「ほっ」と。キャンペーン

ヘンリー・キッシンジャー by オルタ


二重スパイ=ヘンリー・キッシンジャーの正体 オルタ 2008年10月06日
http://alternativereport1.seesaa.net/article/107686887.html


 第二次世界大戦中、OSS(現在のCIA)で将校用の自動車運転手をしていたヘンリー・キッシンジャー。ある日、偶然、米陸軍のジュリアス・クライン将軍の車を運転する事になったキッシンジャーは、クライン将軍に英語の発音の「ナマリ」に気付かれる。

c0139575_23433951.gif

クライン将軍が詰問すると、青年キッシンジャーは、ナチスの迫害を逃れ、米国に亡命してきたユダヤ人であると説明した。クラインもユダヤ系であり、将軍は色白な好青年キッシンジャーに好感を持つ。部下にキッシンジャーの過去を調査す るよう命じたクラインは、その後、驚くべき調査報告を手にする。

c0139575_23483450.jpg

Henry Kissinger (left), the talent, with his scout and mentor Dr. Fritz Kraemer in 1945

 キッシンジャーは1938年、ナチス・ヒトラーの支配下にあった東欧から、米国に亡命していた。しかし36年には、既に全ての東欧のユダヤ人達は、強制収容所に幽閉されていた。キッシンジャー「だけが」、何故、ナチスの手を逃れ、米国に亡命出来たのか。国家社会の隅々まで監視体制を敷いたヒトラー支配下では、通常では亡命どころか生き延びる事さえ不可能であった。

 考えられる理由は一つであった。当時、東欧には、ナチスによる強制収容所送りを逃れ、逃げ惑うユダヤ人達を救出する地下組織が、存在した。その地下組織の正体は、ソ連のスパイ組織NKVDと、ソ連軍・情報部GRUの第四局、つまりスパイ養成所の2つであった。NKVDは、逃げ惑うユダヤ人を救出し米国に亡命させる代わりに、ソ連のスパイになる事を「強要」していた。それが米国にユダヤ人を亡命させる際、ソ連情報部の要求した「唯一の条件」であった。そうしたスパイ達が、多数、米国に送り込まれていた。

クラインは即座にキッシンジャーを逮捕し、SRIに送り込んだ。

 第二次世界大戦中から、米国政府とOSS(CIA)は、麻薬と脳の切開手術等で人間の思考を強制的に変更するマインド・コントロール技術の研究施設を持っていた。そのマインド・コントロール研究と、人格の「矯正手術」の中心地が、スタンフォード大学のSRIスタンフォード・リサーチ・インスティテュートであった。キッシンジャーは、そこに送り込まれた。

SRIのプロ達によるキッシンジャーへの様々な薬物投与、すさまじい拷問等の結果、キッシンジャーがソ連のスパイ組織NKVDのスパイである事、NKVDの「スパイ教育の過程」でキッシンジャーの思考能力が破壊され、人格が分裂症状気味になっている事、そのため一見、無能で行動力の弱い夢遊病患者状態になり、「自動車の運転手程度にしか使い道の無い」人間になっている事等が判明したと、当時のOSS防諜局長ジェームズ・ジーザス・アングルトンは報告書で述べている。

 クライン将軍は、キッシンジャーが南アフリカの金鉱山経営一族オッペンハイマー財団の末裔である事に注目する。オッペンハイマーは、ウラン鉱山をも多数経営し、核兵器原料を大量に生産していた。後に、イスラエル最大の軍事産業アイゼンベルグ社で、核兵器開発の中心人物の1人となるクラインは、キッシンジャーを、核兵器原料調達係り、として「利用できる」と判断した。

この目的の下、キッシンジャーはSRIで、さらに「矯正」と「教育」を受ける事になる。

 クラインは、既に第二次世界大戦後におけるイスラエル建国を念頭に、OSS戦略事務局のナヒューム・バーンスタイン等と共に、イスラエルの独立軍(これがパレスチナ在住のアラブ人から強制的に土地を奪う組織となる)、そしてイスラエルのテロ組織ハガナの訓練学校をニューヨーク北部に作っていた。

クラインの活動資金は、20年代からニューヨークで密造酒を密売していたパープル・ギャングと呼ばれるユダヤ系マフィア組織の売上金を、エルサレム財団と言う名の財団を通じ資金洗浄し、捻出されていた(注1)。

 第二次世界大戦が終了すると、米国は兵器を生産する過剰な工場設備を持て余し、兵器の大量の在庫を抱え、不況に陥る。「何とかして、どこかで、戦争を起こさなければ困る」状況に陥る。この兵器の「はけ口」として、米国軍事産業は、イスラエルの独立を「強力に推進」し、イスラエルとアラブとの間の戦争を「作り出す」。イスラエルとアラブ人の相互の「虐殺」に、米国は余った兵器を「流し込む」。この中東への余剰兵器密売の中心となる、「イスラエル独立支持派」の代表がクライン将軍であった。この兵器密売には、核兵器技術も含まれていた。

第二次世界大戦後も、軍事産業のために「戦争を継続」し、またイスラエルを建国し、核武装させるという、クラインの深慮遠謀が、後の大物政治家ヘンリー・キッシンジャーを産み出す事になる。

 戦後、ソ連と米国が激しく対立する「冷戦」が開始され、この2つの大国は「核兵器の開発競争」を展開する。2つの大国が、国富の全力を傾け、人類を数万回、絶滅できる核兵器を大量生産する。2つの大国が、国富の全力を傾け、ロスチャイルドの生産する核兵器原料の「購入競争」を展開する。

この「人類絶滅のための、ビッグ・ビジネス」を、ロスチャイルドの手足として担当し、ロスチャイルドのウランを「対 立する米国、ソ連両方に密売した」、「ザ・トラスト」と呼ばれる密輸組織のマネージャーが、クライン将軍によって育てられたヘンリー・キッシンジャーである。

「ザ・トラスト」のメンバーには、息子がノーベル平和賞を受賞したアル・ゴア父子、クリントン元大統領夫妻、ブッシュ=ロックフェラーのハリマン銀行の会長エイブリル・ハリマン(ソ連・フルシチョフの親友)、ソ連共産党の生みの親レーニンの親友でオクシデンタル石油創立者アーマンド・ハマーArmand Hammer 1898-1990](この企業の副社長が父アル・ゴ ア)が居た。

c0139575_0465226.gif

c0139575_0395030.jpg

c0139575_04051.jpg


c0139575_0364613.jpg


c0139575_036284.jpg

c0139575_0342122.jpg


c0139575_0451578.jpg

c0139575_0471769.jpg


 この密輸組織の中で、核兵器原料のウラン鉱山を多数経営していた南アフリカのオッペンハイマー一族を親類に持つキッシンジャーは、南アとの重要なパイプ役となる 。

この南アは、かつてオランダの支配下にあった。しかし英国との戦争で敗北したオランダは、南アを失う。そして故郷オランダに帰国しても仕事のない貧しいオランダ人達は、南アで、半ば英国の奴隷のような傭兵になって行った。黒人と同じく、奴隷として差別されながら、英国人の代理人・管理人として黒人奴隷を「支配」するオランダ人傭兵。この奴隷と支配者の両面を持つ2重スパイ=オランダ人傭兵は、故郷を失 った「さまよえるオランダ人」を意味する「ボーア人」と呼ばれた。

第二次世界大戦中、クライン将軍の命令で逮捕され、SRIで、すさまじい「洗脳教育」を受け、ソ連のスパイでありながら、同時に米国OSS(CIA)のスパイであるという「さまよえる」2重スパイとなった、ヘンリー・キッシンジャーのスパイとしてのコード・ネームは、「ボーア」であった。

c0139575_092945.jpg

c0139575_019209.jpg

c0139575_022257.jpg


c0139575_0262611.jpg


c0139575_0204357.jpg


c0139575_021179.jpg


c0139575_0232575.jpg


c0139575_0264897.jpg


c0139575_021435.jpg





注1・・・このパープル・ギャングの顧問弁護士が後に、サブプライム問題の発端となるジャンクボンド(ゴミクズ債券)の手法を生み出すアラン・グリーンスパンを、ニューヨークの金融業界に紹介し、長年FRB=米国中央銀行議長となる人物を育て上げる。

c0139575_012873.jpg


また、この顧問弁護士の弟子アンドレ・マイヤーは、後に、ケネディ暗殺後の大統領一族の管財人となり、事実上、ケネディ一族の財産を「独占支配」し、ケネディ暗殺の「利得を独占」する。暗殺も含め犯罪捜査の常道は「最も犯罪の利得を受けた者が犯人」である。そして、このマイヤーは、環境問題でノーベル「平和賞」を受たアル・ゴアの顧問弁護士である。なお、このマイヤー一族は、金で殺人を請負うイスラエル・マフィア「殺人株式会社」の創立者の1人でもある。


参照

神経ガスによるマインドコントロール 2 種類・歴史 → 湾岸戦争ホロコースト
http://satehate.exblog.jp/7734956


世界権力構造の秘密 Eustace Mullins 4 タヴィストック研究所:ホロコースト→洗脳と大衆心理操作 
http://satehate.exblog.jp/7627172


マイクロチップと大いなる世界人間牧場 by デーヴィッド・アイク
http://satehate.exblog.jp/8496970


食糧を支配すれば、人間を支配できる
http://satehate.exblog.jp/9125679


プロジェクト・パニック/宇宙からの外的脅威のロ実・全世界非常事態権力 by デーヴィッド・アイク
http://satehate.exblog.jp/9318218


イルミナティにとって、人間は、ヒューマン・キャトル(人間家畜、家畜人)以外の何者でもない by 太田龍
http://satehate.exblog.jp/8725102


グローバリゼーション・国民国家の破壊・大量虐殺 by 太田龍 他
http://satehate.exblog.jp/8757286


保護区野生動物公園を拠点にアフリカで英国が操る「大量殺戮作戦」 by デーヴィッド・アイク
http://satehate.exblog.jp/8712286


黒い貴族 デーヴィッド・アイク「最大の秘密」よりの抜粋
http://satehate.exblog.jp/8022382


ナチス帝国の正体 4 by デーヴィッド・アイク
http://satehate.exblog.jp/9254627



c0139575_123365.jpg




c0139575_2163215.jpg

[PR]

by oninomae | 2008-10-07 00:24 | イルミナティ  

<< 奴隷貿易商人の末裔=麻生太郎首... 9.11/株式空売り/シルバー... >>