ハンス・ジンサー、絶滅のコンサルタント?  by Clifford Shack

22.ハンス・ジンサー、絶滅のコンサルタント?

c0139575_22283028.jpg


ハンス・ジンサー[1878-1940]は、世界的に有名なチフスの権威だった。

彼は、基本的に、根絶に関する世界的権威でもあった。

ジンサーは、ベストセラー本「ラット、シラミ、および歴史」の著者だった。

c0139575_2238237.jpg


彼は、フレデリック・ジンサー[1868-1952?]の弟であった。フレデリックの会社は第一次大戦中使われた毒ガスを製造した。

ジンサーは、ルー・ダグラスと結婚していたペギー・ジンサー・ダグラスに対してはおじさんであった。ルー・ダグラスは、アメリカン・サイアナミッド社-チクロンBを製造し、世界での販売権をIGファルベン所有の会社と分け合っていた会社-の先の副社長兼ディレクターであった。

チクロンBは、第二次世界大戦中アウシュヴィッツ強制収容所で使われた悪名高い絶滅ガスであった。(訳注:訳者はいわれているほどの大量虐殺は疑っているが、虐殺はあった派である)

c0139575_2246396.jpg


ハンス・ジンサーはまた、ペギーの姉妹、エレン・ジンサー・マクロイのおじさんでもあった。

エレンは、ジョン・J・マクロイと結婚した。マクロイは強力な企業弁護士で、第2次次世界大戦中戦争次官補として、アウシュビッツへ繋がる鉄道線路を爆撃することを拒否した。

ハンス・ジンサーは1940年に死亡したにもかかわらず、私は、短時間のうちに大量の人々を排除(絶滅)するというこれらの犯罪の相談に乗るというある役割を、彼が持っていたかもしれないと疑った。

私は、彼が化学的(Zyklon B)解決策、あるいは、生物学的(チフス)解決策、またはその両方を示唆したのか、それはよくわからない。(訳注:以前述べたように、訳者は収容者の死の原因は飢餓とチフスが主体だったと考えているが、人に毒ガスを使ったこともあると思う

c0139575_22474135.jpg


c0139575_2247559.jpg


彼は、両方の専門家だったし、それは確かなことである。

c0139575_2228235.jpg


ジンサーがノウハウを持っていた一方で、私は彼のユダヤ人に対する意向を探ることに関心をもった。明確に私が、私の増大する大量虐殺の容疑者リストに彼を含める前に。

私は、彼の本の中での、ジンサーの発言中に手掛かりを見つけようと努めた。

その私の検索の結果は、この上なく興味深かった。

彼は、ユダヤ人についてかなり独断的だった。


元記事は
22.http://www.geocities.com/cliff_shack/mary/mary22.html

c0139575_22481963.jpg

これは、Majdanek強制収容所

参考

Typhus wiki
http://en.wikipedia.org/wiki/Typhus

[PR]

by oninomae | 2008-06-04 00:13 | イルミナティ  

<< ボノとは? アフリカ/ウラニウ... 驚くべきジンサーとのコネクショ... >>