「ほっ」と。キャンペーン

<   2010年 08月 ( 19 )   > この月の画像一覧

 

フィンランドでH1N1ワクチンを保留。子供たちがワクチン接種で発作性睡眠障害


http://icke.seesaa.net/article/161055481.html の転載です。

フィンランドでワクチン保留 2010年08月30日


フィンランドでH1N1ワクチンを保留。子供たちがワクチン接種で発作性睡眠障害

オーストラリアでは、子供たちがインフルエンザワクチンを接種して嘔吐、発熱、引き付けなどを発症したので、子供たちへのワクチン接種が、最近、禁止された。

Australia bans flu vaccines in children after vomiting, fevers, seizures by Mike Adams Friday, August 27, 2010
http://www.naturalnews.com/029586_Australia_vaccines.html


フィンランドの報道では子供たちがH1N1ワクチンを接種後すぐに発作性睡眠障害(ナルコレプシー)を起こしたという。今までのところ、6人の子供がワクチンの副作用で発作性睡眠障害に苦しんでいることが確認されている。 また、9人が確認の過程の最中であるという。

大衆を守るのではなく、インフルエンザワクチンは接種した者たちを将来病気に罹りやすくしてしまう。


元記事

Finland suspends H1N1 vaccines after children suffer narcolepsy from vaccinations by Mike Adams Saturday, August 28, 2010
http://www.naturalnews.com/029596_vaccines_narcolepsy.html



要約と参考

超要約: ナルコレプシーは、自己免疫疾患で、ペプチドホルモンであるオレキシン(ヒポクレチン)を生産する細胞が攻撃され死んでいくと起こるようです。 ワクチンによる自己免疫誘導は、よく知られていることであり、上記の記事のようなことは、あるだろうなと思われます。

オレキシン(ヒポクレチン)http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%AC%E3%82%AD%E3%82%B7%E3%83%B3


さらに参照

Minister Calls for Thorough Examination of Possible Link Between H1N1 and Narcolepsy
http://yle.fi/uutiset/news/2010/08/minister_calls_for_thorough_examination_of_possible_link_between_h1n1_and_narcolepsy_1912099.html published Aug 18 01:09 PM, updated Aug 20 10:24 AM

c0139575_23453739.jpg

Image: Yle


Minister of Health and Social Services Paula Risikko says it is essential to thoroughly examine suspicions that increased outbreaks of child narcolepsy might be linked to the H1N1 swine flu vaccine.

However, the Minister said the swine flu vaccination programme would continue. In her view, Risikko thought it wise to examine any connection between narcolepsy and swine flu vaccine in other European countries.

The National Institute for Health and Welfare (THL) is to determine if vaccine for the H1N1 swine flu could be linked to an increase in cases of narcolepsy among children.

The condition causes excessive daytime sleepiness even after adequate nocturnal sleep.

Although the THL’s Vaccine Department Director Terhi Kilpi does not fear any connection between the H1N1 jab and narcolepsy, she says doubts must be examined.

Experts on both vaccines and narcolepsy met on Wednesday to discuss the issue.

Doubts arose when a Finnish child neurologist noticed an increased level in the number of narcolepsy cases this year. Similar observations have been noticed in Sweden, reports the tabloid Iltalehti.

Medical officials in Sweden are also examining a possible link between the Pandemrix vaccine and narcolepsy, according to the newspaper Svenska Dagbladet. The Swedish news agency TT reports six cases with a possible link to the vaccine.

A patient suffering from narcolepsy may suddenly fall asleep, for example, while, speaking or eating without prior warning. Their muscles may also suddenly weaken, causing them to suddenly collapse. There is no known cure for the disease.

Several Times Normal Rate of Cases

About a dozen Finnish children fell ill with narcolepsy during or after last winter's swine flu epidemic, far more than the average rate. The THL is trying to determine whether the cases may have been related to the H1N1 vaccine or to the flu itself.

The cases were diagnosed during the spring and early summer. Dr Markku Partinen, a docent in neurology at the University of Helsinki and former president of the World Association of Sleep Medicine, notes that the cases appear to have a chronological link to the H1N1 epidemic.

Doctors began to wonder when an unusually large number of cases of narcolepsy began to appear last spring.

“When it became clear that the symptoms began to appear in December, January and February, we began to consider a link to the swine flu epidemic,” says Partinen.

So far about 12-14 cases have been detected, all with symptoms that began between December and February, says Partinen. The patients are aged 5 to 15.

On average about three cases of the illness are diagnosed in Finland annually.

YLE


Narcolepsy confirmed as autoimmune disorder by Katie Lee Wednesday, 6 May 2009
http://www.cosmosmagazine.com/news/2730/narcolepsy-proven-be-autoimmune-disorder

c0139575_23463787.jpg


BRISBANE: Narcolepsy is caused by a confused immune system destroying hormone-producing cells in the brain, says a new study.

Sufferers of the disabling sleep disorder – who suffer from sudden and frequent bouts of daytime sleepiness – often have a unique version of the immune-related gene TCR-alpha, report researchers this week in the journal Nature Genetics.

TCR-alpha codes for a receptor that identifies foreign proteins in the body and triggers the immune system to attack.

Mistaken identity

An unusual form of that receptor may lead the immune system to mistakenly recognise parts of the brain as foreign, leading it to attack them, said lead author Emmanuel Mignot a sleep researcher at Stanford University in Palo Alto, California.

"An autoimmune etiology has been suggested for narcolepsy but never proven [before now] despite decades of intensive research," he said.

Narcolepsy is caused by a lack of cells in the brain that produce hypocretin, a hormone that helps regulate the sleep-wake cycle. In the 1980s it was discovered that narcolepsy was also strongly associated with unique variants of the gene HLA-DQB1*0602.

This gene codes for a protein that presents foreign proteins to the immune system, which becomes activated to destroy pathogens carrying those proteins. Researchers have long suspected that having a variant version of the gene predisposes people to an autoimmune reaction against hypocretin-producing cells.

However, not everyone with HLA-DQB1*0602 variants has narcolepsy, so Mignot's team scanned the entire genome of more than 4,000 people who have the variant gene, to find other genes associated with narcolepsy. The people who did have narcolepsy were 20 times more likely to also have a variant TCR-alpha gene, Mignot's team found.

"Both sides of the story"

TCR-alpha receptors found on the T-cells of the immune system, work closely with HLA proteins to recognise and destroy cells that have been identified as foreign. This strongly suggests that the two variant proteins working together can turn the immune system against hypocretin-producing cells, causing narcolepsy.

The discovery means that it might be possible to prevent narcolepsy by blocking the variant proteins, so they can't trigger the destruction of hypocretin-producing cells.

Gethin Thomas, an immunologist at the University of Queensland in Brisbane, Australia, said the research was important because, while HLA proteins were known to be involved in dozens of autoimmune diseases, it was the first time anyone had found both a HLA protein and a T-cell receptor linked to an autoimmune disease. "They've found both sides of the story," he said.
[PR]

by oninomae | 2010-08-30 22:25 | バイオハザード・ワクチン  

ヒトラーはロスチャイルドだったか? By Clifford Shack


これも訳しておきます。

ヒトラーはロスチャイルドだったか? By Clifford Shack

c0139575_824326.gif

サロモン・マイヤー・フォン・ロスチャイルド男爵

年は1836年であった。 サロモン・マイヤー・ロスチャイルド男爵[Baron Salomon Mayer Rothschild, 1774-1855]は、その時有名な銀行家ファミリーのウィーン分家の強力な長であった。

それはそうだが・・・

ニーアル・ファーガソン[Niall Ferguson]によって書かれた公式のロスチャイルド伝記『ロスチャイルド家:マネーの預言者 1798-1848[The House of Rothschild: Money's Prophets 1798-1848]』から引いた以下の情報を考慮してみよう

c0139575_86659.jpg


「[サロモン・ロスチャイルドの事務員]モリッツ・ゴルトシュミット[Moritz Goldschmidt]の息子ヘルマン[Hermann]-彼の回顧録は我々が有している詳細な直の記録の一つであるが-によると、サロモンは社会的品位を欠いているという以上でさえあった・・・」

「・・・日曜日に、デュブリンクの彼らの家で、彼は、必ずしも適切で礼儀正しくはない態度で居合わせていたとてもきれいな女の子たちといちゃついていた。これは出席している女性たちが誰か妊娠しているかどうかといった非常に粗野な冗談を含んでいた。」 [ページ200]

「彼は、「とても若い少女たち」に対する好色な情熱を持っていた。彼らとの彼の「火遊び」は、警察によってもみ消されなければならなかった。」 [ページ442]


1930年代の間に、ウィーン警察は、オーストリア首相ドルフス[Engelbert Dollfuss, 1892-34]がアドルフ・ヒトラー[Adolph Hitler]の起源(身元)について調査(捜査)することを支援した

c0139575_8255734.jpg


もちろん一人のオーストリア出身者であったヒトラーは、彼がオーストリアを併合するだろうという自分の意図を知らせた。

c0139575_8274198.jpg

c0139575_8433480.jpg


ドルフスはオーストリア併合として知られる併合を阻止しようと試みた。 ドルフスはヒトラーに対して彼が持っていた唯一の武器・・・恐喝・・・を使用するつもりであった。

c0139575_8262833.gif


かつてヒトラーのボディーガードであったハンスユルゲン・ケーラー[Hansjurgen Koehler]によって書かれた一冊の本、『ゲシュタポの内幕[Inside the Gestapo]』からの以下の抜粋を考慮してみよう:

c0139575_8302790.jpg


ドルフスがオーストリアの首相になったとき、ヒトラーは、かなりの期間世界の関心の注目の的となってきていたが、十分不思議なことに彼についてほとんど何も知られていなかった。彼の父は、シューエッケルグルーバーと呼ばれていたので、彼が如何にしてヒトラーという名前を持つに至ったのかを誰も説明出来なかった。彼が何人の兄弟姉妹を持っているのか誰も知らなかった・・・最大の謎が、その総統の私的生活、家族関係、起源を包んでいた。

ドルフス首相は、ヒトラーの秘密を調査し始めた。彼の課題は、それほど難しくはなかった;オーストリアの支配者として、彼はオーストリアの土地で生まれたアドルフ・ヒトラーの個人データと家族について、容易に発見することができた。すべての元のファイルに含まれていた原文の出生証明書、警察登録カード、手続書等を通じて、そのオーストリア首相は、パズルのとりとめのない部分部分を一緒につなぎ合わせて、おおよそ論理的な実体を作り出すことに成功した。そして、そこに一つの事柄があった-真実であるか否かはさておき。それは、ドルフスの手の内にあった一つの危険な武器であった可能性がある。

これは、彼が確かめたことであった:

上部オーストリアからのマチルト・シューエッケルグルーバー[Matild Schueckelgruber]と呼ばれた一人の幼い召使いのメイドが、ウィーンにやって来て、主にかなり裕福な家庭のために働く家内召使いとなった。しかし、彼女は不運だった;誘惑されて、彼女は子供を持つのが間近であった。 彼女は、閉じこもるため彼女の村の家に行った。 彼女の小さな息子は、私生児で、彼の母親の名前を受け取り、アロイス・シューエッケルグルーバー[Alois Schueckelgruber]と呼ばれていた。 (一部の文書では、シッケルグルーバー[Schickelgruber])。

c0139575_8392390.jpg


以下が、ドルフスの「収集物」の最も重要な、そしておそらく最も評判を落とすような(危険な)断片である。 私は、自分がその真偽の証拠を持っていないことを繰り返しておかねばならない。 それは、自分自身の武器について気難しくなかったナチの頭目に対する一つのふさわしい武器としてでっち上げられたのかもしれない。確かに、それはその結果すべてにおいて、かなり打ち砕くものであった。

この文書は、小柄な上部オーストリア人のメイドの大いなる人生の悲劇を明確にすることを目的としていた- 60年以上後に。

マチルト・シューエッケルグリューバー、アドルフ・ヒトラーの祖母は、仕事を得るためにウィーンへ来ていた。 そして、そこで何かが彼女に起こった。それはその大きな首都では普通のことであった。そしてしかし一つの私的な破局であった;彼女は自分の心臓の下に一人の子供を持っていた;彼女は家に、彼女の村に帰らねばならなかった。そして、恥に直面していた。

その幼いメイドは、ウィーンのどこで奉公していたか? これは非常に難しい問題ではなかった。 非常に早く、ウィーンは強制警察登録のシステムを設けていた。 奉公人と雇用主両者とも、もし彼らがこの義務を怠ったならば、重い罰金を課せられた。

ドルフス首相は、なんとかその登録カードを発見した。 その幼く無垢な女中は・・・ロスチャイルドの屋敷・・・で使用人であった。そして、ヒトラーの未知の祖父は、おそらく、この壮大な屋敷の中に捜し求められるに違いない。

ドルフスのファイルは、この記述で終わった。」


私はヒトラーの祖母のドルフスの記述に異論を唱えたい。 1837年、ヒトラーの父が生まれたとき、彼女は約40歳だった。 彼女は幼くなかった。 また、彼女は無垢でもなかった。 彼女はサロモン男爵-彼は、少なくとも・・・性的に抑えがきかなかった-の屋敷で実際仕事をしていた。

サロモンの息子アンセルムが、叔父に書いている

「彼[サロモン]は、残念ながら、道徳的崩壊の状態にあった・・・もし彼がウィーンを去った場合、それははるかに良かっただろう・・・」 [ページ466]



本当の問題が残っている・・・

c0139575_8345354.jpg

サロモン・ロスチャイルドは、ヒトラーの秘密の父方の祖父だったか?

ヒトラーとゲシュタポは、このことに多大な光を投じたであろうその元の書類を獲得すべく、大層過激なことを行った。 ドルフス首相は、これらの文書を回収する過程で暗殺されるだろう。 [陰謀のたまげた話全体に対する致命的なファイルを参照してください(オリジナルリンクとは別サイトです)。オリジナルの複製サイトはこちら]

あなた自身で決定して下さい・・・

ヒトラーは狂人だったかあるいは看板男だったか?

世界は一人の狂人としてヒトラーを知っている。 世界は、しかしながら、決して、あなたがちょうど今読んだ情報を提示されていない。

もしヒトラーがロスチャイルドの看板男だったとすると・・・

当然の質問が心に浮かぶ・・・

なぜロスチャイルド一族は、欧州のユダヤ人を一掃するのか?

もしあなたがその問題を調べたなら、あなたは、多くのドイツのユダヤ人がヒトラー自身の手助けによってパレスチナに移送されたことを発見するだろう・・・

アドルフ・ヒトラー:狂人かあるいは看板男か?

これが問題である・・・


元記事は

Was Hitler a Rothschild? By Clifford Shack
http://cliffordshack.com/HitlersSecretGrandfather.html 現在、表示が出来なくなっている。

以下で読める。
http://www.truthforever.com/Was%20Hitler%20a%20Rothschild%20Part%202.htm

http://hidhist.wordpress.com/hitler/was-hitler-a-rothschild/



関連

ヒトラーの、ロスチャイルド家との秘密の関係を理解する by Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/7969830/

ヒトラーの秘密の起源発掘 By Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/8626446/

c0139575_964582.jpg


シオニズム:ユダヤ人に対する陰謀 by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12068047

c0139575_971680.jpg


ヒトラーはイスラエルのための神の使いだった  by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/14105092/

c0139575_985596.jpg


ヒトラーは、イルミナティのエージェントだった? (アンコール)  By Henry Makow Ph.D
http://satehate.exblog.jp/12147420

ヒトラーはロスチャイルド銀行家のタイプライターを使用した By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/15006013/ 

スカル&ボーンズとホロコーストの陰謀 by Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/7954379/

c0139575_91714100.jpg

c0139575_9175062.jpg

c0139575_9511618.jpg


アンゲラ・メルケルはヒトラーの娘か? by David Meyer
http://satehate.exblog.jp/10584586

c0139575_9255928.jpg


アレイスター・クロウリーはバーバラ・ブッシュの父親だったのか?
http://satehate.exblog.jp/12402437

c0139575_9264836.jpg


フリッツ・ティッセン/ヒトラー/リチャード・ヘルムズ/ダン・クエール/ブッシュ/ハリマン  Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/9036123/

JFケネディとホロコーストの秘密 by Clifford Shack 他
http://satehate.exblog.jp/13842815/

c0139575_9522890.jpg

c0139575_9524281.jpg

ナチスの狂気
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/_floorB1F_nazis_X.html

c0139575_9541245.jpg

ヒトラーの予言
http://inri.client.jp/hexagon/floorB1F_hss/b1fha400.html



c0139575_9182015.jpg


c0139575_9192185.jpg

[PR]

by oninomae | 2010-08-29 08:43 | イルミナティ  

異例なナチのユダヤ人列車輸送 by Clifford Shack


異例なナチのユダヤ人列車輸送 by Clifford Shack

ヒトラーが、国際ユダヤ銀行家たちが安全に欧州を横断する(家畜列車中ではなく、もちろん)ように護衛したその日。1941年3月、ウォーバーグ&カンパニー、MMウォーバーグ&カンパニー国際的ユダヤ銀行のオランダ支部の14名の家族メンバーと従業員たちは、ナチ占領下のオランダからの異例の歓送を受けた。

人は、彼らがまっすぐに最寄りの強制収容所あるいはガス室に輸送されただろうと思うだろう。

このことは、起こらなかった。

これらの人々の運命は何だったのか?

14名は、彼らを警備し保護するように任命された特別な親衛隊に護衛された定期的列車に乗り込んだ。

別のもてなしの結果としての列車上の他のウォーバーグ一族と同伴で、彼らは占領下のフランス、未占領下のフランス、スペイン、ポルトガルを横断旅行した。

一説によると、そのウォーバーグ代表団は、旅行中鍵を掛けたままにしていて、その結果、ナチの警備員たちは彼らの車両には入れなかった。

彼らがフランスの国境を渡る直前に、一人の親衛隊の男がそのウォーバーグ一行の一人に言った。「我々は、サン・セバスティアンまであなたがたに同行することになっていますが、私はアンダイにガールフレンドがいます。 アンダイであなたがたと別れることを許可してもらえますか?」 

「我々は自分たちで何とかできるだろうと私は思う。」と、そのウォーバーグ関係者は素っ気なく答えた。

リスボンで、その一行はキューバ行きの船に乗り込み、米国のウォーバーグ一族によって保証されたビザで米国に入国した。

何人かは、記録にある企業の移転のずっと手の込んだ事例の一つの中で、EM・ウォーバーグ&カンパニーの従業員として、ウォールストリートで働くだろう



一人のウォーバーグは、列車から除外された。 オルガ・ラハマン[Olga Lachmann]、アビー・ウォーバーグ[Aby Warburg]の長女である。 彼女は1920年以来、ハーグで彼女の2人の子供グレースとエディーと住んでおり、オランダ国籍を持っていた。

オルガは、彼女の父親の財産の処分についての、1930年代に彼らが経験した苦い不和のゆえに、マックス・ウォーバーグが意図的に彼女が列車に乗ることを禁じたと主張するだろう。

彼女は ニューヨークのウォーバーグ一族とベルリンの親衛隊憲兵あるいはSicherheitsdienst との間で交わされた電報を見たと主張する誰かによる戦後の議論において、この非難に基礎を置くだろう。
 

オルガと彼女の子供たちは、それにもかかわらずオランダで戦争を生き延びた。



オルガの兄弟、マックス・アドルフ[Max Adolph]もまたオランダに取り残された。

オランダは多くのユダヤ人を守ることに助力したけれども、親衛隊の運動は、特別に厳しいのものであった。

1942年の夏までに、ドイツ人たちは、アンネ・フランクがその中にいたがユダヤ人の人口の4分の3を殺し去るだろう組織的な追放を開始した。


マックス・アドルフ、彼の妻、そして子供たちは生き残った。


Source: The Warburgs by Ron Chernow

c0139575_12159.jpg



元記事は

An Unusual Nazi Jewish Train Transport by Clifford Shack
http://cliffordshack.com/nazi_escort.html



関連

ウォーバーグ一族: (フォトギャラリー)  by Clifford Shack
http://satehate.exblog.jp/7966411/

「マックス・ウォーバーグ」
http://satehate.exblog.jp/7966203/

SGウォーバーグ
http://satehate.exblog.jp/7966233/

白洲次郎のプリンシプルとは? by 鬼塚英昭 原爆ホロコーストへの道
http://satehate.exblog.jp/9332877

ドラマ『白洲次郎』?
http://satehate.exblog.jp/10988148

広島 ネブラスカ、長崎 フロリダ By Henry Makow, Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12080043

英国ロスチャイルドの当主であるジェイコブ・ロスチャイルド(ロンドン家6代目、四代目パロン=帝国ホテル内に事務所あり)が 20日から「小沢一郎前幹事長救済」に動き出した

c0139575_013425.jpg

c0139575_0141057.jpg


フリーメーソン団:人類の死への願望  by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12055304

c0139575_028336.jpg


フリーメーソンたちは我々の政治的見せかけ芝居を上演する  by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12182617

ルーズヴェルトを排除する銀行家の計画は一つの策略だった By Henry Makow Ph.D. 
http://satehate.exblog.jp/12858537

マルティン・ボルマンはロスチャイルドのエージェントだった-のっぴきならない証拠 by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12247023

ロスチャイルドは「赤い交響曲」を指揮する。by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/10800240

ナチとソ連は一体のものとして行動した  by Henry Makow Ph.D.  
http://satehate.exblog.jp/12129750

最高位のイルミナティ離脱者:「ロスチャイルド一族がドルイド妖術で支配している」 By Henry Makow
http://satehate.exblog.jp/12794988



c0139575_015537.jpg

c0139575_030376.jpg

[PR]

by oninomae | 2010-08-28 00:56 | ホロコースト  

ヒトラーはロスチャイルド銀行家のタイプライターを使用した By Henry Makow Ph.D.  


ヒトラーはロスチャイルド銀行家のタイプライターを使用した By Henry Makow Ph.D.  July 6, 2007 2007年7月6日

c0139575_20571684.jpg


時として、象徴的な詳細が多くを物語る。

ドイツ最大の銀行、ドイツ銀行の頭取、エミール・ゲオルグ・フォン・シュタウス[Emil Georg von Stauss]は、ヒトラーにポータブルなレミントンのタイプライターを貸した。彼がその悪名高い反ユダヤ銀行家マニフェスト『我々が闘争[Mein Kampf]』を執筆出来るように。

c0139575_21251517.jpg


フォン・シュタウス、一人の主要なナチ党の基金調達者は、ロスチャイルド一族の長年のビジネスの仲間であった。

c0139575_21291643.jpg


ヒトラーは、彼がランズバーグ刑務所に1924年の4月から12月まで快適な8ヶ月間の滞在していた間に、『我々が闘争』を、タイピストであるルドルフ・ヘスとエミール・モーリスに口述した。 (彼の5年の刑は減刑された。彼は、景色の見える2室の一続きの部屋を与えられ、贈り物や訪問を受けることが許された。)

フォン・シュタウスは、裕福なイルミナティからなる「ヒトラー支援グループ」の一部であった。

ヘレネ・ベヒシュタイン[Helene Bechstein]、ピアノ製造業者の妻は、ヒトラーの継母であると装って、その原稿の部分部分をこっそり持ち出した。彼女はすべてのヒトラーの費用の世話をし、彼が彼女の娘ロッテと結婚することを望んだ。

c0139575_2174429.jpg


フランツ・ティッセン[Franz Thyssen]、合同製鋼所の会長は、ヒトラーに10万ゴールド・マルクの誕生日の贈り物を送った。

c0139575_2124339.jpg


この説明は、ベルギーの著者スタン・ラウリセンズ[Stan Lauryssens]Lによる、ルドルフ・ヘスの手紙から採った。(『第三帝国を発明した男[The Man Who Invented the Third Reich]』、1999年、pp.130-135。)

c0139575_2161044.jpg


それは、1924年に草の根弱小政党を指導していたという、我々が、ヒトラーに抱くイメージと矛盾している。

実際には、彼は彼が反対する振りをした国際的銀行家たちの看板男であった。

しかし、もし我々が『シオンのプロトコール』を注意深く読むならば、驚くべきことではない。

秘密のメーソン団は設営(お膳立て)している。 「我々自身の、どう見たところでも、離れた立場、それは少なくともその機関紙の一つで、我々に対するまさに正反対の様に見えるものを提供するだろう。我々の真の反対派は、心の中で、この模造の反対を彼ら自身のものとして受け入れ、そして彼らの手の内を我々に明かすだろう。」  (プロトコール 12.11)

ナチズムと共産主義両者とも、イルミナティ銀行家たちによってでっち上げられた偽りの反対であった。

我々が、文句を言い叫びつつ、次の世界戦争の中へと引き込まれるにつれて、我々の通貨を発行している連中が、すべての戦争の背後におり、双方の側をコントロールしていることを思い出そうではないか


ドイツ銀行、フォン・シュタウス、そしてロスチャイルド

ドイツ銀行は、ヒトラーを作り出すことを助けた。なぜなら、彼が戦争利益を意味していたからである。 (支店長や幹部たちは、ナチ党に属していた。) 第二次世界大戦中、ドイツ銀行は、占領国の銀行と産業を乗っ取り、ユダヤ人所有のビジネスを「アーリア化」して、ユダヤ人の口座を押収したとき、利益を得た。 (ハロルド・ジェームズ[Harold James]の『ユダヤ人に対するドイツ銀行とナチの経済戦争[The Deutsche Bank and the Nazi Economic War Against the Jews]』、2001年、を参照されたい。)

c0139575_2112272.jpg


その銀行の頭取に就任する以前、フォン・シュタウスは、その銀行によって所有されたルーマニアの石油会社ステアウア・ロマーナのゼネラル・ディレクターであった。彼は、一つの石油カルテルである欧州石油連合(EPU)の、マネージング・ディレクターであった。

EPUは、「その目的が彼らの製品により最大限可能な利益を生み出すことであった、一つの国際的産業家協会」であった。 EPUは、ロスチャイルドの利益、ノーベルの利益、そしてドイツ銀行の利益を代表していた。 後2者はおそらくロスチャイルドの利益を含有していた。

ナチが権力を掌握した後、フォン・シュタウスは、ドイツ銀行繋がっていたダイムラーベンツやBMWのような主要なドイツ企業において、 戦争の準備を統合調整した。

一冊の本は彼のことを、「ワイマールと国家社会主義の時代の謎めいた人物、にもかかわらず、歴史学的研究において、彼に当然払われるべきものがまれにしか与えられてこなかった人物」 と記述している。

一人の主要な支持者である一方、彼は決してナチ党のメンバーにはならず、そして「常に、ドイツ銀行における彼の同僚であるオスカー・ワッセルマン[Oscar Wassermann]などのようなユダヤ人である著名な経済人たちと良好な関係を保っていた。」 

c0139575_2116133.jpg

(デビッド・バンキア[David Bankier]編、 『ドイツの反ユダヤ主義の深さを精査する[Probing the Depth of German Anti Semitism]』、2000、pp 256-257)

c0139575_21161651.jpg


にもかかわらず彼は、ずっと以前に改宗し姻戚関係になっているユダヤ人たちのそれらでさえもユダヤ人の資産を分析する道具であった。

明らかに、内部のユダヤ人と外部のユダヤ人たち、つまりイルミナティか否か、がいた。


なぜ銀行家たちは戦争を作り出すか

戦争は、人類を大量に殺し、堕落させ、そして奴隷化するための銀行家たちの長期的計画の最重要項目である。 その奴隷化は、我々の信用に対する彼らの詐欺的な世界的独占を保護するために必要である。

この論理が「革命」の真の意味と、なぜ彼らが戦争を「革命的」とみなすのかを説明する。

人類は窮地に追い込まれている。なぜなら一つの小さな徒党が、マネー製造のコントロールを横領しているからである。

このことは、金のディーラーたちが、彼らが所有していない金に対する領収書を発行し得ることを認識した時に始まった。

彼らは、自分たちが持っているマネーよりも多い貸付金も、単純な経理的記帳によって、また発行出来るだろうと考える銀行家たちになった。

彼らは、世界の富を掌握し、そして政府、メディア、教育を統括する共犯者たちを据えるために、この金の卵を産むガチョウを利用する。

彼らは、我々の国家政府が彼らが印刷する紙を保証するよう手筈を整えた。


戦争は、堕落させ、野蛮化させ、そして負債と利子を増加させるこの業務状態から、我々の気を逸らす。 (その銀行家たちは当然、政府債務に最も信頼を置いている。)

中央銀行家たちはまた、社会主義が大好きである。

彼らは、人々を彼ら自身の負債によって購入する。

ウッドロウ・ウィルソン[Woodrow Wilson]は、この「マネー権力」の駒であった。

c0139575_2361377.jpg


しかし、彼の魂を救うために、彼は言った。米国の産業家たちは、彼らがあえて自分の口で話さないような「とても組織化され、とても陰険(微妙)で、とても用心深く、とても連結した、とても徹底的な、とても広範囲な、どこかの一つの権力」を恐れていると。

ウィルソンは、実際にこの力を特定している:

「この国における偉大なる独占は、大きな信用の独占である。一つの偉大な産業国家は、その信用システムによってコントロールされている。国家の成長、しかして、我々の活動のすべては、純粋な経済的自由を凍らせ、抑制し、破壊する少数の人物たちの手中にある。」 (ロバートソン[Robertson]、人間生態学[Human Ecology]、p. 166)


結論

「テロとの戦争」を含めて、戦争は、権力と富に対する中央銀行家の独占を保護するための世界警察国家を作り出すために設計されている。

ロン・ポール*とデニス・クシニッチを除いて、誰が選ばれるかは、実際問題ではない。 彼らはすべて、中央銀行家たちのために働いている。 (*訳注:この後、Makowさんは、メーソンサインを見て信じなくなります)

イルミナティ銀行家たちは、彼らがナチズム、共産主義、そしてシオニズムを作り出したとき、ユダヤ人たちを犠牲にした。 もし必要ならば、彼らは自分たちの新世界秩序を作り出すために、再びそうするであろう。

メーソン、ビルダーバーガー、イエズス会士、そしてシオニストたちは、すべてその銀行家たちによって力を与えられている。

人類は、銀行家たちが我々の信用を使ってマネーを作り出す彼らの権力を譲り渡すまで、決して自分のしっかりした足で立つことはないだろう

一方で、我々の生活は、戦争ばかりではなく、一連の奇怪ないかさまによって形づけられている。

---- ----

Related: "Illuminati Bankers Hired Hitler to Start World War Two"
http://www.savethemales.ca/001936.html

and "Did Bormann Run Hitler for the Illuminati?" (和訳はこちら



元記事は

Hitler Used Rothschild Banker's Typewriter By Henry Makow Ph.D.  July 6, 2007
http://www.henrymakow.com/002071.html


c0139575_0492842.jpg


c0139575_048553.jpg

c0139575_0511965.jpg

c0139575_194292.jpg

c0139575_0515366.jpg

c0139575_1181442.jpg

[PR]

by oninomae | 2010-08-24 21:23 | イルミナティ  

カトリック教徒たちは1936年にメーソンのユダヤ人の企みを明らかにしていた By Henry Makow Ph.D.


『天使と悪魔』のついでに、これも訳しておきます。

カトリック教徒たちは1936年にメーソンのユダヤ人の企みを明らかにしていた By Henry Makow Ph.D.   March 26, 2010

(メイコウ注記: これは人類がある大変な否認の状態にあることのさらなる確認である。我々は、悪魔的に取り憑かれてきた。この文書を「憎悪」あるいはもう一つの「でっち上げ」と呼ぶがいい、しかし、その憎悪はすべてメーソンのユダヤ人の側にあり、そして我々の頭を砂に埋めても、その真実は変わらないだろう。この記事では立場を濁すが、潜入者たちの一人ラッツィンガーは、現在の子供の性的虐待論争によって、教会の信用を落とすために配属されたのだろうか?)

c0139575_253738.jpg



英国カトリック新聞によって暴露された秘密のユダヤ人の企み

1936年2月付けのロンドン・カトリック・ガゼットの中で、一つのセンセーショナルな記事が、『ユダヤ人の差し迫った危険とカトリック教会』 という見出しの下に発行された。 

イギリスカトリック宣教師協会の月刊の機関誌は、パリにおける一連の秘密のユダヤ人会合で述べられた演説を引用していた。

数週間後、パリの週刊誌『Le Reveil du Peuple』は、その発言が最近のブナイブリス(ジェンティーレ[非ユダヤ人]は加入が認められない秘密のメーソン教団)の集会においてなされたものだと付け加えながら、一つの同様の報告記事を出版した。


『カトリック・ガゼット』の記事は以下ように書いた:

『ユダヤ人の差し迫った危険とカトリック教会』


かつてそして今なおユダヤ人問題が存在することは、誰も否定出来ない。1900年前のイスラエルの拒絶以来、ユダヤ人たちはあらゆる方向へと散らばって、そして困難とそして迫害にさえも関わらず、彼らは欧州のほとんどすべての国の中で、一つの権力となってきた。 ある特別なやり方でカトリック教会に影響を与えるこのユダヤ人問題の観点から、我々は、パリにおけるユダヤ人協会の後援の下に最近なされた一連の演説からの以下の驚くべき抜粋を公刊する。我々の情報提供者の名前は、匿名にしておかねばならない。彼は、現在我々には既知であるが、現在の彼のユダヤ人たちとの独特の関係故に、我々は彼の身元を開示せず、また以下の抜粋以上のパリ会議のさらなる詳細を明かさないことに同意した。以下のものは、時として大まかに翻訳したけれど、それにもかかわらず、その元の発言の意味を実質的に伝えている。--社説欄短評子は、ユダヤ人たちが、彼ら自身の人種的団結と国際的性格への損害なしに、彼らの教義を広め、彼らの政治的、社会的、そして経済的影響を増加させることが出来てきたという事実を喜びとするものである。

-------- --------

「ジェンティーレたちの間に、なんらかの社会秩序の概念が残っている限り、そしてすべての信仰、愛国心、そして威厳が根こそぎにされるまで、世界に対する我々の君臨支配のときはやってこないだろう。 」

「我々はすでに我々の仕事の一部を成就させたが、しかし、我々は我々のすべての仕事がなされたと主張することはまだできない。我々は我々の主たる敵(反対者)であるカトリック教会を打倒できるまでには、まだ長い道のりを残している・・・

「我々は常に念頭に置いておかねばならない。カトリック教会が、我々の道を塞いできたし、それが存在し続ける限これからも塞ぐだろう唯一の制度であることを。 カトリック教会は、その組織だった仕事とその啓発する道徳的な教えによって、常にその子供たちを、我々の支配に従い、そして我々の未来のイスラエル王の前にひれ伏すためには、自尊心を高くさせすぎるような心の状態に保つだろう

「それが、カトリック教会を根底から揺さぶる最善の方法を発見することに努めてきた理由である。我々は、ジェンティーレたちの国の間に反乱の精神と偽りのリベラリズムを広めてきた。彼らが自分たちの信仰から離れるよう、そして彼らが自分たちの宗教の教えを公言し、そして彼らの教会の戒律に従うことを恥じるようにさえ説得するためにである。我々は彼らの多くを無神論者であることを誇り、またそれ以上に、猿の子孫であることを喜ぶようにさせてきた!我々は彼らに実現不可能な新しい理論を与えてきた。現在我々の目的に奉仕している共産主義、無政府論、そして社会主義のような・・・

愚かなジェンティーレたちは、それらの理論が我々のものであり、そしてそれらは彼ら自身に対する我々最も強力な手段を構成するということを認識することなく、最大の熱狂をもってそれらを受け入れてきた・・・


彼らの自身の 刑務所を構築しているジェンティーレ

「我々は最も不面目な中傷でカトリック教会に汚点を付けてきた、我々はその歴史を汚し、そしてその最も気高い活動さえも傷つけてきた。我々は、教会の敵の悪事を教会に負わせてきた。そして、このようにして、これらの後者たちがより近く我々の側に立つようにさせた・・・それがあまりにも多いので、我々は現在、最大の満足を持って、いくつかの国において教会への反乱を目撃している・・・我々は教会の聖職者を憎悪と嘲笑の対象へと変えてきた、我々は彼らに群集の軽蔑を受けさせてきた・・・我々はカトリック宗教の実践が時代遅れで単なる時間の無駄とみなされるようにしてきた・・・

そして、ジェンティーレたちは、彼らの愚かさのゆえに、彼らがそうであると我々が期待した以上に扱いやすいカモであると判明してきた。人はより多くの知性とより多くの実践的常識を期待するだろうが、しかし、彼らは羊の群れ以上のものではない。彼らが、我々の未来の世界王への生け贄にするに値するほど充分に太るまで、彼らを我々の牧場で放牧しよう・・・

「我々は、多くの秘密結社を設立してきたが、それらはみな、我々の命令と我々の指示の下に、我々の目的のために働いている。我々は、ジェンティーレたちが我々の組織に参加することを一つの栄誉にした、大きな栄誉に。我々のその組織は、我々の金(ゴールド)のおかげで、現在、以前にも増して盛大である。 しかし、我々の計画において我々に加わることによって、彼ら自身のそして最も貴重な利益(所有権)を敵に売るそれらのジェンティーレたちが、これらの結社は我々が作り出したもので我々の目的に奉仕するということを決して知るべきではないということは、我々の秘密に留まっている・・・

c0139575_3174111.jpg


「我々のフリーメイソン団の多くの勝利の一つは、我々のロッジのメンバーになったそれらのジェンティーレたちが、我々が彼らを、その屋根なしの立ち席の上に我々が我々のイスラエルの全世界王の王座を建築する、彼ら自身の刑務所を建設することに使っているということを、決して疑うべきではなく;そして、我々の未来の世界王への彼ら自身の隷従の鎖を鍛造することを我々が命じていることを決して知るべきではないと、いうことである。 


c0139575_335963.jpg

c0139575_318470.jpg

c0139575_3181828.jpg

c0139575_3183410.jpg

c0139575_3185415.jpg

c0139575_3191195.jpg

c0139575_3192665.jpg

c0139575_4445743.jpg

c0139575_5504379.jpg



浸潤(潜入)

「今までのところ、我々は外部からカトリック教会に我々の攻撃をしかける我々の戦略について考察してきた。しかし、これがすべてではない。さて今度は、我々がいかに、カトリック教会の崩壊を加速させるために我々の仕事において先に進んできたか、そして、いかに我々が教会の最も親密な集団へと潜入浸透し、その聖職者の一部をさえ、我々の運動の創始者になるようにさせてきたかを説明したい。

「我々の哲学の影響は全く別として、我々はカトリック教会の破損を保証するための他の処置をとってきた。これがどのようになされてきたかを説明しよう。  我々は我々の子供たちの一部をカトリック団体に参加するように勧誘してきた。彼らが、教会の内部で醜聞を創り出すことによって、カトリック教会の解体のためのより効果的なやり方で働くべきであるとあけすけに仄めかしながら。 我々は、このようにしてユダヤ人たちの王子の助言に従ってきた。彼は非常に賢くも言った:『あなたの子供たちの一部を教会法規家にさせなさい。そうすれば、彼らは教会を破壊するかもしれない。』 残念ながら、その『改宗』ユダヤ人たちのすべてが、彼らの使命に忠実であると判明したわけではない。彼らの多くが、我々を裏切りさえした!しかし一方で、他の者たちは、彼らの約束を守り、自分たちの言葉に栄誉を授けた。かくして、我々の長老たちの助言は、効を奏すると判明してきた


革命

「我々はすべての革命の父である-時としてたまたま矛先が我々に向かったそれらにおいてさえも。我々は平和と戦争の最高の主人である。我々は改革の創造者であることを誇ってよい! カルヴィン(カルヴァン)[John Calvin, Jean Cauvin, 1509-64]は、我々の子供たちの一人であった;彼はユダヤ人の子孫で、そしてユダヤの権威によって委任され、またユダヤの金融によって助成された。彼のその改革計画を起草するために。

マルチン・ルター[Martin Luther, 1483-1546]は、彼のユダヤ人の友人たちの影響に従った、そして再度、ユダヤの権威によって、またユダヤの金融によって、彼のカトリック教会に反対する計画は成功を収めた・・・

c0139575_4561446.jpg

c0139575_4563032.jpg

c0139575_5183163.jpg

c0139575_5195100.jpg


「我々の宣伝、我々のリベラリズムの理論、そして我々の自由の虚説のおかげで、ジェンティーレたちの多くの心は、その改革を歓迎する用意が整っていた。彼らは教会から離れ、我々の罠へと落ちた。そして、このように、カトリック教会は非常に目だって弱体化してきたし、そしてジェンティーレの王たちに対するその権威は、ほとんどゼロまで減じられた・・・

「我々は、我々の願いに忠実であることに対して、プロテスタントに感謝している-彼らのほとんどは、彼らの信仰に誠実ではあるけれども、我々への忠誠に気付かない。我々は、キリスト教文明の牙城に対する我々の戦いにおいて、そして、全世界に対する、そしてジェンティーレたちの王国に対する我々の優越性(主権)の到来への準備において、彼らが我々に与えた素晴らしい助力に対して彼らに感謝する。

「これまでのところ、我々はほとんどの欧州の王座を打倒することに成功してきた。残りは、近い将来、続くであろう。ロシアは既に我々の支配を崇拝している。フランスは、そのメーソンの政府によって、我々の親指の下にある。英国は、我々の金融への依存の下、我々のかかとの下にある;そして、そのプロテスタント主義の中に、カトリック教会の破壊に対する我々の希望がある。スペインとメキシコは、我々の手の中のおもちゃに過ぎない。そして米国も含めた他の多くの国々は、すでに我々の策略の前に落ちてきた。


c0139575_6484922.jpg

c0139575_4172699.jpg

c0139575_4183578.jpg

c0139575_4184554.jpg

c0139575_419101.jpg


c0139575_4213633.gif

c0139575_4193820.jpg

c0139575_4195662.jpg

c0139575_4201454.jpg

c0139575_4202932.jpg


c0139575_4221344.jpg

c0139575_4223569.jpg

c0139575_422598.jpg

c0139575_4232050.jpg


c0139575_423348.jpg

c0139575_4235058.jpg

c0139575_538422.jpg



教会は最後の砦であった

「しかし、カトリック教会は..はまだ生きている・・・

「我々は、一刻の遅れもなくまた慈悲の欠片もなしに、教会を破壊しなければならない。世界の新聞のほとんどは、我々のコントロール下にある;それゆえ、さらになお暴力的なやり方で、カトリック教会に対する世界の憎悪を奨励しよう。ジェンティーレたちの道徳を毒する我々の活動を強化しよう。人々の心の中に、革命の精神を拡げよう。 彼らには愛国心や自分たちの家族愛を軽蔑するようにさせ、彼らの信仰を一つの戯言で、彼らの教会への服従が下劣な奴隷根性であるとみなすようにさせねばならない。その結果、彼らは教会の訴えに対して聞く耳を持たず、我々に対するその警告に盲目となるだろう

c0139575_549292.gif

c0139575_513527.jpg

c0139575_8441174.jpg

c0139575_8482010.jpg


なかんずく、カトリック教会外のキリスト教徒たちが、その教会と再統合されること、あるいは非キリスト教徒たちがその教会に加わることが不可能なようにしよう;さもなければ、我々の支配に対する最大の障害が強化され、そして我々のすべての仕事が未完成となるだろう。我々の計画は暴露され、ジェンティーレたちは、復讐の念を持って、我々に矛先を向けるだろうし、彼らに対する我々の支配は、決して実現しないだろう。

「カトリック教会の積極的な敵が残っている限りにおいて、我々は世界の支配者になることを期待し得ることを覚えておこう・・・そして、常に覚えておこう、地上のジェンティーレの他の現在君臨している君主たちと同様に、ローマ教皇が廃位される以前には、未来のユダヤ王は決して世界に君臨しないだろうことを。
 


c0139575_612790.jpg

c0139575_623862.jpg

c0139575_625573.jpg

c0139575_63829.jpg

c0139575_633163.jpg


----- -----

Related, the book "The Plot Against the Church" by Maurice Pinay online
http://www.catholicvoice.co.uk/pinay/


元記事は

Catholics Unveiled Masonic Jewish Plot in 1936  By Henry Makow Ph.D.  March 26, 2010
http://www.henrymakow.com/jewish_peril.html


c0139575_424397.jpg

↑これが何を意味するのかよくわからないんですが?

c0139575_6491466.jpg

やはりこれですかね?

c0139575_8273679.jpg

[PR]

by oninomae | 2010-08-22 02:59 | イルミナティ  

ハリウッドはどのように秘密結社についての偽情報を広げるか By Vigilant 3


ハリウッドはどのように秘密結社についての偽情報を広げるか By Vigilant July 18th, 2009  その3

天使と悪魔

c0139575_1414040.jpg


この映画は、イルミナティとそのカトリック教会に対する戦いに焦点を当てるダン・ブラウンの小説に基づいている。

主人公は、イルミナティ・エージェントによって深夜爆破するように仕掛けられた大爆弾からヴァチカンを救うために、ローマを駆けめぐる。

ダン・ブラウンの本の最初のページは、読者たちがその本に書かれた全てのことを事実として受け取るように唆しながら、「イルミナティは事実だった」と主張する。

彼らはそうすべきではない


映画の始まりにおいて、ロバート・ラングドン(トム・ハンクスによって演じられる)が、自ら危険を冒してイルミナティを説明する。

ここにいくつか彼の主張を挙げる:

「イルミナティは、ガリレオ・ガリレイによって、教会による彼の太陽中心説(地動説)拒絶に対応して、設立された。」

(バヴァリア)イルミナティは、上部バヴァリアにおいて、アダム・ヴァイスハウプトにより、1776年5月1日、正式に設立された。これは、ガリレイの死の130年以上後であり、また同じ国の中でさえない。その映画によるガリレイのイルミナティとの関連付けは、この立派な科学者の名前を陰謀的秘密結社に関連付ける一つの試みのように思われる。

c0139575_1422310.jpg

「人々を導くために私が知っているすべての手段の中で、最も有効なものは、ある隠匿された謎である。」-アダム・ヴァワイスハウプト


「イルミナティは、17世紀以前には暴力的になってはいなかった。」

それは決して暴力的ではなかった。その活動は、浸透と転覆に基づいていた。

「それは、教会の不正確な教えに懸念を持った科学者、物理学者、天文学者たちの一つの協会だった。そして彼らは科学的真実に献身した。 ヴァチカンは、それを好まなかった。それで、教会は『彼らを捜査しそして殺す』ことを開始した。」

イルミナティは、共通の知識の進歩に献身した科学者たちの集団ではなかった。映画は、その秘密結社を、キリスト教の盲目的信仰への要求とその科学的進歩の妨害への、必要で合理的な対応物として、不誠実に描いている。 この目で見ると、平均的な観客は、トム・ハンクのイルミナティの説明に反対することはできず、その教団を好意的なやり方で理解する。

イルミナティの本当の目的は、新世界秩序のために伝統的な制度を打倒転覆することであった。


このバヴァリア・イルミナティの強力な組織の目的は、以下のごとくであった:

1. キリスト教とすべての君主政府の破壊;

2. 普遍的な国際主義のための、現存する国家の破壊;

3. 愛国的で忠実な努力を、すべての人々に対する善意の教義及び「普遍的同胞」の叫びと相容れない心の狭い偏見であると汚名を着せ落胆させること;

4. 体系的な堕落の手段を用いた家族の絆と結婚の廃止;

5. 相続権と財産の抑制。


-レディー・クイーンズボロー、『オカルト神権政治』



バヴァリア・イルミナティは、その創設後何年かで解散させられた。研究者たちは、しかしながら、イルミナティは自体を近代的フリーメイソン内に成功裏に統合したと言っている。

イルミナティの思想家たちは、メーソンの支部ロッジの世界的な権力範囲が、彼らの理想の伝播のための理想的なプラットフォームを意味すると信じていた。

総括すると、イルミナティは科学的真理の進歩に献身する快活な科学者たちの協会ではなかった。 それは、浸透と転覆を通じて、ある秘密のエリートを最も利することに仕える目的で、伝統的な制度を打倒することを目的とした秘密結社であった。イルミナティが徹底的に反教会であったことは本当であるが、この戦争はその存在の主たる理由ではなかった。

今日では、イルミナティは、そのアジェンダの継続のために、フリーメーソンの内部で候補を採用する、一つの隠された教団であるとみなされている。



映画の密教的意味

c0139575_151415.jpg

(警告:大きなネタバレ)

ダン・ブラウンの作品は、主として秘密結社に焦点を当ててきた。

なぜ彼がハリウッドの全面的支援を受けているかについては、重要な理由がある:彼の作品群は偽情報というアジェンダに奉仕する。

その映画では、イルミナティは「教会を光で破壊する」ために、ヴァチカンを脅かす。「光」とは、反物質爆弾の爆発について言及しているのだが、しかしそれはまた情報-宣伝と教化洗脳-にも言及している。

大衆がキリスト教に背を向けるようにさせる唯一の真の方法は、ヴァチカンを破壊することによるのではなく、人々が自分たちの宗教的なエリートへの見方を変更することによるものである。

その目で見れば、映画自体がヴァチカンに対する爆弾である。 たとえ教会が、ロバート・ラングドンの助けによって、見かけ上映画の終わりに勝利を得たとしても、『天使と悪魔』の観客は、すべての象徴、儀式、そして冒涜されたカトリック教の姿を二時間見ながら過ごしたことになる。

いくつかの例:ロバート・ラングドンがヴァチカンの文書記録庫を破壊する、教皇への候補たちは動物のように檻に入れられている、一人の候補者が教会内で十字架に掛けられ焼かれる、今は亡き教皇の墓が開かれ、彼のひどく変形した顔が明かされる、等々。

c0139575_1514489.jpg

教会内部で十字架につけられ焼かれる教皇候補者


すべてのこれらのシーンは、ある強い象徴的な意味を有している。それは深く観客の良心に影響を与える。 ヴァチカンを取り巻く信心深い神聖なオーラは、陰惨な死、破壊、そして腐敗によって置き換えられる。 映画全体は、その機関を、一つの不適切で、頑固、そして過去の反動的な遺物として描写する。

あげくの果てに、観客たちは、全体の「イルミナティ」ごとが、教皇の息子(そう、見たところ、教皇は一人の息子を持っていた)によって背後から操られた、彼の地位を奪うための一つの大きな八百長だったと学ぶ。それで、その映画は観客に、イルミナティは存在してさえおらず、そして教会はあまりに腐敗しているのでそのメンバーたちは、権力を得るために最も恐ろしい罪を犯すにやぶさかでない、と語る。

観客たちは最終的にエリートが彼らに維持して欲しいまさにその考えと共に映画を去る:イルミナティは一つのおとぎ話で、それが実際に存在したときには、それは科学の進歩に献身した偉大なる思考者たちの協会であった;カトリック教会は神聖ではない、それは深い欠陥があり、そして人間の制度である、それはその科学への嫌悪によって消滅しかかっている。

この映画を通して、真のイルミナティは、一方で、常なる教化によって組織的宗教を破壊するというその計画を今も実行しながら、それ自身の存在を否定する 


カトリック教会とオカルト教団の間の古くからの権力闘争は、我々の映画スクリーン上で挙行されており、そして我々は誰が勝ちつつあるかを明瞭に見ることができる。




結論

書籍や映画で秘密結社を見る傾向は、まだ終わりそうにない。

ダン・ブラウンの次の小説、『ロスト・シンボル』もまたフリーメイソンとそのワシントンとの繋がり周辺に焦点を合わせるだろう。

c0139575_2263645.jpg


これらの作品は、今、以前には近づきにくかった情報に一般人がアクセスすることを可能にする情報の民主化の一つの結果として現れている。

これらの映画はオカルトのシンボルと同じ目的に奉仕している:明らかにし、そして隠すためにである。それらは、俗衆に誤解を与える一方で、入会者たちに明かす。

ハリウッド映画は、ベトナム戦争、共産主義の恐怖、イスラムテロの恐怖、アメリカの価値観の推進などのような多くのアジェンダを推進してきた。上で分析した映画は、単に、秘密結社に関する偽情報という一つの新しいアジェンダを推進している。

c0139575_4332392.jpg




元記事は

How Hollywood Spreads Disinformation About Secret Societies By Vigilant  July 18th, 2009
http://vigilantcitizen.com/?p=1483 (和訳3回目、最終です)



c0139575_2572777.jpg

c0139575_2574298.jpg

c0139575_2585062.jpg


そしてザガミ氏のグループが映画「天使と悪魔」のアドバイザーなのだそうです。

・・・イルミナティが持っている秘密をハリウッド映画などにして徐々に公表して行く予定だといっていました。(笑)
[PR]

by oninomae | 2010-08-21 01:53 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

米国のGMO農業の過ちを教訓にせよ F・ウィリアム・イングドール

http://tamekiyo.com/documents/W_Engdahl/gmo_usa.html の転載

米国のGMO農業の過ちを教訓にせよ F・ウィリアム・イングドール 2010年8月18日
GMO Crop Catastrophe in USA a lesson for World By F. William Engdahl
(http://engdahl.oilgeopolitics.net/)


ヨーロッパの農業にGMO(遺伝子組み換え生命体)が拡散することに大多数の人々が反対していることが繰り返し示されているにもかかわらず、選挙で選ばたわけでもないのに権力を持っている欧州委員会(ブリュッセル)は、最近、人々の意見を踏み潰そうとしている。ギリシャ出身の前EU環境委員は猛烈なGMO反対派だったが、欧州委員会の委員長でイラク戦争を支持したこともあるマヌエル・バローゾ[José Manuel Durão Barroso]は、マルタ島出身の会計士の経歴を持っているが、現在、衛生環境委員としてGMO承認にめくら判を押している。

c0139575_21342147.jpg

また、中国政府も、様々な品種のGMOコメを承認する動きを見せている。 事態を先に進める前に、「世界のGMO実験所」になった米国の経緯をよく調べておくべきだろう。GMO作物は、決して有益なものではない。まったく逆だ。

モンサントなどアグリビジネス企業が、伝統的な作物の代わりにGMO作物を宣伝してきた中で巧妙に避けてきた事実がある。現在までのところ全世界的に、あらゆるGMO作物は、たった二つの性質を持つように遺伝子操作され、特許取得されているに過ぎない。その一つは、モンサントなどが農家にGMO特許種子を販売する条件として強制的に買わせてきた極めて有害な化学物質・除草剤グリホサート(これも特許)に「耐性」があることだ。もう一つが、特定の害虫に耐性があることである。 アグリビジネスが自らの利害のために流布した宣伝文句の神話とは反対に、伝統的な品種よりも収穫量の多いGMO種子は一つも存在しないし、有害な化学除草剤の使用量が少なくて済むGMO種子も存在しない。 その理由は単純だ。もしそうであれば儲からないからである


巨大な「スーパー雑草」の蔓延

反GMOの著名な生物学者であるロンドン科学研究所のメイ・ワン・ホー博士(Dr Mae-Wan Ho)〔訳註:遺伝子組み換えについて果敢に抗議している以下のビデオの女性科学者〕が述べているが、モンサントなどの企業は、除草剤の対象となる酵素のグリホサートに反応しない形態の遺伝コードを除草剤耐性(HT)として種子に埋め込んでいる。その酵素は、土壌細菌アグロバクテリウムから取り出している。害虫耐性は、土壌細菌Bt(Bacillus thuringiensis)から取り出した一つまたは複数の毒素遺伝子に起因するものだ。米国では、1997年前後に、商用にGMO植物(主に大豆、コーン、綿)を大々的に植え始めた。今では、この三大作物(大豆、コーン、綿)の耕作面積の85~91%がGM作物に入れ替わり、ほぼ1億7100万エーカーに達している。

c0139575_21553093.jpg

BigPicture interviews Dr. Mae Wan Ho Part 1
http://www.youtube.com/watch?v=t9JIVU5J4TY&feature=player_embedded

ホー博士によると、生態系に放たれたGMOの時限爆弾は、そろそろ爆発するタイミングだという。

モンサントの有名なラウンドアップのような特許グリホサート除草剤の経年使用により、新たな除草剤耐性の「スーパー雑草」が進化している。 自然を犯そうとした人間に対する自然の反撃だ。スーパー雑草に対処するには、以前より少ないどころか、かなり多めに除草剤が必要になる。

最近になって米国の大手全国放送のABCテレビは、「退治できないスーパー雑草」というタイトルのドキュメンタリー番組を製作した。[1]

インタビューされたアーカンソー州一帯の農家と学者は、農地が巨大なアカザに覆われてしまい、いくらグリホサートを散布しても退治できないと述べている。ある農家は、たった3ヶ月で約40万ユーロを費やしたが、新型のスーパー雑草は駆除できなかったという。

新型スーパー雑草は非常に頑強であり、収穫のコンバインも動かすことができず、手作業で切ろうとしても道具が壊れてしまう。 アーカンソー州だけで少なくとも40万ヘクタールの大豆・綿畑が、この新型の変異体に覆われている。 他の農業地帯の詳細データは無いが、類似の状況が想定される。アグリビジネス寄りのGMO推進派の農務省は、この不快な現実を隠蔽し、世界最大のGMO市場で反乱が炸裂するのを防止する意味もあって、米国の農作物の収穫の実態について嘘をついていると伝えられている。

c0139575_20263037.jpg

米国ではGMO除草剤が不気味なスーパー雑草を発生させ、作物と農地を破壊している


パーマー・アカザ(palmer pigweed)というスーパー雑草の種類は、高さ2.4メートルまで成長し、過酷な熱と延々と続く干ばつにも耐え、農作物から栄養を奪い取る根に無数の種を実らせる。野放しにすれば、一年で畑全域を乗っ取ってしまうのである。農地を手放さざるをえない農家も現れている。 

c0139575_20515714.jpg

c0139575_20521874.jpg

c0139575_2139456.jpg


現在のところ、パーマー・アカザの被害が発生したGMO作物地帯としては、アーカンソー州に加えて、ジョージア州、サウスカロライナ州、ノースカロライナ州、テネシー州、ケンタッキー州、ニューメキシコ州、ミシシッピ州が確認されており、ごく最近、アラバマ州とミズーリ州でも確認された。

c0139575_21432950.jpg


ジョージア大学の雑草の専門家は、綿の列6メートルにつき2本のパーマー・アカザが生えているだけで、最低23%は収穫量が減ると算定している一本の雑草に45万粒の種子が実る。 [2]

c0139575_20542540.jpg

c0139575_20525162.jpg



隠蔽されるラウンドアップの毒物危険性

グリホサートは、米国で最も普及している除草剤であり、世界的にも広く利用されている。商品名ラウンドアップとしてモンサントが特許取得し、1970年代より販売してきた。

c0139575_20591424.gif

モンサントからGMO種子を購入するときに必ず買うことになっている。地元の園芸店に行って、除草剤を尋ね、ラベルをよく読んでみると良いだろう。

c0139575_20265495.jpg

モンサントのラウンドアップは少量であっても人間の胚細胞に極めて有害なことがわかっている


私が『ロックフェラーの完全支配・アグリスーティカル編』(Seeds of Destruction: The Hidden Agenda of Genetic Manipulation)で詳述したように、GMO作物・特許種子は、1970年代に優生学推進派のロックフェラー財団の大規模な資金支援を受け、本来は化学企業であるモンサント・ケミカルズ、デュポン、ダウ・ケミカルズによって開発された。

c0139575_2113399.jpg

この三社は、1970年代のダイオキシン問題の他、ベトナム戦争で使用された極めて毒性の強い枯葉剤(エージェント・オレンジ)の騒動にも関係しており、一般市民や軍人への被害だけでなく、自らの従業員の被害も隠蔽し、嘘をついていたことが明らかになっている。

この三社のGMO種子は、ラウンドアップなど同じ会社の農業用化学物質の売上アップを強制的に行うための巧妙な手法であると考えられていた。農家は、モンサントのラウンドアップ農薬のみを使用する義務を負うことを規定した契約をモンサントと締結しなければならなかった。収穫の度にモンサントから新しい種子を買わされ、毒性のグリホサートも買わされるという二重の罠にはまったのである。

フランスのカン大学の分子生物学者ジル=エリック・セラリーニ(Gilles-Eric Seralini)が率いた調査団の研究では、ラウンドアップには、一つの不活性成分、POEA(polyethoxylated tallowamine)が含まれていることが示されている。 

c0139575_2191970.jpg

セラリーニの調査団は、ラウンドアップのPOEAは、人間の胎児・胎盤・臍帯細胞にとって、グリホサートそのものよりも有害なことを証明した。 モンサントは、「プロプライアタリー(特許で保護されていること)」を盾にして、グリホサート以外のラウンドアップの成分の詳細を公表することを拒否した。[3]

セラリーニの調査では、ラウンドアップの不活性成分が、人間の細胞に対する有毒性を増幅していることが判明した。農場や芝生に散布する際の希釈レベルよりもずっと薄めたものでもそうだった。 調査団は、農業や芝生用で一般的な濃縮液から、店頭で販売されている商品の10万倍薄い濃度に至るまで、様々な濃度でラウンドアップを調査した。その全濃度で、細胞へのダメージが確認された。

グリホサートとラウンドアップは、GMO作物を「雑草の戦士」として促進するバイオテクノロジー研究所(Biotechnology Institute)のパンフレットでは、「食卓塩よりも無害」として宣伝されている。

米国での13年間のGMO作物栽培により、農薬の使用量は全体で14万4千トン増加している。GMO黙示録の四騎手が約束したようには減少していない。これに伴って米国で発生した余分な健康被害だけでも相当なものである。

c0139575_2285166.jpg


にもかかわらず、モンサントのGMO種子が米国で商用に導入されて以来、グリホサートの使用量は1994年から2005年の間に15倍以上に増加した。米国では、毎年約4万5千トンのグリホサートが芝生・農場に散布されており、過去13年間で10億エーカー以上に使用されてきた。モンサントの技術開発マネージャーのリック・コール( Rick Cole)は、質問に答えて、問題は「対処可能」と言ったと伝えられている。

彼は、農家に作物を変更し、モンサント製の別の除草剤を使うように勧めた。モンサントが農家に勧めたのは、グリホサートを2,4-Dなどの旧式の除草剤と混ぜることだった。

c0139575_2124374.jpg

2,4-Dは、ガン、生殖系・神経系の損傷との関係があるため、スウェーデン、デンマーク、ノルウェーでは禁止されたものだ。また、2,4-Dは、1960年代にベトナムで使用されたモンサント製の枯葉剤の成分でもある。


有機(オーガニック)農業に回帰する米国

全米で農家は、伝統的な非GMO作物に戻っていると伝えられている。米国農務省の新しい報告によると、有機食品の小売販売高は、1997年の36億ドルから2008年の211億ドルに増加している。[4]有機農産物の市場があまりにも活性化し、急増した消費者の需要を満たすため、有機農場は生産アップに奮闘することもあり、有機製品は不足気味である。

英国の新連立政権(保守党・自由民主党)は、英国での事実上のGMO禁止の解除を強力に後押ししている。英国の首席科学顧問のジョン・ベディントン(John Beddington)教授は、最近書いた論文で誤解を招くような主張をしている。

c0139575_21225440.jpg

「今後の10年で、我々は望ましい性質の組合せや、干ばつ耐性などの新しい性質の開発・投入といった発達を見るだろう。世紀の半ばには、高度な多遺伝子性の性質を備えたもっと急激な進化が可能かもしれない」と述べ、さらに「生まれつき病気に免疫を持つクローン動物の工作」だけでなくもっといろいろ期待できると述べている。 もう十分なので、お断りしたいところだ。

アイオワ州立大学と農務省が行った最近の調査によると、伝統的な農業から認証された有機生産への切り替えに要した三年間の農業効率を評価したところ、GMOだけでなく伝統的な非GMO作物と比べてでさえ、有機農業に顕著な利点があることが明らかになっている。 4年間(3年間の移行期間と有機農業の初年)継続された実験では、当初は収穫量が低下したものの、3年目で同等になり、4年目には大豆もトウモロコシも伝統的な農業よりも有機農業が上回る結果になった。

また、IAASTD(発展に向けた農業知識・科学技術の国際評価)は、400人の科学者、世界110カ国の非政府系の代表者による3年間の審議結果を最近発表している。その内容は、小規模な有機農法こそが、飢餓を切り抜け、社会的不平等と環境破壊に対処するための今後の方策だという結論に達している[5] ホー博士が主張しているように、ドイツ、EU、全世界へと農業の破滅が拡大する前に、農業の根本的な転換が緊急に必要である。 [6]

(翻訳:為清勝彦 Japanese translation by Katsuhiko Tamekiyo)

原文 

GMO Crop Catastrophe in USA a lesson for World
http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=20675


脚注
[1] Super weed can’t be killed, abc news, 6 October 2009. See also,Jeff Hampton, N.C. farmers battle herbicide-resistant weeds, The Virginian-Pilot, 19 July 2009, http://hamptonroads.com/2009/07/nc-farmers-battle-herbicideresistant-weeds

[2] Clea Caulcutt, ‘Superweed’ explosion threatens Monsanto heartlands, Clea Caulcutt, 19 April 2009, http://www.france24.com/en/20090418-superweed-explosion-threatens-monsanto-heartlands-genetically-modified-US-crops

[3] N. Benachour and G-E. Seralini, Glyphosate Formulations Induce Apoptosis and Necrosis in Human Umbilical, Embryonic, and Placental Cells, Chem. Res. Toxicol., Article DOI: 10.1021/tx800218n Publication Date (Web): December 23, 2008.

[4] Carolyn Dimitri and Lydia Oberholtzer, Marketing U.S. organic foods: recent trends from farms to consumers, USDA Economic Research Service, September 2009, http://www.ers.usda.gov/Publications/EIB58/

[5] International Assessment of Agricultural Knowledge, Science and Technology for Development, IAASTD, 2008, http://www.agassessment.org/index.cfm?Page=Press_Materials&ItemID=11

[6] Ho MW.UK Food Standards Agency study proves organic food is better. Science in Society 44, 32-33, 2009.


子宮頸がん予防に150億 厚労省、11年度予算特別枠 2010/08/17 02:02 【共同通信】
http://www.47news.jp/CN/201008/CN2010081601000898.html

厚生労働省が2011年度政府予算で、経済成長や国民生活の安定などのため設けられる1兆円超の「特別枠」に要求する事業の案が16日、分かった。

子宮頸がんを「予防する」ワクチン接種の助成事業を新たに設け、約150億円を盛り込むほか、医師不足解消のための「医師確保・地域医療推進支援センター」(仮称)を全都道府県に創設する事業に約20億円を計上。計20強の事業で約1300億円を要求する方針。

今後、政務三役が優先順位を付け、与党と調整して最終決定する。特別枠をめぐっては、各省庁の要求を公開の場で議論する「政策コンテスト」を実施し、予算配分を決めることになっている。

厚労省が特別枠で要求できる割り振り額は1287億円で、全体の規模はほぼこれに沿った形。

子宮頸がんは性交渉によるヒトパピローマウイルスの感染が主な原因とされ、10代前半のワクチン接種で予防が期待できる。費用は4万~5万円で、厚労省は国、都道府県、市町村で負担し合って助成する仕組みを想定。対象者は今後詰める。

もう十分なので、お断りしたいところだ。
[PR]

by oninomae | 2010-08-19 20:26 | バイオハザード・GMO食品  

ハリウッドはどのように秘密結社についての偽情報を広げるか By Vigilant 2


ハリウッドはどのように秘密結社についての偽情報を広げるか By Vigilant July 18th, 2009  その2

ナショナル・トレジャー

c0139575_2033627.jpg


この大当たりの冒険映画は、家庭向け娯楽を保証するブランドであるウォルト・ディズニー・ピクチャーズによって制作された。そのため、両親は彼らの子供たちを連れて行き、素敵で健康そうな、メーソンの偽情報を楽しむことができる。

その映画は、独立宣言に関して著名なメーソンたちによって残された手掛かりに基づいたある宝探しのを中心に物語が展開する。

映画は、自分の家族の歴史についての情報を探し求めている主人公(ニコラス・ケイジが演じる)の少年時代から開始する。その少年の祖父が入ってきて、少年(と観客)に、テンプル騎士団とフリーメーソンの完全に偽りで歪曲された物語を与える

いくつかの主張がある:

テンプル騎士団は、ソロモンの神殿(テンプル)の地下に、1000年間失われていた偉大なる宝物を発見した。彼らはその宝物をヨーロッパに持ち帰った。

テンプル騎士団は非常にまれな宗教的工芸品を所有していたと言われてきた。 それらはソロモンの神殿の地下で発見されたのか? その伝説はそうだと言っている。 その映画はしかし、その宝物を金貨、彫像などとして描写する

テンプル騎士団はその宝物をこっそり米国に持ち込むことを決定し、自分たちの名前をフリーメーソンに変更した。

ここが、すべてが瓦解するところである。 テンプル騎士団は、米国文明の黎明期において、自分たちの名前をフリーメーソンに変更してはいない

テンプル騎士団は、実際には1312年に(訳注:表舞台からは)消失している。それは、米国の創設の400年以上前である。


「一見したところ約2世紀の間不可触であり、テンプル騎士団は、聖地を失った後、恩寵の地位から派手派手しく転落した:1307年、フランスのすべてのテンプル騎士団員たちは、異端、同性愛、十字架の否定、そして悪魔崇拝のかどで逮捕された。 その教団は教皇によって1312年に抑圧され、そして、最後のグランド・マスター、ジャック・ド・モレーは、2年後、一人の異端者として火あぶりの刑に処せられた。」 -シーン・マーティン[Sean Martin]、『テンプル騎士団[The Knights Templar]』

c0139575_2053554.jpg



フリーメーソンは、その映画が仄めかすようなすべてが米国人の団体ではない。 それ(訳注:「思弁的」メーソン)は、中世に端緒を持つヨーロッパの秘密結社で、彼らはその権力の範囲を拡大するために」北米にロッジを開いた

メーソン団の目標は、「偉大な神殿宝物*を守る」ことではない。それは(もともとは)「建築業者」(「」は訳者)の古代教団である。 彼らは、その儀礼の中に、何年にも渡って、テンプル騎士団、薔薇十字団、そしてイルミナティの教えを取り入れた (*訳注:「神殿宝物」が、「うまい高利貸しの方法」などだとすれば守っていますがね)

テンプル騎士団はまた、十字軍の期間中教会の側に立って戦っていたオカルト教団であった。彼らが東方の神秘主義者からオカルトの知識を手に入れ、それをヨーロッパに持ち帰ったのは、彼らが中東に留まっていたときであった。

彼らは巨大な銀行家たち大聖堂(彼らはこの中にオカルトの象徴を取り入れている)建築家たちになってきた。

c0139575_241229.jpg


彼らはカバラ、つまり様々な型の魔法や黒魔術を実践することが知られていた。


c0139575_243064.jpg


彼らのカトリック教会との利害対立が、最終的に迫害と崩壊へと繋がった。

フリーメーソンは、彼らの秘伝的な科学研究、記念碑の建設、そしてグノーシス主義の原則に基づいた哲学のゆえに、テンプル騎士団の精神的な子孫であると見なすことができる。テンプル騎士団員とメーソンたちの間のリンクは、騎士団を取り巻く神話的な伝承のゆえに育成助長されている言い換えれば、それはいい宣伝だ


「[スコットランド]儀礼に対する大いなる評判を保証するために、彼[アイザック・ロング[Isaac Long]]は、それを神秘的な伝説によって騎士団と直接に結びつけた。」-ドメニコ・マルギオッタ[Domenico Margiotta] 33階級、『アドリアーノ・レミ[Adriano Lemmi] 』


ゆえに、その映画の「教育的」部分は、実際のところ、フリーメイソンの神話的な(架空の)そしてロマンチックな物語を与える。

一部の見物人は、この歪曲を事実として見るだろうし、また他の者はメーソン的なすべてのことを一つのおとぎ話と関連づけるだろう

重要なことは、フリーメーソンの真実が、神話のベールの背後に隠蔽されることである。

c0139575_20202812.jpg

その物語を語っている祖父の顔とギザのピラミッドの間の移行という興味深い選択。彼の目はその巨大な建築物の全てを見通す目になる。


その映画の密教的意味

c0139575_2021493.jpg

フリーメーソンのワシントンモニュメント - 『As Above, So Below』

(警告:大きなネタバレ)

すべての真の神話的物語と同様に、ナショナル・トレジャーは無知な大衆向けの通俗的な意味と入会者のための密教的な意味を有している。

もし通俗的物語が、公衆を欺くよう意図されているとすれば、密教的意味は、しかしながら、オカルト兄弟団について大いなる真実を伝えている。 隠された意味がある。

古代文明によって油断なく守られていた「古代宝物」とは、実際はオカルトの知識、つまり秘術であった。それは、物質主義の枷を破り、そしてその所有者が神性(カバラ、錬金術、グノーシス主義、そしてオカルト科学)を利用することを助けることができるだろう。

この宝物は西洋世界から1000年消失していた。それは、初期キリスト教時代に対応している。

その映画は言っている。それが最終的にエルサレムにおいて、テンプル騎士団によってソロモンの神殿(フリーメーソン神聖な建物)の地下に発見され、ヨーロッパへ持ち帰られたと。 この知識は、その後、秘密結社を通じて米国へ移動した。

映画の主人公は、イルミネーションを探求しており、そして彼が解決しなければならない謎は、人がより高度な知識を利用出来る以前に通過せねばならないイニシエーションを表している。

この極めて重要な宝は、ニューヨークのトリニティ教会の下に、暗く窪みの多い隠された洞窟に象徴的に埋められている。 ベン・ゲイツは、その隠された知識への自分の道を見つけるために、イルミネーションの松明に火をつけねばならない。

その松明は、アルバート・パイク[Albert Pike]によって制定された米国フリーメイソンのルシファー主義者の教義を表している。

その最高位では、ルシファーが「光の保持者」、イルミネーションへの道を示す善の神、であると教えられる。


c0139575_20234163.jpg

ニコラス・ケイジ、ルシファーの松明とともに


「その[スコットランド儀礼の高位階の]宗教は、マニ教徒の新グノーシス主義であり、以下のように教えている。神性は双対で、そしてルシファーはアドナイと同等である。光と善の神ルシファーは、暗黒と悪の神アドナイに反対して、人類のために戦っている。」 -ドメニコ・マルギオッタ[Domenico Margiotta]33位階、『アドリアーノ・レミ[Adriano Lemmi]』

「メーソンが、一団の戦士に重要なことは、生命力のダイナモの適切な応用であると学んだとき、彼は自身の技術の神秘を学んだことになる。ルシファーの煮えたぎるエネルギーは、彼の手中にあり、そして彼が前方へ上方へと進むかもしれぬ前に、彼は(この)エネルギーを適切に応用する自分の能力を証明しなければならない。」 -マンリー・P・ホール[Manly P. Hall]、『フリーメーソンの失われた鍵[Lost Keys of Freemasonry]』


c0139575_20523596.jpg

c0139575_16462355.jpg

c0139575_171707.jpg



話を元に戻そう。

ベン・ゲイツは、彼のルシファー主義者の松明と共に、イルミネーションへの小径を発見し、知識の無限の源の利用権を手に入れる。

c0139575_012135.jpg


英雄が宝物室を見渡しているその場面の間、彼らは非常に重要なものを発見する:アレクサンドリア図書館からの巻物、エジプトの彫像、そして他の古代工芸品。 これらの物すべては、秘密結社を通じて古くから伝えられてきたオカルト知識に言及している。

映画の最後で、ベン・ゲイツは、FBI捜査官と話し、そして自分を刑務所に送らないよう彼に頼む。

彼のメーソンのリングをきらめかせ、法律の代理人は言う。 独立宣言を盗んだかどで、「誰かが刑務所に行かねばならない」

次の場面は、逮捕された「悪漢」(非メーソン)を示す。彼らが実際には宣言を盗んではいなくてさえも。

我々はここで、法律を超越したメーソンの誓いの一つの露骨な例を見る。そのFBI捜査官は、彼のメーソンの同胞を助けるために故意に法を無視した。

c0139575_20244310.jpg

FBI捜査官のメーソンの指輪


そして、映画の終わりでは、その英雄が豊かで幸せなところを示す。 これにはなんら密教的な意味はない。それは単にばかなディズニー的結末なのである。


c0139575_2119285.jpg

c0139575_21402335.jpg

c0139575_21193049.jpg

c0139575_26499.jpg

c0139575_21113475.jpg


続く

元記事は

How Hollywood Spreads Disinformation About Secret Societies By Vigilant  July 18th, 2009
http://vigilantcitizen.com/?p=1483 (和訳2回目です)


おまけ

「第三次世界大戦は、シオニストとアラブ人とのあいだに、イルミナティ・エージェントが引き起こす、意見の相違によって起こるべきである。世界的な紛争の拡大が計画されている……」

「キリストの教会と無神論の破壊の後、ルシファーの宇宙的顕示により、真の光が迎えられる……」 


c0139575_23553954.jpg



c0139575_20351516.jpg

c0139575_20334155.jpg

c0139575_20342376.jpg


c0139575_2145031.jpg

c0139575_2144888.jpg

c0139575_21115933.jpg





もうひとつ

c0139575_10558.jpg


アルカイダ? U・ェ・Uノ ちわわのひとりごと
http://apocalypsenow.jugem.jp/?eid=90#sequel

c0139575_111435.jpg

c0139575_111574.jpg

c0139575_12404.jpg

c0139575_125660.jpg

c0139575_1152699.jpg

c0139575_233339.jpg

[PR]

by oninomae | 2010-08-18 20:35 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

ハーバード大学基金が保有する全イスラエル株を売却する by Hillel Koren


http://blog.chemblog.oops.jp/?eid=993452 の転載

ハーバード大学基金が保有する全イスラエル株を売却する 2010.08.17 Tuesday

株式とかは苦手なんですが、ちょっと気になる記事を発見したのでご紹介します。この基金自体がかなりの損失を出しているようなので、その穴埋めとも取れますがイスラエル株ばかりに集中しているとなると、近々イスラエル絡みで何かあるのかと勘ぐりたくもなりますね。 (参考

Harvard University fund sells all Israel holdings
http://www.globes.co.il/serveen/globes/docview.asp?did=1000581912

ハーバード大学基金が保有する全イスラエル株を売却する

SECへの報告に売却理由への言及は無かった。

2010年8月15日17:15、ヒレル・コーレン(Hillel Koren)

イスラエル株式への別な一撃となる、保有する全イスラエル企業の株式の2010年第二四半期中の売却を、金曜日ハーバード大学基金(the Harvard Management Company)が米国証券取引委員会(US Securities and Exchange Commision = SEC)に通知した。売却に関しての言及は無かった。ハーバード大学基金は、ハーバード大学の基本財産を管理している。

ハーバード大学基金は、

テバ・ファーマスーティカル株式会社(Teva Pharmaceutical Industries Ltd. ナスダック=Nasdaq:TEVA、テルアビブ証券取引所=TASE:TEVA)の483,590株を、3,500万ドルで、

ナイスシステムズ(NICE Systems Ltd. Nasdaq:NICE, TASE:NICE)の52,360株を167万ドルで、

チェック・ポイント・ソフトウェア・テクノロジーズ(Check Point Software Technologies Ltd., Nasdaq:CHKP)の102,940株を360万ドルで、

セルコムイスラエル(Cellcom Israel Ltd., NYSE:CEL, TASE:CEL)の32,400株を110万ドルで、

さらにパートナーコミュニケーションズ(Partner Communications Ltd. Nasdaq:PTNR, TASE:PTNR)の8万株を180万ドルでそれぞれ売却した事をフォーム13F(13-F Form)で示している。

ハーバード大学基金のフォーム13Fには、ある興味深い出資が示されている。それぞれ2億9,500万ドルに相当する最大保有の2つは、iShares ETFであり、1つは中国エクイティで、他方は途上国市場となっている。同様にハーバードは1億8,100万ドルのブラジルETFを所有している。






おまけ


c0139575_0141421.jpg






c0139575_0212844.jpg

[PR]

by oninomae | 2010-08-17 23:44 | 金融詐欺  

WTCは小型核によって解体された? From Anonymous

もうお馴染みかもしれませんが、新情報付き

WTCは小型核によって解体された? From Anonymous  August 14, 2010

c0139575_0472248.jpg


( 編者記-これは、なぜ全てのものが微細な粉塵に分解されたかを説明するだろう。)

c0139575_0481243.jpg

c0139575_0501318.jpg

c0139575_0504869.jpg


もしあなたが、9/11で何が本当に起こったのか知りたいと思うなら、このサイトを訪ねるべきである:
http://thisiszionism.blogspot.com/2010/05/dimitri-khalezovs-nuclear-demolition.html

そこには、ソ連の核諜報部の元将校であったディミトリ・カレゾフ[Dimitri Khalezov]とのインタビューへのリンクがある。このインタビューは4時間に渡り、26部からなっている。

私は第4部から見ることをお薦めする。 そこで彼は、ニューヨーク建造物当局は、 ニューヨーク市内では、開発者が彼ら当局の承認を満足させる解体計画も提出しなければ、その建築を認めないだろうということを説明している。

WTCの場合には、その開発者たちは、一つの核解体計画を選んだ。

言い換えれば、その建物が建設されたときから、将来の解体のために、核爆弾装置がWTC複合施設の地下に設置されていた。 


c0139575_052398.jpg

c0139575_0523688.jpg

(追記訳注:カレゾフは、もっと大型の核と言っているようですがDr. Ed Wardは小型核説に賛成。私は、今のところ小型核解体説に賛成[Dr. Ed Wardはすべて小型核で説明出来ると言っているようですが、制御解体にサーマイトも併用された可能性もあると思います])


米国人たちは、米国防総省が不発に終わった核弾頭を搭載したミサイルによって攻撃されたがゆえに、9/11においてWTC1と2に小型核がこっそり仕掛けられたと信じるように欺かれていた。

私はWTCを攻撃したなんらかの飛行機が存在したかさえ確信がもてない。そのテレビ放送は、一つの完全なコンピュータ作品であるようにも見えるだろう。

c0139575_0534929.jpg


結果として、米国人たちはWTC1と2を解体したのである。なぜなら、もしその爆発が摩天楼の高所よりむしろ地表面であったのなら、その小型核はより小さな破壊を引き起こすだろうから。

第14部を見逃さないようにしてほしい。そこでは、カレゾフはWTC7の崩壊について語っている。

c0139575_055374.jpg


BBCが、それが崩れる24分前に、その崩壊を報告したことを覚えているだろうか?それがいかなる飛行機によっても攻撃されなかったにもかかわらず・・・

c0139575_056986.jpg


WTC複合施設の解体のために使われる予定であった核(ビデオ4で言及)は、WTC 7の地下に保管されていた。

建物7は破壊されねばならなかった。そうすれば、その核をWTC1と2に運ぶために使われた地下の鉄道システムを、何人も発見しないだろう。

もしあなたが、WTCでの労働者たちが、チェルノブイリにおけるがごとくハエのように死んで落下しなかったのか不思議に思うのなら、第24と25部を見ればよい。そこでカレゾフは、急性と慢性の病気の違い、そしていかに米国人たちがその放射線への自分たちの曝露の影響を最小化したかを説明している。

カレゾフは、9/11の背後の真実についての多くの情報を載せたサイトを有している

http://www.911-truth.net/

His personal site is
http://www.dkhalezov.com/911thology.html

His book is available from:
http://www.plaguepuppy.net/public_html/dropbox/Dimitri_Khalezov_Book_Third_Truth_911_free_11chapters.pdf

or from:
http://depositfiles.com/en/files/s5socosne


元記事は

Was the WTC Demolished by Mini Nukes?  From Anonymous August 14, 2010
http://www.henrymakow.com/was_the_wtc_demolished_by_mini.html

c0139575_0573732.jpg

c0139575_0582147.jpg



参照

WTC小型水爆倒壊説の検証 By richardkoshimizu 2006.06.17
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/hydrobomb.htm

Writings of a Finnish Military Expert on 9/11
http://blogs.myspace.com/index.cfm?fuseaction=blog.view&friendID=3029548&blogID=301070026

The WTC nuclear demolition. A question about authority.
http://letsrollforums.com/nuclear-demolition-evidence-t15134p2.html?s=5b74d32a947971750ee4e9b2145048d5&

9.11と<工事用の水爆>
http://satehate.exblog.jp/9793317/

911 WTC(世界貿易センター)の完全崩壊が核爆発にしか見えない件 (小吹 伸一)
http://rickoshi001.blog.ocn.ne.jp/blog/2009/12/post_19d9.html

国際連合の地下に核爆弾情報 投稿者 忍 日時 2007 年 12 月 30 日 08:07:08
http://www.asyura2.com/07/revival2/msg/178.html

・・・この国連ビルの建つ土地の下に核爆弾が仕掛けられていると、ショッキングな内容を明らかにしたのは、米ウィスコンシン州ニセダの預言者メリーアン・バン・フー(1909年~84年)である。彼女は、キューバに対米用ミサイルが建設されていると、後に世界を核戦争の一歩手前まで陥れたキューバ危機を預言したことで知られる預言者だが、今から40年以上前から同性愛、麻薬など、アメリカの道徳の低下も預言していた。 その彼女が、聖母マリアから「米国建国以来、アメリカが行った事で最も愚かだった事は、合衆国に国連ビルを建てたこと」と告げられその理由として核爆弾がその地下に埋められ、時が来れば、それは悪用されることになると伝えられたのだった
 
次にこの事実を聖母から告げられたのは、国連ビルが建つニューヨークに住む預言者ヴェロニカ・ルーケンである。彼女は、過去、中東戦争、エイズの発生、ヨハネ・パウロ二世狙撃事件、レーガン大統領暗殺未遂事件、そして地震やハリケーン、洪水などの数々の預言を的中させてきた預言者で、ベルサイドの預言者と呼ばれている。  彼女は、 「全ては反キリストが統治する世界政府の為です」と、その真相を聖母から明かされている。これは、何を意味するのか?

同じく此の事実を告げられた預言者に、トランベッターがいる。彼はその理由を次のように暴露する。

反キリストとフリーメーソンの意図は、独裁的世界帝国の樹立です。私達は将来、飢えに苦しむでしょう。世界経済が破壊されるからです。病気にも苦しむでしょう。戦争が至る所で起きます。 そこで反キリストは、おもむろに世界の平和、世界の幸福を計画します。彼はロシアを使って、世界中の全てのリーダー達を国連に集め、世界平和を協議しようとします。指導者達がそこに集まると、核爆弾のスイッチが押され、一瞬にして世界の前途は暗闇に突き落とされます。そこで反キリストの本格的な登場となるーー」

c0139575_105017.jpg

c0139575_113948.jpg

はーーーーーあ?まだ生きてるのって?

c0139575_13195.jpg

じゃあ、こんな感じでどう?



など




c0139575_143995.jpg


c0139575_151461.jpg


++
お盆だというのに忙しい忙しい。
[PR]

by oninomae | 2010-08-16 00:17 | 9.11詐欺