「ほっ」と。キャンペーン

もう一つのジンサーリンク;ヒューゴ・ジンサー by Clifford Shack

もう一つのジンサーリンク;ヒューゴ・ジンサー by Clifford Shack

25.私がアメリカン・サイアナミッドリンクを探索していたその時、私はもう一つのジンサーリンクを発見した。

私は、ヤッド・ヴァシェムにあるイスラエル国家ホロコースト記念当局により発行されたある出版物の中で、収容所の犠牲者が火葬場で焼かれたあと、彼らの遺骨はリン酸として使用されたと読んだことがある。

c0139575_2245949.jpg


リン酸は肥料中の成分であるとわかって、私は、これらの骨由来のリン酸を処理することに係わる企業に注意を向けた。

[私は当初アメリカン・サイアナミッドをそのプロセスとリンクしようと努めていた。サイアナミッド社はまず第一に、肥料会社だったので。 シアナミド(CaCN2)は、土壌に窒素を加えることを可能にする一つの製品だった。]

私は「欧州のユダヤ人の破壊」の著者ラウル・ヒルベルク教授に連絡をとった。彼は、私を結局ノースウェスタン大学のピーター・ヘイズ教授へと導いた。

ヘイズに達することができないにもかかわらず、私は彼の本「産業界とイデオロギー」を買った。
c0139575_228931.jpg

この本は、ドイツの巨大コングロマリットI.G.ファルベンについてのものだった。

ファルベンは、ナチスドイツの最も強力な工業力だった。

もう一人の別のジンサー-ヒューゴ・ジンサーを知ったのはその本のなかでだった。

ヒューゴ・ジンサーは、恐ろしく影響力を持つドイツ・ドレスナー銀行フォルシュタンド、あるいは管理取締役のメンバーであった。

彼は、また、ドイツの会社ケミッシェ・ファブリック・フォン・ハイデンの監督委員でもあった。

ヒューゴ・ジンサーは、I.G.ファルベンと、ドイツが戦争時の拡大期間中ヨーロッパを席巻するにつれてドイツの支配下に入った他の企業との間を取り持つことに係わっていた。

ヒューゴ・ジンサー、銀行家、は帝国の国務大臣ルドルフ・ブリンクマンによって代理人に任命されていた。ジンサーは第三帝国の立場に立って企業についての議論を指揮した。
--
訳者付加参考
33. American Ship and Commerce Corporation telegram to Rudolph
Brinckmann at M.M. Warburg, June 12, 1936.

Rudolph Brinckmann to Averell Harriman at 59 Wall St., June 20, 1936,
with enclosed note transmitting Helferrich's letter.

Reply to Dr. Rudolph Brinkmann c/o M.M. Warburg and Co, July 6,
1936, WAH papers. The file copy of this letter carries no signature, but
is presumably from Averell Harriman.
--

ブリンクマンは、ヒャルマー・シャハトの子分であった。シャハト自身は、ヘルマン・ゲーリングマックス・ウォーバーグへのコネクションを持っている最上層のナチのインサイダーとして有名であった。

c0139575_22303398.jpg


c0139575_22375113.jpg


c0139575_22391078.jpg


リチャード・ブライトマンの「大虐殺の設計者-ヒムラーと最終的解決策」という本のなかで、記されているが:
c0139575_22402830.jpg


「私は、ヒムラーについての、あるいはユダヤ人に対するナチの政策についてのいくつかの内部情報が、ヘルマン・ゲーリングに近い男たちから、ゲシュタポのユダヤ人部門担当官から、ヒャルマー・シャハトから、著名なドイツの産業家たちから、そしてドイツ軍諜報部の高官たちから来ていることに気が付いた。」  

ヒャルマー・シャハトがウォールストリートと繋がっていたことを注記したいのはここでである。

元記事は
25.http://www.geocities.com/cliff_shack/mary/mary25.html

c0139575_2253816.jpg


c0139575_22535774.jpg


c0139575_22543272.jpg

[PR]

by oninomae | 2008-06-09 22:54 | イルミナティ  

<< ヒャルマー・シャハトとアレン・... 国際赤十字の「公衆衛生」  ... >>