「国は、空間線量3.8マイクロシーベルト/時未満の学校では、通常通りに校舎や校庭を利用するとの考えを政府の原子力災害対策本部が示し、安全委が了承した」と報じられました。

彼らは開き直ったようです。現在の「計画避難」地区以外は、まったく誰も移動させないという意味です。
情報提供します。福島県公表データからです。
http://www.pref.fukushima.jp/j/schoolairsoil.pdf

福島市立第一小学校では、空間線量 3.4(μSv/h)、大気中放射能濃度 5.066(Bq/m3)、土壌放射能 14,743(Bq/kg) これで年間被ばくはどれくらいでしょうか?

どんなに少なく見積もっても、40ミリシーベルトはいくはずです。食べ物は除いてです。実際は100ミリを超えるでしょう。どこまでいくか私には分かりません。

これは殺人です。すみません、私には言葉を選ぶことができません。原発内で最も危険な仕事をしている大人以上の被ばくを、子供たちにさせると言う意味です。

撤回させます。大人たちの誇りにかけて。       中手



関連

ただの運動をしている時ではない! 小川みさ子さん情報 - 緊急!福島の子どもが危ない! 広瀬隆さん & 或るお寺の住職さんより Thursday, April 21, 2011
http://insidejobjp.blogspot.com/2011/04/blog-post_21.html


小川みさ子さん情報 - 放射能は中通りを流れた!福島県内1637の小中学校、幼稚園、保育所の空間線量の測定結果!元慶応大助教授藤田祐幸さんより Thursday, April 21, 2011
http://insidejobjp.blogspot.com/2011/04/1637.html

c0139575_312441.jpg

地図中の値が続くと仮定した場合ですが、数値を8760倍、つまり概算なら1万倍すると年間被爆量になるので、地図中の値をXとすると、約10X mSV が年間積算外部被爆量の目安となります。さらに、もっと考えるべきは、内部被爆です。


http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-781.html

どう考えても意味不明です。なぜ、このような状態を放置しているのか。なぜ福島の小学生は登校しているのか。なぜ収束したことになっているのか。なぜテレビではお笑い番組をやっているのか。

・・・チェルノブイリでは、事故後5年後のベラルーシの避難基準には2段階ありました。一つは公衆被曝の1mSv/年を超えると「移住権利」が発生します。住民は移住するか否かを自分で選択します。もう一つ5mSv/年を超える場合、「移住義務」になります。 また、0.5mSv/年を超える場合「放射線管理強化」となります。



大人は子供たちを被ばくさせたがっている・・・
http://takedanet.com/2011/04/post_faf5.html

●「雄々しく放射線に立ち向かう」というのが立派なことだろうか?
 
なにか戦前を思わせる.放射線が人体に害があるというのは国民的コンセンサスなのに、なぜ急変して「我が身を放射線に曝すのが格好いい」となり、「ついでに子供も被ばくさせてしまえ」という自爆主義は許されるのだろうか?

60の爺さんが「大丈夫」とパフォーマンスをして、その野菜を子供が食べるというのはどういう意味があるのだろうか?現在のように全体的に汚染されているときには、思い切って汚染地域の農作物は捨てるのが正しい。無理して放射性物質を含む野菜を食べなくても良いのに、なぜ出荷するのだろうか?

●なぜ、給食に地産地消を強調するのだろうか?

子供は給食を拒否できない.拒否できないものに放射性物質を使うのは許されない.食を供給する人は「上司」の命令を聞いてはいけない.単純に子供の健康だけを考えることができる。栄養士は「専門職」である。上司はいない。栄養士の人、立ち上がってください!

●福島が汚染されたのは福島の人の責任だろうか?

福島の人は「福島が汚染された」と言われるのをいやがる。でも、福島を汚したのは福島人ではないのに、なぜいやがるのだろうか?福島市を汚したのは国と東電なのに.

●東電のミスを福島の子供に転嫁するのは正しいのだろうか?

福島県は福島の子供を避難させない。これは「東電のミスを福島の子供の被ばくで贖う」ということだ。福島の親がそれで良いというなら仕方が無いが、放射線は子供や若い女性に厳しい。私は可哀想に思う.

●被ばくしている児童生徒を疎開させるのは面倒なのだろうか?

文科省は子供に20ミリという高い放射線をあびさせている。 疎開させれば無事なのに、なぜ子供達を被ばくさせたいのだろうか?まるで戦時中の竹槍精神を思い起こす.先生方、立ち上がってください!

●東電のミスで汚染された食材を消費者に転嫁するのが魂のある農業だろうか?

農家こそ、「消費者が安心して食べることができる食」を提供してきたのではないか。今後も農薬が付いていても「基準以下」なら出荷するのか? 無農薬とか言っていたあれは何だったのか?農家の方、立ち上がってください!

なぜ、福島の大人は子供を被ばくさせたいのか?

なぜ、福島の大人は子供を疎開させないで被ばくさせたいのだろうか? なぜ、安全委員会でも10ミリまでと言っているのを20ミリも被ばくさせるのだろうか? 保護者とはそんなに子供に権利があるのだろうか?

●放射線に高いところの人はなぜ、避難しないのだろうか?

放射線の障害は20年かかる遅発性が多い.一生に一度しかないのだから数ヶ月でも避難すれば良いのに。

●なぜ、突然、放射線が安全になったのだろうか?

今までの放射線の法規制、専門家の意見はいったい何だったのか? 「ちょっとでも危険な放射線」と言っていた専門家は、なにが変わって「いくらでも良い放射線」に豹変したのだろうか?
(平成23年4月20日 午後8時 執筆)

武田邦彦




・オウム民主党と御用マスゴミは清水正孝東京電力を全力で応援している。

・・・

・日曜に民主党が「9か月で飯舘村とか双葉村に戻れる」と大々的に言っている。しかもなぜか財務相。 狂ってないか。正気でテレビ全国放送してるとすると、日本はキチガイの国になってしまったのか、と感慨深い。・・・

(気分を害される方がおられるようなので、怪「写真」は除けておきます)
ここ

試食会場へ向かう首相 写真

(合成による皮肉かな?とも思ってしまいますが・・・ 何なのでしょうかね)


菅は福島の小中学生を殺すのか 75.9%の学校が被曝量オーバーなのに放置のア然
http://asumaken.blog41.fc2.com/blog-entry-2886.html

・・・不必要な被(ひ)曝(ばく)を防ぐために立ち入りを制限された区域を「管理区域」といい、毎時0・6~2・2マイクロシーベルトが基準だ。この区域内では、放射線を扱う専門従事者一人一人が被曝量を管理するための「個別被曝管理」を義務付けられている。

さて、福島県は5~7日に県内1637の小中学校や幼稚園で大気中の放射線量のモニタリング調査を実施した。そうしたら、1242施設で、「管理区域」に相当する放射線が観測されたのである。実に全体の75・9%だ。福島市在住で、「原発震災復興・福島会議」の世話人、中手聖一氏はこう言う。

「『管理区域』は本来、一般公衆の被曝防止の基準であって、放射線の感受性が高い子どもたちの場合はより厳しい基準で保護する必要があります。国際放射線防護委員会(ICRP)も、18歳までの生徒に対する放射線防護の考え方として『一般公衆の10分の1以下にすべき』と勧告している。少なくとも毎時0・6マイクロシーベルト以上になった学校は授業を中止し、仮に再開が難しい場合は学童疎開などを進めるべきです

◆勝手に基準値を変えるデタラメ

中手氏らはすでに、授業中止などを求める「進言書」を県内市町村長に郵送。近く県にも申し入れる方針だが、驚くのは国の対応だ。 ・・・


環境パラメーターシリーズ
http://www.rwmc.or.jp/library/other/kankyo/


福島県学校等環境放射線ダスト・土壌モニタリング実施結果(土壌)速報値 採取年月日:平成23年4月5日~4月6日 上記リンクと同じ
http://www.pref.fukushima.jp/j/schoolairsoil.pdf


「福島県内の学校等の校舎・校庭等の利用判断における暫定的考え方について」に関する会長声明 2011-4-22 日本弁護士連合会会長 宇都宮 健児
http://www.nichibenren.or.jp/ja/opinion/statement/110422_2.html


4月20日 こどもたちに被曝を強いる政府 小出裕章
http://hiroakikoide.wordpress.com/2011/04/21/tanemaki-apr20/

・(文科省が福島県内の保育園、幼稚園や小中学校を普通に利用する際の限界を1時間あたり3.8マイクロシーベルトと定めたが?)驚いた普通私たちが生活している環境では0.05マイクロシーベルトが普通。その80倍

・(年間で20ミリシーベルトという基準で算出したものだが?)その前提がとてつもなく高すぎる。一般の日本人は法律で年間1ミリシーベルトしか被曝してはいけないと決まっている。それをいきなり20倍にする権限が誰にあるのか不思議に思う。こどもは特に放射能に敏感であるのに、そういう基準を押し付けるやり方がなぜ許されるのか分からない。

・・・

++
放射性物質は重たいので、地面に落ちて溜まっていくが、子どもは背が低く地面に近いという問題もある。例えば、地面からの放射線の強さは、地上50 cm では、1.5 m の場合の9倍(上記の地図では、1 mでの値なので、これが地面からだとすると、50 cm では4倍して考える必要があるということ)になるだろうし、埃もずっと吸い込みやすくなる。



積算被ばく線量予測図公表 北西40~50キロで20ミリシーベルトの恐れ 米エネルギー省 2011.4.20 09:49
http://sankei.jp.msn.com/world/photos/110420/amr11042009510002-p1.htm

c0139575_8314621.jpg

福島第1原発周辺の被ばく線量予測図。赤は1年間の積算線量が20ミリシーベルトを超える恐れがある地域(米エネルギー省提供・共同)


<狙撃兵> 処罰されるべき殺人行為 2011年4月20日付
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/sogekiheisyobatusarerubekisatujinkoui.html

・・・原子炉を扱う東電や政府・保安院や安全委員会とか学者・専門家、そしてメディアというものが、国民の生命や安全を守る意識などないのである。それは学問、科学、技術、情報などというものが、社会のためという基準をとり払って、金もうけのためとしてきたアメリカ直輸入の新自由主義改革の産物である。この腐敗物どもに原子力を運営する能力などない。・・・

今度の事故は、原子炉容器は頑丈であっても、そこに無数につながっている配管や、電源や使用済み燃料が破壊されたら容易に爆発することを暴露した。 日本民族絶滅作戦はアメリカによって第二次大戦で体験したが、それは原発推進の政治に貫き、さらに戦争で破局的にくり返そうとしている。これを黙ってみているわけにはいかない。  那須三八郎


警戒区域内の放射線量はバラバラ 何を根拠に強制退去 安全確保の真意を疑う
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/earth/nuclear/tepco-nuclear-disaster/11042201.htm 

政府の指示によって原則一律立入禁止の「警戒区域」に指定された東電福島第一原発から半径20キロ圏の放射線量の調査結果が初めて公表された。

文部科学省 福島第一原子力発電所20km圏内の空間放射線量率の測定結果(4月21日)

4月18-19日に測定されたという放射線量は、木造住宅に居住の場合には健康被害の危険が増すとされる毎時0.019ミリシーベルトを超えるのは17地点、双葉町や大熊町の中の原発から5キロ圏内の地点と、浪江町北西部に限られる。原発から南に10キロ以上離れた梄葉町の全測定地点と富岡町の一部、西方の田村市と大熊町西端部、5キロ以上北に離れた浪江町西部(沿岸部)や南相馬市では、すべての測定地点で、学校等の屋外活動を制限する基準値とされた0.0038ミリシーベルト(一日8時間の屋外活動を想定して、年間被曝量は20ミリシーベルト)も下回っている。

これでは、罰金付きで一律退去を強制される住民は納得できないだろう。政府の原発事故避難対策は矛盾だらけ、これに関しては政府は無能というほかない。一方では、本来は1ミリシーベルト以下にとどめるべき年間被曝量を、放射線の影響を受けやすい子供についてさえ20ミリシーベルトまで許容、子供を見殺しにするのかとの批判さえ呼ぶ”現実的”な選択をする。かと思うと、このレベルに達しない区域の住民はすべて強制的に追い立てる。何の罪を犯したわけでもないのに、理由も告げられず、行先も保証されないで出て行けと言われて納得できる住民がいるだろうか。これは、秘密主義に基づく圧政ではないか。

キエフに滞在した2日の間にチェルノブイリ事故が起きたが、モスクワに戻って外国からの情報で初めて事故を知ることになった元ロイター通信員は、圧政的で秘密主義的な政治システムは安全性の文化を欠き、危機においては無責任に行動するというのがチェルノブイリの最も重要な教訓だと書く。

Chernobyl’s guide to tyranny ,FT.com,4.19


【電通TBS】ピットクルー(株)【プロ工作員】
http://unkar.org/r/mass/1189187503

コメントいただいたこれって、本当かもしれませんね。本当なら、殺人幇助ですが。私はカネのためなら何でもするというような人たちには不慣れなものですから、世の中の大謀略に気付いた今でもしばしば善意前提で考えてしまうのです・・・


被災児童 受け入れ


内部被曝という問題をどう考えるのか③沢田昭二名誉教授との話
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/d414b2d24e9197063d9b225652fea931

マスコミは政府の共犯として福島の子どもたちを見殺しにするのか
http://blog.goo.ne.jp/nagaikenji20070927/e/fac8e84b1fe1072bfc73c6e5a86a9ab2 

勿論、毎時3.8マイクロシーベルトと言うありえないくらい、緩い暫定基準すらも、守れないほど、福島は逼迫した状態にあります。こうした状況は、問題である、政府に再考を求めるといった当たり前のことさえ、今の新聞・テレビは伝えません。
[PR]

by oninomae | 2011-04-22 00:15 | 放射能・ラジオハザード  

「国策民営」 日本の原子力、戦後史のツケ + ノウイング等

こんなのを教えてもらいました。

どういう風の吹き回しか? 毎日新聞が至極真っ当な「原子力史」特集記事を掲載 2011年04月21日 | Weblog
http://blog.goo.ne.jp/tarutaru22/e/7be643353849ef3958967addec21028c

(転載開始)

◆特集ワイド:「国策民営」 日本の原子力、戦後史のツケ  毎日新聞 2011年4月20日 東京夕刊
http://mainichi.jp/select/wadai/news/20110420dde012040004000c.html

c0139575_2372312.jpg

左から藤岡由夫湯川秀樹正力松太郎石川一郎有沢広巳 


危機と対応の混乱が続く福島第1原子力発電所。この国には、この「フクシマ」を含め54基の原子炉がある。そもそも被爆国であり地震国でもある日本に、なぜ、これほど多くの原発が造られたのか? 「原子力の戦後史」をひもといた。【浦松丈二】


◇米国の「冷戦」戦略受け導入 政治主導で推進、議論尽くさず 

<ポダムとの関係は十分成熟したものになったので、具体的な協力申し出ができるのではないかと思う>

早稲田大学の有馬哲夫教授(メディア研究)が05年、米ワシントン郊外の国立第2公文書館から発掘したCIA(米中央情報局)機密文書の一節である。終戦直後から60年代までに蓄積された474ページにわたるその文書には、日本に原子力事業が導入される過程が詳細に描かれていた。

「ポダム」とは当時、読売新聞社社主で日本テレビ社長だった正力松太郎氏(1885~1969年)の暗号名。原子力委員会の初代委員長を務め、のちに「日本の原子力の父」と呼ばれる人物だ。

「戦後、CIAは正力氏と協力して日本で原子力の平和利用キャンペーンを進めていきました。彼が政財界の有力者とのコネを持っていただけでなく、新聞やテレビを使って宣伝できたからです」。有馬教授はそう解説する。

米国から日本への原子力導入の働きかけ。そこには米国の「政策転換があった」と言う。転換点はアイゼンハワー大統領が53年12月の国連総会で行った「原子力の平和利用」演説だった。ソ連との冷戦で優位に立つため、関連技術を他国に供与して自陣営に取り込む戦略だった。

唯一の被爆国でもある日本が原子力を受け入れることの戦略的意味は、米国にとって大きかった。一方、正力氏にとっては「首相の座を狙うための政治キャンペーンでもあったことが機密文書から分かります」(有馬教授)。

54年に日本初の原子力関連予算を要求したのは当時、改進党に所属していた中曽根康弘元首相らだった。予算が衆院を通過したのは、ビキニ環礁での米核実験で漁船員らが被ばくした「第五福竜丸事件」が明るみに出る約2週間前の3月4日。中曽根氏はギリギリの日程で原発関連予算を通す。中曽根氏は原子力関連法を次々に提案し、科学技術庁(現文部科学省)の初代長官に就任した正力氏とともに、原子力事業を推進した。

だが、急速に原子力へと傾いていったことは、日本に禍根を残す。「その一つが事故の際の住民への賠償問題です。細部の議論を尽くさずに原発を導入してしまった」。有馬教授はそう指摘する。


c0139575_2382820.jpg

衆院内閣委で増原問題について答弁する田中首相(右)と坪川総務長官(前列左)

 


70年3月14日、日本初の商業用軽水炉として、日本原子力発電の敦賀1号機が大阪万博開幕に合わせて稼働し、万博会場への送電を開始した。

c0139575_23492668.jpg

正力氏はその前年に他界している。続いて新エネルギーとしての原子力に注目したのは、73年の第1次オイルショックと前後して資源外交を進めた田中角栄元首相だった。

「田中角栄 封じられた資源戦略」(草思社)の著者でノンフィクション作家の山岡淳一郎氏は「オイルショックをきっかけに石油の限界性が強く意識されるようになりました。

c0139575_2351088.jpg

そして、高度成長以降、強気の電力需要予測に基づいて全国に原発が造られていった」と説明する。

田中元首相は自民党幹事長だった69年、東京電力柏崎刈羽原発の建設誘致に動く。首相末期の74年6月には原発の立地支援のための交付金などを定めた電源3法を成立させた。「建設業界、電力業界、官僚、学会が右肩上がりの需要予測を利用して原発を推進した。 『列島改造』という国土開発に原発が組み込まれた時代だったのです

さらに田中元首相は、米国頼みだったエネルギー政策を転換する。「田中氏は欧州の原子力大国フランスとのパイプを築き、ウラン資源を確保するとともに(プルトニウムを抽出する)再処理技術にも触手を伸ばそうとしました」。 そのうえで山岡氏は「先見の明のあった田中氏であれば、そこで原子力だけではなくクリーンエネルギーにも翼を広げておけばよかったのですが……」と語る。70年代、2度のオイルショックを経て日本は原発一辺倒に突き進む。



世界では、2度の大事故で原発は停滞期に入る。79年に米スリーマイル島事故、86年にはソ連(現ウクライナ)でチェルノブイリ事故が起き、欧米で脱原発の機運が高まった。だが、日本は97年ごろまで毎年150万キロワットのペースで原発を拡大させ続けた。

原子力政策の専門家で、97~09年に原子力委員会の専門委員を務めた九州大学副学長の吉岡斉教授(科学史)は「政治は自民党一党で安定し、通産省(現経済産業省)も原発を継続する強い意志を持っていた。2度の大事故の影響は日本では限られていました。世界の情勢に逆行して日本で原発が拡大した背景には、政治と行政の特殊な構造があった」と話す。

ところが、90年代初めのバブル崩壊以降の電力需要の低迷で、原発建設はスローダウンしていく。さらに90年代半ばに発電事業者の新規参入を認めた電力自由化で、原発は岐路にさしかかる。

「通産省内でも『補助金漬けの原発は財政的に問題で電力自由化に逆行する』『特に金のかかる核燃料再処理事業をやめるべきだ』との議論が出てきた。05年ごろまでに再び原発継続の方向で固まったが、市場原理に基づけば原発は成り立たない。電力会社も本音ではやりたくないが、国策に従っているだけです」

吉岡教授には、忘れられないエピソードがある。高速増殖原型炉「もんじゅ」のナトリウム漏れ火災事故(95年)を受け、97年に科学技術庁が設置した高速増殖炉懇談会に委員として招かれた。

c0139575_23553267.jpg


c0139575_2392150.jpg

無人ヘリで撮影した福島第1原発3号機の原子炉建屋上部=15日午前撮影、東電提供 


ところが、議論のさなかに自民党が存続方針を出してしまったのです。懇談会の結論もそれを追認した。われわれの議論は何だったのかと思いました

戦後、日本は米国から原発を導入し、オイルショックで公共事業として推進し、バブル崩壊後も政府の手厚い保護下に置いてきた。政府が計画を立て民間の電力会社が運営する「国策民営」(吉岡教授)の二元体制。それが、福島第1原発の事故対応でも混乱を招いているのではないか。

政治に利用され続けた原子力。それは資源小国ニッポンの宿命だとしても、代償はあまりにも大きかった。

c0139575_004069.jpg

c0139575_23164781.jpg

c0139575_013334.jpg



c0139575_23171977.jpg

c0139575_2318354.jpg

c0139575_23182063.jpg

c0139575_23194034.jpg

311が見えて居るんですが? 特に一番下のものは、まったくふざけたポスターだと思う。


◇「特集ワイド」へご意見、ご感想を
t.yukan@mainichi.co.jp

ファクス03・3212・0279

おまけ

まったく私立大学慶応大学栄光学園イエズス会の清水正孝、オウム麻原の再来だな

米国GEから原子力発電、米国オレンジ等、輸入推進した中曽根康弘元首相
http://voicevoice.cocolog-nifty.com/blog/2011/04/post-90da.html

++
たぶん、東京政権内にも、無理心中させられるのが嫌になったものがいるんじゃないかな?あるいは、予定内のこととして、この辺で、日本人の「悟り」を促している? それとも、「今頃気が付いたか、バカめ。さあ、アメリカと共倒れに前進!!」 と、言っているだけかな?

http://www.asyura2.com/10/bd59/msg/511.html

c0139575_065962.jpg


c0139575_23395612.jpg

c0139575_23403416.jpg

c0139575_23411286.jpg





c0139575_232128.jpg

c0139575_23212162.jpg

c0139575_23333053.jpg

『バイオハザードIV アフターライフ』 (原題: Resident Evil: Afterlife)は、2010年のホラーアクション映画。

前作より5年後。

アンブレラ社(引用蛇足注:核の傘を思い出させる)は東京、渋谷の地下に巨大要塞を築き、アルバート・ウェスカー議長の指示の下で実験を繰り返していた。その地下要塞を、アリスが自身のクローンたちと共に襲撃。地下要塞は壊滅的なダメージを受ける。

ウェスカーは地下要塞をあっさり見限り飛行機で一人逃亡、予め仕掛けていた特殊爆弾[3]を爆破する。東京は地下要塞ごと壊滅した。 

c0139575_23215551.jpg

c0139575_039328.jpg

c0139575_23335280.jpg


ハリウッドのすることは、本当にエゲツナイ。
[PR]

by oninomae | 2011-04-21 23:02 | 放射能・ラジオハザード