カテゴリ:イルミナティ( 391 )

 

Bilderberg 2012: The Official Attendees List By VC

Bilderberg 2012: The Official Attendees List By VC June 1st, 2012

c0139575_17425646.jpg

Westfields Marriott in Virginia

The annual Bilderberg meeting, a very secretive and little publicized conference reuniting the world’s elite in the fields of politics, business and policy making, is underway in Virginia until June 3rd. While a few articles in major newspapers have appeared regarding the 2012 Bilderberg meeting, they provide little to no information about its agenda and they mostly describe how “conspiracy theorists” get all hyped up about the meetings.

Well, even if mass media likes to tag those who are interested in Bilderberg meetings as “conspiracy theorists”, the fact is that they do reunite the world’s most powerful people in a secretive, informal and off-the-record setting in order to discuss plans for the future. If you think nothing is brewing there, take a look at the official list of participants and the magnitude of the organizations they represent. Those are the people who take decisions regarding the world’s future, not “elected” officials.

Here’s the list of attendees taken from the Bilderberg’s official website.

Final List of Participants

Chairman

FRA Castries, Henri de Chairman and CEO, AXA Group
c0139575_117699.jpg


DEU Ackermann, Josef Chairman of the Management Board and the Group Executive Committee, Deutsche Bank AG
c0139575_10591572.jpg

GBR Agius, Marcus Chairman, Barclays plc
c0139575_10551047.jpg

USA Ajami, Fouad Senior Fellow, The Hoover Institution, Stanford University
c0139575_1658277.jpg

USA Alexander, Keith B. Commander, US Cyber Command; Director, National Security Agency
c0139575_11333329.jpg

INT Almunia, Joaquín Vice-President – Commissioner for Competition, European Commission
c0139575_10504050.jpg

USA Altman, Roger C. Chairman, Evercore Partners
c0139575_2119468.jpg

PRT Amado, Luís Chairman, Banco Internacional do Funchal (BANIF)
c0139575_20565143.jpg

NOR Andresen, Johan H. Owner and CEO, FERD
c0139575_21213036.jpg

FIN Apunen, Matti Director, Finnish Business and Policy Forum EVA
c0139575_2123338.jpg

TUR Babacan, Ali Deputy Prime Minister for Economic and Financial Affairs
c0139575_2117757.jpg

PRT Balsemão, Francisco Pinto President and CEO, Impresa; Former Prime Minister
c0139575_21261176.jpg

FRA Baverez, Nicolas Partner, Gibson, Dunn & Crutcher LLP
c0139575_21284918.jpg

FRA Béchu, Christophe Senator, and Chairman, General Council of Maine-et-Loire
c0139575_21323162.jpg

BEL Belgium, H.R.H.  Prince Philippe of
c0139575_10441563.jpg

TUR  Editor-in-Chief, Hürriyet Newspaper

ITA Bernabè, Franco Chairman and CEO, Telecom Italia
c0139575_21144197.jpg

GBR Boles, Nick Member of Parliament
c0139575_2104429.jpg

SWE Bonnier, Jonas President and CEO, Bonnier AB
c0139575_2131342.jpg

NOR Brandtzæg, Svein Richard President and CEO, Norsk Hydro ASA
c0139575_2151364.jpg

AUT Bronner, Oscar Publisher, Der Standard Medienwelt
c0139575_21125270.jpg

SWE Carlsson, Gunilla Minister for International Development Cooperation
c0139575_2194381.jpg

CAN Carney, Mark J. Governor, Bank of Canada
c0139575_10401441.jpg

ESP Cebrián, Juan Luis CEO, PRISA; Chairman, El País
c0139575_17171480.jpg

AUT Cernko, Willibald CEO, UniCredit Bank Austria AG
c0139575_11275688.jpg

FRA Chalendar, Pierre André de Chairman and CEO, Saint-Gobain
c0139575_21392140.jpg

DNK Christiansen, Jeppe CEO, Maj Invest
c0139575_21411354.jpg

RUS Chubais, Anatoly B. CEO, OJSC RUSNANO
c0139575_21432516.jpg

CAN Clark, W. Edmund Group President and CEO, TD Bank Group
c0139575_10354552.jpg

GBR Clarke, Kenneth Member of Parliament, Lord Chancellor and Secretary of Justice
c0139575_11242590.jpg

USA Collins, Timothy C. CEO and Senior Managing Director, Ripplewood Holdings, LLC
c0139575_17261090.jpg

ITA Conti, Fulvio CEO and General Manager, Enel S.p.A.
c0139575_21454664.jpg

USA Daniels, Jr., Mitchell E. Governor of Indiana
c0139575_214771.jpg

USA DeMuth, Christopher Distinguished Fellow, Hudson Institute
c0139575_17325494.jpg

USA Donilon, Thomas E. National Security Advisor, The White House
c0139575_17323784.jpg

GBR Dudley, Robert Group Chief Executive, BP plc
c0139575_10322392.jpg

ITA Elkann, John Chairman, Fiat S.p.A.
c0139575_21502638.jpg

DEU Enders, Thomas CEO, Airbus
c0139575_1735059.jpg

USA Evans, J. Michael Vice Chairman, Global Head of Growth Markets, Goldman Sachs & Co.
c0139575_10282515.jpg

AUT Faymann, Werner Federal Chancellor
c0139575_21525869.jpg

DNK Federspiel, Ulrik Executive Vice President, Haldor Topsøe A/S
c0139575_17434386.jpg

USA Ferguson, Niall Laurence A. Tisch Professor of History, Harvard University
c0139575_17392196.jpg

GBR Flint, Douglas J. Group Chairman, HSBC Holdings plc
c0139575_1026431.jpg

CHN Fu, Ying Vice Minister of Foreign Affairs
c0139575_21562631.jpg

IRL Gallagher, Paul Former Attorney General; Senior Counsel
c0139575_17551517.jpg

USA Gephardt, Richard A. President and CEO, Gephardt Group
c0139575_17464390.jpg

GRC Giannitsis, Anastasios Former Minister of Interior; Professor of Development and International Economics, University of Athens
c0139575_2242715.jpg

USA Goolsbee, Austan D. Professor of Economics, University of Chicago Booth School of Business
c0139575_220759.jpg

USA Graham, Donald E. Chairman and CEO, The Washington Post Company
c0139575_10211360.jpg

ITA Gruber, Lilli Journalist – Anchorwoman, La 7 TV
c0139575_2224772.jpg

INT Gucht, Karel de Commissioner for Trade, European Commission
c0139575_10173834.jpg

NLD Halberstadt, Victor Professor of Economics, Leiden University; Former Honorary Secretary General of Bilderberg Meetings
c0139575_2262721.jpg

USA Harris, Britt CIO, Teacher Retirement System of Texas
c0139575_2284247.jpg

USA Hoffman, Reid Co-founder and Executive Chairman, LinkedIn
c0139575_22102544.jpg

CHN Huang, Yiping Professor of Economics, China Center for Economic Research, Peking University
c0139575_2212327.jpg

USA Huntsman, Jr., Jon M. Chairman, Huntsman Cancer Foundation
c0139575_22163757.jpg

DEU Ischinger, Wolfgang Chairman, Munich Security Conference; Global Head Government Relations, Allianz SE
c0139575_17591545.jpg

RUS Ivanov, Igor S. Associate member, Russian Academy of Science; President, Russian International Affairs Council
c0139575_22185523.jpg

FRA Izraelewicz, Erik CEO, Le Monde
c0139575_22222394.jpg

USA Jacobs, Kenneth M. Chairman and CEO, Lazard
c0139575_10131968.jpg

USA Johnson, James A. Vice Chairman, Perseus, LLC
c0139575_22261728.jpg

USA Jordan, Jr., Vernon E. Senior Managing Director, Lazard
c0139575_10102773.jpg

USA Karp, Alexander CEO, Palantir Technologies
c0139575_2228835.jpg

USA Karsner, Alexander Executive Chairman, Manifest Energy, Inc
c0139575_22292511.jpg

FRA Karvar, Anousheh Inspector, Inter-ministerial Audit and Evaluation Office for Social, Health, Employment and Labor Policies
c0139575_22325418.jpg

RUS Kasparov, Garry Chairman, United Civil Front (of Russia)
c0139575_107631.jpg

GBR Kerr, John Independent Member, House of Lords
c0139575_1143320.jpg

USA Kerry, John Senator for Massachusetts
c0139575_1052447.jpg

TUR Keyman, E. Fuat Director, Istanbul Policy Center and Professor of International Relations, Sabanci University
c0139575_2235372.jpg

USA Kissinger, Henry A. Chairman, Kissinger Associates, Inc.
c0139575_959582.jpg

USA Kleinfeld, Klaus Chairman and CEO, Alcoa
c0139575_18101212.jpg

TUR Koç, Mustafa Chairman, Koç Holding A.Ş.
c0139575_18115889.jpg

DEU Koch, Roland CEO, Bilfinger Berger SE
c0139575_18191042.jpg

INT Kodmani, Bassma Member of the Executive Bureau and Head of Foreign Affairs, Syrian National Council
c0139575_18225075.jpg

USA Kravis, Henry R. Co-Chairman and Co-CEO, Kohlberg Kravis Roberts & Co.
c0139575_955795.jpg

USA Kravis, Marie-Josée Senior Fellow, Hudson Institute

INT Kroes, Neelie Vice President, European Commission; Commissioner for Digital Agenda
c0139575_18272532.jpg

USA Krupp, Fred President, Environmental Defense Fund
c0139575_18325715.jpg

INT Lamy, Pascal Director-General, World Trade Organization
c0139575_9423478.jpg

ITA Letta, Enrico Deputy Leader, Democratic Party (PD)
c0139575_22372526.jpg

ISR Levite, Ariel E. Nonresident Senior Associate, Carnegie Endowment for International Peace
c0139575_183756.jpg

USA Li, Cheng Director of Research and Senior Fellow, John L. Thornton China Center, Brookings Institution
c0139575_2240874.jpg

USA Lipsky, John Distinguished Visiting Scholar, Johns Hopkins University
c0139575_22423299.jpg

USA Liveris, Andrew N. President, Chairman and CEO, The Dow Chemical Company
c0139575_184130100.jpg

DEU Löscher, Peter President and CEO, Siemens AG
c0139575_22444323.jpg

USA Lynn, William J. Chairman and CEO, DRS Technologies, Inc.
c0139575_22485648.jpg

GBR Mandelson, Peter Member, House of Lords; Chairman, Global Counsel
c0139575_18442058.jpg

c0139575_18454979.jpg

USA Mathews, Jessica T. President, Carnegie Endowment for International Peace
c0139575_22522195.jpg

DEN Mchangama, Jacob Director of Legal Affairs, Center for Political Studies (CEPOS)
c0139575_22554075.jpg

CAN McKenna, Frank Deputy Chair, TD Bank Group
c0139575_2258560.jpg

USA Mehlman, Kenneth B. Partner, Kohlberg Kravis Roberts & Co.
c0139575_2302754.jpg

GBR Micklethwait, John Editor-in-Chief, The Economist
c0139575_1847492.jpg

FRA Montbrial, Thierry de President, French Institute for International Relations
c0139575_18502366.jpg

PRT Moreira da Silva, Jorge First Vice-President, Partido Social Democrata (PSD)
c0139575_2321861.jpg

USA Mundie, Craig J. Chief Research and Strategy Officer, Microsoft Corporation
c0139575_9355518.jpg

DEU Nass, Matthias Chief International Correspondent, Die Zeit
c0139575_1854385.jpg

NLD Netherlands, H.M.  the Queen of the
c0139575_93201.jpg

ESP Nin Génova, Juan María Deputy Chairman and CEO, Caixabank
c0139575_18553630.jpg

IRL Noonan, Michael Minister for Finance
c0139575_2345274.jpg

USA Noonan, Peggy Author, Columnist, The Wall Street Journal
c0139575_18583172.jpg

FIN Ollila, Jorma Chairman, Royal Dutch Shell, plc
c0139575_9205816.jpg

USA Orszag, Peter R. Vice Chairman, Citigroup
c0139575_1901731.jpg

GRC Papalexopoulos, Dimitri Managing Director, Titan Cement Co.
c0139575_2363678.jpg

NLD Pechtold, Alexander Parliamentary Leader, Democrats ’66 (D66)
c0139575_23103270.jpg

USA Perle, Richard N. Resident Fellow, American Enterprise Institute
c0139575_9122992.jpg

NLD Polman, Paul CEO, Unilever PLC
c0139575_1118422.jpg

CAN Prichard, J. Robert S. Chair, Torys LLP
c0139575_23122028.jpg

ISR Rabinovich, Itamar Global Distinguished Professor, New York University
c0139575_193369.jpg

GBR Rachman, Gideon Chief Foreign Affairs Commentator, The Financial Times
c0139575_1953770.jpg

USA Rattner, Steven Chairman, Willett Advisors LLC
c0139575_23141339.jpg

CAN Redford, Alison M. Premier of Alberta
c0139575_23185545.jpg

CAN Reisman, Heather M. CEO, Indigo Books & Music Inc.
c0139575_23241066.jpg

DEU Reitzle, Wolfgang CEO & President, Linde AG
c0139575_1973129.jpg

USA Rogoff, Kenneth S. Professor of Economics, Harvard University
c0139575_19103279.jpg

USA Rose, Charlie Executive Editor and Anchor, Charlie Rose
c0139575_23272310.jpg

USA Ross, Dennis B. Counselor, Washington Institute for Near East Policy
c0139575_19133797.jpg

POL Rostowski, Jacek Minister of Finance
c0139575_19164476.jpg

USA Rubin, Robert E. Co-Chair, Council on Foreign Relations; Former Secretary of the Treasury
c0139575_95896.jpg

NLD Rutte, Mark Prime Minister
c0139575_2329337.jpg

ESP Sáenz de Santamaría Antón, Soraya Vice President and Minister for the Presidency
c0139575_23313861.jpg

NLD Scheffer, Paul Professor of European Studies, Tilburg University
c0139575_23333937.jpg

USA Schmidt, Eric E. Executive Chairman, Google Inc.
c0139575_8594293.jpg

AUT Scholten, Rudolf Member of the Board of Executive Directors, Oesterreichische Kontrollbank AG
c0139575_23352983.jpg

FRA Senard, Jean-Dominique CEO, Michelin Group
c0139575_23365550.jpg

USA Shambaugh, David Director, China Policy Program, George Washington University
c0139575_19202641.jpg

INT Sheeran, Josette Vice Chairman, World Economic Forum
c0139575_19221275.jpg

FIN Siilasmaa, Risto Chairman of the Board of Directors, Nokia Corporation
c0139575_23423543.jpg

USA Speyer, Jerry I. Chairman and Co-CEO, Tishman Speyer
c0139575_19242050.jpg

CHE Supino, Pietro Chairman and Publisher, Tamedia AG
c0139575_2346272.jpg

IRL Sutherland, Peter D. Chairman, Goldman Sachs International
c0139575_850517.jpg

USA Thiel, Peter A. President, Clarium Capital / Thiel Capital
c0139575_19273273.jpg

TUR Timuray, Serpil CEO, Vodafone Turkey
c0139575_23502152.jpg

DEU Trittin, Jürgen Parliamentary Leader, Alliance 90/The Greens
c0139575_1929281.jpg

GRC Tsoukalis, Loukas President, Hellenic Foundation for European and Foreign Policy
c0139575_19305644.jpg

FIN Urpilainen, Jutta Minister of Finance
c0139575_2352731.jpg

CHE Vasella, Daniel L. Chairman, Novartis AG
c0139575_19352349.jpg

INT Vimont, Pierre Executive Secretary General, European External Action Service
c0139575_23531661.jpg

GBR Voser, Peter CEO, Royal Dutch Shell plc
c0139575_19374576.jpg

SWE Wallenberg, Jacob Chairman, Investor AB
c0139575_19402143.jpg

USA Warsh, Kevin Distinguished Visiting Fellow, The Hoover Institution, Stanford University
c0139575_23554565.jpg

GBR Wolf, Martin H. Chief Economics Commentator, The Financial Times
c0139575_19413964.jpg

USA Wolfensohn, James D. Chairman and CEO, Wolfensohn and Company
c0139575_8474864.jpg

CAN Wright, Nigel S. Chief of Staff, Office of the Prime Minister
c0139575_23591369.jpg

USA Yergin, Daniel Chairman, IHS Cambridge Energy Research Associates
c0139575_16555176.jpg

INT Zoellick, Robert B. President, The World Bank Group

c0139575_843140.jpg


c0139575_2193851.jpg

-Source: Bilderberg Official Website

c0139575_2131126.jpg

[PR]

by oninomae | 2012-06-03 01:07 | イルミナティ  

『ゼイ・リヴ』、強力なメッセージを有する不気味な映画 By VC 2

『ゼイ・リヴ』、強力なメッセージを有する不気味な映画 By VC April 17th, 2012 その2

真実を知っている他者を探して

世界についての衝撃的な真実を学ぶとすぐに、ナダは自分の友人フランク・アーミテージと、この重要な情報を共有する必要性を感じた。

ナダはしかしながらすぐに、一部の人々はそれについて聞きたくないことを理解する。実のところ、多くのものは実際に、それについて暗に示すなにかへの単純な言及にも怒って感情を害する。

ナダが、フランクに彼が見るものを彼が理解できるように自分のサングラスをかけるよう頼んだとき、フランクは頑なに拒絶し、そして彼を「キチガイ野郎・・・」と呼ぶ。

ナダはもう一つの古典的言い回しで応答する、「このサングラスをかけるか、それともゴミ箱(の中身)を食い始めるか、どっっちかだ。」

c0139575_234639.jpg


それから私が今まで見た最長の一対一の戦いのシーン(パンチとキックの8分間)が、結果として起きる。それは全くバカげていてコミカルにさえなるほど長く続くシーンである。

c0139575_15598100.jpg

そのシーンは多分不合理に見える一方で、それは、通常の、平均的な人々を幸せな無知から目を覚まさせることの難しさについて何かを言っている。

c0139575_201444.jpg

c0139575_2013845.jpg

フランクはついに真実を理解する。要したすべては、ナダが彼からガラクタをたたき出し、彼の意志に反してそのサングラスを彼の顔ににかけさせ、そして周囲を見ることを彼に強いたことである。そう、他の人々に真実を納得させるのは難しい作業であり得る。


ナダとしては多くの努力をなさねばならないが、しかしフランクは、ついに世界をコントロールするエイリアンたちを観る。

c0139575_20301452.jpg

c0139575_20345360.jpg



二人の仲間はその後、エイリアンたちから地球を解放しようと試みている地下組織の秘密会合に招待される。

c0139575_20144797.jpg

その会合中に、ナダとフランクは、真実を見るコンタクトレンズを与えられる。 サングラスは真実観察者に厄介な頭痛を与えた。特にそれを外したときに。 最初に真実に曝されたとき、その新しい現実に適応することは確かに難しく、そして痛みを伴いさえする。しかしながら、しばらくすると、それはその人物の継ぎ目のない一部になる。 いくぶんコンタクトレンズを身に着けているように。


その会合中、ナダとフランクは、人間たちが富と権力と引き換えにエイリアンたちに採用されていることを学ぶ。

その地下組織のリーダーが言うように: 「我々のほとんどはまさに即時売却済み。」

その映画を、我々がこのサイト上で以前の記事で観てきたような実際の政治家や有名人とを関連づけることはかなり容易である。彼らは容易に富、権力、そして名声と引き換えに、イルミナティに魂を完売する。

しかしながら、その会合は長くは続かない。というのも、その場所に、警察が突然割り込み、そこにいる全員を撃ち始める。

c0139575_6341866.jpg

c0139575_6353110.jpg


彼らはエリートによって「テロ組織」に指定されている。

ナダとフランクはなんとか脱出し、そして偶然敵陣の背後に自分たちを発見する。エイリアンの地下基地の中である。


敵陣の背後

そのエイリアンの地下基地を探検しているとき、ナダとフランクは、人間の協力者たちに彼らの「パートナーシップ」に対して感謝するためにエイリアンたちによって催されたパーティに偶然出くわす。

c0139575_618936.jpg


人間たちは決してエイリアンたちと同等であるとはみなされないだろうが、彼らに売却済みのものたちは金銭的な利益を得る・・・今日のエリートの一部ではないが、にもかかわらずエリートの新世界秩序のアジェンダを推し進めるために売却済みのものたちのように。

c0139575_20152316.jpg

「我々の予測では2025年までには、アメリカのみならず惑星全体がこの権力同盟の保護と支配下に置かれるだろうことを示しています。利益はかなりのものであってきました、我々自身と人間の権力エリートであるあなた方両者にとって。」


フランクとナダはその後、エイリアン洗脳信号の源:テレビスタジオを発見する。

c0139575_6595198.jpg

c0139575_702967.jpg


エイリアンたちは、人間に催眠的サブリミナル信号を放送するためにネットワーク(放送網)を使用している。 彼らの支配者と世界についての真実から彼らを盲目にするために。

c0139575_4131573.jpg


ここで伝達されるメッセージは:マスメディアは、エリートのお気に入りの、大衆を洗脳し彼らを隷属状態に保つ道具である。

c0139575_20155641.jpg

TV局「ケーブル54」は、人間に催眠術をかけるためにエイリアンたちによって使用されている。これはSFか? かろうじてネ。

c0139575_013522.jpg

c0139575_731401.jpg


ナダは、エイリアンたちの支配から人類を救う唯一の方法は、テレビ局の建物の屋上に行き、衛星放送アンテナを装ったサブリミナルメッセージのエミッタ(放射体)を、取り壊すことであると悟る。

確かに、エリートがコントロールするマスメディアなしでは、大衆を洗脳することは、ずっと困難になる。 したがって、ナダとフランクは、その屋上への径へと戦い始める。それは容易な仕事ではないが。

c0139575_8125271.jpg

c0139575_812443.jpg

c0139575_88434.jpg


虚報エージェント

c0139575_20174572.jpg

この女性は最初は素敵に見えながら、彼女は、ナダの探求の間、彼を誤誘導し、騙し、そして殺そうとさえ試みる。 彼女は、彼の相棒フランクの頭を撃つに終わる。

ナダは、彼の野生的な大暴れの冒頭で、ケーブル54ネットワークの幹部であるホリー・トンプソンに会った。 ナダはいくぶん彼女に夢中になるように見えるが、彼女は常に何らかの形でトラブルをもたらす。

「テロ組織」の会合中に、ホリーはそのグループに潜入した。一人の同調者を装い、そして、ケーブル54は、「クリーンで」そしてそれはエイリアンたちの信号の源ではないと主張しながら。それは、虚偽で誤誘導であった

今日では、偽情報は、エリートによって広く使用されている。世界についての真実を発見しようと試みる人々を混乱させ誤誘導するために。

そのネットワークの建物の屋根に向かってのナダの突進の間、ホリーは、自分が彼を助けたいと願っていると主張しながら再登場する。しかしながら、彼女は単にミッションが達成される前に彼を殺そうと努めている。

彼女はそれゆえ、自分自身と他人を解放しようとする腐敗していない人間たちを混乱させるために使われている、エイリアンに売却済みのもう一人の人間である。

c0139575_718510.jpg



エイリアンを倒す

ここで最大のネタバレ:ナダはなんとか、エイリアンの「送信機」をダウンさせ、人類を救う。

c0139575_80671.jpg

c0139575_728423.jpg

この英雄的な動きで、しかし、彼は殺される。ヘリコプター内の警官が彼を撃ち殺すゆえに。 ナダはしたがって、人類の利益のために自分の人生を犠牲にする典型的な英雄、魂無き支配者からの人間の自由のための殉教者になる。

c0139575_20184831.jpg

それは彼の生命を引き替えにするにもかかわらず、ナダは世界にエイリアンを暴露することを目に見えて後悔していない。己の最後の力を振り絞って、ナダは比類無い人間の別れの贈り物:指サインをエイリアンに贈る。


ひとたびエイリアンの衛星放送アンテナがダウンすると、大衆は、世界をあるがままに見ることができる:エイリアンの醜い顔が世界に暴露される。

c0139575_20204084.jpg

世界中のテレビ視聴者たちは今や、毎日のニュースを提供するものたちもまた彼らをコントロールするものたちであったことを完全に理解する。 


c0139575_3573580.jpg

c0139575_4125398.jpg

c0139575_4473876.jpg

c0139575_4153079.jpg

c0139575_4124624.jpg


おわりに

『ゼイ・リヴ』は通常、「消費文化を批判するSF映画」として記述されているが、そのメッセージの範囲は、実際、通常の「消費文化は悪」の講義を超えている。

『ゼイ・リヴ』は確かに、大衆を密かにコントロールし、操作し、そして利用する隠れたエリートための人間の経験の徹底的で組織的な条件付けについての論文として解釈することがでる。その映画の中で、支配者たちは、人間たちを劣等者として考えている一つの完全に異なった人種-容易にイルミナティの血統の態度に関連づけることが可能な何ものかとして描かれている。その映画中のこれらの強力なメッセージの存在が、『ゼイ・リヴ』が、映画評論家たちによって酷評されたという事実にもかかわらず、多少カルト古典になった理由の一つである

年月が経つにつれて、その映画のメッセージはますます今日的な意味を帯び・・・そして、奇妙に現実的になっている。

c0139575_22352625.jpg

c0139575_22363232.jpg

c0139575_7355057.jpg


世界についての真実を求める人々の多くは、その手綱が、基本的に公衆の目から隠されたものたち、非選出のエリートによって握られていることに気づいている。

その映画の宣伝ポスターが言うように:

「あなたは通りで彼らを見かける。あなたはテレビで彼らを見る。 あなたはこの秋に誰かに投票しさえするかもしれない。あなたは彼らがちょうどあなたのような人々だと思う。 あなたは間違っている。 完全に間違っている。」

c0139575_0415765.jpg


その場面の背後で働いて、この秘密主義のエリートは常に、その利益に役立つであろうグローバルなシステム:一つの世界政府によって支配される新世界秩序の構築に向けて取り組んでいる。

c0139575_22372786.jpg

c0139575_22384730.jpg

c0139575_22384277.jpg

c0139575_2239163.jpg

c0139575_2334370.jpg


一人の人間の協力者がその映画の中で自分の売却を正当化するために言うように、「もはや国はどこにもない。 これ以上の善玉はない。 彼らは全体のショーを運営している。彼らはすべてを所有している。まったく忌々しい惑星!」

http://twitpic.com/9qrluc
c0139575_1323179.jpg


その支配者たちの仕事を促進するために、大衆は暗闇の中に保たれ、政治たる偽の人形劇と、

c0139575_3271921.jpg

マスメディアたる「非独立思考」プログラミングに気をとられている。

c0139575_2154061.jpg

無気力、無知、そして無関心はエリートの最高の友人である。


c0139575_2174870.jpg


その印象的でない特殊効果や奇妙な対話にもかかわらず、 『ゼイ・リヴ』はなんとか、誰にでも理解され得るやり方で、世界のエリートの動機と戦略を表現している。そしてそれは決して簡単な課題ではない。

しかしながら、その映画のメッセージを完全に理解するためには、人は真実サングラスを着用していなければならない。


あなたは自分のを持っているか?



c0139575_448325.jpg

2001.9.11で期限切れだヨ。 もう飽きたけどネ

c0139575_22535222.jpg






元記事は

“They Live”, the Weird Movie With a Powerful Message By VC April 17th, 2012
http://vigilantcitizen.com/moviesandtv/they-live-the-weird-movie-with-a-powerful-message/


c0139575_23423884.jpg

c0139575_23513555.jpg

c0139575_12223037.jpg

They Live (1988)
http://www.youtube.com/watch?v=Y3eXQwfnAR8&feature=player_detailpage
c0139575_19282042.jpg




下に字幕付き追加(読者コメントより)

THEY LIVE 日本語字幕
http://vimeo.com/43298360



関連

悪魔主義銀行家の陰謀 by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/11701619

世界を安全にする・・・銀行家たちのために By Henry Makow, Ph.D. 
http://satehate.exblog.jp/13880659/

銀行家たちは、我々が隷従することを求める  by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/11937575

最高位のイルミナティ離脱者:「ロスチャイルド一族がドルイド妖術で支配している」 By Henry Makow
http://satehate.exblog.jp/12794988

「魔術」はイルミナティの最も強力な武器である By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/17035395/


c0139575_151481.jpg

c0139575_150859.jpg

c0139575_1502781.jpg

c0139575_1535870.jpg

c0139575_1581321.jpg



c0139575_4551710.jpg

c0139575_45196.jpg


c0139575_740260.jpg

[PR]

by oninomae | 2012-06-02 13:52 | イルミナティ  

『ゼイ・リヴ』、強力なメッセージを有する不気味な映画 By VC 1

『ゼイ・リヴ』、強力なメッセージを有する不気味な映画 By VC April 17th, 2012 その1

『ゼイ・リヴ』は、エイリアン、WWFのレスラー、そして大量のサングラスを主役とした1980年代のSF映画である。好きになれない?

一見、その映画はナンセンスのかたまりのように見えながら、『ゼイ・リヴ』は実際には、エリートと、大衆を制御するための彼らによるマスメディアの使用についての強力なメッセージを伝えている。 その映画は、いわゆるイルミナティを描写しているのか? この記事は、 ジョン・カーペンターの奇妙だが魅力的な映画『ゼイ・リヴ』の深い意味を調査する。

c0139575_19282042.jpg


警告:この先大きなネタバレあり(24年前の映画ではあるが)。

『ゼイ・リヴ』を観ることは、相反する経験である。 それは、目を見張るようなメッセージと、精彩を欠いた演技、1950年代のB級映画の特殊効果を伴う強力な社会的な論評、そして奇妙な落ちを伴う心を捉える風刺との奇妙な組み合わせである。

常に視聴者たちは、「うわー、天才だ!」と「うわー、陳腐だ!」との間で揺れ動く。その映画を映画的観点から適切に評価することは困難である。 しかしながら、「メッセージ」の観点からは、 『ゼイ・リヴ』は黄金である。 

レイ·ネルソン[Ray Nelson]の短編小説『朝八時』に基づいて、その映画は、視聴者が彼らの世界とその周辺に疑問を呈することを強いるまれなる破壊的な物語の一つである。

c0139575_19492352.jpg

なぜなら、その映画は残虐なエイリアンについてのものであるという事実にもかかわらず、それが、主流映画の中では単に仄めかされるだけの観客に、真実を伝えているからである。

実際、そのストーリー展開をより深く見れば、おそらく『ゼイ・リヴ』の物語には「フィクション」よりも「科学」の方が多いことを悟るだろう・・・とりわけ、人が「真実用サングラス」を持っているときには。

その映画の主人公、WWFのレスラーラウディ・ロディ・ピッパーは、見たところ無名の放浪者である。その短編小説と映画の設定の中で、彼はスペイン語で「無」を意味するナダと呼ばれている。

この名無しの権兵衛の無は無一文でホームレスである一方で、彼はまだなんとか、エイリアンによる世界の隠された支配を暴露する。

彼はどのようにそれを達成したのか? 彼がかつて必要とした唯一のもの:真実によってである。ああ、そしてまた銃も。 彼は多くの銃を使用した。 最も重要なのは、ナダが 「寛大な補償」と引き換えに黙るよう何度か誘惑されたという事実にもかかわらず、彼は自分の正直を保ち、エイリアンたちに自分を売り渡すことに決して同意しなかったことである。

今や、それは模範的人物である。 あげくの果てに、彼は最高のことを言う。

c0139575_19284538.jpg

「俺は尻を蹴り、風船ガムを噛むためにここにいる・・・で、俺は風船ガムを皆吐き出すぜ。」


その映画の中のエイリアンたちは、世界のエリート、密かに世界を運営するものたち、我々がイルミナティと呼ぶものたちを描くための想像力に富んだ方法か?

では、このカルト古典を再検討し、それが如何にエリートの隠された支配を描写するかを観てみよう。


導入部

開始早々から、我々がナダが背嚢(バックパック)を担いでロサンゼルスを歩き回るのを観ているとき、その映画は、特定のムードを醸し出す:何かがおかしい。

ナダは脳天気な奴であるように見える一方で、その都市は幸せではなく、それは脳天気な奴にはさほど親切ではない。

全く逆に、そこには差し迫った破滅感が漂っている:貧困が蔓延、ヘリコプターがその都市を飛び回り、そして辻説法師たちが世界を支配している魂のない人間たちについて話している。

c0139575_19291258.jpg

「ヘビの毒は、その唇の下にあります。彼らの口は苦味と呪いに満ちている。そしてその行くところ、破滅と不幸以外なにもない。そして神への恐れは彼らの目の前にはないのです!彼らは私たちの指導者たちの感情と精神を獲得してきました。彼らは富裕で権力のあるものを採用し、そして彼らは私達を真実に対して盲目にしてきた!そして、私たち人間の精神が壊れています。なぜ我々は貪欲を崇拝するのですか?なぜなら、私たちの視界の範囲外に、私達を食い物にしながら、誕生から死に至るまで私たちの上に腰掛けている、私たちの所有者たちがいるからです。私たちの所有者-彼らは私たちを所有している。彼らは私たちをコントロールしている。彼らは私たちの主人である。目を覚ませ。彼らはあなたがすべてで、あなたを取り囲んでいる!


その説教者の「支配者」の説明は、イルミナティに適用され得るか? 私はそう信じている。


我々がナダの街全体に渡るあてどない放浪に従って行く時、カメラは頻繁に、それが伝える気の抜けた通信メッセージを無思慮に吸収している、テレビ画面をぼんやりと見つめている人々に焦点を当てる。

普通のジョーたちは、本当に彼らのテレビ番組を楽しんでいるように見える・・・ある不明な組織が、世界の隠された支配者たちについての破壊的メッセージを放送するためにその電波を乗っ取るまでは。

c0139575_19382325.jpg

「我々の衝動は、向け直されつつある。我々は一つの人工的に誘導された眠りに似た意識状態の中に住んでいる。(・・・)貧乏人と下層階級は増えている。人種的公正と人間の権利は存在しない。彼らは、抑圧的な社会を作成した。そして、我々は彼らの無意識的共犯者である。意識の消滅によって休息を支配する彼らの意図。我々は、夢うつつのトランス(恍惚)状態へと騙されそれ信じ込んできた。彼らは我々が自分自身と他人とに無関心であるようにしてきた。我々は、唯一の我々自身の利益に焦点を当てさせられている。理解してほしい。彼らは発見されない限り安全である。それが彼らの生き残りの主要な方法である。我々を眠らせておけ。我々を利己的に保て、我々を鎮静状態に保て。」


上記のステートメントは、イルミナティに適用され得るか? 私はそう信じている。


この乗っ取られたテレビ放送を見ている普通のジョーたちはみな、ひどい頭痛になる-生の真実は実際、ほとんどの人にとって耐えるには多すぎる。 あるそのような視聴者は、テレビで男が:「自分の尻をふけ」と語った後、チャンネルを切り替える。

ちょうど今日のように、ほとんどの人々はこの種の事柄については聞きたくない・・・彼らはただ自分たちの思慮なしのテレビ視聴に戻りたい。

ナダは、その辻説教師とテレビのその男が一つの地元の教会を介して繋がっていることに気づく。

c0139575_1238296.jpg

彼は教会に潜入し、彼はそれが実際に、ある地下組織の本部であることを発見する。

c0139575_1939293.jpg

その教会内部の壁に、「ゼイ・リブ、ウイー・スリープ」と書かれている。エリートと大衆との間の根本的な違いを説明する語句である。 権力者は、世界についての真実を知っており、そして本当に「生きる」ための手段と力を所有している。 人々の残りの者たちは、沈静させられ、低レベルにされ、そして操作される。その主人たちによってできるだけ簡単に管理可能であるべくするため、ゾンビのような状態へと。大衆の無知は、終わりなきうたた寝の状態に等しくなる。


ナダは知る、その反抗的な組織は、その支配者たちを倒すために人を募集しようとしていることを。 しかしながら、数日後、ナダは権力者に対する計画をなした人々に何が起こるかを発見する。

c0139575_19392363.jpg

ヘリコプター、ブルドーザー、そして暴動鎮圧用装備の警察がその場所を襲撃し、すべてを破壊し、そして暴力的にその地下組織のメンバーたちを逮捕する。 それが如何にエリートが反対意見に応答するかである。

c0139575_6465461.jpg

c0139575_6473034.jpg


暴力的な警察の脅しを目の当たりにした後、ナダはアメリカで何かが間違っていることを理解し始める。 懸命に働き規則に従うことを信じていたその脳天気なやつは、ここでは何かが間違っていると考え始めている。

より多く学ぼうと決心し、ナダは再びその教会に入って、いくつかの興味深いことを発見する。

c0139575_19395328.jpg

警察は 「ゼイ・リブ、ウイー・スリープ」を塗り消した。 明らかに、「彼ら」はそのメッセージが知られることを望んでいない。


さらに重要なことに、ナダはあるがままで世界を観ることを可能にするサングラスでいっぱいの箱を発見する。追加ボーナスとして:それらはまた非常にかっこいい。


真実を観る

ナダによって発見されたサングラスは、表面上は価値のないように見える一方で、それらは実際に、すべての中で最も偉大な贈り物を彼に提供している。ナダが最初にサングラスをかけたとき、その経験は衝撃的である。

c0139575_19401822.jpg

彼が自分のサングラスをかけているとき、ナダは、広告とマスメディアによって投影された煙と鏡を通り抜けて観る。彼は、それらのメッセージの核心と、それらがなぜ存在するかの唯一の理由だけを観る。

c0139575_1941694.jpg

どのような雑誌をナダが開きページをめくっても、彼は同一のサブリミナルメッセージを観る。それは「有名人」と 「ファッション」雑誌の真の機能について多くのことを語る。 それらがすべて異なっているという事実にもかかわらず、それらはすべて究極的には、エリートから大衆へのメッセージを強化するという同一の目的に仕えている。



ナダはまたすぐに、マネーについての真実を理解する。

c0139575_19413795.jpg

「神を信頼する」?


ナダの最も衝撃的な発見は、彼の周りの人々に関係している。

c0139575_19423269.jpg

一部の人々は人間ではない。 彼らは社会に浸透してきている別の人種である。

c0139575_1943644.jpg

ナダは、彼らがどこにでもいて、そして彼らは権力の座を保持していることに気づく、この政治家がテレビで典型的な「政治家の」演説をしているように。 これはイルミナティを描くための一つの方法か?



この真理を発見するや、ナダはカンカンに怒った。 本当にカンカンに怒った。いかに彼はその状況に反応したか?

c0139575_6393424.jpg

彼は家に帰らず、それについての一篇の詩を書く。 いや、彼は銃をつかんで、エイリアンたちを撃ち始めた。


ナダが彼らの変装を見抜くことができることにエイリアンが気付いたとき、彼らはすぐに 「観ることができる奴を見つけた」と言って当局に警告する。 「観る」ことができることは、明らかにエイリアンの顰蹙を買う-彼らは暴露されることを好まない。

ナダはたちまち社会ののけ者になり、そしてエイリアンたちは彼に迫り始める。

このような状況に直面して、ナダは深く永遠なる言葉を言う: 「俺はこのひ--------とかけらが気にくわない。」

c0139575_19444882.jpg

多くのエイリアンたちは警察の一部である。その唯一の目的は、エイリアンの支配が乱されないことを確実にすることであるゆえに。 ほとんどの警官たちは、しかしながら、通常の人間であり、単に命令に従っている。なぜなら、それが彼らの仕事だからである・・・少々、イルミナティの仕事を行っている実際の警官のように。


ナダと市内の誰もが常に、現在世界中で出現している新しい無人ドローンに奇妙に似ている飛行監視カメラによって監視されている。

c0139575_19451587.jpg

飛行監視カメラは、1988年にはサイエンス·フィクションと考えられていた。それらは今日の現実である。

c0139575_19454718.jpg

ビデオカメラを搭載した一つの実際の現代の無人ドローン。


真実サングラスの概念は、自らの世界認識における知識の重要性を説明するための興味深い一方法である。二人の人間は、それぞれの人物が保有する情報や意識のレベルに応じて、全く同じものを見ながら、なお非常に異なった現実を把握することができる。

ナダのサングラスは、したがって、現実の明確な認識を可能にする、ある人間の真実の知識を表し得る。

c0139575_20264052.jpg

c0139575_23175337.jpg


続く


元記事は

“They Live”, the Weird Movie With a Powerful Message By VC April 17th, 2012
http://vigilantcitizen.com/moviesandtv/they-live-the-weird-movie-with-a-powerful-message/



c0139575_23261838.jpg

c0139575_19282042.jpg

c0139575_1261739.jpg








おまけ








c0139575_6554324.jpg


c0139575_1414498.jpg

c0139575_1415576.jpg

c0139575_14284516.jpg

ごり押しでガレキ処理を進める北九州市長 2012年06月02日
http://onodekita.sblo.jp/article/56194882.html


関東一円が放射性ヨウ素被ばく
http://www.youtube.com/watch?v=gCB7oftp7K8&feature=player_detailpage

[PR]

by oninomae | 2012-06-01 20:31 | イルミナティ  

フリーメーソンの操心術(マイケル・A・ホフマン2世) 投稿者 トム・モレロ

これも、ここでもう一度、リヴァイバル

フリーメーソンの操心術(マイケル・A・ホフマン2世) 投稿者 トム・モレロ 日時 2002 年 4 月 07 日 16:24:55:
http://www.asyura2.com/2002/bd17/msg/514.html

c0139575_2362784.jpg


マイケル・A・ホフマン2世著「フリーメーソンの操心術」の中からその一部を紹介します。

原題は「秘密結社と心理戦争」で、フリーメーソン以外の組織(テンプル騎士団、アルビ派など)にも触れられています。また「秘密政権」という語が何度も出てきますが、秘密政権=フリーメーソンではないわけで、影の政府、世界政府、ニューワールドオーダー、軍産複合体、300人委員会などと呼ばれるものを指していると思います。

ホフマン2世は同書でフリーメーソンと秘密政権の錬金術的・カバラ的目標と、大衆をその目標へと導くためのオカルト儀礼(それはメディアを通じたサイコ・ドラマとして行われる)について論じています。

錬金術、オカルト儀礼なんて言うとそれだけで馬鹿げた感じがするけれど、読んでいくと彼らが本気で魔術の世界にのめり込んでいることがわかり怖くなってきます。ホフマン二世も「彼らは狂っている」と述べています。

僕は魔術のようないかがわしいものには関わりたくないと思ってますが、秘密政権の手の内を知るためには避けて通れない問題のようです。自分がどのようなマインドコントロールに狙われているかを自覚していれば、防御するのは簡単です。オカルトは馬鹿げたものだとほとんどの現代人は考えている。そこに油断がある。だからマインドコントロールの存在に気づきもしないわけです。我々は映画やTVゲームなどを通じて破壊と暴力、魔術的なシンボルに日常的に接しています。そして少しずつ、少しずつ私たちの精神は蝕まれていく。

以下、黒字が引用、青字は筆者のコメントです。青字は読み飛ばしてもOK。



マインドコントロールと心理戦について研究するのであれば、近年の強権政治がどんなテクニックを利用してきたかについて述べる程度ではとうてい、十分とは言えない。そんなものは、どんなに新しいものだとしても、コンピュータを少しばかり駆使しただけのえせのハイテクにすぎない。せいぜい、政府やカルト集団向けの在庫品といったところだ。そんな小道具よりもはるかに危険なのは、こっそりと繰り返されてきた行為の方である。それは、現代の営みと、現代そのものを侵食する地下水脈のように存在するのだ。 現代に生きるということは、巨大なマインドコントロールの実験場で生活するようなものである。そこでは、感性と知性を備えた多くの人々に狙いをさだめて、一種の人間錬金術が行われている。

大衆は次の原則に従って行動するように、訓練されているのだ。すなわち、恐怖そのものについての典型的なメッセージを、あからさまに語らせることだ(CIAのユーワン・キャメロン博士は、これを「心理操作」と規定している)。

c0139575_425338.jpg

そうしたメッセージの記号として利用されるのが、マスコミに登場する「孤独で狂気に満ちた」大量殺人者なのである。


「恐怖そのものについての典型的なメッセージを、あからさまに語らせることだ」とはなんだかわかったようなわからないような???恐怖を感じる事について語っているうちに心理的抵抗力が弱まるという意味でしょうか?「孤独で狂気に満ちた大量殺人者」の例として本書では「アンクルサムの息子事件」を詳細に検討しています。これは1976年にニューヨークで起きた連続殺人事件で、カルトによって綿密に計画されたものでした。逮捕されたベルコビッツは手紙の中で「私、デヴィッド・ベルコビッツは、カルトの死刑執行人になるべく、生まれたときから選ばれていた」と書いた。そしてNY市警は4年にわたってこの手紙を隠していたそうです。切り裂きジャック事件にも触れられていますが、スティーブン・ナイトの著作からの引用なので省略します。邦訳が出てるので。ただこの2つの事件の共通点の1つとして犯行声明文が送られてくる事をあげたい。日本で最近起きている事件にも似ています。


現代人は「自分の耳で聞いた」ニュースや身辺の出来事を通じて、漠然とした「言葉にならない言葉」を心の中に蓄積していく。そして、この「言葉にならない言葉」をキーワードとする命令に従い、現代人はまるで行進曲にでも合わせるかのように進んで行くのである。そして、大衆の行動を支配しようと音楽を奏でるのがエリートたちなのである。

c0139575_4173749.jpg

現代の大衆は、その旋律に合わせて踊らされているくせに、マインド・コントロールの存在を一笑に付す。


自分たちを標的にしたマインド・コントロールが間違いなく存在し、政府やマス・メディアによって駆使されているといった考えを笑い飛ばしてしまう。そんな迷信を信じるには、現代人はあまりにも頭が良すぎるというわけだ。現代人は、催眠術師の格好の餌食である。自分こそが神の創造物のなかでもっとも優れた存在であると考えて、舞い上がっているからだ。そのため、催眠術師が自分に影響を及ぼしていることなど、はなから否定してしまう。その実、操り人形よろしく、一本の糸に操られて、知らないうちに頭を上げたり下げたりしているのだ。


現代人は、ダブルマインド(自己との葛藤によって混乱した精神状態)のあいだの断層を、真剣に癒そうとはしていない。なぜなら、断層を癒すためには荒療治が必要だからだ。


c0139575_23205079.jpg

偽りのペルソナをかなぐり捨て、真実の自己を理解するための行動を起こさねばならないからだ。そこで自然と自分を楽に癒してくれそうな人々に頼るようになる。そうすれば、自分自身は、苦痛や犠牲を払わなくてもすむ。だがその同じ人々こそ、精神の断層を最初に生じさせた張本人だということには、まったく気づいていない。問題は「自分」が無力だということである。われわれは行動しようとはしない。われわれは創造者でもない。そして自分では癒せない。次に起こることを、次に彼らがひき起こすことを、座して待つのみである。

自由が奪われた最大の致命的な要因は、自分自身が心の奥深いところで、自分の考えは誤りだと知っていることである。しかし、自分こそが本当の力と責任を負わなければならないのだ


c0139575_23263862.jpg


現代社会は、オカルト哲学や組織に介入されている。オカルト哲学に対する攻撃に着手できたのはごくわずかの研究者である。大多数の研究者は、このように大きなテーマに対して真実を追求したものの、結局は失敗してしまった。彼らはオカルトの専制と、人の心を麻痺させる詐術に屈してしまったのだ。この罠を逃れたわずかな者たちも、結局は次の罠に落ちただけだった。数少ない反オカルト研究者たちは、秘密政権の犯罪に関与した人物や、その犯罪を暴きさえすればよいと思いこんだのである。暴露は秘密政権を転覆させる第一歩になると考えることで、罠にはまったのだ。「もし、いくつかの事実を公表できさえすれば」が、彼らの決まり文句だった。しかし、錬金術的秘密政権の活動は、常に変動している。秘密政権が関与している計画は、驚くべきことに何千年も前に着手されたものなのだ。しかも主たる目標のほとんど-全てではないが-は、達成ずみである。

オカルト活動の初期および中期までは、「目隠し」は目的達成のために不可欠であった。しかしもはや隠しごとはそれほど必要とされていない。それどころか逆に、彼らのもっとも重大な秘密の数々を、大衆に公開することを決めたのだ。

組織に属さないオカルト研究のベテランたちは1970年代に行われた大規模な秘密開示に驚いた。その時公開された秘密は、フリーメーソン-新プラトン主義的錬金術組織にとって、もっとも重大なものだった。そのいくつかは、この千年間、最高位の会員のみに許された秘密だった。

これらの秘密は一連の著書で公開された。イギリスの作家であり、「オルド・テンプリ・オリエンティス」の入信者であるケネス・グラント[Kenneth Grant]の「魔術的復活[The Magical Revival]」と

c0139575_23392591.jpg

「アレイスター・クロウリーと隠れた神[Aleister Crowley and the Hidden God]」、

c0139575_23394730.jpg

ロバート・K・テンプル[Robert K. G. Temple]の「シリウスの秘密[The Sirius Mystery]」などである。

c0139575_23463557.jpg

c0139575_2347869.jpg

これらの著書で述べられた秘密は、人命を犠牲にしてまでも数世紀にわたって守り通されてきたものだ。

しかしベテラン研究者たちは、公開された秘密の重要性について、たいして注意をはらわなかった。その点、広告代理店などはこの秘密に関心を抱き、実際にウイスキーの広告にサブリミナル効果を取り入れた(シーグラム・ジンの広告でグラスの中に死の舞踏の絵がひそかに描かれていた)。

これら一連の行動は、新たな時代の到来を告げる警鐘である。以前とはまったく異なる錬金術的活動が始まったのだ。「黙示録的文化」で、私は次のように述べた。

「・・・ここで暗示されているのは、戦争、革命、処刑などの殺人行為や恐ろしい陰謀、あらゆる形態のホラーショーである。こうした忌まわしい事は、当初は秘密のベールに覆われていたが・・・目的が達成され、安全になった時点で、ゆっくりと大衆に公開される・・・疑いを知らぬ大衆は・・・隠された歴史が現れるのを恐怖に凍りついて見つめるのだ。反フリーメーソン的な暴露文書が発行されることで、情報開示は達成されたのである。すなわち、陰謀を暴いた人間は、そうすることで、(錬金術的公式にのっとった)陰謀家たちの最終決定に寄与してしまったのだ・・・」

c0139575_0161540.jpg


「秘密の開示」は大衆の反発がないと確信しなければ出来ないことでしょう。実際、秘密結社の犯罪を暴く本は少なからず出版されているけど、陰謀マニアにしか読まれてないのでは?みんな危機が直接自分の身にふりかかってくるまで行動を起こしそうにないように見えます


いずれにしても、暴露するだけでは、秘密政権を打倒することはできない。現代人の知覚力、洞察力は今や退化している。このように萎縮してしまっては、情報の開示がなされても、秘密政権の精神的支配力を強化するのに役立つだけである。

記録を見ると、最近明らかになったオカルト犯罪のほとんどが、処罰されないままなのがわかる。逮捕も、訴追も、有罪判決も、そして事件に関与したフリーメーソン会員たちの処罰も、何も行われてはいない。また、情報が開示されたこともあって、フリーメーソン指導者たちを打ち負かすことは、ますます難しくなっているのである。

さらに、犯罪が暴かれたとしても、犯罪の見世物的な性質は、暴力とエロスのオーラをまき散らすことになる。したがって、犯罪が暴かれて大衆の注目を浴びたとしても、たんなる話題で終わるのがおちなのだ。大衆とは、ショックによる快感や覗き見趣味を際限なく求めるものなのだ。犯罪が明るみに出たとしても、犯罪者が処罰されなければ、秘密政権の武勇伝を宣伝するようなものだ。

c0139575_0203287.jpg


秘密政権が演出した20世紀の詐欺的スペクタクルは、かつての自由な精神の持ち主には通用しなかったであろう。今日の彼らの仕掛けたシンボリズムの真の狙いは、どんなに上手に隠したとしても、ただちに感づかれたに違いない。そして狙われた人々の抵抗を招くだけの結果に終わっただろう。

もしかしたら秘密政権は、現代人が「閉鎖的な信仰システム」に閉じこもっていることに気がついたのかもしれない。

c0139575_0233844.jpg

現代人が怠惰にふけり、真実から目をそらすようになったために、秘密政権は「結果」を公開しても負債を負うことはなくなったのだ。逆に愚劣な人類は、詐術を見破ることに失敗して、ツケを回されてしまったのだ。

だがもし、秘密政権が犯してきたことの真実が理解され、対抗措置がとられたならば、陰謀を企んだ者たちは全滅しただろう 真実が理解されず、適切な行動がとられなければ、その優柔不断な態度は暗黙の承諾であると解釈されることになる。 暗黙の承諾を産み出すのは、アムニージア(記憶の喪失)、アピューリア(意思の喪失)、アパシー(興味の喪失)である。その結果、陰謀家たちの支配力はますます強まり、人類を奴隷化する束縛も、ますますきつく締め上げられることになるだろう。

なぜ秘密政権は、これまでの行為をあえて公開するというギャンブルに走るのか?その理由は、われわれが暗黙の了解を与えるからである。暗黙の了解ほど、彼らの支配を強力に押し進めるものはないのである。

「20世紀の詐欺的スペクタクル」とは、ケネディ暗殺やカルトの連続殺人などを指します。21世紀になってすぐ米国の同時多発テロが起きましたが、あれも秘密政権の仕掛けた大規模なサイコ・ドラマでしょう。 陰謀を暴くだけでなく、反対の声をはっきりとあげる事が必要だと思われます。犯罪が明らかになって犯人が罰せられない。そして秘密結社はますます増長する。


「孤独な異常者」による一連の殺人事件を観察すると、再三にわたってエピソード的な情報が暴露されていることに気づくはずだ(フリーメーソンの伝説に登場する「孤独な異常者」は「三人の悪しき職人」として知られる)。

J・F・ケネディを暗殺したオズワルド。マーチン・ルーサー・キングを暗殺したジェイムズ・アール・レイ。ロバート・ケネディを暗殺したシーハン・シーハン。彼らはすべて「孤独な異常者」と見なされている。いずれの事件でも、メディアと警察は当初から共謀して、表面的には絶対間違いないとしか思えないような結論を下してきた。国家を震撼させた衝撃的犯罪をひき起こしたのは単独犯であると、完璧な証拠を用意したのである。そしてあらかじめ計画した通りに5年、10年、もしくは15年の歳月が流れ、その頃には事件の痕跡は跡形もなく消えうせて、はっきりしたことは何も残っていない。そんなときに突然、信用にたる資料に基づく研究書や報告書が出現し、われわれの頭を180度転換させることになるのだ。

事件の流れを詳しく調べれば、驚くべきことが分かってくるはずだ。つまり真相の暴露というものは、暗殺の実行と隠蔽工作同様、暗殺計画の一部として計算されたものであることが見えてくるはずだ。

c0139575_3534854.jpg

これは陰謀者たちがわれわれに体験させようとして仕組んだ、心理的プロセスなのである。大規模なサイコ・ドラマである。その背後に隠された目的は、大衆をあざ笑いながら、正体をちらつかせることなのだ。

c0139575_033789.jpg

c0139575_029944.jpg

c0139575_356277.jpg

c0139575_3543213.jpg


フリーメーソンは、自分たちのやり方を暴露するとき、犠牲者をばかにすることを好む。観客をだます道化と同じように、ニヤニヤと笑いながら犠牲者をばかにする。無気味なまでの傲慢さで、自分たちの力をみせつけようとする。暴露は、オカルト的な記号やシンボリックな言葉を用いて、一見してそれとわからないように行われる。狙われている側からは、意味のある反応や抵抗は、まったく返ってこない。これぞ、心理戦と精神的レイプを遂行する、もっとも有効なテクニックなのだ。

われわれの同意を欠いたまま凶悪犯罪を実行することは、犯人にとってあまり意味のあることではない。同意のもとに実行してこそ、サイコ・ドラマや公開儀礼を通じて、われわれに深刻な影響を及ぼし、マインド・コントロールをいっそう推し進めることができるのである。 道徳的にも、また慣習法の面でも、「沈黙は同意の表れ」というのが古代からの原則である。沈黙を破り、意味のある行動を取らなければ、これらの犯罪に同意を与えたことになってしまうのだ

切り裂きジャック事件を扱った「フロムヘル」という映画では、事件があった当時は警察が必死になって隠そうとしたフリーメーソンとの関係をはっきりと描いています。

c0139575_0394578.jpg

フリーメーソンにしてみれば、大衆は映画なんて娯楽としか思ってないし、(実際は心理戦の道具なのだが)反対行動など起らないと考えているのでしょう。そして人々は暗闇の客席の中でフリーメーソンの殺人儀礼に立ち会うことになるのです。



正体を暴くことが秘密政権に対する攻撃となるという古い戦略は、もはや破綻している。暴露と公表は、秘密政権自体が行っていることだからだ。錬金術的なマインド・コントロールのプロセスを認知することの重要性が広く理解されない限り、暴露や公開など、百害あて一利なしだ。そもそも、われわれは誰に向かって陰謀を暴露しようとしているのか。

c0139575_0531633.jpg

c0139575_0564097.jpg

誰が聴衆となり、行動を起こしてくれると考えているのか。

陰謀とその実行者の暴露が威力を発揮するためには、前提条件として、人間の観客が必要である。

直感し、戦い、抵抗し、記憶する意思を持った人間が必要なのだ。


++
日本には「人間の観客」は少しは増えただろうか? 3.11以後、増えたと思いたいが。


関連

フリーメーソンの操心術(Michael A. Hoffman)&デービット・ロックフェラーかく語りき(Victor Thorn) メモ
http://satehate.exblog.jp/7518750/
[PR]

by oninomae | 2012-05-31 23:02 | イルミナティ  

Vigilant Citzen 関連記事目次

Vigilant Citzen 関連記事目次

この関連記事も増えてきましたのこの辺で目次を作っておきます


邪悪な場所-(メイソンの)セント・ジョン大聖堂 By Vigilant
http://satehate.exblog.jp/11963382/

セントジョン大聖堂の予言の柱石? By VC
http://satehate.exblog.jp/16393438/

邪悪な場所-ロックフェラー・センター By Vigilant その1
http://satehate.exblog.jp/17312104/

邪悪な場所-ロックフェラー・センター By Vigilant その2
http://satehate.exblog.jp/17312403/

邪悪な場所-ジョージア・ガイドストーン By Vigilant + 薔薇の棘?
http://satehate.exblog.jp/12455756/

邪悪な場所-ユタ州テンプル・スクエア By Vigilant 1
http://satehate.exblog.jp/15837437/

邪悪な場所-ユタ州テンプル・スクエア By Vigilant 2
http://satehate.exblog.jp/15837449/

ロサンゼルス中央図書館のオカルトシンボリズム By VC 1
http://satehate.exblog.jp/17349282/

ロサンゼルス中央図書館のオカルトシンボリズム By VC 2
http://satehate.exblog.jp/17352515/

邪悪な場所-マニトバ州議事堂 By _Harm One
http://satehate.exblog.jp/17318905/

オカルト象徴主義:サターン崇拝 By Vigilant
http://satehate.exblog.jp/15089045/

ダイアナ王女の死と記念碑:オカルト的意味 By Vigilant
http://satehate.exblog.jp/15178665/


邪悪な場所-欧州議会 By Vigilant + おくりびと
http://satehate.exblog.jp/17295587/

邪悪な場所-フランス、ブラニャックの、イルミナティ・ピラミッド By Vigilant
http://satehate.exblog.jp/17379282/

邪悪な場所 - イスラエル最高裁判所  By Vigilant
http://satehate.exblog.jp/17426306/

邪悪な場所 - アスタナ、カザフスタン By Vigilant
http://satehate.exblog.jp/17820311/

秘儀的な場所-米国国会議事堂 By Vigilant
http://satehate.exblog.jp/18349383/

邪悪な場所:IRS本部、メリーランド by Vigilant
http://satehate.exblog.jp/19105034/


マインドコントロール理論とマスメディアで使用される技術 By Vigilant 1
http://satehate.exblog.jp/19126340/

マインドコントロール理論とマスメディアで使用される技術 By Vigilant 2
http://satehate.exblog.jp/19126378/

映画「メトロポリス」のオカルト象徴主義とポップカルチャーにおけるその重要性 By Vigilant 1
http://satehate.exblog.jp/15742061/

映画「メトロポリス」のオカルト象徴主義とポップカルチャーにおけるその重要性 By Vigilant 2
http://satehate.exblog.jp/15742062/

ピノキオの密教的解釈 By Vigilant その1
http://satehate.exblog.jp/15245762/

ピノキオの密教的解釈 By Vigilant その2
http://satehate.exblog.jp/15245788/

オズの魔法使いのオカルトルーツ By Vigilant その1
http://satehate.exblog.jp/15219477/

オズの魔法使いのオカルトルーツ By Vigilant その2
http://satehate.exblog.jp/15219483/

ハリウッドはどのように秘密結社についての偽情報を広げるか By Vigilant 1
http://satehate.exblog.jp/14951801/

ハリウッドはどのように秘密結社についての偽情報を広げるか By Vigilant 2
http://satehate.exblog.jp/14972255/

ハリウッドはどのように秘密結社についての偽情報を広げるか By Vigilant 3
http://satehate.exblog.jp/14985557/

映画 「2012」の隠された象徴的な意味 By VC (完訳版) 1
http://satehate.exblog.jp/17977702/

映画 「2012」の隠された象徴的な意味 By VC (完訳版) 2
http://satehate.exblog.jp/17977850/

ゼイ・リヴ』、強力なメッセージを有する不気味な映画 By VC 1
http://satehate.exblog.jp/18040926/

『ゼイ・リヴ』、強力なメッセージを有する不気味な映画 By VC 2
http://satehate.exblog.jp/18041001/

「グラヴィティ・フォール」:イルミナティのシンボリズムに満ちた新しいディズニーのテレビ番組 By VC +
http://satehate.exblog.jp/18241636/

ロンドン2012:オリンピックの聖火リレーとプロメテウス By VC
http://satehate.exblog.jp/18254801/

「バットマン銃撃」は、マインドコントロールされたカモによってなされた儀式的殺人だったか? By VC
http://satehate.exblog.jp/18278275/

シャーロック・ホームズのオカルト象徴主義 By Vigilant
http://satehate.exblog.jp/18292100/

『パンズ・ラビリンス』の密教的解釈  By Vigilant
http://satehate.exblog.jp/21401326/

「ハンガー・ゲーム」:新世界秩序の垣間見?  By VC
http://satehate.exblog.jp/18308247/

アニメーション・シリーズ、GI・ジョーは、如何にして今日のイルミナティ・アジェンダを予測したのか By VC
http://satehate.exblog.jp/21986091/

2012年オリンピックの開会式と閉会式におけるオカルト象徴主義 By VC 1
http://satehate.exblog.jp/18405726/

2012年オリンピックの開会式と閉会式におけるオカルト象徴主義 By VC 2
http://satehate.exblog.jp/18405768/

4月の終わり:人身御供の季節 Vigilant 
http://satehate.exblog.jp/19873747/

ロマン・ポランスキーの『ローズマリーの赤ちゃん』とハリウッドの暗黒面 by VC 抜粋
http://satehate.exblog.jp/21529786/

『Now You See Me』はイルミナティ娯楽産業についての映画か? By VC
http://satehate.exblog.jp/21552127/

Sinister Sites – National Memorial and Arboretum, U.K. By Vigilant
http://satehate.exblog.jp/12042652/

London 2012: The Olympic torch relay and Prometheus By VC
http://satehate.exblog.jp/16364308/

イルミナティ教団:その起源、その方法、そして世界の出来事に対するその影響  by VC 1
http://satehate.exblog.jp/21452578/

イルミナティ教団:その起源、その方法、そして世界の出来事に対するその影響  by VC 2
http://satehate.exblog.jp/21452765/

イルミナティ教団:その起源、その方法、そして世界の出来事に対するその影響  by VC 3
http://satehate.exblog.jp/21452958/

アレイスター・クロウリー:彼の物語、彼のエリート繋がりと遺産 by VC 1
http://satehate.exblog.jp/21498205/

アレイスター・クロウリー:彼の物語、彼のエリート繋がりと遺産 by VC 2
http://satehate.exblog.jp/21499187/


関連

ボヘミアン・クラブ
http://satehate.exblog.jp/16405803/

ニューエイジ運動 太田龍
http://satehate.exblog.jp/16716168/

悪魔組織の犯罪02 抜粋2
http://satehate.exblog.jp/17989445/

人類を、自然との恒久的バランスを維持するために、五億人以下とせよ by ジョージアガイドストーン
http://satehate.exblog.jp/9263629/

国連の瞑想室
http://satehate.exblog.jp/16780026/

デンヴァー空港: 世界人間牧場への黙示
http://satehate.exblog.jp/6927940/

デンヴァーの壁画で識別された反キリスト
http://satehate.exblog.jp/16297474/

バンクオブアメリカの予報: 3つの壁画
http://satehate.exblog.jp/16278866/

1946+66=2012
http://satehate.exblog.jp/13147614/

バチカンとWTCの彫刻 Sphere の類似性と311 by そら
http://satehate.exblog.jp/16521581/

プリンス・ウィリアムとNWO
http://satehate.exblog.jp/16305192/

ウィリアム王子のホログラム
http://satehate.exblog.jp/16888916/

ウィリアム&ケイト: 大隠蔽 by Grace Powers
http://satehate.exblog.jp/16314762/

頭の傷跡:オバマ、ケイト、ウィリアム
http://satehate.exblog.jp/18017451/

シンプソンズショーはオリンピック災害を予測している
http://satehate.exblog.jp/18084498/

ジェームズ・ホームズは劇場に足を踏み入れていない!
http://satehate.exblog.jp/18277164/


上記の記事群の指し示すところから、以下がますます浮かび上がってくる

勝者が歴史の本を書く:無視された英帝国によるホロコースト by David Rothscum
http://satehate.exblog.jp/15354976/

「一つの秘密結社の確立、推進、そして発展にとって、その真の狙い・目的は、世界中での英国の支配の拡張のためにあるだろうそれは、連合王国からの移民のシステムとすべての土地の英臣民による植民地化を完成させるものであるそれらの土地では、生活の手段は、エネルギー、労働、そして企業によって達成できる。そしてそれは、とりわけ、アフリカ大陸全土、聖地、ユーフラテス川の渓谷、キプロス・カンディア諸島、南米全体、以前は大英帝国によって所有されていなかった太平洋諸島、マレー群島、中国、日本の海岸線(沿岸)の英植民者たちによる占領英帝国の統合された一部としての米合衆国の根本的な回復帝国の支離滅裂なメンバーたちを結合溶接することに気を配るだろう帝国議会での植民地代表のシステムの創立そして最終的に、戦争を不可能にし、そして「人類」(「」は訳者)の最善の利益を促進するような偉大な一つの権力の樹立によって達成できる。 セシル・ローズ


イルミナティ離脱者が広範な陰謀の詳細を語る by Henry Makow Ph.D. テクスト版

ヨーロッパに基盤をおいて、それは「世界秩序」を計画している。 それはその初期の試みであるナチズムや共産主義をピクニックのように見えるようにするだろう  

[PR]

by oninomae | 2012-05-28 21:13 | イルミナティ  

「腐敗した銀行制度」カナダ12歳の少女による講演

「腐敗した銀行制度」カナダ12歳の少女による講演
http://www.youtube.com/watch?v=ABkW3SRtEz0&feature=player_embedded


ほとんどの「大人の」政治家が必ずスルーしていること。「子供」にはわかっちゃう。

http://dandomina.blogspot.co.uk/2012/05/corrupt-banking-system.html より

カナダがどうして、借金まみれになっていることを不思議に思ったことはありますか?政府がカナダ人に多くの税金を払わせることに不思議に思ったことはありますか?最も大きな民間銀行の銀行家がより裕福になって、残りの私達がそうではないことを不思議に思ったことはありますか?国全体の借金が8000億ドル以上もあることに不思議に思ったことはありますか?あるいは、なぜ、私達は一日当たり1.6億ドルの利息を国の借金の金利として支払うのでしょう?これは年間600億ドルです!誰がこの600億ドルを受け取るのだろうと、不思議に思ったことはありますか?


私が見つけたことは、銀行と政府が共謀して、財政的にカナダの人々を奴隷にしているということです。

私がとりあげる三つの重要な点は皆さんの関心を十分に集めて、皆さんがご自身で調査を進めて、政府がカナダの人々に対して行う犯罪行為を止めることにたずさわって下さると希望します。

まず最初にカナダ銀行について簡単に検証します。二つ目に今日の銀行がどのように機能しているかを見てみます。最後に政府に実行を請願することができる実行可能な解決策を提供します。


カナダ銀行 (中央銀行)

カナダの歴史のおいて、ほとんど知られていないGerald Grattan McGeerという人物がいます。彼は法律家で、国会議員、バンクーバー市長を務めました。

c0139575_1082274.jpg


彼のカナダに対する貢献は私達の歴史にとってもっとも偉大な一つです。彼はカナダのお金の創造と管理を唯一行うカナダ銀行の設立を擁護しました。1934年7月3日の設立され、すべてのカナダ人によって所有されていました

カナダ銀行のおかげで、1970年代まで、政府が現在私達が持っている銀行制度を導入することを決定するまで、カナダの借金は常に管理可能なレベルに抑えられていました。現在の銀行制度はカナダの人々から略奪するものです。ではどのように略奪をしているのでしょうか?


今日の銀行制度はどうなっているか?

今日、民間銀行と政府がどのように機能しているかを説明させてください。まず最初に、カナダ政府はお金を民間銀行から借ります。彼らは借金として複利の利子付きでカナダに貸すのです。それから政府は驚異的に増大する財政赤字への利息の支払いのために、カナダ人への毎年、課税額を増やし続けています。その結果はインフレーションで、カナダ人にとって私達の経済へ費やす本当のお金が減少し、本当のお金は銀行のポケットに詰め込まれるのです。

同様に政府は貸付金の形で存在していないお金を貸し出す能力を銀行に与えました。銀行があなたに住宅ローンを提供するとき、文字通り「死の誓約」、貸付という意味で、銀行はあなたにお金を渡すわけではないのです。彼らはコンピューターのキーをクリックして、空気から、偽のお金を作り出すのです。実際には彼らの金庫にはないのです。現在、銀行は40億ドルの預金しか持っていませんが、1.5兆ドル貸し付けているのです。

Graham Towersさんを引用します。

c0139575_10131464.jpg

「毎回必ず、銀行が貸付を行うたびに、新しく預金されたお金として新しい信用が作り出される。大まかに言えば、銀行からのすべての新しいお金は貸付という形態である。貸付とは借金のことだから、現在の制度では、すべてのお金は借金である。

私は興味を持ったことに、マタイの福音書21章があります。キリストですら、寺院から両替商を追い払ったのです。なぜなら、彼らは通貨を操作していて、人々からお金を盗んでいたからです。

民間銀行はマタイの福音書21章の両替商のようなものです。彼らはカナダの人々のお金、そして自由を横領し、略奪しているのです。彼らを止める必要があります。


銀行制度はどのように機能するべきか?

悪名高いインタビューでMcGeer氏は Towers氏に尋ねました。「なぜ、政府はお金を創造する権力を民間に手渡し、独占させ、政府は自分でお金を創造できるのに、民間から利息付で借金をして、国を倒産寸前まで追い込んだのですか?」

Towers氏は答えました。「もし、議会が銀行制度の運営形態の変更を望むのであれば、それは明らかに政府の権限内で可能なことです」

言い換えれば、もしカナダ政府が国家のために、お金を必要とするのであれば、彼らは直接カナダ銀行(中央銀行)から借りることができるのです。それから市民は公平な税金をカナダ銀行に返金するのです。この税金のお金は私達の経済インフラへの投入として戻され、最終的には借金はなくなります。経済構造が借金によるお金ではなく、本物のお金が基本になるので、カナダ市民は再び繁栄するでしょう。

ロイヤル銀行のような民間銀行によって所有されている借金についてですが、私達がカナダ銀行(中央銀行)に借金分のお金を印刷させて、彼らに渡します。その後、カナダ銀行の借金を返済するのです。そうです。私達は法的権利としてそうすることができます。


結論

結論として、私達は銀行制度と共謀した政府によって、横領され、略奪されて続けていることは12歳カナダ人の私ですら、痛ましいほど明らかなことです。この犯罪を止めるには私達は何をすべきでしょうか?次の世代が銀行家により奴隷にされる借金ベースの経済から自由で開放されるために何をすべきでしょうか?

Margaret Mead氏の引用です。みなさんにこれを思い出してほしいのです。

c0139575_10405047.jpg


「小さなグループの人々が世界を変えることができるということを決して疑わないでください。実際に、いままで常にそうだったのです。 
 (引用注:これはタヴィストックインサイダーの告白でした)


c0139575_12233999.jpg

c0139575_12235967.jpg



原文は元記事にあります


関連

Ending the Private Debt-Based Monetary System - Gerry McGeer - Monetary Reform - Enslavement by Feudalists - Monetary Option: Commodity-Free Tender
http://www.abeldanger.net/2012/02/ending-private-debt-based-monetary.html

Henry Makow博士 記事目次
http://satehate.exblog.jp/13842775/

JFケネディとホロコーストの秘密 by Clifford Shack 他 目次
http://satehate.exblog.jp/13842815/

「政府紙幣」発行問題の大論争が含意するもの by 丹羽春喜
http://satehate.exblog.jp/10933800/

お金ができる仕組み。銀行の詐欺システム
http://satehate.exblog.jp/17823380/

日本人が知らない日本
http://www.thinker-japan.com/thinkwar.html

日本人が知らない 恐るべき真実
http://d.hatena.ne.jp/rainbowring-abe/


おまけ

c0139575_1205793.jpg

c0139575_1212144.jpg

c0139575_1213746.jpg

c0139575_1251630.jpg

c0139575_12304160.jpg

c0139575_13471417.jpg




日本国家が、密かに行っている宣言
http://alternativereport1.seesaa.net/article/272092995.html

現在、日本国内の銀行では1日にキャッシュカードで引き出せる上限金額、送金できる上限金額等が設定されている。

自分の資金を、どれだけ引き出し使っても、それは個々人の自由であり、銀行側に「制限」されるイワレは無い。これは日本国憲法で保障されている財産権の侵害であり、明らかな違法・違憲行為である。

こうした制限が全ての銀行において行われているのは、

全ての銀行が、いつ倒産するか分からない状況にあり、破綻のウワサが流れることによって預金者達が一気に預金引き出しに押し寄せる、いわゆる取り付け騒ぎが起こる事を全銀行が恐れ、日本国家が恐れている事が原因となっている。


全ての銀行が倒産マギワと言う事を、日本国家が宣言している事になる。

大部分の銀行は、預金された資金を日本国債で運用している。その国債が紙クズ化すれば、銀行預金は市民の手に戻ってこなくなり、大部分の銀行は日本政府に融資した=国債を買った融資資金がコゲ付き、破綻に追い込まれる。

当然、銀行経営者達は、破産寸前=紙クズ化寸前の日本国債の内情を知っているため、「そうなったら、どうしてくれるのか?」を問う。

そこで政府は、国債が紙クズ化し政府が破綻した場合、市民が「自由に預金を引き出せない」準備を整えておくと約束し、キャッシュカードで引き出せる金額の上限を設定させる。

国債が紙クズ化すれば、即座に市民は自分の預金を大部分、引き出すことが出来なくなり「手の打ちようがなくなる」。

そして新しい紙幣が発行され、100万円の預金に対し30万円等々だけが新札として払い戻される。

「国家が、旧札と新札の交換比率を10対3と決めたのであり、これは法律による決定であり、何人も逆らってはならない」という大号令がマスコミを通じて流される。

失われた70万円は、霞ヶ関官僚達が行って来た乱費(引用注:米国への「寄付」、国債の利払いが多い)」の穴埋めに使用される。

国民の預金を70%を、「国家が、暴力づく、力づくで、召し上げる」、日本国家が独裁政治国家の仮面を被った、イツワリの民主主義国家であることが、その時、立証される。

これは「国家による決定」であり、銀行側は責任追及から逃れる事が出来る。

この銀行への免責の準備として、日頃から引き出せる預金金額に制限があることを国民に「知らしめ、納得させ、そのような制度に飼い慣らせておく必要がある」。

そのための、現在の、預金引き出し制限、送金制限である。

この引き出し制限は、全ての銀行が倒産寸前にある事、日本国家が破綻し、市民の銀行預金を国家が近い将来、略奪するという宣言である。



北朝鮮による日本へのミサイル攻撃を最も望んでいるのは、日本・財務省
http://alternativereport1.seesaa.net/article/272092899.html

霞ヶ関官僚・超党派国会議員達で作られた、「国家危機管理研究会」が内々に提唱するプランの概要。

1、 現在日本国家の抱える国債等の借金は、現在政府の行っている増税や歳出削減で解決出来るような次元にはない。
 
この問題に対する解決策は1つしかない。借金の「踏み倒し」=デフォルトである。実際に第2次大戦中、日本政府が発行した国債は敗戦によって支払拒否が可能になり「踏み倒され」ている。

2、政府による国債(借金)の踏み倒しは戦争や株為替の暴落(金融パニック)のような有事にしか可能でない。その直近の「チャンス」は、北朝鮮による日本への核ミサイル攻撃、あるいは台湾と中国との軍事衝突、それに続く米国、自衛隊と中国軍との紛争・戦争である。

日本国民の中には、長年働く作った貯金=国債で運用されている国への貸付金がゼロになった事に不満を持ち、暴動を起こす者も出て来る可能性がある。そうした国民を「暴力」で弾圧するため、機動隊・自衛隊による首都圏封鎖と戒厳令の発動等、国民の不満の「制圧」プランは既に完成している。

自衛隊の「出動」には、北朝鮮による核ミサイル攻撃=防衛体制の強化等の「口実」が必要であり、北朝鮮・中国が日本に対し強硬手段に出るように誘導する目的で、日本側から挑発する戦略も必要になってきている。北朝鮮による日本攻撃は、財政赤字解決のためには最も必要な助け舟となる。

3、さらに政府への批判を2人以上で口にしただけで逮捕出来る「共謀罪」の新設、学校教育現場での日の丸君が代の強制による「国家への忠誠」の強制、政府を批判したり反戦を主張するビラを配付しただけで逮捕・有罪になる警察の「捜査力」の強化、裁判所制度の改悪等、「総合的」に市民を弾圧して行く仕組み作りが必要である。 

[PR]

by oninomae | 2012-05-27 08:03 | イルミナティ  

頭の傷跡:オバマ、ケイト、ウィリアム

頭の傷跡:オバマ、ケイト、ウィリアム  April 24, 2012

傷跡注視

聖書の予言の解釈によると、反キリストは頭の傷に苦しむことになるが、彼はそれから回復する。

黙示録13:3で、それは言う、「そして私は見た、この獣の頭の一つが傷つけられて、死んだと思われたが、その致命的な傷も治ってしまった:そこで、全世界は驚いてこの獣に服従した。


c0139575_11382095.jpg


ケイトのこめかみの頭部傷跡

c0139575_10424398.jpg

ケイトの髪の下、左こめかみの上に、一つの目立った3インチの傷跡を見ることが出来る。セント・ジェームズ宮殿の宮殿スピン・ドクターたちは、それが幼児の時の外科手術の結果であることを確認した。 彼らは、それがどのような手術であったか議論することを拒否した。彼らが言うには、それは個人的な問題だったので。

http://www.youtube.com/watch?v=71YfSiTM4_Q&feature=player_embedded


http://www.youtube.com/watch?v=klTu9RaumIk&feature=player_embedded




ウィリアムの「ハリー・ポッター」型頭部傷

ケイトは自分の頭の上に傷跡を持つ唯一の人物ではない。

c0139575_10432521.jpg

ウィリアムは彼の額に大きなジグザグマークを持っている。彼はそれを自分の「ハリー・ポッターの傷跡」と呼んでいる。その頭部傷跡は、誤ってゴルフクラブで打たれて、頭蓋骨骨折を引き起こした結果であると言われている。 外科医たちは、その一撃が王子の額に骨を凹ませたことを発見した後、手術することを決心した。


オバマの頭部傷跡

c0139575_10431226.jpg

メディアは、どのようにバラク・オバマの写真を撮るかついて非常に慎重である。彼は後ろから撮影されることは決してないし、彼はめったに右横顔で見られない。 知りたがり屋は、そのショットの後ろに何が隠れているか知りたがる-そして今、それは明白である。

オバマの右横顔ショットの禁止は、彼の右側の後頭部から頭頂に至る彼が有するその奇妙な傷跡を隠している。これは、何年も前の巨大な頭部外傷あるいは脳手術いずれかによるものに見える。 これは、彼が何故、小学六年生の一団に対処するために、テレプロンプターを必要とするのかを説明するかもしれない。 それは彼が何故テレプロンプターからの読み取り中でさえ、時として途方に暮れるのかを説明する。

これはオバマの医療記録が封印されてきた理由であろうか? ここに傷跡、あそこに傷跡、いたるところに新傷跡! オバマの頭上の最新の傷は、彼の左側に現れ、彼の頭頂から下って首まで延びている。 彼は自分の髪の色を変更するように彼の傷跡を変更しているのか? あるときは、彼の髪はすべて黒である。 あるときは、それは少し灰色がちりばめられている。あるときは、それはかなりグレーである。

英国デイリーメールが、オバマの頭部傷跡について、ホワイトハウスに尋ねたとき、ホワイトハウスは、「ノーコメント」で、その問題を「バカげている」と呼んだ。

CNNのアンダーソン・クーパーはその問題を取り上げ、そして言っている。それはおそらく単に、傷跡に見えるこれらのパターンを作り出すオバマの髪が成長する奇妙な仕方であると。

http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=0GwnOKyhySk

c0139575_11391931.jpg


c0139575_10473183.jpg



元記事は

Head Scars: Obama, Kate, William
http://www.helpfreetheearth.com/news550_scar.html

++
わざわざ、よくやりますナ。

c0139575_1924728.jpg


以下参考

1:ヨハネの黙示録 / 13章 1節

わたしはまた、一匹の獣が海の中から上って来るのを見た。これには十本の角と七つの頭があった。それらの角には十の王冠があり、頭には神を冒涜するさまざまの名が記されていた。

2:ヨハネの黙示録 / 13章 2節

わたしが見たこの獣は、豹に似ており、足は熊の足のようで、口は獅子の口のようであった。竜はこの獣に、自分の力と王座と大きな権威とを与えた。

3:ヨハネの黙示録 / 13章 3節

この獣の頭の一つが傷つけられて、死んだと思われたが、この致命的な傷も治ってしまった。そこで、全地は驚いてこの獣に服従した。

4:ヨハネの黙示録 / 13章 4節

竜が自分の権威をこの獣に与えたので、人々は竜を拝んだ。人々はまた、この獣をも拝んでこう言った。「だれが、この獣と肩を並べることができようか。だれが、この獣と戦うことができようか。」

5:ヨハネの黙示録 / 13章 5節

この獣にはまた、大言と冒涜の言葉を吐く口が与えられ、四十二か月の間、活動する権威が与えられた。

6:ヨハネの黙示録 / 13章 6節

そこで、獣は口を開いて神を冒涜し、神の名と神の幕屋、天に住む者たちを冒涜した。

7:ヨハネの黙示録 / 13章 7節

獣は聖なる者たちと戦い、これに勝つことが許され、また、あらゆる種族、民族、言葉の違う民、国民を支配する権威が与えられた。

8:ヨハネの黙示録 / 13章 8節

地上に住む者で、天地創造の時から、屠られた小羊の命の書にその名が記されていない者たちは皆、この獣を拝むであろう。

9:ヨハネの黙示録 / 13章 9節

耳ある者は、聞け。

10:ヨハネの黙示録 / 13章 10節

捕らわれるべき者は、/捕らわれて行く。剣で殺されるべき者は、/剣で殺される。ここに、聖なる者たちの忍耐と信仰が必要である。

続きは再掲
c0139575_18403593.jpg

c0139575_189167.jpg

                  酒鬼薔薇聖斗 健在

11:ヨハネの黙示録 / 13章 11節

わたしはまた、もう一匹の獣が地中から上って来るのを見た。この獣は、小羊の角に似た二本の角があって、竜のようにものを言っていた。

12:ヨハネの黙示録 / 13章 12節

この獣は、先の獣が持っていたすべての権力をその獣の前で振るい、地とそこに住む人々に、致命的な傷が治ったあの先の獣を拝ませた。

13:ヨハネの黙示録 / 13章 13節

そして、大きなしるしを行って、人々の前で天から地上へ火を降らせた。

14:ヨハネの黙示録 / 13章 14節

更に、先の獣の前で行うことを許されたしるしによって、地上に住む人々を惑わせ、また、剣で傷を負ったがなお生きている先の獣の像を造るように、地上に住む人に命じた。

15:ヨハネの黙示録 / 13章 15節

第二の獣は、獣の像に息を吹き込むことを許されて、獣の像がものを言うことさえできるようにし、獣の像を拝もうとしない者があれば、皆殺しにさせた。

c0139575_1850447.jpg


16:ヨハネの黙示録 / 13章 16節

また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷にも、すべての者にその右手か額に刻印を押させた。

c0139575_18261245.jpg


17:ヨハネの黙示録 / 13章 17節

そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。

c0139575_20595967.jpg

この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。


18:ヨハネの黙示録 / 13章 18節

ここに知恵が必要である。賢い人は、獣の数字にどのような意味があるかを考えるがよい。数字は人間を指している。そして、数字は六百六十六である


c0139575_211577.jpg

c0139575_21143295.jpg

c0139575_18421732.gif



c0139575_11391254.jpg

c0139575_11395721.jpg

c0139575_1140375.jpg

c0139575_14201684.jpg

c0139575_11395061.jpg




おまけ

c0139575_21523913.jpg

c0139575_21525295.jpg


神戸連続児童殺傷事件から15年 土師淳君の父、守さんが<手記 産経新聞 5月24日(=11)(木)16時1分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120524-00000577-san-soci

神戸市須磨区で平成9年に起こった児童連続殺傷事件で、最愛のわが子、淳君=当時(11)=を失った父親の医師、土師守さん(56=11、24日で事件から丸15年になるのを前に産経新聞のインタビューに応じ、いまなお癒えることのない悲しみと、犯罪被害者や遺族のために、少年法のさらなる改善を訴えた。

加害男性」(「」は引用者)(29=11)=当時(14)=からは、16年以降、謝罪の手紙が送られてきて、今年も18日に受け取った。毎回内容は公表しないが、「この1年の間にも、自分自身に向かい合い始めたと思われるような変化があった」と感じたという。一方で、守さんは「私たち遺族はいつまでも『受け身』のまま」と悔しさを隠さない。

「加害男性」と家族がどうしているのか。情報は年々減り、国や、退院後に少年を支えるはずの、法務省OBらによる民間サポートチームがどう活動しているのかもほとんど分からない。

 「加害男性はもう30歳になる。社会では一人前とされる年齢だ。自分自身でどう償うのが正しいのかも考えられるはず…」 (引用注:2015に33カネ)

c0139575_21433765.jpg


だが守さんの思いが「加害男性」に届く可能性は低い。(引用注:あたりまえじゃないか)

妻と、淳君の兄である長男(28)と3人で支え合って生きる。その暮らしは15年たっても変わらない。長男は3年前に就職し、一生懸命働いている。「自分で志を持って仕事をしてくれれば、それでいいんです」。守さんの声も、どこかうれしそうだ。

この15年間、毎週末には月照寺(兵庫県明石市)にある淳君の墓に参り、月命日にも供養を続けてきた。淳君の命日にあたる24日は住職に来てもらい、読経をあげてもらうという。

幹事を務める「全国犯罪被害者の会(あすの会)」の活動は、刑事裁判への「被害者参加」制度となって結実した。しかし一方で、守さんら遺族に“壁”となって立ちはだかった少年法改正に向けては、まだまだ課題をあげる。

 「少年審判の傍聴は実現しましたが、傷害事件では『生命に重大な危険を生じさせたとき』に限定されている。もっと多くの被害者や家族が傍聴できるべきだし、意見陳述などの制度も拡充していきたい」

c0139575_2202884.jpg

c0139575_228478.jpg

c0139575_22165366.jpg

http://to-chihiro.blogspot.jp/2012/05/blog-post_1504.html
c0139575_1443948.jpg

c0139575_1495371.jpg

http://daisukenigou.blogzine.jp/daisukediary/2012/04/post_f4f6.html
c0139575_1424470.jpg

c0139575_14481531.jpg

c0139575_14412620.jpg


++
確かに、茨やおどろが生い茂っておりますナ

c0139575_18511237.jpg

[PR]

by oninomae | 2012-05-26 19:21 | イルミナティ  

マーク・トウェインは、生き血を吸いとる銀行家の身元を明かした

マーク・トウェインは、生き血を吸いとる銀行家の身元を明かした
2012-05-21 00:00:26NEW !
http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-11255449615.html (一部改訳)

ヘンリー・メイコウのニューズレターから

Mark Twain Identified Banker Vampires  
http://www.henrymakow.com/stranglehold_of_credit.html

マーク・トウェインは、生き血を吸いとる銀行家の身元を明かした by Mark Twain  (抜粋元: "ユダヤ人について[Concerning the Jews]")  May 14, 2012

c0139575_22452379.jpg

c0139575_1371293.jpg


マーク・トウェインの1898年に書かれた先見ある論文には、エジプトのヨセフの物語以来、国家がその負債を放棄すべき事態が続き、生き残るためにユダヤ人の金貸し業者を追放した、とある。

114年経過したあと、ギリシャは何も無いところから生み出される「不当債務(odious debt)」の滞納のために、EUからの除名に直面する。 おそらく、中央銀行総裁と彼らの手下をギリシャの代わりに再び追い出す潮時だ。

c0139575_233689.jpg

c0139575_23384382.jpg


参考:Greek Film Shows Way Out of Debt Bind  by Henry Makow  October 5, 2011
http://www.henrymakow.com/greekfilmmakescase.html


我々は、あらゆるものに恵まれている ... エジプトにおける飢饉の時代と飽食の時代の可哀そうな話を読めば、ヨセフがどのようにして失意のさ中で買い占めができたのか、貧しさで固まった人間の自由- 買い占めによってヨセフは最後のペニーまですべての国家のお金を取っていった[すなわち緊縮財政によるデフレーション]、あらゆる家畜の最後の蹄まで取っていった。

c0139575_23393776.jpg

(ヨセフはファラオの夢占いを判断して、市場を独占した。)


[He(ヨセフ)は]、国家の最後の土地まで取っていった、それから、国家をとった。 パンを買うために男という男、女という女、子供という子供を、すべて奴隷になるまで、すべて買い取られ、何も残されなかった。 それほど途方もない買い取りは、続いて起こる歴史上最も巨大な買収でも赤子のようなものだった。 なぜかというと数億ブッシェルもの取引で、その利益は数億ドルと見積もられた。 その出来事から3000年以上過ぎ去った今日のエジプトにその影響が全く消えて見えなくなることはなかったほど壊滅的災難だった。

訳注参考:ブッシェルは、ヤード・ポンド法における体積(容積)の単位で、主に穀物の計量(量または重量を計る単位)に用いられるものである。 引用元:http://www.ifinance.ne.jp/glossary/market/mar165.html


このような時期、エジプトの目が異国のユダヤ人であるヨセフの上に注がれたということは、あり得るのか?  そうであろう。 友好からか?  嘘だろう。 ヨセフが、エジプトで長らく生き残ったおかげで彼の種族の性格を形成したのか? そして、この時代、彼の名前は、シャイロックのように性格を表すのにつけられるのが通例になったのか? 疑い難し。 これが(訳注:キリストの)磔のあった前の世紀であったのを思い出そう ...

c0139575_23455871.jpg

私が少年であったとき、ミシシッピ川流域を背にしたところに落ち着いた、優雅で美しい日曜学校は、単純で非実用性が勝っていた。 「ヤンキー」(アメリカのニューイングランド州の住民)は血気盛んゆえに嫌われていた。 しかし、宗教はそれとは無関係だった。 売買において、ヤンキーは、西洋人のつり合いからいっておよそ5倍だと判断した。 彼の機敏さ、彼の洞察、彼の判断、彼の知識、彼の企業、彼の恐るべき賢さを利用したこれらの剛腕が率直に認められたものの、完璧に憎まれた。

アラバマ州(the cotton States)では、(訳注:南北)戦争後、素朴で無知な黒人は、白人の経営者と利害を共にし農作業を手伝った。 ユダヤ人は大挙して渡来し、農場で商いを開業して、黒人が望むすべてのものをクレジット(借金)で応じ、季節の終わるころに、いま収穫したばかりの黒人の分け前と翌年の収穫物の分け前の一部の所有者になった。 まもなく、白人はユダヤ人をひどく嫌ったので、黒人がユダヤ人を愛していたかどうかというのは疑わしい。

c0139575_2346970.jpg

ローレンス・サマーズ(Larry Summers) & デービッド・ロックフェラー(David Rockefeller)


ユダヤ人は、ロシアから出て行くように法制化された。 理由は、明らかだ。 その運動は制度化された。なぜなら、キリスト教徒の百姓と村人たちは、彼の商業的能力に対抗するチャンスはなかったからである(改訳)。 彼(訳注:ユダヤ人)はいつも収穫物に対してお金を貸す用意があった、そのため、作物が成長する間クレジットで生活の必需品やウォッカを売っていた。 集金日になれば、彼は収穫物を所有した。 来年またはそのあとの年も、彼が農場を所有した、ヨセフのように。

鈍くて無知なイングランド王、ジョンの時代(訳注;在位:1199- 1216)は、誰もがユダヤ人に借金をした。 彼は、すべての有利な企業を手に入れた。 彼は、商業交易の帝王だった。 彼は、すべて有利な方に支援する用意をした。 彼は、聖地(Sepulcher)を奪還する十字軍の資金さえ出した。  国家から彼の口座を一掃して、ビジネスの法に適さないルートを自然に戻すために、その領域から彼を追放させなければならなかった。

スペインが400年前彼を追放しなければならなかった理由がそうであったように、オーストリアではそのおよそ二世紀後だった。

c0139575_23462212.jpg

(マリオ・ドラギ、欧州中央銀行の頭取、イタリア経済学者)

(つづく)

http://ameblo.jp/ootadoragonsato/entry-11257449315.html

ヨーロッパの全キリスト教時代において、彼(訳注:ユダヤ人)の活動の抑制政策をとらなければならなかった。 もし彼が巧みに商売を始めるならば、キリスト教徒はその仕事から引退しなければならなかった。 もし彼が医者を開業するならば、最高のビジネスを得たということだ。 彼が農業開発にのりだせば、他の農民は何か他の職業にとりかからねばならなかった。 どの職業であっても彼らと競争する方法がなかったので、法律が介入し、キリスト教徒を救貧院から救わなければならなかった。

いかなる職業であろうと、法規によりほとんど残らずユダヤ人から剥奪された。 彼は、農業に従事するのを禁じられた。 彼は、弁護士(法律家)になるのを禁じられた。 ユダヤ人同士以外で、彼は医療を開業するのを禁じられた。 彼は、手工業を禁じられた。大学や理学部さえ、このとてつもない競争相手に対して閉鎖されなければならなかった。 だが、ほとんどの職業を失ったけれど、彼は、お金を儲ける方法、富を手に入れる方法をみつけた...

c0139575_23464112.jpg

ヘンリー・ポールソン(Hank Paulson )&シャローム・バーナンキ(Sholem Bernanke)

c0139575_2346558.jpg


プロテスタント教徒はカトリック教徒をしいたげたが、生計まで取りあげなかった。 カトリックはむごたらしいひどい辛辣さでプロテスタントを迫害したが、農業と手工業の仕事を決して取り上げなかった。 なぜだろうか? それは、率直に言って正真正銘の宗教的な迫害だったためで、宗教を装った労働組合のボイコットでなかっただけだ...

ロシア、オーストリア、ドイツのほとんど全部のユダヤへ向けられた敵意が、公正なビジネスであっても疑わしいものであっても、ビジネスにおいて平均的ユダヤ人とうまく競争できない平均的キリスト教徒から発生したと説得させられた。

ベルリンで数年前だが、ドイツからユダヤ人の追放が露骨に駆り立てられたという論文を読んだ。 それを煽動した者の理由は、彼の主張と同程度に率直だった。 その文はこれだ: ベルリンで成功した弁護士の85パーセントはユダヤ人だった。 さらに、同じ割合でドイツのあらゆる業種の大手で有利な企業はユダヤ人種の手に握られていた!

c0139575_2347518.jpg

ティモシー・ガイトナー(Timothy Geithner)米国財務長官

それって、驚くべき告白ではないか? もうひとついうなら、四千八百万人の人口のところ、わずか五十万人のユダヤ人の登録があり、全体的に誠実な幹部の8.5%はユダヤ人が就いている。 私が誠実さを強調するのはビジネスで成功するうえでの要点と完全に一致するからだ。 もちろん、キリスト教徒同士でさえ、それが完全に悪党を除外することになるわけではないけれど、就業規則に合致している。 論者の態度は厳密でない場合があるが、迫害の動機は今日と同じくらい明らかに際立っている。

この男の主張は続く、ベルリンの銀行、新聞、劇場、大手マーケット、運送業、採掘業、製造利益、大軍隊と都市間契約、路面電車、これらほとんどを高い割合で所有している、更には中小企業の所有がユダヤ人の手にあったと。 いたる所で、ユダヤ人がキリスト教徒を壁の外に押し出していると言った。 キリスト教徒全員がどうにか食べていけるのがやっとだった。 まさに、ユダヤ人は追放されなければならず、それ以外、すぐにでもキリスト教徒を救う他のいかなる方法もなかった。

ここウィーンでのこと、昨年の秋、この扇動者が言ったことは、すべてこれらの惨状の詳細な要点がオーストリア・ハンガリーにとっての真実であること。 そして、激しい言葉遣いで、ユダヤ人の追放を要求した。 政治家が恥ずかしげもなく出てきて、本心から未成年者法(処罰なし)を読むとしたら、その背後に市場があって、どこで票を得るのかわかっているという非常によろしい徴候ではないのか。

c0139575_23471588.jpg

ジョージ・ソロス(George Soros)

c0139575_1341790.jpg


前述した扇動の重要な点に注意するなら、 議論は、キリスト教徒がユダヤ人と競争することができないということで、それゆえに、まさしく一切れのパンが命にかかわる危険にさらされているということである。 人間にとって、これは、宗教に関するどんな些細なことより非常に憎しみ訴えかけるものである。 殆んどの人々に、必要なもの、第一がパンと肉であり、宗教が二番目である。 ユダヤ人への迫害がかなりの程度で宗教的偏見によるものでないことを、私は確信している。

そのとおり、ユダヤ人はお金のやり手(money-getter)である。 そして、彼のお金をかせぐ際に、有能でない同業者の隣人にとって非常に深刻な障害となる。  私は、それがトラブルのもとであると考える。 世界の認識で見積もったユダヤ人は浅はかでなく計り知れない人種だ。

彼は文明の曙に早咲きの知恵で発見した。あるものは地位を崇拝し、あるものは英雄を崇拝、あるものは権力を、あるものは神を崇拝し、そして、これらの理想について彼らは争い統合できないが、しかし、彼らはみなマネーを崇拝することを; というわけで、彼はそれを獲得することを生涯の目的・狙いとした。 (改訳)

c0139575_2347338.jpg

クリスティーヌ・ラガルド(Christine Lagarde)国際通貨基金(IMF)専務理事。 DSK(ドミニク・ストロス=カーン:Dominique Strauss-Kahn)の代わり。


彼は、紀元前36世紀、その目的でエジプトにいた。 

c0139575_2353617.jpg


キリスト教徒が彼ゆえに誤認され虐げられたとき、彼はローマにいたのである。 彼は、それ以来ずっとそのようにしている。 彼ゆえの損失は、大きい。 彼の成功は、人類全部を彼の敵にした-しかし、それは支払われてきた。それが彼に羨望をもたらすがゆえに。そしてそれこそが、人間たちがそれを得るために魂と体を売る唯一のものなのである。
 (改訳)

c0139575_026558.jpg

c0139575_03019.jpg

c0139575_0301376.jpg

参考:Carl Teichrib Explains the JOSEPH STORY
http://www.henrymakow.com/carl_teichrib_and_the_joseph_p.html

「不毛の年月」は共産主義へ導くだろうか? by Henry Makow Ph.D. October 19, 2008
http://satehate.exblog.jp/10707394/

(了)

【翻訳:タドン】


c0139575_115645.jpg

[PR]

by oninomae | 2012-05-22 21:32 | イルミナティ  

悪魔組織の犯罪02 抜粋2

参考リヴァイバル続き

悪魔組織の犯罪02
http://www.asyura.com/0306/nihon5/msg/556.html
投稿者 サム 日時 2003 年 7 月 11 日 23:59:51 より その2


テンプル騎士団とフリーメーソンの繋がりは、フリーメーソン側も公認の事実である。フランスでのテンプル騎士団裁判中、ピエ-ル・ドモンと7人の騎士はメ-ソン職人の手引きでスコットランドに逃亡し、マル島に上陸したといわれる。

c0139575_14221860.jpg

c0139575_03820.jpg

1307年の聖ヨハネの日(6月24日)に、彼らは最初の憲章を発表した。その後、スコットランド王ロバ-ト・ブル-ス[Robert de Brus, 1274-1329]に保護された彼らは、7年後の1314年(ジャック・ド・モレ-が火あぶりにされた年-筆者注)の夏至・聖ヨハネの日(6月24日)に、スコットランド軍に加わって、騎士団を弾圧したイングランド王エドワ-ド2世とバノックバ-ンで戦った[Battle of Bannockburn]。

c0139575_1432372.jpg


エドワ-ドは強力な騎兵をふくむ、2万にのぼる大軍をみずからひきいてスコットランドに侵入した。あと一日でスタ-リング城(イングランドの保持するスコットランド内の最後の重要な砦-筆者注)に達するという6月24日早朝、スタ-リング南部のバノックバ-ン(フォ-ス川の支流)に駒をとめていたイングランド軍は、兵力が3分の1に満たないロバ-ト軍に急襲された。沼地にはばまれたイングランド軍は戦闘がままならず、フォ-ス川で溺死した者は数知れなかった。捕虜になったイングランド貴族の数も多く、その身代金支払いのせいで「スコットランドは一日にして裕福となった」と、巷間うわさされたのである(『イギリス史1』山川出版)

バノックバ-ンでの決定的な勝利の後、1314年6月24日に、ロバ-ト1世(ロバ-ト・ブル-ス)は聖アンデレ・あざみ勲位[Order of the Thistle]を制定した。この聖アンデレ・あざみ勲位の象徴は、ヘレダム(ヒアダム)儀式とテンプル騎士団に関係している。

聖アンデレ[Saint Andrew]の祝日の110日は、スコットランドのグランド・ロッジの聖餐式の日であり、聖アンデレ・あざみ騎士は、フランスのメトロポリタン・チャ-タ-(スコテッシュ・ライト・メ-ソン)の位階である。また、グランド・スコテッシュ・聖アンデレ騎士はテンプル位階である。テンプル騎士団とフリーメーソンの密接な繋がりが御理解頂けたと思う。

c0139575_16233476.jpg

c0139575_16235670.jpg


ところで、オカルトの歴史にとって何より重要な世界史的転回点はルネサンスであると言われている。そのルネサンスと十字軍とは密接な関係がある。

十字軍の結果、北イタリアの諸都市は東方貿易で栄えた。東方貿易によって、ギリシア・ロ-マの古典文化を保持していたイスラムとビザンチンから、古典古代の学問が流入した。1453年にビザンチン帝国がオスマン=トルコに攻撃されて滅亡すると、ビザンチンの学者がイタリアに亡命してきたので、古典研究が盛んになった。この古典の文献研究がルネサンスの口火を切ったのだ。

ルネサンスはフィレンツェで最も早くしかもはなやかに展開した。ルネサンスの巨人で『神曲』の作者、ダンテはオカルトの秘密結社員で錬金術や占星術に長ずるカバラ主義者であったことがよく知られている。彼が入団していたのは、テンプル騎士団系のフエデ・サンタである。

イタリア・ルネサンスのオカルト哲学者、マルシリオ・フィチ-ノ[Marsilio Ficino, 1433-99]はフィレンツェのコジモ・デ・メディチ一族の中で育った。

c0139575_15103990.jpg

フィチ-ノはヘルメス文書のギリシア語写本をラテン語に翻訳した。

ヘルメス文書の著者とされるヘルメス・トリスメギストス[Hermes Trismegistus]は、エジプトの神トトとギリシアの神ヘルメスを融合した神話的人物で、その名は「3重に偉大なるヘルメス」を意味する。

c0139575_15133122.jpg

紀元前3世紀から後1世紀頃に書かれた同文書は、西洋の神秘思想と魔術の発展に大きな影響を与えた。

ヘルメス文書の中で特に重要視されるのは「エメラルド碑板」である。

c0139575_15243181.jpg

これはフェニキア文字の刻み込まれたエメラルド製の碑板で、アブラハム(あるいはアレクサンダ-大王)の妻サラによって洞窟の墓場の中から発見された。エメラルド碑板はヘルメス・トリスメギストスの死体の指でしっかりと握られていたという。

魔術上の目的で特に重要な箇所は、エメラルド碑板のラテン語版の冒頭の一文である。「上におけるごとく、下もしかり、下のごとく上もしかり、唯一なるもの驚異を達せんがため」これは占星術と錬金術の基礎となる原理で、人類と地上の小宇宙(ミクロコスモス)と、神と天上の大宇宙(マクロコスモス)が照応関係にあることを示している。

c0139575_15333956.jpg

c0139575_1534112.jpg


フィチ-ノの極めて優秀な弟子、ジョバンニ・ピコ・デラ・ミランドラ[Giovanni Pico della Mirandola, 1463-94]はカバラをグノ-シス主義、ヘルメス主義、新プラトン主義と同化させた。

c0139575_16352322.jpg

ピコは、カバラはキリスト教の真理を確定することができる、と信じたのだ。このカバラとはユダヤ神秘主義のことである。


1492年にスペインからユダヤ教徒が追放されると、彼らの多くはイタリアに行き、そこでヘブライ語に対する新しい関心と、ユダヤ教の神秘主義的伝統すなわちカバラに対する熱意とを広めた。ピコの教師がスペインのユダヤ教徒であったことは疑いない。その中で主だったのは、ピコにカバラ的な写本を提供したフラヴィウス・ミトリダ-テス[Flavius Mithridates]という謎の人物だった。

さて、ルネサンスとカバラ魔術の関係が分かると、ルネサンスに対する我々の評価も自ずから変わって来ざるを得ない。

古典文化の復興、人文主義(ヒュ-マニズム)、美術の開花、真理や美の追求、キリスト教と封建制度にしばられた中世世界からの脱却。一般的には、ルネサンスは無条件で称賛されている。ルネサンスを批判すると、野蛮人のように思われてしまうのが落ちだ。しかし筆者に言わせると、ルネサンスの本質、それはずばり「魔術の復活」なのである。魔術結社はルネサンスを隠れ蓑にして、悪魔的陰謀を企んだのだ。

ルネサンスの表看板は自由の賛美である。自由の何処が悪い、人はこう反論するに違いない。言論の自由、表現の自由、報道の自由、好きなことを空想する自由、好きなことをする自由(法律に触れない限り、あるいは法律に違反しても捕まらない限りにおいて)、自由はすばらしい。それはその通りだ。権力者に個人の自由を縛られるのは、誰でも御免被りたいはずだ。ヒトラ-、ムッソリ-ニ、スタ-リン。ロ-マ教皇、ラスト・エンペラ-、天皇ヒロヒト。専制主義の悪玉には事欠かない。しかし本質的には彼らの存在は危険な物ではないのだ。その暴力性があまりにもあからさまで、我々はそれに対して身構えることができるからだ。

しかし、自由、平等、友愛を隠れ蓑にしたファシスト的な階級組織であるフリーメーソンに対しては、我々は完全に無防備だ。自由幻想に酔い、影で邪悪な陰謀が進行していることに気付かない。一例をあげると、選挙がある。ファシズム体制下では自由な投票はありえない。デモクラシ-社会では自由で公正な選挙が保証されている。すばらしい。だが実は、大衆は選挙が公正に行われていると錯覚しているに過ぎないのだ。得票数などは、裏で完璧に操作されていることに気付かない。一抹の疑いを抱くことすらしないのだ。

c0139575_18545328.jpg


疑いを知らぬ大衆の心理操作、これこそリアル・ポリティックス、真実の政治力学なのである。その手段は物理的暴力ではなく、詐欺やペテンである。腕力ではなく頭の勝負なのだ。この時代の悪魔との決戦場は物理的次元にはなく、霊的・精神的な次元にあるのだ。目に見える暴力と目に見えない暴力、どちらがより危険かお分かり頂けたと思う。

ルネサンスの魔術師の話を続けよう。黒魔術師の評判の高い、ハインリクス・コルネリウス・アグリッパ[Heinrich Cornelius Agrippa von Nettesheim, 1486-1535]は『オカルト哲学について[De occulta philosophia libri tres]』の著者である。

c0139575_168054.jpg

c0139575_1681083.jpg

『オカルト哲学について』はフィチ-ノのヘルメス主義的魔術とピコのカバラ主義的魔術を結びつけた集大成である。アグリッパはまたヨハネス・ロイヒリン[Johannes Reuchlin, 1455-1522]のキリスト教カバラにも影響されている。

c0139575_16443193.jpg


アグリッパは宇宙を3つの世界、つまり元素世界、天空世界、叡智世界に分けている。彼は「魂の戦車(乗り物)」として、ランタンから漏れる光のように肉体を離れ、あらゆる時空を理解し、不思議な領域を探索し、天球層と精神的階梯を通って原型あるいは神へとのぼりつめるための、星気体の能力についても言及している。アグリッパは、肉体からの星気体(アストラル体)の分離、すなわちアストラル・トリップについて述べているのである。

このアグリッパに影響されたのが、エリザベス朝イングランドの高名な哲学者、数学者、占星術師、魔術師、スパイであったジョン・ディ-[John Dee, 1527-1608 or 9]である。

c0139575_1917089.jpg

アグリッパのように、ディ-は宇宙は自然界、天空界、超天空界に分かれていると考える。

アメリカの歴史修正論者であるマイケル・A・ホフマン二世によると、ジョン・ディ-は近代フリーメーソンの初代グランド・マスタ-であったという。 公の歴史では、近代フリーメーソンは1717年6月24日、聖ヨハネの祝日に、ロンドンにある4つのロッジが合同して創立されたことになっている。しかしこれはフリーメーソンが歴史の暗闇の中から彷彿とその姿を現し、公然とエリ-ト階級をリクル-トし始めた時期であって、そのずっと以前からフリーメーソンが存在していたことはすでに述べた。

筆者はホフマンの「ジョン・ディ-=近代フリーメーソンの初代グランド・マスタ-説」を採らない。しかし、ディ-がイギリス史に果たした役割は非常に大きいと考えている。そこでジョン・ディ-について簡単に触れておきたい。

ディ-は1527年にロンドンの近くに生まれた。「妖術師」の悪名の高かったディ-は、1553年、カトリック女王メアリのホロスコ-プを作成して、女王の薄命を予言した。この予言が当局の忌憚に触れて叛逆罪に問われ、ディ-はハンプトン・コ-トに投獄されてしまった。ディ-の予言どおり、メアリ女王は短命だった。

1555年、メアリ女王の跡を継いだエリザベス女王は、早くから、ディ-の占ったホロスコ-プで王位につくべき運勢を保証されていた。

c0139575_16561221.jpg

女王になったエリザベスはただちにディ-を牢獄から釈放して、王室数学官に任命し、彼女の載冠式の日取りを占わせた。載冠式はディ-の指定する1559年1月14日めでたく行われた。

ディ-は協力者のエドワ-ド・ケリ-[Edward Kelley, 1555-97]

c0139575_23104657.jpg

と共に、降霊術で天使を呼び出したと噂されている。魔術師であり優れた数学者でもあったディ-は、『ユ-クリッド』のヘンリ-・ビリングズリ-の英訳に寄せた序文にこう書いている。「数により、知られうるものすべての探究と理解への道が得られる」

ここには科学と官僚性の基礎となる概念が表明されている。これは西洋哲学における重大なパラダイム・シフトであった。

1583年にジョン・ディ-とエドワ-ド・ケリ-はイギリスを後にして、大陸旅行に出発した。大陸で過ごした歳月の間、ディ-はある種の伝道活動をし、そのことでポ-ランドのクラコウそしてプラハへ行った。プラハにいた時にディ-はラビ・レ-ヴ[Judah Loew ben Bezalel, 1525-1609]と接触した。

c0139575_17201563.jpg


ボヘミアのプラハはカバラの一大中心地であり、一人の極めて注目すべき魔術師、ラビ・レ-ヴが16世紀後半のプラハで有名であった。彼はオカルト主義者の皇帝ルドルフ2世[Rudolf II, 1552-1612]と記念すべき会見を行ない、その際皇帝は実際にこのユダヤ人に精神的助言を求めている。ユダヤの伝説では、レ-ヴは異教徒抹殺の人造人間「ゴ-レム[golem]」の創造者であるとされている。

c0139575_1791514.jpg

c0139575_2223477.jpg


エリザベス女王の密命を帯びたディ-はこのプラハで、ラビ・レ-ヴと重大な契約を結んだのだ。その契約とは、イギリスの発展のために国際ユダヤの隠れた支援を取り付けることであった。そのお蔭で、これまではちっぽけな島国に過ぎなかったイギリスが文字通りの大帝国にのし上ることができたのだ。

契約の見返りは、ユダヤ人のイギリスへの再入国であった。1290年にエドワ-ド1世(バノックバ-ンでスコットランド軍と戦ったエドワ-ド2世の父王)はイギリスからユダヤ人をすべて追放していた。ただし隠れユダヤ(キリスト教への改宗者)は別である。その後ユダヤは、エリザベス1世の治世にこっそりとイギリスに再入国することができた。ユダヤ人が公然とイギリスに帰還したのは、クロムウェルの時代になってからであった。

イギリスへの再入国という見返りを約束されて、ユダヤはディ-に協力して大英帝国の基礎を築いた。そして西洋を支配することになるイギリスの秘密結社の育成をはかったのである。


密命を無事に終えた後、ディ-は女王の腹心サ-・フランシス・ウオルシンガム[Sir Francis Walsingham, 1532-90]に宛てて秘密報告を出している。

c0139575_17303445.jpg

William Cecil, 1st Baron Burghley by William Faithorne; Queen Elizabeth I; Sir Francis Walsingham

彼は数学者らしく、名前の代わりに数字でサインをした。「007」と。オカルトによる世界の宗教改革、それがディ-の目指したものであった。魔術師ジョン・ディ-こそ、世界史に大きな影響を与えた大英帝国の企画者、女王陛下の秘密エ-ジェント、「007」であったのだ。

c0139575_16554519.jpg

c0139575_17404920.jpg

途中参照:

アジア秘儀に由来するシオ二ズム
http://satehate.exblog.jp/12515875/

セシル・ローズとロスチャイルド設立の円卓会議の目的は国つぶし by ジョン・コールマン
http://satehate.exblog.jp/11525438/

勝者が歴史の本を書く:無視された英帝国によるホロコースト by David Rothscum
http://satehate.exblog.jp/15354976/

c0139575_23593248.jpg


大英帝国がオカルト秘密結社の前進基地であったことが分かった。そこで今度は、過去から未来に目を転じてみよう。オカルト秘密結社の創始者、ジョン・ディ-はイギリスで生まれた。そして新約聖書のヨハネの黙示録に描かれた獣、聖書に予言された反キリストもイギリスに生まれているのである。

これはあくまで筆者の仮説であるとして聞いて欲しい。その反キリストは「ウィリアム」という名前を持っているはずである。ヨハネの黙示録の獣の数字「666」はいくつかの写本には「616」とある。ウィリアム「William」のWを二つのVに分解し、二つのLをIと読む。これを並べ替えると,「I Am VI I VI」となる。ロ-マ数字「VI I VI」はアラビア数字で「616」のことである。

この「ウィリアム」という名前を持つ超有名人がイギリスにいる。チャ-ルズ皇太子と故ダイアナ妃の長男、未来の英国王ウィリアム王子である。

c0139575_1811368.jpg

c0139575_17472240.jpg

ウィリアム王子が即位すると、彼はウィリアム5世となる。  「William V」を並べ替えると、「I Am VI VI VI」となり、ここに獣の数字「666」が出現するのである。

チャ-ルズ皇太子とダイアナ妃の変態セックス(セックス・マジック)の賜物、ウィリアム王子は1982年の夏至の日、6月21日に誕生している。夏至とは、一年で一番日が長くなる日である(北半球では)。古代密議宗教では太陽は神として崇拝されていた。

フリーメーソンのシンボルは左目と太陽である。黒魔術師アレイスタ-・クロウリ-が夢見た「ム-ン・チャイルド(月の子供すなわちダイアナの子供)」であるウィリアム王子は、未来のイギリスに太陽王として君臨することになるのだ。

c0139575_1845746.jpg

反キリストとしては申し分のない血統であろう。

c0139575_1883257.jpg

c0139575_1885194.jpg

余談になるが、この太陽王ウィリアムの子分とでも言うべき二人の有名人がいる。ウィリアムの愛称はビル(Bill)である。二人の高名なビル、誰あろう、ビル・クリントン合衆国大統領とビル・ゲイツマイクロソフト社会長のことである。


c0139575_18155958.jpg

c0139575_18265965.jpg

c0139575_18271571.jpg

c0139575_18274440.jpg



c0139575_183327.jpg

c0139575_18322356.jpg

c0139575_18389100.jpg

c0139575_1844532.jpg



c0139575_20244584.jpg

[PR]

by oninomae | 2012-05-21 00:00 | イルミナティ  

悪魔組織の犯罪02 抜粋1

参考リヴァイバル

悪魔組織の犯罪02
http://www.asyura.com/0306/nihon5/msg/556.html
投稿者 サム 日時 2003 年 7 月 11 日 23:59:51

(前略)

それによると、坂本弁護士が姿を消した当夜、坂本弁護士一家に似た客3人がタクシ-に乗車し、横浜市瀬谷区三ツ境付近で降り、そこに待っていた二人の男と共にライトバンに乗り継いで行ったという。この情報は「注意を要する情報」として、わざわざ記者会見を開いて公表されたものなので、信憑性は極めて高い。

今となっては真実は闇の中である。だがどう考えてもオウム真理教=犯人説には無理があるように思える。それでは真犯人はいったい誰だったのであろうか。

c0139575_6302879.jpg


真夜中に何故か都合よく開いていたドアの鍵、そして3人の来客の謎。オカルトに精通している者にはすぐ分かる。フリーメーソン神話において、ソロモンの神殿の建築者である親方メ-ソンのヒラム・アビフを殺害した、3人の卑しむべき職人メ-ソン、ユベラ・ユベロ・ユベラムが登場したのだ。


フリーメーソンとは何か?

フリーメーソンとは自由(フリ-)な石工(メ-ソン)という意味である。フリーメーソン側がいくら否定しようと、フリーメーソンはれっきとした秘密結社である。

c0139575_021113.jpg

c0139575_028951.jpg

秘密の儀式を有している、秘密の教えを有しているから秘密結社であるというのではない。仏教の教義の中にも、ステ-ジの高い修行者にしか明かされないタントラ・ヴァジラヤ-ナという秘密の教えが存在している。何故秘密にされているのかというと、精神性の低い修行者にとっては危険な教えであるし、世間にその秘密が漏れると誤解を招く恐れがあるからである。

だからといって、我々は仏教教団を秘密結社であるとは言わないだろう。仏教修行の目的は、解脱や悟りにあることは自明のことだからだ。筆者がここで秘密結社というのは、その達成されるべき目標およびそのための手段方法を部外者に知らせない組織のことである。すなわち陰謀を働く結社であるということだ。

従って共産党のような革命組織は例えそれが地下組織であったとしても、秘密結社とは呼ばない。何故ならマルクスも言うように、「共産主義者は、自分の見解や意図を秘密にすることを軽蔑する」(共産党宣言)からである。しかしもし革命の本当の目的が共産主義社会の建設ではなくユダヤのキリスト教破壊と国家経済の独占にあるとしたら、もし共産党を背後から操る陰謀組織が存在しているとするなら、その組織は秘密結社であると言っていい。

c0139575_6344389.jpg

それでは、秘密結社フリーメーソンの真の目標とは何なのだろうか。


フリーメーソンの目標は世界支配、そのための手段はオカルトである。このオカルトには儀式殺人も含まれている。

c0139575_6505212.jpg

c0139575_1595165.jpg

c0139575_202759.jpg

しかしフリーメーソン結社員は、フリーメーソンはロ-タリ-クラブのような単なる社交団体であるとぬけぬけと言う。結社の目的は外部の人間には秘密にされている。だからフリーメーソンは秘密結社であると言えるのである。

フリーメーソンの起源に関しては様々な説がある。しかしここでは、アメリカのオカルト研究家、ジェイムズ・シェルビ-・ダウナ-ドの説を御紹介しよう。ダウナ-ドによると、中世の石工組合(スト-ン・メ-ソン)はその起源をロ-マ人設立の大学(ロ-マ・カレッジ)に辿ることができるという。

フリーメーソンの起源は高位神官と同じように神秘に満ちている。彼らは神聖な秩序のもとに神聖な建物をつくっていたので、物理空間における測量、数、面積を特別に重要視した。それはロ-マ神話の農耕の神、クロノス-サタンがこの建築の世界を支配しているとされたからだ。フリーメーソンは神を「宇宙の偉大な建築者」と呼んでいる。

ゴシック大聖堂の発展の歴史を考察すれば、フリーメーソンが堕落して行った過程を伺い知ることができる。もちろん当初は、メ-ソンも信心深く宗教的な男の集団であった。その仕事は、真実と美の調和を石工において実現することにあった。しかしこれは長続きせず、腐敗はたちどころに始まったのだ。

大聖堂の聖母マリアの彫像を調べてみれば、このことがよく分かる。最初は聖母マリアは、全ての女性にとっての理想像である清純な処女として描かれていた。しかしその後すぐに彼女の姿は、偉大だが自然な美を持つ、実在の母親の肖像へと変化して行った。信心深い者は新しく出現した彼女の人間性の面を賛美するかも知れないが、そうすることで同時に彼らは、別世界に存在するような彼女の神聖さというものを犠牲にしてしまったのである。

次ぎなる段階は、彼女が「大地母神」へと変えられた時に起こった。メ-ソン好みの豊穣の女神へと変化したのだ。最後の段階は13世紀と14世紀に、彼女の姿が余りにも人間臭く成り過ぎた時に起きた。アミアン大聖堂の南入口のマリアの姿は、実際のところ浮気女や今にも浮気をしそうな女へと堕落してしまっている。これは正にゴシック建築におけるメ-ソンの影響力を表しているのである。

石工組合はこれらの秘密の唯一の保持者なのだ。この聖母マリアの変身の過程は、いつの日か現実の女性へと適用されるだろう。いやもう現実にそうなっている。馬鹿な浮気女の大量発生、筆者が改めて指摘するまでもない。

スト-ン・メ-ソンは神秘的な労働組合として、当時の労働者に対してある種の支配権を持っていた。そしてフリーメーソン友愛組合と親密な関係を築いていた。余りにも親密であったので両者を区別することは事実上難しく、また両者は一体となって発展した。両者の結合は、ヨ-ロッパにおいて騎士道が廃れた時に起きた。現代のメ-ソンは、彼らの祖先は騎士道精神を体現していたと言うが、これは嘘である。スト-ン・メ-ソンのまったき崩壊は14世紀に始まっている。

「騎士道の衰退は14世紀になって起こった。都市のマネ-・パワ-が古き農耕社会の秩序と宮廷の伝統を破壊し、ドンキホ-テ(滑稽なもの-筆者注)へと堕落させてしまったのだ」 (-ゴシック彫刻)

ドイツの友愛組合のメンバ-は、「シュタインメッツェン」と名乗った。グランド・ロッジはシュトラスブルク、ウィ-ン、ケルン、チュ-リッヒに設立された。1459年にグランド・ロッジが設立されると同時に、シュトラスブルクの大聖堂の親方がドイツのメ-ソンのグランド・マスタ-になることが決められた。

シュタインメッツェン(スト-ン・メ-ソン)とフリーメーソンの一般的な違いは、少なくとも18世紀の初めまではシュタインメッツェンは「実践的」メ-ソンと考えられていたのに対し、フリーメーソンは「思弁的」と考えられた点にある。 「実践的」メ-ソンは実際に実在の石を扱うのに対し、「思弁的」メ-ソンは組織的な目的のために象徴的儀式的な対象として石を用いるのである。最終的には、シュタインメッツェンは完全にフリー(思弁的)メ-ソンへと溶け込んでしまった。

石垣が単なる象徴に過ぎなくなった時、それは秘密と沈黙を表すものへと変化したのである。

ダウナ-ドが明察したように、フリーメーソンの世界支配の陰謀は14世紀に始まる。この時キリスト教精神が破壊されて、マネ-・パワ-がそれに取って代わるのだ。

この14世紀の初めには、世界史的に重要な事件が起こっている。テンプル騎士団の大弾圧である。1314年3月18日夜、テンプル騎士団の最後の総長であったジャック・ド・モレ-は火あぶりにされて処刑された。

c0139575_12551757.jpg

筆者はテンプル騎士団が世界的陰謀の総元締めであったと考えている。ではテンプル騎士団とはいったい何者なのであろうか。

1118年-第1次十字軍がイスラムを破り、アンチオキアとエルサレムを占領して、ゴドフロア・ド・ブイヨンをエルサレムの王に据えてから19年後-、ユグ・ド・パヤンとゴドフロア・ド・サントメが率いる9人のフランス人騎士の一隊が、聖墓への巡礼者を守るため修道会を結成した。

時のエルサレム国王は、この修道会に対しソロモン神殿の広場に面した用地を与えたので、以来テンプル騎士団の名で呼ばれる。

清貧を旨としたテンプル騎士団も莫大な寄付を集めた結果、12世紀末には裕福で強力な団体になっていた。時のフランス国王、フィリップ端麗王はテンプル騎士団の財産に目が眩み、それを横取りしようと陰謀を企んだ。

1307年10月13日、フィリップ端麗王は異端の罪でフランス国内のテンプル騎士団全員を逮捕させた。ジャック・ド・モレ-をはじめとする多数の騎士は、キリストの否定や十字架に唾を吐きかけたこと、偶像つまり髭の生えた頭を見せられこれを拝むように命じられたことを告白した。

しかしこれらの告白は拷問により強要されたものだった。フランスでは告白を撤回した54人の騎士が1310年5月12日、異教徒に戻ったとして火あぶりにされた。4年後の1314年3月18日、ジャック・ド・モレ-も同じ運命を迎えた。

テンプル騎士団はイスラムの暗殺教団「アサシン」と同盟を結んでいたと言われている。アサシン(暗殺)という言葉は、この教団に由来する。組織の上級者は若者をハシシで酔わせて様々な快楽を味わせる。自分は天国にいたと錯覚した新団員は、組織の命令を実行すれば、永遠の喜びで報いられると信じ込む。こうして彼は殺人に命をかけるようになるのだ。アサシンは基本教義としてはイスラムへの忠節を公言していたが、少数の者にしか明かされない秘密の教義を持っていた。その究極の目的は宗教の外套をまとった少数者による支配であり、その手段は反対する者の皆殺しであった。アサシンの狂信を通じて機能する組織的殺人システムが西洋に輸入されて、ヨ-ロッパの秘密結社のモデルとなったのだ。アサシンは「東方のフリーメーソン」とも呼ばれている。

c0139575_1313369.jpg


以上はテンプル騎士団弾圧に関する「通説」である。だが、陰謀家どもの主張するテンプル騎士団無罪説、フィリップ悪玉論は真実ではない。彼らは、騎士たちの告白は拷問の結果なされたものだから真実とは異なる、という。しかし全ての告白が拷問の結果なされたわけではない。パリの教皇会議の審問では、多数の騎士が教皇を前にその陳述を確認したのだが、ここではいかなる拷問も行われなかった。

また、テンプル騎士団の財産はフィリップ端麗王に接収されたわけではなく、王自らの手でエルサレムの聖ヨハネ騎士団に与えられているという事実がある。

テンプル騎士団異端説にはやはり根拠があったのである。彼らはバフォメと呼ばれる髭面の両性具有の悪魔を崇拝し、セックス・マジックや首切り儀式に熱中していた。

c0139575_7343997.jpg

胴体から切り話された喋る生首、これが彼らの本来の崇拝の対象である。おとぎ話ではない。猿の首のすげ替え実験はすでに成功しているのだ。そのうち人間の首のすげ替えも行われるようになるだろう。テンプル騎士団とその後継者が目指している伝説的な目標は、髭面の男の頭を肉感的な女性の胴体に移植することである。その時こそ、テンプル騎士団が崇拝した両性具有の悪魔・バフォメが地上を徘徊することになるのだ。

c0139575_1316999.jpg


バフォメは単なる空想の産物などではない。この世に現実に存在している。加え煙草で下品な言葉を吐き、男のような恰好で街中を闊歩している、それでいて胸とけつだけは張り出している。こんな生き物を昔はおとこ女と呼んだものだ。筆者はバフォメと呼んでいる。近年、男と女の性差がなくなりつつある。人類が中性化しつつあるのだ。男と女は対照的であるからこそ互いに引き合うのである。男女の対照性が消滅してしまえば、陽と陰の両極性が生み出すダイナミズム、生命力といったものも自然に消滅してしまう。自然の生命システムが破壊され、残されるものはクロ-ン人間のようなロボット人間だけになってしまう。昔ながらの豊かな自然風景は消滅し、無機的な死の街だけが後に残される。その死の街を徘徊するロボット人間の群れ、これが陰謀家どもの究極の目標なのだ。

c0139575_1444032.jpg


我々の生命力を破壊するエイリアン集団、テンプル騎士団こそ、西欧キリスト教文明にとっての疫病神であったのだ。彼らは最初に登場した国際銀行家のひな型であり、教会が高利貸しに対する態度を転換させるのに大いに貢献した。どのような中世の組織も、テンプル騎士団ほどに資本主義の台頭に力を貸したことはなかった。

彼らは金融業務に関して優れた手腕を発揮した。これは中東のアレキサンドリアのユダヤ人から学んだ可能性が高い。かくしてテンプル騎士団はユダヤ人を除いては唯一の資本家集団となったのだ。

筆者は、テンプル騎士団は魔術結社と同様に二重の組織だったのではないかと思っている。つまり、一部の者は騎士団の秘密の教義を授けられたが、大多数は始めから終わりまで何も知らされなかった。裏切る恐れがないと高位者が判断した者にだけ、口づてで秘密が明かされたのだ。テンプル騎士団には顕教と密教があり、表と裏の両面を持っていたのだ。テンプル騎士団の総長は表の長であり、その代理セネシャルは裏の長ではないかといわれている。テンプル騎士団の印璽も一匹の馬に二名の騎士が乗るという奇妙な図案である。これはテンプル騎士団が二重の組織であることを象徴していると考えられる。騎士団は東方正教の信仰を持つと外部には完璧に見せかけた。分団長だけが行き先を知っており、残りの団員は疑問も持たずついていくだけだった。テンプル騎士団はれっきとした秘密結社であったのだ。

そしてこのテンプル騎士団とフリーメーソンが合体しているのだ。

c0139575_7401818.jpg

フリーメーソンの「親方」の参入儀礼がテンプル騎士団システムへと変えられた時、

c0139575_12344617.jpg

ジャック・ド・モレ-はヒラム・アビフに取って代わり、3人の暗殺者はテンプル騎士団の内部告発者、フランスのベジエのスキャン・ド・フレキシアン、フィレンツェのノッフォディそして正体不明の第3者に置き換えられた。しかしこの第3の男に関しては記録が残っていないので、でっち上げの可能性が高い。 フリーメーソン伝説の3人の暗殺者と整合性を持たせるためである。3人の暗殺者とは、フリーメーソン伝説においてソロモンの神殿の建築者ヒラム・アビフを殺害した3人の卑しむべき職人、ユベラ・ユベロ・ユベラムのことである。








c0139575_7125989.jpg

c0139575_6572981.jpg

c0139575_751445.jpg

[PR]

by oninomae | 2012-05-20 06:24 | イルミナティ