「ほっ」と。キャンペーン

国際赤十字の「公衆衛生」  by Clifford Shack

国際赤十字の「公衆衛生」  by Clifford Shack

24.すでに触れたようにジンサーが国際赤十字の公衆衛生長であったことを論ずるついでに、以下の関連した詳細に言及することは適切だろう。

強制収容所で実施されることになる絶滅プログラムのためにガスを使用することに言及した記録上の最初の人物は、ナチス親衛隊SSの医長だった。

彼の名前はエルンスト・グラヴィッツ博士。


グラヴィッツ博士は、ワルシャワゲットーでの、そこのユダヤ人を取り扱う手段としての疫病の意図的開始の可能性について相談を受けた伝染病学(疫学)の分野に十分精通していた。  

グラヴィッツが実際にジンサーを知っていたかどうか、私は現時点では知らない。

しかしながら、私はグラヴィッツ博士が国際赤十字のドイツ支部長であったことは知っている。


私はまた、ウィリアム・パールが彼の本「ホロコーストの陰謀」の中の一章を国際赤十字に捧げていることも知っている。

ここで以下を注記しておくことは興味深い。

「最終的解決」計画の最初の実施の一つは、移動式殺人ユニットの使用であった。それは、トラックを使うものであった。そのトラックは、その排気ガスがトラックの人を積んだコンテナーにパイプで導き戻されるようなやり方で設計されていた。

これらのトラックは、赤十字の標章で飾られていた。

c0139575_711862.jpg


[注:その有名なロシア共産主義者の友人、石油の男アーマンド・ハマーは、彼の自伝中で、ロシアで、ひとりの確かなウイルス学者と持ったある会議のことを記している。そのウイルス学者の名は、誰あろう我らがハンス・ジンサーに他ならなかった。ハマーはおそらくジンサーの下で研究を予定していた。]

ジンサー一族に戻る。


元記事は
24.http://www.geocities.com/cliff_shack/mary/mary24.html

c0139575_716255.jpg

[PR]

by oninomae | 2008-06-08 07:18 | イルミナティ  

<< もう一つのジンサーリンク;ヒュ... BILDERBERG 2008... >>