ロスチャイルド胤「二卵性双生児」マルクスとニーチェ by アンドリュー・ヒッチコック

ロスチャイルド胤「二卵性双生児」マルクスとニーチェ

1848年:  アシュケナージ・ユダヤ人カール・マルクス(隠れユダヤ人で、本名はモーゼス・モルデカイ・レヴィ)が、『共産党宣言(引用注:Manifest der Kommunistischen Partei)』を出版した。

c0139575_0132334.jpg

         (やっぱり、ManichaeismFestivalでしょう?)

c0139575_23422416.jpg


面白いことに、マルクスがこの本を執筆していたのと同時期に、フランクフルト大学のカール・リッターは、正反対のことを書いていた。
c0139575_23464096.jpg

リッターの考えはやがてフリードリッヒ・ヴィルヘルム・ニーチェの「ニーチェ哲学」の土台となり、「ニーチェ哲学」は後にファシズムやナチズムに発展し、第一次世界大戦や第二次世界大戦を扇動するために使われた。
c0139575_23473445.jpg


マルクス、リッター、ニーチェは三人ともロスチャイルド家から資金提供と、指示を受けていた。

この企みの背後にあるのは、陰謀全体を指揮する者がイデオロギーと呼ばれるものの違いを利用して人々をより大きな民族の派閥に分割し、各陣営に分かれて対立させることができ、そうすれば、彼らを武装させ、互いに戦い、破壊しあい、特に政治制度や宗教組織はことごとく破壊するように洗脳させることが可能だという考えである。これは、一七七六年にヴァイスハウプトによって打ち出された計画と本質的に同じものである

c0139575_0295671.gif


マルクス主義や共産主義、そこから派生した社会主義は、何年かして実現してみると、みな、独裁的な少数の特権階級が統治し、事実上財産も法的な権利も持たない残りの大多数の人間を支配する国家資本主義にすぎなかった

c0139575_0545718.jpg

c0139575_0551848.gif

c0139575_0561120.gif

c0139575_0573549.jpg


ロスチャイルド家がなぜこれらのイデオロギーへの財政支援にそれほど興味を持ったのかは、これで説明がつく。

c0139575_0581182.gif


これらのイデオロギーは、次には「民主主義」へと発展する。民主主義とは二大政党制の国家だが、二つの政党はどちらも同じ勢力によってコントロールされており、取るに足らない問題で言い争って互いに対立しているように見せているが、実際には、同じ基盤に基づいたイデオロギーに従っている。

c0139575_0345118.jpg


c0139575_06285.gif

c0139575_121501.jpg

  (引用者は、↑この意図的に人を馬鹿にしたいやらしさが嫌いなんです)

c0139575_7282989.jpg

c0139575_7461010.jpg


民主主義の国に住む人々が、誰に投票しても関係なく、どうせ何も変わりはしないという気になる(引用注:させられてしまう)のは、そういうわけだ。

c0139575_7201723.jpg

                      ↓
c0139575_7203815.jpg

c0139575_7205362.jpg

c0139575_7234766.gif

c0139575_7373832.jpg

c0139575_23575274.jpg


c0139575_011392.jpg

c0139575_024160.jpg

c0139575_046152.jpg

c0139575_03082.jpg



アンドリュー・ヒッチコック ユダヤ・ロスチャイルド 世界冷酷支配年表 1836-1862 p073-075より

c0139575_23405298.jpg


 われわれが公衆の中から選んだ行政官たちは、奴隷のように従順な資質であるかどうかを厳しく監視され、支配技術に長けた人物にはさせないだろう。

それゆえに、かれらが、全世界の諸問題を律すべく幼年期より養育された助言者・専門家である学識者と天才の手の内にある将棋の歩(ふ)となるのは容易である。

諸氏もご存知のように、これらわれらの専門家たちは、歴史の教訓や一瞬一瞬の現実の出来事の観察から、われらの政治計画に必要とする知識を体得しているのである。

ゴイムは偏見なく歴史的観察を実際に適用することなく、一連の結果に厳しい批判を加えることなく空理空論に走る。ゆえに、われわれはかれらに一顧も与える必要もない・・時が一撃をくらわせるまで楽しませてやろうではないか。過去の栄光に新しい形を与える希望に生きさせてやろうではないか。古き良き思い出にひたらせてやろうではないか。

かれらには、われわれが"科学が説くところでは"(学説)と吹きこんだことを後生大事にいつまでも守らせておこうではないか。われわれが一貫して、新聞を通じて、声を大にしてそれらの学説を盲信させているのは、そのことが目的である。

ゴイムの知識人たちはかれらの知識にいい気になり、論理的検証を行なうことなく科学から得た知識すべてを信じこむだろう。その知識たるや、われらの代理人団たる専門家が、ゴイムの心魂を手なづけてわれわれが望む方向におもむかせんがために、巧みに断片を寄せ集めたものなのである。

 ここに述べたことは根も葉もないことであるとは、瞬時たりとも考えないでいただきたい。われわれが仕掛けたダーウィン主義、マルクス主義、ニーチエ主義が、いかに功を奏しているかに注目していただきたい。われらユダヤ人にとっては、少なくとも、これらの指導者たちがゴイムの心魂に及ぼしたことどもを直視すれば、事は明白であるはずである。  (プロトコール 2より)


++
というわけで、個人別で考えましょう。


参考

リチャード・コシミズ&独立党の国 賊 落 選 運 動 総 本 部
http://www15.ocn.ne.jp/~oyakodon/newversion/kokuzokurakusen.htm

[PR]

by oninomae | 2008-10-03 00:21 | イルミナティ  

<< 金融危機は悪魔集団の壮大なる事... 私は小沢一郎を山本五十六にたと... >>