カテゴリ:NWO・番号付動物農場・警察国家( 56 )

 

騙しの金融システムに従わないと「ならず者」 櫻井J

中東/北アフリカでは欧米に服わぬ国々が軍事力で制圧されているのが、BRICSにしろ、南アメリカにしろ、かつてのように植民地化することは困難な状況になっている  櫻井ジャーナル 2013.09.05
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201309050000/

 ひとつの出来事に複数の側面があることは言うまでもなく、現在、中東/北アフリカで続いている戦乱にもいくつかの原因が考えられる。例えば、シオニスト/イスラエルの戦略、エネルギー資源の支配、経済/金融問題などで、これらが相互に影響し合う。

 こうした問題の中で、このところ注目されているのが経済/金融問題。ティモシー・ガイトナー財務次官補からローレンス・サマーズ財務副長官に宛てた1997年11月24日付けの文書が明らかにされたことが切っ掛けだ。

 その文書の中でガイトナーはサマーズに対し、金融/証券会社のCEOと連絡をとるように勧めている。その相手とは:

バンク・オブ・アメリカのデイビッド・コールター
シティバンクのジョン・リード
チェース・マンハッタンのウォルター・シップリー
ゴールドマン・サックスのジョン・コーザイン
メリル・リンチのデイビッド・コマンスキー

 巨大な銀行と証券会社で、いずれも「FLG(金融リーダーズ・グループ)」に所属。WTO(世界貿易機関)の金融サービス交渉が最終場面に入った時期にFLGのCEOに会うことは良いアイデアだろうとガイトナーはしている。

 この時期、金融の分野で最も大きな問題は何だったかと言えば、グラス・スティーガル法(1933年銀行法)の廃止だろう。1920年代の経験から投機が経済を破壊すると考え、銀行業務と証券業務を分離していた。1933年にアメリカ大統領となったフランクリン・ルーズベルトは金本位制から離脱している。金市場は一部の勢力に支配されていたため、金相場を操作することで通貨を支配することも可能だった。

 金融界から見ると、この規制はカネ儲けにとって邪魔な存在。「新自由主義経済」、つまりレッセ・フェール的資本主義が1970年代から「人気」になり、「規制緩和」と「私有化」が推進された。イギリスでは1986年に金融市場で規制緩和、いわゆる「ビッグ・バン」が実施され、アメリカではグラス・スティーガル法の無力化が進み、99年の金融制度改革法で完全に撤廃されている。

 1990年代の後半から2000年代のはじめまで、日本でも金融の規制緩和が実行されている。銀行業務と証券業務の分離を止め、顧客への責任転嫁を推進、デリバティブのような投機性の高い商品を扱えるようになった。その前提とされた情報開示の徹底は実行されていない。その典型例が東京電力だ。

 WTOのFSA(金融サービス協定)によって、金融取引を各国政府が独自に規制することが困難になり、巨大銀行のデリバティブ取引も受け入れざるをえなくなった。本ブログでも何度か書いたことだが、金融/投機は経済を破壊する。現在、経済が比較的に順調な国はFSAのくびきに拘束されていない。

 ひとつの国がWTOに立ち向かうことは難しいだろうが、いくつかの国が団結したなら不可能ではない。「西側」がBRICSを敵視する一因はここにあるだろう。2001年にアメリカ政府が攻撃リストに載せたイラク、イラン、シリア、リビア、レバノン、ソマリア、スーダンにもそうした側面がある。南アメリカ諸国も団結に向かっている。日本が東アジアで団結を阻もうとしている理由は言うまでもないだろう。

 「西側」が湾岸の産油国と手を組み、アル・カイダを使って体制を転覆させたリビアの場合、ムアンマル・アル・カダフィはアフリカをひとつの共同体にしようと考え、「金貨ディナール」を導入して貿易の決済に使おうとしていたと言われている。ドルとの決別である。

 こうした服わぬ国をアメリカは軍事力で制圧しようとしている。そうした中で「アラブの春」も現れた。勿論、TPPも巨大資本が世界を支配する仕組みの一部にほかならない。



関連

金融インターナショナルは革命の参謀本部だ by ラコフスキー + 666
http://satehate.exblog.jp/11188758/

銀行家の小説中で暴露された悪魔的な債務詐欺商売 by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/16979505/

人類の貪欲をかきたて、地球を壊滅に導くユダヤ文明 太田龍
http://satehate.exblog.jp/16949507/

悪魔主義銀行家の陰謀 by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/11701619/

ユダヤ資本の帝国主義 by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/12030247/

グローバリゼーションとユダヤ国粋主義 By Brother Nathanael Kapner
http://satehate.exblog.jp/20586546/

マイヤー・ロスチャイルドの世界革命行動計画 by ユースタス・マリンズ
http://satehate.exblog.jp/8473976/

c0139575_1413527.jpg


国土安全保障省曰く、現金の使用はテロであり得る By Keelan Balderson
http://satehate.exblog.jp/15833835/

自由を剥奪され極貧にあえぐのは現金を奪われた市民層 by ジョン・コールマン
http://satehate.exblog.jp/10433611/


c0139575_126335.jpg

c0139575_1265114.jpg






本日9月7日は、311(2011年3月11日)から911日後なんですけれどっ∑(゚ω゚ノ)ノ  2013/9/7(土) 午前 6:31
http://blogs.yahoo.co.jp/macrobioticstudio/11456020.html


c0139575_22581374.jpg




カフカス出身者で構成された戦闘部隊が反シリア政府軍の内部で結成されたという話が流れているが、これは中央アジア、中東、北アフリカの戦乱が同根ということを示す 2013.09.06
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201309060000/

 反シリア政府軍兵士の話として、APはカフカス(コーカサス)出身者で構成された戦闘部隊がシリアで作られたと伝えている。カフカスといえば、黒海とカスピ海にはさまれた地域を指し、反ロシアの軍事勢力が活動しているグルジアやチェチェンも含まれる。

 そのグルジアでは、2003年の「バラ革命」でミヘイル・サーカシビリが実権を握っている。ウクライナの「オレンジ革命」でも言えることだが、そのスポンサーは「西側」の巨大資本を背景に持つ富豪たち。

 2008年にサーカシビリは南オセチアを奇襲攻撃、ロシア軍の反撃で撃退され、作戦は失敗に終わるということがあった。このとき、グルジアがアメリカやイスラエルから軍事的な支援を受けていることが話題された。

 奇襲攻撃の直前、グルジア軍はアメリカの傭兵会社に雇われた元特殊部隊員から訓練を受けているが、それ以上に注目されたのがイスラエルとの関係。2001年からイスラエルの「民間企業」がロシアとの戦争に備えてグルジアに武器を提供し、軍事訓練を行っていた。サーカシビリ政権にはイスラエルと関係が深く、流暢なヘブライ語を話せる閣僚がふたりいた。国防大臣と南オセチアとの交渉担当者だ。奇襲攻撃の翌年、ロシア軍の情報機関GRUの長官は、NATO、ウクライナ、そしてイスラエルが兵器を提供していると発言している。2008年の奇襲攻撃にイスラエルが関与していた可能性は十分にある。

 昨年10月、グルジアでは総選挙があったのだが、その際にサーカシビリ政権が反対勢力を拷問していたことが発覚して窮地に陥る。そして選挙の前月、ロシアとの国境近くでチェチェン人が殺されるという出来事があった。

 サーカシビリ大統領はダゲスタンから武装勢力がグルジアへ侵入したと批判しているのだが、その後の調査で、殺されたチェチェン人はヨーロッパでグルジアの内務省、あるいは国防省に雇われ、グルジアで数カ月にわたって訓練を受けていた疑いが濃厚になる。

 チェチェン人グループは「偽旗作戦」を演出するための罠にはまったという説もあるのだが、総選挙を直前に控え、サーカシビリに批判的なビジナ・イバニシヴィリを殺すことが目的だったのではないかとも言われている。イバニシヴィリの率いる政党が勝利した。(ちなみに、ダゲスタンやチェチェンといた名前は、ボストンでの爆破事件でも浮上している。)

 この地域では、来年、ソチでオリンピックが開催される予定。そのオリンピックで「テロ」を実行するとサウジアラビアのバンダル・ビン・スルタン総合情報庁長官は示唆、ロシアのウラジミル・プーチン大統領を脅したと言われているが、この作戦に使うため、グルジア人を雇っているともいう

 1970年代にズビグネフ・ブレジンスキーが始めたプロジェクトは今でも続き、旧ソ連圏から中東、北アフリカへと戦乱は拡大している。この地域が同時に燃え上がり、アメリカ軍とロシア軍が衝突する可能性も否定できない。そうした動きの背後にいるのがイスラエルとサウジアラビアだ。この両国が同盟関係にあるという視点で21世紀の出来事を振り返る必要もあるだろう。


c0139575_0201621.jpg


ゴータで化学兵器の犠牲になったとされる子どもの中に、反政府軍がラタキアで拉致した子どもが含まれているとする話が流れ、世界で孤立するオバマ政権は進退窮まった 2013.09.07
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201309070000/

 G20の閉幕に合わせ、化学兵器の使用はシリア政府に責任があるとする声明が出た。署名したのは、アメリカ、イギリス、フランス、サウジアラビア、トルコの体制転覆を狙っている5カ国のほか、アングロサクソン仲間のカナダ、オーストラリア、さらにイタリア、スペイン、韓国、そして日本。合計すると11カ国になり、G20の過半数のように見えるのだが、スペインはG20のメンバー国に含まれていない。G20関連記事の中で「11カ国の首脳」と表現するべきではないということだ

 ちなみに、アメリカに追随しなかった国は、ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカのBRICS諸国と、ドイツ、メキシコ、インドネシア、アルゼンチン、EU。

 シリア政府軍が8月21日にダマスカス近郊、ゴータでサリンを使用したとアメリカ政府などは主張しているのだが、兵器級のサリン(シリア政府が保有しているであろうサリン)が使われたという話に疑問を持つ化学兵器の専門家は少なくない。欧米のメディアはこの点に触れている。(例えばココ

 しかも、ゴータで犠牲になった中に、ラタキアで拉致された子どもがいるとする話も伝えられている。その地域はバシャール・アル・アサド大統領と同じアラウィー派が住んでいる地域で、ゴータが攻撃される10日ほど前に反政府軍に襲撃され、約200名が殺され、150名以上が拉致されたとされている。拉致された住民の中には女性や子どもも含まれていた。

 本ブログでは紹介済みだが、衛星写真などの証拠に基づき、反シリア政府軍が支配しているドーマから8月21日未明に2発のミサイルが発射され、ゴータに着弾したことをロシアのビタリー・チュルキン大使が国連の臨時会合で示したとされている。この後、バラク・オバマ政権は窮地に陥り、G20でも挽回できなかった。

 アメリカ、イギリス、フランス、トルコ、サウジアラビアなどは中東/北アフリカを自分たちにとって都合の良い体制に転覆しようと秘密工作を続けてきた。傭兵(アル・カイダ)を使った軍事介入を続け、自国の特殊部隊も潜入させていると以前から指摘されている。

 ところが、未だにシリア政府は倒されていない。シリアの体制転覆を目指している国々は、自らが空爆、場合によっては地上部隊を派遣しないわけにはいけない状況だ。直接的な軍事介入になるとその中心はアメリカにならざるをえず、攻撃されるシリアを除くと、最も大きなダメージを受けることになる。が、何しろイスラエル/シオニスト・ロビーのAIPACが強力な圧力を議員にかけ、シリアの反政府軍に化学兵器を供給しているとも噂されているサウジアラビアもシリアを攻撃するように強く求めている。バラク・オバマ政権は進退窮まった。


c0139575_20365646.jpg


++
実に えげつない 偽旗作戦である。
[PR]

by oninomae | 2013-09-06 00:32 | NWO・番号付動物農場・警察国家  

CIAがFacebookを考案 目的は全世界個人情報収集

CIAがFacebookを考案 目的は全世界個人情報収集 ほとんどのハイテク企業もイルミナティ傘下
http://jmatome.blog39.fc2.com/blog-entry-595.html


300 名前:友達の友達の名無しさん[] 投稿日:2011/05/11(水) 00:59:24.33 ID:icMnY1hG0

Facebook  CIAがFacebookを考案、Facebookプロジェクトとして推し進めユダヤ人の当時19歳のマーク・ザッカーバーグ[Mark Zuckerberg]をリクルートしてThe OverlordというCryptonym(コードネーム)を与え、フロントとして全世界個人情報収集システムFacebookを広めさせた。

c0139575_11365617.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=cqggW08BWO0

CIA長官補佐はHomeland Security Reportにて、

「秘密裏に大衆をマインドトレーニングする事で、大衆は自分からインターネットに個人情報を載せてくれるようになった。」

「Facebookこそが我々がインターネットを開発した理由であり、このシステムによって全世界のユーザーの個人情報が手に入る」

「次は血液サンプルをFB上にユーザーにアップロードさせたい」

「CIAの積年の夢が真に叶ったと言える。」


と発表した。

同じくCIAによってCIA Memorial wall にて表彰を受けたマークザッカーバーグは表彰の場にて、FBは過去生み出されたものの中で最も強力な大衆操作ツールだ、と発表した。

c0139575_1138238.jpg

c0139575_11382476.jpg

アナリストはCIAは大衆の関心がFBから他のSNSに移らないように心配した方が良い、と述べた。


Facebookの個人情報の流れとFacebookへ投資したベンチャーキャピタルとCIA,国防省の関係
http://www.youtube.com/watch?v=B37wW9CGWyY&feature=related

Facebook株の保有をしている企業の団体、人物をトラッキングしているとCIAや国防省に辿り着くのがWIKIからでも分かる。

Information awareness Officeと言うCIA自作自演テロの監視を名目として全世界の個人情報を収集し、管理している団体(ロゴがイルミナティのシンボルマークで一ドル札と同じ)に繋がっている。
c0139575_114227.jpg

http://www.youtube.com/watch?v=vDgC0n3vyII

c0139575_11422440.jpg


フェイスブックがプライバシーを殺す
http://www.youtube.com/watch?v=azIW1xjSTCo&feature=related

イルミナティ傘下でFOXのルパードマードックの保有するTIMEは当然彼をPerson Of The Yearに選出、
c0139575_11425480.jpg

名誉を与えてFBをより広め、
c0139575_11433768.jpg

同じくユダヤ系のひしめくイルミナティ傘下のHollywoodはFBに関する映画、ソーシャルネットワークを製作。
c0139575_11443458.jpg

人工的な話題作りに尽力した。

c0139575_1130488.jpg

同様にTwitter、Google、Apple等のほとんどのハイテク企業もイルミナティ傘下に置かれ、個人情報、位置情報の収集を行っている。

c0139575_114584.jpg


Facebook利用者5億人の情報が広告代理店に流出している可能性
http://www.su-gomori.com/2011/05/facebook-leak.html
http://alfalfalfa.com/archives/3271936.html

c0139575_11454964.jpg

CIA Agent Mark Zuckerberg, ‘THE OVERLORD’ and Operation Facebook
httpvh://www.youtube.com/watch?v=ZJ380SHZvYU


CIA: “Facebook Is Truly A Dream Come True”Posted by Hatem Jarad on March 24th, 2011
http://www.elrona.com/03/24/facebook-cia-program-truly-dream-come-true-mark-zuckerberg-cia-agent-overload/

The onion news network published a report talking about CIA invention of Facebook program as it dramatically cuts the agency’s cost and calls Facebook “Reason we invented the internet”.

This is part of the Deputy CIA Director, Christopher Sarinsky(引用注:wikiのリストには見当たらず、詳細不明) speech about Facebook:

“After years of secretly monitoring the public, we were astounded so many people would willingly publicize where they live, their religious and political views, an alphabetized list of all their friends, personal emails addresses, phone numbers, hundreds of photos of themselves, and even status updates about what they were doing moment to moment. It is truly a dream come true for the CIA.”

It’s true about how people socialize and share their daily personal data. CIA uses this advantage plus the applications on Facebook and the features it provides such as “suggested friends” that allows the agency to goes deeper into your network and that they considered it as “It is truly a dream come true for the CIA”.


As you should know that “Mark Zuckerberg” codenamed by the CIA as ”The Overlord” as an agent!!

True as CIA invention of their program “Facebook” and “Mark Zuckerberg” saved the government millions of dollars as the program dramatically cuts agency’s cost dropping other programs like Twitter.


フェイス・オフ 神秘の魔力で魂を奪う秘密結社 タンポポ日記 2012年02月11日
http://blogs.dion.ne.jp/tanpopo0817/archives/10624371.html

前回書いたが、人間に限らず、多くの生物にとって親ほど愛情を注いでくれる存在はいない。多くの場合ー

ほとんどの親は、自分の子供に対して限りない愛情を注いでいる。

だが、メイソンなどの秘密結社に入ると、こうした血縁関係よりも、結社のブラザーシップが優先される。つまり、個人の、家庭との繋がりは軽んじられる。なぜなら、組織は結社員を彼らの目的に利用するために組織されたのであって、彼個人の幸福のためではない。

だが、組織の目的を果たすためにあなたを利用すると言ってしまっては、同胞以外は誰もついてこないから、そのために「神の神秘」が強調される。

人間は秘密を知りたがる。とくに世界最大の秘密となれば、誰しも、危険を感じながら、その秘密の魅力に負けてしまう。首を突っ込んではいけないものに、体を預けてしまうのだ。

人間を操るためには、体ではなく、精神=心を支配しなければならない。

親や家族、自分が所属する企業や役所ではなく、結社の言うことに従わせ、家族を捨て、企業や役所の秘密を盗み、時にはその権力を乗っ取らなければならない。

このように勢力をあらゆる分野に拡大させてこそ、結社の力を全世界に行き渡らせることができる。家族ではない、「真のブラザー」の目的のために。

こうした秘密結社に良く似ているのが、オウムなどのカルト教団である。日本でも様々なカルト教団が活動しているが、個人を騙し、金を集め、家族を捨てさせているケースが後を絶たない。

なぜなら、こうしたカルト教団と、秘密結社は同じ目的を持っているからだ。ただ、彼らは名前や主催者が異なっているだけである。

また、暴力団も結社である。

これら世界に広がる「義兄弟のブラザーシップ」の連携によって、世界情勢を動かすことが出来る。

これらの結社員は、世界のあらゆる団体にまで浸透し、企業や団体、役所の秘密を盗み、組織を動かしている。

政治団体もまた結社である。そして右翼団体も政治結社である。

こうして見ると、世界のいかなる団体も、すべて彼らのネットワークに捉われているのではないかと考えられる。


たとえば、フェイス・ブックのマーク・ザッカーバーグもユダヤ人であるが、彼が作ったフェイス・ブックは、世界のユダヤ人グループによって、数兆円もの価値があると宣伝されている。

c0139575_11472480.jpg

だが、私は、このフェイス・ブックなるものが、なぜ世界的に広められているかを知っている。

それは、私たちゴイムの情報を顔ごと記録するためである。

こうして、彼らの目的は一つずつ達成され、世界は、獣と呼ばれるコンピューターによって管理される。

c0139575_1148121.jpg

あなたのすべての情報がそこに刻まれ、あなたは彼らに従うしかなくなる。

すべての情報はそのために集められ、いつでも必要に応じて流出し、利用されるであろう。

c0139575_12462926.jpg


「フェイス・ブック」によって

c0139575_11594578.jpg




エジプト:第三次世界大戦への舞台設定か? by Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/15860756/

Google革命工場-アライアンス・オブ・ユース運動: カラー革命2.0 Tony Cartalucci
http://satehate.exblog.jp/15960555/



追記

ソーシャル・メディア "戦術的情報収集": フェースブック、ツィッターを活用したスパイ活動とプロパガンダ
http://eigokiji.cocolog-nifty.com/blog/2012/02/post-2a31.html

映画『ソーシャルネットワーク』の脚本を書いたソーキン と、主人公ザッカーバーグを演じたアイゼンバーグがfacebook退会
http://rocketnews24.com/2011/06/24/%E6%98%A0%E7%94%BB%E3%80%8E%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AB%E3%83%8D%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%AF%E3%83%BC%E3%82%AF%E3%80%8F%E3%81%AE%E8%84%9A%E6%9C%AC%E3%82%92%E6%9B%B8%E3%81%84%E3%81%9F/
[PR]

by oninomae | 2012-02-13 23:43 | NWO・番号付動物農場・警察国家  

情報支配 櫻井春彦

原発に絡んだ情報の操作や監視が問題になっているが、支配層は昔から情報支配を目論み、メディアはこの問題に触れず、支配に甘んじたきたことで事態は深刻化した  櫻井春彦 2011.07.23
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201107230001/

九州電力が原発推進のために仕組んだ「やらせメール」、資源エネルギー庁による「不適切・不正確な情報への対応」を目的とした新聞やインターネットの監視が話題になっている。

c0139575_2354452.jpg

東京新聞によると、メディア情報を監視するために外部委託した費用の総額は本年度分を含め、4年間で約1億3000万円に上るという。

中には「こんなことは昔から知っていた」と言う人もいるが、証拠が出てきた意味は大きい。証拠を握っていてもマスコミが報道しなかったということもあるかもしれないが、外部に情報が出てきた以上、問題にするのは当然である。

ところで、政府や大企業は情報を操作するだけでなく、収集、集積、分析によって一般市民を監視する仕組み、つまり情報を支配するためのシステムを築き上げてきた。

ジョージ・オーウェルの小説『1984』に出てくるビッグ・ブラザーのような存在だ。

c0139575_23565541.jpg



原子力だけがターゲットになってきたわけではない。

c0139575_23571574.gif


勿論、こうした監視システムは日本だけの問題ではない。世界的に見ると1970年代から問題になりはじめ、1990年代から欧米では大騒動だった。

c0139575_23574067.gif

この時期、日本のマスコミもこうした状況を知っていたはずだが、この問題に触れようとしなかった。しばらくしてから一部のメディアが取り上げていたが、大半は本筋から外れていた。

この問題に切り込んだ最初のジャーナリストはダンカン・キャンベル[Duncan Campbell]。1976年5月号のタイム・アウト誌に「盗聴者」という彼の記事が載っている。マーク・ホーゼンボール[Mark Hosenball]との共著だが、執筆の中心はキャンベルだ。この年の11月、ホーゼンボールはイギリスからの退去が命じられている。

1977年にキャンベルはGCHQ(イギリスの電子情報機関[Government Communications Headquarters])の極秘事項を明るみに出したとして逮捕された。

c0139575_010316.jpg

c0139575_0123718.jpg

c0139575_015314.jpg

c0139575_0204647.jpg


情報源だったクリスパン・オーブレイとジョン・ベリーも拘束されている。

裁判の結果、ベリーは有罪になって懲役6カ月、執行猶予2年、弁護費用250ポンドの支払いが命じられ、キャンベルとオーブレイは無罪になったのだが、無罪になったふたりには起訴費用として、それぞれ2500ポンドを支払えと命じている。要するに、犯罪は成立しないが罰するという姿勢をイギリスの裁判所は示したわけである。

c0139575_0144621.gif

c0139575_0154438.gif


地球規模の通信傍受システム、ECHELONの存在を最初に指摘したのもキャンベルである。1988年8月のことだ。このシステムはキーワードやアドレスなどをチェックし、コンピュータが自動的に会話内容を記録、分類するとされている。

c0139575_022165.jpg


別に「企業スパイ」のためのシステムではない。インテルサットなど衛星を利用した通信のほか、無線や地上のマイクロ波ネットワークを傍受、スパイ衛星もシステムに組み込まれているようだ。

c0139575_023747.jpg

c0139575_0242483.jpg


このシステムの動かしているのはUKUSA。UKとはイギリスのGCHQ、またUSAとはアメリカのNSAを指し、カナダ、オーストラリア、ニュージーランドのアングロサクソン系国の情報機関も参加している。

c0139575_0275377.jpg

カナダ、オーストラリア、ニュージーランドの政府はこのネットワークに関与できず、この3カ国を米英両国政府が支配する仕組みとして機能している。形式上、日本もUKUSAに加わっているのだが、アングロサクソン系の国々とは立場が全く違う。

1970年代には情報の収集と分析を行うシステムの開発も進んだ。中でも有名なシステムがPROMIS[Prosecutor's Management Information System]。INSLAW社開発した当初は容疑者を追跡することを目的としていたのだが、 不特定多数の個人情報をコンピュータ網を利用して集め、分析するために使われるようになる。カネやプルトニウムの動きを追跡するためにも利用されているようだ。

c0139575_0362118.gif


注目を集めた(日本は違うが)大きな理由は、司法省の横領疑惑が持ち上がったからである。INSLAW社は司法省と協力してシステムを開発していたのだが、ロナルド・レーガン政権になると司法省がPROMISを取り上げてしまったのである。その手口が違法だと会社に訴えられ、1989年には破産裁判所が会社側の主張を認め、司法省はペテン的、欺瞞的、詐欺的な手段でPROMISを横領、さらに不正な手段でINSLAWを清算しようとしたと認めたのである1989年にはワシントンの連邦地裁でも同じ内容の判決を言い渡され(上級審で破棄されたが)、1992年には下院司法委員会も両裁判所と同じ趣旨の報告書を出している司法省が横領した・・・大変なことだが、日本で報道されたという話は寡聞にして聞かない。

実は日本の法務省もPROMISに注目、法務総合研究所は1979年3月と1980年3月、2度にわたってPROMISに関する概説資料と研究報告の翻訳を『研究部資料』として公表している。

この当時、アメリカの日本大使館に一等書記官として勤務していたのが後の検事総長、原田明夫

c0139575_041263.jpg

実際にINSLAW社と接触していたのは後の名古屋高検検事長、敷田稔である。

c0139575_0404988.jpg

(引用注:あのねー、だったら、人工地震インサイダー取引犯を捕まえたらどうなんですか?)

原田は法務省刑事局長時代、『組織的犯罪対策法(盗聴法)』を推進している。(詳細は拙著『テロ帝国アメリカは21世紀に耐えられない』を)

c0139575_11255.jpg


なお、盗聴法は1999年に成立している。「住民基本台帳ネットワーク」も同じ流れの出来事だ。

c0139575_0443192.jpg


こうした情報支配の問題を日本のマスコミは取り上げようとしなかった。世間では「左翼」と見られている記者や編集者も触れたがらなかった。個人的な話になるが、この問題を取り上げてくれたのは月刊の軍事研究である。

c0139575_045257.jpg

c0139575_0455369.gif

c0139575_0461464.jpg


c0139575_0464442.jpg

c0139575_04548.jpg

[PR]

by oninomae | 2011-07-25 23:17 | NWO・番号付動物農場・警察国家  

ノルウェー

ノルウェーで2つの悲劇 爆破事件と銃乱射 死者多数
http://www.epochtimes.jp/jp/2011/07/html/d48167.html

【大紀元日本7月23日】ノルウェーの首都オスロにある政府庁舎付近で22日(7.22=11)、大規模な爆破事件があり、これまでに7人が死亡した。

c0139575_0355293.jpg

また事件後、オスロ郊外の島で開かれていた若手議員による党大会では銃乱射事件があり、10人が死亡、多数の負傷者が出ている。

c0139575_0361550.jpg

オスロ警察局は、警官の制服を着た31歳のノルウェー人の男を事件関与の容疑で逮捕した。また、2つの事件は関連したものだと発表している

c0139575_0371873.jpg

政府庁舎周辺は爆破により窓ガラスの破片が飛び散り、がれきや庁舎内にあった書類が散乱している。警察によると、ストルテンベルグ首相ほか閣僚は無事で、地元テレビ局は「卑劣な犯行だ」と非難している。また当時、ウートオイヤ島で開かれていた党大会には700人もの党員や関係者が出席していたと言う。

c0139575_045336.jpg


「ノルウェーにとって最悪の日だ。ここでテロ攻撃などあったためしがないが、しかも2回だなんて」爆破事件近くの病院で働く医師は、CNNに対してこう述べた。 

c0139575_0401820.jpg

(Thomas Winje/AFP/Getty Images)

c0139575_0404047.jpg

(Thomas Winje/AFP/Getty Images)

c0139575_041770.jpg

(Thomas Winje/AFP/Getty Images)

(佐渡 道世) (11/07/23 08:53)


最近、イスラエルに批判的な声が高まっていたノルウェーで爆破事件があり、アンサール・アル・イスラムに注目
http://plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201107230000/

ノルウェーの首都オスロで22日午後330分頃(現地時間)に大きな爆発があり、多くの死傷者が出ているようだ。現段階で2人の死亡が確認され、数百名が死亡したという情報も流れている。現地の警察によると爆発の原因は爆弾。少なくともひとつは自動車に仕掛けられていたとも伝えられているが、爆破の目的はわかっていない。爆破の数時間後にはオスロ近くの町で銃撃事件があったというが、詳細は不明だ。

c0139575_0422438.jpg

c0139575_0463348.jpg

c0139575_0472491.jpg


この事件では、少なからぬ人がムラー・クレカール[Mullah Krekar]に注目している。

c0139575_1453061.jpg

スンニ派のクルド人聖職者で、1991年にノルウェーに難民として入国している。イラク北部を拠点とするクルド系の武装グループ、アンサール・アル・イスラム[Ansar al-Islam]の創設に関わった。この地域はアメリカが設定した「飛行禁止空域」に含まれ、サダム・フセインの攻撃から守られる形になっていた。クルド人はイラク、イラン、トルコにまたがる形で生活、各国を不安定化させる手駒としてイスラエルに協力してきた歴史がある。

そのクルド人の中でもアンサール・アル・イスラムは危険視され、国連からテロリストだと見なされている。

2007年にはノルウェーの裁判所が国家の安全に脅威になる人物だという結論を出しているのだが、イラクに戻ると処刑される可能性があるとして国外追放に抵抗、すでにアンサール・アル・イスラムの指導者ではなく、アル・カイダとも関係ないと主張している。

歴史を振り返ってみると、ノルウェーは中東と浅からぬ関係にある。イスラエルを国家として、PLOをパレスチナの自治政府として相互に承認し、イスラエルは入植した地域から暫定的に撤退するといったことが決められた1993年のオスロ合意は有名。

オスロ合意に対する反発はイスラエルとパレスチナ、双方にあった。イスラエル側から参加したイツハク・ラビン[Yitzhak Rabin]首相(当時)は1995年に暗殺され、

c0139575_1563544.jpg

2000年にはアリエル・シャロン[Ariel Sharon]が1000名以上のイスラエル人警官を引き連れて「神殿の丘」を訪れ、その場所はイスラエルのものだと宣言した。

c0139575_0572456.jpg


同じ場所にイスラムの聖地「岩のドーム」もあることから、シャロンの発言にイスラム教徒は当然、怒る。

c0139575_0575658.gif

つまりシャロンはパレスチナ人を挑発し、和平の機運を粉砕しようとしたわけだ。そして2006年、イスラエル軍がレバノンやガザに軍事侵攻して合意を破壊しようとしている。

イスラエルでは強硬姿勢がエスカレート、最近では「民族浄化」を目的とした法律も制定、「人権擁護団体」を激しく攻撃するようになっているのだがそうした動きに反比例する形でイスラエルの立場は悪化している。ガザに対する兵糧攻めや軍事侵攻も国際的に非難され、ヨーロッパでもイスラエルに厳しい見方をする人が増え、イスラエル製品のボイコットも広がっている。

c0139575_01908.jpg


ノルウェーでもイスラエルの評判は悪く、今年2月の報道によると、ノルウェーのPR会社5社はイスラエルのイメージを地球規模で改善させるという仕事を断ったという。イスラエルのイメージアップは無理だということだろう。

その一方、ノルウェーのヨナス・ストーレ[Jonas Gahr Støre]外相は爆破事件の直前、パレスチナの国連加盟を支持すると語っている。

c0139575_1232366.jpg

c0139575_1302291.jpg

また、ジミー・カーター元米大統領の補佐官を務めたロバート・パスター[Robert Alan Pastor]・アメリカン大学教授は15日、時事通信に対し、オバマ政権はパレスチナの国連加盟を支持すべきだと主張している。


c0139575_1293325.jpg

c0139575_1482674.jpg

c0139575_148496.jpg


勿論、アメリカやEUには強力な親イスラエル派が存在しているわけで、こうした発言に反発する動きもあるはず。つまり、支配層の内部で対立が生じている可能性がある。(引用注:それを使ったお芝居の一環の可能性も;オスロ市は、ウォーバーグ一族が所有するクーン・ローブ商会の顧客だった。それ故、 オスロ合意[Oslo Accords]。 ウォーバーグ一族は、マイヤーとマクロイそしてジョージ・ブッシュ-1人と2人-を結びつける重要なリンクである。 ) こういう場合、本来なら出てこないような話が出てくるものだ

ところで、イスラエルの情報機関の幹部だったアリ・ベンメナシェ[Ari Ben- Menashe]によると、

c0139575_135098.jpg

1985年の「アキレ・ラウロ号」の事件[Voyage of Terror: The Achille Lauro Affair]はイスラエルが仕掛けたものだった。

c0139575_1325161.jpg

c0139575_133848.jpg

自分たちの正当性とパレスチナ人の残虐性を世界の人々や自国民に印象づけるため、支配下にあるアラブ人を使い、「イスラム教徒のテロ行為」を演出したというのだ。
 

c0139575_1354974.jpg

c0139575_136386.jpg

c0139575_137693.jpg

c0139575_1372167.jpg

c0139575_138144.jpg


(詳細は拙著『テロ帝国アメリカは21世紀に耐えられない』を参照。)

c0139575_123022.jpg


ノルウェーの事件がイスラエルの仕業と言っているわけではない。事件を表面的に眺めるだけでは真相に迫れないということである。


c0139575_111469.jpg


http://angel.ap.teacup.com/gamenotatsujin/247.html


[PR]

by oninomae | 2011-07-24 00:32 | NWO・番号付動物農場・警察国家  

アメリカで、準備されている、クーデター計画 by オルタ

アメリカで、準備されている、クーデター計画 2011年07月06日
http://alternativereport1.seesaa.net/article/213447859.html

c0139575_2330065.jpg


米国では、災害救助法により、災害時には米国の全公務員が、FEMA=連邦緊急事態管理庁の「指揮下に入る」事が義務付けられている。

c0139575_23264093.jpg


日頃から官僚組織の運営に手慣れている各省庁が、かつて一度も省庁の運営を担当したことが無いFEMAの、「指揮・命令」の下に、なぜ、災害と言う緊急事態に入らなければならないのだろうか。

災害時の救助を名目に創設されたFEMAは、戦車とマシンガン等で武装した軍隊である。地震で、ガレキの下になった市民を救助するため、ガレキを戦車の砲撃で吹き飛ばすのであろうか?

FEMAは、災害救助とは無関係な、重武装した軍隊である。

既に発令されている、災害時での、大統領命令。

1、アメリカ合衆国大統領特別命令第10995号「全報道機関の政府による接取」。

2、第10997号「全ての電気ガス石油エネルギーとその施設の接取」。

3、第10998号「全食料と農場の接取」。

4、第10999号「車両等の輸送手段、高速道路、港の接取」。

5、第11000号「全市民への強制労働命令権」。

6、第11001号「全病院、福祉施設、教育機関の接取」。

7、第11002号「全市民の個人情報の政府への登録義務化」。

8、第11003号「全航空機、空港の接取」。

9、第11004号「住宅予算局を窓口とした全市民の強制移住命令」。

10、第11005号「全鉄道、運河、倉庫の接取」。

11、第11490「政府の全権利、機能のFEMAへの移譲」。


エネルギー、食料、鉄道・道路交通網、空港、航空機、自動車・トラック等の車両、マスコミ機関、学校・病院等、あらゆる物資・設備が、全て政府の所有物・監視下に入る事が、「大統領命令」として既に出されている。

そして、この「政府」そのものが、FEMAの指揮下に入る事になっている。FEMAという軍隊が、アメリカ全土の、全設備の「所有主」になる。

c0139575_2330585.jpg

c0139575_2331166.jpg


このFEMAが、全市民に対し、強制労働=奴隷労働の命令権を持っている。全市民が、FEMAの「専属奴隷」となる。

全市民は、FEMAの命令した地域に「強制移住」させられ、現在、住んでいる住宅を「召し上げられる」。アウシュビッツの収容所への、「強制移住」と同様の、強制移住命令権を、FEMAが持っている。

c0139575_23323367.jpg


2011年現在、有効である、この大統領命令は、FEMAによる「軍事独裁政権」の樹立、アメリカでのクーデター計画を明白に宣言している。

このFEMAの創立者ズビグニュー・ブレジンスキーが、オバマ大統領の、「最高政策ブレーン」である。これは、どういう事か?

c0139575_23344614.jpg


オバマは、「アヤツリ人形」であり、ブレジンスキーが、その「ボス」である。ホワイトハウスが、最終的に、何を目指しているかが、ここには明確に示されている。


本年8月に迫りつつある、アメリカ政府の破産=アメリカ消滅後の世界地図 2011年07月14日
http://alternativereport1.seesaa.net/article/214863322.html

前回、記載した数々の「大統領命令」によって、FEMAは事実上、アメリカ国内において独裁政権を作る権限を持っている。そして世界の中枢のアメリカを「独裁支配」する事は、世界全体を独裁支配する事に連結している。

この独裁政府の「支配の中枢」として、ワシントンから西に70km程のヴァージニア州ブルーモントにFEMAの「闘争統制作戦本部」、通称マウント・ウェザー基地[Mount Weather Emergency Operations Center]が作られている。

c0139575_22451091.jpg

c0139575_2242129.jpg

c0139575_22492656.gif


そこは数十万人が居住可能な巨大地下都市であり、発電施設・住宅・種種の政府機関・地下鉄等の地下交通網等を備えた完全独立政府組織となっている。

もはや民主主義は、終わった」のであり、議会を開く必要もなく、議論された内容を公開する必要もない。行政機関に市民が苦情を言う権利もない。「行政、政府は市民の目に見えない場所で、立入り禁止区域、軍隊に守られた地下都市で、密かに一方的に」物事を決める。そのための、地下政府と地下都市である。市民は黙ってそれに従うか、強制収容所に収監されるだけである。

c0139575_23363852.jpg

c0139575_2337066.jpg


ここが、本年8月に近づきつつあるアメリカ国債のデフォルト=政府の破産の後、「アメリカ合衆国」が消滅した後の、「新しい政府」の中心となる。

c0139575_011095.jpg


同様の「見えない政府」機関、地下巨大都市は複数作られており、これにより複数のネットワーク型地下政府が形成される。既に、メリーランド州オルネイから、レイトンスビルに向かい、108号線を進んだリッグス・ロードにも地下10階の巨大地下政府都市が建設され終わっている。ペンシルベニア州、テキサス州デントン、コロラド州デンバー、ワシントン州ボセル、ウェスト・ヴァージニア州、ノース・カロライナ州にも、同様の巨大地下政府都市の建設が終了している。


世界帝国「建設」の、準備
http://alternativereport1.seesaa.net/article/215451656.html

前回記事で指摘したFEMAは、全米を独裁支配する権限を、大統領命令によって「所持」している。

このFEMAを創立させたカーター政権は、キリスト教原理主義教会との「深い関係」を持っていた。

c0139575_0261257.jpg


FEMAの創立時には、その活動資金は、ロックフェラー一族の寄付金で「マカナワレテ」いた。それは、この独裁政治を司る「軍隊」が、誰の私兵であるかを、示していた。

c0139575_0201539.jpg

c0139575_2339526.jpg


このキリスト教原理主義教会の本拠地の一つでもある、ユタ州ソルトレーク・シティには、FEMAの全米通信基地本部が置かれている。

c0139575_23422924.jpg


この通信本部は、レーザー光線、赤外線による監視システムを完備した上、基地周囲を複数の中型戦車で完全包囲する厳戒体制を常時取っている。ペンタゴンでさえ取っていないこの異常な警戒体制は、この通信基地の重要性を「示している」。

このユタ州の通信基地のコンピューターには、「全米、全欧州の市民のID番号」が登録され、それは全米の各地方警察・CIA・FBI・国税庁IRSのコンピューター、さらにベルギーのブリュッセルにあるNATO軍指令部のコンピューターと連結され、市民の私的・個人情報の蓄積を拡大し続けている。

c0139575_23452519.jpg

c0139575_23502796.jpg

(下はイメージ)


これは前回記事で指摘した、独裁政治体制が、アメリカ国内だけではなく、世界全体に「波及させるべきもの」として準備されている事を示している。

c0139575_23524486.jpg

c0139575_063266.jpg


近い将来、大規模なテロあるいは災害が起こる事を前提に、この「私的機関」FEMAに米国の世界の全権限が集中する法案が、既に出来上がっている。

9・11テロでも明らかなように、米国政府は、いつでも自由に「政府自身がテロを起こし、危機を管理すると称して、市民からあらゆる権利を奪う」事が出来る。

c0139575_23314083.jpg

c0139575_23541242.jpg

c0139575_2354463.jpg

c0139575_23545960.jpg



関連

イルミナティ離脱者が広範な陰謀の詳細を語る by Henry Makow Ph.D. テクスト版

FEMA
http://satehate.exblog.jp/12167084

Fritz Springmeier 最高法院 マインド・コントロール FEMA
http://satehate.exblog.jp/7349075

八百長、FEMA
http://satehate.exblog.jp/16469732


++
無茶苦茶ですナ。

c0139575_064933.jpg


c0139575_0203392.jpg


http://www.fukushimasoubun.gr.fks.ed.jp/
c0139575_0403652.gif


++
確かに無茶苦茶です。


セシウム汚染牛出荷、648頭に…新潟・山形も (2011年7月18日22時04分 読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20110718-OYT1T00572.htm?from=tw

放射性セシウムに汚染された稲わらが肉牛に与えられていた問題で、福島県は18日、新たに県内7戸の畜産農家で汚染された疑いのある稲わらが与えられ、計411頭が出荷されたと発表した。

新潟、山形県も、放射性セシウムに汚染された宮城県産の稲わらを使用した畜産農家があり、それぞれ24頭と70頭を出荷していたと発表。福島県で判明していた143頭と合わせ、汚染された稲わらを食べた疑いのある牛の出荷は3県で計648頭となった。

出荷された牛への汚染された稲わら投与が福島県産以外で発覚したのは初めて。新潟県の24頭は4~6月、同県内と東京都の食肉処理場に出荷されていた。

c0139575_234873.jpg


福島県産の411頭は3月28日~今月6日、福島、埼玉、栃木、群馬、兵庫県と東京都の食肉処理場に出荷。出荷したのは二本松市、本宮市、須賀川市、白河市、会津坂下町の各1戸と郡山市2戸の計7戸の畜産農家で、本宮市の1戸が与えた稲わらからは一連の問題の中で最高値となる1キロ・グラムあたり69万ベクレルの放射性セシウムを検出。水分を含んだ状態に換算すると、暫定規制値(300ベクレル)の523倍に相当する。福島県は、18日までの予定だった県内全農家に対する肉用牛の出荷自粛要請期間を延長した。

http://savechild.net/archives/5438.html
c0139575_253538.jpg

[PR]

by oninomae | 2011-07-19 22:37 | NWO・番号付動物農場・警察国家  

番号アジェンダ

被災者に迅速な医療支援 共通番号の大綱案判明 2011年6月21日 21時31分 (共同)
http://www.chunichi.co.jp/s/article/2011062101001041.html 

社会保障と税の共通番号制度の法制化に向けた政府の大綱案が21日、明らかになった。

c0139575_21403532.jpg

東日本大震災の教訓を踏まえ、災害時に共通番号を被災者の救援や復興支援のインフラとして活用する方針を明記。被災者の病歴や使っている薬の種類、身体障害の等級などを把握し、迅速に治療の支援などができるようにする。

c0139575_21552936.jpg

c0139575_21545792.jpg


ただ共通番号で扱う医療情報については、従来の個人情報保護法よりも厳格な対応が必要だとして、流出などを防ぐための特別法を制定する方針も盛り込んだ。

政局の混乱で社会保障と税の一体改革の政府案は取りまとめ作業が難航しているが、与謝野馨経済財政担当相は21日の記者会見で「番号制度は一体改革の必要条件だ」と強調。

c0139575_22142152.jpg

予定通り番号制度の大綱を今月末に決定し、今秋に関連法案を国会提出する考えを示した。

c0139575_21564100.jpg


災害時には共通番号を本人確認などに活用し、被災した家屋の損傷度合いに応じて支払われる被災者生活再建支援金の審査を迅速化する。

こうした活用策のほかにも、共通番号の運営を監視する第三者機関の許可を得れば、臨機応変に被災者の救助や支援に共通番号を使えるようにする。

c0139575_21562940.jpg

c0139575_21565068.jpg


共通番号、被災者対応にも利用 要綱案 個人情報保護へ第三者委調査 2011.4.21 05:00
http://www.sankeibiz.jp/macro/news/110421/mca1104210727006-n1.htm

国民一人一人に番号を付けて所得や納税実績などの情報を一元管理する「社会保障と税の共通番号制度」の法制化に向け、政府が今月中にまとめる要綱案の概要が20日、分かった。立ち入り調査権限を持つ第三者委員会が個人情報の保護を担保する体制をとるほか、災害の被災者に対する義援金の配分など社会保障や税分野以外にも番号制度を利用できるようにする。

c0139575_21571170.jpg


政府は要綱を基に6月にも大綱を策定し、今秋以降の法案提出を目指す。共通番号は消費税増税に伴う低所得者対策に不可欠なだけに議論を急ぐ構えだ。

c0139575_21573069.jpg


共通番号の導入では、個人情報が外部に漏れて不正利用される事態への懸念が根強い。要綱案では番号に基づく個人情報を取り扱う行政や金融機関、医療機関などを監督するため、独立した第三者委員会の設置を明記。国民からの苦情や相談に応じ、書類検査や事情聴取などの立ち入り調査も行う。さらに、個人情報の盗用や不正提供に対する罰則を強化する。

c0139575_22154353.jpg

c0139575_22205726.jpg


また、東日本大震災では役場の庁舎に保管してある住民基本台帳のデータや行政書類などが津波で失われ、住民の個人情報を把握できない事態が発生、義援金の配分などが難航している。

c0139575_21581470.jpg


このため、災害対応など特別な理由がある場合は第三者委員会の許可を得たうえで、行政機関などが住民情報の把握に番号を使えるようにする。ただ、共通番号制度の開始は2015年1月以降の見通しで、東日本大震災の対応には間に合わない。

政府は1月にまとめた基本方針で、共通番号を年金、医療、福祉などの社会保障分野と国税・地方税の税務分野で利用し、14年6月には健康保険証や介護保険証、年金手帳の機能を持つICカードを配布するといった制度の大枠を打ち出している。

c0139575_2158425.jpg

c0139575_2159710.jpg

c0139575_21593042.jpg


被災者支援に共通番号 2011/4/29(金) 午後 6:21
http://blogs.yahoo.co.jp/xx029918/3468930.html

被災者支援に共通番号 政府、活用に向け要項決定
  
政府は28日、「社会保険と税の共通番号制度」の法制化に向け、要綱を決めた。東日本大震災時の被災者支援に活用する方針を明記。避難所にいる被災者の本人確認を容易にし、被災証明書を迅速に発行するなどの用途を想定する。
   
政府は六月に大綱をまとめ、秋の臨時国会に番号法(仮称)案として提出する。2014年6月に番号の配布を始め、15年1月の利用開始を目指す。
   
共通番号は国民一人一人に割り振り、社会保障や税の情報を一元管理。所得を正確に把握したり、行政手続きを簡素化する狙いがある。
   
要項は番号の利用方法として、年金・健康保険などの受給や保険料支払いの手続きや税務書類への番号の記載などを挙げた。
     
東京新聞 29日付 朝刊から 転載

c0139575_2203515.jpg

c0139575_2204995.jpg

c0139575_22186.jpg

c0139575_2212949.jpg


Peterpan said.  ほら始まった、予言どうり。政府にとっては千載一遇のチャンス、被災証明など15年にはもう片付いているじゃないそれともそれまで伸ばす気。既にある自治体の番号で充分活用できるじゃない。見ていてご覧、だんだん追加して、常時携帯を義務付けるよ。「警察官職務執行法」も改訂。今までは、任意同行は拒めたが、この身分証明書提示しないと、即時逮捕、警察署に連れて行かれたら、心理的にも、追い詰められ、冤罪の元。政府には出来るだけ個人の自由を尊厳させねばいけない。諸君、番号札を甘受するのですか。 私のブログ遡って読んでください。確か、この警告6度目です。私が死んでから、諸君、苦しみの中で、「そういえばそんなこと言ってたなあ」と思っても、もう遅い。 「お先に失礼」。

c0139575_220739.jpg

c0139575_0383557.jpg

c0139575_0405883.jpg

c0139575_0412478.jpg



++
番号アジェンダも、3.11テロの主要目的だったんですよね。非道なことをするもんだ。東海、南海、妖怪、奇々怪々、醜議員議員、惨議員議員、酷怪議員ですか。




関連

家畜動物農場共通番号制度のお知らせ
http://satehate.exblog.jp/14184602

民主党が約束する国民総背番号制の導入
http://satehate.exblog.jp/12013723

年金制度「改革」
http://satehate.exblog.jp/14826146

増税
http://satehate.exblog.jp/15651326

国土安全保障省曰く、現金の使用はテロであり得る By Keelan Balderson
http://satehate.exblog.jp/15833835

c0139575_2222416.jpg



おまけ

【原口前総務相】福島第一原発の安全装置は小泉政権が撤去していた
http://www.youtube.com/watch?v=sraQ7NjFRr8

c0139575_04632.jpg

c0139575_0463024.jpg

[PR]

by oninomae | 2011-06-23 21:41 | NWO・番号付動物農場・警察国家  

家畜動物農場共通番号制度のお知らせ


今日のお知らせ

住基ネット活用、最有力に=税・社会保障の共通番号制度-政府 (2010/04/16-16:18)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2010041600678

政府は16日、社会保障と税の共通番号制度について、住民基本台帳ネットワーク(住基ネット)の住民票コードを活用する方向で検討に入った。 国家戦略室の検討会は、住基ネットや基礎年金番号の活用を含めた複数案を5月にまとめるが、幅広く普及している住基ネットを活用する案がコスト面などから最有力との認識を示す見通しだ。
 
番号制度は国民全員に番号を付与し、個人情報を一元的に管理する制度。自営業者の所得把握のほか、社会保障給付の適正化や行政手続きの簡素化につなげる狙いがある。低所得者を給付金などで支援する「給付付き税額控除」の導入にも不可欠とされる。 

c0139575_2243446.jpg

 
戦略室は5月に住基ネット、年金番号という既存番号を活用する案と、新たな番号システムを導入する案について、導入に必要な期間やコストに関する試算を示す。 これまでの検討では、年金や健康保険、介護保険などの既存番号を併存させ、住基ネットに基づいた「基礎番号」を全国民に割り振り、既存番号のデータベースとやりとりする案が有力。それぞれの行政機関は「基礎番号」を通じて課税額や保険料の決定など業務に必要な情報のみ入手できるようにし、プライバシーに配慮する。
 
一元管理の対象となる個人情報は氏名、生年月日、住所、性別に加え、所得や資産情報。厚生労働省は医療サービスの充実を理由に医療機関の受診歴を対象とするよう主張しているが、プライバシーの観点から反対論も根強い。


お札でわかる日本動物農場
http://satehate.exblog.jp/6926040/

c0139575_2233630.jpg


マルクス主義は人類の普遍的な未来像が成熟する更に重要で創造的な段階を表す。 by Mr. ZB

マルクス主義の秘教 by ラコフスキー & 優良惑星?
http://satehate.exblog.jp/10839182/

c0139575_23533589.jpg

誰が一元管理するの?集めたお金はどこに行くの?

「・・・世界共和国を建設したならば、国家の統治権は無産者の勝利によって何らの努力を要せずしてイスラエル人の手に移る。ここにおいて私有権は到るところ公共財産を管理するユダヤ人の支配によって廃止せらるるに至るべく、かくてメシアの時代の到来せる時、ユダヤ人は全世界の人民の財産をその鍵の下に掌握すべしというユダヤ伝統の約束は実現せらるるものと信ずる from Baruch Levy to Marx


貢ぐお金が減ってきたので集めないと集めないと集めないと・・・


以前のお知らせ

納税番号と歳入庁セットで検討=菅副総理 (2009/11/24-13:01)
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&rel=j7&k=2009112400436

菅直人副総理兼国家戦略担当相は24日の閣議後記者会見で、税と社会保障共通の番号制度について、「納税者番号(制度)導入と(徴収業務を)歳入庁に一本化することは合わせて検討するのが適切だ」と述べ、税と社会保険料に関する法人、個人の情報の一元管理と、両者を一体的に徴収する歳入庁創設を並行して検討する必要があるとの考えを示した。 

c0139575_22183040.jpg

 
政府税制調査会は10月に納税者番号導入に向け議論を始めた。菅副総理は「納税者番号は非常に長い課題だが、そろそろ導入を念頭に検討に入るべきだ」と強調。また、国税、地方税、社会保険料の徴収体制がばらばらとなっている現状について「非効率であり、透明性もあいまいだ」と指摘した。

c0139575_172536.jpg


マニフェストでのお知らせ

税・社会保障共通の番号の導入

厳しい財政状況の中で国民生活の安定、社会の活力維持を実現するためには、真に支援の必要な人を政府が的確に把握し、その人に合った必要な支援を適時・適切に提供すると同時に、不要あるいは過度な社会保障の給付を回避することが求められます。このために不可欠となる、納税と社会保障給付に共通の番号を導入します。

国際連帯税の検討

国境を越える特定の経済活動に課税し、集まった収入を貧困撲滅・途上国支援などを行う国際機関の財源とする「国際連帯税」について検討を進めます。 

c0139575_2250212.jpg

c0139575_17294384.jpg

日本赤軍母体であった共産主義者同盟ブントの出身である千葉景子法相

[州兵国家協力]ロシアとアメリカの軍事的パートナーシップ by ジム・キース + 「おめでたい」やつら
http://satehate.exblog.jp/12125420

「国連事務局」機密文書から発覚した国連世界警察の全貌 by ジム・キース
http://satehate.exblog.jp/11862201

「世界の諸国家」を非武装化し、国連を武装化するプログラム by ジム・キース
http://satehate.exblog.jp/11837231

H・G・ウェルズが描いた『新世界秩序』の世界 by ジム・キース
http://satehate.exblog.jp/11831251

「新世界秩序」の定義 by ジム・キース
http://satehate.exblog.jp/11821955

c0139575_0305444.jpg


人類のゆくえ 訳者あとがき by 林陽 1
http://satehate.exblog.jp/11791646

c0139575_0581227.jpg


人類のゆくえ 訳者あとがき by 林陽 2 + 実験動物農場日本
http://satehate.exblog.jp/11802249

c0139575_0593669.jpg

c0139575_23234055.jpg


以前の警告

世界統一通貨などと言うものではない。電子的IDカードを、強制的に一人ずつ携帯させることが問題の本質である。  太田龍 更新平成21年03月25日23時44分 平成二十一年(二〇〇九年)三月二十五日(水) (第二千七百三十六回)

〇イルミナティサタニスト権力の世界通貨発行の焦点がキャッシュレス(現金なし)システムへの強行突入であることについて。

〇コールマン博士は、過去「凶事の予兆」において、キャッシュレス社会は、原始的奴隷制度である。と述べている。

〇イルミナティのアジェンダは、地球の人類一人一人すべてについて、電子的IDカードを強制的に持たせることである。この電子的IDカードには、個人のすべての情報が、電子的に記録されることになる。〇そしてこの電子的データーは、ニューワールドオーダーの管理する中央コンピューターに接続される。

c0139575_22344475.jpg


〇問題の焦点はここにある。

〇つまり、この電子的IDカードは、ドルでもなければ、ポンドでもなければ、ユーロでもなければ、ドイツマルクでもなく、円でもなければ、中国元でもなければ、いかなる国の通貨単位でもない。

〇つまりこの、電子的IDカードは、〇二百前後の地球上のすべての国家、民族を超越した、世界国家、ニューワールドオーダー、超世界政府の、世界通貨を超えた存在、のようなものなのだ。

〇このことは、すでに、ジョン・コールマン博士が、「300人委員会」(成甲書房刊、上下二巻)の中で詳細に説明している。

〇三百人委員会は、このシステムを実現するために、

〇全世界に、革命と、戦争と、世界金融経済大恐慌と、地球上の人類の八〇パーセントを殺処分するアジェンダ*と、生物兵器戦争と、大パンデミックと、食糧飢饉と、水飢饉と、などなどを用意している。 *本当は、5億人以下を希望だそうです。

c0139575_0401556.jpg

c0139575_0403387.jpg


〇このようにして人類を脅迫して、全人類に一個ずつ電子的IDカードを所有させようとしているのである。

c0139575_041132.jpg


〇これが問題の本質である。


(了)

c0139575_0122840.jpg

c0139575_0155018.jpg


魔術とイルミナティ
http://satehate.exblog.jp/7393770/

かれらはいかに世界を支配しているか By Henry Makow Ph.D.
http://satehate.exblog.jp/8078264/

「衝突紛争、憎悪、 不和抗争 、飢餓、疾病の接種、欠乏困窮によって、すべての者たちを疲労困憊させること。非ユダヤ人達が、われわれの金と権力にすがる以外、ほかに逃げ出す道を見いだせなくなるまで。 」  ( プロトコル10 )

c0139575_1201526.jpg

c0139575_121399.jpg



さらに参照

民主党が約束する国民総背番号制の導入
http://satehate.exblog.jp/12013723

c0139575_1172263.jpg

c0139575_19184376.jpg


世界政府への道 by ゲイリー・アレン 4 日本人の総背番号化と思想管理
http://satehate.exblog.jp/11032489

デイヴィド・ロックフェラーが日米欧三極委員会の第一回会合を東京で開いたのは、一九七三年一〇月二一日(~二三日)のことであった。その後彼らは一九七四年六月にベルギーの首都ブリュッセルで、一二月にはアメリカの首都ワシントンで会合をもち、この間に同委員会の目的を織り込んだ六つの共同声明を発表した。 "トライアングル・ぺーパーズ"と称されるこれらの三角関係公文書を注意深く読むと、そこには世界の億万長者が我々に否応なく承認を求めている「四つの目標」を見いだすことができる。

その第一は世界的なクレジット決済システムを整えること、第二は"持たざる国"に対して"持てる国"がもっと経済技術援助をすること、第三は共産圏との貿易をさらに積極的におし進めること、第四は石油危機や食糧危機を回避するため、より大きな国際機関の提言を受け入れることである。

読者は、これらの目標が「四つの近代化」をめざす共産中国の基盤強化を図り、エネルギーや食糧、金融その他の指標に対する彼らの支配を強化するために提出されたものであることがわかるだろう。

もし読者が日米欧三極委員会はこれから何をしようとしているのかと考えているなら、すでに彼らはこれらの目標を着実に具体化しているのだということを知らなければならない。

今や日本はかつての欧米植民地を強化するかわりに、自分たちの恐るべき敵となるかも知れない共産中国の近代化を支援し、自らの足場を巧みに切り崩しにかかっている彼らの代理人の思うがままになっている。

・・・
訳注:すでにエネルギーと食糧の五〇%以上を支配下に収めた彼らは、目下、金融と情報を彼らの支配下に置くため急ピッチで作業を進めており、クレジット・力ードや電話力ードの国際化を進める中で日本人の総背番号化と思想管理を実現しようとしている。 

c0139575_23151271.jpg

c0139575_23123661.jpg

c0139575_2373234.jpg


マイクロチップと大いなる世界人間牧場 by デーヴィッド・アイク
http://satehate.exblog.jp/8496970/

c0139575_1761142.jpg


サンダース博士によれば、彼らはマイクロチップに名前と個人写真、国際(世界政府)社会保障番号、指紋認証、身体的特徴、家族歴および病歴、住所、職業、所得税情報、犯罪歴を載せたがっている。

c0139575_152971.jpg


マイクロチップと大いなる世界人間牧場 2
http://satehate.exblog.jp/8507585/

c0139575_22245824.gif

c0139575_22251320.jpg

c0139575_22573052.jpg

c0139575_0233996.jpg

c0139575_22252634.jpg

c0139575_17452217.jpg

c0139575_22254978.jpg

[PR]

by oninomae | 2010-04-16 22:31 | NWO・番号付動物農場・警察国家  

新世界秩序の未来兵器:パート1  by David Rothscum 3


新世界秩序の未来兵器:パート1  by David Rothscum Wednesday, March 18, 2009 その3(最終)


その任務を実行し、かつ決してその指導者を転覆させることができない軍隊を作り出す最も有効な方法は、人を機械と融合させることによるものである。

c0139575_2013459.jpg


多くの研究がこの分野でなされている。DARPAは現在 、 昆虫の幼虫に移植し、その組織が治癒してその虫たちが成虫の生活相に達したのち、これらの虫たちの飛行を制御可能にするマイクロ機械システムを作成しようとしている。そのサイボーグ昆虫の動画をここで見つけることができる。

c0139575_2023587.jpg

c0139575_2021816.jpg


まもなく、無人航空機を飛行させるのに人々を使うことは不必要になるかもしれない。あるフロリダの科学者は、仮想戦闘機を飛行させることができるガラス皿中の「脳」を開発してきた。

c0139575_20435040.jpg

彼は一枚のペトリ皿の中の60の電極格子の上に2万5千のラットのニューロンの配置した。その脳は、徐々に、飛行状況についてそれが受信した情報に基づいて、飛行機の飛行を制御することを学んだ。

国防総省は現在、人の潜在意識が脅威に直面していることに気づく以前に、いかなる脅威をも着用者の大脳新皮質へと直接に警告する双眼鏡を開発している。

2007年7月のインテリジェンス・デイリーの報告によれば国防総省は兵士たちの脳に、彼らの健康情報を監視するため、マイクロチップを移植する計画をしている

英国軍は2006年に可能な未来のシナリオを概観する報告書を提出した。それはとりわけ言及している:

2035年までには、ある移植可能な情報チップが開発され、そしてその使用者の脳に直接配線できるだろう。情報や娯楽の選択肢は、認知を介してアクセスできるだろうし、そして使用者の感覚に直接発せられる合成知覚を含むかもしれない。広範に関連したICTの発展は、心から心へのあるいはテレパシー会話を含めた合成テレパシーの発明を含むかもしれない。

開発のこの型のものは、制御的、法的、そして倫理的と同様、明白に軍事的・安全保障的なかかわり合いを有する。

c0139575_2003367.jpg


2003年のポピュラー・サイエンスによる一つの記事は、生物医学工学者セオドア・バーガー[Theodore Berger]について報告した。

c0139575_1953339.jpg

彼はの、一つの人工装着の脳部品として使うことができる2 mm幅のシリコンチップを作り出した。彼の研究はDARPAによって資金提供された。

c0139575_1957624.jpg


バーガーはなぜかを言及している:

c0139575_19564760.jpg


医学は別として、バーガーは潜在的な商業的そして軍事的応用を見込んでいる。それは部分的に米国防総省の国防高等研究計画庁により資金を提供された。どのように洗練されたエレクトロニクスを構築し、そしてそれらを人間の脳に統合するかを学べば、いつの日にかサイボーグ兵士やロボット召使いたちをもたらすことができると、彼は言う。 

遅くとも1954年以来、ラットの脳の特定の部分の電気的な刺激によって、彼らに喜びの感情を経験させることが可能であってきた。

c0139575_19585254.jpg


これらのテストは、それらが同様に動作することが発見された場所で、ヒトでも再現された。

c0139575_2195684.jpg


電気刺激はまた、扁桃体の中心核を刺激することでにより、ラットに強烈な恐怖を引き起こすために使うことができる。

完璧な、将来の従順なサイボーグ兵士は近くにある。

c0139575_2065744.jpg

c0139575_2091549.jpg


支配的寡頭勢力はもはや、仲間の人間に対する共感が彼らの敵たちを殺害することから遠ざけている人間に頼る必要は無い。

c0139575_20111834.jpg


c0139575_20192087.jpg


c0139575_2020114.jpg


この報告は、支配的エリートが人々の残りの部分を抑圧するために使うだろう未来の兵器について調査するシリーズの最初のものである。

第二部は、我々を追跡するために使用される新技術について検討するだろう。


元記事は

The future weapons of the New World Order: Part 1 by David Rothscum Wednesday, March 18, 2009
http://davidrothscum.blogspot.com/2009/03/future-weapons-of-new-world-order-part.html

c0139575_20312338.jpg

c0139575_2033636.jpg


参照

21世紀、米軍の新戦略 オルタ 2009年01月13日
http://alternativereport1.seesaa.net/article/112531153.html

普天間基地はグアムに移転するようだ by 反戦な家づくり +
http://satehate.exblog.jp/13156306

2009年冬、日本人を大量殺戮する(予定の)豚インフルエンザを作った源流都市 by オルタ
http://satehate.exblog.jp/11921464 今のところ不発でよかった。


c0139575_21115317.jpg

c0139575_21125912.jpg



c0139575_21135516.jpg

c0139575_20175131.jpg

c0139575_2035377.jpg

[PR]

by oninomae | 2010-02-23 20:24 | NWO・番号付動物農場・警察国家  

新世界秩序の未来兵器:パート1  by David Rothscum 2


新世界秩序の未来兵器:パート1  by David Rothscum Wednesday, March 18, 2009 その2


支配エリートの直面するもう一つの問題は、その軍部がすべての命令を実行しはしないだろうということである。 彼らが戦争の悲惨さを見たとき、彼らは従うことを拒否する。

これは反乱時に自国民を抑圧するために軍隊を使用することから彼らを引き留めている大きな問題の一つである第一次世界大戦中の1915年、ドイツと英国の兵士たちは、彼らの指揮官の意志に背いて、彼らの武器を置き、お互いサッカーの試合を始めた。

デイブ・グロスマン[Dave Grossman]少佐によって行われた研究は、兵士たちは、彼ら自身の命が危険にさらされている場合でさえも、人々を殺す命令をめったに実行しないだろうことを示している。

c0139575_19391279.jpg


ヴェトナム戦争まで、兵士たちの15-20%だけが彼らの武器を発砲し;そしてこれらの兵士たちが発砲したとき彼らがしばしば意図的に的をはずすということは異常なことではなかった。

グロスマンは説明している。兵士たちの訓練における集団的条件付けがヴェトナムでの発砲率を90%にまで高めたが;しかしながら、そのような兵器発砲の頻度を持ってしても、殺傷率はとてつもなく低いと

弾薬支出の統計から引き出された証拠があるが、それは殺されたヴェトコンの敵戦闘員一人当たり、50,000発程の弾丸が発射されたことを示した。


今日でさえも、我々はグロスマンが正しいという証拠を目撃する。イスラエルの2006年のレバノン攻撃中に、イスラエル戦闘機のパイロットは、民間人の犠牲者への恐怖から意図的に彼らの目標を外した。

人々に他の人間を殺させることは難しいが、これが軍をして人々に対して使われることから遠ざけているものである。

しかし、助けになる一つの方法は、彼らが引き起こす大虐殺に対する兵士の露出を減じることによるか、あるいは彼らをこの暴力に対して鈍感にすることによるものである。 グロスマンによると、第二次世界戦争中は、すべての兵士の15%だけが、彼らがその機会を持ったとき、実際に誰かを殺しただろう。朝鮮戦争の間、これは55%まで上昇した。ヴェトナム戦争の時までには、90%の割合が達成された。どのようにして軍はこれを達成したのか?

その記事から:

彼らは「オペラント条件付け」と呼ばれるものへ取り掛かった。 
c0139575_2023593.jpg

刺激-応答-刺激-応答-刺激-応答、このあるプロセスを何百回以上も反復することで、ある人間をちょうどトレーナーが望むことを、考えることなく単に条件反射として行うように条件付ける。

これは、航空会社が、飛行機が空から堕ちていてさえ、ある事前に決められた回復試行手順で、冷静に自動的に動くように、飛行機トラブルに巻き込まれたパイロットたちを条件付けるために用いるのと同じプロセスである。

軍では、そのオペラント条件付けは、常にずっと洗練された標的演習の形を取った:最初は大当たり標的、次に人間のシルエット、次に飛び出し式の人形、そして最後に戦闘のビデオシミュレーションによって


軍は今では、一つの採用ツールとして、ビデオゲームを使用している。 1つの例は、『America 's Army』と呼ばれるゲームである。

c0139575_2071290.jpg

c0139575_2014289.jpg

c0139575_2017278.jpg

研究はビデオゲームは試験対象者たちを暴力に対して鈍感にすることを示している。

c0139575_20151248.jpg


その他人の模擬殺人を、行うに楽しいものに変化させる一方で、これらのゲームは都合良く、残された未亡人や孤児たち、あるいは戦争中に使われた毒性化学物質の一つの結果として奇形に生まれるだろう子供たちの世代のことなど、戦争の他の影響を置き去りにする。

c0139575_2125556.jpg

それらは単に、疑問を持つことなしに殺すことが義務である兵士の役割だけをシミュレートする。

c0139575_20532719.jpg

c0139575_20541188.jpg


もう1つの軍によって使われる方法は、兵士たちと、彼が引き起こす大虐殺との間に距離を作り出すことである。

ユーゴスラビア[Yugoslavia]での戦争以来 、米軍はますます無人航空機の使用を増やしてきた。これらは、そのパイロットたちが空軍基地に残って、そこでコンピュータ画面を通してそれらの活動を観察する。我々みなが日常的に目撃しているものに似たように:

c0139575_19493166.jpg


多くのものたちによって遊ばれているビデオゲームへの類似は、説明の必要はあるまい。 実際、英国空軍によると、若いビデオゲーマーは経験豊富な戦闘機のパイロットよりも、これらの無人飛行機の操縦に優れている。

c0139575_19525973.jpg

これらの若者たちは、暴力に鈍感になって、彼らが殺す人々から何千キロメートルもはなれた空軍基地の中で、これらの無人飛行機を操縦するだろう。

そして、レイセオン社が発表したその無人飛行機(UAVs)におけるビデオゲーム技術を使う計画によって、彼らは自分たちがそれと共に育った操縦機によって、それらを操縦できるようになるだろう。

c0139575_20105234.jpg


続く

元記事は

The future weapons of the New World Order: Part 1 by David Rothscum Wednesday, March 18, 2009
http://davidrothscum.blogspot.com/2009/03/future-weapons-of-new-world-order-part.html (今回は和訳その2です)

c0139575_19554774.jpg

c0139575_19571375.jpg



c0139575_2058012.jpg

[PR]

by oninomae | 2010-02-21 20:34 | NWO・番号付動物農場・警察国家  

新世界秩序の未来兵器:パート1  by David Rothscum 1


新世界秩序の未来兵器:パート1  by David Rothscum Wednesday, March 18, 2009 その1

暴君たちは、そもそも一般の人々が彼らを打倒することを防止しようと努めることを、大いなる長期にわたり検討・実行するだろう。 以前の報告で、私は支配的寡頭権力が他の残りの人々たちを彼らの体を操作することによって支配下に置いておこうとするために使う様々な生物学的方法について説明した。人々を支配下に保つために使われる他の方法は実際もっと技術的なものである。

全歴史上のほとんどの寡頭政治勢力が直面してきた最大のリスクは、その堕落腐敗が軍人たちが彼ら自身の未来について心配するようになるほどあまりに紛れもないものとなったとき、彼ら自身の軍が彼らに矛先を向けたときのものである

一つの良い例が、最近マダガスカル[Madagascar]で起こった。

c0139575_19443727.jpg

c0139575_19445051.gif

マーク・ラヴァロマナナ[Marc Ravalomanana]大統領の下で、マダガスカルの耕作可能な土地の半分が、韓国の会社に99年間バイオ燃料を生産するために貸し出された

c0139575_19471870.jpg


このことは信じられないように聞こえるかもしれないが、その韓国の企業はこの取引に完全に一文のマネーも払わなかった。その国の人口の3.5%が生き延びるために世界食糧計画を通じて届けられる援助に依存しており、そしてその島のすべての子どもの半数が栄養失調に起因する生育不良に苦しんでいるにもかかわらず。

c0139575_19474029.jpg

c0139575_19481597.jpg


一方、マダガスカルの人々が、マダガスカルの人々が栄養不良に苦しんでいる一方で、その土地を韓国にトウモロコシを提供するために使うだろう外国の一企業に彼らの土地を無料で与えるというその大統領の決定に対して反対したことは言うまでもない。

c0139575_20553668.jpg

c0139575_20115489.jpg

c0139575_20121517.jpg


c0139575_22205253.jpg

c0139575_2221755.jpg

c0139575_22221127.jpg


軍部はこの大統領を打倒し、マダガスカルの首都アンタナナリヴォ[Antananarivo]の市長[Andry Rajoelina]を新しい大統領として据えることを決定した。

c0139575_20125135.jpg

c0139575_19565654.jpg

c0139575_2082245.jpg


c0139575_20563166.jpg

彼の最初の決定は、マダガスカルの人々に何のメリットも提供しないこの土地の賃貸契約をキャンセルすることであった。

c0139575_19584115.jpg


世界中の専制君主へのメッセージは明確である。

今までのところ彼らは人々が反撃するところまでのみ進むことができる。



続く


元記事は

The future weapons of the New World Order: Part 1 by David Rothscum Wednesday, March 18, 2009
http://davidrothscum.blogspot.com/2009/03/future-weapons-of-new-world-order-part.html (今回は和訳その1です)


参照

外国企業によるアフリカ農地争奪 あるべき行動原則と巨大なギャップ  農業情報研究所(WAPIC) 10.1.9
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/opinion/africa_landgrab_nhk.htm

(意見・論評)NHKスペシャル「ランドラッシュ 世界農地争奪戦」 際立つ「あさましさ」に不快だけが残る 農業情報研究所(WAPIC) 10.2.12
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/opinion/landgrab_nhk_special_2010.htm

(意見・論評)偏った情報で国民をミスリードするNHKの大罪 「ランドラッシュ」に寄せて 農業情報研究所(WAPIC) 10.2.16
http://www.juno.dti.ne.jp/~tkitaba/opinion/landgrab_nhk_sp2010_echo1.htm
[PR]

by oninomae | 2010-02-19 19:59 | NWO・番号付動物農場・警察国家