ロバート・オッペンハイマーのエンリコ・フェルミへの手紙

ロバート・オッペンハイマーのエンリコ・フェルミへの手紙

一九四三年五月二五日
イリノイ州シカゴ-シカゴ大学冶金学研究所
エンリコ・フェルミ

c0139575_2303713.jpg


フェルミ様

放射能で食品を汚染させる問題について報告します。私はすでにいくつかの作業を進めています。また、エドワード・テラーが、あなたの直面している問題について話してくれました。

私がワシントンにいた時ですが、参謀総長がコナントに、放射性物質を軍事的に利用する方法について報告書をまとめるように言っていることを知りました。またコナントは、その報告のために資料を集めていました。そのため私は、グローヴスの承認を得て、有望と思われるその利用方法について彼(コナント)と話し合いましたが、具体的なことについて二、三説明した上で、その規模についての考えを述べました。私がそこで問題にしたのは、これを進めるにあたって、積極的に取り組むのか、それとも二義的に考えるのか、ということでした。

私とコナントが一致しているのは、消極的な態度では現実的に有効な手段をとることができないだろう、ということです。そこで私は、コナントの報告書のなかで、この作戦を優先するよう、政策上の問題を提起してもらいました。

この報告書は、ほかの部門からあなたに必ず伝えられるはずですが、マーシャル将軍に直接提出されて、専門的な問題は抜きにしても、承認されることになっています。コナントが一〇日以内にここに来ますので、その時、さらにくわしく問題を議論するつもりです。

私のほうでは、この件をもう少し深くハミルトンと一緒に検討するつもりでいます。これは勿論、生理学的な側面についての議論だけです。

あなたもご存じの通り、彼はすでにストロンチウムについていくつかの研究をおこなっており、そこできわめて有望な結果が得られているようですし、彼は、これらの問題について全精力を傾けたいという意思を明らかにしていますいかなる状況でも、われわれの目的を教えずにうまくやれる、と私は考えていますが、彼に会えるのは、多分三週間ぐらい先のことになるでしょう。

あなたが、この件を誰にも一切話さずに進めてきた苦労がどれほど大変なものか、私にはよく分ります。私などは、何をなすべきかというしっかりした忠告をできるような立場にはありません。

ただ少なくとも一点だけ、放射性化学物質の問題で完全にはっきりしていることがあります。それは、べータ線を出すストロンチウムをほかの物質から分離することです。

c0139575_23162770.jpg

この件についてテラーと話し合った結果の印象では、実際の作業現場で分離するには、リモート・コントロールできるように準備が必要だということ以外は、大きな障害はないようです。

われわれがなぜストロンチウムを必要としているかという秘密を、あの膨大な数の人間に気づかれないようにうまくやりとげるにはどうすればいいのか、私には分りません。そこでお尋ねしたいのは、余裕をみて、いつまでにこうした問題を解決しなければならないか、その最終期限について、あなたがどうお考えになっているかです。

絶対に必要だという時までわれわれが実際の作業にかからなければ、あなたの計画の秘密を保ちやすいと思います。
あなたがもし、この作業を今スタートするべきだとお考えでしたら、この件を、アリソンフランクに話して下さい。そして彼らの忠告にもとづいて、絶対必要だというならコンプトンにも相談しなければならないと思います。

これだけの人間が揃えば、多分それ以上、話を広げずに作業をするにも充分でしょう。よく分った人間だけでこのような性格のことを実行しようというなら、ここはほかの場所に比べて、総じてやりやすいところだと思います。つまり研究所の科学者という点です。その反面、ここでは、あなたのいるシカゴのように物事をてきぱきと進めるという点では、充分な態勢がそろっていないように思います。

要点を申しますと、もしできることなら、もう少し計画を遅らせたほうがよいだろうというのが私の意見です(これに関連してですが、五〇万人を殺すのに食べ物を充分に汚染できない場合には、計画を試みるべきではないと考えます。というのは、均一に分布させることができないため、実際に被害を受ける人間がこれよりはるかに少なくなることは間違いないからです)。このように計画を遅らせるのはまずいとあなたがお考えでしたら、ごく限られた二、三人で議論するよう計らってみます。最後になりますが、コナントとこの問題を再び議論して、さらに、できれば幕僚の決定がどうなるか見きわめるまで、その行動は控えるつもりです。

こちらはまったく順調に、ことが進んでおります。あなたが来られた時の楽しく有意義であったことを、みなで思い出しています。六月下旬にもう一度おいでいただき、その時は、仕事とあまり関係のないことも、みなで一緒に語り合えると嬉しいのですが。

心をこめて
ロバート・オッペンハイマー


c0139575_22581233.jpg


アルバカーキー・トリビューン編 広瀬隆訳・解説 プルトニウム人体実験 p30-32より

c0139575_22354660.jpg


c0139575_236062.gif



c0139575_233976.jpg



続く



参照

大地震:もう一度おさらい
http://satehate.exblog.jp/8924202

[PR]

by oninomae | 2008-09-19 23:35 | 放射能・ラジオハザード  

<< 食べ物を放射能で汚染させ、五〇... ロスチャイルドのエージェント、... >>