ロスチャイルドの代理人デーヴィソン by Clifford Shack

ロスチャイルドの代理人デーヴィソン by Clifford Shack

34.F・トゥルビー・デーヴィソン[1896–1976]はロスチャイルドの代理人でJ・P・モルガン&カンパニーのパートナーのヘンリー・デーヴィソン[1867-1922]の息子だった。第二次世界大戦中、同盟国に30億ドルの戦時物資をファイナンスすることになったのはこのデーヴィソンだった。

c0139575_0433532.jpg

                   Henry P. Davison

c0139575_0434535.jpg

               Frederick Trubee Davison

それは誰かさんの息子を戦争部局に任命するに十分である!

F・トゥルビー・デーヴィソンとロバート・ラヴェットはまた航空愛好家でもあった。

こういう連中の間ででこそ、マクロイがコード・マイヤー・Sr.と接触を持っただろう...

「ラベットとデーヴィソンは、もっと通俗的には「第一エールユニット」として知られる 「航空海岸パトロール第1号」を企画集結した。
c0139575_0485257.jpg

The "Yale Flying Unit"

Front Row: Wellsey Laud Brown and Henry P. Davison [Jr.](S&B 1920)
Back Row: John Vorys(S&B 1918), Artemus Gates(S&B 1918), Albert Dilman, Jr., Allan Ames(S&B 1918), David McCulloh, F Trubee Davison(S&B 1918), R Lovett(S&B 1918) & E. Gould
--

デーヴィソンの父親が全体の業務に資金提供し、その青年達は、ロングアイランドのピーコックにあるデーヴィソンの地所内に司令部を置き、水上飛行機で訓練を受けた。」

マクロイが1920年代の半ばに彼に会うまでには、トゥルビー・デーヴィソンは戦争局副長官で、クーリッジ政権で空軍を監督指導していた。

c0139575_1443445.jpg


マクロイは、第二次大戦中、戦争局副長官の地位を保持するだろう。


デーヴィソン一族はまた、ワシントンでルー・ダグラスと彼の妻ペギー・ジンサー・ダグラスの良き友人だった。そこでは、ダグラスは、アリゾナの唯一の州下院議員としての最初の任期を務めていた。

『The Chairman』 によると、 「デーヴィソンはマクロイを招待して、ピーコック・ポイントの大邸宅のグラス・コート上でテニスをすることにしていた。マクロイは、もうひとり別のテニスのパートナーをブラウン・ブラザーズで見つけた: 「ハリー」・ブルーニー 、愛想のいいしかしおとなしく若い投資銀行家。 ブルーニーはウィンブルドンでプレーしたことがあるほどうまかったし、マクロイをよりしばしば負かすことができた。 「私は彼とちょうど同じくらいうまかった」とマクロイは主張した。「しかし[クラヴァスで]ちょっとだけより身を粉にして働いた。」

「このエリート仲間のなかのもう一人の金持ちで若い男が、W・アヴレル・ハリマンだった。数年前に、ハリマンは、ユニオン・パシフィックを、彼の父親、伝説の泥棒男爵エドワード・H・ハリマンから継承していた。」

c0139575_14476.jpg

c0139575_1564260.jpg


[ビジネスにおいてかつてJ・P・モルガンに勝った唯一の人物と見なされたのはハリマンだった。 その二つの一族の間で敵意が生み出されていたが、モルガンはのちに私的な会合で彼の死の床にならんだ時ハリマンと「和解した」。 ]

大体この頃、クラヴァスは、ハリマンが彼の父の死後開始した小さな投資銀行であるW・A・ハリマン&カンパニーのために、1億3千5百万ドルの証券の発行を取り扱っていた。マクロイとハリマンはおそらくこの仕事との関わりのなかで出会ったのであろう。しかし、彼らがラヴェットあるいはデーヴィソンによる彼らのロングアイランドの邸宅で主催された多くの週末のパーティーの一つで紹介された可能性のほうが高そうである。」

マクロイは、この若い投資銀行家連中と仲間になっていた。なぜなら、彼らの金融会社は、欧州の証券ビジネスの取り扱い量の増加に対しクラヴァスの法的な専門知識を必要としていたからである。第一次世界大戦の前には、クラヴァスの国際的な仕事のほとんどは、欧州の機関投資家の米国証券への投資の代理を意味していた。1919年までには、欧州から米国への資本の流れは、ほぼ完全に逆転した。今やアメリカの投資家達は欧州市場での好機を探していて、かれらは法的アドバイスについてクラヴァスを頼みにしていた。

「ニューヨークの投資銀行のコミュニティは、モルガン家クーン・ローブに率いられて、これらの融資の音頭をとっていた。」

「第一次世界大戦後に行われたことは、マーシャルプランの先触れであった」、とマクロイは回想した。 「しかし、その当時のヨーロッパのリハビリテーションは、私的な立場で行なわれた。実質的にすべての投資銀行(マーチャントバンク)やウォール街の企業は、JPモルガンやブラウン・ブラザーズからずっと下の方まで、向こうでは融資を増大させていた。我々はみな態度においてまさに欧州人で、我々の目標は、それが再構築されるのを見ることだった。」

彼らは結局ドイツの戦争機械を再構築した。

c0139575_2434778.jpg



元記事は
34.http://www.geocities.com/cliff_shack/mary/mary34.html


参考

http://revealing-revelations.net/Skull-Bones.html
F. Trubee Davison ('18) was Director of Personnel at the CIA in the early years

The Boodle Boys  RA Kris Millegan@1999-text
http://www.ctrl.org/boodleboys/boodleboys1.html


c0139575_0534819.jpg


c0139575_0554128.gif


c0139575_1534276.jpg


c0139575_113421.jpg

Secretary of State Dean Acheson, Ike, Secretary of Defense R Lovett
and Mutual Security Administration Director W. Harriman

c0139575_1123477.jpg

Roland Harriman, Prescott Bush, Knight Woolley and R. Lovett - all S&B and senior Partners at Brown Brothers Harriman
[PR]

by oninomae | 2008-07-10 00:35 | イルミナティ  

<< デーヴィソン/ダレス/ウォーバ... 風力発電所、30カ所建設へ=独... >>