「ほっ」と。キャンペーン

土師淳 失踪・殺害より11年 ペプシンの独白

1997年5月24日、神戸市に住む男児、土師淳は、昼食に母の作ったカレーライスを食べた後、祖父の家に行くと言って昼過ぎに家を出たまま、消息をたった。

3日後、発見された遺体(胴体)は、神戸大学・医学部で検死された。その胃袋には、カレーライスがあった。

3日後まで生きていて、ふたたびカレーライスを食した直後、殺害されたのだろうか?だとすると、少年Aの検事調書は完全に破綻する。

検事調書では、被害者は24日午後、比較的すぐに殺されたことになっている。

この場合、カレーライスは胃にあるだろうし、カレーライスはそのまま胴体とともに残っていたことになる。これで話は通るのか?

しかし、問題が生ずる。

犯人にとっては、残念ながら?

カレーライスは野菜カレーではなかった!

c0139575_195788.jpg

c0139575_1181058.gif

c0139575_1204378.jpg


3日後の(はずの)カレーにも肉がそのまま残っていたのである。

ヒトが死んでも胃袋のタンパク消化酵素は死なない。

遺体が、3日も転がっていれば、胃袋中の肉は溶けるし、胃自体も溶けてくる。


しかし、肉は溶けていなかったのである。

それでは、私ことタンパク分解酵素・ペプシンは何をしていたのであろうか?

c0139575_1162987.gif


c0139575_1143461.jpg


そう、なぜかペプシンは「凍眠」していたのである。

ペプシンが「凍眠」していたとすれば、胴体はどうしていたのだろうか?

c0139575_1234214.jpg

c0139575_1251655.gif


c0139575_1253563.gif

c0139575_128425.jpg


これだけでも、少年Aの検事調書は完全に破綻している。

c0139575_1282460.jpg


しかし、フールにしておけば、問題ない?


旧約聖書 士師記

JDG05:24 女たちの中で最も祝福されるのは カイン人ヘベルの妻ヤエル。 天幕にいる女たちの中で 最も祝福されるのは彼女。

JDG05:25 水を求められて ヤエルはミルクを与えた。 貴人にふさわしい器で凝乳を差し出した。

JDG05:26 彼女は手を伸ばして釘を取り 職人の槌を右手に握り シセラの頭に打ち込んで砕いた。 こめかみを打ち、刺し貫いた。

JDG05:27 彼女の足もとに、シセラは かがみこみ、倒れ、伏した。 彼女の足もとに、彼は かがみこみ、倒れた。 かがみこみ、そこに倒れて息絶えた。


JDG05:28 シセラの母は窓から外を見て 格子を通して嘆いた。 「どうして彼の車は遅れているのか。 どうして馬のひづめの音は遅いのか。」
JDG05:29 賢い女官たちは答えた。 母も同じ言葉を自分に何度も言い聞かせた。
JDG05:30 「戦利品を得て、分けているのでしょう 兵士それぞれに一人か二人の女を。 シセラには染めた布が戦利品、 染めた布が戦利品 刺しゅうした布、染めた布 その首には刺しゅうした布二枚 これが戦利品。」

JDG05:31 このように、主よ、あなたの敵がことごとく滅び、 主を愛する者が日の出の勢いを得ますように。 国は四十年にわたって平穏であった。


++
ペプシンを滅ぼしつくすことはできない。


--

新型インフルのワクチン、全国民に用意・経済界要請へ  日経
http://www.nikkei.co.jp/news/main/20080524AT3S2301U23052008.html


 日本経団連は、新型インフルエンザ対策の大幅強化を政府に要請する。インフルエンザの流行に備えたワクチンは今は2000万人分しかないが、これを全国民分用意し、事前接種を希望する人すべてが受けられる体制を整えるよう求める。ワクチン量産のため一定の企業負担も検討する。日本商工会議所も同様の要請を検討中で、経済界が政府に対策のテコ入れを迫る形だ。

 鳥類などのウイルスが変異し人に感染する新型インフルエンザは、強い感染力で大流行する懸念がある。国内で感染が広がれば経済活動に深刻な影響が及ぶ。経団連はこの新型インフルエンザの予防措置を政策提言として6月にも打ち出す。 (07:00)

ほれ来た

いやー困った。さてはてには、2000万人処分では足りないといっているように聞こえてしまう。
[PR]

by oninomae | 2008-05-24 01:28 | イルミナティ  

<< ポール・クラヴァス by Cl... 「プチ」・ハンフスタングル/ウ... >>