「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 11月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

ヒトラーの耳元の英国エージェント by Henry Makow Ph.D.

ヒトラーの耳元の英国エージェント (改訂版) by Henry Makow Ph.D. October 12, 2009


バロン・ウイリアム・ド・ロップ[Baron William Sylvester de Ropp, 1877-?]」という名前は、あまりよく知られていない。入手できる写真はないし、Wikipediaの項目もない(今はあります)。 しかし、彼は一人の英国工作員で、ヒトラーを友人として助け、そして彼のハンドラーだったかもしれない。

ヒトラーの「大胆な」外交&軍事クーデターは、世界を驚かせたが、ド・ロップによって提供される英国の意図についての高度な知識に基づいていた。

c0139575_21113496.jpg

上の写真に写っているのはバロン・ド・ロップではない。それはエルンスト・(「プチ」)・ハンフスタングル[Ernst ("Putzi") Hanfstaengl]、もう一人別のヒトラーの側近の中心部にいた連合軍のエージェントである。両男性が、イルミナティが世界戦争を誘発するためにヒトラーを作り出したとの議論に信憑性を追加する。プチについての追加は後ほど。


ラディスラス・ファラゴ[Ladislas Farago]によれば、バロン・ド・ロップは、その時代の「最も神秘的かつ影響力のある秘密の操作員」だった。

1877年にリトアニア[Lithuania]で生まれ、ドイツで教育を受け、彼は英国には1910年に移った。第一次世界大戦で、英国に仕えた後、彼はベルリンに移動し、ヒトラーに彼を紹介した仲間のバルト人でナチの理論家アルフレッド・ローゼンベルク[Alfred Rosenberg, 1893-1946]に連絡をとった。

ド・ロップはナチ党外務省を率いるローゼンベルクと親密に働いた。


c0139575_21191384.jpg


ナチたちは彼を彼らの英国でのエージェントであるとみなした。そこで彼は「クリブデン・セット[Cliveden Set]」として知られる英国の強力なセグメントの中でナチの主張への支持を組織した。彼は政府高官の訪問と情報の交換を組織した。

この気心のあった雰囲気の中で、ドイツ空軍は無邪気にもその秘密を英国に公開した。これは、ヒトラーに英国は彼の共産主義ロシアの征服を支持するだろうと思わせるより大きなイルミナティ計画(「宥和政策」)の一部であった。

ファラゴ: 「ある親密な個人的関係が、総統とデ・ロップ間に成長した。ヒトラーは、英国の外交についての彼の信頼できるコンサルタントとして彼を使って、自分の壮大な計画を彼に率直に概説した・・・いかなる他の外国人もこの程度までは享受しなかった信頼である。」 (狐たちのゲーム[The Game of the Foxes]p.88)

c0139575_21351331.jpg


「キングポーンあるいは黒の騎士[King Pawn or Black Knight](1995年)の中で、グウィン・トーマス[Gwynne Thomas]は書いている:

「そのナチ指導者は彼をすぐに好きになった、特にド・ロップが英国社会に強力なコネクションを有しており、ロンドンで何が起こっているかについて大抵よく知っていることを、彼が発見したときに。ド・ロップは[ヒトラーの]信頼を享受しただけでなく、ヒトラーが影響を与えたいと望んだ多くの英国要人たちとの取引における彼の広報担当者となった・・・ド・ロップが、1933年末までにはナチ党が完全に確立され主導権を持つことを確実にしたナチの選挙運動のいくつかに資金提供するための、ロンドンのシティでの資金調達に役立ったという強力な証拠がある。 (p.25)

ヒトラーは、資金供給し、助言し、そして彼を代表する一人の英国エージェントを持っている。どの時点で、ヒトラーは彼自身が「英国の」エージェントだったのか?


紙一重

イルミナティがヒトラーを権力の座に就けた後、彼らはドイツの反対派を妨害することによって彼をその地位に保った。

一九三八年五月四日、ルートヴィヒ・ベック[Ludwig Beck, 1880-144]、ドイツ一般幕僚長は、その国が大惨事向かって率いられていると警告して、ヒトラー打倒を呼びかけた。

一九三八年五月一〇日、チェンバレン[Arthur Neville Chamberlain, 1869-1940]首相は、クリブデン・ハウスで記者会見を行い、英国は、ドイツ、イタリアとの協定を求めており、そしてチェコスロバキアの分割を支持すると述べた。

この英国の同意を得た結果、ドイツ軍はそのヒトラーの戦争計画への抵抗を撤回した。

一九三九年には、ド・ロップはドイツのポーランド攻撃事件についての英国の立場を詳しく説明した

ローゼンベルクは、英国は防衛「戦争」を戦うだろう、つまり、ポーランドの防衛やあるいはドイツの攻撃に対する報復で行動を起こさないだろうと告げられた。特に、ドイツの領土は空爆されないだろうと、そしてドイツは、等価のものを返すこと、「偽の戦争」の期間中保持された一つの決定、に同意した。」

「このド・ロップとローゼンベルクとの間で取り決められた「取引」は、その戦争を速やかに終了させる可能性を未決のままに残していただろう。なぜなら、ド・ロップは、『英帝国もドイツも、存在しなくなった一つの国家のために、それらの未来を危険にさらすことは望まないだろう。』と言っているからである

したがって、ポーランド人たちに二股をかけることによって、英国を本拠地にしたイルミナティは、ナチたちにスターリンと共有する境界線(国境)を与えることに成功した。それは単に時間だけの問題であった。それらの間で戦争が勃発するだろうまで。

今や課題は西への攻撃を誘発し、ヒトラーを二正面作戦の罠にかけることであった。

おそらく、ド・ロップ男爵は彼に英国とフランスは寝返るだろうと請け負った。

その戦争が始まった後、ド・ロップは彼の操作の拠点を中立のスイスへと移動させた。しかし、ラディスラス・ファラゴによると、「戦争中何回か、彼はヒトラーに会議のために召喚された。」 (89)

覚えておくことだ。ウィリアム・ド・ロップという男は英国のエージェントだった。疑問は残る。ヒトラーは意識的な英国の(つまりイルミナティの)エージェントであったのか?

私の感覚では、イルミナティは、その自然な目標がイルミナティのアジェンダに沿っている見当違いな人々を後援し、彼らを導く。しかし、ヒトラーが意識的なエージェントであったことも同様に可能である。(訳注:これは、もちろん今の日本にも当てはまる)

c0139575_2215992.jpg

c0139575_2221598.jpg

c0139575_22193632.jpg

c0139575_23375147.jpg



ハンフスタングル

c0139575_22708.jpg


プチ・ハンフスタングル["Putzi" Hanfstaengl, 1887-1975]は、もう一人の謎めいた人物である。彼は自分の回顧録で、自分自身を米国のエージェントと名乗っている

c0139575_2274892.jpg


彼は、あるイルミナティの素性を有しているかもしれない。おそらくユダヤ人の母親、「ハイネ[Heine]」という。

彼はハーヴァード大学で、そして後彼の父が美術商を営んでいたニューヨーク市で、ルーズヴェルト及び米国エリート層の他のメンバーと親しく交際した

彼は1920年代にドイツに移住し、そして米国ベルリン大使館付き武官トルーマン・スミス[Truman Smith]によってヒトラーに紹介された。

スミスは彼に「ヒトラーから目を離さない」ように依頼した。

c0139575_22143211.jpg


ハンフスタングルは、ヒトラーの側近の一部となり、しばしば総統を彼のピアノ演奏で慰めていた。

c0139575_22553886.jpg

もっと実質的には、ハンフスタングルはナチの新聞の日刊紙への拡大に資金を提供した。彼は、ハーヴァードのフットボール賛歌に基づいてナチの行進曲を作曲した。

c0139575_2256345.jpg

c0139575_0173471.jpg


彼は、失敗した(ミュンヘン)ビアホール一揆の後、ヒトラーをかくまい、そして彼の美人の妻はその錯乱状態の総統が自殺をすることを防いだ。ハンフスタングルは、一九三三から一九三七年まで、ヒトラーの海外報道主任であった。

c0139575_22261120.jpg


再度言うが、この男は米国のエージェントだった

最後に、トルーマン・スミスは言及に値する。

国務省のメンバーであったけれども、彼は米国内でナチの支援を組織した。彼は、ドイツ空軍施設へのチャールズ・リンドバーグの視察旅行を組織した。後に、ワシントンで、彼は第二次世界大戦への米国の参加への、政治的・軍事的反対派を組織した。(Farago, pp.556-557)

本質的に、ハンフスタングルとスミスの役割は、バロン・ド・ロップのそれに匹敵する。

彼らは、ヒトラー(一般的にドイツ人たち)が、彼らはロシア(ソヴィrト)に対するその無鉄砲な聖戦において、英米の支配層(つまりイルミナティ)から支援されていると信じるように励ました

c0139575_2239889.jpg



結論

ウィリアム・ド・ロップ男爵、ハンフスタングル、そしてスミスたちは、第二次世界大戦がヨーロッパの国民国家を破壊しイスラエルのために理論的根拠を提供するために、イルミナティによって企画されたというさらなる証拠である。

c0139575_23293278.jpg


イルミナティという用語で、私は、ヨーロッパの貴族ロスチャイルド一族、そしてロックフェラー一族たちから生じる悪魔的集団について言及している。

歴史は、彼ら自身の権力と富を増大させながら、人類を劣化させ奴隷化するために、これらの精神病質者たちによって脚本が書かれた演劇である

この真実を曖昧にすることによって、ほとんどの歴史家、作家、ジャーナリストたちは、共犯者である。 


c0139575_225233100.jpg


c0139575_23303332.jpg


c0139575_23453583.gif

(わかりやすいなー)

c0139575_23322916.jpg

--- ---

公式!ベニート・ムッソリーニもかつてまた、一人の「英国の」エージェントであった。
http://www.cbsnews.com/stories/2009/10/14/world/main5383503.shtml?tag=stack

Related- "Was Hitler an Illuminati Agent?"
http://www.henrymakow.com/001399.html
http://satehate.exblog.jp/12147420

注:ウィリアム・ド・ロップの息子、ロバート・ド・ロップ[Robert de Ropp, 1913–1987]、一人の生化学者は、六〇年代の霊性と意識の拡大についての一冊の古典『マスター・ゲーム[The Master Game]』を著した。

c0139575_21455279.jpg


元記事は

The British Agent at Hitler's Ear (Revised)  by Henry Makow Ph.D. October 12, 2009
http://www.henrymakow.com/the_british_agent_at_hitlers_e.html

c0139575_21465887.jpg

c0139575_21475181.jpg



関連

Roosevelt and Hitler Unmasked at Last!!
http://www.reformation.org/roosevelt-and-hitler.html

c0139575_0255159.jpg

c0139575_026729.jpg

c0139575_0263176.jpg



ロスチャイルドの人種(品種)改良:ユダヤ人を育種するユダヤ人 by Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/7969931/

もちろん、ロスチャイルド一族は、自身はドイツ系ユダヤ人起源で、ドイツの土着ユダヤ人には満足しているが

ロスチャイルド一族は、ウオーバーグ(ワールブルク)一族の努力を通してこれらのユダヤ人をパレスチナに移植した。 

ロスチャイルド代理人のアドルフ・ヒトラーによって実施された計画的な人種の浄化から彼ら自身を保護しながら。



ウォーバーグ一族
http://satehate.exblog.jp/7966411/

c0139575_23455510.gif






c0139575_2365456.jpg

c0139575_2371549.jpg




c0139575_2350723.jpg

(イルミネーション)
[PR]

by oninomae | 2010-11-30 22:31 | 戦争詐欺・紛争  

戦争犯罪と思わぬ米国 by ビル・トッテン

http://www.ashisuto.co.jp/corporate/totten/column/1194706_629.html の転載

題名:No.938 戦争犯罪と思わぬ米国
From : ビル・トッテン
Subject : 戦争犯罪と思わぬ米国
Number : OW938
Date : 2010年11月15日

日本におけるアメリカに関するニュースといえば金融危機など経済に関することが多いために、アメリカが今でも戦争をしている国だということを忘れがちである。 (ビル・トッテン)

戦争犯罪と思わぬ米国

アフガン侵攻から来年で10年が経過し、2003年に大量破壊兵器を理由に攻撃を開始したイラク戦争は戦闘部隊が撤退した今も5万人以上の兵士、多数の民間軍事会社の警備員が武器やヘリコプター、防弾車まで所有してイラクで活動している。2011年末にイラクから完全撤退するというオバマ大統領だが、撤退後も米軍基地を維持していくというから今と同じ状態が続くことは明らかだ。

第二次大戦では日本に原爆を投下し、東京やドレスデンなど多くの都市を空爆で破壊した。それ以降も韓国、グアテマラ、キューバ、ラオス、ベトナム、カンボジア、グレナダ、リビア、エルサルバドル、ニカラグア、パナマ、イラク、ソマリア、スーダン、ユーゴスラビア、そしてアフガニスタンイラクと、アメリカは常にどこかを侵略したり攻撃し続けてきた。戦争はもはやビジネスで経済の一部に組み込まれており、アメリカ人のモラルでは本土が戦場にならない限り、大きな問題ではないのかもしれない。

c0139575_214118.jpg


アメリカのモラルといえば、先日、アフガニスタン駐留米軍の機密文書がインターネットに流出し、イラク駐留米軍情報部門に勤務していたマニング[Bradley E. Manning]上等兵が犯人と特定されたという。上等兵は米軍ヘリコプターがバグダッドでイラク民間人らを誤射する映像ビデオを「WikiLeaks」という匿名による政府や企業に関わる機密情報を公開するウェブサイトに掲載したとして、すでに逮捕、拘留されている

c0139575_21453453.jpg


ビデオ公開されたヘリコプター攻撃で殺された人々の肉親は、米軍の行為は戦争犯罪で、それを暴いたマニング上等兵の行為は正義だとして拘留を批判しているが、アメリカ政府は情報漏洩の防止に必死である。ある議員は、軍の機密を漏洩したマニング上等兵の行為は死刑だと言っているという。アフガニスタンやイラクでのアメリカの残虐行為を「暴露する人」を極刑にというのは、侵略戦争を批判する人々への恫喝ともとれる。

c0139575_21494491.jpg


アメリカ政府はもはや自分のとる行動が例えどんなに恥ずべきものでも戦争犯罪だとは思っていないようだ。 国内に向けても同じであり、今政府は警察の暴力を録画すると有罪になる法律を作ろうとしている。 インターネットのサイトで警察官が職権乱用してる場面を投稿する市民が増えているからだ。

c0139575_21553699.jpg

c0139575_21554932.jpg

c0139575_21561852.jpg

c0139575_21563851.jpg

c0139575_21565699.jpg

c0139575_215793.jpg

c0139575_21572661.jpg

c0139575_21574251.jpg



先住民族を大量虐殺してできたアメリカの国の成り立ちを考えると、力ある者がすべてのルールを決め、支配するための戦争は、その倫理、道徳に反するものではないのかもしれない。

c0139575_2215244.jpg


c0139575_22112211.jpg


c0139575_22114044.jpg


自民党に続き、民主党政権もそのアメリカに資金を援助し続けるだけでなく、軍需産業を潤して経済を活性化させるためとして、武器輸出三原則を見直そうとしている。それが平和憲法を持つ日本が作った兵器で他国の罪なき人々が死んでいくのだということを、アメリカ並みのモラルを持つ日本の政治家にはわからないらしい。

c0139575_228433.jpg


c0139575_2243690.jpg


c0139575_2284890.jpg


c0139575_22935.jpg


c0139575_2217365.jpg


c0139575_2320588.jpg




関連

アメリカによるホロコースト:イラクの人口削減 by David Rothscum 

自由の名の下の民族浄化 by David Rothscum 

c0139575_22474537.jpg




イルミナティはNWOを進めるために米国を作り出した  By Henry Makow, Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/14301764/

c0139575_2255529.jpg


フリーメーソン団:人類の死への願望  by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12055304

c0139575_22544869.jpg



追記

日米安保条約を破る日米同盟
http://sensouhantai.blog25.fc2.com/blog-entry-971.html
[PR]

by oninomae | 2010-11-28 21:26 | 戦争詐欺・紛争  

ナチ・ユダヤ人が「最終的解決」を設計した  by Henry Makow, Ph.D.

ナチ・ユダヤ人が「最終的解決」を設計した  by Henry Makow, Ph.D.  October 4, 2009

c0139575_5571317.jpg

皮肉なことに、アーリア人の理想に適合する唯一のナチ・ヒエラルキーのメンバーはおそらく混血ユダヤ人だった。

さらにまだ皮肉なことに、ラインハルト・ハイドリヒ[Reinhard Heydrich] (チーフ・ゲシュタポでSD)は、欧州のユダヤ人を根絶する計画「最終的解決」の事業計画立案者であるとみなされている。

最近、私は、異端的なユダヤ人の悪魔崇拝カルトであるサバティアン・フランキストたちが、一八世紀以来ユダヤ人を根絶する計画をしてきていたと論じた

このカルト教団の顕著な特徴は、彼らは姻戚関係になって他国民のメンバー、イデオロギーやユダヤ教を含む宗教のものまねをするということである。

(ハイドリヒの背景は、このプロファイルに適合する)。サバティアン・フランキストたちは、イルミナティの創設者で、共産主義ファシズムシオニズム社会主義自由主義ネオコン、そしてNWOに関与している。

私の読者が知っているように、私の仮説は、第二次世界大戦およびすべての世界大戦)は、でっち上げで、そしてすべての側の指導者たちはイルミナティ(フリーメーソン)サバティアン・フランキスト・ユダヤ人だったというものである (訳注:日本の「指導者たち」はお先棒担ぎのフリーメーソン)

その目的は、普通のリーダーシップを絶滅させ、全住民を退化させ自信をなくさせることにより西欧文明を破壊することであった。

その目標は、この悪魔カルトに密かに監督される世界政府である。

言い換えれば、ルーズベルトチャーチルヒトラーそしてスターリンは共謀したのかもしれない。ハイドリヒはあまりにも多くを知っており脅威を与えたために、1942年に暗殺されたのかもしれない 。


ユダヤ人の金髪の獣

c0139575_671083.jpg

ハイドリヒのユダヤ人性の問題は、彼の祖父を中心に展開する。彼の父親、ブルーノ・ハイドリヒ[Bruno Heydrich]は、その母親の最初のあるいは二番目の夫の子孫どちらなのか?

c0139575_754742.jpg

ハイドリヒのアーリア人の純度の防衛者(エドワール・カリック[Edouard Calic]のような)は、エルネスティン・リンダー[Ernestine Linder]の最初の夫、カール・ユリウス・ラインハルト[Karl Julius Reinhard]がブルーノの父親だったという。

しかし、大多数の意見では、彼女の2番目の夫ロバート・スエス[Robert Suess]、ユダヤ人、がブルーノ・ラインハルトの父親のようだ。

ブルーノ・ラインハルトは、ワーグナーのオペラ歌手、作曲家、指揮者であったが、非ユダヤ人として受け入れられるために苦労した。

彼は、彼の教授の娘で、実際のアーリア人と結婚し、ハレで120人の生徒を有する音楽学校を開いた。しかし、彼は、彼がユダヤ人であるという疑いを克服することができなかった。

彼がフリーメーソンであったという事実は、彼がフランキストだったという見方を支持する。

ブライアン・リグ[Brian Rigg]、『ヒトラーのユダヤ人兵士[Hitler's Jewish Soldiers]』の著者は書いている

c0139575_6125649.jpg

「ハイドリヒがハレで子供だったころ、近所の子供たちは、彼を「Isi (Izzy)」と呼んで、彼をからかった。それは、言外にユダヤ人を暗示するIsidorの短縮形だった。このニックネームは、ハイドリヒ動揺させた。彼が海軍に務めた時、彼の同僚の多くは彼がユダヤ人だと信じていた。一部のものは彼を『金髪のモーゼ』と呼んだ。またハレに住んでいた他のものは、皆彼の父親、音楽家のブルーノ・ハイドリヒはユダヤ人であると信じていたと主張している。半ユダヤ人のアリス・シャーパー[Alice Schaper]旧姓ローア[Rohr]は、ブルーノからピアノのレッスンを受けていたが、主張している。 『我々はすべての彼がユダヤ人だと知っていた。・・・彼はまさに典型的なユダヤ人に見えた。』 町中ではブルーノは、背後でイジドール・スエス[Isidor Suess]と呼ばれた。そのような噂が周囲にあったため、ハイドリヒが継続的に、これらの疑惑申し立てによって、特に彼がSSの将軍として働いていたとき、負い目を感じていたことは驚きではなかった。」

イルミナティは共産主義とナチズム両者を、ロシアとドイツを破壊するために作り出した。

c0139575_6281465.jpg

片や階級間戦争といわれている;もう一つは人種間戦争と。しかし、両策略とも戦争のための口実であった。


ヒトラーは人種的純度など何も気にしてはいなかった。彼自身の祖父がユダヤ人だった。

c0139575_630175.jpg

c0139575_6204816.jpg

(蛇足:バヴァリアです。ヒトラーが「一揆」で台頭したのは)

c0139575_1936126.jpg


c0139575_21491681.jpg

「ヒトラーの政治キャリアを通じて、彼のイデオロギーからいくつかの特別免除扱いを行った。」とブライアン・リグは書いている。 「ヒトラーは、彼の人種法の規定からの免除を何千人ものMischlinge(交雑種:部分的ユダヤ人)に承認していた。」


部分的ユダヤ人ハイドリヒ

ハイドリヒ(1904-1942)はこのような特別扱いの一人だった。

ハインリヒ・ヒムラー[Heinrich Himmler]は、ハイドリヒの上司だった。彼は、自分の医者フェリックス・ケルステン[Felix Kersten]に、ハイドリヒは部分ユダヤ人でヒトラーはこれを知っていたと述べた。

ヒトラーは述べた。彼の「非アーリア人起源は非常に有益だった;というのは、彼は永遠に我々に感謝するだろう。だから我々は彼を守って彼を追放しないできた。そうすれば、盲目的に従うだろうし、これは、実際にそうだった。」(The Kersten Memoirs, 1957, p 97.)

言い換えれば、ハイドリヒは彼の忠誠心を証明するために、ユダヤ人に対して二重に冷酷であった。

ハイドリヒは「他の誰も面倒を見たいとは思わない」仕事を引き受けた。

ヒムラーは続ける:ハイドリヒは「彼の血液中のユダヤ人の要素は地獄に落ちるべきと確信していた;彼は、自分をそれほど欺瞞的に振る舞わせるその血液が大嫌いだった。総統は実際、ユダヤ人に対するキャンペーンのためにハイドリヒより良い男を選ぶことは出来なかっただろう。彼らに対して、彼は慈悲も同情もなかった。」(99)

ヨアヒム・フェスト[Joachim Fest]は書いている。Abwehrチーフのヴィルヘルム・カナリス[Wilhelm Canaris]は、「彼の敵対者のユダヤ的素性を証明する文書」を入手することによって、ハイドリヒに抵抗することができた・・・」と。  (“The Face of the Third Reich," p. 105)

c0139575_6355725.jpg

c0139575_6375525.jpg

ハイドリヒはEinsatzgruppenユニット貨物輸送を担当していて、それはドイツ国防軍[Wehrmacht]と毒ガス処理された(訳者は大量処理には疑問を持っていますが)ユダヤ人たちへと続いた。彼は強制収容所のシステムを設営し、そして1942年1月のヴァンゼー会議で「最終的解決」を策定した。

c0139575_742640.jpg

彼は38歳で死去したけれども、ハイドリヒの他の「業績」のリストは恐るべきものである。 カリックは、帝国議会火災[Reichstag Fire](1933年)や「長いナイフの夜[The Night of the Long Knives]」(1934)を彼の手柄としている。

c0139575_6451988.jpg

c0139575_648872.jpg

c0139575_649427.gif

フェストは、ソ連軍と、国防軍の伝統的な将軍を追放へと導いた証拠を捏造したのは彼の功績だとしている。彼はチェコスロバキアの併合と断片的な合併への道を開いた。彼は「水晶の夜[Kristallnacht]」として知られる反ユダヤ的ポグロムを組織した。

c0139575_653361.jpg

c0139575_6554237.jpg

c0139575_655198.jpg

しかし、私は彼がヒトラー、スターリンそしてチャーチルの隠された協力について知りすぎていたと疑っている。 そしてちょうどチャーチルが(ボルマンのために機会を作ろうと)ヘスをヒトラーのために取り除いたように、英国のPMとフリーメーソンはまたハイドリヒを破棄した。 英国は、ハイドリッヒとヒトラーの医者を待ち伏せるためにチェコの諜報員を派遣し、彼を片づけた。ハイドリヒは暗殺すべき唯一の主要なナチ指導者であった。


結論

私の仮説は、ナチ運動はサバティアン・フランキスト(イルミナティ)によって、西洋文明の破壊を通じて、彼らの悪魔的な世界政府を前進させるために作り出されたというものである。

このアジェンダはよく進んでいる。

我々はマインドコントロールされた試験槽のなかにすんでいる。そこでは、エリートの社会工学者たちが、戦争ウイルス;ニュースと教育;文化と娯楽を管理する。それらのすべては我々を自発的なそして従順な召し使いへと変換するように設計されている。

我々の政治的、文化的指導者たちは、彼らの悪魔のようなスキームを前進させるためにイルミナティによって選ばれている。それが今日の成功の意味である。

ラインハルト・ハイドリヒの物語は、物事はそれらが思われているようなものではないことを思い出させてくれるもう一つのものである

ナチ親衛隊ボルシェヴィキ、英国と米国(訳注:「フランス」も)のフリーメーソンは、イルミナティの別の部門であった。

人類は、この悪魔崇拝カルトに所有されている。だからこそ、現在の出来事や文化にはほとんど意味がない。これらの用語を除いては。

See Letter Below from author of Heydrich Book

Heydrich resources from David Irving Site
http://www.fpp.co.uk/Heydrich/index.html

元記事は

Nazi Jew Designed "Final Solution"  by Henry Makow, Ph.D.  October 4, 2009
http://www.henrymakow.com/was_reinhard_heydrich_partly_j.html

c0139575_6262514.jpg


c0139575_7552387.jpg

c0139575_78124.jpg

(蛇足:バヴァリアとボヘミア、そして英国、スイス、NYコネクション)


ロスチャイルド一族、チャーチル、そして「最終解決」・・・ By Clifford Shack 






c0139575_81835.jpg

(蛇足:バヴァリアです。デンヴァー空港の壁画の中心にあるのは)

c0139575_21572882.jpg

c0139575_219087.jpg

This is taken from a photograph of Hitler while he was in prison.

c0139575_2122178.jpg

Pope Benedict XVI, a former member of Hitler Youth in Bavaria

c0139575_21582845.jpg

c0139575_2223660.jpg

c0139575_2225720.jpg

c0139575_2226188.jpg

c0139575_22265039.jpg


c0139575_813067.jpg



なぜ韓国式?
http://ttensan.exblog.jp/11382076/

c0139575_826684.jpg

c0139575_8282677.jpg


韓国式焼酎の飲み方
http://www.asahi.com/international/korea/TKY200707230477.html

c0139575_8322373.jpg

「菅直人はコリア系スパイでは?」:そうかも知れないですナ。
http://quasimoto.exblog.jp/13686227/

バカボンに決定
http://satehate.exblog.jp/15122499

66.6%が菅首相を選びました。

家畜動物農場共通番号制度のお知らせ
http://satehate.exblog.jp/14184602

納税番号と歳入庁セットで検討=菅副総理 (2009/11/24-13:01)

「・・・世界共和国を建設したならば、国家の統治権は無産者の勝利によって何らの努力を要せずしてイスラエル人の手に移るここにおいて私有権は到るところ公共財産を管理するユダヤ人の支配によって廃止せらるるに至るべく、かくてメシアの時代の到来せる時、ユダヤ人は全世界の人民の財産をその鍵の下に掌握すべしというユダヤ伝統の約束は実現せらるるものと信ずる」 from Baruch Levy to Marx 「最終的解決」ですかね)

c0139575_8412299.jpg

与党も野党も朝鮮人だった.....
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/yotoyato.htm

首相、支持率1%でも辞めない 鳩山氏と会談
http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010112701000369.html

++
サバティアン・朝鮮人というのもいるんですよね。

c0139575_8535743.jpg

「朝鮮進駐軍の非道を忘れるな」
http://nezu621.blog7.fc2.com/blog-entry-748.html


で、ここで、インディアンたち思い出すことになるわけですが・・・


というわけで、」ついでに

c0139575_213050100.jpg

こんな38もありました。 ACCJは39のほうですが。

38度線もありましたね。ふむふむ。

c0139575_22384382.jpg

韓国緊張、全軍が準戦時体制  28日から米と合同演習 (確かに Sengoku 38 じゃないか)
http://www.47news.jp/news/2010/11/post_20101127194401.html

c0139575_22514916.jpg

c0139575_23431821.jpg

で、これも再録

近い将来、米国で大規模なテロがあり、それをきっかけにして米国、イスラエル対アラブ世界との間で複数の長い時間のかかる戦争が延々と繰り返される事になる。

アジアでも日本、中国、朝鮮半島、台湾を巻き込んで複数の長い期間に渡る戦争が行われる事になる。これは後に第三次世界大戦と呼ばれる事になる一連の長い戦争である。

これは80億の世界人口の内、生きている必要も価値もない70億人の人間に無駄な食料と石油を浪費させないため、人口削減政策として計画的に引き起こされる戦争である。

計画としては80億の人間の内70億人は殺害、殺菌消毒される必要がある。 



++
バッカみたい、というかバカだと死ななきゃ治らないになるかもね。

c0139575_2259887.jpg

これも、おまけ

終了! フリーメーソン団の最終黙示録 (アンコール) by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/10864509

フリーメーソンたちは、「革命の手の中で死なねばならない。彼らの協働作業によってもたらされてきた革命の中で。」

「メーソン団の真の秘密はフリーメーソン団の組織としての自殺、そしてすべての重要メーソンたちの物理的自殺である。」
  ラコフスキー

わかりますか?

c0139575_22324134.jpg

[PR]

by oninomae | 2010-11-27 07:08 | ホロコースト  

政府が「食べ物の自由」を奪う~食品安全近代化法の修正案はブタに口紅~

http://tamekiyo.com/documents/others/s510radyananda.html の転載

政府が「食べ物の自由」を奪う食品安全近代化法の修正案はブタに口紅  レイディ・アナンダ 2010年11月23日
The Food Safety Modernization Act: The US Government's Assault on "Food Freedom" By Rady Ananda

c0139575_1595027.jpg


食品安全近代化法(Food Safety Modernization Act、上院510法案)に対する反対派の意見も操作されており、テスター修正案によって、可決されるべき法律に昇格したような印象をアメリカ人に与えたがっている。テスター修正案は、頭部の傷にバンドエイドを貼るようなものである。米国史上で最も殺人的(リーサル)な政府機関〔訳註:FDAのこと〕が、農場から食卓まで食糧供給の支配を握ることを、この修正案では止めることはできない。

現在、巨大アグリビジネス(食品農業アグリビジネス・グループ30社)が510法案に反対しているが、我々は引き続きこの法案に反対しなければならないこれは連邦政府による食糧の自由への攻撃である。 アグリビジネスは、テスター修正案に盛り込まれた適用除外には、常に反対してきた。アグリビジネスが反対している現在の510法案にはこれが盛り込まれた状態であり、彼らはわずかな競争の余地さえ残したくないことが明白になっている。だが、この修正案により、アグリビジネスが突然510法案に反対し始めたことで、人々は510法案に間違った安心感を抱くように誘導されている。 (引用注:銀行家たちが反対して見せた、連邦準備制度法案の時とおなじですな。ウォール街が、ルーズヴェルトに反対して見せたというのもありました)

c0139575_2552429.jpg


テスター修正案は、ブタ(貪欲な人)に口紅を塗るようなものだ。依然としてブタはブタであり、始末しておく必要がある。

c0139575_3243612.jpg


テスター修正案は、まったく十分な内容ではない。ドルが崩壊すると、一年当たり50万ドルがどれほどの価値になるというのか? 50万ドルとは、この修正案で適用除外となる食糧生産者の収入限度である。そして、適用除外といっても、食糧安全計画の提出義務を免除されるだけのことだ。法案にあるそれ以外のことは、適用除外にならない

小規模な生産者は、510法案で提案されている過激な規制によって全滅することになるだろうし、適用除外にならない中規模の生産者もそうだろう。歴史は繰り返す。中小規模の食肉加工業者は、食品安全を擬装して採用されたビル・クリントンのHACCP計画( Hazard Analysis Critical Control Point)〔原材料の仕入れから、調理、保管、出荷までの食品製造工程全般において、いくつかの重要管理点を設定し、病原菌や異物の混入などの危険を発見・分析・記録していく食品衛生管理システム〕によって滅びた。 だが、それで食肉が安全になったわけではない。食肉加工業者の数が減った(独占が進んだ)だけである。

Michael Vail(Blacklisted Newsの編集長)は、食品の兵器化のことを述べている。 「兵器としての食糧と言えば、我々に供給されている食糧で遺伝子実験が行われていることを考えてみるべきだ。 最近、バイオテクノロジーが立ち上げた数多くの団体が、コメにコレラのワクチンを入れ、アフリカ人を実験ネズミの代わりに使っている。クローン牛や、毎年のワクチン製造のために遺伝子組み換えされた牛のTボーン(骨付き)ステーキを食べてみたい人はいるだろうか?

c0139575_247176.jpg


マイク・アダムス(Mike Adams)は、FDAがアメリカ国民の食糧供給を「保護」する政府機関では間違ってもないことを示すために、FDAの行動をまとめている。「FDAは、世界の歴史で発生したすべてのテロ事件の死者数合計よりも、はるかに多くのアメリカ人の死亡の原因となっている」と述べ、何万人もの死者をもたらしたFDAが承認した医薬品の事例をいくつか挙げている。その一つ(Vioxx)だけで、ベトナム戦争で死亡したアメリカ人よりも、多くの人々が殺されている。また、FDAが、巨大製薬会社の利益のために、自然療法の情報源が発信する栄養情報を犯罪扱いしてきた経緯を示している。

さらに、「FDAは、米国の歴史で存在した最も致死的な政府機関」であり、「過去20年間にわたり、FDAは、第一次世界大戦、第二次世界大戦、朝鮮戦争、ベトナム戦争、湾岸戦争、さらに昔の南北戦争まで合計した死者数以上のアメリカ人を殺してきた」と述べている。

また、FDAは、ナノ粒子を食品に入れることも承認(規制の対象にしない形で)している。ナノ粒子は、1メートルの10億分の1である。この微小な粒子は、血液脳関門を突破することができるため、深刻な健康リスクを抱えている。健康への影響を検証することなく、そして食品の安全に奉仕することなく、FDAは、こうした混入物が食品に入ることに目をつぶっている。

510法案の「食品安全近代化法」という名称であるが、FDAにとって「近代化」という言葉には、医薬品(抗生物質など)、化学物質(塩素など)、他の生物の遺伝子、その他企業が利益のために新たに製造する物質なら何であれ、こうした物質を全食糧供給に混入させるよう全国民に義務付ける意図がある。食糧生産者に農薬の使用が強制され、それを我々は食べることで害を被ることになる。照射殺菌が強制され、それが全生産者が従うべき「安全」基準になるだろう。

c0139575_391197.gif


510法案の追跡可能性(生産履歴管理)義務では、ナノ・トレーサーなどの技術(機器)を食品に組み込み、人間の胃の中の食品の生産履歴が追跡できる状態にすることが示唆されている。この暗黒のシナリオがすぐさま実行されることはないとしても、食品追跡義務に必要な書類作成の負担によって中規模の生産者や流通業者は壊滅的になるだろう。あなたの私的なフード・クラブの顧客リストを、(FDAが利益を代表する)競争相手に差し出さないといけない状態を想像してみてほしい。何十億ドル規模の巨大企業が、妨害して、あなたの小さな事業を駆逐するのは、いとも簡単ではなかろうか?

510法案により、自然の正常な食品は、犯罪になる。すでに現在でも、ライト・カウンティ・エッグ(Wright County Egg)のような大企業が何十年も汚染食品を販売するのを放置しておきながら、自然食品の生産者や流通業者に食品の強制捜査が入っているので、これはわかったことだ。FDAに更なる16億ドルが与えられ、完全な食糧支配権が与えられるのを待つまでもなく、この「正常な食品との戦争」はすでに始まっている。

c0139575_344217.jpg


情報操作された反対派がテスター修正案で510法案の問題がすべて解決されるとアメリカ国民を説得しようとしているが、多くの「食品の自由」活動家は、これが煙幕に過ぎないことに気付いている。編集者に届いた一通の手紙は、「私の凍てついた手からカブを奪い取るがいい」と題してあった。大々的に喧伝されている「適用除外」は、510法案が持つ以下のような数多くの深刻な問題から目を逸らすものである。

・食品安全の本当の問題の解決になっていない。本当の問題は、中央集約、工業化された食品供給体制にある。

・国際条約、貿易協定が、国内法よりも優先されることになっている。

・食品の生産・流通がなされる文化的に適切な法的基盤を州が決定する権限を奪うものである。

・食品規制の執行権限をFDAから国土安全保障省に移すことになる。自由を抹殺し、子供に性的いたずらをするTSA(運輸保安局)を所轄し、ハリケーン・カトリーナの被害では悲惨な対応を行い、メキシコ湾で継続中のBP災害からは目を逸らした(これは大量虐殺に相当する行為)国土安全保障省である。

・失敗し、破滅をもたらしたHACCPを全食品に拡大するものである。HACCPが食肉製造に対して行ったこと(中小規模の食肉加工業者が排除された)が、全食品に拡大され、地域の食糧生産や農業に対してなされる恐れがある。

・FDAの権限を大幅に増強することになる。FDAは公式記録された発表でアメリカ国民には「自らの身体の健康に対する基本的権利」は無く、「希望する食品を入手するという基本的権利は無い」と述べた政府機関である。

c0139575_3593989.jpg


あなたは、自分のダイアモンドを、そのダイアモンドの所有権があなたには無いと考えている他人に預ける気になるだろうか? 明らかに、FDA(特に510法案)は、「フル・スペクトラム・ドミナンス」(完全支配)として知られる計画の下に推進されている全体主義的な警察国家の要である。

c0139575_3472544.jpg

c0139575_345015.jpg

c0139575_3451554.jpg

c0139575_3425839.jpg

c0139575_3431486.jpg


最後に、我々を騙して押し付けようとしている、この食品「安全」法の制定の背後には、モンサントがいることを忘れてはいけない。米国の農務長官が、かつて、「バイオテクノロジーの支配人・オブ・ザ・イアー」とあだ名されたことを忘れてはいけない。オバマ大統領が、GMOと農薬の推進者を米国の農業貿易代表に任命したことを忘れてはいけない。また、オバマが、モンサントの擁護者エレナ・ケイガン[Elena Kagan, 「カガン」ですか?なるほど, born in New York City 1960-, After attending Princeton, Oxford, and Harvard Law School・・・]を米国の最高裁判所判事に任命し、

c0139575_493312.jpg

c0139575_2312728.jpg

元モンサントの弁護士クラレンス・トーマス(Clarence Thomas)と一緒に裁判所に座っていることも、忘れてはいけない。

c0139575_2324695.jpg

c0139575_431111.jpg

(これにモンサントが強化されたと・・・)
c0139575_454980.jpg


ウィリアム・イングドールは、その著”Seeds of Destruction”(邦訳は、『ロックフェラーの完全支配・アグリスーティカル編』)で、「一九七〇年代半ばに、ロックフェラー家とその組織の子分ヘンリー・キッシンジャー国務長官は、食糧を支配すれば、人々を支配できると語った」と警告している。

c0139575_2354088.jpg

c0139575_2362779.jpg

c0139575_2404915.jpg


その同じ顔ぶれが、食品の「安全」を装って、そのような支配権力を握ろうとしている。決して誤解してはならない。FDAと510法案のような法律は、食品を「管理・支配」するためにあるのであって、「安全」のためにあるのではない。 もし安全のためならば、家畜の集中給餌操業を禁止する法律が制定されるはずであり、抗生物質の無差別な使用が禁止されるはずであり、農薬やBPAが禁止されるはずであるだが、そうなっていないのは、FDAがもはや食品安全のための組織ではなくなっているからである FDAは、完全に巨大製薬会社、巨大食品会社、巨大化学会社に生け捕りになった連邦機関なのである。

現在、アグリビジネスがテスター修正案に反対しているからという理由で、マスコミや食品団体が510法案を支持すべきと主張しているのは、多くの人々を騙す行為になる。

c0139575_313567.jpg


そうではなく、我々はしっかりと意志を強固にして510法案そのものを拒否すべきである。

上院の票決は、今後数日内になされる予定である。The Atlanticにコメントを書いて、なぜテスター修正案があっても我々が510法案に反対しているのか、Marion Nestle〔訳註:食品安全の観点からこの法案に賛成しているおめでたい栄養学者のようだ。引用注:the Paulette Goddard Professor of Nutrition, Food Studies, and Public Health at New York University〕に教えてあげよう。

c0139575_452259.jpg

c0139575_4515684.jpg

c0139575_4524889.jpg


それよりも、上院議員に伝えることが重要だ。

c0139575_2384067.jpg

c0139575_4101833.jpg

c0139575_493248.jpg


(翻訳:為清勝彦 Japanese translation by Katsuhiko Tamekiyo)

関連情報

原文 The Food Safety Modernization Act: The US Government's Assault on "Food Freedom" Tester Amendment to food ‘safety’ bill puts lipstick on a pig (Global Search)
http://www.globalresearch.ca/index.php?context=viewArticle&code=ANA20101123&articleId=22073

家庭菜園と種子の自家貯蔵を違法化する食品安全近代化法の票決迫る!
http://tamekiyo.com/documents/healthranger/bill510.html
http://satehate.exblog.jp/15486291/

掲載2010年11月24日

訳者メモ

食品安全近代化法(Food Safety Modernization Act、上院510法案)の続報である。小規模農業を適用除外にする修正案が盛り込まれたことで、安堵感が広がっているようであるが、それは目くらましに過ぎない。

デーヴィッド・アイクが「全体主義者の忍び足」(Totalitarian Tiptoe)という表現を作っているが、あまりにもわかりやすい急激な変化であれば、さすがに多くの人から拒絶反応が出てしまう。だから、人々の反応を伺いながら、今回はこれぐらいなら、いけるかな?と一歩ずつ着実に進めていくのである。

c0139575_250897.jpg

場合によっては、後退することもある。「三歩進んで二歩下がる」なんて歌もあったようにだ。茹でカエルのように、気付かない内に、パンチをくらってしまう。

c0139575_250584.jpg


今回の記事にあるように、食品の「生産履歴管理」と称して、食べ物にナノ・チップを埋め込む構想もあるようである。医薬品についてはスマートピルの情報でお伝えしているが、胃の中まで「安全」管理してくれるらしい。

なお、この法案の票決は、サンクスギビング・デーの後に持ち越され、11月29日となる可能性が高いようである。



関連

S-510 - The Most Dangerous Bill In American History S 510 'Food Safety Modernization' Act Of 2010  By Dr. Arthur Evangelista, PhD Former FDA Investigator. Quality, Safety and Security Preparedness Specialist 9-17-10
http://www.rense.com/general92/bill.htm

飢餓は一つの政治的武器として使用される by David Rothscum 1
http://satehate.exblog.jp/14312467/

飢餓は一つの政治的武器として使用される by David Rothscum 2
http://satehate.exblog.jp/14331290/

飢餓は一つの政治的武器として使用される by David Rothscum 3
http://satehate.exblog.jp/14341369/

オバマの大量虐殺:食品破壊による強制的飢餓 by David Rothscum
http://satehate.exblog.jp/14360038/

どのように遺伝的に操作された食品が我々の種の生存を脅かすか by David Rothscum
http://satehate.exblog.jp/14381968/

c0139575_4202124.jpg

最初からどうせ「無駄飯食い」は始末してしまう予定だったので、ずさんでばれても気にしないってわけですよね。

c0139575_3282638.jpg

[PR]

by oninomae | 2010-11-25 01:55 | バイオハザード・GMO食品  

イルミナティ・ユダヤ人たちがホロコーストを引き起こした? by Henry Makow Ph.D.

イルミナティ・ユダヤ人たちがホロコーストを引き起こした? by Henry Makow Ph.D.  September 30, 2009

c0139575_19183697.jpg


1988年、著名なカナダ人のラビ、ギュンター・プラウト[Gunther Plaut]は、フランキスト・ユダヤ人がホロコーストに責任があったことを暗示する一冊の本を出版した

そのアイデアは、エリー・ウィーゼル[Elie Wiesel]に劣らない権威によって裏書きされていた。

『The Man Who Would be Messiah』は、小説化されたヤコブ・フランク[Jacob Frank, 1726-1791]の伝記である。彼は正統派ユダヤ教に反対する悪魔主義異端を主導していた。

彼はメシアでありもう一人の悪魔的詐欺師、サバタイ・ツヴィ[Shabbetai Zvi, 1626-1676]の生まれ変わりであると主張した。

彼らの目的は社会の秩序(国家、家族、人種、宗教、財産)を破壊し、そして律法道徳を覆すことであった。 禁止されてきていたことは許可されるだろう:姦通、近親相姦、小児性愛。(これは我々の「性の解放」のオカルト的起源である。) カバラに触発され、彼らは「罪を通じての神聖」を実行した。善は西洋文明の消滅と悪の勝利を通じてやって来るだろう。 

ロスチャイルドは、サバティアン・フランキストである。この悪魔的運動は、(バヴァリア)イルミナティ共産主義、そしてNWOを生み出した。それは今日の世界をコントロールしている。

しかし皮肉なことに、多くのイルミナティがユダヤ人のふりをしている一方で、彼らは実際には、以前彼らを破門し貶(けな)したユダヤ人を破壊したいと願っている

したがって、ユダヤ人の中には認識されない分裂がある。そこでは、異端者たちが本流を根絶し、そしてシオニズムを介して生存者の支配権を握った。 しかし今なお、イルミナティ・ユダヤ人たちが引き起こし組織化した反ユダヤ主義のために、 ユダヤ人たちは誤って彼らの指導者層にしがみつく

ナチのヒエラルキーはおそらくフランキストが起源である。我々は、この証拠を後ほど見るだろう。

しかし最初に、我々はカナダのユダヤ人会議の議長ラビ・プラウトが彼らのホロコースト計画について述べたことを検討してみよう。


救世主になろうとした男

フランキストは自分の行動の形跡を隠す。ヤコブ・フランクの伝記は絶版で非常に高価($ 300)である。

それでもギュンター・プラウトは徹底的にフランクを研究し、自分自身のために権力を求めた一人の意識的な詐欺師としてのフランクの、洞察力があり複雑な肖像画を提供した。

プラウトによると、フランクはユダヤ人たちを「新たな秩序」への一つの障壁とみなしていた。

彼はフランクに語らせる:

「はい、ユダヤ人たちは。誰かが来るだろう、そして発見する。彼は古い価値を覆すことは出来ないと。それらを実際に信じている、もっと悪いことには、それらを実践している人々を破壊することなしには。そして、彼はユダヤ人たちが彼の道に立っていると確信したとき、彼は彼らすべてを殺す方法を発見するだろう。害虫のように、彼らを破壊し、彼らを絶滅させる。 (141)

彼の序文のなかで、エリー・ウィーゼルは言っている。プラウトは「もう一人別の人物[すなわち、ヒトラー]の一つの解釈を提供している。彼は、ある異なったレベルで、自身を魔王と同盟させた。我々の人々を破壊するために。」 (13)

プラウトはフランクに言わせている。「ユダヤ人たちは殺されるべきである。なぜなら彼らは伝統的な道徳を信じており、それによって世界の現状を永続させるからである。」 (151)

しかし、フランクの悪魔的な神への憎しみは当然すべての宗教へと拡張した:「私は世界に革命をもたらすためにやってきた。イスラム教徒、カトリック、ロシアあるいはギリシャ正教会、ユダヤ人――私は人々を彼らの律法への奴隷化から解放するためにやってきた。そして私は宗教を開始した。 聖職者や随伴者を欺くことは、人類に対する利益である。お解りいただけますか。」 (151)


ナチたち

フランキストたちは、あらゆる宗教やイデオロギーに同意するふりをして、そして世襲的悪魔主義者たちと姻戚関係となることによって権力を達成した。 舞台裏では、彼らは自分たちの血族を躍進させ出来事を操作した。こうして、彼らは政府と経済の秘密の支配を得た。

c0139575_2026496.jpg


彼らは以下の事実によって存在を認められる。彼らは、キリスト教徒、ユダヤ人、イスラム教徒などのふりをする。一つの典型的な例は、ジョン・ケリーで、彼はアイルランドのカトリック教徒であるふりをした。が、実際は彼の父親は、フランキスト・ユダヤ人(CIAに勤務)で、彼の母親はフォーブス一族であった。

c0139575_19365484.jpg


バラク・オバマの母親は、フランキスト /イルミナティ・ユダヤ人女性であったようだ

c0139575_20544318.jpg


もう一つの例は、英国ロスチャイルド一族で、彼らは非ユダヤ人たちと結婚しているがユダヤ人のふりをしている。

c0139575_19443797.jpg


彼らは、すべてイルミナティ悪魔主義者である。

フランキストたちはユダヤ人に対する戦争を遂行する。タルムードを告発し、正統派のユダヤ人たちを、キリスト教徒の子供たちを儀式的に生け贄にしていると非難することによって。

フランキストたちは無数のポグロムに対して責任がある。

ヒトラーのユダヤ人たちに対する精神病質的憎悪は彼のフランキスト的背景に起因していたということはありえるか?

c0139575_1953406.jpg


彼の祖父はユダヤ人であると考えられている。 (一人のユダヤ人、フランケンバーガー[Frankenberger]が、子供の養育費を支払った。)

c0139575_19474681.jpg

(マイヤー・ランスキー[Meyer Lansky]?いいえ、ヨーゼフ・ゲッベルス[Josef Goebbels])


書籍『アドルフ・ヒトラー:イスラエルの創始者[Adolf Hitler: Founder of Israel]』(1974年)の中で、著者ハイネッケ・カーデル[Heineke Kardel]は、ドイツのユダヤ人ディートリッヒ・ブロンダー[Dietrich Bronder]を引用している:

c0139575_1950381.jpg


「ユダヤ人の子孫か、またはユダヤ人ファミリーに関連する者たちは:指導者にして帝国総統アドルフ・ヒトラー;

c0139575_20113648.jpg

彼の代理帝国大臣ルドルフ・ヘス; 帝国元帥ヘルマン・ゲーリング; NSDAPの帝国指導者グレゴール・シュトラッサー、ヨーゼフ・ゲッベルス、アルフレッド・ローゼンバーグ、ハンス・フランク、ハインリッヒ・ヒムラー; 帝国大臣フォン・リッベントロップ(彼は、初代イスラエル大統領で一九五二年に死んだ有名なシオニスト、ハイム・ワイツマンと固い友情を交わしていた);フォン・コウデル; 野戦指揮官グロボクニク(ユダヤ系の廃物焼却炉);、ヨルダンとヴィルヘルム・フーベ;偉大なるSS指導者たちラインハルト・ハイドリヒ、エーリヒ・フォン・デム・バッハ-ツェレフスキーそしてフォン・コイデルⅡ、彼はまたユダヤ人の破壊に活動的であった。(彼らすべては、秘密のトゥーレ結社/協会のメンバーであった)」(Bronder, Before Hitler Came, 1964) (参照:イルミナティはなぜユダヤ人たちを憎悪するのか?

またさらに、チャーチルルーズヴェルト、そしてスターリンもまた、イルミナティあるいはフランキスト・ユダヤ人たちであった。

c0139575_21121599.jpg


だから、あなたは理解することが出来る。どのように第二次世界大戦が企画策動されてきたものかを。 一つの理由として(反フランキスト)ユダヤ人たちを絶滅させるというフランクの目標を充足させるために。

フランキストたちは、ドイツ軍に一五万人の部分ユダヤ人兵士たちがいたことを説明するかもしれない。
http://www.kansaspress.ku.edu/righit.html


結論

NWOに対して「ユダヤ人たち」を責めることにより、愛国者たちはイルミナティの罠に嵌っている。愛国者とユダヤ人とを問わず、新しいパラダイムが必要である。

ユダヤ人たち、そして実際すべての宗教や民族はフランキスト(イルミナティ)悪魔主義者たち、彼らの従僕たち、そして手先たちによって導かれている。

我々が何であれヨーロッパのユダヤ人について考えると、ドイツ人、ポーランド人とロシア人のように、彼らは高度に発達した文明を持っていた。

革命と戦争両者の目的は、西洋文明を破壊することである。そのため、フランキスト(イルミナティ)たちは、両側の管理を引き受け、そして自身の目的のため戦争を煽動した。

その過程で、彼らは伝統的に彼らに反対していた文明化されたユダヤ人たちを絶滅させた。

我々は現実から目をそらしているままである。文化と政治は西欧文明の破壊に夢中になっている悪魔主義者たちによって制御されていることを、我々が認識するまでは。 我々はそれを見ることができない。なぜなら我々は「彼らが我々の鼻の上にまたがらせた眼鏡を介して見ているからである。」


c0139575_2083945.jpg

マイヤー・ランスキー[Meyer Lansky]



c0139575_209319.jpg


Related: Incest Survivor Exposed Illuminati Satanists
http://www.kansaspress.ku.edu/righit.html
Jews' "Worst Enemy" Now Ours
http://www.savethemales.ca/002030.html

Gershon Scholem- Background on Sabbatean Frankists
http://www.radicaltorahthought.com/Bio%20Zvi_Frank.htm

The Satanic Roots of Rock
http://www.radicaltorahthought.com/Bio%20Zvi_Frank.htm(リンク切れ)
http://www.av1611.org/othpubls/roots.html
http://100777.com/node/151


元記事は

Were Illuminati Jews Responsible for Holocaust? by Henry Makow Ph.D.  September 30, 2009
http://www.henrymakow.com/were_illuminati_jews_responsib.html

c0139575_20123166.jpg

Adolf Eichmann Jewish





おまけ

c0139575_1333122.jpg


c0139575_1355249.jpg


c0139575_051496.jpg


c0139575_061563.jpg


c0139575_065038.jpg


c0139575_0153052.jpg


c0139575_010866.jpg



朝鮮半島砲撃戦:「韓国側、先に発砲したと認める」…中国報道 2010/11/25(木) 10:33
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=1125&f=politics_1125_007.shtml

新華社や北京晨報など中国メディアは25日、朝鮮半島で23日に発生した南北双方の砲撃戦について「韓国側が、先に発砲したと認めた」とする記事を発表しはじめた。韓国が軍事演習として、北朝鮮と「支配問題」で対立している海域に砲弾を撃ち込んだことを指す。

朝鮮半島停戦の1953年、国連側は海上における韓国と北朝鮮の軍事境界線として朝鮮半島西側の海域に北方限界線(NLL)を設定した。実質的には、米国と韓国の「西側」が一方的に設定したものだ。北朝鮮側は認めず、1999年になり、NLLより南側に「海上軍事境界線」を設定した。南北双方が主張する領域が一部で重なり、「争議ある海域」が発生することになった。

c0139575_2533995.jpg


北朝鮮側は22日、韓国側に対し、「争議ある海域」付近での軍事演習を中止するよう要請。韓国側は拒絶した。韓国の政府関係者は名を秘すことを条件に「わが方の砲弾は、争議ある海域に落下した。ただし、北朝鮮の海岸には届いていない」と述べた。同説明は、北朝鮮軍が発表した「韓国側が先に、わが領海に数十発の砲弾を撃ち込んだ」との声明に合致する。

北朝鮮側の砲撃により、韓国の延坪島(ヨンピョンド)に約100発が着弾。軍人2人と民間人2人の計4人が死亡した(引用注:海と住居はだいぶ違いますね)。 北朝鮮が韓国の陸地を砲撃したのは、朝鮮戦争停戦後、初めて。(編集担当:如月隼人)

++
例によって、阿吽の呼吸なんじゃないの?
[PR]

by oninomae | 2010-11-24 20:17 | ホロコースト  

ウォールストリートを運営するユダヤ人 たち By Brother Nathanael Kapner

ウォールストリートを運営するユダヤ人 たち By Brother Nathanael Kapner November 10, 2010

c0139575_19284192.jpg


『ユダヤ人とマネー-定型概念物語』というのは、名誉毀損防止同盟のディレクター、アブラハム・フォックスマン[Abraham Foxman]による新しい本の題名である。

c0139575_19263763.jpg

c0139575_19295512.jpg


強力なユダヤ人たち、ロウズ社のアンドリュー・ティッシュ[Andrew Tisch]や、ニューズコーポレーションのルパート・マードック[Rupert Murdoch](母がユダヤ人)は、 「べた褒め」の書評で絶賛した

“Foxman’s books serves as an important wake-up call – alerting readers to continuing prejudice and stereotyping of Jews, both positively and negatively, which swirls around the mainstream of American culture. Jews and Money takes readers through an easy-to-digest and informative journey, documenting the origins and growth of bias and bigotry against Jews from the birth of Christianity through current time, focusing on the subtle as well as blatant forms of prejudice today, and the role of the media and the internet.”
-- Andrew Tisch, Co-chairman, Loews Corporation

c0139575_23153083.jpg


“Abe Foxman looks at some long-standing stereotypes about Jewish people that have no place in the business world, or any world for that matter. He provides important information that will educate others, combat bigotry, and promote religious and economic freedom.”
-- Rupert Murdoch,
Chairman & CEO, News Corporation

c0139575_23115629.jpg



もちろん、キリストを憎むユダヤ人、アンドリュー・ティッシュは、 貪欲な両替商としてユダヤ人たちを定型化する源であり加害者であるとして、キリスト教を攻撃した

フォックスマンの本の背後にあるすべてのこのまやかしは、不均衡な量の富とコントロールを所有しているユダヤ人たちについての「定型概念(固定観念)」が「虚偽で危険」であるとゴイムに納得させるためのものである

c0139575_4412162.jpg


しかし、ユダヤ人の片言(無駄口)に左右されない我々は、我々の顔面にギラギラ照りつける事実を単純に理解する。それは何気ない観察者でさえ、ユダヤ人たちが巨大な量の富を所有しており米国の億万長者の48%はユダヤ人たち)、そしてそれを政治家たち世論を買うために使っていると確信させるものである。 (訳注:もちろん、大元にイルミナティ金融詐欺がありますからね)

c0139575_7374755.jpg


この多頭のユダヤのマネー怪獣の蛇の巣は、モルガンロックフェラー、そしてメロンのような名前は、もはや見いだされなくなった*ウォール街で発見される。 (*訳注:はっきりとした「ユダヤ人」が前面に出てきただけで、米国では特にロックフェラー一族が指揮者の位置にあることは変わらないと思われる)

c0139575_1938146.jpg

c0139575_5302045.jpg

LLoyd Blankfein


「非ユダヤ人」(「」は訳者)銀行家たちのこの古い世界環境は、いまやブランクフェイン、ルービン、そしてワイルのような名のユダヤ人たちの新世界秩序で置き換えられつつある。 (訳注:大筋ではそういうことなのでしょう)

c0139575_5332281.jpg


ウォール街のユダヤ人たちは、ホワイトハウスと議会を運営しているのみならず、米国の納税者たちのマネーがどこに行くべきかも決定する:つまり救済を通して自分たちに、あるいは、以前の米国工場がいまや中国やインドに設置されることを支持する彼等の海外投資へと

c0139575_19405956.jpg


サンフォードと息子たち

ウォール街の 「ゴッドファーザー」として知られているサンフォード・ワイル[Sanford Weill]は、 ロバート・ルービン[Robert Rubin]、ジェイミー・ダイモン[Jamie Dimon]、ロイド・ブランクフェイン[LLoyd Blankfein]、そしてスティーブン・フリードマン[Stephen Friedman]を含む多くのユダヤ人の弟子たちを生み出した

ワイルは彼の銀行業歴を、1955年に、ベアースターンズの「運用者」として開始した。彼は1983年、アメリカン・エクスプレスの社長になり、そして買収を通して、巨大保険会社トラベラーズ・グループを作り出した

ワイルは、1998年にシティコープとトラベラーズを合併させた。その時、アラン・グリーンスパン及びロバート・ルービンとともに、ユダヤ的金融侵略に対して保護していた法律であるグラス・スティーガル法を廃止するようクリントンを「確信」させた

c0139575_20141358.jpg

c0139575_6242065.jpg

c0139575_6244664.jpg


その合併は、ワイルが名誉会長として支配し続けるシティグループと名付けられた世界最大の金融機関を作り出す権限を与えた。

c0139575_1951539.jpg


ホワイトハウスの中の彼の強引な駒たちを通して、ワイルはすぐに「ビル・クリントンを買い、グラス・スティーガル法を打ち砕いた銀行家」として札付きとなった

サンフォード・ワイルはまさに、コーネル大学で彼の富を投入することにより、友人を勝ち取り、学生に影響を与えるために、いかに彼のマネーを使うかを知っていた。 巨額のマネーが感謝されないことを許すことなく、コーネル大は、彼らの医学校を彼にちなんで命名し、彼らのユダヤ人後援者に報いた[Weill Cornell Medical College of Cornell University]。

c0139575_1853511.jpg

c0139575_18523042.jpg

c0139575_1985530.jpg


さらなる感謝さえ示して、その大学は理事会の会長にワイルを任命した

c0139575_1931460.jpg

c0139575_1933744.jpg


c0139575_1915069.jpg

AIDS Research Past and Future An Interview with Jeffrey Laurence, M.D.
Dr. Laurence in his lab at Cornell University's Weill Medical College


言い換えれば、ユダヤ人とマネーの「定型概念」の信用を落とすことは、本を売る巧妙な方法である。

しかし、事実と名前の現実世界に生きている我々は、誰がマネーを持っていて、いかに彼らがそれを使うかについて、我々自身の意見を形作る。

c0139575_19541954.jpg

c0139575_6453545.jpg


営業中のいんちき弁護士たち

1966年にゴールドマン・サックスに参加しロバート・ルービンスティーブン・フリードマンの両者は、ユダヤ人ネットワークを介して、上方移動の経歴を保証された。

まもなく、ルービンとフリードマンはゴールドマンの会長職を共有し、ついで、国家経済評議会のディレクターとしての任務に就いた。ルービンはクリントン政権で、そしてフリードマンはブッシュ政権で

c0139575_2322650.jpg

c0139575_233218.jpg


彼らの並行した細道は、国政の上層領域に彼らをつれていくだろう。それは、ユダヤ人銀行ギャングたちが米国の政治生活を享受する基本的な権力を実証している。

c0139575_235124.jpg


2008年1月、フリードマンは、誰のところに納税者たちのマネーが行くかを決定する、ウォールストリートと密接に関係した支部、ニューヨーク連邦準備銀行の議長となった

c0139575_2003633.jpg


フリードマンが2008年から2009年ニューヨーク連銀の議長をしていた間、彼は同時にゴールドマン・サックスの取締役会に所属していた。

インサイド情報を介してゴールドマンサックスの株式50000株を買ったとばれた後、最終的に「二重国籍者」であると暴露されたとき、フリードマンは、「利害の抵触」を言い訳にして連銀を辞職した

しかし、2009年、いかなる法的結末にも免疫を持って(ユダヤ人たちは特別な法的地位を享受している)、ニューヨーク連銀の議長として務めながら、フリードマンはまた、オバマの外国諜報諮問委員会の議長をしていた

ユダヤ人の定型概念にもかかわらず、ユダヤ人の富裕なエリートたちのその名前と事件を知っている我々は、エイブ・フォックスマンが我々に強いるだろうようなユダヤ人の粉飾を購入したりはしない。

c0139575_440239.jpg


はい、確かにフォックスマンさん。

c0139575_4485071.jpg

c0139575_747870.jpg


ウォールストリートの貸金庫は、非常に高い地位を約束するようにとの彼らの影響力をもたらすユダヤ人たちのドルで溢れている・・・

c0139575_7472776.jpg


c0139575_4561878.jpg


c0139575_2332610.jpg


c0139575_01311.jpg


The simpsons code
http://www.youtube.com/watch?v=sILriBhJr2M&feature=player_embedded

UPDATE the simpsons code
http://www.youtube.com/watch?v=v_qbmgmg8MY&feature=player_embedded


For More See: Jewish Supremacism & The Death Of American Labor Click Here
http://www.realjewnews.com/?p=553

And: Jews Wage War On The Middle Class Click Here
http://www.realjewnews.com/?p=562

And: Obama’s Finance Reform - Jewish Bankers Win Again Click Here
http://www.realjewnews.com/?p=497

And: Goldman Sachs Jews Do Greece - (America Too)… Click Here
http://www.realjewnews.com/?p=482


元記事は

THE JEWS WHO RUN WALL STREET By Brother Nathanael Kapner
http://www.realzionistnews.com/?p=571


c0139575_2042012.jpg



関連

物々交換システムついに公開します
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-entry-666.html エントリー666だって(笑)

くほほほほほ

本当に。本当に!!フォロー宜しくお願いします。

++

まあ、うちでもこんなのがありました。

カバリスティック 9.11
http://satehate.exblog.jp/9680666/


おまけ

世界に詐欺をぶちかましている人たち(実名付まとめ、 Q&A)

「Jews」 did 9/11
Israel did 9/11, ALL THE PROOF YOU NEED
http://jewishcrimenetworkdid911.blogspot.com/

http://vimeo.com/15502015

この新しいページは詳しい。今や、誰でもみんな知っている!?

ところで、

c0139575_0245112.jpg

何がゼロなの? 真犯人への言及? それとも、あなたの運命?


誤魔化しの「追究者」はこのページには触れないよね。たぶん。「デイリー・プラザよ永遠に」ってのを思い出します。 (あまり載せたくはないけれど、「マスコミ、金融界を経て、1990年から環境問題の解決をライフワークに。911事件をきっかけにグローバルピースキャンペーンを立ち上げ、米紙への全面広告やハリウッドへのビルボードを実現・・・」 うーーん?まあ、しょうがないか。立場もあることだし・・・他の「ゴイム」よりはましだということで)


「かれらは成功した。

多くの暗殺説に熱心な人々は、いまだデイリー・プラザに焦点を合わせている


このオリジナルページは突然消えました。Clifford Shackさんが心配です。
[PR]

by oninomae | 2010-11-22 20:05 | 金融詐欺  

食料自己生産もゼロにしろ!

まず、http://tamekiyo.com/documents/healthranger/bill510.html の転載

家庭菜園と種子の自家貯蔵を違法化する食品安全近代化法の票決迫る! マイク・アダムス(ヘルスレンジャー) 2010年11月16日
Senate Bill S 510 Food Safety Modernization Act vote imminent: Would outlaw gardening and saving seeds By Mike Adams, the Health Ranger 


上院510法案「食品安全近代化法」 (Food Safety Modernization Act)は、「米国の歴史で最も危険な法案」と言われている。

c0139575_19542630.jpg


この法律により、人々が食べ物を栽培し、売買し、輸送する権利に対し、米国政府は新たな権限を得ることになる。ビッグブラザーに、あなたの家庭菜園のトマトを取り締まる権力を与えることになるのだ。直売所でキュウリを売る人を逮捕・投獄する権限が認められることになる。連邦政府の独裁的な規則を遵守せずに有機製品を輸送すると犯罪になる。 

c0139575_19271655.jpg


これは、人々が自由な選択によって農産物や食べ物を耕作、売買、消費することに対し、最も攻撃的な権限になるだろう。憲法に反するだけでなく、自然法にも反している。もっと言えば、神の意思に反している」とカナダ・ヘルスの告発者Dr. Shiv Chopraと述べている。 (http://shivchopra.com/?page_id=2)

c0139575_19314617.jpg


この暴政的な法律では、全ての食糧生産(家庭菜園で作った食べ物も含む)が国土安全保障省の管轄下になる。かの全裸スキャナーで乗客に痴漢行為をしているTSA(運輸保安局)を所轄しているのと同じ国土安全保障省である。

c0139575_19274892.jpg

c0139575_2102776.jpg


この法律により、家庭菜園でレタスを栽培し、地元の直売所で販売しただけで、重罪犯人(密輸業者)として逮捕する権限が米国政府に与えられる。

また、これにより、米国は、世界貿易機関(WTO)と国際食品規格(Codex Alimentarius)に自国の食糧供給に関する主権を売り渡すことになる。

c0139575_20594526.jpg

c0139575_210487.gif

c0139575_2122567.jpg

c0139575_22524236.jpg


さらに、種の貯蔵も犯罪になりhttp://foodfreedom.wordpress.com/2009/06/13/seeds-how-to-criminalize-them/)、代々受け継がれた種を貯蔵して家庭菜園をしている人は一般犯罪者になってしまう。これには、明らかに、モンサントなどの企業に種子を独占させる意図がある。

c0139575_19561265.jpg


小規模な食品生産者に不当な書類作成の負担を課して廃業に追い込み、食糧供給の能力を大規模な多国籍企業に一層移すことになる。

c0139575_2033388.jpg


この危険な法案についてもっと知っておくために、Wordpressの「食品の自由」ブログを読むことをお勧めする。http://foodfreedom.wordpress.com/2009/06/13/seeds-how-to-criminalize-them/

更に詳細については、法案510を説明しているNaturalNews.TVにある次の優れたビデオをご覧いただきたい。

http://naturalnews.tv/v.asp?v=9209B7B02D4A5A8EA8B71038D6C18D26


いま行動を起こさなければ、自分で食べ物を栽培できなくなる

「シチズン・フォー・ヘルス」の嘆願書に署名しよう。

http://www.citizens.org/?page_id=2312

今すぐ! 本当に重要だ。

これに加え、Cornucopia Instituteは、最近になって、緊急行動を呼びかける電子メールを発信した。次の情報が含まれている。(http://www.cornucopia.org/2010/11/action-alert-act-by-nov-17-on-senate-food-safety-legislation/)

上院法案510に抗議する方法(略)

あなたは、「食品安全近代化法」に全面的に反対していること、そして、この法律は、アメリカの食糧の未来を破壊し、自由を潰す破滅的な法律だと主張しておくべきだろう。

すでに百年近く前に、アメリカは通貨供給の権限を連邦準備制度に明け渡し、喪失している。また、アメリカは、医療産業と「病気から利益を得る」策略のため、健康も喪った。そして、今、我々は、上院法案510が通過するならば、自分で食べ物を育てる権利、自分自身で種を保存する権利も喪失しようとしている。 

c0139575_200832.jpg


これは、アメリカ国民を暗黒時代、栄養失調の時代に押し込む、危険で暴政的な法律である。我々の食糧を作ってくれている多くの人々を犯罪者にし、食糧生産を更なる企業独占に変える法律である。

c0139575_20192821.jpg


今すぐに上院議員と連絡をとり、この法案に強く反対していることを伝えてほしい。


(翻訳:為清勝彦 Japanese translation by Katsuhiko Tamekiyo)

原文の紹介・関連情報
原文 Senate Bill S 510 Food Safety Modernization Act vote imminent: Would outlaw gardening and saving seeds
http://www.naturalnews.com/030418_Food_Safety_Modernization_Act_seeds.html


関連

Food Freedom
http://foodfreedom.wordpress.com/2010/04/24/s-510-is-hissing-in-the-grass/

c0139575_19211775.jpg


Genetic Modified Foods - Senate Bill S510
http://batr.org/gulag/082210.html

c0139575_1926968.jpg



掲載2010年11月17日

内容紹介・訳者メモ

米国で食糧価格が高騰しているという報道もあり、いよいよ「食糧危機」の演出に向けて舞台準備が整ってきたようである。食糧危機に対応する確実な方法は、自分で食べ物を栽培することであるが、今回の記事は、その最後の手段も奪っておこうという法律の話である。

食糧価格を高騰させるには、需要と供給の価格決定メカニズムからして、需要を増やすか供給を減らすかである。人間が食べる量には限度があるので、需要が急増することはないだろう。あるとすれば「供給不足」による価格高騰である。 「供給不足」は、気象操作、「戦争」や「テロ」などによる流通の阻害、食品に病原菌が発生したなどという衛生上の「問題」を作るなどして、人為的に実現できる。

価格が高騰した場合、高くなった食糧を入手できるのは、一定の経済力を持つ人々に限定され、貧困層は食べ物が入手できなくなる。そうすれば米国に内乱が起き、米国・ドルを崩壊させ、世界政府へと着実に進める手段にも使える。今回の記事にも、米国の食糧主権をWTOに明け渡すことになるとある。もちろん「食糧危機」のプロセスを通じて、グローバル・アグリビジネスの遺伝子組み換え食品の独占が一層進むことになる。

そんな中、奇妙にも、日本では米の価格下落で農家が苦境にあるという(低米価政策へ転換する本当の理由、農業協同組合新聞)。TPPが話題になっている(TPPについて考える、THINKER blog)。何ともアグリビジネスに都合の良い話ばかりだ。

c0139575_2026329.jpg


c0139575_2141115.gif


c0139575_2142664.jpg



参照

TPPをにらみ農家の大規模化を促進 鹿野農相 日本農業破滅への道
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/opinion/japan-fta-fever4.htm

鹿野道彦農相が11月18日の参院予算委員会で、農家への戸別所得補償制度に関連し、大規模化を促すために作付面積の多い農家を優遇する「規模加算」導入に強い意欲を表明した。

また、19日のNHKの番組に出演後、「戸別所得補償制度を拡充し、作付面積の多い農家を優遇する「規模加算」を2011年度から導入する方向で検討することを明らかにした。環太平洋連携協定(TPP)をにらみ、農家の大規模化を促進して生産性向上を図り、日本農業の競争力を高めるのが狙い。11年度の農業予算の在り方を議論するため設置した「関係4大臣会合」で調整する見通しだ」という。

農相、大規模化へ加算金に意欲 戸別所得補償で  47news 2010年11月18日
http://www.47news.jp/CN/201011/CN2010111801000851.html 
大規模農家に「加算」 農相、11年度から導入方針 中日新聞 2010年11月19日
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2010111901001021.html
 
ということは、TPP参加は既定の事実であり、またコメ等重要品目の一層の市場開放も既定の事実であるということだろう。しかし、「農家の大規模化を促進して生産性向上を図り、日本農業の競争力を高める」ことが日本農政のTPP対策とは、笑止千万だ。

難しい話ではない。TPPに参加するベトナムはタイと並ぶ世界最大の米輸出国だ。その今年1月から10月までの米の輸出量は556万トン、輸出額は23億5000万ドルである。トン当たり平均輸出価格は423ドルで、1ドル=85円で換算すると3万5870円だ。キロ35.9円、60キロ2154円の計算だ。ところで、日本の米生産費は、農水省米生産費調査(平成21年)で知ることができる最大規模の15ヘクタール以上作付農家の平均でも1万円を超えている(11,206円)。ベトナムで栽培されるインディカ米は、こんな価格差があっても日本の米飯用米として急増することはない(米粉用市場は別)。しかし、米を自由化対象に含めた貿易自由化協定が結ばれれば、ベトナムもタイもジャポニカ米栽培を急速に増やすだろう*。日本の最大規模の米農家でも、価格競争では競争にならないことは明らかだ。この大差を所得補償しようとすれば、持続不能な国家財政=納税者負担が生じることも明らかだ。

*自由貿易協定の経済効果評価の専門家である川崎賢太郎氏→
http://www.maff.go.jp/primaff/kenkyu/kenkyuin_syokai/pdf/primaffreview2004-12-11.pdf
 
そもそも、規模拡大で国際競争力を増すという発想が時代錯誤だ。日本よりはるかに規模拡大が進んだフランスでさえ、そんな発想はとっくの昔に捨てている。農業の多面的機能への直接支払を打ち出した1999年農業基本法の制定に際し、その提案理由説明は次のように述べている

「欧州農業は最も競争力が強い世界の競争者と同じ価格で原料を世界市場で売りさばくことを唯一の目標として定めるならば、破滅への道を走ることになる。それはフランスの73万(1995年末)の農業経営のうちの少なくとも30万の経営を破壊するような価格でのみ可能なことであり、そんなことは誰も望んでいない」、「農業のための大きな公的支出は、それが雇用の維持、自然資源の保全、食料の品質の改善に貢献するかぎりでのみ、納税者により持続的に受け入れられる」 (北林寿信 「方向転換目指すフランス農政―新農業基本法制定に向けて―」 『レファレンス』<国立国会図書館> 1999年3月号 58頁)。

EUも同様な方向を目指してきた。11月18日に発表されたばかりの2013年以後の共通農業政策(CAP)のあり方を示す欧州委員会の青写真も、公的補助を正当化するためには農民に一層の環境保護を求めねばならないと強調している。

Commission outlines blueprint for forward-looking Common Agricultural Policy after 2013, European Commission,10.11.18

こんな時代に、なぜTPP、なぜ規模拡大優先農政なのか。
 
日本の米が競争力をつける最短の道は、規模拡大ではなく、生産方法(有機、減農薬、環境保全)や品質の差別化である。国はフランスの多面的機能への直接支払にならい、農家のこのような努力をこそ支援せねばならない。

[規模拡大一般を無意味というつもりはない。自由化対策としての規模拡大にはほとんど意味がないということだ]
 
c0139575_2004579.jpg


c0139575_217777.gif

 
++
「無駄飯食い」はゼロになれって、言っているんですよね。



追加参照

「無駄飯食いの大間引きを始めるわよ」:ナポリターノの禍い!?
http://quasimoto.exblog.jp/13672055/


"You know, it's almost time for great culling to begin! It's almost time for useless eaters to be culled. Those are the people who are consuming nonrenewable natural resourses."

「知ってるの? 大規模の間引きが始まる今がその時なのよ。 無駄飯食いが一掃される時なのよ。 彼らが再生不能の自然資源を消費している人々なのよ。」

++
確かに、おばさんからも連絡済みでしたね。


そういえば、こんなおばさんもいました。
c0139575_6142038.jpg

「・・・我々は、地球という惑星のための神の選別過程を担当している。彼は選び--我々は破壊する。我々は蒼白き馬の騎手、すなわち死神である。」


こんな神様も

c0139575_6402997.jpg

c0139575_6414419.jpg


メーソンが祈るシリウスの神は、エジプトではアヌビス神だったんですよね。アヌビスはナイル川の洪水時期を教えてくれて、人々は高地に逃げたそうです。そこをコロラドと呼んだかどうかは知りませんが

c0139575_76722.gif


メーソンの大洪水とは、如何なるものでしょうか?

2012 全国ロードショー
http://satehate.exblog.jp/13019178


c0139575_6513489.jpg


連絡済みだったんですよね。
[PR]

by oninomae | 2010-11-20 19:12 | バイオハザード・GMO食品  

インディアンたち

森や沼地のゲリラ戦のにがい経験は、白人達にインディアンとインディアンを戦わせる利点を教えたインディアンのスカウトを利用すれば、森で道を失うおそれはない。

彼等の間の昔からの敵対関係をも十分利用した。

白人宣教師たちの努力によって多数の「お祈りインディアン」も存在したし、森の中からも、次第にフィリップ(本名メタカム)を裏切る連中がふえていった。

彼等の多数は、白人達の無責任な甘言にのせられ、白人の銃を手にして自らの属する民族のレジスタンス運動を切りくずし、やがて、自らも奴隷として売られてしまう運命に身をゆだねた。

ともあれ、こうした"よい"インディアン、裏切りのインディアン達の巧みな先導によって、白人達は進んで暗い森にわけ入り、各所で敵性インディアンの小群を不意に捕捉して、せんめつしていった。
 p65-66より


c0139575_014539.jpg


c0139575_23592154.jpg


c0139575_21394229.jpg


インディアン達は忘れない。マソサイトの後をついだ、その子のキング・フィリップが、侵略者としての白人達の、際限のない横暴に対して乾坤一擲の反撃を試みて一敗地にまみれた時、プリマスの白人達は、彼の死体を分断し、その首級をプリマスの街頭にさらして、そのまま二五年に及んだことを、インディアン達は忘れない。 p30

c0139575_2555182.jpg

c0139575_2562417.jpg



おまけ

ネイティブ・ブラッド:感謝祭の神話
http://icke.seesaa.net/article/169638564.html

感謝祭(WIKI日本語)


アメリカの小学生はみんなプリマス・コロニーの清教徒たちがインディアンを招いて、ニューイングランドの厳しい最初の冬を生き延びたことの収穫祭を行ったことを学ぶ。

c0139575_22352616.jpg

A self-serving historical lie -- The myth of coexistance and love promoted by Thanksgiving

c0139575_22284374.jpg

c0139575_2223776.jpg

After the first colonies were establshed -- the Pequod war


c0139575_2215712.jpg

Original inhabitants -- before the European invasion


しかし、感謝祭の本当の歴史は、ヨーロッパの植民地主義者と資本主義の残虐な方法による先住民の虐殺と土地の強奪の物語である。

c0139575_2232030.jpg

Training of the Massachusetts militia, 1637. The means of genocide and theft.


清教徒たちが着いた場所は、その6年前に既にイギリスの探検隊が上陸していた。イギリスは24人のインディアンを奴隷として連れ去り、後に天然痘を残していった。その場所にいたインディアンの90~96パーセントが疫病で死んでしまった。

清教徒はそのような「空いた」土地に上陸し、先住者の残した荒れ果てた畑なども使っていた。

また、清教徒を迎え入れ20年ほどの平和を分かち合ったワンパノアグ族のインディアンも、後に滅ぼされている。

c0139575_2241425.jpg

The reality of colonial massacre and enslavement


---------------------------------------
ここでは、ピクォート族の話を訳します。

ピクォート(WIKI日本語)


(ピクォート族が犯人を出さないので、ジョン・メーソン[John Mason, 1600–1672]を隊長として240人の討伐隊が組織された)

歴史家のフランシス・ジェニングス[Francis Jennings]は次のように書いている。

「メーソンはピクォート族を攻撃するのは避けるように提案した。未経験で信頼性が低い軍に大きな負担をかけるだろうからだ。戦争は彼の目的ではなかった。戦争は敵の戦う意思を奪う方法の一つに過ぎないからだ。虐殺はより少ないリスクで同じ目的を達することが可能である。そして、メーソンは自分の方針を虐殺に決めた。

植民者の軍はミスティック川にあるピクォート族の要塞化された村を包囲した。日の出とともに、先住民が寝ているときに、清教徒の軍隊は村に火をかけた。

プリマスの総督ウイリアム・ブラフォード[William Bradford, 1590-1657]は次のように書いている。

火事から逃げ出してきたものたちは剣で刺し貫かれた。ばらばらに切り刻まれるものもあったし、両刃の剣で突き刺されるものもあり、すぐに殺され、逃げのびた者はほとんどなかった。この時には400名ほどを滅ぼしたと考えられている。あの者たちが火の中で焼けこげるのを見るのは恐ろしく、臭いもひどかった。しかし、勝利は甘い犠牲のようだった。 そして、彼らは自分たちに素晴しい働きをしてくれた神に祈りをささげた。

メーソン自身は次のように書いている。

「それは必要なことだったのだろう。クリスチャンならもっと慈悲や哀れみがあってもよいのだろうか? しかし、……時には、聖書も、女子供は親と一緒に滅びなければならないと言っているではないか……我々には、このやり方に対して、神の言葉から充分な光があったのだ。

c0139575_224547.gif

Let's see the reality of Thanksgiving -- and the founding of the United States in slavery and genocide


元記事

Native Blood: The Myth of Thanksgiving
http://uruknet.info/?p=m71821&hd=&size=1&l=e


関連

白人の友人の最後 by トーキング・マイノリティ 他
http://satehate.exblog.jp/15296768/

神は、ただかたくなに沈黙をまもった
http://satehate.exblog.jp/15342781/

死者の暦
http://satehate.exblog.jp/15379157/

勝者が歴史の本を書く:無視された英帝国によるホロコースト by David Rothscum
http://satehate.exblog.jp/15354976/

ハリマン覚書~日支闘争計画~ メモ
http://satehate.exblog.jp/9459945

c0139575_2230466.jpg


c0139575_021634.jpg


c0139575_2303826.jpg





さらに、おまけ

c0139575_1115626.jpg


マシュー君とピースシンボル
http://to-chihiro.blogspot.com/2010/11/blog-post_18.html

c0139575_1315322.jpg


同時多発テロはヤラセだよ!
http://insidejobjp.blogspot.com/2010/07/blog-post_30.html

「マシュー君」はオバマと同じ「光」の勢力
http://tamekiyo.com/documents/original/20101118.html

c0139575_1214236.jpg

c0139575_2333017.jpg

誰がオバマを所有しているか? By Brother Nathanael Kapner
http://satehate.exblog.jp/10109558
c0139575_2404966.jpg

c0139575_2561251.jpg

c0139575_626184.jpg


蛇足:イルミナティはカバラ主義者であり、カバラ主義者はゾハールを基礎としている。ゾハールとは、「光の書」であり、10のセロフィトと22のパスにこだわりがある。22はヘブライ文字数、タロット・カード数(大アルカナ)でもある。

c0139575_143293.jpg

c0139575_1523632.gif

c0139575_1431847.jpg

c0139575_1433423.jpg

c0139575_29275.jpg

c0139575_154174.jpg


ついでに

特別レポート HPV(子宮頸癌)ワクチンの大インチキを暴く
http://tamekiyo.com/documents/healthranger/hpv.html

http://wakuchin-iran.jugem.jp/?eid=931#sequel

子宮けいガンワクチンの知られざる実態とは?
http://www.youtube.com/watch?v=a-C_Xfi58jE


c0139575_1465845.jpg

c0139575_1472954.jpg

c0139575_210018.jpg

c0139575_242776.jpg

c0139575_2163976.jpg

c0139575_6161158.gif


ゼロ (「お前さんたち、ゴイムはゼロ」だそうです)

c0139575_234486.jpg

c0139575_22294957.jpg

[PR]

by oninomae | 2010-11-18 22:22 | ホロコースト  

人類は、悪魔崇拝者たちに人質にされた By Fritz Springmeier

http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-10373906072.html
http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-10374585738.html の転載

人類は、悪魔崇拝者たちに人質にされた By Fritz Springmeier October 7, 2009
( "The Rockefeller Bloodline"からの抜粋)

c0139575_23524599.gif

( John D. Rockefeller Sr.)

誰がイルミナティなのか?と私はしばしば尋ねられた。この陰謀の最上位の連中は、誰なのか?悪魔の家系は、誰なのか?イルミナティは、血流で強められた魔術的な13家から成っている。他に名をあげるのに価値がある若干の有力な血流もあるが、その一族がイルミナティであるならば13の有力な血流のうちのどれか1つと血縁関係がある。

私が知っているイルミナティの約半数は、どの家系の出身であるのか隠されている。まだ本当の親が誰であるかわかっている多くの者でも、イルミナティが家系を示すまで、彼らがどんな血流に属しているか知っていない。イルミナティのほとんどはMPD「多重人格症」である。

高位の悪魔主義者がMPD[多重人格症]でないとき、頻繁に恐ろしい血の儀式のストレス下にさらし感情破壊させるよう要求される。最近では、シカゴのMPDでない悪魔主義者が、感情破壊されたあげく彼の人生をキリストに捧げてしまった。(私は、悪魔崇拝を暴露しているこの男性のインタビュービデオを持っている)  

リンカーン、リー、ベイジェントという3人の研究家がわずかな手懸りや秘密をこと細かに調べ上げるまで、重要な血流のうちの1つは秘密のままだった。彼らは、これを「Holy Blood, Holy Grail(邦題『レンヌ=ル=シャト―の謎―イエスの血脈と聖杯』)」、と言う本に収めた。 私がこの本と続編の二冊を薦めるのは、連中の13血流のうちの1つがどのように自分の姿を秘密のままに、すべてにおいて巨大な権力を担ったのか教えているからだ。
【訳註】続編は「The Messianic Legacy」(『救世主の遺産』:1989年)

ベルギーの南部には連中の城がある。(そこに旅行して城を見たい人がいるならば、私は地図でそこを示して説明しよう)これはマザー・オブ・ダークネス城である。その城の中に聖堂があり、その聖堂の地下室では、毎日小さい赤ちゃんが生贄に捧げられ霊力をよびよせている。そしてその血はインクとして、反キリストが権力を握っていく歴史を特別大きな本に書き込むのに用いられる。書物は、ほとんど24時間休みなく書かれる。(この城について拙著『蛇の如く聡くあれ』に記述済みである)

c0139575_0274875.jpg


世界の主要なニュースメディアが騙されやすい国民に流した宣伝工作の裏側の本当の事実を、その手書きの歴史書は明らかにしている。その本に書かれた歴史は、アブラハム・リンカーンがロスチャイルドの末裔であったことを明らかにする。アブラハム・リンカーンは、薔薇十字会の秘密の長であり、これは連中の3つの最高議会のメンバーである。(私は、リンカーンに関するこれらの事柄の追跡調査の書類を見たことがあるが、これらが真実であると納得できるものだった)

アドルフ・ヒトラーもロスチャイルド血流の秘密の一員であった。

c0139575_0315561.jpg

c0139575_0322171.jpg

ヒトラーは、高水準の悪魔的な霊的支配で彼の精神高揚のために、血の犠牲を実行した。ロックフェラーは、第二次世界大戦を長引かせるためにその戦争の間スペイン経由でヒトラーに石油を売っていた。その本の歴史には国民に与えられる『歴史本』にはでてこない人々にも言及している。―マイケル・アウグストゥス・マルティネリ・フォン・ブラウン・ラインホルト(数年前、世界で最も強力な悪魔主義者)など。彼には、66人の悪魔の花嫁がいた。また、マザー・オブ・ダークネス城の悪魔の本は、ロックフェラー血流にも言及している

インサイダーだけが、人間の歴史で起こったことの本当の歴史を知っていると想定される。本当の決定や本当の実力者は、大衆の目から隠されてきた。一般大衆に与えられるものは、イルミナティの操り人形がまわりをパレードして、台本通りの盛大なスピーチをしている劇場演出だ。

それぞれ13の家族は、連中自身のひとそろいのマザー・オブ・ダークネスを持っている。それぞれ13の家族は、マザー・オブ・ダークネスという連中自身の秘密の悪魔の指導者、王、女王、皇太子、王女がいる。たとえば、ロックフェラー家には、秘密の儀式で彼らの血流の王と皇太子として選ばれる人々がいる。王と皇太子、女王と王女は、厳密に血流でつながっている。連中らは、自分たちの血流でひそかに世界の領域を統治する

c0139575_072494.jpg


これは、1993年1月のニューズレターで図解されたイルミナティ階層とは関係ない(キリスト聖職者から出されている私のニューズレター)。1993年1月号で公布した魔女の集会(ライト・オブ・シスターズ、ダークネス・マザーズ、グランド・マザーズ)を図式した。イルミナティは、いくつかの議会の下にいろいろな血流を統合している。高位ドルイド僧会議または13家族会議は、死のブラザーフッド結社のためにある主要評議会だ。

13家族会議の上部に、9家族のより高い会議がある。そして、内部の3グループは9家族会議の長と思われている。 どのように、我々はこれらを知ることができるのかって?神の力は、悪魔の帝国のまさしくその核心部に達して、最も強力な悪魔主義者から何人か引き抜いて、彼らをキリストに引き合わせた。何人かの悪魔主義者のトップは、キリストの真理に出会うことができた。

さらに、ピラミッド型の階層の例えばマザー・オブ・ダークネス階層の何人かは、キリストの真理に出会っている。もし誰かが世界情勢の方法と決定がなされる理由を理解したい、そして、それは誰によってなのか知りたいなら、イルミナティについて勉強する必要がある。本当の答えは、アメリカ合衆国会議の議事録にも、一般大衆が知っている共産主義国の指導者のところにもない。私が話す例として、ジェイムズ・プールとスザンヌ・プールによって書かれた「Who Financed Hitler」(邦題『ヒトラーの金脈』早川書房、1985年)と題される本がある。

c0139575_08330.jpg

物事の舞台裏を見るのをいとわない人々がいることは、いつもうれしいことである。本当だ、ヒトラーが従っていた連中がいた。儀式に向かわせた連中がいた、そして、ヒトラーを権力の座につかせた。


イルミナティ悪魔の13血流「ロックフェラー家」続き

初の悪名高いロックフェラー

初の悪名高きロックフェラーとして、ロックフェラーの為に仕事をしていない研究家が引き合いに出したのは、ウィリアム・エイブリー・ロックフェラー[William Avery Rockefeller, Sr., 1810-1906]だ。ウィリアム・エイブリー・ロックフェラーは全く堕落しており、どんな種類の道徳も欠如していた。彼は、魔術を実践しオカルトに関与していた。彼は、重婚罪にふれるほど国中の多数の女性と結婚した。数多くの愛人とさらに多数の性的パートナーがいた。彼は女性を強姦するとして告発されて、それのために刑務所に送られるのを避けるために、ニューヨーク州から逃げた。彼はその生涯を通し盗みをし、嘘をつき、人をだました。最高級の服を着、そして、金貨を含め決して資金に不足はしなかった。女性を愛し、かたわらでギャンブルを愛した。ギャンブルをするお金はどうしたのか?不正行為でたくさんお金を得た。彼の人生は、私が知っているイルミナティの内部の他の男たちと丸写しである。 (読者もインサイダーだけに知らされているイルミナティが多大な数の秘密のカルト的儀式結婚を実行していることを心に留めておく必要がある) 

彼の妻の1人は、イライザ・デーヴィッドソン[Eliza Davison]だ。彼女は、とても容赦のない女だった。イライザをたいそう信心深い女性として描きたがるエリートによって歴史家は買収された。たとえ敬虔さを表面にだしたとしても、彼女の人生に於いて数えきれない事件が見られる。有料の歴史家が彼女をそのように作り上げた徳の鑑のような女性ではない。彼女がウィリアム・エイブリー・ロックフェラーと結婚したとき、彼女は彼と彼の愛人が暮らしている所へ引っ越してきた。

途中参考

The Rockefellers trace their paternal line to Goddard Rockenfeller (1590) of Fahr, today part of Neuwied, Germany. Goddard Rockenfeller may have been descended from Augier de Roquefeuil, younger brother of Guillaume IV de Roquefeuil; and John (Jean) de Roquefeuil, the ancestor of the Roquefeuil-Versols and Saint Etienne, Family of France; the sons of Adhemar I de Roquefeuil, Sire of Versols (died 1477).[1] The first Rockefeller to settle in America was Johann Peter Rockefeller (1710, Segendorf, Neuwied; 1787, Amwell Township, New Jersey). ([トルコ->]フランス->ドイツー>アメリカらしいですね。で、1492より前にすでにフランス?)

c0139575_285211.jpg

c0139575_215206.gif

(なるほど。ポスト・シッフになるはずで・・・)
c0139575_291972.jpg

c0139575_19521039.jpg

Shabbetai Tzvi (1626-1676) Mayer Amschel Rothschild (1744-1812)

Lucy Avery was the daughter of Miles Avery and wife Malinda Pixley, New England Yankees of mostly English descent. She was descended by her father from Edmund of Langley's first marriage (through 5th Baron Audley's second marriage).[2] and from Mary Boleyn's first marriage (through the 2nd Barons de la Warr)[3]


最初のとりわけ大金持ちのロックフェラー

ウィリアム・エイブリー・ロックフェラーには多くの庶子たちがいた。それは儀式のために、または、カルト教団のために多くの子供たちが産まれたと想像できる。彼の妻イライザには彼のために6人の子供たちがおり、その息子のジョン・テビッドソン・ロックフェラー[John Davison Rockefeller]はとくに悪名高く家族に悪評判をもたらした。彼の生涯に於いてジョンD・ロックフェラーは、世界の権力者の1人になった。最も守られた秘密の1つは、他のイルミナティ家族との秘められた関係だった。ペイゼール(ペイジュール)家(Payseur)と他のイルミナティ家族は、権力を握るロックフェラー家のもとで、すべて密接な関係に複雑に入り組んでいる。ジョンD・ロックフェラーが権力を得るのに絡んでいた他の要因は彼の完全な残虐性である。彼は、権力のために何ごともいとわないと思っていた。ジョンD.ロックフェラーは、ニューヨークのポカンティコ・ヒルズに彼らの主要な屋敷を家族のために設立した。正確な図版を忘れたが、ロックフェラー家の100人以上はポカンティコ・ヒルズの私有地に住んでいる。


ロックフェラーの影響力をめぐる内部調査

ロックフェラー家は、彼らの支配下に持ち株会社の多くを奪ったが名目上彼らは所有者になっていない。ロックフェラー家の財力は、示されているバランスシートよりはるかに巨大である。ロックフェラー家は彼らが支配する組織からやはり彼らが支配する別箇の組織へ寄付ができる。いかなる制御があろうとも資産を失うことはない。寄付とは立派な行為のように見えるが、ロックフェラー家は損をしない。あなたは、ロックフェラーのスタンダードオイルが彼らのロゴとして円形に悪魔の五線星形(ペンタゴン)を使用しているとこれまでに気付いただろうか?

無数にあるロックフェラー会社の代表的三社は、テキサス・インスツルメンツ社とゼネラル・エレクトリック社とイーストマン・コダック社である。ロックフェラーは、ボーイング社も支配している。私は、シアトル地域のボーイング工場で行われているカルト的活動について、数えきれない処から情報をたびたび聞いている。モナーク・プログラミングは、ボーイング工場でも行われている。人が巨大図と内視鏡を手に入れたなら、すべての事柄は合わさって一緒になった。ロックフェラーは、デルタ社をも支配する。デルタ社のシンボルがよく広範に使われている悪魔のシンボルであると誰か理解しただろうか?驚くべきほど多くイルミナティとCIAや世界金融業者、そして、チャック・コルソン(彼を暴露した1993年の会報を見てくれ)のような人々は搭乗にデルタ社を使う。

ロックフェラーは、ルシス・トラストと国連での役割を演じた面白いことに、チャールズ皇太子がルシス・トラストの宣伝係で、そのうえあらゆる方面において国連と仕事していると気がつくだろう

c0139575_185917.jpg

c0139575_195455.jpg

チャールズ皇太子は他の悪魔の血流である。読者は、ルシス・トラストがどのようにおさまっているか見るために私の『蛇の如く聡くあれ』をよく勉強する必要がある。ロックフェラー家はFBIの創設に関与していた、そのため、FBIは常にイルミナティのために権力を行使していた。そういうわけで、公式にFBIプログラムの今日の活動には子供たちを誘拐して、生贄のために連中に供給している

そうとも、アメリカ人には、オオカミが鶏小屋番として配置された。FBIの一部として働いている組織は、密輸品検査係(Finders)である。(ひどく評判が悪かったので報道機関のUS. News & World Reportはスキャンダルの影響を和らげた記事を書いた) 、FBIが子供を誘拐して生贄のために連中に売り飛ばす子供を得るためにFBIと一緒に仕事をしていた元悪魔主義者たちは、FBIの腐敗について公表するぴったりの言葉を見つけようとしていた。イルミナティがネブラスカ州でリンカーンのフランクリンの貯蓄貸付問題を暴露され始めたとき、FBIが汚れ役を請け負ってこの問題を隠した。

ロックフェラー家は、FBIの設立に手を貸して以来、支配力を持ちつづけている。米国議会がCIAの犯罪を調査しようとしたとき、議会はCIAの犯罪調査のためにロックフェラー率いる委員会を指名した!そうさ、ロックフェラー委員会は大いによく調査をして、わずかな悪事のことでCIAをぴしゃりとたたいた。連中のレポートは、CIAの大々的な調査としてますます引き合いに出された。それなりの調査だろ!それ以来、ロックフェラー家がモナーク奴隷をつくるためにCIAと協力して働くので、もちろん、CIAの悪行のその部分は見逃がされた!

悪魔崇拝からの最近の改宗者(マイケル・マッカーサ)は、悪魔の儀式に生贄材料に捧げる子供たちを誘拐するFBIとCIAプログラムに関する確かな内部情報を提供した。マイケルが知っている公然たる政府時間を悪魔崇拝のために子供たちを誘拐することに費やすエージェントの名前は、以下の通りである。

チャッキー「マイク」、「ピーターズ」-FBI第五部門に所属する殺し屋、保険法判例を含む。
リンダ・クリーグ-FRBのために働いている悪魔崇拝者。
ニコル・ハーラー ‐ FBIの殺し屋、悪魔崇拝者、生贄のために子供を誘拐した。
ケン・ラニング-FBI捜査官、生贄のための子供を誘拐した。
ニック・オハラ-FBI殺し屋、悪魔崇拝者、暗殺によってFBIの子供たちの誘拐を隠蔽する。
カープ・リチャードソン-CIA情報員は、生贄のために子供を誘拐した。

ネルソンA.ロックフェラーを副大統領職に就かせるために、どちらかといえば、危険な選挙より目覚ましいクーデターが実行されたことを『蛇のごとく聡くあれ』で暴露した。

ロックフェラー家は、彼らの資産財力によってこの国の教育と宗教を支配する。ロックフェラー家は、CFR(外交問題評議会)で鍵となる役割を演じた。ロックフェラーは、世界政府に含まれる国家の連合を支持する「the Future of Federalism(『連邦主義の将来』未邦訳)と言う本を書いた。

c0139575_1261559.jpg

そのために長年にわたり、ロックフェラー家は何十億ドルもの大金をこの計画と公然たるワンワールド政府をもたらすことに取り組んでいる国際的グループに注ぎ込んでいた。(世界には、すでに秘密のワンワールド政府が存在する) ロックフェラー家は、ロシア、中国とアジアの他の諸国に影響を及ぼす決定に参加している。そして当然ながら、ロックフェラー家はこれらの国でも強奪した資産を持っている。

ロックフェラー家の研究家は、20世紀の間、連中が合衆国の政治を秘かに手中に持っているのがわかるだろう。この国が取った決定と指示は、ロックフェラー家が手下にくだした無数の命令の結果なのだ。


邦題「イルミナティ悪魔の13血流」フリッツ・スプリングマイヤー著、太田龍監訳、KKベストセラーズ、1998年刊、『第9章 ロックフェラー家』,337~340頁。

c0139575_041626.jpg


c0139575_1333440.jpg


参考:

●Related- The Rockefeller File
http://www.thetruthseeker.co.uk/article.asp?ID=2753

●「ロックフェラー帝国の陰謀」(The Rockfeller File) ゲイリー・アレン著、高橋良典訳、自由国民社 (1984/01)

c0139575_02516.jpg


「多重人格はこうして作られる―モナーク・プログラミング・マインドコントロール」 シスコ・ウィラー、フリッツ・スプリングマイヤー著、徳間書店 (1996/05)

c0139575_23593516.jpg


【タドン】

元記事は

Mankind Held Hostage by Satanists By Fritz Springmeier
http://www.henrymakow.com/mankind_held_hostage_by_satani.html

関連

強制中絶、癌ウイルスの拡散、大量殺人者たちへの資金提供:ロックフェラー年代記 by David Rothscum 1
http://satehate.exblog.jp/13442892/

強制中絶、癌ウイルスの拡散、大量殺人者たちへの資金提供:ロックフェラー年代記 by David Rothscum 2
http://satehate.exblog.jp/13447786/

強制中絶、癌ウイルスの拡散、大量殺人者たちへの資金提供:ロックフェラー年代記 by David Rothscum 3
http://satehate.exblog.jp/13455443/


c0139575_0232298.jpg



おまけ (「ニューエイジ」の正体)

c0139575_171327.jpg

「環境のために」
c0139575_3492412.jpg

National Security Study Memorandum 200 (NSSM 200) - April 1974
http://www.population-security.org/28-APP2.html

これも: 「マシュー君」 は悪霊である

c0139575_445830.jpg

c0139575_45235.jpg


「貧乏人は息をするな!」

教育レベルの高い家庭ではワクチン接種拒否者が増大
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/458/

その反面、メディケアーなど政府の福祉計画に関わる貧困層の人々のワクチン接種率は上昇傾向にある。フリーのワクチンを医者たちに分配している「子供たちにワクチンを (VFC) 」などのプログラムが、このような社会・経済的なグループの人々の間でのワクチン接種率の増大に拍車をかけてきている。

c0139575_1392850.jpg

[PR]

by oninomae | 2010-11-16 23:48 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

ロックフェラーとソトメイアーはイルミナティ・ユダヤ人か?  by Willie Martin

ロックフェラーとソトメイアーはイルミナティ・ユダヤ人か?  by Willie Martin July 29, 2009

c0139575_2225278.jpg

ほとんどの人々によって見過ごされていて、主としてユダヤ人社会内で販売するために出版された一冊の本が、ロックフェラー一族は(スペインとポルトガルのユダヤ人たちを意味する)セファルディ・ユダヤ人の子孫であると述べている(訳注:下のコメントで重要な疑問提示あり)。その作品は数年前に、ユダヤ人たちだけのために出版された。その作品はユダヤ人の歴史家マルコム・H・スターン[Malcolm H. Stern, 1915-1994]によって編成され、『ユダヤ子孫のアメリカ人たち[Americans of Jewish Descent]』という題名が付けられた。

c0139575_2341338.jpg

その本は10ポンドの重さがあり、25000名のアメリカのユダヤ人個人の歴史を与えた。その本はほんの550冊が印刷され、そして各々に連番が付けられていたことは、非常に興味深い。

c0139575_22251648.jpg

(ジェイ・ロックフェラー)

その本は、取引を行い、「マラーノ」(彼らの社会で、キリスト教徒であると「装う」が、彼らの同類の中では、秘密裡に彼らのユダヤ信仰と人種を保持するユダヤ人たち)であるユダヤ人たちとコンタクトをとるときの彼らの個人的な参照のために、アメリカの高位のユダヤ人社会の指導者たちに届けられた。

スティーブン・バーミンガム[Stephen Birmingham]は、『貴紳たち[The Grandees]』のなかで報告している:

c0139575_23444035.jpg

「誰がその本の中でロックフェラー一族を発見すると期待するだろうか。」  ステルンの作品は、彼が 「ユダヤの貴族-スペインとポルトガルのその土地のプリンスとして住んでいたセファラディム」 と呼ぶものを追跡している。

何世紀も前に、そのユダヤ人たちは、大量にスペインに殺到し、高利貸しと密かなやり方を通して巨大な土地所有者たちになった。そのユダヤ人たちは、その国の財政上の独占を介して、スペインとポルトガル両者をコントロールした。 スペインのフェルディナンド王とイザベラ女王が、彼らの国から、そのユダヤ人たちを追放し、彼らの不正手段で得た富を没収したのは1492年であった。 (蛇足:フランスで、フィリップ王が、ユダヤ人を徹底追放し始めたのが1306年6月21日、テンプル騎士団を弾圧し始めたのが1307年10月13日)

ロックフェラー一族が、その当時はユダヤ人たちを、「哀れな迫害された人々」として歓迎したトルコ帝国に移住したのは、この期間中であった。我々の元副大統領ネルソン・ロックフェラーの祖父は、彼の家族がかつてトルコからフランスへ移住したことを認めた彼らがアメリカへ移住したのはフランスからであった

ジョン・D・ロックフェラー・シニアは、彼らの家族を世界で最富裕のものの一つにしたスタンダードオイル社を彼が乗っ取った以前でさえも富裕な人物であった。如何にしてこの家族が、フランスからアメリカに到着するやいなや、そのような富者になったのか、誰もかつて説明したことはない。如何にしてロックフェラー一族がフランスで巨大なマネーを受け継いだのかに関する知られた情報はない。

あるものは、彼らがロスチャイルド家から彼らのマネーを受け取り、そして彼らは元もとアメリカでのキリスト教徒のビジネスを買い取る彼らの代理人であったと考えている。「マラーノ」とは、彼らのビジネス取引においてキリスト教徒を騙すためにキリスト教に改宗することを「装う」が、秘密裡には私的な儀式でユダヤ教を実践し続けるユダヤ人たちのことである。


この理由故に、ロックフェラー一族のようなマラーノ一族は、何世紀にも渡って彼らの仕事を実行するために秘密の代理人たちを使ってきたフランスのロスチャイルド一族の完璧な道具となるだろう。

c0139575_23283474.jpg

c0139575_23333377.jpg

c0139575_23335383.jpg

c0139575_2329287.jpg

c0139575_23293013.jpg

c0139575_23295059.jpg

c0139575_2330458.jpg

c0139575_23385784.jpg

c0139575_23392239.jpg


c0139575_22265472.jpg

(エルサレムのロックフェラー博物館)


c0139575_0492169.jpg


『サンダーボルト』が、副大統領ネルソンロックフェラーのユダヤ人先祖について公的注目をもたらした最初の出版物であった。 この情報は、なぜ彼が常にユダヤ人の利益とそれほど密接に働くことが出来てきたのか、そしてなぜ彼のニューヨーク知事としての執行部が上から下までユダヤ人たちで満載されていたのかを、最終的に説明する。

彼の過去の政治的運動は常にユダヤ人たちによって指導されていたし、彼は常に、すべての彼の政治的選挙戦においてユダヤ社会の支持者であった。 通常、ユダヤ人たちは、政治的執務室へと、キリスト教徒の超富豪を支持しないだろう。なぜなら、彼らは選挙後に彼をコントロールできないことを恐れるだろうから。

ユダヤ社会の指導者たちが、長きにわたりロックフェラー一族は仲間のユダヤ人であったことを知っていたという事実は、なぜ組織的ユダヤ社会が常にロックフェラーの政治的野望を支持してきたかを説明するのに大いに役立つ。 

今や我々は、なぜネルソンとデイヴィッド・ロックフェラーが、彼らの仲間のユダヤ人ヘンリー・キッシンジャーをニクソン政権に押し込み、今度は順番にキッシンジャーが彼の地位を使って、彼の仲間のユダヤ人ロックフェラーを権力の座に就けたかを理解出来る。

c0139575_024726.jpg

c0139575_014198.jpg

http://www.israelect.com/reference/WillieMartin/NEWS-11.htm

------
身分政治: ソトメイアーはラテン人、それともイルミナティ・ユダヤ人? - 読者は尋ねる

c0139575_2229431.jpg

ソニア・ソトメイアー[Sonia Sotomayor]は最高裁判所に就任するように思われる;その女性は、カトリック教徒としてそだてられたが、しかし、彼女の大学生活の間、ラテン系の組織に所属し、彼女を除いて皆日曜日の礼拝に行っていた-これは言わせてもらうならば、もう一人のおしゃべりな女であるナンシー・ペロシ[Nancy Pelosi]の同類の部屋の中のエコーのように響く;イディッシュ語を流暢に話し、しかしこのイタリアの女はイタリア語を話せない-法王は知っていて、彼は笑顔を浮かべて15分のインタビューを彼女に与えた。

c0139575_22382218.jpg

http://www.fourwinds10.com/siterun_data/history/zionism/news.php?q=1258054347

c0139575_2247349.jpg

c0139575_22454497.jpg

c0139575_027346.jpg

ソニアの一族は、1400後半のスペインに由来し、そしてその後ポルトガルに逃がれた;その後、数百年以上に渡ってチリ、プエルトリコ、米国にいた。

世界のセファルディ・ユダヤ人のすべての名を挙げており、検索するだけでよい一つの非常に特殊なWebサイトhttp://www.sephardim.com/がある: Soto、Mayor、Sotomayor、そして彼女の母親のミドルネームであるBaez; 彼女と彼女の母親の写真における分かり易い見かけはいうまでもなく。

これは、すべての権力の重要な地位に人々を積み重ねている一つの悪魔的運動である。

c0139575_22352487.jpg

c0139575_22494994.jpg

このすべては、彼が実際に一人の[サバティアン]ユダヤ人であったと、最終的には、数年前に隠し戸から出てきたヒュー・ヘフナー[Hugh Hefner]と呼ばれた善きカトリックの男性を連想させる。

c0139575_22344068.jpg

See also "Sotomayor and the Crypto Jew"
http://www.badeagle.com/2009/06/07/sotomayor-and-the-crypto-jew/

c0139575_22392615.jpg


-----
もう一人の別の読者:

「ソトメイアーは、ポルトガルの強力な銀行家一族である・・・
すべてのソトメイアーは、何らかのやり方で、その銀行帝国に繋がっている。」


c0139575_22413057.jpg

(プエルトリコの女の子)

------
メイコウのコメント:彼女は子供なしで離婚した。 彼女は、イルミナティ(同性愛)ボヘミアン・グローブを手本にした女性だけの(レズビアン?)「ベリーズ・クラブ」の一員である。

-------
もう一人の別の読者: ティシャ・バヴ[Tisha Bav]、もう一つの古代のユダヤの休日は、最も神聖なサバティアンの祝祭である。なぜならそれはまた、ボヘミアン・グローブとと軌を一にして、サバタイ・ゼーヴィ(ツヴィ)の誕生日であるとも言われているからである。そして、ティシャ・バヴでのサバティアンの儀式は、様々なセックス儀式、夫婦交換、そして近親相姦を含むことが知られている。

アンテルマン[Antelman]は、多くが偶然だとは思わなかったが、しかしもし彼の主張が正しければ、我々は今日のイルミナティは大部分サバティアンによって構成されていることを期待すべきである。

c0139575_014492.jpg

これは、ロックフェラー一族がそうであるように、指導的家系はすべてあるいはほとんど隠れユダヤ人たちであることを示唆するだろう。私はまた、ブッシュ一族もそうであると疑っている。

c0139575_21341470.gif

あなたは、ユダヤ人名のサイトの一覧表に、「ブッシュ」を見いだすことができる。 そして、パイクは、彼の大憲章の中で、一人のサミュエル・ブッシュ[Samuel Bush, 1754Philadelphia-1826]が「威厳ある選ばれし完全で崇高な騎士、何とかかんとか・・・」であったと言及している。 (訳注:Mathias Bush, 10 MAY 1722 in Prague, Bohemia-29 MAR 1790 in Phildelphia, PA の息子の一人であると思われる)


私が発見したものは:

「1761年、とあるスティーヴン・モーリン[Stephen Morin]が、パリで壮麗な秘密の崇高な王子たちの威厳ある宗教法廷によって任命された。その文書の署名者たちの中には、その後のオルレアン公爵であるシャルトル公爵、大東社とテンプル騎士団両者のグランドマスター、「フィリップ・エガリット」、そしてモーリン自身は、すべてのメーソン教団の、威厳ある完全な選ばれしそして過ぎ去りし崇高なマスター、云々。」

「今や、モーリンはユダヤ人であったと述べられてきたが、しかしユダヤ百科事典では、そのフリーメイソンについての記事で、この点は疑問があると言っている。確かなことは、モーリンがアメリカに到着したとき、確かにユダヤ人であった何名かの代理人たちに、彼が権力を与えたことである。だから、例えば、彼の代理の審査人ヘンリー・フランケン[Henry Francken]は、ボストンでモーゼス・M・ヘイズ[Moses M. Hayes]、そして今度はヘイズがブラザー・ダー・ドスタ[Brother Da Dosta]をサウス・カロライナの総代理審査人に、ソロモン・ブッシュ[Solomon Bush, 1752 Philadelphia-1795]をペンシルヴァニアの代理人に、そしてBM・スピッツァー[BM Spitzer]をジョージアの代理人にした。」

c0139575_21423220.jpg

(蛇足:やはり、カザール系ではないだろうか?東欧~中欧の「ユダヤ人」というのは)

私はしばしばそれについて怪しんでいた。なぜならハリマンもまたスカル&ボーンズにいて、私はいつも彼はユダヤ人だったと仮定していたからである。 だから、彼の一族のようなユダヤ人一族は、ブッシュ一族のような同類と何を跳ね回るのかを怪しんだ。

c0139575_239911.jpg

c0139575_23102292.jpg

c0139575_23114193.jpg

Bush of Prague, Bohemia
http://wc.rootsweb.ancestry.com/cgi-bin/igm.cgi?op=GET&db=mila22&id=I002

c0139575_21275675.jpg

----
ある読者からの手紙:

私の母は一人の引退したオペラ歌手を知っていた。彼女は、カルーソー[Caruso]とともに唱い、また、ヨーロッパに旅行したとき、ロックフェラー一族とディナーをともにした。彼女は、とりわけプラハ、ウィーン、ブダペスト、ミラノといった開催地で公演した。 彼女は彼らの家に招待されたと、私は推測する。なぜなら、この時はオペラのの全盛期だったから。

彼女は私の母に多くのことを語った。そして、彼女はグローバル・エリート主義者の問題に通じていた。

ロックフェラー一族はトルコ出身で、彼らの元の名前は(私はこれを発音出来るだけで綴れないのだが)、Raw-gen-muteであるとはっきり述べた。 それは彼らがトルコで使っていた名前のように思われる。彼女が言うには、その家の召使いたちが彼女にそのこと(とその他いくつかのこと)を告げた。

------
リンドン・ジョンソンもまたセファルディ・ユダヤ人である。
http://www.jfkmontreal.com/johnson%27s_hidden_loyalties.htm

LBJのイスラエルへの「情熱的な愛着」
http://www.jfkmontreal.com/lbj%27s_passionate_attachment.htm

サバタイ主義者あるいは「隠れユダヤ人」についての追加情報
http://www.nysun.com/opinion/ataturks-turkey-overturned/58997/

David Roggenfelder

Polytical Jews

---
もう一人別の読者が、これらの情報源に挑んでいる:

私はあなたのサイトで記事「ロックフェラーとソトメイアーはイルミナティ・ユダヤ人か?」を読みました。ウィリー・マーチンによって書かれたこの記事につて一つの興味深い話をしてみましょう。

約2年前に、マークが私にマルコム・H・スターンによる問題の本「ユダヤ子孫のアメリカ人たち』にちて教えてくれた。私がトロント公共図書館のウェブサイトをチェックしたところ、彼らが巨大なダウンタウンの関係支部にこの珍しい本の一冊を持っていた。

c0139575_2354115.jpg

私はある日仕事前にそこに行って、そこにユダヤ人ロックフェラーが言及されているかどうか見つけ出すためにその本を見渡した。 がっかりすることには、家系図のセクションと名前の索引で私が見つけることができたすべては、一人のロックフェラーに対する一つの一覧名簿で、私はその家系図中にそれを調べた。 それは私が聞いたことのないユダヤ人と結婚した、私がを聞いたことがない一人のロックフェラーだった。 ここには、明白な証拠はなかった。 私はその家系図、索引、そしてその本の表紙を複写した。 私は、マークに情報をe-メールした。

私はまた、その図書館でスティーブン・バーミンガムの『貴顕たち[The Grandees]』を借りた。 彼は多くを語るが、それを、「真実の」情報が書いてあるところまで何であれ実質的なもので裏付けすることがない。私は、なんであれ「陰謀的事実」情報に、疑問を持ち、自分自身の調査を行うことを学んできた。残念ながら、私は時間がないが、この場合には、私はスティーブンの主張に対する研究に数時間とれて嬉しく思う。

私が読んだ家系を取り扱っている最善の本は、フリッツ・スプリングマイヤーによる『イルミナティの血流』である。彼はロックフェラーについての一章をもうけているが、しかし私は彼が「ユダヤ起源」について何か言及しているとは信じていない。

私は、全国州権党(National States Rights Party :NSRP)による一つの出版物を見いだした。 彼らの出版物、一つの新聞は『サンダーボルト』と呼ばれていて、それは右翼の「陰謀」論紙であった。 ユースタス・マリンズは、頻繁な読者でコメンターであった。 副大統領ネルソン・ロックフェラーがユダヤ人の祖先を持つというその発行物の発見は、非常に困難で、おそらくそれはど正確ではないだろう。

全国州権党 Wikipedia (ご存じのように、それはバイアスがかかった記事である)
http://en.wikipedia.org/wiki/National_States%27_Rights_Party

ユースタス・マリンズと全国州権党 (ページの中央付近)。 私は個人的には、マリンズが好きである。
http://ernie1241.googlepages.com/mullins

ロックフェラー一族がユダヤ人起源であるかどうか、私は疑わないだろうが、私は証明を必要としている。

結局は、彼らがユダヤ人であろうがバプテスト起源であろうが誰も気にしない。 彼らは、嘘をつき、殺人を犯している貴族的詐欺師である。

c0139575_0184260.jpg

c0139575_0224380.jpg

c0139575_0233697.jpg

c0139575_0235166.jpg


元記事は

Are Rockefellers & Sotomayor Illuminati Jews?  by Willie Martin July 29, 2009
http://www.henrymakow.com/_jay_rockefeller_left.html

関連

ポルトガル貴族達が支配する中国共産党政府 オルタ

世界最大の金融街、英国ロンドンのシティ。ここが、ポルトガル貴族等によって支配されている事は、既報した。

昨年の、リーマン・ブラザース倒産に続いて世界中で拡大しつつある金融恐慌。その中で、経営危機に陥った欧米金融機関発行の債券・株式、欧米諸国発行の国債に対し、中国共産党が「事実上の最後の貸し手」として投資を継続し、「世界の金融王」として君臨し始めている。

これは、やがて欧米金融機関・国家の経済破綻による債務不履行=デフォルトに際し、中国が「一蓮托生」で滅びて行くか、あるいは逆上した中国と欧米諸国の間で、軍事紛争の引き金になり、米国の代理人である日本・台湾と中国との「戦争に発展する」、大きな火種となる。

とりあえず「最後の貸し手」となった中国共産党幹部達を、シティの「番人」ポルトガル貴族は、旧ポルトガル領マカオのギャンブル施設、サンズ・ホテル(近年、倒産)、ウィン・グループ、MGMミラージュに「招待」し、ポルトガル貴族=金融マフィアの母国ベネチアのベネチア・ホテルに「招待」する。

そこでは英国金融街シティの支配者からの豪華な接待が行われ、欧米の国債等々を購入してくれた返礼の「ワイロ」が手渡される。

このワイロは、そのままポルトガルの銀行、あるいはスイス、ケイマン諸島等々のオフショアの金融機関に預けられ、共産党幹部達の「個人資産」となり、やがて将来、中国共産党政府が崩壊し、中国が「純粋・資本主義国」となった暁に、元共産党幹部達が、「資本家として中国各地を割拠」し、分割支配する際の「資金源」となる。 こうして中国の「次の時代」が、準備されつつある。

++
「ポルトガル貴族」っていう意味・意図はわかりますよね。


++
トルコに生まれたサバタイ・ツヴィはスペインからか?それともカザールからか?それとも? 同様に、ロックフェラー家がトルコの前にいたところは本当はどこなのか?

c0139575_23231425.gif

c0139575_0493764.jpg

c0139575_0545744.jpg

[PR]

by oninomae | 2010-11-14 22:58 | イルミナティ