<   2009年 07月 ( 25 )   > この月の画像一覧

 

ニュールンペルグ倫理綱領一九四七年(全文) 星野一正訳 + 「インフルエンザ」「ワクチン」


ニュールンペルグ倫理綱領一九四七年(全文) 星野一正訳
http://cellbank.nibio.go.jp/information/ethics/refhoshino/hoshino0059.htm

医学的研究においては、その被験者の自発的同意が本質的に絶対に必要である。このことは、その人が同意することができる法的能力をもっていなければならず、暴力、ペテン、欺き、脅迫、騙し、あるいはその他の表面には現れない形での強制や威圧を受けることなく、理解した上で、間違いのない決断を下すのに十分な知識と包括的な理解をもって、自由に選択できる状況の下で、被験者となる人が自発的同意を与えるべきであること、を意味している。

そのためには、医学的研究の対象とされている人から確定的な同意を受理する前に、研究の性質、期間、目的、実施方法や手段、被験者となったために起こりうると考えられるすべての不自由さや危険、健康や人格に対する影響について、医学的研究の対象とされている人は、知らされる必要がある。

同様の内容が妥当なものであるかどうかを確かめる責任は、実験を開始し、指導し、あるいは実施する各個人にある。これは、実施責任者が難を逃れて他の人に押し付けることのできない実施責任者個人の義務であり、責任である。


実験は、他の研究方法や手段では得られず、かつ行き当たりばったりの無益な性質のものではなく、社会的善のための実り多い結果をもたらすべきものでなくてはならない。

実験は、動物実験の結果に基づき、かつ病気の本来の由来を理解し、また期待される結果がその実験の遂行を正当化するような研究において、直面した他の問題についての知識を踏まえた上で計画して行うべきである。

実験は、すべての不必要な肉体的・精神的苦痛や障害を起こさないように行われなくてはならない。

死亡や機能不全を生じる傷害を引き起こすことがあらかじめ予想される理由がある場合には、その実験を行ってはならない。ただし、実験する医師自身も被験者となる実験の場合には、恐らく例外としてよいであろう。

許容され得る危険の程度は、その実験で解決されるべき問題の人道的重要さの程度を上回ってはならない。

被験者に傷害、機能不全や死をもたらすような可能性からでも被験者を守るべく、適切な準備をし、十分な設備を整えなければならない。

実験は、科学者としての有資格者によってのみ実施されなくてはならない。実験を指導し実施する人にとっては、すべての実験段階を通じて最高度の技術と最新の注意が必要である。

実験の進行中に、被験者にとって実験の継続が耐えられないほどの肉体的、精神的な状態に達した場合には、随時に実験を中止してもらえなければならない。

自分に求められる誠実さ、優れた技術、注意深い判断に基づいて実験を継続すれば被験者に傷害、機能不全や死をもたらすだろうと推測するに足る理由がある場合には、実験責任者は、実験の途中でいつでも実験を中止する心構えでいなくてはならない。

星野一正 京都大学名誉教授・日本生命倫理学会初代会長


参照

Nuremberg Principles wiki
http://en.wikipedia.org/wiki/Nuremberg_Principles

International Humanitarian Law - Treaties & Documents
http://www.icrc.org/ihl.nsf/FULL/390

Principle I

Any person who commits an act which constitutes a crime under international law is responsible therefor and liable to punishment.

Principle II

The fact that internal law does not impose a penalty for an act which constitutes a crime under international law does not relieve the person who committed the act from responsibility under international law.

Principle III

The fact that a person who committed an act which constitutes a crime under international law acted as Head of State or responsible Government official does not relieve him from responsibility under international law.

Principle IV

The fact that a person acted pursuant to order of his Government or of a superior does not relieve him from responsibility under international law, provided a moral choice was in fact possible to him.

Principle V

Any person charged with a crime under international law has the right to a fair trial on the facts and law.

Principle VI

The crimes hereinafter set out are punishable as crimes under international law:

(a) Crimes against peace:
(i) Planning, preparation, initiation or waging of a war of aggression or a war in violation of international treaties, agreements or assurances;
(ii) Participation in a common plan or conspiracy for the accomplishment of any of the acts mentioned under (i).

(b) War crimes:
Violations of the laws or customs of war include, but are not limited to, murder, ill-treatment or deportation to slave-labour or for any other purpose of civilian population of or in occupied territory, murder or ill-treatment of prisoners of war, of persons on the seas, killing of hostages, plunder of public or private property, wanton destruction of cities, towns, or villages, or devastation not justified by military necessity.

(c) Crimes against humanity:
Murder, extermination, enslavement, deportation and other inhuman acts done against any civilian population, or persecutions on political, racial or religious grounds, when such acts are done or such persecutions are carried on in execution of or in connexion with any crime against peace or any war crime.

Principle VII

Complicity in the commission of a crime against peace, a war crime, or a crime against humanity as set forth in Principle VI is a crime under international law.


c0139575_21283823.jpg


c0139575_21351758.jpg


c0139575_2322792.jpg




c0139575_0285281.jpg


豚インフルエンザの源流を作った海賊 オルタ
http://alternativereport1.seesaa.net/article/124679451.html

16世紀末、英国エリザベス女王(1世)の治世下、女王の歩く道に立ちはだかる水溜りに、高価なマントを脱いで覆い被せ、女王の足が水滴で汚れることを防いだ騎士のエピソードで有名な、サー・ウォルター・ローリー[Sir Walter Raleigh, 1552?-1618]は、「エリザベス1世の船乗り」として勇名を馳せていた。女王の与えた、私掠許可状によって、敵国であるオランダ、スペイン等の商船を襲撃、婦女暴行・略奪・殺戮を繰り返し、高価な金品等の略奪品で女王陛下の御機嫌を伺ったウォルター・ローリーは、「公設の海賊」であった。私掠許可状とは、私的な欲望で、掠奪=強盗を働いて良い、とする海賊許可状である。

c0139575_2505688.jpg


この略奪品の富で、さらに銃砲を製造・軍組織を整備し、大英帝国の世界支配と、世界最大の金融都市ロンドン=シティを形成してきた英国が、21世紀になって、ソマリアの海賊征伐に乗り出す「資格があるとは到底、思われない」。

ウォルター・ローリーは、英国デヴォンシャー州出身の海賊・貴族であり、直属の上司が、デヴォンシャー伯爵キャベンディッシュである。この伯爵の土地管理人=夜警監視官が、後に、アメリカに渡り、大統領一族ブッシュを名乗る。

海賊ウォルター・ローリーは、世界各地を船で荒らし回り、英国に麻薬と、タバコと、ジャガイモを、もたらす。英国の代表的なファストフードである、白身魚のフライと、フライドポテトの組み合わせは、海賊ウォルター・ローリーが居なければ生み出される事は無かった。簡単に食事が取れるファストフードと、簡単に酩酊状態に陥る事の出来る麻薬は、同一人物によって英国に、もたらされていた。

こうしてウォルター・ローリーの上司キャベンディッシュ一族の支配領地デヴォンシャー州は、麻薬の一大生産拠点となる。キャベンディッシュの部下ブッシュが、アメリカに渡り、アメリカの国営麻薬会社ラッセル社を作る素地、麻薬の売上金で2代に渡り大統領を輩出する富を形成する下地が、ここに存在する。

c0139575_225829.jpg

c0139575_231547.jpg


この麻薬一族によって、後にデヴォンシャー州に?(引用注:後出の「この」は、ケンブリッジに)作られるキャベンディッシュ研究所は、麻薬による人間の脳の破壊=何でも命令に従うロボット人間=奴隷人間製造の研究所となる。

この研究は、やがて遺伝子工学によるクローン人間の生産=何でも言うことを聞く奴隷人間の製造へと「発展」する
。人類初の遺伝子の二重螺旋構造の発見は、このキャベンディッシュ研究所が行う。

c0139575_0245457.jpg


そして、キャベンディッシュ研究所の姉妹研究所として、米国ロングアイランドに、ブッシュ一族によって創立されたハリマン優生学研究所と、その後継者・軍事版である、メリーランド州フォートデトリック陸軍生物兵器研究所は、生物兵器である豚インフルエンザを製造し、2009年冬、世界中で大量殺戮=人口削減を実行に移す。

c0139575_23553946.jpg


「万人の万人に対する闘争」の言葉で有名な哲学者トマス・ホッブズ[Thomas Hobbes, 1588-1679]は、このデヴォンシャー伯爵ウィリアム・キャベンディッシュ[William Cavendish, 1st Earl of Devonshire, 1552-1626]の息子[1590-1628]の「お抱え家庭教師」であり、子息の欧州旅行[between 1610 and 1615]に付添い人としてヨーロッパ全域を旅行し、その哲学者としての知見を高めた。この麻薬一族の「お抱え」になる事がなければ、哲学者ホッブスの誕生は無かったであろう。

c0139575_1242741.jpg

島国・英国から脱出させ、子息を、より広いヨーロッパ全域で教育しようとするヨーロッパ大陸派のキャベンディッシュは、やがて(引用注:昔の)英国王室を裏切り、ヨーロッパ大陸勢力を英国に導く「トロイの木馬」となる

1685年、チャールズ2世の後継者のジェームズ2世が即位しようとすると、この英国王室の後継者を蹴落とし、オランダからオレンジ公ウィリアム3世を入城させ即位させる、いわゆる名誉革命を実行するのが、このキャベンディッシュ一族である。

この「トロイの木馬」作戦を展開した裏切り者キャベンディッシュの同志として動いたのが、マルバラ公爵ジョン・チャーチル=ウンンストン・チャーチル首相の先祖である。第二次世界大戦中、ヒトラーによって、英国チャーチルが追い詰められると、アメリカのブッシュ一族は武器貸与法を成立させ、料金後払いでチャーチルに大量の武器を提供する。この「大規模な便宜供与」は、チャーチル=キャベンディッシュ=ブッシュの、名誉革命ネットワークによって生み出されていた。

アメリカに渡ったキャベンディッシュ一族が、現在、ケンタッキーに住み、世界最大手の非鉄金属鉱山企業=ロスチャイルドリオ・ティント社[Rio Tinto Group]の取締役を務めている事からも分かるように、ヨーロッパ大陸派のキャベンディッシュのバックには、欧州ロスチャイルドの金脈が政治資金として動いていた。

リンク先は元ページで

c0139575_030967.jpg


c0139575_3401575.jpg

[PR]

by oninomae | 2009-07-31 21:38 | バイオハザード・医療  

Sinister Sites – National Memorial and Arboretum, U.K. By Vigilant

Sinister Sites – National Memorial and Arboretum, U.K. By Vigilant Jul 24th, 2009|
http://vigilantcitizen.com/?p=1566

Police and military memorials are probably the most occult monuments you can find. Considered to be the largest Memorial built since WWII, the National Memorial in Staffordshire, U.K. is totally built on Masonic and Illuminati principles. Does this structure commemorate fallen soldiers or does it celebrate their ritual sacrifice? The symbols say it all.

c0139575_21265047.jpg

Memorials dedicated to the fallen are a place to reflect, to pay respects and to pray. They carry an important meaning for the friends and families of the victims as well as for the rest of their countrymen. The symbolism of the place conveys however a double message – one that applies to the common people and another one that applies to the elite. When one goes beyond the face value of this structure and analyzes the symbolic origin of the monuments, one can understand the thoroughly elitist philosophy behind the Memorial. The architecture, the choice of monuments and the symbols present at the National Memorial are directly taken from Masonic and Illuminati principles. What do these symbols have to do with the soldiers and the other victims being honored at this Memorial, except for the fact they represent their hidden rulers, those who plot wars and political crises? Those who have researched the secret aims of the elite, their plans for a New World Order and their obsession for a massive depopulation the Earth will see in this Memorial a troubling message. Prince Philip (Prince Charles father) infamously said:

“In the event that I am reincarnated, I would like to return as a deadly virus, in order to contribute something to solve overpopulation.”
-Prince Philip


「もし生まれ変わることができたら、こんどは致命的なウイルスになって、人口過剰問題を解決する手助けをしたいものです」フィリップ王子

c0139575_21554344.jpg

The elite are into eugenics, planned parenthood and other (more extreme) ways to reduce the world population. It is important to understand the state of mind of those people and the way they are reasoning before analyzing their symbols. Other researchers who have studied occult memorials have concluded that these structures actually celebrate the ritual sacrifice of these people for the elite, the “illuminated”. The presence of ancient pagan symbols such as phallic and yonic shapes, mixed with emblems of western occultism are very recognizable signatures of Illuminati architecture. When one is aware of the culture of death that is cultivated in the higher level of the occult orders, one sees the real meaning of the National Memorial. It is saying: “These people died to serve our interests.”

General Structure

c0139575_21283687.jpg

The main complex features the most commonly found occult symbol around the world: the obelisk. This ancient Egyptian phallic symbol is now used as the ultimate representation of the elite’s power. It is placed at the top of the circle formed by the Memorial’s walls. This circle represents the female principle (the womb) and, combined with the obelisk, it represents the sexual act - the union of the masculine and feminine principle. This combination of a phallic and yonic symbols is an unmistakable trademark of Illuminati monuments. Another example of this juxtaposition is the Washington Monument (obelisk) being at the center of circle and a vesica piscis.

c0139575_21295037.jpg

Capstones are of an utmost importance in occult symbolism, hence its golden color

Sculptures

c0139575_213153.jpg

Dead man pointed out

Inside the circle are sculptures conceived by Ian Rank-Broadley, the artist who was selected to design the face of the Queen on British Coinage. We can see here this artist’s connection with Britain’s elite. The sculpture on the south side of the circle depicts a fatally wounded soldier, totally naked, being carried towards an opening in the wall (representing “the Gates to Eternity”). As you will see in other works in this Memorial, death in this sculpture is very graphic and represented in a non-dignified way. The fragility and the vulnerability of the human body is highlighted as the cadaver is pointed towards the exit of the occult circle. The dead soldier is literally being ”disposed of” since he is no longer of a use for the British Crown. All there will be left of him is a name on a wall.

Have you ever seen deceased members of the elite portrayed naked and lying on the floor, lifeless? No, their sculptures shows them at their best, full of dignity, accentuating their strong traits and giving them a sense of immortality. Conversely, this sculpture focuses on the temporary nature of human life, on the tragedy of the “little people” and their eternal struggle to seek a dignified existence. The same technique is applied in televised news: do you ever see American or British people dead or mutilated on TV? No, but we see hundreds of Palestinians, Irakis or whatever current enemies of the coalition grossly disfigured and mutilated. In his book “Manufacturing Consent”, Noam Chomsky explained that this phenomenon effectively attributed in the minds of viewers a different value for the life of a Westerner versus the life of an Arab, an Asian or an African. The same technique is used here but opposes the untouchable elite versus the mutilated mass.

c0139575_21314497.jpg

The “opening” in the wall, which is pointed by a character in the sculpture, is astronomically placed in order to allow sun rays to stream through this gap and illuminate the center of the Memorial at exactly the 11th hour of the 11th day of the 11th month of each year. This is extremely significant. The signing of the Armistice, which formally ended WWI in 1918 was signed at exactly 11 o’clock, on the eleventh day of the eleventh month.  This surely wasn’t a coincidence and can only be explained by esoteric numerology.

“The followers of Pythagoras … referred every object, planet, man, idea, and essence to some number or other, in a way which to most moderns must seem curious and mystical in the highest degree. ‘The numerals of Pythagoras’, says Porphyry, who lived about 300 A.D., ‘were hieroglyphic symbols, by means whereof he explained all ideas concerning the nature of things’, and the same [numeric] method of explaining the secrets of nature is once again being insisted upon in the new revelation of the ‘Secret Doctrine’, by H.P. Blavatsky. ‘Numbers are a key to the ancient views of cosmogony — in its broad sense, spiritually as well as physically considered, to the evolution of the present human race; all systems of religious mysticism are based upon numerals. The sacredness of numbers begins with the Great First Cause, the One, and ends only with the nought or zero — symbol of the infinite and boundless universe’.”
-W. Wynn Westcott, The Occult Power of Numbers

If we add the three elevens involved in the Armistice (11th hour, 11th day, 11th month), we obtain a total of 33 which is a sacred number of Masonry. There are 33 degrees in Freemasonry and the last one, the 33rd, is an honorary degree. So the elevens are a numerological signature communicating to the initiates the Masonic role in WWI. This war was a necessary step in the age-old plan to bring forth a world government, which is one the main goal of the Illuminist. The number eleven carries a heavy meaning in numerous occult schools. Here is nice compilation of meanings:

11 is a “master number or “power number” as most numerologists will testify. It is a number which cannot be reduced by adding the two digits.

11 is associated with someone who is on a higher plane of existence.
Someone who brings “mystical revelation”.
Someone who often feels slightly distant from the people surrounding him or her, and has trouble feeling any real empathy for them.
Also, this is sometimes the number of the martyr.
To to the Jews the number 11 is bad. The number of trangression of the law, rebellion, war, sin, sorcery, martyrdom; all of which were displayed to the whole world on 9/11.
The blue cord of the mason masters is large of 11 cm.
The Hebrews consider it to be a bad number.
The Number of the knowledge of God is 11.
According to Arabs, this one passing by 11 steps. In the Golden Dawn, There are also 11 steps, or degrees,.
Aleister Crowley revered this number as well when he said that the whole object of magick was the 5 (black, yin, pentagonal) with 6 (white, yang, hexagonal) – thus making 11 The general number of magic or sorcery and magicians.
The individual in confrontation with the world.
The number of war and the battle with the demonic element (The images of the destruction played over and over again could certainly be considered mind-control-sorcery).
The symbol of Martyrdom. Symbol of the interior flight, the rebellion and the mislaying which results from it.
The transgression of the law is represented by 11 because of it exceeding the number ten by 1. That is the one of the Decalogue.

Source: forbiddenknowledge.com

Astrological alignments, occult numerology and pagan monuments are all trademarks of Illuminati architecture.

c0139575_21351659.jpg

A dead soldier is carried to his grieving family on each side. The suffering of the common man.

Shot at Dawn Memorial

This rather troubling monument commemorates UK soldiers who were executed by their own army for cowardice or desertion. 306 British and Commonwealth soldiers were bound, blindfolded and shot by a British firing squad at dawn. The story of the underage soldier depicted by the sculpture is disturbing.

c0139575_21361965.jpg

We can feel the fear and confusion of this young man

“The memorial portrays a young British soldier blindfolded and tied to a stake in anticipation of execution by firing squad. The memorial was modeled on the likeness of 17-year-old Private Herbert Burden, who lied about his age in order to enlist in the forces and was later shot for desertion. It is surrounded by a semi-circle of stakes on which are listed the names of every soldier executed in this fashion.”
-Wikipedia

The mix of innocence, youth, fear and vulnerability emanating from the monument gives the visitor a sickening feeling. We are once again faced with the death and the suffering of the “small people” caught in the games of the elite.

Occult Monuments

The National Memorial contains an enormous amount of monuments based occult symbolism and geometry. Some subtly refer to the Illuminati (Pyramid, All-Seeing Eye, Obelisk, etc) while others are openly Masonic. Here are some examples.

Royal Army Nursing Corps

c0139575_2138653.jpg

An unfinished pyramid with missing capstone. If you don’t know what this refers to, look here:

c0139575_21393942.jpg


Hermes Trismegistus Statue

c0139575_21402449.jpg

Hermes statue

This piece seems out of place in the context of a memorial…until you understand the importance of Hermes for Freemasonry and the importance of Freemasonry in this Memorial. Occult orders consider Hermes to be one of most important figures in History. Trismegistus signifies “Thrice Great” as he was given the title of “greatest philosopher, greatest priest and greatest king”. The three parts of his wisdom were alchemy, astrology and theurgy. Hermes is of an utmost importance for Masonic scholars. He is the main inspiration for the Masonic initiatory rituals, which were borrowed from the Mysteries he established. Nearly all of the Masonic symbols are Hermetic in character. Hermes (who could was either a single man or a group of thinkers) was elevated to the status of deity (Romans knew his as Mercury) and became part of mythology. The Messenger of the Gods is here depicted with a winged hat and the caduceus entwined by serpents. This statue is the only proof you need to confirm the fact that this Memorial was built following the principles of the Masonic religion.

Suez Memorial

c0139575_21411271.jpg

This monument was placed in the memory of those who lost their life at the Suez Canal. Another great occasion to place a pyramid in an Egyptian-themed area. Freemasonry attributes a great importance to ancient Egypt and pyramids.

Other Pyramid

c0139575_21414528.jpg


Fire & Rescue Service

c0139575_21422118.jpg

The British Fire and Rescue Service Memorial bears a curious feature: a checkerboard pattern. This is typically Masonic and can be found in all Lodges and in most Masonic art.

c0139575_2143444.jpg

Masonic Lodge
c0139575_21435996.jpg

Masonic Symbolism

Once again, why is the Memorial dedicated to Rescue Services, a public service, permeated with Masonic symbolism?

Star of David Monument

c0139575_21442350.jpg

Hexagram with an opening

This monuments is dedicated to the Jews who lost their life for Britain (where’s the Muslim and Christian one). If you are symbol-literate, you understand the great importance of the hexagram and its esoteric meaning, which goes way beyond exoteric Judaism.

Masonic Memorial
c0139575_21453322.jpg

Masonic Memorial - checkerboard tiling with symbolic ashlars

No need to look for hidden symbolism here. This monument is Masonic by definition and was funded by the St. John of Lichfield Lodge. Here’s their description of the monument:

“Bro Griffiths, explaining his thoughts on the design, said: “It is a very open and exposed site and I wanted the ashlars to be protected as if they were in a forest glade, enclosed by a hedge, with one entrance. When the hedge is fully grown, and we have the arch in place at the entrance, it will beckon people, draw them in, to see what I call the pearl within.” The costs of the garden have been kept down by the contribution of Eddie Ford, a builder by trade from nearby Burton and a truly operative Mason, who laid the chequered paving and supervised the positioning of the two ashlars, each weighing three and half tons. “

c0139575_21462617.jpg


Here’s a description of the symbolic meaning of the ashlar in Freemasonry:

“Ashlars have symbolic meaning for Freemasons and those in masonic schools used as a metaphor for states of progress. In Freemasonry, the ashlar comes in two forms: the rough ashlar represents a rough, unprepared or undressed stone, and is an allegory of the uninitiated Freemason prior to his discovering enlightenment; the smooth ashlar represents the dressed stone as used by the experienced stonemason, and is an allegory of the Freemason who, through education and diligence, has achieved enlightenment and who lives an upstanding life.”

Sands Memorial
c0139575_2148381.gif

All-Seeing Eye logo

c0139575_21482710.jpg

Under the cover of a legitimate and charitable cause, we can again find Illuminati symbolism. The Sands logo features an All-Seeing Eye with an apparently dead baby inside of it. The sculpture itself depicts a life-size, life-like dead baby, lying on the ground.

c0139575_21484970.jpg

Dead baby sculpture

Visitors are once again confronted to a vulnerable and innocent dead being, facing them with the inevitability of their own mortality. Is this face-to-face with a dead baby really necessary? Some might say “It shocks you to make you aware of the situation“. What situation? There’s nothing everyday people can do to prevent those deaths. This is devaluation of human life and this just fits the “culture of death” theme of the National Memorial.

To Conclude

Those who are acquainted with occult symbolism will rarely encounter so many Illuminati monuments in a single public area. This is one of many recent structures being inaugurated around the world glorifying the death of the common man (see the Georgia Guidestones and Denver International Airport articles). To take this Memorial at its face value is to misunderstand the hidden agenda of the elite. The simple fact that these monuments carry the signature of occult orders – even if the common man is oblivious to their existence – proves the subversive and hidden nature of their control. Massive depopulation of the Earth is part of their global plan – their documents prove it. The same people have built this Memorial. Add it up and understand what they are telling you.

c0139575_21495087.jpg


Related posts:
1. Sinister Sites – Astana, Khazakhstan
2. Sinister Sites – Israel Supreme Court
3. Sinister Sites – Temple Square, Utah
4. Sinister Sites – The Denver International Airport
5. Sinister Sites – The EU Parliament
[PR]

by oninomae | 2009-07-30 21:50 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

誓いはどこへいった?


ヒポクラテスの誓い

(ギルド的誓いは略す)

自身の能力と判断に従って、患者に利すると思う治療法を選択し、害と知る治療法を決して選択しない。

依頼されても人を殺す薬を与えない。

同様に婦人を流産させる道具を与えない。

生涯を純粋と神聖を貫き、医術を行う。


中略

どんな家を訪れる時もそこの自由人と奴隷の相違を問わず、不正を犯すことなく、医術を行う。

医に関するか否かに関わらず、他人の生活についての秘密を遵守する。



この誓いを守り続ける限り、私は人生と医術とを享受し、全ての人から尊敬されるであろう!
しかし、万が一、この誓いを破る時、私はその反対の運命を賜るだろう。

c0139575_22124837.jpg


c0139575_2213336.jpg



ジュネーブ宣言

医療専門職の一員としての任を得るにあたり、

私は、人類への貢献に自らの人生を捧げることを厳粛に誓う。

私は、私の恩師たちへ、彼らが当然受くべき尊敬と感謝の念を捧げる。

私は、良心と尊厳とをもって、自らの職務を実践する。

私の患者の健康を、私の第一の関心事項とする。

私は、例え患者が亡くなった後であろうと、信頼され打ち明けられた秘密を尊重する。

私は、全身全霊をかけて、医療専門職の名誉と高貴なる伝統を堅持する。

私の同僚たちを、私の兄弟姉妹とする。

私は、年齢、疾患や障害、信条、民族的起源、性別、国籍、所属政治団体、人種、性的指向、社会的地位、その他いかなる他の要因の斟酌であっても、私の職務と私の患者との間に干渉することを許さない。

私は、人命を最大限尊重し続ける。

私は、たとえ脅迫の下であっても、人権や市民の自由を侵害するために私の医学的知識を使用しない

私は、自由意思のもと私の名誉をかけて、厳粛にこれらのことを誓約する。



c0139575_227229.jpg

[PR]

by oninomae | 2009-07-29 22:14 | バイオハザード・医療  

ローマ・クラブ/ノバルティス/フォート・デトリック/タウベンバーガー


ノバルティス薬品 狭依彦 2009年07月28日
http://icke.seesaa.net/article/124476982.html の転載です。(若干修正しました)


スイスのバーゼルのノバルティス薬品[Novartis International AG]は、メリーランド[Maryland]州、フレデリック[Frederick]にあるフォート・デトリック[Fort Detrick]の米軍病理学研究所の腐敗した「科学者」と共謀して、生物兵器の「新種インフルエンザ」株を作り出した。この新種は、1918年の致死性のスペイン風邪ウイルスを「リバース・エンジニアリング」して作り出したものだ。

c0139575_1295037.jpg

c0139575_131342.jpg



この科学者はタウベンバーガー[Dr. Jeffrey Taubenberger]とそのチームで、スーパーコンピュタを使い、1918年のウイルスのDNAやRNA構造を分析して、人間のプラスミド(核外遺伝子)を使い、1918年のウイルスを再創造することに成功した。

c0139575_103044.jpg

Jeffery K. Taubenberger (born 1961 in Landstuhl, Germany) is a US-virologist. Together with Ann Reid he was the first to sequence the genome of the influenza virus, which caused the 1918 pandemic of “Spanish flu”.


この科学者タウベンバーガーは、ウイルスを再創造した数ヶ月後の2005年には軍を退職、国立衛生研究所[National Institutes of Health, Bethesda, Maryland]に変わった。タウベンバーガーの次の目的は、自分のチームが作り出したウイルスに対するワクチンを作り出すことであった。

この株が、奇跡的に人目につかないように2009年の3月、4月に世界中にばら撒かれた。その主要な目的は、世界的にパニックを引き起こし、ノバルティスのワクチン製造用原料の需要を作り出すことであった。

ノバルティス薬品は、国際エリートのローマ・クラブの布告を支援するために、自発的に利用され、高い報酬を得ていた。ローマ・クラブの布告とは、地球上の人口のある部分を大量にそして突然に減らすことを求めたものだ

c0139575_213536.jpg


c0139575_234761.jpg


c0139575_2384545.jpg


c0139575_2401266.jpg


c0139575_2424442.jpg


c0139575_243452.jpg


ノバルティス薬品は2005年に、インフルエンザの新ワクチンのパテントを申請している。米国の特許庁は、この申請を2009年の1月19日に認可している

c0139575_2445939.jpg


ノバルティス薬品はパンデミックが起こった原因がタウベンバーガー作ったウイルスであることを事前に知っていたようだ。

パテントには、リバース・エンジニアリングで作り出されたウイルスという言葉も出てくる

ノバルティス薬品は新型インフルのワクチンで、免責を受けている。もし、ワクチンで被害が出ても、責任は問われないという免責だ。

c0139575_2151852.jpg


元記事では、過去に、ワクチンが原因で、健康被害を出したケースが報告されている。

(1)1970年中ごろ、WHOはハイチで大規模な天然痘対応のワクチン接種計画を主導した。このワクチン接種の後、ハイチではHIVにかかる人が急増した。 (引用注:アフリカでも、ブラジルでも、アメリカでもそうである)

(2)湾岸戦争でクウェートの解放後、米軍兵士にGWS(湾岸戦争症候群)の患者が多く出た。これは、炭疽菌のワクチンが原因であると思われる。 (引用注:もちろん、マイコプラズマ生物兵器、その他の薬剤、毒ガス、放射能等も関係していると思われる)


c0139575_214242.jpg



抜粋訳の元記事は

Startling New Evidence That The 'Swine Flu' Pandemic Is Man-Made Novartis Patent Detailed And Mass Murder Charged By A. True Ott, PhD, ND 7-26-9
http://rense.com/general86/manmd.htm



参照・参考

ジョン・ラポポートによる元ワクチン研究者インタヴュー 1
http://satehate.exblog.jp/12011970/


しかし医療カルテルの最高レベルにおいて、ワクチンは最優先なのです。なぜなら、免疫系を弱らせることができるからです。 受け入れるのが難しいと思いますが、それは事実です。

医療カルテルは、その最高レベルでは、人々を助けようと努めておらず、それは人々を害し、弱めようと躍起になっているのです。人々を殺すためです。 


ジョン・ラポポートによる元ワクチン研究者インタヴュー 2
http://satehate.exblog.jp/12023466/


(彼らにとって)問題は、いかにして効を奏する戦略をしかけていくか?です。

もし選択の問題[薬を摂ることや拒否することの権利]が勢いを増さなければ、生物戦争菌に対するワクチンについての来るべき強制化が勝利を収めることになるでしょう。今は重要な時期です。

予防接種に混入された高致死率の変種インフルエンザ by ジョン・コールマン
http://satehate.exblog.jp/8739829/


「グローバル2000」を実行する連中が導入したもっとも狡猾な計画のひとつが、インフルエンザ注射だ。

マスコミは毎年、いかにも説得力のあるやり方で、大規模なインフルエンザの予防接種キャンペーンを繰り広げる。 


化学・生物兵器戦争の専門家が教えてくれたところでは、インフルエンザ注射には、致死率の高いブタのインフルエンザからとった変種が3種類入っていて、幼児と老人には危険だということだ。

「過剰人口」を抑制するのにこれ以上の方法があるだろうか。

若年層は再生産される前に殺してしまえるし、不要な老人を除くのにもこれほど簡便な方法はない。 


Interview with Dr. Jeffery Taubenberger
http://www.pbs.org/wgbh/amex/influenza/sfeature/drjeffrey.html


REVISITING THE 1918 FLU  March 24, 1997
http://www.pbs.org/newshour/bb/health/march97/1918_3-24.html


c0139575_129769.jpg



c0139575_1353639.gif



c0139575_1362738.jpg



ロスチャイルド家の最初の「世界銀行」である「国際決済銀行(BIS)」 by A・ヒッチコック
http://satehate.exblog.jp/10193417/


c0139575_1382085.jpg


c0139575_2271866.jpg


c0139575_2454660.jpg


c0139575_250870.gif



c0139575_2117402.jpg




追記 2009.7.31

インフルエンザ強制予防接種の恐怖  2009年7月29日  田中 宇
http://tanakanews.com/090729flu.htm

製薬業界にとって至れり尽くせりなことに、米政府は最近、インフルエンザのワクチンを製造する製薬会社に対し、もしワクチンの副作用が出て多くの米国民が苦しみ、国民が製薬会社を提訴しても、製薬会社が有罪になることはないという免責の決定を行った。


結局のところ、米国では今秋、6-18歳の全国民に対し、インフルエンザの予防接種が義務づけられることになりそうだとCDCが発表している。

All U.S. children should get seasonal flu shot: CDC
http://www.reuters.com/article/domesticNews/idUSTRE56N41Y20090724?feedType=RSS&feedName=domesticNews&rpc=22&sp=true

欧米でインフルエンザの予防接種が強制的に、全国民またはある年齢層の国民全員に義務づけられることになると、日本でも似たような強制・半強制の政策が採られる可能性がある。欧米と同じワクチンが使われるのだろうから、最悪の場合、副作用が日本でも発生しうる。

米英などの政府が製薬会社の言いなりで、副作用が懸念されるワクチンが臨床試験もなしに英国の全国民に強制接種されたり、副作用が出ても製薬会社が免責されるので無責任なワクチン製造がまかり通る事態が米国で出現したりしている。


・・・このような状況を知って「インフルエンザの予防接種は危険だから受けない方が良い」と叫んだところで、多くの人は何も報じないマスコミしか見ていないので「何言ってんだこいつ」と変人扱いされて無視されるか、下手をすると製薬会社から損害賠償請求されたり、もっとひどくなると当局から監視・取り締まり対象にされる。予防接種が義務づけられたら、副作用が心配でも、接種を受けねばならない(引用注:*)受けない者は犯罪者である(引用注:**)。副作用におびえていやいや接種を受けたり、接種を拒否して犯罪者にされて生活を破壊されたりするより、何も知らずに接種を受けた方が幸せともいえる。知るも地獄、知らぬも地獄。大変な世の中になってきた


・ニュールンベルグ倫理綱領

1946年、第二次世界大戦中のナチスの非人道的な人体実験に対して ニュルンベルグ裁判が行われたのをうけて,1949年に医学研究の対象となる患者さんの人権に言及した「ニュールンベルグ倫理綱領」が採択されました。 これが基になっているのがジュネーブ宣言です。


** 犯罪者はジュネーブ宣言違反者の方です!!


c0139575_620683.jpg

[PR]

by oninomae | 2009-07-29 00:56 | バイオハザード・ワクチン  

ユダヤ資本の帝国主義 by Henry Makow Ph.D.


ユダヤ資本の帝国主義 by Henry Makow Ph.D. September 25, 2007

c0139575_21144076.jpg


一八八九年に出版されたL・B・ウルフォーク[LB Woolfolk]の『赤いドラゴン[The Great Red Dragon]』を読んで思ったのだが、英国(及び米国)の帝国主義は、ユダヤ人銀行家たちと彼らの非ユダヤ人の同盟者たちが、彼らが(彼らの信用支配のおかげで)無から作り出すことができたマネーを実物資産(つまり、世界の所有権)に変えるために組織されたのではないだろううか。

この本は、「ユダヤ人の陰謀は英帝国主義である」(May 2004)という私の主張を確認する。

これらの銀行家たちが一六九四年にイングランドでの信用の独占を騙し取った時、怪物に変身した。。今やその怪物は、人類をハイジャックしてしまった。そのロンドンに拠点を置く銀行カルテルは、文字通り惑星を丸飲みにしており、そしてそれがすべてを所有し、もし物理的にではないとしても、心理的、精神的に人類を奴隷化するまでは満足することはないだろう。

これは、一言で言えば、新世界秩序ある

最後の一押しは、 セシル・ローズが「世界の富を吸い上げ」そして「全世界政府を手に入れる」ために、一八九一年に開始した一つの秘密結社によってもたらされた。

最近の国連の調査によれば、この世界の人口の二 %が五〇 %の富を保有しており、その一方で人口の半分はわずか一 %の富しか有していない。 言うまでもないが、その最も豊かな二 %と言うのは主としてロンドンに拠点を置く銀行家たちと、彼らに関連した人々である

今日、イギリス、アメリカ、そしてシオニスト帝国主義は、宗教、国家、人種・民族、そして家族の破壊を通しての「世界政府」に対する銀行家のアジェンダを明白に(マニフェストに)している。

この帝国主義は、一般の英国人、米国人、あるいはユダヤ人たちの利益や望みを表してはいない。彼らは彼ら自身、植民地化されている。

L・B・ウルフォークは、南北戦争ののち数十年の間の銀行カルテルの企みを追跡した米国バプティスト派の説教師であった。 彼は、ロンドンへの訪問中にこのカルテルのメンバーたちと接触し、彼の主張を確認した

彼は言う。「大いなる赤い龍」は「ユダヤ人のロンドンのマネー権力」の象徴である。

c0139575_2048562.jpg


オンラインで読める彼の本の中で、彼は、いかにしてこのカルテルが、仲介者を通して米国経済を買い取ったか、そして一九一三年の連邦準備制度法の成立以前にそれを管理支配したかを記述している。

ほぼ一五〇年前であるが、一八六四年までに、すでに世界の富は彼らの手に集中していたとウルフォークは主張する。

私がほのめかすの資本帝国主義は 、 資本家たち--ユダヤ人たち、それもほとんど一人のユダヤ人の男--の群れである。彼らは、スレッドニードル[Threadneedle street]、ロンバード[Lombard street]、そしてその周辺の他のロンドンのマネー街に彼らの司令部(本社)を置いている。これらのユダヤ人資本家たちは、地上の産業と商業を自分たちの手に集中させることに成功してきた。--彼らは世界のほぼすべての債務を所有している--国家、州、県、市町村、企業や個人の債務--総額で合計は、七五〇億ドルと推定され、それによって年間四〇億ドルの利息を受けとっている。--彼らは、英国の工場、海運、そして商業を所有している。そして世界全体のほとんどの工場、海運、そして商業を所有しているそして彼らは 、 急速に全てのビジネスを彼らの手中に集中させている。彼らは貿易やあらゆる種類のビジネスのすべての大兵站線を所有している。そして、彼らは、彼ら自身の恣意的な方法で全ての価格を制御するこのロンドンのマネー街のマネー権力は、唯一の壮大顕著な地上に存在している帝国主義である。

ウルフォークは、このカルテルの始まりを、一八世紀の初めの英国東インド会社[the British East India Company]へと辿っている。

c0139575_03141.jpg


一七六四年、英国東インド会社は世界で 最も壮大で 裕福な企業だった。それは一つの領土的帝国を支配する唯一の企業であった。それは貿易の貨物輸送、その大陸のライバルたちの取引拠点の征服を通したその貿易の拡大、そしてインドの大規模な略奪によって富を蓄積した・・・東インド会社、そしてのちにその壮大な企業の配当金によって組織された他の企業群の株式の大部分が、ユダヤ人の手に落ちるということが実現した。

c0139575_23581988.gif

c0139575_051844.jpg


そのユダヤ人たちは、世界の大いなるマネー王となった・・・歴史上、東インド会社によるインドの征服におけるほど、不正行為、策略的詐欺、そして強奪が融合した征服劇は他にない (訳注:「西インド」でも同様ですが)。

それは、世界の歴史の中で、一貿易企業が、帝国主義権力となった最初の例であったそしてその帝国のルールは、卑劣無情で良心のない利益の追求に走る大企業を特徴付ける強奪、誤魔化し、詐欺・欺瞞によって特筆された。


一七七五年の蒸気機関の発明では、英国東インド会社の資本家だけが、産業革命から利益を得る手段を有していた。 彼らは何百もの共同出資会社-石炭・鉄鉱山、鉄道・船舶、不動産などのあらゆる種類の製造会社-を設立したが、その所有権は隠されていた

商業的危機は、多くの場合彼らに起因し、また常に操作されていたが、その危機の中で、彼らは組織的にライバル企業を破綻させ、買収し、少数株主から強奪・略奪することをやってのけた最終的には、これらの組織化された資本家たちが、そして蒸気機関製造業に起源を持つ様々な製造、商業、海運企業の全てあるいはほとんどの株式を、非常に安く、彼ら自身の手中に収めてしまったのである。彼らはこうして、ライバル企業を粉砕し少数株主を(「凍死」させ)締め出す技術を一つのシステムと科学に変えたのだ。」

ウルフォークは、ロスチャイルド一族は単独では行動しなかったが、ユダヤ人銀行家たちのシンジケートを代表していたと推測している。

c0139575_21232632.jpg


ロスチャイルドの家の勃興は、全ての彼らの資本が 合同されたであろう巨大なビジネスの決済取引のための、一つのシンジケート内のユダヤ人たちの最初の大合同として記憶に残るロスチャイルド一族は、ユダヤ人マネー王たちの代表となり、それ以来、シンジケートとして活動するユダヤ人たちの頭目となってきた。その家は、おそらく 、世界のユダヤ人マネー権力の頂点にある。そのマネー権力の富は、全く計り知れない。 それは、一六〇〇億ドルは下らない。おそらく、 二〇〇〇億ドル近い・・・ そのマネー権力は、あまりに多くのマネーを持っているため、今や投資先を見つけられないほどである。もう一度それを二倍にすれば、地球上の全ての財産をほとんど所有するだろう。その経歴の初めには、その資本の二倍は一億ドルを意味した。今や、その資本の二倍は、四〇〇〇億ドルを意味する。そして、世界の総資産は六〇〇〇億ドル以下である。」

ウルフォークによれば、ロックフェラー一族とほとんどの卓越したアメリカ人実業家・金融家たちは、単にロンドンのマネー権力の代理人であった。

c0139575_391514.jpg


スタンダード石油は、いかにして全ての企業において独占を確立するかについての一つの古典的例であった。

石油を輸送するために必要な鉄道を所有することにより、そのマネー権力は、それらの価格を自分たちには下げ石油を他社より安売りすることにより、競合他社をビジネスから追い出した。

このカルテルのカルテルは、共産主義の妖怪を作り出すことにより、ビジネス階級を抑制した状態に保った

c0139575_23274882.jpg


大都市で共産主義と社会主義を激しく扇動し続けることは彼らの政策であったその結果、ビジネスマンたちは、これらのアイデアに対抗して、マネー権力の側に居続ける。社会主義へのほとんどの扇動者たちがユダヤ人であり、彼らはほとんど十中八九、彼ら自身の目論見のためにこの煽動を続けているマネー権力の代理人であったということは、一つの意味深い事実である・・・それはこれらのマネー王たちの絶妙な技法の一部であった。」  (訳注:日本でも、「共産主義」のエージェントには、横浜正金銀行等からマネーが渡されていた。今は、主として「ニューエイジ」に「情報」とマネーが渡されているようだ。)


結論

「赤いドラゴン」は、一五〇年前でさえ、富と権力が比較的少数の手の中に集中していたことを喚起する一つの重要資料である。近代史は、このマネー権力が彼らの「世界政府」を推進しようとする隠された策略を反映している。全世界は植民地化されつつある。

今日、我々は、一つの手が全ての巨大な多国籍企業を指図している証を目撃している。

たとえば、それらは皆、多様性とフェミニズムを異口同音に唱えている。

すべての米国大統領たちは、この銀行カルテルの看板役である。 彼らの閣僚たちは、ロックフェラーの支配するCFRの地位にあるものから選ばれる。 マネー権力を拒む大統領は除去される。(ごく最近では、JF・ケネディとニクソン)

すべての大統領候補者は、その銀行カルテルによって世界政府の首都たるべく作り出されたイスラエルを支持する。

私はこれまでいつも、このカルテルは、主としてその権力を強化する欲望によって動機付けられていると考えてきたが、現在は、サバティアン・ユダヤの異端が彼らの計画における一つの主要な因子ではないかと思っている。

無から何ものかを作り出す者は誰でも、自分が神だと考える。そして、サタンが約束したように、これらの銀行家たちは、全世界を継承している!

この致命的な問題は、世界の国々が明らかにユダヤ人銀行家たちのネットワークに、彼らのマネー供給を創造することを頼っていることから生じているどの国も、その支配権を握り締めているこの世界的な帝国主義者のシステムから脱却する権力も智恵も持たなかった。

我々は、すべての政策表明において、この人を犠牲にする絶対的な力を拒否せねばならない。良識が、最終的に広まって勝利を得るだろう。それが良識だからではなく、良識の絶え間のない侵害が崩壊を生み出すゆえにである。

--- ---

See how this works on the street in the UK (2 hr video)


元記事は

The Imperialism of Jewish Capital  by Henry Makow Ph.D. September 25, 2007
http://www.savethemales.ca/the_imperialism_of_jewish_capi.html




参照

英国東インド会社によるアヘン貿易の真相 by ユースタス・マリンズ
http://satehate.exblog.jp/8777131/


イングランド銀行設立と国債発行への道
http://satehate.exblog.jp/9678242/


イギリス東インド会社の忠実な召使いだったトマス・マルサスの『人口論』 by ジョン・コールマン
http://satehate.exblog.jp/8770049/


清をアヘンで引導を渡し大躍進した悪魔のアジア侵略 by ジョン・コールマン
http://satehate.exblog.jp/8675831


悪魔主義銀行家の陰謀 by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/11701619/


新世界秩序(NWO) :カバリストユダヤ人の暴政への前線  By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/11572851/


c0139575_21125322.jpg

c0139575_21115449.jpg



c0139575_21571345.jpg



c0139575_2205536.gif

[PR]

by oninomae | 2009-07-28 20:55 | イルミナティ  

ジョン・ラポポートによる元ワクチン研究者インタヴュー 2


ジョン・ラポポートによる元ワクチン研究者インタヴュー 1
http://satehate.exblog.jp/12011970/
  より続く 
(後半部もいくつかの重要な既和訳文中の誤りを訂正しました)


ジョン・ラポポートによる元ワクチン研究者インタヴュー 2


A(続き): 私が職務に就いていたある時期に、あるアフリカの政府の高い地位に就いている男性と長い話し合いをしたことがありました。彼はこのことをよく分かっていると私に言いました。 WHOは人口削減利害の前線に立っていると言いました。 アフリカでは、言ってみれば、その多くの貧乏人たちをチェンジ(両替?)しようと熱心に努めている一種の地下組織があるのです。 このネットワークに属する人々は何が起こっているのを知っています。彼らはワクチンが、彼らの国を破壊し、グローバルな権力者による乗っ取りのためにそれらの国を準備させるために使われてきたし、そして今もそれが使われ続けていることを知っているのです。私はこのネットワークの何人かの人と話をする機会がありました。

Q: 南アフリカの大統領であるThabo Mbekiはその状況を承知しているのですか?

A: 部分的には気付いていると思います。おそらく彼は完全に確信しているわけではないかもしれませんが、すべての事実に気付き始めていると思います。彼はHIVは一つの捏造であることをすでに知っています。エイズ薬は免疫系を破壊する毒であることを知っています。また、もしワクチンについて、どのような方法であれ発言をすれば、狂人の刻印を押されることを分かっているのです。彼はエイズ問題を扱った後、十分なほど困難な目に遭ったのです。 

Q: それはあなたが話したネットワークが・・・?

A: それは、ワクチンについて膨大な量の情報を集積してきています。問題は、いかにして効を奏する戦略をしかけていくか?です。 これらの人々にとって、そこが困難な問題です。

c0139575_6513491.jpg


Q: そして産業化した国々においても?

A: 医療カルテルには締めつける力がありますが、それは減ってきています(引用注:これがまた怪しくなってきた)。 人には医療について疑議を唱える自由があるからです。 しかし、もし選択の問題[薬を摂ることや拒否することの権利]が勢いを増さなければ生物戦争菌に対するワクチンについての来るべき強制化が勝利を収めることになるでしょう。今は重要な時期です。

Q: B型肝炎に対する激怒(大騒動)はひとつの良い解決口のようにみえます。

A: はい、そう思います。その赤ちゃんたちはワクチンを受けたに違いない、と言い、そして一方で、性的接触と針の共有からB型肝炎に罹ったと認めることは…馬鹿げた並置です。医療の権威団体は米国の20,000人ほどの子供が毎年‘原因不明'によるB型肝炎に罹っている、そして、それがなぜすべての赤ちゃんがワクチンを受けなければならないのかという理由である、と言うことで自分たちを防衛しようとしています。 20,000と言う数字と、そのいわゆる研究なるものに私は異論を唱えます。

Q: 英国の医学博士であるアンドリュー・ウエイクフィールド[Andrew Wakefield]は、MMR(三種混合ワクチン)と自閉症との関わりを明らかにし、ロンドンホスピタルでの仕事を解雇されたばかりです。

c0139575_6564849.jpg


A: はい、Wakefieldの功労は偉大なものでした。彼の行ったワクチンと自閉症間の相関関係の調査は素晴らしいものです。

おそらくご存じかと思いますが、Tony Blair英国首相の妻は代替医療に関わりを持っています。彼らの子供はMMRを受けていない可能性がありますBlairは最近、報道会見でその質問を回避しました。そしてそれは彼の'私的な家庭のこと'に立ち入った質問を単に不服としているかのようでした。どのような行事においても、彼の妻は口止めされていると私は思います。もし、機会が与えられれば、MMRによってひどくダメージを受け、公の場に申し出たすべての家族に同情の意をあらわすでしょう。

Q: 英国のレポーターは彼女に連絡を取る努力をしてみるべきです。

A: 彼らは試みています。しかし、彼女はどんなことであれ、沈黙を守ることを夫と約束をしているのだと私は思います。彼女がもし約束を破れば、多くの善を成すでしょうに。 彼女は夫からだけに圧力をかけられているのではないと聞いています。彼女が従事しているMI6(軍事情報部6部)や英国保健省のレベルで関わっているのです。それは、一つの国家機密と考えられます。 

c0139575_6185615.jpg


Q: ええ、医療カルテルを一度理解すると、それは国家機密ですね。

A: 世界的機密です。カルテルはすべての国で活動しています。ワクチンの神聖な義務を熱狂的に保護しているのです。それらのワクチンに疑問を持つということは、ヴァチカンの司教がカトリック教会の聖体の秘跡の神聖に疑問を持つことと同じレベルなのです。

Q: ハリウッドの著名人が「ワクチンを受けない」と公に声明することは、自らのキャリアを放棄することだと聞いています。

A: ハリウッドは、医療カルテルと非常に強く結びついています。いくつかの理由がありますが、ひとつには有名なある俳優が言うどんなことにも多くの関心を引くことができるためです。 1992年、私はLos Angelsの下町でFDA(食品医薬局〔米国厚生省の一局〕)に対するデモに出席していました。一人か二人の俳優がFDAに異論を唱えました。それ以来、医療カルテルヘ対して、いかなるやり方であれ反論をする俳優を見つけることは困難になっています。

Q: 国立衛生研究所(NIH)内部はどのような雰囲気で、どのような基本方針なのでしょうか?

A: 人々は、研究調査費用のために争っています。彼らが最後に考えることは現状維持を試みることです。すでにそのためのお金のために内部戦争を行っています。彼らはそれ以上の問題を欲しくないのです。これは非常に隔離されたシステムです。それは概して、すべての領域で現代医学(薬)は大変成果を上げている、という考えに依存しているのです。どの領域内でもシステム的な問題を認めるということは、その組織全体の事業そのものに疑いを投げかけるということです。よって、NIHが立証について考察すべき最後の機関だろうと思われるかもしませんが、それとはまったく逆のことが真実となっています。

もし、5,000人の人々がそこに現れて、その研究調査システムの現実的成果に対する説明を求め、その設備に集められている何兆ドルという無駄なお金により、実際、健康にどのような恩恵が広く一般国民に与えられているのかを求めるならば、何かが始まるかもしれません。火種が点火するかもしれません。更なるデモとともにあらゆる種類の争いなどがあるかもしれません。研究調査員たち-ほんのわずかな-は情報を漏らし始めるかもしれません。

Q: いいアイデアですね。

A: スーツを着た人々が警察が許す限りのそのビルの近くに立つ。ビジネススーツを着た人、ジョギングウエアを着た人、母親たちや赤ちゃん、裕福な人や貧しい人、すべての種類の人々です。

Q: 今日、赤ちゃんたちに与えられる数多くのワクチンの複合的破壊力についてはどうですか?

c0139575_19503255.jpg


A: それは偽りのものであり、犯罪です。実際にどのような研究もなされないままに、施行されていたのです。再び、ワクチンは安全だという思い込みです。それゆえに、あらゆるワクチンをともに与えても安全であるとされるのです。よって、短期間で多くのワクチンを受けたとき、ダメージの可能性は高くなります。

Q: そして秋のインフルエンサ・シーズンがあります。

A: はい、あたかも秋だけにこれらの病原体がアジアから合衆国の私たちのところへ漂ってくるかのようです。人々はこの前提をうのみにしています。もし、4月に発症したなら、それは悪い風邪で、1O月に発症したらインフルエンザというわけです。

Q: ワクチンに従事していた年月をあなたは悔やんでいますか?

A: はい。しかしこのインタビユー後、後悔は軽減するでしょう。そして、別の方法で従事します。 うまく情報を用いてくれるだろうと私が考える適切な人々に伝えるのです

Q: 一般に理解して欲しいと思うことをひとつあげると何ですか?

A: ワクチンが安全で効果的だと立証する重責は、それらを製造し、一般国民に対して使用する認可を受けている人々にあるということです。その立証についての重責はあなた方や私にあるのではありません。そして、立証するためには、きちんと計画された長期的な研究が必要です。徹底的なフォローアップが必要です。母親たちが赤ちゃんについて何を語るか、ワクチン後に赤ちゃんに何か起きるかに注意を向けてインタビューする必要があります。これらすべてのことが必要なのです。 まるで為されていないことです。

Q: まるで為されていない。

A: はい。

Q: 混乱を避けるためワクチンが引き起こし得る疾患について、もう一度振り返っていただきたいのですが。どのような病気が、どのように発症するのでしょうか?

A: 基本的に害をもたらす二つの可能性についてお話しします。

一つは、ヒトはワクチンからその病気を得る。ワクチンで予防するはずのその病気になります。なぜなら、そもそも、その病気のいくつかの形態がそのワクチンの中にあるために発症するのです。

そして、2番目は、その病気には罹らないが、その後すぐに、または後になって、ワクチンによる別の症状が発生します。その状態は自閉症かもしれませんし、脳膜炎のような何か別の病気かもしれません。精神機能の損傷を受けるかもしれません。 


Q: それらの異なる結果の関係性と頻度を何か比較する方法はありますか?

A: ありません。なぜなら、そのフォローアップが不十分だからです。できるのは推測のみです。麻疹のワクチンを受けた10万人の子供の集団に、何人が麻疹に罹ったか、何人がワクチンによって別の問題を引き起こしたかを尋ねても、信頼できる答えは得られません。そのことを私は言っているのです。

ワクチンは盲信です。そして、盲信があれば、あなたは、あなたが使用できる事実を得ることはありません。大抵はその盲信を強制するために意図された話ばかりを聞くことになります。しかし、多くのワクチンキャンペーンによって、非常に不穏な事実を明らかにされた話をまとめ上げることができます。害を披った人々です。その害は事実であり、そして深い害、死を意味し得ます。その害は私たちが信じ込まされているような2~3のケースに留まるものではありません。米国では自閉症と幼児期のワクチンについて証言している母親のグループがいます。彼女らはすべてのことを無視した研究員や医師たちによって作られたギャップを本質的に埋めようと努力しています。

Q: それについて質問させてください。もしあなたに子供がいたとして、ボストンでということにしましょうか、栄養価の高い食物を得て育ったとします。毎日運動を行い、両親からも愛されていました。そして麻疹のワクチンを受けませんでした。貧しい食事状態で、毎日5時間テレビを見て、麻疹のワクチンを受けたボストンに住む平均的な子供と比べたとしたら、彼の健康状態はどうでしょうか?

A: もちろん、多くの要囚が伴います。しかし、最初の子供の方がより良い健康状態であると断言できます。もしその子供が麻疹に罹ったら、もし9歳のときに罹ったら、2番目の子供が罹るかもしれない麻疹より、はるかに軽いでしょう。常に最初の子供はそのようであると確信しています。

Q: どの位の問、ワクチンに従事していたのですか?

A: 長い問です。10年以上です。

Q: 今振り返って、ワクチンが効果的だという何か正当な理由は挙げられますか?

A: いいえ、できません。もし私に子供が今いたとすれば、ワクチンは最も受け入れがたいものです。そうしなければならなければ、国外へ移住するでしょう。氏名も変えるでしょう。蒸発するのです。家族と共に。私はそのようになるだろうと言っているのではありません。もしあなたが行動すべき方法を知っていたならば、しなやかに回避する方法はあります。すべての州で、宗教上の理由や思想上の見解によって免除を申請できます。しかし、もし押し付けてくるようなことがあれば、私は移住するでしょう。 

Q: それでもまだ、ワクチンを受けても健康そうに見える子供はどこにでもいますが。

A: ‘見える’というのは適切な言葉ですね。勉強に集中できない多くの子供についてはどうでしょうか? ときどき癇癪を起こす子供たちはどうでしょう? すべての知的能力を持っていない子供についてはどうでしょう? それらのことには多くの要因があることは知っていますが、ワクチンは一つの要因です。私はその危険を冒したくはありません。危険を冒す理由が私には見当たりません。そして、率直に言って政府に最終決定権を委ねる理由が見当たりません。私の経験から、国の医療は矛盾がよくあります。あなたはいずれかを得るでしょうが、両方を得ることはありません。

Q: それでは現場のレベルに入りましょう。

A: はい。ワクチン接種を受けたい人は受ければいいと思いますし、異を唱える人は受けることを断ればいいと思います。しかし、私が前にお話ししたように、もしその現場に嘘が撒き散らされていたとすれば、施行する場のレベルではありません。そして赤ちゃんが巻き込まれるとき、両親がすべての決めごとを行うのです。それらの親たちは非常に重い真実を必要としています。DPTの予防注射によって亡くなったと私がお話した子供についてはどうでしょうか? それはひどく重いものだったと言えます。本当の情報ではなかったのです。

Q: 報道と提携している医療の広報担当者たちは、もレ子供が注射を受けなかったら何か起こるかということについて、恐ろしいシナリオを書いて両親を怖がらせています。

A: 彼らはワクチンを拒絶することは犯罪であるかのように見せています。そうすることは悪い両親であるとします。あなたはより良い情報を持って戦います。権威団休に逆らうことは常に挑戦です。そしてあなただけが、するかしないかの決断ができるのです。すべての人が自分の心を決める責任を持っています。 医療カルテルはそのような賭けを好んでいます。恐怖が打ち勝つだろうと賭けているのです。

---
Dr. Mark Randallは大手製薬企業の研究室と米国政府の国立衛生研究所で長年勤務していたワクチン研究者の偽名である。Markはこの10年の間に退職した。彼曰く「ワクチンについて自分が発見した事柄に嫌気がさしている」。ご存知のように、'nomorefakenews' の開始以来、私はワクチンの安全性と有効性についての非科学的で危険な主張に対して非難してきている。

Markは私の情報源の一人だった。彼は匿名でさえも発言をしたがらなかったが、ワクチンの強制的な実施に向けての現在の圧力と--その翼の中に潜んでいる隔離政策のようなぺナルティーに--彼は沈黙を破る決意をした。彼は快適な引退生活を送っているが、私の長い間の情報源の多くのように、彼はかつての自分の仕事についてますます気がとがめていった。

Markは医療カルテルの、人口削減、マインド・コントロール、そして人々の一般的な衰弱化という意図について熟知している。



元記事は

Jon Rappoport interview of ex vaccine researcher
http://www.whale.to/v/rapp.html

参照

「厳格な措置」ワクチン接種/狙いを絞って大量虐殺も by デーヴィッド・アイク
http://satehate.exblog.jp/8389107


予防接種で人工的に感染のAIDSという詐欺/数千億円産業 by デーヴィッド・アイク
http://satehate.exblog.jp/8398489/


ビル・ゲイツ:羊の皮を被った悪魔主義者か?  By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/8532436/


サルコジの秘密計画 : H1N1ワクチン強制接種  ROCKWAY EXPRESS
http://rockway.blog.shinobi.jp/Entry/134/


c0139575_3414948.jpg


米英の子宮頸癌ワクチン強制接種計画はアフリカのエイズウイルス入り天然痘ワクチンと同様の生物兵器? 国際情勢の分析と予測
http://blog.goo.ne.jp/princeofwales1941/e/f374be1be332cfa70b83af33b200c9d6


自閉症~水銀ワクチン強制~自然医療排除  sugi-hayama
http://ameblo.jp/sugi-hayama/entry-10077950499.html


カナダ人医師: H1N1ワクチンは、大量殺戮のための優生学的兵器 である by クルト・ニモー
http://satehate.exblog.jp/11914440/


トリインフルエンザの入ったワクチンを 世界中の18カ国に出荷した 新世界秩序
http://nanndemo204.blog64.fc2.com/blog-entry-1117.html




c0139575_403731.jpg


c0139575_2021946.jpg


c0139575_209127.jpg


c0139575_2011378.jpg


c0139575_2043257.jpg


c0139575_20434322.jpg


c0139575_0152965.jpg


c0139575_0161187.jpg


c0139575_206354.jpg


c0139575_537285.jpg

[PR]

by oninomae | 2009-07-27 20:09 | バイオハザード・ワクチン  

民主党が約束する国民総背番号制の導入


民主党が約束する99の政策で日本はどう変わるか?: 神保 哲生 (著)
http://www.asyura2.com/09/senkyo67/msg/945.html
投稿者 クマのプーさん 日時 2009 年 7 月 24 日 08:43:25: twUjz/PjYItws

(回答先: 神保哲生:「まかせる政治」から「引き受ける政治」へ──マニフェストだけでは見えて・・・  (News Spiral) 投稿者 紅の酢豚 日時 2009 年 7 月 24 日 08:23:46)


http://www.amazon.co.jp/gp/product/4478009600?ie=UTF8&tag=thecommons09-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4478009600

民主党が約束する99の政策で日本はどう変わるか? (単行本)  神保 哲生 (著)

c0139575_5532224.jpg



内容紹介

【緊急出版! 政権選択のための日本人の必携ツール!】

いよいよ民主党による「政権交代」が現実的になってきた次期総選挙。では、実際にそれが起きたとき、私たちの生活はどう変わるのでしょうか?
50年以上にわたって本格的な政権交代を経験していない日本。それゆえ私たちにとって、政権交代後の姿をイメージすることはとても難しいといえるでしょう。

本書は、いま一番知っておくべきなのに、誰もが意外と知らない民主党の理念と政策を徹底解説した唯一の本です。

●そもそも民主党は、どんな政策を用意しているのか?
●それらを本当に実現できるのか?
●果たして財源は大丈夫なのか?
●そして、民主党が目指す「国のカタチ」とはどのようなものか?

以上の誰もが抱く疑問について、民主党の政策資料、過去のマニフェスト、提出法案、主要議員の発言などを分析し、市民目線で政権の姿を展望していきます。

取り上げた政策は、全20ジャンル・99項目。きわめてわかりやすい解説により、あなたが政権交代を望むのか否かを判断する必携ツールになること間違いなし!
しかも、「実現度」「改革度」「具体度」の政策評価リストも付いています。

【民主党がやろうとしていること】
●子ども手当て月額2万6000円を支給
●年金を一元化し、最低保障年金を創設
●後期高齢者医療制度は廃止

●国民総背番号制の導入

c0139575_5592739.jpg

c0139575_6162931.jpg


●日雇い派遣・製造業派遣は禁止に
●三年以内に高速道路は無料化
●企業の政治献金は全面禁止
●国会議員の世襲禁止
●インターネット選挙は全面解禁
●官僚の天下りを根絶
●国連決議で集団的自衛権の行使を可能に
●日本を300の自治体に分けて地方分権を徹底

c0139575_6242545.jpg

c0139575_622572.jpg


●消費税は引き上げず、5%全額を年金財源に
●大企業の法人税率は維持、中小企業の税率は半減
....etc.

(引用注:ちゃんと、悪魔を忍び込ませてあるわけだ。FEMAも挙げとかないといけません。そして、民に細かいことを知らせる必要はないと言っている。「細か」くなんかないが?

c0139575_17274282.jpg


c0139575_6152590.jpg



さらに本書は、もし本当に政権交代が実現したときには、民主党が約束を守っているか否かを監視するための確認ツールにもなるはずです。

c0139575_6321310.jpg


いずれにせよ、これから日本の政治が激動の時代に突入することだけは間違いありません。
その動きを政策主導の方向へと向かわせるためにも、ぜひ一人でも多くの日本人に本書をお読みいただきたいと思います。

内容(「BOOK」データベースより)
どんな政策を用意しているのか?本当に実現できるのか?財源は大丈夫なのか?そして、民主党が目指す「国のカタチ」とはどのようなものか? いま一番知っておくべきなのに、誰もが意外と知らない民主党の理念と政策を徹底解説した決定版。

c0139575_6143138.jpg




参照

世界政府への道 by ゲイリー・アレン 4 日本人の総背番号化と思想管理
http://satehate.exblog.jp/11032489/


新世界秩序(NWO) :カバリストユダヤ人の暴政への前線  By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/11572851/


世界政府への道 by ゲイリー・アレン 3 連邦政府の管理する原子爆弾 + 生物兵器としてのワクチン
http://satehate.exblog.jp/11023932/


8・6広島を世界の恥さらしに 秋葉市長がオバマ祭り 長周新聞
http://www.h5.dion.ne.jp/~chosyu/86hirosimawosekainohazisarasini%20akibasityougaobamamaturi.html


世界保健機関のワクチン接種、そしてエイズの急激な発症 by ゲイリー・グラム
http://satehate.exblog.jp/11643705/


ゲイリー・アレンの警鐘、超国家政府の出現への3つの道程  菊川征司訳など
http://satehate.exblog.jp/11368733/


鳩山兄弟とビツグ・ブラザー 鳩山邦夫が草彅剛に對して激怒した本當の理由 投稿者 石工の都仙臺市 日時 2009 年 7 月 25 日 23:52:12
http://www.asyura2.com/09/bd56/msg/597.html


c0139575_620105.jpg


c0139575_6194547.jpg


c0139575_6145314.jpg


c0139575_637837.jpg


c0139575_7115890.jpg


かれらはいかに世界を支配しているか By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/8078264/


「衝突紛争、憎悪、 不和抗争 、飢餓、疾病の接種、欠乏困窮によって、すべての者たちを疲労困憊させること。非ユダヤ人達が、われわれの金と権力にすがる以外、ほかに逃げ出す道を見いだせなくなるまで。 」 ( プロトコル10 )

c0139575_6365088.jpg



++
というわけで、小生は全国区は国民新党、小選挙区は政党に関係なく国益派(いればよいのだが)に投票するのがよいと思う。 







追記2009.7.26

民主党の経済対策によるGDP押し上げ効果はわずか0.1%―野村證券金融経済研究所―(小野盛司) 2009年7月26日 (日)
http://shimotazawa.cocolog-wbs.com/akebi/

(※日本経済復活の会 小野盛司会長の記事、第183弾です)


野村證券金融経済研究所は、民主党政権が誕生した場合、その経済財政政策による実質GDP(国内総生産)成長率の押し上げ効果は平成22年度で0.1%、23年度で0.4%にとどまるとの試算をまとめた。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/politics/politicsit/280974/

要するに、民主党は景気対策はやらない、つまりここまで落ち込んだ経済の立て直しをやらないということだ。小泉・安倍・福田政権の緊縮財政で貧乏になった日本。これに対し、麻生政権では、全然規模が小さかったが申し訳程度でも景気対策をやった。それでもやらないよりずっとよい。その次の民主党政権では再び景気対策を止め、貧乏の定着化政策が始まるようだ。

いや、それ以下かもしれない。麻生政権でも09年度15.4兆円の景気対策はGDPを1.9%押し上げる効果があった。つまり、このすずめの涙ほどの景気対策でも、民主党の政策の19倍もの効果があったのだ。これを打ち切って、あるいは補正予算の執行を中止して、民主党政策に移るとなると、景気を悪くする効果がかなりあるかもしれない。15.4兆円の景気対策を打ち切った次の年には、マイナス15.4兆円の景気押し下げ効果がはたらくことを覚悟しなければならない。もしそうなるとしたら、政権交代で景気回復を期待していた国民が、騙されたと気付き、来年7月の参議院選挙は衆議院とのダブル選挙になって、再度政権交代が起きる可能性があることを民主党は覚悟せよ。

失業率はどんどん上がり続けており、不況の本格化はこれからだこんなときに景気対策をしない政権は国民から見放される。どうすればよいのか。結論は簡単だ。大規模経済対策をすればよいだけだ。お金を刷って50兆円の景気対策を行えば、どれだけ豊かになるか を日経モデルで計算した結果で示す。50兆円の中身は減税と公共投資だ。

c0139575_16501951.jpg


図で、青い線が50兆円の景気対策を行った場合、茶色が現政権の政策の継続で、民主党の政策でもほとんどこれと変わらない。50兆円の景気対策で景気はV字回復は間違いない。これでもまだ、2007年度のGDPには届かないのだが、50兆円の景気対策を次年度以降も継続すれば、GDPは急拡大を続ける、GDPの拡大に伴い国の債務のGDP比は下がってくる。つまり赤字国債を大量発行しても、それを返さなくてもよいことになる。GDP拡大そのものが、国の借金を返すことに等しいのだ。

民主党政策では、2007年度のGDPにまで回復するのに30年はかかる。それまで国民はじっと痛みに耐えて我慢しなければならないし、大量の自殺者を出すことを覚悟しなければならない。 小泉時代の悪夢の再来だ。完全に世界経済の発展から取り残され、GDPは世界2位からどんどん落ちていき、一人当たりのGDPでもアジアの貧乏だった国に次々抜かれていく。こんな政策を民主党はとるべきでない。

消費税増税を言っている自民党政権には期待できないとすれば、唯一頼れるのは国民新党だ。是非、キャスティングボートを握って財政政策の大転換をして欲しい。平沼さんも積極財政派だし、渡辺喜美氏も政府貨幣発行を唱えている(この辺はアメリカに渡すためだ辺?とすれば話にならないが)。こういった新しい勢力に日本経済復活の最後の望みを託そう。自民・民主が心を入れ替えてくれれば、もちろん大歓迎だ


++

「民主」党上層部は、日本を世界の悪魔主義エリートに差し出す政策をわざと続ける可能性が高いので、もう今からでも、釘を刺し、警鐘を鳴らし続けねばなりません。


c0139575_17214577.jpg

[PR]

by oninomae | 2009-07-26 06:16 | 政治詐欺・政治紛争  

ジョン・ラポポートによる元ワクチン研究者インタヴュー 1


ジョン・ラポポートによる元ワクチン研究者インタヴュー (その1)

国を滅ぼし、世界的なパワーによる支配の準備を整えるために使用されているワクチン
http://www.asyura2.com/07/gm14/msg/284.html
投稿者 TAG 日時 2008 年 9 月 23 日 20:47:20: 2Q6EH0Jaaz4x.

の転載ですが、和訳文を読んでいてかなり疑問に思ったところは、原文に当たって訳し直しています。 例:「神経学的な問題は」とすべきところが「栄養摂取の問題は」となっていたりしたところ等です。


国を滅ぼし、世界的なパワーによる支配の準備を整えるために使用されているワクチン ~ある米国ワクチン研究者による告発~  インタビュア ジョン・ラポポート

Q: あなたはかつて、ワクチンを優れた薬として保証していたというのは本当ですか?

A: はい、かつては。私は2、3種類のワクチンの開発を手伝っていました。どの種類かは言いませんが。

Q: なぜ言わないのですか?

A: プライバシーを保護したいのです。

Q: では、もし公に発言されたら問題が起こると思っていますか?

A: おそらく私は年金を失うでしょう。

Q: どのような理由で?

A: 理由など関係ないのです。あなたが一度そこに関わりを持ったら、彼らはあなたを困らせる手立てがいくらでもあるのです。監視され、嫌がらせを受けた人間の何人かを私は知っています。

Q: 誰に嫌がらせを受けるのですか?

A: FBIです。

Q: 本当ですか?

A: 本当です。FBIは別の口実を使いました。そしてIRSも参入し得ます。

Q: 発言の自由があります。

A: 私は内部組織の一員でした。私が今、名前を挙げ、研究員たちを特定の目的で告訴したら、私はとても面倒なことに巻き込まれるに違いありません。

Q: 嫌がらせに骨を折ることの根底には何かあるのですか?

A: ワクチンは現代薬の最後の砦なのです。ワクチンは現代薬を総体的に‘素晴らしい'ものと究極的に正当化するものです。

Q: 人々がワクチンを受けるべきかどうかの選択が許されるべきだと思っていますか?

A: 政治的レベルでは、Yesです。科学レベルでは、人々は情報が必要であり、そうすればきちんとした選択ができるということです。一言、選択とは良いことであると言えます。しかし、もし周囲が嘘でいっぱいであれば、どのように選択ができるのでしょう? また、もしFDAが高潔な人たちによって運営されていたならば、これらのワクチンに対しては認可が下りることはなかったでしょう。 それらは消滅する一歩手前まで調査されるでしょう。

Q: 病気の総体的減少はワクチンによるものではない、と声明した医学の歴史家たちがいます。 

A: 知っています。長い問、私は彼らによる研究を無視してきました。

Q: なぜですか?

A: それは私が何かを発見してしまうことが怖かったのです。私はワクチンの開発に携わっていたのですから。私の生計はその仕事を維持することにかかっていたのです

Q: その後は?

A: 私は独自の調査を行いました。

Q: どんな結論に行き着きましたか?

A: 病気の減少は生活状況が向上したことによるものでした。

Q: どのような状況ですか?

A: 水がきれいになったこと、下水処理の発達、栄養摂取、食物の衛生、貧困の減少などです。菌はあちらこちらにあるでしょうが、健康であればその疾病に容易に罹ることはありません。

Q: 独自の調査を終えたときに何を感じましたか?

A: 絶望です。私は嘘の集積をベースにしたところで働いていたことに気が付いたのです。

Q: 他のワクチンより、より危険だというワクチンはありますか?

A: はい、例えばDPT。 MMR(3種混合生ワクチン)。しかし、混合ワクチンのいくつかには、同じワクチンであってもその他の混合ワクチンより危険なものがあります。私が知る限りにおいて、すべてのワクチンは危険です

Q: なぜですか?

A: いくつかの理由があります。それらはある過程で人間の免疫系に影響を与えます。つまり、免疫に障害を生じさせる傾向があります。ワクチンは、予防すべき病気を実は引き起こすことができるのです。予防すべき病気以外の病気も引き起こし得ます。

Q: なぜ私たちは、ワクチンが病気を一掃することに大きな成果あげたと証明するような統計を見せられているのでしょうか?

A: なぜかって? それらワクチンは役立つものだという幻想を与えたいからです。もしワクチンが、麻疹などの目に見える病気の症状を抑制したならば、すべての人がワクチンが功を奏したと見るでしょう。しかし表面下では、そのワクチンは免疫系自体を傷付けることができるのです。そして、もしそれが他の病気を引き起こしたなら--骨髄炎としましょう--その事実は隠されるのです。なぜなら、誰もワクチンがそのようなことを為し得るとは思わないからです。その繋がりは見落とされています。

Q: 英国では天然痘の予防接種が天然痘を一掃させたと言われていますが。

A: そうですね。しかしあなたが入手できる統計を調査してみれば、違う一面が見えてくるでしょう。

Q: 違う一面とは?

A: 英国で予防接種を受けずに、天然痘にかからなかった市がいくつかあり、予防接種を受けたが天然痘に感染した地域がありました。そして、天然痘は予防接種が導入される以前にすでに減少していました。

Q: では、私たちは誤った歴史を聞かされていると言っているのですか?

A: はい、まさにその通りです。ワクチンは常に安全で効果的だと人々に信じ込ませるように捏造されてきた歴史です。

Q: さて、あなたは研究室で働いていたのですよね。衛生上の問題とはどこにあるのですか。

A: はい、一般の人々はそれらの研究室、それらの製造施設は世界で一番清潔な場所であると信じていますが、それは真実ではありません。雑菌の混入は年中起きています。ワクチンにはあらゆる種類の屑が入っています。

Q: 例えば猿のウイルスSV40がポリオのワクチンにうっかり混入するとか。

A: ええ、そうですね。それは実際起きたことです。でも私が言わんとしているのは違います。 SV40がポリオのワクチンに混入したのは、そのワクチンが猿の腎臓を使って作られたからです。しかし、私はそれとは別のこと、実際の研究所の状況、過ち、不注意による過失について言っているのです。SV40は後に癌腫瘍の中に発見されました--それは、私は構造的問題と呼ぶだろうものでした。それは製造過程で入り込んだのです。もし猿の腎臓を使用するなら、それら腎臓の中にいるあなたの知らない細菌(病原体)を招き入れる扉を開いているようなものです。

Q: では、どのような種類の汚染があったかの区別をつけることは今は無視しましょう。あなたがワクチンに携わった仕事を何年もしていた中で、どんなものを見つけましたか?

A: それでは、私が出くわしたものをいくつかお教えしましょう。そして私の同僚が発見したものも教えます。ここに一部のリストがあります。Remavexの麻疹ワクチンの中に、鶏のさまざまなウイルスを見つけました。ポリオのワクチンの中には、‘brain-eating(脳喰い)'と呼ばれるアカンスアメーバを発見しました。ポリオワクチンの中にサル巨細胞ウイルス。ロタウイルスのワクチンの中にサル・フォーミーウイルス。3種混合ワクチンの中に鳥の癌ウイルス。炭疸菌ワクチンにさまざまな微生物。数種類のワクチンの中に危険性のある酵素抑制剤と思われるものを発見しました。風疹のワクチンの中にあひる、犬、ウサギのウイルス。インフルエンザワクチンの中に鶏白血病ウイルス。3種混介ワクチンの中にペストウイルス。

Q: 整理させて欲しいのですが、それらはすべてワクチンの成分ではない汚染物なのですか?

A: その通りです。そしてこれらの汚染物が引き起こしかねないダメージを考えたら、ええ、でもそれについての試験はまったくされていないか、ほんとにわずかな試験だけですから、あなたにはよくお分かりにならないですよね。それは、ルーレットゲームです。あなたの運試しです。

また、ほとんどの人は知りませんが、ポリオワクチン、アデノウイルスワクチン、風疹ワクチン、A型肝炎ワクチン、麻疹ワクチンは流産したヒトの胎児の組織を使って作られていました。その時々によって、これらのワクチンの中に、--その胎児の組織からのものであろう--細菌の断片やポリオウイルスだと私が信じたものを発見しました。

ワクチンの中の混入汚染物を探してみると、当惑するような物質に出くわすことになります。それがそこにあるべきではないとは分かっていても、はっきりとそれが何なのか分からないのです。私は人間の毛髪の微小な‘かけら'と人間の粘液を発見したことがありました。'得体の知れないたんぱく質'としか言いようのないものを発見しました。それは、ほぼどんなものでもあり得るという意昧であり、ウイルスからのたんぱく質とも言えるのです。

Q: 警報機はすべての揚所で鳴っています。

A: 私がどう感じているか分かりますか? この物質は通常の免疫防御を通らずに大動脈に入るということを忘れないでください。

Q: あなたの発見はどのように受け取られたのですか?

A: 基本的に、それは、気にするな、これは避けられないことだ、でした。ワクチンを作るにはさまざまな動物の組織を使用します、そしてそこでこの手の汚染物が混入したのです。もちろん、ホルムアルデヒド、水銀、アルミニウムなどの、故意にワクチンに入れる一般的な化学薬品について話しているのではありません。

Q: それは非常に驚異的な情報です。

A: そうです。そして私はただ生物的汚染物のいくつかについて言及しているだけです。その他にどのくらいのものがあるのか誰に分かるでしょうか。発見していないのは、その他のものを私たちが探そうと思わないからです。もし組織が--鳥からの組織としましょうか--それがワクチンを作るために使用されたならば、どの位の細菌がその組織に入っている可能性があるでしょう。全然分かりません。それが何であるか見当もつきません。またそれらが人間に及ぼす可能性がある影響にについても、です。

Q: そして衛生(清潔)上の問題を超えている?

A: あなた方はワクチンについて基本的に誤った前提を持っています。それは病気から免疫の状態をつくるために、免疫系に複雑な刺激を与えると言うものです。それは誤った前提です。そのようには作用しません。あるワクチンは、間接的に病気に対する防護を提供する抗体を'作る'と想定されています。しかし、免疫系は抗体やそれに関連する'キラー細胞'より大きくて入り組んだものです。

Q: 免疫系が?

A: 全身のことです、実際には。それプラス精神です。それが全免疫系だと、言うことができるでしょう。それが、伝染病が発生したただ中で、健康なままの個人が存在し得る理由です。

Q: ワクチンの統計はどのように誤って提示されたのですか?

A: たくさんの方法があります。例えば25人がB型肝炎のワクチンを受け、肝炎に罹ったとします。B型肝炎は肝臓の病気です。しかし肝臓病はたくさんの呼び方ができます。診断を変えることができるのです。そうして問題の根源が隠されます

Q: そしてそのようなことは起きるのですか?

A: 常に。もし医者が、ワクチンを受けた人は予防されるはずの病気に罹らないと反射的に決め込んでいるならば、それは起こらざるを得ないそして、それこそまさに医者たちが想定していることです。それが循環論法だと、わかるでしょう。それは一つの閉鎖系です。それは過ちを認めない。もし肝炎に対するワクチンを受けた人が肝炎になったら、または何か別の病気になったら、ワクチンはその病気と何の関係もないという反射的な決め込みをするのです。

Q: ワクチン開発の仕事をされていた何年もの間、ワクチンの問題について認めた医者と出会いましたか?

A: 一人も出会いませんでした。個人的に自分たちが行っている行為に対して疑問をもっていた人は2~3人いましたが、彼らは決して公にしませんし、社内で言うことさえありません。

Q: あなたにとってのターニング・ポイントは何だったのですか?

A: 私の友人の赤ちゃんがDPT注射の後に亡くなったことです。

Q: あなたは調査をしましたか?

A: はい、非公式に。この赤ちゃんはその予防接種をする前までは完全に健康体だったことを知りました。そのワクチン以外に赤ちゃんの死についての理由がなかったのです。それから私は疑い始めました。もちろん、彼は運悪く、悪い注射を受けたのだと信じたかったのですが、更に調べてみるとそうではありませんでした。私は疑いのらせんに引きずり込まれ、そしてどんどんそれは増していきました。私は調査を続けました。私の予期したことに反して発見したこととは、ワクチンは科学的方法で試験されてない、というものでした。

Q: どういう意味ですか?

A: 例えば、どのワクチンについても長期的な研究がなされていないのです。どのような方法でも長期的な追跡が念人りにされていません。なぜかって? それはまた同じようにワクチンが問題を起こすわけがないという思い込みです。ですから、なぜ誰かがチェックをする必要があるのでしょう? その頂点には、すべての不適当なワクチン反応は、注射をされた直後に起こると言われている、というワクチン反応の定義があります。しかし、それでは筋が通りません。

Q: なぜ、筋が通らないのですか?

A: ワクチンは明らかに注射を受けてからの長い間、体内での作用があるからです。反応はゆっくりとしたものでありえます。損傷もゆっくりでありえます。神経学的な問題は長い間かけて発現し得ます。昔ながらの分析でみてさえも、それらは様々な状況で起こる。では、なぜワクチンのケースだけ例外なのでしょうか? もし、化学薬品の害がゆっくりと生じるならば、なぜ水銀を含むワクチンが例外なのでしょうか?

Q: それがあなたが発見したことですか?

A: はい。大体の場合、相関関係を取り扱うことになります。相関関係は完璧ではありません。  しかし、あるワクチンを受けてのち1年の間に神経学的損傷に苦しめられている子供たちを持つ500人の親がいたなら、それは真剣な調査を直ちに開始するに足るべきことでしょう。

c0139575_23134721.jpg


Q: それは充分されているのですか?

A: いいえ。決して。そのこと自体が直ちにあなたに何かを告げています。

Q: それは?

A: 調査をしている人たちは事実を見ることにあまり興味がありません。彼らはワクチンは安全だと仮定しているのです。ですから彼らが報告するときには、常にワクチンの免責となります。'このワクチンは安全です'と言うのです。しかし、それらの判断は何かベースになっているのでしょうか? 彼らはワクチンを非難することを自動的に排除する定義や考えに基づいています。

Q: ワクチンのキャンペーンが失敗に終わったケースは数多くあります。予防接種を受けたことから病気に罹っています。

A: はい、そのような例がたくさんあります。そしてそこでは、その証拠は単に無視されます。それは軽視されるのです。専門家がもし何か言うとするなら、ただそれは稀な状況であって、全体としてワクチンの安全性は示されている、と言うでしょう。しかし、損傷や病気の発症したすべてのワクチンキャンペーンを挙げてみれば、それが稀な状況ではないことがあなたもお分かりになると思います。

Q: あなたがまだワクチン開発の仕事に携わっていらっしゃったときに、今ここで話されたことについて同僚の人と話し合いましたか?

A: はい、話し合いました。

Q: どうなりましたか?

A: 黙っているようにと何度も言われました。私は職務に戻って、自分の疑念は忘れるべきだということが明確になりました。何度か私は怖い目に遭いました。同僚は私を避けようとしました。彼らは'連座制の罪(共謀罪)'のレッテルを貼られるかもしれないと感じていたのです。けれども、大体のところ私は神妙に振舞っていました。私は自分で問題を作ったわけではないことを確信していました。

Q: もしワクチンが実際に害を及ぼすとしたならば、なぜそれらが与えられるのでしょうか?

A: まず初めに、'もし'というのはありません。ワクチンは害を及ぼすのです。それは、害があらわれていないように見える人々にも、ワクチンは害を及ぼしているのかどうかという質問に答えるには更に難しくなります。なされるべき類の研究調査を取り扱うことになるのですが、それは行われてはいないのです。研究者はワクチンが体内に入った瞬間からワクチンが行うことが何かはっきりと見せてくれる地図やフローチャートの類を見いだすため精査を行っているべきです。この研究は今だなされていません。

なぜワクチンを投与するのかという理由については2日間、ここに座ってあらゆる理由を論ずることができます。あなたが何度も言われたように、そのシステムの異なる層において人々はそれぞれの動機があります。お金、失業への恐れ、点数稼ぎの争いに勝ちたいという欲求、名声、賞、昇進、心得違いの理想主義、軽率な習慣、等々。

しかし医療カルテルの最高レベルにおいて、ワクチンは最優先なのです。なぜなら、免疫系を弱らせることができるからです。 受け入れるのが難しいと思いますが、それは事実です。

医療カルテルは、その最高レベルでは、人々を助けようと努めておらず、それは人々を害し、弱めようと躍起になっているのです。人々を殺すためです。 


c0139575_22145772.jpg



続く (見直しに時間がかかるので、2回に分けています)


元記事原文は

Jon Rappoport interview of ex vaccine researcher
http://www.whale.to/v/rapp.html



参照


予防接種が増やす自閉症 by ロレッタ・シュワルツ=ノーベル 1
http://satehate.exblog.jp/9982495/


予防接種が増やす自閉症 by ロレッタ・シュワルツ=ノーベル 2
http://satehate.exblog.jp/9990636/


[グローバルニ〇〇〇]--世界人ロを二〇億まで減らせ! by ジム・キース
http://satehate.exblog.jp/11849165/


人類を、自然との恒久的バランスを維持するために、五億人以下とせよ by ジョージアガイドストーン
http://satehate.exblog.jp/9263629


ケムトレイル:無駄飯食いの選別除去 忍び寄る強毒性ウイルス入りワクチン
http://satehate.exblog.jp/11621466/


「現代医学教会」 の四つの聖水……その一・予防接種 by ユースタス・マリンズ
http://satehate.exblog.jp/10242298/


強制予防接種が天然痘・ポリオ・インフル工ンザの流行を招く by ユースタス・マリンズ
http://satehate.exblog.jp/10247752/


ほか



リンク追加

人類の生化学的な操作ほか by David Rothscum
http://satehate.exblog.jp/13848408/

「医療カルテルは、その最高レベルでは、人々を助けようと努めておらず、それは人々を害し、弱めようと躍起になっているのです。人々を殺すためです」 の意味がよくわかりますよ。
[PR]

by oninomae | 2009-07-25 22:34 | バイオハザード・ワクチン  

ユニセフ


日記風気まぐれエッセイ  田川 一郎  職業 : 農業ときどきTVプロデューサー 出身地 : 山口県熊毛郡田布施町
http://www.inv.co.jp/~tagawa/essay/bne24.html
http://www.inv.co.jp/~tagawa/

第143話:国連ユニセフと日本ユニセフ協会(7月11日) (引用注:何年の記事かよくわかりませんが、2000年前後か?)
http://www.inv.co.jp/~tagawa/essay/bne24.html#vol_143

ユニセフは国連の一つの機関で『国連児童基金』といい、世界の子供達が健全に(「」は引用者)育ち、教育が受けられるように彼等をサポートしています。

c0139575_228690.jpg

 
本部はニューヨークにあり、日本にはその支所にあたる駐日事務所があります。日本政府との交渉や物資の調達、広報などの仕事をしています。女優の黒柳徹子さんは、親善大使として、ニューヨークの本部と契約を交わし、駐日事務所がマネジメントをしています。

『日本ユニセフ協会』という財団法人があります。 募金活動が主な仕事です。 カードの販売もしていますから、利用された方もあるでしょう。 募金協力のダイレクトメールを受け取られた方もあるでしょう。
 
7/9の東京新聞です。 【ユニセフが流用】 「地球の歩き方」読者37万人の個人情報

寄付集めのダイレクトメール用の住所氏名を「地球の歩き方」の出版社から提供してもらったという記事です。本に挟み込んであるアンケート用紙を書いた人の住所氏名が渡されたようです。この本の読者は意識が高く、寄付の確率が極めて高い、と聞きました。この新聞記事はファックスで黒柳徹子さんからボクの職場に届きました。 メモがありました。 「“私とは違う”と言いたい所です」

黒柳徹子さんは自分の口座を第一勧業銀行六本木支店に開いて独自に募金活動をしています。 日本ユニセフ協会の募金活動と混同される事が度々あります。 “黒柳徹子さんに寄付したのに、また募金協力の手紙が来ました。何故ですか?” このような混乱です。
 
黒柳徹子さんはダイレクトメールは出していませんから、『日本ユニセフ協会』から来たものです。 最近(引用注:1998年4月)、『日本ユニセフ協会』はアグネス・チャンを『日本ユニセフ協会大使』に任命しました。 

c0139575_22585586.jpg


二人とも肩書に“ユニセフ”と“大使”が付き、両名とも募金活動をするわけですから、どう違うのだ、という混乱があります。日本ユニセフ協会では“黒柳徹子さんは、地球規模で、アグネス・チャンは国内中心に活動してもらう”と説明しています。

黒柳徹子さんがユニセフ親善大使になってから16年目になりますが、これまでにも募金を『日本ユニセフ協会』を通してユニセフ本部に納めて欲しい、という話はあったようです。 黒柳徹子さんの意向は“頂いた募金は一円も無駄にしないで現地に届けたい”というものでした。

c0139575_2259304.jpg


『日本ユニセフ協会』が集める募金は経費(事務所経費、人件費、広告費、ダイレクトメール発送費など)として25%(ボクの推定)くらいを使いますから、募金金額が全部そっくり現地に届きません。経費が掛かるのは当然ですし、それを非難しているわけではありませんが、“いいことをしているんだから、いいじゃないか”という思い上がりは、個人情報をもらう方も提供する方も謹んでもらいたいものです。 (後略)
 


日本ユニセフ協会の謎  野良里蔵狸  2005/09/05 (今回の騒動で、当時読んだことがあるページを思い出してしまいました)
http://tanukur.blog8.fc2.com/blog-entry-281.html

先日、選挙に行こうのリンクを辿っているうちに、日本ユニセフ協会の悪評があった。要点は以下の通り。

・ユニセフから直接委任を受けてできた団体ではない.
・25億円を使って品川に豪華ビルを建設.
・国連ユニセフ親善大使の黒柳徹子氏が困惑している.


c0139575_21404310.jpg


++
引用注:徹子さんには悪いが、 「一円も無駄にしないで現地に届ける」って、「一円も無駄にしないで」ニューヨークにあげて、「現地に届ける」のはワクチンでしょうか?  

c0139575_20572991.jpg


c0139575_21575268.jpg


c0139575_22185999.jpg


c0139575_2221534.jpg


c0139575_2158267.jpg



参考

◆支那の蛮行黙認 偽善者アグネス・チャン 2009/ 7/ 3 3:29
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=552020080&tid=beaec0tbbaa4hc0adhhbaaka1c0dfna9a4ka4da4a4a4f&sid=552020080&mid=239

◆児童ポルノ禁止法 誰でも逮捕可能に 2009/ 7/12 17:42
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=552020080&tid=beaec0tbbaa4hc0adhhbaaka1c0dfna9a4ka4da4a4a4f&sid=552020080&mid=241

◆洗脳受け反日日本人と化す統一教会信者 2009/ 7/ 9 22:22
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=552020080&tid=beaec0tbbaa4hc0adhhbaaka1c0dfna9a4ka4da4a4a4f&sid=552020080&mid=240

◆小泉氏と性犯罪法設立について 2005/ 1/14 20:27
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=552020080&tid=beaec0tbbaa4hc0adhhbaaka1c0dfna9a4ka4da4a4a4f&sid=552020080&mid=1&first=1

◆池田大作やエロ拓小泉にもGPSを装着せよ 2008/ 4/11 7:57
http://messages.yahoo.co.jp/bbs?.mm=GN&action=m&board=552020080&tid=beaec0tbbaa4hc0adhhbaaka1c0dfna9a4ka4da4a4a4f&sid=552020080&mid=165


で、皆さんもうよくご存じのおまけ


c0139575_21111158.jpg


日本ユニセフは、ユニセフと無関係のインチキ団体! 2009/7/8(水) 午後 4:12
http://blogs.yahoo.co.jp/b_a_n_z_o_u/61876259.html
 
東海アマ   転載記事   *議論するつもりは、ありません。


ダイレクトメールによる振り込め詐欺団体か? アグネス・チャンを広告塔に、児童ポルノ規制苛酷化を推進する日本ユニセフを調査したところ、国連ユニセフとは、まったく無関係の任意団体であることが分かった。
 
しかも、この団体は日本でユニセフに関係した代表的な活動を行っている黒柳徹子氏から詐欺的団体として激しく糾弾されている。
 
この団体はユニセフ本部とは何の関係もない任意団体に過ぎないのに、直接の下請け機関であるかのように装っている。日本国内で名簿業者から購入した住所に30万通を超えるダイレクトメールを送りつけ、ユニセフのように装って献金を要請し、彼らの公開情報によれば25%の手数料をとってユニセフ本部に送致しているという。
 
しかし、集めたユニセフ寄付金によって、品川区高輪のフリーメーソン本部近くの超一等地に30億円の豪華ビルを建設し、職員一人あたり5500万円の経費を使っている事実が暴露され、これに対し、黒柳徹子氏は、この団体を信用せずに、黒柳口座に送金するよう要請している。

c0139575_2140472.jpg

 
下のHPリンクをたどると、全国から集めた献金の9割を懐にいれて1割しか送付していないとの記述も存在している、実に胡散臭い団体であり、その役員には統一教会と関係のある警察庁幹部も含まれている。
 
現在、自民党による児童ポルノ規制の中心勢力は、アグネス・チャンを利用した、この日本ユニセフ協会である。

野良里蔵狸サイトによる疑惑の指摘 
http://tanukur.blog8.fc2.com/blog-entry-281.html

ユニセフとまったく無関係を証明する組織図 
http://www.unicef.or.jp/about_unicef/about_org.html
関係あるように装っているが、実際には無関係、またリンク先もデッドが多いなど、甚だ不自然、疑惑に満ちている!

これが日本ユニセフの役員構成図 
http://www.unicef.or.jp/about_unicef/about_off.html
ズラズラと著名人を並べているが、大部分はお飾りで、実質的運営者を検索すると統一教会の文字が躍る。

本家ユニセフも含めて、国連付属機関の多くが、利権目当ての「援助貴族」によって食い荒らされている現実。
http://blog.goo.ne.jp/hienkouhou/e/846ae5244903efb3c5cab852ee3ef3a9

c0139575_2192638.jpg



【黒柳徹子さん「国連児童基金」とアグネス・チャン「日本ユニセフ協会」の似て非なるもの。 (引用注:非で似たるものとも言える)
続編 http://blog.livedoor.jp/hanatora53bann/archives/51183652.html

わたしがとっとちゃんのユニセフじゃないほうを胡散くさいと思うようになったのは母が亡くなったとき。定年退職するまでバッチリ働いた母は、年金をたっぷりもらえた口で(動乱の戦中・戦後を生き抜いたご褒美!)、晩年はどこからの伝か知らないけれど、郵便貯金からの自動引き落としにより、毎月何箇所かに寄付をしていた。アグネス・チャンの「日本ユニセフ協会」にも月々3000円も!そして「日本ユニセフ協会」からのDMも残っていた。

わたしはユニセフ親善大使は黒柳徹子のとっとちゃんだと思っていたから、まずアグネス・チャンが代表となっているのを見て? 次に国連のユニセフがこんなDMを送付するだろうかと思って? ニホン全国で、母のような年金暮らしの年寄りの口座から、自動引き落としで月々の寄付をせしめれば、こりゃ~、ボロ儲けだわ!

カマヤンさんの記事によると、アグネス・チャンの「日本ユニセフ協会」は統一協会ともつながっているらしい。こんな胡散臭い団体にうっかり寄付なんかしないように、気をつけなきゃね。とらちゃんによると、こちら↓の口座は、とっとちゃんダイレクトだそうです:
世界の子供へ、募金をお願いします。毎年の訪問国をはじめ、世界の子供達のためにユニセフを通し、その時に一番必要なものを届けます。
   みずほ銀行六本木支店           
   普通1546555            
   ユニセフ親善大使              
   黒柳徹子
みずほ銀行からは振込料が無料です。(窓口では、どこの支店でも無料ですが、CDでは支店により有料の所もあるそうです。ゆくゆくは有料に統一するそうです。窓口からなら確実に無料です。  2008年3月11日現在)】

【あと、上記記事から、「統一協会」→「バーチャル社会のもたらす弊害から子どもを守る研究会」→竹花豊・警察生活安全局→「日本ユニセフ協会」「エクパット東京(矯風会)」という流れが見えますね。
日本の警察は統一協会の下部組織なんですね】


c0139575_22552278.jpg


c0139575_22554576.jpg


c0139575_2371265.jpg


++
再び徹子さんには悪いが: 「世界の子供達のためにユニセフを通し、その時に一番必要なものを届けます」って、ワクチンのことでしょうか?  

c0139575_22361098.jpg


c0139575_22455848.jpg


WHO/UNICEF Joint Reporting Process
http://www.who.int/immunization_monitoring/routine/joint_reporting/en/index.html

c0139575_23385977.jpg


c0139575_2121423.jpg


c0139575_22105349.jpg

2012年2月21日満期債券(ワクチン債)って何でしょうか? 

c0139575_222835.jpg




c0139575_23232153.jpg



参照

動かぬ証拠!ロックフェラーの関係者がNWO計画を1969年に明らかにしていた by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/10755380/


彼は、ロックフェラー一族が行うことには何でもいつも二つの理由があると言った:だまされやすい一般大衆にそれを口当たり易くさせる口実と、本当の理由である。



トゥモロー・ワールド(邦題)』(Children of Men:人類の子供たち(原題))は、2006年のイギリス・アメリカ映画。

第63回ヴェネチア国際映画祭のコンペティション部門に正式出品され、オゼッラ賞(技術貢献賞)を受賞。ロサンゼルス映画批評家賞では撮影賞を受賞。第79回アカデミー賞では脚色賞、撮影賞、編集賞でノミネートされたが、いずれも受賞を逃す。第33サターンSF映画賞を受賞。

西暦2027年11月。人類は希望を失い、世界は恐慌状態におちいっていた。なぜか出産の能力が失われ、18年間にわたって全く子供が生まれないのだ。

c0139575_23581270.jpg


c0139575_021412.jpg

[PR]

by oninomae | 2009-07-24 21:11 | バイオハザード・ワクチン  

新世界秩序は「ユダヤ人の」ものか? by Henry Makow Ph.D.


新世界秩序は「ユダヤ人の」ものか? by Henry Makow Ph.D. February 12, 2005

c0139575_21431989.jpg



まず、「新世界秩序」を定義することから始めよう。

新世界秩序の主たる推進力は、世界の中央銀行家たちの側の欲望である。それは、彼らの巨大な経済的権力を、政治的、社会的支配の恒久的な地球規模の制度に変換しようとするものである。

c0139575_092555.jpg


彼らの権力は信用に対する彼らの独占に基づいている。

彼らは、政府のマネーを印刷するための信用を利用している。そして、納税者にそれらに対する利子として何十億ドル以上の支払いをするように要求する。

連邦準備制度のような中央銀行は、政府機関であるふりをする。 が、そうではない。 それらは、おそらく三〇〇ほどの家族によって私的に所有されている。

これらの家族の大半はユダヤ系であることは意義深い。いかに意義深いかは私はまだ確信がない。 もし彼らがルター派あるいはズールー族であったとしても、確かに我々の反対は同じことであろう。 私は正統ユダヤ教を順守する信者ではないユダヤ人だが、この状況は、人類にもユダヤ人にも同様に致命的であると信じる。 我々はすでに第二次世界大戦での悲劇的な結果を見てきている。

アメリカの発明家トーマス・エジソン[Thomas Edison]は、新世界秩序がそれを永続させるべく設計されているこの巨大な詐欺について次のように述べている

「我々の国が債券を発行することはできるが、通貨は発行できないというのは馬鹿げている。どちらも支払いをする約束であるが、一方は高利貸しを太らせ、他方は人々を助ける。」

中央銀行はまた、企業や個人に対しての信用供給を管理する。アトランタ連邦準備銀行の信用マネージャーであるロバート・ヘンフィル[Robert Hemphill, wiki]は、この受け入れがたい状況を説明している。

「これは驚くべき考えである。我々は完全に商業銀行に依存している。流通しているものであれ、現金であれ、あるいは信用であれいかなるドルも誰かが借りねばならない。もし銀行が十分なお金を作り出せば、我々は繁栄する;もしそうしなければ、我々は飢える我々は完全に永続的なマネー・システムなしでいる。もし人がその全体像を把握できたなら、我々の絶望的位置の悲劇的な不条理は、ほとんど信じられないほどのものである。しかし、現実はそうなっている・・・それは、もしそのことが広く理解され、その欠陥がすみやかに修復されないならば、我々の現在の文明は崩壊しえるほど重要なことである

一九一三年に連邦準備制度が創設されたとき、あるロンドンの銀行家は、それが詐欺であると認めた

「そのシステムを理解する少数の人間は、その利益に関心があるか、あるいはその恩恵に依存しているため、その階級からは反対はないだろう・・・大半の人々は、精神的に理解する能力がないので、その重荷を文句もいわずに背負い、そしてたぶん、そのシステムが彼らの利益に有害である(反している)とは疑いさえせずにそうするだろう。

c0139575_082610.jpg



帰結

明らかに、マネーを印刷することは、米国憲法に述べられているように公的領域内にあるべきだ

この異常な状況は、人類の災難の源である。

それは概して経済を支配する人々を、社会に対して戦わせる。 彼らの利益のためにこそ、社会を不安定化し、不道徳、内部分裂(同性婚のような)、そして、債務の増加を実現し大衆を動転させ支配するための戦争を助長する。  

その銀行家たちは、家族や社会的一体性を損なう(ホモ)性革命、フェミニズム、そしてと多文化主義のような社会工学プログラムに責任がある。 この基本的な敵意は、実際にはエリートたちが運営している巨大な犯罪地下組織をもまたサポートしている。

銀行家たちはリンカーンジョン・F・ケネディのような大統領の暗殺、そして世界貿易センタービルへの攻撃に責任がある。

彼らは、マスメディアを所有あるいは支配している。それはG・W・ブッシュ大統領、イラク戦争、そしてイランへの差し迫った攻撃を正当化する。

戦争は、徴兵制と抑圧的警察国家を導入するための口実を提供する。

c0139575_23442440.jpg


今日における成功は、銀行家の詐欺に対して、故意にあるいは無意識に、共犯者になろうとする人の意欲に基づいている。 富裕な起業家でさえも、信用に依存しており、そして真の改革をサポートすることに気が進まない。

その銀行家たちの悪巧みの結果として、西洋社会と文化は詐欺に基づいている。 我々は、真の民主主義、マスメディアへの平等なアクセス、あるいはオープンで誠実な教育を有していない。 西洋社会は、彼らが詐欺師であると知っている臆病者によって運営されている一つの詐欺である。


c0139575_065575.jpg



「ユダヤ人」は責任があるか?

新世界秩序は多頭の怪物である。 銀行家たちは、共産主義、社会主義、自由主義、フェミニズム、シオニズム、新保守主義(ネオコン)、そしてフリーメーソン団のような多くのフロントを通して活動している。

c0139575_0411249.jpg


ほとんどのメンバーに知られていないが、これらの「進歩的な」運動はすべて秘密裡に、銀行家の覇権のための一つの婉曲表現である「世界革命」に献身している。(See my "Rothschild Conducts Red Symphony")  和訳はこちら

c0139575_0422146.jpg

c0139575_0452992.jpg


その銀行家たちは、世界の主要な企業、メディア、諜報機関、シンクタンク、財団、そして大学を支配している。 彼らは真実を抑圧することを担っている。

c0139575_0164339.jpg


ユダヤ人たちはこのすべての中で重要な位置を占めており、それが反ユダヤ主義の一つの原因となっている。 もちろん、多くの他の人々が同様に「成功」を追求している。

銀行家たちはまた、国々を通じて活動している。 彼らはおおむね英米帝国主義の張本人である。その帝国主義の目的は、世界の富を独占することである

英国の社会評論家のヒレア・ベロック[Hilaire Belloc]は、彼の著書『ユダヤ人』 (1922)の中で、英帝国はユダヤ人金融と英国貴族との間のパートナーシップを意味していたと書いている。

ウォータールー[1815]後、ロンドンは世界の金融市場、手形交換所となった。金融ディーラーとしてのユダヤ人の利益と、この巨大な商業的政治的組織体の利益はどんどんと接近した。一九世紀の最後の三分の一に、彼らは事実上同一のものになっていたと言えるかも知れない。」

ユダヤ人とイギリスの利益の合流は、結婚に拡張された

「かつてこの国で貴族的領主ファミリーであったものとユダヤ人商業資産家の間に結婚が大規模に行われ始めた。この二世代ののち、二〇世紀の始めには、大領主英国ファミリーのうちで、ユダヤ人の血が混ざらないものは例外であった。

それらのほぼすべて家系において、影響が多かれ少なかれ現れていた。それらのいくつかの家系においては影響が顕著で、名前はまだ英国名で、その伝統は遠い過去からの純粋に英国の家柄のものであるけれども、体格や性格は完全にユダヤ人になっていた

アル・ゴア(前副大統領)の娘とジェイコブ・シフの孫との結婚が示すように、このユダヤ人と非ユダヤ人エリートの混合はアメリカにも及んでいる。 ジョン・フォーブス・ケリーはもう一つの別の例である。

ベロックは続けて言っている。 英国とユダヤ人の世界支配の目標は同義であり、フリーメーソン団を一つの道具として使った。

特にフリーメーソン団のようなユダヤ人の機関、 (ユダヤ人たちは、一七世紀に彼らの滞在国と彼ら自身の橋の一種としてフリーメーソン団を開始した[訳注:すでにご承知のように、本当は、へロデ・アグリッパの時代に遡るらしいので、[再開した」と言うべきであろう])は、特に英国では力があり、活動的でそして最終的には大いに重要であることが判明する一つの政治的な伝統が生まれた。そのために、英国は外国政府から、他国におけるユダヤ人の公式の保護者としてそれとなく承認された。[ユダヤ人の迫害が起こった場合はどこでであれ]ユダヤ人の世界中での金融勢力を支援するために介入し、そして、その見返りにそのコネクションの利益を受け取ることを期待されていたのは英国である。

もしベロックが正しいならば、あなたは新世界秩序は、英帝国の一つの延長であると言うことができるだろう。そこでは、イギリス、アメリカ、ユダヤのエリートの利益は区別できない。

See also my "The Jewish Conspiracy is British Imperialism." 和訳はこちら


結論:ユダヤ人のとは何か?

大多数のユダヤ人は、もし彼らがその非民主的な性格と、いかに彼らが利用されているかを理解すれば、新世界秩序、別名「グローバル化」の一部であることを望まないだろう。

真のユダヤ人の精神は、真実と道徳は絶対的であり、何者かが考えた自己利益に適合させるために装飾することはできないと考えている

G・J・ノイベルガー[G. J. Neuberger]は、彼のエッセイ『シオニズムとユダヤ教の間の巨大な深淵[The Great Gulf Between Zionism and Judaism.]』の中で、この精神を表明している。

ユダヤの人々は、他人を支配するために選ばれたのではない。戦争や征服のために選ばれたのでもない。神に仕え、かくして人類に仕えるために選ばれたのである。・・・このゆえ、物理的な暴力は、ユダヤ人の伝統でも価値でもない。そのためにユダヤ人が選ばれた、その任務は、人々の軍事的優位あるいは技術的成果の例を示すことではなく、道徳的な行動や精神的な純粋さにおいて完ぺきを求めることにある。

政治的シオニズムのすべての悪事の中で、最悪で最も基本的、そしてすべての他の悪行を説明することは、その初めからシオニズムはユダヤの人々を彼らの神から分離すること、神聖な契約を全く無効にすること、そして、ユダヤの人々の高邁な理想を「近代」国家と詐欺的主権に置き換えることを追い求めてきたことである。


銀行家たちは明らかに、真のユダヤ教や人種の純粋性に関心がなく、彼らの計画を達成するために、ヒトラーを後押しして、まったく意図的に数百万人のユダヤ人を犠牲にした彼らは、中東での、彼らのオーウェル式「永久平和のための永久戦争」の中で、さらに多数の(訳注:現在の実体に合わせてthousandsを意訳しました。特にイスラム教徒の犠牲者は一〇〇万人を越えている)ユダヤ人、アメリカ人、そしてイスラム教徒の命を犠牲にしている。

新世界秩序は、ある「ユダヤ人の」アジェンダに仕えるものか?あるいは、ある銀行家エリートのアジェンダに仕えるものか? 私は、それは後者に仕えるものであり、ユダヤの人々は、他の多くの人々のようにこのアジェンダの一つの道具であると思い切って言いたいと思う。

私的個人に無からマネーを作り出す力を与えることによって、我々は人類もろとも地球をむさぼり食う兆候を示す怪物を生み出してきた。

c0139575_235191.jpg


--------------------- ---------------------

See also my " The Jewish Conspiracy is British Imperialism " 和訳はこちら

See Also my "The Riddle of Anti-Semitism"


元記事は

Is the New World Order "Jewish"? by Henry Makow Ph.D. February 12, 2005
http://www.savethemales.ca/000808.html


c0139575_2131924.jpg



c0139575_072912.jpg

[PR]

by oninomae | 2009-07-22 21:43 | イルミナティ