イングランド銀行設立と国債発行への道

1688年: A・N・フィールド[1882-1963]は、一九三一年出版の著書『すべてをつなぐ真実(All These Things)』で、この年のイギリスの様子を説明している。これが、クロムウェルがユダヤ人入国禁止の法を無視する決断をし、ユダヤ人が法に背いてイギリスに戻ってからわずか三三年後の状況である。

「クロムウェルがユダヤ人をイギリスに入国させるようになってから三三年後、オランダの王子〔訳註:ウィリアム三世〕がユダヤ金融の中心地アムステルダムから大勢のユダヤ人を引き連れてやって来た。

c0139575_1959691.jpg

義理の父をイギリスから追い出した王子は、イギリスの王位に就くことをありがたく承諾した。当然の結果として、六年後、王室に金(かね)を貸す目的でイングランド銀行が設立され、国債が発行されたユダヤ人がやって来るまでのイギリスは借金などしたことはなかったにもかかわらずである


c0139575_735877.jpg


c0139575_2024181.jpg


アンドリュー・ヒッチコック ユダヤ・ロスチャイルド 世界冷酷支配年表 740-1789 p036より

c0139575_19423186.jpg
 

http://www.thesynagogueofsatan.com/ 

c0139575_1947551.jpg


c0139575_208348.jpg

[PR]

by oninomae | 2008-09-10 20:14 | イルミナティ  

<< カバリスティック 9.11 タイ タクシン メモ >>