「ほっ」と。キャンペーン

<   2011年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧

 

邪悪な場所-ユタ州テンプル・スクエア By Vigilant 2

邪悪な場所-ユタ州テンプル・スクエア By Vigilant June 8th, 2009 その2

訪問者案内所[The Visitor's Center]

訪問者案内所は、観光客のお気に入りの一つであるが、テンプル・スクエアの最も不穏な象徴を含んでいる。それは基本的にモルモン教礼拝の真の対象を明らかにしている。

キリスト像[Christus Statue]

c0139575_1713345.jpg

そのキリスト像は、末日聖徒イエスキリスト教会[LDS Church]の聖像と言われており、そしてその訪問者案内所中に、戯曲的に展示されている。それは、デンマーク、コペンハーゲンにある、バーテル・トーヴァルドセン[Bertel Thorvaldsen]のキリストの複製品である。

そのモルモン版は、異例な背景設定:宇宙の前面に配置されている。これは、「宇宙的キリスト」というグノーシス主義的概念に注意を向けているのだろう。1つの詳細は、しかしながら、目を見張るようでかつ異例である。

ご存じのように、アート作品を分析するための最も基本的な方法は、光と影との関係を介するものである。

この設定においてはっきりと、そのキリストの像は、地球の上に影を投げかけているイエスは「世の光」とみなされるのではなかったのか?

何かに影を投げかけることは、それがその対象に闇と無知を保っているということを象徴的に意味する。もしこのイエスの像が、光の源でないのなら、ではそれは何か?

その答えは、訪問者案内所のロトンダ内にある。


ロトンダ[The Rotonda]

c0139575_17335513.jpg

そのロトンダはキリスト像に面しており、特別な種類の逆五芒星を身につけている。

c0139575_1734388.jpg

細長くした底点の逆五芒星


その五芒星の底点は細長く伸ばされている。ほとんどの訪問者たちによって見過ごされたままでいるこの詳細は、重要なオカルト的意味を帯びている。

第一に、その底点の変則的な長さは、神の力の曲解を表している。

第二に、底点が落ち窪んだこの特別な五芒星は、一つの正確な秘教的意味を持っているルシファーの転落、堕天使、暁の明星

「上向きの星形が逆さまになり、そして上の頂点が底へと落ちる、それは暁の明星の転落を意味する。」 -Manly P. Hall, Secret Teachings of All Ages


この事実を確認した後なら、その光と影の謎は簡単に解ける。ルシファー、光を帯びしものは、宇宙の光の源と見なされる。イエス・キリストを表す像が、地球への光の源を遮っており、そしてかくして、キリスト教が人類に対して暗い影響を有していることを意味している。見かけ上は地球へのキリストの到来を祝っているこの設定は、実際にはその正確な反対を表している

c0139575_17405232.gif

キリストの前のLDSのエリート


歴史を通して、すべての霊的な流れ(動向)は、善、真、美、知識、そして神聖な知恵の究極の表現としての光とみなされてきた。すべての宗教的アートで、光の源は何よりも重要である。

一部の元モルモン教徒たちは主張している、LDSは、巧妙でその上詐欺的な方法で、ルシファーを崇拝していると。実施されているその象徴主義は、彼らの証言を裏付けている


捧げものをしているカイン

c0139575_1742053.jpg

カインの捧げもの


その訪問者案内所のもう一つの奇妙な特徴は、上掲のものの配置である:アダムとイヴが、その上に果物を有する一つの祭壇の前でひざまずいている。

これは神へのカインとアベルの捧げものを説明している、創世記第4章への参照である。

「1:さて、アダムは妻エバを知った。彼女は身ごもってカインを産み、『わたしは主によって男子を得た』と言った。 2:彼女はまたその弟アベルを産んだ。アベルは羊を飼う者となり、カインは土を耕す者となった。 3:時を経て、カインは土の実りを主のもとに献げ物として持って来た。 4:アベルは羊の群れの中から肥えた初子を持って来た。主はアベルとその献げ物に目を留められたが、5:カインとその献げ物には目を留められなかった。カインは激しく怒って顔を伏せた。6:主はカインに言われた。『どうして怒るのか。どうして顔を伏せるのか。 7:もしお前が正しいのなら、顔を上げられるはずではないか。正しくないなら、罪は戸口で待ち伏せており、お前を求める。お前はそれを支配せねばならない。』 8:カインが弟アベルに言葉をかけ、二人が野原に着いたとき、カインは弟アベルを襲って殺した。 」 - 創世記、第四章 訳者注:ここは新共同訳を使わせて頂きました)


要約すると、カインとアベルはアダムとイヴの息子であった、アベルは羊の面倒をみていた一方で、カインは土地の世話をしていた。神への捧げものをするときがきた時、アベルは犠牲の子羊を殺害した一方で、カインは果物を捧げた。神はアベルの贈り物を受け入れたが、カインの果物を拒否した(この理由は明らかではない)。(訳注:この神は遊牧民の神で肉食が好きだっただけでしょう)  カインはその後、気分を害し、最終的に彼の兄を殺した。 (訳注:本来、農耕民の台頭の象徴ですな)

LDS教会で陳列されているその彫像は、アダムとイヴが果物を神に捧げている一方で、子羊(アベルの捧げもの)は、生きてそこに座っているおり、その非犠牲状態を享受しているところを描いている。 (訳注:本当はこの神はイエスとは関係ない。もともとは複数形だった神を単数形にしてしまったのは、有名話でしょう。だからこうして、旧約と新約何でもOKの「キリスト教徒」は敗退するわけですな。そして定住した一般のモルモン教徒の気持ちも察せられる。 本当は[モルモン教「指導層」のような]悪魔主義者こそ「動物」の生贄がすきだというのに、こんな風に使われる・・・)

人は不思議に思わざるを得ない:この作品は何を表しているのか、もしある残酷なそして不正な神に対する、一つの怒り(おそらく反逆さえ)の意味を表すのでなければ?なぜ我々は神によって拒否されたカインの捧げものを描くのか?この構成の意味は、神が頑固な暴君とみなす、ルシフェリアンの信念にぴったり適合する。 (訳注:しかし、言うまでもないが、ルシフェリアンも別の暴君だった)

神に逆らう聖書的、神話的人物たちが、ルシフェリアンの教義では祝われる(ロックフェラー・センターについての記事参照)。

光を帯びしものルシファーは、人間たちに信心深い贈り物を持ってくる人類の隠された救世主であるとみなされている。  (訳注:で、エイズ9.11を贈ったらしい。というわけで、自分はルシフェリアンの神も旧約聖書の残酷な神も、何にせよ独裁者、暴政者は嫌いである)


イーグル・ゲート[Eagle Gate]

c0139575_2330597.jpg

c0139575_17473936.jpg

ステート通りとサウス・テンプルの角に位置し、そのイーグル・ゲートは、さらにもう一つの逆五芒星が存在するところである。

我々は、その頂上に、ユタ州、モルモン教、そして偶然にもフリーメーソン団の一つの重要な象徴である、ミツバチの巣箱を爪で掴んでいる巨大な200ポンドのイーグルを見出すことができる。 (訳者蛇足:ミツバチって、ゴイムのことですよね)


終わりに

この記事は、テンプル・スクエアで見出されるオカルト象徴についてほんの表面を辛うじて引っ掻いている。

そこでは、反射プール(「上のごとく下もしかり」の概念を体現している)、ファルス的、ヨニ的象徴、土星への天文学的参照、そして多くの他のもののような、数多くの秘教的概念が研究され得る。LDSの歴史、哲学、あるいは信仰への予めの知識を持たなくてさえも、象徴-読み書きのできる人物ならば、この教会のその中核の意図を、それらのアートの意味を読むことによって、把握することができるLDSのその儀式、象徴、そして行動様式は、直接にスコッティシュ・ライト・フリーメーソン団から持ち上げられ(剽窃継承され)てきた。

テンプル・スクエアでのアートの隠された意味は、異教と破壊的象徴の混合を組み入れ、そして巧妙に、ルシファー崇拝を執り行っている。

私は、モルモン教あるいはモルモン教の預言者ジョセフ・スミス・ジュニア[Joseph Smith, Jr.]の専門家であるとは主張していない。この記事の調査と構成において、私は可能な限り先入観なしに留まるよう努めてきた。しかしながら、私は知っている、聖書の中の言葉が世界に偽予言者たちに対して警告しており、そして、私が集めてきたもので判断しても、ジョセフ・スミスはそれが連れてくるものと同様に不誠実である。私はそれを言うものでありたくないが、しかし誰かが言わねばならない。

警戒を怠るな。


関連動画

LDSについての非常に有益なドキュメンタリー (訳注:みんな削除されているようです)










c0139575_2341789.jpg

c0139575_23415435.jpg



元記事は

Sinister Sites – Temple Square, Utah  By Vigilant June 8th, 2009
http://vigilantcitizen.com/?p=986

c0139575_23285326.jpg

c0139575_2329296.jpg





c0139575_18361946.gif

c0139575_18371176.jpg

c0139575_18372642.gif



c0139575_18375337.jpg

何か関係ありますでしょうか?


関連

イルミナティ離脱者が広範な陰謀の詳細を語る by Henry Makow Ph.D. テクスト版2
http://satehate.exblog.jp/15393655

新世界のためのアジェンダ?
http://satehate.exblog.jp/6991054

GERMANY 1940 ISRAEL 2009 -- ゲームの駒たち
http://satehate.exblog.jp/10698986

アメリカの次の政府について by ふぐり玉蔵
http://satehate.exblog.jp/10250569

モルモン教の地下シェルター
http://satehate.exblog.jp/15289685

モルモン教とイスラエル/ブリティッシュ・イスラエリズム/「クリスチャン」・シオニズム (元記事はオルタ)
http://satehate.exblog.jp/15166812

「米国民の25%を占めるモルモン教等を中心としたキリスト教原理主義は、このイスラエルを強く支持し続けている。 キリスト教原理主義は、有色人種は劣った人種であり核戦争で絶滅させるべきだ、地球を白人だけの「楽園」にすべきだ、その中心がイスラエルであると主張し、イスラエルを叩くと主張していたサダム・フセインのイラクとの戦争をブッシュに推進させてきた。常に戦争の元凶となり続けているイスラエルとは、モルモン教とは一体何なのか?」

++
オルタの奇妙さがここにあきらかになる。オルタは、「ユダヤの陰謀論」、「イルミナティ陰謀論」、「ルシフェリアン陰謀論」の「嘘」を言いたて続ける(誰かさんとコンビで?)が、「モルモン教等を中心としたキリスト教原理主義」の中核には、ルシフェリアン・イルミナティ・「ユダヤ人」、シオニスト・「ユダヤ人」(シオニストやイルミナティには非ユダヤ人[完全にそういえるかどうかは自分にはわからない]もいるとは思う)が、おわしますることは明白である。 特に、重要な役者には、ロスチャイルド家の名前を変えた子孫が多いことも今日明白である。

オルタは、この点は以前から怪しいわけだが、「キリスト」教徒や、「ナチ」を敵役に仕立てる活動を続けに続ける係であると思われる。オルタの言う「ナチ」は、本当のところはイルミナティ・ユダヤ人のエリートが後援するシオニズムの別名である。また、オルタは9.11の犯人に言及するものを(キリスト教の)右翼と呼んだりもする傾向があるようだ(笑)。 ついでに言えば、オルタは朝鮮「進駐軍」についてもあまり語らないようだ。 

(注記:ただ、この種の犯罪シンジケートに反対するユダヤ人たちが彼らに憎まれていることも本当であろうから、ただユダヤ人というのではなく、最低「シンジケート・ユダヤ人」や「シオニスト・ユダヤ人」等とすることが望ましいとは思う)

c0139575_0213884.jpg

c0139575_0221969.jpg


まあ、オルタはこの大きな「躓きの石」を割引きながら読みましょう。よい記事もあるので。
[PR]

by oninomae | 2011-01-29 16:26 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

邪悪な場所-ユタ州テンプル・スクエア By Vigilant 1

邪悪な場所-ユタ州テンプル・スクエア By Vigilant June 8th, 2009 その1

ユタ州ソルト・レイク・シティの中心部に位置し、テンプル・スクエアは、モルモン教信仰の精神的、文化的、そして行政上の中心である。この10エーカーの土地区画は、1つのテンプル、ドーム型の幕屋、そして多くの建物、記念建造物や記念碑を含んでいる。 この場所が神聖で健全なように思われる一方で、構造物を詳しく見てみると、オカルトの異教的そしてメーソン的象徴の存在が明らかになる。それらの理由のより深い研究は、ただモルモン教に関する論争を追加するのみであり、そしてその本当の神について不穏な真実を明らかにする。

c0139575_1631768.jpg

身の毛のよだつような・・・


この記事の目的は、1つの信仰としてのモルモン教を非難することではなく、しかしむしろ、そのテンプル・スクエアの象徴を、1つの客観的なものとして、分析することある

この宗教的な区域への訪問者は、彼自身が、秘教的に黒魔術、悪あるいは古代の異教と関連した象徴に取り巻かれていることを見出す。

これらの象徴が、建前上はキリスト教の建物、そのすべてに見えるのはなぜか?多くの元モルモン教徒が、LDSが密かに信者たちを、ルシファーの崇拝へと導くと主張している。彼らは正しいか?


テンプル

テンプルはテンプル・スクエアの中心的存在であり、末日聖徒イエスキリスト教会[the Church of Jesus Christ of Latter-day Saints]の心臓部としての役割を果たしている。その建物自体は、いかめしく堂々としており、そして多くの彫像に囲まれている。それは、エルサレムの古代テンプルと同様の機能を果たしていると言われている。我々が、いかにこれが真実ではないかについてのページを書くことができる一方で、我々は構造自体に焦点を絞るだろう

c0139575_1631518.jpg



逆ペンタグラム

テンプルの外装は、単に古代異教の名残りではなく、直接悪に関連付けられている、数多くの象徴を含んでいる。最も露骨な象徴が逆五芒星である。

c0139575_16323477.jpg

この象徴は、テンプル・スクエア辺り一帯に、複数の形で、見出される。

直立五芒星は、5つの要素、悪性の霊に対する保護を表し、そしてそれは黄金比の1つの形象化である。それはまた、人間のより低い性質に対する、神聖な精神の優位性を意味している。

逆に、逆さまにした五芒星形は、物質への精神の服従と、人間の自分の最低の衝動への服従を意味する。

c0139575_16341475.gif

直立そして逆五芒星についてのエリファス・レヴィ[Eliphas Levi]の解釈。よく知られている信念に反して、レヴィは負の象徴として逆五芒星の使用は思い付かなかった。それは彼の作品の公表の何世紀も前に、儀式魔術の中で使われていた

「1つの頂点が上を向いた五芒星は悪を追い払う、しかし2つの頂点が上を向いた逆五芒星は、1つの悪魔の象徴であり、そして邪悪な力を引き寄せる、なぜならそれは逆さまだからである、そしてそれがナンバー2を表しているからである。それは、ウィッチたちの悪魔の宴のヤギを表し、そして2つの上を向いた頂点はそのヤギの角である。」 --リチャード・キャベンディッシュ[Richard Cavendish]、『ブラック・アート[The Black Arts]』


太陽、月、そして星々

c0139575_16351964.jpg

c0139575_16354019.jpg

そのテンプルの壁は、太陽の石、月の満ち欠け、そして星々を有している(逆五芒星の形で)。 これらの3つの天体は、古代異教のテンプルで見つけることができ、そしてそれらの使用は、バアル崇拝の時代に遡ることができる。神秘的宗教を通じて、フリーメーソンのようなオカルト教団は、これらの象徴を保持し、そしてまだ彼ら自身の記念碑の上に適用している。


すべてを見通す目

c0139575_16364383.jpg


「偉大な建築家」を表すこの古典的なメーソンの象徴は、テンプルのどんぴしゃり正面にある。それは、栄光と覆いに囲まれている。それはほとんどおそらく、フリーメーソンたちが通過するものと非常に類似した、モルモン教会の通過儀礼の過程を表している。

c0139575_1637218.jpg



秘密の握手

c0139575_1638382.jpg

フリーメーソンのように、モルモン教徒たちは、彼らの入会過程で秘密の握手と合い言葉を学ぶ。

この握手はそのテンプルの正面にあり、そして、メーソンの建物と記念碑に描かれた握手に似ている、例えばこのような:

c0139575_16384129.jpg


握手の上には、「私はアルファでありオメガである」という諺がある、それはヨハネの黙示録から採られたものである。それは、「私は始まりであり終わりである」と翻訳することができる。

それがLDSの秘密の教義を表す象徴である握手の上に置かれているという事実は、誰がアルファでオメガなのか、私を怪しませる。


洗礼盤

c0139575_16395022.gif

各々のモルモン・テンプルは、12の等身大の雄牛たちの背中に取り付けられた独自の洗礼盤を有している。モルモン教徒たちは、それがソロモンのテンプル(神殿)の入り口に位置していた「水盤」をモデルにしたものであると言う

彼らが言及するのを忘れている唯一のことは、水盤は司祭たちによって、動物の生贄の後に、彼ら自身を清潔にするために使われたということである(水盤[laver]は「清潔にする」ことを意味する)。 それは人々を洗礼するのには使われなかった。 

それは確かに、故人が死後にモルモン教会の一部となるという1つのモルモンの実践「死者の洗礼」にたいしては使われなかった。

数多くの不面目な洗礼が行われてきた、そこでは例えば、ホロコーストの犠牲者たちが家族の同意なしに洗礼された。より最近では、ガンで死亡したバラク・オバマの母が、同意なしにモルモン教徒たちによって洗礼されている古代キリスト教やユダヤ教には、この不穏な実践の痕跡はなにもない。

これらの儀式を目撃してきた元モルモン教徒は言っている、その儀式が魔術と精霊召喚の分野にあるものだと。


教会の歴史美術博物館

この博物館は、末日聖徒イエスキリストの教会とその歴史を祝う展示品を陳列している。あなたは、彼らの移住、定住、そして1830年から現在までの、預言者や会長(理事長)を務めて来た人物たちについての情報を見出すことが出来る。そこにはまた、特別な子供用コーナーもある。陳列にはなんと良い場所だろうか・・・逆五芒星とは?

c0139575_1642917.jpg

博物館の入り口


逆五芒星

c0139575_16424312.jpg

これら2つの五芒星は、教会の歴史美術博物館の入り口に表示されている。もう一度、この象徴の意義を強調しておくことは重要である。それが、教会正面に逆十字を置くのと等価であるからである。

「象徴主義ではで、ある反転された図は常に、必ず邪悪な(倒錯した)力を意味する。平均的な人は、象徴の五芒星形のオカルト的性質を疑いさえしない。」 -マンリー・P・ホール、『すべての時代の秘密の教え』


左側の円で囲まれた五芒星は、それが黒魔術の儀式で使用されているという事実のために特に重要である

黒魔術師は、彼の悪いたくらみにとって致命的であるだろう白魔術の象徴を、自分自身の白魔術の力を破壊すること無しには使うことができない。それゆえ彼は、ヒエログラムを歪め、その結果、彼らはその象徴が表している原理を彼自身歪めているというオカルト的事実を象徴する。黒魔術は、基本となる技芸ではない;それは技芸の悪用である。したがって、それは独自の象徴を持っていない。 それは単に、白魔術の象徴図形を利用し、そしてそれらを逆にそして反転させることによって、それが左利きであることを意味している。 五芒星は、黒魔術で広範に使用されているが、しかしそう使われたとき、それは常に3通りのうちの1つという違いを形づくる:その星は、1頂点で、1点に集まる線が接することを認めずに破断しているかもしれない;それは1頂点を下に、2頂点を上にして倒立しているかもしれない;あるいは、それは変化する長さの頂点を持って歪められているかも知れない、黒魔術で使用される場合は、その五芒星は、「割れた蹄(悪魔の蹄)」、あるいは悪魔の足跡と呼ばれる。2頂点が上になったその星はまた、「メンデスのヤギ」と呼ばれる、なぜならその逆五芒星はヤギの頭と同じ形をしているからである。」 - Op. Cit

c0139575_1587100.jpg


我々はより多くの五芒星をその博物館内にみることができる・・・子供のコーナーに。

c0139575_16435846.jpg



続く


元記事は

Sinister Sites – Temple Square, Utah  By Vigilant June 8th, 2009
http://vigilantcitizen.com/?p=986


c0139575_1582491.jpg


c0139575_1610272.jpg

[PR]

by oninomae | 2011-01-29 16:24 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

国土安全保障省曰く、現金の使用はテロであり得る By Keelan Balderson

国土安全保障省曰く、現金の使用はテロであり得る By Keelan Balderson Jan 24th, 2011

c0139575_2091284.jpg

今やテロ

ばかげた宣伝の一部の中で、米国土安全保障省は、現金の使用が疑わしく不気味であるとほのめかす一つのビデオを制作した。

オンラインで見つけることができるそのビデオは、現金を使用して支払いを希望するだろう顧客とやりとりするホテルの従業員を見せている。



語り手によると、テロリストたちは、現金の使用を好む。

その従業員は、彼女の支配人に話しに行き、両者は、単に誰かがクレジットカードを使用していないがゆえに、漫画的混乱の中で彼らの顔を目を細めて見る。

その魅力的な女性俳優は、次に主張する「・・・それは不気味よね」

語り手によると:

「もしある人物が神経質で、あるいは気を揉んでいるようにみえ、身分証明書の提示を拒否、あるいはその客が現金で払うことを主張するならば、・・・あなたの支配人または警備員にに警告せよ・・・これは疑わしい行動である」。

もちろん、考慮されていないことは、この大きな不況期に、より多くの人々がクレジットで物を購入することを選んでいないことである。 一部の人々はまさに、クレジットの概念をまったく信じていない・・・そして、なぜ彼らがする必要があるか?

金融システムについての意見を持つことは犯罪ではないし、そして法定通貨での支払いも犯罪ではない。


昨年、一つの同様に暗黒郷的作品が、反テロホットラインのための英国のラジオ・チャンネルTalkSportのために製作された。 それは主張した。もしあなたが、あなたの隣人と話をせず、現金で支払い、そしてあなたのカーテンを閉じている場合には、あなたはテロリストかもしれない!

幸いなことに、その広告のシリーズは、一般の人々が不平を言った後に禁止された。



12月に発表されたように、国土安全保障省は今や、1984年スタイルのテレビスクリーンを介して買い物客たちにメッセージを配信しようと、ウォルマートの店舗で作業している。 [1]

もし民主主義が、それで通っている何ものかであるなら、その公式のユーチューブ・ビデオの発表では、206の好きに対して5534の嫌いを有している:





元記事は

Homeland Security Say Using Cash Might Be Terrorism By Keelan Balderson Jan 24th, 2011 
http://wideshut.co.uk/homeland-security-say-using-cash-might-be-terrorism/


c0139575_2044583.jpg
 


関連

近い将来流布されるメッセージは「現金なんておかしいんじゃない?」 by ジョン・コールマン
http://satehate.exblog.jp/10426097

為替レートの混乱はキャッシュレス推進の誘導役 by ジョン・コールマン
http://satehate.exblog.jp/10006959

自由を剥奪され極貧にあえぐのは現金を奪われた市民層 by ジョン・コールマン
http://satehate.exblog.jp/10433611

個人の銀行口座はすべてFinCENに見張られている by ジョン・コールマン
http://satehate.exblog.jp/10403425

金融インターナショナルは革命の参謀本部だ by ラコフスキー + 666
http://satehate.exblog.jp/11188758

原価で買いとり、利子までつけて紙幣を国家に貸し出している!! by 菊川征司 + 円の支配者
http://satehate.exblog.jp/9571389

マイクロチップと大いなる世界人間牧場 2
http://satehate.exblog.jp/8507585

人類のゆくえ 訳者あとがき by 林陽 2 + 実験動物農場日本
http://satehate.exblog.jp/11802249

人類のゆくえ 訳者あとがき by 林陽 3 + 動物農場米国
http://satehate.exblog.jp/11809141

デジタルワークスタイル/ヴァーチャルマネー 動物農場はいかが?
http://satehate.exblog.jp/10729507

世界政府への道 by ゲイリー・アレン 4 日本人の総背番号化と思想管理
http://satehate.exblog.jp/11032489

家畜動物農場共通番号制度のお知らせ
http://satehate.exblog.jp/14184602

c0139575_20382133.jpg

14年に国民へ共通番号 社会保障・税で政府案 2011/01/28 19:12 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201101/CN2011012801000832.html
 
政府の社会保障と税の共通番号制度の実務検討会は28日、基本方針案をまとめた。2014年6月に国民一人一人に番号を割り当て、15年1月の利用開始を目指す。健康保険証や年金手帳、介護保険証の機能をまとめたICカードを新たに国民に配布し、1枚のカードでさまざまな社会保障の給付やサービスを受けられるようにする。

31日の政府・与党社会保障改革検討本部で正式決定し、6月に大綱を策定した上で、今秋の臨時国会にも法案を提出する方針。ただ、国民の理解や野党の協力を得ながらスケジュール通りに導入できるかは不透明だ。

c0139575_233629.jpg


番号制度は所得や年金、医療、介護などの情報を一元的に管理するのが狙いで、行政サービスへの活用を図る。

c0139575_235607.jpg


例えば、確定申告で医療費などの控除が領収書なしで申告できるようになる。高額医療費と高額介護費を合算し、自己負担の上限額以上の立て替え払いが不要になる。

c0139575_23563345.gif


将来、消費税率を引き上げた場合、低所得者への増税分の還付に利用することも可能になる。

c0139575_23574342.jpg


ただ、不正アクセスなどで個人情報が流出する恐れもあるため、政府から独立した第三者機関を設置し、運用状況を監視。情報の不正利用には厳しい罰則も設ける。

c0139575_073478.jpg

c0139575_075336.jpg

c0139575_23544872.jpg


c0139575_20344530.jpg

c0139575_20352227.jpg

c0139575_2035595.jpg

c0139575_20374496.jpg

c0139575_20384019.jpg

c0139575_018371.jpg

c0139575_0192731.jpg

c0139575_3551339.jpg




これはリンクしておきたい

「代紋」
http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/201.html
[PR]

by oninomae | 2011-01-28 20:05 | 政治詐欺・政治紛争  

メイコウ、アイク、ジョーンズは騙し屋三兄弟だそうですが?

私は基本的には、多少意見が食い違っても、他のブログの文句を言わない。たいていのことは謙虚に話を聞いてみる。今までは、「オルタ」がシオニスト親和性を発揮しすぎていると感じたときにコメントを書いたくらいである。

今回は、

メイコウ、アイク、ジョーンズは騙し屋三兄弟
http://kaleido11.blog111.fc2.com/blog-entry-321.html

という「衝撃の」記事について、

Henry Makow博士 記事目次
http://satehate.exblog.jp/13842775/

こんなことをやっている私としては、

何もコメントしないわけにもいかないであろう。

そこで、長い記事をこつこつと読んでみたが、途中でその違和感に驚いた。


以下抜粋


UFOカルト「ラエリアン・ムーブメントは、フリーメーソンであることを隠していません。知らない人は、確かめないからです。

(引用者注:Raelian Movement、例のラー&エルですな)

c0139575_2118119.jpg

(引用者:これをみれば、イルミナティを連想することは自然です)


さて、教祖マイトレーヤ・ラエルはイルミナティを批難しています。 (引用者:本当でしょうか?) 実は、これは稚拙なトリックなのです。そこには、有名な何人かの危険なディスインフォーマーの暗躍があります。

中略

2010年4月6日にメンバーに配信された「ラエル・サイエンス英語版」には、
「イルミナティの著名人リストがラエリアンとつながっている」と題して、ヘンリー・メイコウ博士が取り上げた記事について、教祖の「弥勒菩薩・ラエル」がコメントを出しています。
https://groups.google.com/group/rael-science-japan/browse_thread/thread/8f8baea8659d80a0/f344ccfca9660fb2?hl=ja&lnk=gst&q=%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%9F%E3%83%8A%E3%83%86%E3%82%A3#f344ccfca9660fb2

話の元になっているヘンリー・メイコウ博士の記事はこちら。
Illuminati Who's Who Linked to Raelians

この記事はメイコウが書いたものではなく、 スティーブ・トーマス(Steve Tomas)という人物が書いたものです。 (引用者:要約すればラエリアンとイルミナティとの繋がりについて論じている)

中略

このヘンリー・メイコウのサイトのスティーブ・トーマスの記事に対して、マイトレーヤ・ラエルは、このようにコメントを寄せています。(日本語訳が迷走気味なので、多少、意味不明の箇所がありますが、そのまま転載します)

中略

実際、世界政府に反対するこれらイルミナティ論者は、本当にモウマイティ主義者です。
言い換えれば、彼らは平和と人類統一という美しい未来を手に入れるより、むしろ(とても多くの大量虐殺や戦争の原因である)過去の伝統的価値観を維持したいのです。 それゆえ、彼らは蒙昧主義者、もしくはモウマイティ主義者なのです。

ここまで読んで、大事なことに気づきましたか? (引用者:気付きました。蛇足:この著者には「イルミナティ」と「イルミナティ論者」が同じに見えるらしい。わざと混同させていると言うより、区別がついていないように思われる)

中略

ラエリアン・ムーブメントが推進している「世界政府」に反対しているイルミナティは悪である、と印象付けることが、この「やりとり」の目的です。

(引用者:ここで、すごい「スキル」に「衝撃いや笑檄」が走りました。どういう脳内トポロジーが存在しているのでしょうか。もっと落ち着いて下さい。リノイエ騒動で落ち着けなかったのかと連想してしまいますので)


以下略


(追記:記事の中身が間違っているのに、この題名では、単なる「プロパガンダ」になってしまいます。もっと誠意のある記事を期待したいところです)


「メイコウ騙し屋」説については、以上






おまけ

c0139575_21114949.jpg


c0139575_21165043.jpg


c0139575_1662562.jpg


キッシンジャーは「ソ連」のエージェントだった by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/15631027/

イルミナティ離脱者が広範な陰謀の詳細を語る by Henry Makow Ph.D. テクスト版

最高位のイルミナティ離脱者:「ロスチャイルド一族がドルイド妖術で支配している」 By Henry Makow
http://satehate.exblog.jp/12794988/



もうひとつおまけ

かつてアダム・ヴァイスハウプトが匿われたのは、ザクセン・ゴーダの城の中であった。


バヴァリア・イルミナティとフリーメーソン問題についてどう思うかについては、

イルミナティはNWOを進めるために米国を作り出した  By Henry Makow, Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/14301764/ 私はこの記事に共感する

以下、抜粋

フリーメーソンたちは、アメリカ人たちに理想を提供した。市民的自由、平等な機会、そして代表なくして課税なし--それらはいまも価値がある

しかし、それらは権力を勝ち取るために設計された餌であった。

お気づきかもしれないように、これらの約束は、保持されることを意図していなかった。


「バヴァリア・イルミナティ」の中にも、お人好しがいたであろうことは認めたいが、

「真のリーダーたち」が、どういう考えであったのかは、9.11以降、この最後のフレーズの通りであるとはっきりしてきたと考える。

プロトコールにもこうある・・

「その時、いったい誰が疑うであろうか?これらの人々はみな、何世紀にも渡って何びとも推測すらしなかった政治的計画に従って、我々によって踊らされていたことを。」 (プロトコール13









c0139575_16451357.jpg

http://armageddonconspiracy.co.uk/  「バヴァリア・イルミナティ」が、英国から「真実の」情報発信だそうです。

++
ここで、昔のバヴァリア・イルミナティが「立派」だったのかどうかについて、考えてみると、「イルミナティ綱領」に、

1 全ての国家の廃止。
2 全ての個人財産の廃止。
3 全ての相続権の廃止。


・・・などとあるわけだが、

以下と照らし合わせれば、本質が明らかになるだろう。

「・・・世界共和国を建設したならば、国家の統治権は無産者の勝利によって何らの努力を要せずしてイスラエル人の手に移る。ここにおいて私有権は到るところ公共財産を管理するユダヤ人の支配によって廃止せらるるに至るべく、かくてメシアの時代の到来せる時、ユダヤ人は全世界の人民の財産をその鍵の下に掌握すべしというユダヤ伝統の約束は実現せらるるものと信ずる」 from Baruch Levy to Marx


いつまでもこれを誤魔化しているのでは、それこそが「騙し」と言う」言葉に」ふさわしい。昔から、結局は、高利貸しイルミナティ銀行家たち(テンプル騎士団、銀行ギャング、反カトリックの「黒い貴族」)が、自分たちが独占的に「適当に作り出した」マネーで支配するという内容は、民衆に伏せられてきたし、今も必死に隠そうとする。そのために美しいたぶらかし話を流し続けるものと思われる。カトリックの旧世界秩序封建制度に置き換わって、イルミナティ銀行家のルシファー信仰新世界秩序封建制度を打ち立てようとしてきたことを誤魔化すために、「新世界秩序」についても嘘・攪乱話を垂れ流す。


また、「人が神になる」とは、以下のことであろう。

『知っているだろうが、私がユダヤ人の神だ』

c0139575_0293668.jpg

c0139575_036164.jpg

c0139575_0544588.jpg


リチャード・リーとマードックが目指す「第三極」
http://ameblo.jp/observingchina/theme2-10015526324.html

よもや、これは何か関係?妄想ですが。


c0139575_2054543.jpg

c0139575_206634.jpg

「インターネットを何とかせねばならない!」

c0139575_246840.jpg

「うーん、よーし・・・」

c0139575_2052210.jpg

「『陰謀論者たち』にシミを付けて回ろう。ワン・フレーズ・プロパガンダで行こう。そう、『騙し屋兄弟』がいいな。日本には団子三兄弟というのがあるぞ。日本人にタグを付けてしまうまで、何とか誤魔化し続けるのだ。ゴイムどもが気付いたときにはもう遅いわ。はっはっは・・・」






イルミナティサタニスト世界権力が、二度目の米中はさみ撃ち対日侵略戦争作戦を発動しつつあることに、日本民族は気付かなければ。 太田龍

十年ほど前、李鵬中共政権首相(当時)が、外遊先で、二十年もすれば日本という国家は消えてしまうであろう。 と公言したことを、日本の白痴的権力エリート政権と売国奴的マスコミは、日本人にしっかり伝えて居ない。

第二次日本闘争計画についての、一月二十八日、日本義塾公開講義での質問にお答えする。

筆者は、十年以上前から、ユダヤ、フリーメーソン、イルミナティ、NWOは米中共同して日本を占領分割支配する作戦を進めている、と警告して来た。 つまり、日本の滅亡、亡国である。 既に、十年以上前、二十年以内に日本と言う国家は消滅する、との李鵬中共首相(当時)によって、予告されていたプログラムの実現だった。 李鵬発言は、中共と米国共通のアジェンダにもとづくものであり、言うまでもなくこれは、一九一八年九月の、「日支闘争計画」の延長線上のものである。

コールマン曰く、「2008年、300人委員会は日本破壊計画の最終段階を迎えている」と。これはその通りであろう。真実の日本民族、本当の日本人愛国者は今、なにをなすべきなのか。

一九九〇年代半ばから、二十年以内とは、概ね、二〇一五年頃。又は、二〇一〇年代の半ば頃。


2014年6月に国民一人一人に番号を割り当て、15年1月の利用開始を目指す。

c0139575_19485734.jpg

「自由、平等、友愛(博愛)」とは、彼らの自由、彼らの平等、彼らの友愛である。

c0139575_19544324.gif


「ゴイムは偏見なく歴史的観察を実際に適用することなく、一連の結果に厳しい批判を加えることなく空理空論に走る。ゆえに、われわれはかれらに一顧も与える必要もない・・時が一撃をくらわせるまで楽しませてやろうではないか。」 (プロトコール2より)


「はるか以前の時代にさかのぼれば、われわれは人民群集の中にあって「自由・平等・友愛」という言葉を叫んだ最初の人間であった。以来、幾度となく愚かなオウムたちが四方八方からこの餌に群がり集まり、世界の福利と、以前は群集の圧力に対してよく保護されていた個々人の真の自由を、この餌をもって破砕し去った。

ゴイムのうちの賢者になりたがり屋ども、知識人たちは、もともと中味のないこれらの言葉から何も作りだすことができなかった。これらの言葉が意味するものと相互関係とを否定することには考え及びもしなかった。どこをどう見ても平等はなく、自由などありえず、自然そのものはその掟に従わせるように作られているのと全く同じく、気質、性格、能力が不平等に作られていることを見なかった。

群集が盲目であること、支配を頼むためにその中から選挙された成り上がり者は、政治に関しては群集と全く同じく盲人であること、政治の奥義を授けられたる者は多少愚かであっても統治ができるが、反面、大天才であったとしても奥義を授けられない者は政治に関しては無知蒙昧であることを、決して考えようとはしなかった・・これらのことを、ゴイムは一切顧みなかった。」
 (プロトコール1より)


何か関係ありますか?







この際、これもリンクしておきましょう

ロスチャイルド・シオニズム by David Icke

なかなか、立派な記事だと思います。なぜなにもかもひっくるめて攻撃するのか?


無から捏造した金 by デーヴィッド・アイク
http://satehate.exblog.jp/8250203/

環境保護:今でも、セシル・ローズらが始めたことを継続している by デーヴィッド・アイク
http://satehate.exblog.jp/8662118

デーヴィッド・アイクと太田龍
http://tamekiyo.com/documents/original/20110131.html

人類よ、起ち上がれ!
[PR]

by oninomae | 2011-01-27 20:59 | 政治詐欺・政治紛争  

脳内位相空間の変容

c0139575_2234975.jpg


c0139575_2318863.jpg

c0139575_23183180.jpg

c0139575_23192996.jpg

c0139575_23194754.jpg

c0139575_2320294.jpg

c0139575_22581053.jpg

c0139575_23105554.jpg

c0139575_23113177.jpg




c0139575_2310292.jpg




c0139575_22363796.jpg

c0139575_22381346.jpg

c0139575_22382232.jpg

c0139575_22383690.jpg



c0139575_2241737.gif

911
c0139575_22402316.jpg

c0139575_2251394.jpg



c0139575_22583353.jpg

c0139575_22584692.jpg

2001+11=2012

c0139575_2342872.jpg

c0139575_235232.jpg


c0139575_23115652.jpg

c0139575_23122660.jpg


c0139575_23343919.jpg

c0139575_2339438.jpg

c0139575_2335337.jpg


c0139575_22342814.jpg

マトリックス:2001年9月11日で期限切れ


c0139575_23474086.jpg







Topologie psychology




Domine, quo vadis?
[PR]

by oninomae | 2011-01-26 22:30 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

「脳内位相空間の変容」(?): エルビス・ビンラディン・アサンジ  By Gordon Duff

http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/485/ より

エルビス・ビンラディン・アサンジ  By Gordon Duff Veterans Today 1月22日
http://www.veteranstoday.com/2011/01/22/gordon-duff-elvis-bin-laden-and-assange/ 

c0139575_134115.jpg

(引用注:絵の中に「モサド」もほしい・・・)
 
1977年、「ロックンロール王」のエルビス・プレスリーが死去した。彼の死以来、世界中でエルビスを見たという証言が何万件にも上った。2001年、CIA工作員で、パレスチナに於けるイスラエルの政策に批判的なオサマ・ビンラディンが死去した。彼の死以来、いくつものビデオテープと音声録音内容が彼のものであるとされてきた。

ある意味、ビンラディンは、エルビス・ビンラディンとなった「テロリズム王」なのだ。しかし音楽の伝説は永遠であろう実際のエルビスと異なり、「エルビス・ビンラディン」や「アルカイダ」の伝説と、トラボラの地下にある「テロリストの巣窟」は、軍産複合体と彼らのパートナーであるメディアの詐欺師らによってのみ生き延びている。


いかさまビン・ラディン・テープ
 
ビン・ラディンの声らしいと評された新しい「ビンラディン」の音声テープが本日公開された。メディア・インサイダーたちはビンラディンのことをUPIのアーノルド・ボルシュグラーブが名づけたように「エルビス・ビンラディン」と呼んでいる。

イスラム地域では、オサマ・ビンラディンの死亡記事は2001年に第一面に取り上げられていたのを知っている。各新聞が彼の死亡記事を載せたのは、その時に彼が死んだからだ。

彼の死以来、ビンラディンは、ないしはより正確には「エルビス・ビンラディン」は多忙な男になった。最初の露骨なビデオテープは、常にイスラエルのグループによってインターネット上に「発見」されたのだが、それはお笑いものだった。ビンラディンを装う俳優はデパートに現れるサンタクロースのように選抜された。結局は、ビデオテープは現れなくなってエルビス・ビンラディンは「音声テープのみ」での出演となったが、音声の専門家は即座にこれらを偽物であると証明した。 

最近のエルビス・ビンラディンの失敗は、死んでからかなり経ったビンラディンがフランス人ジャーナリストの運命について議論しているものだ。いくつかの一貫性の不備は無視され、一つの非常に大きな問題も無視された。

☆タリバンは誘拐されたジャーナリストのビデオを公開したが、エルビス・ビンラディンは音声のみだ。恐らく、肉体的に醜くなったためカメラで撮られるのを恥ずかしがったためであろう;

☆アフガンのパシュトゥン族の誇り高きタリバンはビンラディンやその他のアラブのリーダーを受け入れる事は決してない。実際、アラブ人はゲストとして受け入れられるくらいであり、それも彼らがそのように振舞う時に、そしてただコーランの教えがそのように要求するからだ。アラブ人でもタリバンにとっては高く評価された者たちではなく、厄介な者と見られている。


リーダーとして、あるいは戦士として、アフガンの部族の者たちは外部の者たちを素人として見ている。千年の歴史の年月がそうさせている。アフガンやパキスタン内では、アラブの戦力、アルカイダとしてアメリカが呼んでいるグループの戦力は20人以下である、と見ている。アラブ人の誰も、とりわけ、十年も前に死んだ者が、タリバンを代弁するなどということはありえないのだ。


c0139575_11742100.jpg

c0139575_1175459.jpg

c0139575_118493.jpg



アサンジ・ファクター
 
エルビス・ビンラディンとウィキリークスのジュリアン・アサンジは一つ重要な共通点を持っている。両者とも、イスラエルの要請とか感情に「敏感」である、ということだ。オサマ・ビンラディンは、生きている時は、アメリカのことをイスラエルによってコントロールされていると言って非難していた。実際のビンラディンは、ティーをオーダーする際、シオニストという言葉を使わずにはオーダーしなかった。偽のビンラディンのテープは、シオニストに対してウィキリークス的な面を示している

c0139575_1205383.jpg


☆それらはイスラエルの情報源から来ている

☆彼らはアメリカとアラブをあらゆることで非難している

☆イスラエルのパレスチナに対する行動はアメリカの責任だといわんばかりに、アメリカ攻撃を呼びかけている


同じコインの表裏
 
ジュリアン・アサンジのようにエルビス・ビンラディンは、強力な「親イスラエル・フィルター」を持っているように見える。「聖戦」を繰り返し呼びかける中に、イスラエルを実際に攻撃せよという呼びかけは何故か存在しないのだ。数千人の死者を出した、イスラエルがガザを攻撃した「鉛をぶち込め」作戦中でも、標的は常に「アメリカであり西欧」であった。

エルビス・ビンラディンは、イスラエルに対する聖戦あるいはジハードを呼びかける代わりに、なにかおかしなことを次のように言っていた:アラブの指導者らを偽善者呼ばわりし、「エルサレムの解放にはアラブのリーダーシップが必要だった・・・アラブの指導者らはシオニスト同盟十字軍となあなあの関係だったことが明らかになった」

エルビス・ビンラディンはそれからガザ攻撃のことを「歴史的な出来事であり悲劇である」と呼んだ。オサマ・ビンラディンの殺戮の聖戦の代わりに、エルビス・ビンラディンは「イスラム世界からなる諮問機関の設立のため専門委員会」を設置するよう呼びかけている。

アラブ指導者らを非難することは、あの「ウィキーリング」に関係するのか? エルビス・ビンラディンの「シオニスト十字軍」という言葉にも関わらず、イスラエルの責任であるとしているガザの学校、病院に対する攻撃でクラスター爆弾、劣化ウラン弾、白リン弾を使用したというあらゆる戦争犯罪、人類に対する犯罪について、イスラエルについての言及がない。エルビス・ビンラディンは、ジュリアン・アサンジのように、アラブを非難はするが殆どはアメリカを非難しているのである。

「シオニスト十字軍」はアメリカ人であり福音派キリスト教徒であり、イスラエルが一番という者たちである。それはイスラエルが金でロビー活動してきた者たちであるが、非難の時がやってくれば責任を取らされるのである。
 
エルビス・ビンラディンは、イスラエルを非難しないし、「鉛をぶち込め作戦」を戦争犯罪だと考えていない。 彼は、それを「歴史的な出来事で悲劇」であると呼んでいるのだ。殺人が歴史的出来事になるのだ。殺人は悲劇というわけだ。殺人はしかしながら、殺人である。誰かがエルビス・ビンラディンにそのことを思いださせる必要がある。

わがエルビス・ビンラディンは、ウィキリークスのジュリアン・アサンジのように、どうもイスラエル人のようだが、単なるイスラエル人ではない。エルビス・ビンラディンは、決してイスラエルに対する攻撃を願わない。実際、イスラエルには責任があるということはなんであっても決して示唆することさえないのだ。ビンラディンの新しいギター演奏では、シオニズムはアメリカの問題なのだ。

しかしながらアサンジは、ビンラディンが非難されたのに比べれば、ずっと狡猾である。彼は単にイスラエルのために都合の悪い部分を削除するだけではなく、イスラエルによって操作され「漏洩」された情報を積極的に偽情報として埋め込むのだ。これは両方とも認められ確認されている。

アサンジはイスラエルの超民族派の敵を遣り込めるために生きている。アメリカでは、無人攻撃機によって殺された両親が残した孤児のために寄付を募る事は、「テロリズムの物質的サポート」であるとされている。そしてそれを行う者は即刻、引渡しの対象者にされてしまう。アメリカやイギリスでは長いこと正当であるとみなされてきたこの政策の下では、ジュリアン・アサンジは「敵の戦士」といわれてきたであろうし、ブルガリアやポーランドあるいはスーダン南部に引き渡され拷問を受けたり浅い墓に向かったことだろう。

彼を助ける人はどんな人物でも、彼の「共謀者」とされ、ニューヨーク・タイムズ紙の一ダースの従業員だけでなく、ガーディアン紙やその他の新聞社の者たちも同様だが、彼の「特別なインターネットの友人たち」も同様だったかもしれない。彼の「親友」で共謀者の中でベストな人物はイスラエルのベンジャミン・ネタニヤフである事が分からない人は、単にしっかり見ていないからだ

同様に、エルビス・ビンラディンはネタニヤフとつるんでいると思われる。もしも、「ビンラディン」が、「幽霊」で、音声テープの声優ないしは仮装舞踏会に行くようなアラブ風のファンシードレスを着た道化風のボケであるにも拘わらず、テロリストとされるのであれば、イスラエル、正にネタニヤフ自身は同等にみなされるべきではないのか。

次のように考えてみよう。もしも、ビンラディンが9月11日同時多発テロの犯人だとしたら、9・11で逮捕されたテロリストたちだけがイスラエルのための仕事をしたのか?5人のイスラエル人がこの攻撃を記録するためにイスラエルから派遣されたとテレビの中継時に認めたように、正にそういう者がいたのだ。勿論、もっとありそうなシナリオは、このモサドのカメラクルーは、前もって攻撃の前に最も劇的な映像を記録するよう完璧にカメラの準備を整えていたことを前提として、標的に航空機を誘導するためにそこにいた、ということだ。

或いは、彼らは世界貿易センタービルにターゲット・レーザーを当てて「ペインティング」をしていたのであろうか?それ以外のことだったのか?10週に及んだ尋問後に彼らはイスラエルに送り返されたが、アメリカ人はビンラディンが彼の最後のCIAの支払小切手を現金化するのを捜索していた。

アサンジ、エルビス・ビンラディン、オンデマンドでの頻繁な漏洩、死人からの摩訶不思議な脅威、全てが共通項を持つ。彼らは、一つのコインの表裏なのだ。両者ともイスラエルである。

イスラエルを攻撃しているかのように見せることで暴露されることに対抗しているアサンジは、選別した新聞を通して、秘密のドキュメントだと主張していろいろなお話を公開することで、モサド工作員であると見られないように努めている。

ビンラディンは、しかしながらまだ混迷した情況にある。彼のメッセージは本当のテロリストをリクルートし励ますことを狙っているかのようであるが、アメリカ兵の殺害だけを主張し続けている。更におかしい偶然の一致は、それをあなたが馬鹿らしいとみるか偶然だと見るかだとすると、いずれでもないのだが、エルビス・ビンラディンが本物だと思わせてきた同じソースがアメリカ人が狙撃兵ないしはIED爆弾で殺されるビデオを公開してきたことだ。

エルビス・ビンラディンを操っているのが誰であれ、アメリカ人を殺しそれをビデオに撮っているようだ。これだけは憶測ではない。アメリカ人を殺すということは、アサンジのアジェンダでもあるようだ。平和のアジェンダでもないし一体化のアジェンダでもなく、まして自由な発言のアジェンダでもないものが、「ウィキリークス検閲局」から発している。

同じコインの二つの側面である。

c0139575_2424555.jpg



訳者のコメント

エルビス・ビンラディン・アサンジ CIAの作り出すエルビス・ビンラディン? ◆1月24日

ビンラディンがまた現れたそうな。こういった与太記事をまじめに大手メディアなどが取り上げている。いい加減にしないか、と言いたくなる。以下にあるように、オサマ・ビンラディンは既に死亡している。イスラム世界では常識だろう。欧米とそれにくっついている日本などでは相変わらず、オサマ・ビンラディンがどこかに隠棲しており、発見されずにいる、としている。一切はイカサマであり、茶番である。

ウィキリークスがイスラエルやユダヤに関して、不利になるような情報を公開いていない、という事実だけで、このウィキリークスなるモノが、いかなる存在か、ということを理解できなくてはならない。そのようなことを怠っておれば、何時までたってもお馬鹿なままで最後は骨までしゃぶられるのだ。

しかし、今や人類歴史も最後の時代を迎えているようだから、どんなに工作し、隠して事を行っても、どんどんばれるようになっていく。そのようなことをし続けてきた者たちは、何処にも隠れるところが無くなっていくだろう。まともな人間はそれまで、何としてでもサバイバルしなくてはならない。


++
アメリカの退役軍人も、本当のことを知っています。


関連

〔ネット規制〕民主党政権が「コンピュータ監視法」を国会に提出か(低気温のエクスタシーbyはなゆー)
http://www.asyura2.com/11/senkyo105/msg/540.html
投稿者 亀ちゃんファン 日時 2011 年 1 月 25 日
[PR]

by oninomae | 2011-01-26 01:07 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

アラブ人たちは劣化ウランに免疫がある by David Rothscum

アラブ人たちは劣化ウランに免疫がある by David Rothscum Friday, May 14, 2010

陰謀論者たちは、ウランはすべての人類に有害な危険元素と考えている。これは陰謀論者たちが精神的に病気、そして/あるいは、ネオナチ/ポピュリスト/右翼過激派であるからである。

しかしながら、彼らは間違っている。劣化ウランは、特定の人々にのみ危険である。他の人々(主にアラブ人たち)は、人体に対するウランの影響を受けない。

陰謀論者たちのような人種差別的大衆主義右翼過激派たちだけが、彼らの国で、彼らの同意も彼らの知識もなしに、衝撃で蒸気化するウラン製の兵器を使うことは悪いことであると信じる。

主に欧州諸国からの一部の部隊は、劣化ウランに免疫がない。

実際、オランダの軍隊が、イラクの一部を解放する仕事を始めたとき、彼らは、米国政府に米国がそこでいかなるウランも使用してきていないことの保証を求めた

  クウェートの1.100名のオランダ軍が、アメリカ/イギリス主導の占領軍の一部としてイラクに入るための準備をしているとき、それはまた、オランダ議会やメディアで討論を始めた。 オランダはイラクでの放射性中毒や放射線病の危険性について懸念している。  ワシントンは、オランダ政府に、オランダの軍隊が駐留するだろう町アルサマワの近くでは劣化ウラン兵器をなにも使っていないことを保証した。 しかし、オランダのジャーナリストや反戦勢力は、ラジオ・フリー・ヨーロッパのウェブサイト上の記事によれば、米国の物語の落とし穴(矛盾)を既に発見していた。


ペンタゴンの職員が説明してきたように、アラブ人たちは、劣化ウランの影響に対してそれほど免疫があるので、すべての食物連鎖が揮発した劣化ウランで汚染されている環境のなかで、彼らは安全に生まれ、そして彼らの生涯を過ごすことができる。 

オランダ人は、しかしながら、そのような環境の中で、彼らの人生のうち一年も過ごすことはできない。それは、彼らの健康に危険をもたらし得る。



ドイツのNATO軍は、劣化ウランがアフガニスタンで使用されたことを、マニュアルの中で密かに警告されていた。

c0139575_23391890.jpg


なぜなら、アラブ人たち(と見たところアフガニスタン人たち)と違って、ドイツ人たちはまた免疫がないので、ドイツ軍は、もし彼らがどこかで劣化ウランが使われたことを疑った場合、彼らが個人的なNBC保護衣を着用し、医師を呼ぶべきであることを推奨されていた。

オランダ人と同様に、ドイツ人たちは、劣化ウランの影響に脆弱である。

一度の機会に劣化ウランと接触することは、ドイツ人の体には危険であり、そしてそれ故、もし彼がどこかで劣化ウランが使用されたと疑うならば、 ドイツ人はNBC保護衣を着用しなければならない。 

幸いにも、陰謀論者たちが信じることに反して、アフガニスタン人とイラク人は劣化ウランに脆弱ではない。イラクの子供たちは、劣化ウランで穴の開いた燃え尽きたイラクの戦車の上で、一日中安全に遊ぶことが出来る。何の健康的影響にも苦しむことなしに

米国のイラク大使館職員(多かれ少なかれ、出来事の背後でその国を統治しているが、それは別の問題である)はまた、劣化ウランの影響に脆弱である

このため、彼らは、劣化ウランは食物連鎖に入るため、劣化ウランで汚染された地元のイラクの食品を食べることができない。 彼らは米国から食品を輸入せねばならない

  この合法的な人種差別を超えて、米国はまた、イラク内に人種差別的社会基盤を建設してきた。 世界中のほとんどの大使館と軍事基地は、食物、電気、水、通信、そして日用品をホスト国に頼っている。 その国における米国の軍事プレゼンスの中核にある米国大使館あるいは5つの主要基地はそうではない。彼らはみな、自分たち自身の発電・水浄化システム、自分たち自身専用の通信、そして国外からの輸入食品を有している。 なにもない、当然のことながら、先住民イラク人の台所には; その大使館は、道理にかなって高級なアメリカンレストランに適した原料を輸入する。そして米軍基地は米国のファーストフードとチェーンレストランの料理を備えている。


真の知識人たちは、劣化ウランが、テロリストたちを殺すために政府が雇った人々に対して大抵は危険であることを理解している。 

劣化ウランは、自分たち自身の素晴らしく自由で開放的、リベラルで近代的な統合された民主主義を輸出する解放者たちによって彼らの国をそれで爆撃されたアラブ人、アフガニスタン人、そしてその他の誰にとっても安全である


元記事は

Arabs are immune to Depleted Uranium  Friday, May 14, 2010
http://davidrothscum.blogspot.com/2010/05/arabs-are-immune-to-depleted-uranium.html
[PR]

by oninomae | 2011-01-24 23:15 | 放射能・ラジオハザード  

ガザとシオニスト・ユダヤ人たちの「心理学」  By Brother Nathanael Kapner

ガザとシオニスト・ユダヤ人たちの「心理学」  By Brother Nathanael Kapner April 29, 2009


Jewish Agenda Articles, IsraHell Articles

c0139575_20473642.jpg


Source: The Riddle Of The Jew's Success @ Noontide Press Here
http://www.noontidepress.com/product_info.php?cPath=23&products_id=86

For More Information On This Topic  Check Out The Website Of The Institute for Historical Review Here
http://www.ihr.org/

For The Best 'Gaza-Attack' Coverage CLICK: Rense.com Here
http://rense.com/


多くの人々が、私に書いてきている、イスラエルのガザ地区での民間人への攻撃へのユダヤ人の応答に関する大変な驚愕を表明して。 「どのようにしてほとんどのユダヤ人たちは、ガザの子どもたちに対するイスラエルによって遂行された残虐行為の観点から、無関心でいられるのか?と多くの人々が様々な電子メールを通して私に問うている。

c0139575_20501649.jpg


中流の上の階級の会堂でユダヤ人として育てられ、そして今はロシア正教会への改宗者として、私は「ユダヤ人の心理」を理解する上で独自の位置にいる。この理解は、ただかつての「インサイダー」であったことからだけではなく、イエス・キリストの教えの献身的な信者であるという道徳的な視点からも来る。

もちろん、私は昔の同教信者によって「自己嫌悪ユダヤ人」と呼ばれるリスクがある。そして、言うまでもなく、私は「過激な反セム主義者」と、ユダヤ人の法廷で浴びせかけられるだろう。

最初の非難に答えれば、私はもはやユダヤ人ではなく、キリスト教徒である。そしてキリストの信者は、自分自身ではなく神を愛するよう命じられている。「自己嫌悪」のユダヤ人であることの反対は、「自己愛」のユダヤ人であることだ。 私が21歳でイエス・キリストの教えを受け入れた時、私はこの思考様式を遠ざけた (私は今58である。)

第2の非難については、 誰ももはや「反セム主義者」告発に黙従しはしない。刑事免責を持ってユダヤ人たちが犯罪的方法で行動することを許す権能は、終わったのである

かくして、私はシオニスト・ユダヤ人たちの「心理学」の暴露を開始する。その多くは、私の情報源として上で挙げた1927年の古典、『ユダヤ人の成功の謎』からの抜粋・引用である。

c0139575_20511684.jpg


芸術と文学から、学問と政治経済まで、政治とメディアから、ほとんどの官能と犯罪の秘密の領域まで、その中にユダヤ人の精神が明確に辿れず、人生の出来事に特有の歪みを与えなかった分野は、ほとんどない。

このユダヤ人精神のすべての動機や活動は、「ゴイム」に対する優位を得ることに向けられている。さらに同時に、ユダヤ人たちは、倫理と道徳に関して、自分たちが非常に高貴な存在であると想像している。 

誰も道徳的価値観について、ユダヤ人たちほど大げさに話しはしない。

しかし、ユダヤ人たちが「道徳的価値観」を信奉することで追い求めているものは、彼らが何か賞賛に値し無私の努力に従事しているという口実の下に、彼ら自身の優位を求めることである。

「我々は存在する自分たちの権利を保護している!」と、ユダヤ人たちは、ガザの民間人への自分たちの攻撃を弁護するために主張する。

「我々は、テロの惨劇を一掃する必要がある!」と、ユダヤ人たちは、パレスチナの子供たちの虐殺を正当化して、自分たちの英雄的な使命として宣言する。


しかし現実には、異邦人の善悪の感覚に訴えるときは、それは、ユダヤ人たちが狙っている「優位」を得ることである。そして、その「優位」は、パレスチナ人が所有している土地の隅々までを掌握することである

c0139575_2053499.jpg


もし人がユダヤ人の道徳性を一句で総括することを望むなら。それは以下のようになるだろう:

「優位をもたらすものはすべて道徳的である。」

ユダヤ人の死後の世界と遠ざけるべき地獄との否定のために、 ユダヤ人たちは単に、人生の価値に、優位と利益のそれ以外により高い基準を適用することができない。

これが、なぜシオニスト・ユダヤ人たちが、イスラエル軍兵士たちがガザの子どもたちの柔らかい体を切断するのを、良心の呵責なしに観察することができるかの理由である。

シオニスト・ユダヤ人の知覚・認識は、もうひとつ別のやり方で言うことができる:

「道徳は、他の人々を打ち負かし、そして同時に、賞賛に値する決着の印象を作り出す-事実上-実は他人に対する犯罪であるものを一つの美徳行為として描く技法である。」

c0139575_2054465.jpg


これは、思考のねじ曲がった方法である。

しかし、シオニスト・ユダヤ人たちは、率直には考えない。

シオニスト・ユダヤ人は「防衛的な」姿勢から始め-そして、よろめきとおじぎによる「ぶち壊し屋」と呼ばれるボクサーのように-シオニスト・ユダヤ人は、自分の反対者を疲れ果てさせ、滅ぼし、そして最後に手足を切断することを狙っている。

ほとんどの場合、単に不断の平和な生活を過ごしたいと願っている異邦人たちは、あっさりとこの征服の方法によって圧倒される。

我々は現在、イスラエルが「存在する権利」のユダヤ人の主張による絶え間のない闘争、ガザでの大虐殺に関しては目撃をしている


c0139575_2137991.jpg


カオス、紛争、そして人々と国々の間の継続的な憎しみはすべて、彼らの犯罪的な行為の遵守の状態へと、異邦人世界を「消耗させる」シオニスト・ユダヤ人の方法である。

しかし、いつまで国々が、一つの少数派が彼らの犯罪的条件を自分たちに命令することを許すだろうか?

私は、それは長くはないと考える、私の友よ。

というのも、こう書かれている、「剣によって生きるものは剣によって死なねばならない」。ここに聖人たちの忍耐と信仰がある・・・



For More See: Neurotic Jews - Priests For A New World Order Click Here
http://www.realjewnews.com/?p=166

And: Freud’s Jewish Subversion Of Christian Culture Click Here
http://www.realjewnews.com/?p=53

And: How The Jews Think - Pts I, II, III Click Here
http://www.realjewnews.com/?p=23

And: How The Jews Talk - Pt 1 Click Here
http://www.realjewnews.com/?p=90

And: Jewry’s Crushing Silence On Gaza Click Here
http://www.realjewnews.com/?p=357

And: Obama To Lead Fourth Reich Click Here
http://www.realjewnews.com/?p=309


元記事は

Gaza & The ‘Psychology’ Of Zionist Jews  By Brother Nathanael Kapner 
http://www.realjewnews.com/?p=363


c0139575_20542743.jpg



++
この人は、本来の意味でのキリスト教徒だと思う。
[PR]

by oninomae | 2011-01-23 20:41 | イルミナティとシオニズム  

英国のユダヤ人貴族(2) by Henry Makow Ph.D.

英国のユダヤ人貴族(2) by Henry Makow Ph.D. January 17, 2011

c0139575_682016.jpg


1941年、ユダヤ人家系図のドイツの主たる専門家、フリードリッヒ・ヴィルヘルム・オイラー[Friedrich Wilhelm Euler]は、『英国上流階級へのユダヤ人の血の浸透[The Penetration of Jewish Blood into the English Upper Class]』と題された、長い論文を出版した。

オイラーは問うた。如何に近代の英国が、そこでのユダヤ人社会の相対的に小さなサイズにも関わらず、「ユダヤの保護権力」になったかを。

彼は主張した。ユダヤ人の経済的・知的影響にはあまりに過剰の強調がなされてきた、そしてユダヤ人の血による英国貴族への浸透については強調が不十分であったと。

オイラーが主張するに、19世紀に英国のユダヤ人たちが解放されたずっと以前に、商業的・財政的に成功したユダヤ人ファミリーの洗礼を受けたメンバーが、英国貴族と結婚してきた。

実質的に、彼の148ページの論文のすべては、14世紀に始まる、ユダヤ人改宗者たちと、引き続いての非ユダヤ人たちとの結婚のカタログからなっている。  (訳者:例えば、セシル家など)

その証拠は明らかにしているが、英国貴族は、「ユダヤ人との婚姻」を、「血液物質」の観点から、文字通り封印してきた。

このアラン・スタインヴァイス[Alan Steinweis]の『ユダヤ人研究:ナチ・ドイツにおける学術的反セム主義』 (2006) p. 107、からの引用情報は、重要な意味を持っている。

新世界秩序は英帝国の一つの拡張であり、それは常に、イルミナティと呼ばれるメーソン(カバリスト)の種族混合階級の強奪、貪欲、そして悪魔主義を表してきた。

もしオイラーが正しければ、英国貴族は隠れユダヤ人であると言っても過言ではない。 これは、 名高いバーク貴族名鑑の編集者、レスリー・パインの結論と一貫している

「ユダヤ人の陰謀」は、英帝国である。 米帝国NWOもそうである。

「ユダヤ人の陰謀」は、ロンドンを本拠地にする中央銀行カルテルの権力の上に築かれた「エシュタブリッシュメント」である。


第二次世界大戦の含意

歴史はこの視点から書き直される必要がある。

我々は、ダンケルク(1940年5月)[Battle of Dunkirk]から始めることができる、その時ヒトラーは、33万名の英国と同盟国の兵士たちを逃亡させた、表向きは平和の意志表示として。

c0139575_1241685.jpg

c0139575_621224.jpg

c0139575_1243766.jpg


ヒトラーは、フリードリヒ・オイラーが知っていたことを承知していたに違いない。それは常識であった。ヒトラーの公言した、英国と「北欧」同盟を作る望みは、意味をなさない。彼は、英国が、そのエリートの面では、アーリア人国家ではないことを知っていた。

英国は、イルミナティ・ユダヤ人権力の砦であった。 もしヒトラーが誠実であったのならば、英国侵略が彼の第一優先事項であっただろう。

彼はダンケルクで33万名の兵士たちを監禁しただろう。 その代わりに、彼は、彼らを逃亡させ、ロシアを攻撃することにより、英国の政策を実行した。

私が自分の本『イルミナティ』の中で、明らかにしようと努めたように、ヒトラーは、イルミナティ・ユダヤ人(英国人)の創造物であった。 彼は、ドイツを破壊し、単一世界政府へのお膳立てをするという、彼が行ったことを正確に行うために権力の座に据えられた。スターリンチャーチルは、皆イルミナティ・ユダヤ人たちで、共謀していた。(例えば、メイコウの、「バルバロッサ作戦におけるスターリンの共犯」参照 )

ヒトラーはユダヤ人たちを迫害した。なぜなら、イルミナティが、イスラエルを作ること、そしてNWOのとしての将来の使用に向けて、彼らを外傷-洗脳することを望んだからである。

同時に、ナチの迫害は、彼らのユダヤ人の駒たちを永遠の被害者、神聖な牛、そして不可触民たちのように見えるようにしながら、彼らに対する異議申し立ての信用を落とすことに役だった。


これは、イルミナティが、彼ら自身をよりうまく保護するために、言論の自由を犯罪とすることを可能にする。

マラーノ、隠れユダヤ人、共産主義者、フリーメーソンたちの、手口を見よ。 それはヒトラーのものと同じである
実際の身元と本当の目的を隠し;潜入し、堕落させ、そして最終的にはキリスト教文明を破壊する。 これは、非イルミナティ・ユダヤ人も含めて、すべての個人、国家および集団を堕落させることを含んでいる。


歴史は、この悪魔的陰謀の観点から書き直す必要がある。我々の悲劇的な過去は、カバリストたちによって投げかけられた呪文である。

このままでは、未来はさらに恐ろしくさえあり得る。


Note:

Hermann Goetsche (1815-1878) was a German "anti Semite" credited with inserting a chapter in his novel Biarritz,(1868) entitled "In the Jewish Cemetery of Prague." The chapter consists of a speech by a rabbi which is thought by some (not me) to be the inspiration for the "Protocols of Zion." It includes the following passage which might shed light on how Illuminati Jews regard intermarriage:

"We must encourage marriages between Jews and Christians for the people of Israel lose nothing by the contact and can only gain from these marriages. Our race, chosen by God, cannot be corrupted by the introduction of a certain amount of impure blood, and by those marriages our daughters will secure alliances with Christian families of some influence and power. It is right that, for the money we give, we should obtain the equivalent in influence over everything around us. To be related to gentiles shall not imply a departure from the path we have chosen to follow; on the contrary, with a little skill it will make us the arbiters of their fate."

-Quoted in Norman Cohn, Warrant for Genocide, p. 272


元記事は

England's Jewish Aristocracy (2) by Henry Makow Ph.D. January 17, 2011
http://www.henrymakow.com/englans_jewish_aristocracy_ii.html




関連

ヒトラーの、ロスチャイルド家との秘密の関係を理解する by Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/7969830/

ヒトラーの秘密の起源発掘 By Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/8626446/

ヒトラーはロスチャイルドだったか? By Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/15029904/

スターリンは、ロスチャイルドだったか?  By Clifford Shack 1
http://satehate.exblog.jp/14212190/

スターリンは、ロスチャイルドだったか?  By Clifford Shack 2
http://satehate.exblog.jp/14226211/

スターリンは、ロスチャイルドだったか?  By Clifford Shack 3
http://satehate.exblog.jp/14239224/

スターリンは、ロスチャイルドだったか?  By Clifford Shack 4
http://satehate.exblog.jp/14253946/

ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」・・・ By Clifford Shack 1
http://satehate.exblog.jp/14134488/

ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」・・・ By Clifford Shack 2
http://satehate.exblog.jp/14147022/

ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」・・・ By Clifford Shack 3
http://satehate.exblog.jp/14163384/

ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」・・・ By Clifford Shack 4
http://satehate.exblog.jp/14177068/

ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」・・・ By Clifford Shack 5
http://satehate.exblog.jp/14194167/

ロスチャイルドの人種(品種)改良:ユダヤ人を育種するユダヤ人 by Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/7969931/

最高位のイルミナティ離脱者:「ロスチャイルド一族がドルイド妖術で支配している」 By Henry Makow
http://satehate.exblog.jp/12794988

サバティアン・フランキスト・イルミナティ;全能の目カルトとしても知られる。
http://satehate.exblog.jp/7920212/


Henry Makow博士 記事目次
http://satehate.exblog.jp/13842775/

JFケネディとホロコーストの秘密 by Clifford Shack 他 目次
http://satehate.exblog.jp/13842815/
[PR]

by oninomae | 2011-01-22 06:11 | イルミナティ  

ビルダーバーグ会議での一会話 by David Rothscum

ビルダーバーグ会議での一会話 by David Rothscum Wednesday, June 16, 2010

(絵[アニメ]はここで)

それは何だろう、彼らが秘密裏にビルダーバーグ会議で会合するときに、私たちの愛する民主的に選出された(操り人形としても知られる)、そして、やや少なく民主的に選ばれた、「自由な」西洋文明の指導者たちが話していることは?

確かなことは誰も知らないが、たぶん、もしかしたら、それはこのように進行している。 お友達を滅ぼす日、この漫画を送ろう!

c0139575_22213742.jpg


この漫画を見た後、あなたは自分自身に問う:それは可能か?

それは確かに可能だ。 ノキアのCEO[Jorma Ollila]が出席している。

c0139575_1938139.jpg


エリクソンのCEOが出席している。[Lars Ramqvist]、他に [Marcus Wallenberg] [Björn Lundvall] [Tom C Hedelius]

c0139575_19382688.jpg


モトローラの人間が出席している。[Christopher Glavin]

c0139575_19384427.jpg


たぶんこの背後では、利益を超えて悪しき意図があるだろう。

c0139575_11552890.jpg


しかし、多分、我々は本当に我々の健康とこの放射線の影響を受けている動物の他の種の健康を犠牲にした。まさに我々が、いつでも、誰とでも通信できるように望んだがゆえに。そして、これが危険であると知っている人々が多くの利益を得ることをまさに望んだがゆえに。そして、この時点で、政府が決してすべての携帯電話をまさに公然と禁止し、すべてのUMTSタワーを取り壊すことができなかったゆえに。

c0139575_11564969.jpg

c0139575_1157389.jpg


しかしながら、確かなことは、携帯電話が発生する非電離放射線がDNA損傷を生み出すことである。 このことについて行われた少なくとも10の研究がある

c0139575_11572788.jpg


さらに、そこには非電離性のUVA放射も同様に直接的・間接的なDNA損傷を引き起こすことには一つの合意がある。したがって、非電離放射線がただ熱的影響だけを生み出すという議論は、気が抜ける。


待機状態の携帯電話がヒトと同様動物にも不妊を引き起こすということを示す数多くの研究がなされてきた。そして、私のアニメ化漫画はただ一つに関連しているだけである。


我々は、我々自身の細胞が特定の周波数の低レベル放射をしていることを知っており、そして我々はまた、(蜂を含めた)ある種の動物が、移動するために電磁スペクトルの一部を使用していることを知っている。 これは、コロニー崩壊障害に対して責任があり得る。

フランス政府は、子供たちに携帯電話を広告することを禁止してきたそのように善良な意図を持った人々は、フランスでは、ある災害が解き放たれるのを防止しようと確かに努めている。 

政府の全員が悪ではない、そして政府がなすことすべてが悪であるわけではないことを覚えておこう。

同時に、人間も動物も誰もが危険にさらされているこのすべてが公にされたならば、巨大なパニックが勃発するであろう。 



元記事は

A conversation at the Bilderberg conference  Wednesday, June 16, 2010
http://davidrothscum.blogspot.com/2010/06/conversation-at-bilderberg-conference.html


関連: 詳細は既報

50年のうちにすべて終わる by David Rothscum 1
http://satehate.exblog.jp/14916363/

50年のうちにすべて終わる by David Rothscum 2
http://satehate.exblog.jp/14922843/

50年のうちにすべて終わる by David Rothscum 3
http://satehate.exblog.jp/14933581/


c0139575_11444851.jpg

c0139575_11451222.jpg

c0139575_22464815.jpg

c0139575_230393.jpg

c0139575_22473740.jpg

c0139575_22475887.jpg

c0139575_22482631.jpg

c0139575_23105193.jpg

c0139575_231177.jpg



おまけ

1: BILDERBERG 2010: Participants exposed! - Secret footage, Hotel Dolce, Sitges, Spain - June 6
http://www.youtube.com/watch?v=pl833bMWc4o



携帯電話、遺伝子DNAの破壊、不妊、ガン、奇形、免疫力低下
[PR]

by oninomae | 2011-01-21 19:32 | 放射能・ラジオハザード