<   2008年 09月 ( 38 )   > この月の画像一覧

 

ユダヤ人は再び銀行家が彼らをスケープゴートにする前に行動した方がよい。 by Henry Makow Ph.D.

以下は、Henry Makowさんの
Jewish Lobby Vetoes Candidate Over 9-11 Views
http://www.henrymakow.com/jewish_lobby_vetoes_canadian_c.html

の結論部分を訳してみたものです。

ユダヤロビーが9.11に関する見解で候補者を拒否する。 by Henry Makow Ph.D. September 27, 2008

c0139575_19433863.jpg


結論

カナダのユダヤ人会議は、 "人間の権利"組織を装った登録ロビーグループである。それはカナダのユダヤ人からの民主的委任を今までのところ受けていないが、その組織はおこがましくも彼らを代弁する。

その機能は、そのパンでありバターであるアンチ-セミティズム(反ユダヤ主義)を生み出すことである。

ウィニペグでの世論調査は2:1でヒューズ排除に反対している。ヒューズの論説は現在、主流のメディアとリンクしており何千人以上もが彼女の意見を学んでいる。

自由の国では、いかなる問題も委員会で取り上げられないことはない。いかなるロビー団体も、共通の政策のおかげで、情報開示の期間を規定したりしない。とりわけ真の9.11犯罪実行者に関係していないものについては。

"アンチ-セミティズム"は、ニューワールドオーダープログラムについての議論を阻止するための一つの策略だ。

中央銀行家たちは、彼らの信用の独占を守り"借金"の返済を確保するために、 (偽のテロ戦争の口実の下で)私たちを奴隷化する必要がある。

この憎しみに満ちたアジェンダは当然、正当な抵抗を"人種的偏見" として特徴づけようと努める。

ユダヤ人共同体は9.11を暴露すべきである。なぜなら少数のユダヤ人(と非ユダヤ人)の秘密の行動がすべてのユダヤ人を危機にさらすからである。 

そうする代わりに、ユダヤ人たちは真実の追究者を攻撃することで愚かにも自らを巻き込んでいる。すべての9.11陰謀否定者は、隠ぺい工作の共犯者である。

いわゆる"ユダヤ人の陰謀"は、実際には世界政府すなわち"グローバリゼーション "に向けての中央銀行家の陰謀である。


c0139575_21112663.jpg

    (訳者注:↑ビルの破壊だけではなく、終末的情況も暗示している)


シオニズムとは、銀行家ルイス・マーシャルの言葉で言えば、 "強力な武器を掛けておく単なるあつらえ向きの掛け釘にすぎない "。

c0139575_200288.jpg


フリ-メーソン組織はもう一つの別の強力な武器である。それは、おおむね(会員制によっており )非ユダヤである(訳注:ブナイブリス-ADLはユダヤ人のものだが)。
c0139575_2034069.jpg

c0139575_204169.jpg


我々の社会のすべての公共機関が腐敗堕落させられ、これが原因で転覆・滅亡させられてきた。


私たちは単に、この陰謀がまさに本物であり、計画された金融破綻とともに危機的な段階に入りつつあることについての認識が身に付いていないだけである。

c0139575_2045817.jpg


ユダヤ人は窮地に陥り大変な事態になって、再び銀行家が彼らをスケープゴートにする前に行動した方がよい。


++
放置しておくと、結局迷惑をこうむるのはまたもや彼らエリート銀行家の言う「下層ユダヤ人」となるというわけです。

c0139575_2002469.jpg



以下原文

Jewish Lobby Vetoes Candidate Over 9-11 Views
September 27, 2008


"A nation can survive its fools, and even the ambitious. But it cannot survive treason from within. An enemy at the gates is less formidable, for he is known and carries his banner openly. But the traitor moves amongst those within the gate freely, his sly whispers rustling through all the alleys, heard in the very halls of government itself. For the traitor appears not a traitor; he speaks in accents familiar to his victims and he wears their face and their arguments, he appeals to the baseness that lies deep in the hearts of all men. He rots the soul of a nation, he works secretly and unknown in the night to undermine the pillars of the city, he infects the body politic so that it can no longer resist. A murder is less to fear."

Cicero Marcus Tullius
106-43 BC


by Henry Makow Ph.D.

You're an "anti-Semite" if you remark that the "Jews" control the world. So please ignore the fact that the Canadian Jewish Congress had a candidate removed by her party Friday for a 2003 article suggesting Israel had foreknowledge of 9-11.

Liberal leader Stephane Dion dropped Leslie Hughes, a veteran journalist, as a candidate in Winnipeg. She referred to the fact that Israeli -government-owned Zim shipping lines broke its lease and moved 200 employees out of the World Trade Center just one week before Sept. 11. Please ignore that this timely move actually took place. (See 9-11 Time line link below.)

This is what democracy looks like under Zionist occupation. Both Prime Minister Stephen Harper and Opposition Leader Stephane Dion pandered to Bernie Farber, CEO of the Canadian Jewish Congress.

When Hughes' article surfaced Friday, Liberal leader Stephane Dion went cap-in-hand to Farber: "We have a process ongoing with the Jewish congress, to see what she has said exactly, if our apology will be accepted . . .. I have full confidence in the Jewish congress," Dion said.


FARBER'S RULING

Farber felt Hughes didn't strike the right note of contrition. Her apology read like she was sorry people misinterpreted the column, not that she was sorry for offending people.

Since offending Jews now is the measure of truth, Farber gave her a thumbs down. While canvassing, Hughes learned from reporters she was no longer a Liberal candidate. Is this how freedom works? No one who has ever expressed a qualm about Jews or Zionism can run for an established party? People who opposed the premeditated attack on Lebanon in 2006, or Israel's treatment of Palestinians, can kiss their democratic rights goodbye?

"It's a major shock to my faith in the party and the whole system," said Hughes, who refuted the anti-Semite slur by citing her biography of a leading Jewish community figure and the holocaust education classes she taught.

"So it's the theater of the absurd," she said."I have no time for conspiracy theories about the Jewish population whatever," she said. "The article that I wrote -- for anyone who reads it carefully -- is very clearly innocent of any kind of anti-Semitic feeling. I am just absolutely stunned by this. I guess that's how soldiers die in the trenches. This is how it must feel."

Bernie Farber was triumphant: "Lesley Hughes crossed a line which just simply cannot be crossed under any circumstances. There is no room in Canada or anywhere for these modern-age twists on the age-old anti-Semitic calumnies with these odious and dangerous conspiracy theories."

(This writer has also crossed that line. Farber wants the Canadian "Human Rights" Commission to force me to remove all "anti-Semitic" articles from my website. Presumably this would be one.)

Prime Minister Stephen Harper applauded Dion's decision, adding it's a "very serious thing" that Hughes wasn't immediately disciplined after refusing to retract her comments. "Is this the kind of political discourse that is tolerated in the Liberal party?" he said.

A prominent Conservative candidate, Peter Kent, characterized her writings as "attempts to demonize the world's only Jewish state as complicit in the 9/11 terrorist attacks."

Obviously, Israel is not "the world's only Jewish state." Dion, Harper and Kent are agents of Zionist occupation. So are Bush, Obama and McCain. We suffer from a kind of Stockholm Syndrome, where our "leaders" collaborate with our kidnappers hoping to be treated well. This is how "The Protocols of the Elders of Zion" describe the situation:

The masses are "accustomed to listen to us only who pay it for obedience and attention. In this way, we shall create a blind mighty force which will never be in a position to move in any direction without the guidance of our agents...The people will submit to this regime because it will know that upon these leaders will depend its earnings, gratification and the receipt of all kinds of benefits." ("Protocols of Zion" 10)


FALSE FLAG 9-11

Anyone who studies this carefully documented 9-11 Timeline can see that Neocons, Zionists and Mossad played a prominent role in the false-flag attack on the World Trade Centre. The Mossad motto literally is "By way of deception, we shall wage war." False flags are their modus operandi ever since the Levon Affair in 1954 and the 1967 attack on the USS Liberty. A Report of the German Intelligence Service (BND) says Israel's Mossad helped the "Arab terrorists." Germany has not disowned this report and no one has refuted it.

"These investigations disclosed in late May of 2001 that an attack was to be made against certain specified targets in the American cities of Washington and New York. But it was apparent that the Mossad was not only fully aware of these attacks well in advance but actually, though their own agents inside these Arab groups, assisted in the planning and the eventual execution of the attacks.

That the Israeli government was fully aware of these attack is absolutely certain and proven. Diplomatic traffic between the Israeli Embassy in the Federal Republic and the Israeli Foreign Office made it very clear that Minister President Sharon was fully aware of this pending attack and urgently wished that no attempt was made to prevent the attacks."

On August 6, 2001, the German ambassador Ischinger informed George W. Bush of the exact time and place of the attack. Bush thanked the ambassador and said he was aware of it. Later the US Government demanded that Germany keep this warning secret.

CONCLUSION

The Canadian Jewish Congress is a registered lobby group posing as a "human rights" organization. It has no democratic mandate from Canadian Jews yet it presumes to speak for them. Its function is to create anti-Semitism, its bread and butter. Polls in Winnipeg are running 2-1 against removing Hughes. Hughes' article is now linked in the mainstream media and thousands more are learning her views.

In a free country, no issue is off the table. No lobby group defines the terms of discourse, especially not one linked to the real 9-11 perpetrators by virtue of a common agenda. "Anti-Semitism" is a ruse to stop discussion of the New World Order program. Central bankers need to enslave us (under the pretext of the bogus terror war) in order to protect their credit monopoly and ensure "debts" are repaid. This hate-filled agenda naturally tries to characterize legitimate resistance as "racial prejudice."

The Jewish community should expose 9-11 because the secret actions of a few Jews (and non-Jews) has put all Jews in jeopardy. Instead, Jews stupidly implicate themselves by attacking truthseekers. All 9-11 conspiracy-deniers are accomplices in the cover-up.

The so-called "Jewish Conspiracy" is actually the central banker conspiracy for world government i.e. "globalization." Zionism, in the words of banker Louis Marshall, "is merely a convenient peg on which to hang a powerful weapon." Freemasonry is another powerful weapon, which is largely non-Jewish (by membership.) Every institution in our society has been corrupted and subverted to this cause.

We are simply not equipped to recognize that this conspiracy is very real, and is entering a critical stage with the planned financial meltdown. Jews had better act before the shit hits the fan and the bankers again make them their scapegoat.
----

Related- "The Hypocrisy of Anti-Hate Laws"

See also Arthur Topham "Canada's Media Bias"

c0139575_20211953.jpg


参考

Get the Truth -by Lesley Hughes
http://www.mtl911truth.org/?p=428





おまけ

c0139575_2375168.jpg

c0139575_4105879.jpg


c0139575_2581512.jpg


c0139575_2491539.jpg


c0139575_358455.jpg

[PR]

by oninomae | 2008-09-30 20:06 | ホロコースト  

9.11観賞会? by 菊川征司 + ゴイムの末路


変わったエピソードとしては、
ロンドン・ロスチャイルド家の主人、エヴリン・ロバート・ド・ロスチャイルド卿と1年前に3度目の結婚式を挙げたばかりの花嫁の2人が、事件の1ヵ月前にニューヨーク市のイーストサイド52丁目のハドソン川沿いに建つ、リバーハウスというマンションの17階と18階を借りたことです。

c0139575_21491594.jpg


住むためだけだったらミッドタウンよりも、緑にあふれるセントラルパーク沿いの高級住宅を選ぶのが自然なのに、わざわざ52丁目に住まいを借りたのは、同時多発テロの見物だったのでしょうか。

c0139575_22151842.gif

            (引用注:国連ビルから5ブロック北です)

アップタウンでは貿易センターからは遠すぎるし、かといってダウンタウンでは近すぎて災難に巻き込まれますから、ミッドタウンの52丁目あたりは貿易センタービルもよく見えてちょうどよい場所と言えます。52丁目の東の突き当たりに位置するリバーハウスは、建物自体は古そうですが、非常に趣のある作りで、ミッドタウンには珍しい重厚な門構えが特徴のマンションです。

c0139575_21501930.jpg



菊川征司 「9・11テロの超不都合な真実―闇の世界金融が仕組んだ世紀の大犯罪」 p092-093 より

c0139575_21524210.jpg


c0139575_21572413.jpg

c0139575_21554659.jpg

c0139575_21542858.gif


c0139575_221358.jpg


c0139575_2215429.jpg


c0139575_2223647.jpg


c0139575_222585.jpg


c0139575_225727.jpg


c0139575_2253669.jpg


c0139575_2255798.jpg


c0139575_22114119.jpg


http://www.huffingtonpost.com/2008/09/17/lynn-forester-de-rothschi_n_127047.html
Quote:
"I believe that Barack Obama, with MoveOn.org and Nancy Pelosi and Howard Dean, has taken the Democratic Party _ and they will continue to _ too far to the left," Lynn Forester de Rothschild said. "I'm not comfortable there."

Lynn Forester de Rothschild is the former wife of NY politician Andrew Stein. She is a Jersey born corporate lawyer who turned telecommunications entrepeneur and made about $100 million in broadband wireless. She met Sir Evelyn at a party after both had been through a divorce. The matchmaker? Henry Kissinger.

They honeymooned at the White House, guests of her good friends Hillary and Bill Clinton. She is currently the hostess with the mostest in London and is tight with the Blairs.

She maintains her residence in Chelsea, however, sits on the board of Estee Lauder, and is a member of the Democratic National Committee's Platform Committee.

None of this means we have to give a fig about what Lynn Forester DeRothschild has to say, of course. She is, nevertheless, about as well-connected and true blue Democrat as they come.


参照

ロスチャイルド王朝はいかに作動しているか  By Brother Nathanael Kapner
http://satehate.exblog.jp/8796644/


c0139575_2217193.jpg



実行部隊の主力に関しては↓

9-11... Who really did it?
http://www.whodidit.org/cocon.html


Complete 911 Timeline
http://www.historycommons.org/timeline.jsp?geopolitics_and_9/11=israel&timeline=complete_911_timeline


c0139575_451821.jpg


++
彼らの予定は、あくまでも恐慌・第三次世界大戦と、それを通した各国・各宗教の疲弊・借金漬け・崩壊そして人口削減から、世界統一政府樹立、世界統一銀行による支配と人口削減継続でしょうね。

おまけ

私はここに、日本が今後とも国際社会と一体となり、テロとの闘いに積極参画してまいることを申し上げるものです。 麻生太郎@国連

c0139575_015216.jpg


2008.9.26(その2) 森田実の言わねばならぬ【694】
http://www.pluto.dti.ne.jp/~mor97512/C04647.HTML

平和・自立・調和の日本をつくるために[689]
「小沢一郎氏批判を慎んでほしい」との小沢一郎支持者の知人からの電話に対する私の答え

「沈黙を学べ。ああ、わが友よ」(ベートーベン)

 小沢ファンの古い友人のA君から電話があり、「小沢批判を慎んでほしい。民主党から手を引いてくれ」と言われた。穏やかな口調だったが、かなり硬い態度だった。

 私はA君に、要旨以下のように私の考えを説明した。
《政治において最も大切なことは平和を守ることであり、私はこの立場に立って言論活動をつづけてきた。したがって戦争をする危険のある政治家を徹底的に批判してきた。いま、日本が戦争に巻き込まれる最大の危険は、アメリカのアフガニスタン戦争に加わることにある。アフガニスタン戦争が最大の危険要素になっている。 アフガニスタンでは国際治安支援部隊(ISAF)が戦闘を展開している。米国政府は日本の自衛隊がISAFに参加することを求めているが、日本国憲法第9条は、日本の領土・領海外での自衛隊の軍事力行使を禁止している。

 ところが小沢一郎民主党代表は、国連決議があれば日本の自衛隊はどこへでも出動し、軍事力を行使できると主張している。

c0139575_012315.jpg


国連決議があれば憲法が禁止している集団的自衛権の行使は可能だとの考えに立っているようだ。小沢一郎氏は『世界』(2007年11月号)で、政権をとり安保・外交政策を決定できる立場に立ったら自らの持論を実行する、と言っている。私は小沢一郎内閣ができたとき、小沢氏はアフガニスタンに自衛隊を派兵すると見ている。民主党議員のほとんどは小沢氏に従うと見ている。私は自衛隊のアフガニスタンISAF絶対に反対だ。政権交代は必要だが、戦争を始めるおそれのある政権の登場には反対せざるを得ない。》

 A君は問うた――「政権交代と平和のどちらが重要か?」。私は即答した。「平和だ」。
 A君は言った――「それでは小沢民主党政権に反対なのか?」。私は答えた――「小沢代表がアフガニスタンのISAF参加発言を取り消したら、政権交代を実現するため民主党を支持する。しかし、戦争に加わることをはっきり否定しないなら、支持することはできない」と。(引用注:取り消さないでしょう)

上掲文中リンクもしていますが、以下参照

国連中心主義 民主党小沢氏とアフガン情勢  遠くを見つめて
http://www.denik-bise.blogspot.com/2008/08/blog-post_25.html


忍野昭太郎氏 『悪魔の使者 小沢一郎 裏で操るのは何者か』以下抜粋

小沢は日本が平和維持のために積極的な活動をするため「国連中心主義」を打ち出す。

「国連」は 日本人にとっては”平和の使者”というイメージがある。

だが、これこそが日本人が抱く最大のイルージョン(幻想)である。

国連のパワーの源泉は、ユダヤ・フリーメーソンそして「世界支配層」である。


中村哲医師 アフガニスタンの現状報告 ペシャワール会報95号

現地情勢は、アフガニスタン・パキスタン共に、まさに修羅場です。空爆、暗殺、反乱、100年に一度といわれる大旱魃と飢饉、外国軍の横暴、麻薬、強制送還しても減らない難民...

一昨年、国境付近で「80名のタリバーンを殺した」と米軍の発表がありました。

何のことはない。死んだのは、全て年端もゆかぬ子供たちでした。

住民たちの憤激に、後に「誤爆だ」とされましたが、

日本では報道で取り上げられませんでした。

実態は、西側筋の伝えるものとかなり異なります。

遅々として進まぬ復興、実のない内外の議論、外国軍の横暴に対して、もはや忍耐は限界を超えました。これは緊急事態であり、吾々の戦であります。いたずらに農民を殺戮する外国軍の「対テロ戦争」と対決し、一人でも多くの命を守る戦いであります。ペシャメール会報94号


「テロ特措法」はアフガン農民の視点で考えてほしい~「殺しながら助ける」支援というものがあり得るのか~ 

中村哲氏 『私は国会の証人喚問でアフガニスタンの実情を報告し、「自衛隊の派遣は有害無益である」と述べた。しかし、テロ特措法の契機となった「アフガン報復爆撃」そのものについても、それを日本政府やメディアが支持したことの是非についても、現地民衆の視点で論じられることはなかった。特措法延長で米国同盟軍と見なされれば反日感情に火がつき、アフガンで活動をする私たちの安全が脅かされるのは必至である。

繰り返すが、「国際社会」や「日米同盟」という虚構ではなく、最大の被害者であるアフガン農民の視点にたって、テロ特措法の是非を考えていただきたい。』'08,04,01

アフガン市民を殺す”平和軍”  遠くを見つめて
http://denik-bise.blogspot.com/2008/09/blog-post_01.html


奴らの計画を知り、「次の一手」を練る  遠くを見つめて
http://denik-bise.blogspot.com/2008/06/blog-post.html


世論が「厳罰化」を望む中で.. 監視社会の到来  遠くを見つめて
http://www.denik-bise.blogspot.com/2008/06/blog-post_13.html


c0139575_23582862.jpg


++
いまさら言うまでもないですが、日本もアメリカと同じなんですよね。こんな状態の2大政党制にしたのは誰だったでしょうか? 作戦進行中、日本は「ねじれて」いたほうがいいんじゃないですかね?どうせ政府紙幣も発行しきらないし、不況化政策あるいは「借金」増大政策そして(国有財産売却民営化といえば聞こえはいいが)私物化政策ばっかりだ。

c0139575_2316359.jpg

             この人が党首なら応援するが..

c0139575_055777.jpg


かれらはいかに世界を支配しているか By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/8078264/


すべてのユダヤ人(と非ユダヤ人)が知っておくべきこと By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/8315847/


さらに参考

順調にシナリオが進んでいるようです  玉蔵
http://goldentamatama.blog84.fc2.com/blog-date-200809.html


さて、リーマンブラザーズが破たんし、日米欧の中央銀行が緊急の資金供給を行ったそうですね。田舎のタヌキにはどうでも良いことですが順調にシナリオが進んでいるようです。このブログを読んだ方はただただ猿芝居が進んでいるなぁと思うだけで別に驚くこともないでしょう。ご丁寧にも一歩一歩シナリオ通りよくやっているなという感想だけかと思います

さて、いろいろな組織、企業、派閥が、その一つ一つを見ればそれなりにちゃんとした理由があって動いているようにも見えますが、まぁ大きくいうと猿芝居です。アメリカだって必死にAIGの救済など資金供給をやって、暴落を防ごうと努力している。わざと没落させようとしているようには見えないという意見もあるでしょう。

しかし、そうではありません。第三次世界大戦に向けてのシナリオなのです。(引用者:もちろん同感です)

アメリカの破たんは世界を混乱に陥れる餌だとは毎回言っていることです。

来年ごろからいよいよ物の値段が上がってくることでしょう。前から言っていることですが食糧危機への対処本当によろしくお願いします。貯金はすべてパーになるので、金を持っておいた方が良いでしょう。そういえば金倉荷証券というのがお勧めです。わざわざ金庫を買わなくても、金を倉庫で預かってるよという証明書です。

ワタスも徐々に畑を整備しつつ食糧危機への対処をはじめています。最近は、永田農法というのを勉強しています。ビニールハウスなどを使う農法で、肥料は使わないのが特徴ですが、かなり手間がかかります。まぁ、あせらずゆっくりと時間をかけて取り組むつもりです。

さて、こういう話はもう飽き飽きだろうと思うのであまり書きたくないですがアメリカでは来月中に大規模なテロの計画がされているようです。ただ、それも成功しないだろうとのことです。まぁ、それほど心配することもないでしょう。今回もウルトラマンが阻止してくれるはずです。あ、ではなくて愛国派軍人か何かが阻止してくれるはずです。

米国国内の収容所施設が完成されていることからこれから経済破綻と国内の動乱と北アメリカ大陸を統一するというシナリオはぶれがないように思います。(引用注:ブルーノートかアメロかは分かりませんけどね) やつらはシナリオが失敗すると時期的には後ろ倒ししてまたやりますので、時期についてはまだ後ろになるかもしれませんが。

また、タイミングを同じくして奴らのシナリオでは、東アジアは中国をもって統一するとありますので、北朝鮮なのか、中国なのか。東アジアで何らかの動乱が起こるのも時間の問題でしょう。オリンピックは成功しましたが、ウイグル自治区でやらせのテロをやっていましたね。経済破たんは中国でももちろん起こります。シナリオがワンパターンなのですが、わかるかと思いますが、常套手段として、奴らは混乱を起こして、その混乱を収めるという名目で統一へ持っていくというのが手口です。(引用注:「シオンの」救世主ですが) 何かしら動きがあるのではないでしょうか。

金正日とか統一教会の文鮮明とかは奴らの小間使いだったわけですが、いよいよの時にはゴイムの手下は切り捨てるという話だったので、そろそろ始まるのかもしれません。奴らの中では手下といえどもゴイはゴイなのです。金正日とか文鮮明が消されたというのは確かなようです。奴らにしてみれれば準備が整ったのでもう用無しなのです。まぁ、文鮮明など今まで散々いい思いをしたのですから黒こげになって死んでも本望かとは思いますが。(引用注:日本のゴイムの手下はどうなりますかね?日本に無理心中をさせるためにもうちょっとこき使ってからですか?)


++
この憎悪は、"経済危機"の効果で数倍もの火の手を挙げるだろう。経済危機たるや為替取引を中止させ、工業を停止させるだろう。われわれは、自分たちが熟知している隠密な方法を総動員し、すべてわれわれの手中にある金力の助けを借りて、大規模な経済危機を作り出し、それによって全ヨーロッパ諸国(引用注:もちろん現在は、世界諸国)の労働者群集をいっせいにまとめて路上に放り出すだろう。これらの群集は、ただ単に無知であるがゆえに、揺籃時代から羨み妬んでいた連中を喜んで血祭りにあげ、連中の財産を略奪できるだろう。 

われわれは人民を幻滅から幻滅へと導き、その帰結として最終的には、かれらは、われわれが世界のために準備している、シオンの血を受けた専制君主に、われわれにも頼らずしても賛同するに至るはずである。


(プロトコール3より)

数字でゴイムを踊らせてるだけで、ゴールドなんかはちゃんと集めてスイスを中心に隠してあるんですよね。

c0139575_23504236.jpg

c0139575_23514265.jpg

日本政府としてはゴールドを持つなと命じられているそうですが、国民は「はい」と言う必要はないでしょう。もっとも、かつてルーズヴェルト政権は、国民に国難を救うと称してゴールドを(違反は懲役10年と脅して)法律で供出させたわけですが。はー。
[PR]

by oninomae | 2008-09-29 22:20 | 9.11詐欺  

9.11と消えた金塊

菊川征司 「9・11テロの超不都合な真実―闇の世界金融が仕組んだ世紀の大犯罪」 より紹介を続けます。


大量の金塊(900億円)が火事場泥棒された!!

テレビによる生中継は行われていませんが、新聞やテレビ局がほとんど報道しなかった出来事はまだあります。

それは瓦礫の撤去中、10月30日のことでした。片側に5個の車輪を持つ大型トレーラーが、時価240億円(200ミリオンドル)という金の延べ棒を荷台に積んだまま5号棟の地下トンネルの瓦礫の下から出てきた事件です。

調べてみるととなりの4号棟の地下には大金庫があって、そのなかには近くの銀行や1ブロック離れたところにあるニューヨーク商品取引所(NYCOMEX)から預かった、総額で1140億円(950ミリオンドル)相当(一説によると1600ミリオンドル相当)の、金塊・銀塊の類が保管してあったのでした。

c0139575_061132.jpg

c0139575_744810.jpg


出口を向いてトンネルを抜け出る寸前のトレーラーにあった金塊は、4号棟の地下金庫にあるはずのカナダのノバ・スコシア銀行の持ち物で、残りの900億円(750ミリオンドル)の金塊・銀塊はすでに持ち出されていて、4号棟の金庫は空っぽになっていたのです。

トレーラーのまわりには4~5台の車が、トレーラーを囲むような位置で瓦礫の下敷きになっていましたが、死体は発見されませんでした。

ブルース・ウィリス主演の映画『ダイ・ハード3』(引用注:20世紀フォックス)をご覧になりましたか。

c0139575_5585611.jpg

あの映画は、犯人たちが学校に設置したという爆弾の捜索にニューヨーク市警全体が振り回されているすきに、犯人たちは連邦準備銀行の地下金庫をまんまと破り、大量の金の延べ棒をトラックに積んで堂々と持ち出すというストーリーでした。

9月11日の朝は、警察隊のみならず消防隊もたくさんの一般人も、世界貿易センタービル上階にのみ気をとられていました。そうしているうちに、何台もの大型トレーラーがビルの地下から誰にも気づかれずに出て行ったという盗難事件が、飛行機衝突のどさくさにまぎれて実際に起こっていたのです。

映画の中では、金塊を積んだトラックがまだニューヨーク市内を走行中に、ブルース・ウィリス扮するジョン・マックレーン刑事が行き先を突き止めるのですが、この4号棟の地下金庫から金塊を積んだトレーラーの行き先は、7年後の現在でも判明していないのです。

これほど衝撃的な出来事なのですが、ニューヨークに本部をおくどのテレビ局も、そしてニューヨーク・タイムスを含めどの新聞社も、まったく報道していません。

ニューヨーク・デイリーニュースというローカル新聞1社のみが、翌日記事を掲載しただけなのです。

240億円と数字で表すと簡単ですが、金塊のすると重さは84トンになるのです!!

これだけの重量の金塊や銀塊を運び出すには、相当な機動力と少なくとも3~4台の大型トレーラーが必要になります。どれほど用意周到に計画を練ったとしても、事件当日の朝に84トンの積載を完了し、それから運び出すことは至難の業です。事件の前夜から積み込み作業を開始し、事件当日は運び出しと使用した機材の後始末に専念したものと思われます。

そして予想外の出来事が発生したために、最後のトレーラーがビルから抜け出る直前に瓦礫に巻きこまれてしまったのでしょう。これだけ大がかりな作業はビルの警備会社が裏で協力していたからこそ成し遂げられたはずです。

(中略)

世界貿易センタービル全体の火災警報機が、9月11日の朝6時47分に8時間のテストモードに切り替えられていたことが報じられましたが、火災警報機にアクセスできるのは警備会社だけです。したがって彼らが同時多発テロに加担していたのは明らかです。そしてこの金塊運び出しのスムーズな仕事ぶりは、彼らが4号棟の地下金庫の鍵の開け方を知っていたとしないとまったく説明がつかないのです。

銀行強盗を取り締まる立場のFBIが、この金塊泥棒事件に当日気がつかなかったとしても、翌日ニューヨーク・デイリー・ニュースの報道があったのですから、捜査をはじめてもいいようなものです。しかしまったく無視して「見ざる、言わざる、聞かざる」を決め込んでいるのです。したがって、警備会社だけでなく、FBIもこのテロに加担していたと考えられます。

ニューヨークに支局を持つ日本の大手マスコミの特派員たちも、このデイリーニュースの記事を無視してしまったのです。そのためこの金塊盗みだし事件は、日本においてほとんど知られていないのです。

ニューヨークで起きたことをいち早く知る立場にある日本人特派員たちが、デイリーニュースの記事を知らないはずがありません。テロには直接加担していないとは思いますが、日本に現地情報を届けるべき特派員たちが、故意に報道しなかったのはなぜでしょうか。それとも彼らはデイリーニュースの記事を日本に送ったのに、本社での編集段階でボツになったのでしょうか。

どちらにしてもこの一件は、日本の大手マスコミもやはり、アメリカの全マスコミをコントロールしているCFR(外交問題評議会)に支配されていることを示唆しています。 p064-068より


世界貿易センタービル警備会社もテロに加担

これだけ大がかりな作業になると、世界貿易センタービルの警備会社の全面的な協力がないと成功はおよびもつかないことと言えますが、その会社に関する驚くべき(引用注:驚くというよりはあきれますよね)事実を紹介します。

もちろん大手のマスコミは、まったくこの会社に関しての報道はおこなっていません。

この会社の名前は当時セキュアコム(SecuraCom)と言い、現在はストラレセック(Stratesec)と名前は変わっていますが、2001年当時世界貿易センタービルの他に、「ペンタゴンに突っ込んだ」(「」は引用者)アメリカン航空77便が離陸したワシントンのダレス空港の警備とユナイテッド空港の警備も請け負っていたのでした。

c0139575_5575175.jpg


この会社は1996年から2000年にかけて、9億9600万円(8.3ミリオンドル)の費用で、世界貿易センタービル全体に新しい警備システムを設置しています。 

"1996年"という年は同時多発テロの詳細が煮詰まり、実行にGOサインが出されて、ジュリアーニが市長直属の緊急事態対策本部の設置を開始した年でもあり、ブッシュを是が非でも勝たせるための工作がスタートした年でもあります。

したがってこの警備システム設置にかこつけて、世界貿易センタービル全体に何かが仕掛けられた可能性は非常に高いのです。

110階という超高層ビル2棟を、10秒足らずで完全に崩壊させてしまった新型の爆薬装置も、47階建ての7号棟破壊の爆薬装置という大きな作業も、警備会社が関係していればこそやり遂げられたのです。

またFBIエージェントジョン・オニール[February 6, 1952 – September 11, 2001]に高額の給料を提示して、辞める気のなかったFBIを辞めさせ、警備責任者としてテロ前日から勤務につかせたのは、最初からどさくさにまぎれて彼を殺すつもりだったのです。
c0139575_5431277.jpg


世界貿易センタービル崩壊と金塊運び出しに大きな役割を果たした会社の、1993年から2000年までの会長を務めたのは、驚くなかれマービン・ブッシュと言ってブッシュ大統領のいちばん下の弟なのです。
c0139575_5435032.jpg

c0139575_544922.jpg

c0139575_723491.jpg

1999年から2002年までの実行責任社長を務めたのは、ワート・ウォーカー3世[Wirt Dexter Walker III (born ca. 1940)]といってブッシュの従兄弟なのです。

この「盗み出された」(「」は引用者。)金塊・銀塊なのですが、7年目に入った今も杳として行方がしれません。マービンがこの会社を離れたあと、まとまった資金が必要な投資会社の共同経営者になっているのですが、このビジネスには警備会社の会長の給料ではとても追いつかない大きな金額が必要ですから、これはひょっとして金塊が入ったからと見ることができるかもしれません。 p264-266 より


c0139575_5152185.jpg


c0139575_536417.jpg


++
金塊・銀塊は、(もともとグルの可能性も高いが)金塊等の持ち主とあとでトラブルにならないよう移動させた可能性もある。もしただ「盗まれた」のならそれなりの権力者である持ち主が黙っているはずがない。保険会社に払わせればよいということかもしれないが、その保険会社がアウトサイダーでなければなるまい。(実際トラブルらしき話もあるので、最初は拝借するつもりだったのかもしれないが)何にせよ、ご褒美は大きかったであろう。


参考

Bush-Linked Company Handled Security for the WTC, Dulles and United
by Margie Burns  February 4, 2003
http://www.commondreams.org/views03/0204-06.htm


9/11 Security Courtesy of Marvin Bush
http://whatreallyhappened.com/WRHARTICLES/911security.html


Marvin P. Bush, the president’s younger brother, was a principal in a company called Securacom that provided security for the World Trade Center, United Airlines, and Dulles International Airport.

According to its present CEO, Barry McDaniel, the company had an ongoing contract to handle security at the World Trade Center "up to the day the buildings fell down."

The company defines itself as a "single-source" provider of "end-to-end" security services, including everything from diagnosis of existing systems to hiring subcontractors to installing video and electronic equipment. It also provides armored vehicles and security guards.

‘Frauds-R-Us’ The Bush Family Saga
http://www.informationclearinghouse.info/article3336.htm


Special `Conspiracy Theory' Edition, Part II Center for an Informed America, Newsletter #28, 23 January 2003
http://www.ratical.org/ratville/JFK/JohnJudge/linkscopy/Stratesec.html


911、WTC解体『施工業者』:言わずと知れたブッシュ・ファミリー!! 投稿者 バルセロナより愛を込めて 日時 2006 年 2 月 08 日
http://www.asyura2.com/0510/bd42/msg/926.html


【911】爆発物の設置について Debu Spectator vyc03204 at nifty.ne.jp 2007年 5月 6日
http://list.jca.apc.org/public/aml/2007-May/013304.html



c0139575_6595576.jpg


c0139575_7111263.jpg

               9-11 Was An Inside Job

c0139575_8303123.jpg



米大統領が国連総会で最後の演説、「テロとの戦い」成果強調 読売 2008年9月24日01時13分
http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20080924-OYT1T00122.htm


 【ニューヨーク=黒瀬悦成】ブッシュ米大統領は23日午前(日本時間同日夜)、ニューヨークの国連本部での第63回国連総会で、任期中最後の一般討論演説を行った。

 大統領は、イスラム過激派によるテロの脅威や、イランや北朝鮮の核開発問題などへの対処に向け、国際社会が国連の枠組みなどを通じ、一致して対処すべきだと訴えた。

 ブッシュ大統領は演説で、アフガニスタンやイラクが「かつてのテロ支援国家からテロと立ち向かう民主国家に変身した」と述べ、2期8年間の在任中の最重要課題として取り組んできた「テロとの戦い」と、中東や旧ソ連圏などでの「民主主義の普及」での成果を誇示した。

 同時に、「国連などの国際機関の重要性は、これまで以上に高まっている」と述べ、国連加盟国が一致してテロ対策に取り組む必要性を強調。また、国連主導によるアフガニスタンやイラクなどでの復興支援や民主化支援に謝意を表明した。

 ブッシュ政権は2003年、イラク問題をめぐる国連安全保障理事会での交渉を打ち切って有志連合を率いて対イラク開戦に踏み切り、国連との関係を悪化させた。大統領の演説は、イラクの戦後統治が混乱し、国連を通じた国際社会のイラク関与が重要性を増したのを踏まえ、米国が当初の「単独行動主義」から「国連協調」の多国間外交に軸足を移した経緯を総括したものでもある。

 大統領は一方、国連が持つ「大いなる潜在力」を発揮するため、非効率と腐敗を解消するための組織改革を進め、ミャンマー民主化問題の解決やダルフール紛争をめぐるスーダンへの圧力強化に向け、より積極的に取り組むべきだと要請した。

c0139575_20411786.jpg


c0139575_20413560.jpg


c0139575_20422061.jpg


c0139575_20434353.jpg


c0139575_20455031.jpg


第63回国連総会における麻生総理大臣一般討論演説 平成20年9月25日 ニューヨーク
http://d.hatena.ne.jp/arimasenka/20080927


国際金融の仕組み(アーキテクチャー)を巡る侃々諤々(かんかんがくがく)が、いま一度始まるものと思います日本として、持てる経験と、知識の貢献に心がけたいものであります。

国際社会はテロリズムに対する粘り強い取り組みを、なお続けねばならぬと信じます。我が国は、アフガニスタンの復興支援に当初から力を注ぎ、インド洋では補給活動を続けてまいりました。 

私はここに、日本が今後とも国際社会と一体となり、テロとの闘いに積極参画してまいることを申し上げるものです。

日本の近隣に残る問題として最たるものは、言うまでもありますまい、北朝鮮であります。

次の総理は麻生太郎? オルタ 2007年02月13日
http://alternativereport1.seesaa.net/article/49602537.html


オデッサ・マフィアとアイゼンベルグの末端の「二等兵」を担う麻生の人生の行く末は「見えた」。

だそうです。
[PR]

by oninomae | 2008-09-28 06:07 | 9.11詐欺  

パニックの仕掛け人・・・そして、希望の兆し by デーヴィッド・アイク より

「崩壊の瀬戸際」だそうですが、次は?
http://satehate.exblog.jp/9758893/
 とつながっているわけですが、

パニックの仕掛け人・・・そして、希望の兆し  デーヴィッド・アイク
http://www.davidicke.jp/blog/nl0130/#extended
より

新たに引用し直します。

(前略)

左脳だけの認識に閉じ込められている人は、金融の混乱は、愚かな金融業者たちが大量のローンを貸し付けたこと、特に返済が期待できないような資産に対してローンを行ったことが原因であると思っている。いわゆるサブプライム・ローンの崩壊である。

確かに金融界に限らず、システムの中には、愚かで無能な人々もいる。それでも存在していないマネーに利子を付けて貸しておきながら、銀行を潰すというのは並の天才にはできないことだ。

だが、このバカたちが(新聞でもバカと呼んでいる)経済パニックの原因ではない。彼らはただの道具である。たいていの者は、何が起きているのか見当もつかない状態だろう。

c0139575_1159175.jpg

世界金融システム:それは、壮大なカジノに過ぎない。特に米国では、国家安全保障局とその手下のCIAなどの諜報組織によって画策された「優良株」企業を通じてロンダリングされる何兆ドルもの麻薬資金がこのカジノを支えている。


銀行や株式市場が崩壊するのは誰にとっても不幸なことだと思っている人もいるかもしれないが、そんなことはない。株式市場の崩壊が起きることが分かっていれば(自ら崩壊を起こす人はわかっているに決まっている)、最高値で売っておき、市場が崩壊した後で、二束三文で買い戻せばよい。

崩壊をひき起こす人々は、この方法によって、「危機」が起きる前よりも、大量の株式を手に入れることが可能であり、資金力も増すことができる。そのために必要な対価は極めて小額である。ロスチャイルドは、この手法を数え切れないぐらい使うことで有名(不名誉というべきか)であり、また今回も繰り返している。

c0139575_12313748.jpg


経済界でも金融界でも一般的に言えることであるが、銀行にはいろいろな名前の銀行があるかもしれないが、元を辿ればごくわずかな所有者・支配者しか存在していないことを、忘れてはいけない。突き詰めていけば、全部でないとしても大半は「ロスチャイルド」という名前に行き着く。

評論家やマスコミの解説者が、銀行業界の混乱について語るときは、このポイントを外してしまう。もちろん、それは、預金を失ったり、家を買うことができなかったり、仕事を失ったりする人々にとって、悪いことである。

c0139575_1925677.jpg

しかし、そんなことはロスチャイルド王朝のように同情という感覚自体を持ち合わせていない連中にとっては、頭の片隅に置くどころか、思慮にも値しないことである。

ロスチャイルド一家は、混血によるネットワークや、従属する一族たちと提携しながら、「システム」を所有している。このシステム(ゲーム)は、時代の変化に応じてシステムの再構成や調整が行われることがあったとしても、ゲーム自体が彼らの所有物であることには変わりない。

c0139575_120957.jpg

ロスチャイルドのロゴ。この矢はいつも人々の背中に向けられている。


例えば、メリル・リンチは破綻したかもしれないが、バンク・オブ・アメリカに吸収された。バンク・オブ・アメリカは、公にされていないところまで所有者を探っていけば、ロスチャイルドの銀行である。従って、ゲームは、名前を変えて、より少ない人数で続けられているだけである。

リーマン・ブラザーズは倒産したかもしれないが、イギリスのバークレイズのようなハゲタカが、おいしそうな資産を物色し押収するために獲物の周りを囲んでいる。


ゲームは続くのである。ゲームのルール自体を決めることができるゲームの所有者は、決して負けることはない。

今回の綿密に計画された金融混乱は、ずっと昔から、オーウェル型中央支配地球国家の操作の一環として予測されていた。

その目指すものの一つが、現存する銀行の数よりも遥かに少ない数の巨大銀行(メガバンク)のネットワークを通じて世界の金融を操る世界中央銀行である。

やつらは、銀行業界に本当の競争や多様性をもたらしたいのではなく、全部を支配したいのである。ここ二、三週間と数日の動きは、この目的をスピードアップしながら推し進めるために計画されたものである。

彼らが引き続き確保しておきたい資産は、彼らの代理銀行によって吸収されるか、政府によって我々の税金で救済される。政府も彼らの所有物なので、そんなことも可能である。政府の財源からの途方もない資金注入は国の経済を更に弱体化し、(ロスチャイルドによる)解決策を必要とするような問題を次々に発生させることになる。 

金曜日、(ロスチャイルドと銀行が管理し)表向きはジョージ・ブッシュが率いるアメリカ政府は、一兆ドルに及びかねない規模で納税者の金を注入し、銀行の不良債権を買い取るという、ものすごい計画を発表した。

c0139575_12475031.jpg


民衆を犠牲にした、信じられないような貪欲さによって火が付いた金融の破局だけど、心配しなくていいよ、(思い通りに事が進んだら)民衆の金を使って救い出してあげるから。

アメリカの住宅ローン大手であるファニー・メイとフレディー・マックも、その不正な活動の穴埋めを、政府の介入を通じて、納税者にさせた。さらに最終的には、これら組織を、破綻間際まで追い込んだ原因を作った当のシステムに返還させる可能性がある。

銀行は、存在しないマネーを貸し出し、利息もつけて人々から搾り取る。そして破綻になると救済資金という名目で人々のマネーがまた搾り取られる。それでも、人々は未だに政府が国をコントロールできていると信じている?

政府は二つの目的のために、いつも大量のマネーを保有している。戦争と銀行である。従って、ロスチャイルドがこの両方の背後にいることは不思議なことではない。

c0139575_1221891.jpg

アメリカの「中央銀行」による救済に関して忘れてはならないこと。連邦準備銀行は、「連邦」のものでも、「準備金」があるわけでもない。根本的にロスチャイルド家によって支配された私的所有銀行のカルテルである。


必要な数以上の余計な銀行や、全体コントロールに従おうとしない銀行は、標的にされ屈服させられる。そうすることによって、銀行の数は絞られ、権力はますます少数の銀行を所有する者に集中していく。

金融界のエリートが惹き起こした1929年のウォールストリート暴落と大恐慌の金融危機によって、数多くの小さな銀行は消滅に追い込まれ、その資産や顧客は巨大銀行がはぎ取った。そのプロセスが現在進行しており、結果的に、同じ人間が支配し、世界中央銀行とグルになって活動する僅かな数の巨大銀行だけにするのが狙いである。  

最終的な目的は、世界で一つだけの石油会社等々と同様に、たった一つの世界銀行にすることである。

現在の「金融危機」はこの計略に向けて大きく貢献している。今週イギリスでは、既に合併してできたスコットランド・ハリファックス銀行(HBOS)が、更に別の合併会社であるロイズTSBによって吸収された。

c0139575_1263151.jpg

「銀行業界の新戦力HBOS」 そうは思えないけど…


既に合併済であった二つの銀行の吸収合併によって出来上がる新しい巨大銀行には、イギリスの当座預金の40%を占めるといった、絶大なパワーが集中する。通常のケースであれば、独占禁止法によって阻止されるべき動きである。

ところが、スコットランド・ハリファックス銀行は、イギリスの住宅ローン最大手であり、倒産したならば英国経済への影響が甚大であるということで、政府は独占禁止法を無視して合併を許可した。問題発生→反応→解決策 である。

人々に生活存続にかかわる恐怖感(今回は金銭的な危機感)を抱かせることができさえすれば、人々は「救済」してもらえるなら何でもよい状態となり、より大きな意味でどのような影響が出るのかは少しも考えずに許してしまう支配者たちが、世界の経済システムに首輪を付け、掌握している状態では、各国政府はまったく無力で期待できない存在にすぎない。

これは「グローバリゼーション」と称されるものの背後にある大きな動機の一つである。グローバリゼーションによって、あらゆる国は、世界中の他の地域で起きていることの影響を被るようになる。今回の場合は米国のサブプライムの失態(上の支配層レベルでは、計算ずくである)が世界中にドミノ倒しを惹き起こした。

c0139575_127927.jpg

準備よーし、サブプライム危機、スタート!


悲劇的なまでに簡単なことである。パニックを煽動すれば、導火線に点火され、全部のプロセスが動き始める。システムはすべて信用という基盤の上に乗っている。銀行に対して信用があれば、銀行を利用するし、お金を預ける。信用がなくなれば、銀行は利用しないし、お金も預けない。いったん信用がなくなれば、ものすごいスピードで崩れていく

信用から崩壊へと持ち込むために必要なのは、銀行が危ないらしいという噂の吹き込み(恐怖心の植え付け)だけである。真実である必要はなく、実際に真実でないことが多いが、ある程度の人数が信じるようになれば十分であり、賽は投げられたことになる。

リーマン・ブラザーズなどの破滅に見られたように、このパニックの背景には、銀行の株価を狙った秘かな動きもある。邪悪なまでの貪欲さに憑き動かされた「トレーダー」は、ショート取引(空売り)といわれる仕組みを使い、会社が倒産すると予測すると、株式の所有者から買うのではなく、短期間だけ「貸借株」として株式を借りてくるのである。

そして借りてきた株を、より低い値段で買い戻すことができるという希望をもちながら、売却する。そして、利益を得た後で、本来の所有者に返却する。しかし、株を売り付けているのに加え、銀行が危機的だと噂を吹き込んでいるのであるから、株価は「希望」以上に下落する。

計画通りではあるが、この計算された売却行動は、銀行に何か問題があるに違いないという心理を増幅し、他の人々も売り始める。こうして崩壊へのスパイラルに転落していく。倒産をもたらす一連の工作に賭けたトレーダーたちによって、リーマン・ブラザーズの20%の株式は破綻前にショート・ポジションになっていた。

その結果、リーマン・ブラザーズはゆっくりと沈没していき、ロンドンなどの邪悪で陰湿な金融センターでは「勝利」を祝福するシャンパンのコルクがポンと音を立てていた。

c0139575_1274311.jpg


c0139575_12255267.jpg


c0139575_1929817.jpg


c0139575_19292791.jpg


(後略)


後半は以下参照

ルバヴィッチ派「アメリカの友」&ハルマゲドン vs. クロアチアのアイク
http://satehate.exblog.jp/9757761/

[PR]

by oninomae | 2008-09-27 12:26 | 魔術=詐欺とイルミナティ  

9.11と炭疽菌事件

c0139575_9243924.jpg

c0139575_9223263.jpg


2001年:  世界貿易センターの事件に続いて、炭疽菌の入った差出人不明の手紙がさまざまな政治家やメデイアの重役に送られる。この手紙に入った炭疽菌に触れたことで五人が死亡。

c0139575_926148.jpg

c0139575_9285245.jpg


9.11事件同様、これもすぐにアルカイダのしわざとされたが、これは、手紙に封入されていた炭疽菌がアメリカの軍事研究所で製造された特定のタイプの炭疽菌兵器だということが判明するまでのことだった。

c0139575_9312953.jpg

c0139575_9355296.jpg


その後、FBIが炭疽菌の入った手紙を出した主犯格の容疑者として割り出したのは、アシュケナージ・ユダヤ人のフィリップ・ザック博士であった。

c0139575_9483086.jpg


博士は、アラブ人に対して攻撃的な発言をしたために、上層部から数回、懲戒処分を受けていた。

フィリップ・ザック博士は、勤務先のフォート・デトリックで炭疽菌が保管されていた保管庫内に立ち入るところをカメラにとらえられている。

ここへ来て、FBIと主流メディアはこの事件に関する公的な論評を取りやめた。

c0139575_933698.jpg


c0139575_9492451.jpg



アンドリュー・ヒッチコック ユダヤ・ロスチャイルド 世界冷酷支配年表 2001 p318-319より

c0139575_9201893.jpg



c0139575_10513553.jpg

c0139575_10534512.jpg

c0139575_10521879.jpg

c0139575_1053095.jpg


参考

【米・炭疽菌事件】 同一犯? 4通目の炭疽菌入り手紙の表書き公開 FBI  朝日
http://www2.asahi.com/international/tanso/K2001111801368.html


 米連邦捜査局(FBI)は17日、炭疽(たんそ)菌入りと疑われるレーヒー民主党上院議員あての手紙について、表書きの写真を公開した。10月15日にダシュル民主党上院院内総務あてに届いた炭疽菌入り手紙とそっくりで、同一犯人が同じ時期に出したと思われる。同一犯人からとみられる手紙が見つかったのは4通になった。

 レーヒー議員への手紙の表書きは、あて先以外は院内総務あてと、うり二つだ。いずれもアルファベット大文字だけのブロック体で、右下がりに書かれている。差出人も同じ架空の「ニュージャージー州フランクリンパークのグリーンデール小学校4年生」。同州トレントンの10月9日消印も共通だ。

 犯人からの手紙は、9月18日トレントン消印のトム・ブロコウ氏(NBCテレビ)あてとニューヨーク・ポスト紙あて、10月9日消印のダシュル院内総務あてとレーヒー議員あての4通。 (11/18)

グリーンデールと呼ばれる地区
http://www.asyura2.com/2002/war14/msg/470.html



しかし、「グリーンデール」は攪乱・陽動作戦であったろう↓

What Ever Happened To The Anthrax Murder Case?
http://judicial-inc.biz/the_anthrax_mystery.htm


Dr. Zack Was Never Investigated
c0139575_333865.jpg


Dr. Phillip M. Zack threw suspicion on Dr. Assad. The anonymous letter falsely accusing Dr. Assaad was sent a little after the September 11th terrorist attacks, but before anyone knew about the anthrax-laced letters.


A Cornell-Educated Zionist
c0139575_34086.jpg

Two other Zionists, a Dr. Philip M. Zack and a Dr. Marian K. Rippy -- voluntarily left Fort Detrick soon after Assaad filed charges of harassment, and collusion.

A surveillance camera recorded Zack being let in at 8:40 p.m. on Jan. 23, 1992, apparently by Dr. Marian Rippy, a lab pathologist and close friend of Zack's, according to a report filed by a security guard.

Zack could not be reached for comment. In an interview this week, Rippy said that she doesn't remember letting Zack in, but that he occasionally stopped by after he was transferred off the base. 3


c0139575_9401979.jpg


FBI Hits A Dead End

When the evidence started pointing at a Dr. Zack, a Zionist, the investigation stalled.


そして、FBIはダミーへと向かった?

FBI Names Dr. Bruce Evans(Ivins)As Perpetrator

Dr. Bruce E. Ivins, a bio-defense researcher at Fort Detrick, Md., died Tuesday July 29, 2008, in an apparent suicide in a hospital in Frederick, Md. U.S. prosecutors investigating the 2001 anthrax attacks were planning to indict and seek the death penalty for Ivins in connection with mailings of the deadly anthrax toxin that killed five people.

そして、Ivinsは死んだ(「自殺」した)。

'Pressure' killed anthrax suspect  BBC Friday, 1 August 2008 22:27 UK
http://news.bbc.co.uk/2/hi/americas/7538373.stm

と、例のBBCは言っている。

THE HIDDEN ANTHRAX LETTERS SUSPECT
http://whatreallyhappened.com/WRHARTICLES/anthraxsuspect.html?q=anthraxsuspect.html


The FBI knows of a man who was caught entering the lab where the Anthrax used in the letters was kept, after he had been fired for a racially motivated attack on a co-worker. So, why is the FBI wasting its time with Steven Hatfill?


FBI Closes in on Anthrax Terrorist  Prime Suspect is a Zionist by Hector Carreon and La Voz de Aztlan
http://aztlan.net/zack.htm


Los Angeles, Alta California - 2/26/2002 - (ACN) Jewish microbiologist Dr. Philip M. Zack may be behind the deadly anthrax contaminated letters that were mailed to NBC's Tom Brokaw, Senator Tom Daschle and others, according to FBI sources. In a rapidly unravelling investigation by the FBI, it appears that the "Arab-hating-Jew" was behind a vile conspiracy to frame a colleague who was born in Egypt and who worked, along with Dr. Zack, at the U.S. Army's Medical Research Institute for Infectious Diseases in Fort Detrick, Md.

La Voz de Aztlan has maintained from the beginning that the anthrax-laced letters seemed contrived and were purposely written to make them appear that they were coming from someone in the Islamic World. New information just released by the FBI confirms our suspicions. On October 9, 2001 we published "Anthrax Terrorists may be Zionists" in which we outlined the reasons for our suspicions and in addition reported on a letter we received with a yellowish powder. On October 24, 2001 we published an editorial "Anthrax Letter Messages Seem Contrived" in which we commented on our theory concerning the origin of the letters. We also published pictures of the three actual letters and envelopes. We have now compared the handwriting on these letters to the one we received and it looks suspiciously the same. We are not handwriting experts and have made the decision to publish the envelope and letter we received so that our readership can see for themselves. Our local police department never came to pick up the envelope and letter and we still have them in a double zip-lock plastic bag. The letter and envelope addressed to La Voz de Aztlan are published at http://www.aztlan.net/letterbiochem.htm

The case against Dr. Phillip M. Zack began unravelling when Egyptian-born scientist Dr. Ayaad Assaad, now a U.S. citizen, was called in by the FBI for an interview on October 2, 2001. The FBI had received an unsigned letter falsely accusing Dr. Assaad of being responsible for mailing the anthrax tainted letters. The letter stated, among other things, "Dr. Assaad is a potential biological terrorist," and "I have worked with Dr. Assaad, and I heard him say that he has a vendetta against the U.S. government and that if anything happens to him, he told his sons to carry on." Rosemary A. McDermott, attorney for Dr. Assaad, stated that here is a very close connection between the person who sent that letter and the person who sent the anthrax. Ms. McDermott said "The person who wrote that letter knew intimate details of my client's life and his professional history, and about the Fort Detrick operation. I don't think that is a coincidence." The Fort Detrick biochemical research laboratory has maintained stores of weapons-grade anthrax that is commonly known as the Ames strain of Bacillus anthracis.

The anonymous letter falsely accusing Dr. Assaad was sent a little after the September 11 terrorist attacks but before anyone knew about the anthrax-laced letters. On October 5, 2001, about 10 days after the anonymous letter was mailed, Robert Stevens, Photo Editor of The Sun in Florida, became the first of five individuals to die from an anthrax infection.

The racist and bigoted attacks on Dr. Ayaad Assaad by Zionist Philip Zack and others started while he worked at the Army's bioweapons lab at Fort Detrick in Maryland during the 1990's. This is when a vicious racist vendetta was launched against the scientist of Arab descent. A group of coworkers led by then Army Lt. Col. Philip Zack began a hateful campaign to harass and get Dr. Assaad fired from his duties. The Zionists apparently wanted to get rid of anyone that could uncover their sinister plans which consisted in stealing "weapons grade anthrax" and other deadly viruses used in biological weapons. The conspirators had the support of the lab's former commander. Among other things, the bigots wrote and passed around a very crude poem denigrating Arab Americans, an obscene rubber camel and constantly poked fun at Dr. Assaad's use of the English language. In 1991 Dr. Assaad discovered the eight-page poem in his mailbox. The poem was lewd and mocked Dr. Assaad. The poem also referred to the rubber camel that was passed around. It was outfitted with all manner of sexually explicit appendages. The poem in part read: ``In Assaad's honor we created this beast; it represents life lower than yeast.'' The bigots noted that the rubber camel will be given each week ``to who did the least.''

It appears that the conspirators created an extremely toxic workplace on purpose in order to take control of the laboratory. The lab became very dysfunctional and hostile to the few "good" scientists that worked there which included Dr. Assaad. Dr. Assaad said ``This person knew in advance what was going to happen and created a suitable, well-fitted scapegoat for this action. You do not need to be a Nobel laureate to put two and two together.'' Dr. Assaad said he reported everything to his supervisor, Col. David R. Franz, but that Colonel Franz ``kicked me out of his office and slammed the door in my face, because he didn't want to talk about it.'' Dr. Assaad was eventually dismissed by Colonel Franz as were two other scientists of Arab descent.

The evidence against the racist Zionist bigot Dr. Philip "Mengele" Zack is very strong. Lab specimens of anthrax spores, Ebola virus and other pathogens disappeared from the Army's biological warfare research facility in the early 1990s during the very same period that the conspirators were harassing Dr. Assaad. An 1992 inquiry into the disappearance of the deadly pathogens found evidence that someone was secretly entering the laboratory late at night to conduct unauthorized research involving anthrax. A numerical counter on a piece of lab equipment had been rolled back to hide work done by the mystery researcher. A lab scientist, Dr. Mary Beth Downs, told investigators that she had come to work several times in 1992 to find that someone had been in the lab at odd hours to use the electron microscope to conduct some clandestine research. Dr. Downs reported in a memo that whoever was using the microscope was "either in a big hurry or didn't know what they were doing." Documents from the inquiry show that one unauthorized person who was observed entering the laboratory at night was Lt. Col. Philip Zack who at the time no longer worked at Fort Detrick. A surveillance camera recorded Lt. Col. Zack being let in at 8:40 P.M. on January 23, 1992, by another conspirator by the name Dr. Marian Rippy. Dr. Philip M. Zack has not been arrested.


STRANGER THAN FICTION:AN INDEPENDENT INVESTIGATION OF 9-11 AND THE WAR ON TERRORISM  By: Dr. Albert D. Pastore Phd.
http://www.voxfux.com/features/stranger_than_fiction.htm


THE ANTHRAX LETTERS: ANOTHER ANTI-ARAB FRAME UP

Why hasn’t Dr. Zack been given an FBI lie detector test???? Ask FBI boss and ADL’ “partner” ; Robert Mueller!  (引用注:& Thomas J. Pickard!)

The mysterious deaths of top microbiologists
http://whatreallyhappened.com/WRHARTICLES/deadbiologists.html


Dead Microbiologists Linked To Ethno-Specific BioWeapons From Patricia Doyle, PhD
http://www.rense.com/general40/dead.htm


List Of Dead Microbiologists From Charlene Fassa
http://www.rense.com/general61/deadmic.htm


100 DEAD SCIENTISTS AND MICROBIOLOGISTS - The Master List B16098 / Fri, 16 Jun 2006
http://valis.gnn.tv/B16098


Dead Microbiologists
http://911review.org/Wiki/DeadMicrobiologists.shtml




++
9-11 Was An Inside Job

c0139575_311692.jpg




Anthrax & More Zionist Lies
http://www.realzionistnews.com/?p=247


c0139575_1046575.jpg


c0139575_10461657.jpg

[PR]

by oninomae | 2008-09-27 09:56 | 9.11詐欺  

9.11と<工事用の水爆>

9.11もの(の新しい本を買って読むの)はもういいかなどと思っていたのですが、前作「闇の世界金融の超不都合な真実 ― ロックフェラ-・ロスチャイルド一味の超サギの手口」がなかなか優れものだったし、アメリカからのレポートということで、菊川征司さんの 「9・11テロの超不都合な真実―闇の世界金融が仕組んだ世紀の大犯罪」をぱらぱらっと読んでみましたが、 なかなか面白いです。一部紹介します。


驚くべき情報としては、この爆発物(引用注:原爆を起爆装置に使わない水爆)の存在をいまから10年以上前に明確に指摘した人物がいたことです。フィル・シュナイダー[April 23, 1947 - January 17, 1996]という地質学者です。

c0139575_2183887.jpg


この人は仕事の関係上爆発物にも精通していて、長い間政府の秘密プロジェクトに従事していました。

c0139575_21105212.jpg


1995年に何度か講演を行って、自分が関係してきた軍の地下基地建設に関することを内部告発しはじめたのです。

彼は1993年に起きた世界貿易センタービル地下の爆破事件について意見を求められたとき、爆発直後の現場の写真を見て、「この支柱の崩れ方は工事用の水爆が使われている」とはっきり断言したのです。

c0139575_21132423.jpg


彼によると起爆剤に原爆を使わない小型の水爆が1995年の時点ですでに開発されていて、おもに工事用に使われていたというのです。*

--
*政府の秘密作業に従事した地質学者フィル・シュナイダーの公演ビデオです。
http://www.truveo.com/Pil-Schneider-Lecture-Nov-1995-Aliens-dont-exist/id/2759875037
◆彼の話す内容には、過去に米国政府がおこなってきた秘密プロジェクトの多くが出てきます。
--
c0139575_23284643.jpg

参考:Special Atomic Demolition Munition とは
--

彼が生きていれば、同時多発テロの現場で多くの不明なことが解明されると期待されるのですが・・・、惜しむらくは1996年の1月に、自宅の居間で首に太いチューブが巻かれた状態で死んでいるのを訪ねてきた友人に発見されています。

死後1週間近く経っていたようです。警察は"自殺"として片づけましたが、彼は翌週からフロリダ州を皮切りに、政府の秘密プロジェクト公表をテーマにして、全米をまたにかけた講演旅行に出かける予定になっていたのです。だから、警察発表をそのまま肯定することはできかねるのです。 (同書 第1章 p052-053 より)

c0139575_2022788.jpg

                9-11 Was An Inside Job

世界統一政府を目論む超富豪たちが、9・11テロ捏造を引き起こした!遠隔操作の飛行機、水爆でビル解体、火事場泥棒の金塊奪取、巨額のインサイダー取引、マスコミの箝口令、消された記録、告発者たちの不審死…黒幕たちの正体を暴露。


第1章 “爆破解体された”世界貿易センタービル―政府発表の大矛盾(9・11テロ以降、アメリカ建国の精神は踏みにじられた;ケネディ暗殺の新資料―警護解除の合図 ほか)

第2章 “ミサイルが撃ち込まれた”ペンタゴン―使途不明金をもみ消せ!(国防の中枢がいともたやすく襲撃された;巨額の使途不明金を隠蔽するためにペンタゴン攻撃は演出された!! ほか)

第3章 “遠隔操作された”ユナイテッド93便―捏造のハイジャック神話(死体がまったくない墜落現場の怪;大型機墜落に見せかけた偽装工作 ほか)

第4章 真犯人―どう実行され、誰が利益を得たのか(CIAの手先オサマ・ビン・ラディン;ビン・ラディン家とブッシュ家の蜜月関係 ほか)
資料篇 計画されていた9・11―主要メディアに見られる200以上もの「決定的証拠」(事前に計画されていたこと;軍が準備していたこと ほか)


参照

The Phil Schneider Story
http://www.apfn.org/apfn/phil.htm


Phil Schneider Related Articles & Documents
http://www.philschneider.org/


The Mysterious Life and Death of Philip Schneider By Tim Swartz with assistance from Cynthia Drayer
http://www.ufodigest.com/mystery.html


Memory of Phil Schneider
http://www.burlingtonnews.net/schneider.html


Underground Bases - A Lecture by Phil Schneider, May 1995
http://www.illuminati-news.com/phil-schneider-lecture.htm


WTC COLLAPSE FROM DEMOLITION  911lies.org
http://www.911lies.org/WTC_collapse_demolition_explosions.html


c0139575_22534964.jpg


c0139575_22541839.jpg

Storax Sedan 104 Kt shallow underground.↑


c0139575_22555298.jpg


Trailer for "WMD[weapon of mass destruction] at the WTC" Coming Soon!
http://video.google.com/videoplay?docid=3211807290597119388


WTC小型水爆倒壊説の検証 By richardkoshimizu
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/hydrobomb.htm



c0139575_212352.jpg



c0139575_5162540.jpg


c0139575_5184576.jpg


c0139575_5193979.jpg




世界統一政府を樹立するという筋書き 一陣の風
http://blue.ap.teacup.com/97096856/766.html


c0139575_23254214.jpg

[PR]

by oninomae | 2008-09-25 21:15 | 9.11詐欺  

9.11とマイケル・チャートフ by アンドリュー・ヒッチコック&Br N. Kapner (動物農場への道)

2001年:  9.11事件の二時間前、ツインタワーからわずか数ブロックのところに事務所を持つオディゴというイスラエル企業は、インターネットのインスタントメッセージを通じて、事件の予告を受ける。ニューヨーク事務所の所長は、FBIにメッセージ送信者のIPアドレスを教えたが、FBIはこの件を追及しなかった。

FBIは、イスラエルの運送会社五社を、イスラエル諜報部の偽装会社とみて捜査を行っていた。

事件前の数力月間、世界貿易センターを盛んに出入りしていたこの五社とつながりのある約二〇〇人のイスラエル人が、その後、事件関与の疑いで逮捕された。彼らの使っていた運送トラックから、爆発物の痕跡が見つかったのである。

ところが、アメリカ司法省の幹部、マイケル・チャートフの直接命令で、彼らは「ビザの不正使用」によりイスラエルヘ送還される。

c0139575_2153559.jpg

c0139575_21263792.jpg


アメリカとイスラエルの二重国籍を持ち、父親はラビで、母親がモサドの最初の工作員の一人だったというチャートフは、それから、世界貿易センターの事件とは無関係のイスラム教徒およそ九〇〇人の逮捕を命じたのである。

九月十二日、イスラエルが9.11事件の加害者だと暴露されるかもしれないという警告を受けた「エルサレム・ポスト」紙は、イスラエル人がハイジャックされた飛行機では二人死亡し、世界貿易センターでは四〇〇〇人が行方不明になっているという記事を掲載。ところが、一週間後、ベイルートのテレビ局が報道したところによると、世界貿易センターで働く四〇〇〇人のイスラエル人は事件当日、欠勤していた。これが、「エルサレム・ポスト」紙が報じた話の真相だろう。

九月二十二日、「ニューヨーク・タイムズ」紙は、最終的に次のように発表した。

「事実として、死亡が確認されたイスラエル人はわずか三人に過ぎない。飛行機に乗っていた二人と、商用でタワーを訪れ、身元を確認されて埋葬された一人である」

c0139575_2054354.jpg

c0139575_205978.jpg


アンドリュー・ヒッチコック ユダヤ・ロスチャイルド 世界冷酷支配年表 1936-1973 p318-320より

c0139575_20571235.jpg

               9-11 Was An Inside Job


2005年:  一月二十日のブッシュ大統領二度目の就任演説に、こういうくだりがあった。

「われらが建国の粗が時代の新しい秩序を宣言したとき・・・」

これは間違いである。建国の父たちは「時代の新しい秩序」など宣言していない。これを宣言したのは、ユダヤ人であるルーズベルト大統領だ。 一九三三年、ルーズベルト大統領は、それをラテン語に訳した「Novus Ordo Seclorum」という言葉を一ドル札に印刷したのである。

c0139575_21272346.jpg


二月十五日、マイケル・チャートフがアメリカ国土安全保障省の長官として宣誓就任した。 


c0139575_2120399.jpg


c0139575_21232393.jpg


前にも書いたが、チャートフはアメリカとイスラエルの二重国籍保持者で、父親はラビ、母親はモサドの第一期工作員である。(同上、p348-349より)

c0139575_21205624.jpg


c0139575_22274355.gif

               (↑拡大して見て下さいね)

参考

9-11’s Real & Phony Spies  Real Jew News
http://www.realjewnews.com/?p=228


c0139575_2142482.jpg

c0139575_21431647.jpg

c0139575_21434771.jpg


9-11 & The Jewish Gatekeepers  Real Jew News
http://www.realjewnews.com/?p=206


c0139575_2321110.jpg

c0139575_2331100.jpg


REAL ID Act Plotted By Jews!  Real Jew News
http://www.realjewnews.com/?p=176


c0139575_238316.jpg

c0139575_2391073.jpg


A Jewish Police State Is Coming  Real Jew News
http://www.realjewnews.com/?p=203


c0139575_235639.jpg

c0139575_2361435.jpg

c0139575_2363922.jpg


Biometrics: Bush & His Jewish Spies  Real Jew News
http://www.realjewnews.com/?p=220


c0139575_22564066.jpg

c0139575_2257652.jpg


Internet Jew-Police Are Coming!  Real Jew News
http://www.realjewnews.com/?p=150


c0139575_23264668.jpg

c0139575_232765.jpg


Homeland Security Jews Want To ‘Taser’ You!  Real Jew News
http://www.realjewnews.com/?p=233


c0139575_21381336.jpg

c0139575_21382952.jpg


George Orwell’s Zionist Nightmare  Real Jew News
http://www.realjewnews.com/?p=213


c0139575_22592567.jpg

c0139575_22595585.jpg


“Judaism Discovered” (Death Penalty Warning!)  Real Jew News
http://www.realjewnews.com/?p=257


c0139575_23205267.jpg

c0139575_2321344.jpg


The Jewish Thought Police Are Here!  Real Jew News
http://www.realjewnews.com/?p=138


c0139575_23242331.jpg

c0139575_23244648.jpg


c0139575_20234581.jpg

c0139575_21581097.jpg



参照

条約刑法=共謀罪  (法務大臣 何する人ぞ?)
http://satehate.exblog.jp/7217540


死神復活、大反対! マヨのぼやき  (総務大臣 何する人ぞ?) 
http://mayo.blogzine.jp/blog/2008/09/post_21a2.html


「人権擁護」=言論弾圧ファシズム (油断していると執念深くやってくる)
http://satehate.exblog.jp/7708367


そんなこと あるかい?だ。 すばらしき弁証法=マッチポンプ
http://satehate.exblog.jp/7171121


ニガヨモギ 2 アジアにせまるFEMAの戒厳令体制?
http://satehate.exblog.jp/7797035


マイクロチップと大いなる世界人間牧場 by デーヴィッド・アイク
http://satehate.exblog.jp/8496970/


マイクロチップと大いなる世界人間牧場 2
http://satehate.exblog.jp/8507585/


お札でわかる日本動物農場
http://satehate.exblog.jp/6926040/


デンヴァー空港: 世界人間牧場への黙示
http://satehate.exblog.jp/6927940/


c0139575_23572326.jpg


c0139575_012022.jpg


c0139575_23574938.jpg


c0139575_23583458.jpg


c0139575_044670.jpg


c0139575_053784.gif

[PR]

by oninomae | 2008-09-24 21:32 | 9.11詐欺  

もうすぐ?

c0139575_2327643.jpg


クラッシュすると、適当にトレンドライン書いてみただけですが、オーヴァーシュートで4000~5000くらいまでは落ちますかね。前回の大恐慌時は平均で1/10になったことを思い出せば結構恐ろしい(今回もそうなら1500位)わけだが。

c0139575_19494342.jpg

なにしろめちゃくちゃな「信用創造」をしてつかませておいて、(対策してるフリをしながら)わざとそれを消しちゃうわけですからね。やはり戦争に導かれそうだ。

c0139575_1816114.jpg


c0139575_18195698.jpg

                   そんな気がする



参照

新世界のためのアジェンダ?
http://satehate.exblog.jp/6991054/


細菌戦争ならば効果があるかもしれない by バートランド・ラッセル
http://satehate.exblog.jp/8752829/


強毒性インフルエンザ
http://satehate.exblog.jp/6918901/


予防接種に混入された高致死率の変種インフルエンザ by ジョン・コールマン
http://satehate.exblog.jp/8739829/


遺伝子操作ウィルスが「過剰人口」を葬り去る日 by ジョン・コールマン
http://satehate.exblog.jp/8750892/


「厳格な措置」ワクチン接種/狙いを絞って大量虐殺も by デーヴィッド・アイク
http://satehate.exblog.jp/8389107/


予防接種で人工的に感染のAIDSという詐欺/数千億円産業 by デーヴィッド・アイク
http://satehate.exblog.jp/8398489/


ビル・ゲイツ:羊の皮を被った悪魔主義者か?  By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/8532436/


医療マフィアによる大量虐殺  一陣の風
http://blue.ap.teacup.com/97096856/913.html



参考(可能性として)

アメリカ=北朝鮮=中国 オルタ
http://alternativereport1.seesaa.net/article/107013554.html


 中国の最大手銀行、中国工商銀行、中国建設銀行、中国銀行は、株式上場する際、全て米国の銀行に主幹事の担当を依頼している。

つまり米国に「手取り足取り」指南してもらい株式公開を行っている。

特に中国工商銀行は、ロスチャイルドのゴールドマンサックスから26億ドルもの出資を受け、株式上場を「果たして」いる。

 こうした中国と米国の水面下での一体化が、中国と北朝鮮の一体化の背後に見えている(拙稿「北朝鮮の影で動く中国」参照)。

日本が日米軍事同盟を「カサにきて」、北朝鮮と対立する時、この米国=中国=北朝鮮のトライアングルの「掌の上」で、「日本が完全に、モテアソバレテいる」事を正確に見抜く必要がある。


北朝鮮の影で動く中国 オルタ
http://alternativereport1.seesaa.net/article/106959880.html


 北朝鮮の中国国境地帯にある、茂山(ムサン)という町に、アジア最大規模の鉄鉱石の鉱床がある。

中国は、この鉄鉱石を独占的に開発している。

この北朝鮮による中国への便宜供与に対して、北朝鮮が戦争を開始した場合には中国軍が全面的にバックアップするという契約が存在している。

動き出す北朝鮮軍? オルタ
http://alternativereport1.seesaa.net/article/106801310.html


 欧米諸国から「サギまがい」のジャンクボンド、デリバティヴ取引によって資金を調達し、イスラエルへ兵器購入資金=戦争資金を運搬する「パイプ役」であったリーマン・ブラザース。その倒産に、イスラエルのパレスチナ残留組が逆上している。

残留組から言わせれば、ロシア・中国へと拠点を移動させつつあるパレスチナ見殺し派イスラエル人が、サブプライム債券の先物市場での投売りによって、今回の倒産劇を「画策した」事になる。

 1991年のソ連(ロシア)崩壊後、生活に困窮したロシア軍の軍上層部は核兵器・生物兵器等を世界中に密売し生計を立てて来た。その最大の「バイヤー」は、イスラエルであった。

この密売を仕切ってきたロシア出身のイスラエル軍情報将校コードネーム「テンプル・フォーチュン」は、逆上したイスラエル軍部が、生物兵器スーパーペスト菌を世界に、バラマク危険性があると伝えて来た。

人類が、これまで開発してきた全ての薬物が効かないように遺伝子操作された生物兵器=スーパーペスト菌である。

 ペストに限定されず、これまでに無い奇病、感染症の多発=生物兵器攻撃には注意を要する。イスラエルが核兵器製造を担当してきた北朝鮮軍が「実働部隊」として動く可能性もある。金正日周辺の「不穏な動き」は、その信号である。日本の防疫体制は極めて不十分である。

この北朝鮮による中国への便宜供与に対して、北朝鮮が戦争を開始した場合には中国軍が全面的にバックアップするという契約が存在している。


安定策に呼応する国なし=財務長官、要請継続-米紙 時事
http://www.jiji.com/jc/c?g=int_30&k=2008092300287


 【ワシントン23日時事】米紙ニューヨーク・タイムズ(電子版)は23日、米政府が先に打ち出した総額7000億ドルの金融安定化策について、米政府が同様の措置を日本や欧州諸国に求めているものの、これまでに応じた国はないと報じた。
 同紙は「日本や欧州諸国は、(自国内で)米国と同種の救済策に乗り出すつもりはない」と伝えた。ポールソン財務長官は引き続き外国政府に協力を要請しているというが、同紙は「欧州では、米国で発生した問題は米国内で解決すべきだとの意見がある」との識者の見方を紹介した。(2008/09/23-15:34)


ネオコンの最終案 Benjamin Fulford

M12というアメリカ政府の極秘機関の人物からの最新情報によると、追い詰められたネオコンの最終案はやはり第三次世界大戦である。
そのシナリオは先ずロシアがポーランドのミサイル防衛システムを攻撃する。これに対してアメリカが反撃し、中国、ロシアVSイギリス、オーストラリア、カナダ、アメリカが戦争をする。その後少数人数による世界征服を目論んでいる。

この案が上手くいくとはわないが、「9月末のアメリカの経済危機をきっかけに、アメリカ国内での戒厳令の施行と第三次世界大戦の始まり」というのはJeff RensやNSA内部告発者など複数の人物からの最新情報とも一致をする。

しかし世界の政府や世論、反米ネオコン達、19万人のエリート民間軍などがこれを許すとは思えない。


ネオコンの最終案 続編 Benjamin Fulford

Jeff Renseやイギリス当局、CIA関係者からの情報によると、ネオコン達は違法に奪い取ってきたお金(マネーロンダリングやインサイダー取引、軍事契約の横領など)を9月末までにBIS(国際決済銀行)に返済しなくてはならない。911やMartin Luther King、JFK暗殺などを行ったこの一派は追い詰められていて、最後に危険を冒す可能性がある。彼らの最後のカードは莫大な軍事力であり、19万人の傭兵を使い100万人程のブラックリストに載ったテロ予備軍達を強制収容所に入れ、ファシスト国家を作ろうとしている。

これを止めようとした数十人の将軍は既に暗殺されている。しかし反ネオコンはCIAやNSA、ペンタゴン内にも沢山いる。彼らが戒厳令の施行と第三次世界大戦を止めてくれることを願う。このネオナチ達の恐ろしい計画が止められれば、新しい国際経済の仕組みが作られ平和な時代が訪れるであろう。

ネオナチ幹部達:George W. Bush, George H. Bush, Jeb, Neil, and Marvin Bush, Dick Cheney, Donald Rumsfeld, Condaleezza Rice, Karl Rove, Wolfowitz, Perle, Powell, Armitage, Ashcroft, Abrams, Adelman, Feith, Bolton, Libby, Kissinger, Mueller, Tenet, Goss, Giuliani, Hayden, Chertoff, Baker, Clinton, Blair



c0139575_19533091.jpg


1980年:  「ジョージア・ガイドストーン」が米国ジョージア州エルバート郡に建立される。これに刻まれた十戒の第一戒は次のようになっている。

「人口を五億人以下にとどめ、自然との永遠の均衡を保つべし」


アンドリュー・ヒッチコック ユダヤ・ロスチャイルド 世界冷酷支配年表 1936-1973 p240より
[PR]

by oninomae | 2008-09-23 18:01 | 金融詐欺  

パキスタン不安定化 イスラマバード/ホテル/爆弾テロ

またやってるの?なんて思っちゃって、ちょっとほっといたけれど、一応メモ。

c0139575_065034.jpg

c0139575_1974875.jpg


イスラマバードのホテルで爆弾による大きな爆発、死傷者多数 AFP 2008年09月20日 23:56 発信地:イスラマバード/パキスタン
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2519607/3358329


c0139575_031134.jpg

c0139575_0382350.jpg

c0139575_0312475.jpg


【9月20日 AFP】パキスタンの首都イスラマバード(Islamabad)のマリオットホテル(Marriott Hotel)で20日夜、自動車爆弾による大きな爆発があり、治安部隊高官によると少なくとも60人が死亡、約200人が負傷した。

 爆発音は非常に大きく、かなり離れた場所まで聞こえた。爆発直後、現地のテレビは火の手があがったマリオットホテルから血を流して出てくる負傷者や、現場に急行する多数の救急車の映像を放送した。

c0139575_010175.jpg

現場近くに止まっていた車はガラスが割れるなど、大きく破損していた。

c0139575_0113182.jpg


 目撃者によるとマリオットホテル近くの建物のガラスも割れていたという。爆発は非常に強力で、1キロ離れた場所でも建物のガラスが割れた。警察によると、マリオットホテルの内部に大勢の人が取り残されているという。またホテルが倒壊する恐れもあるという。

 マリオットホテルは外国人が多く利用する高級ホテルで、イスラマバード市内では最も厳重に警備された場所の1つだった。

 複数の警察官が爆弾を積んだ自動車によるものだと語っているが、自爆だったかは分かっていない。

c0139575_0322088.jpg

c0139575_0323737.jpg


c0139575_0324928.jpg

c0139575_033225.jpg

c0139575_0331935.jpg

c0139575_0333798.jpg


こんなもの↓を思い出してしまいました。
c0139575_1675199.jpg

1995年4月19日、自作自演のオクラホマ連邦政府ビル爆破事件。こちらはトラック爆弾+ビルに仕掛けた爆弾でしたが。

■新大統領の重い課題

c0139575_013340.jpg


 20日、爆発が起きる数時間前、パキスタンのアシフ・アリ・ザルダリ(Asif Ali Zardari)大統領は就任後初めて議会で演説をした。武装勢力はパキスタン北西部で活動を活発化させ、警備が厳重な首都イスラマバードへの攻勢も強めており、ザルダリ氏は就任早々イスラム武装勢力への対応を迫られる。

 事件後ザルダリ大統領はテレビ演説で、「テロはパキスタンのがんだ。われわれはこの国からがんを取り除く決意がある」「われわれは死を恐れない」などと語った。

 ザルダリ大統領は、来週の国連(UN)総会に合わせ米ニューヨーク(New York)を訪れ、ジョージ・W・ブッシュ(George W. Bush)米大統領と会談する予定だが、訪米が予定通り行われるかはわかっていない。

 ブッシュ政権は、イスラム武装勢力タリバン(Taliban)やアルカイダ(Al-Qaeda)系の武装勢力が、アフガニスタンとの国境に近いパキスタン領内を拠点にしてアフガニスタンを攻撃していると非難している。

 武装勢力の問題は米政府にとって主要な問題になりつつあり、非公式な場で、パキスタン指導部は武装勢力掃討のための十分な努力を払っていないと語る米政府高官は少なくない。

 しかし、米軍がパキスタン領内の武装勢力を直接攻撃し、3日には米軍がパキスタン領内で地上部隊による軍事行動を行ったことで、パキスタンの対米感情は急速に悪化している。(c)AFP/Emmanuel Giroud


以下参考

パキスタン軍最高司令官、米軍の越境攻撃を非難 AFP 2008年09月11日 10:50 発信地:イスラマバード/パキスタン
http://www.afpbb.com/article/war-unrest/2515872/3321308


【9月11日 AFP】パキスタンのアシュファク・キアニ(Ashfaq Kayani)陸軍参謀長は11日、隣国アフガニスタンに展開する米軍主導の多国籍軍の越境攻撃を強く非難し、パキスタンの「主権は死守されなければならない」と述べた。

 キアニ参謀長は声明で「国の主権と領土保全は死守されなければならない。いかなる外国勢力もパキスタン国内で作戦を実施することは許されない」と述べた。

c0139575_430055.jpg


 アフガニスタンとの国境に近いパキスタン・南ワジリスタン(South Waziristan)州では前週4日、駐アフガニスタン多国籍軍の越境攻撃で市民ら15人が死亡している。

c0139575_424912.jpg


 米国のマイケル・マレン(Michale Mullen)統合参謀本部議長は10日、パキスタン領内の武装勢力の潜伏地域を含む新たな戦略を立てるよう命じたことを明らかにした。

c0139575_4325351.jpg


 これに対し、キアニ参謀長は多国籍軍との間で「パキスタン領内での作戦実施を許可する合意や理解」はないと指摘。市民に被害を及ぼす「見境のない攻撃は武装勢力の活動を助長するだけ」だと述べた。

 米、アフガニスタン両政府は、パキスタン国境付近の部族地域に国際テロ組織アルカイダ(Al-Qaeda)や旧支配勢力タリバン(Taliban)が潜伏していると主張している。(c)AFP/Rana Jawad



九月二十日パキスタン首都イスラマバード都心部の高級ホテルに対する高度のテロ。これは、イルミナティの世界戦略の一環としての謀略的作戦であること。 太田龍 更新 平成20年09月22日23時51分

平成二十年(二〇〇八年)九月二十二日(月) (第二千五百五十三回)

○九月二十日、土曜の夜。パキスタンの首都イスラマバードの都心部、大統領官邸のすぐ近くの米国系高級ホテル(マリオット・ホテル)に、推定爆薬六百キログラムを積んだトラックが突入し、

○ホテルは、大爆発のためにガス管に引火し、六階建ての高級ホテルは、全焼した、と。死傷者約三百名、と。

○この事件は何を意味するか。

○その深層を知るためには、

○次の二冊の本が必読である。

 (1)ブレジンスキー著「セカンド・チャンス」(邦訳あり)
 (2)W・G・タープレイ「オバマ―ポストモダンクーデター」(未邦訳)

○ブレジンスキーによれば、一九八九年、ベルリンの壁の崩壊後、米国は、世界唯一のスーパーパワー、世界の支配者たるべき、第一のチャンスをみすみす逃した。その責任は、ブッシュ(父)、クリントン、ブッシュ(息子)と三人の大統領にある。

○この三人の大統領は、第一のチャンスを捉えることに失敗した。

○二〇〇九年一月から始まる米国の次の大統領は、第二のチャンスを捉えなければならない。

○第二のチャンスを捉えるとは、どういうことか。

○それは、要約すれば、米英が、ロシアを滅亡させ、ロシアを占領し、ロシアの領土をイルミナティ三百人委員会の領土とすること、である。

○しかし、三百人委員会は、この戦争を第一次、第二次と、二つの世界大戦と同じ方式では演出しない。

○ジョン・コールマン博士は、新著「ビヨンド・コンスピラシー」(二〇〇七年、未邦訳)の中で、そのことを分析している。

○三百人委員会は、そこで、三百人委員会の最高の戦略家たるブレジンスキーに、

○第二のチャンスをしっかりモノにする任務を与えた。

○ブレジンスキーは、二〇〇七年三月「セカンド・チャンス」を出版し、

○さらにこの戦略を実行させるべき、次期米国大統領候補として、バラク・オバマを選んだのである。

c0139575_4482970.jpg


○ブレジンスキー戦略によれば、米英NATOがロシアを滅亡させるためには、

○ロシアをロシアから見て

  西部戦線
  南部戦線
  東部戦線

○と、三つの方向から包囲すべし、と成る。
 
○宇宙戦線はもちろんのこと、そして海上も。

○しかるのち、決定的戦略的攻撃方面は中共とロシアを分裂させること。

○つまり、SCO(上海協力機構)を解体して、中共をロシアと敵対させるのである。

○このために、中共を包囲して、しめつけるべしと、

○かくして、パキスタンの不安定化とパキスタンの解体が目標に上る、と。

○白痴そのものの現代日本人、とりわけエリートと自称している、実は単なる阿呆、バカ、白痴に過ぎない日本の権力者階級は、○イルミナティの前出のような戦略は全く分からない。

○こんな白痴どもに日本をまかせ続けるなら、日本民族の完全滅亡は避けられない!!

 (了)

参照

ハンブロー帝国 by デーヴィッド・アイク +パペット・オバマのアフガン・パキスタン
http://satehate.exblog.jp/9490291

[PR]

by oninomae | 2008-09-23 04:07 | 戦争詐欺・紛争  

冶金つながり?五月・六月の広島からの疎開。世界連邦? & 湯川秀樹 by 鬼塚英昭他

私の高校の同窓生は、広島在住の有志が中心となって『ヒロシマと広高』という同人誌を不定期に発行している。そこには「被爆前から原子爆弾の存在を知っていた」とする二人の証言がある。

一つは一九九七年八月発行のもので、同級の中野武彦君のものだ。彼は皆実町の高校の寮で朝食をとっている最中に被爆したが、全壊した食堂の残骸を押しのけて、やっとの思いではい出した。顔に深い切り傷を負っていた。その夜は近くの蓮畑で野宿したという。(被爆した夜、野宿していると)高校生の集団ができて、夜空になおも赤い炎をちらちら見せている市の中心部を見つめながら、私たちは時折元気づけに寮歌を歌っていた。ふと私は、京都帝国大学で物理学を専攻し、荒勝教室にいた義兄が、物知り顔に話していたのを思い出した。マッチ箱一個の大きさで、戦艦一隻すっ飛ばす爆弾があるんやデ。原子爆弾言うんや」

B29一機か二機の爆撃で、これほど広範囲に被害を与え得る爆弾は、原子爆弾以外にないのではないか。そのことを持ち出したが、居合わせた化学を教えるH先生は、きっぱりと否定した。

「理論的には可能じゃが、いくらアメリカだって、まだそこまではいっとらんじゃろう」

けれどもやはりあれは、世界で最初に人類の上に落された、一発の原子爆弾だったのである。

これまた呉鎮守府の三井大佐の「京大荒勝研究室(海軍)ニテ行ヒアルモ」と符合する。物理学者の間では、弁当箱とかマッチ箱とか、その大きさこそ違え原子爆弾は公然と語られていたようだ。(引用注:日本の原爆研究は理論的な話に」留まっており、実際の爆弾製造からは遠かったことがわかる)


いま一人は私の中学、高校で二年先輩の水田泰次さんだ。二〇〇〇年八月発行の同人誌の中で、やはり「広島に原爆が落とされることがわかっていた」と次のように書いている。

当時、小生は京大工学部冶金教室の学生でした。原爆が投下される三カ月前の一九四五年五月のある日、冶金教室の主任教授の西村英雄先生に突然呼び出されました。先生によると、アメリカの学会から秘密裡にニュースが先生に送られてきて、当時原爆製作を競争していた日本より先にアメリカで成功したというのです。そして、その第一回現地テストを広島で行なう予定が決まった。できるだけ早く両親を疎開させなさいということでした水田さんは西村教授の忠告にしたがって、両親をすぐに広島近郊の廿日市に疎開させた。おかげで両親は原爆の被害にあわなくてすんだ。この西村教授の忠告は、今や想像もできないくらい奇想天外ともいえる秘密情報だが、水田さんはこう言う。

西村先生に呼び出された時、先生の横に原子物理の湯川秀樹教授が座っておられた。それで、てっきり湯川教授からの秘密情報かと思っていたが、どうやらそうではなかったらしい。西村先生がアメリカとの独自のルートを持っておられたようだ」

独自ルートで考えられるのは『もはや高地なし』の一節だ。原爆投下の約半年前の一九四五年初めごろから、一部の米学者の間から「原爆使用反対」の声が出て、その中心になったのがシカゴ大学の冶金研究所だった。アーサー・コンプトン所長を中心に政治家や軍関係者に対し、さまざまな反対運動を繰り広げたようだ。その様子は「届かなかった原爆使用反対の声」という項目で詳しく紹介されている(同書一一一ぺージから一一九ぺージまで)。六月四日には「同研究所で対日原爆使用を阻止しようとして七人の科学者が会合を開いていた」とあるが、結局反対の声は通らなかった。

シカゴ大と京大、そして同じ冶金研究所と冶金教室。冶金つながりに不思議な符号がある。学者の間では、あの戦時中でもスイスあたりを経由して、日米間でひそかに情報を交換していたという話もある。終戦後、西村教授が亡くなったのち、水田さんは同教授のご子息に「生前、こんな話を聞いていましたか」と尋ねたところ、「そんな話は一切聞かなかった」という返事だったという。だが、水田さんは、今でも日米間の「冶金つながり」を信じている。

中条一雄 原爆は本当に8時15分に落ちたのか 第6章 原爆だと知っていた記者 p184-187より

c0139575_19165092.jpg

この本は題名より、上記の記述のほうが重いです。

**

以下は、鬼塚英昭 原爆の秘密[国内篇] 第四章 悲しき記録、広島・長崎の惨禍を見よ 第一節 湯川秀樹ノーベル賞と原子爆弾との関係 p153-162より

c0139575_19195486.jpg


私は中条一雄のこの後半部分を読んで、先輩の永田に原爆情報を伝えたのは、間接的ではあるとはいえ、間違いなく湯川秀樹であったと思うに至った。アーサー・コンプトン所長を中心に、「日本に直接、無警告による原爆投下をやめ、事前に知らせてからにしろ」という反対運動が燃え上がった(引用注:ちょっとは「科学者達」に良心があったと少しだけ安心させられます)。ジェームズ・フランクによる「フランク報告」にその内容が詳しく書かれている。しかし、私は本書が莫大な頁数になるゆえに、学者たちの反対運動に触れなかった。これらの運動は、結局、原爆製造・投下の最高責任者スティムソン陸軍長官によって潰されるのである。

中条一雄は「シカゴ大学と京大、そして同じ冶金研究所と冶金教室・・・」と書いているが、シ力ゴ大学の冶金研究所は、「原爆研究所」とは表現できないとのことからきた偽名である。イギリスの原子力委員会が「管合金」という言葉を使ったのと同様の偽名である。京都大学は、このシカゴの冶金という言葉に倣った可能が高いと私は思っている。

湯川秀樹は戦争が終了してから三年たった一九四八年に『原子と人間』という本を出版している。その中に「アメリカ日記」が入っている。一九三九年十月三日の日記を見ることにしよう(英文の部分は私が和訳した)。

  十月三日(火)晴 稍々寒し(シカゴ)
 午後零時三十分汽車はシカゴ・セントラル駅着、船山氏の自動車で直ちにクォーディラングル・ヒルに向ふ。船山氏は私が昨日帰って来るかと思って迎へに行ったり、又コンプトン氏はディナーを途中で打切ってスティーブンス・ホテルヘ行ったりした由。
 一時十分過ぎホールに行くとコンプトン氏は既に待って居られて昼食を共にする。実に親切な、真面目な、頼もしい人である。丁度食堂にはデンプスター博士、マルキン博士、アリソン博士も居て一緒に賑やかに話する。それからコンプトン氏の案内でシェーンその他の人のやっているバルーンにカウンターを乗せて飛ばす実験装置を見せて貰う。バルーンはうすいゴムで二二粁(最高)迄上る由。シェーンの最近の実験法は既にピス・レビュー(九月一五日)に発表されて居るが、ソフト・コンポーネント(柔核力)が最高の度合いになる高さまで中性子によって作られる強分子は柔核力に比例して増す。これを中性子がフォトンであるとするとよく了解できる。・・・

湯川秀樹はコンプトンの案内で各種の実験装置を見て回る。そして、二〇人ばかりの関係者が集まった会議室で講演をする。その内容を翻訳して伝える技術を私は持たないので以下は省略する。

私はこのときから、湯川のコンプトンや他の学者たちとの交流が始まったとみている。

渡部悌治の『ユダヤは日本に何をしたか』に戻ろう。

c0139575_1937627.jpg

渡部は「軍の機密に属することでもあり、早計に外部に洩らしてはならぬ」と書いているが、私が調べた範囲内で、日本の原子物理学の理論面での研究では、ある分野(中間子理論)では世界的水準に達してはいたと思えるが、どうも納得がいかない。日本の原爆研究で、アメリカにとって役に立ったものがあるとは思えない。

有馬哲夫が「月刊現代」(二〇〇八年一月号)で、「元CIA長官A・ダレスの『原爆投下阻止工作』の全貌」という記事を発表している。その中に、次のような文章がある。

  たしかにバーグは、ハイゼンベルクが一九四四年のクリスマスにスイスのチューリッヒにやってきて講演することを突き止め、現地に入り実際にそれを聴いている。だが、彼が一二月三〇日に本部に送った報告書には、ナチス側の潜在的原爆開発者としてハイゼンベルク配下の科学者の名前があげられているだけだ。ちなみにそこには「キクチ(菊他正当時大阪帝大教授)」、「ユカワ(湯川秀樹、当時東京(ママ)帝大教授)」の名前も言及されている。

私は、トマス・パワーズの『なぜ、ナチスは原爆製造に失敗したか』(一九九四年)を読み、ハイゼンベルクがたしかに、一九四四年のクリスマスにスイスのチューリッヒで講演をしている事実を確認した。

c0139575_1941374.jpg

しかし、このハイゼンベルクの生涯を追求した本の中に日本人の二人の原子物理学者の名前を発見できなかった。それだけではない。私はこの本を読み、ドイツの原爆は、他の本に書かれているのとは異なり、未完成であった、と思った。だから、私はドイツの原爆製造についてほんの少ししか書かなかったのである。

それでも、湯川秀樹には疑問が残る。ノーベル物理学賞受賞の理由は、彼の「中間子理論」による。この理論は仁科芳雄とその弟子たちが湯川秀樹に先んじて構想し、理論化しつつあったものであった。たしかに小沼進二編『湯川秀樹日記』(二〇〇七年)を読むと、湯川秀樹の中間子理論への情熱のすごさがうかがえる。
c0139575_19481867.jpg

彼は仁科芳雄たちに先んじて英文で書き発表した。アメリカの物理学者は彼を自国に迎えた。全米各地の大学で湯川は歓迎される。その様子を彼は「アメリカ日記」の中に書いている。

湯川は日本海軍の依頼を受けて、原爆研究に着手した京都大学の荒勝教授のもとで、理論面での原爆開発に協力している。私はこの理論面での原爆研究のデータがシカゴ大学のコンプトン研究所に何らかのルートで流れ、その見返りとして、広島に原爆を落とすというアメリカの極秘情報がコンプトン博士から湯川秀樹のもとへ伝わったと信じている。

小畑弘道の『被爆動員学徒の生きた時代』(二〇〇七年)から引用する。
c0139575_19505094.jpg

湯川秀樹が登場する。

  ところで、同じ市内にあった学校でも、農村部に疎開をしていて難を逃れたところもある。陸軍広島幼年学校と広島高等師範附属中学校である。
 前者は、将校生徒を育成する目的で全国六ヵ所に開設された学校で、広島幼年学校(「広幼」)は、一八九七年(明治三〇)に開校された。〔中略〕疎開は六月に行われ、四九期生と四七期生が高田郡吉田町(現在の安芸高田市)に、また四八期生が甲奴郡上下町(府中市)に移住していた。生徒の総勢は六七〇名ほどであった。なお、疎開のことを陸幼では「転営」と言っていた。

「幼年学校」といっても、現在の中学一年から高校生にあたる生徒たちであった。彼らは、第二総軍の畑元帥の命を受けて六月に「転営」となった。「六月」に注目したい。広島に原爆が投下することがほぼ決定したときである。畑元帥のおかげで彼ら六七〇名は助かったが、広島高等師範附属中学を除いた学校の子供たちは、強制疎開という名の駆り出しを受けて死んでいったのである。ここにも畑元帥の奸計が読み取れよう。 続きを引用する。

  一方、広島高師附属中学校は千田町(現在の広島大学千田キャンパス付近)にあり、ここも爆心地から一・五キロであり、疎開をしていなかったら大きな犠牲が避けられなかったところである。附属中学の一年生一二〇人は賀茂郡原村(現在の東広島市)へ、二年生一二〇人は豊田郡戸野村(東広島市)、また科学学級は比婆郡東城町(庄原市)へと疎開した。疎開の名目は、一応「農村動員」としていた。このうち科学学級というのは、四四年二月にスタートした理数系に秀でた生徒を集めたもので、全国では東京、京都と広島にあった。戦況が厳しさを増すなかで、いわば速成で科学者の卵を養成しようとしたもので、湯川秀樹博士らの進言と軍の後押しで創設されたものである。生徒たちは動員に出ることなく、ずっと授業を続けていた。

私はこの小畑弘道が淡々と書く文章を読みつつ、『原爆は8時15分に落ちたのか』を読んだときと同じ思いを抱いた。「湯川秀樹は原爆投下について事前に知っていた」と。

そしてまた次のようにも思った。「彼は間違いなく、日本の原爆研究のデータをコンプトン研究所に流し続けていた」と。そしてまた次のように思った。「少なくとも仁科芳雄と2人で受賞するべきノーベル賞が、湯川秀樹単独の受賞になった」と。

馬場重徳(科学者)の「仁科芳雄功績調書」(一九四六年二月十一日の文化勲章授章のための功績調書として作成されたもの。日付不明)の中に「量子論に関する業績」が載っている(『仁科芳雄往復書簡集1 現代物理学の開拓』二〇〇六年)。

c0139575_19575622.jpg

  殊に阪大の湯川博士の中間子理論には当初より多くの関心を示した。この理論は昭和十二年、宇宙線中に予言されていた新粒子が発見されるに及んで、世界の学界の注目の的となったが、仁科博士は或いは研究室における宇宙線の実験的研究を以て協力し、或いは、関西と東京との理論的物理学者の会合を屡々主催するなど凡ゆる援助を惜まず、湯川博士の理論の完成に尽力した。

ロバート・K・ウェルコックスの『ジャパン・シークレット・ウォー』(一九九五年)がアメリカで出版された。
c0139575_2015562.jpg

あたかも、日本が本格的に原爆製造に着手しているかのごとくに書いているが、丁寧に読むと、その製造がマンハッタン計画に比して、全くの初歩的なものであったことが分かるのである。次のように湯川秀樹について書いている。

  荒勝は才能のある研究者のグループを持っていた。特に、一九四九年にノーベル物理学賞を貰った湯川秀樹がそのグループの中にいた。湯川は一九三九年以降、核分裂によるエネルギーの計算をし続けていた。湯川は世界での理論物理学の分野で有名な一人であった。荒勝はそんな湯川を彼の意のままに使ったのである。

c0139575_2301160.jpg


ウェルコックスの本の中に、海軍が京都大学の荒勝研究室に与えた研究費は一五〇〇ドルであったと書かれている。マンハッタン計画は二〇億ドル以上の金が使われた。この点から見ても日本の原爆製造物語は書く気にもなれない。しかし、戦後、湯川は原爆研究に関係したとは一切語っていない。彼は都合の悪いことはすべて封じ込めてしまった。

この頂の終わりに、湯川の戦後の活動について書いておきたい。

湯川は、朝永振一郎、坂田昌一との共著『核時代を超える』(一九六八年)の中で次のように書いている。

  世界平和を念願する人たちの活動の仕方は多種多様であった。しかし、それらの人々の出発点は同じだった。原爆投下、それからまた水爆実験があたえたショックは強烈であった。核兵器を廃絶し戦争を廃絶しなければ、人類の前途は暗黒だと直覚したのである。非常に多くの人々に共通するこの直覚を、最も簡明率直に表現したのが一九五五年のラッセル・アインシュタイン宣言であった。それは人類の良心の叫びであると同時に、新時代に処すべき人間の良識の具現でもあった。この宣言は、その最後において世界の科学者および一般の人たちに次の決議に署名するように呼びかけた。
 「およそ将来の世界戦争においては必ず核兵器が使用されるであろうし、そしてそのような兵器が人類の存続をおびやかしていくという事実からみて、私たちは世界の諸政府に、彼らの目的が世界戦争によっては促進されないことを自覚し、このことを公然とみとめるよう勧告する。従ってまた、私たちは彼らに、彼らのあいだのあらゆる紛争問題の解決のための平和的手段をみいだすよう勧告する」
 このラッセル・アインシュタイン宣言の呼びかけは無駄ではなかった。当時ほとんど不可能と思われていた東西両陣営の自然科学者の討議の揚が出現した。それが一九七五年の第一回パグウオッシュ会議であったのである。

カナダにあるパグウォッシュという名のホテルは、「死の武器商人」であるサイラス・イートンが持ち主である。
c0139575_20155549.jpg

この会議は、朝鮮半島、ヴェトナム戦争で武器を売りまくり、巨万の富をつくった男が主催した会議である。


この会議の最後には巧妙な〔仕掛け〕があった。それはアイゼンハワー政権の副大統領であったリチャード・ニクソンを、会議が「次期アメリカ大統領にふさわしい」と宣言したことである。

J・F・ケネディは核実験反対を唱えていた。ニクソンは核実験継続を唱えていた。バグウォッシュ会議は続けられていくが、その費用は、あの原爆を広島と長崎に落とした連中が出し続けたものであった。

c0139575_23345467.jpg


同じ湯川、絹永、坂田共著の『平和時代を創造するために』(一九六三年)の中で湯川は次のように書いている。

  それなら、その他の条件とは何か、また最終目標は何かという点になると、ラッセル・アインシュタイン宣言は、はっきりしたことは何もいっていない。ラッセルもアインシュタインも共に早くから世界連邦主義者であったから、おそらく両氏とも心の中では、最終目標として世界連邦のイメージを描いていたと思う。しかし多くの科学者の賛成を得るためには、そこまで飛躍しない方がよいだろうと判断したのであろう。私自身も世界連邦の理想には以前から大いに共鳴しているが、科学者の会議でそれをはっきりとだしてよいかどうかについては、いろいろと問題があったと思う。

この本は一九六三年に出版された。湯川は生涯、世界連邦主義者として活躍した。

私はこの世界連邦主義を唱えた連中が、国際金融寡頭勢力から操られた人々であることを研究し尽くしている。その詳細は省くが、バートランド・ラッセルも、アルバート・アインシュタインも、原爆を日本に落とした金融寡頭勢力、ロックフェラー、モルガン・・・等の"雇い犬"であったと書いておく

世界を一つの政府が支配するという思想ほどに恐怖に満ちた思想はない。原爆を落とした奴らは、この思想を平和思想という。私は平和とか平和主義とかいう言葉を嫌悪する。この西洋からたれ流された「ピース」を拒否する。私たちは汚れちまった「平和」という言葉に代わる、新しい思想を打ち立てて、世界連邦主義者たちに立ち向かわねばならない

湯川は自分が原爆製造に関わったことをすっかり忘却し、ひたすら壇上から、平和主義と世界連邦を唱えた。

広島と長崎で死んでいった人々よ、広島と長崎で被爆し苦しみの中に生きていく人々よ、汚れちまった「平和」という言葉に代わる、ほんとうに美しい言葉を生き残った私たちに教えてほしい。あなたたちが心の中で叫び続けた言葉をこの私に教えてほしい。私は今から、新しく、美しい言葉を探す旅に出よう。


++
結局、一部の人間たちにはずいぶん前からわかっていた広島への原爆投下は、一般人にも一般軍人にも伝えられることはなかった。それどころか軍人にも学徒にも動員がかけられていた

「科学者」なるもの(特に日本の)について言えば、大いなる「専門馬鹿」で騙されやすく踊らされやすいのであろう。

c0139575_204241.jpg

c0139575_23374047.gif


c0139575_20435871.gif

[PR]

by oninomae | 2008-09-22 20:42 | ホロコースト