「ほっ」と。キャンペーン

ジンサーの書籍からの抜粋 by Clifford Shack

c0139575_2264618.jpg


23.以下はジンサーの書籍からの抜粋である:

ラット、シラミ 、 および歴史」の中で 、ジンサーは一つの章を聖書からの一つの章[サムエル記5章]について詳述する。そこで彼はユダヤ人の神について「哀れなペリシテ人に対して非常に苛酷」だったように思われたと記している。
c0139575_22113374.jpg


ジンサーの解釈によると、「ペリシテ人が、公正な戦いであったように思われる戦いのなかで、彼ら[ユダヤ人]の3万人を殺害したのち」、ペリシテ人が、戦利品として契約の聖櫃を捕獲後に、神はペリシテ人を疫病(これは、ジンサーのもう一つの専門分野である-彼は、最終的にチフス・ワクチンを発見するチームを率いていた) の流行によって苦しめた。

「そしてそこでのその神の手は非常に重かった。そして、その死んだものどもはエメロッド(腫れ物と訳される)に襲われた。

ジンサーは、私は疑うが、イスラエル人自身をペリシテ人にその腫れ物を与えたことで非難した。生物学的細菌戦。 それは実際意味をなす。結局のところ、ペリシテ人は彼らがそのとき新しく興りつつあった鉄器時代の人々であるという、別の方法での不公平な優位性を持っていた。イスラエルの子孫が、まだ青銅器時代にいた一方で。

青銅の兵器は彼らの鉄の兵器に対抗できなかった。「公正な戦い。」確かに!生物兵器は、その競技場を有利に傾けるために必要とされていただろう。 すべては、愛と戦争において公平である...

ペリシテ人に対するその超自然的な不当行為を物語ったのち、ジンサーは書いている:

「これは、その種の事態である。もちろん、それは時代を超えて-現代用語では我々が「ナチス運動」として語るかもしれないものへと導いてきた。」

これらの言葉を読むことは、私が正しい道にいると安心させるだけだった。

ちなみに、私は、ジンサー博士自身、一度ならず同種の事柄に自分の手を汚していたと疑っている。結局のところ、彼の兄フレデリックは、戦争省の化学戦部門の軍人と繋がっていた。 疫学における専門知識を有するジンサーが、生物兵器部門の相談に応じただろうことは当然と思われる。

別の場所で、ジンサーは書いている:

「ユダヤ人と他国民との公平な争いが、他国民にとっては不公平で冷酷に思われたに違いない神の干渉によって、いつもヘブライ人が勝利することになったということについて、聖書の歴史の中で繰り返し証拠立てられている。反ユダヤ主義(アンチセミチズム)をすべて宗教間の衝突を基礎として説明するヒューストン・ステュアート・チェンバレンの見解に、このことは、十分な正当性を与えないように思われる。ユダヤ人の教示は古代世界において広く普及していて、そして、もし、ユダヤ人-彼らはどう見ても他民族との関係において決して百合のように潔白ではなかった-に敵対するすべての人々への神の残虐な復讐が信じられていたのであれば、憎悪と恨みも容易に理解されるだろう。


彼の自伝「As I Remember Him」で、それは第三者の立場から書かれたのだが、ジンサーは第4章を以下の導入で始めている:

「R.S.(これは、ニューヨークタイムズの彼の死亡記事で、ロマンチックな魂を意味しているとわかったのだが、この本全体をを通して彼自身を指している)は、彼の最も初期の宗教的気持ちと学生時代について語っている。しかし、彼が8年間過ごした学校はあるユダヤ人に主宰されていたので、彼は反ユダヤ主義への痛烈な非難へと迷い込んだ。私は、この危険な話題から彼を脇へ逸らそうと努めた。なぜならわたしはそれがこの本を破滅させるかもしれないと恐れたからである。しかし、彼を止めることはできなかった。」


彼が、ユダヤ人に対するある「彼の心の軟らかい部分」を認めている一方で、彼がユダヤ人などの少数民族に与えられた不寛容や残酷さを尊重するとき、彼はドイツの哲学者ハイネを引用する。

ハイネの引用:

「完全に寛容であるか、あるいは完全に不寛容であれ;善の道かさもなくば悪の道に従え。岐路に立つことは、あなたが有するよりもより大きな強さを要求する。」

私が、一人の可能性のあるホロコースト共謀者の心の内をのぞき込んでいることを考慮すれば、この点はたぶん、教養のある著名な人間たちの心の中にに根付いたまさに最初の破壊の考えの種子を許容する合理化あるいは正当化のまさに核心であるだろう。

ホロコーストプランナーのうちで、この男が重要だと信じるがゆえ、私は彼が書いたものについてもっと共有することを続けたい。


ジンサーは続ける:

「たぶんインテリジェントではないが、親切な非ユダヤ人(ジェンタイル)が今日いる。彼は当惑しておらず、もし彼が自分自身に正直なら、自分の偏見を探り;彼自身に:「なぜ?」と問う 努力もしていない。ある宗教的な答えのためのその日は、遠い過去のことです。宗教的な意味合いなしにそれを理解することは、通常、ユダヤ人社会とビジネス習慣、彼らの「非倫理的」競争心、そして彼らの「先走った自己中心的決定」 のささいな分析につながる。これらの特徴により、 H・G・ウェルズは、「かれらは、競争のテンポをわれわれの残ったもの達にとって不快になるまで強化する。」と信じる。「あなたは拒絶するかもしれない...ナチの方法を」 彼は続けて、「しかし、それはあなたにとって、ユダヤ人問題を閉じはしない。」 彼(ウェルズ)は、悪の根源をユダヤ人の団結に見る。「なぜ、彼らは人間の中の人間になることを拒否するのか?....イスラエルから解放されよ! 」と、彼は叫ぶ。


ジンサーはさらにフランス人ルナンの引用に移る。まずフランス語で、それから英語への翻訳を続けて:

「この哀れなイスラエルの人々がその人生を大虐殺へと運命づけられた人々として過ごしてきたことは、正当な理由なしにはありえない...」


ジンサーはまた、歴史がいつの日にか邪悪な皮肉とみなすかもしれないこの痛ましい捧げ物について記している:

「私は、私の最もよいユダヤ人の友人、ハイネとともに信ずる、もしユダヤ人たちが世界から消えてなくなり、そして私が世界のどこかでこの人々の生き延びている標本の存在を発見したなら、彼を調査しそして彼の種族が与えてきた奉仕に対する尊敬ゆえ彼の手を握りしめるために私は数百マイルの旅行をするだろう...」


自分自身を三人称で言及しながら彼は続けている。 「彼は黙っていたし、熟考して長く座っていた。私は彼が、感情を込めて、彼の多くのユダヤ人の友人のことを考えていたことを理解できた。その後、突然、私には面白いことだがそれは彼をとても同情的にしたが、その特徴的で正直な自己矛盾とともに彼は叫んだ:

「ああ、ヨセフ、ヤコブ、アベ、ミルトン、シドニー、リベカ、イザドー、そしてディア!私がいかにあなた達を愛し崇拝しているか!あなたたちは私の兄弟姉妹であった。どれだけ多く私は親切と友情においてあなた達のおかげをこうむっているか!しかし、なぜ、ああなぜ、そのように恐ろしい叔父たちといとこたち、そして叔母たちを有しているのか?」

彼は続けている:

「なるほど」、私は思った、 「ひとつのごく狭い殻のなかにその問題がある。」

「しかし、いとこ-と-叔母問題は、ちょうどヨセフ、ヤコブ、そしてリベカ問題が現在そうであるのと同様に、最終的には解決されるかもしれない。それについて、われわれ自身を不幸にするのはやめよう。」

ジンサーは、「いとこと叔母」の問題が、「ヨセフ、ヤコブ、リベカ」問題が解決されたのと同じように、つまり同化混成を通して、 同じやり方で解決されるだろうと意味したのか。あるいは、彼は、「ヨセフ、ヤコブ、リベカ」問題がかつて解決されたように、「恐ろしいいとこと叔母」の問題が解決されるだろうということを意味したのか。

おわかりのとおり、ウイルス学者/疫学者として、ジンサー博士は、通常、ユダヤ人のこととなると遠慮なくものを言った。


元記事は
23.http://www.geocities.com/cliff_shack/mary/mary23.html

++
意味深長な引用であります。

同化主義のフランキスト「ユダヤ人」(もちろんヴェネチアの黒い貴族テンプル騎士団は仲間内である)は、こういった動きを後援し、「ユダヤ人」を「育種」したように思われる。そして、「イスラエル」建設をを確固たるものにしただろう。
[PR]

by oninomae | 2008-06-06 22:23 | イルミナティ  

<< BILDERBERG 2008... ボノとは? アフリカ/ウラニウ... >>